金孝南一族の不正疑惑事件はまだ結着していない(1) 

清平の不正疑惑事件(7)

「清平告訴事件」は、他のブログで既報の通り、不起訴処分となりました。

【関連記事】
・ We Love DAE MO NIM!「訓母様!12月17日、完全無罪判決勝利‼」
・自分経の勧め「金孝南さんが完全無罪判決だって?」(12月19日)
・この道どの道「なんと裁判で勝った金孝南氏、日本に組織作る話もデマだと主張 」(12月21日)
・自分経の勧め「清平裁判、若干の詳報」(12月21日)
・We Love DAE MO NIM!「訓母様、訓母様一家の裁判は完全な「でっち上げ告訴」によるものであったことが100%証明された!!! 」>
・We Love DAE MO NIM!「訓母様!12月17日、完全無罪判決勝利‼ 潔白が証明されました!! おめでとうございます!!! 」
「統一教会の核心幹部を不起訴処分 2015年12月31日」

 この不起訴処分について告訴人から報告が届きました。すでに韓国サイト「ダウム・カフェ」に投稿されている報告文の翻訳文です。すべて原文ママとします。翻訳された報告文は2つあり、もう1つは、次回紹介します。


続きを読む

金孝南一族の不正疑惑事件はまだ結着していない(2) 

清平の不正疑惑事件(8)

「緊急速報!警察が入ったぞぉ~」 が飛び込んできたため、「金孝南一族の不正疑惑事件はまだ結着していない(1)」 をアップした数時間後に更新せざるを得ませんでした。未読の方は是非、お目通しを。今回は告訴人の報告の続きです。
 末尾に金孝南女史に関する公文を貼り付けておきました。
 アップすべき原稿多しで、2日後に更新します。チェ・ジョングンさん、ごめんなさい。次回から教団から届いた記事削除要求文(右からの火の粉)を取り上げていきます。



ヨイド・パークワン訴訟の本質 –清平告訴の結果、および進行過程2
2015.12.24

 2015年12月23日、ソウル中央地方検察庁から特定経済犯罪加重処罰に関する法律違反(背任)等で告訴した、清平教会長 ハ・ヨンホ、(株)清心代表理事 兼 清心グループ企画室長 キムハン・ヒョンス、(株)興一代表理事 キム・ドンジンの3名に対する処罰結果と通知書を書留で受け取りました。

「検察から2015年12月17日、彼らに対して証拠不十分による嫌疑なしという不起訴処分が下されましたが、告訴・告発人が通知書を受け取った日付から30日以内に抗告することが可能です」

 これは検察の不起訴処分を受け入れられない場合に、所属高等検察庁の検事長に不起訴処分の是正を求める制度で、法院の三審制度と同様に、
「① 抗告をしたにも関わらず、再び不起訴処分通知を受けた場合は10日以内に、②検察が何の処分もしないまま3ヶ月が経過した場合、その時から10日以内に、③検事が公訴時効30日前までに公訴を的しない場合には、その時から公訴時効満了前日まで、それぞれ再訂申請」
を提起することができる制度です。

続きを読む