有田さんと宮村グループの怪しげな関係 

有田議員を糺す(6)

*追記情報を末尾に(1月13日)

 宇佐美さんが6日、東京高裁に控訴しました。
「全国拉致監禁・強制改宗被害者の会」が宇佐美支援のためのカンパ活動を開始しました


 当初、地裁の判決文をアップし、それへの批判を書く予定でいましたが、驚くべきことに、1月7日現在に至るも、いまだ判決文が弁護士のところに届いていません。

 控訴するかどうかを決めるのは、判決文を見た上で-というのが普通の感覚でしょう。宇佐美さんの控訴期限は1月10日。判決文が届くのはおそらく休み明けの期限当日。判決文を検討してから控訴するなら、即断即決しなければならない。もうムチャクチャです。

 ところが、法律家に聞くと、違反ではないそうです。控訴期限はあくまで判決の申し渡しがあってから2週間以内とされており、判決文を受け取ってからではないそうです。

 福士利博裁判長が下書きの判決文を読み上げたのは12月28日のこと。それなのに、いまだ完成していないとは!福士氏が怠け者なのか、それともディテールを下書きと違ったものにすべく苦心しているのか・・・。

 まあ、そんなわけで、ブログの予定を変更して、今回は「有田芳生国会議員と脱会屋・宮村峻氏グループとの金銭関係」の話題を書くことにします。

続きを読む

橋下徹が「知ったか有田」に議員辞職を求める! 

有田議員を糺す(6)

(記事引用はじめ)
橋下徹氏、民進有田芳生参院議員に「議員の資格なし」…議員辞職求める(スポ-ツ報知 2017年7月21日)
 民進党の蓮舫代表(49)の「二重国籍」問題を巡り、日本維新の会法律顧問の橋下徹氏(48)がツイッターなどで、民進党の有田芳生参院議員(65)を徹底攻撃し、「国会議員の資格なし。早く辞めろ」と議員辞職を求めている。有田氏が戸籍開示は差別を助長しかねないとの懸念を表明したことについて、橋下氏は「典型的なダブルスタンダード」と痛烈批判した。

 2012年に週刊朝日が橋下氏の出自などを報じた記事について、有田氏が「面白い」などと評したことを受け、橋下氏は「プレジデントオンライン」で「自分が嫌いな相手(僕)の出自が公になることは面白く、自分の所属する党の代表の、ちょっとした戸籍情報が開示されることはプライバシー侵害になり、人権問題にもなるから許されないと言うんだ」と矛盾を指摘した。

続きを読む