川崎経子牧師の素顔? 

“救出カウンセラー”の素顔(6)

十字架を背負う 罪の意識や悲しみを身に受け持つ



 前回は、私と川崎牧師との個人的な関係、そして彼女に送った手紙を紹介した。今回は手紙の続きとその後のことを掲載する。

川崎牧師への手紙の続き

 川崎さんは黒鳥さん(横浜・戸塚教会の牧師)に好意的だと思いますが、ご存知ないところがあるように思えてなりません。枚数の都合で(ルポ「書かれざる宗教監禁の恐怖と悲劇に)書けなかったことはたくさんあります。

 ごく一例をあげれば、裕美さんは黒鳥さんのところで洗礼を受けた元統一教会信者ですが、現在はお子さんを児童相談所に預けざるを得ないほどひどい精神状態、家族関係になっています(原因は拉致監禁説得!)。それなのに、黒鳥さんは救いの手を差し伸べようとしていません。
 裕美さんの担当医は自称カウンセラーのカウンセラー資質に驚いていたということですよ。
(注1)

続きを読む

川崎・黒鳥・清水・村上・横溝・尾毛-揃い踏み(上) 

“救出カウンセラー”の素顔(7)


揃い踏み(上)
-相撲で中入り後、幕内の力士が全部土俵の上にあがって、しこを踏むこと-


 日本で拉致監禁を体験した韓国の日本人花嫁が韓国の日本大使館に請願書を渡したことは、「ニュース(25)」で書いた。その際、提出されたHSさんの「陳述書」を2回にわたって紹介する。

 2回目の監禁現場(土俵)には、川崎・黒鳥・清水・村上・横溝・尾毛の6人の牧師が揃い踏み。正直、驚きましたねえ。
 とても興味深いことが書かれています。

 日本基督教団の牧師さんにも、是非とも読んでもらいたい。

続きを読む

川崎・黒鳥・清水・村上・横溝・尾毛-揃い踏み(下) 

“救出カウンセラー”の素顔(8)


揃い踏み(下)
-相撲で中入り後、幕内の力士が全部土俵の上にあがって、しこを踏むこと-


第1・はじめに

第2・統一教会入会と両親の反対
 (1)私の統一教会入教 (2)両親の統一教会の反対 (3)1回目の拉致監禁 (4)2回目の拉致監禁に至った経緯
第3・拉致・監禁と脱会の強要
 (1)2度目の拉致の状況 (2)監禁の状況(3)脱会の強要の状況(4)渡韓
第4・終わりに


※今回は青色の部分をアップいたします。(注)とマスキングは筆者。

続きを読む

親子の仲を切り裂くのは誰か(1) 

“救出カウンセラー”の素顔(9)

 これから数回にわたって、韓国から送信していただいたKHさん(44)の手記を掲載します。不明なところは電話で確認し、また手記に書かれていないことも、お伺いしました。それらは(注)に反映させることにします。ごく一部ですが、読みやすいように手を加えました。

KHさん(ソウル在住)の監禁体験記(1)

1・実家に連れ戻される
2・最初の監禁
3・2度目の監禁
4・中村牧師の誹謗中傷と平田弁護士の違法行為
5・脱出
6・夢に出てくる故郷


今回は青印の部分をアップします。

続きを読む

親子の仲を切り裂くのは誰か(2) 

“救出カウンセラー”の素顔(10)

KHさん(ソウル在住)の監禁体験記(2)

1・実家に連れ戻される
2・最初の監禁
3・2度目の監禁
4・中村牧師の誹謗中傷と平田弁護士の違法行為
5・脱出
6・夢に出てくる故郷


今回は青印の部分をアップします。

2・最初の監禁

 数日後、義兄の家に行って勉強会をすることになった。
 義兄のマンションに着くと、そこは完全な監禁場所だった。

続きを読む