FC2ブログ

和解調停が決裂して、陪審員裁判(10月9日予定)が決定的に。 

UCIvs教団(17)

-統一教会(家庭連合)でメシを食っている方に-

 前回の記事「文鮮明をメシヤにし続けねばならなかった理由」 の拍手が111にもなっています。
 これ以前が30、11、21、20でしたから、注目していい数値だと思います。記事の要旨を一言で言えば、文鮮明をメシヤにし続けねばならなかったのは、生活を維持するためであった。 



 連作は先送り(泣

 少し古くなったが、ムーンサイトに出た無記名記事の翻訳(暗在翔子訳)である。出典はhttp://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/176162325048/hak-ja-han-was-called-to-testify-in-washington

(要訳はじめ)
 7月13日(金)と14日(土)、韓鶴子は、UCI裁判の宣誓証言のためにワシントンDC上級裁判所に召喚された。
 宣誓証言は、通訳のための5-6時間を含め約9時間に及んだ。
 母の証言についてコメントすることはできない。母が言ったことを引用したり、それについて取り沙汰した場合、家庭連合の弁護団は我々が「文夫人に嫌がらせをしている」と裁判所に言う。
 母の証言は記録され、録画もされたので、あなたがたは家庭連合の指導者に記録のコピーを求めることができる。が、彼らは証言の内容を明らかにすることを拒むだろう。母の物議を醸す信念がはっきりと露出してしまうからだ。
(終わり)

【暗在解説】
「文3派寄りからの投稿記事だと思われます。和解調停が決裂して、陪審員裁判(10月9日予定)が決定的になったということですね」

 最下段の「関連記事」を参考にされ、状況を把握してくだされ。

【気になること】
●「家庭連合」の研究。
●「余が三男派と決別したる理由」(「家庭連合からの生還」12回連載のその9)
●https://www.kateirengou.jp/entry/2018/07/25/080437
(引用はじめ)
裁判闘争の行方も相まって、最終的なキーマンはやはり、韓鶴子総裁その人です。韓鶴子総裁が、過去の恩讐関係をすべて許し、顕進様を次期後継者として迎える事ができるか否か。三男派はすべてのエネルギーをこの一点に集中し、側近幹部たちの懐柔工作をすすめている訳です。日本の家庭連合では信じられぬ事が、韓国家庭連合でドラスティックに起こるかもしれない。
(引用終わり)
 気にはなる記事だけど、廃れつつある家庭連合の後継者に顕進がなろうとしているなんて、信じられない話である。顕進個人にとってどんなメリットがあるというのだろうか。何か深い訳があるのだろうか・・・。「とうごまとヨナ」 さんのたんなる思い込みと思われるのだが。
 四の五の解釈をしても詮なきこと。10月9日の結果を楽しみにしましょう。韓鶴子が負ければ,顯進グル-プは安泰。勝てば、顯進グル-プは野露に消えゆ。嗚呼、諸行無常である。チ~ン 


【重要な追加情報】

 情報源はムーンサイトhttp://whatisonthemoon.tumblr.com/post/176813486282/public-letter-from-richard-bach、タマレhttp://damalhae2018.blogspot.com/2018/08/blog-post_4.html

 かなりかみ砕いて報告する。
 韓鶴子さんは、UCIvs教団裁判で、ワシントンDC上級裁判所の証言台に立った。2日間にわたって9時間も!通訳の時間が5、6時間だったとしても、3時間は韓鶴子さんサイドにとって「いやがらせ」と感じるような尋問が繰り広げられたわけである。
 当然、韓鶴子さんたちは怒りまくった。
「わらはの弁護士は誰じゃ!」
「はははぁ、金孝律の縁戚のリチャ-ド・パク(朴珍用。タイガー朴の息子)でござります」
即刻、首じゃぁ~~~
<ムーンサイトの記事〓「リチャード・パクは最近、家庭連合とその他の組織体の法律顧問という彼の職を、伝えられるところによるとある米国訴訟における失敗により解雇されました>

 ここで補足説明です。リチャード・パクはこのブログでも何度か登場したことがあります。弁護士としての能力はものすごく低く、おべんちゃらで韓鶴子さんに取りいっていましたとさ。忠告した側用人もいたらしいけど・・・。
 しかし、今回はリチャード・パクの無能さによって、韓鶴子さんは屈辱的体験をした。で、即刻、首じゃぁ~~~となった次第である。

 小人、閑居して不善をなす
 リチャード・パクは韓鶴子さんのおかげで、長きにわたって高額の弁護士報酬を受け取っていた・いい暮らしをしていた。
 しおらしくしていればいいものを、そこは小人。韓鶴子さんに解雇を提言したのではと疑った側近に対して、秘密の暴露戦術をはじめたのである。
<ムーンサイトの記事〓解雇された後、パクは2018年8月3日韓国で、メンバーに向けて公開書簡を書き広く配布しました。書簡では、現在真の母の右腕で彼女に最も信頼されている指導者ユン・ヨンホを強く非難しています>

【公開書簡の全文】
●真の愛の書簡
●緊急:パク・ジンヨン弁護士による公開書簡
●https://ameblo.jp/nekoyorimasi/entry-12396311964.html

<注>とうごまとヨナさんの告発された「仮面祝福家庭事件」でも、公開書簡のことを取り上げていますが、思い込みの強い記事です。論の根拠となる事実が全く示されていないことに留意してください。しっかりしてくださいな、サ教人さんッ!


「ちんたら息子の母親介護日記」の最新記事は「54・7パ-セント」 



【重要な追記〓指摘するのを忘れてました】
 家庭連合の顧問弁護士のバクさんは、今回の裁判で「失敗により解雇」されたというから、UCIが有利になったということです。
 もともと、UCI側は「この裁判を続けようとすれば、真の父母様を証言台に立たせることを意味する。きちんと尋問に応じることができるかどうか」と語っていました。実際、その通りになりました。
 少し横にそれますが、真の父〓メシヤ〓文鮮明さんは幸いにも鬼籍に入られていたので、証言台に立たなくてすみました。では、ご存命だったとしたら、文顯進さんはメシヤを裁判所に召還したのでしょうか。パシセラさんと櫻井正実さんの見解が知りたいです。


10月9日が楽しみだという方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

とても知りたいです!

 韓鶴子さんは裁判所で、どんな質問をされ、何と証言したのでしょうか。

 絶対に笑えるはずです。
 漫才の脚本にできるはずです。

 韓鶴子さんを愛していらっしゃるいつも隣さん、キチガイキさん、神様大好きさん、教えてくだされ。v-411

感情挟まぬ真実の全容を知りたい

まだまだ裁判は、繰り広げられていたのですね。

〇〇派の人間の立場からではなく、事実だけ知りたいです。鶴子さんは、どんなことを話したのか知りた~い。

三男派の立場の人の中には、三男が主流で、本元に返り咲く?ようなことを、考えている人がいるのが不思議に見えます。

三男からすれば、めんどくさい本元の頂点に立つなんて考えていないでしょう。で、七男も本元になんて責任持ちたくないのが現実じゃないでしょうか。(日本の家庭連合に責任持つ人なんているの?いないのが現実じゃないかしら)

信者だけ、バラバラをひとつに~なんて考えてる?なんてお笑い文鮮明教流れの一族各分派(鶴子教、三男教、七男教)です。

この裁判の流れがどうなろうと・・・
すべて原資は信者の献金が元である一族、神輿の上で大暴れ~爆笑。
寄生一族の裁判に信者たちは、それぞれ妄想状態。

ハチャメチャ一族に、万歳。

裁判所を困らせる宗教家たち

ここで政教分離について論ずるつもりはないが、宗教家がよって立つ「宗教の自由」は法律で保障されている。また国家が特権を付与することは法律で禁止されているが、税制の優遇などは法律で定められている。つまり宗教団体や宗教家は法律によって守られている。

一方、法律は完全無欠ではないため、国家を運営し国民を保護することについては法律ではどうしても行き届かないところがある。人間は弱い存在なので法律で禁止されていても法を犯してしまう。それを補うのが宗教の役割である。つまり宗教は法に守られながら、法を補完すべき立場にある。

そのような立場の宗教家たちが、和解を提案している裁判所に対して、その意向に従おうとはしない。お互いが法律を盾に争っている。本来ならば、裁判所にお世話にならなくても、自分たちで和解しなければならないのに、どこまでも法の番人たちを困らせている。

それは既存の法律や法執行機関よりも自分たちの教義や自分たちの存在のほうが優位にあると思いあがっている証拠である。それは同時に自分たちは宗教家ではないと宣言していると同じことである。いずれお互いが(信徒を巻き込みながら)傷つくような決定が法機関により下されることも知らずに。

サンクはいずれ暴走する

法律と宗教について、もう一つ伝えたいことがあるので、この場をお借りしたい。

サンクの澤田氏の言動は一線を越えている。松濤本部前の抗議活動について、当初は賛同の思いもあったが、今ではいやがらせ以外の何物でもないと感じる。そして、ついにその活動はここまできた。

https://www.youtube.com/watch?v=D8RbrMT4lmA

これはひどい。彼らは田中副会長に電車の中までつきまといいやがらせをするに至っている。これを見て信徒はいつか自分たちもこんなふうに魔女狩りをされるのだろうかと恐怖心を持つだろう。見たくないが最後までみたら、澤田氏は「大きな成果があった」と自画自賛していた。堂々とストーカー行為をし、迷惑行為をしていても全くの自覚がない。それどころか自分たちは正義の名のもと、真理探究の名のもとに、正しいことをしていると信じ切っている。

これもまた、宗教家が法律を無視する典型的な行為である。(澤田氏を宗教家とは思っていない…単なる左翼活動家だ) もし、これを許していたら、第二のオウムになるだろう。警察や法律家は、オウムを破防法で潰したかったができなかった。特定商取引法などで霊感商法の統一教会を潰したかったができなかった。彼らは宗教に対してトラウマがある。澤田氏も再三、裁判所に呼ばれても教義が正しいかどうか確かめる活動だとして、自分たちの正当性を主張している。宗教家は法律に守られている以上、法律に触れることはしてはならないのはもちろんのこと、なんだかんだ難癖をつけて法律をかいくぐろうとすることなどあってはならない(と私は思う) 

田中副会長も家庭連合で付きまとわれている人たちも、警察に「迷惑行為を受けています」と主張し続けるべきである。明らかにストーカー行為である。

ついでにいえば、澤田氏は江利川氏から絶縁状を突き付けられてしぶしぶ日本のグループから離脱。しかし、親分に取り入って祝祷を受けお墨付きをいただいた。この行為は統一教会でもさかんに行われていた忖度行為と同じである。つまり組織から外されても、法的にあるいは教義的に教祖に取り入って認めさせるやり方である。そこには秩序も規律もない。そんな団体は何でもありの無責任集団と化す。

澤田氏は家庭連合の間違いを指摘し、さらには正義の味方を振舞ってストーカー行為まで行っているが、自分たちの教祖(七男)がいろんな間違いや矛盾した言動を繰り返していることをご存じないのだろうか。どんなに騒いだとしても同じ穴のむじななのである。そのことに気づいて、そのエネルギーを少しでも慈善活動に費やしたらどうかと思う。

澤田氏に対して個人攻撃するつもりはない。ただ、もっと法律に従順になり、法を補完する存在になってほしい。

信徒に銃を持たせ射撃訓練までしているサンク一派は、とても宗教家とは言えないし、いずれオウムのように暴走する信徒が出てくると懸念している。

献金?1円玉も泣いちゃうぞ〜

タイトルの通り。

出発当時は夢も描けましたが、もはや無理の様ですね。
呆れ返る程の醜態です。

私達は、お金の使い方を間違えた様です。
  • [2018/08/15 15:22]
  • URL |
  • オズの魔法使い
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

渡る世間は鬼ばかり

真の母の寵愛を受けていた北海道の金○○が辞職したそうだ。 不正蓄財の件はどうなったのか。曖昧な幕引きだな。

Re: 渡る世間は鬼ばかり

 詳細を教えていただけるとうれしいです。
 非開示でも個人メ-ルでも。ペコリ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/964-da476748