『我らの不快な隣人』の書評?斉藤環精神科医(文藝春秋) 

書評・感想(3)

『文藝春秋』2008年10月号


語られない真実 文・斉藤環精神科医

 過剰なフレームアップをする一方で、メディアは重大な事実を黙殺する。
 例えば現代の日本において、白昼堂々、拉致監禁が行われているということ。米本和広のひさびさの書き下ろし『我らの不快な隣人』によれば、これは紛れもない事実である。

 名著『洗脳の楽園』一冊で、カルト集団・ヤマギシ会を実質的に崩壊させた米本は、その後も一貫して反カルトの著作を世に問うてきた。
 
 本書のテーマも統一教会だが、意外にも反・統一教会ではない。本書で彼が告発するのは、統一教会信者に対して救出カウンセラーと家族が行っている、拉致監禁をも辞さない脱会活動である。それはしばしば暴力やレイプの温床となり、信者は脱会できても重いPTSDやうつ状態に至ってしまう。中には12年間も監禁されていた事例もあるという。

 ゆきすぎた反カルトの風潮は、そうした事実すら口にされにくい空気をもたらしてはいないか。

(注)個人的な話になる。私はヤマギシ会の「とっこう」と呼ばれる特別講習研鑽会(脳の神経回路を変容させる洗脳セミナー)に参加したあと、斉藤環さんに診てもらったことがある。診断は「軽い解離性障害にかかっている」というものだった。
 ヤマギシ会の洗脳セミナーの秘密を解くカギは、「解離性障害」にあることを教わった。
 その後、『カルトの子』を文庫本にするとき、斉藤さんには解説を書いていただいた。
 『我らの不快な隣人』を読まれた方は、統一教会の親子問題にも一章を割いた『カルトの子』に目を通していただければと思います。



2003_0511画像0003       2003_0513画像0001

クリックしてください。

※1 同書はアマゾンでも購入できますが、一般書店でも注文すれば取り寄せることができます。ただし、アマゾンなら中古本を買うことができます。もっとも配送料がかかるので、それほどには安くなりませんが・・・。
※2 気軽に感想文をお寄せください。どんなものであれ、「へえー、そんな見方もあるのか」と参考になります。
 なお、アマゾンのブックレビューも貼り付けておきます。←をクリックしてください。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/95-f9e876f4