顯進さまが泣いておられるぞ! 

消えゆく分裂3派(7)

 この記事「祝!!FPA(家庭平和協会)創設大会」 に再度、ざっとでいいから目を通してもらいたい。約4ヶ月前の記事である。
 新しい酒は新しい革袋に盛れ。
「ブログ村リンク集」に、「家庭平和協会」が設けられたのだから、

「家庭連合村」でとぐろを巻いている顯進派は堂々と、カテゴリ-を移動されたらどうか、という前向きかつ真面目な提案であった。

 で、https://philosophy.blogmura.com/familypeaceassociation/をクリックしてみたら・・・。

「真実を求めて」「farisuの真実の紐解き」「HOPE」「評議会のブログ」「ほふられた小羊」「ある先輩家庭の手紙」「日本人による世界人のための家庭教会」 「笑わせたい お父さんのブログ」「ファミリカ」「ヨンギの糠味噌」「幸福」「アボジと亨進さまのマルスム」「聖書」「未来」「四基」
 わずか15しかなかった。 

 ちなみに、「サンクチュアリ教会村」をクリックしてみると、 http://philosophy.blogmura.com/worldpeaceandunificationsanctuary/ranking_out.html、59のブログ。なぜか顯進派のブロガ-も登録している。変なの~

-解題-


(1)「ファミリカ」は、パシセラ氏が新たに作ったブログ。彼は偉い。「家庭連合村」ではなく、「家庭平和協会村」に登録したのだから。それも二股ではなく、顯進さま一筋。臣下の道としては全く正しい。決しておちょくってはいない。
 なぜなら、顯進さまは昨年の9月3日にこう語られたのだから。
《 これからは祝福家庭が優先ではない。人類全体の救済が重要だ。FPAは今後、普遍的な原理教育コンテンツを開発して行く。原理教育が必要である。原理を普遍的に一般的に分かり易く紹介しなければならない。FPAは今後UCとは無関係の立場に立って行く≫


(2)「家庭平和協会村」アクセス1位は「真実を求めて」。アウト2440、イン940(3月8日現在)
「サンクチュアリ教会村」の一位は「サンクチュアリニュース」。それぞれ18000、2670
「家庭連合村」の一位は「いつも私のとなりに神さま」。それぞれ11890、3790
 由緒正しい櫻井家長男のブログのアウトのアクセス数は、あの「奇知外記」(7660)の三分の一程度しかないのだ。
 嗚呼、おいたわしや、顯進さま。゚(゚´Д`゚)゚。

(3)「パシセラのブログ」は、この10年間近く、常に「家庭連合村」のベスト5内に入っていた。ところが、復活させたブログを「家庭平和協会村」に登録すると、「80、10」といった悲惨なレベルになっている。
 いったい、これはどういうことなのか。
 顯進さまは泣いている。

(4)「家庭連合村」とか「サ教村」に登録すれば、読まれる。ところが、本家本元の「家庭平和協会村」に登録すると、相手にされない。
 で、家庭平和協会の会員なのだけど、もう関係のないはずの家庭連合村にまだい続ける。
  恋しいのかしらん。ニコッ
 繰り返しになるが、顯進氏は「FPAは今後UCとは無関係の立場に立って行く」と宣言した。どう考えても、今のブログ状態は変である。
「コバンザメ商法」という言葉が浮かんだ。
「集客力のある別の商業施設や商品、サービスなどに関連した商売を行い、そのおこぼれにあずかる商法のこと」
 類義語は「軒先商売か」 

(5)由緒正しき櫻井家の次男、顯進氏を師事している彼のブログ「神と共に生きる真なる息子娘として」は、「家庭平和協会村」に登録していない。
え!?どうして?
 ご確認を。https://www.blogmura.com/profile/01134537.html

(6)どうでもいいことなのだけど、「ある先輩家庭の手紙」
 威勢が良かったのだが、松濤本部が除名をチラつかせると、子どもたちが連名で、本部に「オヤジを大人しくさせますので、除名だけはごかんべんを」と陳情した。
 で、元山のとっつあんは大人しくなりましたとさ。 

(7)サ教の「シャボン玉のブログ」
 かつては「家庭連合村」の常にベスト10だったが、サ教村が開設されると、間もなく、カテゴリ-を移動した。矜持や、よしである。櫻井次男をはじめとする顯進派ブロガ-たちは彼女の垢でもいただいたらいかがか?

(8)顯進派ブロガ-が「家庭平和協会村」に移動しないのは、パシセラ殿の例でも分かるとおり、家庭連合(統一教会)のおこぼれにあずからないと、アクセス件数が激減することを恐れているのだ。さもしく心小さき人たちである。

t02200146_0403026712871115175.jpg
おいたわしや、顯進サマ。ビェ~ン

【重要な追記】
 パシセラ氏の本質は「自意識過剰」(自己愛)にあると、これまで何度か指摘してきた。このため復活ブログが「家庭平和協会村」一本であることに驚き、特筆した。
 でも、なにかがオカシイと、腑に落ちなかった。人は簡単に過剰な自意識、過剰な自己愛を捨て去ることができないからだ。
の定である。
 この原稿を書き終えたあとの翌日、3月9日に「断続的ですが、ブログを再開します」ときたもんだ。
<過剰な自己愛人の「愛の奇跡」
「さようなら 」2017-12-09
「私はパシセラでした」2018/02/03  クリックすると、Not Foundとなっている。
「断続的ですが、ブログを再開します」2018-03-09

 パシセラ氏にどうしてこだわるのかと疑問に思う読者は少なくないと思う。別に彼個人への関心はあまりない。彼の自意識過剰、自己愛的性格に興味があるのだ。 
 強制説得者の清水与志雄牧師、黒鳥栄牧師も同じだった。
 すべてでは決してないだろうが、いわゆるカルト業界に関わる人たちにはある種の「特定な傾向」があるような印象を受けている。親からの愛を十全に受けていない結果によるものではないだろうか。

【さらなる追記】 「人生の目的は、なんじゃらほい」 (爆笑)に刺激を受け。
 家庭連合(統一教会)に依存したあと、今度は「家庭平和協会」あるいは「サンクチュアリ教会」に依存する。そして最後にブログに依存する。要するに依存症である。まあ、ブログ依存なら薬物依存などと比べ社会的には全くの無害。したがって、どんどん更新していただき人生を浪費、いや謳歌してもらいたい。
 全体の傾向をみると、家庭連合を退会したあと、「元退会者」(もう関係なし)となった人が圧倒的に多い。ざくっとした印象では「元退会者」9に対し「依存症の人」1といったところか。

 「新しいワンピ-、さよおうなら」
 徳野さん(会長)や近藤さん(総務局長)たちが親の介護をどうしているのか。知りたいものです。神と実の父母と自分。
 「散骨」。徳野先生に天宙バカ大賞を授けようと思ってセッティングした場所の写真があります。

進サマは泣いている-と思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

三男派って

数が少ないんですよ。

人がいないんです。かわいそう。
  • [2018/03/14 07:27]
  • URL |
  • バカボンパンツ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

三男派は不感症だらけか。

 顯進派諸君をここまでバカにしたのだから、火の粉のバカヤロウと罵ってよさそうなものだが、今のところシカトである。

 2つの理由が考えられる。
(1)インポ、不感症。反応しない・できない症候群。
(2)統一教会の相対基準を結ばないという組織遺伝子を受け継いでいる。

 やはり「消えゆく」組織なんだろうなぁ。


バカボンパンツさん
>数が少ないんですよ。人がいないんです。かわいそう

 最大に見積もって、顯進派シックは500人といったところでしょうね。

3派それぞれの自己絶対化

>パシセラ氏にどうしてこだわるのかと疑問に思う読者は少なくないと思う。別に彼個人への関心はあまりない。彼の自意識過剰、自己愛的性格に興味があるのだ。


 米本さんは今回、文顯進派の信者をテーマにしながら記事を書かれていますが、顯進氏自身についての情報は「日本ブログ村」から得られたものがほとんどではないでしょうか?
 故神山氏から得られた情報なども幾らかはあると思いますが、それよりはブログ村から得られた情報の方が遥かに多いのではないかと思います。
 実は私の顯進氏についての知識もほぼ100%「日本ブログ村」から得られたもので、顯進氏については現役信者時代にはそれ程関心を抱いてはいませんでしたし、接点もほとんどありませんでした。
 そして、日本ブログ村のブログで紹介される顯進氏のスピーチなどから少しずつ彼の考えというものが把握できるようになったのでした。

 私は既に以前投稿したコメントの中で、何度か顯進氏についての評価は書いていますが、次第に悪化しているのは確かです。
 最近では朝鮮史の古い時代からある「公益人間」論についての彼の解釈が余りにも現実離れしたものなのでその間違いを指摘しましたが、失望が次第に大きくなっているのも事実です。
 ‘火の粉’の中で米本さんが顯進氏について書かれる場合でも、批判的に書かれる方が圧倒的に多いというのが私の印象です。
 ただ、彼のスピーチに関しては長時間の動画などを見た訳ではなく、断片的に伝わる短い言葉が目に留まっただけでしたので、彼の考えについてはわからないこともたくさんありました。
 その良くわからないことの一つに「真の家庭の問題については長男である私が責任を持つ」という内容の言葉があり、どうやって断絶している家族の責任を持てるのか不思議でなりませんでした。
 そして今回、米本さんが顯進派のブロガーについて書かれた機会に顯進派ブロガーも参加しているという「サンクチュアリ教会」ブロブ村なども覗いたところ、顯進氏のまとまったスピーチの動画を見ることができました。
 その結果、ついに上の疑問も解決されたのです。

 その動画の内部集会で語られた内容は顯進氏の思想を明確に示していますし、今回の記事とも関連していると思われます。あるいは米本さんは御存じないかもしれませんので、その動画を紹介いたします。
 https://ameblo.jp/makotonomorison30000/entry-12356157539.html

 上の記事にある顯進氏のスピーチ動画からポイントとなる発言を抜き出すと以下のようになります。

「この先輩家庭や教会指導者たちは組織維持のために長子を排除するという選択をしたのです」

「悔い改めて長子権を認め 基本的に私に従うことです。そうすれば私が全てに責任を持ちます」

「統一教会で学んだものはでたらめが多いのです」

「第一資料であるお父様のみ言葉に戻らなければいけません。それでお父様は訓読会を開始されたのです」

「長子とは真の家庭を代表しており、お父様の血統を代表しています。長子の家庭は次世代へと続くお父様の権威を代表しているのです」

 私は上の動画を見て正直驚きました。
 顯進氏に関しては、今までは米国の名門大学、及び大学院を卒業、修了した知性豊かな文化的現代人をイメージしていましたが、実像はまったく違っていました。
 動画を見た私の印象では、話す言葉は英語でありながらも、中身は完全に「古代朝鮮人」でした。
 彼がスピーチで特に強調していたのは自分が「真の家庭」の長子であり、その血統的な価値と権威は絶大なもので、長子権を持った自分には皆が完全に従わなければならない…という内容でした。まさしく朝鮮儒教を思わせる内容だったのです。
 私は「One Family Under God」が顯進氏の核心的な主張かと思っていましたが、実はそうではなく、その言葉は単なる対一般社会用のフレーズに過ぎなかったようなのです。
 そして彼は明らかに「原理講論派」ではなく典型的な「み言派」であり、完璧に以前のイメージがひっくり返りました。

 彼の言葉で特に注意せねばならないのは「One Family」で、私は今までクリスチャンが使うような意味でその言葉を彼が使っていると思っていましたが、実はそうではなかったようです。
 彼は朝鮮儒教と同じ考え方で「一家族」と言っているのであり、それは血統的な序列に従って家族が上の者に従わなければならないという意味で語っていたのでした。
 日本と朝鮮では儒教の浸透レベルがまったく違うので、日本人は「一家族」と聞けば儒教的なイメージではなく、どちらかといえば現代のクリスチャンに近いようなイメージで捉えます。
 私は顯進氏がクリスチャンが抱くイメージで「One Family」と言っているとばかり思っていましたが、それは完全に間違いでした。
 彼は生まれが韓国であり、アメリカで育ってはいますが、根っからの「朝鮮人」のようです。
(ちなみに、韓国は経済の発展から文化も変わりつつあると思われ、韓国の儒教文化も昔のものと同一とは考えられません。したがって、顯進氏の儒教体質とは現代韓国の儒教文化体質ではなく、それよりも遥か昔の李氏朝鮮時代の儒教文化に近いのではないかと思います。儒教的な教えを説きながらも、統一教会が韓国では浸透しなかったのは その教えが現代では通用しないものであったからに違いありません。
そしてかえって日本で統一教会が多くの信者を獲得できたのは、初期の伝道者である西川氏がその儒教的性格をかなり削除したためと思われます。)
 顯進氏の「自意識過剰、自己愛的性格」はパシセラ氏などとは比較にならないように感じられます。

 韓鶴子氏は文鮮明氏以上に自己の価値を高め、自分は独生女即ちメシアの中のメシアであると主張し、完全に自己絶対化していますが、顯進氏の場合もかなり強烈に自己絶対化しており、「真の家庭」の家族も皆自分に従うべきであると強調しています。
 それに加えて、4男+7男派は亨進氏が2代目王様との主張ですから、やはりトップの座を譲ることはあり得ない立場です。
 それら3派のトップの尋常ではない自己絶対化を目の当たりにすると、「真の家庭」の和合は120%あり得ないと実感します。
 

なぜコメント欄がないの

「火の粉を払え」のブログにはコメント欄があるのに、1位の「いつも私のとなりに神さま」のブログにはなぜコメント欄がないの。これでは、一方通行で聞きたいことも聞けないブログになってませんか。

Re: 3派それぞれの自己絶対化

>‘火の粉’の中で米本さんが顯進氏について書かれる場合でも、批判的に書かれる方が圧倒的に多いというのが私の印象です。

 いずれ「顯進評価」に触れるつもりですが、今回の記事は「顯進の弟子&支持者」をみれば、顯進氏の実像が浮かびあがってくると考えたからです。

 <創価学会を知るには、学会員の言動を知ればいい>

 神々の黄昏さんが感じたように、顯進氏を評価する手がかりはあまりありません。

 なぜなら、顯進氏と親しく対話(1対1~3人程度)した弟子&支持者など誰もいないからです。
 3人の櫻井母子もそうだし、故神山威さんとて、親しく対話したことは一度もなかったはずです。

 知らないのにどうして顯進氏を敬うのか。敬っているのでは決してなく、たんに依存しているだけなのです。
 もう1つは、経済利害的に結びついている・・・。(動きはきわめて不透明)

「One Family Under God」

 私には「親父よりはるかに優秀な俺(長子〓絶対)を中心とした世界を築く」としか聞こえません。

Re:なぜコメント欄がないの

「器の大きさ」の違いだと思います。

この「器の大きさ」について、簡潔に説明しているサイトを紹介します。いろんな意味で、参考になります。

http://hiroshitasaka.jp/archives/tasakajuku/TH%20201509%20forbes.pdf

メシアに繋がるという妄想

基督教のメシヤや歴史認識に無知な私は、すっかり騙されてしまいました。

偽メシヤに絶対性などなく、タダの偽物メシヤが文鮮明教祖でした。
劉先生の原理講論には、地上天国が出来てメシヤ誕生となるのに、原理講論も絶対ではないと無責任に妄想で文鮮明をメシヤと信じた群れは、二次メシヤである鶴子教、三男教、七男教など必要ないのに、すり寄っていなければいけないと妄想の中にあるのです。

鶴子さんも息子たちも霊の子っているのでしょうか?
三人の霊の子もいないだろう一族たち、文鮮明教の妄想に一族も憑りつかれ、信者も妄想に憑りつかれる。

長子?そんなのどうでもいい。もし、文鮮明がメシヤだというなら、メシヤ以外はすべて平等な人間でしかないというのが、一般的な思考になるはずなのに、哀しいかなカルト組織の中にいると単純なことを、難解にするのがお好きなようで、難解(原理・摂理・条件などなど)なことを宣うことが「信仰」とばかりに高学歴?人間たちや古参信者たち幹部たちが「悦に入る」ところがカルトなのかもしれません。

あ~ぁ、バカで良かったなぁ~。

取り返しも後戻りも出来ないのが、哀しい現実。

偽メシヤと本物メシヤ

 ナツミカンさんがよく使う「偽メシヤ」。

「偽メシヤ」という存在を認めれば、「本物メシヤ」がこの世のどこかにいるということになる。

 で、世界を・私たちを救ってくれる人って、誰?-という思考になっていく。

 文3?文4・7?ひょっとして韓鶴子?
 文仁進?まさかぁ~!

 とても幼稚な話になっていくのです。

推薦図書(ナツミカンさんヘ)

>鶴子さんも息子たちも霊の子っているのでしょうか?
>・・・
>取り返しも後戻りも出来ないのが、哀しい現実。

私のコメントを読んでの反応かと思い、少し気になりました。
この本を、読まれることをお勧めします。


人生で起こること すべて良きこと: 逆境を越える「こころの技法」
<アマゾンJAPANのURLが超長いので、下の”URL”欄に入れました>


昨日、コメントした「器の大きさ」についての記事を書いた人物です。
Kindle Unlimitedを利用している場合、無料で読めます。


ちなみに、アマゾンUSAで、Kindle Unlimitedを利用している場合でも、無料で読めます。

https://www.amazon.com/JINSEI-OKORUKOTO-SUBETE-YOKIKOTO-GYAKKYOU-ebook/dp/B018QUO4A2/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1521287545&sr=1-1

なるほど考

なるほど、
偽メシヤという表現さえ、本物メシヤの対になる言葉ということなのですねぇ~。

メシヤという存在は、人間の妄想でしかなく、原始宗教は・・・調べた今現在の内容としては、太陽信仰が元、単なる星の信仰というべきなのか?

救われたい願望が、「メシヤ」という偶像を作り出しただけなんだって思います。

生きるために必要なのは・・・カルトが欲しがるのと同じ「金」、それが現実なんだなぁ~。

人間の器についてですが、私にとっては今そんなのどうでもいいこと。
器がある無しなんて人それぞれでしかないでしょうよ。
一人前の事(一人前の親族づきあいなど)さえ出来ていない現実を前に、あくせくしている人間に器なんて~言葉は意味なし、必要なしですわ。

何を読んだからと言って、現実は変わりません。

心持ちが変わる?貧乏ばぁさんには無意味ですわ。いつも逆境なんですよ。

何度も越え過ぎて、お笑いです。
越えられなくなる時の覚悟と段取りはいつでも出来てます。

せいぜい

米本さん

日本国内で100人か200人だと思いますよ。
  • [2018/03/19 07:22]
  • URL |
  • バカボンパンツ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/925-22f61820