顯進が反文鮮明派&拉致監禁推進派とつるんでた !!! 

「消えゆく分裂3派」 (2)

狡猾な文家の3男坊!

から書こうか。
 イカレ王の続きをやって、サ教批判にひとまず区切りをつけようか。「妄想パラダイスへようこそ」とか。この方が流れからすると分かりやすいが、久しぶりに拉致監禁のことが話題になったので、同じテ-マでやることにした。
 といっても、ダラダラ続き話ではない。文顯進(敬意敬称略)が反文鮮明派と絡んでいた!という驚天動地のお話である。

 話題を提供してくれたのは、分派侍(以下、侍)さんである。実に刺激的な記事であった。
●「【真相スクープ】点と点が線でつながってしまった」
●http://bunpasamuraijin.blog.fc2.com/blog-entry-165.html
▲「【映像】韓国基督教総連合会の強制改宗活動の実態」
▲http://bunpasamuraijin.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

201709180016311c7.jpg
【写真説明】中央に座っている人物が三男の顯進。顯進の左側に映っている眼鏡をかけた人物が韓国基督教総連合会の代表会長であるホン・チェチョル牧師である。

 侍さんの2つの記事を全文引用しようと思ったのだが、リンク、図、動画などがたくさんあり、記事を再現するにはかなりの労力を要するし、それに再現の過程でミスもありうると思って、あきらめた。
 よって、直接、記事を読んでもらいたい。

<注>出典を明記しないcocoaさんやcosmosさんなどなど、侍さんを見習ったらいかが。前回掲載したkoyomiさんの寄稿文もお手本になる。
 ついでに言うけど、cosmosさん、マルチ経済で忙しくならないでね(笑)
https://ameblo.jp/cosmosnokokoro/entry-12312108705.html
「自分達で経済生み出して、自立しないといけませんね。(そんなの当たり前なんですけど)もしうまくいったらみんなにも教えます。(今はあまり聞かないでよ)」(爆笑)
 光太郎さん、儲かることが分かったら、内緒で教えてね(大爆笑)
マルチじゃなかったら、メンゴだよ。

もあれともあれ、私が衝撃を受けたのは前掲の写真である。
 侍さんの説明文である。

「ホン・チェチョル牧師とは、当時、韓国基督教総連合会の代表会長であり、上の写真は2014年9月29日~30日にUCI・FPA側(三男派)が開催した”2014地球村平和実現のための指導者大会”での写真である。
 写真の中で、中央に座っている人物が三男の顯進氏であり、写真を見て、顯進氏の左側に映っている眼鏡をかけた人物が、韓国基督教総連合会の代表会長であるホン・チェチョル牧師である。
 ちなみに、韓国基督教総連合会は統一教会を異端視し、カルト集団としながら、反対する勢力である」


「韓国基督教総連合会」。少々くたびれてきた脳の神経回路(シナプス)が活発になってきた。
 拙著『我らの不快な隣人』で、この団体を取り上げたことがあった。14章の『韓国に渡った花嫁たち』の中見出し<キリスト教の反対運動>(333~338ペ-ジ)を読んでもらいたい。(出版年は2008年)

 <統一教会に反対しているのはプロテスタントである。ただし、同じプロテスタントでも教団によってスタンスの違いがあり、マイナ-教団である「ルタ-教会」、「長老教(カルビン系統)」「聖公会」などが所属する「韓国キリスト教教会協議会」はそれほどでもなく、強く反対しているのはメジャ-教団の大部分が所属する「韓国キリスト教会総連合会」であり、その中心を担っているのは「大韓イエス教長老会」である。
 これまで見てきたように日本の統一教会と違って、韓国・統一教会に社会的な問題があるわけではない。それにもかかわらず、長老会のメンバ-は「韓国・統一教会をつぶす」と、交流のある日本基督教団の牧師に言明している>


 要するに、「韓国基督教総連合会」は反統一、文鮮明〓偽メシアの立場。「全国霊感商法対策弁護士連絡会(全国弁連)及びそこに集う強制説得を行なう牧師ら」も同じ立場。統一教会をつぶすために日韓で連携してきた。これが歴史的事実である。

 ただし、侍さんの記事は誤読されかねないので、一言注意しておく。両者が統一教会員の拉致監禁を連携してやってきた事実はない。少なくとも、私はその事実を知らない。
「韓国基督教総連合会」に所属する教団が韓国の「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」信者の強制説得をやっているが、全国弁連は関係ない。ただし、日本の牧師が拉致監禁のやりかたを情報として伝えたことはあると思う。

進を主軸にすれば、重要なキ-ワ-ドは「不法強制改宗」ではなく、「文鮮明・偽メシア」(統一教会をつぶせ)である。
 自分の父親を完全に否定し、自分がかって指導してきた統一教会をつぶそうとしてきた親玉(ホン・チェチョル牧師)を、3男の顯進は「2014地球村平和実現のための指導者大会」に招待した。しかも、会場の端ではなく主賓席
 いったい、これはどういうことなのか。

 ふつうに考えれば、外形的には文家3男の顯進は反鮮明になったということである。
 ところが、「そうではない」というウルトラバカ顯進派がいる。
 東京中野発祥の粘っこい油めんを想起してしまう顯進派私的広報官の加油君(修飾語が長いよなぁ)である。侍記事のコメント欄を参照のこと。
 彼いわく、
「既成キリスト教や、共産主義者と仲良くすること自体は、悪いことでも何でもありません。むしろ愛による彼らの抱擁こそが神様の願いであり、だからこそお父様は金日成を抱擁されたのです」

 驚くべきウルトラ・レトリック!というより、本当にお花畑、理性なき情緒的思考もいいとこ。
 悶絶しそうになって、あわてて、とある元信に加油ミコトの感想を聞いた。
「たぶん、統一信者関係者とりわけ文3派は『なるほど』と感じて、告発した分派侍さんの評価が下がったのでは」
 悶絶ッ

 小賢しい加油君は、ちょっとしたレトリックを使っている。読者はもとより加油君本人もおそらく!気がついていない。つまり、彼のレトリックは習い性

 「顯進が反文鮮明のホン・チェチョルと仲良くすること」と、「既成キリスト教や共産主義者と仲良くすることとを同次元のこととして扱っているのだ。

 このことが理解できないアホシック(アホ三)でも、次の光景を想像すればオカシイと思うのではないか。
本教団の会長徳野英治氏が反統一のシンボル浅見定雄氏、あるいは脱会屋の宮村峻氏、はたまた弁護士の山口広氏を、何かのパ-ティで主賓席に招いた
 加油君、曰く。
「拉致監禁派の指導者たちと仲良くすること自体は、悪いことでも何でもありません」 クスッ

 
「ブログ村-家庭連合村」は顯進派と心情的顯進派のブロガ-で席巻されている。彼らに感想を聞いてみたいものだ。
 文7派の奇天烈イベントを批判したパシセラ、cocoa、コスモス、ある先輩家庭の手紙-は意見表明すべきであろう。卑怯者でなければ!
 記事に反論できなければ、文3派は反文鮮明派のレッテルを貼られることになる。

ミニコラム頑固親父が死んで好き放題の妻と息子たち

 3男は父親が死んで、父親を蛇蝎の如く毛嫌いしていたキリストのおっさんと仲良くする。
 4男と7男は父親が死んで、勝手にバ-チャル儀式-母親と離婚させ、太古のベッドフレンドと結婚させる儀式をやる。
 寡婦は「亡夫ではなくあたいがそもそもテッペンだったのさ」と、うそぶく始末。
 誇張がウリの韓国家庭ドラマみたい。すばらしき文ファミリ-に乾杯!


ニュ-ス故櫻井会長の長男、松濤本部職員の櫻井正上氏が顯進派入り!

 出典-https://ameblo.jp/nekoyorimasi/entry-12315818424.html
 いずれ、取り上げます。



顯進は反文鮮明に仰天した方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

タイトルを見て驚いたのですが…

顕進様が拉致監禁を推進していたのかと驚いてしまいました。

>両者が統一教会員の拉致監禁を連携してやってきた事実はない。
>少なくとも、私はその事実を知らない。

米本さん、ビックリさせないでください。
安心しました。

>ふつうに考えれば、外形的には文家3男の顯進は反鮮明になった

ちょっとこれは言い過ぎではないかと思うのですが、どうなのでしょうか?

かつて、92年に文先生が北朝鮮で金日成にあった時、マスコミ各社は異例と言って報道をしました。何せ文先生は反共の第一人者だったわけですから。

ですが、これを「ふつうに考えると、外形的には文先生は反共反対者となった」と見れるという意味でしょうか?

私は、文先生のこの一つの行動で、その思想が反対になったというのは言い過ぎに思えますし、今回の記事の顕進様についても同様に思います。

ただ、ここで米本さんは「外形的」にと断っています。

この「外形的」の含みは何ですか? 
文先生が北朝鮮に行ったとき、亡き祖父に「北朝鮮と仲良くする団体は信用できない」と言われました。世間からはそう見えるという意味でしょうか。

あるいは、当時の文先生の思想は既に反共ではなくなっていたと捉えるべきという意味でしょうか。

そもそも、顕進様も文先生もどちらも親子で「ふつう」でないことをしていると思います。
人の思想信条を推し量るとき、「ふつう」という概念は適切ではないし、「ふつう」でないものをお花畑と断言するのも適切ではないと思えます。

私もまだまだ、お花畑脳が抜けません。
もう少し、分かりやすくご教示いただけないでしょうか。
よろしくお願い致します。

すべては利権がらみ

文鮮明はじめとして一族幹部たちは、すべて利権がらみ(カネ絡み)でどうにでも体裁を作るということでしょう。

単純に見れば、サギシ集団、
寸借詐欺のデカイ版と考えたら分かりやすいかもね。

https://yourbengo.jp/shohisha/18/
寸借詐欺の手口と対策

先日、某電車内で寸借詐欺に出会い、このバァさんサギシだと分かったのですが、話を聞いてみたくなった・笑

本当のようなというか解るようなウソを付くのですが、その中にはカナラズ有名人を登場させたりしてサラッと匂わせるのです。文鮮明なら、金日成に会った写真を載せたりするのと同じようなことかな。
そして、自前の組織からの自前の勲章や王冠もらったり・・・。
このカルトのやっていることは、手広く、大ボラ吹いて寸借詐欺をしているようなもんだなぁ~と思ってみたり致します。

そのバァさん、常習的で本人はまったく悪いとは思っていない状態。カルト関連の人と同じような感じですね。

原点は、寸借詐欺(カルトは寸借詐欺の壮大版)なんじゃないかって気づかせていただきました(ハハハッ)

是々非々

なぜ、そのように攻撃的で挑発的なのでしょうか。問題提起は罵倒なしでもできると思うのですが・・・。

さて、ご自身で書かれているように、米本さんは強制改宗を批判しはじめてから、反カルトの方たちからレッテルを貼られる様になりました。

米本さんは、統一教会系の任意団体である「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会」では、その著作やブログが紹介されるほどの近い関係であり、教会主催の拉致関連の集会などにもゲストとして参加されたこともあるのではないでしょうか。

これをもって、「御用ライター」「統一教会容認派」と、レッテルを張る反カルトの方たちをどう思いますか?

たしか、「反カルトのカルト脳」、「白か黒のオセロ脳」と、おっしゃっていました。私もおおむね同意です。

家庭連合の高額献金などを批判しつつ、拉致監禁も批判する「是々非々」と言う考え方は、納得できるものです。

誰よりも火の粉を払ってきた方が、いつの間にか、火の粉を振りかける方にまわっていないでしょうか。

>加油君、曰く。
「拉致監禁派の指導者たちと仲良くすること自体は、悪いことでも何でもありません」 クスッ

なぜ嗤うのですか?

もちろん悪事に協力したり、迎合するような付き合いはだめです。しかし、敵対関係だった方たちと、対話の席に着けるということは、悪いことどころか、一般的には歓迎されることではないでしょうか。重要なのは、対話の主旨であるはずです

米本さんが問題とされた大会のキーワードは、「文鮮明・偽メシア」ではなく、「韓国の統一」であり、その主旨に賛同した方たちが参加されています。

「文鮮明・偽メシア」の主旨で、一緒に何かをした事実はどこにもありません。

「拉致監禁反対」の大義ために、米本さんが教会や信者に協力するように、いろいろと思うところはあっても、大義のために何かを一緒に出来るなら、素晴らしいことです。

拉致被害者たちが、反カルトの米本さんと、拉致監禁問題で、「一緒に何かやりたい」と考えたことは、「お花畑脳」なのでしょうか?

そうでないことは、米本さんご自身がよくご存じのはずです。

白黒2色じゃ足りないでしょ

拉致監禁は悪だから拉致監禁に関わる人や団体は全部悪!というのは
統一教会は悪だから統一教会に関わる人や団体は全部悪!というのと同じくカルト脳です。

彼らがなぜ統一教会に反対していたのか
彼らがなぜ統一教会の親玉の息子だと知りながら三男とは協調できるのか

それは、
彼らが批判していたのが
統一教会の「全て」ではなく
統一教会が抱えていた「問題部分」
だったから、ということでしょう。

拉致監禁問題を解決するにあたって
監禁する側との戦いとともに
監禁を生んだもう一つの要因である
教会の体質改善が必要なことは
米本さんもよくご存知なはずです。

アクセス数稼ぎのためにはインパクトのあるタイトルは必要なのでしょうが
無知な大衆を扇動する
センセーショナルなジャーナリズムではなく
大局的な見地からの冷静な分析を
今後も期待します。

勉強不足!結果、机上の観念論。

 拙著で書いた拉致監禁の具体的実態、異端への闘い(改宗の具体)を無視した投稿である。

 一読をお願いした333~338ペ-ジすら読まずに投稿している。

 くだんの韓国基督教総連合会への具体的言及もない。

 勉強不足も甚だしい。具体がないゆえ、机上の観念論(お花畑)に過ぎない。

顯進氏の思想的限界

>3男は父親が死んで、父親を蛇蝎の如く毛嫌いしていたキリストのおっさんと仲良くする。
 4男と7男は父親が死んで、勝手にバ-チャル儀式-母親と離婚させ、太古のベッドフレンドと結婚させる儀式をやる。
 寡婦は「亡夫ではなくあたいがそもそもテッペンだったのさ」と、うそぶく始末。
 誇張がウリの韓国家庭ドラマみたい。


 統一教会信者に対する親族らによる拉致監禁、棄教強要を特に問題視する米本さんのような良識人からすれば、文顯進氏が自分が主催する会合の主賓席に記事にあるホン・チェチョル牧師を招待したことは異常なことと思えるのは当然です。
 仮に顯進氏が「脱文鮮明教」を明確に表明しているならば、そのような人物を招待したとしても違和感がないかもしれませんが、統一信者達に対して「お父様の夢を実現する」と明確に自分の主張を表明し、文鮮明氏の事実上の長男であることを根拠に統一運動を引き継ぐのは自分であると主張している現実があることを考えると、やはり一般人からすれば米本さんのように感じるのが普通だと思います。

 ただ、文顯進氏は実際は父親に完全な形で「絶対服従」している訳ではなく、たとえ様々な理由を付け加えようと基本的に考えが異なっているのは間違いありません。
 顯進氏が話す主張のキーワードは「神様の夢」「神様の下の一家族」などですが、文鮮明氏の宗教思想の第一にあるものは「真の父母」「血統転換」であり、たとえキリスト教徒が「神様の夢」を強調したとしても、「真の父母によって血統転換」されねばそこに意味はなく、実現も不可能というのが文氏の考え方なのです。
 顯進氏は一般人に受け入れられ易いキーワードを使って平和運動を行っており、その究極的な目的を理想主義者の考えるイメージ通りの内容で語っていますが、文鮮明氏の場合はあくまで「真の父母」が中心であり、世の人々は例えどんな命令であろうと「真の父母」に絶対服従せねばならないと語っているのです。
 『幼稚思考の壁』に閉ざされた統一信者は顯進氏を擁護したい場合、そこに屁理屈を加えて、本質的には同じ内容だなどと言い訳するかもしれませんが、文鮮明氏が絶対視せねばならないという「み言葉」には極端なものが多いため(‘ちゃぬの裏韓国日記’ブログに多数掲載)、その思想的な違いは否定のしようがありません。

 ただ、文鮮明氏の「み言葉」や統一教団内には『幼稚思考』が蔓延しているため、知性派統一信者は顯進氏になびくようになるのは自然なことであるのも確かです。
 顯進氏はさすがに高学歴だけあって自分の思想を‘統一教団用語’とは違った一般的な言葉で語ることができ、知性派食口にはかなり説得力があるはずです。
 しかしその主張が世界の人々に通用するほどの十分な説得力をもつものなのかと問われるならば、否と答えざるを得ません。
 彼の話のキーワードである「神様の夢」「神様の下の一家族」は‘火の粉’の以前の記事のコメントに書きましたように深い内容を語っているようでありながら、そうとは言えず、実は何も語っていないのと同じなのです。
 近代的な有神論において「第一原因」として解釈される神は無形で人間には認識できないというのが一般的な理解であり、ヘブライズムの基本もそこにあります。
 顯進氏が上の言葉に深い意味があると考えるのは単なる妄想、思い込みであり、人々の理性に訴えることなどできないのです。

 顯進氏は馬鹿ではないので、そのように意味も無い抽象的なことを語っているだけでは説得力がないことを自覚しているようでもあり、自分の平和運動をより具体化するため、韓半島の統一を何よりも重要視し、そこに活動の目標をおいています。
 そしてそれを実現する「霊的指導者」としての自覚をもっており、また自己アピールしています。
https://ameblo.jp/moonhyunjin/archive1-201209.html

 顯進氏は韓半島統一の「霊的指導者」として役割を果たすことによって「お父様の夢を実現する」と考えているようであり、またその実績によって、父親より以上の‘勝利者’になれるとも考えているようですが、残念ながらそこには多くの欺瞞があり、基本的に父親と同じ妄想に陥っているだけとしか言いようがありません。
 上に引用したブログの記事を読みますと突っ込みどころ満載であり、特に以下の言葉には失笑するしかありませんでした。

< 韓半島において最初の国家であった古朝鮮から私達の先祖が『弘益人間』の哲学に基づいた生活を営んできたということは驚くべきことです。先祖たちは、広く人類に利益を与える人生を追求したのです。>

 馬鹿ではないはずの顯進氏がこんな見当違いの馬鹿なことを主張するとは驚きです。
 宗教信者とはそれほどまでに頭が狂ってしまうのか?
 朝鮮人の血とはそれほどまでに異質なのか?
 あるいは意図的に虚偽を語っているのか?
 現在のところ真相はわかりません。
 だだ、顯進氏が語っていることが世界の非常識であることは以下の記事、動画を見れば明白です。

http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi03.htm
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211061087
http://ironna.jp/article/1348
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170926/soc1709260025-n1.html
https://www.youtube.com/watch?v=D3LjHbqRfp4

反省と謝罪はどこに?

文3男氏には少し信を置いていたつもりでしたが、今回の内容には大変ショックを受けました。

たとえば拉致監禁を行った親と、監禁をうけた本人が再び交流する、、、字面だけ見れば関係修復で結構なことだと思う方がいるかもしれません。
しかし、実行側の反省と謝罪なく、なし崩しに仲良くするというのは、、、ただの馬鹿です。

相互間に、お互いの立場や考えに対する、尊敬と理解がなければ、そもそも健全な関係性とは言えません。

件の団体からは、拉致監禁問題に対してのコメントなり、あったのでしょうか。全く無視であれば、この問題で苦しんできた人たちはどうすれば良いのでしょうか。あの凄まじい苦労は何だったのでしょうか。無意味だったとでも言うのでしょうか。・・・というのが、一経験者としての率直な感想です。

教祖一族は

一族なんて日本人の拉致問題に対しては、あまり関心がないというのが真実だということでしょう。
(韓国ヤクザに6500女性がさらわれても救い出さなかった教祖ですしね→こういう確証のないのはイヤでしょうけど・・・)

四男は単に信者が少なくなることに対しての警戒で、上っ面はどうでも、問題定義しただけでしょうし、三男だって拉致監禁なんて関心ありませんよ。
教祖子供たちは、親がどんなことを信者に対してして来たのを知っているのです。子供たちも汚れた理性があるだけのように見えます。どんなことをして来たかの真実を内省すれば、親のカルトとは関わりを持たないのが真人間なのでしょうが、なにせ金になるから離れられないって感じでしょうし、より儲けたい。

離脱した信者からは、そう見えます。
それに、奪われた家族にしてみたら何とかして取り戻したい感情からでしょうし、必死。改宗屋とは金銭のつながりで何でもありなら裁かれて当然・・・。

米本さんは、それぞれの側面から公平な立場として記事を書いていると思いますので、どっち側とか米本さんを見るのも違うのかと思います。

米本さんから見える立ち位置で、これからも記事を書いていただきたい。


あぁ~カルトに関わり献身までして、ナントバカらしいこと。
自分のバカさ加減に呆れます。

経験者のかたには、お察ししますと言いたいな

うちの場合もまだ最近まで、改宗にまつわるゴタゴタ
から一連なる「親不孝」についてどう思うか?親から問いただされるような
場面がありましたが、
まあ昔のことですから、、向こうの要求で簡単に謝るなんて難しいですね。
個人的案件となるし具体的な内容にもよると思うのですが、この問題、なぜ私が謝らないといけなくなるわけだ?濁しました。

一番悪いのは誰なんでしょうね?と考えたくなります。
このあたりの心境は整理中です。

拉致監禁関連の事後処理がいまいちオソマツな有様ですから、
世間様の教会に対する見方も変わってないし、まだまだこんな感じになりますね。

組織としても、もう問題意識がない。
いや、ざっくりした言い方ですが一般的な会員の意識として、
我々は悪くない、というスタンスで昔から今も変わらずで、一歩も譲らない感じがする。
この点はこの人たちに甘くしてまあ譲って、この人たちの態度がいい悪いは別と考えることにして、、、、
わからないものは仕方ありませんからねえ。と言って甘やかすのは本当は難しいところですけれど。

自己中心がいかん、というのが教義のひとつなわけですから、自分でどうこう考えても個人的には動こうとしませんし。
やはり音頭をとる人間次第というところでしょうか?

経験者だけでしょうね辛いのは、ほんとに。
お察し致します。

まあ当事者で一歩一歩歩みを進めていく以外は無いでしょうか。ハァーため息です。
小さい次元の和平の道を切り開くための忍耐ですね。わたしとわたしの家族のために。
周りは何もしてくれないと思わないほうがいい。
思ってしまうかもしれないですけどね。

人類全体を眺めれば、今の世界にはもっとひどい人権侵害がありますから、それに比べたら、、です。
しかしながら自分が置かれた次元の問題としては大問題なのですが。
何だか少しズレてるような気がしてきました。
失礼しました。

Re: 顯進氏の思想的限界

 神々さんが紹介してくれた顯進の言葉。

< 韓半島において最初の国家であった古朝鮮から私達の先祖が『弘益人間』の哲学に基づいた生活を営んできたということは驚くべきことです。先祖たちは、広く人類に利益を与える人生を追求したのです。>

 不勉強で『弘益人間』の意味が分からず、検索をかけました。

●月見櫓
●韓国人の「弘益人間」
http://fetia.blog34.fc2.com/blog-entry-1500.html

(一部引用スタ-ト)
さて、「弘益人間」を日本人的に理解すると、「自分一人だけの狭い範囲の利益を考えるのではなく、広く社会全体の利益を考える」即ち「自利利他」とか「滅私奉公」に通じるようなイメージが濃厚にあります。
 しかしながら前回記事で申し上げた通り、彼らに「広く社会全体の利益を考える」という思考回路は、全く無いように見受けられます。にも関わらず、彼らは「弘益人間」を韓国人の理念であると唱えて何の疑問も矛盾も、もちろん廉恥も感じていないように見えます。

 それは何故なのかというのが、今回のご質問になると思うのですが、これはタネを明かせばそんなに難しい話ではありません。彼らにとって「人間」即ち「社会」とは「ウリ」であるということを思い出して戴ければ、謎はたちまち解けるはずです。日本人的に「広く人間(ジンカン=社会)に益する」と理解するから疑問や矛盾が生じるのです。

 彼らにとって「人間(=社会)」とは「ウリ(=自分自身)」そのものであって、彼らにとっての「弘益人間」とは「他者(ナム)をウリに入れてやる」「他者(ナム)をウリとして考えてやる」ことなのです。この「他者(ナム)をウリに入れてやる」「他者(ナム)をウリとして考えてやる」という意識は、実は韓国人には極めて普遍的にあります。

 例えば「多文化共生」という掛け声は、韓国では大変盛んです。これを以て「日本より韓国の方がグローバルだ」と主張する人も少なくないぐらいです。これもまた「ナムをウリに入れてやる」という「弘益人間」の理念に基づいたものでしょう。
(引用終わり)

 神々さん、「弘益人間」のこと、教えていただき、とても感謝です。
 李氏朝鮮時代の歴史書を読めば、「先祖たちは、広く人類に利益を与える人生を追求したのです」なんて、絶対にあり得ないことぐらい分かるだろうに。
 身分制度のこと、両班・中人・常人・賎人を想起せよ!

神々さん
>馬鹿ではないはずの顯進氏
 失当です(笑)
 バカなのです。

Re: タイトルを見て驚いたのですが…

 プームチャイさんの質問に答えていませんでした。
 加油君とenockさんの投稿があまりにもひどいというかイヤラシかったもので、ついわすれていました。

(注)具体的事実を捨象すれば、2人の投稿は論理的にあっている。おそらく読者も「いい投稿じゃん」と思ったはず。
 しかしながら、具体的事実を抜きにした「論」は空理空論に過ぎない。2人はこのことの意味が理解できるはず。だから、イヤラシイと小生が感じる次第である。


プームチャイさん
>この「外形的」の含みは何ですか?

 含みなどありません。何度か書いたと思いますが、統一さん的な言葉の使い方はしません。辞書通りです。
【外形】外から見た形またはようす。見かけ。外見。

 なぜ、「外形的」という言葉を挿入したか。
(1)今回の記事は侍さんの2つの記事、小生の韓国での取材-を元にしたもの。
(2)私は、集会に参加しておらず、また集会参加者から話を聞いておらず、内実は知っていない。
 このことを端的に表現する場合、「外形的」という言葉を入れた方がいいと考えました。

 なお、今回の記事で、文さんが金さんに会ったことを材料に投稿されているけど、あまり関係ないと思います。

(1)北朝鮮は共産主義国家ではない。
(2)原理講論では「反共」ではなく「勝共」という言葉を使っている。
(日本の勝共連合の最高幹部に「君たちがやっていることは反共である。文さんが唱えているのは勝共だ。反共と勝共の違いを意識しているのか」と質問したところ、「・・・」であった)

(3)統一教会と北朝鮮との間には経済的利害関係があった。金銭関係があった。そんな関係があれば、たとえ“思想”が合わなくとも会う。

「経験者より 」さんにお願い。

経験者よりさん
>文3男氏には少し信を置いていたつもりでした

 信を置いた理由を教えていただければうれしいです。


 経験者さんだけでなく、プームチャイさんとか諧謔亭千流(カイギャクテイ センリュウ)さんなど、心情的、情緒的3男派の人でもいいです。

 小生にとって、なぜ文3男さんを支持するのか理解不能なのです。教えていただけたら、認識が深化します。よろしくペコリです。

ナッちゃんへ

>あぁ~カルトに関わり献身までして、ナントバカらしいこと。自分のバカさ加減に呆れます。

 この種の言葉は何度も聞いたけど、自分の内面を見てもらいたいです。
 次のブログを読んでくださいな。

●私がカルトにはまった理由
●最後の霊の子ー大成さん(仮名)②ななくさ脱会後
https://ameblo.jp/nanakusa-1995/entry-12315207906.html

 失礼な言い方なのですが、ナッちゃんはこのままいけば、棺桶に入るときまで「自分のバカさ加減に呆れます」と言い続けることになります。
 まあ、それもいっきょくの人生か。

Re: タイトルを見て驚いたのですが...

米本さん
回答ありがとうございます。

米本さんの質問について思うことを書きます。
説明の都合上、私が統一原理を信じたときの話からします。

統一原理を聞いてしばらくすると、これは真理なのか、騙されていないのかという激しい迷いに襲われました。今振り返っても大変だったと思います。その後、ある日の霊体験のようなものを境に迷いが消えて、今に至っています。 言いたいのは、別に霊言を聞いたわけでもなく、ただ何かに襲われる感覚と闘った重圧感を感じた時間が過ぎただけで、この前後で私の統一原理や統一運動に対する知識や理解には何の変化も起きていません。信じられるようになるというのは、知識や情報とは次元の異なるものなのかも知れません。

文先生の聖和後、どうこの運動に関わるのかを考えたとき、原理を受け入れるなら御子女様しか選択肢はありません。

私は顕進様と直接話したことはありませんし、顕進様を統一原理を信じた時と同じように信じているわけではないのです。
ただ、顕進様の語る言葉が文先生に似ていると感じるのです。感じるという点で検証が足りないと言われれば、お花畑なのかも知れませんが、信じられると言うのは、理解とは違うのかも知れません。亨進様は文先生の真似をしますが、私には文先生の香りは感じられません。国進様も同様です。それは表面的な言葉や行動ではなく、思想信条の相似ではないかと考えています。

私にとっては、顕進様を支持することはその人物に従うことではなく、統一原理が教えた理想の実現に一番近い道を支持するためだといえます。

先のコメントで、反共と書いた点、失礼しました。
勝共は教会造語なのであえて避けたのですが、結果投稿が曖昧になってしまいました。勝共と書けば書き方が変わってきます。
あと気になったので教えてください。
92年に金銭が動いたことは知ってますが、その前から動いていたと言う事でしょうか?
それと勝共の最高幹部への質問の返事は、教会用語で意味不明という意味ですか?

狡猾な文家の3男坊

>狡猾な文家の3男坊<

本当にそうだと思います。
文家の子供たちは、真の家庭の真の子女サマとして、育てられた。
文教祖が世界的に基盤を作っていくのを見ながら育ったが、アメリカで大学まで行くようになり、顕進氏は、ゴマすりのような幹部を容認する文教祖のやり方に失望していたと思う。反文鮮明のはじまり。側近の郭氏も同様。
拉致監禁の原因が、教団の反社会的活動であることを知っていたので無視したと思う。4・7男も同様。誰一人として、父親の文教祖に”日本に高額献金の要請をしないよう”言った子女はいない。もちろん、妻の鶴子さんも言わない。日本人は文鮮明の家来~奴隷~のような存在であることを知っている。
文家の3男4男7男は、自分が一番という感覚をもっている。
で、時には、親への尊敬など関係なく、自分を誇示していく。
4男7男も同じで、生みの母がいるにも、関わらず、死んだあの世の父親と別の女性と再婚させるなど、常識では考えられないようなことをする。
顕進氏は、反日思想が根底にあるのに、南北統一とか世界平和とか、ありえない話である。しらじらし~い。
3男も自己中・妄想夢の実現のため、日本人を利用している。追従する日本人信者に、”日本で活動するな”と言いたい。
反日活動なんだから。
アメリカのシアトルとか、韓国に移住して活動しなされ。家庭連合、3男派、7男派は活動場所が日本でないことを認識されたし。追従する人々は、3男こそ文教祖の相続者後継者として称賛する。文家全体が反日で、文鮮明と同じように、日本人を精神侵略、日本人の愛国精神を骨抜きにしている。お人よしの日本人信者はあわれなり。


・反日はどこからくるの
http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/2014-02-06.html
ちゃぬの裏韓国日記より
・反日韓国=慰安婦像=マイクホンダ=文顕進=3男派(1)
https://ameblo.jp/chanu1/theme3-10090028053.html
・反日韓国=慰安婦像=マイクホンダ=文顕進=3男派(2)
https://ameblo.jp/chanu1/entry-12024801811.html

Re: Re: タイトルを見て驚いたのですが...

プームチャイさんからの質問
>92年に金銭が動いたことは知ってますが、その前から動いていたと言う事でしょうか?

 いや知りません。
 ただ、統一教会の人間関係はすべて「金」が軸になっているので、統一教会外の人間と関係を持つ場合、金が関係します。むろん、払うのは統一さんです。自叙伝で海外の要人と会ったという記述がありますが、やはり金が介在していると推測しています。
 アカデミ-の先生の子育て援助をしていたこともありました。
 金の関係は一過性です。だから、長続きしないし、広がりをみせない。


>それと勝共の最高幹部への質問の返事は、教会用語で意味不明という意味ですか?
 いや、「勝共」と「反共」との違いを問う、そのことの意味が理解できなかったということだと思います。つまり2つの用語の違いなど考えたことすらなかった。 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

米本さんへ

棺桶エール?ご指摘ありがとう。


私の書き込みで現信者のちょっとオツムに自信のある方は、少しばかり私と「同じ、ある意味それより・・・」と感じ気づいてくれればいいかなぁ~とね。

現信者は、自惚れが強いのが残っているとも感じますよ。
非原理は離れたのは相手に出来ないアホばかりだって思ってる人が多いと思います。
口では良いこと言いながら腹の中では、どう牛耳ろうかと考えてる自惚れ強い幹部たちであり、現信者たちだと感じますね・・・。人を見下すのが得意な方が多いのです。
私は、絶好のバカに出来る相手とも言えるかな?

そんな自惚れた人たちにぜひ気づいてほしい。
自分のバカさ加減にね。
男性のオツムの高い方々には、余計にうぬぼれ強くしちゃうかしら~。

米本さんの記事は、コテコテの現信者も見てるようですから・・・
そんな自惚れの強い方々に贈りたいのです。


ちなみに
私だって凸凹ですが、進歩はしております(^^;

どちらも依存症

信者が依存症だとして信仰対象の統一教会の神様もお金や土地が欲しい!じゃないと摂理が進まないよ!と信者に対してある意味、依存していますよね。宗教も数あれど信者に依存する神様は珍しいんじゃないかな。やたら人間くさい神様のようだと見ております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/875-168d2c55