君死にたまふことなかれ-手榴弾 

変貌するサンクチュアリ教会(7)

(前口上)サンクチュアリ教会(サ教)には知り合いもいれば、知り合いの知り合いもいる。なんだかとても心配になってきた。

(追記)8月22日夜 

-サンクチュアリの方々へ-(by koyomi )http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-862.html#comment16938

 「やめた方がよい」と言って、やめる人はいないでしょう。私も元信者、1回は拉致監禁から教会に戻ったのでわかります。
 だけどね、やっぱり「やめて欲しい」と言い続けたいのです。
 サンクチュアリには、私のリアル知人もいます。
 リアル知人でないけど、拉致監禁体験者で後藤さん裁判に陳述書を出した人もいます。
 私は、この方達を同士•友人と思ってます。(私のような者にそう思われるのは、迷惑かもしれませんが。)
 だから、テロ化する(と思われる)サンクチュアリに所属していることを心配してるのです。

ンシルバニア州にあるサ教-
(野生の熊が出没し、110番通報してもなかなか警察が来ない環境にあるという)
-は“自衛のために”武装しているという。少なくとも、「何かあれば武器を構える」といった備えは取っているようである。
 サ教以外の人は知らないかもしれないが、サ教は「銃を使った修練会」を恒常的にやっている。過日も韓国の2世が参加していた。

 危惧することをしゃべっておく。アトランダムである。

その1・自衛であろうが武装するということは、敵の存在を前提にしている-ということだ。冷戦時代に言われた「仮想敵国」である。
<注>http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-855.html--秀さんの投稿<何でそうなるの?>、ぶなしめじさんの<私はサンクチュアリーを支持します。>が参考になる。

ぶなしめじさん
>今、亨進氏が言っていることは、国家の樹立です。
秀さん
>個人の自衛のためだけでなく、現実世界で国を建国させた場合、領土、領空、領海(国土)の主権を維持させるためには軍事力が欠かせないというところにも武器所有が肯定されるという考えの根底であろう。
(サ天法では、建国時に”外国”があることが示唆されている。)
 つまり、サ教会の銃の所持は、個人の自衛だけでなく将来天一国が建国された場合の国防にも繋がるということになる。

 2人の見方はほぼ一致している。
 文4&7は明らかに「国家」「建国」を意識しているようだ。サ教武装化の動機である。
<注1>国進氏の銃肯定は銃を売りたいという経済的動機も否定できないだろうが、「国家意識」の方が主ではないかと思う。(小生の認識は徐々に、ときに急激に変化しています

<注2>犯人隠匿の罪で有罪判決を受けたサ教江戸川教会長(自称公職者、爆笑)の「葛西家庭教会前ビラまき」では、たんに「自衛のための銃保持」としか言っていない。“国進・亨進イズム”からすれば、皮相というしかないだろう。

 ところで、先の2人の投稿には2つのことが含まれている。
 その1つが先に触れた「仮想敵国」のこと。もう1つは「国家」「建国」のことだ。
 後者についていえば、よく言えば「夢想」(統一っつあんが好きなお花畑)、ふつうに言えば「誇大妄想」、ちょっと悪く言えば「パラノイア」ある妄想を始終持ち続ける精神病)。

 サ教がペンシルバニア州に所有する土地は、米国の領域(国家)にある。仮にサ教が近隣の土地を次々と買い占め、1.95km2のモナコ国並みの土地の所有者になろうが、たんに米国国内の大土地所有者というだけのこと。自称国王の亨進殿が
「ここはサ王国だ」
 と宣言しようが、勝手にシンドバッドだ。

 サ教の土地の周囲にサ王国の旗を林立させ、サザンの曲を流そうが、周辺の米国人は「かわいいベ-ビ-、ハイ、ハイ、妄想ちゃん」と笑って終わりだ。

さんが書いたとおり、国を建てるには「領土、領空、領海(国土)」、簡単に言えば土地が必要だ。サ教の今の土地は米国合衆国の領土。そこで、「ここはサ王国だ」と言ってもしかたがない。自分たちの土地を買うか暴力的に獲得するしかない。

亨進さん、竹島はいかがですか。実効支配している韓国人(人数は不明)を蹴散らせば、国家宣言ができますよ。
http://www.tanken.com/dokdo.html

「国家」を意識し武装すれば、当然、「仮想敵国」のことが浮上する。鶏が先か卵が先かの議論が生じるだろうが。
 敵の存在を空想すれば、敵が先制攻撃をかけてくることは想定内のことになる。敵と武器との関係は相互作用(現実政治では軍拡)である。
 サ教の武装化の規模と真剣度は判然としない。サ教内がアットホ-ムなものであろうが、ぶなしめじさんや秀さん 、ドナテロさん、先駆者さんが射撃訓練に参加していたとしたら・・・。

家庭連合は元自衛隊員を組織している!!

 人数は不明だが、数人、多くて十数人ではないか。主管者(統括者)は梶栗玄一郎だったが、亡くなったため、現在は小山田秀生。
 文鮮明の「み旨」のためにレスキュー隊で訓練を受けたこともある連中だ。例えば、コンゴの反共ゲリラの軍事訓練を行ったとか。

 元自衛隊員シックでサ教に行った人がいるので、小山田統括による元自衛隊員グル-プの存在は、文4&7に知らされている。
「小山田さんは亨進様を殺すなんて命令はしないと思うけど、実行しようと思えば実行できるとか。なのでヨナニム(亨進の妻)が拳銃を持っているのは、とても重要で、実際にああいった写真を公表することで抑止力になっている」(事情通)


 何だか恐い話である。
 だが、事情通さんが言うように、「亨進暗殺」が組織的に実行されることは100バ-セントないだろう。理由?各自考えてくれ。

 蛇足になるが、「ヨナニムが拳銃を持っている写真を公表するのは抑止力になっている」は大甘である。オイらがヒットマンに指命されたら、どうするか。
 サ教の礼拝場ににこやかに入場して、佳境に入ったとき、手榴弾を2、3個ころがして、のんびりと外に出る。救急ヘリが到着するのは?時間後。参加者全員の死亡を確認。
 ほぼ完全犯罪だろう

 これを防ぐにはどうするか。国際空港と同じような高度な防犯システムが必要になる。となると、サ教は宗教団体か?オカルト団体か?はたまた・・・?



だか嫌な感じと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

サンクチュアリ教会・江戸川教会長、澤田地平に告ぐ!

「元統一教会員の澤田地平は犯人隠匿で有罪判決を受けていた。」 (8月3日)
 この記事のコメント欄で、君はこう書いてきた。
(全文引用開始)
つ、ついに、恐れていたものが…
 つ、ついに、恐れていたものが出てきた…っていうか、これ元記事は2016.01.15なんですね。私の退会届けの半月後なので、その頃ナツミカンさんが記事を集めて下さったんでしょう。
 米本様、毎度宣伝ありがとうございます。この事件に関しましては私のブロブで扱います。気が重いのですが、何とかやってみます。ここではいつもの皆様で盛り上がってて下さい。
[2017/08/03 20:03]
(引用終了)
 自分の犯罪を宣伝してもらったというのだから、早く、事件の概要を喧伝してくれたまえ。控訴していないのだから、地裁判決文をコピペしてアップすればいいだけのこと。実に簡単!すでに20日が経過する。

関連記事

コメント

お互い抑止ですからね。

かたや、家庭連合 元自衛隊 こなた サンクチュアリ教会 自衛 の為の 射撃 及び 武装 お互い抑止の為の 牽制 ですか? どちらが強いか、特に サンクチュアリ教会 真のお父様がついてんだから、負けないじゃないの?一戦交えたらどうよ・・・それと 澤田地平さん あなたの 釈明期待してます。

お知らせ

 一部加筆等、修正しました。

F氏が組織した 勝龍組はどうなりました

脱会屋が893を使って幹部に、
この誰々を親元に帰さねければ 会長が殺すと脅されて
確か6人ほどが、本人の意思では無く脱会(離教)させられたことがありました

また、商品を購入しても代金を支払わない不届きもの対策に
ガタイが大きく、腕力があり強面のメンバーを集め組織したことがありましたが
あれは、どうなったのでしょうか?

更に、共産主義者のグループに身分を隠して潜入させたこともありましたが、
バレない様にと酒・たばこ・博打もやったようですが、その後どうなったのでしょうか

何れにしろ、プロでない者が、きわどい物に手を出せば身を亡ぼすことになるのではないのでしょうか?

カルトの行きつく果て

最近のサンクチュアリ教会の様子を知るほど、ブランチ・ダビディアン事件の二の舞にならないか本当に心配です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3

この事件に限らず、カルト教団が社会を敵対視し武装化して行き、オウム真理教のように凶悪事件を起こすことも少なくありません。

確か、亨進様は大学では宗教学を専攻していたと思いますが、カルト教団の歴史は学んでこなかったのでしょうか?

家庭連合でも国家復帰という言葉をよく聞きますが、私の理解では信者を増やす事により、選挙基盤を作り賛同する議員もしくは食口の議員を議会に送り、ゆくゆくは国政に自分たちの考え方を反映させる。
最終的には、家庭連合を国教化させる。というような考え方だと思います。

まあよく言って、理想家の夢見る夢子ちゃん。悪く言えば、誇大妄想という事になるのでしょうが、さすがに武装化とか国家からの独立とい概念はないと思います。

だからと言って、家庭連合が優れているとかいうつもりはありませんが一番の疑問は、サンクチュアリ教会は家庭連合を反面教師として、家庭連合に居ながらも問題意識をもつ多くの食口の受け皿になれたはずなのに、どうしてこうなるのという事。

二人ともハーバード大学出たんでしょ?

妄想家族だった

ウソと妄想とサギ・・・を、夢と希望と勘違いしたのが関わった人たち・信者たちだった。

私は、ごく普通の幸せな家庭ができればいいとしたのに、このカルトにいるとやたら誇大妄想が激しくなり、その誇大妄想理想国家摂理を支える~ってことで、背くものは不信仰としてのレッテル貼りが組織内常識。不信仰者はサタンということで排除されて行く世界だった。万民救済はスローガン!まったく、思想的には共産主義と何ら変わらない。

息子たちはカネノチカラもあるのか?世界に名だたるハーバード。ハーバードにもいろんなのがいるんですね。
特に国進は酷い人間となっていた。武器製造も然ることながら、愛人婚を堂々として、離婚前に種付けと成婚式(結婚式)を堂々と行った。下半身は完全にイカレテル?ということはオツムもイカレテルんでしょう。とても、常識のある人とは思えず、そんなところは妻がいながら愛人を作り重婚罪では困るので日本に密航させてどうにでもなれ~と女を捨てた(喜進の母)父親文鮮明の血を受けた男であるというのは、理解できるというものです。

三男も七男も調べてみればなんじゃ~ってことが見えて来るのです。

鶴子さんはじめとして、一族、幹部は、ゼロになりぜ~ンブ、韓国へゼロで環故郷して、そこから這いずりあがりなさい。
ゼロにもなれない連中が何をホザイても、ゼロから這い上がった人間にはな~んにも通用しません。

セロ、ゼロ、ゼロになるのは一族幹部たちだ。

信者にゼロになれ、身体を売ってでも・・・とホザイた教組文鮮明。
一族幹部たち文鮮明の言うとおりしなよ。

4&7男は、銃があるし。。天一国は作れると信じている

>秀さんが書いたとおり、国を建てるには「領土、領空、領海(国土)」、簡単に言えば土地が必要だ。サ教の今の土地は米国合衆国の領土。そこで、「ここはサ王国だ」と言ってもしかたがない。自分たちの土地を買うか暴力的に獲得するしかない。

国を建てるには「主権、領土、国民」の三要素でしょう。”国を作るにはどうすればいいか”で、検索すると、答えが多数出てくる。びっくりするような簡単な答えなのである。
で、天一国をめざしていた文教祖は、世界中で土地を購入していたのでしょう。現在、文家はどのくらい土地を持っているのだろうか。鶴子氏も3男も相続者で天一国をめざしている。信者は、いずれ天一国の領土となると信じているが、米本氏の言うように、それぞれの国の領土なのである。土地は、文一族の資産には違いないかもしれないが。 
面白い例えです。手榴弾を投げ込まれたら自衛は不可能。しかし、これほど射撃訓練をしているということは、心理的なものもあると思われる。
4男の武器会社が、ビリオンの儲けになれば、国も一目置くだろう。しかし、7男は、なにかをおそれている感じ。落ち着きがないし、目つきがただごとではないし。。家の台所にいる時も銃所持しているとか。。
礼拝で、アメリカの事情をしゃべりまくればいいってものでもない。
公の場で話す場合、宗教指導者として、話すのか、政治評論家として話すのか。吟味すべき言葉もあるし、検証すべき事実などもある。信者は相変わらず、鵜呑み。鵜呑みは消化不良で問題なのに。文教祖もメシヤだからとて、時間も無制限でなんでもかんでも話しまくり。幹部も信者もイネムリしながら鵜呑み。7男は良く似ている。やはり、誇大妄想の親子。

ネットの答え~例
国を成立させるためには、1.主権 2.領土~陸や空を含む 3.国民~その国に統治される住民
国家の成立には、三要素と国連や他国からの承認が必要。ほとんどの国が承認せず世界から孤立している国もある。領土がなくても国扱いの「マルタ騎士団」も存在する。

mamatoto31さん 2008/2/1722:52:11
簡単に、端的に説明しますと、

法的な根拠としては、
1.永久的住民 (国民がいない国家はありません)
2.明確な領域 (領土がない国家は原則ありません)
3.政府 (国民と領域に対して実行的支配を行う組織が必要です)
4.外交能力 (他国と交渉し、国際法を遵守するのが前提です)
の4つが必要です。

その条件を満たして「どこかの外国が自国を『国家』として承認」してくれれば、それで新国家は成立します。
しかし「どこか特定の少数の国だけが承認」してくれても心許ないので、国連に加入できれば完璧です。

ただ、21世紀の現在、地球上には無主地(どの国の領土でもない地)というのは基本的に存在せず、結果的にどこかの国の領土を奪い取る必要があります。どこかの国の領土を分捕ってから、割譲なり、放棄なり、何らかの処置をもって領土を譲って貰うというのが一番の難関になるでしょう。(逆に言えばこれさえクリアできたら、国家として承認して貰ったのも同然です)

宗教ではなくもはや侵略者

カルト一族は、幹部信者を使いながら「宗教」という分野を越え、もはや侵略者となっているのが現実なのです。

それがいつからかと、大体の全体像が見えてきた現在で考えると、最初から!ってのが真実でしょう。

日本と朝鮮(韓国)の宗教に対しての位置づけはちがうってこと。朝鮮の場合は一党独裁をめざすのが宗教。
日本の宗教意識とは全く別物なのですが、日本人は日本人的思考で宗教を見る。宗教で国を作ろうなんて、意識は毛頭ない日本人たちなのですが、朝鮮カルトにヤられると日本的謙虚な宗教意識は消えてしまうのです。

反日朝鮮カルトに一番引っかかったのが日本人だなんて、本当に自虐的、これは・・・日本の教育の弊害が大きいってのが哀しい現実。

「宗教はアヘン」という根拠をカルトと関わり、より実感するところです。

カルト家庭連合及び分派が国を作るなら「韓国の清平」でいいんじゃないの~。あそこを塀で囲って、住みたい人を済ませて中から出て来ないようにすれば問題なしかもね。ご近所さん達は迷惑かもしれないけど、アメリカや世界で布教を言う侵略をするより良いでしょう。早く清平天一国を完成させるため努力してほしいものです。

他の候補地なら、サイシュウトウでしょうかね?
あそこには、このカルトの土地もあるでしょう。何より、あの島にはシモネタたっぷりの観光も出来るところがありますから、淫乱教組のカルトとして国を作るにはピッタリ!

国を作る際は、持ってる資産を一族幹部はゼロにしてから国(そして外へ出ないで~)の中へご入場ください(拍手)

これから返還請求の嵐がよリ一層吹き荒れますので、すべて国民(元)信者のために上層部は責任を取る必要がございます。
オレ一番である前に責任も一番に考え国民(元)信者たち生きてる人の生活を考える人になりましょう。
(そんなの出来ない無責任一族幹部たち(日本人幹部たちもグル)だろうけどさぁ~笑)

Koyomiさんはやさしいなぁ。

そもそも、無関心な相手のことはどうでもよいので心配などしません。
Koyomiさんは、無関心じゃなく心配されている。それはKoyomiさんのやさしさの表れた姿。
それは米本さんも同じだと思います。

Koyomiさん
>サンクチュアリには、私のリアル知人もいます。
 リアル知人でないけど、拉致監禁体験者で後藤さん裁判に陳述書を出した人もいます。

裁判ブログのYAMAさんと陳述書を書かれた星野さんのことだと思います。

Koyomiさんは
>私のような者にそう思われるのは、迷惑かもしれませんが。
と言われるけれど、個人的に彼らとは旧知の仲。
そういうKoyomiさんのやさしさがわからない彼らじゃないよ。
むろん、それと主義主張や信念を変えるかは別問題だけど。

他のサ教会の面々もKoyomiさんや米本さんのやさしさが理解できないようなら大馬鹿者だと思います。



銃のお話

そうそう、私は銃は所持していませんし、撃ったこともありませんよ。

銃の所持には反対ではありませんが、個人の自衛にアサルトライフル(銃乱射事件で使用されることが多い)や44マグナム(服部君事件で使用され殺傷能力が高い)は過剰だと思っています。

銃の所持と規制の問題は、議論が尽きません。

たしかに規制が厳しい州では銃による殺人の率は低いのですが、ロサンゼルス・タイムズ紙によるアメリカ史上最悪の銃乱射事件リストを見ると、発生件数が最も多いのは銃規制に関する評価で89点と最高点をマークしているカリフォルニア州だったりします。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/12/post-4194.php


欧州では、銃規制の緩いスイスで銃犯罪率は低かったり、南米の銃の所持はライセンス制で規制の比較的厳しいブラジルでは銃犯罪が多かったりします。
https://www.swissinfo.ch/jpn/society/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%88%86%E6%9E%90_%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E3%81%AF%E6%B8%9B%E5%B0%91%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%82%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%8A%83%E6%89%80%E6%8C%81%E7%8E%87%E3%81%AF%E5%A2%97%E5%8A%A0/42087918

http://megabrasil.jp/20150514_22155/


ブランチ・ダビディアン事件の転機は大量の銃器を不正に獲得したことによると思います。
現在サ教会で銃を所持している人は、アメリカの法に基づいて所持していますが、もし、法を犯し不正に銃器を(組織的に)取得するようになればそりゃアウトだと思います。






koyomiさん心配してくれてありがとうございます。

koyomiさんがわたしのことを友人だと思っててくれて嬉しいです。

私は、おもちゃの銃しか持ったことがありません。(笑)

私は、日本に住んでいますので、日本の法律を犯してまで銃を持つこともありません。
可能性として考えられるのは、ちゃんと猟銃の許可を受けて銃を保持することですがその予定もありません。

ただ、うちにはおもちゃのピストルが2丁ありまして、もし強盗にでも入られたら、おもちゃのピストルで応戦しようかとは思ってます。
おもちゃとはいえ、玉(BB弾っていうんでしょうか?)は当たるとけっこう痛いんですよ。




Re: Koyomiさんはやさしいなぁ。

 横レスでごめんなさい。

 秀さんの意見は変です。前の投稿は-
>個人の自衛のためだけでなく、現実世界で国を建国させた場合、領土、領空、領海(国土)の主権を維持させるためには軍事力が欠かせないというところにも武器所有が肯定されるという考えの根底であろう。
(サ天法では、建国時に”外国”があることが示唆されている。)
 つまり、サ教会の銃の所持は、個人の自衛だけでなく将来天一国が建国された場合の国防にも繋がるということになる

 サ教の軍事化を肯定しているのです。

 それなのに、Koyomiさんの次の投稿だけに反応する。

>サンクチュアリの方々に聞きたいのは•••
自衛のために人に銃を向けて、命を奪うことは、ホントに正しいことですか?
人に銃を向けるために、今まで信仰、伝道、経済活動、献金したのですか?
銃を向けて命を奪った人が、あなたに攻撃しようとしたわけでないと、わかったらどうしますか?


 サ教の軍事化を肯定しながら、急に個人的な話になる。
>私は銃は所持していませんし、撃ったこともありませんよ。銃の所持には反対ではありませんが、

 変なの?

(1)サ教の軍事化を肯定する。
(2)個人的にも銃の所持には反対ではない。(3)でも、私は銃は所持していませんし、撃ったこともない。

 この乖離を説明すべきだと思います。

(追記)後藤さんの裁判を支援する人たちは、後藤さんを中心としてみんな友だちです。感情の行き違いがあれど。 

Re: koyomiさん心配してくれてありがとうございます。

横レスめんご。

Koyomiさん
>サンクチュアリの方々に聞きたいのは•••
自衛のために人に銃を向けて、命を奪うことは、ホントに正しいことですか?
人に銃を向けるために、今まで信仰、伝道、経済活動、献金したのですか?
銃を向けて命を奪った人が、あなたに攻撃しようとしたわけでないと、わかったらどうしますか?

yamaさん
>私は、おもちゃの銃しか持ったことがありません。(笑)

 Koyomiさんはマジに心配しているのに,(笑)とは!

(私は、日本に住んでいますので、日本の法律を犯してまで銃を持つこともありません。
可能性として考えられるのは、ちゃんと猟銃の許可を受けて銃を保持することですがその予定もありません)

 感覚がズレている。  

>うちにはおもちゃのピストルが2丁ありまして、もし強盗にでも入られたら、おもちゃのピストルで応戦しようかとは思ってます。
おもちゃとはいえ、玉(BB弾っていうんでしょうか?)は当たるとけっこう痛いんですよ。

 大丈夫か。
 君を拉致監禁した連中も、ここまでバカなことを言わなかったぞ。

 サ教に入り、亨進&国進の妄想世界に入り込むと、明らかに知性が劣化する。

(追記)北海道の調査?話、妄想解釈だよな。栄えある中央法が情けない。

現実と真摯に向き合うならば・・・

まずは、その背景的思想になる①アメリカという国が(統一原理的に)どういう立ち位置にいて、②天一国憲法が合衆国憲法を基に作られたというポイントを押さえていただく必要があります。

文鮮明師の講演文から引用
*****
御旨と世界」アメリカに対する神の希望 1973年10月21日 ワシントン リスナー講堂 (頁297~298)
それから、もう一つの奇跡が清教徒たちにもたらされたのです。辛うじて彼らが生き残り彼らの人口が半分になった時、インディアンの一撃は簡単に彼らを全滅させてしまうことができたのでした。しかし、ここでも神は彼らの盾となりました。メイフラワー号の生き残りの人々が出会った最初のインディアンは敵ではありませんでした。インディアンは、移住者を歓迎しました。もしその時清教徒たちが殺されたとしたら神のためのアメリカは多分存在しなかったでしょう。神はここアメリカでも神の人々を救うため介在されたのです。これは私の信念です。神は、彼らが定住することを望まれたのです。そして清教徒にその機会を与えられたのです。
人口が増すに連れて、彼らは自分たちの植民地を拡大するためにインディアンを追いやらなければならなくなりました。もちろん、この地はもともとは新しいアメリカ人のものではありません。インディアンはこの地の住民であって清教徒たちはインディアンの目から見れば侵略者であったに違いません。それでは、なぜ神はこれらの新しい移住者に大きなチャンスを与えたのでしょう。私の説明はこうです。神はアメリカの移住者に味方されました。それが、神の御計画の中にあったからです。さらに、これらのアメリカの移住者たちは神の要求に見合い、真に神への揺るがない信仰を証明したからです。神は彼らに約束事を与え、その約束事を成就せずにはいられませんでした。
アメリカの存在は神の摂理と一致しています。神は将来の仕事として地上に一つの強力なキリスト教徒の国を作らなくてはならないのです。結局アメリカは、まず神のものになり、それからインディアンのものになるのです。これが、清教徒の立場を正当化することのできる唯一の解釈なのです。
アメリカ大陸はそれまで特別な目的で隠されていました。そして適当な時まで発見されなかったのです。神の選んだ人々は決められた時にやって来ました。彼らは新しい生活方式を形づくるためにやって来たのです。彼らの第一の相談相手は神でした。家では、子供の面倒を見ながら農作業をしながら、あるいは、料理や建築作業をしながら彼らは神と仕事を分かち合っていました。神は彼らの唯一の安心でした。農夫は子供と畑仕事をする時、“神の名において耕そう”と言ったのです。彼らの毎日の生活は神のみ名においてなされたのでした。
*****

神様によって準備された国とみなします。
②それで合衆国憲法も神様の摂理に近いものであるとみなします。

そして今回注目されている、銃器所有による武装問題ですが、合衆国憲法修正第2条(天一国憲法原則2権利2)を見ていただきたいと思います。

修正第2条
A well regulated Militia, being necessary to the security of a free State, the right of the people to keep and bear Arms, shall not be infringed.
(人民の武装権)
規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有し、また携帯する権利は、これを侵してはならない。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%A9%E5%88%A9%E7%AB%A0%E5%85%B8_%28%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%29#.E4.BF.AE.E6.AD.A3.E7.AC.AC2.E6.9D.A1
原則2権利2 
A well-regulated Militia, being necessary to the security of a Free State, the right of the people (individuals) to keep and bear Arms, shall not be infringed.
規律ある市民軍は、自由国家の安全保障にとって必要なものであるので、国民 (個人)が武器を保有し、携行する権利はこれを侵してはならない。 http://sanctuary-pa.org/wp-content/uploads/Constitution_for_the_United_States_of_Cheon_Il_Guk_Japanese_Translation.pdf

このことについて詳しく解説してくださっている動画です。(実際に所持使用している、空想論ではなくリアルな)ちょっと長いですがぜひ聴いてみてください。【銃規制2】https://www.youtube.com/watch?v=a--O6zXbK9M&t=899s 【銃規制3】https://www.youtube.com/watch?v=6EA3p99p6Sg

上記のビデオにも出てきますが、サンクチュアリで言う軍とは亨進氏の説教の中での印象は、スイスのような民兵のイメージが強いです。普段は自分の仕事をしながら、有事になったら戦うということと思います。その為には、普段から訓練をしておかなければ、役に立ちませんね。
これもビデオで説明していますが、「政府がとち狂ったら、武器をもって物申せる」ということのようです。
現在はまだ「天一国」が実態で存在していませんので、断定することはできませんが、普通に現実的に考えるなら、国家を守る何らかの形を整えるのはあり得ることだと思います。
憲法を見るならソ連のような独裁国家ではないですから、それぞれの国が主権を持つわけです。アメリカの州のようなものでしょうか?
いずれにしても、ディズニーランドのようなファンタジーの世界ではないことは確かです。

Koyomiさんのお気持ちは、私も日本で生まれ育ちましたので、同感できます。情緒的にはそうなるのが普通だと思います。
けれど、今一度冷静になって実際の事件を振り返ってみるなら、疑問もわきます。自分は手を汚さない、という発想なのだと思いますが、これがお巡りさんだったら犯人を撃ち殺してもいいと思われますか?その違いは何ですか?警官だって人間ですからトラウマになるかもしれません。死刑執行人は??
そして、今までは被害者が忘れ去られるような風潮があったのではないでしょうか?
例えば、ストーカー殺人とか、もし被害者が武器を所有して犯人を殺した場合と、そのまま無抵抗に犯されたり殺される場合、その違いをどう結論付けますか。
亨進氏はこの問題をモーセの十戒「汝殺すなかれ」をあげて説明してくださいました。
英語のKillとMurderの意味の違いをもって。
Killは「殺す」「命を奪う」
Murderは「悪意をもって(違法的に)人を殺す」

難しい問題ですが、世の中に悪意をもって自己中心的に他人を傷つけようとする者が存在する限り、このことから目を背けることはできないのではないでしょうか?

この内容は、私自身もまだ勉強中ですから不十分なものだとは思います。現在理解している範囲のものでありますことを、ご了承ください。

Re: 現実と真摯に向き合うならば・・・

 自分のブログでやって!

「この内容は、私自身もまだ勉強中ですから不十分なものだとは思います。現在理解している範囲のものでありますことを、ご了承ください」

 先駆者さんの社会感覚は、どんじりですな。後駆者って言葉はないけど(泣)゛

 不十分という自覚があるのなら、なおさら、自分のブログで試し試し書けばいいのではないでしょうか。

 どうして、このブログの投稿欄に???

 お人よし(脳)というの分かるけど、もう社会人のようだから・・・。

米本さんへ

横レスへのレスなのでタイトルを変えます。

まず、先のコメントは何故サ教会が銃の所有や銃による自衛という考えに至るかを説明したものです。
ことさらに”軍事化”を肯定するために書いたものではありません。
しかし、自衛権は国家の「固有の権利」であると認識していますので、
国家が軍隊を保有すること自体否定しません。

KOYOMIさんの投稿コメント
>サンクチュアリの方々に聞きたいのは•••
自衛のために人に銃を向けて、命を奪うことは、ホントに正しいことですか?
人に銃を向けるために、今まで信仰、伝道、経済活動、献金したのですか?
銃を向けて命を奪った人が、あなたに攻撃しようとしたわけでないと、わかったらどうしますか?

私は個人としてどう思い、どう感じるのかを問われていると思いましたので個人的な話をしました。
国防として捉えるなら、「銃を向けて命を奪った人が、あなたに攻撃しようとしたわけでないと、わかったらどうしますか?」すごく変です。
侵略してきた相手からは自衛するしかありません。

「私は銃は所持していませんし、撃ったこともありませんよ。」については、一つはサ天法では銃を持つ権利(自由)が定められています。
義務ではありません。よって、持つ持たないは各人の自由です。

2つめは、米本さんが「サ教内がアットホ-ムなものであろうが、ぶなしめじさんや秀さん 、ドナテロさん、先駆者さんが射撃訓練に参加していたとしたら・・・。」と書かれた事によります。´

Koyomiさんはこう書かれています。
>前も書いたが、国進と亨進はテロリストだよ。
サンクはテロリスト集団だよ。

テロリストになりたくなければ、犯罪者になりたくたければ、殺人を犯したくないなら、一刻も早くサンクから抜けるべきだね

その後のコメントでは
「テロ化する(と思われる)サンクチュアリ」とトーンダウンされていますが、米本さんの一連の記事の影響を受けてのコメントだと思います。

現実的には、サ教会は銃に関して法令違反はしていないというのが私の考えです。
法令違反をしていないけど「テロリスト集団」と断定される。

「法令を遵守するテロリスト集団」
本当にあれば実に変な奇妙な集団です。

常に銃を持ち歩き、撃っているというイメージが定着しかねませんから。
それであえて銃を持っていないことを書くことにしたまでです。

実際
「日本サンクチュアリに対し公安が動いている、、、」という米本さんの情報で多くの読者が公安が動いているのは”銃が理由”と強く頭に入力されていることでしょう。
でも、事実は違うようですね。


手榴弾による無差別大量殺戮テロを唆す米本さん。

金属探知機程度くらいなら公立校にもあったりしますよ。

礼拝を狙っての手榴弾によるテロが実行された場合、手榴弾は3~4秒で爆発しますから被害を0にすることは不可能でしょう。

投げ返すことはほぼ不可能、処理する穴もなし、残念ながら対処法はサダオ・ムネモリ上等兵が取った方法しかなさそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/サダオ・ムネモリ

死ぬのは嫌ですね。
でも、子供たちの未来と引き換えで唯一の方法なら、、、そして自分の目の前に転がってきた時にしかチャンスはありませんけど。

手榴弾が爆発した場合でも
詳細は言わないけど、おそらく全滅はしないでしょうね。

Re: 米本さんへ

 いつものというか,これまでの秀さんと違って、少々面食らいます。

 手榴弾については、ブラックで書いたことぐらい、前の秀さんだったら、分かるはず。それなのに・・・。

 異論ない意見記述へのコメントは省略です。


>現実的には、サ教会は銃に関して法令違反はしていないというのが私の考えです。
法令違反をしていないけど「テロリスト集団」と断定される。「法令を遵守するテロリスト集団」。本当にあれば実に変な奇妙な集団です。


 実に奇妙な意見です。
 銃器を所有することは、すべてではないけど、米国では合法です。
 ロスでもサンフランシスコでもニュ-ヨ-クでもみましたよ。銃をもって徘徊というか警戒している人たちを。ギョッとしたけど。
 その人たちが急に、突然、乱射したら┄┄。


 この可能性があることをKoyomiさんは想像したのでしょう。合法、非合法といったバラダイムを取り払って、考えてみてもらえませんでしょうか。


(追記)
「日本サンクチュアリに対し公安が動いている、、、」という米本さんの情報で多くの読者が公安が動いているのは”銃が理由”と強く頭に入力されていることでしょう。
でも、事実は違うようですね。

 そうですね。
 しかしながら、公安が江利川に詰問したのは事実でしょッ。
 彼女が何を聞かれ、どう答えたか。公開されていません。

Re:Re: 現実と真摯に向き合うならば・・・

先駆者さんのkoyomiさんへのコメントに反応して、投稿します。

先駆者さんの意図が文章から読み取りづらいのですが、流れとしてはこういうことかと理解しています。

koyomiさんとしては銃を自衛のためとはいえ所持するようなサ教の考え方に不安と違和感を感じている。(これは僕も同じです。)またサ教に所属している人たちの心配をしている。(これは僕には当てはまりません。)

それに対して先駆者さんは違和感を感じるのはわかるが、それは自分の手は汚したくないという発想であり、
警察官も、死刑執行人も自分の手を汚しているじゃないか。彼らのように自分の手を汚すことを受け入れないのはおかしい、と指摘されたと理解しました。

自分の手を汚したくないんですね、って否定的な表現ですよね。自分のやるべきことを他人任せにしているんですよね、って言ってるわけですよね。

日本人で自分や近親者、友人等がひどい仕打ちを受けて、自分の手を汚して、報復する人はかなり少数派でしょう。

他の国を含めても、
多くの人は法の裁きを求めます。

その多くの人たちに対しても自分の手を汚さない人、と否定的な指摘をしたことになります。

そういう意図と理解してよろしいですか?

もっと言えば、警察官が犯人に発砲するのは必ずしも自衛のためだけではないですよね、まして死刑執行人は自衛のためにボタンを押すわけではありません。

つまり、死刑執行人の例は自衛の例にはなりません。自衛云々以後の裁きの例です。

サ教は自衛のために銃を持つという主張と理解していましたが、それ以上の裁き、制裁のためにも銃を使用するということになりますよね。



手を汚さないという、先駆者さんの主張は非常に失礼だと思います。koyomiさんに対しても、法を遵守して"自らの手を汚さない人たち"に対しても。

死刑執行人の例を出したことで、自衛以外の銃や暴力の使用を肯定した点も従来のサ教の主張とずれていませんでしょうか。

先駆者さんが、サ教の狂信的な教えを実践して自らの手を汚すかどうかは知りませんが、そのようなことがなければいいなとは思います。

Re: Re: 真摯に向き合うならば…

米本様

失礼いたしました。今後は控えます。

>自分のブログでやって!

了解しました。
https://ynmnhope.wordpress.com/2017/08/27/社会人として足らないながらも/

kon43様

ご意見、ありがとうございます。

すみませんが、返事は控えさせていただきます。

アメリカ?

ほいで、いつそのアメリカ様が摂理的に大事な役割を全うされたのやら。苦笑

70年代のミコトバと、200年前に書かれた憲法を持ち出し、銃の正当性を語ってもね。

だいたい最後に教祖がアメリカで投じた場所はラスベガスであり、それは教団本部や自宅のあるニューヨークでもなければ、政治の中枢であり首都のワシントンでもなく、ラスベガス。(少なくともペンシルバニアのど田舎ではなかったことはご存知かと思いますが)

一族の願望は達成

一族はみ~~んなアメリカ人になれたってことは、ある意味文鮮明一族の願望は達成できたってことなのかもしれない。
(ゼロになって韓国へ環故郷しろ!一族は韓故郷してないぞ!伝道だってしないのに偉そうな一族!日本で伝道なんて一族は誰もしてない!)

強大?な国家の一員になれて、大嘘つき韓国、人治国家韓国、捏造韓国から離れてアメリカ人になった有様は、大嘘つきのカルト教組一族にとっては大満足でしょうなぁ~。

アメリカだから7男も4男の手下となって「銃が~」なんて言っている有り得ない宗教家なのです。

熊が出没するところじゃ銃がなけりゃ~怖いだろうから持って当然のところがあるだろう。銃を使いたい人はヒグマが出るような山奥に住み続けて狩猟して生きたらいいよ。銃を持つ事を誰も否定しないだろうさぁ。日本では、マタギの減少でこまっているようだし、ボランティアでその狩猟の腕を見せてくれたらいくらかは一族も日本の為にもなるのかもしれない。


ウソで成り立つ韓国からアメリカ人になれたのは、お見事~!です。
日本人は、嘘つき韓国の嘘つきカルトに担がされたけど、一族はアメリカ人になって嬉しくてしょうがないのです。そして、銃やナイフ「あそび」なんかもしちゃう呆れた人間になってしまうのです。


こんなカルトに傾倒していた自分も呆れたアホ~だけどね。

ナッちゃん、座布団だよ。

>一族はみ~~んなアメリカ人になれたってことは、ある意味文鮮明一族の願望は達成できたってことなのかもしれない。

>ウソで成り立つ韓国からアメリカ人になれたのは、お見事~!です。
日本人は、嘘つき韓国の嘘つきカルトに担がされたけど、一族はアメリカ人になって嬉しくてしょうがないのです。そして、銃やナイフ「あそび」なんかもしちゃう呆れた人間になってしまうのです。

 なるほど、明快だね!すっきりしたよ。

(1)子どもは誰1人として韓国の軍事訓練を受けていない。徴兵をスル-している。
(2)文7が韓国語をしゃべると、韓国人は下手くそな韓国語だと嘲笑する。「あいつ何人?」という声も。
(3)文3は子どもをアメリカの軍隊に就職させて満足。(死ぬかもしれない、あるいは重度のPTSDになるかもしれないのに)。アメリカになりきりたいのか。バカの極み!


>銃を使いたい人はヒグマが出るような山奥に住み続けて狩猟して生きたらいいよ。銃を持つ事を誰も否定しないだろうさぁ。日本では、マタギの減少でこまっているようだし、ボランティアでその狩猟の腕を見せてくれたらいくらかは一族も日本の為にもなるのかもしれない。

 ナッちゃん、ナイスだよ!

 亨進ご一同様を秋田の阿仁町に招待しなければなぁ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E4%BB%81%E7%94%BA。今でも記憶に残るところだった)

「こんなカルトに傾倒していた自分も呆れたアホ~だけどね」なんてな思考は、♪古い上着はさようなら♪でもうオシマイにして、次は招待実行委員の組織化だよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/863-46b563e5