投資話をもちかけてくる牧会者がいたら、松濤に通報を! 

韓国統一の植民地化路線(11)

カ月前に封書でいただいた情報である。
「(韓国文化を礼賛し、日本の神棚や仏壇は悪霊の巣だという)韓国人の教会長は、最近、投資ビジネスを始めたらしく、仲間の韓国人(主に韓国牧会者)とネットワ-クを組ながら進めてるという情報が入っています。
 責任者の位置を利用しながら、信じやすい人にタ-ゲットを絞り、紹介しているようです。初期投資額は60万円余りと聞いています。とてもしたたかな面をお持ちのようです」

 埼玉県下の教会である。

 この情報のアップが遅れたのは、(1)裏付けを取ることができなかったこと、(2)いくら信じやすくても60万円を出すような頭の弱いシックがいるのか疑問に思ったこと(マルチならせいぜい1万円程度)、そして何より(3)封書には差出人の記載がなく、連絡を取ることができなかったこと-にある。

封書ではないけど、非開示投稿者へのお願い。メルアドを書いてください。そうでなければ、いただいた情報を生かすことができません。非開示投稿に記されたメルアドは、私以外の他者に知られることは決してありません。 

は、なぜアップすることにしたのか。
 いただいた情報に根拠があると思ったからだ。

(1)週刊朝日4月28日号に、やや日刊カルト新聞の鈴木エイト氏が書いた<旧統一教会関連団体の上陸と「ヒゲの隊長」佐藤正久参院議員>が掲載された。
SnapCrab_NoName_2017-4-18_7-30-36_No-00.png

(2)教団が週刊朝日に抗議した。「週刊朝日の誤報について-当法人と「(株)海洋平和」なる会社とは一切関係ありません」2017年4月28日)。
 それに対し、
(3)ややカルトが「鈴木エイト(ジャーナリスト・本紙主筆)インタビュー 週刊朝日『人口54人の猫島が大激震 旧統一教会関連団体の上陸と「ヒゲの隊長」佐藤正久参院議員』の「取材の裏側、全部言っちゃうね」 (2017年5月7日日曜日)を掲載した。

要なのは(2)の文章である。一部を引用する。

<当家庭連合は、・・・「(株)海洋平和」の設立、経営に関与しておらず、如何なる関係もありません。「(株)海洋平和」は単なる会社法人であることをご承知おき下さい。
 最近「(株)海洋平和」が摂理的目的を語って資金を集めるようなこともしているとの情報もありますが、同社の活動は家庭連合本部が関わる活動ではありません。
 また、同社の実質的責任者であるS氏(プロジェクトマネージャー)らご本人たちも「統一グループの事業体とは一緒にならない」とも言われています。

 本件については、2013年2月15日、家庭連合本部においてS氏夫妻に対して面談の場を持ち、正式な本部からの認可なく摂理を語り、教会員同士の人間関係を利用して教会員に対する資金拠出の勧誘、出資者の会員化・組織化、船の購入支払いの勧誘をしないように指導したにも関わらず、これ以降も教会員に対しての勧誘活動が続けられていることは甚だ遺憾と言わざるを得ません。

「(株)海洋平和」はあくまでも営利事業を目的とする会社法人ですので、経営状況によっては利益が生じることも、反対に赤字化することもあり得ます。
 その行動の結果についてはあくまで自己責任です。
 この会社は、・・・寄付や投資を募っていますが、その結果、たとえ損害を受けられたとしても、教会としては責任を負いかねます。
 そのような自己責任を伴うために、通常株主に対しては、会社は会社の実態(事業内容、財務内容等)について、株主総会等で透明性と真実性を伴う報告をする義務を負っています。関係する教会員の皆様におかれましては、その点について十分に会社の実態について情報を把握され、正しい認識の上で判断され行動するようお願い致します>

報にあった「60万円余の投資話」は、「(株)海洋平和」絡みではないだろうか。
 もしそうなら、シックが「(株)海洋平和」に投資し、そのお金が泡となって消えても、自業自得ということになる。
 ただ気になることがある。
 前掲(2)にある一文である。

当法人は、2013年2月以降、教会員に対し海洋平和グループの活動は教会員個人の事業活動であり、教会の活動とは全く別個のものであることを伝え続けており、少なくとも2013年2月、2015年8月、2016年9月各教会宛に公文を流し、教会員に対して(株)海洋平和の活動に対する注意を喚起しています


 松濤本部が「気をつけろ」と各教会宛に公文を流す。通常の組織なら、上からの指示は末端まで流れる。ところが、毎日のように送信されてくる公文(受け取って一瞥するのは教会長か総務部長)がきちんと読まれることはない。よって教会員に流されることはあまりない。ちなみに、「拉致監禁事件があったら、本部に報告を」といった公文も長い間、無視されてきた。
(ただし、信者拡大と献金集めに関することは絶対に読む!
 
 つまり、前述の3回もの公文は末端に流れていない、少なくとも、小生のところに情報を寄せてくれた埼玉県のシックのところには流れていなかったということだ。

 <末端シックが「(株)海洋平和」の投資話に乗って損をした場合、どうなるのか>
 損をしただけで終わり。

 3回も公文!を流してきたということは、被害者があとを断たないということだろう。合計1億円か10億円か。
 興味深いことに、松濤本部の違法性(不作為)は免れる。なぜなら、警告公文を流しているからだ。
 公文を教会員に流さなかった教会長の民事責任は発生するだろうが、裁判をやってもどこまで立証できるだろうか・・・。本部が裁判に協力してくれないと勝訴できないはず。


「基本的人権を擁護し、社会正義を実現する」ことを使命とする弁護士-を目ざしていた近藤徳茂総務局長に訴えたい。
 公文を流しておけば、教団本体の違法性(不作為)はを免れる。しかし、それだけでいいのだろうか。
 短文でいいから、全シックに公文を流すべきである。

 またシックにも言いたい。疑問に思うようなことがあれば、本部にメールないしFAXを送るべきである。日本教団の日本人執行部はまだ信用していいところがある。

 今年2月現在、本部待機になっている教会長は6人。おそらく大半は非行韓国人であろう。

ISNメディカル(株)のことを教えてください

 札幌市を所在地とする「ISNメディカル(株)」は、同社の宣伝物によれば、2013年4月に設立されたそうです。設立と同時に、株式(1株5万円)の募集をシックに行ないました。「基元節・特別記念」と銘打って。ご存知の方がいれば教えてください。
 ちなみに、統一教会系企業に「何とかメディカルシステムズ」という名の会社は多いです。

 シックがシックを勧誘するマルチ販売(ブツは癌関係、水関係など)は依然活発にやられているようです。小生も、拉致監禁に反対するシックにキノコエキスだったかアガリックスだったかは忘れたが、勧誘されました。後藤裁判を傍聴したあとの茶会の席だったので、怒鳴りつけるわけにはいかず。にこやかにパンフを受け取り、1時間後に不機嫌にゴミ箱に。このシックの霊の子も、勧誘されたようで、怒り心頭でした。


-次回は「コロンビア特別区控訴裁判所の判決文(暗在訳)-文3派諸君、読みなよ(*`へ´*)​ 」-乞ご期待!
 
味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

公文を流すのは

海洋平和に投資するカネがあるなら、本元(カルト)宗教にカネを入れてほしい!

そんなところでしょう。

現信者は、統一教会・家庭連合絡みの媒体に対しては、より信じてしまう一面がある。信じているカルト関連の上層部から声がかかり、いいとなれば、借りてでもやるのが現信者です。

公文の裏には
「他にカネ出すならこちらに出せ!」
って本性が隠れているのです。

もちろん、投資話なんて自己責任です。


一瞬の夢物語がリアルでどうなるのかなんて、どうでもいい状態
飢えた金欠の信者たちなのです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この投資話の正体は

これはおそらく、献金額の減少により、近々UC組織が崩壊する可能性を悟った韓国人牧会者たちが、その時になっても経済的に困らないために、教会組織とは別の集金組織を一部の教会員を巻き込みながら作っているのではないかと私は思う。

残党?

米本さん
情報提供、ありがとうございます。
教会からでなく、火の粉から情報が来る。なんというのか...

どういう仕組みになっているのかです。
お金の流れ(収益と配当)がどうなっているかです。
マルチをするつもりはないわけです。
連鎖取引法の絡みで初期投資は2万が限度ですからね。

60万が臭いますね。
かつて360億の被害を出したKKCは一口100万程度。
古参幹部はこの名を聞くとビビるでしょう?

この時、残党らは、これはまだ使えると考えたそうだ。
裏付けるかのように、その後、亜種が世の中を騒がせた。
神様を動機にと言ってこれをした人も、60万で設定した。
これくらいがやりやすいみたいです。

ちなみに、KKCは200億くらいが配当されたんじゃなかったか。係数が、1.6 だったか? UCより頭がいい。

信用の築けてない組織(会社)はマルチを使いたい。
だが2人以上誘うシステムは連鎖取引法の制約を受ける。
お金だけを動かして、実体がなければ、これも違法だ。
そこで、これらを回避するシステムを考えたのがKKC。

事業の実体(伝票だけ?)をつくり参加させる。被紹介者(2人以上)との間にマルチのボーナスのような関連を持たせず配当の仕組みを作る。人が増えている間は、問題が表面化しない。
当時、警察も取り締まれないとボヤいていたという。

雉も鳴かずば…
ただの投資話かも知れないが参考になれば。
被害者が増えない事を祈りながら...

Re: 残党?

すみません。
リンク先の記事を読まず、投稿してしまいました。
的外れでした。

昔、教会で、南米の牛を買うという投資があったけど、どうなったのだろう。
投資じゃなくて献金、寄付だよね。紛らわしい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/849-180a6ed9