『我隣』(拉致監禁体験者)その後-中島裕美の場合 

拉致監禁リアル情報(52)

51PXU39iIVL__SX298_BO1,204,203,200_
 『我らの不快な隣人』-秘密裏に行なわれていた強制説得を、数十人の体験者に取材し、その実態を赤裸々に-を出版したのは2008年の夏でした。あれから10年。月並みですが早いものです。
【関連カテゴリ-】ルポ・書籍・書評・感想 http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-category-8.html

 1960年代の後半から始まった監禁説得は、1990年代前半に“興隆”をむかえ(毎日どこかで統一教会信者が拉致されれていた)、今利理絵さんの提訴をきっかけに2000年以降はダウントレンドとなり、2015年11月2日の監禁事件を最後にこの悪辣な手法はなくなりました。
 また、2016年4月にそれまで監禁されていた石橋さんが脱会し、監禁者はゼロに。「4000人以上の統一教会員に対する拉致監禁」という出来事はあと数年もすれば記憶から喪失されるでしょう。

 しかしながら、もう過去のことになった(あるいは「過去のことにしてしまった」)体験者がいる一方で、いまだに後遺症を抱えている信者(元信者)は少なくないはずです。

 そのうちの1人がこれから登場してもらう中島裕美さんです。
 『我隣』では宿谷麻子さん、高須美佐さん、中島裕美さんの3人を中心に据えて物語を展開しました。この3人を監禁下で説得したのは横浜市の戸塚教会(プロテスタント)の牧師黒鳥栄。人の人生をメチャクチャにしたエセ牧師です。小生は絶対に忘れないし許しません。(まあ~三寸クギ)
 中島さんのことは、「第7章 剥がれたメッキ」(127ペ-ジ)で書いています。

 中島さんとは、松江に介護単身赴任で戻ってからも、上京したとき会ったり、メールでやりとりしている関係ですが、今回の記事は12年間監禁されていた後藤徹さんの報告です。分かりやすいいい文章コスモスさん、見習ったらいかがか。
 出典はhttp://kidnapping.jp/news/20170516.html
 なお、写真と<注>、文中の下線は管理人。



根深いPTSD-未だ孤独な戦いを強いられる拉致監禁被害者

桜田淳子報道の影で苦しむ一人の女性

 先月はじめのこと、桜田淳子さんが4月7日に久しぶりにステージに立つということでにわかにマスコミが賑いを見せた。特にコンサートの3日前に「全国霊感商法対策弁護士連絡会」(以下、「全国弁連」)が記者会見を行い、桜田淳子さんの芸能活動に反対する声明を出したことで、テレビ各局がワイドショーなどで取り上げ、かなりの時間を割いて放映した。


10066997.jpg

<注>【関連記事】「高偏差値妄想バカ集団」 「嘘つき徳野は桜田淳子に謝罪しなければならない」

 古びたアパートの一室で、ひとりその映像を見ている女性がいた。

 その女性は長年に亘って重度の鬱病を患っていて、テレビに映し出された全国弁連の記者会見を見て、ある過去の記憶が蘇り、一気に気分が落ち込んで病状が悪化した。

中島裕美さん。

 彼女の名前を覚えている人は少なくないと思う。統一教会信者に対する拉致監禁・強制棄教を丹念な取材によって告発した米本和広氏の著書『我らの不快な隣人』には、拉致監禁の後遺症、PTSD(心的外傷後ストレス障害)で苦しむ3人の元信者女性が主人公として登場するが、裕美さんはその中の1人だ。

 裕美さんが拉致監禁被害に遭い、その後にPTSDを患うようになった経緯は『我らの不快な隣人』に詳しいが、当時26歳の裕美さんが拉致監禁によって脱会したのは、1989年の夏、つまり今から28年も前のことだ。裕美さんは、その時々によって波はあるものの、その後ずっと重い鬱病で苦しみ続け、精神科に入退院を繰り返している。裕美さんは、精神障害者の認定を受け、公的な支援を受けながら今も社会復帰に向けていつ終わるともしれない孤独な戦いを強いられている。

<よみがえった12年前の記憶と憤慨>

 桜田淳子さんの報道から1週間ほど経った先月の半ば、3ヶ月間の入院を終えて退院した裕美さんの近況を伺おうと、私はもう一人の知人と連れだって会いに行った。ファミレスで食事をしながら話をする裕美さんは、一見元気そうな様子だったが「今も時々拉致監禁のフラッシュバックに襲われるんです」と近況を話してくれた。裕美さんの病状は一進一退だが、ここ最近は少し良い方に向かっていて薬の服用も減っていると聞いて少し安心した。

 すると、裕美さんが突然こんなことを言い出した。

「桜田淳子さんの報道で久しぶりに山口弁護士や紀藤弁護士がテレビに出てきたのを見て、ものすごく具合が悪くなってしまったんです」

 この話を聞いた時、裕美さんがなぜ全国弁連の記者会見映像を見て体調を崩すほどのダメージを受けてしまったのか、はじめはよく分からなかった。しかし、よくよく話を聞いてみると、拉致監禁の後遺症の根深さを感じずにはおれなかった。

 話は、12年前の2005年に遡る。

 全国弁連は、定期的に『全国弁連通信』という会報を発行している。2005年4月に発行された『全国弁連通信』には、日本基督教団戸塚教会の黒鳥栄牧師の『脱会後の自立と家族のかかわり』と題する講話が掲載された。この講話記事が裕美さんにショックを与えることになるのだが、ここで、黒鳥牧師と裕美さんの関係について記しておく。

<重要な注>宿谷麻子さんは黒鳥薄っぺら講話を激烈に批判していた。是非、読んでいただきたい。黒鳥とか正義の山口とかの「素」がよく分かるはず。http://www5.plala.or.jp/hamahn-k/situmon.htm

 黒鳥牧師は、裕美さんの拉致監禁、脱会説得に関わった「救出カウンセラー」だ。裕美さんが1989年に監禁されて脱会を決意した後、精神的に不安定になる中で黒鳥牧師にしだいに依存するようになる。しかし、その後、心療内科に通いながらも黒鳥牧師からケアされる過程で、裕美さんは黒鳥牧師の言動に傷つけられ、ついに2001年には精神科医から「監禁によるPTSD」との診断を受けるようになるのだ。

 このような経緯から、その後裕美さんが黒鳥牧師と会うことはほとんど無くなったのだが、2005年、裕美さんが黒鳥牧師の講話記事を読んだ際、裕美さんは大きなショックを受けた。その講話の中にどうしても看過できない内容があったのだ。

 裕美さんが読んだ黒鳥牧師の『脱会後の自立と家族のかかわり』と題する講話記事には、

 全国弁連事務総長の山口広弁護士が、『月刊現代』に掲載された米本和広氏の拉致監禁を告発する記事を批判したコメントを黒鳥牧師が引用している箇所がある。つまり、米本氏の告発記事を山口弁護士が批判し、それを黒鳥牧師が講話の中で引用したのだ。少し長いが以下に記す。

-引用はじめ-

「次に『月刊現代』の昨年11月号の記事についてお話をします。そこに載せられた米本和広氏の記事も同じ影響をもたらすものと非常に憂慮されます。この間題につきましては、2005年1月18日発行の「全国弁連通信」100号に、私たちの代理人の一人である山口広弁護士のコメントが載りました。『お粗末な内容の米本論文』と題して山口弁護士は『少なくとも平常心で対外的に発信できる心理的状況にない脱会者の話を実名で中心にすえたことは彼の良心を疑わしめる。・・・(以下、略)」と記しておられます。 山口弁護士の文言をお借りすれば、『平常心で対外的に発信できる心理的状況にない脱会者の話を実名で中心にすえたこと』に、心を二重三重に痛めるものであります。・・・(略)・・・今回のようなマスコミを利用したキャンペーンによって、統一協会に対する救出の歯止めに利用されることに、重ねて強い憂いを覚えるものです。」

-引用終わり-

【注:当時、黒鳥牧師は拉致監禁被害者が訴えた民事裁判の被告となっていて、その代理人の一人が山口広弁護士だった。】

 黒鳥牧師が引用している『全国弁連通信』100号に掲載された山口広弁護士による『お粗末な内容の米本論文』と題したコラムは、米本和広氏が『月刊現代』2004年11月号に寄稿した『書かれざる「宗教監禁」の恐怖と悲劇』を批判したものだ。

【注:山口広弁護士のコラムは、米本氏のブログ『火の粉を払え』に掲載されている】
⇒http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-7.html

 米本氏による『書かれざる「宗教監禁」の恐怖と悲劇』は、拉致監禁によって統一教会を脱会した宿谷麻子さん、中島裕美さん、高須美佐さんの元信者女性3人を中心に拉致監禁を告発した20ページの記事で、その後2008年に出版される『我らの不快な隣人』のダイジェスト版といった内容だ。

<注>『書かれざる「宗教監禁」の恐怖と悲劇』はここで読めます。http://www5.plala.or.jp/hamahn-k//gendai.htm

 当時、おそらく山口広弁護士としては、係争中のこともあり拉致監禁の事実を暴露されるような記事は抹殺したかったに違いない。山口弁護士は、コラムの中で米本氏が3人の脱会者女性を実名で記したことを指摘して「少なくとも平常心で対外的に発信できる心理的状況にない脱会者の話を実名で中心に据えたことは彼の良心を疑わしめる」などと的外れな批判をした。米本氏から取材を受け、あえて実名公表することを承諾した彼女たちの気持ちを全く顧みること無く決めつけで書かれたこの一文は著者の米本氏を憤慨させたが、この山口弁護士の一文を追認する形で引用しつつ講話をした黒鳥牧師に対しては、黒鳥牧師から長期間に亘って脱会後のケアを受けていた告発記事の当人である元信者女性達を憤慨させた。

【注:この山口弁護士のコラムに対しては、米本氏のブログ『火の粉を払え』にて「弁護士山口氏のコラムを評す(10)」として反論している。】
⇒ http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-23.html

インターネット上で今も訴え続けている宿谷麻子さん




 3人の元信者女性の一人、2012年10月15日に48歳の若さで亡くなった宿谷麻子さんは、今もインターネットの世界で自らの思いを綴ったホームページ「夜桜餡」(副題:人知れず拉致監禁のPTSDと闘う夜桜のHP)からその心の内を訴え続けている。
⇒ http://www5.plala.or.jp/hamahn-k/index.html

 周知のとおり麻子さんも裕美さん同様、監禁下で黒鳥牧師から説得を受けて脱会し、その後拉致監禁を原因とするPTSDで長年に亘って苦しみ続けた。2005年、『全国弁連通信』に掲載された黒鳥牧師の講話記事『脱会後の自立と家族のかかわり』を読んで憤激した麻子さんは、黒鳥牧師へ11項目の質問状を送っていて、それが「夜桜餡」に掲載されている。
⇒ http://www5.plala.or.jp/hamahn-k/situmon1.htm 

 この中で麻子さんは黒鳥牧師への質問状の5項目「5.私自身の病状について」において黒鳥牧師による講話記事を引用しつつ、怒りを込めて次のように質問している。

-引用はじめ-

5.私自身の病状について

1 「山口弁護士の文言をお借りすれば、『平常心で対外的に発信できる心理状況にない脱会者の話を実名で中心にすえた事であり』に、心を二重、三重に痛めるものであります。」

同封した主治医の意見書にあるとおり、私は平常心で対外的に発信できる心理状態ではないと言うのは、明らかに誤りです。山口氏は弁護士であり、精神科医ではありません。山口氏は私の心理状態を知る立場にもありません。山口弁護士の文言をお借りしたとありますが、この文面では貴方もそのように判断した事になります。貴方は、何の根拠を持って、PTSD患者を「平常心で対外的発信できる心理状況にない」と判断したのですか。

2 これは、平常心で対外的に発信できる心理状態にある、全てのPTSD患者を侮辱する言葉です。私自身もこの発言には憤りを感じます。こうした怒りに、貴方はどのように思いますか。」

―引用終わりー

 当時、麻子さん同様PTSDで苦しんでいた裕美さんは、黒鳥牧師の講演記事を読んで麻子さんと同様の憤りを感じたのだ。そこで、記事が載っている会報を持参して黒鳥牧師を訪ねて問いただした。

「先生は、私のことを平常心で対外的に話ができない人間と思って今までずっと対してこられたのですか」

 それに対し、黒鳥牧師は「言いたくありません」と繰り返すのみで、全くらちがあかなかったという。裕美さんが黒鳥牧師と会ったのはこの時が最後だった。

<注>黒鳥氏は何らかの精神疾患を抱えていると推測している。

今も続く拉致監禁被害者の苦悩

 今回、裕美さんがテレビ画面で山口広弁護士ら全国弁連の記者会見の映像を見て精神に打撃を受け、病状が悪化したのは、2005年当時の悔しい無念な記憶がよみがえってきたからなのだ。

 ファミレスで食事をしながら、裕美さんは私達に語気を強めて言った。
「(記者会見を放映していた)番組に、その影で監禁された後遺症で今も社会復帰できない被害者がいるということを知らせようかと思いました」

 裕美さんの静かな怒りにふれ、彼女の心の傷の深さを感じた私は、この問題の根深さを改めて思い知らされた。

 昨年2016年は、1966年にはじめて拉致監禁事件が起きて以来、50年ぶりに拉致監禁件数がゼロの年となった。しかし、拉致監禁によるPTSDで社会復帰もままならず、人知れず今も苦しみつづけている裕美さんのような被害者もいるのだ。拉致監禁の後遺症で苦しんでいるのは裕美さんだけではない。今も苦しみ続けている多くの拉致監禁被害者がいることを山口広弁護士はじめ全国弁連の諸氏には是非知っておいていただきたい

当会代表 後藤徹
【おことわり:文中の「統一教会」は、現在「家庭連合」という名称ですが、便宜上、旧名称で表記してあります。】

<注>全くの個人的な感想だが、後藤さん(現役信者)が中島さん(元信者)のことを支えてくれていたことが分かり、とても心が和んだ。
 文中の「もう1人の知人」とは総務局副局長の澤田拓也さんだと思う。統一が嫌いな元信のことを教団の幹部が気にかける。こうした関係が教団の組識的風土になれば、家庭連合は再生するのだが。

味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

久ぶりに・・・

後藤さんが、中島裕美さんの事を、決して忘れなかったこと。澤田拓也さんと共に彼女の事を気にかけていたこと 決して忘れてなかったこと! 素晴らしいです。本当に 拉致監禁被害者の事を考えているのなら、統一教会も、まだまだ ”捨てたものじゃない” と、評価できますよ。(たまには 賛美 しないと)賛美 することも大切と、統一教会 から 教わりましたから。 

拉致監禁に関心のない方々

拉致監禁経験者の現役信者(?)も申しておりましたが•••
ホンマ、拉致監禁関連記事には、反応が薄い•••(殆どない)

不思議です。
この反応の薄さも、拉致監禁後のPTSDに関係している•••と思います。
米本さんの本に登場する元信者3人がPTSDに苦しんだのは、反対派や家族のせいでなく、拉致監禁に無関心な現役•元信者の影響ではないかと。(勿論、私も含みます。)

後藤さん、中島さんのこと、気にかけてくださり、ありがとうございます。

反応

反応が無い、のはコメントが少ないという事でしょうか?
コメント書き込みしなくとも、無関心な訳でないのだと思いますが、あえてコメント致しますが、、。
PTSDの当事者でなく拉致された経験もなく、何とも申し様がないですが。あの反対弁護士達の顔を見れば憤りを感じています。最近はおさまった感じですが籠池問題で国会の参考人招致があり中継に映っていた山口(バイリンガのほう)弁護士も。

Re: 反応

>反応が無い、のはコメントが少ないという事でしょうか?
コメント書き込みしなくとも、無関心な訳でないのだと思います

 反応が無いというのは言い過ぎですが、「反応が薄い」(koyomiさん)のは確かです。それはアクセス件数に見て取ることができます。

 このブログでもそうですし、他のブログでもそうです。

 たとえば、「秀のブログ」で秀さん(拉致監禁体験者)も、「拉致監禁のことを取り上げるとアクセス件数が減る」といった趣旨のことを書いていました。

 拉致監禁をめぐる統一対反統一の闘いの天王山は、むろん後藤さんの裁判でした。
 この裁判の具体的な動きは、ブログ「拉致監禁by宮村・裁判記録」で逐一、報告されていました。
 koyomiさんも会の世話人として、記録を入力していた。

 しかし、提訴から最高裁で確定するまでの数年間、ただの一度も「注目ランキング・ベスト10」に顔を出したことはありませんでした。

 興味深いのは、どうして「反応が薄い」のかということです。
 信仰仲間が大勢、拉致監禁されてきたのに、なぜ、関心が低いのか。

 このことを掘り下げて考えていくと、統一教会という団体(顯進派も!)の本質的特性が見えてくると考えています。

 次回のブログをもとに、統一教会の本質的特性を考えてみるのもいいか、と。

許してはならない強制棄教の再発

1996年から始まって4300件を超えた家庭連合(旧・統一教会)の信者に対する強制棄教の蛮行が、2015年10月に愛知県の実家に帰省した女性信者(脱会)のケースを最後に根絶されました。
教団内外、国際世論の広範な活動によって、信仰にかかわる深刻な人権侵害が根絶された今回の例は日本の宗教史上初めてで、後世の宗教研究の格好の対象となるでしょう。

直接の根絶要因は2015年9月、最高裁が脱会屋・宮村峻、日本同盟基督教団牧師・松永堡智らの上告を退けた結果、後藤徹裁判の完全勝訴が確定したことでした。強制棄教認定の最高裁判例が確立したため、脱会説得派の弁護士、牧師、脱会屋らが裁判リスクを避けるようになったためと思われます。

拉致監禁事件の頻発そのもの、根絶運動の熱気そのものの渦中を過ぎた現在、強制棄教問題へのコメントが少ないのはやむを得ないことです。ただ、風化されてはならない側面は残されており、ひとつは後藤さんが指摘された被害者のPTSD後遺症の問題です。被害者にとって強制棄教問題は未だに現在進行形であり、教団、世論の理解と支援が必要です。

また、拉致監禁・強制棄教は癌のようなもので、強制棄教派の存在をはじめ病片の残存があるかぎり油断すると再発します。なかでも最大の病片は、かつての統一教会教団の経済偏重体質です。強制棄教が長年にわたって根絶されなかった根本が、それが霊感商法からの救済を名目に行われたため、マスメディア、裁判所、警察・検察に一定の理解ムードが醸成されたことにあったことは事実です。

家庭連合と各分派教団の経済活動そのもの、金銭に関わる相互対立の要素が強制棄教派に乗じられことのないよう、当事者の十分な自覚が望まれます。

なお、私は本年4月、強制棄教の根絶を目指して1998年から2016年までに著した原稿を編集した著作集『日本宗教の闇─強制棄教との戦いの軌跡』(アートヴィレッジ)を出版しました。カッキリ半世紀50年ぶりに、拉致監禁年間ゼロのまま2017年元旦を迎えた出版でした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/843-f0a6168a