「櫻井手紙」を評す(2)-12双夫人のインチキ言説を糺す!  

神山VS教団(9)

-櫻井節子シリ-ズ-
19610620setsuko20sakurai-thumbnail2.jpg

(何だか<色と金に溺れ、破滅へと向かう男と女――。実在の事件に想を得て、濡れ場たっぷりに読物化した「週刊新潮」の名物連載「黒い報告書」>シリ-ズみたいでいいよね。更新ストップマインドがありながら、ついつい書こうとしちゃう 。つかこうへいだったら、音楽は何を使うだろうかと考えながら)

「櫻井節子夫人の手紙に対する本部の見解」
「櫻井手紙」を評す(1)-12双夫人の“実体“は何なのか!?

 頭が鈍い人のために泣きながら書くのだが、「櫻井手紙」には統一教会の様々な問題が内包されている。だから、シリ-ズなのだ。第4イスラエル研究会の岡本氏のように「高く評価される」、でオシマイであってはならないのであ~る。


日本シックの「血と汗と涙の献金」が顕進の資金源!

 櫻井節子氏は12双。古参である。夫の設雄氏は日本教団の第5代会長。節子氏は今でいう家庭教育局長を長くやっていたという。今の教団の土台を造った人だとも。

 ともあれ、食口諸君にとっては雲の上のエリ-ト。ファンは少なくないという。
 そういうお方が「(3) 顕進様にみる真実-7年間の非難と迫害の中で (4) 真のお母様の位相-お母様がお母様であるために」を言いたいための一文を書き、広く読まれることを画策する。

 徳野執行部にとってはたまったもんではない。前者はともかく、後者の主張は深刻である。
 なぜなら、日米韓の家庭連合は韓鶴子氏を絶対として侍ることによって「献金生活を享受する」ことになったのだから!

【当該必見爆笑サイト】「金起勲北米総会長、渾身のパフォーマンス」。澤田地平氏の「審判回避プロジェクト」はユ-モアがあって面白い。前のめりではないから、考えさせられる。優秀な人のように思われる。ただし、人に読んでいただく工夫(視覚)がちと足りん。

20161219004209b7es.png
金起勲さんの実体は稀代のヨイショ男だな。 見るからにアタマ悪そッ
 

果として、徳野執行部の味方をすることになるのだけど(是是非非!)、櫻井手紙にはオカシナことが実に多い。

「櫻井節子女史の手紙」(11月30日)
<手紙の構成>
  前書き
(1)神様の願いは真の家庭の実現-復帰摂理歴史6000年の結実
(2) カインの子女とアベルの子女-対立と分裂を生み出した原因
(3) 顕進様にみる真実-7年間の非難と迫害の中で
(4) 真のお母様の位相-お母様がお母様であるために
(5) 統一運動の未来と可能性-希望の灯はまだ消えていません! 
(6) 私たちが果すべき使命-共に悔い改め、祈りましょう! 
(7) さいごに-真の息子・娘になるために
お父様の御言― 1961年2月12 “七年の大患難時代” 
顕進様の祈祷-2016年1月1日、真の神の日、零時の祈祷


 上から順にやっていく。時系列とか事の重要性とは関係ない。つまりアットランダム。自由に書けるので、気持ちがいい。
 緑字は手紙の引用。

「私が真の家庭に深刻な問題が起こっていると感ずるようになったのは、顕進様がお父様の命に背いて独自の活動を展開し、お父様の摂理基盤であるUCI財団をも占拠してしまった、という情報に触れた時でした」
「それだけに、顕進様の一件は、私には理解し難いものでした。しかし、それ以上に目を疑い、深刻な思いにならざるを得なかったのは、その後起こってきた、教会組織を挙げての顕進様批判キャンペーンでした」

「顕進様にどれほどの事情があったにせよ、アベルの子女様を“堕落したアダム”として排斥し、糾弾するあり様は、サタン的な動機や感情が見え隠れする、実に行き過ぎ、やり過ぎと言うべき行動以外の何物でもありませんでした」

 2009年の出来事のことを書いているのだが、これについて私が知っていることを明かしておく。6年前に書こうと思っていたことゆえ、多少記憶に間違いがあるかも。

 文国進氏は、父親の指示によって、2005年1月にアメリカから韓国に来て、統一企業グループの会長になり、2006年5月に統一教会財団(韓国)の理事長になった。
 ちなみに、ヨイド・パークワンを契約した2005年は、郭錠煥氏が統一教会財団(韓国)とUCI財団(米国)の理事長だった。文顕進氏がUCIの理事長に就任したのは2006年4月のことだ。

 韓国の企業担当になった国進氏は、12人の弁護士・公認会計士を雇って、韓国教会の全資産の整理整頓を行ない、資産の所有権を法人名儀に変えようとした。これは賢明なやり方だった。なぜなら、文鮮明氏が亡くなった場合、莫大かつ複雑な相続税をスム-ズに処理することができるからだ(脱税に近い節税)。実際、うまくいったようだ 韓国国民にとっては不幸なことだったが。

 国進氏が同時にやったのは、郭錠煥をはじめとする重臣たち(金持ちイタコこと金孝南家続の資産を含む)の個人資産の洗い出しであった。 
 その成果は、「清平が裸にされた・・・横領は270億円!」 2013年2月16日)。
 この頃の権力の構図はこうだった。

 重臣たちは韓鶴子に取り入った金孝南に激しく嫉妬。何せ日本シックの金が清平にドドッと流れていくんだから。その一方で、清平にメスを入れつつあった国進氏には賞賛を送りながらも、重臣たちは彼を亡き者にしたかった。なぜなら、不正利得のことを握られてしまったから。 

 話を戻す。
 国進氏は、統一教会の資産の所有を法人名儀に変えようとした。
 進名義の物件もあった(おそらくヨイド関連。何とか高級ホテルの名も)。
 文顕進氏は名儀変更に同意しなかった。

 顕進の心理。ここからは推測なのだが、同意すれば独自の収入源が断たれる、そうなればグローバルピースフェスティバル(GPF)をやることができなくなる。今後の活動は経済的に弟の国進に首ねっこを押さえられてしまう。幼い頃にさんざん暴力を振るった国進が自分に怨みを抱いていることは自覚していた。
 彼は危機感を抱いた。
 これがもとで顕進と国進とのバトルとなり、文鮮明氏を前に、文字通りの殴り合いの喧嘩になった。

<注>『統一教会の分裂』147ページには、(2009年2月26日・ 束草にて)”その日の夜に2人の兄弟はともすれば物理的衝突につながりそうな状況まで至ったという。(文顕進前補佐官K氏の証言)
 文顕進前補佐官K氏とは誰のことか。知っている人がいれば教えてください。

 文鮮明氏は、顕進氏に1年間の謹慎を申し渡した。(2009.3.8.いわゆる束草事件の時)
 ただし、「物理的衝突につながりそうな状況」になったのではなく、文鮮明氏の前で物理的衝突になったと聞いている。場所は定かではないが。情報元は韓国統一本部。
 それだからこそ!1年間も!謹慎を申し渡したのではないのか。

 しかし、父親の指示に従わず、顕進氏はフィリッピンだったかでGPFを開いた。
 ちなみに、私は東京・味の素スタジアムで2008年11月に開かれたGPFを見学したことがある。小雨降る中、数万人を前に演説していた文顕進氏は酔いしれ、まるでド-パミンが放出されっぱなしみたいだったな。全学連のアジ演説と同じ。実体験上、中毒になるような危険性があると感じましたね。
 通訳者は長坂雄三郎(拉致監禁体験者)。いい奴だったけどなぁ。(当時教団の文化事業部長。今は教団関連のVD事業で儲けているとか)

 話を元に。
 文鮮明氏の令に背く。ここで決定的な亀裂が入った。
 このままじゃぁヤバイと思った顕進氏はUCI財団を合法的に自分のものにしようと目論見、文鮮明&国進手下の金孝律&朱東文を、法に則っとって理事から外し、文字通り、UCI財団を文顕進氏のものにしたのである。
 2009年8月2日のことだ。

 私が知っている幹部(&幹部的)シックはパニック状態だった。
 <いったい、統一教会の全資産のうちいくらが顕進ニムの手に渡ったのか>
 半分だ、いや7割だ、大変な騒ぎだった。

 櫻井節子殿、 ボケるには早いですぞ!
 私はもう78歳の老齢となりました。
 笑わせんな。うちのおふくろさんより15も若いじゃないか。
 7年前の節子殿は歳71。今の、原爆の詩を朗読している吉永さゆり、右派ライタ-の櫻井よしこ、サンクチュアリの江利川と同じような年頃だ。同情を誘うような文言は書くなと指導したい。
 神山さんは最後まで同情を誘うような言葉を、自らは、吐きませんでしたね。ここに彼の美学があると感じている。

 統一教会の財産のかなりが取られたら怒る。
 だが、相手は文家のおぼっちゃま。名指しでの批判はできない。そこで、義父の郭錠煥グル-プ批判キャンペーンが展開されることになった。

 節子殿は忘れたかい。
 小指の思い出じゃないよ。浦安の研修施設に集合をかけられたあのときのことを。
 確か、鮮明弟子の朴普煕さんが事態を熱く説明したと記憶しているけど。浦安に集まったのは1000名以上の職員。この記述に間違いがあれば、ご指摘を。

 節子殿は記憶があるくせに、こう綴る。
 顕進様の一件は、私には理解し難いものでした。しかし、それ以上に目を疑い、深刻な思いにならざるを得なかったのは、その後起こってきた、教会組織を挙げての顕進様批判キャンペーンでした。顕進様にどれほどの事情があったにせよ、実に行き過ぎ、やり過ぎと言うべき行動以外の何物でもありませんでした。

 統一財産(シックの献金)のかなりの財産を顕進様が奪ったら怒りませんか。
 組織の中では重きを置かれているはずの元会長夫人は浦安に行かなかったですか。(行かなかったとしても、長男・長女は本部職員。どんなことが話されたのか聞かなかったわけがない!)

 なお、この件については裁判が行なわれている。
【当該記事】「短報-UCI対統一教会の裁判の雲行きが怪しくなってきた」 。今年8月の記事である。裁判は節子殿も関わっている。それなのに当事者意識がゼロ!
 節子殿はこの記事を読んでいなかったのか、次男は紹介していなかったのか。偏頗である。
  
んな動きもあった。朴普煕報告にあったかどうかは知らない。
 2009年のことである。
 ソウル駅から歩いて15分のところにある韓国本部(日本でいえば松濤本部を想起すればいい。ただし100倍は立派だが)。ここの職員(アルバイトを含む)が相次いでクビになったことがある。
「約80人」と聞いた記憶が残っているが、もっと少なかったかもしれない。ともかく集団クビ切りによって業務に支障がきたす程の人数だった。
 どういう職員がリストラされたのか。
 郭錠煥氏と関係する職員だった。韓国儒教でいう一族郎党。まさに宮廷ドラマ「イ・サン」の再現である。

 分かりすい例をあげると、当時の家庭教育局長がクビになった。トップクラスである。
 韓国取材で名刺交換した(名刺が見つからない)。郭錠煥氏の息子だったか娘の婿だったか。かなりの長身でハンサム。おれより落ちるけど、まぁ初対面好印象。物腰の柔かさは抜群。断食芸人とは正反対の人だった。韓国本部内の評価(ただし3、4人に聞いただけなのだが)はズバ抜けて高かった。

 文鮮明氏は、なぜ「郭錠煥一族郎党及びそれに連なる者」を追い出したのか。
 嫉妬か被害妄想か。
 しばらくしてから、前出の家庭教育局長からソウル本部職員たちにリクル-トの電話がかかってきた。
「こっち(文3顯進側)に来ませんか」
 このことからすると、顯進と郭錠煥は韓国本部を乗っ取ろうと策動していたように思われる。

次回は<「櫻井手紙」を評す(3)-78になっても「お花畑」(イメージ脳) >

「あのときの真相を語る」。顯進と国進とのバトル対談を期待しているという方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

顕進様の個人資産?

初めまして、顕進様を支持しております。加油と言います。

>顕進名義の物件もあった(おそらくヨイド関連。何とか高級ホテルの名も)。
 文顕進氏は名儀変更に同意しなかった。

この情報ソースは何でしょうか?逆に、韓国財団(国進様側)が、UCI(顕進様側財団)への経営や財務などの報告を拒否していたということは聞きましたが、汝矣島における顕進様の個人資産とは、初めて聞く話です。

記憶違いをされたとしても、ここの事実関係が歪むと、米本さんの国進様像、顕進様像も歪んでくると思います。

加油さん

加油さん

『自分が知らない情報=(書き手の)記憶違い』

これっておかしくないですか。

自分が知らない不都合な情報があったとしたら独力で時間をかけて調べなおしてその結果、確固たる論証とともに書き手に誤りがあった、記憶違いがあったと指摘するのが筋というものでしょう。

あなたは全知ではないのですよ(苦笑)。

ドナテロさん

>『自分が知らない情報=(書き手の)記憶違い』 これっておかしくないですか。

米本さんの記憶違いと断定しておりません。どこからの情報なのか、お聞きしているところです。

「調べて指摘するのが筋」とおっしゃいますが、例えば、私が「ドナテロさんは犯罪者である」と主張したらどうしますか?確固たる論証で、反論できますか?ふつうは主張した加油本人がその根拠を示すのが筋ですよね?

「郭先生とお母様が関係を持った云々~」というのもそうですが、「悪魔の証明」と言って、「やっていないことの証明」というのは、一般的に極めて困難なものになります。

この場合、「顕進氏は顕進名義の物件を、法人名義にすることを拒否した」と主張されているのは米本さんなのですから、米本さんが根拠を示すのが筋です。

この米本さんの主張は、櫻井夫人を批判するための、その後の国進様と顕進様ストーリーの基本背景の一つになっているもので、もし事実と違うなら、その後の論評にも修正が必要なはずです。私の質問はテーマと外れるものだとも思いません。

しかし、ドナテロさんのコメントは、このブログの注意事項である。

「Ⅱ:ブログのテーマから離れ、Aさんの文書表現とか考え方とか、あるいは一部の記述についてコメントする場合が問題となります。」

にまさに当てはまります。レスは二回づつ認められているようですが、横レスの応酬は私もしたくありません。

やれやれ

加油さん、

そんなに前につんのめっていたら
こけちゃうぞ〜〜

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

当時の記憶では

<「物理的衝突につながりそうな状況」になったのではなく、文鮮明氏の前で物理的衝突になったと聞いている。場所は定かではないが。
<それだからこそ!1年間も!謹慎を申し渡したのではないのか。

当時の記憶では、2009年3月に日本での開催予定のグローバルピースフェスティバル(GPF)が、突然中止とのファックスが流れました。その理由は、顕進さんは一年間、公的活動を止め、父親のもとで生活されるとのことでした。 一体何が??? その後の伝聞情報によると場所はラスベガス、父親のいる前で兄弟殴り合いの喧嘩になったそうです。

心をひとつにできるのは歌の世界だけとは空しいものですね…。 
GPFのテーマソング
♪One Family under God 「ここから始まる」
https://www.youtube.com/watch?v=hfZqWs02Q0M

信者には、想像を絶する莫大なカネの流れ

>日本シックの「血と汗と涙の献金」が顕進の資金源! 
>国進氏が同時にやったのは、郭錠煥をはじめとする重臣たち(金持ちイタコこと金孝南家続の資産を含む)の個人資産の洗い出しであった。 
 その成果は、「清平が裸にされた・・・横領は270億円!」 (2013年2月16日)。

文教祖は、日本から持ち込まれた血と汗と涙の献金を大切に扱わなかった。彼の重臣らが事業をまともに運営せず(赤字のままで信者の献金で補填していたなど)横領、個人資産に回していたのに、文教祖は、しっかり管理すべきで、人事は、彼がしていたのだから。特に郭氏は、長い間、教祖の一部始終を知っているのである。郭氏は教祖を軽視し、文教祖は嫉妬、顕が郭氏と同盟していた。
文氏の机の上の札束、事業の責任者に札束をじかに手渡したり、信者にも札束を手渡したりする。
まるで、ヤクザかマフィア映画のワンシーンである。

こんな場面を目の前で見ていたら、そのうち、猫ババしたくなるのは、当然。統一教会の文教祖の側近にかぎらず、朝鮮人は、ウソと盗みの天才である。

文教祖は、ムスコたちを男尊女卑とカネ権力で育てたと思う。

こういう莫大なお金の流れを聞いただけで、文教祖と一族がやってきたことは、一言~キタネェ~!
顕進も国進もMBA取得者。アメリカのカネと物質社会、合理社会で、育ったムスコたちだ。どのくらいのカネを握っていれば、自由に出来るかぐらい知っているだろう。日本人信者だけ、大衆レベルどまり。
彼らは、支配者クラスで、信者は、被支配者クラスなのである。
どんなに、桜井女史が、顕様を慕っても、この事件を知って衝撃をうけても、彼らにしてみれば、すでに、最初から筋書き通りなのである。文教祖と一族は、皇族・真家庭であり、子供たちは、王子なのである。

顕進氏がもつ現在の資産、国進氏も相当資産があるだろう。銃工場を作るだけのカネ、豪邸を買うだけのカネ、亨進氏もしかり。荒野の王とか言ってるけれども、彼が会長をしていた時の給料は、みなさんには、想像できないぐらいの額でしたと言ってた。なので、アメリカに渡ってからも、家族7人、働かなくても暮らしていけてるのである。

顕も国も亨も、相当の資産をもっているだろうし、これからも、世界中にある資産を3人で、争うのだろう。




Re: 顕進様の個人資産?

 いやあ、参りました。
 生まれて初めて、インフルエンザというものに罹りました。香港A型だとか。
 副作用満載の吸入剤、経口剤で、症状はすぐに収まりましたが、風邪と違い、すぐに元気は出てきませんね。


加油さん

>>顕進名義の物件もあった(おそらくヨイド関連。何とか高級ホテルの名も)。
 文顕進氏は名儀変更に同意しなかった。
>この情報ソースは何でしょうか?

 この数十年間、情報源の秘匿を条件に、様々な情報を得て記事にしてきました。
 情報ソースは?と聞かれ、素直なお子のように、「は~い、誰々で~す」と回答するようなことがあったら、記者失格で、出版業界からパ-ジされていたでしょうね。

「情報源の秘匿」はジャ-ナリズムの鉄則です。どうかご理解を。

 加油さんが想像される以上に、予想外のところから情報が入ってきていましたよ。

 国進→国進の運転手→運転手の妻→妻の友だち→小生--とか。
 事実は小説より奇なり-みたいなところがあるのです。

 なお、資産の原則は、カラスさんの指摘が正しいと考えています。

(追記)コトさん、「兄弟殴り合いの喧嘩」情報、ありがとうございました。私は韓国本部の職員から聞きました。一致しました。

 「情報源の明示」

 「顕進名義の物件の名義が云々」と記事に書かれ、ではその「情報源は」?と読者に聞かれて:

 米本さんいわく:
「情報源の秘匿」はジャ-ナリズムの鉄則です。どうかご理解を。
 
藤田 博司氏著「どうする情報源:報道改革の分水嶺」でいわく:
 
 情報源をあいまいにする日本のメディア。そこに誤報や捏造が生まれ、情報操作の入り込む余地が! 
 「情報源の明示」こそが、報道への信頼を生む!情報源を明示することによって: 
 1)読者・視聴者に情報価値の判断の手がかりを与える。
 2)情報提供者に情報の内容への責任を持たせられる。
 3)メディアも報道内容に大きな責任を負うようになる。
 4)情報提供者による情報操作を防止することができる。
 5)そして、ニュースやメディアへの信頼が高められる。
  
私は、4)に、「情報報道者」を付け足して:
 4)情報提供者、情報報道者による情報操作を防止することができる。

 と書きたいですね。
一昔の記事ですが以下も参考になります。
 本当に情報源秘匿の必要性はあるのか
https://www.jica.go.jp/aboutoda/odajournalist/2005/123.html

「情報源の明示」を考える
http://www005.upp.so-net.ne.jp/mediawatching/discloserofnewssause.htm
 
 米本さん、過去に有田氏を批判していわく:
 世界のジャーナリストが勝ち取った「ニュースソース秘匿の原則」は守られるべきものだと強く思っているのだが、一方で、架空の匿名者を登場させて、どんなことを語らせてもいいことにはならない。
「あの人が犯人に違いない」
「あの人が女性に近寄ったのを目撃しました」
 有田氏の「内部証言」とか「信者の証言」とかはたまた「最高幹部」も、たぶんに架空のものが多いと思っている。(火の粉を払え ルポライター米本和広blogより)
 http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-293.html
わたしいわく:
 ここで米本さんの言われることに賛成で~す。
  でも、やっぱり、米本さんと有田氏は、凄く似ている!!!

Re:  「情報源の明示」

 千鶴さん、憎しみを抱いている小生をやっつけるための横レス投稿はいかがなものでしょうか。

 また、少しは勉強してから投稿してください。

 日本の女性がフランスで殺されたようですが、容疑者のチリの男性の性格は「執拗」。千鶴さん、もうスト-カ-はお辞めになったら、いかがでしょうか。

不信

 連休最後の日。まだ痰の臭いが気になるけど、ようやく本復に。

 てなことは関係なく、タイトルの「不信」について。

 インチキ言説を展開していると私が批判している「12双夫人」は、桜井正実氏の実母。

 日本シックの「血と汗と涙の献金」が顕進の資金源!

 顕進氏は桜井正実氏の尊師。

 今回の記事を掲載してから5日目。反論してもよさそうなのに、沈黙だ。
 誠実、実直と周囲の評判の高かった桜井正実氏だが、極めて政治的な2世のようである。

 前のめりであっても、加油さんには好感を抱く。

 で、更新です。

ありがとうございます

まずは、返信してくださりありがとうございます。そして、一日も早い快癒を願っております。

>「情報源の秘匿」はジャ-ナリズムの鉄則です。どうかご理解を。

何も、どこの誰々か言ってほしいとまで希望したのでないですが、秘匿されるということであれば、了解いたしました。尊重いたします。

しかし、出来ることならば、その情報源の方に、もう一度確認されることを、強くお願いいたします。

わたし自身が、顕進様を応援させていただきながら、さまざまな顕進様批判も、それなりに長い期間、ネットでもリアルでも聞いてきましたが、「顕進様が個人資産を法人資産にすることを拒否した」という批判は、今までありませんでした。

顕進様のGPFなどの主な活動資金は、今も昔もUCI財団であるというのが、個人的な理解です。

ひょっとすると、これは、情報源の方が嘘をついたか、勘違いしたか、はたまた米本さんの記憶違いにしろ、結果として、米本さんブログ独自の、顕進様に関する新たな虚偽情報の可能性すらあります。

「財団を自分のものにしたのだから同じ事。」と、言われるかもしれませんが、個人資産と財団資産では全く違います。

財団には資金の使用目的などの、定款があり、また監査があり、個人のために資金横領すれば犯罪です。

UCIの定款で言われる、世界摂理のために本当に使われるなら、世界摂理のために献金した食口なら、本望なはずです。事実、私自身がそうですし、教会を離れた知り合いですが、献金が教会の腐敗と切り離されたという意味で、「顕進様が持って行ってくれてよかった」という人もいます。

結局、資産の主導権の奪い合いじゃないかと批判されるにしても、「顕進様が個人資産を法人資産にすることを拒否した」という情報が、事実であるかどうかとは、また別の話です。

米本さんご本人も記憶違いの可能性を言われている中、いま一度、確認していただくことをお願いいたします。

それによって、もしも間違いが判明するなら、より記事の完成度は高くなるはずですし、事実だったとしても、より確実な裏取りになるはずです。

また、櫻井夫人への指摘も、方向性が変わってくるはずです。少し弁明させていただきます。

米本さんの記憶の通り、もし本当に国進様との関係悪化が、血と汗と涙の献金をもとにした資産を個人資産にし、なおかつ、その個人資産を法人資産にすることを拒否したことが背景の一つになっているのなら、そんな弁護の余地のない内容を知っていて、「顕進様批判はやりすぎだった」と言われる、櫻井夫人を揶揄されるならわかります。

ですが、私自身、初めて聞く内容ですし、コメント欄でもメールでも、「その通りだ!櫻井夫人は顕進様の悪行を知っていたのに、やりすぎという感想はおかしい!」という読者の感想はありましたでしょうか。

巨額訴訟や、堕落したアダム・サタン発言、公職者たちへの『踏み絵』のビデオどり・・・、国進様や、仁進様は徹底していました。夫が顕進様を支持したら妻に離婚を強要する責任者もいました。

過去の顕進様叩きの実態を詳しく知るほど、櫻井夫人のような、「やりすぎ」という感想は、無理のないことだと思っています。

私は、いまなお顕進様を批判する方たちでさえ、その熾烈を極めた攻撃の実態を知れば、良心の痛みを感じると信じています。

結局、様々な誤解が講演やネットを通して、解かれた今、なお一層、過去の顕進様叩きの不当性がはっきりしつつあります。

横領容疑で10以上の訴訟を起こされた郭先生も、結果は嫌疑ゼロ。その他の訴訟でも、家庭連合側が次々と敗訴、これは結果として、少なくとも訴訟に関しては、やりすぎだったという、厳然たる証左の一つだと思います。

私は、「やりすぎ」と感じられた櫻井夫人とまったく同感です。

Re: ありがとうございます

 記事と同じことを繰り返すことになるので、ご勘弁を。記事を精読されたかどうか首を傾げています。別に加油さんの見解なんか知りたくありません。知りたいのは新事実なのですから。
 文中で紹介した---
●短報-UCI対統一教会の裁判の雲行きが怪しくなってきた。
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-746.html
-は、読まれましたでしょうか。
 また、浦安での朴普煕報告を調べてみましたか。

 遊女の深情けは好きですが、半ちくでシツコイ女は嫌いです。

(追記)「火に油を注げ」ブログでも、ときおり、トンチンカンな投稿されていたという話が聞こえてきましたよ。

正実さんに関して

>今回の記事を掲載してから5日目。反論してもよさそうなのに、沈黙だ。

連投で失礼します。

詳細は控えますが、正実さんは、1月10日まで多忙で、おそらくブログ更新のしずらい環境です。

また更新できたとしても、反論されるかはわからず、仮にしなかったとしても、政治的な理由では決してないと思います。

何らかの事情や必要性があれば別ですが、身内への弁明に時間を取ることを良しとしないかもしれません。そう思わせるほどに実直な方です。

米本さんが周囲の人間から聞かれたように、彼を知る人で、「政治的」と評する人間は居ないと思います。

Re: 正実さんに関して

 君は正実君の女性広報官か。爆笑!

 文3支持派には、当人たちには気がついていないだろうが、共通した体質がある。

のぼせである。

 加油ちゃん、もうこれでお許しを。
「加油」→「東京・中野の油ラ-メン」が連想され、上京したくなるので。

指摘された二点

上記で米本さんの指摘してくださった。二点ですが、まずUCI裁判に関しては、初めは「理事会運営なのだから、法的には問題ない」とお考えだったのが、いまはその法的正当性も疑問視されているということでしょうか?

しかし、「顕進様が個人資産を法人資産にすることを拒否した」という主張とは、関係ないように見えます。

浦安の朴普煕先生の話は、各協会でもネット中継されたと記憶していますが、やはりそのような話があった記憶はありません。そのように批判する人間も知りません。

あまりしつこくして嫌われるのも本意ではありませんので、いったんこれ以上のコメントは控えようと思います。

やり取りありがとうございました。

油はしつこい!

 ついに分かった。中野のラ-メン屋「加油」はバカだったということが。

>上記で米本さんの指摘してくださった。二点ですが、まずUCI裁判に関しては、初めは「理事会運営なのだから、法的には問題ない」とお考えだったのが、いまはその法的正当性も疑問視されているということでしょうか?

 紹介してあげたサイトをじっくり読んでいない!泣き泣き泣き。

 ダンナかお子か、はたまた実老婆か。大切にやるんだよ!

>あまりしつこくして嫌われるのも本意ではありませんので、いったんこれ以上のコメントは控えようと思います。

 

お大事に

インフルエンザ 本復されて何よりです。
加油さんとのやり取りも、さらなるパワーアップを感じます。(~_~;)

私も数年前にインフルエンザに罹った時は、1週間も寝込む事になりました。
ましてや、お母上の介護をしながらは大変だったとか思います。

インフルエンザやノロウイルスなど、全国で感染症が猛威をふるっているようです。
くれぐれもご自愛ください。
  • [2017/01/09 21:51]
  • URL |
  • 勝手に食口代表
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: お大事に

 お見舞い、ありがとうございます。

 自分がインフルエンザにかかるのはいいとしても、母にうつすことだけは避けなければ。これがけっこうなストレスです。うつせば重症になる可能牲大のようですから。

>加油さんとのやり取りも、さらなるパワーアップを感じます。(~_~;)
 いやあ、赤面です。エネルギ-を無駄に使ったみたいで・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/801-d7b7602a