「櫻井節子夫人の手紙に対する本部の見解」 

神山VS教団(7)

 前回の記事「神山威の屍を利用する輩たち(追記あり) 」で「文顯進支持派は陰湿というか性格がよろしくない」と揶揄したら、顯進支持派複数から釈明ないし抗議メールが届いた。健全である。(パシセラ&櫻井次男ではないですぞ)
 若干、小生に異和を感じている彼女は末尾にこう書いてくれた。
「年末ですから、忙しくて(心も体もよ)特に体は大事を取っていただきたいです。お酒飲みすぎないようにね。いろんなこと思ったりしますが、米本さんはここでは唐辛子?スパイス?みたいなものですから、頑張ってくださいね」
 上目女だと思っていたけど、けっこう根はいい奴かも~。唐辛子でぐわぁんばりま~す。


 まだ2、3週間しか経っていないのに、タイトル名の「櫻井節子夫人の手紙」は旧聞に属するような話題になってしまった。でも、興味深いことに公文(教団内お知らせ文)が発せられた。けっこう早かったかも

 だいたいを引用するのだが、著作権者である「世界平和統一家庭連合」(本部は日本・渋谷区・松濤、代表者徳野英治)が著作権侵害と判断するのであれば、すぐに連絡していただきたい。すみやかに修正します。

 その前に、「櫻井節子夫人の手紙」はここを!
「12双、トルコ国家メシア、桜井節子先生より 祝福家庭の皆様へ ( 対立と分裂の時代を越えて)」
櫻井女史が何人にメールを送ったのかは不明である。
 

件名:櫻井節子夫人の手紙に対する本部の見解

 去る11月30日付で櫻井節子夫人が、「祝福家庭の皆様へ 統一家族としての悔い改めと真の家庭に対する祈り -対立と分裂の時代を越えて- 」と題するメッセージを発信されました。それを読み、内容に不安を感じた食口の皆様からも本部に問合せがありました。

 すぐに御本人に確認を取り、面談させていただきました。

 ご本人としてはこのメッセージをご自身の私見として、信頼できる祝福家庭の方々にメールされたそうですが,これが直ちにネット上に掲載され、混乱を招く結果にもなりました.

 内容においては、深い悔い改めと再出発を促されるご意見は全祝福家庭が真摯に受け止めるべきかと思います。しかし、本部の公式見解から逸脱する部分もあり、ご本人はこのメールを通して良き議論が交わされる契機となることを期待されたようですが、ネット上には悪意のあるコメントや、教会本体批判につながるコメントが多く流れるようにもなりました。

「本メッセージが教会本体批判や真のお母様批判に用いられることは決して本意ではありません。今後是非、異なった意図でこれを歪曲して用いることがないように、ご理解をお願いしたい。」と櫻井夫人ご本人は語っておられます。

 今後は、様々な課題に対して、本部教理研究室の皆さんと多角的に議論・研究を深めて行きたいとのご意向を示しておられますので、その成果に期待をしたいと思います。

全国祝福家庭の皆様におかれましては、櫻井夫人のお気持ちにも配慮し、これ以上の混乱が起こらぬよう、対処のほどよろしくお願い致します。

(追記)初稿では注釈をつけていましたが、すべて削除しました。感想&分析をお寄せいただければ幸いです。


きたいような公文と思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

関連記事

コメント

トンマな4研

ブログ「喝海舟の敬天清話」http://katsu2105.blog.fc2.com/blog-entry-161.htmlから引用。

<櫻井節子夫人の手記、「対立と分裂の時代を越えて」を読ませていただきまして、その内容に深く感銘いたしました。全世界の統一食口の皆様が教会の分裂と混乱の最中に立たされ、心を痛め、悩み苦しんでおられる現状に対して、勇気ある発言であり、至極正当な訴えではないかと思います>

 手記から1か月も経っていないのに、櫻井夫人は「本メッセージが教会本体批判や真のお母様批判に用いられることは決して本意ではありません。今後是非、異なった意図でこれを歪曲して用いることがないように、ご理解をお願いしたい」だってぇ~。


 こういうことは書かないでと言っておられるのだ。
<櫻井夫人がご指摘される通り、顕進様の言動は神と真の父母様を慕い、祝福家庭を思いやるものであったと私たち4研でも理解しております。>

 4研は文み言解釈以外は、無知蒙昧、思考力ゼロ。岡本ちゃん、広君のようにみ言解釈にとどめた方がいい。ブログ「喝海舟の敬天清話」の記事はいつも間違いがあるんだから。

長い物に巻かれた櫻井夫人

(家庭連合本部の公文より)
>今後は、様々な課題に対して、本部教理研究室の皆さんと多角的に議論・研究を深めて行きたいとのご意向を示しておられますので、その成果に期待をしたいと思います。


 家庭連合の公文によりますと、櫻井節子夫人本人は「本メッセージが教会本体批判や真のお母様批判に用いられることは決して本意ではありません。」とのことだそうですから、まさにこの騒動は茶番と言うしかありません。
 前の記事のコメントに「日本は長いものに巻かれてきた文化」などと書いた人がいましたが、『馬鹿の壁』に閉ざされた日本人統一信者には確かにその言葉が当てはまります。
 その間違った言葉は「日本人統一信者の信仰は‘長いものに巻かれてきた文化’をもつ」と言い換えれば少しは意味が通じるようになります。
 ブログ村・家庭連合でも「櫻井節子夫人の手紙」が大きな話題となりましたが、その手紙に書かれた思想的内容は実に程度が低い内容で、さすが『幼稚思考の壁』(馬鹿の壁)の持ち主だけあって意味不明な言葉ばかりでした。
 12双祝福家庭などと教団内部では特別扱いされても頭の中身は空っぽで、原理講論などとは全く違う、歪曲した教義を手紙に書いても平気でいられるのには驚きです。
 それはおそらく「み言葉」を重要視しているからなのでしょうが、原理講論を十分に理解できていないのは間違いありません。
 櫻井夫人は原理講論さえ理解していないのですから、啓発的なメッセージなど期待しても無理です。

 その「櫻井節子夫人の手紙」に書かれた神学的内容は突っ込みどころ満載で、矛盾を追及したらいつまでも終わらなくなってしまい、疲れるばかりですが、以下の内容に関しては事実に即して書かれており、教団の組織運営と係わりをもつものなので関心がもてる部分です。
(「櫻井節子夫人の手紙」より)
 <顕進様は自らが迫害され続けた7年間、決して、お父様、お母様を攻撃したり、辱めるようなことはされませんでした。

しかし、お母様が“独り娘”のことを語ることに対しては断固、反対し、食い止めようとされています。そのことは逆に、真の母の位相を崩してしまうものだと、本気で危惧しておられるからです。

お母様が今、お父様に代わる権威をもつ存在として、ご自身の立場を強調されざるを得ない理由は、子女様方、特にお父様の使命を代身して立つべき男性の子女様方が傍らにおられないからではないでしょうか。

しかし、そうだとすれば、“独り娘”を語ることは逆効果と言えるでしょう。

今、私たち祝福家庭が見たいものは、その深い愛情で、全ての子女様方を包み込むお母様の姿です。

もし、子女様に対するカインの糾弾や批判の声が、お母様の子女様を愛し抱こうとする行為の妨げになっているのだとしたら、どうぞそうした言葉には耳を傾けないで頂きたいと申し上げたいのです。>

 上の言葉は明らかに韓総裁に対する忠告であり、行動を変えることの要求です。
 その手紙は直接韓総裁に渡すものとして書かれた訳ではありません。第三者となる複数の日本人信者に送られた手紙であるわけですから、内容として韓総裁を批判したものであるのは間違いありません。
 その目的も文顕進氏を復権させようとの意図であるのは明らかです。
 その手紙の目的は文顕進氏の復権運動が起こってこそ達成されるのであり、議論を深めることなどが目的ではありません。
 それに対しては韓総裁側にある日本家庭連合が黙っている訳にもいかず、今回のような行動に出たのですが、元々『幼稚思考の壁』(馬鹿の壁)の持ち主同士の戦いなので「公文」にあるような結果に落ち着いたのです。
 もし、櫻井夫人の抱いていた信念がしっかりした思想に裏付けられたものであったなら、今回のような茶番にはならなかったでしょう。
 統一信者の「メシア」信仰など何の思想性もなく、宗教にかこつけた ただの情緒的な思い込みに過ぎないのです。
 何といっても『幼稚思考の壁』(馬鹿の壁)に最初から閉ざされてしまっているわけですから。

 因みに『幼稚思考の壁』(馬鹿の壁)をもった人は主体性というものが身に付かないのです。
 前の記事で訳の分からぬ人が可笑しなコメントを書いていましたが、まず第一に「主体性」の意味について理解できていないのが問題なのです。
 言葉をいい加減に使うのは統一信者の一番の堕落性(性格的欠点)ですが、それは脱会した後でもなかなか治らないのです。
 自分の『幼稚思考の壁』(馬鹿の壁)に気付けない人は以下のサイトを参考にしてください。 
 http://u-note.me/note/47485918

自主性対主体性

神々の黄昏さん
>自分の『幼稚思考の壁』(馬鹿の壁)に気付けない人は以下のサイトを参考にしてください。

 いいサイトを紹介していただき感謝です。

 なる程、確かに、自主と主体は違いますよねえ。
 先生に言われる前に、自主的に片づけをした。
 あるいは、地震がきた。避難勧告が出される前に自主的に避難した。

 これに対して、主体は他者に影響されることのない自分の自由意思。似てるところはあるけど、違いますよね。

 ただし、主体性については戦後「主体性論」が論争になったことがあり、また北朝鮮もチュチェ思想を強調していたこともあり、これ以上やると、別のテ-マになってしまうので、国語辞書的な意味を確認するのにとどめましょう。


「長い物に巻かれた櫻井夫人」
 とても興味深く読まさせていただきました。感謝です。

人生勉強

 神々の黄昏さん、サイトをご紹介頂きありがとうございました。 
ただ「言葉をいい加減に使うのは統一信者の一番の堕落性(性格的欠点)ですが、それは脱会した後でもなかなか治らないのです。」とありますが、教会とは関係ない一般の多くの方々も言葉の難しさがあるからこのようなサイトが多数あるんだと思います。

 統一信者以上に最近の若者の言葉の使い方は私でも驚くような使い方がありますが、言葉だけにとらわれない柔軟な感性を養いたいとも思います。
 言葉は乱れているけど面白くて心を温めてくれる人、丁寧な言葉使いなのに接してみるとこちらの心が冷える人、いろんな人間関係がありますから、、、。
 櫻井婦人に対してもまだ知らない点が多いので私なりに研究したいと思います。

P.S こちらのサイトもなかなか興味深いですよ。

 http://logicalxnet.com/relation/logos.html

Re: 人生勉強

 Reiさん、少しは考えてから投稿してくださいな。
 紹介してくれたサイトをきちんと読まれましたか。そして考えられましたか。

正直心が閉ざされ響かなかった

人間性に疑問を感じる上司から「主体性と自主性の違い」で長々と説教された場合心に響く人は多くはないでしょう。大抵は「面倒な人」で終わると思います。
 そういう心理が働いてただ目を通しただけで終わったと思います。

言葉の深い意味がわかってないと嘆くその人の言葉がどれだけ真に深いものなのか、今の私には理解できません。
 「馬鹿の壁」があるように私には高いプライドで作られた「インテリの壁」もあると感じています。
 
でも自主性と主体性でググると他にもいろいろサイトが出てきて勉強になりましたし、言葉の重みに対して考える機会を頂きました。ありがとうございました。
      

キーワードは「混乱」

これ以上の混乱が起こらぬように、だって。

統一教会史上最高に混乱してるんですけど。

ここに載ったのは公文の全文じゃないんでしょうけど、なんか悲痛でさえあります。
  • [2016/12/20 08:46]
  • URL |
  • バカボンパンツ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: キーワードは「混乱」

>ここに載ったのは公文の全文じゃないんでしょうけど

 全文です。

そうでしたか。

失礼しました。

著作権法問題は大丈夫なんですか?
  • [2016/12/20 09:41]
  • URL |
  • バカボンパンツ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

これ以上、混乱が起こらぬよう~もっと混乱するでしょう

>全国祝福家庭の皆様におかれましては、櫻井夫人のお気持ちにも配慮し、これ以上の混乱が起こらぬよう、対処のほどよろしくお願い致します<

これ以上の混乱が起きるでしょう。なぜなら、混乱の原因である文鮮明教祖を分析しないからです。

年輩になればなるほど、文教祖と蜜月関係のような、非常な密接さがわかります。寝てもさめても「お父様」「お父様」という感じの方がたですから。
男性も女性信者も、「お父様」は、絶対的存在で、問題は、下の幹部や夫人や子供たちの考えや言動が問題の原因とする見方のようです。
文教祖の没後、4年経つのに、教団は同じ議論で、なんの結論も方向性も出していない。
また、混乱を助長しているのは、7男亨進氏と国進氏である。

李氏朝鮮の現代版のようであります。王子の乱。又、北朝鮮のようでもあります。

李氏朝鮮でも500年続いたし、北朝鮮は、3代世襲している。
7男亨進と彼の息子で3世代を目指している。3男派も顕進氏を中心に世襲を進めている。

7男はアメリカ中心に基盤を築こうとしているので、彼の説教はアメリカの話ばかり。3男は南北統一をやろうとしている。そのためなら、反日議員だって動員するのである。

で、日本人は、韓国人でもなく、アメリカ人でもないのに、なぜ、彼らを支持し続けるのか。文教祖を支持し続けた結果が今の現実なのである。文教祖による高額献金要請され、霊感商法までして、社会問題にまでなり、拉致監禁をおこし、信者は、貧しく祝福を受けても、幸せに暮らしている人は、どれだけいるのか。
文教祖の没後、4年の間、日本社会も世界も大きく変わっているのに、教団は、教義や後継者問題、分派問題などで、明け暮れている。

日本社会は、嫌韓が潮流になってきている。連日のように、報道される在日朝鮮人の問題や事件、北朝鮮問題。お膝元の統一教会は、得意分野であるはずだから、見解をだして説明できるでしょう。まぁ、ムリかな。

なので、日本人がどんなに、鶴子さんや息子たちを支持しても、日本の国益になるのでしょうか。

朝鮮半島が有事になったら、どうするんでしょうね。そのため、日韓トンネルを再び促進しはじめたってことですかね。
嫌韓派が、反対するでしょうね。
鶴子さんや、子供たちは、嫌韓を知ってるんでしょうか。

非韓3原則~助けない、教えない、関わらないプラス、盗ませない、来させない。





犯罪者集団の自覚

改めて言う事でもないが、教会の善悪基準は神の摂理に一致していれば,この世の法を犯していても神からみれば善であるという価値教育を初期の段階に受ける事です。これはオウム真理教とおなじです。神の摂理は文先生から伝えられ,各組織を通じて展開されるというものです。この世の法を無視しても宜しいとなる。難民救済カンパも壷展も献金のためにおこない、嘘を言ってお金を集めていた事は桜井さんも徳野さんも知っているし指導してきたはず。
自分達は犯罪者であるという自覚が無く、善人ぶっている(接してみればよくわかりますが、ものすごい善人ぶりっこ)この感覚が精神異常者、人格異常者といっても過言でもないと思いますよ。
シックに日本の法と教会の命令とどっちを優先するかと問えば、教会とこたえる。だから 近年,コンプライアンスなどどわめいている。私達はどうやって犯罪の過去を清算できるのでしょうか、桜井さんや徳野さんに聞きたいわ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/800-fd281512