記事復刻-江利川騒動から見えてきた構図(中)-シックの言論を封殺 

記事復刻シリ-ズ(6)

 これまでは2016年8月21日、18日、9日、7月15日、6月25日の記事であった。ところが、どういう訳か、いきなり1年近く前の2015年8月22日付の記事となる。 いちいちやっているのが面倒くさくなった?さすが、「いい加減・適当な統一っつぁん」だ(笑)
 ブログサ-ビス会社に記事の削除要求をする。この方針を決めたのは「鴨野(広報)&近藤(法務)」だと推測するのだが、実務は部下に任せたのではないか。
 今回、記事を復刻することによって、家庭連合が大っ嫌いなサンクチュアリ教会の江利川氏(元会長)と、独立独歩(ただし精神)且つ鮮明一筋の神山氏(元会長)に再び光があたる。面白いね
 鴨野氏に「火の粉を何とかしろ」と命令した韓国人のオッサン。天に唾すると、その唾は自分の額にぺちゃりと。 韓国語のことわざは?

叛旗をひるがえした江利川安栄(2)

 前回は、江利川安栄氏の退会届書の全文を紹介した。今回は、それに対する韓・統一教会(韓鶴子をメシアとする統一教会)の8月8日付の日本公文である。

江利川公文
Erikawaalone.png

(公文引用はじめ)
【件名】江利川安栄氏による退会届、及び同氏を中心とするサンクチュアリ教会からの勧誘等の働きかけに対して注意と教育の徹底を
【受信者】地区長、教区長、教会長、地区事務局長、総務部長

(略)

 サタンの試練は、いつ、誰にも訪れ得る問題であり、決して軽く見過ごすことができません。全体が共通の信仰と心情、および決意をもって、サタンに負けずに結束することを願って、以下の内容をお伝えします。

 サンクチュアリ教会については、既に7月27日付け公文にて、韓国協会の公文(7月20日発表)についてお知らせし、注意喚起をいたしました。

<注>韓国公文は「サンクチュアリ教会に怯えだした韓国統一教会 」(7月24日付)で紹介した。江利川退会問題への対策は、韓国統一教会が主導しているようだ。

 そこで
「天地人真の父母様は人類歴史上、空前絶後の希望です(略)」
-ので、これに反した主張をするサンクチュアリ教会を非原理集団として、以下の5つの指針が出されています。

<注>「人類歴史上、空前絶後の希望」。変な日本語だ 統一の文章にはときおり変な表現が交じる。もっと一般社会との交流を。

1) 非原理的主張(講義または動画)に惑わされない。
2) 非原理的主張(講義または動画)を拡散する行為を行わない。
3) 非原理的行為または儀式に同参しない。
4) 非原理的主張及び活動をする者と個別的な接触をしない。
5) 非原理的主張及び活動をする場所に行かない。

<注>これについては、鞍馬天狗さんの「用語解説:非原理的」が参考になる。

 さて、2015年7月28日付で德野会長宛に、日本統一教会の元会長の江利川安榮氏から、「退会届」が届きました。
 1965年に入教した統一教会からの退会と同時に、今年3月に就任したばかりの世界平和連合と国際勝共連合の共同会長の役職も返上するとも書かれています。そして、日本サンクチュアリ教会総会長兼協会長として出発していくという内容です。

 これまで同氏は日本統一教会初の女性会長(1998年3月)として、日本教会の指導に責任を持たれ、勝共活動にも貢献され、さらに世界の摂理にも尽力されたことは皆様もご存じのことと思います。(略)

 しかしながら、上記の通りサンクチュアリ教会は、真の父母様を否定(特にお母様を否定)し、祝福の価値を否定し、教会を否定し、独自の集団を形成し活動しており、天の本流から外れた正に非原理集団であると言わざるを得ません。

 (略)

 今後同氏がサンクチュアリ教会の指導者として、韓国や米国においてと同様に、教会のメンバーに対する取り込みの働きかけを強く行ってくることが予想されます。全国の牧会者・責任者等各位におかれましては、同氏を中心とするサンクチュアリ教会からの働きかけで、所属する教会員が霊的な混乱をきたしたり、逸脱、脱会すること等の被害に遭うことのないように、改めて、上記7月27日付けの公文内容を教会員に周知徹底し、上記の指針を守っていけるように強くご指導して頂けますよう心からお願い申し上げます。
以上
(引用終わり)

 この公文に解説を加えたいが、前回書いたように、同じ元会長である神山威氏に関する公文(4月17日)を紹介し、それとの比較で分析する。読み比べてもらいたい。
神山公文
847a2d36.jpg

(引用はじめ)
【件名】神山威氏に対する懲戒処分について 
【受信者】地区長、教区長、教会長、地区事務局長、総務部長

(略)
 天一国3年天暦2月25日(2015.4.13)に日本教会本部において神山威氏に対する懲戒処分についての責任役員会がもたれ、神山威氏に対する賞罰委員会の設置が決議されました。
 それに基づき同日賞罰委員会が開催され、教会員表彰懲罰規定に基づき、事実関係の確認を踏まえ、同規定13条1,5,7,13項等の理由により神山威氏の日本教会員除名という懲戒処分を決定いたしました。

 また、神山威氏は1993年(平成5年)1月7日の責任役員会で名誉会長に推挙され、その決議によって名誉会長となりましたが、今回の懲戒処分に伴って、その名誉会長の立場を剥奪することも決議いたしました。
(略)
 
 神山威氏は、日本教会員として真の父母様から多くの愛を受け、最も信頼された責任者の一人であり、真の父母様をお支えする母の国・日本の信仰の模範として歩むべき責任のある立場でした。
 ところが、郭錠煥氏と同様に、UCI(いわゆる「郭グループ」)の立場に同調し、昨今、取っている一連の〝分裂行動〟は統一家の一体化を損ねています。
 この重大な天に対する背信行為に対して、2014年9月17日世界平和統一家庭連合世界本部から公文が出され(日本教会本部は、9月17日「神山元会長集会に対する世界公文」〈世14-563-02号〉)、また日本教会本部は、同年9月19日に公文「神山威元会長の集会への対応について」(世14-565-02号)を出して注意を喚起してきました。
 
 しかし、神山氏は9月に全国3カ所の講演会を開催しました。
 さらに、2015年1月30日には、日本統一教会・歴代会長団及び有志代表一同が「声明文」を発表し、神山氏に対して「天地人真の父母様を中心とする本来の祝福家庭の一員としてひとつになって行動するよう願う」と呼び掛けておりました。

 日本教会本部としては、公文及び日本統一教会・歴代会長団及び有志代表一同の呼び掛けを神山氏が真摯に受け止め、本来の立場に戻るように願いつつ、神山氏のそのような言動への、さらなる同調者が出ないように告知し警告してきました。
 しかし、残念ながら、そのような公文での告知や警告にもかかわらず、それらを無視して、神山氏は3月18日から4月5日まで首都圏、大阪、福岡、岡山、仙台等の各地で個別あるいは小規模の集会を開催して〝分裂行動〟を展開し、同調者を得ようと各方面の信者にさらに熱心に働き掛けるなど、これ以上看過できない状況に至ってきております。

(略)
(引用終わり)

神山公文へのコメント

 “神山公文”の全文を今回初めて読んだ。入力しているうちにだんだん腹が立ってきた。沈黙は腹が膨れてくる。江利川公文は棚上げして、先に神山公文そのものにコメントを加えることにする。

北朝鮮以下の人権

 いったい、神山氏はなぜ・どういう理由で除名になったのだろうか。
 公文には「教会員表彰懲罰規定の13条1,5,7,13項等の理由により」となっている。
「教会員表彰懲罰規定」をネットで検索したが見つからず。それと同時に教会員も知らないことがわかった。
 ヒットしたサイトは「火に油を注げ」の記事。
 「神山氏の除名で問われる70億人類伝道の根源的意味」には、
「4月15日、神山威氏が日本統一教会より除名された。通知書には『「教会員表彰懲罰規定」基づき』とあったが、そんな規定は読んだことない。誰か、読んだことある食口はいるだろうか?重要な規則なのだから、ぜひ公式サイトで開示してほしいものだ。また、他にも規則があるのなら、同様に開示してほしい。我々が知らない規則で、いきなり処分されるのは怖いからなあ」(コメント欄に「知っている」という投稿はなかった!)
 同感である。

 繰り返すことになるが、統一教会にはシックが知らないマル秘の規則があって、それに抵触すると除名処分になる-という。恐ろしい話ではないか。北朝鮮の人権レベル!である。

 だが、これはあくまで推測なのだが、「教会員表彰懲罰規定」の「懲罰規定」は以前からあったのではなく、神山氏を除名処分にするために法務局が弁護士と相談して急遽作ったものではないのか。
 その根拠は、過去にこの規定によって懲罰を受けたシックの話なんて、聞いたことがないからだ。(誰か知ってる?)
 2008年から2010年にかけて経済犯罪(特定商取引法違反)が相次いで摘発され、40人ものシックが逮捕された。前代未聞の事件であった。新世事件の主犯Aは刑務所に送られた。
 シックが内部規則に違反したのではなく、犯罪事件を引き起こした。
 それにもかかわらず、Aを含む逮捕者の40人を統一教会が罰したといった話は聞いたことがない。
 このようなことがあったから、教団は神山氏を除名処分にするために懲罰規定を急遽作った-と推測するのだ!
 松濤本部の幹部諸君へ。この推測が間違いというのなら、ご指摘を。ついでに全教会員に『表彰懲罰規定』を教えてあげたらどうでしょうか。


言論封殺

 ともあれ、懲戒処分を下すことになった事実関係とは、神山氏が日本で講演を行なったことだという。
 しかし、一般的な感覚とすれば、明らかに変だ。
 アメリカに在住している統一教会2代目会長の神山氏が日本で講演することに、一体、どんな問題があるというのだろうか。集会の自由は、信仰の自由とともに憲法に定められた基本的人権の一つである。
 講演で、統一教会がメシアと仰ぐ文鮮明氏を軽んじるとか否定するとかした統一教会の全否定と同義)というのなら、一般社会の人も「そりゃあ、やりすぎだ」ということになろうが・・・。

 そもそも、神山氏はなぜ日本で講演を行なうことになったのか。すでに明らかにされていることだが大雑把に記すと、
(1)文鮮明氏の晩年、韓国ヨスで一緒に過ごした神山氏は、文氏から妻、韓鶴子氏に対する批判(小悪魔)を聞かされてきた。また、韓鶴子氏が文氏のことをないがしろにするような場面にも遭遇した。(鮮と鶴は一体ではない
(2)文氏没後、統一教会の方向性が文氏の比重を軽くし、韓鶴子氏に重きをおくようになった。さらに、韓鶴子氏は独生女を自称するようになり、教会も文氏をないがしろにするようになりつつある。(統一教会の否定
(3)神山氏はみ言葉をツィッターで教会員に伝えていたが、こうした変化に危機感を抱き、講演会を催すことにした。

 この事実関係に、一体、どんな問題があるというのであろうか。
 繰り返す。
 文鮮明氏をメシアと仰いできた統一教会が当のメシアを軽んじるようになってきた。それゆえ、第一線から退いていた長老(文鮮明氏から名誉会長の称号も受けた教会の大先輩)が異議申し立てを行なうために、日本で講演する。
 このどこに問題があるというのだろうか。

<注>公明党が戦争法案の成立に与党として加担している。これに憤った創価学会員が全国紙の投書欄で、実名で異義申し立てをしている。公明党を糺すための署名活動も始まっている。こうした動きに対して、公明党を支持する創価学会本部は沈黙を守っている。学会員への言論封殺に乗り出していない。

 しかもである。
 神山氏は講演に先立って、会長の徳野英治氏に公開討論会を申し入れている。このことを聞きつけた櫻井元会長の節子夫人は徳野氏たちに、こう提案している。
「神山先生のお話を教会(おそらく松濤本部2階の礼拝堂)で、みんなで聞いてみましょうよ」
 だが、現執行部はいずれも拒否した。一般社会の感覚からすれば信じられない!!


統一教会を否定しているのは誰か!?

 神山氏は予定通り、日本で講演を行なった。
 この間の経緯は、「あなた方は、なにをそんなに怯えているのか!? 」を読んでいただきたい。

 除名処分の重要なポイントは、「神山氏が講演会で話す」という外形ではなく、「講演会で何を話すか」という内実にある。
 例えば、神山氏が
「いま高額エンドレス献金、また献金で生活している教団職員を宗教サラリーマンとして批判している向きがあるが、そうしたサタンの声に騙されることなく、どんどん献金して地上天国を実現しよう」
 というものだったら、教団は懲戒処分にするのだろうか。当然、否であろう。本部の許可なき講演だろうが、幹部は拍手喝采するだろう。

「文先生が一番、先生のみ言葉がすべて。韓鶴子さんはお父様の教えに反している。父母一体とはなっていない」といった趣旨のことをしゃべったから、懲戒処分なのだ。
 このことからわかるのは、講演会を開いたという外形(「教会員表彰懲罰規定の13条1,5,7,13項等」)で懲戒処分にしたのではなく、神山氏の言説を問題にした-ということなのだ。公文は素直ではない。
 神山氏が「今の韓鶴子体制は、文・統一教会を否定している」と主張している-と、公文で明記し、「だから神山はけしからん」と素直に書けばいい。しかし、それは憚れる。なにしろ、外野席からみても、神山氏の言動には道理があるからだ。

 一番わかりやすい例は結婚問題だ。
 文時代は、恋愛結婚は御法度だった。文家の子どもの結婚も例外なくマッチングだった。
 ところが、文氏が亡くなると、鶴・教会は、2人の末娘の恋愛結婚を認め、全員でお祝いした。そればかりか、2人の恋愛結婚は70億人類を解放することにつながると、訳がわからないことまで述べ、恋愛結婚を絶賛した。
 鶴は鮮を否定している-というのは部外者でもわかる。

 文家の恋愛結婚問題について、日本の教団はいまだに沈黙を守っている。それなのに、父母一体ではないというシックを平気でクビにしていく。組織体質は北朝鮮と同じである。
 
  なお、公文の「神山氏は3月18日から4月5日まで首都圏、大阪、福岡、岡山、仙台等の各地で個別あるいは小規模の集会を開催して〝分裂行動〟を展開」にも言及しておこう。(集会に参加した人からの情報を踏まえて)
 最初の講演では、神山氏に対する質疑応答の時間がほとんどなかった。そのため、神山氏にもう一度会いたいというニーズが少なからずあった。それに神山氏が応えただけの話である。
 それを「分裂行動」というのだから、<教団は怯えている>としか思えない。
 ところで、「個別あるいは小規模の集会」のことは久留米講演に参加した私には知らされなかった。教団の妨害が入らないように秘密裏に行なわれたような印象を受ける。それにもかからず、「首都圏、大阪、福岡、岡山、仙台等の各地で」と、話は具体的だ。
 スパイを送り込んだとしか考えられない。統一教会は心底、気味の悪い団体だと思う。


【補足1】神山氏が「真のお父様聖和3周忌追悼式」を企画している。(「真のお父様聖和3周忌追悼式」開催のお知らせ
 教団がスパイを放つだろう。みっともない鶴・教会だこと
3c107e80.jpg

【重要補足2】神山氏は「郭グループ(正しくは文顯進グループ)の立場に同調」している。この公文の指摘は失当である。先の「真のお父様聖和3周忌追悼式」開催のお知らせ(8月19日発信)と、文顯進グループの2世たち(二世圏による全食口対象の顕進様支持表明運動)の企画「8月30日 RFT東京集会のお知らせ」 (8月20日発信)とを比較して読めば理解できる。 
 あまり血の巡りの良くないような教会成長研究院のメンバーとて、少し考えれば神山≠顯進であることに気づくはず。


2つの公文の違い

 さて、江利川公文と神山公文との違いはどこにあるのか。
 神山公文は、2代目会長かつ名誉会長、しかも43家庭(12双)の大先輩。文鮮明氏とはムショ生活を共にしている。少しは敬意を表してもいいはずなのに、公文に流れているのは悪感情、敵対感情である。

 これに対して、江利川公文は「これまで同氏は日本統一教会初の女性会長(1998年3月)として、日本教会の指導に責任を持たれ、勝共活動にも貢献され、さらに世界の摂理にも尽力されたことは皆様もご存じのことと思います」と評価している。そして、「お母様を中心とする統一グループ全体も結局サタン主管圏に陥ってしまった」と激烈な内容を含む脱会文にも、「そのような同氏からのこのような通知はきわめて心の痛い遺憾なことであると言わざるを得ません」と、穏やかである。
 しかも、退会届を出す前には、サンクチュアリ教会の祝福事業にも率先して参画しているのだが、そのことへの批判はどういうわけかない。
 激しい批判文はあるにはあるのだが、それはあくまでサンクチュアリ教会に対してである。

 この差は一体何なのか。それは江利川氏の経歴に見て取ることができよう。
 1969年から1999年まで、日本統一教会で活動。(最後は会長)
 1999年から2008年まで、世界巡回師(アメリカ担当)
 2008年から2013年まで、世界巡回師(韓国担当)。 「在韓宣教師会」を組織化し、同会の会長に就任。

 この経歴からわかる通り、日米韓の統一教会で、江利川氏は現場のシックと接してきた。このため、今でも婦人シックに江利川ファンが層として存在している。
 このことを考慮せずに、神山氏と同じように批判すれば、婦人シックたちは反発し、逆効果となってしまう。だから、抑えて抑えてなのだが、この抑制ぶりに、統一教会からの脱会、日本サンクチュアリ教会総会長就任の衝撃度の大きさを見て取ることができる。
 最後の訴えは悲痛ですらある。

今後同氏がサンクチュアリ教会の指導者として、韓国や米国においてと同様に、教会のメンバーに対する取り込みの働きかけを強く行ってくることが予想されます。全国の牧会者・責任者等各位におかれましては、同氏を中心とするサンクチュアリ教会からの働きかけで、所属する教会員が霊的な混乱をきたしたり、逸脱、脱会すること等の被害に遭うことのないように、改めて、上記7月27日付けの公文内容を教会員に周知徹底し、上記の指針を守っていけるように強くご指導して頂けますよう心からお願い申し上げます。


このシリーズは2回の予定でしたが、あと1回ほど続けます。


火の粉から読者にお願い

 江利川氏の脱会&総会長就任によって、シックたちにどのような影響が出ているのか、特集を組みたいと考えています。そこで、情報を募ります。
 情報の提供は私のメールアドレスかコメント欄の非開示投稿(ただしメルアド明記のこと)でお願いいたします。
 韓国からは、リーダークラスの婦人シックが脱会と同時に韓国サンクチュアリ教会に入った-といった情報が早くも届いています。
 小さな話でもかまいません。どうかよろしくお願いします。



一教会はキモイ団体と思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

-参考までに-

 前後の記事は----
「江利川騒動から見えてきた構図(上)-激烈だが正直な心情吐露」
「江利川騒動から見えてきた構図(下)-ガチンコ勝負ができない哀しき幹部たち」

関連記事

コメント

8/16 江利川対策礼拝

16日礼拝の感想ですが

江利川対策(一般食口むき)動画と説教がありましたが、やり方がセコイ。
7男様が長髪のころ12012年ごろでしょか?

『もし私または自分の兄弟がご父母様に反逆するようなことがあれば、父母さまに従い 私たちに従わないでください』とゆう説教動画を流していました。

それはないでしょう、真の父母とお父様が聖和されな後のいまのお母様とごっちゃ。
これを見た食口はどう思うか今後が楽しみです。

勝共のy/oに関してはなにも話されていませんでした。
別組織だから関係ないように思っておられます 。

都合の悪いところは切ってつないでucの有利な編集でしたが、
見るな聞くなの支持を自ら破ってしまったことの反動 自分が江利川さんグループであれば反撃します、左翼マスコミと対応が共通していました。

江利川さんからの反撃に対してucは覚悟したほうがいいでしょう。
ネットは見るなと洗脳してきましたがUCの指示事項を自ら破ってしまい、婦人たち、寝た子を起こしてしまいました、キョトンとしている方、びっくり仰天の表情の方、深刻な表情の方、いろいろお見受けいたしました。説教も反江利川内容でした。

『7男様とお母様の関係が悪くなった時期はお父様が聖和される前の病院から清平の病院に移動される時からでしょう』です、正解!!『その先があるでしょう、それをみんなに伝えないと、教会長知っているのでしょう、言いなさいよ』と思わずつぶやいてしまった。

これが明らかになることで婦人たちは50%は目覚めるでしょう。
残念!!

タイトルなし

米本さん

介護の傍ら、UCに対して真摯な問題提起の場を設けていただき、感謝しております。

今回の記事を拝見して神山会長と、江利川さんに対してUCの姿勢に違いがあるとのことですが、
私の見解を書かせてください。

私は徳野会長と多少の縁を持たせていただいたものです。
お母様の独生女とかの現在のUCの見解を徳野会長も納得はしていないと思います。

徳野会長は大塚会長や、その他の指導者を多く輩出した金沢大学のCARP出身と記憶しています。
その中で育った方が、突然出てきた新しい概念(独生女)を簡単に思想的に受け入れられるとは思えません。原理的な根拠がなさすぎます。

徳野会長の動機は思想的解釈は横に置いて、何とかUCの体制を維持していくことだけで、そのためには○○に魂を売ってもいいと思っていると思います。

もしも納得して、原理的に整理されているとすれば、神山会長や、江利川さんに対する批判はある程度一貫性をもつと思いますが、
実際にはそういう思想的な背景はないため、その場しのぎの理屈をつけたものになっているのではないでしょうか。

このため、公文のスタンスも、その時々の情勢によってブレてしまい、
神山会長に対していた時に比べて、江利川さんの時ではUCの形勢が悪くなっていることもあり、強気な表現ができなくなったのではないでしょうか。
また思想的に整理されていないため、神山会長との対話も避けているのではないでしょうか。

しかし、そのような動機で活動するUCに優秀な人は
残らず、日一日と、体制は弱くなり続け、何年かのうちには原形をとどめないほどになってしまうでしょう。

これも仕方ないと思います。

〇〇長のすり替え

《引用》UCに優秀な人は 残らず、日一日と、体制は弱くなり続け、何年かのうちには原形をとどめないほどになってしまうでしょう。
《引用終了》
某教会の韓国人牧会者が問題を起こして、その対策でA~某へ教会長人事、6000双教会長からA教会6500双教会長になった途端ねつ造された歴史認識を信じている教会長になり下がり、やっと中抜き韓国人地区長が人事になった途端6000双一度離れ出戻りワンパターン説教の地区長になり下がってます、ついでですが壮年部長も自己主張の強いものは問答無用理由なし首、イエスマンにすり替えています。

ちょっとだけ私の思いを

いつも貴重な情報をありがとうございます。
ちょっとだけ私の思いを書かせていただきます。
徳野会長は、もし本当に日本の教会員の霊的命を大切に思っているのなら、
3男様、4男様、7男様に郭錠煥さん、神山さん、
江利川さんなどを呼んで、みんなお母様のところに連れて行き、
今後、どうすべきか話し合わせるべきだと思います。
分派扱いではもう収まらないでしょう。
ウー分派や中山分派でしたっけ?
そんな人たちとは影響力が違いすぎです。
それぞれ徳野会長が訪ねて行き、
「こんなに影響力のある子女様たちがバラバラになっては、
教会員の命に責任を持つことは不可能です。
どうか今後どうしたらいいかお母様と一緒に話し合いましょう。」
といって何度も訪ねていってほしいですね。
これだけの人たちが、それぞれの立場を主張したら
それは、判断するのは無理ですよ。
自分の思いの強いほうに行きますよ。
そもそも本体がボロボロなんですから。
地方のファミリーフェスティバルになんか
もっと部下に任せて、
徳野さんにはそういう仕事を真剣にしてほしいですね。
真の父母様といっても、
言い方変えたら、真の父ちゃん、母ちゃん。
だから家族なんでしょ。
もっと言いたいこと言って、
ぶつかってくださいよ!
「真の子女様のことを
ああだ、こうだ言う資格もない」
なんて言わないで、
言いたいこといって収集してください。
でないと、命に責任持っているんですか?
って思いますよ。

田舎マンさま

3男様、4男様、7男様に郭錠煥さん、神山さん、 江利川さん~話し合わせるべきだと思います=無理・無駄
根本問題は韓国人強権勢力・悪摩連合が諸悪の原因ですから、話し合うのであれば、三派強権勢力とやらを全員首にすることと韓国人は保証人なしでは出世させないとゆう確約が必要です。まずできないでしょう。
何度も話し合いに挑んだ方もおられます。
残念!!

江利川公文と神山公文

教団本部の二人に対する対応の違いを二つの公文から分析していて面白く読んだ。これだけでも十分だが、男女に対する違いもあるような気もする。統一教会特に日本教会は多くは婦人たちの献金で支えられている。その女性たちに見限られたらおしまい。少なくとも敵にまわして献金返還訴訟でも起されたらたまったものじゃない。天使長とエバに対する対応の違いとも言えなくもない。
そんな心理が無意識にでも働いてなかっただろうか? 幸い江利川さんは退会届の最後を感謝の言葉でしめくくっている。江利川さんの影響力はそれなりに大きいだろう。江利川さんに続く人もそれなりの功労者であるはずだ。公文の下書きを書いた人はそんな事も頭によぎったのではないか? しかも個人的にも江利川さんと交流があった人なのかもしれない。
つまらない憶測はさておき、米本さん、次回も楽しみにしています。

江利川脱会と藤井会長退任の相似

江利川さんに関するネタそのものではないけれども、似たようなやめ方をされた会長がいたものだから、ちょっとその話を。

江利川さんの退会された背景には、OやYの影がちらつくようですが、以前、教会幹部の総スカンが原因と思われる退任された会長がいらっしゃいました。藤井さんという方が会長をされていた時、霊感商法の件で、藤井会長が突然、マスコミに謝罪文をだされまして、幹部連中の総スカンを食ったということです。そのせいか、非常に短期間で会長をおやめになられました。

謝罪会見というと第1次徳野政権の謝罪会見が思い出されますが、あれは会員を管理できずに申し訳ありませんと言ったわけで、いわば会員を悪者にした会見でした。それに比べて、藤井会長のはどうだったのでしょう。教会幹部に総スカンを食ったということですから、おそらくまともな謝罪文だったんじゃないかな?思えばその時こそは統一教会が再生再出発できる好機だったのではないかと思います。

江利川さん、個人的には拉致監禁被害者対策の件で鳥海さんに協力しなかったとか、社会から指弾されているのに、「われゆく道は忙しい」とか文先生の言葉をもじって対応しなかったとか、いろいろ言いたいことはあるけれど、今回の件については、ご苦労様でしたといいたい。

小山田、徳野、古田氏-名誉博士号との関連

3氏が鮮文大学の名誉博士号を拝受した時の、違和感が蘇ってきます。

TMが古田氏を重要視していることに正直驚きました。
しかし、受賞後に何のメッセージもありません。

水面下では、古田氏、韓国幹部、TMとが、Kを巡って強固に連携しているということでしょうか?

摂理の趣旨がどんどん歪曲されているように思います。
メシヤ、真の父母を知らせなさいと言っても、そこに家庭理想・真の愛が実感されなければ、どういう結果が待っているでしょうか?

‘原理’を見失った現統一教会

>(8月8日付の日本公文から)
1) 非原理的主張(講義または動画)に惑わされない。
2) 非原理的主張(講義または動画)を拡散する行為を行わない。
3) 非原理的行為または儀式に同参しない。
4) 非原理的主張及び活動をする者と個別的な接触をしない。
5) 非原理的主張及び活動をする場所に行かない。

>神山氏は講演に先立って、会長の徳野英治氏に公開討論会を申し入れている。このことを聞きつけた櫻井元会長の節子夫人は徳野氏たちに、こう提案している。
「神山先生のお話を教会(おそらく松濤本部2階の礼拝堂)で、みんなで聞いてみましょうよ」
 だが、現執行部はいずれも拒否した。一般社会の感覚からすれば信じられない!!


 韓国協会は7月20日発表の公文においてサンクチュアリ教会を批判していますが、記事にあるように「非原理集団」という表現を用いており、何が問題なのか その観点が示されています。
 そして上記の引用のように「非原理的~」を連発し、5つの指針の全てにその言葉を使用しています。
 その「非原理的」という言葉は 韓国協会本部がサンクチュアリ教会を批判する理論的根拠も示されたものなので決して無視することはできません。
 しかし米本さんのような一般人からすれば「非原理的」という言葉は馴染みが薄く、非常に意味がわかり辛い言葉だと思います。
 そもそも統一教会員が使う「原理的」あるいは「原理」という言葉自体が、統一教会内では独特の使い方がされており、言葉本来の定義とは違っているのです。
 ですので「非原理的」という批判言葉を米本さんのような一般人が理解するには壁があり、統一教会の教義の特殊性から理解する必要があるのです。

 記事によれば、韓国協会の公文では「真の父母様から外れた主張をする」ことからサンクチュアリ教会を「非原理集団」と断じているようですし、日本公文においては「真の父母様を否定(特にお母様を否定)し、」「天の本流から外れた」ことにおいて「非原理集団」であると決め付けております。
 つまり、現統一教会は「真の父母様」を否定し、「真の父母様」と異なる主張をすることを「非原理的」と考えているのであり、「真の父母様を通す」ことを「原理的」と考えているのです。
 しかし‘原理’本来の意味は‘根本の道理’‘法則、原則’というような内容であって、全ての存在、現象に適用できるものでなければなりません。
 統一教会の最初の正式な経典は原理講論であり、その題名の如く‘原理’について論じております。
 統一教会の教義は一般的に‘統一原理’と呼ばれていますが、原理講論の中では統一原理という言葉はどこにも使われておらず、‘原理’が一般的な定義と同じ意味で所々に使われているだけです。

 原理講論で論じられている‘原理’とは哲学や神学で論じられる‘ロゴス’と同じであり、そこには‘法則、原則’というような意味も含まれているので その‘原理’に当てはまらない例外があってはならないことになります。
 ただ、キリスト教神学には‘堕落’という概念があるので、堕落したとされる現実世界ではその‘ロゴス’と合致しないものも存在することになります。
 聖書の‘ヨハネによる福音書’には「言」という表現で‘ロゴス’について書かれていますが、イエス・キリストはその「言」が受肉した存在とされています。
 即ち、「神と共にあった」とされ、且つ「神であった」「言」が人間として実体化されたのがイエス・キリストであると聖書には書かれているのです。
 ‘ヨハネによる福音書’の最初には‘堕落’のことは書かれておりませんが、所謂神から離れた世界を「暗闇」と表現し、「言」の内にある「命の光」によって照らされるべき暗黒の世界と捉えています。
 つまり‘ヨハネによる福音書’においてはイエス・キリストが「神と共にあった言」の実体、即ち‘ロゴス’の結実体であるとして、世の人々はイエス・キリストを受け入れることによって神の子となる資格が与えられると説いているのです。
 それは「原理」を使えば、イエス・キリストは「原理」の結実体であり、世の人々はイエス・キリストを信じることによって初めて「原理」的な人間に生まれ変わることができるという説明になるのです。

 キリスト教神学の‘ロゴス’や原理講論の‘原理’は‘神’に内包されていた‘理法’であって、そこには善を実現する目的も含まれているので、純粋な法則、原則とはやや異なることになります。
 ただ、原理講論の‘原理’は法則、原則としての性質が強調されており、たとえ‘神’から離れた(堕落した)世界であったとしても、その‘原理’の延長上にある‘復帰原理’によって最終的には全ての人々が‘原理的’な存在に復帰するようになると述べています。
 ‘堕落’と‘復帰’に関しては、人間には自由意志と それによって果たすべき‘責任分担’があるため、人間の‘堕落’があった場合、‘原理的’な目的の完成には期間を要したりするのですが、最終的にはその‘原理’にしたがって神の目的は達成されるようになると述べているのです。

 その原理講論が論じている‘原理’は私には素直に共感できるものだったので、学生時代に学んだ時も、その言葉に対してはまったく抵抗がありませんでした。
 そして現在も‘原理’に対する確信は 基本的なところでは変わっていません。
 そして、同時にその確信している分だけ拘りがある為、他者から‘原理’に対する違った解釈が目の前に持ち込まれた場合にはそれを様々に検討することになります。
 そして、「原理」に対して根本から間違った論理をそこで述べているのなら、当然批判していかねばならないのです。
 ただ、原理講論は全体の流れを見れば、その論理的なつながりに齟齬があり、後編になればなるほど間違いが多くなり、総合的には‘真理’とは言えない宗教書なのです。
 しかし、その最初の部分にある‘創造原理’は啓発的内容を多く含んでおり、細かい部分には問題があったとしても、基本的には‘真理’が語られていると思えるのです。

 今回の記事に書かれた統一教会公文の「非原理的」の使い方を 上のような観点から追及しますと、明らかに間違った使い方をしているのがわかります。
 それは‘原理’を論じている原理講論と照らし合わせれば明らかですが、‘原理’は人間「真の父母様」その人達や、‘御言葉’と同一ではないし、人間が誕生する以前から‘神’に内包されているのであって、神の‘ロゴス’に当たるものなのです。
 したがって、「真の父母様を否定(特にお母様を否定)し、」「天の本流から外れた」からとて、‘原理’は形而上学的なもので、次元が異なる為、そのような表面的なことで「非原理的」と断ずることはできず、そこには論理として大きな飛躍があるのです。
 「非原理的」とは、そもそも‘創造原理’を基に論じていなければならず、その創造原理的な根拠などは公文には記されていないのです。
 公文に書かれた内容だけから判断するなら、「非原理的」と表現してはならず、「教会本部に不従順な」という内容にしなければ言葉の意味が合わないのです。
 統一教会員が「原理的」あるいは「非原理的」という言葉を不適切に使用するのは、文先生の‘御言葉’=‘原理’という思い違いがあるからなのですが、論理的な思考ができる人なら、その同じテーマに関するものを一つ々抜き出して比べていけば、そられは一致するものでないことが簡単に確かめられるのです。
 ‘原理’は当然科学と矛盾するものであってはならず、論理的な一貫性は絶対条件としてそこに備わっていなければならないのです。
 しかし‘御言葉’は科学的な真理や歴史的な事実と合致しないものがいくらでもあり、論理的に破綻しているものも数え切れないほどあるのです。
 それは‘ちゃぬの裏韓国日記’ブログなどを読めば一目瞭然です。

 したがって、「真の父母様から外れた主張」をしたからといって「非原理集団」と言うのは理屈が合わないし、用語の使用が完全に間違っているのです。
 そのような間違った言葉でサンクチュアリ教会を批判したのは、本当の理由を書くと自分達が不利になり、書くことは難しかったので、頭の良くない教会員達を誤魔化せる範囲で最も悪い印象を与えられる言葉を選んだということなのです。
 しかし、信者達が最初に引用したような指針の言葉を抵抗なく受け入れられるとしたら、統一原理云々以前に、まともに文字も理解できない頭脳に退化しているということになります。
 もし、そうであった場合、一般人とまともに会話できる能力も持ち合わせていない人達しか教会員として残っていないということですから、現在の統一教会は既に理想世界の実現を目指した「神の摂理」などとは無縁の組織になり下がっているということなのです。
 第一、今までは最初の経典である原理講論に従って、キリスト教を批判する際には‘信徒がイエス・キリストを神と同一視してしまい、人間であった事実を理解できなかったので神学的にも間違いを犯してしまった。’と攻撃してきたのに、時が経つと教理がいつの間にか変化し、「真の父母様」を極限まで神格化して、信者達には‘原理’を歪曲した指針を出すようになるのですから、とてもまともな教団とは言えないのです。
 そのような‘原理’を悪用した指針を出す幹部は、言葉も正常に理解できない馬鹿でなければ、裏心のあるペテン師と言った方が合っているのです。

 現在の統一教会が‘原理’を蔑ろにし、「非原理集団」そのものとなっているのは、2番目に引用した話からも明らかです。
 原理講論においては‘四位基台’が全ての存在が存在を保ち、また発展するための基本構造であるとされていますが、その‘四位基台’は無形の神、あるいはその目的を中心とする‘授受作用’(相互作用)によって形成されると説明されています。
 したがって、社会を調和させる目的を達成するためには 分離した人々の交流がなくてはならないのであり、そのような‘授受作用’を展開することによって、人間自身や社会全体も発展し、調和していくというのが‘原理’なのです。
 ところが、記事によれば その‘原理’に適った櫻井元会長の節子夫人の提案を日本統一教会の現執行部はいずれも拒否したというのですから驚きです。
 それは客観的に見て、「非原理集団」以外の何ものでもないのです。
 そして、それは明らかに‘原理’に反した行為なのですが、別の思想から考えると肯定できてしまう行為でもあるのです。
 即ち、朝鮮儒教の観点から見れば、主君に絶対服従することが優先であり、主君である韓鶴子氏に批判的な者を完全に排除したからとて、教えに反することにはならないのです。 
 その徳野会長以下、日本統一教会の現執行部を支配している行動原理は原理講論の‘原理’ではなく朝鮮儒教に影響された思想に由来するものなのです。
 統一教会員の中には、統一原理には全ての宗教思想が含まれているので、当然朝鮮儒教も含まれていると考えている人がいますが、過去の様々な宗教、思想は良い面ばかりではなく、欠陥が多いものもあるのです。
 朝鮮儒教が世の中を良くするのに適切なものかどうかは500年以上続いた李氏朝鮮王国の社会の姿を調べればすぐにわかります。
 朝鮮儒教の悪い面は著しく‘原理’に反しているのであり、博愛思想とも相容れないのです。

 朝鮮儒教の最大の欠点は上位に立つものが絶対化されてしまうところです。
 上位の者は下位の者に忠孝などを要求できるのですが、上位に立つものを下位の者が批判することは悪とされるのです。
 従って、上位に立った者はたとえ利己的なことを行なおうと、一々下位の者から批判されることもなく、好き勝手なことができてしまうのです。
 上位に立てる大きな‘力’あるいは‘権威’さえ手に入れてしまえば、朝鮮儒教の伝統の下では独裁が可能なのです。
 それが現在の統一教会の姿でもあるのです。

他人を非原理的と決めつける前に

人の活動を非原理的と決め付けるが、それ以前に独生女という概念自体が超非原理的なのだが…。神山さんは教団の意思には反したかもしれないが、新しい原理を生み出した訳ではない。文師のみ言葉に帰れと言っているわけだ。

それに対して独生女というのは新しい原理に当たるので、こういう新しい原理を生み出す行為こそは、非原理的行為の極みであると思う。

人のことを非原理的と決めつける前に、自分たちのトップがもっとすごいことをやってのけたことに気がつくべきだと思うのだが。

信念がなさすぎる

二つの公文の比較、とても興味深いです。これで統一教会の上層部は、人の顔色を伺わずにはいられない、信念のなさすぎる人の集まりだということがはっきりしましたね。

お母様信仰にしても、百歩譲って、本当に信じてやっているのなら何も言いませんがね(気持ち悪くてかかわりたくもないので)、彼らからは金や権力への欲望がにじみ出ていてとても信仰とは呼べません。実に不愉快です。

しばらく興ざめしていましたが久しぶりに憤りがわいてきたので一言コメントさせていただきました。
  • [2016/11/17 19:39]
  • URL |
  • 読心のオルラン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

文家の分裂は一体誰が責任を負うのか

このところ公文、公文と、大変なことになっているが、一体どうなっているのか。

事の発端は、文師と三男の顕進氏の分裂、その後の七男の亨進氏、四男の国進氏と韓鶴子女史の分裂であろう。郭氏、江利川女史、神山氏は高位なのでそれぞれに鶴女史、三男、四男、七男と直接会う機会もあっただろうから、それなりに文家和合の責任無しとしないが、基本は文家の分裂が一連の騒動の発端だと思われる。

母親の韓女史、一家を和合させる気はあるのかないのか、暴走ばかり繰り返していないで、母親として息子たちのまとめ役になってみてはどうか。教団本部も、そろそろ本気になって韓女史説得を行ってはどうか。

亨進ニム任命 密室のビデオの真意

寝室のソファーで、オモニが焦りを露わにしながら、アボジを説得、誘導していた、極めて奇妙なビデオが記録された背景を考えてみた。

アボジのお墨付きをもって、顕進様を失脚させ、亨進様を世界会長に任命するためであったことはその後の史実が証明している。

亨進様がオモニムと結託して権力奪取に及んだとの視点で、亨進様の正統性を否定するブログがあるが、見当違いである。

あの時、亨進様の表情は困り果てた様相であり、オモニムの押しの強さに屈して止むおえずあの場に臨んだと推察する。

では、なぜ亨進様をオモニムは選んだのだろうか? その頃の亨進様は、所定まらぬ弱々しさを醸し出していた。 リーダーとしてのオーラはなかった。 そのことを好都合として、当面の会長とした、これが真意だったのではないだろうか?

だからこそ、敢えて滑稽とも思えるビデオを記録として残したのだ。 ところがである。 その後、亨進様は、16歳で召命を受けたアボジの如くに、飛躍的成長を成し遂げていかれた。

亨進様を容易に傀儡支配できると踏んでいたが、結果的に、もっとも厄介な存在となってきた。

アボジは、呆けたふりをしながら、全てを見抜いておられた。最悪の状況下で最善の道を切り拓く、それをもののみごとになされたのだと思う。

いろいろ面白いです。

 過去投稿の修復、終了でやんす。

 一気に読むと面白いです。今後の教団の流れが見えてきます。

 もう1つ面白いのは小生の心理。
 投稿が少ないと、俺の原稿がつまらなかったのかとやや落ち込む。
 今回の記事もそうだったけど、復元するのに時間がかからず、ラッキ-!
 次回は60本(泣)。複雑ですね(爆)

 あ、そうだ。
 非開示投稿で、古田元男さんは在日朝鮮人(帰化)とありましたが、どうなんでしょうかねえ?

公開質問状・第3弾です。

公開質問状・第3弾です。

[米本和広氏への公開質問状--No.3] -- 「実名者」と「匿名者」の違いについて
http://plaza.rakuten.co.jp/peace3world/diary/201611170000/

回答期限は11月19日までにお願いします。

-----
「下劣な食口たち」(ヘドロシリーズ)は過去記事ではありません。ネット上にある以上は「現在進行形」です。
これらは違法な不正アクセス行為に加担された貴殿の「コンプライアンス違反」です。この汚名をネットに残され続けられますか?

原理的だろうが、非原理的だろうが

原理的だろうが、非原理的だろうが、お偉方はどうでもいいんだろ、金さえぶんどれば

原理的とか、非原理とかの次元でどうこう言っているのは日本の信者だけ
  • [2016/11/18 16:29]
  • URL |
  • 煩悩丸出しモンキー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

読んでの感想コメント①です。

>サタンの試練は、いつ、誰にも訪れ得る問題であり、決して軽く見過ごすことができません。全体が共通の信仰と心情、および決意をもって、サタンに負けずに結束することを願って<

全体が共通の信仰と心情、および決意をもって、サタンに負けずに結束することを願ってと言っても日本人のサタン(恨日朝鮮カルト悪党)の代理人に既に仕立て上げられて善人顔をするのだけは2枚顔で上手いけど、既に完璧にサタン(悪魔)に負け続け、やられっ放しで社会悪なのが貴方達だと思う!……早く目覚めよ!井の中だけで幸せを妄想しながら生きている日本コアラ達よ❗️

>「天地人真の父母様は人類歴史上、空前絶後の希望です(略)」<

人類歴史上、空前絶後の誇大妄想の幻想の夢と希望を与えた恨憎反日大詐欺師です!

>天の本流から外れた正に非原理集団であると言わざるを得ません<

点(独生女カルト)の本流から外れた亨・国進カルト分派と言わざるを得ません。

>繰り返すことになるが、統一教会にはシックが知らないマル秘の規則があって、それに抵触すると除名処分になる-という。恐ろしい話ではないか。北朝鮮の人権レベル!である<

全てが鶴と側近達の一声で決まる恨日朝鮮カルトだからだと思います!……朴槿恵に似ている?

>シックが内部規則に違反したのではなく、犯罪事件を引き起こした。それにもかかわらず、Aを含む逮捕者の40人を統一教会が罰したといった話は聞いたことがない<

鶴子独生女総裁が以前「この社会の法律が何ですか!」と厚顔無恥無知で言っていたのは、鶴子独生女総裁はこの社会をサタン社会と思い込んでいるので、この世の法律より韓鶴子氏(神様、メシア様、聖霊様、独生女様)の思いや判断(自称天法)が上と思い込んでいるからです!井の中の朝鮮カルト幻想王国で生きているとそうなります。

><注>公明党が戦争法案の成立に与党として加担している。これに憤った創価学会員が全国紙の投書欄で、実名で異義申し立てをしている。公明党を糺すための署名活動も始まっている。こうした動きに対して、公明党を支持する創価学会本部は沈黙を守っている。学会員への言論封殺に乗り出していない<

創価学会の事は詳しく知りませんが、創価学会もカルトと言われますが、レベルが全く違う様に思います!①日本で生まれた宗教の創価学会。池田大作氏は在日とも言われている。②朝鮮半島で生まれた恨日朝鮮異端血分けカルトの統一教会。教祖は恨日朝鮮人の文鮮明氏①教理は真・美・利を求めるとの事②教理は真・美・善を求めると言いながら実際は偽・汚・悪に成っている①長きに渡り公明党と言う政党を持ち90年代からは与党入りして政権の一役を担っている。既に現実的に日本社会に認めさせて日本の政権を左右する権力を持っている②韓国で平和統一家庭党を作り国政選挙に出るも大敗で議員0、得意の打ち上げ花火の最後を締めくくる。日本の国際勝共連合は違法選挙応援で議員に貸しを作り日本の保守陣営のフリをしてスパイ活動。北方領土や難民救済の詐欺募金をしていた。現在ジリ貧。①組織は大金持ちで会員も金持ちに成った会員が多い②朝鮮血分けカルト幻想王国建設の為に日本信者を奴隷の様に利用して搾取が目的だから朝鮮人マコト家庭だけが唯一金持ちで一部朝鮮人側用人の中には悪知恵使って私服を凝らす者有り。日本人では厚顔無知で悪知恵使いで無責任極まりない古田元男や一部信者以外は皆超貧乏。
①公務員や研究者や会社員や自由業者で高い地位につくものが多く成った。信心に感謝している人が多い。②朝鮮民族主義文鮮明誇大妄想血分けカルト王国建設の為に洗脳され文鮮明朝鮮帝国主義幻想カルト王国で人生幸せに生きられると信じ込んで献金キリギリス生活を謳歌して来たので、人生丸ごと奴隷(単純脳細胞の歯車、ネジ)として利用されて来たので、有名人は騙された少数。社会的無能力者が多い。破産、生活保護受給者急増中。

感想コメント②

>神山氏は講演に先立って、会長の徳野英治氏に公開討論会を申し入れている。このことを聞きつけた櫻井元会長の節子夫人は徳野氏たちに、こう提案している。「神山先生のお話を教会(おそらく松濤本部2階の礼拝堂)で、みんなで聞いてみましょうよ」だが、現執行部はいずれも拒否した。一般社会の感覚からすれば信じられない!!<

世界平和統一家庭連合=統一教会の信者で一般社会の感覚がある人程矛盾を感じて心は傷つきやすくなります。……だから朝鮮カルト統一教会教祖は自分の野望を早く果たしたいが故に”人情より点情””点的(マコトの父母の欲望や目的)絶対優先主義=自称神の復帰摂理優先主義”を喋っていたのです。

桜井節子夫人は神山元会長と同じく12双だし、若かりし時からの苦労を共にして両家庭共日本統一教会を大きくして来たそれぞれが日本統一教会の重鎮家庭です!日本統一教会草創期からの同志です。自分の息子の1人が顕進派と言う事もあるかもしれませんが、心も広い方だと思うし日本人としての誇りも持っていらっしゃって、朝鮮カルト脳ロボットには完全に成り切って無い方だと思います。
銀蠅かネズミか知りませんが、誰かの様に己の小さな野心の為に己の栄誉優先主義の井の中の栄光を求めるだけの尻軽男では無かったと言う事だと思います。

……一般社会の感覚と世界平和統一家庭連合=統一教会の感覚は超隔たっています。世界平和統一教会は便宜上、社会でマトモな存在だと言う事をアピールしているだけです!

詐欺霊感商法や詐欺募金をして来た団体です!文鮮明教祖自身が90年代末に韓国経済が破綻した時、総生畜献金と言う日本人信者に全資産を献金しなさい!と言った張本人です!……騙されやすい日本人統一教会信者の中で更に騙されやすい正直者が馬鹿を見たのです!

神山元会長も鶴の一声で除名だったんだと思います

>「文先生が一番、先生のみ言葉がすべて。韓鶴子さんはお父様の教えに反している。父母一体とはなっていない」といった趣旨のことをしゃべったから、懲戒処分なのだ<

神山元会長は文鮮明教祖の遺言に忠実なだけで韓鶴子総裁がやっている事は文鮮明教祖の遺言に反しているし、鶴子総裁に進言しても聞かないだろうから行動に移さざる負えなかったのだと思います。

神山元会長は自分が文鮮明教祖の遺言に対して正しい事をやっているという信念に従って行動したので懲戒処分に成ったのだと思います!……懲戒処分にしたのは韓鶴子独生女総裁と鶴子総裁の側用人幹部達でしょう!

現世界平和統一家庭連合=統一教会=韓鶴子独生女カルト教会は自称再臨主文鮮明教祖の遺言に反した事を自分達がやっているのは分かった上で今は生まれた時から原罪が無い韓鶴子再臨主の時代が来たから好きな様にさせて貰うわよ!何が悪い?と言う事なんでしょう!

世界平和統一家庭連合=統一教会は仰る通り硬直した組織体質は北朝鮮に非常に近い様に思います。……鶴子独生女総裁はヤッパリ夫の文鮮明教祖に対する恨みが深いのではないかと感じます。

>さて、江利川公文と神山公文との違いはどこにあるのか。神山公文は、2代目会長かつ名誉会長、しかも43家庭(12双)の大先輩。文鮮明氏とはムショ生活を共にしている。少しは敬意を表してもいいはずなのに、公文に流れているのは悪感情、敵対感情である<

上記の悪感情、敵対感情は韓鶴子独生女総裁と朝鮮人側用人幹部達の神山元会長に対する率直な感情の反映だと思います。……日本人信者が日本統一教会の草分けで皆から慕われていた2代目元会長の大先輩に対して書けますかね?……神山元会長と犬猿の関係と言われていた日本人幹部は確かいましたね!

そりゃあ

そりゃサンクチュアリに行きたくもなるだろ。
相変わらず日本は金、カネ、money
どんなきれいごと言ったって、結局は金。
今、元食口訪問とか言ってるが
無理ムリ。
食口たちは献金で疲れてるのに、
伝道する気力など無い。
どんな崇高なこと言ったところで無理。
本末転倒とはこのこと。

Re: そりゃあ

>今、元食口訪問とか言ってるが

 仰天です。まだこんなことを方針にしているんですか!「仰天」は正直な気持ちです。

 最近の動き情報が入ってきません。
 どんなつまらないことでも教えていただけたら、うれしいです。よろしくペコリです。

以下転送


120日路程勝利を目指して

10月31日までに10月度TDを勝利しよう!

第7次40日(延長して53日)路程:9月27日から11月20日まで
第7次53日路程の歩みご苦労様です。

10月度のTD100%勝利のために、1000(万円)が残っています。
10月30日から11月1日までの3日間で残りの目標を必ず勝利しなければなりません。

全区域が目標100%勝利できるように、全家庭が勝利しましょう!
絶対善霊をわが家庭に定着させるために全家庭が授かりましょう!
SD「30数」勝利家庭が34家庭で勝利することができます!

清平の10月度の未納金は終了しましたので、今後の振り込みは来月扱いになりますのでよろしくお願いします。

2017年2月9日(基元節4周年)まで

1.青年祝福候補者:2000名確保(目標:約12名)
2.休眠食口復帰目標:1万名(目標:約80名)
3.各家庭目標:青年祝福対象者1名、既成・独身祝福対象者2家庭

最近の情報?

分派・元信者からのデマカセ情報ですか?

-----

ところで、デマねつ造記事「ヘドロシリーズ」をプロのルポライター・実名者米本和広氏の名で書かれました。グルッぽメンバー、当時は匿名者といえども、ブログ村では悪者扱いされるなど大迷惑でした。さらには、数名の「氏名公表」にいたってはプライバシー保護を逸脱した人権侵害までされたのでした。

さて、これまでの公開質問状(No.1~3)どころか、4年近くにわたっての私tomy4509からの反論、事実誤認による訂正要求にも何一つの回答すらありませんでした。
まずは、「ヘドロシリーズ」は実名者・米本和広氏が書かれたもの、それに相違はありませんでしょうか? あるいは、別人物が成り済まして書いているのがブログ「火の粉を払え」でも問題は大です。

違法な不正アクセス者に加担してのコンプライアンス違反行為、デマねつ造記事を書かれたことに対して、実名者として誠意ある謝罪文の掲載を求めます。

また、2013年7月の貴殿からの手紙で、虚偽と脅迫による「ブログ上での謝罪文掲載」と「1か月間の2ブログ停止」の損害を私は被りました。
これについての賠償として、カテゴリー「下劣な食口たち」(別名、ヘドロシリーズ)20全記事の削除を要求します。

何度も申し上げますが、プロのルポライター・実名者が既得権を悪用して一般人にされた「犯罪者扱い」です。
誠意をもって11月23日までに回答・対応をよろしくお願いします。

なお、言論人として「言論の自由の保障」はされていることをお忘れのないように。
また、私のブログコメント欄は一定のルールを守っていただければ解放されていることも付け加えておきます。

マイケルさん、大感謝です。

 延長に次ぐ延長。
 原理社会もこっちの社会と同じで、先延ばしの人生。何だか、親しみが持てるというか・・・。

「10月度TDを勝利しよう!」のTD がわかりませんでした。

 符号というか符丁というか暗号というか略語が多いですよねえ。

 オウム&元オウムも同じ。
 一般の人が分からないような用語を使うことに、何か特別意識を感じているのでしょうね。


<10月度のTD100%勝利のために、1000(万円)が残っています>



 マイケルさん、「100万円が残っています」では、江口警察部隊にどこの教会かバレてしまいます。
 120万円とか330万円とか、適当に変えて送ってください。

(重要)情報のやりとりを熟考します。

堂々と生きろ!神様の血統のマコトの家庭の面々❗️選民朝鮮人の中の神の血統のマコト家庭を応援します‼️

>この経歴からわかる通り、日米韓の統一教会で江利川氏は現場のシックと接してきた。このため、今でも婦人シックに江利川ファンが層として存在している<

元々、文鮮明教祖が後継ぎとして任命したのが文鮮明教祖の7男亨進氏です。

カリスマ文鮮明教祖とその言葉を重視している人で井の中の人間関係や井の中の生活の心地良さを超えられる人はいづれ亨進カルト分派に流れると思います。

江利川さんの影響力もそれなりにあると思いますが、それ以上に文鮮明教祖の遺志としての後継の正統性は7男亨進氏にあると言う事と独生女鶴子総裁の言っている事に対して違和感を感じている信者が増えて来たら!そして鶴子独生女総裁はもう歳ですし、鶴子独生女カルト総裁派としては鶴子氏と側用人の意に叶う孝進氏の血統を後継にしたいのではないか?と思いますが、それまでに7男亨進カルト分派へ信者が流れ出る事を怖れているから江利川さんに対して激しい攻撃をしないのだと思います!

……恨憎反日朝鮮血分けカルトの世界平和統一家庭連合=統一教会朝鮮人幹部達とその分派カルト幹部達よ!日本人信者を自由にしてやれ!

お前達が本当に人類の創造者神様の真の血統を宿した神の子供なら、公開討論会でもして、自分達の神性と真の愛と神の子供である事を示しなさい!できるのなら!そして我こそが正当性がある!と公に示し表しなさい!

コソコソ隠れて信者引き抜き等するのでなくて、神の血統の人類史上初の神様の血統の真の家庭なら表に出て来い‼️

このままだと普通の恨憎反日朝鮮人誇大妄想ペテン師マコトの家庭と言われるよ!

頑張れ!文鮮明韓鶴子マコトの家庭❗️

マコトの子女達よ!神の子である事を示しなさい❗️期待している!

今、元食口訪問?

何それ?私も、元食口ですが、なんで今更!!人間が減ったから、また戻って来いってか?冗談じゃないよ。こんなとこまっぴら御免だ!!もうあんな苦労したくないよ!!!散々 バカ呼ばわりされて!!!やだね。はっきり言います 嫌です こんなところ。

シックが知らないマル秘のミ言葉。

>繰り返すことになるが、統一教会にはシックが知らないマル秘の規則があって、それに抵触すると除名処分になる-という。恐ろしい話ではないか。北朝鮮の人権レベル!である。

>2008年から2010年にかけて経済犯罪(特定商取引法違反)が相次いで摘発され、40人ものシックが逮捕された。前代未聞の事件であった。新世事件の主犯Aは刑務所に送られた<

シックが知らないマル秘の規則~~シックが知らないマル秘の文教祖の本音のミ言葉があって、それに抵触すると除名処分になる。。
マル秘のミ言葉は、ちゃぬさんのブログで見れます。
江利川氏の説教は、ほとんど、教祖の活動内容で、いつ(年月日)どこで、彼が何をしたか、それは、「このような摂理的意義」があります、みたいな話ばかりで、「オトーサマ」という言葉を、接続詞や助詞のように、何回も繰り返して話す。精神性が高揚する話ではありません。数字のゴール目指して、邁進迷心
で、最後もまた「オトーサマ」でしめくくり。
「オトーサマ」という呪文で、みんな、誘導されるのであります。統一教会に入った時点で、「オトーサマ」=北の金主席サマやハイル ヒットラーのような権威畏敬をはらうようになっているので、シックは問答無用の状態になり、質疑応答や、一般シックへの公開情報など、無きに等しいと思われます。

2008年~2012年、文教祖は、文教祖は、ラスベガスに行き、新たな「摂理」を始めた。その前は、ハワイにいたんじゃないかと思うが。ハワイ島、買い取りたかったダ。アメリカを離れ、韓国に戻ったのに、自分の祖国=神の祖国復帰が、なぜできなったのか。朝鮮人は、自分が大将になりたい、自分たちでお互いにいじめあう、差別する。神の選民とは言えない民度の低さ。文教祖の他にも、メシヤがたくさんいる。文教祖の没後は、鶴子メシヤ。メシヤが大勢いるのに、いまだに、韓国は、救われていな~い!だめだ、コリァ~

ハワイがだめなら、ラスベガスが最後のチャンス~ラスベガスで、文王国、天一国の王様になるニダ~。
で、国を作るには、土地がいる。土地買いまくり、王宮をつくり、民は、お金をしょってくる日本人シック。毎月のように、篤志家が$を持って行った。
逮捕されるべきは、本当は、誰でしょうか。

朝鮮の古代性を示している統一教会。(韓国政府も同じ)
古田博司教授の韓国批判が面白いそうです。

最近の状況

それ程大きな動きはないですが、会員拡大という目標掲げて、「天使長」がラッパ吹いてる状態です。
拡大は良いんですが、目標の数字がかつての最盛期を大きく上回っていますので、今の気力、体力の無いシックにできる訳が・・形だけの・・まさに「お笑い統一さん」ですね。

なお、最近密かに(何故隠す?)来日され、長崎ハウステンボス⇒箱根温泉⇒黒部ダムと慰安旅行されたビデオを見ました。
どうみても、ただの旅行ですが、精誠を尽くしたお母様の姿を見るように、とのお達しで見たのですが、正直な感想は、しつこいですが、ただの旅行だなと。

ちなみに「あれを見て精誠を尽くしたと感じる人はほぼいないだろう」とうちの大仏(配偶者ともいいます)に言ったら「あんた、お母様を不信するのか!!」(原文ママ)だそうで・・・。
This is 盲信というやつです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/785-65f74b5c