超・下流老人シックに月2万円の手当てが! 

高額エンドレス献金2016年下期~(2)

回も公文である。(公文というより777双シックに流された文章)
「超下流老人」シックには朗報なのだろうが、評価に迷うところである。とりあえず、全文を紹介する。

2412455.jpg
 君たちは、ド貧困の老人シックの風呂なし・共同トイレ・共同炊事場のアパートを見たことがあるのか!?

777家庭会の皆様へ。(※1970年にマッチング結婚を受けた家庭のこと)

1) 1~7代先祖解怨の感謝献金70数を30数に変更は、2020年2月5日までです。2020年2月までに210代までの先祖解怨祝福を進めましょう。

2) 特別功労金申請の御案内
 APTFは、基元節を契機にこれまで苦労してこられた先輩家庭に敬意を表して、特別功労金制度を創設しました。
1.申請資格 65歳以上の祝福家庭。1979年12月31日以前より献身的に公務を歩まれた方。公的年金や定期収入等の合計が夫婦合わせて年収120万円未満の家庭。

 但し、子供の扶養になっている方は対象外。APTF会員で会費滞納がない家庭。(未入会の方もOK)

2、支給金額、期間
支給金額:夫婦で年間24万円、単身者は12万円。
支給期間:認定された翌月から聖和されるまで。
支給方法:指定口座へ偶数月に2カ月分ずつ振り込む。

3、申請書類、方法
特別功労金受給申請書 世帯全員の住民票の写し 夫と妻双方および同居家族全員の課税(非課税)証明書の原本 以上の書類を、所属協議会を通じてAPTF本部に提出。(教会総務に確認してください)
APTF本部で審査の上、本人に通知する。
該当者は、申請してください。



れをどう評価すればいいのか。私の感想を注釈を加えながら述べておく。
(1)1970年の合同結婚式に参加した日本人の割合は235組。(『カルトの子』文庫版173頁)
 この数字は、本部が教えてくれた数字ゆえ間違いない。

(2)理解できないのは、申請資格が「子供の扶養にならず」「公的年金や定期収入等の合計が夫婦合わせて年収120万円未満(月収10万円未満)の家庭」となっていることだ。
 いったい、どんな家庭なのか。
 考えられるのは、献身生活が長く年金をもらっていない&夫婦ともに無職で生活保護を受けている家庭である。

 生活保護世帯の給付額を調べると・・・
 生活保護の支給は、生活扶助、住宅扶助、教育扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助となっており、支給額がもっとも高いのが生活扶助である。

「生活保護ガイド-生活保護支給額」を見てもらいたい。12地域の高齢者世帯の生活扶助支給額の例が示されているが、月10万円未満しか支給されていないのは、12のうち山形米沢市、福島県本宮市の2つの地域しかない。
 また、冒頭に挿入したボロアパートに住んでいるシックは、住宅扶助がもらえる。地域によって差はあるが、最低でも月2万円はもらえる。
 とすると、生活扶助、住宅扶助で、年間120万円以上の定期収入を得ているわけで、特別功労金の申請資格はないということになる。
 ということは、家庭連合(=統一教会)は存在しない幽霊老人シック に功労金を支払うということなのか。
 狐につままれたような気分になる。

(3)2つのケースが考えられる。
 再び、生活保護ガイドである。「高齢者が生活保護を受けるには」、次の条件をクリアしなければならない。

(イ)高齢者であっても、生活保護の受給を前に、換金できる資産を所有していれば売却するなどの方法で生活費に充てることが優先されます。資産として当てはまるのは、土地不動産・預貯金・生命保険・自動車などが挙げられます。
(ロ)生活保護を利用する前に、シルバー人材センターや、高齢者でも働ける事業などを活用し、能力に応じて収入を得ることが前提となります。
(ハ)高齢者世帯が生活保護を利用するとき、お子さんやご兄弟姉妹、またはご親戚などからできる限りの援助をお願いすることが求められます。生活保護法で定められている扶養義務者は申請者ご本人からみて三親等までです。ご両親は存命でない場合が多いので、現実的には子供・兄弟からの援助を求めるのが一般的です。 (以下、省略)

 何らかの条件によって、生活保護費が数万円しか支給されていない高齢者シックがいる、ということか。

う一つの考えられるケースである。こちらのほうがよりリアリティがある。
 ブログ「神様の弱点(全員が救世主)」に載った記事「4 偽装・改宗」を紹介する。

(引用はじめ、原文ママ)
 年寄食口が献金捧げきって、頼みの綱が 生活保護。。。統一教会さんは、老後の蓄えを 強制的に吸収し、どれだけ日本国家に迷惑かけているか判りません。
 しかし、もっと深刻なのは、今後 祝福本家庭とされる方々が高齢になられて、夫婦で生活保護を申請していかれるであろうことです。
 で、、、実際に受理される為には、各地方公共団体の厳しい面談・審査を通過しなければなりません。
 お金が無い理由をしつこくきかれ、それまでの人生の歩みを 根堀・葉ほり聞かれます。そこで、「統一教会に入信していました」 と、言ってしまったあかつきには、脱会していることが生活保護を受けれる為の大前提になります。
 教会にいくら捧げたのか?きっかけは何だったのか?何年ぐらい信仰していていつ辞めたのか?活動は、本当にやっていないのか?しつこくしつこく聞かれるそうです。
 聞かれた挙句、“法テラス”という安い弁護士グループがあって、そこに依頼して、統一教会に「金返せ」という訴訟を起こさせられます。
 とにかく、被害者が多いということで、統一教会への献金経緯のある人間は、徹底マークされ、たとえ生活保護申請が受理されても、その後献金していないかどうか?、(まるでパチンコ行っていないか?のごとくに、) 毎月追及されるそうです。
 各地方公共団体は、情報を綿密に連携しあって、統一教会対策しているようなので、信仰を一旦自白してしまったら、ほぼ脱会
を前提にしないと、生活保護は受けれません。(北海道ではこんなケースが九州ではこんなケースがと、事例のデータをストックしているようです)
 ということは、、、現実には生活保護申請は、不可能?かもです。
(引用終わり)

 地方自治体が連携しているというのは誇張のような印象を受けるが、このブロガーの情報は大きく事実と違うということはこれまでなかった。彼の知り合いに777のシックがいるから、実際にあった話をもとに書いていると思われる。
 確かに、献身生活が長く年金なし。遺産等で入った臨時収入は統一教会に献金し無一文。だから、生活保護の給付(原資は税金!)を受けたいというのは虫が良すぎる。生活保護費をまた献金に回すのではないかと疑われるのは当然のこと。「献金返還を請求されてはいかが」と提案されるのも、これまた当然のことだ。

 ある現役シックはこう語る。
「以前、人気刑事ドラマ『相棒』でも、生活保護を受けられない若者が起こす事件を題材にした内容がありました。そうそう簡単に生活保護が受けられるわけではありません。ましてや、献金生活をしてきた宗教団体の信者が簡単に生活保護を受けられては、税金を納めている国民からブーイングが来るでしょう。役所が簡単に首を縦に振るとは思えません」

「神様の弱点」さんの情報が事実だったら、年金もなく、生活保護も受けられず、年収120万円以下の超下流老人シックが厳然として存在するということだ。高齢者の万引きが急増しているといったニュースが報道されているが、犯人の中には元公職者シックがいるかもしれない。
 鮭のおにぎりが食いてぇ~~

(4)今回の公文(777向け文章)にはこんな一文がある。
「教会総務に確認してください」
 教会長など複数の公職者に確認したが、
「今年の2月にAPTFは本部総務局の指導の下で、家庭連合の互助組織としての活動していくという発表があった。そのために、1月30日のAPTF総会で会則変更が行われたと聞いているが、この文章は初めて目にするものだ」

「APTFの会則変更が、65歳以上の功労金に繋がるのかはよく分からないが、65歳以上の職員雇用が原則できなくなり、その方々の処遇については教団本部としても悩みの種だったと聞いている。65歳以上の方にも何らかの金銭援助を行いたいが、教団としては難しいのでAPTFから行うという意図のもと、法律問題をクリアする意味でも、会則変更を行った可能性はあるな」

 別の公職者はこう話す。
「777家庭の方でも教会公務から降りてからは、タクシー運転手やビル警備などをしながら生活をつないでいる方もいるそうだよ。高齢となればそれも難しく、教会で長く活動された方のほとんどは国民年金受給資格もない方ばかり。年収120万円以下の方もいると思うよ。それよりも、今回の方針は65歳以上で教団を退職する職員を対象としているように思えるなあ」

る教会長は首をひねる。
「それにしても疑問なのは、この功労金支給がどうして777家庭に限られているのかということです。1800とか6000双にも65歳を超える人はいます。その方々はなぜ対象にならないのか-ということです」
 別の公職者はこう分析する。
「サンクチュアリ対策かもしれません。777家庭は文先生の直接の指導を受けた方も多く、そのような方ほど現在の体制に疑問を持っているように思いますし、事業部で幹部だった方も多いので今でも影響力は大きいと思います」
 事情通の現役シックはこう穿つ。
「777双の古田元男社長(霊感商法の創始者にして事業団の親玉)が音頭を取ったのではないでしょうか」

<注>古田元男氏の最近のことは、「yosia621のブログ」が明らかにしている。「古田元男氏ついに辞任か?」 「末端には伝わらない古田氏の解雇事情」 。2本とも興味深い記事ですよ。

(5)前回の記事のコメント欄に投稿されたsanta337さんの「天正宮で楽しいユンノリ? 皆さん、人間ですか?」(http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-740.html#comment15181)、しゃぼん玉さんの<「統一教の分裂」公開討論会に三者不参加、元老牧会者たちは天正宮でユンノリに興じて>を読んで、哀しい気分になった。嗚呼、可哀相な日本の777よ!
 
APTFの2015年度の年間支出内訳を示す。

31% 還付金
21% 寄付金 ※統一運動のための事業支援
13% 機関誌他
12% 互助制度(葬祭費・お見舞金・奨学金)
 5% 青少年育成費(教育会館建設基金含)
 5% 会員維持費
 5% 事務局経費
 4% 広告宣伝費
 3% 機関誌発送費
 1% 教育費・会議費


 元APTF関係者が説明してくれた。
31%の還付金というのが本部から地区にバックされるお金、寄付金が統一運動のための事業支援という名目だが、実質的に本部へ入る金だ。この2つだけで全体の半分を占めている。地区(教区、教会)では還付金をAPTF名目のイベント費用などに充てている。
 今回の功労金は互助制度という枠組みのものだろう。当然、ここの予算ではカツカツで捻出できない。他の経費も同様だろうから、還付金か寄付金を調整して功労金を捻出するんじゃないのかなぁ」

「火の粉によれば、統一の信者は5万人。単純計算で2万5000家庭だ。APTF会員の会費は3500円なので、
 3500円×2万5000家庭=8750万円
 が、1カ月に入る(年間ならば10億500万円)。
 そのうちの約半分、還付金・寄付金で月4375万円あるので、月2万円を100家庭程度に出したって痛くもないと考えたのだろうな」

【小生の総括】大学を中退して、リヤカーを引きながらの廃品回収生活。文鮮明メシアのためにひたすらお金を集めてきた人の末路や哀れ。チ~ン
 法務局副局長の岡村信男氏と歴史編纂の井口康雄氏は例外か。65歳を過ぎたのにいまだ献金享受享楽生活だ。一度でいいから、社会で働き、税金を納めてみろや。夜のガードマン、清掃作業員になって汗してみろや。
 それより、ユンノリ大会の賞金総額1億5000万ウォン(1500万円)の一部を日本の超下流老人シックに回せ、と韓国人幹部に談判してもらいたいもんだ!

 読者の感想は???

-次回は「教会に愛が芽生えるかどうか・・・」-乞ご期待!

暑なのにうすら寒くなってきた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

【どうでもいい近況雑感】

  今日からお盆です。この前やったばかりだというのに。1年が経つのが早すぎます。つまり、おいらはこの1年間全く成長しなかった!ということです。
 墓に花を供えました。でも、花を虐待しているような感じがしてヤナ気分に。すごい暑さなので、2時間後には花は温泉につかったような状態に。
 といって、供えるのをやめれば、近所の手前、世間体ということが出てくる。人間は実にいい加減なのです。でも気になったので、また夕方墓に行って水を取り替えました。やや自己満足。
 仏様(仏壇)には、高野豆腐、なます、ちらし寿司(以上手作り)、きんぴらごぼう、おはぎ(購入)を供えました。まあ、これは自己満足というより、歳時記(風習)ですね。

コメント

説明不足で意味不明でした

今年の2月にAPTFは本部総務局の指導の下で、家庭連合の互助組織としての活動していくという発表があった。そのために、1月30日のAPTF総会で会則変更が行われたと聞いているが、この文章は初めて目にするものだ」

「APTFの会則変更が、65歳以上の功労金に繋がるのかはよく分からないが、65歳以上の職員雇用が原則できなくなり、その方々の処遇については教団本部としても悩みの種だったと聞いている。65歳以上の方にも何らかの金銭援助を行いたいが、教団としては難しいのでAPTFから行うという意図のもと、法律問題をクリアする意味でも、会則変更を行った可能性はあるな」
-------------------------
やっとわかりました、本年のATPFの一般食口向けの総会は通常ゴールデンウイークの前半休日を利用してきましたが、本年の総会は土曜日といえど参加がむずかしい日を選んだため例年の1/3程度の参加人数でした。説明内容も『本年から先輩家庭の初期功労者に対する特別功労金を支給します』とゆう説明でした、意味不明で誰かが質問をしていました『年金ですか?』返えることばは『違います、年金ではありません』でした。正しいと思うのであれば今のような説明をすれば参加者に限ってはみんなほとんどが納得できたはず。
てっきり公職者の年金がATPF会費から取り崩されるのか?の疑いを感じていました。ATPF会則(約款)がないため思いつきで事を進めています。会計監査も1名、ただしここ3年ほどは欠席でした。子供のおままごと総会のようです。

先祖解怨30万と月1万の施しを一緒に書く下劣さ

>特別功労金受給申請書 世帯全員の住民票の写し 夫と妻双方および同居家族全員の課税(非課税)証明書の原本 以上の書類を、所属協議会を通じてAPTF本部に提出

なんかもう、ほんとにカルト団体って感じですね!よくここに所属していられるなあ、とマジで思う。

地上天国、家族、家族とずっと言ってきた集団なのに味もそっけもないこの事務連絡。777の名簿はあるだろうに、ここまで要求するとは、777の古シックであってもほんとにシックの人格・人間性を信用してないんですね。やっぱ、金のためなら何でもやることがわかってるから、嘘を付き続けてきたから、仲間でも信用できないんだろう。これが献身者の成れの果てか、ほんとに哀れだ!
功労金を出すんなら、サ教とか3男派とか関係なしに出せばいい。

どうせなら、皆ボケる前に暴露話をガンガンしてもらいたいと思う。その方があの世で楽になると思うんだけど。

現役のみなさんは本当に考えた方がいいと思う。こんな組織にまだすがるんですか?(見てないか)
そもそも、お金払って先祖解怨なんて777でこんなこと信じてる人いるんですかね?
解怨、解怨というなら、教祖はあの世にいるんだから、教祖に頼めばいい。・・・「解怨?何だそれ、俺は解怨屋じゃない!」と怒鳴り、「祝福した俺こそ先祖だ、俺を解怨してくれ!」と文教祖は懇願するでしょうね。
生きてるうちに自分自身の解怨した方がいいと思う。

それにしても、この組織、ものすごく滑稽だ!こんなとこにずっといたのか。

SMAPも解散決まったし、家庭連合も解散したら?

根本から間違っていた経済体制

>大学を中退して、リヤカーを引きながらの廃品回収生活。文鮮明メシアのためにひたすらお金を集めてきた人の末路や哀れ。チ~ン。
>それより、ユンノリ大会の賞金総額1億5000万ウォン(1500万円)の一部を日本の超下流老人シックに回せ、と韓国人幹部に談判してもらいたいもんだ!


 今回の記事からは日本家庭連合信者の悲惨な現状が伝わってきますが、改めて統一教会=家庭連合の存在意義について考えさせられます。
 私は統一教会に入教した当時、統一教会がいわゆる金集めが目的の「カルト」の部類であるかどうかなど疑いを持たず、本質的にキリスト教会と同じ「人間の救い」を目的とする宗教団体だと思い、文教祖を信じていました。
 お金集めの活動についても、組織を維持するためや、世界中に伝道を進めるための資金をつくるためであって、事業活動への投資などは特別な事情があっての例外的なことだと思っていました。
 統一教会に献身する(生活全てを従属させる)人たちは極貧生活を覚悟して、必要ならばお金は自分で努力して稼ぐ以外ないと思っていたのです。
 実際に日本の教会に韓国人の公職者が目立つようになるまではそのような貧しい中努力する公職者も見られました。

 ただ、「真の父母様」が米国や韓国に豪華な別荘を建設したり、宮殿のような施設を建設して行くのがわかるようになってからは経済活動に対する疑問は増大することになったのです。
 客観的に見れば「真の家庭」の生活は大富豪の生活と変わりなく、末端献身者の生活は奴隷と大差ないものだったのです。
 私は教会に入教した当時は、将来家庭をもって子供を育てていく年代になっての生活環境などまったく考えず、教会組織に未来の生活は委ねてしまっていました。
 現実社会においては家庭で子供を一人前の社会人に育てるためにはお金がたくさん必要であり、子供が社会の指導的な立場に立てるよう高等教育を受けさせようとすれば、親にはそれなりの収入が必要となるのです。
 しかし、統一教会は宗教団体であって企業ではありませんから、そのような信者の家庭など面倒見ることができるはずがないのです。
 極めて単純な理屈なのですが、統一教会に献身していては内外共に理想的な家庭など築ける訳がないのです。
 宗教家が宗教のみで生きようとするならば、現実世界での家庭的理想実現は諦めねばならないのです。
 経済的側面から考えて、教会に献身して理想家庭を実現するというのは、ほぼ不可能に近いことなのです。

 しかし、地上天国実現を語る文教祖の指導は宗教信者の盲点を突いたものでした。
 即ち、「神の摂理」と称して信者に経済活動をさせ、巨額の送金を要求したのです。
 信者たちは人間信仰に陥っていますから、その根拠のない「神の摂理」を盲信し、経済活動を活発に行って、教祖の元に大金を送金したのです。
 その経済活動が最も活発に行われたのは霊感商法が批判された時代でしたが、霊感商法が摘発され、その集金方法が行えなくなってからは高額エンドレス献金が命じられるようになったのです。
 文教祖の実際のお金の使い道と、その投資された資金の結末を見れば、その信者から集めた資金が地上天国実現に結びついていないのは明らかですから、信者の「世界の救い」の為にお金を捧げた行為は結局、何の意味もなかったことになるのです。
 現在、日本の信者たちが文教祖に送金した巨額の資金の内、跡が残っているのは韓国にある統一グループ関連企業、清平を中心とした建築物や不動産、そしてアメリカにある様々な施設などですから、残されたものは世界の平和や地上天国実現などとは全く関わりのないものなのです。
 可能性が極めて高いこととして付け加えるならば、「真の父母様」の‘隠し財産’はスイスの銀行に相当額あるらしく、それは生前の文教祖の生活の実態からして間違いないでしょう。

 お金は「神」が人間に与えた創造能力によって生み出された価値であり、創造活動やそこに含まれる労働を行なわなければお金を得ることはできません。
 現代では多種多様化したサービス業も創造性が問われるのであり、お金は人間の汗と涙によって生み出された価値なのです。
 そこには経済活動を成り立たせる原理もあり、「神」が干渉できる領域ではなく、「お金は神様が人間に与えたもので、神様に所有権がある」などと言うのは「原理」を無視した大嘘なのです。
 文教祖は宗教信者の盲点を突いて、その大嘘を語ったのです。
 その大嘘を悪用して、信者達からお金を搾取し、搾取体制の教団をつくりあげたのです。
 統一教団はその大嘘を土台として経済が成り立っていますから、一般信者は搾取され、経済的に破綻するようになっているのです。
 その嘘を見抜けずに現在に至った信者は不幸であるとしか言いようがないのですが、せめて、その間違ったお金に対する考えを改めさせ、次の世代にはお金を搾取されて不幸な人生を送るような信者が現れないよう、「カルト」宗教の間違いを正す必要があります。

基本、超下流老人シックになるのが恨日朝鮮カルト統一教会日本奴隷シックの基本路程だと思います

>地上天国、家族、家族とずっと言ってきた集団なのに味もそっけもないこの事務連絡。777の名簿はあるだろうに、ここまで要求するとは、777の古シックであってもほんとにシックの人格・人間性を信用してないんですね。やっぱ、金のためなら何でもやることがわかってるから、嘘を付き続けてきたから、仲間でも信用できないんだろう。これが献身者の成れの果てか、ほんとに哀れだ! <

仰る通りです。これは日本人の心ではありません!朝鮮カルト人間の思考に成ってしまっている故だと思います。これが恨日朝鮮カルトの韓国人が文鮮明教祖のミコトバに沿って彼等朝鮮カルト統一教会文鮮明教祖の伝統精神に則ってやっている故だと思います。

>どうせなら、皆ボケる前に暴露話をガンガンしてもらいたいと思う。その方があの世で楽になると思うんだけど<

ヤッパリ恐いんだと思います。長年、ビニールハウスの洗脳カルト御花畑の中でしか生活して来てない訳ですから。朝鮮カルト統一教会は昔から信仰によって楽園天国へ行けると人参をぶら下げて来た訳です。そして、離れたり、非難批判裏切ったら、、、地獄という脅しを文鮮明教祖自ら昔からシッカリかけていましたから!

>そもそも、お金払って先祖解怨なんて777でこんなこと信じてる人いるんですかね? <

人から聞いた話ですが、桜の木の下の古田周辺は清平の金孝南の厄事等信じていない様だと聞きました。しかし、マコトの血統の何処かの分派に将来所属しようと考えているのではないでしょうか?

>それにしても、この組織、ものすごく滑稽だ!こんなとこにずっといたのか<

これが朝鮮血分けカルトなのでしょう。気がついていたら浦島太郎でした!恨日朝鮮血分けカルト世界平和統一家庭連合(統一教会)恐るべしです!
………………………………………………………
777への2万円は組織固め、組織維持、問題封じ、金集めの為の朝鮮腐れ人参にしか過ぎないと思います。、、、恨日朝鮮カルト朝鮮人患部が考える事ですから!

ああ!哀れ日本統一老いぼれ勇士列女!これこそ恨日朝鮮カルト教の成りの末!

さぁ!暑い日々が続く!日本統一食口は高らかに統一勇士の歌を歌おう!えい!えい!おぉ〜!(白霧島ロックお代わり)

鶴子の暴走

タマレブログに天地鮮鶴苑に数千億を投入しなければならないという記事がのった。

http://damalhae3.blogspot.jp/2016/08/4.html

日本の食口たちの家庭を破綻させる、数千億ウォンのお金がかかる天地鮮鶴苑ばの工事プロジェクトを阻止しなけれならない。自分の威信と治世を現わす為の大規模の建築工事は歴史的に王朝と国が滅んだ近道となった。鶴子さんの暴走を止めなければ日本の食口たちが無駄に死ぬ。

 お盆が終わっても、アッチッチの猛暑が続いています。でも、風の臭いを嗅ぐと、熱風の中に微かに秋の匂いがします。
 
 タイトルの「謎」のことです。
 貧乏な777夫婦に月2万円が支給されるという記事は、さほど反響がないだろうと思っていました。
 ところが、「拍手」の件数は146も。記事末尾で拍手を求めたわけでもないのに。

 理由はわかりません。
 教団本部の人たちに考えてもらいたいです。

謎・2

 ブログを更新したというのに、拍手は続いています。
 1日強で、146から172に!

 なぜなのか。研究検討課題です。

謎・2 に提案

前から気になっていた事の一つなのでコメントします。
最初のホームページから各記事の内容の続きを読む為に、「続きを読む」を押しますが、そのボタンが「拍手」ボタンの真上に有りますよね。特にスマホを使って記事を読んでる読者の方、大きな指がどちらにも当たって、「拍手」の方が反応してしまう事も多いのではないでしょうか。「続きを読む」を右端に移してみては如何でしょうか。もちろん、皆さんが本当に拍手をしている可能性は有ります。ただ、念の為の提案です。無意味な横やりかもしれませんが、始めに書きましたように、以前から気になっていたので。

上の続き

拍手の数字が285。私のコメントは全く的はずれみたいですね。無視してください。これと一緒に消して下さっても構いません。失礼しました。

プログの感想

777双だけでなく6000双の希望者にも月2万円の支給お願いしたいです。6000双でも夜中までFやったり、夜中まで印鑑販売してきました。

この拍手って

古い方々がしているんでしょうかね。

2万円は6000双にも支給して欲しいという小西洋子さんのコメント。

6000双の方の多くが同じ気持ちなのでしょうか?

正直、哀しくなります。
  • [2016/09/01 17:02]
  • URL |
  • バカボンパンツ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

究極のクレクレ君

まさか、食口がクレクレ君になるとは、チャンチャラおかしい。

命が危ない状態で脅されて献身したわけでもないだろうし。
Fが嫌だったら、さっさと脱会すればよかったとだろうし。

自分で決めてやったことを
結局は反社会的行動しかやってないくせに、
金くれとは何事?

その金がどこから出てるのか少し考えて欲しい。
あんたらが馬鹿にしてた青年信者が働いたお金も含まれてるのだよ。

献身する時は、ノタレ死ぬ覚悟だったんじゃないの?

現実の厳しさ

聖歌「召されし身」に「みさかえ誉れは君のみうけて いやしみ十字架は我が身が負いゆく 名もなく捨てられ喜び従う」という歌詞があるけど、やはり現実の厳しさには勝てなかったんだろう。
 それなら全ての信者達の現実も考慮すべき。

また引用したけど、どうせ引用の原則とか言っても引用に対するオリジナルの意見が短くても教会を称えてたらOKで長くても批判してたらまた難癖つけて文句を言ってくるんだろうな。
 是々非々なんてないから発展しないんだよ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/741-cf863722