なぜ、彼女は激太りしたのか? 

鶴の絶対化路線(27)

 前回の記事「青葉台教会長の金森工はサラ金の取り立て屋がふさわしい!」で、「自殺した女性は、ここ数年で2、3倍に太ってしまい、杖をついて歩いていた」という証言を紹介した。

は、咄嗟に過食障害のことを想った。
【参考サイト】「摂食障害」
 この推測を、精神科を担当したこともある元看護師のkoyomiさんに話してみた。
 彼女は、首を横に振り、抗精神病薬(統合失調症治療薬)の副作用によるものだという。

 koyomiさんの説明を紹介する前に、自殺した女性の精神疾患のことに触れておく。
 前回の記事の冒頭、「前提となる事実」について述べた。

(一部引用はじめ)
 今年の5月7日午前3時。家庭連合の「天宙清平修練苑」内で、家庭連合(統一教会)2世の若い女性が投身自殺をした。この出来事を口外するなと清平は箝口令を敷いた。そのため様々な憶測が飛び交ったが、きわめて信頼できる筋によれば(「速報-清平での投身自殺は事実だった!」 を参照のこと)
 <自殺の原因というか背景は統合失調症。2世の女性は数年前から患っていたそうです。「以前にも自殺未遂が何回かあったので、投身自殺に間違いない」>
(引用終わり)

 文中の「きわめて信頼できる筋」とは、青葉台教会関係者ではなく、本部周辺筋である。おそらく、自殺かどうか憶測が飛び交っていたとき、本部が青葉台に問い合わせ、数年前から統合失調症に罹っていることを聞き出し、その情報が回り回って私のところにも届いたということだろう。
 何が言いたいのか。
 具体的病名があがっているため、医師が「統合失調症」と診断し、治療薬を処方していた。そう解釈するのが自然である。つまり、自殺した女性は抗精神病薬(統合失調症治療薬)を服用していたということだ。
 もう1つは、彼女が統合失調症を患っていたことは、青葉台教会の上層部(婦人代表含む)は知っていた可能性が高い-ということ。同教会の信者のほとんどが知っていた可能性だってある。激太りが話題にならないわけがないからだ。礼拝に参加するとき、さぞや恥ずかしい思いをしていただろう。可哀相に。


を戻して、koyomiさんの説明である。
「坑うつ薬や坑精神病薬には副作用が信じられないくらいにたくさんあります」
 彼女が医学資料をもとに副作用をまとめた詳細なテキストを送ってくれたが、話が逸れてしまうので残念ながら割愛する。

副作用の一つに、太るということがあります。精神科病棟の患者さん、小太り、太っている人多かったですよ。食欲も異様にあった人もいました。甘い物をやたらと欲していて、外出時の買い物では菓子パンが人気でした。ロールケーキ(スーパーで売っているヤマザキのロールケーキ位の大きさ)を1本一人で一度に食べた人もいました。
 ジプレキサの副作用で一気に食欲が出て、高血糖になった人もいます。副作用によって糖尿病になった患者さんもけっこう多かった。統合失調症と診断されて入院した人に久々に会ったら、かなり太っていて驚いたという話もよく聞きました」

 なぜ、太るのかと質問すると、サイトを紹介してくれた。
【紹介してくれたサイト】(さらりとでいいから目を通していただきたい)
(1)「統合失調症 体重増加 4.薬の副作用 お薬について」
(2)「抗うつ薬で太る!?体重増加の副作用が起こる原因を解明」
(3)「太る抗精神病薬巨頭『ジプレキッサ』と『セロクエル』を服用して、やっぱり太ってしまった人のリアル体験談」

「杖をついて歩いていたのは、薬による活動性の低下による筋力低下、錐体外路症状、横紋筋融解症によるものかもしれません。あるいは、過去の自殺未遂による事故が原因だったのかもしれません」

 自殺とは直接関係のない薬の副作用のことを紹介したのは、自殺した女性の両親、また青葉台教会の上層部の責任を問うためである。
 私が親なら、娘の激太りは精神薬の副作用が原因ではないかと疑い(統合失調症の症状に体重増加はない!)、ネットで副作用情報を求めたであろう。親としては当たり前のことである。

450-20110507170153127867.jpg
 もし彼女の親が何もしていないようなら、周囲の信者がネット検索を勧めることも可能だったはずだ。要するに、サラ金の取り立て屋がふさわしい金森工教会長以下みんなが知らん顔をしていたということである。つくづく、気味の悪い宗教団体だと思う。

 家庭連合(統一教会)は、彼女が自殺した原因を「統合失調症」のせいにして、すでに彼女の自殺は忘れ去られつつある。家庭連合ばかりではない。「文3だ、文7だ」と、やや粘着質的にピーチクパーチクやっている人たちも。

かし、「統合失調症→自殺」は必然ではない。
「統合失調症」によれば、
「統合失調症患者の死亡率は、一般人口の約2倍以上とされる。また患者の生涯自殺率は10%以上で、これは一般人口の12倍の値であり、およそ5%が自殺を完遂する。発症後数年間は特に自殺リスクが高い。特に患者が喫煙者の場合、自殺企図の危険は有意に高くなる。陽性症状が強い時期に、幻聴から逃れたり妄想のために自殺をする患者もいるが、陰性症状しか見られない段階でも思考の短絡化(健康な人の適切な思考でなく、例えば、会社を辞めればすむ問題なのに究極の選択である自殺を考えるように順序建てて物事を考えられない。優先順位がつけられない)によって少しの不安でも耐えられずに自殺してしまうこともある」
 
 見方を変えて言えば、統合失調症の患者の95%は自殺していないのである。したがって、防ぐことは可能だった。
 彼女は過去に自殺を何回か試みているという。であれば、それまでの薬物療法が効果がないと判断し、セカンドオピニオンを求めることだって、病院を変えることだって出来たはずだ。認知行動療法やソーシャル・スキル・トレーニング、作業療法、芸術療法を試みることだって可能だったはずだ
ひょっとして、精神科医のいない一心病院にすがっていた?)

<注>次回の記事を読めば、一心病院(あるいは同病院出身の心療内科クリニック)に通院していた可能性がきわめて高い!ことがわかるはず。

う綴っても、彼女が蘇るわけではなし。2世の自殺を防ぐこともできない。なぜなら、
--6年前、佐野邦雄家庭教育局長(当時)は「2世問題は非常に深刻である。うつの食口や精神疾患の食口が増えている」と語っている。在韓の有力シックは、私の自殺かどうかの問い合わせに対して、「清平は基本的に精神的に問題を抱えた人が治療のために集まるところですから、うつ病などで治療を受けていた人が自殺をしてしまうなどのことは充分あり得るかと思います」
--みんな評論家、本気になって2世問題に取り組もうとしていないからだ。
 他の信仰者に無関心は、もはや家庭連合の文化、組織体質になっている。
「組織の文化を変えたい」と言い始めたのは、総会長の宋龍天氏と会長の徳野英治氏。宋氏は最近のスピーチでこう述べている。
「私たちの文化が新しくならなければならない時であるということです」

大将をバカにして申し訳ないのだが、宋氏は人柄はいいけど、頭がちと足りん。
 一般的に、会社であれ組合であれ、組織の文化を変えたいという場合、変えるべき今の文化の何が問題なのか、そうした問題はどこからもたらされたものか。それを分析した上で、文化を腐らせた原因を取り除くことが先決である。その過程で自然と新しい文化が生まれてくる。こんなことは入社3年目程度の若者だってわかること(泣 「今日もいいことがある」さんにはわからないことかも)。

【関連記事】
鞍馬天狗さんの「週刊ブーイング (2016年6月19日)『語るに落ちる宋龍天総会長、その他おまけで本部幹部』 」
gootarouさんの<「宋龍天総会長が現場から「何が変わった?以前と同じだろう」と言われて思うこととは?」の記事を読んで>
(後者の記事引用)
 石の上にも3年といいますが、教会自体は何も変わっていません。また、変わる兆しもありません。一体何時になったら浸透するのでしょうか?世間一般ではこの様な人のことを役立たずと言います。
(引用終わり)
 宋さん、現役2世に言われちゃあ、おしめえよ

金森は相当のワル

 前回の記事のコメント欄での投稿文を紹介する。
<青葉台教会説教者の件>by放浪の旅行者
「金森氏は戸塚教会時代にもあくどいことをやってますよ。礼拝の説教もこれが説教かと思われるような聞くに耐えない内容ばかり。みすぼらしい教会から何千万円という借金をして身の程しらずの高額の建物を借りてそれを改修して教会にし、あげくのはてはある荘年婦人の自宅を売却までさせてその資金に充てたりして、おそらくその荘年婦人が寝返った場合にはまた賠償問題に発展するでしょう。牧会者としては余りに無能に等しく傷ついた信徒も少なからずいました」

<無題>by真実を訴え首になった元責任者
「本部はとにかく実績出す責任者の人格は問わない主義だよ」

小生の感想
(1)家庭連合に教会長は189人いる。日本人と韓国人とが半々。これまで韓国人教会長にはワルが多いという印象を抱いていたが、そうではないことがわかった。金森なんて聞いたことがなかったが、一部のシックの間では有名な人物だったようだ。ということは、金森のようなワル教会長はまだまだいるということだろう。
(2)本部は金森の言動を知っていただろうか。知らなかったにしても、「青葉台教会長の金森工はサラ金の取り立て屋がふさわしい!」によって、驚愕の事実がわかったはず。勅使河原人事部長には感謝してもらいたいナ。当然、何らかの処分が下って然るべき。
(3)ところが、「本部はとにかく実績出す責任者の人格は問わない主義だよ」 という。つまり、ネズミを獲ってくる猫だったらどんな猫だってかまわないということだ。君こそ命じゃなかった、金こそすべてだから、勅使河原氏が口頭注意処分にしようとしたら、金森は小さな声でこう言うだろう。「勅使河原さん、あなたは本部にいてどのくらい献金を集めましたか」
(4)家庭連合の文化が変わることはないだろう。
(真実を訴え首になった元責任者さんの体験を知りたいです。ご検討いただければ幸いです)



世の自殺は今後も起きるだろうと思われる方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
激太りの原因を教えてくれたkoyomiさんに拍手を!
関連記事

コメント

以前40日修練会に参加して韓国の清平の病院から抗うつ剤をもらってきた婦人のことですが
その人は薬はなくなれば清平からまた薬を取り寄せ一年位続けてました。

彼女に前は話かけると話の内容が咬み合わず話をひとりではじめそのうち周りの話を聞き間違えで理由もなく勝手に怒り出すという感じの人でまわりはハラハラしてました。ハサミで何時間も意味なく紙を切りちらかしたり不思議な不気味な行動も、、。

はじめはその薬はよくきくといってました。前のような攻撃性もなくなって、顔もリラックスしてるようにみえました。

それが一年過ぎて急に本人が薬を飲まなくなり、理由をきいたら、飲むとだんだん不快や不安がひどくなりこわくなってきたのだそうです。
まわりが自分の悪口をいっていると思い込むのだそうです。

確かにその人もその薬をのみだしてから一時急に驚くほど太りだしました。
それもその薬の副作用だったんですね。

その後清平からの薬はやめ米国の別の病院で治しています。
ほとんど副作用のないものと薬は変えたといわれたそうです。
体重もいつしか前にもどっていました。

(清平や一心から)抗うつ剤もらっている人はその薬の副作用のこともよく調べたほうがいいと私も思います。
もし統合失調の人が薬でなおしながらも病いの家族がいて自分が介護しないと
ならないとしたら、、と思うと春川の以前の事件を思いだしてしまいます。
  • [2016/06/21 19:21]
  • URL |
  • サボテンのはな
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

組織の解体を早急に

もはや家庭連合はモンスターと化してしまいました。
その中の誰かが良心に従って誰かのために自主的に(勝手に)行動したなら、嫉妬や妬みの標的になりますから、そこには居られなくなってしまいます。

この妬み嫉妬、虚栄心、根拠のない自信感というものの粘着質は相当です。

でも人を助ける、ということの背景には人を思いやる情というのが存在して成立します。でもその人の価値観が自分を中心としたものなら、行動してもそれは博愛ではなく、自分の評価を前提としたものですから、最良に機能するはずもありません。愛を動機とすれば人間は火事場の馬鹿力ではないですが、最大限の知力と総合力を発揮するでしょう。
これは一宗教団体に限ったことではなく、国や自治体、公共にも当てはまると思います。
ですから、組織やそれに所属している責任者に問題の解決を求めても、現実的ではありません。
1人1人が自発的に身近なところから関心をもつ革命が起こらない限り、理想は絵に描いた餅に終わるでしょう。物理的な限界を思えば、遠回りに思えても、家族や向こう三軒両隣にまず深い関心を持つ運動が必要ではないでしょうか。そのうえでの方法論ではないでしょうか。v-267v-317

この様な問題に気が付いている方たちの多くはすでに組織から脱出している可能性があり、残っている方たちは気が付いていないか、もしくは習慣性から抜け出せなくなってしまっているような気がします。

という事でのタイトルになるわけですが、組織の解体を早急に目指す方法はないでしょうか?中の人達を救うためにも。文先生も晩年は「解体しなければならない」と言われていたそうです。冗談ではなく真剣にそう思います。v-217

リスクを負う覚悟

続きですが…

誰かの為に生きるという事は、犠牲が伴うものです。
現代に生きる私たちは、ある意味リスクを負う覚悟を決めなければならない時代に生きている様な気がします。

二世問題対策

二世問題対策はそんな専門医をおけばすむような問題ではないと思います。
米本さんが、宋総会長への批判で言われるように問題の根本原因を明確にしないといけないです。

思春期に異性に関心が向かうことは自然なこと。でも教会では否定される。なぜ?
原理で知的には刷り込んでも、心が納得しないのです。説明がおかしいと感じるのです。受け入れられないのです。

それともう一つ。
若い時は、矛盾に納得がいかないものです。
社会ではそれを受け入れないといけない場合がある。
私はこれを受け入れるのにとても苦しみました。
もし、原理を知らなければここまで苦しまなかったと思います。
まして、教会の姿は矛盾だらけ。
教会の二世にはこう言った課題があるのではないでしょうか。

これらを解決できないなら、解体するしかないと思います。

統合失調症薬で85人死亡

【朝日新聞:6月22日朝刊】

 統合失調症治療薬「ゼプリオン」を使用していた85人が死亡していたと、NPO法人「地域精神保健福祉機構」が21日、発表した。2013年11月の発売から今年2月までの国への副作用報告を分析したという。因果関係は不明で、使用患者の全例調査をすべきだと厚生労働省に求めた。

 この薬はヤンセンファーマ(東京都)が製造販売する注射薬。85人の死因は不明が最も多く、心疾患、自殺、誤嚥(ごえん)・窒息が続いた。

 同社は「指摘は真摯(しんし)に受け止めるが、薬は安全かつ有効だと考えている。適正な使用が広がるよう情報提供を続けたい」としている。現在の使用者は約1万2千人。

 厚労省は「適正使用が続くよう啓発を続ける」としている。同薬は投与が1カ月に1度でよく、利用しやすい薬と知られているという。

(記事引用終わり)

【感想】
 メーカーも厚労省も、まるで打ち合わせしたかのように「適正使用」を強調している。これはマヤカシである。なぜなら、「地域精神保健福祉機構」は死亡の原因を「適正に使用していなかったから」とは発表していないのだから。

薬は可能な限り避けたほうがいいように思います。

しかしながら、実際の日々の生活の中で遭遇する問題や、身内は我慢できても、周囲の人たちが、
「医者に連れて行っているのか?
薬は飲ませているのか?」
など素人考えをまことしやかに、言って来られると、頼らざるを得ない状況になる方もいると思います。

その時はなんとか周囲の声に動揺せず、いつも接している、ご家族が一番ご本人を分かっておられるのですから、雑音を気になさらず、信じて最良の道を探して頂きたいと思います。
医者やカウンセラーであっても、全部を鵜呑みにはされず、目の前のお子さんをしっかり見つめて頂きたいです。

もしその子が自分の子供だったら、家族だったとしたら、と意識していただければ、周囲の方も理解する助けになると思います。

http://blog.goo.ne.jp/sakuradagishi/e/0ca5e6179565fc16abf070a91db51219/?cid=e09869204298a11727b0d992ea4b383a&st=0

あと、回復することもありますが、そうでない場合もあります。
現実を受け入れ、
そんな時も絶望しない様、工夫しながら、上手く付き合う方法を見つけ出すのも、一つの方法ですね。

原因は朝鮮カルト教理の統一原理にもあると思います。

>要するに、サラ金の取り立て屋がふさわしい金森工教会長以下みんなが知らん顔をしていたということである。つくづく、気味の悪い宗教団体だと思う<

統一教会の問題点は何でもかんでも現象世界で現れた幸不幸の原因を霊界のせいにする事です。精神疾患も先祖の霊界やetc等に問題があるとするので、専門の精神科医療を軽視して霊界解放(爆笑)に重きを置く傾向にある様に思います。(私も精神科治療をさほど信用している人間ではないのですが!)

却って統一教会に入会しておかしくなった青年や献身しておかしく成って精神病院に入院した青年がいました!

世界平和統一家庭連合(統一教会)は血分けによる血統転換の教えを最も重要視するカルト教会です!祝福結婚はサタン(悪魔)の血統から神の血統へ転換し新たに神の子として生まれ変われる儀式でなのです。

統一教会の信仰を持った自分を歴史の結実体として、祝福結婚によって先駆けて天国に入る資格を持つ事が出来るとするカルトです!

そして自分のみに限らず自分の先祖達も先駆けて救われるだと信者を洗脳し思い込ませているのです。

よって統一信者にとって最も重要視する信仰生活は自分の血統をより清める事です。

自分の先祖と子孫の為に自分の代で神の血統に転換され原罪は無くなった訳だけど、堕落性(罪の残骸)は残っているので、この堕落性(罪の残骸)を日々の信仰生活で取り除きながら自分自身をより神の神霊と心情に近づけて行く事が大切な信仰の道だと教えているのです。

が実際は朝鮮民族主義カルト統一教教祖夫婦のカルト王国を創る事が神の国建設と洗脳されているのです。

統一信者を文鮮明教祖夫婦絶対中心主義(天的アンド縦的)に洗脳強化する為に文鮮明教祖がマッチングして合同結婚式をする事で文鮮明夫婦の野望を果たす為の絶対信仰絶対従順絶対服従の奴隷家庭の数を増やす事が実際の目的だと私は今は考えています。

エホバの証人カルトが血統を重要視して輸血を受けない様に、血にこだわる事によって、同じ食口(兄弟姉妹(笑))と雖も、その様な不幸な状態(統合失調症の様な精神疾患)に成ったのは先祖の罪の蕩減とか全ての不幸な現象は先祖の罪や父母や本人が蕩減(罪の贖罪)として受けるもの。という様に統一カルトの金孝南等は教えていて(教理としてもそうです)また、周りの信者も狂った人間と相対(交わる)と授受作用(原理用語)の法則から自分にもマイナスの影響(汚れた霊の影響)を受けるから干渉しないでおこう(笑)と。彼等家族の責任分担だ。という様な考え方を統一教会員はしがちなのです。

よってその人やその家庭と特別の関係がある人以外はその様な不幸な人に対して干渉しないというところもあります。

よって統一教会信者達が助け合いの精神や横の関係が弱かったり、人情が足らなかったりする原因は朝鮮カルト統一教会の教理の影響が非常に強く、統一教会の教理を実践して来た結果という事も言えるのではないか?と思っています

ピラミッドのトップが異常だとピラミッドの底辺まで異常になるという良い例だと思います。

>総大将をバカにして申し訳ないのだが、宋氏は人柄はいいけど、頭がちと足りん<

総大将だけをバカにしたらいけません!ほぼ、真面目に統一カルト教の信仰生活をして来た信者は私を含めて人柄はいいのですが、頭は大分足らなく成っているのです。

文鮮明教祖のミコトバを実践して信仰生活を頑張れば頑張る程社会の常識から外れて行くはかりでなく日本国の社会人としての自立心や主体性や生活力を奪われてしまうのです!朝鮮カルト文韓幻想王朝様一族に対する偶像崇拝の奴隷意識が実体化した自由意志を失った様な無能廃人の様人間を造って来たのです。

これがまさにカルトのカルトたる所以だと思います。特に統一教会は文鮮明教祖自身が恨憎反日朝鮮民族主義カルト教祖故に日本信者はカミ様のセンミン朝鮮民族に対して歴史的民族的に酷い犯罪行為を行って来たと文鮮明教祖からある事ない事洗脳教育され贖罪意識を強力に植え付けられ、文鮮明教祖家族と朝鮮民族様に対して超加害妄想人間に洗脳されているのです

デッドラインを超えた非人間性

 前の記事では「自殺した女性は、ここ数年で2、3倍に太ってしまい、杖をついて歩いていた」という証言が書かれていましたが、それはなかなか理解し難いことでした。
 その証言を文字通り信じるならば、その女性が元は40キロの体重だった場合、僅か数年で80~120キロまで体重が増えてしまったことになり、普通では考えられないことだからです。
 しかし、看護師の経験をもつkoyomiさんが説明するような抗精神病薬の副作用と考えれば可能性としてあり得るのだと思います。
 米本さんは最初に過食障害を思い浮かべたようですが、それについてのウィキペディアにある説明「人間関係の問題などの心理的ストレスに対する耐性不足や、社会適応性の未発達、コミュニケーションの不全などが原因とされている。依存症の一種である。」を考えれば、二世信者である彼女の場合ストレートに原因として結び付けられます。
 しかし、体重が「2、3倍」に太ったのが事実だとすれば、やはり薬の副作用と考えねば起こり得ないことだと思います。
 彼女のそのような異常な症状を周りの統一信者が見て、先祖の因縁とか霊的な災いなどと判断しているのであれば、統一教団は文字どおり「気味の悪い宗教団体」であると言うしかありません。
 
 今回の記事もそうなのですが‘火の粉を払え’ブログは‘にほんブログ村・家庭連合’の他のブログと違って二世に関する記事が多いのは明らかです。
 他の統一信者ブロガー達は文教祖や韓総裁の「み言葉」や教会組織について記事を書いたとしても、祝福二世について書くことは滅多にありません。
 もし家庭連合=統一教会が血統転換の教義に基づいた祝福結婚など行っていない団体なら、それは特に取り立てて問題視すべきことではないかもしれません。
 現在家庭連合は分派問題の最中にあり、信者達は自分の子供達よりも教団の総裁の意向や、新しい方針などに関心を向けねばならないし、敵である分派に対しても自己防衛していかねばならないのです。
 統一信者からすれば、今は二世の問題に関わっている時ではないというのが本音に違いないのです。

 しかしそのような祝福二世に対する無関心は統一信者の馬鹿さ加減のデッドライン超過以外の何ものでもないのです。
 現役として残っている統一信者ははっきり言って頭がまともではありません。
 頭の中には人間の脳ミソなど詰まっておらず、あるのは家畜と同じ構造の脳ミソかもしれません。
 米本さんは宋氏が「頭がちと足りん」と仰られますが、それは総会長である宋氏に遠慮し過ぎです。
 普通に考えれば信者の思考力の低下はデッドラインを超えています。
 統一信者はなにゆえ文教祖を再臨のメシアと信じて、信仰生活を送ってきたのか?
 明らかに詐欺である霊感商法に手を染めて違法な経済活動に明け暮れ、ついには借金してまで高額献金しながら、文教祖に従って一生懸命がんばってきたのは何のためだったのか?
 それは「み言葉」の中核教義として語られている血統転換のためだったのは言うまでもありません。
 即ち、信者は自分達が堕落した人類始祖の子孫であると信じており、堕落した人間であるが故に神との関係が断たれ、神を認識することもできず、人間本来の善なる本性も備えることができなくなってしまったというように信じているのです。
 その堕落人間が霊的(精神的)にのみでなく、霊肉共に完全に救われるためには再臨のメシアによって祝福を受けなければならないと信じており、その再臨のメシアが文鮮明氏であると信じているのです。
 文氏の統一原理によれば堕落人間はサタンの血統であり、神が働くことはできないが、祝福家庭から生まれて来る二世は神の血統であり、原罪を持っていない創造本然の人間であるということになるのです。
 即ち統一信者にとって「救い」とは祝福を受けて霊肉共に原罪が清算されることであり、その「救い」が成果をもたらした具体的結果こそが祝福二世という「神の子」の誕生だったはずなのです。
 祝福二世こそが人間が救われた姿であり、教義上はイエス・キリストと同じ価値をもつことになるはずなのです。
 もしそのように信じていないとしたら、その統一信者は何とか「かんご」のようなもぐりであり、文教祖を信じている本物の‘食口’とは違うのです。
 もっとも私が統一信者として祝福を受けた時には、祝福を受けた時点でイエス・キリストより霊的に高い位置に行くというような文氏の「み言葉」を聞かされていましたが‥

 本当にそのような文教祖の「み言葉」を絶対信仰し、真理であると確信しているのなら信者は祝福二世に無関心でいられるはずなどないのです。
 自分達が完全な「救い」を求めて「メシア」を信仰し、その実体的救いの結実となる「神の子」として誕生したのが祝福二世なのですから、もし現実として二世が神の子として相応しくない事態が生じたならば、教会内部では大問題となるはずであり、真の統一信者なら信仰が根幹から揺らぐことになるのです。
 もし祝福二世がイエス・キリストのようでなかとったとしたら、その血統転換の教義に大きな間違いがあったか、あるいは自分達が 二世が神の子として育つのを阻害する重大な子育ての間違いを犯してしまったかのどちらかになるのです。

 そのどちらにしても統一信者にはこの上ない深刻な問題であり、それを解決できずして信仰生活を続けることなど不可能なはずなのです。
 もしその祝福二世達に「サタン世界」と同じような問題が多くの割合で起こっていながら教会責任者が何もせず、手をこまねいているとしたら、それは完全に頭がいかれているのです。
 「頭がちと足りん」どころか救いようのない馬鹿の極致です。
 いや、頭がまともではないので精神疾患と言った方が正しいのかもしれません。
 米本さんは人道主義の観点から統一信者の二世問題を取り上げますが、血統転換思想をもつ統一信者は米本さんの何十倍もその問題に関心を持たなくてはならないはずなのです。
 然るに、犠牲が目の前に現れていながら本気で二世問題に取り組む意思さえないのだったら、それは完全に「キチガイ」なのであり、信仰者どころか人間としての心まで壊れているのです。
 さらにサタンの血統は三世代を通して神側に転換されるなどと詭弁を使う馬鹿信者がいたとしたら、頭が阿保なだけでなく、どうしようもない性悪ペテン師と言うことです。

 今回の記事には非人間的な金森工教会長や能足りんの宋会長と「今日もいいことがある」さんなどへの言及のみでなく、統一教団の幹部達の人間関係についての鋭い分析もあり、流石にプロのルポライターである米本さんだと感心させられました。

>君こそ命じゃなかった、金こそすべてだから、勅使河原氏が口頭注意処分にしようとしたら、金森は小さな声でこう言うだろう。「勅使河原さん、あなたは本部にいてどのくらい献金を集めましたか」

 その限りなく現実に近い例え話に統一教団の本質が全て表れています。

牧会者の評価は、まず献金

米本さんもご指摘のように、結局のところ牧会者を評価するのは、どれだけ本部に献金を送金したかという事。

本当に文化を変えようとするのならば、献金目標を撤廃するしかありません。
どんなに人格的で教会員の尊敬を集める教会長であっても、献金実績を上げることができなければ、クビか降格、さもなければ上司から献金実績を厳しく追及され、自ら去っていくしかないのが現実の教会組織です。

前の記事でのマイケルさんの「青葉台教会では過去にも2世が自殺」のコメント。
事実ならば、あまりに悲惨であまりに悲しすぎます。
息子さんの聖和式で父親として、どんな思いで息子さんを送ったのでしょうか?
これも結局は、献金至上主義でやり続けてきたが故に起こったこと。

献金が集まらなければ、夜を徹して食口たちを追及し、子供は家に残され、親は休みもなく教会通い。献金するためには最後は借金しかなくなり、返済に追われる毎日。
衣食足りて礼節を知る。という言葉があります。金集めに汲々とした食口は、心のゆとりなど持つこともできず、そのしわ寄せは子供たちに向かいます。

重ねますが、こんな文化を変えるには献金目標の撤廃しかありません。
  • [2016/06/23 19:59]
  • URL |
  • 勝手に食口代表
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

原罪

一言で括ると、統一教会の諸悪の根源、即ち 原罪 は、日本にだけ偏った 献金摂理 であります。金・金・金 韓国食口が必死こいて金集めやった事あるのか?ないよな!!!奇知外みたいに吠えるくせに。そのエネルギーを、金集めに発揮してみろ!

唯一無二の付属品。

亡くなってしまった彼女の死を思うとイエス・キリストのこんな言葉がよぎります。
『たとい人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか』
また、この宗教の礎とも言える原理講論のP.253~254の中にこの言葉を引用した内容があります。得に興味深いのがP.254のこの言葉に対しての例えです。
『例えば、ここに一つの完全な機械があるとしよう。そして、この機械のすべての付属品が、この世界にただ一つずつしかなくて、それ以上求めることも、つくることもできないとすれば、その一つ一つの付属品は、いくらつまらない微々たるものであっても、全体に匹敵する価値をもっていることになる。』と書いてあります。
この例えを読んだ時、この組織は何を思うべきでしょうか?高額な献金や分派への対策の中に、人のエゴや教理に対する盲信が働いているとすればこの組織は改めるべきです。それらの行いの陰に彼女のような犠牲が生まれていることを忘れてはいけないはずです。今この瞬間も、一つまた一つと欠けてはならない付属品をゴミ箱に捨てているとも捉えられます。正しい神の知恵とは何か、今一度信仰者であるならば吟味する価値はあるのではないでしょうか?
私は、米本さんが彼女の死に向き合って記事を書くことは、彼女にとっての報いであって欲しいと思うこの頃です。

勝手ながらの主観、駄文、抜粋で申し訳ありません。

臭い腐れ朝鮮カルトの匂いは元から断たなきゃダメだと思います。

>一般的に、会社であれ組合であれ、組織の文化を変えたいという場合、変えるべき今の文化の何が問題なのか、そうした問題はどこからもたらされたものか。それを分析した上で、文化を腐らせた原因を取り除くことが先決である。その過程で自然と新しい文化が生まれてくる。こんなことは入社3年目程度の若者だってわかること<

>石の上にも3年といいますが、教会自体は何も変わっていません。また、変わる兆しもありません。一体何時になったら浸透するのでしょうか?<

統一文化が腐ったのは必然的結果だと思います。本来は日本に来て貰ったら困る朝鮮カルト団体だったのです。今からこの腐った統一教会カルト文化を変える為には文鮮明教祖は再臨主ではない!真の父母も血統転換された真の家庭なるものもない!朝鮮カルトの偽物に引っかかっていたのだ!として再出発するしかない!と私は思っています。

朝鮮カルトマコトの家庭を神の血統の家庭として信奉し文韓教祖夫婦の教えに付き従う信仰生活をする限り、一時的に心の高揚を感じる事は出来ても、元々が文韓幻想王朝(自称神の祖国)建設の為の偶像崇拝の誇大妄想信仰故に時間の経過によって結果は悲惨な形として既に現われて来ました!(朝鮮民族から生まれた恨憎反日朝鮮シャーマニズから生まれた血分けカルトが統一教会です。嘘や詐欺は当然なのです!)

個人、家庭、氏族、民族、国家、世界、天宙(霊界と地上界)を文韓再臨主夫婦の教理で統一し地上天上天国を築く世界平和統一家庭連合(統一教会)❗️………しかし朝鮮カルト統一教会に従った結果が神様の血統に転換されている筈の神性なるマコトマコトマコトの家庭は分裂、バラバラ、ボロボロ!こんな家庭を模範モデル家庭にしたら大変だよ!信者の多くは貧乏不幸縮福家庭になっている!

2000年以降はだんだん機能障害のお地蔵さん組織に成っていて信者もお地蔵さんの様に固まってしまっている人が多い様だ。いつの間にか知人シックが躁鬱になっていた。聖日礼拝に行けば昔と今の信者の心霊状態の違いを感じる事が出来る。

教祖夫婦は人類の再臨のキリスト夫婦ではないし原理は真理ではないとすべきだと思う。

そして統一原理は文鮮明教祖を再臨主にして文鮮明王朝を創りたい文鮮明教祖の誇大妄想の野望実現の為のイカサマ教理で麻薬の様に人を洗脳する為の朝鮮カルト教理で文鮮明教祖の王国建設の為の奴隷を作る為の教理で神の真理とは全く関係ない!と明確にハッキリハッキリ宣言すべき。しかし、したたか朝鮮カルトゾンビはそう簡単には死なないでしょう。

ピラミッド型朝鮮カルトネットワークビジネスだが朝鮮トップとその周辺の特権階級だけが甘い汁を吸い、後は集金管理奴隷に固定給を与え、大部分の信者はあの世に行ってから甘い汁を吸わせてあげるから!と騙されて奴隷の様にこき使われる人生。

朝鮮カルト世界平和統一家庭連合の組織の中の公職者の人事異動しても、金太郎飴御花畑脳だから同じ事。トップがカリスマカルト独裁者の文鮮明教祖の未亡人でマコトの母と呼ばれる独生女オバサン。トップダウン組織故にカリスマ文鮮明教祖が亡くなったとは言え独生女マコトのオバサンの影響も洗脳された日本人信者には強い影響力を持ちます。

朝鮮異端血分けカルトの朝鮮人毒生女カルトの毒がこれ以上日本国に広まって日本国の害にならない様に!(3男7男分派カルトも同じ)世界平和統一家庭連合(統一教会)ぶっ潰せ運動でもして、マイナー歪になった統一教会にもう一度スポットを当ててぶっ潰したい!

二世の声さんへ

 初投稿、とてもうれしいです。

 次も、2世のことをアップします。長文です。

 コメントいただければうれしいです。
 他の2世の方のコメントも期待しています。むろん、「ちょっとずれているぞ」といった叱責であっても。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

米本さんへ

歓迎のお言葉ありがとうございます。

この組織が『夢はきっと叶う。』的な根拠のないプロパガンダから少しでも抜け出せればと思いコメントさせていただきました。

このブログ村が争いの場ではなく、現実と向き合う為の討論の場であって欲しいと期待するとともに、食口達が最悪の事態に歯止めをかける場であることを願っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/736-c0d77582