懲役1年、執行猶予3年に処す。  

鶴の絶対化路線(26)

 2015年12月14日付の記事「速報!金錫柄(キム・ソクビョン)を脅した人物が逮捕された」 に関する続報です。



 マスメディアでの続報がないのが不思議でしたが、東京地裁で判決が下りていました。今年の3月10日のことです。

 シンチョン・ヴィクタ・リ被告人は有罪。懲役1年、執行猶予3年に処す。


 実刑でなかったため、マスコミは報道しなかったのですね。納得。
 私が知りたいのは、起訴状及びシンチョン・ヴィクタ・リ被告人と金錫柄(キム・ソクビョン)の証言。また被告人の代理人(弁護士)の名前です。
 これがわかれば、さらに新しい事実、事件の構造を知ることができるのですが。
 

味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
管理人さんの追っかけ精神に拍手を!
それにしても、キム・ソクビョンへの告訴はどうなったんだろうね・・・

-次回は「祝福献金、トータル1000万円が返還されたぞぉ~!」 -乞ご期待!

コラムサ教のブロガー、ロードは底抜けのバカである

「サンクチュアリアンのエッセイブログ」に「霊感商法は人類を滅亡から救った」 が載った。時代錯誤というか社会性がゼロ(いやマイナス)というか、ともかくバカ丸出しの駄文である。内容はタイトル通りのもの。載ったのは6月17日。
 反統一の元シックから批判記事が出るのかと思っていたら、なんと、サンクチュアリ教会の礼拝にときおり参加しているという秀さんが痛烈な批判の矢を放った。4日後の21日のこと。
「<滅びへの道>サンクチュアリはカルト一直線!」がそれである。コメント欄にも目を通していただきたい。いずれも秀逸である。

 ロード(敬意、敬称略)のお馬鹿ぶりは秀さんの記事に譲るが、私が大いなる疑問を感じたのは、ブログ村に登録しているサ教のブロガー48人すべてがロードの記事をスルーしている-ということである。(6月30日現在)
 結果、彼.彼女たちは「霊感商法は人類を滅亡から救った」 説を容認している-ということになるのだ。秀さんのコメント欄にもサ教支持者は誰一人として投稿していない。

 サ教は図体だけが大きくなろうが、中身はヘチマ脳の集まりということだ。
 こういうことも考えられる。<ロードさんの記事は問題だけど、同じサ教の仲間だからなぁ>
 しゃぼん玉さんもそういう手合いか
 
 これと同じことがかってあった。
 日本教団の会長だった梶栗玄太郎氏が数年前の集会の場で、「霊感商法の何が悪い!」とやらかした。教会員は眉をしかめたが、スルーした。反統一・拉致監禁派からは批判殺到。
 その点、秀さんは拠って立つところがしっかりしている。是は是、非は非。いいものはいい、わからないことはわからん、悪いものは悪い。是々非々主義である。敬意を表したい。

(お願い)このコラム記事への投稿は控えてください。あっ、ロードとしゃぼん玉さんはOKですよ。ニコッ


-修正します-

 前掲記事の記述<私が大いなる疑問を感じたのは、ブログ村に登録しているサ教のブロガー48人すべてがロードの記事をスルーしている-ということである。(6月30日現在)>について。
 ブログ村に参加中のブログ・キリストのイチの「み」が「秀さんの記事を読んで」「秀さんの記事を読んで(続)」をアップされていました。

 また、<秀さんのコメント欄にもサ教支持者は誰一人として投稿していない>
 ハンドル名は明かしませんが、サンクチュアリ教会の支持者から投稿が寄せられていました。

 修正してお詫び申し上げます。(7月1日)

関連記事

コメント

秀さんの続編

●秀のブログ
●「<滅びへの道>サンクチュアリはカルト一直線! おかわり 霊感商法偏」
http://hydenoshikou.kakuren-bo.com/Entry/245/

-若干の感想-
(1)秀さんは実にまっとうな方である。
(2)ロードのバカは、前回の記事に対して「秀さんは、一昔前の反対派・左翼系マスコミの論調そっくり」と書いているという。霊感商法の親玉・古田元男の子分なのか。
(3)末尾の6行が皮肉が効いていて、とてもいい。

お知らせ

 囲み記事の修正を末尾に加えました。再読していただけたら、幸いです。

韓国文化との関係

(「速報!金錫柄(キム・ソクビョン)を脅した人物が逮捕された」 より引用)
<リ容疑者は今年7月、韓国に住む旧・統一教会の幹部の男性(56)に対し、都内の郵便局から国際スピード郵便で包丁や切断された指のおもちゃを送りつけた疑いが持たれています。リ容疑者は旧・統一教会の信者で、取り調べに対し容疑を認めたうえで「主要幹部の運営に不服があった」「権力を持っていることへの羨ましさと怒りがあった」と供述しているということです。(14日11:23)>

<「なんでこんな馬鹿な事をしたのか理解に困る反面、 かなり中核にも知り合いがいる人なので、教会の行く末に義憤を感じ、行きすぎた行動に至ってしまったのかなと思いました」
 と読者は分析するが、この点は判断を留保したい。「義憤」と「包丁と壊れた人形を送る行為」との間にはギャップがあるからだ。>


 上記の引用は以前の記事からですが、確かに日本の教会関係者にはもう一つ動機がわかり辛い事件でした。
 韓総裁の側近幹部だったキム・ソクビョン氏は‘火の粉を払え’に何度も登場しており、読者であれば、その政治的な悪行を知っているので決して良い印象は持ちません。
 特に現体制に批判的な信者などは彼を悪の元凶のように思っているはずで、彼が被害者になったからといって同情する人など一人もいないはずです。
 現・家庭連合に批判的な三男派メンバーやサンクチュアリ教会メンバーは彼をサタンのように思っているのは間違いなく、シンチョン・ヴィクタ・リ被告に同情するような思いがあっても不思議ではありません。
 ただ、統一教会=家庭連合そのものを問題視する‘元信者’からすればキム・ソクビョン氏が悪の元凶とは考えていないので、リ被告に同情することもないと思います。
 米本さんがコラムで紹介してくださった秀さんのブログ記事は面白かったですが、そこに投稿されていたgoutさんのコメントはなかなかスパイスが効いていて傑作でした。(笑)
 ‘元信者’からすればキム・ソクビョン氏の悪行は小者の悪行であって、さらに多くの被害者を出した霊感商法の元凶となる‘ドン’がいるので、キム・ソクビョン氏などは眼中に入らないのです。

 私も基本的にgoutさんと同じように考えますが、この事件に関しては、別の角度から見れば 韓国統一教団の人間関係の実情を表しており、注目すべき内容があると思います。
 事件の動機に関しては上記引用にあるリ被告の供述を素直に受け取るべきで「権力を持っていることへの羨ましさと怒りがあった」というのが一番の動機だと思います。
 同じ統一教団とは言え、韓国組織の幹部の立場と日本組織の幹部の立場には大きな違いがあるのは確かなのです。
 それは特にお金の扱いに大きな違いがあると思われ、以前‘火の粉’記事で統一教団から韓国の国会議員選挙に立候補した人達の資産の多さが話題になりましたが、韓国では教団の幹部になりさえすれば、財産を蓄えることも許される文化、あるいは習慣のようなものがあるのだと思います。
 それは朝鮮半島に伝統としてある朝鮮儒教の影響が考えられ、権力を持った者、上位に立つ者には都合のよい社会となっているのです。
 その文化は日本と大きく違っており、日本の一般社会では権力者、上位にある者は却って実力、品格が問われるようになるのです。
 そのため、品格を失うようになれば、どこかの知事のように失脚してしまうのです。
 しかし、韓国の、少なくとも統一教団社会においては文化が違うのだと思います。
 そうでなければ、国会議員選挙で資産が公開された際には大きな問題がわき起こったはずなのです。
 韓国では権力さえ手にしてしまえばお金も思うようになり、それをどのように使おうと下の者は文句を言えない習慣が昔からあり、統一教団においてはそれが顕著なのだと思います。

 もっとも日本の統一教団は次第にそのようになりつつあり、統一教団に限っては日本の伝統、文化と異なる風潮があります。
 統一教団の視野の狭い信者たちは教会が朝鮮化することを良いことと考えますが、実はそのことは文化を退化させてしまっていることに気付いておらず、「真の父母」絶対服従の奴隷のような道徳観をもつことによって、ますます進歩し続ける一般社会から取り残されるようになってしまうのです。
 

笑えない現実

韓国の家庭連合(旧統一教会)幹部の中には金錫柄(キム・ソクビョン)の様な幹部が大勢いて彼はそれを当然の事として真似ただけかもしれません。神々の黄昏さんが仰る様に朝鮮儒教の影響は強いと思いますし、韓国人の血統から来る人間性や韓国文化のせいかもしれません。

>韓国では権力さえ手にしてしまえばお金も思うようになり、それをどのように使おうと下の者は文句を言えない習慣が昔からあり、統一教団においてはそれが顕著なのだと思います<

その通りだと思います。ある韓国人国家メシアが宣教国で教会資産を売却した後、帰国命令で韓国に帰国したのですが、同じ宣教国の欧米の国家メシアから本部教会に訴えられた!と言う事も聞きました。

日本の宣教地区教会から献金して貰った献金も殆ど自分の自由裁量で使っても問題ないと考えるのが韓国人だと思います。日本人信者と潔癖さに大きな開きがあるのです!

>統一教団の視野の狭い信者たちは教会が朝鮮化することを良いことと考えますが、実はそのことは文化を退化させてしまっていることに気付いておらず、「真の父母」絶対服従の奴隷のような道徳観をもつことによって、ますます進歩し続ける一般社会から取り残されるようになってしまうのです<

涙涙の統一物語です!私もホント〜に気づくまで退化していました!朝鮮化して傷ついた脳細胞は既に血が流れておらず固まって死んだ細胞の様に私自身感じているのです!今、蘇生の為のリハビリ中です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/734-3abb8bee