吸血鬼か寄生虫か。 

改革か自壊か(26)

 家庭連合(統一教会)の澤田広報部長からメールが届いた。
「今回の記事内容に関して抗議文を添付しました。ご査収ください」

 その抗議文並びに私の回答、澤田氏の回答を紹介した上で、記事の修正・削除要求に対する私の見解を述べ、最後に若干の解説を綴ることにする。

【抗議文】
2016年4月27日

ブログ「火の粉を払え」2016年4月25日付『改革の視点(2)』について
世界平和統一家庭連合 広報局

前略
下記の記事に関して、ご指摘の子女が職員になっているとすればその事実をご提示ください。また「親子2代吸血鬼集団」という表現は名誉毀損に該当します。
よって速やかに修正削除されるよう求めます。

なお、職員の採用に際しては、『就業規則』内の採用規定に基づいて公正に行われています。

草々

以下、引用文・・・・・・・・・・・・・

後日のブログを読んでもらえばわかるが、鴨野氏はかつては改革マインドのあるシックであった。ところが、次第に旧守派に変わっていった。2人の娘が統一教会あるいはそれ系のところに就職したからだとすれば、ガッテンガッテンである。

 とすれば、大田洪量の子どもは、改革派を公言していた横田、大塚&徳野の子どもは・・・。長の子ども職員の人数は、一般シックが想像する以上に多いかもしれない。
 結局のところ、家庭連合とは親子2代吸血鬼集団ということではないのか。

(抗議文終わり)


【回答】


 抗議文、受け取りました。
(1)「親子2代吸血鬼集団」という表現は、近く修正いたします。

(2)「後日のブログを読んでもらえばわかるが、鴨野氏はかつては改革マインドのあるシックであった。ところが、次第に旧守派に変わっていった。2人の娘が統一教会あるいはそれ系のところに就職したからだとすれば、ガッテンガッテンである」
 この記述については誤りであったことを、最新記事で書いています。
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-721.html#more
<「家庭連合・カープまたは同団体系の企業などに就職している」というのは事実ではなかった。鴨野家に謝罪いたします>
 これでよろしいでしょうか。

(3)職員の採用が公正に行われている根拠として、「就業規則内の採用規定」をあげられています。
 しかし、私はむろんのこと、ある公職者も読んだことがないと話しています。
 どんな「採用規定」でしょうか。教えてください。
(回答終わり)

【さらなる回答】

ご回答ありがとうございます。
「就業規則」は職員には通知しております。
また内部文書のため公表しておりません。
ご了承ください。
(回答終わり)

【修正削除要求について】

 教団の職員及びその子ども職員が献金で生活しているのは事実である。「親子2代吸血鬼集団」は事実に基づいた論評であっても、教団が指摘するように名誉毀損表現だと判断した。どう修正するか、かなり悩んだ。

◆宋龍天総会長は2015年の天一国指導者総会で、こう話している。
「昨年実施したシックの意識調査によると、シックの幸福度を阻害する要因として約4分の1が経済問題を持っているほど、祝福家庭の経済的な困難は深刻な状態にあるのです」

◆深刻な経済状態の原因は、高額なエンドレス献金にあることは明々白々である。

◆1100人の職員(親子職員含む)は、その献金で生活している。平均年収は350万円だという。

 この信じられない構図をなんと表現するか。浮かんだのが「親子2代吸血鬼集団」だった。しかし、これは名誉毀損表現。そこで、「親子2代・献金で生活する集団」という愚直な表現にすることにした。この記事をアップするのと同時に、元の記事も修正する。


【ランダムな若干の解説と感想】 

(1)前述の歪な構図のことを想うと、心が荒んでくる。親シックが献金の結果どんなに貧乏な生活をしようが、それは親が選択した結果である。しかし、貧困ゆえに就学支援の援助を受けている2世たちはそうでない。高額エンドレス献金システムによって幸福を阻害されている犠牲者だ。子どもたちは、不平不満を述べても、親に献金をやめさせることはできない。担任やクラスメートに相談することもできない。子どもの立場になって考えれば考えるほど、精神が乱れ、苛立ってくる。

 教団の職員とりわけ本部職員は現場の実態を知らないし、350万円の年収が保証されている職員の子どもたちは就学支援を受けているわけではないし、マックのポテトが食べられない状態にあるわけではない。
 現場の実態を知ろうとしたのは、元世界会長の文亨進氏だけである。



<注>この動画を紹介したときの記事は「昔の文亨進にあらず!なめたらあかんぜよ」 (2015年2月15日)。わずか1年余りで、ほんとうに記事のタイトル通りになりましたね。


 どうして教団本部は一般シックの生活のありようを知ろうとしないのか、私には不思議でならない。ブラック企業の経営者ならともかく、公共の福祉に寄与したいとする宗教法人の職員なのに。そう想うと、ついつい名誉を毀損するような表現が浮かんでしまうのだ。

 統一教会は、地上天国、全人類の幸福実現を目指しているという。しかし、社会の幸福のことより、宋氏が語るように当の教会員の幸福が阻害されているのだ。それなのに、信者のことに思いを寄せることなく、地上天国の実現を夢想する。職員は職員で献金メシを食らっている。一種の病理集団といってもいいだろう。
 統一教会は、もはや宗教学や宗教社会学ではなく、異常心理学、精神医学、脳科学の研究対象となっている。

「吸血鬼」の意味を調べてみた。
「人を苦しめて強欲なことを平気でやる人間」
 
と書かれている。まさに教団の幹部諸君のことを指しているではないか!
「近く修正する」と約束したから、今さら覆すことはしないが、今後は「親子2代」の冠はつけず、「吸血鬼集団」の言葉は使わせていただく。
 そういえば、文亨進氏は最近のスピーチで、家庭連合のことを「寄生虫」と表現していた。寄生虫とは
「他の動物・(人体)に寄生して生活する動物」
-のことだが、教団本部がサンクチュアリ教会に抗議したという話は聞いたことがない。


(2)<なお、職員の採用に際しては、『就業規則』内の採用規定に基づいて公正に行われています>について。裏付けをとったが、『就業規則』は存在するようである。
 どんな採用規定かはわからないが、抗議文であえてこの一文を付け加えたのは、私が「家庭連合ではコネ(親の七光)入所が隠微に行なわれている」と書いたことを意識したものであろう。

 コネでなく、「採用は公正に行なわれている」
 この根拠は、就業規則に採用規定があるからだという。
 紙切れ一枚をもって、公正の根拠とする。全くもって、本部諸君の頭はどうかしている(後述)。

 採用が公正に行なわれているかどうかは、職員の募集が行なわれていたかどうかで決まる。すなわち、すべての教会員に職員を募集していることを知らせているかどうかだ。
 そんな事実は一度も聞いたことがない。
 固有名詞は出したくないのだが、広報局の2人の採用はどうだったのか。
 鴨野氏は、還故郷で北陸に住んでいたが、いきなり本部の広報局長として採用されている。広く教会員に広報局長の募集を呼びかけたことがあったのだろうか。
 澤田氏は、カープ(別法人)で部長をしていたが、あるとき統一教会の渉外部長(確か最初は渉外部長だった)に採用されている。広く教会員に渉外部長の募集を呼びかけたことがあったのだろうか。

 287の教会長のうち半数は韓国人である。韓国の家庭連合に募集広告を出したことがあったのか。

 統一教会の職員採用は、すべてコネ・縁故・ツテといってもいいだろう。

 就業規則が存在し、そこには採用規定が書かれている。それゆえ、「採用は公正に行なわれている」という。まさに、泣きたいぐらいにお笑い統一教会さんなのである。

 家庭連合の抗議文の作成にあたっては、澤田部長が起草し、鴨野局長がチェックしたはず。名誉毀損(法)に関わることゆえ、近藤法務局長も目を通したであろう。徳野会長も読んで、稟議書にサインしたかもしれない。
 それにもかかわらず、「『就業規則』内の採用規定に基づいて、職員の採用は公正に行われています」という一文を全員が了承する。オカシイことにみんな気がつかなかったのだ。信じられない話である。

 論理的に考える。事実に即して考える。彼らにはこの能力が欠如している。
 私から揶揄的反論(287の教会長のうち半数は韓国人である。韓国の家庭連合に募集広告を出したことがあったのか)が来ることも想像できなかった。想像する力も失われているようだ。
 では、彼らは元々脳足りんだったのか。
 そうではないはず。みんな大学卒。論理性や知性、想像力がなければ高偏差値大学には進学できない。しかし、カープに入り、教会員になり、本部職員になり、役職者になる過程で、それらが退化していった。
 その理由は、20歳前後から30~40年間、一般社会とかけ離れた観念世界(統一原理世界)、論理や知性が必要とされない世界に生きてきたからだろう。

 この一文を読んで、「あの野郎、好き勝手に書きやがって」としか思わないだろう。
「そうだなぁ、紙切れ一枚では公正の担保にはならないな」(論理性)
「そうだなぁ、俺たちは職員の募集要項を読んで、役職者に応募したわけではなかったな」(事実性)
-と、反省することは決してないだろうなぁ~ ため息が出る。
 うちの老母がやっている「脳トレ教材」でも松濤に送ろうかな。
 

味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

修正・謝罪するべきは組織

実名で勝負してる立場の方は、組織から目を付けられてしまう?
名誉棄損?・・・
それより、集団で信者を騙してる組織の現実の方が酷すぎる。

・・・組織なんてHPはねつ造だらけ
映像だってねつ造だらけ
なのに、修正も謝罪もしない・・・矛盾がありすぎる。

文春にお門違いの抗議しておきながら、現実は愛人との結婚式を堂々とした息子の真実を、信者向けにねつ造で抗議してる。
愛人結婚(愛人は妊娠していた)した後に、離婚するなんて有り得ないでしょう。

抗議したのは、デキ婚ならぬ愛人婚という嘘が、バレないようにしたのかもしれないのかもしれないけど、汚過ぎる現実を正直に信者に謝罪することもできない往生際が悪すぎる組織。

信者に謝罪するのも当然だけど、文春さんへ謝罪するべきです。

本当の改革

前の記事にコメントしようとしたところ、新しい記事がアップされていたので、こちらにコメントすることにしました。

「二世の20%しか祝福を受けていない。」という事実が、統一教会は二世教育に失敗したことを如実に表わしています。
昔は、「親が精誠を尽くさないと(≒献金をしないと)、子供が蕩減を負う。」とか畏怖困惑としか思えないようなトークが平気で使われていました。
これも、一つは「絶対信仰を持ってやれば、あとの責任は神が持つ」というみ言をそのまま信じた故でした。しかし、絶対信仰という思い込みの中で、実際のところは子供を育てるという親の責任を放棄していたということに気が付いていなかったのです。

過去の過ちを謙虚に受け止め、過ちを繰り返さないようにしっかり反省して正すべきところを的確に正していく。こんな当たり前のことを、統一教会はやってこなかったのです。

今回の抗議文も、もしかすると澤田氏や鴨野氏は米本さんが記事の中で指摘している事には気が付いているかもしれない、あるいはそれもそうだよなと思っているかもしれない。しかし、今の教団の雰囲気はそれを口に出せる雰囲気なのだろうか。
熊本地震での「不謹慎狩り」を連想してしまうが、教団の中には正論であってもそれを口に出せない雰囲気があると思う。

この「火の粉ブログ」や、その他のブログで教団を批判している内容が数多くあるが、それらをただ否定、あるいは無視するのではなく、謙虚に受け止めていく姿勢がないと本当の改革はできないのではないでしょうか。
  • [2016/05/01 17:51]
  • URL |
  • 勝手に食口代表
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ナツミカンさんに指導です。

 投稿はこのブログとは全く関係ないことです。

 削除しようと思ったけど、晒すことにします。

 ナツミカンさんには理解できないでしょうが、あなたのは投稿は熱狂的な信者が大歓迎するのもです。

 統一教会をやめると、こうまでおかしくなるのか、と。

そもそも、悔い改め でしょ?

間違いは、人生つきものであります。間違いを、しないに越したことはないけれど・・・謙虚に反省し、それこそ 悔い改め でしょ?統一教会最近は、本当に傲慢ですね。昔から、一般社会を、非原理 と見下すし、祝福 受けざる者、人にあらず。はっきり言わせてもらえば祝福受けてその程度の人間性しか構築出来ないのなら、受けない方がまし。と、思います。

日本人一般信者様はマコトと日韓幹部達の点の伝統を相続しない様に!

結論から言いますと、世界平和統一家庭連合(統一教会)の本質は血統転換(血分け)教団と言う事です!文鮮明教祖が何と言ったか?と言うと、統一教会の合同結婚でシュクフクを受けた子孫が文鮮明教祖と韓鶴子夫人のマコトの子女達に統一教会の合同結婚式を通して近づいて行く事。まずは日本人なら血統が神やマコトの父母に近い韓国人と結婚する事が血統的に神に近づく道だと言っていて、マコトの父母の子孫と将来的に結婚する事が神の血統により近づく救いの道と言っている訳です!

要は人事も朝鮮方式なのです!日本統一教会本部の人間が何と言おうと血縁=コネが重要視される組織なのです!、、、当たり前!

>結局のところ、家庭連合とは親子2代吸血鬼集団ということではないのか<

統一教会でより早く文鮮明教祖からマッチングのシュクフクを受けた人間はそれだけで貴族の様なものなのです!12双はそうでしょう。貴族の二世を優遇するのは統一教会では当たり前です!


>統一教会は、地上天国、全人類の幸福実現を目指しているという。しかし、社会の幸福のことより、宋氏が語るように当の教会員の幸福が阻害されているのだ。それなのに、信者のことに思いを寄せることなく、地上天国の実現を夢想する。職員は職員で献金メシを食らっている。一種の病理集団といってもいいだろう。統一教会は、もはや宗教学や宗教社会学ではなく、異常心理学、精神医学、脳科学の研究対象となっている<

米本さんが仰る通りです!世界平和統一家庭連合(統一教会)は病理集団です!
統一教会は日本人と全く異なった人間性を持つ朝鮮人の民族宗教です。その上に韓国でも世界平和統一家庭連合(統一教会)は異端カルトと言われる団体なのです。

文鮮明教祖をイエスの再臨主として世界を制覇して朝鮮帝国主義文鮮明王朝を創ろうという野望を持った団体なのです!

ハッキリ言って私は日本人の一生懸命真面目御花畑信者様の目的と文鮮明教祖の野望は同床異夢と考えています!


>統一教会の職員採用は、すべてコネ・縁故・ツテといってもいいだろう<

上記仰る通りです!文鮮明教祖と韓鶴子独生女様の天(×)点(◯)の伝統を見れば明らかです。

統一教会は昔から相続=真似小僧を重視(点の伝統)として来た教会です!

、、、だから韓国の人事を見れば一目瞭然でしょう!鶴の一声で亨進氏や国進氏はアメリカ人事。善進氏が会長。韓国人幹部達の人事もそれに倣えです!全羅道グループとか。

日本社会は今はコネは厳しく成って来ているが、遺憾せん日本統一教会は韓国の教会の伝統を真似る傾向は強くあるのです。

二重人格と二枚舌も世界平和統一家庭連合(統一教会)の点の伝統です!

管理人さんへ

>ナツミカンさんには理解できないでしょうが、あなたのは投稿は熱狂的な信者が大歓迎するのもです。

 統一教会をやめると、こうまでおかしくなるのか、と。<


管理人さんて米本さんですか?
別の方でしょうか?

こうまでおかしくなるって・・・?
熱狂的な信者が大歓迎って・・・?

お時間ありましたら教えていただけないでしょうか。

個人的には・・・
関連していると思うのでUPしました。
組織は自分たちへ向けられる評価に対しては、気に入らなければ抗議し、
組織のねつ造部分にはスルーしお門違いの抗議ををしたりする。
そして、現信者たちはマインドコントロールされているので、組織のねつ造内容を信じてしまう状況です。
多くの被害者たちのことなど考えず、お花畑の中で信じてる人たち向けに映像も作る。
組織は、相当な厚顔無恥だと思いますけどね・・・。

ねつ造だらけなのに、謝罪もせず
狩るように抗議文を米本さんに送り付けるなら
正々堂々と本部は信者との質疑応答の場を設けるか、本部直轄の掲示板でも作って、関連した人たちへきちんと答えを返すべきなのではないでしょうか。

本部は
表立った3万人以上の被害者がいることをどのように感じているのでしょう?
表に出ない被害者も多数いることをどのように思っているのでしょう?

被害者は、組織の実労数をすでに超えているのに、反省もない組織はこのままどこまで行く気なのでしょう。



米本さんへ
コメントできるようにしてくださりありがとうございます。
邪魔なようでしたら、また出入り禁止にしてください。

要するに「寄生虫」という言葉は鉄壁なんですね。

>文亨進氏は最近のスピーチで、家庭連合のことを「寄生虫」と表現していた
>教団本部がサンクチュアリ教会に抗議したという話は聞いたことがない。

要するに、御子女様の言葉には抗議できない訳だ。

現状の公職者?の表現としては「吸血鬼」の方が妥当かも知れんが、まさか現教団本部が貧困ビジネスとかしてる訳でもないだろう。
でも、年金生活者や生活保護家庭の信徒からも献金を受け取っている様だから貧困ビジネスの輩となんら変わらないと言われても仕方ないかな…。

少なくとも、教団名義でしっかりと「収入の無いものからの献金は一切受付けません」とか宣言すべし。
逆にそういう環境の信徒のサポートをすべきだよね。(既存のキリスト教会みたいにホームレスに食事を配ったり)

出来ないと思うけどね。

「寄生虫」はみ言です。

公職者に対して「先生にぶらさがって食べていこうとする寄生虫め!」とおっしゃったのは、文鮮明師のみ言です。
お父様を正しく相続なさっている亨進様は、そのまま表現なさっただけです。
それに対して万一名誉毀損と言う公職者がいれば、お父様に対する反逆者であることを自証することになります。

2000年ぐらいまでは、教会長の家族は献身者じゃないから、公金を使えない!と言って、教会長夫人が仕事をしたり、氏族圏がバックアップする教会長が何人もいましたが、もうとっくにそんな教会長はいないんですね。。。

お父様のみ言通り、環故郷して氏族のバックアップをもらっていれば、こんなバッシング受けなかったんでしょうけどね。

神の名を利用する利益追求組織

抗議文では「職員」と表現されてるので、献身者でも公職者でもなく、採用規定のある単なる「信仰有り?の月給取り」だということです。

「献身」とは自分の利益を顧みないで、他者または物事のために自己の力を尽すこと。

つまり、自分の利益を顧みない意識がある献身者は一人もいないことを自覚して、敢えて「職員」と表現したんだと思います。労働基準法上は残業手当、家族手当も付けれるから、もらってる気がします。

自分の利益を顧みる「職員」が、会員に対し、利益を度外視した「(高額)献金」を会員に求めることなんか絶対にあってはならない。→求めるなら宗教法人剥奪だ!

自分の利益を顧みる家庭連合職員が言えるのは「献金」ではなく、ただの「会費」だけだ。だから、家庭連合会員は月会費を納めるだけで良い。
職員採用規約があるなら、当然、会員規約もあるはずだし、これの公開を求め、あるはずの会費条項を確認すればいいと思う。会費以外の寄付(特別会費)の話があっても無理に応じる必要なんてかけらもない。

また、会員が会員同士の結婚斡旋を求めるなら、事前に必要経費理由を求め、支払領収書も当然もらうべきだ。不明瞭会計があるなら、本部に訴え、所轄官庁とか、国民生活センターとか、職員の横領があるなら有志で告訴とかすべきだ。(韓国ではやってるらしいけど)

会員は、家庭連合が発する言葉、活動(何をしてるか知らないが)に本当に興味があったとしても、自分たちを犠牲にしてまで組織に尽くす必要などない。個人的に行動すればいいだけと思う。
「職員」は自分の利益確保を優先し、「献身」に値する組織でも何でもないんだから。
会員は自分たちの意見を堂々とガンガン言えばいいと思う。給料取りの単なる信仰指導?「職員」なのだから、それ以上でも以下でもないし。

日本でやっていけるのか?

役に立ってないなら二代吸血鬼と言われても仕方ないと思いますがね。

お仲間の二代(それ以上もあり)吸血鬼政治家を見習ってるんでしょうか?両方コネでやられても困りますよね。
 でも政治家は問題起こして選挙で落ちる場合があるのに、問題起こした責任者をたらい回しにするのは止めてもらえませんかね。
 職員の規則内容は一般食口にも知らせる義務があると思います。チェック機能がないと公職者天国になりますから。公務員は公布してますよね。やはりそこも韓国体質でコネなのかな。だから日本人の体質に合わない団体なんだよね。

コネを使ってまで

年収1000万円ならともかく、300万台程度ではコネを使ってまで就職したい団体とは思わないのでは?と思います。
韓国の幹部クラス(○○億の利権があるとかないとか)ならやりがいがありますね。良心が咎める人には出来ませんけど。

re:コネを使ってまで

前記事のカルパッチョさんのコメントにあるようにコネを使ってまで就職したいとは思わないのでしょうが、リストラを恐れなんとかしがみついている中高年シックはいます。
また就職しなくても本部やハッピーなどの関連会社から依頼される細かい仕事をあてにしている人もいます。そこにはある程度コネがなければ仕事を請けることはできません。

投稿感謝&雑感

勝手に食口代表さん
>今回の抗議文も、もしかすると澤田氏や鴨野氏は米本さんが記事の中で指摘している事には気が付いているかもしれない、あるいはそれもそうだよなと思っているかもしれない。しかし、今の教団の雰囲気はそれを口に出せる雰囲気なのだろうか。
 熊本地震での「不謹慎狩り」を連想してしまうが、教団の中には正論であってもそれを口に出せない雰囲気があると思う。

 そうだと思います。
 日本の社会と同じ空気が漂っていると思います。

ナツミカンさん
>こうまでおかしくなるって・・・?
熱狂的な信者が大歓迎って・・・?
お時間ありましたら教えていただけないでしょうか。

 個人メールでお答えします。この欄で答えれば「ブログのコメント欄」にならず、自由掲示板になってしまいますので。
 私のアドレスは明記してあります。どうぞ、お寄りを。

成晶さん
>公職者に対して「先生にぶらさがって食べていこうとする寄生虫め!」
とおっしゃったのは、文鮮明師のみ言です。

 貴重な情報、感謝です。
「寄生虫」は回虫などの動物のこと。「吸血鬼」は人間のこと。
 裁判になれば、闘えます。感謝です。


toramaruさん
>抗議文では「職員」と表現されてるので、献身者でも公職者でもなく、採用規定のある単なる「信仰有り?の月給取り」だということです。

 認識を新たにすることができました。感謝です。


大阪一世さん
>年収1000万円ならともかく、300万台程度ではコネを使ってまで就職したい団体とは思わないのでは?と思います。

 その通りだと思いますが、学校を卒業して献身者になる。月に数万円程度のお小遣いをもらうようだけど、

<富士通に勤めるシック社員よりは「俺のほうが信仰基準は高い」とノーテンキに。(一般社会ではプーだけど)>

 でも、自分の今に少しばかり疑問を感じている頃に、「君、職員にならないか」(300万円コース)と言われたら、どうなるでしょうか。これが一般的な正職員への道だと認識していますが。

 あまりコネという用語に、直截的かつ狭く、反応していただきたくないですね。


 5月5日に次の記事を更新するまで、パソコンは開きません。メンゴであります。

プライド

年収が大したこと事なくても、今更転職したら環境が悪くなるのでプライドが許さないところもあるのでしょう。
 公職者という立場上一応気を遣われるてるのに、平からやり直して使われる立場になるのはギャップがすごすぎてきついと思います。見下していた社会で働く壮年さんより下の立場に。それに耐えれず公職者続けてる方もいると思います。
 今の状態から抜けたくてもプライド故どうしようも出来ないのでしょう。
 そんなプライドの為に多くの食口の献金が使われるのは悲しいです。もっと心も組織も余計なものを削ぎ落とす時ではないでしょうか。

年収は関係ないです

残念ながら議論が少し違います。

年収は関係ないです。最低の生活が保障されればいいのです(元々富とか名声を望んでいるわけでないので・・・)。

教会員であればわかりますが、献身者には、教会の中でそれなりの地位が与えられます。この特典は年収という物差しで測ることはできません(場合によっては領収書不要の金銭の授受もあるかもしれません)。

これが、例え「コネ」であっても、補充に事欠かない理由です。

即ち、「コネ」は存在する。
しかし、名目上の年収は関係ない。

この結果、この掲示板で指摘されているように
これだけ問題が明らかになっているにもかかわらず
新しい考え(改革マインド)を持った人材を外部から登用しようとしない。
(トラブルメーカーとなり得るのでむしろ採用しない方が都合がいい。)
故に、教会組織は、桎梏化する。

一方で、韓国から何を目的に教会にいるのかわからない輩が「リーダー」として続々と送られてくる。

従って変わらない(むしろ悪化している?)。

動画ありがとうございます

いつもありがとうございます。
仰る通り、これは冗談事ではありません。救われないといけないのは、世界の為にという名目で、偽りの組織に、常に無いお金を吸い取られる人達だと思います。1世も心配ですが、2世、3世本当に気がかりです。

話は変わりますが、映画、スポットライト
観られましたか?組織と対峙する正しい人達の奮闘。見に行きます。

Re:スポットライト

映画「スポットライト」とは、ボストンとその周辺地域で蔓延していたカトリック司祭による性的虐待事件に関する勇気ある報道と、その顛末を描いているようですね。
http://the-neuroscience-change.net/archives/archives/675

UM(統一運動)の場合、もはや遅きに失するかもしれませんが、このような勇気ある行動はあってもいいかもしれません。
韓国人による嘘の歴史の捏造は枚挙にいとまがありません。
日本人こそ声を上げるべきです。

別ブログでナツミカンさんが、「本部に問いたい-なぜ嘘をつくの」というテーマで問題提起をしています。

表現の仕方にはいろいろと問題があるかもしれませんが、非常に率直で、歯切れのいい物言いに悪い気持ちはしません。

このブログをご覧の現役の方で、理想を語る団体にもかかわらず、内部から何の動きも出てこないのは情けないと思っている方はいませんか?不正を正当化することに自己矛盾を感じませんか?
既にtoo late, nothing will changeでしょうか?

多くの家庭が異常な高額献金で苦しんでいます。
扱うことのできるテーマはいくらでもあります。

桎梏化した組織に問題意識を持っている方は一石を投じてみてはいかがでしょうか?
あるいは、コネを打破して本部に入ってみるとか・・・?。

突っ込みどころ満載です

おそらく沢田兄言うところの、就業規則なるものの採用基準なるものとは、以下のような文面かと推察されます。

※厚労省HPより引用

(採用手続)
第4条 会社は、入社を希望する者の中から選考試験を行い、これに合格した者を採用
する。
【第4条 採用手続】
1 会社は、労働者の採用に当たり、男女かかわりなく均等な機会を与えなければなりま
せん(雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律(昭和47
年法律第113号。以下「均等法」といいます。)第5条)。
以上引用終わり

米本さんのご指摘、現、元シック各位周知の通り、当該団体において労働の対価の報酬を得ることができる「職員」を募集した事実はないはずです。

20世紀の終わり頃「教区長になりたい人、手を挙げて~」はありましたが、労働条件その他一切明示されていないので、これは労働者募集とはいえません。

CARP時代、莫大な広告収入と無借金という恵まれた立場で、金銭面で厚遇を受け、バイト一つしたことない世間知らずの沢田兄らしく、今回もつっこみどころ満載です。

・就業規則を通知・・と言いますが、雇用側に通知する義務はありません。
書面、非書面を問わず労働者から求められた時に開示できれば法令上セーフです。
・なお、「規則」は従業員が10名以上の事業所は各々個別の作成が、ガイドラインに謳われていますから、松濤以外のある程度の地区、教区においては個別に作成されていなければならず、「通知」するものではないです。
・内部文書だから公開できないのではなく、取り急ぎ上記のひな形をコピーしたもので、このままだと突っ込まれるので出せないだけでしょう。

すっかり官僚化した沢田兄。
守るものがあるとたいへんですね~。
同情します。

ふむふむ

公金から給料もらって
たいした苦労なく生活してる職員は
絶対天国には行けないよ。

世の中で働きながら苦労してる人の方が
高い霊界に行ける。

韓国にも、公金から給料もらってる人が
けっこういるようだが
高い霊界になどいけない。

カルマを背負いながら生きてるんだがら
当然のこと。
そしてその蕩減が子供にいくのだ。

脳の中の幽霊

>>統一教会は、地上天国、全人類の幸福実現を目指しているという。しかし、社会の幸福のことより、宋氏が語るように当の教会員の幸福が阻害されているのだ。それなのに、信者のことに思いを寄せることなく、地上天国の実現を夢想する。職員は職員で献金メシを食らっている。一種の病理集団といってもいいだろう。
 統一教会は、もはや宗教学や宗教社会学ではなく、異常心理学、精神医学、脳科学の研究対象となっている。
         ↑
     宗教心理学という分野があります。   

>>論理的に考える。事実に即して考える。彼らにはこの能力が欠如している。
 私から揶揄的反論(287の教会長のうち半数は韓国人である。韓国の家庭連合に募集広告を出したことがあったのか)が来ることも想像できなかった。想像する力も失われているようだ。
 では、彼らは元々脳足りんだったのか。
 そうではないはず。みんな大学卒。論理性や知性、想像力がなければ高偏差値大学には進学できない。しかし、カープに入り、教会員になり、本部職員になり、役職者になる過程で、それらが退化していった。
 その理由は、20歳前後から30~40年間、一般社会とかけ離れた観念世界(統一原理世界)、論理や知性が必要とされない世界に生きてきたからだろう。
   



 「脳の周りが分厚いビニールで覆われている」「カルト脳」「脳がウニ状態」等と米本さんはよく表現されますが、脳科学的に見れば以下のコラムに書かれていることが統一信者におこってると考えたらいかがでしょう。
http://www.tachibana-akira.com/2015/12/6985

 文教祖と共ににサタンと闘い「堕落世界」(闇)を「本然世界」(光)に変革するという壮大な「物語」(妄想)こそがリアリティーである信者に対して、米本さんが理性や論理によって訴えても徒労に終わると思うのです。
 イスラム原理主義者のテロを理性で抑止できないのと同様。
 高額献金も二世問題も「物語」(今は苦しくても地上天国実現あるいは素晴らしい霊界に行くための犠牲)の一部ですからね。
  末端信者にとって「物語」がなくなれば、アイデンティティー
(自己正当化)も崩壊してしまいますから。(鶴派、サ教会、文三派問わず)

  
  ただ、韓国人幹部の中には「物語」を信じず、保身と蓄財のためだけに利用している人もいることは確かでしょう。しかし、彼らは守旧派ですよね。
日本人中間管理職(徳野氏も含めて)は彼らのイエスマンになるしかないのでは?
 私に言わせれば韓国人幹部こそが「吸血鬼」で日本人中間管理職は手下の「ゾンビ」に見えます。

悠著に抗議文を出している時ですか

幹部は このブログを読んでいるなら、そんな抗議文を出している暇があるなら、米本様の提案を真剣に 謙虚に受け止めて 考えていく必要があるのでは。

本当に幹部の方たちには 失望です。
 このブログに顔写真が載せられていることを恥じるべきです。

教団職員の知性の退化に関して

>論理的に考える。事実に即して考える。彼らにはこの能力が欠如している。
>しかし、カープに入り、教会員になり、本部職員になり、役職者になる過程で、それらが退化していった。
 その理由は、20歳前後から30~40年間、一般社会とかけ離れた観念世界(統一原理世界)、論理や知性が必要とされない世界に生きてきたからだろう。


 米本さんは上記のように本部職員の言動に問題が多いのは現実に対する認識能力、論理的な思考能力が退化している為であるという判断なのですが、鴨野氏や澤田氏の広報活動を見れば、それを否定することが難しいのは確かです。
 ただ、古い時代、冷戦のさ中に信仰をもって共産主義運動と戦ってきた古い教会員の中には そのように言われれば反発を感じる人は多いと思います。 
 鴨野氏や澤田氏もその世代の人達であり、米本さんから上記のように無知扱いされればおそらく反発するに違いありません。
 しかし、現実として自分達のもらっている給料は それとわかって信者達が任意で捧げたお金なのではなく、教義で誤魔化した不明瞭な目的のもと、どこまでも強制的な方法で集めた献金の中から支払われており、客観的にみれば、騙して搾取したお金である訳で、そのお金によって生活しているのは吸血鬼の姿に限りなく近いのです。

 その吸血鬼のような教会職員達は一般社会とかけ離れた観念世界で生きてきたことにより、それを自覚できる知的能力が退化したというように米本さんは書いておられる訳ですが、それについて正確に理解する為には、もう少し説明を加える必要があると思います。
 冷戦時代において大学内において活動してきた学生信者などは、一般社会とかけ離れた観念世界にいたと言えたとしても、論理や知性が必要とされない世界で生きてきたとは言えないと思います。
 当時は学内では左翼学生が様々な形で運動しており、その思想の異なる学生活動家の主張を克服できずしては、一般の学生に自分達の思想を宣伝することなどできないからです。
 つまり、思想的に切磋琢磨する競争相手がいるわけであって、論理や知性は否応なく必要となるのです。
 ですから、冷戦時代においては 世界情勢に問題意識をもって信仰生活を送っていた教会員達は知性が退化することなどなかったはずなのです。

 しかし、1991年のソ連の消滅によって冷戦は終結し、左翼学生の運動も勢いは衰えていったのです。
 私も冷戦の終結と統一教会の迷走の関係については過去に何度もコメントの中で考えを書いたのですが、統一原理によればサタン側の最終的な完成級社会と考えられていたソ連を中心とする社会主義国家が倒れた後、次に来るのは神側の完成級社会でなければならないはずだったのです。
 それに対し実際はまったく統一原理とは異なる歴史が展開された現実は 統一原理を真面目に信じる信者には深刻な思想的危機となったのです。
 実際に統一教会に賛同的な一般人の中にも統一教会の信者と似たような考えをする知識人もおり、社会主義体制が崩壊した国家では、新しい宗教運動が興隆するという見方もなされていたのです。
 そのような考えをする一般人もいたぐらいですから、ある程度知性があって統一原理を信じていた教会員は 崩壊した社会主義国の後には神を中心とした原理的な国家ができると真面目に信じていたのです。
 そして、その新国家建設には必然的に統一原理の理念が大きな影響を及ぼすことになると本気で信じていたのです。
 ところが歴史の流れは統一原理の歴史観とは一致せず、「メシア」を受け入れるどころか、新しい宗教運動の興隆など どこにも起こらなかったのです。

 以前‘火の粉を払え’に掲載された朴サムエル氏の講演の中には文教祖の呪術的思考について語っていた部分がありましたが、そこで証言されていたのと同じような失望を統一原理を信奉する日本の教会員も味わうことになったのです。
 http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-category-41.html
(以下、上の記事より引用)
<私の父とその途方もない世界支配の計画はうまくいっていませんでした。1960年にメシアである私の父と申し分ない花嫁・韓鶴子が聖婚して4年が経っても、世界はほとんど見向きもしませんでした。
 ここで1960年当時の統一教会員の一般的な信仰を理解する必要があります。
 当時の統一教会信者は実際、私の父と韓鶴子が結婚すれば天が開け、世界が奇跡のようにひざまずいて、彼がメシアでその妻は全人類の真の母だと認めるだろうと信じ考えていました。それはカルトの中で蔓延しがちな呪術思考(*2)の症状です。
 しかし現実は大きな失望でした。>

 日本で多くの若者が伝道されてくるようになったのは原理講論によって教義が明確になってからですから、日本の真面目に教義を信じている信者が最初に遭遇することになった教義の矛盾とは、統一原理の歴史観と現実の歴史の流れが食い違うという矛盾だったのです。
 つまり、神とサタンの闘争の歴史として理解する統一原理の歴史観は真理ではないことが明白となってしまったのです。

 朴サムエル氏の証言から、文教祖は基本的に呪術的思考の持ち主であることが理解できますから、サタン側と見なしていた世界の社会主義国家体制が崩壊した後においても、どの国家も「神から来たメシア」を必要としない現実にはかなり失望したものと思われます。
 日本統一教会において朝鮮文化を積極的に受け継ぐように教育されるようになったのも、その「メシア」の挫折と深く関係しているのは間違いありません。
 統一原理を真剣に真理であると考えている教会員ならば、歴史論が破綻してしまったことによって、今までの思考のままでは現実世界を理解することは難しくなるはずであり、知性がしっかり働いているならば、思考方法を今までとは変えて進歩させて行かねばならなくなるのです。
 私は本当に知性が正常に働いている教会員ならば 冷戦が終結し、統一原理とは異なる次の世界の流れが見えるようになった年代から より一層朝鮮宗教化した統一教会について行くのは難しくなり、離脱するしかなかったと思います。
 そして、米本さんが指摘されるように「論理的に考える。事実に即して考える。彼らにはこの能力が欠如している」教会員のみが信者として残り、従順に「真の父母」に従い、純粋な狂信的宗教信者として信仰を続けるようになったのだと思います。

 現在の教団の教会員達の主流は既に歴史が証明してくれた原理講論の間違いも全く気にならないような能天気な宗教信者達ですから、「真理」「真実」などという言葉は全く意味をもたないのです。
 それよりは「絶対信仰」「精誠」が重要ですから、統一教団は宗教的支配者にはこの上なく都合よい旧式宗教となってしまったのです。
 しかし、視野が狭く、統一原理の歴史論の矛盾には問題意識をもたなかった信者達も、韓国の金儲け事業が「世界摂理」であるなどと誤魔化しを語り、自分達の給料を確保するために高額献金の搾取には真剣に臨む教会指導者には矛盾を感じるようになるはずで、教会員の無知をいいことに献金で生活する公職者に対しては、偽善を暴く追及の手を緩めてはならないのです。
 そして、事実上、そのような搾取体制を存続させているのは「原理」など頭の片隅にもない盲目的信仰の婦人信者であり、特に日本の婦人信者は独特の‘狂気’をもっており、その心理を解明することが統一教会の最深部の精神的患部を解明することにもなるのです。
 その婦人信者達がもっている独特の依存的精神構造こそが統一教会=家庭連合に関わるほとんどの家庭問題の悲劇を生み出しているのです。
 

追記

改めまして、教会に関心を持ってくださりありがとうございます。私は、再臨主様をはじめ、サンクチュアリの方々にこの上ない誇りを持っています。あなたのブログ賛同者ではありませんが、同じ気持ちを見つけたのでコメント致しました。失礼しました。

郭関連コメントを削除します。

 連休で、ヘルパーさんはお休み。母の食事づくりなどでややお疲れ。今日はデーサービスにお出かけです。
-なんて書くと、いかにも介護生活が大変そうに思われるでしょうが、そんなことはありません。耄碌のパターンさえわかれば大したことはありません。
 早く介護ブログを開設し、いろんなことを書きたいです。

 で、ヒサビでパソコンを開きブログを見たら。なんと郭関連コメントがヒー・フー・ミー・・・。
 これだから、ブログを休めない(怒


 私は、言論の自由を尊重します。
 しかし、ブログのコメント欄は当該記事のテーマに限っています。

 2つのことは矛盾します。
 そこで、カテゴリー「情報はこちらに」をわざわざ設け、何かを伝えたい場合に、投稿できるように記事を書いたわけです。

●情報コーナーを設けました。
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-624.html#more

 しばらくしたら、郭関連コメントを削除します。

 蛇足ながら感想です。

(1)「郭錠煥先生が日本で話されます」殿の感覚は狂っていますね。
 非教会員の私も参加できる集会なら、場違いであっても、ここで宣伝するのも理解できます。しかし、そうではない!

 要するに、「火の粉の管理人さんは集会参加の対象者ではないけど、ブログのコメント欄を使わせてね」

※こんな狂った感覚の人(さすが元統一教会さん)から、「情報はこちらに」のコメントに投稿があっても、即削除する。あたりまえだ。


(2)私が参加でき、かつ集会で質問することができたら、郭氏及び義理息子のお金のことをとことん質してみたいですねえ。

(3)「旅は永遠に?」さんから寄せられた情報を削除するのはしのびない。ごめんなさいね。みなさん、教団本部の公文は読んでくださいね。

(4)下火になっていた「統一教会対“郭グループ”」がまたまた熱くなりますねえ。
 ワクワクドキドキ。熱い熱い。
 お互いに、頑張って。歴史編纂の井口康雄さんは断食リレーを開始しているのかなぁ。

(5)郭氏が何のために訪日講演を行なうのか、企みがわかりません。
「郭錠煥先生が日本で話されます」殿、教えていただけないでしょうか。

Re: 脳の中の幽霊

 サイトの紹介、ありがとうございました。そこで紹介されていた『脳の中の幽霊』、さっそく注文しました。感謝です。

Re: 教団職員の知性の退化に関して

>冷戦時代において大学内において活動してきた学生信者などは、一般社会とかけ離れた観念世界にいたと言えたとしても、論理や知性が必要とされない世界で生きてきたとは言えないと思います。
 当時は学内では左翼学生が様々な形で運動しており、その思想の異なる学生活動家の主張を克服できずしては、一般の学生に自分達の思想を宣伝することなどできないからです。
 つまり、思想的に切磋琢磨する競争相手がいるわけであって、論理や知性は否応なく必要となるのです。


 この部分は首を傾げざるを得ません。
 原理研究会は左翼学生を「思想的に切磋琢磨する競争相手」とみなしていても、左翼学生は原理研究会をまともな団体とは思っていなかったはずです。

 勝共を抽象的に唱えながらも(サタンがどうしたというから理解もできず)、本気でやっていたのは物売り(土下座、障害者トーク、苦学生トーク)でしたし、新聞会を隠れ蓑にしたり。

 むろん、マルクスを研究しその思想を克服しようとしていた人もいますが、現実の共産主義(冷戦時代のスターリン型社会主義諸国・ソ連、東ドイツ、ルーマニア、ポーランド、ハンガリーなど)に具体的に関心を抱いていなかったと思います。マルクスの文献を批判をしても、「スターリン批判」をした人はいなかったのでは?

 偉そうに書いていますが、学生時代には日本共産党(?)が発刊していたソ連共産党史(スターリン史観)を赤線を引きながら読んでいた口です。何かがおかしいと気がついたのは学校を卒業する頃でした。
 ちなみに、絶版となったその本について、共産党は口をつぐんでいます。

 

実態はまさに下記の通りです

神々の黄昏様のコメントは、まさに全くその通りの現実をまとめています。

現在の教団の教会員達の主流は既に歴史が証明してくれた原理講論の間違いも全く気にならないような能天気な宗教信者達ですから、「真理」「真実」などという言葉は全く意味をもたないのです。
 それよりは「絶対信仰」「精誠」が重要ですから、統一教団は宗教的支配者にはこの上なく都合よい旧式宗教となってしまったのです。
 しかし、視野が狭く、統一原理の歴史論の矛盾には問題意識をもたなかった信者達も、韓国の金儲け事業が「世界摂理」であるなどと誤魔化しを語り、自分達の給料を確保するために高額献金の搾取には真剣に臨む教会指導者には矛盾を感じるようになるはずで、教会員の無知をいいことに献金で生活する公職者に対しては、偽善を暴く追及の手を緩めてはならないのです。
 そして、事実上、そのような搾取体制を存続させているのは「原理」など頭の片隅にもない盲目的信仰の婦人信者であり、特に日本の婦人信者は独特の‘狂気’をもっており、その心理を解明することが統一教会の最深部の精神的患部を解明することにもなるのです。
 その婦人信者達がもっている独特の依存的精神構造こそが統一教会=家庭連合に関わるほとんどの家庭問題の悲劇を生み出しているのです。

まさしく救いようのない実態が展開しています。
この現実をどのように解決しいくのか?
現実に目覚めた信徒から、真実を発信していくしかないと感じています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/722-24694c89