家庭連合は「お母様は神になられた」と宣言すべきである。 

鶴の絶対化路線(22)

 前回の記事「家庭連合のサ教対策は“共産主義”と同じになってきた! 」の最後にこう書いた。
「サンクチュアリ対策の王道は理論闘争である」

 家庭連合も理論闘争(?)に取り組んでいる。ハイ、拍手~ッ

2016年2月28日の礼拝時に上映された映像です

    

激しいブーイング

 気合を入れて制作したビデオだろうが、理論派シックからは批判が巻き起こっている。

【火に油を注げ】
「お父様の安楽死問題の謎、嘘つきは誰なのか?」
「お父様の安楽死問題の謎、家庭連合側の公式見解で深刻な事実が確定!」
「お父様の安楽死未遂を考える。サタンよ、引きさがれ!」
「神様の呼称「天の父母様」の欺瞞性」
「公職者たちの証言! 神様は男性! エバは神様の妻に過ぎない!」

【維新の翔ぶがごとくに】
「非常に残念な松波さんの講義」
「原理講論の基本と根本的に違う松波さんの講義」
「松波氏講義(アンドリューウィルソン博士)の疑問と問題点」
「《神様は男性である》という決定的なみ言葉と公職者の証言」

2つのブログのコメント欄も面白く、笑えること間違いない。

【自分経の勧め─世界平和統一家庭連合(統一教会)ウェブウォッチ】
「御用学者、曲学阿世の徒以下のレベルの松波ちゃん、阿部ちゃんたちの講義」

【gootarou579のblog】
「本部の偉いさんたち頑張って下さい」

【サンクチュアリ教会 Facebook 日本語訳サイト】
「独生女に対する解釈が真逆のウィルソン教授の講義を対策ビデオに使った家庭連合」

松波講師のビデオの最初の1分間を見てから、この記事を読むと、笑いすぎて腸捻転

は、阿部美樹家庭教育局長と松波講師の講義を支持し、理論的に補強するようなブロガーはいないのか。
 一つだけみっけ。
【真の愛の道をたどって、真の愛を相続しょう!】
「火に油を注げさんの『神様の呼称「天の父母様」の欺瞞性』の内容についてのコメントは、原理本体論を知ってますか?詳しくては、ブログを読んで下さい」

 ところが、すぐに鞍馬天狗さんが反論している。
「発禁本『原理本体論』を用いて反論するおめでたい食口発見!」
 最初の一行が笑える。「ものすごい長いタイトルを付けて、人気者の小生の気を引こうという、健気な食口ブログである」 確かに
 そもそもブログ名が長いよな。「火に油を注げ」だったら、略して「火に油」で通用するのだが、「真の愛の道をたどって、真の愛を相続しょう!」はどう省略できるのか。「真の愛ちゃん」てか

「真の愛ちゃん」以外には、ブログ村内では残念ながら理論派は1人もいないのだ。2人の講義があまりにも“高尚”すぎて、理解することができなかったと見たな。

「いつも私のとなりに神さま」の公職者の「サンクチュアリーよ! 真の母の本心は ──「助けてあげないことが、助けてあげること」!!」 は感情論。この人は夢見る夢子ちゃんに希望の夢を与えることは得意なのだが、理論的なことは苦手のようである。クスッ
「今日もいいことがある!」さんの「春日井教会日曜礼拝「ビデオ講義」で涙を流したシーン」は、講義のメモにすぎず、何も語っていないに等しい。
 家庭連合を支持する他のブロガーは2人の講師の録画をコメント抜きで、ただ紹介しているだけ。語る言葉が何もないのだ。
 何だか寒いですねえ。

 教義に門外漢の私には「火に油を注げ」と「維新の翔ぶがごとくに」の論考が理解できているわけではないが、論理の展開だけから言えば、阿部ちゃん&松ちゃんの完敗だな。まあ、前述したように、「真逆のウィルソン教授」だけを読んでも、こりゃぁ、ダメだわなあ。ごめんねジローだよ。でも、真逆なんだから仕方ない。


お母様をバカにしてはならない!


 問題(混乱)の出発点は、お母様が神デビューされたことにある。
(引用はじめ)
 お父様の聖和の直後でした。天正宮の最上階のお母様の部屋での会話を忘れることができません。会話の中で私はこう言いました。
「お母様は勝利された真の母であり、真のお父様の花嫁です・・」 それに対してこう言われました。
「違います。私は神でありメシアです
(引用終わり)

【出典】「お父様聖和直後の天正宮、お母様との会話(詳細版)」

 お母様は自分で神であると確信しているのに、それを日本幹部たちはそのまま信者に伝えることができないでいる。なぜなら、すべての信者はお父様あってのお母様、お母様ではなくお父様が絶対だと思っているからだ。
 そのために、阿部氏、松波氏がオブラートに包みながら、「神真のご父母様(天上の文鮮明・地上の韓鶴子)真のお母様韓鶴子」に、徐々に徐々にシフトしようとするから、講義がどうしても屁理屈になってしまうのだ。

 最初のシフトは「神=真のご父母様」に持っていくことにある。
 ところが、非教会員にとってもこの等式は明らかにおかしいと思えるのだから、難関である。
 家庭連合の旧名は「世界基督教統一神霊協会」。キリスト教を統一し、ひいては世界の宗教を統一することを理念としていた。それなのに、神とは文鮮明&韓鶴子のことだ-なんて言えば、他の宗教団体はドン引け。いや、ただでさえ他からは「カルト」扱いされていたのだから、「神=真のご父母様」となれば、カルト扱いどころか、あっち向いてホイ、敵対視さえされなくなってしまう。すでにそうなりつつあるのだが

 私の理論的ではない正直な感想を述べておく。
 文鮮明氏は神が遣わした再臨主。統一教会がこう主張していることを知り、大いなる違和感を覚えた。しかし、聖書原理主義の福音系プロテスタントにも「再臨主待望論」があること、また韓国でも「私こそが再臨主」と主張しているキリスト教諸派があることを知って、文鮮明=再臨主という主張はそう突飛なものではないことがわかった。
 ところが、「神=真のご父母様」、すなわち「神=故文鮮明&韓鶴子」となると、もう理解不能。脳が誤作動を起こしてくる。
 神様がメシを喰らい排泄をする?神様は魚釣りが大好き?ハンバーガーが好物?何より建築物が好き好き。

 伝道するときのことを考えてみればいい。
「あなた方が信じる神とは何ですか」
「はい、韓国の文鮮明ご夫妻が神様なのです」
「その2人って誰?」
「これこれかくかくしかじか」
「サイナラ」


 しかし、「神=韓鶴子」に持っていくには、どうしても「神=真のご父母様」にシフトしなければならない。いきなりだと原理を勉強しているシックが離れていくからだ。
 なぜ、このようになってしまったのか。
 一部推測も交じるが-
 韓鶴子氏は文鮮明氏が惚けるようになってから、自分が王様になることを夢想した。そのことを察した悪魔連盟は韓鶴子氏とともに、私腹を肥やす上での邪魔者、顯進・仁進(不倫を暴露したのは悪魔連盟)・国進・亨進を追放した。
 ここまでは悪魔連盟の目論見通りだったが、韓鶴子氏の夢想はいよいよリアリティをもち、ついに自分のことを「私は神様」だと確信するようにようになった。
 夫の写真を外したり、指輪の文字を変えたり。あるいは夫の法要はもうやらないと決めたり。
 これには周囲も驚いた。そこで、オタオタしながも、都合の悪いやや露骨な鶴子スピーチを翻訳することなく、「神=真のご父母様(天上の文鮮明・地上の韓鶴子)≒真のお母様=韓鶴子」というシフト路線を編み出さなくてはならなくなったのだ。
 
のことは、文亨進氏の説教の変化とも照応する。
 当初(「沈黙を破って」の説教)は、韓鶴子氏は悪魔連盟に利用されていると思っていた。が、次第にそうではなく、韓鶴子氏の強い意志で、自らが神になろうとしていることに気づいた。そこで、説教が次第に過激になっていったのだ。

 もっとも、悪魔連盟のごくごく少数-いや悪魔連盟として文亨進氏が名前をあげていない人物かもしれないが-は、韓鶴子氏が夢想した段階から、「韓鶴子=神」計画を立案していた可能性がある。

<注>「韓鶴子の7・1講話」以降、日本の家庭連合は彼女のスピーチを全訳しなくなっている。ブログですでに紹介されているいくつかの具体例を集めて1つの記事としてまとめようと思ったけど、スルーする。ブログ「維新の翔ぶがごとくに」の少々前記事に目を通してもらえば理解できよう。
 韓スピーチの省略は、結局のところ、韓鶴子氏のことをバカにしているのだ。徳野さんたちにはこの意味がわかるはず
(徳野さんのつぶやき)お母様はしぶとく強いからなぁ。困った困った。


 ともあれ、現在は「神=真のご父母様」を徐々に浸透させる段階にある。原理「理論」にさほど詳しくないような「いつもとなり」さんクラスはもう大丈夫だ。洗脳完了である。(洗脳=強い影響力を与える) 
 かなり浸透したら、「真のご父母様≒真のお母様=韓鶴子」にもっていく。これはさほど難しい作業ではない。文鮮明氏の存在を相対的に低下させ、鶴神サマの偉業をプロパガンダ(政治的宣伝)すればいいだけのことだから。
「お母様は、イエス・キリストと同じように、シックの末期癌を治されました」
「お母様は、マックのポテトさえ食べることができない貧乏なシックの子どもたちに、手製のハンバーガーを山ほど分け与えられました」

 何とかビジョンの2020年には、「神=韓鶴子」を完成させる。そのときには韓鶴子氏の後継者(故孝進と崔妍雅の子どもであろう)を発表するかもしれない。


鶴神さまに帰依しよう!

庭連合に提案したい。
「神=韓鶴子」完成の過程で、かなりのシックは離れていく。残るのは献金で生活している教団職員と、あまり信仰的ではない病的なまでに組織依存が強いシックたちである。
 そのことは目に見えているのだから、いま神宣言しようが、4年後にしようが、結果は同じである。
 それゆえ、いっきに韓鶴子さんの希望に沿って、「真のお母様は神になられた」と宣言すればいいのだ。

 「私たちは70億人類を救済する神、真のお母様に帰依し、ひれ伏します」 (カッコイイ~)

 そして、「神=韓鶴子」を信じてくれる老婦人を獲得し、教勢を拡大していけばいいのだ。(何だか希望が湧いてきたなぁ)



壇上の男はもう地上界にいないのだから無視して。写真のように鶴神さまにひれ伏さなければならないのだ。宋龍天、徳野英治、各局長らが拝礼している姿が見たいものじゃ


 ブーイングが起きれば、ウザイの一言でいい。
 先手必勝、毅然とすることが大切なのである。サンクチュアリ教会なんか相手にしなければいいのだ。それでいいのだ、天才バカボンボン
 
 何しろ、家庭連合には新しい天一国国歌、新しい家庭盟誓、素晴らしき「真の父母経」という新しい財産を手にしたのだから。真のお母様を信じて、真のお母様についていけばいいのだ。決して不信してはならない。不信したら「閻魔大王の殺生簿」に登録するぞ!
「2016年2月24日元老修練会 真のお母様のみ言葉 閻魔大王の殺生簿!? 」参照。絶対に笑えます)

 鶴神さまを「クソババア」扱いにした鞍馬天狗は、当然ながら殺生簿断トツ第一位、火炙りの刑、間違いなしだな。 |ω・`)
「母の使命」を参照)

 ネット閲覧を徹底的に取り締まれ。秦の始皇帝の苛烈な焚書を見習え。
(家庭連合側になってアジると、けっこう気分がすっきりするなぁ~)

 といっても、当分はサ教との綱引き合戦が続く。

th_20151022175159d9b.jpg



ちらを応援しようかな、何だか楽しそっと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
火の粉ブログはいち早く「鶴は鮮が嫌い」と喝破していた。ちょっと自慢。今回の記事も案外正しいかもと思った人は、ハイ、拍手~ぅ
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

さすが生き神様。信者は一糸乱れずひれ伏す

記事内容より、すごい~全員が一糸乱れず、ひれ伏しているこの写真。イスラム教が見たら、びっくりするだろうな。イスラム以外にひれ伏す宗教があるのかと思って、学びにくるかもしれない。
文ご夫妻は、ご満悦なのだろうか。ひれ伏している信者のほとんどは、日本人と思われる。鶴総裁の代になっても文総裁からの独裁制は、変わらない。

バラバラ

今の家庭連合は、「統一」と「神霊」を棄てた悪魔連合になったことが証明されているようですね。文鮮明先生の言っていることと、韓鶴子氏が言っていることは、完全にバラバラ。さらに、韓鶴子氏の言っていることと、悪魔連合の代表たちが言っていることもバラバラ。自分の私利私欲のためだけに集まったバラバラ悪魔連合になったことが、明らかにされています。残念ですが、人間弱いから仕方ないですね。アーメン。

本音

韓鶴子氏は神様に敬礼されるのだろうか。
ご存知の方がいれば教えて欲しい。
もし、敬礼されないとしたら致命的だと思う。

教会員が文先生ご夫妻に敬礼する姿を初めて見た時は、みな引いたのではないだろうか。ドン引きするのが普通だと思う。

韓国では父母、先祖に敬礼する習慣があること。文先生ご自身が神様に敬礼される方だからこそ、受け入れられることではないだろうか。

私自身も、いろいろなエピソードから理解している。
食口が文先生に敬礼した時、文先生が横を向き受けられなかったことがあったという。なぜそうされるのか聞いた時、「精誠とは恐ろしいものなんだよ。だから直接神様に帰したんだ。」と言われた話や、ダンベリーで文先生が神様に敬礼される姿に、囚人たちも共に敬礼したという話?。これらは、文先生と神様の位相をハッキリと表している。

鞍馬天狗さんの「クソババア」発言には、座布団10枚。
信仰的に見れば、子女として神山先生のように「お母様、そんなことを言ってはなりません。」というべきなのだろうけど、正直、スカッとしたというのが本音です。

韓女史はもうちょっと統一原理を勉強しなさい。

原理本体論ってどんなんかな?って思って、手に入るんだったら買いたいなって思っていたところ、火の粉ブログのコメント欄に五千円で売るって書いてあった。高すぎるよ。ユ・テヘン氏とサ教の共同企画のようだと思ったから、買うのをやめた。ユ氏は以前、光言社の仕事を取り上げて、親族の企業に横流しした悪逆非道の人。きっとその頃の売れ残り品だろうと思ったので、絶対買うものかと諦めた。

以上は米本さんの記事とはあまり関係がなかったが、ここからが本論。原理講論では、真の父母によって原罪が清算されるとなっているので、父母一対でメシアだ。だから韓鶴子女史はあえて「私はメシア」宣言などする必要はなかった。

ついでに言えば、文氏の路線を外れようとしているかのような方向を取らず、ひたすら文氏のやり残したことのみ実践していれば、父母一体でメシア行に励んでいることになるんだ。

また統一原理を正確に解釈していれば、「私は神」宣言も必要ない。三位一体論はしっかり統一原理に記されている。神と真の父母が一つになれば、それが三位一体なのだから、敢えて私は神だと宣言する必要はない。たしか文氏が一度神宣言したように思うが、メシアは真の父母なのだから、文氏さえ神宣言しておけば、父母一体の韓鶴子女史は宣言する必要がないのだ。宣言すれば、逆に父母が一体でなかったことを証明してしまう。

でも、確か韓女史は神宣言したんじゃなかったっけ。亨進さんがそう言っていなかったっけ。

認知症ですね

韓鶴子さんは「私は神の妻」を通り越して、どうも本気で「私は神」と言ってるようですが、精神的な病気じゃないですか?
どっちにしても認知症患者の妄想としか思えないけど、真の子女の娘さんたちは、母親をマジで病院で受診させた方がいいと思う。
それに2人の公職者が動画でその正当性を語ってるみたいですが、この2人、本気で言ってるとすれば、精神がおかしいですね。片方の動画を少し見ましたが、語ってる人(阿部さん)何かヘンですよ!

家庭連合は完全に壊れてますね。そのうち、2世たちも「自分は神の子」→「私は神」と言い出しそうでかなり心配だ。
祝福結婚も自分たちの思い、自分たちの好き嫌いで相手を選ぶ結婚斡旋所になってるようだし、家庭連合って何なんだ?妄想組織? 
公職者の皆さんは依然としてこの組織から給料もらってるみたいですが、恥ずかしくないのか?

家庭連合っていったい何をしたいのか、さっぱりわからない。はっきり言って、家庭連合に属する人達はみんな朝鮮半島に行ってほしい。地獄にいる文教祖も喜ぶだろう。みんなの霊体が腐敗してるような気がする。北がそのうち核を落とすかも?
家庭連合は悪魔に魅入られた妄想ゾンビ集団だ。彼らは自覚がない。
家庭連合(統一教会)に関わる組織は完全にヤバイと思う。関わってはいけない。ゴミ屋敷にある腐ったゴミみたいにマジで気持ちが悪い。

プームチャイ様

>韓鶴子氏は神様に敬礼されるのだろうか。
ご存知の方がいれば教えて欲しい。
もし、敬礼されないとしたら致命的だと思う。

結論としては韓鶴子氏は神様に敬礼をしません。
しなくても良い”存在”になりました。

私の知る限り、”家庭連合”では韓お母様は神様も真のお父様も内包した存在である(となった)という趣旨の説明がされているはずです。

”図”としては韓お母様の大きな円の中に神様と真のお父様が入っているという図で説明されます。

段階別の”図”でも韓お母様は神様と同等になり、さらにはその存在を超えたといういう説明です。
(韓お母様が何にも増して偉大なる存在ということです。)

ゆえに、もはや韓お母様は真のお父様にも神様にも敬拝する必要はなくなりました!という説明です。

とことんやれ~

米本のおやっさんは相変わらずおもろいな。
ますますファンになったぜ。

米本のおやっさんの言うとおりだぜ。
「鶴子こそが神だ!文句あっか。」と宣言すりゃいいんだ。

文おとっさんは鶴子神の基盤を作るためのスケベ洗礼ヨハネにすぎんかった。

文おとっさんは自分がメシヤと勘違いしまくりじじいだった。
死んじまってはじめて、文おとっさんは勘違いに気づき(頭わりいな)・・・・あの世から、鶴子神に「お主が神じゃ~お主が神じゃ~」と幻聴メッセを送っているのだ。

「鶴子神につかえよ~、従え~」と文おとっちゃんが叫んでおる!その叫びが聞こえぬ者は子孫もろとも4000年火あぶりの刑じゃ。



んで、毎月100万円の献金
毎月100人の新規伝道・・・
できなきゃ10倍蕩減がどんどん加算・・・

どーだー
サンクチュアリボンボン、何か文句あっか?









ビデオには「神=真のご父母様」という主張は一切なかったようです

阿部氏と松波氏の講義のビデオをもう一度視聴し直してみましたが、「神=真のご父母様」という主張は一切なかったように思います。統一原理に従って、真のご父母様が陽陰の二性性相の神に完全に似て一体化するようになるとは主張していますが、それは「神=真のご父母様」というふうに同一視することとは違います。二者が一体化するというのは、その二者が異なった存在であるという前提があってのことです。これは西洋哲学の常識なのです。三波春夫が「お客様は神様です」といったように、人間を直ぐに神にしてしまうような汎神論的な日本とか東洋全般では、この西洋哲学の常識は分かりにくいことでしょう。

なので、阿部氏と松波氏の講義が「神=韓鶴子」の最終結論に持っていくための前段階としての意味がある、というのも読み過ぎではないかと思います。

では、韓鶴子氏が亨進氏に対して、「違います。私は神でありメシアです」といったということですが、それはどう捉えるべきでしょうか。それは、亨進氏の主観による聞き間違いではなかったかと思います。人間誰でも主観というものがありますが、その主観はその人の性格とか体験などの様々な要素によって形成されます。同じことを聞いても聞く人の主観によって違って聞こえる、というのは現代の常識でもあります。これについて論じるのは又別の機会にでもさせて頂きますが。

米本さんは人道主義的な立場から、家庭連合が少しでも良くなって欲しいという思いで、家庭連合に対する辛辣な批判をこのブログで書かれているのでしょう。家庭連合はそれを謙虚に受け入れれば良いのに、と私は何度も思いました。私も隠れた米本ファンです。(ああ、もう隠れていないか。) でも、今回の記事だけは気になって、反論めいたことを書かせて頂きました。悪しからず。

真の父母はすでに神になっていたのでは

真の父母の呼称を「天宙天地天地人父母様」と変えたときに、その理由を、完全に神とひとつになったので、祈る対象を真の父母を仲保として神様へではなく、神と渾然一体となった天地人父母としなさいと言われました。だから、その前提に立てば、その時点で真の父母=神と言う認識に”既に”なっていたと思います。

過去の書き込みで既に書きましたが、自分は脱会者であり、アンチであります。ただ、もと食口である為、教会の内情をざっくりと、書いてみたいと思う時があり、時々お邪魔しています。高澤牧師による強制説得による脱会をしました。拉致監禁強制説得にはノーです(消極的に否定です)。なぜなら、どのケースで、違法な行為が容認されるかということを話し合うことは全くもってナンセンスだからです。例え、それ無しでやめられなかったとしてもです(矛盾してますけどね)。犯罪ですから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

真の父母が敬拝する理由

「お父様も、メシヤの”位置”に敬意を捧げるんだね。」と言っていた気がします。メシヤがメシヤの位置を尊ぶ伝統は廃れました。

秀 様

ありがとうございます。
そういえば、韓国の修練会テキストか何かにそんな図があったのが、ブログ村で紹介されていたのを思い出しました。

以前、「天宙神千夕龍華様」ってのがいたけど、今度は「天の父母様神鶴子様」が現れたということでしょうか。

厚き岩盤といい、女ってのはよくわからんなぁ。

やってらんね〜

男も、庶子だから俺がメシヤとか、王子様だから俺がメシヤとかいうわけだけど。

実績のない人のいうことはどっちも似ているという感じ。
母子が問題を起こすということか...

참어머니 하나님론

確かに、チャムオモニ・ハナニム論(真の母・神様論)と書かれているみたいです。

https://nqj17437.wordpress.com/2016/03/19/2016年3月13日説教「神の国」全文%E3%80%80【英/

世界平和家庭連合作成「真の父母論」。
2014年度第2期牧会者修錬会の講義案だそうです。

私は、「韓氏オモニは無原罪だ」と信じる食口が、信じられません。

Re: 참어머니 하나님론

>世界平和家庭連合作成「真の父母論」。
2014年度第2期牧会者修錬会の講義案だそうです。

 この講義案を見たいのですが。サイトがあれば、教えてください。

「私は神」と言えばそれは詐欺

どんな偉い人でも「私は神」と言えば誰も信じないですよね。だれもが詐欺だと思うはずです。それが通用するのは漫画アニメの世界でしょう。

後出しで分が悪くなれば「それは比喩だから」とか「神様と心情一体化したということ」なんて言うのでしょうか。
神様であればドラえもんみたいにポケットからアイテム出して新しい宇宙でも創ってもらいたいけど…。そんなのできるわけないじゃん!

そもそも全知全能の人類の親である神様が飢え苦しんでもいない韓国に何億もかけてハンバーガー店を出すなんてありえないでしょ。

私も当初、韓女子は文氏が亡くなられてさぞ悲しんでいるだろう。これからは「お母様を支えなければ」と思っていましたが、今ではお金を巻き上げる取巻きに担がれて自分を見失っているように感じています。それと文氏との夫婦関係がよほどつらく耐えてきた苦労が文氏の死後開放されその反動が今おかしな形で出てきてしまっているとしか思えません。
幹や枝を替えても解決しません。根の問題です。食口の「お母様を支えよう」といった善意はさらに現状を悪化させることになると思います。

ただ私が悩むのは家庭連合にサ教のどちらが天の摂理に沿っているかということです。

Re: ビデオには「神=真のご父母様」という主張は一切なかったようです

>今回の記事だけは気になって、反論めいたことを書かせて頂きました。悪しからず。

 反論とか批判は大歓迎です。ほんとうに。

 おっしゃっていることはわかりますが、「神」についてとらえ方が統一教会の場合、既成キリスト教会(西洋一般の神概念)とかなり違っているような印象を受けています。

 記事でも書きましたが、韓鶴子さんは息子に「私は神でありメシアです」と語っています。

 これについて、地の塩さんは「それは、亨進氏の主観による聞き間違いではなかったかと思います」と一蹴されていますが、亨進氏の説教を読むと、このときの場面がもう少しリアルに表現されています。

 話を戻し、韓鶴子さんの宣言的発言はとてもおかしいものです。
 なぜなら、神とメシアとを同一視しているからです。ひょっとして韓鶴子さんは「神」とか「メシア」とかの区別なぞ興味がないかも。
 <あたいがテッペン>

 神々の黄昏さんが説かれているように、統一神は極端に擬人化された神だと思います。

 このことは今後の研究検討課題で、いずれ書きたいと思っています。

Re: Re: 참어머니 하나님론

米本さん

見つかりました。韓国語で참부모론(真の父母論)を検索したら、同じタイトルで149ページからなるパワーポイントの講義案が見つかりました。12ページから19ページまでが、問題とされている참어머니 하나님론の内容が盛り込まれています。

それで、私も一応韓国語が分かるので、その内容を読んでみましたが、決して「真の母=神様」といっているのではなく、「真の母としての神様」という意味の表現に過ぎません。従来のキリスト教では父としての神様のみを強調して来たが、統一神学では陽陰の二性性相の神様なので父なる神様だけではなく母なる神様という側面も認識せねばならないといいたいわけです。

3月13日の説教で、亨進氏はこれを「真の母=神様」と取ってしまうという早ちとりをしていますね。こういう部類を私は主観による間違いといいます。亨進氏は冷静になって참부모론の講義案の冊子を読んでいないようです。韓国語が分かるはずなのに。

参考のために、참부모론のパワーポイントは以下に見られます。

http://cafe.daum.net/_c21_/filefilter_viewer_hdn?grpid=taEJ&kind=main&url=http%3A%2F%2Fcfile291.uf.daum.net%2Fattach%2F252879455464AA6A0EADF5&filekey=%2Fcfile291%2F25%2F2879455464AA6A0EADF5&realname=%C2%FC%BA%CE%B8%F0%B7%D0%28%C0%CC%B7%D0%C5%EB%C7%D5%BA%BBppt%29.pptx&v3param=grpid%3DtaEJ%26fldid%3D1w9Z%26dataid%3D55%26fileid%3D8%26regdt%3D20140912163103%26url%3Dhttp%3A%2F%2Fcfile291.uf.daum.net%2Fattach%2F252879455464AA6A0EADF5



パワーポイント

お送りしたものをクリックしてもパワーポイントが出て来ませんね。それで、以下のウェッブサイトを見て下さい。パワーポイントが見つかります。

http://cafe.daum.net/_c21_/bbs_search_read?grpid=taEJ&fldid=1w9Z&datanum=55

講義案の冊子を配ってからの発言てこと?

「私は神でありメシアです」は講義案の冊子を配ってからの発言てことでしょうか?その講義案は誰がいつ作ったものでしょうか?
後から作られたものに目を通していないから勘違いというのは強引過ぎませんか?

Re: 講義案の冊子を配ってからの発言てこと?

講義案はパワーポイントの3ページ目にも表されているように、天一国2年、即ち2014年に作られましたね。子鹿さんの上のコメントも、2014年の修練会云々といっています。

韓鶴子氏が「私は神でありメシアです」と発言したという亨進氏の体験(主観的な体験)は、その以前のことであることは間違いありません。

>その講義案は誰がいつ作ったものでしょうか?

鮮文大学の教役大学院(교역대학원)が2014年に作ったものだと書かれています。教役という言葉は日本語にないのですが、韓国語では伝道、説教、牧会を意味するので、教役大学院とは大学院レベルの神学校ということでしょう。

側近が植え付けた?

地の塩さんのコメントを見て、ふと思ったんですが、

〇最初に、韓鶴子さんは側近から抗議案(「真の母としての神様」)説明を受けて、それが、韓鶴子さんの中で短絡的に「私は神」になったのか?

それとも、

〇韓鶴子さんが最初に「私は神、メシア」と言い出したから、これはまずいということで、この抗議案を側近が作成して、修練会を開き皆に抗議したのか?

私は後者のような気がしますが、これは、宇宙の創造神に確認してるんですかね?、
創造神が「そうだ」と言ったんですかね?
最低でも誰かが文教祖と霊通して確認とってるんですかね?
シック達は何を根拠に信じてるんだろうか?
韓鶴子さんはそういう確認の神の声 もしくは、天使の声を聞いたのか?(そうだとしても、本当に神、天使の声か?)
そういう諸々を突き詰めて考えるシックはいるのか?
または、そういう探求心さえも凌駕するような心霊基準に達しているシックはいるのか?
シック達は心の底から信じてるのか?命がけで信じてるのか?
いったい何の神に従ってるのか?
悪なる欲望に汚染されてるとは全く思わないのか?

・・・ 統一神物語として、韓国だけの閉じた世界の話だけにしてほしいものだ!と単純に思う。

鶴神様の理論書

鶴神様の理論書についてはここにある程度書いてあったと思います。
“New神様の夫人グループ” が勃興!
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-630.html
  • [2016/03/25 22:29]
  • URL |
  • 鶴神様の理論書
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ビデオを見て「母の使命」について感じたこと

 2本のビデオを見終えて、韓鶴子師の「責任完遂」という内容が気にかかりました。
 人類の半分は女性だけど、人類歴史を切り開き貢献してきた偉人の大半は男性であることに疑問の余地はありません。しかし、天賦の才を賦与され、歴史に名を馳せた英雄・功労者たちの背後に偉大な母の存在があったことは確かなことです。もし、天賦の資質を賦与された彼らの行く手を潰すような無関心な育てかたをその女性がしてしまったのなら、「母としての使命を果たせなかった」と言うことになりませんか。
 父親と言うのは外で勇猛果敢に戦う事が多く、家庭を振り返る時間も少ないことから、女性のもっとも重要な使命と言うのは立派な子孫を産み、人類の未来に貢献できる人物に育てることだと思うのです。(統一教会では逆の場合多々ありますが・・・)
 特に、教会では復帰摂理上長子を強調するものですから、長男がどうなり、その後どう軌道修正したかが判断の分岐点でしょう。(長男に賦与された長子権の行方)地上には孝進氏が居らずとも、霊界協助していると信じているのならその恨を解放するためにも孝進氏がなぜズレ、崩れ去ったのか、そして教会は今後どうするのか構築することが肝要ではないでしょうか。
 上記の観点から古いみ言の引用も良いけど、引用も1997年以降のものをもっと徹底して検証すべきではないでしょうか。長男の離婚~2008年に亡くなるまで、文師がどのように指示し、どのような結果となったか。そもそもこのことから後継者が定まらなくなり、現在の混乱の引き金になっていることは確かでしょうから。また子女の責任分担問題も良いけど、母子協助をもっと徹底すべきではないでしょうか。

 このビデオを見る限り、お母様は人の話を聞かず、母子協助もしない。意にそぐわない者はたとえ後継者と目される者でも容赦なく切る方針に思えてなりません。ただでさえ先の見えない状況下にある教会を担うご子女様を兵糧攻めし、前途を自らの手で閉ざす行為は、文師の采配とは別路線のように感じてなりません。

 とにかく、語り手が力を入れれば入れるほど、真相・原因究明が混沌とします。
まるで三男や七男が、無知で復帰摂理を分からない落伍者だと言わんばかりで・・・・これだと多分多くの食口の信仰が一層萎えるように思えてなりません。
  • [2016/03/25 23:47]
  • URL |
  • コスモスの花のように
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 側近が植え付けた?

家庭連合もサ教もUCIも深い思索をせずに、お互いに相手の実像ではなく、勝手に虚像を作り上げて、その虚像を批判し合っているのが現状だと思いますから、toramaru さんのご質問には何と答えていいか分かりません。後ほどチャンスがあればまた考慮させて頂きます。

Re: 鶴神様の理論書

情報ありがとうございます。実はこれを探していたのですが、見つからなくてどうしようかなと思っていたところです。

いわゆる理論書なるものを入手して徹底的に読んでみます。書いた側も読む側もそれぞれ主観や偏見があるのではないか、を原理的に精査して見ます。

やれやれ、困ったな。忙しいのに、読むのがこれでまた増えてしまった。統一内のゴタゴタのせいですよ。

Re: Re: 側近が植え付けた?

地の塩さんのコメントがきっかけで、単に私の頭に浮かんできたことを書いただけです。

地の塩さんへの発信(質問・意見)ではありませんので、気にしないでください。

日本は天照大神だけで十分、韓女神は韓国で統治されよ。

日本には、すでに、天照大神という女の神様がおられる。
左側のビデオをみたが(めがねのない方)キリスト教や文教祖の話を混ぜに混ぜて、理論だか理屈だかわからないが、何度も出てくる神、父母、父母、天、地、家庭、男、女など。面倒くさい。
日本の天皇制のほうが、シンプルでよい。
海洋時代の始まりだと講師は話しているが、当に、日本は海洋国家である。
最近の記事で、真の父母イメージダウン。が、日本の天皇皇后陛下は国家と国民のため祭祀と祈りで一体化されている。天一国の真の父母が不一致では話にならん。
教団は韓王国の神様をよく支えてがんばれ。

韓総裁を神=女帝として、新しい国づくりを始めたいのなら、韓国内でやってくだされ。



ネット時代は隠せない

>オモニは自分がすべてのことに先立っていると考えているが、とんでもない!それは間違った考えです。そのような考えをすると大変です。これから祝福を受けた家庭を中心にして、その次に世界の国々を合わせて、オモニがまとめてどうするつもりですか?
資料:み言選集 561巻218ページ 2007.04.26 <創造理想の絶対目的>

>最後にはオモニが問題となります。オモニが堕落したので外れるのです。そして父子時代に入るのです。息子がオモニを呼び止めることができ、アボジもオモニを呼び止めることができるのです。

資料:み言選集 318巻172ページ 2000.03.06 <父子協助復帰時代>


み言集から他いろいろ上げておられます。これを見るとサンクチュアリ教会有利かな?

いろいろ載ってます。韓国人の方だからみ言はすべて原文で読めますからね。

 http://blog.livedoor.jp/kimyongsong/

地の塩様の「真の母=神様ではなく、真の母としての神様」という説明は、少し無理があるような気がしました。

いずれにしましても、唯一絶対永遠不変なる愛の創造主「天のお父様」という原理的な神観ではなく、
天にはお父さんとお母さんの二人の神様がいるというような二元論的神観(ヒンズー教的な神観)を、家庭連合が教育していることが、よく分かると思います。

また、枝葉末節な議論が重要なのではなく、
問題の本質は、私たちの恩師である文鮮明先生の遺言「原理講論教育、原理本体論教育を徹底せよ。」を、
韓氏オモニ(家庭連合)が、裏切り、足蹴にし、踏み付けたという事実が、ハッキリ分かるという点だと思います。

この世の母や子ですら、他界した主人の遺言を守り通します。
韓氏オモニは、韓国の説話に出てくる「沈清」や「春香」のように、自らが殺されるとしても、父の遺言を守り通す、真の母の模範を全世界に示すべきだったと考えます。
しかし、韓氏オモニは、文鮮明先生の遺言をビリビリに破り捨ててしまいました。

一方、文亨進氏、文国進氏、文顕進氏は、生命がけで、父の遺言を守り、孝子の道理を果たされたと見るのが自然だと思います。

原理講論の説明だけで十分。

子鹿さん

>天にはお父さんとお母さんの二人の神様がいるというような二元論的神観(ヒンズー教的な神観)を、家庭連合が教育していることが、よく分かると思います。

天の父とか、天の母とか変な議論を展開しなくても、原理講論で神は本陽性と本陰性の中和的主体と言い切っています。天の父というのは、被造世界に対する格位制からそう言っているのだということですので、天の父と加点の母とかいうことにこだわって、天の父母様なんて呼ばせてしまったことは、誤りであろうと思います。まさしく統一原理は二元論であるかのような錯覚を、一般社会の人に植え付けてしまいます。

大体、韓鶴子女史は現代物理学の基本的な議論さえ知らないように見えます。現代物理学においては、宇宙は5次元だとか、11次元だとかいうことになっています。天の父とか、天の母とか、二元論的にとらえるのは、三次元的発想ですね。四次元的にはこれに時間が入ってきます5次元には何が加わるのかわかりませんが、キリスト教の神は唯一神ですから、一でありながら多、多でありながら一というとらえ方でなければなりません。こういうとらえ方ができるのは仏教哲学です。「空」という概念がそれに当たります。あるいは、ヘーゲルの絶対精神も、正、反(相手側)、合(合性体)の止揚統一ということで、似たようなとらえ方になるかもしれません。

韓女史は、どうも勉強が足りないと思えてならない。それだけでなく、本部にいるただ飯くらいの講師たちが、こうした輔弼ができないんですから、そういう人たちに献金の中から給料を払うのはもったいないと思います。アルバイトで生活してもらって、講師をしたいんだったらアマチュアリズムでどうぞって感じですね。とてもプロで飯食っている講師陣とは思えないのです。

ま、天の母を強調したかったのは、韓女史が以前モルモン教を訪問されて、いたく感心したからではないかと思います。モルモン教の人たちもメシアを待っていますと言っているので、モルモン教の人たちが大事にしている概念である「天の母」の要素を、本陰性という形で持っているぞと強調したかったのではないかと思います。それならそうといえばいいのに。

文氏も神宣言していたと思ったが

韓鶴子女史の神宣言が問題になっているが、文氏も神宣言していたと思ったが。その瞬間私も違和感を覚えたことがあったが。

韓女史の神宣言をサンクチュアリが問題にするのなら、文氏の神宣言も問題にしなければならないのでは?

原理講論では統一原理流の三位一体が解説してあって、神を中心として真の父母三位一体をなすとされている。ということは、完成を自認している文氏が神と一体を主張して神宣言をだすのは、統一原理から見れば正論だ(ここで私が正論だと言っているのは、統一原理的視点から見ての話であって、社会的に見て批判があることを正当化しての話ではない)。そして父母一体を認めるならば、その文氏と一体を自認している韓女史が神宣言を出すのは、論理的には間違っていないと思う。

ただし、論理的には父母一体でも、実際においては一体となっているとは思われない。この点、サンクチュアリの主張も認めなければならないであろう。すると、文氏が1967年に韓女史完成宣言を出し、1968年旧暦1月1日を神の日として制定したということが、根本から揺らいでくるのではないか?

韓女史は、文氏が完成したと認定したにもかかわらず、文氏路線を外れているように見える。韓女史は完成していないという意見もあるが、それは文氏の完成宣言を否定することになるので、この際考えないでおく。完成した真の父母、夫婦が別の道を行く。少なくともサンクチュアリはそう見ている。すると、サンクチュアリは、文氏の韓女史完成宣言は誤りであり、神の日の制定も誤りであったと主張しなければならない。それを主張すると、今度はその誤りを犯した文氏が顕進氏や亨進氏を後継指名したことも、誤りを犯した可能性を否定できなくなる。なんだか論理的追及が面白くなってきた。アマチュアリズムの本部講師諸君には、難しい課題になるだろうね。

なぜお母様は独生女を語らなければ?

お母様はなぜ独生女を語らなければならなかったのか?

今までの多くの情報を全て拝見しながら、一般組織にありえる組織の混乱として、つじつまが合うように考えてみました。

お父様は全てに勝利され、すべてのみ言を語られて霊界に行かれました。
これからはそのみ言を中心として訓読生活をするようにと言われました。

悪魔連盟のことは有名かと思われますが、お父様を霊界に送られてこれからはやっと自分たちの思いどおりにできると思っていたのに予期せぬ事態が起きてしまいました。

ご存知と思いますがお父様が聖和されてから清平にて訓母様が直接霊通をして何度もお父様のメッセージを語ってくだ
さっていました。またお母様は毎朝のミーティングで訓母様からお父様のメッセージを伝えてもらっていました。

真の御父母様は完全に勝利され完成された御父母様ではあるが、お母様は聖和されたお父様と心が一体で霊通を通して意思疎通ができているわけではないというのがその証拠だったことがわかると思います。

このままでは訓母様の言葉が絶対でお母様も言うことを聞かないといけなくなることに恐れをなしたのが、悪魔連盟でした。
訓母様はお父様を通じて霊界のことがすべてわかるので、これから自分たちが何をするのかも見透かされて、お母様に話されて外されてしまう、また公金横領などもばらされてしまうと。

そこで霊界にいるお父様外しを試みることになります。
それは訓母様を今の地位から引きずりおろすことによってお母様にお父様のメッセージを伝えることをできなくすることでした。汚職もばらされることがないので安心です。

またその時、訓母様は清平の財源も主管していましたから、お母様をも主管する絶対権力を握ってしまうという恐れが悪魔連盟にはありました。
地位や名誉や金や我が生活を大切にする幹部なら心配でたまりません。

そこでご存知のように大母様をよく知っている清平責任者を使い大母様を裏切らせて根も葉もないうわさを流し、裁判沙汰にまで発展させお母様と完全に縁を切ることに成功しました。

もちろん大母様、訓母様を外すことによって清平が多大な損害(献金が出なくなるなど)を被ることも覚悟の上です。お母様に後々公的な場で都合のいいことを言わせれば食口は落ち着きます。

悪魔連盟が財団のすべての主導権を握るにはそれほどお父様の存在が邪魔だったということでしょう。

ここでお父様とのパイプ役を切ってしまいましたから、お父様と通じていないかもしれないお母様の言葉を誰が信じるということになるのでしょうか?
食口はよく理解していないのでそんなものかとなりますが韓国の長老達はそうはいきません。

そこでお母様自らが発する言葉が神の言葉とする必要がでてきます。お父様と同じメシアであると認識させる必要がでてきました。

よって、独生女を持ち出し、自らもメシアであると名乗らざるをえなくなってしまったのです。お母様に絶対的メシアの存在に立ってもらわないと悪魔連盟も主導権を握れないのです。

悪魔連盟のみ言研究員がつじつまを合わせようとお父様のみ言を削除したりしてがんばっていますが合うわけがありません。それは真理ではないからです。それだけこの原理とは真であるということで真理ではないものを簡単に組み込めるほど簡単ではありません。
お父様は全て語られて霊界に行かれましたので新しい真理は必要ありません。

残念なことにお母様はお父様が残されたこの組織を守るためにと、悪魔連盟に言われるがままことをなしているに過ぎません。女性一人、お母様お一人では何もできないので悪魔連盟に全てを頼らざるをえないのが現状ということです。


韓国の王朝時代と同じであるのは当然のことです。日本人ならばここまではやらないだろうと思い信じられないでしょうがこの宗教団体は韓国文化組織であることを本当によく知る必要があります。

中心者といわれる方々は本当に神様に祈っているのでしょうか?
アベルの言葉が絶対だとまだ思っているのでしょうか?

今の地位や生活のために信仰しているのでしょうか?
われわれは神の摂理のために誇りをかけて生きているのではなかったのでしょうか?

霊界に行けばすべてがはっきりわかると思います。悔いのない生き方をしていこうではありませんか。

韓オモニは完成してません。当然ですが・・・

韓オモニは完成しておりません。
3度目の完成級の結婚を完了していないのですから。
完成すれば神の宮として心情一体化をなすレベルです。
独生女宣言などは完成した方が語る内容ではありません。
また、個人や祝福家庭を評価するシステムを造り上げようとしているようですが、これはなどはまさしく恒久的に食口から搾取しようとする全体主義システムです。
食口たちは悪しき印を押され、自由を完全に剥奪された奴隷と化してしまうのでしょう。悲しすぎます。

本当の王様、生きた神様になるには、利権や権威があってはならない。

文総裁や韓鶴子女史と亨進氏のいう王様、自らが神様というのは、アラブの王様やイギリスのエリザベス女王のように権威や利権を掌握できるという感じがする。
文鶴総裁の現在の状況と理想は、日本の天皇を超えることはできないと思う。

権威や権力、利権やお金の概念があれば、すこしでもあれば、真の王、国家国民を統治することはできない。

天皇は人権というものが全くないなかで、国家と国民のために生きておられる。鶴総裁や亨進氏の生活や思想はどうか。
例えば、天皇には、
財産の自由なし(韓氏財産メチャあり)
言論の自由ない(文家は好きなこと話して信者を混乱させる)
職業選択の自由ない
学問の自由ない
宗教の自由ない
選挙権ない
居住移転の自由ない
結婚離婚の自由ない
旅行の自由ない~~詳しくは活動ばかりしてないでテレビやネットを見るといいよ。

共産主義ではない。自分というものがなく、完全に公的な立場で、公務に生きるということが、日本の天皇なのである。完成した真の人間、夫婦、真の家族とは、簡単にはなれない。文総裁は完全、完結完了したといわれるが、未完であることは確かである。文鶴総裁や亨進氏が国を超える天一国を作りたいなら、天皇制を学んでみるべきだ。世界最強の王室制が日本にある。




韓鶴子女史は完成したのか、完成していないのか?

6500truefamilyさんは韓鶴子女史が完成していないという。文鮮明氏は1967年に文氏が「お母様が完成した」といって喜ばれて1968年に神の日を制定した。どっちが正しいのかね。霊界にいったら文鮮明氏に聞いてみるしかないね。私らは神の日の敬礼式をしなくてもよかったのかね。さて、みんな霊界にいったら、韓女史完成論をめぐって、文鮮明氏と亨進氏の間で激しい論戦が見られるかも?楽しみだねえ。

韓鶴子女史は完成パターン

韓鶴子女史は完成検証は3パターンですかね

1.完成した。だから韓鶴子女史の発言は正しい
2.完成したがその後の堕落もありえる。試練を乗り越えた段階的な完成で完全な完成ではない。
3.文鮮明氏の「お母様が完成した」発言は間違いか嘘。もともと不完全

もっとも完成=神なのかって疑問がありますけどね。
みなさんみ言葉をかなり勉強されて感心しますが頭でっかちになっていませんか。
み言や過去の発言をかえりみて検証するのはもちろんですが、私には韓国政治や共産党特有の言葉遊びになっているような気がします。そこに重点を置かないほうが私はわかりやすいかです。言葉と行動どちらを重要とするかですね。

Re: なぜお母様は独生女を語らなければ?

>ご存知と思いますがお父様が聖和されてから清平にて訓母様が直接霊通をして何度もお父様のメッセージを語ってくだ
さっていました。またお母様は毎朝のミーティングで訓母様からお父様のメッセージを伝えてもらっていました。


「衝撃のスクープ !! 清平役事の誕生秘話」(2015年10月8日)
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-638.html
 懐中電灯さん、この記事を再読してください。

 金孝南女史に霊界と行き来できるとか死者と会話できるといった霊能力がある、そう思っている文家の子どもたちは、一人もいません。
 あると思っていたのは韓鶴子さんだけでした。

 それにしても、洪順愛の霊(大母様)はどこに行ったんでしょうねえ。

完成って?

 一般社会ではまったく通用しない「統一教会用語」がふんだんに登場する投稿が続いています。

 チンプンカンです。ブログ主にも理解できるような投稿だとありがたいのですが・・・。
 たとえば、わかりやすい一例を-。

「完成」は一般用語です。完全にできあがること。
 韓鶴子さんが完成するとは、おそらく人格の完成を指してのことだと推測するけど、彼女の人格が完成したかしてないか-なんて、どうして判断することができるのか。さっぱりわからん。
 生前の文鮮明が「妻は完成した」と語っていたとしても、それが「韓鶴子の人格完成」にとってどんな担保になるというのだろうか。
「俺の妻の人格は完成した」と夫が語ったら、周囲は「お前、バカじゃないの」。「そりゃあ、すごい」なんて言う人はあまりいないだろうな。

「統一ワールド」に身を置いて投稿されるのはかまわないけど、一般人が理解できるようなものにしていただけると、ありがたいな。このブログは一般人も見ていることもあるし。

そもそもの根本問題

コメントを用意しているうちに、米本さんのコメントがついてしまった。ちょっと話が合わないかも知れないが。

統一原理から見れば、そもそも神と一体化と完成をどう定義するか。一体化した状態とはどういう状態なのか。喜びや刺激は対象として分立していなければ感じられない。一体化とはどこまでも授受作用の結果だ。一体化すれば感じない(刺激、喜びを感じられない)というのが文先生の言葉だ。だから韓鶴子氏は、信仰の対象として神様を意識しているのだろうか気になった。敬礼(敬拝)する内的姿勢があるのかだ。

余計にわかりにくいことを書いたかも知れない。

>完成ってなに?

確かに米本さんの疑問は当然だと思います。文氏の説明から一面としてはは神との心の一体化の度合いが完璧であるというという一面を指していると思います。

ただし、私がここで完成か完成でないかを問うているのは、文鮮明氏は韓女史が完成したといっているのにサンクチュアリは完成していないといい、真っ向から対立する理解をしているのに自らは文氏の後継者をもって任じている。まことに不可解な論理矛盾について指摘するつもりで書いています。

つまり、韓女史が完成していないとする限り、亨進氏は韓女史完成を宣言した文氏路線とは真逆の路線を歩んでいることになり、文氏の後継者ではあり得ないことになる。この事を言いたかった訳です。

現状を見て完成してると思えるのか?

現状を見て完成してると思えるのか?
文氏であればろくに睡眠もとらないで何日も何十時間とみ言葉を語っていましたが、韓女史自ら考えて食口に語る言葉はどれほど発信されているのでしょうか?不可解な論理矛盾以前の問題だと思います。

「完成」をめぐる混乱

ukiさんや、サンクチュアリの方々のご意見から、「完成」をめぐる混乱があるように思えるので、ここで少し整理しておく。

原理講論によると、

「神の第一祝福は個性を完成することにある。人間が個性を完成しようとすれば、神の二性性相の対象として分立された心と体とが、授受作用によって、合性一体化して、それ自体において、神を中心として個体的な四位基台をつくらなければならない。神を中心として心と体とが創造本然の四位基台を完成した人間は、神の宮となって(コリントI三・16)、神と一体となるので(ヨハネ一四・20)、神性をもつようになり、神の心情を体恤することによって神のみ旨を知り、そのみ旨に従って生活をするようになる。」

となっている。少し難しいが、完成した人間は心の中に神様が住むようになり、神様の気持ちがビンビン伝わるようになり、神様の願いを自ら悟って、神様の願いの通りに生活するようになるということだ。


では神様の願いをどのように知るかと言えば、そこは責任分担の世界。自分で祈り求めたり、統一原理のふえん的解釈により、自分で悟る訳だ。

ということは、完成した人間はうれしい神様の心情や悲しい神様の心情をビンビン感じて、神様と共に生きようとする。ここまでは「完成」の世界。そのためにどうしたらいいか、何をしたらいいかは悟る能力の世界。神様と共に生きたいという情的な衝動は完成人間は皆素晴らしいものを持っているが、悟る力、統一原理を悟る能力、あるいは物事を企画立案する能力は皆それぞれ。

だから韓女史のように、あまりにも過酷で暴虐に思える文氏との50年余の夫婦生活には耐えることができ、様々な称号をもらったが、いざ自分が一人になってみると、悪魔連盟に利用される程度の原理理解能力、指導力しか持たなかったということもあり得たのだ。

完成した人間だからといって、すべての点において万能のスーパー人間というわけではないのだ。顕進さんだって、馬術をやっていたが、オリンピックで優勝したわけではなかろう?亨進さんだって武術に秀でているといったって、ボブサップに勝てるかどうかはわからない。韓女史も、知的能力において悪魔連盟に惑わされてしまったのだろう。

re「完成」をめぐる混乱

原田さん、解説ありがとうございます。
原田さんの解釈だと
「韓女史は完成いるが悪魔連盟に惑わされてしまっている」ということですね。
神様の心情がわかる人が私欲をむさぼる人たちに惑わされる?
それは体の問題ではなく心の問題ですよね。これを神様の心情がわかる完成した人と言って良いのでしょうか?ということを言っているのですが…。
現状だとどちらを取るかの線引きは微妙な個人解釈の差だけのようです。

米本先生からコメントは一般人が見てもわかるよう「統一ワールド」用語は使わないほしいとのことですがちょっと難しいですね。でも韓国宗教の相続争いネタは一般でも受けはよさそうだからここ見る人も多いのかも。そのうちマスコミも騒ぎ出すかな…。

re:「完成」をめぐる混乱

ukiさん、

元々私が提示した問題提起は、文鮮明氏の韓女史完成発言に従って韓女史を完成したと見なすか、それとも亨進氏解釈に従って韓女史は未完成と見なすかということで、至って簡単な選択問題でした。私は文鮮明氏宣言に従って、韓女史は完成していたと見なす方が論理的整合性があると思っています。

韓女史が未完成ということになると、文氏の完成宣言を基盤として制定された神の日は、その論理的基盤が損なわれたために誤りということになり、神の日はいまだ制定されていないことになるからです。

そして七年路程内に完成されなかったということは、この七年路程の勝利を基盤として展開された1981年までの21年路程もまた論理的基盤を失い、文氏が勝利を宣言された1976年のワシントン大会もまた、文鮮明氏の勘違いで実は勝利していなかったということになる。つまり亨進氏の韓女史未完成発言は、文氏の勝利を根こそぎ否定する結果になるのです。

この私の論理展開は、実に簡単に理解していただけると思います。1960年からの7年間で韓女史が完成したと宣言を出し、真の父母が完成し、神の日を迎えることができた、その基盤の上にその後展開されたすべての路程は、韓女史完成を否定することで、すべて否定されるのです。すなわち韓女史完成を否定する亨進氏の主張は、文氏の勝利のすべてを否定することに繋がるのです。

それは大変なことなので、韓女史が過ちを犯したことは責めてもいいとしても、韓女史は未完成であったとか、韓女史は堕落したとかの見解は改めなければならないでしょう。でないとそれは文氏のすべての勝利を否定することに繋がるから。それは前段で述べた通りです。

re:「完成」をめぐる混乱

原田さん

横からですみません。
「完成」については私もきちんと説明できないのですが、文先生の発言を合理的に理解しようとすると、どうしても段階的復帰という概念が必要になると考えています。
本来、もしアダムとエバが堕落しなければ、家庭完成が完成基準でしょうが、復帰では段階的にならざるをえないという解釈です。
はじめから、天宙の完成した真の父母には立てない、家庭基準、氏族・民族・国家・世界基準での完成がある。もし仮に家庭基準で原理の認める基準を立てたとしても、復帰の路程ではサタンは納得しないという解釈です。

ただ、これもおかしな解釈で、完成したものが版図が広がると未完成になるのかという疑問があります。ですが、アダムとエバが家庭完成したのち、氏族・民族・国家・世界と拡大していけば、それだけアダムとエバの人格の成長もあるわけですから、完成したものが成長するという概念は成り立ちます。文先生のみ言葉にも、神様の愛を求めて永遠に成長するような話がなかったでしょうか。この辺が、一般の人が物作りなどで完成したと考える概念とは違うと思います。完成したものが成長するという概念はないですからね。そう考えると完成というのは、消極的に言えば、神様の心情を感じて罪を犯せない基準というあたりなのでしょうか。

無理やり説明はしてみたものの根拠(韓鶴子氏の実体の姿)が乏しく、この程度では現状を説明できないので、食口はもとより、一般の人にどれだけの説得力があるのだろうかと疑問が残ります。

後継者排除も文氏否定

では原田の考えでは真の父母で定めた後継者を文氏の死後に排除したことは文氏のすべての勝利を否定することに繋がるということになるんですね。
結局は堂々巡り矛盾した話です。

re後継者排除も文氏否定

すいません
原田さん
呼び捨てになってました。
ごめんなさい。

完成したでは無く、勝利した。

原田さんは、私が投稿したコメントを読んでくださったのでしょうか?
神の日が制定された1968年1月1日にお父様が祈祷されたのは確か「この勝利した娘を見てください」と祈祷されたと記憶しています。
「完成した」という祈祷、もしくは宣言がなされていますか?では、「お母さまは2013年6月16日までに完成しなければならない。そうして本然の位置にまで戻らなければならない」―2007年5月11日 天正宮訓読会
このことをどの様にせつめいされますか?

もう終わりにしませんか。

 “完成”投稿が続いていますが、もう終わりにしませんか。sasaさん、ごめんね。

 完成テーマは、私がたとえとして出したもの。

>一般社会ではまったく通用しない「統一教会用語」がふんだんに登場する投稿が続いています。
 チンプンカンです。ブログ主にも理解できるような投稿だとありがたいのですが・・・。
 たとえば、わかりやすい一例を-。
「完成」は一般用語です。完全にできあがること。
(云々)

 ブログのテーマは「家庭連合は「お母様は神になられた」と宣言すべきである」
 賛成ですか?反対ですか?

宣言すべきに1票

宣言すべきだと思います。

家庭連合と食口のことを思えば、事実を捻じ曲げ微妙に洗脳シフトさせ信者を煙に巻こうと言うやりかたはいずれつじつまが合わなくなり破綻すると思います。

しかし、事実を公表し問題点を洗いなおすべきですがそれも現状では無理でしょうね。

懐を増やしたい悪魔連合の取巻きたちは少しでも家庭連合を持続させお金を巻き上げたいがために事実を隠すか誤魔化すことを本部に強制するでしょう。悪魔連合は家庭連合があるかぎり後継者も洗脳し利用しようとしているはずです。

宣言すべきかどうか

米本さん

了解しました。

ところで、韓女史の神宣告についてですが、すでに原理講論のキリスト論において神と真の父母の三位一体論が説かれており、それを世の中の人に分かりやすく説明せよと言うことなら、その必要があると思います。

また、統一原理とは異なる意味で、例えば「朕は国家なり」というような意味で宣言したのであるならば、それは社会に対してだけでなく、教団員にも周知徹底しなければならないと思います。そしてそれはとりもなおさず、文鮮明教からの離別宣言にもなると思います。

イエス様も「私を見たものは神を見たのである」といっていますし、文氏も確か神宣言しています。ただし、イエス様も文氏も神に祈っているので、一応は神とは別の立場を貫いています。今度の日曜日に礼拝に出席しますので、その時に韓女史が神への祈りをやめたのかどうか聞いてみます。

韓女史が神への祈りをやめたのであれば、それは文鮮明教の統一原理からの離脱であり、一般社会及び教団員にはっきり宣言しなければなりません。韓女史がまだ神への祈りをやめていないのであれば、従来の三位一体の解釈でよく、その事をよく説明する程度でいいと思います。

<追記>

神への祈りをやめたのであるならば、私=神ということになり、私が神なのだから祈る必要はないということになります。文氏は神宣言後も神への祈りは捧げているので、従来の統一原理の三位一体論から逸脱していませんが、韓女史が祈りをやめて自身を神と称したなら、それは文鮮明教からの逸脱であり、宣言する必要があると思います。

必読ブログ

●ちゃぬの裏韓国日記
●【太陽と月の攻防】夫に呪いをかけ続け、夫の代わりに王になった妻(鶴子夫人)(1)
http://ameblo.jp/chanu1/entry-12143368998.html

 これを読んで考えさせられた。
 韓鶴子氏の神認識である。どうも、あまり真剣に考えたことはないようだ。
 実際、息子に語った言葉も「私は神」「私はメシア」「私は絶対権力者」と、並列である。
 
 紹介した記事を読むと、韓鶴子氏が求めていたのは「王」の座のようである。

 もしそうなら、疑問点の多くが解けてくる。

文教祖はただの浮気性の虐待男だった?

韓鶴子さんは、夫:文教祖の浮気(女性関係)と精神的虐待で随分前からおかしくなってたんだ(夫にキレてたんだ)という思いが強くなってきました。
そして、実の子供を含めて、男性不信というか、自分に服従しない男は許さないという感じになったのか?と思います。

家庭連合(統一教会)を継続するためには「真の父母」「真の家庭」が必要だけど、やっぱり、限りなく”文鮮明”を消そうとしているように思えます。
統一教会の資産は慰謝料的意識で”私のものだ”と思ってるんじゃないのかな?
介護が必要になったら、ボケを感じだしたりしたら、娘たちが世話するのか?

また、原理では、男は主体、女は対象で、主体は愛を与え、対象は愛を受け美を返す(喜びを返す) と言ってましたが、文夫婦関係は、とっくに熟年離婚モードになっていて、文教祖は妻の心を顧みることなく”俺は王だ”モードで妻を責め立てるばかりだったんじゃないか?

また、人間の心は上がったり下がったりしますがそういう状況の中、韓国人虐待男が妻に愛の恨みを植え付けながら時を過ごし、妻の心は既に限界を超えてる状態で、夫婦としてどん底に落ちていったんだろうと思います。(下降トレンドの夫婦関係)

テレビ番組での話ですが、国連の医療業務に日本人女性が勤務してるんですが、世界の貧困地域医療のために、その女性は親子離れ離れになっても長年海外勤務してるんです。それでも、夫は柔和な方で妻を理解し、子供も立派に育ってました。

文鮮明=メシア という大前提をはずすなら、「真の家庭」というのは、一般的に見れば、妄想で人を操り金をせしめる韓国人虐待男の家庭としか見られないでしょう。いつまでもよくわからん家庭連合(統一教会)に依存してもしょうもないと個人的に思う。

無知を晒すのみの韓鶴子氏

>当初(「沈黙を破って」の説教)は、韓鶴子氏は悪魔連盟に利用されていると思っていた。が、次第にそうではなく、韓鶴子氏の強い意志で、自らが神になろうとしていることに気づいた。そこで、説教が次第に過激になっていったのだ。

 もっとも、悪魔連盟のごくごく少数-いや悪魔連盟として文亨進氏が名前をあげていない人物かもしれないが-は、韓鶴子氏が夢想した段階から、「韓鶴子=神」計画を立案していた可能性がある。


 にほんブログ村・家庭連合においては「神」「真の父母様」「独生女=韓鶴子」の関係性と、それに対する教義的解釈が盛んに論じられており、米本さんもその教義解釈と関係する教会本部の動向を追っています。
 しかし元々定義が曖昧な教義用語で原理講論が書かれている上、信者が絶対視する文先生の「み言葉」はさらに捉えどころがなく、言葉の定義は自由に変化し、恣意的に教義が語られていたというのが実情ですから、それらの教義を矛盾なく整理して何が本質であるか理解することなど到底不可能なのです。
 統一教会=家庭連合の教義の場合、体系化された思想として知性的な人々に通用するのは‘創造原理’のみで、それ以降に展開される宗教理論は科学とかけ離れ、論理は破綻しており、知識人に通用する代物ではないのです。
 ただ、家庭連合の‘教え’はどこまでも宗教であり、真理などとは無関係なので、どんなに馬鹿げた内容であれ、世の中から排除されることなく、一部の人達によって信仰されてきたのです。

 韓鶴子氏に関しては、その性格の成り立ちを米本さんが今までの記事において分析しており、その言動も根拠は明確です。
 統一信者は「真の父母様」を神格化し、妄信しているため、韓氏の突飛な発言を初めて聞くと戸惑ってしまうのですが、統一教会と「真の家庭」の辿った歴史を詳しく知ったならば、そのような混乱が起きる可能性は以前から十分にあったとわかるのです。
 韓鶴子氏はスピーチからもわかるように教養などあまりない凡庸な婦人で、自慢できる話は 教祖である夫と周りの古参婦人信者から辛い仕打ちを受けながらも耐え忍んで教会内の立場を守ってきたという昔の話だけです。
 それは、特別な能力などなくても我慢強い性格であれさえすれば、誰でもできることです。
 つまり、メシア(救世主)となり得る能力もなければ、傑出した人格を持ち合わせているわけでもないのです。
 そのような凡人が成金の生活に味をしめてしまい、そこに必要な宗教的権威を維持するために自己主張をし始めたことから、教団の教義それ自体にあった矛盾が一層際立ってしまったのです。

 米本さんは「カルト」宗教についても知識があるジャーナリストで、社会を広く理解しておられるので理解できると思うのですが、宗教の教義などというものは学問とは無縁なものです。
 普遍的な真理に到達すべく研究を重ねるのが学問ですが、神学などに普遍性はなく、宗教が変わってしまえば、その信仰が異なる人達にはまったく無意味なものになってしまうのです。
 神学は限られた集団にしか通用しない仮説に過ぎず、現実的には実証不可能な空論でしかないのです。
 神学は中世では重要な学問であったのかも知れませんが、人類の知性が発達し、何が真理で、何が虚偽であるか判別できるようになると、神学などというものは意味をなさない疑似学問であることが理解されるようになったのです。

 宗教の教義を組み立てるのと、神の存在について追究するのは全く別のことであり、神は現実世界を超越した認識不可能な存在であるため、人が神を限られた言葉で断定的に語っているならば、それは虚偽の空論に過ぎないということなのです。
 つまり、韓鶴子氏は単なる大嘘つきということです。

 「私は神でありメシアです」…真理について真剣に考えたこともないから言える言葉です。
 無知とは恐ろしいもので、自分が何を語っているかさえわからないのです。
 結局、統一教団は頂上から末端まで、意味もわからず言葉を使っているのです。
 教団では普通に使っている言葉でも、一般常識から考えると呆れるようなものはたくさんあります。

 例えば、アメリカ合衆国大統領のような人物が、世界の深刻な問題に直面して「おお、神よ!」なら恰好がつきます。
 しかし、いい年をした大人が世界の救済を論じながら「真の父母様に侍りましょう」ではただアワレに思われるだけです。
 

Re: 無知を晒すのみの韓鶴子氏

 神々の黄昏さん、投稿とても感謝です。

>米本さんもその教義解釈と関係する教会本部の動向を追っています。
 しかし元々定義が曖昧な教義用語で原理講論が書かれている上、信者が絶対視する文先生の「み言葉」はさらに捉えどころがなく、言葉の定義は自由に変化し、恣意的に教義が語られていたというのが実情ですから、それらの教義を矛盾なく整理して何が本質であるか理解することなど到底不可能なのです。

 初心に戻りました。
 投稿を読んでいるとテンデンバラバラ。

 みんなの言葉を「キリスト教用語辞典」で調べてもなく、独特「統一教会用語辞典」に添うものでもいいのですが、そんなものはなく、テンデンバラバラ。

 Aさんが理性的に認識している神と、Bさんのそれとではまるで違う。

 統一用語辞典を作ったのは、故川崎経子さんであることは、忘るること勿れ。

私を見たものは神を見たものである。

私は神であるといったのかいわないのか?地の塩さんの投稿はかなり参考になりました。私も礼拝に出て確認してからと思いましたが、取り敢えず家内に聞いてみたところ、韓女史は神への祈りはやめていないとのことです。


そうなると、自分を指して神といっているという解釈は成り立たなくなり、言葉足らずの表現で自分の思いを表現しているために、原理講論のキリスト論の三位一体論を読んでいない一般読者は、なんだ、私は神だって?という強い違和感を感じるのだろうと思います。

イエス様も私を見た者は神を見たのであると言ってしまったために、イエス様が神であるという誤った捉え方が定着したのだろうと思いますが、安心してください。イエス様は天の父に祈っています。自分が自分に対して祈るというのは自己矛盾だからありえません。文氏も確か神宣言していると思いますが、神に対して祈っているので、自分が神だという意味ではあり得ません。韓女史も、言葉足らずで誤解を受けるような表現になってしまったのでしょうが、神に祈りを捧げているようなので、自分が神だというような意味ではないようです。

たぶん、韓女史は知的能力がかなり足りないように見受けられます。そう言えば文氏が生前韓女史は賢いと何度もいっていましたが、今となってはあれって皆の不安を払拭するための文氏のバックアップではなかったかと思います。

Re: 私を見たものは神を見たものである。

>私も礼拝に出て確認してからと思いましたが、取り敢えず家内に聞いてみたところ、韓女史は神への祈りはやめていないとのことです。

 奥さんはどうして知っているのでしょうか。最近、祈っている姿を目撃したとか。根拠を教えていただけたら。

Re: 私を見たものは神を見たものである。

>奥さんはどうして知っているのでしょうか。最近、祈っている姿を目撃したとか。根拠を教えていただけたら。

私よりもよく教会に通っていて、礼拝では週間ブリーフィングなどの動画上映などよくやっていますので、韓女史が祈る姿などみているのではないかと思い、尋ねてみました。

私はこのところまた仕事が立て込んできて、礼拝に出られない週が続いたので、次に休みが確定した次の日曜日に出る予定です。でも、家内がみているのでしたら、聞いてみた方が早いかなと思いました。

ただ、申し訳ないことですが、前回の投稿のあと、韓女史は神様のことを天の父母様と表現しているので、神様に対して祈っていることは間違いなかろうと思うに至りました。

もっと早く気がついていたら、前回のコメント投稿は、もう少し違ったものになっていただろうと、申し訳なく思っております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/706-d3ee339d