家庭連合のサ教対策は“共産主義”と同じになってきた! 

鶴の絶対化路線(21)

 テーマは、日本家庭連合(統一教会)のサンクチュアリ教会(サ教)対策のことである。
 
 私がやや目眩(めまい)を覚えたのは、次の2つである。
 まず、「家庭連合からサンクチュアリ教会へ(YAMAさんの手記) 」の一文。

「年が明けると、1人の食口と会った。私から会おうと言ったわけではなく、また私からサンクチュアリにも誘ってない。
 しかし、あるルートから教会長にばれて、教会長から激おこプンプン電話が来た。
食口と接触するな〜
自分の家庭をまとめろ〜
余計なことに関心を持つな〜
-という具合だ。
 その後、私の所属教会では、私から勧誘を受けたら報告し、接触しないようにという一斉メールが回ったようだ」

 もう1つは、記事のコメント欄に投稿された拉致監禁体験者さんの一文である。タイトルは「怖かったです」

「私も拉致監禁体験者です。教会長と、サンクチュアリの件で面接し、話し合った時、監禁牧師に説得された時と同じ感覚を覚えました。
 思考停止状態の教会長、どんなに正論をぶつけても、頑固なまでに私の話を聞こうとしない教会長の姿は、統一教会は反社会的団体とばかり強調する拉致監禁の反対牧師そっくりで、とても恐ろしくなりました。
 情報統制、人民搾取、韓氏オモニ絶対主義、自由のない組織主義など、今の家庭連合は北朝鮮にとてもよく似ていると思います」


 また、あるシックからは
「夫にも、サンクチュアリ教会の主張が正しいのではないのか、といったことは言わないことにしています。アベルに通報されるとややこしくなるので」
 別のシックからは
「こちらの教会でも、YAMAさんが書いていたように『サンクチュアリの兄弟姉妹から連絡があった場合には、相手にせず、すぐに報告するように』というメールが一斉に」

何人かの現役シックに聞いたのだが、全く対策をやっていない教会もある。

れって、いったい何なのか。組織の名前は世界平和統一家庭連合なのに。夫(妻)にも本心を話せない。実に寒々とした話である。

 家庭連合(統一教会)は、「共産主義」と対峙する団体だと思っていた。ところが、サ教対策をやるようになってからの最近の統一教会は「北朝鮮にとてもよく似ている」

<注>家庭連合が言う「共産主義」とは、マルクスが想定した到来する共産主義社会(協同組合的社会と認識している)とは違って、似て非なる「スターリン型の全体主義」(旧社会主義国家)を指しているように思われる。

 拉致監禁体験者さんがいう北朝鮮とは少しばかり違うと思うけど、似非共産主義と似てきたのは確かだろう。
 毛沢東の文化大革命時代には、子ども(紅衛兵)に「親のブルジョア性を通告せよ」。東ドイツでもそうだった。たとえば、『アルバート街の子どもたち』(子どもたちに密告を奨励)。

 また、私が少しばかり体験した日本共産党の「新日和見主義事件」とも共通するところがある。
 今の共産党からは想像しにくいだろうが、事件当時は「家族に党の内部のことを話してはならない」「5人以上の党員が集うときには党に報告せよ」という指令が下った、と記憶している。

 寒々とした話で、思い出したことがある。

 教団の中堅幹部職員は在米の日本人夫婦シックと家族ぐるみの付き合いをしていた。婦人シックはサンクチュアリ教会に移った。そのことはサ教サイトでカミングアウトしている。
 その婦人シックの夫が最近、お土産のコーチのバック(松江市の一畑デパートのコーチショップではどんなバックであれすべて数万円)を持って日本に戻り、いつものようにその職員と会おうとした。しかし、返事はノーであった。
 おそらく、サ教のメンバーと会っていたことが本部にわかると、出世に響く、場合によってはクビになるかもしれないと考えたのであろう。
 旧社会主義国時代の社会ととてもよく似ている。

 統一教会の4位基台とやらの第1祝福は「真の個性」の完成だという。人間としての人格完成のことを言っているようだが、サ教対策に見られる教会幹部の言動、振る舞いは、完成された人格者としてのそれとはほど遠く、人格欠陥者のようにしか思えない。
「激おこプンプンで食口と接触するな」。「頑固なまでに私の話を聞こうとしない教会長の姿は、統一教会は反社会的団体とばかり強調する拉致監禁の反対牧師そっくり」。
 それでいながら俺は人格者だと夢想する。
 夢見る夢子ちゃんといったレベルを通り越し、たんなる酔っぱらいの妄想である。情けなさを通り越して、ゲラゲラ、ハハハ 笑いすぎて腸かねじれて腸捻転!

 とまれ、今の家庭連合のサ教強圧的対策は似非共産主義(スターリン型全体主義)を彷彿させる。
 日本共産党は新日和見主義者の摘発によって、体力を消耗してしまった。家庭連合も同じである。サ教対策を強圧的にやればやるほど、反発するシックや隠れサンクチュアリは増えていく一方だ。つまり、逆効果。そのことが理解できないから、教団本部、教会長諸君は頭が悪い(バカな)のだ。

 サンクチュアリ対策の王道は理論闘争である。この話は次回に。

 これをのんびり観て、和んでね。



-次回は「家庭連合は「真のお母様は神である」と宣言すべきである」-乞ご期待!


庭連合のどこに平和があるのかと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

関連記事

コメント

アベルに報告という逃げ口上

教会では家庭の問題をアベルに報告すれば、解決するといった言い逃れ逃げ口上が蔓延しているとおもう。これはあたかも韓国特有の「告げ口文化」にも似ている。

問題が自分自身にあるのにそれを見ないで自己正当化するためにアベルに報告するんです。

良く韓日夫婦で夫の暴力が取り上げられますが、それってほんとに夫が悪の?ってことです。
家庭の家事育児のことをろくにやらないでちょっとした協会活動を優先する。それで夫が不満を出すと夫の話は聞かないでアベルに報告相談し自己正当化。夫は不満の矛先がなくなり暴力に走らざるをえない。ってことじゃないですか?

それと食口には顔が三つあると思う。
一つは、一般社会人の顔
二つは、所属教会の顔
三つは、本音の顔

これら三つの顔をうまく使い分けています。
本音の顔を見せるのは外に漏れると危険なのでそれなりに信頼関係がある人になりますね。
本部の人はけっこう自慢話するおしゃべりな人も多いのでこれで失敗する人もおおいです。

本部でもサ教に本音を言える友人がいれば水面下でうまくやりとりしているはずです。実質、お金をもらっているかいないかだけの違いなので。またはうまく両方利害関係でやり取りしている人がいても不思議ではありません。

共産主義以下かも

いつも率直で正直な記事をありがとうございます。初めてコメントさせて頂きます。
この記事内のYAMAさんのようなことは腐るほど起こっているはずです。私も同様なことの経験者です。
私の職場では純粋に福祉の仕事に勤しむ共産党員の人がいます。
「共産主義と同じ」よりも「共産主義以下」のように思うのです。
身内でも告発し合う中国や北朝鮮などの組織レベルということでしょうか・・・
ここの低レベルな組織人の感性にはうんざりです。
米本さんの記事も、ここに寄せられるコメントも多くの組織人や一般シックも読んでるのでしょうが、なかなか変化はありません。
いろんな立場の方々が読まれているでしょうから、自分も書いてみようかなと思いました。
課題を見つめて自己変革が難しければ、やるべきことを進めれば良いものを・・と思います。
家庭連合だろうが、別グループや集団だろうが、氏族メシヤ勝利を唱えています。
ならば、今一度、韓国人も日本人も還故郷の鉄則を実施して良いんじゃないでしょうか。
韓国人は韓国の故郷へ、日本人も牧会者だのスタッフだの立場関係なく故郷へ。
組織人はそれぞれの地にいる人でやれるもんです。
給料が無くなる?減る?
一切無視して大丈夫。それが理由で動けなければ、その人の人生は何もできません。
具体的には書けませんが、私も元組織人です。
それまで培って得た実力で切り開くのです。
どんな道でも楽な道はありません。
氏族メシヤ活動する中で、組織、分派、何かのグループ、一切関係ないですね~
氏族メシヤを真剣にやろうとする人達同士、って所属する組織など関係なく良いコミュニティーが作れることを実感します。
しかし、牧会者、婦人部長、スタッフ等の中にはそんなコミュニティすらも毛嫌いする人が多いのも事実です。
まさしく邪魔にしかならないし彼らの言動には辟易するばかりです。
だから、牧会者、スタッフが率先して自分の氏族メシヤ活動のために還故郷なさってください。その地で底辺から努力する、婦人部長は自分の家庭完成のために努力する、この姿を見せるだけで素敵な団体になるんでしょうが・・・・
サ教やいろんなグループの方々も他の批判は止めて為に生きて愛する実践を地元で共産党に負けないくらいにやってみてはどうでしょう・・・
などと、米本さんの記事を読みながら思いました。
初めての書き込みで無礼な点がありましたらご容赦を。

やっぱり家庭連合は北朝鮮発の宗教だとますます思われるだろう。

例えは悪いかもしれませんが、レストランの近くに新しい店ができてそちらに客が流れた場合、そこの悪口を言って客を取り戻そうと普通はしますかね?あそこの食材はヤバイと証拠もなく言ったとして、それするのは三流以下で反則技でしょう。
 まともな店は味、接客、雰囲気を見直し客を取り戻そうと努力するものです。

一般社会で働いた事がないから、普通の感覚がわからず競争も知らず自分達にマイナスなものはすぐに敵と見なす。それを超えようという気概もない。それで「真の愛」やら「世界平和」「超宗教」って普通の人間なら気が狂ってると思うでしょう。自分達が絶対正義と考えてるのは北朝鮮クラスの盲信にしか見えません。

サンクチュアリ教会にも課題は見えますが、比べるとまだ体質は民主的ですよね。拠点とトップにアメリカの影響があるせいでしょうか。
 お互い理論闘争を心行くまですればいいですが、人の心は理論だけに惹かれない事をお忘れなく。
 

Re: アベルに報告という逃げ口上

>良く韓日夫婦で夫の暴力が取り上げられますが、それってほんとに夫が悪の?ってことです。
家庭の家事育児のことをろくにやらないでちょっとした協会活動を優先する。それで夫が不満を出すと夫の話は聞かないでアベルに報告相談し自己正当化。夫は不満の矛先がなくなり暴力に走らざるをえない。ってことじゃないですか?

 鋭い指摘だと思いました。
 韓日家庭のことは知りませんが、家事育児より教会活動を優先させる。日本でもしばしば見られる傾向のようです。
 当然、子どもの精神衛生にとってよろしくない。
 家庭が荒れていれば、婦人シックは家に戻っても楽しくないし、学校からの連絡帳をもとに子どもと向き合うのはしんどい。
 その結果、帰宅する時間はますます遅くなる。子どもが寝た頃に戻る。そうなると、子どもはますます荒れる。
 悪循環です。
 韓国でも同じなら、夫が暴力を振るうのも理解できなくもありません。

 創価学会でも同じような問題があり、夫が妻に暴力をふるうようなことがしばしばありました。
 そこで、学会は「婦人会員は夜の活動はしないように」という方針を決めたそうです。
 この話を、その昔に本部幹部にしてあげたのだけど、いっこうに改善されませんね。献金のツメができなくなることを恐れてのことだと思います。

Re: 共産主義以下かも

 普通人さん、初めての投稿、ありがとうございました。
 今後も、投稿よろしくお願いいたします。

>ここの低レベルな組織人の感性にはうんざりです。
米本さんの記事も、ここに寄せられるコメントも多くの組織人や一般シックも読んでるのでしょうが、なかなか変化はありません。

 一般シックには変化あり、と判断しています。その変化は2つ。
 1つは退会ないし退会状態になるシックが増えているということです。
 もう1つは、サンクチュアリ教会への流出ないし隠れサ教になりつつあるということです。
 内部改革に向かわないのは寂しい限りですが、「サ教が言っていることにも正しいところがあるのでは」などと口に出せば、パージされるから仕方ないでしょうね。

 組織人、教団職員の場合、私の記事やコメントには反発を覚えながらも、「耳が痛い」と思っています。
 しかし、松濤界隈の喫茶店で小声でグチをこぼすことはあっても、会議の場で発言することはできていません。

 私に内部情報を通報しているのは誰か-が水面下で話題になっているレベルです。

 彼らを小心者と批判することは可能ですが、組織のトップである徳野さんとて「文化を変えなければならない」(うちの組織も問題だよなぁ)という程度です。

 まだ分析はできていませんが、日本の教団は「権力の空白状態」にあると見ています。

Re: やっぱり家庭連合は北朝鮮発の宗教だとますます思われるだろう。

>例えは悪いかもしれませんが、レストランの近くに新しい店ができてそちらに客が流れた場合、そこの悪口を言って客を取り戻そうと普通はしますかね?

 正論です。笑えました。

 前に書いたことがあるのですが、松江に太平楽というものすごくうまいラーメン屋(最近店主が身体を壊して休業中)があって、同業他店が「あそこのダシは猫の骨を使っているそうだ」という“都市伝説”を流しました。

 高校生だった私にも伝わってきたほどです。結果は?ますます繁盛しましたとさ。

報告・連絡・相談+密告制度

トップガンは予備軍隊です,さらに

報告・連絡・相談+密告制度が加わりました。

神山名誉会長公開討論会のころには

すでに始まっていました。

会長による説教

久しぶりに投稿します、徳野会長が各地を回って、(おそらく大体同じ内容)説教しているようです。ビデオも見るように指示されてます。
気になった点
○「サ教」は韓総裁を批判している。ご父母様(文総裁+韓夫人)により祝福を受けたのだから、産んでくださった(祝福は新しく生まれる意味があります)その方を批判する事は自らを否定する事だ。
○組織(家庭連合、統一教会)は批判されても、足りない点があるのはわかっています。それは改めていきたい。
←ここで、徳野会長は学生時代に教会で傘を盗まれたりした話などで会場を笑いで沸かせました。笑っている中で大多数は気がつかなかった?かどうか、何億・何十億の単位の幹部の不正疑惑を「サ教」では話している、(ネット上では知られていても、大多数はネットを見ない)のを小さな事にすり替えられたような気がしました。
とにかく韓総裁と家庭連合が本流、という内容でしたが「疑惑」の答えにはなっていないし、理論も今ひとつだなあと思いました。ただし、この説教が一般婦人シックや壮年向けのようで、理論はそもそも語らずにいる感じにも捉えられました。

会長による説教みてないけど…

会長による説教、私はみてないけど
そんな浅はかな内容で誤魔化せると思っているのでしょうかね。それでも納得している人も多いのでしょうが、できればその人たちの頭の中がどうなっているのか見てみたい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほんとに 共産主義みたいです

私も 教会に 疑問をもち始めたころ 教会長や 周りのシックに おかしいと思う点を 話していたら 段々 教会の中で 危ない人に(要注意人物)になっていき そういう発言が できなくなり、また そういう私の発言が 教会長に 報告されていました。
 ここは 自分の思うことも 発言できない 共産主義か?と 思うことが 度々 ありました。 

また 悲しいことに 共に 同じ時期に 韓国に渡り 家庭を出発して 20数年 共にしてきた姉妹が 私が 教会に行かなくなり 疑問のメイルを 送ったら それっきり 返信のメイルもなく 関係も 切れてしまいました。
愛を唱える 教会が この情の関係は なんだったのかと 悲しくなりました。

妄想が妄想を呼ぶ魔物集団

昔、ネットで3男派?のことが話題になってた頃、そのことをちょっと知り合いの壮年に話したことがあるんですが、
その後しばらく教会に行かなくてある時久しぶりに行ったら、いつの間にか私が3男派に行ったということになってて、私に気付いても目を合わすなとか、そんな感じになってました。
ネットで知ったことをちょっと話しただけなのに、何をしたわけでもないのに、あいつには近づくなレベルになってて、勝手な思い込みが妄想を生み、それを拡散させていました。もう異常集団です。ちなみに、その壮年はネットを見ない(PC嫌い)元壮年部長です。
もう呆れ果てて何なんだこいつらって感じで、マジでバカじゃないかと思った。もう完全に悪臭を放つゴミ屋敷住人たちです。異常集団であることに気付いて、どんどん教会から去ってるようですね。自業自得で、北朝鮮そのものです。

自分の収入に影響するからなのか、特に献身者たちは異常な思い込みで敏感になってるようでした。もはや、神、真理を求める集団ではないです。
ゴミ屋敷の中に閉じこもる引きこもり集団です。マジで気持ち悪い!

統一教会の変貌ぶり

皆さんの投稿を読んでて感じたのは、統一教会ではなくなってしまったのですね。まるで 共産主義のようになってしまった。昔は、人情よりも天情(この言葉大嫌いです。)今では、天情よりも強情 になりましたね。統一と反統一は同じですね。自分らは正しくて他は間違っている!!!最近特に感じます。それと 統一教会に長年いると、井の中の蛙 世間知らず になりますよね。自分では、天宙的視野で物事を見ている。それこそ お花畑脳ですよ。

理論闘争とディベート

真の対策は理論闘争ですか。私の考えも少し似ていますが、少し違う部分もあるかもしれません。相手と議論すべきだと思います。その意味では理論闘争と同じです。他方、自分の理論で弱いと思う部分を補強する、また間違っていたと思われる部分はさっと捨てて、正しい理論に改良する。これができた方が勝ち残るのではないかと思います。ただし、それができるためには信仰というものの限界を越えなければならないと思います。

正しいのか正しくないのかわからないから、正しいと思い込む、それが信仰だとすれば、そんなもの要らない。そんなものは、間違いに気がつくことを阻害するから要らないんです。議論の中で間違いに気がついたら、そこの部分だけ修正して、修正案を相手に提示する。それができた方が勝ち残るのではないかと思います。そして、これまでの行動も、その修正案にしたがって改める。本当のディベート攻勢を仕掛けた方が生き残れるのではないかと思います。

独生女論もおかしいが、二代王なんて地位もありえない。霊界の天国生活においては、真の父母のもとに皆横一線の兄弟姉妹だと聞いています。はい、論破(木下ほうか氏。笑)。

re統一教会の変貌ぶり

今は流出を恐れ逆に天情より人情を重視いているように思います。

共産主義のようになってしまった…これは昔から変わりないことですよね。外の世界はサタン世界、相対基準は結ぶなってずっと高い壁を作っていましたからもともと北朝鮮のような体制だったと感じてましたけど。

維新の時

私的財産の没収や報連相の徹底、反対者に対する極端な敵視等、日本統一教会は昔から共産主義的な文化を持っていましたが、特にサ教に対しては危機感を強く持っているために、それが如実に表れているようです。

しかし、国単位でも、組織単位でも、構成する人間に「心」がある限り、共産主義は必ず崩壊します。

「お父様」が亡くなった今、摂理の中心は「お母様だけ」でも「ご子女様だけ」でもなく、「お母様やご子女様を含むシック全員」になっており、「絶対君主制」から「神を中心とした民主制」に転換する時であることに指導者たちが気付くまで、もう少し時間と犠牲が必要でしょうか。

また、今は分派も含めた日本統一教会の転換の時ですが、長州藩か薩摩藩か、といった低次元の視野ではなく、国全体の将来を考え、維新を成し遂げる高い志と行動力を併せ持った風雲児と、無血開城の立役者の出現が待望されます。

ヨナさんは真の母の立場を蕩減復帰できるか?

サ教の人がもしこのコメントを読んでいたら教えてほしいのだが、亨進氏は文鮮明氏の後継者を自任しているわけだから、文氏の説かれた統一原理を経典としているわけだろう?ならば、完成したエバである韓鶴子女史が堕落したという主張はあり得ないわけだが、その点はどう考えているのだろう?完成したエバである韓鶴子女史が堕落したということをどう立証するのだろう?

私は、完成したエバでも、統一原理を勉強していなければ、悪魔連盟に利用されることはありうる、また事実そうなったのだと解釈している。もっとも、そうなると韓鶴子女史は依然真の母であるわけだから、その真の母のもとに帰ってこない限り、亨進氏の出番はない。それは亨進氏には耐えがたいことなので、亨進氏は韓鶴子女史を真の母からはずしたかった。そこで韓女史は堕落したと主張したのだと考えられる。どうかな?では完成したエバである韓女史が堕落したということをどう立証するのだろう?

そしてもう一つ。完成したエバである韓女史が堕落したのならば、その蕩減復帰ということが当然出てくる。その道はヨナさんが歩むらしいが、出来るのか?その道は、韓女史が一度失敗したということを亨進氏が主張するのなら、三倍蕩減ということになり、36人の子供を産まなければならない。本当?大丈夫?文氏は12人は無理だろうと思って、他の女性にも子供を産ませたわけだね?その3倍の36人。

韓女史は真の母のままで堕落はしていない、ただ勘違いして誤ったことをしているだけだ、と考えた方がいいんじゃないかと思うがね?堕落したと主張するなら、3倍蕩減で36人の子供を産まなければならない!36人も亨進氏の子供を産むということは、無理。すると、亨進氏もまた、文鮮明氏が行ったように、他の女性に子供を産ませなければならなくなるが、どうだろう?韓女史の蕩減を晴らすって簡単に言うけど、そういうことなんだよ。亨進さんは、それをやる気なのかな?理論闘争でいくと、そういう点にも答えを準備しなければならないね、サ教の人、このコメントを読んだら教えてね。

韓鶴子氏は完成エバではありません。メシヤの花嫁の使命を果たしたお方です。
「韓鶴子氏はまだ責任分担を果たしていない」というみ言を、お父様が晩年に語られていたことは神山先生はじめ多くの方が指摘しています。
原理本体論にも、「真のお父様単体が真の父母である」と明確に書かれています。
神様は唯一な方です。しかし、本陽性と本陰性の中和的主体でいらっしゃるため、神様は天の父母様です。しかし、私たち被造物は、神様に対して、形状的女性格対象であるため、天の父母様を、天のお父様と呼びかけます。
全く、同じです。真のお父様のみが、夜の神様の実体です。真のお父様(イエス様も?)だけが、夜の神様から生まれた原罪のない息子です。それ以外の全人類は、昼の神様の主管を受ける原罪を持つ子女です。
そのため、真のお父様は唯一な方ですが、八定式を勝利された真の父母です。しかし、私たちは、真の父母様である真のお父様に対して女性格対象の立場であるため、真のお父様と呼びかけます。
原理本体論に、八定式は、真のお父様の勝利であり、韓鶴子氏の勝利ではないということも書かれています。
そもそも、韓鶴子氏が完成していたならば、お父様は、それを明確に宣布されたはずです。「韓鶴子真の母勝利記念日」などと言う名前をつけて。
今のところ、私は、そう解釈しています。
  • [2016/03/23 13:11]
  • URL |
  • 私の解釈では。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

1967年に文鮮明氏の韓女史完成認定

私の解釈ではさん

1967年、文鮮明氏は韓鶴子女史が完成したと言って喜んでいます。出典は忘れましたが、文氏はそのように喜ばれています。

完成したということと、メシアとしての責任分担を果たしたということは違います。文氏の路程をみてください。1945年、崔先吉女史と子羊の婚宴を受けて家庭を出発した文氏は、このときまでに個性完成していたかもしれませんが、文氏がメシアとしての使命を勝利したと宣言されたのは1976年9月18日ワシントン大会勝利の時です。

この事からすると、まず個性完成が先にあり、つぎにメシアとしての出発があり、最後にメシアとしての勝利があると解釈するのが自然です。完成もしていないのに、メシアとして出発するのは順序がおかしいからです。

文氏がそうであるなら、奥様の韓女史もまた同じでしょう。まず個性完成が最優先。でないと、メシアは真の父母ですから。母も完成しないといけません。1967年、そのことを文氏が喜んだ。1960年聖婚式のときに文氏は完成していましたが、韓鶴子女史は復帰されたばかりのエバであり、未完成期にいました。長成期の完成級から出発したというのが教団側の説明です。

一般の読者もいらっしゃるでしょうから、長成期完成級とはどれくらいのところか説明しますと、成長期間をまず三段階に分けて一番下の蘇生期、次の長成期、最後に最終段階の完成期となります。その各期間をまた蘇生、長成、完成の三段階に分けて考えると、長成期完成級とは9段階のうちの6段階目を越えて7段階目に入ろうとするところです。

神様との関係で言うと、聖書の中で女の腹から生まれた者の中で洗礼ヨハネほど大きな者はいなかったと言われるほどの偉大な修行者洗礼ヨハネがこのレベル。神様からの言葉をじゃんじゃん受ける物凄いレベルです。イエス様当時、洗礼ヨハネこそはメシアではないかと人々が間違うほどの高僧だったわけです。そう考えると、韓鶴子女史が長成期完成級から出発したということは、相当高いレベルだったわけで、誤解して自分はメシア宣言を出したとしても無理からぬことだったと言えるでしょう。

さて、一応条件的に家庭をなしたものの、韓鶴子女史が未完成期にいたものですから、本当の真の家庭は韓女史が完成してから出発です。韓女史は7年間を成長期間として過ごし、先にも説明した通り、文氏は1967年に韓女史の完成を宣言し、翌年1968年旧暦1月1日を第一回神の日と制定して真の家庭が完成した訳です。

この1968年までの路程をみてください。文氏の宣言を信じるならば、韓女史は完成したことになっています。文氏が嘘ついたと疑うならば、韓女史完成を疑うのもよろしいかもしれませんが、その場合は文氏の宣言を疑うわけですから、文氏の後継者を名乗ることはできません。

原田さんに注意

 ブログ記事と直接関係のない、しかもサ教に質問するような投稿は控えてください。
 荒れますので。
 実際、「私の解釈では」さんがレスしました。

 2つとも削除はしませんが、注意してくださいね。

>原田さんに注意

米本さん

大変申し訳ありません。失礼いたしました。今後気を付けます。

ちょっと驚いた。

◆救命ボート追加!岡山と島根!
http://wpus-jp.xsrv.jp/archives/813

「島根教会
代表:上山根 攻
電話番号:090-8241-1608」


 島根でもサンクチュアリ教会に行く人が出てきて、ちょっと驚きました。なぜか?って。

 同じ島根でも出雲地区と石見地区とでは気性が違うけど、出雲はなんでもかんでも「まあまあ、まあまあ」。自分の意見をはっきり言わない・争いごとを好まない-性格の人が圧倒的に多いからです。

「サ教対策を強圧的にやればやるほど、反発するシックや隠れサンクチュアリは増えていく一方だ」
 この指摘は正しいと確信した次第です。

 機会あれば、上山根さんに会えればと思っています。

 これを読んだ島根の教会長さん「激おこプンプン」だったりして(笑)

進言助言は批判とされる

天皇陛下が亡くなられたら、美智子様が代りをされるのだろうか?
夫が球団の監督だからといってでかい顔をする奥さんが立派に見えるのか、母としては立派だっかもしれないが夫と同じように野球はできないだろう。

教会の会社や家庭で助言がほしいと言うから、その人のためを想い現実的な話をすると「なんでそんな批判的な話をするんだ!」と怒る人がいる。
「みんなの意見が聞きたい」というから素直に言えば「そんな消極的な話は聞きたくない」だとさ。
なんでうちの社員は静かでおとなしいのかと頭を抱えるおつむの弱い経営者は一般の会社でもよく見かけますよね。

亨進氏は鶴子氏や教会のことを考え助言されたのだと思います。それを理由なく排除したのは亨進氏の助言が的を得ていたからではないでしょうか。

このあたり私も憶測の範囲ですがサ教がうそを言っているのであれば法的に戦うなどできるはずです。家庭連合がコメントすら出せないのはその正当性を認めているのです。

ukiさんの投稿をみて四人組を思い出した。

まあ、共産主義の話題という事で…(^^ゞ
中国の四人組。首謀者は毛沢東夫人の江青でしたよね。

中国の近代史は正直余り詳しくありませんが、四人組はまだ毛主席が生きている時、老人で衰えてしまって何にも出来ない毛主席の背後で摂政していて好き勝手な事をしていたんですよね。
文化大革命の時代、で毛主席の死去に伴い政変で追放、投獄されたんだよね。

家庭連合の場合は特に目立った摂政は無く、文総裁の死去後にお母様の体制になったんだよね。これは北朝鮮の世襲制に似ているのかな?
でも息子じゃ無かったけど…

確かに何となく共産主義体制に似ているよね。もともと共産主義はサタン側の理想国家体制と原理講論にあるからね。(神様の前にサタンが先に行うという教えが原理)サ教って逆に自由主義の権化アメリカを理想としている見たいですね。

お母様の死後、中国の四人組事件の様な大きな政変と混乱が起こる様な気がします。まあ混乱は今も現在進行中の様だけど…


堕落論の正しさ

「共産主義と同じになってきた」とは「サタンに似てきた」と言い換えることもできるかもしれない。
堕落論ではサタンはもともと善なる天使長ルーシェルだった。本来彼はアダムとエバの養育係だった。彼らが結婚するまで成長を助け、家庭を持ったらサポートする立場にあったのが天使長の役割だった。しかしルーシェルは養育係の役目では満足できず、いつまでもアダムとエバを主管し続け、ついに彼らの主人になった。アダムとエバは彼の下僕となった。
今の家庭連合を見るとまさに天使長ルーシェルと同じようになってしまっている。エバもいつまでも天使長の言うことを聞いていてはいけなかったのだ。
今の家庭連合の婦人シックを見ると天使長に言いなりのエバの姿とだぶる。

皮肉なことに現在の家庭連合の姿を見ると堕落論の正しさが証明されているように思えるほどだ。

家庭連合の変革に期待を寄せる方も多いようだが、家庭連合が変わるには本来的な使命である養育係に立ち返ることだろう。
すなわち末端の祝福家庭の幸福に資する活動を推進することである。
どんなビジネスであろうと宗教であろうと人間の幸福に資することを忘れたら滅びるしかないのではないだろうか。

次世代

SPAの家庭連合への取材が記事になっていてブログ村でも取り上げられています。
http://nikkan-spa.jp/1076260

気になったのはこの箇所です。

>桜井「教団では信者に向けた意識調査を実施しており、年間どのくらいの献金をしているかを聞いています。よくある80:20の法則通り、全体の2~3割の熱心な人が年間100万円以上の献金をしている一方で、多くの人は年間1~10万円程度だと分かりました。献金は信者の自由意思です」

いやいや、義務献金が決まっていて個人の義務献金の残額が教会に記されて各家庭に伝えられています。義務となってノルマになっている以上自由はありません。
 年間10万以下の献金家庭も殆んどが過去の借金返済に追われています。統一教団は自分で献金か献金する人を伝道しないと振り落とされるシステムになっていますから。桜井氏はどこまで嘘と認識してるのでしょうか?
 私は世代交代を叫んできましたが過去のやってきた事を知らない世代が、無知の強さで堂々と語る恐ろしさを感じました。SPAの記者も鵜呑みにしてるのか、事前学習の不足を感じます。

おまけに
>――日本の学校に通っても学ぶことは多いでしょう? 日本に学校を作って海外から来てもらってもいいんじゃないですか?

桜井「そうですね。世界のためにと言いながら、日本での投資はそんなに大きくありませんでしたから、それは今後の課題ですね」

そんな日本側の要望が韓国本部に届く団体なんでしょうかね?
 でも統一教団日本食口層の意見は聞かなくても一般の日本人からこのような意見が増えたら無視できなくなるのでしょうか。
 統一教団にとり嫌韓ブームや右翼はかなり驚異になってるでしょう。一般的にも韓国への観光客もかなり減り痛手になってるし、金づるの日本人の伝道が出来なくなりますからね。そういう意味ではマスコミの方々ももっと米本さんのブログなど参考にお勉強して統一教団に突っ込んで行って頂きたいです。
 
統一教団の体質として、意見を無視する層と無視しない層を、ハッキリさせています。米本さんも東京に住んでおられたら警戒して反対記事を書いてもまだ気を使ってたと思います。
 現役食口には悪いですが、無視できる層が反対意見を述べても最悪切り捨てれば良いだけだから統一教団は軽く考えていると思います。よっぽど高額献金を生み出す人か、脅威になる後ろ楯がなければ幹部からしたら屑のような存在です。次世代責任者も同じ感覚を引き継げば一世と沈んでいきます。

だからサンクチュアリ教会に逃げていく食口が増えている。サンクチュアリ教会の方が社会的に有害性は少ないからそちらが人数が増える方がましだと感じてます。

桜井君

桜井君は二世が多くて献金の要請が少ない特別な教会に所属してるかもしれないですね。
 でも本部にいたら情報は入ってくるはずだと思うんですが。

桜井君にだけ情報管理して、純粋無垢な人の良い笑顔を外部向けにキープさせてるとしたら、本当に共産的だと感心しますね。

朝鮮民主主義人民共和国に良く似ています。

世界平和統一家庭連合は本当に共産主義の北朝鮮に似ていると思います。

統一教会は地上の楽園です!

神様の創造本然の天宙を復帰する団体だとか。神様の地上天国を創造する団体だとか。神様の主権国家を復帰する団体だとか。神様の真の愛の世界を実現する団体だとか。神様の血統の真の愛の祝福家庭を世界に広めて世界を神様を中心とした神様の真の愛の家庭を復帰する団体だとか。神様を中心に四位基台の三対象の愛を実現する団体で全ては球形運動をする事によって永遠性を持つだとか!(超笑)
人間には二重目的があり個体は全体の為に全体は個体の為に故に全体は個体目的を保障する(超笑)、、、後、何がある?まだ、まだ、一杯あると思うけど!

兎に角、”真の家庭と統一教会”の現実の実態を見る限り、総序と創造原理で言っている事が実現してないどころか、木っ端微塵に原理の道から脱線破綻してしまっている!

これは、私が思うに根本(原因)が神様と関係ない単なる朝鮮民族カルト宗教に過ぎなかった事を表していると思う。統一原理は朝鮮シャーマニズから派生した混淫派(血分け教)教祖達が作り上げて来たものを纏めあげた様なものでしょう。文献を調べれば。明らかに文鮮明教祖が神様とサタンと対峙して霊界を彷徨って勝利して勝ち取ったものではない事が分かる筈です。

独裁者に金が集中して、独裁者は自分の好きな様にその金を使う。教会は一般信者(献金奴隷)がマインドコントロールから解けない様に聖日礼拝などでミコトバで信者の脳を操り信者を井の中の蛙として生きる事が大切で井の中の蛙から飛び出す事がない様に外界の様々な意見や考えに触れるな!とこれが教会本部からの通達ですと(笑)!教会の方針に従わないとサタンに条件を奪われてサタンの餌食となり、折角、これまで人生賭けてきた精誠が全く無駄になる!と脅して従わせ従わないと地獄へ行くとまた脅す。

今、世界平和統一家庭連合(統一教会)にテレビ局のアナウンサーが行ってインタビューしたとしたら、相変わらず平壌市民の様なコメントをするのだろうと思う。笑

葬られた日本の為の摂理献金

>2009年6月3日に真の父母様が神殿建設を許諾されたということで、同年6月8日、日本統一教会本部聖殿建設の摂理がスタートしました。摂理とはつまり本部聖殿という施設の建設資金のための献金を集めることです。

・・・・
この献金摂理の締め切りがいつだったか手元にある資料では確認できませんでしたが、ネット上の情報では2010年6月30日頃までというものもあります。実際には2010年末ぐらいまでではないかと思います。

ところが、その後、日本統一教会(現、世界平和統一家庭連合)の本部聖殿は建設されておりません。これは、日本の法律から見ても詐欺になる恐れがあります。それも大きな問題でありますが、私がここで追及したいのは、この摂理が真の父母様の許諾を得て出発したものだったという点です。

全文は

http://samuraiofsanctuary.blogspot.jp/2016/03/blog-post_0.html?m=1


 これにはお金もなくそんな出せなかった記憶がありますが、次々摂理がありすぎて完全に忘れてしまってました。だから韓国人幹部に軽く扱われてしまうんですね。周りでこの事を追求した人を知りません。皆奴隷化に慣れてしまってます。
 たぶん桜井君も知らないのでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/702-a26454aa