スクープ! ピースパレスがレンタルビジネスの館に。 

鶴の絶対化路線(17)

-お知らせ-

 伝えなければならないこと、書くべきことが山ほどあり、今後は3日に1回の頻度で更新していきます。どうかお見逃しなく。
 最近の記事は、「組織と人事の全国会議(上)-正体隠し伝道をしたらクビだ!」(11月24日)「食口に君臨するユダの名は徳野英治なり!」 (11月28日)「井戸を掘ってくれた恩人を忘れる人たち」 (12月2日)「組織と人事の全国会議(下)-リストラなのか、宗教官僚天国の維持なのか」 (12月5日)

(1)多くのコメントありがとうございました。おかげで、最近の統一教会の構造がさらに見えてくるようになりました。
(2)最近の日本教団は「読みたくない・話題にしたくない・聞きたくない」ようになっているようです。こうした態度の変化は、組織が末期的になっているということです。
(3)情報を提供して下さっている方に。情報アップが遅れがちになっていることを謝罪します。今回の記事は、1カ月前に寄せられた情報をもとにしたものです。
(4)すぐにアップはできませんが、引き続き情報をお願いいたします。隠されていることを表に出すことが改革の第1歩だと確信しています。問題点を指摘されているのに、「読みたくない」というのであれば、自壊の道を辿るしかありません。


 韓鶴子は詐欺団の頭目と見なされても仕方がない。

 読者からこんな情報が届いた。
 ピースパレスがレンタルに出されています!

 今年の6月1日に「国際平和教育院(IPEC)」奉献式と「文鮮明師聖和1000日記念礼拝」がラスベガスで開催された。ピースパレスのお披露目会でもあった。「お金で結びつく鶴子王と愉快な僕たち」 を参照のこと。

tumblr_np956ktYrP1qcq878o1_500.jpg
【写真の出所】合同ニュースブログhttp://www.familyforum.jp/2015052935969

り物入りで建てられた、韓鶴子氏お気に入りのピースパレス。そ、それなのに、お披露目式からわずか5カ月、早くもレンタルに。
 情報提供者曰く。
「プロモーションカンパニーの宣伝によると、ベッドルーム数46、スイートルーム4、ブライドスイートルーム1、レセプションルーム等と全てがレンタルとなっています。ラスベガスのエアポートからは近いです。現段階では、使用する方々がどの位かは把握出来ていません。
 しかし、ラスベガスの町自体がビジネス街で沢山のビジネスマンが昼はカンファレンス(会議・パーティなど)、夜はショーへと出向くので、使われる頻度は高いと思います。(私見ですが)
 勿論、教会の催しものでも使えますが。説明が全くないのが不思議です。
神の宮殿やらミュージアムとか、世界の教育の中心やらと説明が沢山ありましたので。何がなんだかどうなってるのです」

【送っていただいたサイト】http://www.vegas24seven.com/ipec-las-vegas-debuts-citys-newest-conference-events-venue/
これは、ラスベガスの娯楽関連の話題を扱うニュースサイト。2015月7月28日付がピースパレスの宣伝の記事である。
ipec2.jpg ipec1.jpg

※大見出しとリードの要訳:暗在翔子さん

市で最新の会議イベント会場 “IPEC・ラスべガス” がデビュー。

 ラスベガスが歓迎する、最も新しい、天下一品の会議イベント会場、IPEC。空港近くの独立した施設は、宿泊設備を備え、研修・トレーニングイベント、会社慰労会、結婚パーティーなどに最適な、集中できる環境です。
 IPEC資産管理者のマイケル・フィオレンティーノ( Michael Fiorentino, asset manager, IPEC.)は、「IPECを開発する際に、我々は特に教育やトレーニング、会議や特別行事のイベントを行なうに適した会場を構想に描きました」と説明します。


<訳注>IPECとは International Peace Education Centerの略で、直訳「 国際平和教育センター」、UCが付けた名称ですが、通称「IPEC」の由来など出てこなく、まったく一般の商業施設風の印象です。



      
 ふくよかなヒスパニック系の女性の一声。 「こんにちはようこそ、私はここIPEC,ラスベガスの営業マネージャーの、キャサリン・プライスです。真新しく、すんばらしい、ラスベガスならではのユニークな施設、みなさん、入って来てチェックすべきですよ」


 UCのピースパレス奉献式のわずか2ヶ月後! 上(動画)のプロモーションビデオのようになったのである
 奉献式があった6月1日、玄関ホール正面壁に飾られた巨大な文夫妻の写真の前で、“教育センター”の完成に感動し興奮してしゃべっていた古参信者や二世たちはどう思うのだろうか。

      


 IPECの「公式サイト」も見ていただきたい。「UC」「教育」は全く表に出していない。ところが・・・。
 
true_mother_jan_2014_kona_20151113132343b5d.png
【写真の出所】合同ニュースブログhttp://www.familyforum.jp/2014012327646


の写真が載った「真のお母様 ハワイ・コナでのみ言」をアメリカ家庭連合が掲載したのは2014年1月18日。わずか2年前の韓鶴子氏の発言である。とくと読んでもらいたい。
(引用はじめ)
 皆さんもラスベガスのピース・パレスについて聞いたことがあると思います。4年の間、真の父母様はラスベガスを御父母様の教えについての世界的教育の中心都市にされようとして投入してこられました。ピース・パレスは半分出来あがっています。今年の夏前には完成して、国際的な(真の父母の教えを教育する)教育センターとなることでしょう。
 ロビーは、真のご父母様の活動およびアメリカでの統一運動についての展示のある博物館になる予定です。
(引用終わり)
 レンタルのレの字もない。ホテルのホの字もない。

<注1>ロビーは統一運動の博物館?最初に紹介した動画とサイトの写真を見てもらいたい。統一のトの字もありゃせんぞ。この嘘つき女めが  もっとも、統一教会(家庭連合)が組織として使用するときには、「ロビーは統一運動の博物館に早変わり」することは火を見るより明らか。
<注2>2014年の夏前には完成する予定だった。しかし、実際に完成したのは2015年の夏。遠いラスベガスに統一教会の教育センターを建設するからといって、献金する人はあまりいなかった。アメリカ家庭連合は当初、自分たちで建設資金を集めると豪語していたが、最後には日本の食口たちに仰いだ。忘れることなかれ。

書いているとき、このことを早くから予見していたブログがあったはず・・・。思い出した、「ちゃぬの韓国裏日記」だった。検索したところ、記事が見つかった。予測記事だが、間違っていなかった。
「ラスベガスピースパレスは博物館だと信者に献金を募りながら実はレストランにするらしい(1) 」(2014年12月19日)
「ラスベガスピースパレスは博物館だと信者に献金を募りながら実はレストランにするらしい(2) 」2014年12月30日

 後者の記事を一部引用する。
(引用はじめ)
 ラスベガスピースパレスは信者のためではなく、外部向けの会議場、研修センター、レストランであくまでビジネス目的? これでは日本信者からの献金使用は法律違反では?
(略)
 ラスベガスのピースパレスは、日本信者には「真の父母生涯博物館」、米国信者には「国際教育センター」として建設資金の献金を要求していました。
 完成間近になって、韓国でも「ラスベガスピースパレス」のニュースが報道され、少しずつ使用目的が明らかになってきました。
 ここも清心平和ワールドセンターのように、年に数回だけ教会行事を行い、他は外部向けの収益利用になるのではないかとみています。
 アメリカの統一教会員はそんなに数はいませんし、今後は日本人教会員にもわざわざラスベガスに行くように仕向けるかも知れませんが、現在、経済的に余裕のある日本人教会員がどれだけいるでしょうか。
 韓国の清平で先祖解怨する「清平教」の信者は、ラスベガスまで足を運ぶ理由はありませんし。
 お情け程度に文教祖の写真などを展示して「博物館」だと信者には紹介するでしょうけど、統一教会はあくまで幹部や教祖一族の私利私欲の為に「ハコモノ」を作ることを考えると、単なる商業目的のコンベンションセンターにすると考えられます。
時々、信者向けの修練会や講演会には使用するかもしれませんが・・・。

 本当の目的はこれですよ。
「ラスベガスでは毎年 2万1000回以上のコンベンションとイベントが開かれ 4000万名以上の外国観光客が訪問する」のを見込んで商売しようとしているってことがバレバレです。
 その建設費用を信者に献金させた・・・ってことです。
 あくどいな・・・。

(引用終わり)

くどい。本当にその通りである。

 嘘つきメシアは「ハワイコナでの発言」で語っていた。
「最近ピース・パレスの建築を請け負う建設会社の関係者および設計者と会いました。彼らは(施主である)私に聞きたいことがあったようですが、何よりもまず創設者とそのビジョンに対する理解が必要であることを説明しました」

 この発言から、ピース・パレスは計画の初めから韓鶴子氏(施主!)主導のもとで行なわれたことは明らかであろう。
 設計のことで打ち合わせたとき、創設者のビジョンなど関係なく、教育などはもとより関係なく、「ベッドルーム数46、スイートルーム4、ブライドスイートルーム1、レセプションルーム」などのイベント会場のデザイン、装飾がテーマだったはずだ。

 打ち合わせの一方では、アメリカ家庭連合が中心になって「ピースパレスは(原理や真の父母の教えを教育する)教育センターだ」と嘘をついて献金集めをした。
 これは明らかな詐欺である。
 アメリカの幹部で事情を知りながら、献金集めを行なった人は共同正犯あるいは間接正犯の罪に問われる。
 真のお母様もこの詐欺グループの一員として、いや主犯格としての刑事責任が問われる。
 また、ピースパレスが教育センターではなく、レンタルビジネスの館であることを事前に知っていた者も罪に問われる。

 誰が知っていたか。
 それは、冒頭にアップした写真の面々。日本統一関係者でいえば、宋龍天、小山田秀生、徳野英治である。

「真のお母様」のことを詐欺の頭目と表現すれば、教団職員のみならず、統一教会に多少なりとも批判的なシックとて反発するかもしれない。
 信仰を抜きに、一般社会でのことを考えてみてもらいたい。
 ある地域の自治会、町内会で、役員会が「使途の制約が多い補助金に頼らず、自前の地域センターを建設する」ことを決め、会員から寄付金を集めた。
 ところが、完成したら、収益事業の「イベント会場」。会員は当然、警察に告訴する。役員らはこれまた当然詐欺罪に問われ、懲役刑に処せられる。主犯格は10年は喰らうだろう。

 ピースパレス詐欺事件も、これと外形的にも内実的にも同じなのである。この見方は間違いであると思われる方は、堂々と反論していただきたい。本部職員なら実名で。一般シックならハンドルネームでもかまわない。間違いであったのなら、謝罪するとともに、記事を削除します

内会の地域センター詐欺事件の場合、警察はイベント会場レンタル事業の利益の配分先を捜査する。所得が多い役員ほど罪は重くなる。そのため警察は必死で資料など証拠集めを行なう。これも当然のことだ。
 このことを考えると、ピースパレスの収益はどのように配分されるのか。知りたいものである。

 総括的に言えば、これまで横領とか背任とか中抜きといったことを追及してきた。しかしながら、今回の詐欺事件はそれらと質を異にする。財布の中からこそこそと盗むような犯罪と異なり、堂々とした詐欺事件(日本の法律では最高刑10年の重罪)だからだ。

 教育センターだと信じ込んで献金した食口にはぜひ刑事告訴してもらいたい。横との関係が薄い日本の貧しい食口には無理だろう。期待するのは、ピースパレス献金に応じ、その後、サンクチュアリ教会に回心した正義感あふれる元アメリカシックである。
 是非、やってもらいたい。家庭連合のウミを洗い流し、日本の食口がこれ以上に傷つかないためにも!
 裁判になれば、金孝南女史が証言台に立ってくれるかも。クスッ


【私の立場】
 ブログ左サイドの「ブログの道しるべ」で、2009年と2013年の私のスタンスについて書いた。今回の詐欺事件を知るまでは、統一教会の違法行為にも・反統一教会の違法行為にもノーという立場だった。これは今後も変わりがないが、統一教会(家庭連合)の最高責任者である韓鶴子氏が「平気で嘘をつく女性」であり、告訴されれば処罰される可能性があることを知って、統一教会の存在そのものを疑うようになってきた。
 公益法人である統一教会は公益を害することしか行なっていないのではないかという根源的な懐疑である。


【推測】

 ママメシアは何を目論んでいるのか。
 シャボン玉さんの「一和敷地(水沢里中央修練所)、売却でなく共同開発に。さらにリスクを抱えるか?」「『ヘブンG.バーガーのその後』と『エルボンでの出来事』」 「お母様はラクシャリーな雰囲気がお好き」が参考になる。
 一和の敷地にマンションを建てる。ハンバーガーのチェーン店を模索する。エルボン・グランカフェのチェーン化を進めている。
 そして、ピースパレスでレンタルビジネスを開始した。

 これらの材料から類推できることは、韓鶴子氏は実業界にデビューしようとしているということだ。

 韓鶴子氏は「私はメシアだ、神だ」と周辺に全能感をもって語ることができても、家庭連合から一歩外に出れば無名の存在、せいぜい統一教会教祖の妻という程度である。
 文鮮明氏は韓国・国内外の政治家たちと会ったというが、文氏没後、韓鶴子氏が統一教会外の著名人と会ったという話、面会を求められたという話は聞いたことがない。

 韓鶴子氏は世界平和統一家庭連合のドンとなったが、社会的影響力はゼロに等しい。あり得ない話だが、今後家庭連合の教勢が上向きになったとしても、それはあまり変わりがないだろう。 
 これまでの動きからすれば、彼女は虐げてきたパパメシアよりビッグな存在になりたいと指向している節がある。
 パパメシアが失敗した政治の分野は、端から考えていないと思う。スポーツ分野もむろん考えていない。
 文化面ではどうか。「鮮鶴平和賞」なるものを設けたところをみると、意欲満々のようだが、社会的影響力はたかだか知れている。
 では、パパメシアがほとんど失敗したといっていい経済分野はどうか。
  もし何とかチェーン店が成功すれば・・・。
(お父様はすべて失敗した。あたいはすべて成功した)

 拙著『教祖逮捕』で書いたことだが、似非信仰者は虚業から脱し、実業界で成功したいという心理傾向がある。
 今回のピースパレスで注目されるのは、次のことだ。
 教育センターとしてピースパレスを建設したものの、あまり使う機会がなかった。そこでレンタルに-ということではなく、最初からレンタルビジネスを考えていたということにある。

 マンション、チェーンビジネス、レンタルビジネス。
 これらは、韓鶴子氏のオリジナルな発想ではなく、金があるところに禿鷹がやってくるが如く、誰かのアドバイス(教会外の人物だと思う)によるものだと推測する。
 私の推測が正しければ、統一教会のさほど使われていない土地・建物を売却し、その資金を実業世界に投資するはずだ。要経過観察、である。

米本さんの推測は間違っている

読者からの個人メールに届いた情報を紹介する。(12月9日朝追記)

「お母様が実業界にデビューしようとしている」というのは、あまりにも高く評価しすぎです。ハッキリ言って、お母様は何も考えていません。
 たとえばピースパレスは、お父様が教育センターにしようと言っていたので、そうできると考えたのでしょう。あるいはそこに利権のある人の甘言に乗せられたのでしょう。
 ところが日本の献金で完成すると、教育するにも人が集まらない、大きな建物を維持するお金が必要だとなり、一階にイタリアレストランを作ってその収益で維持しようとした(責任者:古田元男、実務:■■■■)。
 設計図まで作ったのは良いが、市政府が許可しない。というのも、建物を作る際、設計変更を何度もやったため、2年間は改装してはならないと決められていたから。レストランにするには、一階から排気口などを屋上まで作らなければならないので、結局あきらめた。(ビデオでパーティをしていますが、食事は外部からのケータリングだと述べています。)
 次にお母様は何とか古田の下にいる■■■に、維持運営費を出させようとしたが、彼が逃げたため、今の責任者がレンタルで稼ぐアイディアを出した、というのが真相だと思います。

 韓国のカフェテリアにしても、善進様夫婦がハワイのコーヒー会社の責任となったため、その販売先として作ったのでしょう。
 その意味では、米本さんが「マンション、チェーンビジネス、レンタルビジネス。これらは、韓鶴子氏のオリジナルな発想ではなく、金があるところに禿鷹がやってくるが如く、誰かのアドバイス(教会外の人物だと思う)によるものだと推測する。」というのは正しいのですが、(教会外の人物)ではなく(教会内の人間)でしょう。

 さらに「私の推測が正しければ、統一教会のさほど使われていない土地・建物を売却し、その資金を実業世界に投資するはずだ。要経過観察、である。」というのは考えすぎでしょう。売却して得たお金にはハゲタカが群がって、『投資』する前に消えるはずです。
 お母様は積極的に外部の人間にも会って、ビジョンを描くことのできるような人ではなく、ごく少数の回りの人間の口車に乗せられて動いているだけのように見えます。

 この見方のほうが正しく、私の推測は間違いでした。「推測の文章」を削除しようとも考えたけど、読者の情報を生かすために、そのままにすることにします。


 
-次回は「統一教会の実に実にいい加減!な “祝福”結婚」-乞ご期待


野は近しい人にこう語った。「お母様は意外としぶとくお強いお方です」。正直書くのがもう嫌になってきた。良書を読みたい!
この気分を理解できた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
そして、慰めの拍手を!

注目ブログ

 最近常連投稿者となった原田和彦さんがブログを開設されていました。
「自分経の勧め─世界平和統一家庭連合(統一教会)ウェブウォッチ」
 ご一読を!

 koyomiさんの次の記事は、胸を打ちます。後日、このブログで再度、取り上げます。
「拉致監禁に関心なくなった家庭連合(統一教会)」

関連記事

コメント

ブログのご紹介ありがとうございます。

米本さん、私のブログのご紹介をありがとうございます。私はまだ世界平和統一家庭連合(統一教会)の会員ではありますが、今の私の心境は、文師と同列という感じです。悟りの深さにおいて同じだとか、実力が同じだというほどの自負はありませんが、文師は、第二の文師になれ、第三の文師になれといったわけですね。で、また自分は標準だとも言ったわけです。ということは、仰ぎ見るだけの私ではないということです。

ほう、それなら文師が悟ったごとく、私も悟らなければ、と思うわけです。イエスが悟り、それがキリスト教の基となった、文師が悟り、統一原理となり、統一教会となった。ならば私が悟りを得てもいいのではないか?いや寧ろ、第二の文師になれというのはそういうことではないかと思うのです。

そういういう意味で、イエスも、文師も、他宗教の教祖も、みな「自分経」から出発したわけです。ですから、私も自分経を大事にしようと思うわけです。

自分経というと、原田は分派を起こそうとしているとか、家庭連合から離れようとしていると、勘違いする人もいるかと思います。が、自分経とは、もうそんなことはどうでもいいという概念なのです。

イエスの悟りがユダヤ教から違っていようといまいと、そんなことはどうでもいい、イエス個人のアイデンティティなのです。文師の悟りは文師の悟り、私の悟りは私の悟り。宇宙に唯一の真理があるとすれば、個人の悟りは皆それにつながるでしょう。

で、私はこのことに皆が気づくことこそが、カルトが消えて行く道なのだと思います。イエスがユダヤ教のカルト性から脱却したように、文師がキリスト教のカルト性から脱却したように、私もまた自分経を確立することで、すべてのカルト性から脱却し、自由な視点から物事を判断できる。

皆さん、自分の悟りを得ましょう。鮮さんの悟りは鮮さんの悟り、鶴さんの悟りは鶴さんの悟り、顕さん、亨さんの悟りはそれぞれの悟りで結構。

詐欺など刑事犯的な犯罪、特商法違反など経済犯的な犯罪は、それぞれに裁かれなければなりません。が、悟りに関して言えば、私の悟りは鮮さんの悟りと同じとも言えるし違うとも言える、鶴さん、顕さん、亨さんの悟りとも同じとも言えるし、違うとも言える。同じところを目指しているんなら、そんなことはどうでもいいじゃないか、という考えを持つに至りました。

皆さん長々と自説を開陳し、申し訳ありません。徳ちゃんのようにガチガチカルト脳の方には、自分の頭のカルト脳治癒にこの投稿を役立てていただければ幸いです。

鶴さん、ダンベリーの覚悟はおありかな

先の投稿が、元記事のテーマから大幅にずれてしまったので、お詫び方々、鶴さんに一言。

鶴さんは、ご主人がダンベリーに収監されたときのことを覚えているのかな。脱税だね。文師は、宗教家として、課税されないカネを口座に持っていても違法ではないと主張した。しかし、米政府は、宗教家でありながらも、実業家としての側面を持ち、多くの事業を展開していた文師に苦々しい思いを持っていた。

宗教家なのか?実業家なのか?教会員たちは、「当然宗教家でしょう。地上天国とは実際に天国を作るのだから、会社も必要でしょう」と。しかし、過ぎたるは及ばざるが如しというが、当局者たちは及ばざる以上にもっと悪いものに見えた。宗教家の仮面をかぶった実業家じゃないかと。

実際文師が超えようとしたのは、ロックフェラーだった。これに対抗できる基盤を作ろうとしていた。軍需産業代表のブッシュ元大統領(父)が常に文師とともにいたことからも容易に類推できる。で、当時の米政府は実業家として処理しようとしたわけだ。

で、鶴さん、このことから何を学ぶ?日本では宗教行事用の施設、アメリカのシックには教育用の施設と説明した詐欺行為もさることながら、諸々のことで、ちゃんと税金払っているんだろうね。でないとダンベリーの妻もという記事が出ないとも限らない。

でも、その書類が日本の献金信者に知れると今度は「何だと?」ということになる。頭がいたいね、徳ちゃん。あ、徳ちゃんは大丈夫だ。カルト脳患者だから、全然頭痛くないね。しかし、これも韓国人特有の「ケンチャナヨ」精神なのかなあ。困ったものだね。

あきらかにサギ行為でしょう


 アメリカ家庭連合が中心になって

「ピースパレスは(原理や真の父母の教えを教育する)教育センターだ」

と嘘をついて献金集めをした。
 これは明らかな詐欺である。《引用終了》

サンクチアリー様アメリカなので訴えていただけませんか

目的外といえば鮮文大学は親にとってはこどもたちは韓国語と

み言葉を学んでいると思っている親がおられますが、

実は現実としては反日教育であり、

原理講義もあまりされていないのが現状です、

世界日報韓国版は親日記事でなく、反日記事 です。

詐欺事件

アメリカ教会の日本人幹部たちは以下のように宣伝していました。
「ピースパレスはアメリカにおける神殿。カナンに定着したイスラエル民族がソロモン王を中心に神殿を立てたように、荒野時代を終えた定着時代の天一国の今、神の神殿をアメリカに建てないといけない、そういう啓示があった。」「日本人はユダヤの血統を引くから、まず(在米の)日本人が神殿建設のために献金すべきだ。」

日本・ユダヤ同祖論など持ち出すからあやしいと思っていましたが。神殿、神殿と言って献金を要請して、建てた建物は商業施設にしてしまう、しかも初めからその計画だったという詐欺事件ですね。収益はどこにいくのでしょうか。

お花畑の自分

私の脳がお花畑だから、「神殿、教育センターだけどレンタルもして収益をあげられるから、良いわよね。」と思いついてしまう。熱心な食口の皆さんも、こんな感じじゃないかと想像します。昨年だったか、ピースパレス摂理Kがありました。熱心な皆さんは今は本のほうに向いてるので、すっかり忘れている事でしょう。
幹部が詐欺罪などに問われなければ良いとも思ってます、、。

重要なお知らせ

 ブログの末尾に載せた【推測】が間違いであるとする情報が届きました。

 【推測】のあとに、「米本さんの推測は間っている」というタイトルの囲み記事を追加しました。

 実に興味深い内容です。一読していただければ幸いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ラブホテル

ピースパレスって名前だけ立派だけど、そのうちラブホテルになるんじゃないでしょうか!?2000ドルの献金勧められたけど、献金しなくて良かった!感謝!感謝!
  • [2015/12/09 12:31]
  • URL |
  • 在米日本人教会員
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

風前の灯火

-米本さんの推測は間違っている-の投稿者さん、情報ありがとう。
やはり清平に似てますね。
正殿をイメージして作ったんでしょうか。祝福会場のような雰囲気もありますね。設計目的を放棄するのはそれだけ経済的に切羽詰まっているからだと思いますが、とんでもない話です。
きっと霊界にいる文先生は「聖なるものを地に落とした」などと怒り心頭でとしょう。
そこはVegasなのですから、サタンがいるのなら所有権をめぐって神殿をラブホ化することでしょうね。
それならば他の宗教団体に売却した方が良いのでは?

風前の灯火でしたね。
"Candle in the Wind"でも流れそう。

日本聖殿建設も詐欺っぽい

やるやると言って違うことをやるのは完全に詐欺だが、やるやると言ってやらないのも詐欺っぽい。だいぶ以前、日本聖殿建設なる名目でかなりの献金を集めたはずだが、全然進まないね。もうそのお金はなくなっているんじゃないだろうか?出来ないなら出来ないで、一回出資者に返金すべきじゃないかな。

献金だから、出資を求めたわけではないからと、返さないのかな。そのうちやるさと言っても、これだけ期間が過ぎると、もうやる気がないんじゃないかな。それに、資金自体がなくなっているとしたら、完璧に詐欺だね。皆が献金した日本聖殿、幹部の給料に消えたのかも?

そもそも

使い道もないハコモノを造るゾ~ッといって
献金を募ること自体が完全に狂ってる、というのがまともな常識でしょう。

それが教会の中にいると、狂ったことだと思わないんだよね。怖いわ。
  • [2015/12/09 17:04]
  • URL |
  • バカボンパンツ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

日本では...

日本で「教育センター」というと、「修練所」を思い浮かべますが、年間を通していろんな修練会が開催されていて、その名の通りの使われ方だと思います。


ピースパレスも「教育センター」と聞いたので、修練会、講演会、祝福式の為の施設だと思っていました。そういう行事をするのは、あまり多くなさそうですね。日本食口も清平に比べれば、ラスベガスはめったに行けないでしょうし。


維持費がかかって、そういう事業をしなければ成り立たないなら、始めからもっと規模を小さく作れば良いのに。なんか、行き当たりばったりな気がします。鮮鶴平和賞も長く続かないような気がします(献金集まらないから)

IPECは、ウエディングビジネスです

このIPECは、ウエディングビジネスです。パッケージをクリックすれば出てきます。
同姓婚も認可されているアメリカ。「是非、IPECで結婚してくださいね。離婚もその日に、オーケーですよ。過去に55分後に離婚したカップルがいます。ラスベガス スタイルですよ~」 国際教育センター?ピースパレス?

このビジネスに関する記事がありました。

>米ラスベガスのウエディングビジネス 同性婚や新世代の挙式に期待
2015年9月4日 20時28分
ざっくり言うと

米ラスベガスのウエディングビジネスに、かつての隆盛はみられないという
セレブたちの結婚で高まったベガスのウエディング人気も衰退したと筆者
現在は、同性カップルをターゲットにした広報活動をしているとのこと

「推測は間違っている」に関して

>ところが日本の献金で完成すると、教育するにも人が集まらない、大きな建物を維持するお金が必要だとなり、一階にイタリアレストランを作ってその収益で維持しようとした(責任者:古田元男、実務:)。

建物内に本格派レストランを2つ造ってほしい(確か1つは日本食)、というのは韓総裁のたっての願いで、それは青写真の段階で古田さんが頼まれた、とすでに3年くらい前(?)に聞いていました。場所が空港近くの工場地帯のような地域で繁華街ではないので、レストランを2つも建てても採算がとれない、ということで、古田さんは大変困ったけれど、押し切られた、とその時聞きました。

教会がここで毎日イベントをするわけでもないし、地域から人が食べに来るのも期待できないのに、何でレストランなの?と思ったのは私だけではないでしょう。まさか韓総裁が食べたいものをここで食べたいという理由だけで、レストランをオープンさせるのかしら?と。

最終的には規格などの問題で市からレストランの許可がもらえなかったというのは、計画性に欠けるうちの組織らしい(韓国人らしい?)ですが、とにかく最初から「教育センター」や「神殿」専用という目的ではなかったのだと思います。

されど高額献金は続く

そもそも周りが住宅地だから音も出せないはず。その許可もおりてないのに、鳴り物入りでオープニングセレモニーをやったんでしょ。金が集まんないのなら、潰すかここで自活させるかしかないわな。韓国人主導の教会がレストランするなら、一流はむりだわな。精々、チャイニーズビュッフェレベルがいいとこでしょ。ホテルやるにしても、結局ニューヨークでもニューヨーカーがラマダ系列になったように、一流にはなれない。精々、DaysInnか、Motel8レベルだわな。まあ、日本の献金レベルのイージーマニーは、簡単には手に入らんだろな。
  • [2015/12/10 11:39]
  • URL |
  • 全ての始まりは清平
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

忘年会は ここで

個人メールに届いたという情報の《お父様が教育センターにしようと言っていたので、そうできると考えたのでしょう。》は、間違っていると思います。教育センターという考えは、最初からなかったと思います。“VIP清平”を作る計画だったと思いますが、訓母さんと、その息子への期待を伏せたので、“VIP清平ーin Americe”の計画も変更されたのだと思います。

徳野さんも、今年の忘年会は、ここで行えば良いのでは?!

お勧め記事

●祝福を押し進めている統一教会が結婚式パッケージなる物をIPECで売りに出してる矛盾。
http://22448866.seesaa.net/article/430936747.html

 田黒吾寛さん曰く。
「これって祝福の後はここに泊れって事でしょうか?それともラスベガスにやって来る富裕層を狙って花嫁のスイートに是非使ってくれって事でしょうか?
 祝福を押し進める統一教会がこういうハネムーンの宿泊施設を提供するなんてどうなんでしょうか?矛盾してませんか?
 なんかやることが違っている様な気がするんですけどね」

 話はズレるけど、cocoaさんの「忘年会はここで」というタイトルはいいですねえ。映画のタイトルみたい。真似しなくちゃあ。

IPECに、シンシティ(罪の町)を変えるという希望と確信はあるのか

4年前の、鈴木エイト氏のカルト新聞の記事である。このビルを取り壊し、今のIPECが建てられた。アメリカ側は、取り壊しが終わってから、献金を集め始めたようだ。3年間で、3億円ちょっと。献金者の数をみてみると、IPECのウエブに出ている。
$1000-386人(個人)
$2500-491人(家庭)
$5000-35人
$10,000-18人
$100,000ー9人 となっている。
日本人信者に比べると、かなり低い献金である。全体の人数は939人。2015年10月19日の記事
文総裁は、40年をアメリカに投入し、最後の4年は、ラスベガスに集中されていたようだ。
しかし、40年の歳月と投資した●●兆円の結果は、信者数に出ているし、いまだに、その他のビルやビジネス、文総裁の家などにかかる費用は、不透明というか、赤字ではないのか? 又、アメリカ公職者の給料は、どうなっているのか。こういう状況で、このIPECは、どんな意味があるのか。教会本部をラスベガスに移し、アメリカを変えるためのVIP教育が目的だったのでは。バルコム氏、ジェンキンス氏や幹部は、アメリカ教会の発展に本当に責任をもっているのだろうか。いい家や車のある快適な生活環境で、お暮らしなのかもしれない。。。日米韓の不透明な上層部。

>2011年5月15日日曜日
統一協会、Las vegas のエアポート・ビルを1100万ドルで購入

◆『宗教団体』がエアポートビルを購入 
統一協会(統一教会)がラスベガスのヒューズ・エアポート・ビルを1100万ドル(約8億9千万円)で購入したと、今月9日米国不動産業界向けサービスのリーディングプロバイダーであるCoStar Group, Inc.が伝えている。


【CoStar Group 2011年5月9日】
Hughes Airport Building Sells for $11M

Unification Church Of America Picks Up 135,400-SF Valley Industrial Building

HSA-UWC, the New York-based Unification Church of America, acquired 6590 Bermuda Road in Las Vegas for $11 million, or about $81 per square foot. The buyer will take occupancy of the entire building.

Situated on 5.98 acres, the 135,400-square-foot building was built in 1966.

The seller, Nassir Inc., occupied the building prior to selling it, so as to centralize both of its Valley locations into one building.

Both the buyer and the seller were self-represented.

Please refer to CoStar COMPS #2100815 for more information on this transaction.

韓鶴子氏の本心

>打ち合わせの一方では、アメリカ家庭連合が中心になって「ピースパレスは(原理や真の父母の教えを教育する)教育センターだ」と嘘をついて献金集めをした。
 これは明らかな詐欺である。
 アメリカの幹部で事情を知りながら、献金集めを行なった人は共同正犯あるいは間接正犯の罪に問われる。

>統一教会(家庭連合)の最高責任者である韓鶴子氏が「平気で嘘をつく女性」であり、告訴されれば処罰される可能性があることを知って、統一教会の存在そのものを疑うようになってきた。
 公益法人である統一教会は公益を害することしか行なっていないのではないかという根源的な懐疑である。

>似非信仰者は虚業から脱し、実業界で成功したいという心理傾向がある。


 米本さんはジャーナリストで良識を持たれ、統一教会=家庭連合が抱える問題についても、その実態を取材しながら 是々非々の考えに基づいて改善を促しておられるのですが、その悪質な問題の解決は容易ではなく、完全解決は不可能ではないかと思います。
 統一教会=家庭連合は、今まで米本さんが取材してわかりますとおり、決して真理探究、理想実現を目指した団体などではありません。
 最初の経典である原理講論を真面目に読み始めると、真理探究の結果誕生したのが統一教会であると思い込むようになるのですが、現実はまったく異なるのです。
 原理講論自体の矛盾性については、過去のコメントで何度も書いてきたのですが、冷静に読んで行けば行くほど論理的矛盾、現実との乖離が数多く発見できるのです。
 もし、統一教会の中枢部にいる人達が「真理」を何よりも尊重する人達であったとするならば、原理講論が現在まで改編されずに、経典としてそのまま残っていることなどあり得ないのです。
 それでは、文先生が原理講論の間違いを‘御言葉’によって修正しながら より究極的な「真理」を語っているのかと問えば、そうではなく真逆で、ますます非現実的、非科学的、非論理的な「非真理」を語っているのです。
 文先生の‘御言葉’は膨大であり、その残された「御言葉集」は全てが講演で語られた内容であるため、論理的な一貫性などまるでなく、果たして真面目に宗教論として捉えてよいのか悩むものばかりです。
 それについては、韓国語で原文を読むことができる元教会員‘ちゃぬ’さんのブログ「ちゃぬの裏韓国日記」の過去記事を読めば、よく理解できるはずです。

 統一教会=家庭連合の教義には統一思想要網や原理講論の創造原理の一部に学問の研究対象にできるような内容があるのみで、その他のほとんどの教義は学問などとは無縁であり、宗教の世界でしか通用しない論理ばかりです。
 原理講論の序論では宗教論と科学的論理の‘合致’を謳っていますが、家庭連合の教義は言うまでもなく‘非科学的’であり、未発達な時代の宗教と何ら変わりありません。
 血統転換教義などは邪教の屁理屈そのものであるし、科学的思考を現在の統一教団の教義に当てはめれば、ほとんどが「真理」として成立しないのです。
 現在の統一教団は紛れもない旧時代の宗教そのものであり、妄想を信じることによって成り立つ‘カルト’宗教でしかありません。
 そして、すべての善悪は「真の父母」「メシア」によって決定されるのですから、時代の進歩とは真逆の未発達な宗教団体と言ってもよいのです。
 「真の父母」「メシア」がたとえ、今まで自身が言ってきたことと正反対のことを言ったり、行なったりしたとしても、信者達はそれに絶対服従するのですから、これほど馬鹿げた宗教組織は過去にも僅かしかなかったと思います。

 「真の父母」が語った理解し難い‘御言葉’の中には「宗教を必要としない新時代に入る」や「良心は両親に勝る。良心は神様に勝る。」があります。
 そのように述べていた本人が信者に宗教としてしか通用しない「夜の神様、昼の神様」について語ったり、教主としての自分の命令に絶対服従することを要求するのですから、まともな宗教であるはずがありません。
 実際は「宗教を必要としない新時代に入る」ように進歩するどころか、統一教会=家庭連合は宗教であることを盾にしなければ、存続することさえ不可能な団体なのです。
 統一教団は宗教ではないとしたら、明らかに欺瞞団体、詐欺団体なのですから、教祖の言っていたこととやってきたことは完全に矛盾しているのです。
 そしてそのような言行不一致は現在の総裁である韓鶴子氏にも見事に引き継がれているのです。

 そもそも総裁が「女メシア」「神の妻」「神」であることを主張して、自分の命令に服従することを要求するのですから、宗教の中の宗教、‘カルト’中の‘カルト’であるのが統一教団なのです。
 原理講論に照らして言えば、「真の父母の教え」は科学的な論理性に到達できていない「旧態依然たる宗教の教理」に過ぎず、新しい時代に相応しくない「古いともしび」に過ぎないということです。
 ‘八大教本’は「新しい真理」などではなく、朝鮮シャーマニズムの影響を受けた韓国異端キリスト教の焼き直しに過ぎないのです。
 統一教団を最大限に好意的に論ずれば、創始者である文先生は韓国異端キリスト教に触発され、自分が「再臨のメシア」となって人類一家族世界を実現しようと「統一運動」を始めたが、思うように成果が現れず、結局、宗教そのものに限界を感じるようになり、脱宗教を目指すようになったのです。
 しかし、宗教以外の方法で世の人々に影響を与える何の実力も持ち合わせていないのが現実であった為、その宗教組織にしがみつくしかなく、生来自分に身についた朝鮮儒教に逆戻りし、自分の理想として抱いていた李氏朝鮮王国のような世界を本能的に目指したのだと思います。

 そして、文先生の後を継いだ韓鶴子氏は「真の母」という立場で 教団内で王様のような権力を手に入れたのですが、今まで文先生と共に生きてきた人生は決して幸福なものではなく、‘御言葉’と現実の矛盾も目の前で見て来たので その間違いに気付いており、文先生の伝統をそのまま相続する気持ちは最初からなかったのだと思います。
 しかし、自分が結果的に手にした権力や財力は極めて魅力的なものであった為、本能的にそれらを維持し、守り抜こうと望んでいるのだと思います。
 ピースパレスに関する献金集めは 米本さんが書かれたように、紛れもない詐欺行為ですが、その発想は文先生と基本的に共通しており、今までにあった「神の摂理」も「真の父母」と結びつけさえすれば、どのような解釈も成り立つものであったし、現役の信者がピースパレスの現実を知らされたとしても、詐欺行為として憤慨する人はかなり少ないと思います。
 それぐらい‘カルト’能は正常な理性からかけ離れたものなのです。

 韓鶴子氏が語る講話などは文先生が語られてきた‘御言葉’の劣化版ですから、信仰心など本当にあるかどうかも疑わしいのです。
 今までの講話から判断して、韓氏の行動を決定しているのは権力と財力に対する本能的な欲求だけだと思われます。
 おそらく、身近で韓氏に接すれば、正常な人であれば彼女がどの程度の人物かはすぐ理解できると思います。
 やはり、問題となるのは、そのような韓氏を神格化して利用し、自分達の立場や収益を守る為に偽善を働く韓国人幹部達や徳野氏などだと思います。

真実

どなたかが仰ってました、made in korea.
日本人食口が、幸せになるにはmade in koreaではダメなのです。

一人一人がしっかり自立する事だけです。

ピースパレスに献金した人達はしっかりと質問なり意見を自分の言葉で述べる事です。返金してもらうなり、自分が納得する人生を送りましょう。

Re: 真実

>ピースパレスに献金した人達はしっかりと質問なり意見を自分の言葉で述べる事です。返金してもらうなり、自分が納得する人生を送りましょう。

 その通りだと思います。
 だけど、遠いラスベガスのピースパレス建設に献金するようなシックたちはこのブログを読んでいないはずです。

 私がほんの少しばかり期待するのは、良心が少しばかり残っている教会長たちです。すべてではないですが、彼らはブログを読んでいます。

 献金を勧めた彼らにとって、ピースパレスの変身は深刻な問題であるはず。詐欺のお先棒担ぎをやらされたのだから。復興局長に「火の粉ブログに書かれていることは事実なのか」と、うちうちにでも、問い質すべきでしょう。

良心が残っている教会長たち

御上をとるか庶民をとるか・・・
かつて沖縄の平良修牧師が、大本のキリスト教に半臂を翻し、沖縄の人々の側に立ったように、ハリボテ家庭連合に半臂を翻し、隣人である周辺食口に寄り添う教会長はいるのだろうか?
平良修牧師の「米軍に踏みつけられ苦しんでいる沖縄県民の傍に身を寄せて生きる」、つまりイエスの「あなたの隣人を愛せよ。」を実践できる人こそ真の教会長だろう。
  • [2015/12/11 16:18]
  • URL |
  • 全ての始まりは清平
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いいなぁ~。
俺もいろんなカルトを学んで宗教作って、ラスベガスで商売したいよ。
世の中は、騙される奴らが悪いんだし。

あきれるばかり

前に記事にもなっていた43日路程を、前倒しで12月10日までやれと言ってきたらしい。
何かと思ったら、お母さまが地区長たちをラスベガスに呼ばれたから、それまでに勝利ということになったとか。
先に予定されていたハワイでの篤志家を集めたツアーは、さほど流行してもいないデング熱を恐れて中止になったらしいが、その舌の根も乾かぬうちのラスベガスツアー。
地区長達が檄を飛ばした43日路程は、現在のところの達成率は70~80%程度とか。
いつ帰ってくるか知らないが、地区長たち(当然、総会長、会長や幹部クラスも同行)が帰ってきたら、今度は年末に向けて更なる献金プッシュが激しさを増してくるのでしょう。

今回の記事を読んで感じたことがあります。
でたらめな献金の使い方をやめようとしたのは、國進様や亨進様。
権益にしがみつきたい幹部が、そのお二人を追放したという過去の記事。
やはりそれが真実だったということ。
こんな迷走状態、いったいいつまで続くのか?
  • [2015/12/12 12:30]
  • URL |
  • 勝手に食口代表
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>韓鶴子氏の本心

まず、

”韓鶴子氏の本心”をお書きになった神々の黄昏さんの文章表現力に感心しましたので「いいね」ボタンがあれば押したい気持ちです。
”忘年会は ここで”投稿者cocoaさんが指摘されている“VIP清平ーin America”構想「いいな」と思いました。

さて、
皆様の情報により事情段々理解できるようになりましたが、数十億円の費用と名前からして「ピース・パレス」なのですから単なる教育センターや単なる営業所目的を初心としていないと思っております。
(もちろん CaesarPalaceがラスベガスにあるを知ってますがこれほどの規模の事業を統一教会が実現できるはずもありません。もし、同じ資金運用するにも事業を展開する場合、小さく、幅広く展開する方が効率が良く、各店舗毎にリスクヘッジになるだったらもう少し戦略を変えないといけないですよね。)

市場競争経験・経営手腕のない女性が事業を展開するにはいくつかのハードルをまずクリアしないといけないということを韓夫人はご存じでないのでしょう。(この場合、女性が陥りやすい致命的なミス現れてきているのが良くわかります。)
このように明らかに破綻事業計画しか立てられないのであれば、「韓一国」は土台無理だと思います。(「天一国」と書きたくないので)だとするなら、いつ、権限移譲するのか期限をまず決め、期限に応じた実行計画を検証すべきじゃないでしょうか。このままだと、取り返しのつかない事態になりそう。(もうすでにダメっぽいですが)
それと、今の三国志のような状況を一時休戦してでも、顕進さんに協力要請した方がアメリカ信徒との信頼関係・前途において良いとおもいます。(当該事情解決においては文家で最も頼りになりそうだからで、権限譲渡者のことを言ってません。)

最後に、
私がいつも気にしているのは韓国に嫁に行き、信仰のないご主人さんと祝福を受けた姉妹たちのことです。
なんとか、ご主人さんに隠れるようにしながらこのサイトからも情報を得ようとしている人を何人か知っております。
そう言う方々は、日日カップルに比べれば簡単に方向転換できないかもしれません。お子さんがおられれば尚更でしょうね。
祝福が前提でなければ絶対結婚しなかった相手もおられるかもしれません。
若い頃は、夫婦の営みだけでつながっていて、年齢が過ぎると違う若い女性と浮気をするご主人さんを持つ方も中におり、子供だけが希望という方がいるかもしれません。
心の支えである信仰の基盤が崩れれば絶望せず、良心というコンパスを頼りに前進していただきたく思います。宗教を持とうが持つまいが、人種に関係なく等しく各々の功績を天に積まれるはずと信じ、お互い頑張りましょう。

嘘は泥棒のはじまり

お父様が霊界に行かれたあと、家庭連合は泥棒の巣ですね。

お父様の語られた独占女を違う意味で使いいまくり、統一マークも"自分のものだ"と登録して泥を塗り、ピースパレスも当初の目的を変更して金儲けですか? 神様も霊界もわからない泥棒たち!

天罰が落ちるでしょう

記事の見出しを修正しました。

 記事の見出し「平気で嘘をつく韓鶴子は詐欺団の頭目である」を、「韓鶴子は詐欺団の頭目と見なされても仕方がない」に修正しました。

 理由は--
●「記事削除要求への回答(ピースパレスレンタル問題)-二重の詐欺事件」
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-678.html#more
-を、読んでください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/658-6a2466f2