ついに赤い糸OK! 家庭連合のデタラメ “祝福”結婚 

悩みを抱えるあなたに(2)

 今回も頭がクラクラするような話である。

「風の噂」と題した非開示投稿

 先月聞いた内容です。教会に祝福を受ける相手が見つからない30代、40代の女性が多くいることはご存じのことと思います。
 教会が、その女性たちに対して、インターネットの結婚サイトに登録して、相手を見つけることを勧めているそうです。何やら、女性も登録料が有料のサイトがあって、そこは男性も女性も比較的まじめな人が多いからだそうです。


婚の青年シックは全国に3000人強はいるだろう。推測だが、男女の割合は男1~3対女7~9。どう頑張っても、女性シックの多くは還暦になってもマッチングが成就することはあり得ない。算数の話である。

 だから、教団が率先して婚活に乗り出したということか。
 しかし、「マッチング結婚によって原罪が清算され、生まれた子は神の子」というのが教義の根本の根本(厳密に言えばシックが信じていた教義)ではなかったのか。
 よって、非開示投稿の情報は信じられなかった。

 しかも、昨年聞いていたのは、これまで長年やってきたマッチングがうまくいかなくなったから、マッチングサポート制(世話好きおじさん・おばさんシックたちが未婚のシックをくっつける制度)が敷かれ、それなりに機能している--。

 i01.gif

 それゆえ、まさか!と思ったのだ。

 しかし、そうではなかった。
 これを読んで、思わず、ぶっ飛んだ。ネット“迂回見合い”どころではなかった。
ブログ名「世界平和統一家庭連合(旧称:統一教会)の闇の顔」
記事名「邪悪なお見合いパーティー」
http://blog.goo.ne.jp/kuropin_since_h19/e/01917c730f9830f51f629dc7f6a279ac?fm=rss

 えぐいシックがやっているこの結婚相談所(お見合いパーティ-屋さん)は1回のお見合いにつき、2万円をいただくという。これだけなら低料金なのだが・・・。 
 しかし、「闇の顔」の管理人、大隈眞矢さんは私の質問
成約すると、教団からやはり140万円を請求されるのでしょうか
 に答えて曰く。
「もちろんこのお見合いパーティーで成立して祝福を受ける場合も、140万円請求されます。ほとんどの場合、祝福献金140万円は前払いです。(例外もあるかもしれませんが。) 」

 その後に送られてきた大隈さんからの情報である。

(引用はじめ)
 プロポーズ・フォー・ブレッシング(家庭連合版お見合いパーティー)について思い出したことがあったので、報告します。
 創設者は現・第9地区長の朱鎮台[チュジンデ]氏(文鮮明氏のボディーガードをしていたそうです)。この人物が第12地区(九州・沖縄地区)の地区長をしていた2010年頃から<注1>、男性40歳・女性35歳(あいまい記憶です)以上の1世を対象に関連会社のホテル<注2>で行われていたそうです。
 文鮮明氏亡き後、なぜか対象年齢が男女共に30歳以上に引き下げられました。当時は九州・沖縄限定のイベントでしたが、2013年、これを日本全国に広げたいとのことで上役の視察団も来ていました。

 内容としてはスタッフの挨拶から始まり、家庭盟誓2番を唱和し、ミニゲームがあり、1分間スピーチをし、昼食をとり、興味を持った異性と短時間会話をします。互いに気に入ればカップル成立です。成立したカップルは1週間後くらいに祝福に向けてのセミナーに参加し、交際のルールみたいなのを教え込まれるようです。教会としては献金の為に祝福結婚に持ち込みたいようですが、その前に破局することが多いそうです。
 開催されるペースとしては2~3ヶ月に1回(私が在籍していた2014年12月までの間。現在は不明)でした。このイベントにもマッチングサポーター(-"-)が付添い人として付いて来ます。(会費の2万円にこの者の飲食費等も含まれます。)
 ちなみに祝福2世は血統が変わるという理由でこれに参加できません。(2014年まで。現在は末の御子女サマも“聖婚”となっていますし、2世も参加できるようになっているかもしれないです。)
(引用終わり)

<注1>文鮮明氏にどのように報告されていたかは不明。
<注2>関連会社のホテルについて調べたが、「熊本県玉名郡のホテルセキヤ」だと推測する。間違っていたら、削除要求をくださいね。

No 450025
No 450026
No 450027

 大隅さんからのさらなる続報である。
(引用はじめ)
「プロポーズ・フォー・ブレッシング(家庭連合版お見合いパーティー)は、今は全国的に行われていました。少し古いですが、茨城でのパーティーの様子が家庭連合公式HPにありました。「プロポーズ・フォー・ブレッシング」 茨城教区
 光言社インフォメーション KMS U-ONE TV / 2015年3月第3回 番組案内[http://www.kogensha.jp/ps/modules/information/?p=154]
 で、教会成長研究院の阿部美樹氏がこんな発言をしていますよ。
「今日、未婚化、晩婚化により、少子化傾向が著しく、人口減少化が進んでいます。生涯未婚率が上昇しており、男性は5人に1人、女性は10人に1人が結婚しないという現状です。また、昨今は3組に1組が離婚という状況にあります。今回は、全国各地で展開されている、祝福結婚に導くための男女の出会いの場づくりとしてのプロポーズ・フォー・ブレッシングの取り組みを紹介します」
(引用終わり)
 
 血統転換のケの字も出てこない。阿倍さん、「教会成長研究院院長」の肩書が恥ずかしくないのか。これじゃあ、「結婚斡旋屋のミッキー」だよ。

 話は逸れるけど、「昨今は3組に1組が離婚」に点灯マークが。離婚が多いのはわかるけど、周囲を見渡しても、3組に1組ほどではないけどなぁ
 調べてみると、「調査した年に結婚した人の数」と「調査した年に離婚した人の数」を比べているだけの数字であった。例えば、2013年に結婚したカップルは66,300組。離婚したカップルは23,100組。結果、3組に1組が離婚しているということになる。ちと、算数が苦手なシックのために、架空の数字をあげておく。2013年に結婚したカップルは2万組、離婚したカップルは2万組。この場合、全員が離婚したことになる。結婚が1万組で、離婚が2万組なら?
 教会劣化研究院の先生、学校の勉強さぼったなぁ、比較すべき対象が間違ってるぞ。しっかりしておくれよな。

出の茨城教区のサイトをクリックしてみれば、
 席が隣で一番初めに話した方と交流が決まったという感想が10組中半分もありました。「何かわからないが、赤い糸のようなインスピレーションを感じました」とのことです。また、交流する中で家庭環境の苦労を聞いた男性は、何か「この方を愛してあげたい、助けてあげたいという気持ちになりました」と話していました。
 茨城教区の家庭部長は、「マッチングシステムでは決まらなかった方々でしたが、本人たちが自分の目と口と耳で確認し、交流を始められるので有効だ」との感想を述べていました。

 出た出た、ついに出たよ!赤い糸 !! だってぇ~(*´~`*) 
無題
【写真の出典】http://unificationnews.jp/report/293
(茨城教区に指導!:見合いパーティの参加者の顔写真をサイトに掲載してはならない。明らかなプライバシーの侵害である。ネットは教会員だけが見ているわけではない!社会常識がなさすぎだ。ネットから写真を削除するか、網をかけるか。善処したら連絡を。こちらもそれに合わせる。


【頭がくらくらするような感想と若干の論評】

(1)拙著『カルトの子』の「プロローグ」と「神の子」の章では、統一教会の2世の恋愛のことを取り上げている。
 自分の娘(高校生の神の子)が同じ2世だがヤコブの子と付き合っていることを知った母親が、包丁を振りかざし、半狂乱になって、「付き合うのをやめろ」と迫った。娘はその後、精神疾患になった-という内容である。
 また、「『人を好きになってはいけない』といわれて」(講談社)が出版されたのは2002年のことである。著者の安沼さん(2世)もやはり精神を患うことになった。今頃はどうしているのか。

 つい最近までは「好きになるという感情」を抱くこと(「互いに気に入る」「赤い糸のようなインスピレーション」)は、家庭連合(統一教会)の教義からすれば堕落そのものであり、包丁を振りかざしてでもやめさせなければならないほどの信仰的犯罪であった。
 2人の母親(埼玉と茨城)がこの記事を読み赤い糸がOKになったことを知ったら、どう思うのだろうか・・・つい考え込んでしまう。

(2)「好き」という感情について、統一教会と第4イスラエル研究会との間で論争になったことがあると記憶する。それぞれ本にしていたと思うが、探す気力がないので詳細は省く。
「結婚斡旋屋のミッキー」を上司に仰ぐ太田朝久氏たち(確か3人の共著だったはず)は「好きという感情をもとに結婚すれば、それは堕落の始まりだ」といった趣旨のことを主張していたと記憶する。今では赤い糸を黙認する(あるいは黙認せざるを得ない=後述)太田氏たち。それこそ主張の堕落ではないか。献金でメシを食うためには変節しなければならなかったのであろうが、だとしたら、ちと情けない。
(大田氏の反論を請う。4研の岡本氏、広氏の感想が聞きたい)

(3)三田誠広の小説に芥川賞を受賞した『僕って何』がある。それをもじれば、さして好きでもない相手と結婚し、今でも違和を感じている祝福家庭は、赤い糸OKの教団サイトを読んで、私たち夫婦って何、と愕然とされるのではないか。
 とりわけ、マッチング結婚で、渡韓し、辛酸をなめている日本の花嫁さんの気持ちは如何ばかりか。正直、涙目になってしまいます。
 結婚する時期が今だったら、好きになった人と結婚できる。
 生まれたときが悪いのか、それとも俺が悪いのか~~
 
(4)マッチング結婚(国際合同結婚式)→原罪の清算→神の子-という何十年来の根本教義が一挙に消えてしまったのは、文鮮明氏が亡くなってからである。
 最初にこの教義に実践的に立ち向かったのは、妄想女の異名を取るようになった韓鶴子氏である。実践とは、2人の末娘の恋愛結婚を認めたことだ。
 夫・文鮮明の「マッチング結婚=血統転換)なんて、くそ喰らえ!
「火の粉・公文」-お母様が恋愛結婚をお認めになり、事実上、血統転換を否定されました!/<拉致監禁の契機となった「マッチング結婚」を曖昧にしてはならない!> /<韓鶴子の言い訳「み言」(笑)> 参照)

 2人の娘は、堕落とされる婚前交渉ありあり(1人は婚前交渉でお子をもうけていると推測)なのに、祝福結婚だという。頭が変になりそっ。

(5)文鮮明を否定する韓鶴子だが、「お見合いパーティ御言」など発していない。
 情報を総合すると、韓国人幹部が出発点となったと思う。
 前出の茨城サイトを再度、読んでもらいたい。はっきりこう書かれているのだ。

鄭教区長は、すでに第7地区で『プロポーズ・フォー・ブレッシング』を何度も開催、劇的な証しをいくつも持っておられましたので、茨城でもこの企画が出発しました」
 一方、大隅さんはこう書いていた。
「創設者は現・第9地区長の朱鎮台[チュジンデ]氏(文鮮明氏のボディーガードをしていたそうです)。この人物が第12地区(九州・沖縄地区)の地区長をしていた2010年頃から、男性40歳・女性35歳(あいまい記憶です)以上の1世を対象に関連会社のホテルで行われていたそうです」

 最初の発案者は鄭か朱鎮台か
 どちらかはわからないが、どちらも韓国人幹部ということだ。
 彼らは、文鮮明氏がこだわっていた血統転換など、韓鶴子氏の鮮抹殺路線に従って、どうでもよくなった。というかこれ幸いにというか、お見合いパーティ事業(結婚斡旋業)を始めた。
 狙い?、むろん、お見合いが成立し、結婚となれば140万円を手にすることができる!

 ことさら韓国人幹部を悪く言うつもりはないが、日本に統一教会が上陸してから約50年間にわたって、「マッチング結婚=血統転換事業」を行なってきたのに、韓鶴子氏が事実上否定したからといって、太田朝久氏を含め日本人幹部のメンタリティなら、「じゃあ、結婚斡旋をやって、140万円もらおうか」とは決してならないはず。韓国人いや教団に巣くう韓国人幹部の感覚(楽して儲ける)ならではのことだと推察する。

【重要参考記事】「真の御父母様の真の愛を汚す集団詐欺祝福の実態」。韓国の教会長が日本人女と韓国男を組み合わせて、中抜き三昧したという。

(6)小生の子どもが統一教会員だったとして、「同じ統一教会の信者と結婚したい」と申し出てきたら、どうするか。
 もう少し言えば、神の代身と言われている文鮮明氏からマッチングされたと、目を輝かせて「結婚を認めて」と懇願されれば、少しは考え込むと思う。
 しかしながら、神の「代身」(統一教会用語)だという文鮮明ならまだしも、その後マッチングするのは大陸会長となり、さらに国家メシアとなって、さらに下れば、マッチングオジサンとオバサンに代わり、最後は血統転換、堕落なんて全く無縁の、もうほとんど合コン。
 子どもには、苦笑して、「好きにしな」と話すかも。

 野球で言えば、観客からブーイングが起きる代打の代打の代打の代打の代打なんだから。ひどい団体があったもんだ。


題の「悩みを抱えるあなたに」である。

 統一教会の結婚は、もはや、血統転換などとは無縁の、たんなる統一教会員同士の結婚にすぎません。
 祝福結婚の「祝福」には、何か特別な意味があるわけではありません。一般のキリスト教会の教会で式をあげれば、「祝福結婚」と呼ばれる。祝福されるべき結婚という意味合いでしかない。祝福家庭もそう。
 結婚したあとの生活はとても長~いです。
 相手が教会員であった場合の利点は、統一教会独特用語を夫婦間で使うことができる。
「最近、愛の減少感だわぁ~、少しはかまってかまって」とか。
 まあ、利点はそれぐらいでしょうか。
 いや、神を中心とした「愛ある真の家庭」を築くことができる、神のもと幸せになれると反論されるかもしれない。
 しかしながら、考えてみてください。
 統一教会は私が知っている限り、信者を対象に2度ほど幸福度調査を行なっています。
 信者同士で結婚するのは創価学会、エホバの証人などがありますが、幸福度調査が行なわれたなんて寡聞にして知らず、です。
 調査を行なうのは、幸せと感じていない祝福家庭が多そうだ-ということを教団本部が知っているからです。
 体を表すのが名ならば、「世界平和統一家庭連合」は改め「不幸な家庭の集まり」にすべきではないだろうか。

 繰り返しますが、結婚後の生活はとても長い。それでも、やはり教会員同士がいいというなら、どうぞ140万円の献金を!もっともサンクチュアリ教会なら数万円ですむそうですが・・・。(苦笑)


後っ屁。メシアママの祝福結婚の価値観である。
「韓 お母様 の 実像」からの引用である。

(引用はじめ)
 2世の祝福、マッチングの会場でのできごとです
 これも会場にいた2世が実際に見聞きしたものです。お父様が懸命にマッチングされます。
 2世は日本人ばかりです。そこにお母様が現れまして(ママ)、こういうのです。韓国語です 日本人にはわからないとおもわれたのか、
アボジ そんなの だれでもいいじゃないですか 早く買い物にいきましょう
 といったのです。韓国語のわかる2世がいました。
 耳を疑う言葉です ひどいショックを受けて日本にかえってきたのです。
(引用終わり)

 これがいつのことか書かれていないのが残念だが、『わが父文鮮明の正体』などから判断すれば、実話だと強く推認される。
 韓総裁の家庭連合での祝福結婚の価値は、「買い物以下」ということだ。

140万円前納したが祝福結婚を受けなかったあなたに 
 
 まず、拙稿「拙稿祝福を受けなかったシックは、断固として140万円の返還請求を!」(2015年11月4日)を読んでください。
 140万円献金したが祝福結婚を受けなかった方には、140万円を返還してもらう当然の権利があります。信仰云々とは関係がありません。返還請求すれば、組織から排除するというような教会長がいれば、それは文鮮明氏が厳しく禁じている心情を蹂躙する行為なのだから、その人は似非統一教会員に過ぎません。
 記事をアップしてから、記事に登場した人を除いて3人の方が祝福献金返還請求を行い、いずれも所属する組織が返還の意向を示しています。うち1人は合意書に署名・捺印の段取りになっています。
 祝福結婚献金の返還請求は実に簡単なことです。ただし、合意書は必ず取り交わしてくださいね。
  悩んでいる方、どうやればいいかわからない方は、個人メールをください。



-次回は「許していいのか!公職者の天下り」です。乞ご期待!-

師没後の統一さんは、韓鶴子さんが神様になったり、実に実にいい加減な団体になったな、と思っている方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
何だかもうどうでもよくなってきた方は拍手を!

緊急! 情報を求む!

 在韓の日本婦人仲村ゆかさんが今年6月に自殺したニュースは、大きな波紋を呼びました。【参照】「新新公文にみられる統一裏事情 ※末尾に速報(自殺事件)を掲載」
 最近立て続けにこんな情報が届いています。
全羅南道でも日本婦人の飛び降り自殺があったそうです」(時期は昨年11月頃)
「この10月7日に、1年以上前に農薬を飲んで自殺をはかった江原道のまつむら・みどりさんが亡くなられたとのこと」

 いずれも伝聞情報ゆえ、確たることは不明です。韓国統一教会は事件を隠していると思います。是非、個人メールあるいは非開示投稿欄に、情報をお寄せください。在韓に知り合いのシックがいれば、聞いてみてください。

関連記事

コメント

しょうがないんじゃないですか

上からは『祝福に何人参加』ってノルマは来るけれども、現場では祝福どころか伝道も進まない。


手っ取り早く『婚活パーティー』をやってくっつけて教育は後からしようって事だと思いますけどねぇ。



こう言っちゃなんですが、ちゃんと教育されていたのは6500双までだと思いますよ。

6500双までは日本では献身者を中心にした祝福でしたけど、3万双は勤労青年と既製家庭が中心でしたし、それ以降なんて人数だけでも揃えないとなんないからグチャグチャだと思いますよ。


更に言えば140万の祝福献金は日本だけの事ですよね。


他の国はその1/10とか1/100だと思いますよ。


それじゃなかったら東南アジアとか南米とかアフリカの人は祝福なんて受けらんないじゃないですか。


そういう地域の人達が祝福献金で$12000も出せると思います?


無理でしょう。


それでなくても『70億全人類を祝福する』なんて言ってるんですから。


最終的には『祝福式に参加したら血統転換できます』っていう事にするんじゃないですかねぇ?

爆笑

初めての 投稿です。
いつも 為になる記事を ありがとうございます。 更新されるのを 楽しみにしている一人です。いつもは 読むだけなのですが、「不幸な家庭の集まり」に 爆笑してしまい、 あまりにも 的を得ているので つい 投稿したくなりました。 
私は 韓日で 韓国在住で 韓国でも田舎のほうなので まわりの家庭は 皆 経済的にも苦労し 特に 女性は 年なのもありますが、身体を悪くしている方が 多いです。若くして癌になるかたもいて、 ある方は 旦那を先に失くし 本人も乳がんで 闘病中。もしものことがあれば 残された子供たちは どうすればいいのか、、おまけに 教会長は 一度見舞いにきただけで 助けることもせず、これが 統一教会の現状です。 子供たちが かわいそうなだけで 早く教会員が 目覚めてくれたらと 思う毎日です。 

時代的恩恵

今までもその言葉で片付けてきたのだから、もうその言葉で全て解放すべきです。過去の被害者の方々に心は傷みますから、その方々の精神的、環境的ケアに教会のお金を使うべきです。


問題は二世同士の祝福です。こちらも女性が余っている状態ですが、二世の一般の方との結婚はサタンもサタン視するらしい。真のご家庭は特別らしいけど、、。

血統より愛の方が価値がある事は真の御家庭が証明してるではないですか。血統転換の呪縛をとき、幸福な家庭を誓うだけの団体に変われば世間にももっと受け入れられやすくなるはずです。勿論日本の莫大な祝福献金も止めるべきです。

悲しいかな、全て夢物語だったのでは。

祝福結婚とは

6500双までの祝福は厳重な教義に基づいて進行していった経緯があります。30000双以降は、教育は後でという経緯のもとで行われていきました。原理教育も6500双クラスの信徒までは、確かなものであったと記憶しています。信徒は、経済路程まっしぐらに走らされ、それが信仰であり神の摂理を前進させていく唯一の方針でした。そのような中にも、疑問を抱き離教していった信徒は山のようにおります。現在に到っては、離教していった信徒のほうが正常な意識の持ち主であったと感じています。教会は、完全に失敗しています。失敗の結果として、現実の数々の問題が浮上し到るところで噴出し信徒たちが翻弄され傷ついて救いを求めてきているのです。このような問題に目を向けることも無く、ただひたすら前進あるのみと号令しつづける日本本部の指導部は、いかなるものなのか? 宗教的問題の陳情書をまとめて国の機関に提出すべき最終段階まで来ていると思われます。

マッチングの原理的意義

ちょっとマッチングの原理的意義について、私の考えを書いてみたいと思います。こういう発言は、以前は教会では問題視されたわけですが、今や教会が支離滅裂なので、少し整理したほうがいいと思うからです。

本記事の米本さんの教会の教理に対する理解は妥当だと思います。というか普通に教会の言動を見れば、私のように捉える方が不自然なのでしょう。

(1)マッチングと血統転換は別物
 私は、マッチングと血統転換と別物だと考えています。

血統転換は、原罪(サタンの血統)の清算をするもの。
登場人物は、文先生と祝福に参加する女性と男性ですが、未婚男女の出会い方は問うていない。

ただ人類の救いという観点で別の蕩減復帰の原理が出てきます。
参加者の属性には
・既婚の男女
・婚約中の男女
・未婚の男女
があります。マッチングは、未婚の男女に限った話です。

余談ですが、教会では「代表」という概念がよく出てきます。
祝福では、それぞれの立場の救いの道を開く「代表」という説明があります。
祝福式は、単なる個人の結婚というだけの意味ではないということです。
例えば書籍「み旨と世界」には、430双の祝福以降「韓民族は誰でも入れられて祝福を受けることができる」ようになったとあるわけです。
http://furuta65.fc2web.com/001/mimunetosekai/08.html

ここで言いたいのは、未婚男女の出会い方と血統転換は関係ないということです。

(2)マッチングの意味
 私は以下の2点で理解しています。
 ①蕩減復帰では、愛を否定しないといけない。
 ②本然の結婚は、親も幸せで本人も幸せで子孫も幸せでなくてはいけない。

①愛の否定
 愛の否定ですが、文先生のみ言葉ですが出典を示せなくてすみません。

堕落は自己中心に愛しあうことで起きたので、蕩減復帰により、この愛を否定しないといけない。悲しんで愛を否定しても、蕩減復帰にならない。喜んで、自ら進んで否定しなければならない。

文先生は初期においては、祝福で好きな人を紙に書かせるなどしたといいます。文先生が相性が合わないと反対した人で、自分で責任を追うからどうしてもと聞かなかった人には、その相手と祝福されたといいます。その後、一方は早死にしたそうです。こういうことを教会員が目にする中で、文先生のマッチングは確かだと考えるようになり、今の形になったと聞きました。

私に言わせれば、マッチングは断れないなどという教団の説明が、そもそも本質からはずれたものだったと思います。だが実際には本質的なことを考えられず、より好みする教会員の状況に本部がやむなく対応したのが行き過ぎたという気がします。

②本然の結婚
 個人の見解ですが、人は成長に伴い、自分に合うタイプの相手を感じられると思います。
相手が自分に合うか知るためには、まず自分をよく知らなければいけないです。だから、自分のことを自分以上によく知っている、父母マッチングは原理的だと思います。
原則が親にも本人にも子孫にもよくなければならないので、本人の意見は尊重されるべきです。

今回の記事に対して言えば、2世に、あるいは現在の祝福に、先に書いた「愛の否定」の要件が必要かどうかです。
ここは、み言葉に詳しい、4研や、広講師のご意見を聞きたいです。
個人的には、1992年あるいは、2000年頃には、「愛の否定」の蕩減時代は終わったのではないかと思っています。

2世の恋愛について言えば、どこまでも兄弟姉妹として慕うのが原則で、婚前交渉などは論外です。
ですが、人を好きになるという感情は否定すべきものではなく大切なプロセスであり、これを闇雲に否定した教会に問題があると考えています。
私の考え方は以下の記事です。
http://ameblo.jp/poomchai/entry-12031524426.html

私の考え方が正しいか間違っているかは分かりません。ですが、私のこの考え方は基本的に20年以上変わっていません。

Re: 爆笑

 匿名さん、初めての投稿、ありがとうございます。
 次回、投稿していただくことがあれば、適当なハンドルネームでお願いいたします。

>若くして癌になるかたもいて、ある方は旦那を先に失くし、本人も乳がんで闘病中。もしものことがあれば、残された子供たちはどうすればいいのか。おまけに教会長は一度見舞いにきただけで、助けることもせず、これが統一教会の現状です。


 同じような情報は個人メールにも届いています。やはり在韓のシックからです。

(引用はじめ)
 昔の、きちっとされていた長老の牧会者は、まず食口の家庭と健康を気にかけてくださいました。しかし、最近の牧会者は私たち家族が手術したり入院しても見舞に来たりこなかったり、まるでその牧会者を受け入れなければ 仲間外しするように日本婦人を通じて仕向けたりしています。
 こんな状態ならどんどん離れていきますね。
(引用終わり)

Re: マッチングの原理的意義

 原理のことはチンプンカンですが、一つだけ事実誤認があるのではないかと思います。

>私に言わせれば、マッチングは断れないなどという教団の説明が、そもそも本質からはずれたものだったと思います。だが実際には本質的なことを考えられず、より好みする教会員の状況に本部がやむなく対応したのが行き過ぎたという気がします。

 下線部分が事実誤認です。本文でも書いたことの繰り返しになりますが。

(1)未婚の女性が有り余っているのです。しかも、40歳を超えている人が少なくありません。本部(家庭教育局)は何とかしなければならないと少々焦っています。

(2)婚活して成功すれば、140万円の献金が手に入ると思っています。

 この2つが歯車のように絡み合って、最後の“祝福結婚”に向かって、突き進んでいます。「原理」(?)とは無縁なのです。

 今も教団は原理用語のフリカケをかけたような作文を書いていますが、単なるカムフラージュにすぎません。

「40歳を超えたら、自分で相手を探して来い」

「40歳を超えたら、自分で相手を探して来い」というのは、前から聞いていたことです。じゃあ、乙女が、摂理に邁進しすぎて、40歳を超えてしまった。普通に結婚して、40歳になる以前に既成祝福を受けた人がいたら、どっちが得でしょう。

単純に損得勘定の問題ではないかもしれませんね。神様はその中年乙女の純粋な動機を知っているので、40歳以降素晴らしい人生が待っているのかもしれません。

が、どうでしょうね。方や摂理に苦労し、生活費も節約して献金し、婚期を逃してまで祝福を待ち、方や好きな人と結婚し、その人と祝福まで受け、たぶん40歳前ならそろそろ祝福を受けられそうな息子娘もいて……。

中年乙女が、それでも感謝できる人ならいいけど、もしかして「天は二物を与えずというけれど、二物を与える場合もある」と嘆いたとしたら。本当に二物を与えられる人もいますからね。方やまったく与えられない人もいる。

これ、カルト脳を退治すれば、避けられることではあるのですが、いかんせん中年乙女はカルトにしがみついてきた人生を送ってきた。責任者からは「40歳を超えたら、自分で相手を探して来い」と突き放される。ああ無情ですね。

ある面、自分で好きな相手を探してきて、その人が統一教会の合同結婚式を受けることを受け入れればの話ですが、祝福を受ける方が、現世的にも、来世的にも幸せですね。

じゃあ、今までのマッチング家庭、私もそうですが、はどうだったんだろうと、比較してしまいますね。過ぎたことは仕方がありませんが。今でもふと思うことがあるんですよ。あの人たちは、恋愛もできて、神の祝福も受けて、本人同士もラブラブ、神様からもラブラブ。ラブがあふれていていいなと。

結婚霊感商法と呼ぶかな。

今、自分のブログでも紹介記事書かせてもらったんだけど、これは新手の資金稼ぎではないかと思う。結婚できない中年乙女シックをターゲットにした新手の資金稼ぎだな。そこで、かつての霊感商法と、結婚を結び付けて結婚霊感商法と名付けさせてもらった。

祝福というのは、本人だけでなく、そこから神の子、神の血統が生まれる究極の救いだからね、だから霊感。これを140万円の収益に結びつけているから、結婚商法。合わせて結婚霊感商法。我ながらネーミングとしてはさえていると思うんだが、話題としては切ないね。

マッチングを受けられない中年乙女シックさえ食い物にする新手の商法。さすが韓国人の発想だね。汚いねー。人の射幸心をいたぶるなよ。

祝福と言えば、キャンディー

祝福と言えば、キャンディー配って「はい、祝福されましたよ。」って世界もあったもんな。時代的恩恵だって?まあ一言で言えば「ふざけんじゃねえよ」だよ。そんなキャンディを一生懸命配ってたお姐さん達がもう40越え。子供も無理だろうな。「私は罪深いから祝福受けるのにふさわしくありません。」とか言って拒否してたんだから、まあ自業自得でもあるよな。そんな間に韓国人のボンクラ木偶の坊達が入ってきて、結婚斡旋?本当にどこまでも平和だよ、この日本は。
  • [2015/12/12 22:25]
  • URL |
  • 全ての始まりは清平
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

アラフォー独身

一般社会では結婚できない独身は男の方が多いですが、教会の場合は逆ですね。

マッチングを受けて、家庭を持つまでの期間に婚約解消するのは女性側からの方が多いと思います。結婚できると思って参加しても、何だかんだ理由をつけて先延ばしされたら男性側は「もういいよ」ってなりますよね。

40過ぎて独身の方々の詳細はどうなのでしょうか。例えば最初の祝福は20代だったけど、解消を繰り返して年月が経ったとか。一度も結婚のチャンスがなくてこの年になったとは考えにくいです。

それか、教会の伝道部隊がアラフォー独身女性に焦点を絞って(祝福K目当て?)伝道を進めているとか。その人の悩みは結婚でしょうから心につけ込みやすいですし。

統一教会の祝福は、オットセイのハーレムのような血わけからはじまった

文総裁は、真の愛と生命と血統の「種」を持ってきたという。統一教会の祝福は、血わけ(世の中では、わかりかねることば)というオットセイのハレムを想像させるような。。そんな儀式からがはじまり。
なので、祝福家庭とは、お父様の種を受け継いだ血統書付き人間というわけだ。人間は動物や植物じゃありません。神や宗教を重んじるなら、結婚の内的な価値を尊敬し、常識的であってほしいものである。お金やタイトルが重要ではない。
祝福家庭という血統書付きの信者が非人間的人格なので、その血統は腐っている。血統書付きの馬でも、訓練されなければ、走らない。1960年から始まって55年も経た現在、このような結果になっているということは、どこか、まちがっているということ。2世以降も同じ状況になるであろう。統一教会の祝福は、意義があり、社会に良い影響を及ぼしているのだろうか。変革がなければ、無意味のような気がする。

>オットセイのハーレム
オットセイは、より強い遺伝子を残すために、強い一匹のオスが複数のメスを独占すると考えられていた。

南極海の孤島・サウスジョージア島の生きものを特集するシリーズの2回目。島に400万匹いる「ナンキョクオットセイ」の大繁栄の秘密を追います。
オットセイは一夫多妻、一匹のオスがたくさんのメスを従える、いわゆるハレムを作ることが知られています。このハレム社会、これまでは、圧倒的にオスが強く、メスはひたすら服従すると考えられていました。しかし最近、その定説は覆されました。2007年2月、世界的な科学専門誌「ネイチャー」に載った論文によれば、メスが産んだ子供の父親が、そのハレムの主だった割合はわずか4分の1ほど、つまりメスの4分の3は自分のハレムの主とは全く別のオスとカップルになるのです。ナンキョクオットセイのメスはハレムの束縛にとらわれず自由に恋をしていることが判明したわけです。
そこで、ハレムの仕組みと、その周辺で繰り広げられる“恋のかけひき”を観察してみました。12月、南半球の夏、まずオスが、陣地争いをする。メスにとっては波うち際が、出産にも食事にも便利です。その一等地をめぐり、体重130キロのオス同士がぶつかりあう肉弾戦が繰り広げられます。強いオスが陣地を獲得すると、そこにメスが続々とやってきて、ハレムができます。ハレムの主となったオスは強く、あぶれたオスたちの執ような反撃にものっとられることはまずありません。メスはそんなハレムの主に守られて出産します。
ここまでは、今まで考えられた“ハレムの常識内”の行動でした。しかし、出産後1週間がたつとハレムに異変が起きます。ハレムの維持に明け暮れるオスが疲れを見せ始め、監視の目が甘くなったそのスキに、メスは、待っていたかのようにハレムを抜け出し、他のオスとカップルになるのです。
ナンキョクオットセイは、今から200年ほど前、毛皮目的の乱獲のため数が激減、50頭ほどになりました。しかし大復活を遂げ、現在は400万匹にもなった一因には、この“メスの自由な恋”があったのではないかと、研究者は考えています。
1月、繁殖が終わるとさっさと海に出て行き戻らないオスとは対照的に、メスはさらに3か月、厳しい冬が訪れる直前まで、ビーチで子育てを続けます。
ハレム社会の中で、したたかに力強く生き、種の繁栄を支えてきた、ナンキョクオットセイのメスの新伝説。オスだけが支配する社会など、自然界にもありえないのかもしれません。

米本さん、ご無沙汰してます。
そして有り難うこざいます。
これはほんの一部です。
どのようにしたら良いのか、教えて頂けませんか!?
宜しくお願い致します。

ブレッシング会場は、熊本のイセヤホテルで間違いないです。
私の場合は、一対一のお見合いでというか、相手の方は教会で決められていました。
当時はBマッチングと言われていました。その後、お見合いパーティ形式に変わって行った経緯があります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

久々の礼拝参加

今日、久々に礼拝に参加してきました。相変わらず、独生女論が吹き荒れていました。U-ONEのビデオと礼拝説教の二本立てでした。

私は動画を見つつも、途中で独生女論についてひらめいたことがあって、意識が礼拝からそっちの方にぶっ飛んでしまいました。あまり大した話もなかったので、意識がぶっ飛んでも、問題はありませんでした。

で、独生女論ではっとしたことがあって、今日の私のブログはそのことです。良かったら立ち寄ってみてください。

あ、43日路程、頑張ってくださいと言っていました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

妄想教義で結婚してはいけない!

統一教会信者は、もはや何が本当の教義なのか?さっぱりわからないというのが現状でしょう。だから、個人個人が思うところを信じてるのかも知れない。でも、圧倒的に多いのは魂を抜かれた無思考な依存信者がその時の教会長の言葉をそのまま信じてるんでしょう。

統一教会の祝福結婚(1世どうし)は血統転換と結びついており、女性は文教祖と骨の髄まで一体化することにより血統転換され、男性はその女性との一体化により生みかえられ血統転換されるというものだったはずです。(霊的血統転換→肉的血統転換)そういう前提の結婚。

その組み合わせは仲保者たるメシアが選ぶ または、承認する?のがマッチング結婚だったので、公職者やスタッフだって自信なんか無いと思うけど、献金せしめる為に霊感商法的にやってるんでしょう。

それに、今は、韓鶴子が「私はメシア、神」と言っており、文鮮明より自分こそが神、メシアという感じなので、だとしたら、血統転換教義自体も当然破綻し、祝福式の聖酒を飲む順番とか、3日儀式とか今はどうなってるんですかね?妄想教義を更に膨らませてるんですか?(女メシアと一体化するのか?鶴子と鮮明両方と一体化するのか?)
現状優先の結果から原因を捏造する完全サタン組織である。
まあ、どうでもいいですが、信者が哀れだ!

結局、韓鶴子はとっくに血統転換など破棄してるのは明白なので、記事のように金目あての結婚斡旋所でしかない。
つまり、宗教法人でも何でもない。宗教法人を取り消すべきだ!

yaKi-kirakira さんへ

>米本さん、ご無沙汰してます。そして有り難うこざいます。これはほんの一部です。どのようにしたら良いのか、教えて頂けませんか!?

 ごめんだけど、意味がわかりませんでした。

(追記)タイトルを入れていただけると、大いに助かります。ペコリ

非開示投稿者の方にお願い

 再三再四お願いしていることですが、アドレスをつけて欲しいです。

「いい原稿だから公開すればいいのに」と思います。しかし、私が勝手に公開することはできない。
 メルアドがあれば、公開していいかどうか聞くことができます。

2世祝福

2世祝福には父母マッチングとかありましたが、何がなんだかわからない教義の中、いろんな思い(あの親はなんかいやだとか・・・)が生じて、子供の相手なんか決められないでしょう。

ちなみに、以前、韓国留学生の2世スタッフのマッチングは、留学生責任者の梶栗元会長2男がスタッフ同士をマッチングしたのは聞きました。留学生たちは2世祝福はいい加減という意識のようです。

週刊ブリーフィング (2015年 12月 12日)

https://vimeo.com/148602834
真のご家庭ニュース&韓国ニュース
1. 真の父母様招請忠孝家特別午餐会 / 真のお母様ご出国
2. アメリカ:真の家庭価値聖職者会議20周年記念晩餐会
3. 女性連合、GAZA i DREAM後援者の日
4. 韓国協会、教区政策巡回
世界ニュース
1. 日本:夢・希望・前進 神氏族メシヤ復興会
2. アメリカ:ラスベガス ユニティ・バプテスト教会祝福結婚式
3. カンボジア:超宗教平和祝福式
4. ネパール:神氏族メシヤ開拓者出発式および既成家庭祝福式

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

6500双までが・・?

>6500双までの祝福は厳重な教義に基づいて進行していった経緯があります。30000双以降は、教育は後でという経緯のもとで行われていきました。

私は3万双の時その部署の責任者として祝福も担当していましたが、少なくとも私のところの対象であったメンバー70人のうちの多くは、教育をしっかり受け、実践経験も豊富でした。

確かに三万双の中には、某有名講師のところのメンバーのような、教育不十分な方たちも散見されたのは否定しませんが、当事者以外の方に、さも全員がそうであるかのような誤解を与えかねないので、指摘しておきます。

そもそも日本の献身者の信仰を云々している方が多いのに、さも献身していれば信仰者、そうでない方は非・・というのもいかがなものかと思います。

要は個人の信仰の問題ですので。

お見合い結婚

 初めまして、いつも楽しく見させていただいています。
 お見合いサイトを利用したマッチングは数年前から話には聞いていました。
 ◯◯-netや◯◯パートナーといった有名どころの利用が多いようです。
 そういったサービスでは男性会員に比べて女性会員の比率が少ないため、女性が登録すると次から次へメッセージが届き数日で何十件ということもあるそうです。(男性の場合はかなりの努力が必要らしいですが)

 今まで教会内でチヤホヤされて引く手数多という経験をしてこなかったため、そのギャップはすごいのではないでしょうか。選び放題ですから。
 実際に利用して相手探しをした方の話を人伝に聞きましたが、それでもなかなかうまく決まらなくてやめたようです。
 一般的には、お会いして気が合いそうなら少しづつ交流してお友達から…というのを希望するのに対して、食口は最初から結婚前提での付合いを希望、でも手を繋ぐのはちょっと…みたいな感覚ですから。婚前交渉などもってのほかですし。
 そういった感覚の違いから、うまく進まないケースが多いようです。

 以上、ちょっとした小話でした。

何が問題かわからない

>6500双までの祝福は厳重な教義に基づいて進行していった経緯があります。30000双以降は、教育は後でという経緯のもとで行われていきました。

私は3万双ですが、韓国で777双の先輩に、6500双には感動した。どうして3万双はこうも違うのかと聞かれました。確かに的を得ているところはあります。
3万双と言っても、マイクロのキャプテンから、入居生活の経験のない人までいるのです。

ところで、正しい信仰教育って何ですか。
私の当時の所属教会では多くの青年男性が3万双のマッチングを受けられずにいました。責任者に理由を聞くと、責任持てないと言うのです。それで、どうしても祝福を受けたかった兄弟は、今は悪名高き金明大氏の韓日人教会に行き祝福を受けました。金明大氏は◯◯教会はおかしい、お父様に聞いてくると言われ、聞きに行き、それで参加出来るようになりました。皆が韓国に渡ってから面接が始まり、多くの青年が祝福を受けました。以前、実家に帰ると、当時の食口がプームチャイのお陰で祝福を受けれたというのでビックリしました。私は何もしていません。金明大氏と直接話をしたこともないのです。ただ双方の当事者をよく知っていただけです。

3万双の時、お父様は、先生はみんなの親に申し訳ないんだね。メンバーの親であれば無条件に祝福する。連れて来なさい。と言われた時です。6500双の立派な信仰が摂理を妨げたのです。今となっては、どちらが正しいかわかりませんが。

韓日人教会に行った兄弟に対する教会の評価は「不信仰」でした。彼は胸を痛めていました。私より7つ程上で、信仰歴も私より長いです。親の介護や年齢のこともあり、車が必要で購入したというのですが、兄弟姉妹の冷たい視線に胸を痛めていました。

何がお父様の願われた正しい信仰姿勢なのでしょうか?

(追記)2015/12/14 12:30
ブログ村は、昔の私の信仰の友も見ていると思うので訂正です。
当時、青年男性の面接が始まったのは、メンバーが祝福式に出発した日の早朝でしたね。
あの時、皆さんの道を開いた人は、必至に祝福を求めて韓日人教会に行った兄弟です。私はただ伝え聞いたことを話したに過ぎません。

祝福

貴方は教会員の心を切りつけて楽しんでいます。わたしは18から教会員です。一度破婚しています。45になってもまだ未婚です。あなたの見解は誰しもわかっています。しかし詳細は理解されていない。アボジは亨進さまを後継指名した際マッチングもするように言われて。
しかし亨進さまは「人の大事な伴侶を決める力はない」と断り、それから写真マッチングがなくなり、各自でさがすか、見合い登録するかになった。わたしはこの年になり、孤独死は避けられない。米本さんは私のような教会員を傷つけているだけだ。

私は、元6500双です。いわゆる、巡回シさんの面接で、ホンネを言いました。「迷っている。メシアというのは、まだ、アリだと思う。でも、その長男が、ただのチョーセン人にしか見えない」とか、いろいろ言いました。で、「そんなこと、言ってるようじゃトーテイだめね。今回は祝福の候補からハズします」とのことでした。
 まあ、祝福は凄いものだ、どんな相手とでも感謝して受ける。黒人で100キロあるような人でも、歯を磨いたことのない中国人とでも、60歳の老婆でも、感謝して受ける、という講和が何回かありました。そういう意味では、教育が行き届いていました。1986年から1987年のことです。
 ところが、突然「決まりました。祝福。おめでとう」です。なんでも、6000双(いわゆる1600双)で、相手が離れた女性の相手をなんとかしろということで、突然決まりました、というのです。
 で、なんちなく祝福を受けてしまったのです。

 いま、思うと、そのころから、ご都合主義の萌芽はあったのかなぁ、と思います。

籐のたった御花畑依存脳は天宙泥舟戦艦韓の仲間達と一緒に沈む道以外幸せの道はないのだと思う。

統一教会で祝福結婚して奥さんの借金を払わされ、その上奥さんに逃げられ離婚させられ賠償金払わされた男性を知っています。

何回も統一教会のお見合いやっています。何であんなに統一教会の再祝福に熱心なのか???

統一教会見合いの度にお金取られています。お見合いで入籍したら何十万円と言うお金教会から取られている様です。しかし、直ぐ離婚。再た相手を探している。

50も過ぎたオッサンが祝福斡旋オバサン教会員から熱心に説得され引きずり回されている姿を教会で見ました。本人もそれを喜んでいるところが、リボンを付けたオッサン小学生の様な統一教会員らしくてとても気色悪かった。

旧・統一教会の幹部を脅迫の疑い、米国籍の信者の男を逮捕

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2658176.html
 世界平和統一家庭連合=旧・統一教会の幹部の男性に包丁や切断されたおもちゃの指を送りつけたとして、アメリカ国籍の信者の男が警視庁に逮捕されました。

 脅迫の疑いで逮捕されたのは、東京・武蔵野市の会社役員でアメリカ国籍のシンチョン・ヴィクタ・リ容疑者(39)です。

 リ容疑者は今年7月、韓国に住む旧・統一教会の幹部の男性(56)に対し、都内の郵便局から国際スピード郵便で包丁や切断された指のおもちゃを送りつけた疑いが持たれています。リ容疑者は旧・統一教会の信者で、取り調べに対し容疑を認めたうえで「主要幹部の運営に不服があった」「権力を持っていることへの羨ましさと怒りがあった」と供述しているということです。(14日11:23)

実際そんな感じでした

>そもそも日本の献身者の信仰を云々している方が多いのに、さも献身していれば信仰者、そうでない方は非

私は青年部にいましたが、実際、そんな感じでした。でも、青年部でも毎日早朝定時、原理講論を読んでるシックもいました。献金目的の献身者にはもう関わりたくないという感じでした。思い返せば、献金ほしい時だけ連絡あり、献金したら後は知らんふり、カードを契約させ使いまわす、嘘を正当化する、金のある者を探すハイエナ集団が献身シックというイメージです。
もちろん、そうでない人もいますが、教会から去っていきます。

青年部には、献身しなかった人・できなかった人、献身したけどついていけなかった人、中には酒飲んでる人(でも韓国人教会長も飲んでいた)他いろいろでしたが、個性のあるほんとに実にいい連中が多かったです。でも、多くの献身者から見下げられバカにされ、借入部隊的な感じでした。

当時、元CAのチャーチマザーがいましたが、青年部を完全にバカにしており、顔は笑顔、心は最低の女でした。(気があわない支部長の悪口を言う為に、わざわざ陰で集会をもったりして)まさに、非人間的女献身シックの代表でしたね。
昔から献身者以外は本当のシックではないという感じで、彼らの口癖は「地獄に落ちる」でした。この時点でアウトです。

祝福は念頭になかった(献身しなかった)んですが、参加者が足りないからと押されて、私もギリギリで3万双に参加することになった人間です。相手の関係で6500になりました。

3万双の時はいろいろ見ました。祝福相手の男性が会場に来なかった女性シック、献身者どうしの組み合わせで女性に完全無視されてた男性献身者、韓国のあるホテルで集団食中毒が発生して多くの祝福式参加シックが入院したり(この件は教会が口止め)、祝福後、相手女性が拉致監禁された男性(結局、女性とは音信不通)、海外の人と祝福を受けたが合わず破棄したシック、全額献金も1週間断食もせず祝福を受けたシック(ずいぶん後でしたらしい)、祝福受けたけど、男性側が家庭をもつ勇気がなく結局、女性(献身者)側から破棄された青年部男性。

祝福面談の時、祝福受けたらたくさん献金しなければならないと言われましたが(実際そうなった)、結局、これが目的だったんでしょう。

Re: 旧・統一教会の幹部を脅迫の疑い、米国籍の信者の男を逮捕

 yokoさん、情報ありがとうございました。

 記事にしました。とても感謝です。

Re: 祝福

>45になってもまだ未婚です。
>わたしはこの年になり、孤独死は避けられない。

 何度も読み返したけど、結局のところ、この若造が何をグチグチ言っているんだ-という気持ちなりましたとさ。

 依存する生き方を改めなよ。
 まだ45歳。いい女をナンパしなよ。その女と一緒に暮らしなよ。
 まだ45歳。グチグチ言う勿れ。みっともない。

 小生、君より世代は100回りは上だけど、毎日の日課は「お嬢さん、お茶を飲みに行きませんか」(田村正和風)という「声かけ運動」だぜ。
 しっかりしなよ。自立しなよ。自分の人生は自分で切り開けよ。

米本さん
私は女です。
勝手に男と決めつけ
勝手なこと言っているのでは
未熟者めが。

naitoさんって

もしかして、私の知ってるnaitoさんですか?
多分違うと思います。私の知ってるnaitoさんはサッパリしている人で、こんなグチグチしたこと言いませんでしたから。

でも、なんか気になるのですよね。
年齢も多分その位ですし。

霊の親にきちんとフォローしてもらってくださいね。

米本さんは、他人からカンパを要求して出版しているサイテーな人です。自力でやるべきです。そしてなにもわからない青二才。
仮面をはずし正々堂々とやりなさい。
koyomiさんが東京千葉のかたなら、たぶん私と面識あるでしょう。
霊の親は1年で辞めました。

naitoさん、不幸中の幸かも?幸せになってね!

>米本さんは、他人からカンパを要求して出版しているサイテーな人です。自力でやるべきです。そしてなにもわからない青二才。 仮面をはずし正々堂々とやりなさい<

米本さんは本来日本統一教会本部から高給を貰っても当然な位日本統一教会員の為に心血を注いで貢献をされている方だと思います。

金にもならない朝鮮弱小衰退崩壊間近の鷺カルト教の信者の為に人道的観点で貢献されて来て、カンパ位当たり前でしょう!

米さんは著名な文筆家ですよ。出身大学のWikipediaにも著名文筆家で記載されています。青二才は見当違いです。自分の顔も名前も所在も全ての明かして堂々とされてます。日本統一教会員の恩人だと思いますよ。

naitoさん、統一教会のマッチング祝福とやらを受けなくて良かったかもよ!

自分の内外の美の個性を磨いて男達から誘惑される様に自分の魅力を磨いた方がよっぽど社会貢献になると思います。

愛のない組織は発展しない

>金のある者を探すハイエナ集団が献身シックというイメージです。
もちろん、そうでない人もいますが、教会から去っていきます

いくつかの教会で青年部も担当していましたが、遺憾ながら青年に対する偏見、愛のなさは悲しいものがありました。
献金もそうですが、輩出のノルマがあるからでしょうが、今更ながら人の気持ちを判ろうとしない人が集まっても天国ができる訳はないですね。

献身者=信仰者でないことは、例えれば①会社で正社員よりもバイト、パート或いは非正規労働者のほうが、愛社精神や仕事に真剣に取り組む方がいる②管理職よりも、そうでない人のほうが真面目でロイヤリティがある③籍に入っていない方がLOVE2・・といったところでしょうか。

献金返還要請

意味不明のコメントで、申し訳ありませんでした。

献金返還要請の事でした。

昨日、久留米教会に送りました。

献金返還要請

意味不明なコメントで、すみませんでした。

献金返還要請をどうようにしたら良いのか、教えて頂けたらと思い、肝心な事を書いていなく、すみませんでした。

昨日、久留米教会に詳細を書いて送りました。

血統転換くそ喰らえ、血統転換ありえない

>夫・文鮮明の「マッチング結婚=血統転換)なんて、くそ喰らえ!

今回の記事の中の一文。座布団10枚。
祝福結婚というものにたいして、神の血統をとるか、サタンの血統をとるかと、脅迫しているようなもの。なので、選択肢がない。サタンの血統でけっこうですという信者はいない。
既に、原理を学習し始めたときから、サタンが登場して、信者の頭の中から離れないように洗脳してある。血統転換=神同然の文教祖の血統につながる?=信者は全員、「文太郎」とか「文花子」に変わるのか。神の血統=血が清まり、病気もせず、心身完全になり、完全な性格に変ったのか。今でも非人間的な信者がうようよしていると思うし、病的な信者も多く、長生きでもなく、ストレスや病気で亡くなる人も多いと聞く。

今更ですが

かなり遅まきながらコメントします。

信仰があって祝福を希望していながら、相手がいないから受けられないというのは、すさまじい生殺し状態ですね。
「相手が見つからないからあなたは祝福を受けられません。でも、祝福受けなかったら天国に行けません。」なんて言われたら、私なら気が狂ってしまうかもしれません。
ホントにひどい団体だな。

赤い糸OKというのも問題と思いますが、そもそも教会側は、“還暦になってもマッチングが成就することはあり得ない”女性教会員の結婚相手を見つけてきてあげたいと思わないのでしょうか?
「祝福を受けませんか?」って言って、その女性たちを伝道してきたのでしょうに。

しかし、総会長や会長が、「みんなで男性伝道に取り組んで、相対者を見つけてあげましょう!今年の全国目標は、○人です!」なんて呼びかけているという話は聞いたことがありません。

全国で1年に10人の独身男性が伝道されれば10人祝福を受けられるし、20人伝道されれば20人祝福を受けられるのに。

総会長も会長も、後手後手の対策をするくらいにしか、この問題に関心がないんだろうなと思いました。

…そりゃぁないよ徳野さん。

Re:今更ですが

>arrow's squareさん、


>信仰があって祝福を希望していながら、相手がいないから受けられないというのは、すさまじい生殺し状態ですね。
>「相手が見つからないからあなたは祝福を受けられません。でも、祝福受けなかったら天国に行けません。」なんて言われたら、私なら気が狂ってしまうかもしれません。
>ホントにひどい団体だな。


>全国で1年に10人の独身男性が伝道されれば10人祝福を受けられるし、20人伝道されれば20人祝福を受けられるのに。


>総会長も会長も、後手後手の対策をするくらいにしか、この問題に関心がないんだろうなと思いました。


全く同感です。
本当にひどい団体だと思います。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/645-12fcd924