韓鶴子が清平を完全に掌握! 

鶴の絶対化路線(12)

清平に20年間君臨してきた金持ちイタコを鶴が完全追放
tumblr_nuzyq6X1jX1qcq878o1_500.jpg


 アメリカのムーンサイトに載った「大母ニム、公式に追放される!」を紹介する。記事は写真の説明(公文)。訳者は暗在さん。URLはhttp://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/post/129525054608/dae-mo-nim-is-officially-ousted-again-but-the

参照番号:CIGSC2015-006
To: 特使、大陸会長、天一国特別大使、国家協会長
cc: 国家メシア
From: 天一国最高委員会
Date: 天暦3年8月2日(2015年9月14日)  
Re: 天一国最高委員会における人事任命

真の父母様は、天暦3年7月24日(2015.09.06)、天一国最高委員会において人事任命を下されました。

1)任命
金孝律:天一国最高委員に任命する。 日付:天暦3年7月24日(2015.09.06)
2)解任
金孝南:天一国最高委員を解任する。 日付:天暦3年7月24日(2015.09.06)

(翻訳ここまで)


 この出来事に関する情報が届きつつある。
 在韓の男性シックの証言である。
「2015年9月20日までの修練会で『テモニム、フンモニム今までお疲れ様でした』とその日、日曜日に最後のお別れがありました。今後はオモニムの主管になるそうです。まだすみずみまで見てないので断言できませんが、清平ホームページから訓母ニムの写真や御言葉が削除されています

 この方はさらにサイトを調べたようで、
「清平ホームページのいろいろなページをクリックしてみた結果ですが、一見したところ、すべて削除されたように見えます。しかし、メインページでは御言葉、写真が見当たりませんが、訓母ニムのビデオが日本語と英語のページではまだ残っていました。韓國語のページでは御言葉、写真、ビデオが全部削除されていました」
 韓国語ページでは削除されているが、日本語ページにまだ残っている「大母様の御言」のURLはhttp://jp.cptc.kr/grace/sermon.asp

 なぜ、徹底しないのか。彼の分析を紹介しておく。
「私が清平の本部にいたら、韓国語は全部削除しても、日本向けのページには残すべきだと主張します。なぜなら清平は日本人食口によってできた日本人食口のための施設であり、それら日本人は大母ニムの役事を信じて献金してきたのですから、大母ニムの痕跡さえも消してしまったら、それら日本人は清平に来なくなると考えます。全部削除という基本方針に沿いながら、信仰的観点ではなく、運営という観点から日本語のビデオは残したんじゃないかと思います」

 在韓の婦人シックが教えてくれた。
「この週末、1泊2日の清平修練会に参加してきましたが、驚いたのは大母ニム、金孝南訓母ニムがこの修練会を最後に、今後、役事をなさらないという発表がオリエンテーションの際にあったことです。『これまで長い間、ご苦労様でした』」ということで、修練生一同で拍手を送りました。
 清平40日修練会や妊婦40日修練会での面接、手紙による相談も今後は受け付けないということです。
 今後、清平はお母様の主管になるということで、私としては、
『では、これからはお母様が直接、先祖解怨??解怨された先祖の絶対善霊たちはどうやって霊界で教育を受けるんだ??』 などと、かなりとまどいましたが…。
 先祖祝福式の場にも、韓国教会会長(=韓国協会長)夫妻のお姿だけがあり、訓母ニムの姿が見られませんでしたね。清平もこれまでとはまったく変わってしまいそうです。いったいなぜ、この時期に突然、こうなってしまったんでしょうか…。
 やはり、ブログ村で騒がれていることが関連しているのか。教会からなんと説明があるのかが待たれます。かなりいろいろ混乱しそうですね」

【アットランダムな若干の解説と感想】

その1・これらの出来事は、これまでの流れをみれば当然予想できたことで、別に驚くことではない。すでに1、2カ月前から清平の主管は金孝南氏から韓鶴子氏に変わっていたのだから。この事実はみんな知っているはず。
 ただ、少々驚いたのは「清平ホームページから訓母ニムの写真や御言葉が削除」という動きである。日本人シック向けに一部を残すにしても、本質的には金孝南(及び金一族)抹殺である。
 なぜそこまで徹底するのか。
 在韓の婦人シックの証言にあるように、ブログ村で騒がれていること、すなわち、
<金孝南が利権を剥奪された腹いせに「清平にはもう天使も善霊先祖もいない」と言っているらしい >
 -が関連しているのかもしれない。

その2・それにしても、金孝南氏は韓鶴子氏の側近中の側近だった。
 文家4男の国進氏と7男の亨進氏が韓鶴子氏に「金孝南を切れ」と迫ったにもかかわらず、切られたのは息子たちのほうだった。
 昨年の7月の韓講話では、清平の横領疑惑について「あれこれ騒いではいけない」と、釘を刺していた。
 それが一転して、金孝南の存在そのものまで抹殺しようとする。まるで韓国の宮廷ドラマ=李氏朝鮮時代=である。時代が違えば、金持ちイタコさんはトリカブトの毒々しい黒い液体を飲まされていたかも、である。半島民族の血は激烈にして苛烈である。

その3・それにしても、平家物語である。2年半前に書いた「清平が裸にされた・・・横領は270億円!」 をじっくり読んでもらいたい。金孝南一家の不正を糾弾した記事だが、このときはまさに絶頂期。それが今や・・・。

その4・天一国最高委員の後釜として金孝律氏を就任させた理由がよくわからない。全羅道グループのドンだとしても、肺癌を患っている。遅発性のようだが、体力の低下はなはだしいという。なぜ、登り竜の金ソクビョンではなかったのか。函の中抜きを問題視されたのか。

その5・韓鶴子氏(真の母)の母親・洪順愛様の霊が金孝南女史に再臨している。そう説明されてきた。それゆえ、シックは「大母様」と呼んできた。また、霊能力者であると喧伝されてきた。それゆえ、シックは悪霊払いをしてもらってきた。20年間の長きにわたって。
 その金孝南氏を追放するという。
 ならば、韓鶴子氏は次のことを説明しなければならない。
 金孝南氏から洪順愛の霊がいつ抜け出したのか。
 金孝南氏はいつから霊能力者でなくなってしまったのか。


その6・8月30日に終わったた93日献金路程で、献金の6~8割は清平献金(おそらく先祖解怨・先祖祝福)だったという。財務的には統一教会(世界家庭連合)ではなく、完全に清平教になっている。
 金孝南追放によって清平はどうなっていくのだろうか。
 あるシニカルな見方をするシックは、
「大母様がいようがいまいが、清平詣でするシックには関係ないと思う。役事をしてもらえればいいのだから」
 確かに、清平依存症シックにとってはそうかもしれない。
 しかしながら、大母ファンとていなくはないだろう。そうなれば、清平の相対的地位は下がり、統一教会の財務は弱くなっていく・・・。
(記事中、一部敬称を略しました)

さん、苛烈だねと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
「みんなが連休で休んでいるのに頑張ったね」と思われた方は盛大な拍手を!
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そういえば、掛け軸捨ててなかった

そういえば、日本での祝勝会の時にもらった金孝南が書いた「天国掛け軸」をまだ捨ててなかった。書いてることとおばさんがやってることが完全に真逆の掛け軸でした。よく書けたもんだ!でも、統一幹部たちも言行不一致は同じですね。ちなみに、この時だったと思うんだけど、「これは大変貴重なものです」と言われて配られたものが、文教祖が鼻をかんだ時に使ったティッシュをラミネートしたものでした。嘘みたいな話ですがほんとです。いくら何でも鼻紙はないだろう?日本人信徒は鼻紙与えて喜ぶ信者程度しか思われてないんです。当然、金孝南もそう思ってたはずです。どれくらいいるのかな?鼻紙を貴重視する信徒たち?
もちろん、とっくに捨てました。配るなよこんなの!

清平ねー

私も在韓某メーリングリストで清平に行ってきたひとの報告みました。
清平は、フンモニムあってのとこだったのに本当になんだったのかとおもわざるえない事ですね。
一体、これからどうやってあそこを運営してくのやら。
最初は、真剣に通ってたのに私達って本当に騙されてたんでしょうかね。
この前も韓国人の教会止めた友達と話してたんですが彼女は、15年以上前かな真剣にあそこで献身生活しに行こうと思っていたら、フンモニムの近い関係にある人にとめられたそうです。
清平は、不正があまりにもおおい所だから、あんたのような真面目な人がいれるところじゃないと言われて、結局 行かなかったそうです。
これは、聞いたままの本当の話です。
宗教ビジネスですか?
そこに今も純粋に信じて献金をささげ使命感をもってる人たちをたくさん知ってます。
知らない事は、ある意味幸せなんでしょうか?

先祖解怨献金はエンドレス

>ただし、少々驚いたのは「清平ホームページから訓母ニムの写真や御言葉が削除」という動きである。要するに統一史から抹殺するということだ。


 米本さんは金孝南氏の失脚を鶴・教会内の「権力の変化」と「献金と腐敗」の2つの観点から見ておられるようですが、その観点から金孝南氏を捉えるならば、確かに彼女は統一教会史の1ページを飾ったのかもしれません。
 仮に最多の信者数を抱える日本を中心として見た場合には その影響力は文先生、韓鶴子氏に次ぐと言ってもよいぐらいで、「真の子女様」を超えるほどのカリスマ性を発揮していたようにも思えます。
 そのような影響力を持つようになった要因は、一つには文先生が韓鶴子氏の母親である故洪順愛様の霊が再臨していると認め、「神の摂理」において特別な使命を担っているような語り方をした為であり、信者達はそれをそのまま信じるようになりますから、信仰の対象とも言えるほどに崇められるようになったのです。

 さらに、金孝南氏は日本に以前あった天地正教をよく研究した経歴があり(‘ちゃぬの裏韓国日記’の過去記事よりhttp://ameblo.jp/chanu1/entry-12023261335.html)、日本人の先祖供養習慣を利用する集金方法を作り出し、それが思い通りに成功したため、巨額の集金力を持つようになったのです。
 そして、その集金力によって資産家となり、財産を蓄えるまでになったのですが、それが教会内での権力をますます強めるように作用したと思われます。
 ‘火の粉を払え’の以前の記事では韓鶴子氏が「御子女様」達とよりも、金孝南氏との結びつきの方が強い様子が書かれていましたが、それは金孝南氏の集金力と無関係ではないと思います。
 その金孝南氏が失脚したということは、やはり横領疑惑に関する裁判の見通しが暗くなったせいであり、流石に犯罪者として非難される者に権威を持たせ続けることはできないので‘粛清’の対象になったのだと思います。
 金孝南氏が教会組織内で実力を持つようになったのは先祖解怨役事による集金方法を成功させ、日本人信者からたくさん集金できる力を示したからでしょうが、結局 その詐欺行為に限りなく近い方法を成功させて権威を得はしたが、家族揃ってビジネスに野望を抱き、それがうまく行かずに不正に手を染める結果となり、お金に絡む悪事を働いて躓き、全てを失うことになったのです。
 つまりお金の力で成り上がって、お金の罪で失脚したということになるのです。
 その顛末から俗物宗教家は宗教でお金儲けをすることなど邪道だと悟るべきなのです。

 ただ、裁判問題さえなかったら金孝南氏は失脚しなかった可能性が高いのは確かです。 
 その清平で行っている先祖解怨役事などは‘原理’に照らし合わせればデタラメもいいとこなのですが、韓鶴子氏にとっては利用価値が高いし、「独生女」説話と矛盾するわけではないので、横領問題さえ起こさなければ権力の中に留まることはできたと思います。

 しかし、純粋に‘統一教会’における宗教運動の歴史として金孝南氏の先祖解怨役事を評価した場合には、亜流の活動で全く無意味な宗教行事だったと言えます。
 ただ日本に古くから習慣としてある先祖供養を韓国式にスタイルを変えて派手に行っていただけなのであり、さらに話を大きくして「絶対善霊」などと‘原理’とチグハグな言葉まで作り出し、信者の‘統一原理’に対する理解に混乱を引き起こすような弊害まで生み出していたのです。
 宗教的内容においては統一教会のキリスト教的信仰の良い面を壊しこそすれ、進歩など微塵ももたらしませんでした。

 しかし、さらに驚くべきは韓鶴子氏であると言えるでしょう。
 日本教会の幾らか正統派キリスト教に近い信仰を持っている‘統一教会’信者達は 金孝南氏が失脚したと聞くと、ついに‘非原理的’なインチキ解怨役事が裁かれたのだと思いがちですが、失脚したのは横領行為が裁判沙汰になって、教会本体に悪影響を及ぼす恐れがあったからであって、先祖解怨役事の集金方式は「永遠に不滅」だったのです。
 そして、そのお金の儲かる先祖解怨役事は主催者など適当に変えて韓鶴子氏が継続して行くのです。
 韓鶴子氏の人事の動機にも金銭の損得がいつも頭にあるのは間違いないと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大いなるバビロン、終焉の時近し

金孝南氏の解任は韓オモニにとっては、何としてでも避けたかったことでしょう。
オモニにとって彼女は①真の父の聖和に関する秘密を知っている ②独生女理論構築において必要な存在 ③真の家庭の内紛に深く関わっているなどあまりに深く、様々なことを知りすぎているため、野に放つには危険な存在であるからです。が、神々の黄昏さんが指摘されたように、清平裁判の見通しが暗くなってきており、保身のためのトカゲのシッポ切りを実行されたのでしょう。しかし、切られた側の金孝南氏が例えば今後身柄を拘束され、様々な取調べを受ける中で、韓オモニに捜査の手が伸びるような証言を行うかもしれません。そうなれば、韓オモニも心が休まることもないでしょうし、捜査内容によっては、悪に手を染めた幹部たちが一網打尽にされ、清平ビジネス終焉の可能性も否定できません。同時に、それは家庭連合の財政破綻を意味します。私たちが、今、そしてこれから目撃することは、ヨハネ黙示録に預言された、大いなるバビロンの大淫婦の裁きであったことが、明らかにされてくると思うのです。神の裁きは正しく、その惨状を無念なる心情で見つめておられる、真の父に立ち返る機会が最後の最後に与えられることを願うのです。

真の父?誰のこと?

もしかして、
バビロンの大淫婦と深い関わりのある
大、大、、、、大淫夫を、
真の父と言うつもりですか。
どっちもどっちなのに。

強いて厳密にすれば、大淫夫のほうが悪の根源で、バビロンの淫婦たちはその犠牲者でしょう。

やっぱり2年で崩壊か!

目標達成率が8月までほぼ100%あったわけで、いつ崩壊してくれると思っていたが、来るときが来た、とゆう思いですね、犠牲者をこれ以上出したくはないが、我々の発言だけではどうにも馬の耳に念仏状態であったがもう潮時なのですね、神山氏が全国に訴え始めてちょうど1年、我々は幸いにも先にめざめさせていただきました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

悪は滅びる

 私は清和の役事で金孝南から「日本人のアトピーは従軍慰安婦の霊がついている」「日本人は雑種民族で韓国人の乞食よりも霊的位置が低い」と語られたときから清平に行くのを止めた。日本人の罪悪意識を募らせて献金させようとの意図が感じられたからである。
 また韓国人が選ばれた特別な民族であると韓鶴子氏も頻繁に語られている。日本人を言いなりに従わされていることへの韓国人指導者の優越感に浸っている姿に嫌悪韓さえ覚える。その象徴が金孝南であった。
 日本人は韓国人を36年間苦しめたから蕩減を払わなければならないという、韓鶴子氏のメッセージは歴史的無知によるものである。
日本は歴史認識を改めなければならないとのメッセージは韓鶴子氏の無教養さを露見させたものである。日本人は朝鮮人をまともな、人並みの人間にしようとしたのが日韓併合であった。
 悪は必ず滅びる。それは天法である。金孝南は、それを証明した。次に滅ぼされるのは・・・・?

イタコは大母の霊あってのイタコと知るべし。

訓母はもともと大母あっての訓母だったのだ。訓母という称号を与えられてから、天狗になっていたのではないか。何が一番基本化ということをいつも考えていないと、人はいつしか道を過つ。常に,原点に返ることを心掛けねばならない。韓女史は、真の母という称号を身にまとうには、真の父の前提があっての真の母ということを忘れてはならなかった。同様に、訓母は、大母あっての訓母なのだ。訓母も、条件が実ったので、単体として訓母という称号が与えられたのかもしれない。が、前提が狂ってしまったら、元に戻らなければならない。戻ることができなければ、それでおしまい。大母という前提を失った訓母は、訓母の称号を返上しなければならないのだ。自分で返上できなければ、取り上げられるしかないのだ。ブラックフンジンもそうだった。フンジンが入っていた時のブラックフンジンは、あの清平イタコと同じで、フンジンそのものといっていいかもしれない。しかし、フンジンが去った後のかれは、ただのニグロだ。前提が大事なのだ。

大体、韓女史の母の大母が、こんなに霊界が荒れていては、真の父母も大変だろうと、文氏と娘の韓女史を助けるために始めたのが清平摂理なのだ。訓母が付け入り始めた時、そんなことを韓女史の母が願うはずがない。訓母の大前提は、韓女史の母である大母なのだ。イタコが、自分に能力を与えた霊から離反したらその結末はどうなるか、ほんの一、二秒考えただけでも、中学生でもできる推測だ。

それに、私は霊界のことはわからないが、知り合いによると文氏が霊界を整理しているらしい。だから、韓女史の母たる大母と文氏が協力して霊界を整理するなら、またそこにフンジンも加わり、ヒョウジン、ヒジン、その他他界した直系の子供も加わって霊界を指導するなら、またその文氏のもとに韓女史が立ち返るなら、イタコについていた善霊はすべて寝返るであろう。

その時、韓女史が心しなければならないのは、悪魔集団の策に乗らないことだ。もう少し自分で統一原理を勉強しなさい。私は統一原理が真理であるなどとは思っていないが、統一原理が真理であると信奉している集団の棟梁であろうとするなら、もっと勉強して、悪魔軍団の誤導を見破らないとね。

金孝南は、ハーメルンの笛を吹く悪鬼魔女

ローシャさんの
金孝南が「日本人は雑種民族で韓国人の乞食よりも霊的位置が低い」とか言ってたなんて、知らなかった。読んだ瞬間、何だコイツ!怒りがこみ上げた。
ねこばば人間のくせに。多少霊能力があったとしても、金欲まみれで心体不一致の人間が、力を維持できるはずがない!ハーメルンの笛を吹く悪鬼魔女め。
統一の韓国人は、心の中では”韓国はサタンも忌み嫌うどうしようもない国、民族である”と思っていると、思ってた。
というのは、昔、ある韓国人教会長(鄭仁永)がそう言ってたからだ。そういう国だからこそ、神は韓国にメシアを誕生させたと。サタンもこんな最低な国にメシアが誕生するとは思ってなかったはずだと。

「日本は歴史認識を改めなければならないとのメッセージは韓鶴子氏の無教養さを露見させたものである。日本人は朝鮮人をまともな、人並みの人間にしようとしたのが日韓併合であった。」
→ まったくその通りと思います。

韓民族に対する見方

これから書くことは、いろいろ明らかになったから書いているように思われるかもしれませんが…

先生はエバ国家について、キリスト教(イギリス)が失敗したのでサタンの尾っぽの日本を拾ってきた、というような話をさんざんされていました。それをそのままアダム国家に当てはめれば、ユダヤ教(イスラエル)が失敗したのでサタンの尾っぽの韓国を拾ってきたとなるのではないですか。
私は昔からそういう原理観でした(周りには言いませんでしたけど)。

原理観から言えば、一度失敗したのだから最低の民族からメシアが生まれるのではないでしょうか。もちろん、全く何も無しでは摂理を成就できませんから、そんな中でも孝の精神や霊性など摂理成就のために必要なものは育まれてきたのだろうと思います。その他人間性みたいなところは、素晴らしい個人もおられますが、民族としては最低レベル。

ではなぜ先生は韓国を誇ったかというと、きっと神様を悲しませたくなかったと推察します。そこにメシアを送らなければならなかった悲しい事情の神様を慰め力づけるためです。こんな素晴らしい誇らしい民族に生まれて感謝です、と神様を勇気づけられたのでしょう。

かつて金日成に対して、彼を世界中を見せてあげたいとも言われていました。その本意は、きっと世界を見せることによって自らの罪を悟らせることにあった理解しています。同じように、韓国人食口が世界に出て自分たちの足らない部分を悟って、真に主の民になることを願われていたと思います。しかし、そうはなれなかったところに現在の混乱の一因があるのではと思う次第です。

re.韓民族に対する見方

幸さん、ありがとうございました。

なかなか公式通りにはいかないですね

そういえば、早く復帰された人は蕩減が重い人だと聞いたことがあります。本来準備された優秀な人が失敗したのだから、取るに足らない者が復帰されるようになると。イエス様の時も準備されたユダヤ教が背信することにより、取るに足らない無学な漁師、収税人、病人、娼婦が先に導かれたと。考えてみれば、お父様はそのようなレベルの弟子達と前人未到のワシントン大会に勝利され、輝かしい歴史を刻まれました。しかし、現代の無学な漁師、収税人、病人、娼婦である弟子達は本質的には生まれ変わることができなかったようです。聖和後には、それを証明するがごとく、その破廉恥な醜態は日ごとに悪化し、まさかの方がまさかの独生女宣言。復帰の道はとことん険しいと感じます。

江戸城を開場します?

金孝南失脚、金孝律復権?ピーターキムと言えば、長い間文家の執事を務めた人間。金ソクビョンではなく、ピーターキムを復権させたということは、韓女史が元のさやの真の母に戻るということの強烈な印象付けなのかも。先のことはわからないので、赤表紙の天聖経を引っ込めて黒拍子の天聖経を天一国経典に据えるのか、見てみないと分からない。がここで政権を転覆しようとした巫女を追放し、その一派を一掃したということは、内外に何かの印象付けをしようとしたと考えられなくもない。

日本で、江戸幕府を追い落とそうとする攘夷派に対して、対抗措置として大政奉還を行った幕府側、江戸城に迫りくる薩長軍に、江戸城開城の奇策をもって対抗した幕府側、という史実に重なって見えなくもない。

かなりの勢いを持って伸びていく亨進派に対して取りうる対抗措置は、文氏重視路線を強く打ち出すしかない。それで清平イタコの首をはねたか?その後釜にピーターキムを持ってきたのか?なんとなくにおわないでもない。亨進よ、國進よ、はたまた顕進よ、もう一度帰って来い。母は目が覚めたぞ、との意思表示かも。母は何時でも城門を開いて待っていると。

2日修参加しましたが・・・

失礼いたします。
私、9月19日からの清平2日修練会に参加していましたが、オリエンテーションで「今後大母様が役事をなさらない」という発言は聞いていないのですが。
話し中眠っていた覚えもありません。
単純な聞き逃しか、通訳の方のミスでしょうか?

Re: 2日修参加しましたが・・・

>オリエンテーションで「今後大母様が役事をなさらない」という発言は聞いていないのですが。

 そうです。そんな発言はなかったようです。ただ、「これまで長い間、ご苦労様でした」と。

 これは、もう役事の仕事は頼まないという意味です。

 火の粉の記事と同じことがサン教会サイトでも流されています。

●訓母님(テモニム)清平を去る。「金孝南、天一国最高委員を解任する。」 
http://h2fanclub.blogspot.jp/2015/09/blog-post_28.html

 韓鶴子さんがテモニムを切ったという事実を広く知ってもらうために、記事の更新を少し延ばすことにします。

ありがとうございます

正しい情報ありがとうございました。
しかし、大母様を切ったわけでなく、これまでは真の父母様の代行で役事されていましたが、今は文先生が霊界にいかれたので、あるべき方に権限を正しく戻されたという事だと思います。
実際祝福の権限は真の父母と、父母様に権限を委譲されたものだけですから。
「切る」なんてドライな内容ではきっとありません。家族の絆はそんな単純なものではないですし。
それに大母様が、真似出来ないようなご苦労をこれまでされてきたことは事実です。役事なさらないにしても、そのご苦労に慰労と感謝を述べるのは、取り立てておかしなこととは思いませんが。

キタ・ヤマトさん、大丈夫か。

>「切る」なんてドライな内容ではきっとありません。家族の絆はそんな単純なものではないですし。


 おいらもそうだと思うよ。フーテンの寅さん的な家族が好きだから、よけいにそう思う。

 だけど、たくさんの家族が切られてきたよ。こんなに家族を切る宗教団体は寡聞にして知らず、ですね。例えば

文顯進さん
郭錠煥さん
文国進さん
文亨進さん
神山威さん
江利川さん


 この人たちは有名どころ、まだまだたくさんの人(シック)が切られていますよ。真摯に冷静冷徹に考えてみられたらどうでしょうか。

ある姉妹はとても清平通いが好きで、
其れを命のように大切に思い、大母様は自分のお姑様のように慕っていました。今更ながら、たびたび彼女から聞かされてた事を思い出しました。
『大母様は「お母様は原理が解っておられない」と言っておられましたよ。」
「公文も最近はオカシイから全てを信じちゃいけない」などと、清平から帰ってきて、勢い良く話していたことを思い出しました。ここ1~2年の間に私達の知らない勢力争いがあったようです。
大母ではなく訓母と言う名前を付けられたのはお父さまです。丁度その時の修練会に参加していました。
お父さまが「訓母」と称号を与えられたのも意味が在ったと考えます。
しかし、其れまでの慣例通り「大母様」と言われ続けられました。在る意味教祖様のようでしたね。非常に違和感を感じるようになりました。
1996年2月第2回目の公式的な修練会に参加しましたが其の時に語られた言葉は忘れられません。「この修練所は日本人が監獄を味合うような、どうすればそんな場所に出来るかを考えて作りました」その様に説明がありました。
その時は「そんなに日本の罪が大きいのか」と考えましたが、いま、冷静に考えてみるとおかしな思考だと思っています。

ザ・韓国人であることをお忘れなく

お金持ちイタコ様についての皆さまのコメント読んでたら、ワタクシ頭が変になってきそうです。
お金持ちイタコ様こと大母様が「お母様は原理が解っておられない」と言ったんですって!
おまけに、「公文も最近はオカシイから全てを信じちゃいけない」ともおっしゃられたようですが。

でも、でもですよ、
大母様が清平で ずう~となさってきた先祖の霊界祝福って、原理と違うんではないんでしょうか。
祝福って、ただの結婚とは違うと教わったし、血統転換のはずじゃなかったんでしょうか?
それは肉的救いのはずじゃなかったかと‥

なんで、なんで霊界の霊人体が肉的救いの祝福を受けるんですか?
原理を解っておられるはずの大母様が、あまりにも、あまりにもオカシイことをおっしゃられているんではないんでしょうか?

でも、お母様のことも、大母様のこともひとつだけ分かりやすいストーリーで解明できます。
そ・れ・は みんな、みんな間違っていると分かっててウソついていたということで~す。
献金を捧げさせるためなら、嘘でもなんでもつくんではないんでしょうか?
だって、この方たちはザ・韓国人なんですよ。
  • [2015/09/24 22:20]
  • URL |
  • いつも米本ファン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

言葉を吟味しよう

>「この修練所は日本人が監獄を味合うような、どうすればそんな場所に出来るかを考えて作りました」 sasaさんからの金イタコ淺知恵愚言。

そう言っておけば、環境への不満を未然に回避することができると考えてのことですが、韓国の信徒も
「こんなひどい所は初めてだ。二度と行かない」
と言っていたのを思い出しました。笑

下手な知恵がある分、後で辻褄合わせができなくなるパターンは、これだけではありません。

妊婦さんの40修なんて、妊婦の生活に悪いことばかりの非常識極まりない修練会。
草ばかりの食事で栄養状態がよくないと進言すると、妊婦に栄養ドリンクを与える。お風呂は3日に1回。妊婦以外は1週間に1回だからと感謝させて。具合が悪いと訴えると、すぐ清心病院に運ばれて治療費と薬代を請求され、そこで産むように説得される。修練会費と生活費、オプションの医療費、朝昼晩の訓読本の押し売りなど、全てぼったくり。身重の弱者に付け入る鬼です。

夏場の修練会には詰め込めるだけ詰めて、寝るところがなかったので、車の中で寝たという人もいました。自分はなんて悲惨なのかと思っていたら、朝起きて見ると、車の下に潜って寝ている人がいて、もっとショックだった、なんてエピソードもあります。

私も清平には足繁く通いましたが、当時からイタコの話は軽すぎると思っていました。それから女性連合のバリバリ張り切りおばさんたちも。

ちょっと話に詰まると「信じますか」を連発するでしょう。「ミッスムニカ、ミッスムニカ」って、バカの一つ覚えみたいに。
かえって信じがたくなるのは、私がひねくれているからなの?と、自省しても虚しきかな。日本語には、その部分を敢えて訳していないようですね。あまりにもくだらなくて。

大母と称される洪順愛さんとは違い過ぎるから、訓母の称号を与えたと思いますが、訓母という称号にも似つかわしくない。このイタコによって漢字の語感が狂いそうです。固有名詞のようで固有ではない造語ですから、解任だけでは済まされません。語感まで狂わせた責任をとるべきです。真の○○も含めて。「真」「父母」「愛」などは固有名詞たり得ない語彙ですから、語感を損なうような使い方には気をつけてほしいものです。実態に「真」がないのに、なぜ「真」を使うのか。人名、地名でもないのに。それに実態は「偽」のほうが相応しいのに、未だに「真」を使うのは厚かましいでしょう。
「天地人○○」も大仰なって感じがしませんか。聞くほうも恥ずかしくなる。側近たちがヨイショするために使い始めたような造語。

どうせなら既存の言葉を使わないで、エスペラントのような新しい言語を構築して教会言語を作るか、既存の言語を使うのなら、言葉を選別して正しく使ってほしいものです。言葉に対しても詐欺泥棒です。

金孝律って

鮮明氏がダンベリーに収監されていた時に鶴子さんと不倫をした相手ですよね。其の事で本体論が作られた訳だから、鶴子さんとしては恥ずかしいので鮮明氏が亡くなったら早速に中止にした訳だよね。
鶴子さん、やっぱり金愛人が好きなんで用いるのでしょうね。金氏はソウルにビルを所有しているのにおとがめなしだしね。この世よりぐちゃぐちゃ。最悪組織。青春を返して・・・・・。

Re: 金孝律って

>鮮明氏がダンベリーに収監されていた時に鶴子さんと不倫をした相手ですよね。

 他のブログでもそのように書いているブロガーがいますが、根拠はあるのでしょうか。

>金氏はソウルにビルを所有している

 どんなビル(規模)か御存知だったら、教えてください。

記事の訂正

 金孝南女史が清平から追放-と書きましたが、「(清平内)修練苑の祈祷室にて、祈祷と精誠のみ尽くして行かれる立場」
となったそうです。
 秀さんが公文を紹介しています。
●「やっぱり、清平の先祖解怨は直接主管になった!」
http://hydenoshikou.kakuren-bo.com/Entry/157/

 秀さんによれば、追放ではなく「幽閉」。
 タイトルの「韓鶴子が清平を完全に掌握!」を修正する必要はなさそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

9/27礼拝説教 一部抜粋

清平は直接主管へ 《本部見解解説》

家庭連合の見解 《抜粋礼拝説教より》

真のお母様はこの1年は移行期間、テモニムに対して御言葉の指示がありました。
祈祷室で祈祷に専念するように、これはテモニムによる再臨役事が終わったということです。

本来テモニムは興進・テモニムの役事として始まりましたが、興進様が霊界にいかれるときは、お父様が霊界に行かれるまでの間、真のお父様の権限でもって興進様が解恩の代理人、テモニム《金律南)はお母様の聖霊役事の代理人でした。
1995年~1999年が先祖解恩がなされて・・・
+*-/.¥@*+(意味不明)
興進様はお父様の身代わりとしてお父様が霊界に行かれたら興進様お父様の権限・使命は終わる。
『2010年に終わる』との意味はテモニムの使命が終わるとゆう意味です。

清平におけるさまざまな問題・改革が終わったことによって、興進様の霊界における権限がお父様に変わる。
清平の改革が終わったことによってお母様に変わられました。

30年を通じてお母様の宣言によって 解恩は変わることはありません
将来はかかわらなくても今後霊界ではお父様、地上界ではお母様が解恩されていくということです。

公文が流れていく前に反対派のブログに公開されていました。
テモニムは清平から追放されたとか、そんなことはありません。
紀元節を過ぎてからお母様はこの期間計画してこられました。《抜粋終了》

【感想】
繰り返しの言葉が多々ありましたが不自然な発言はブログを読んでいることによる発言の迷いがあるように思います
何をどう改革したのかブログを読んでる教会長自身何も説明されていません、いや改革なんてまったくなされていませんよね!!

清平、大母様のみことばの時間は、お母様の映像

先週、清平に行った友人の話し。訓母様は来られず、みことばの時間は、お母様-メシアママの映像だったそうです。清平まで行って、納豆信仰の話しを聞くとは。(絶対服従--責任を果たさねば〜、420代先祖解怨せねば~、伝道せねば~、ネバネバ納豆) せっかくの清平お参りなので、霊界にいる先祖のワクワク、ゾーッとするような怪奇心霊の話しをしてもらいたい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

韓鶴子女史ではなく側近がやったことかも。

韓鶴子女史が本当にやったことだろうか?韓女史が悪魔集団の路線で動いた(いる?)ことを思うと、これまた今現在の側近がやったことかもしれない。韓女史としては、良きに計らえ、で。今、ふとそんな気がしてきた。

韓国人というのは、本当にソフトランディングというのが苦手な民族なんだな。また、当の本人がそうなのか、あるいは側近任せにするからそうなるのかわからないが、韓女史も、もうちょっとね、もうラディカルなクビきりはやめにしたらいいのにね。

と書きながらも、残しておくとまた悪いことをやるから、荒療治も必要かなとも思ってしまった。

清平院長と副院長がテモニムを追い出しにかかった‼

10月12 日(月)午後2時から
「世界平和統一家庭連合出帆記念大会」
約7000名が幕張メッセに集まる予定だ。

その後、二泊三日で地区長、教区長、教会長、婦人部長クラスが集合する予定になっている。
そこで、なぜかわざわざ清平からイ.ミョンガン副苑長が来る。
そして、日本本部と連携し、日本統一教会のザ.お殿様方式の縦組織を使って、テモニム追い出し作戦を結構する。

清平イ院長とイ副苑長がなぜこの大会を機に清平の内容を話に来るのか?
なにも清平で話せば済むことだ。
しかし時間と金をかけて責任者に何を話に来るのか?

「フンジンニム、テモニムが居なくとも霊界が解放されまーす♪
素晴らしい時代になったよ~だから、金律南さんを追い出そうね♪
お母様もいってるよ~♪だからお金もってどんどん来てね~♪(霊界解放なんて俺達見えないから知らないもーん♪)」

この清平修練苑の院長と副苑長は、「テモニムがいなくても霊分立ができてまーす♪」とお母様にテモニムの意見と真逆を報告していることが、天聖宮の職員から報告されている( ノД`)…

ちなみに、このお二方、霊の一人すらまったく見えない。
テモニム抜かして何ができるのか?

壁に耳あり障子に目あり~統一家庭連合の力量発揮!である♪

20年間苦労したテモニムは「はいさようなら~♪どうもね~♪もうこないでね~♪」と散々恩恵を受けた食口達から追い出されるってわけだ。
わざわざ日本に来てまで、話に来るのはテモニムを追い出した後に騒がれて清平にお金を落としてくれなくなるの懸念しているからだ。

お母様には嘘の報告でバッチリ‼
韓国お母様取り巻き幹部も、テモニムの嘘でっち上げに成功している。

自分のビルを建てるためにお金を集金したい輩には、真実が見える者は不必要なのだ!

テモニムだけが正しい霊界が見えている。
しかし最後は、何も見えていない者達がその実験を握る!
イエスと同じで、弟子達は金と欲に溺れて、神の役事を任され全人類に奇跡を与える者を殺すのだ!

さぁ、これからテモニムの十字架が始まる。
槍で体を刺し火炙りにするには清平大好き日本食口だ。
どんなことになるのか見ものである。




大母 ≠ 金孝南

高麗人参さんのように思われている方へ

私の認識違いなら、指摘してください。

大母(テモ)=洪順愛(鶴子さんの実母)、死後、文氏よりその称号を与えられた。     
訓母=金孝南(清平のイタコ)、解怨献金等、金集めのために大母の代身を務めた。

最近の動向は、訓母の称号を与えていた清平イタコの霊力が無くなり、大母の代身を務められなくなったので、解任した。元々そんなものはなく全部真っ赤なウソだったのだが。よって、大母を追い出したのではなく、ウソつきのイタコを追い出したということ。

「嘘も方便」で、お互いに利用価値があるから、持ちつ持たれつの関係を保ってきたのに、清平の不透明な会計、汚職、背任行為が世間に晒され、トカゲのしっぽ切りとなったというのが実相。

>テモニムだけが正しい霊界が見えている。

は確かでしょう。テモニムは既に霊界の方ですから。でも、清平のイタコに霊界が見えていた、というのは疑問です。逆に絶対見えてなんかいないという証明なら、いくらでもできます。

生前の大母を知る者としては、清平イタコから大母を感じることはできなかったし、大仰、稚拙で、辻褄の合わない話が多すぎました。

だからといって、清平イタコを追い出した刷新派に与しているわけではありません。

献金したり祈祷したりと、思い入れのある分、未練があるのはわかりますが、集金のために適当な組織作りをしているだけだということに気付かれて、こんな組織に翻弄されないようにしたいものです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/635-2138725f