統一運動のイメージソングはコレに決まり!ハイ、拍手~ぅ 

鶴の絶対化路線(11)

 韓鶴子さんの絶対化路線は、文鮮明尊師ご存命の頃から周到に準備されていました。
 この路線が具体化するにつれ、顯進さん、国進さん、亨進さんが「鶴・教会」から去っていかれました、あるいは追放されました。
 尊師没後3年目を迎える今日に至るも、また「文鮮明天地人真の父母天宙聖和3周年記念式」が自爆テロに遭うこともなく無事終えた後も、途絶えた母と子の関係は復活の兆しさえありません。

<注>韓鶴子氏をメシアだとする現在の統一教会を「韓・統一教会」と表記したが、「韓国・統一教会」とも受け取られる可能性があるので、「鶴・教会」とする。



界からバラバラ家族の様子をご覧になっている文尊師霊。
「嗚呼、こんなにもバラバラになった家族と統一教会。嗚呼アージュ 統一するにはどうしたらいいのだろうか」
 と、涙目になりながら、千思万考の末にたどり着かれた結論は、
「彼らはそれぞれが我こそが正しいと思うのみ。バラバラになっていることに気づいてさえいない。統一教会対の現状を歌で表し、自覚させる以外にない!」

 そして、その楽曲を霊界にいらっしゃる文絶対善霊さんから火の粉に送っていただきましたとさ。


 では、タイトルを発表いたします。はい、拍手~ぅ
 絶対に楽しくなるから、スタートボタンをクリックしてね。曲を聴きながら、読んでね。



MY UC BALLA BALLA




 文尊師、♪ MY UC BALLA BALLA♪ に聞き惚 れ、最後には8000億の絶対善霊とともにツイストまで踊らるる御様子。

 汗を拭かれながら、小生にご下問が。
「いい楽曲じゃろ。わしの追悼式にも、あまりレベルの高くないミュージカルなんかより、BALLA BALLAをかけてもらいたいもんだ」
「ところで、そちに聞きたいのじゃが、わしが死んだあと、統一をバラバラにしたのは、いったい誰なのじゃ

「文尊師の御霊(みたま)に謹んで申し上げます。尊師7男亨進さんの今年2月の説教-天の宣布-をお読みになってくださいまし。あ、アドレスはここです。http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-583.html。バラバラにした悪魔連盟の名前が書かれています」
「どれどれ。ふむふむ。カカカ ケッケケ。う~んう~ん。 徳野の名もあるな。小心なだけで、そんなに腹黒い奴ではなかったがのぉ~」
「核となるメンバーは悪魔連盟の面々ですが、最近、奥方をメシアにする実践部隊も組織されているようです」
「げっ!これ以上、統一をバラバラにする部隊ができているというのか。悶絶死しそうじゃ」

「殿、そうではありませんぞ。奥方は殿のご存命のときからメシアの座を狙っていました。鶴の絶対化路線はうまくいきつつあったのですが、7男さんに加え、ダンベリーの刑務所で一緒だった神山さん、尊師ご推奨のオナゴ江利川殿も薙刀を構えて異義あり!と。それらに対して、個別具体的に対処するために実践洗脳部隊を作っているのですぞぉ」
「そ~か。そいつらは誰なんじゃ!!」

「ハハッ、謹んで報告いたします」

 このお話は、また今度。

  -------------------

バラバラを踊って、まだ興奮冷めやらぬ文尊師御夫婦のソウルダンス。
「わしはまだまだ踊るというんだね~~♪」   爆笑注意 ↓

Moons starring in: Soul Train - Shimmy Shake from alex on Vimeo.


「過去には息子たちも一緒に、あぁ~んなことやこぉ~んなこと、
仲良くやってた時期もあったんだが・・・・ 」  ケッサク 閲覧注意 ↓ 
尊師の全裸に見えるポーズあり!? (安心して下さい、穿いてます)

Moons starring in: Chippendales from alex on Vimeo.


ホントは60年代からバラバラ?
懐かしの60年代、元祖“My Baby Balla Balla”
ツウの方は コ チ ラ ↓



【管理人から一言】バラバラを聞けば聞くほど、文鮮明さんと同じように、天宙ウキウキ気分になってきます。バラバラを函箱(ハコハコ、バコバコ)に替えても、けっこういけますね。「天一国経典箱」の金ソクビョンさんに♪ MY UC ハコハコ プレゼントしようかなぁ~。

の統一にふさわしい曲だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
文ファミリーと一緒に踊りたくなった方は拍手を!
関連記事

コメント

徳野会長といえば……

人づてに聞いた話だが、徳野氏といえば副会長時代だったか、文師から指さされてうれしかったということを得々としゃべっていたということだ。指さされてというのは、悪いことをしたということではない。文師の横にいた韓鶴子女史に文師が、あいつだ、あいつ、あいつと韓女史に教えるような格好だったということだ。

そのあとに会長になったもんだから、超うれしかったんだろうな。超ポチ的性格だな(犬のポチ)。きっと文師はそのポチ的性格を見抜いていて、韓女史に、あいつなら喜んでついてくると、教えていたんだろう。あいつのあだ名を超ポチとつけてやるか。

超ポチなんだから、悪魔連盟にとってはおいしいエサ、最高のイエスマン、大番頭(いや、丁稚といった方が正しいかも)、模範的なカイン、忠実な僕、どんな形容も及ばない、素晴らしい天然阿呆です。

徳野君は確か、大塚君とともに反韓国人で息巻いていた時があって、徳野君は韓国人から殴られて入院し,大塚君はユウ総会長の不正を糾弾して文氏から左遷されたのじゃなかったのかな?
それ以降,大塚君も徳野君も玉を抜かれたと思うが知っている人いないかな?
 二人は日本民族に対する不忠、国賊として腹を切るべきだな。これからは、ぽちではなく国賊徳野,大塚でいいのじゃないかな。

徳野君は殴られ、大塚君は左遷?まったくもう

かんちゃん様

ほう、となると、一応は二人とも正常化に向けて努力していた時期はあったんだねえ。で、暴力と左遷で魂を抜かれたと。なんという教団だ。もう宗教家の集まりじゃないね。いわゆる宗教屋、ゴロツキの集団だね。

人づてに聞くところによると、キムなにがしというのが東京のとある教区の教区長をやっていたとき、青年を殴り、自分はやくざだと豪語していたそうだ。そいつは大分で公金横領で本部召喚となったようだが。

また大塚君は、何やら自分の息子が文師のご令嬢と結ばれたらしいが、その息子が病気で倒れた時、日本統一教会の会員のせいにしたらしい。もっと正確に言うと、自分の家庭も、家系も、こんな悲惨な目に遭う要因が見当たらないと。なのでこれは日本の蕩減を背負って(これは統一教会の独特の言い回しだが、日本という国家が罪が重いとか、日本統一教会の会員たちの罪が重いとかいう意味らしい)いるからに違いないと言い放ったらしい。その言葉が原因となって、日本統一教会の会員は献金献金と追い立てられたと。

私は統一原理などハナから真理だと思っていないが、大塚君の立場に立って考えると、その大塚君の考えは統一原理的には間違っているぞ。解釈が間違っている。統一原理的に言うと、祝福は受けて原罪は許されたかもしれないが、堕落の家系の大塚君の息子が文家と結ばれるということ自体、大変な栄誉なことなので、それに見合う条件が必要となる。その条件を埋め合わせるものがなければ、埋め合わせるために苦労することになるわけだ。そのための息子の病気だ。それが正しい統一原理的解釈だ。自分の息子の病気を人のせいにする大塚君の見解は間違っているのだ。そのことも見抜けないで走らされた日本統一教会の会員諸君も、カルト脳なのだ。そう。カルト脳に汚染されている。

その点、韓女史と袂を分かった三人の息子たちは、カルト脳の汚染の度合いが、会員に比べると軽いのかもしれん。自分で考えて行動したわけだからね。

会員たちも、魂を抜かれた大塚君、徳野君ではなく、一応は自分の頭で考えて行動した三人の息子たちを見習うと良いのではないか。あの息子たちのとった行動がよいとか悪いとかいう意味ではなく、自分の頭で考えたという意味で。

もっともあの三人の息子たちも、自分で分裂したかったわけではなく、悪魔連盟にしてやられてしまったわけで、そういう意味では敗北者たちなのだ。だから行動の結果は見習うべきではない。

せっかく、文師が、自然屈服とか、愛による支配とかそういうことを言っておられたわけだから、三人の息子たち組織の中で歩むべき道は、ケツ割って出ていくのではなく、耐えて、耐えて、耐えていつしかリーダーシップをとれるようになるという道なのだ。それなのに早々とケツ割っちゃって。それで文師の後継者に立てられていたとは、片腹痛い。そういう意味では、三人ともやはり、真のリーダーにはまだまだ遠い。

それにしても、霊界の文師霊は、悪魔連盟の大番頭徳野君と、大番頭を退いた大塚君、組織を私物化するY、へんてこなOらを見ながら、心配で心配でたまらんね。米本さんの次の記事を期待したい。

10倍返しだ

上記コメントの
>人づてに聞くところによると、キムなにがしというのが東京のとある教区の教区長をやっていたとき、青年を殴り、自分はやくざだと豪語していたそうだ。そいつは大分で公金横領で本部召喚となったようだが。

そういう事があったとは!こいつこそ、金ヨンイルです。当時の西南東京教区の教区長で、世田谷教会にいました。
それにしても、こんな韓国人のゴロツキに殴らっぱなしとは非常に腹立たしい。
多くの韓国人責任者はすぐ暴力を使う。こんな連中がいる組織が「世界平和統一家庭連合」とは、ちゃんちゃらおかしい。金銭欲、肉欲、権力欲など強欲まみれの家庭破壊連合じゃないか!
もっと早く気付くべきだった。

あの大塚君ね

聖進氏の娘を宛がわれたあの大塚君は、ガキンチョの頃から悪でした。同期や後輩2世への暴行、いじめなど、録画しておけばよかったと思うくらいです。親や大人の前での顔と、同期や後輩の前での顔を完璧に使い分ける狡猾なガキンチョでした。

その上、何があっても親(母親)は絶対に謝罪しない。施設担当のせいにしたり、相手の子のせいにしたりと、お高くとまっていました。

病気というのが、どの程度のものなのか?
姻戚のパワー、特にチャンブ(義理の父)からのプレッシャーは大変だと聞きました。
修士論文の内容にまで干渉してくるとか…

偏狭な世界での優越意識を押しつけられても、残念に思うだけです。まして不利益があれば、全部下々のせいにするなど、言語道断。気持ち悪い話を聞き、昔のことまで思い出してしまった、という感じです。
何が幸せか、わかりませんね。

爆笑でした!

久しぶりに声を出して笑わせて頂きました。
ありがとうございます^^

あの動画を作られたのは、アメリカの方でしょうか?

日本人や韓国人には、勇気がなくて作れないシロモノですね(笑)

なつかしいバラバラ

balla ballaは子供の頃に流行っていたのをなんとなく覚えています。それがン十年後に統一運動のバラけちまったイメージソングになるとはツユ知らず、そして自分が将来そんな団体に関わり合うことになるとはつゆ知らず、の頃でした。なつかしいです。

いつも明るい尊師の全裸に見えるポーズ!? は、0:35あたりでしょうか。その直前にも7男の一瞬の全裸ポーズが見られるようです。
どちらもこの中の自衛隊のポーズに分類されるものですね。勉強になりました(笑
「とにかく明るい安村の全裸ポーズ芸」
http://youtu.be/a0WZqNy36Ak

あの大塚くんに、友が怒りまくっていた。

そういえば、私の知り合いが、大塚くんのことで怒りまくっていたのを聞いたことがある。

なんでも1983年頃、知り合いが勤めていた会社(会社といっても、教団系だから給料は雀の涙、社会保険、厚生年金等一切なしと、会社の体をなしていなかったらしいが)そこで会社乗っ取りの騒ぎがあったらしい。局長クラスふたりが重役会議を勝手に開いて、株式の増資を勝手に決めて、というようなことがあって、全社が蜂の巣をつついたような騒ぎになったと。

そこで大塚くんがノコノコと現れて、心配そうに騒動の現場を覗き込んでいたと。そこで知り合いは、大塚くんに、一体どういうことなんですかと、質問をしたと。大塚くんはなんと答えたか。「君はいなくなってもいいが、君は絶対残れと。」知り合いと同期の入社で、そこに一緒にいたものには、遺留の言葉をかけたと。

この言葉は、知り合いにとっては、ただ単に会社を辞めてもいいということ以上の意味合いを感じだらしい。そりゃあそうだよね。摂理企業にいたことのある人はわかると思うが、摂理企業(教団系列企業のことらしい)からいなくなってもいいというのは、教団からいなくなってもいいという意味と同意義だからね。知り合いは、それが牧会者(教壇に立って説教したり、人々に教主の言葉を伝えたりする人のことらしい)の言葉かと息巻いていた。またあるときは、会長になってからの集会で、大塚くんが前で喋っていた時、たまたま目があったらしい。すると大塚くんは、すぐにスパイの話をし始めたらしい。知り合いは、教団員の中では、割と冷めた目で教団を見ていたので、それを知っていた大塚くんがそういう言葉を述べたのだと、これまた大層な剣幕で息巻いていた。

大塚くんは、だから文師一族には重く用いられるんだね。超ポチ君だから、ご主人様を悪く言う人には、噛み付くかも知れない。これこそケーセキだ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/628-162c0a3b