購読料的カンパに深謝いたします。 

身辺雑記(11)

月11日付で<厚かましくも「カンパのお知らせ」です> を書いてから、5カ月が経ちました。
 たくさんの方からカンパをいただき、ありがとうございました。
 カンパをお寄せいただいた方は、延べ146人(9月10日現在)にのぼりました。
 延べというのは、何人かの方が定期的に送金されているからです。万謝であります。

 少なからぬ読者の方が「火の粉を払え」の記事に対して、「面白かった」「知らない情報があった」と思っていただいていることに、筆者としては「万感の思い」(徳野さん的か)がいたします。こうした喜びは、ルポライター時代には味わうことができないものでした。これはマジです。心から深謝いたします。(*´~`*) 

 最近教会を離れた在韓の日本人女性からは、まるで母親が栄養失調気味の息子を心配するかのように、韓国焼酎、韓国ビーフジャーキー、韓国ノリ、韓国インスタントラーメンなどを詰め込んだ段ボール箱が届きました。手紙が添えてあって、
「インスタントコーヒーの裏側に1万円が貼り付けてあります」
 爆笑したあと、なんだか心が豊かになった気分になりました。ビーフジャーキーとラーメンは日本のものよりはるかに美味でした。ちなみに、韓国産のビーフジャーキーは手に入りませんが、ラーメンはイオンの店の一角にあって、たびたび買うようになりました。

 封書に日本円を忍ばせて送ってくれたアメリカのシックの方もいらっしゃいました。
 人の情、人との絆を感じることができました。

 少々驚いたのは、10万円も送っていただいた方がいらっしゃったことです。住所がわからないため、お礼の一筆を書くことができませんでした。この場を借りて、あらためて篤くお礼を申し上げる次第です。
 穿ちすぎる人は、
 ひ、ひっ、ひょっとして、その方、徳野英治さん?
 と思われるかもしれませんが、残念ながら、違います。
 あっ、もっとも、有名な現役のシックからもカンパをいただいています。

ーテンの寅さんの映画に出てくるような一コマもありました。
 額では10万円が最高でしたが、次が8万3000円。高額なのにどうにも中途半端なのです。統一教会が好きな数字合わせなのかなぁと・・・。しばらくしたら、こんなメールが届きました。
「8万3000円送金したけど、ごめん、8万円返して。家賃代をカンパの3000円と一緒に送ってしまった」(削除したので文面通りではない。むろん平身低頭な丁寧文)
 8万円をもらう以上に楽しい気分になりました。

 さて、収支ですが、カンパの合計金額を明記するのは控えることにしました。
 なぜなら、少額しか集まっていなければ、「可哀相だから、もっとカンパしてあげなければ」と無理する気持ちになるし、読者の予想より多額であれば、「なんだ、けっこう集まってるな」となって、追加がなくなるし。(*´~`*)
 小さな心と脳を駆使し、いろいろ考えた結果、控えることにしました。メンゴです。

 支出のほうです。
 <厚かましくも「カンパのお知らせ」です> で書いた、知人から借りた船頭になるための小型船舶運転免許取得代を速攻で返済しました。いつも翻訳していただいている暗在さんに薄ですが謝礼金をお送りしました。弁護士さんへの相談料にも支出しました。頂いたアマゾンのギフト券を使って何冊か本を購入ました。それから、小旅行(1回)したり、欲しかったハナミズキなどの植物を買ったり、生活の補てんをしたり(生活補てんには使うまいと決意していたのですが)--などなどがあって、現在の残高は7万8000円であります。

 船頭になっていれば、月収7万500円。それとの比較で、月換算で5万円(献身者が受け取った最高額か)位の購読料的カンパがあれば張りが出る-という感覚でいます。
 引き続き、カンパお待ちしています。
 
 ところで、この5カ月で書いた記事は以下の通りです。
 未読の記事があれば、是非お目通しください。
 今回の記事でもっとも時間を割かれたのは、このリンク貼り。
 是非、この曲を聴きながら、眺めてください。穏やかな気分になれますから。


(1)<文亨進世界会長が2年間の沈黙を破る>4月17日
(2)<速報! 女子学生への「信仰の自由」侵害事件、福岡高裁も佐賀大学に損害賠償命令>4月20日
(3)<亨進祝福に参加するな-公文はたんなる金バルコムの私怨文だ>4月22日
(4)<文亨進牧師の説教「血統の秘密」> 4月25日
(5)<「青年食口・石橋正人兄弟」を見捨てようとしている日本統一の人びと >4月28日

(6)<企画本部長・李基萬に期待することにした>(5月1日)
(7)<神様、王妃を救いたまえ(1月25日の亨進説教)>5月4日
(8)<本邦初公開-本部待機扱いの10人とは?>(5月7日
(9)<本邦初公開-王妃様ヨーロッパ訪問の国別献金目標と実績>5月11日
(10)<ニュース速報!神戸の高澤牧師が自殺>5月15日
(11)<みんなでブログ村に直訴しよう。*付録:佐野と桜井との比較>(5月18日)
(12)<14名の韓日食口が清平を集団直訴!検察の判断は6月にも>5月20日
(13)<今や「世界先祖解怨教会」へまっしぐら>5月25日
(14)<天の宣布-悪魔への解任令>5月30日

(15)<浜の真砂は尽きるとも世に先祖供養の種は尽きまじ>6月4日
(16)<統一教会の本質:「天国の沙汰も金次第」 >6月8日
(17)<「委任状が必要である」(代理解怨に関する新公文)>6月11日
(18)<天宙マヌケ手紙大賞は「ヤン・チャンシクの手紙」に決定!>(6月13日
(19)<「お金」で結びつく鶴子王と愉快な僕たち>6月15日
(20)<新新公文にみられる「統一裏事情」 ※末尾に速報(自殺事件)を掲載>6月18日
(21)<速報: 清平の修錬会をすべて延期! 先祖解怨は??? >6月20日
(22)<告訴事件その後-最後の闘いに勝利の旗はひらめくか?>6月22日
(23)<無秩序状態になった清平 (末尾に2つの重要な追加情報あり) >6月26日
(24)<本部待機組は島送りに。その後は・・・> 6月28日

(25)<アメリカ統一教会が改革に乗り出したぞ!> (7月1日)
(26)<島送りその後-続報(金ジョンヨル・丁鍾瑚・具容主)> 7月4日
(27)<「ナンバー2」と「裏金」をめぐる新たな権力闘争が進行中!-金萬浩失脚続報 >7月8日
(28)<セクハラ牧師・趙ユクヒョンが御用!に (ニコッ)> (7月11日) 
(29)<徳野会長の説教はあまりにも変っ! >7月14日
(30)<7/9 電撃人事-金ソクビョンの権力が強まる> 7月16日
(31)<またまたお騒がせ女、その名は江利川安栄! >7月20日
(32)<7月の月間目標達成率はただ今、わずか20%(泣 >7月22日
(33)<サンクチュアリ教会に怯えだした韓国統一教会>7月24日
(34)<セクハラ後始末に見られる韓国統一教会と日本脱カルト協会との類似性 >7月26日
(35)<清平告訴事件-担当検事が追加調査を指示!> 7月29日

(36)<ブログ記事「拉致監禁を誘引した井口康雄に苦言を呈す」を削除します>(8月2日)
(37)<井口康雄は天宙ウルトラ・カルト脳!> (8月6日)
(38)<情報コーナーを設けました> (8月10日)
(39)<韓鶴子様はメシアに御成りになっていた。各々方、頭が高いぞ!> 8月11日
(40)<5億円が金ソクビョン(グループ)の懐に!?> 8月15日
(40)<江利川騒動から見えてきた構図(上)-激烈だが正直な心情吐露 >8月18日
(41)<江利川騒動から見えてきた構図(中)-シックの言論を封殺> 8月22日
(42)<江利川騒動から見えてきた構図(下)-ガチンコ勝負ができない哀しき幹部たち >8月26日
(43)金錫柄(キム・ソクビョン)社長の不正蓄財疑惑に対する公開質問書 8月29日

(44)<統一運動のイメージソングはコレに決まり!ハイ、拍手~ぅ >9月2日
(45)<驚愕!!  熊本の四十八士(食口)が揃って脱藩!> 9月5日
(46)<“New神様の夫人グループ” が勃興!> 9月10日
(47)<自律と他律>(9月15日)

 私の関心はどこにあるのか。一覧表を眺めながら改めてチェックしてみました。ごく大雑把に権力の変化 献金と腐敗 反カルト・拉致監禁関係と色づけしていくと・・・。

 記事の9割以上が3つの大テーマに括られます。
 となると、今後の「火の粉ブログ」の方向性がはっきりしてきます。

反カルト・拉致監禁関係
 今年はまだ一件も拉致監禁事件が発生していません。年内か年明けに一件あるかないか。後藤勝訴(2200万円の損害賠償金の支払い命令)と、高澤牧師の自殺の影響によって、家族が頼んでも引き受ける脱会屋さんはもう高山正治さんか宮村峻さんしかいないと思われます。
 このテーマでの記事は、新たな事件が発生しなければ、あと2つです。
 ぐるぐる巻きにされた夫婦の告訴によって、尾島牧師(故高澤牧師の相方)と夫婦の両親らが起訴されるかどうか。起訴となれば、公判(広島地裁)の模様を伝える必要が出てきます。
 もう一つは、いまだに監禁状態が続いている石橋正人さんのことです。これは定期的に記事にしていく必要がある。後藤徹さんは忘れ去られたために12年間も!監禁された、のですからね。

権力の変化
 このテーマでの記事は大幅に減っていく、より正確に言えば「仰天記事」はもうほとんどないでしょうね。
 なぜなら、方向性が見えてきましたから。
(1)世界統一教会は、文鮮明氏を否定し、韓鶴子個人崇拝の路線を歩み出している。
 徳野会長が異義を申し立て、サンクチュアリ教会に入会するというのなら、仰天ニュースとなりますが・・・。まあ、そんなことはないでしょう。

(2)世界統一教会からサンクチュアリ教会への流出はもはやトレンド。したがって、そんな動きをいちいち書いても、それは「ニュース足り得ない」。書くとすれば、東京・神奈川・大阪・沖縄で集団脱会があったときでしょうか。

(3)注視しているのは、韓鶴子神様路線を日本の教団がどう受容(消化)するか、にあります。雰囲気は「あまりこの問題に触れたくない」ようです。

(4)文3男・顯進氏の動きとか神山威氏の活動は、「権力の変化」というテーマからすれば、枝葉のことになります。顯進氏と神山氏とが連携し、ニューウェーブを起こすというならともかく、2人の志向、思想的傾向は違いすぎるのでそんなことは有りえないでしょうね。

(5)金ソクビョン氏や韓国会長など人事は、引き続き注目です。とりわけ韓国の1世幹部と2世幹部との関係。「げに、人事ほど面白いものはない」(『官僚たちの夏』)。
 韓鶴子さんの2世重視路線からすると、そろそろ日本の会長も徳野氏から2世にバトンタッチとなる、と予測しています。絶対条件は韓国語が堪能であること。候補者は3人いるそうです。

献金と腐敗
 このテーマは、今後も続くでしょう。清平告訴がどうなるかが目下の関心事。仰天とかハプニングといった記事はありでしょうね。
 それより、これからの1、2年間で多くなるテーマは「統一教会の瓦解」でしょう。


ころで、アクセス件数が300万を突破しました。
 「アクセス件数6000達成」
 この記事はブログを開設して2カ月後の2009年3月の記事です。
 アクセス件数は飛躍的に伸びましたが、気持ちはまるで変わっていません。

まえ、ひょっとしたらいい奴と思った方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
拍手も欲しいな。

関連記事

コメント

貴兄は天の人かもしれない。
無知なる食口を多彩な情報で啓蒙してくださいます。
今後とも期待しています。

みんなで応援致しましょう

>船頭になっていれば、月収7万500円。それとの比較で、月換算で5万円(献身者が受け取った最高額か)位の購読料的カンパがあれば張りが出る-という感覚でいます。
 引き続き、カンパお待ちしています。


 米本さんの執筆活動に上記のカンパ(収入?)というのは如何にも少な過ぎるようにも感じています。
 統一教会=家庭連合の信者でないとはいえ、その実情については誰よりもよく理解されており、それについて是々非々の考えに立って分析して記事を書かれ、‘真実’を伝えてくださるのですから、‘統一教会’関係者にとって米本さんのブログほど貴重なものはありません。
 信頼できる情報源としては唯一と言っても良いかもしれません。
 以前であれば、有田芳生知ったか議員などは統一教会反対派の重要な情報源でしたが、彼の場合は真面目にマインドコントロール疑似心理学を信じ、それを論の拠り所とするような‘浅薄な’人間ですから、信頼できる情報発信者などと言えたものではありません。

 米本さんのブログによる情報発信があるからこそ‘統一教会’に関わる人達はその教会の全体像と実態が把握できるのであり、賛成、反対の立場を問わず、そこからしか教会組織の正確な情報を得ることができないのが実情でもあるのです。
 現役信者でさえよく知っているように、統一教会=家庭連合は秘密主義であり、特に日本の組織の場合はそれが顕著です。
 その幹部達が行う情報隠蔽、情報操作は悪辣であり、確信犯として末端信者に嘘をついたり、世界中にある教会内の出来事をごまかしたりします。
 最近で、それを証明することにもなったのは 米本さんが配達証明付き郵便で徳野会長に送った質問書に対する態度です。
 つまり、全くの無視であり、何の返答もなかったのです。
 それは いやしくも東京都から宗教法人格を認められ、税の優遇措置まで受けている公益団体の最高責任者がとるような態度ではないのです。
 その無礼で独善的、傲慢極まりない態度は徳野会長自身がまともな社会人ではないことの証明であり、そのような会長を代表に置く宗教組織がいかがわしい組織であることの証明なのです。
 その実情としては、情報隠蔽、情報操作しないと維持して行けない宗教組織なので、とても真実の回答などできないということであり、質問に対しては沈黙するしかないといった判断なのでしょうが、そうであっても、完全無視というのは教団の代表としてやってはいけないことなのです。
 徳野会長はその米本さんからの質問書に対する態度によって 統一教会は秘密主義であることを実証してしまったのであり、人格が破綻している上に、無能極まりない会長であることも証明してしまったのです。

 統一教会=家庭連合はまともな組織でないことは明白で、秘密主義を貫くことによって何とか組織を保っていますが、その詐欺的行為によって被害を受ける個人、家族は教会内外に数えきれないほどいるのであり、殺人事件を起こすまでに至った信者さえいるのです。
 そのような‘統一教会’関係者が被害から免れ、さらには被害を生み出す教会の欺瞞を暴き、その宗教活動の本質を解明するためにも、真実の情報が必要なのです。
 そのような教会の本質を知る鍵となる情報を詳細に伝えてくれて、知性も高く信頼の置けるブログを探してみても、にほんブログ村では‘火の粉を払え’しかそのようなブログは見当たらず、その価値は限りなく大きいのです。
 それを考えても、米本さんにはブロブによる情報発信を続けて欲しいし、米本さんがそれを十分行い続けられるよう読者にも応援していただきたいと思います。
 

やっぱり、これは仰天情報だ!

 本文で次のように書きました。

徳野会長が異義を申し立て、サンクチュアリ教会に入会するというのなら、仰天ニュースとなりますが・・・。まあ、そんなことはないでしょう。
(2)世界統一教会からサンクチュアリ教会への流出はもはやトレンド。したがって、そんな動きをいちいち書いても、それは「ニュース足り得ない」。


 秀さんの最新記事です。
●米世界平和統一家庭連合 現職幹部の両親が脱会か!?
http://hydenoshikou.kakuren-bo.com/Entry/150/

 私のことを天敵と思っている井口康雄氏。彼の娘婿、ミルハン氏は今年アメリカ統一教会の副会長に就任した2世である。
 義理の息子がアメ統の副会長。井口氏夫妻にとっては鼻が高くなるような人事であった。

 ところが、人事から数カ月後、ミルハン氏の両親がなんと統一教会を脱会し、サンクチュアリ教会に移ったのである。

 驚き木・桃の木・山椒の木

 これからどうなるのだろうか。
 ミハイル氏の両親は当然のことながら、息子夫婦にサ教会に移るように説得するであろう。いや、すでに説得してきたと思う。
 説得にイエスなら親子関係はきわめて良好になる。
 てなてなシュミレーションはいずれ本文で。
 ともかく秀さんの記事を読んでくださいな。

 ちなみに、記事に掲載されているミハイル家族の写真は、私も記事に掲載したもの。井口氏はプライバシーの侵害だとして削除を求めてきました。
 井口氏は私に対するのと同じスタンスで、アメ統シックに削除を求めるでしょうか。
 ちょっと面白すぎです。

井口さんにつける薬

井口さんにつける薬はないものか?と思案していたが、米本さんのその情報面白すぎです。神の技を見るようだ。やはり神はいるんじゃないか?

余計なことですが、

もし許可を得るなら、
著作権:FFWPU USA と、肖像権:被写体ご本人達 の了承になると思います。
井口氏ではないでしょう。(代理人なの?)

青紫のパワーストーン

>いつも翻訳していただいている暗在さんに薄ですが謝礼金をお送りしました。

いらない、としばらくがんばって何度も抵抗していたのですが、寄り切られたかたちでしょうか。天然石アイオライトのブレスを買ったけれど、まだ半分以上そのままにしてあるから、米本さんが万が一ボロッボロのヨレヨレに(元献身者の行く末みたいに)貧しくなったときがあったら、薄薄ですが支援してやんよッ なんてね。
カンパ金の重みに耐えかねて(薄でも)、とにかくとりあえず破れかぶれのコメントでした。ゆるちてね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

重箱の隅かも知れませんが

>いやしくも「国から宗教法人格を認められ」、「税の優遇処置」まで受けている

との神々の黄昏さんのコメントですが、事実誤認があるので、ご指摘させていただきます。

宗教法人を認可するのは国ではなく、各都道府県です。
UCの場合は本部が渋谷ですので、東京都から法人格を得ています。

また「優遇処置」→「優遇措置」が正しい日本語かと思います。
あえて処置と書かれているのかも知れませんが。

Re:重箱の隅かも知れませんが

 4lifeさん、間違いのご指摘感謝です。
 私の間違いは4lifeさんの書かれたコメントの通りであり、法律に対する曖昧な理解から間違ったことを書いてしまいました。
 コメントで指摘して頂いて、あっと気付かされました。
 早速コメント文を編集操作で訂正することに致します。
 ご丁寧なお言葉にも感謝致します。

Re:Re:重箱の隅かも知れませんが

神々の黄昏さんへ

感謝などとんでもないことで、恐縮です。
今後も貴重なコメントを拝読させていただければ幸いに思います。
何卒よろしくお願い致します。

Jim Stephens 夫妻

先日サンクチュアリ教会に移籍されたというJimさんには、若いころ大変お世話になりました。国際反共産主義啓蒙活動の何かのリーダーをされていたと思います。アメリカ人ですのでもちろん建前よりは心の信ずるままに語る人でした。私が行き詰まると必ず言ってくれたものです。
「自分自身がどう考えて行動するか、これが一番大切だよ」と。
そうやって決められたことのようですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/605-99bd63fd