天の宣布-悪魔への解任令 

文亨進牧師のラジカルな説教(13)

 今回は2月8日の説教「天の宣布」である。悪魔連盟への解任令で話題になった説教である。つまみ食いではなく、是非、精読を。
 この説教では、文顯進氏が「爆破者」とされた経緯が動画をもとに述べられている。
「パシセラのブログ」のマーク佐野君や「真実の向こう側」のmebiusuさんたちは「亨進は顯進にまず謝罪すべき」といった趣旨のことを何度か書いていたが、事実誤認ではないのか。反論あれば、根拠(顯進氏の証言など一級資料)を示してやっていただきたい。楽しみにしています。

 後半の李妍雅女史の話は具体的で説得力がある。

 重要な説教なので、注釈をふんだんに付け加えた。参考になれば幸いである。
 なお、字幕の訳文には数か所こなれていないところがあり、暗在さんに修正していただいた。また、字幕にはない動画の詳細についても教えていただいた。深く感謝しております。
 間違いが1カ所あったので、それも修正した。

マタイの福音書

 今日、説教は「天の宣布」という主題で、お話します。
 みんなで マタイの福音書の7章を読んでみましょう。
 21節から読んでみましょう。

「私にむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父のみ御旨を行う者だけがはいるのである。その日には、多くの者が、わたしにむかって
『主よ、主よ、わたしたちはあなたの名によって預言したではありませんか。また、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの力あるわざを行ったではありませんか』
 と言うであろう。
 そのとき、わたしは彼らにはっきり、こう言おう、『あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ』。
 それで、わたしのこれらの言葉を聞いて行うものを、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができよう。
 雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家を打ちつけても、倒れることはない。岩を土台としているからである。
 また、わたしのこれらの言葉を聞いても行わない者を、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができよう。
 雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家を打ちつけると、倒れてしまう。そしてその倒れ方はひどいのである。

 今日みなさんに、お見せする映像があります。
 お見せする前に、ここお集まりいただいた全てのみなさまに、深く感謝の言葉を述べたいと思います。

 この前の水曜日、私がみなさん方を「天一国の勇者たち」と呼んだことを覚えていますか。
 万王の王にお仕えしお守りする天の騎士たち!
 今になって、私にも、歴代の王たちが、自分の周囲に騎士たちを必要とするのがわかりました。
 時々、悪の勢力が反乱する時、騎士たちは王を守り抜かねばならないからですね。
 本当にありがとうございます。私がそのような天の勇士たちと共に、道を歩んで行けるということは、本当にありがいことです。


亨進の弱点

 今日、私が、こうして映像を一緒に見て、一緒に礼拝に参席いただいた方々と、わかち合いたい話は私の証しです
 水曜日にもみなさんと少し話をしたりしましたね。
00:03:08.520 --> 00:03:17.960
 私の心の奥底にしまってあることなのですが、それが少しづつ問題になり始めて、私の弱点になっていったことなのです。
 私は大家族の家の、一番下の息子です、末の男の子です。
 一番下の男の子の立場で育ってきたので、私は先頭に立ちみんなを引き連れ、「戦おう」というのは全く慣れていません。
 そして、また、末の男の子ゆえに、何かを宣誓したこともありません。
 なぜなら、お兄さんたちの前で、そのようにしたら叩かれることがお決まりだったからです。
 ですから、自然に身についた性格は、みんなと明るく、大笑いしながら、楽しく過ごすことでした。
 私は兄弟たちと一緒に過ごしながら、和動することを楽しみました。それが私の性格でした。

 しかし、私の人生において、神様が強制的に私をここまで引っ張って来られた状況と、立ち向かわねばならなくなりました。
 振り返って見れば、人前で話を切り出すのをはばかって、不便に思っていましたし、私は私に与えられた「冊封(さくほう:継承)」に対し、それを完全に私のものとして、受けとめることができなかったのです。

冊封:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8A%E5%B0%81

 私の記憶を辿ってみると、真の御父母様が2つの大陸にわたって、3回も私に後継者として冊封(継承)式をして下さった時にも、その状況が私には、いばらの座布団に座るようなもので、座るやいなや私は王冠を外してしまいました。
 無意識のうちに、私は多分私の肉身の兄弟たちに「見てみろ、お父様が選択した後継者は私だ。見ろ!」と威張っているように見えては、絶対にいけないと、気を使っていたのかも知れません。
 そのような理由で、3回に渡った継承式ごとに、私は舞台裏に行って席に座る瞬間、サッと王冠を外してしまいました。
 それはそのまま私の性格でした。
 私の姉たちは私を「愛の固まり」と、アダ名を呼んだくらいだったからです。

 そのようであったゆえ、私は誰よりもひどい内面的な葛藤を、経験しなければなりませんでした。
 なぜならば、生きていく上で、サタンの勢力に対立して争わなければならない時期があるからです。
 誰でも人生のうち一回は、夢にも勝てるとは思えないゴリアテと、対決しなければならない時が来るからです。
 現実では、立ち向い合うことさえ恐ろしい、いや向い合ったら、もう、頭の中でいくら計算しても、確実に負けるとわかっている戦いという、そんな状況ですね。

ゴリアテ:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%86

 今週私は、冴えた目で夜を過ごしながら、(頭の中を)掻き回す日が続きました。
 続けて、これについて何度もじっくり考えて、お祈りを捧げました。これは私にとっては、簡単ではない決断でした。
 そうする内に、今週(のある日)真の御父母様が臨まれたことを強く感じました。
 「私がお前に下した継承を恐れてはいけない」
 「お前に下した後継ぎは、お前自身がお前に与えたのではなく、私がお前に下したのである。私がお前に決めたのである」
とおっしゃるのです。
00:08:00.560 --> 00:08:05.720
 ご存知でしょう?自らその位置にすすむ人々もいます。
 アボニムは強く私におっしゃいました。「お前自身が決めたのではなく、私が誰が後継者になるかを決めたのである」 と。
「だから、お前が後継ぎ権を宣布する時は、お前は驕慢をふるうのではない。なぜならば、お前がお前自身を選択したのではないからである」
「お前がお前の相続権を宣布する時は、お前は私がお前に下した任命(任務)を、完全に受け入れる立場に立つのである」
 と、アボニムは私におっしゃっいました。

 人々に嫌われたくない、人々に間違った対応をしたくないという、私の性格が私の弱点でした。
 私はナイスガイです。皆さんもご存知じゃないですか?
 私は他の人々を悪く扱ったりすることを、楽しんだりしません。

 しかし、今のような時期に、このような責任を負っている私は悪の勢力に立ち向かって、悪を規定し、それに対抗するんです。戦わなければならないんです。
 なぜならば、この事(戦い)をするのは、自分自身ではないからです。承継の責任は、私が自分自身に与えたのではないからです。
この相続権はアボニムが与えて下さったものだからです。
 誰よりも先に私自身が、下さった後継ぎ権を完全に受け入れることが、必要であるということを、痛切に感じるようになりました。
 また真の御父母様の後継者である地位を、恐れてもいけないという事実を痛感しました。なぜならば、私がこの地位に立つということは、自分自身がしたのではなく、真の御父母様が立ててくださったからです。

 水曜日に私と一緒に、お祈りして下さった食口に、心より感謝の言葉をもう一度申し上げます。
 本当に、これは私の弱点であったし、私が越えなければならない山でもありました。これは私が克服し、治めなければならない戦いでした。
 これは単に私だけではなく、これから神様が使われる多くの人々の前でも、重要な問題でした。
 それで、私はこの難しい時期にこの戦いのために、お祈りし、精誠を尽くしていただいている全世界の多くの食口のために、心より感謝の言葉をお伝えしたいのです。


宣布の映像
00:10:38.240 --> 00:10:42.920

 それではこれから皆さんに、映像をお見せしようと思います。
 この映像は真の御父母様が2010年6月5日に宣布した自筆の文章で、私の後継者である文亨進以外の後継ぎ権を宣布する者は異端者であり、破綻者であるという内容が盛られています。
 覚えていらっしゃいますか?
 率直にみなさんに話します。この映像の中に、私が居ますが私の髪の毛はフサフサでした。
 はい、最初からはげ頭だったのではないのです。

 この映像の一場面で、私がアボニムに
「あ…これはちょっと単語が強過ぎるみたいですが …」
と言っているのが、聞き取れると思います。

 また、オモニムも「ウーン…これはちょっと強過ぎるようです。これはそのまま保管用にするのは、どうですか … 」 とおっしゃり、その言葉に対する、アボニムの反応も見ることができるでしょう。
 しかし、今日私は真の御父母様が使われた「異端者」「爆破者」という単語を使う予定です。
 なぜならば、その言葉を使われたのは私ではないからです。その言葉を使われたのは万王の王、メシアご本人であられるからです。
00:12:14.400 --> 00:12:22.400
 それで今日使う「異端者」「爆破者」の単語は、何かの灰色宣伝や煽動をするための単語ではない。メシア、主である真の御父母様が使われた用語です。

 ティム、照明をちょっと消していただけますか? 
 映像をコンピューター連結に替えます。
 字幕がよく見えるかどうか、わかりません。
 ボリュウムを上げて下さい。

「天と地の上に万世代の民も、この世の天と地の上に、この世の中の万世代のどんなものでも真の四位基台、真の子女、真の父母」
とアボニムが説明していらっしゃいます。
「天宙平和連合、連合、連合は要らない、天宙平和統一の本部も絶対唯一の本部だ」
「その代身者、相続者は文亨進である」
「それ以外の人は異端者であり爆破者である」
 その人が爆破者ということです。

 画面に白い字で見える文字がオモニムのお話です。この漢字の意味が爆破者だと、アボニムが説明されます。
「以上の内容は真の御父母様の宣布文である。 文鮮明 印」

 オモニムがおっしゃるのは、「日付。日付を書かなくては」
 アボニムが日付を書いていらっしゃいますね。
 オモニムが「(縦書きより)横書きで書いたらよかったのに」と、おっしゃっていますね
 アボニムが「今は何月か」と聞かれ、「天暦で4月23日です」と申し上げたら、「4月23日」と書かれました。

<注>以降、宣布文ビデオを上映しながら亨進氏の説明が続くが、話の繋がりが分かりにくいので、ビデオ内容の補足説明を適宜(緑字)で入れる。

     *******

「この宣布文をこのまま出してもいいか」とオモニムがお尋ねになり、私が「この文句は少し強すぎるではないか」と言いますね。オモニムも「その単語が強い」とおっしゃいますね。
 アボニムは「何だって?」
オモニムが「インターネットにあげるかどうか」をお尋ねになり、(文氏が「上げなさい」と答える。) 「世界宣教本部の会長の言葉だけを、聞きなさいというのが、アボニムのお話じゃないですか?」

「全ての宣教国、全ての統一の民は世界宣教本部の公文書の指示事項だけを、認定する(と、もう一枚の色紙に書いてくださいませんか? 簡単に一行でお願いします、おいやですか?」) オモニムがおっしゃいます。
 (それを)インターネットに上げれば、何の問題もありませんよ。(分かりやすいし、このことを)食口たちが知れば、もう顕進ニムの言うことは聞かないでしょう。こちら=最初に書いた方の色紙)は保管しますよ(少し言葉が強すぎるようですから)
 アボニムがおっしゃいます。
「保管する?誰が保管するんだ。そうするんだ(=これを宣布するんだ)。全部だ。ここに(必要なことは)全部入っているんだ」
オモニムが「そうですね、ここに全部入っていますね」と言われ、アボニムがおっしゃるには、「ここ、ここ、ここ(もうこれ以上)言う余地がない。万王の王、真のお一人の神様」


 真の御父母様もお一人の父母。万世代に天と地に、どんな「万の国の世代の民たちも、お一人の血統の国民であり、天国の子女です。血筋は同じです!天宙平和統一連合の本部は、本部も絶対唯一の本部だ!
 この本部二つであるはずがない。天地平和統一の「連合」という言葉はありません。
 統一、統一と言うんです。統一本部も絶対唯一の本部です。
 その代身者、相続者は文亨進だ!
 それ以外の人は異端者であり爆破者である。
 この内容は真の御父母様の宣布文である。
「文鮮明」とサインされます。2010年4月23日

<注>文鮮明氏が文家3男の顕進氏が率いるUCIを統一教会の本部ではないと明言している場面である。このときから文7亨進派と文3顕進派が対立していくことになる。


<注>異端者・爆破者宣布動画(後出)を見ると、これ以降も文氏は、宣教本部について書くことに難色を示すのだが、私には彼が戸惑っているように見えた。
(老母の介護をして分かったことだが、老人は、新しい事態が出現すると、理解できずに戸惑うもの)
 結局、妻・鶴子のソフトで執拗な波状攻撃に押された形で「特報事項/世界宣教本部の公文だけを認定する」と書くことになる。別の色紙ではなく「亨進が相続者/それ以外は爆破者」と書いた色紙の裏面にそれを書き、「表裏(の内容)は一体だ」と言いながら裏面にも署名した。




文鮮明と韓鶴子の関係

 真の御父母様の関係の中で、「位階の秩序はない」と言うポストモダニズムと現代哲学の影響を受けた人たちが見れば、本当に彼らの精神はどうかしているんじゃないかと思うでしょ。
 なぜなら、真のお父様は真の御父母様の中で、絶対的な主体者の立場でいらっしゃるからです。
 オモニムはアボニムに完全に服従しなければなりません
 それが真のお母様の路程です。真のお父様に絶対的服従です。

00:19:03.840 --> 00:19:06.080
 虚偽の教えを吹聴しないでください。
 真のお父様を、自身の嗜好と現代社会の主流に合わせようとする、これらの話に眩惑されないでください。
 お父様は決してそのような方ではありません。わかりますか?
 真のお父様は真の御父母様の関係の中で、自身が絶対的な主体者の位置であることをとても明確にされました。

 そして全ての家庭は その万王の王の命令を受け入れ、それに従います。
 命令を下されば、真のお母様も真の子女様も服従するのです。私たちにとってよかろうが、悪かろうが。

 もちろん、私の話は一般的な夫と奥さんとの関係において、そのような形態で権威をふるえということでは、絶対にありません。
 私が言うのは、真の御父母様の中で、「愛と価値」という立場では、お二人は同等でいらっしゃいます。
「権威の行使」においては、お二人は同等ではないと言うことです。
 万一、あなたがそう考えているのなら、あなたは錯覚の中に住んでいるのです。

 私は真の御父母様の息子であるだけでなく、父母様をすぐそばで2年あまりの間、直接お仕えしました。
 錯覚をしてはいけません。
 真の御父母様には、確実な主体者がおられます。
 誰でも真の御父母様の中で、「位階の秩序がない」と言う人たちは、みなさんの目の前でうそを言っているのです。

 確実な秩序が父母様の中にもあるのです。
 そして韓国語を使いこなせなければ、(この問題について)口をつぐんでください。
 なぜなら、先ほど見た映像の中で、お父様はお母様にぞんざいな言葉を使っていらっしゃり、お母様はお父様に敬語を使って対話をしていらっしゃいました。
 韓国語を直接理解できなければ、(この問題点について)つべこべと言うなと言うことです。

 真のお父様はポストモダニズムの代表として、この地へいらっしゃったのではありません。お父様は万王の王としていらっしゃいました。

 もちろん、私の話は一般の夫が、奥さんを掴んで振り回して、いたづらに取り扱えということでは絶対にありません。
 夫は奥さんを無条件的に愛して、奥さんは夫を無条件的に尊敬しなさい。それが聖書で言っている夫婦関係です。
 これが真のお父様の宣布文です。

 当時、私の個人的な意見は「あ、少し強すぎるみたいなので、、、これはそのまま保管しておいたほうが、、お母様もそのようにお考えのようだし、、、」でした。
 しかし、お父様は「話にもならない」とおっしゃりながら、この映像は終わっています。

 (この後)すぐ、訓読会をするお部屋に行かれると、ピーターキム氏を通してみんなに発表させられました。
 それで、この宣布文は天暦で4月23日、陽暦で2010年6月5日に発表されました。
 そして、この宣布が世界の教会に知らされたのです。


爆破者とは誰か

 この宣布文が、現在の非正統の教会を指さしてしているとは、誰が想像していたでしょうか。みんなその当時、(異端者、爆破者は)郭グループを指しているのだと思っていたのです。

<注>「爆破者」とは文顕進氏や郭錠煥氏のことではなく、いわゆる悪魔連盟が支配している現在の統一教会のことだったというのだ。
 しかし、韓鶴子氏はこの前に「もう顕進ニムの言うことは聞かないでしょう」と映像の中で発言している。整合性が取れない。察するに、こういうことではないのか。
 宣布文を出したときは、異端者、爆破者として念頭においていたのは顯進氏だった。
 それから5年近くが経ち、異端者、爆破者は悪魔連盟に変化した。

 亨進氏の「みんなその当時、(異端者、爆破者は)郭グループを指しているのだと思っていたのです」は、後出しジャンケン説法というしかない。
 私が首を傾げたのは「郭グループ」という言い方である。この表現を使っているのは、亨進氏が言うところの「現在の非正統の教会」である。そのことを知りながら、なぜ「郭グループ」という言い方したのか。

 今回の説教の中で一部上映・解説されたビデオ、いわゆる『異端者・爆破者宣布文』動画の全体である。(18分)

 この中に「顕進」の名が、先に指摘した部分を含めて3か所出てくる。
 母の口から2回、父の口から1回である。
(04:19)母:「食口達が知れば顕進のいうことを聞きません。」
(09:47)母:「現在法人を受けた名前を無視するのです、顕進が。」
(10:26)父::「こいつめ、わたしのこれを信じろと、全て、顕進の名前もここに書かないのだ。」

 そしてビデオの最後に、全て書き終えた後の夫婦の会話がある。
(17:43~)
母:「何度も二度三度と話をしてすみません。ことが、もう広がらないようにしようと」
父:「広がれば天がほっておかない。アイゴ。連れてしまうのだと。全て」
母:「はい。その前に悔い改めるように」

文氏のこの発言は、“(顕進の動きが)これ以上広がるなら、天は彼(ら)の命を奪い去る”との意味だろう。鶴子母もあうんの呼吸でそれを理解して、“はい、そうなる前に彼らが悔い改めるように(この宣布文を出すことにしたのです)”と応えている。
 宣布文当時、夫妻の間で問題になっていたのが「顕進」(たち)だったのは間違いない。ちなみに亨進氏の口からは、一度も「顕進」の名は出ていない。

 ところで、顕進氏と国進&亨進氏の対立の真相はいまだ明らかになっていない。いずれ、gildong さんの記事なども参考にしながら、事実を解明したいと思っている。



 この真のお父様の宣布文はお父様の死後、現在の非正統の教会を糾弾している文だったという事実を。その誰が。
 誰が想像することができたでしょう。
 今、彼らは自身の法的な位置を保ち、手当と年金、今はもう減っているであろう5億ウォンの収入に、まだこだわっているかもしれません。多分そうでしょう。
 彼らは自分の法的な位置は守っていると思うかもしれません。

 彼らは全くわかってないのでしょう。神様の王国は物理的なものに先立って、霊的な基台の上に立てられるという事実をです。
 彼らは宗教リーダーの一人として、自身は権威に脹らませた法的職位から来るのではなく、霊的な美徳から来るという事実を忘れたのでしょうか?

 見た目はとても貧乏くさい牧師であるように成り済まして、裏では教会で 1億ウォンの給料をもらっているんですよ。
 私は彼らがいくらずつ、もらっているのか全部知っています。なぜなら、私の承認の下で、月々の給金を与えられていたからです。

 もしあなたがそんなことで、神様の国が臨むのだと思っているのなら、あなたは愚かで愚鈍な者です。答えがない人です。
 愚かなうぬぼれが、自分の家を砂の上に建てます。愚昧なうぬぼれです。

 これは、真のお父様の宣布文の英語の翻訳版です。

<万王の王。 真のお一人でいらっしゃる神様。真の御父母様もお一人の父母様です。 万世代の天と地に、万世代の民も一つの血統の国民であり、一天国の子女です。
天宙平和統一連合の本部は、本部も絶対唯一本部だ。その代身者-相続者は文亨進である。
それ以外の者は異端者で爆破者である。その内容は真の御父母様の宣布文である。 文鮮明>

 今日私は発表しなければならない宣布文を準備しました。
 なぜなら、今、時が来たからです。
 あなたがたには今まで、正しい道を選ぶことができる、限りない機会がありました。
 真正な人間として立つことができる機会がです。信仰的な節操を守ることができる機会がです。
 地位を明け渡す機会ですね。
 教会の方向が、自分自身の主を裏切る道に行くのなら。
 あなたがたにはそのような限りない機会があったはずです。

 しかし、あなたがたは政治的に妥協する方を選び、周囲の人たちの顔色を伺う方を選び、他の指導者階層の友達が行く道に従いました。
「仲間たちの顔色」に従ったんです。韓国語で顔色は仲間たちが与える無言の圧力だと言えば、わかり易しいでしょう。
 彼らは地位を明け渡す、十分な機会がありました。
 私はそうしました。私が明け渡したことを知っているじゃないですか?
 なぜなら、霊的な権限は一握りの価値さえない、法的地位や年金から来るのではないと私は知っているからです。
 わかっていただけますか?

 また、彼らは続いて(公的)資金を盗んで、(自分の)ポケットに入れるという仕業ももうこれ以上することができないでしょう。
 なぜですって? 私は今教会内の資金繰りが切れていることを、その状況をよく知っているからです。
 なぜなら、彼らのしでかした事は邪悪なことであったからです。
 それで、私は今日しなければならない仕事をするのです。


あなた方を解任する

解任令 宣布文!

 天一国の万王の王であるメシアによって、後継者に冊封(継承)された私、文亨進は上の内容を宣布する。
 万王の王、メシア、真の御父母様の中でも主体者であられる真のお父様の多くの宣布文、経典、伝統を変える破綻的で異端的な裏切りの行為に直接、間接的に同参した以下の者たちを天一国のすべての公的職からの解任を命じます。

<注>文末カッコ内に青字で漢字名・役職名等、分かる範囲で注釈を加えておく。間違っていたら、ご指摘を。



キムヒョユルを天一国のすべての公的職から免じる。(金孝律: 全羅南道出身グループの頭目。元文家の執事長。天一国の財政権を司る天財院院長。宣教財団副理事長)
キムヒョウナムを天一国のすべての公的職から免じる。(金孝南: 教会内では著名な金持ちイタコ。韓国の検察、国税の捜査対象の中心人物。情心苑<祈祷院>院長)
キムソクビョンを天一国のすべての公的職から免じる。(金ソクビョン: 全羅南道出身の蓄財男。成和社社長、歴史編纂委員会委員長)
アンヒョウヨルを天一国のすべての公的職から免じる。(安ホヨル: 統一財団対外協力局局長。国進氏の元側近。全羅南道出身)
キムマンホを天一国のすべての公的職から免じる。(金萬皓 : 世界宣教本部本部長、圓母平愛財団事務総長。元韓総裁秘書室長。韓ママを虜にしている人物の一人)
ヤンチャンシクを天一国のすべての公的職から免じる。(梁昌植: 南北アメリカ特命総使。前北米大陸会長、前韓国協会長。5つの会社から給料をもらっている、公金横領の噂が絶えない人物)
ソクチュノを天一国のすべての公的職から免じる。(ソク・ジュンホ: 学校法人鮮文学院理事長。元韓国協会長)
キムヨンヒを天一国のすべての公的職から免じる。(金栄輝: 元韓国協会長。天聖経編纂委員長、天一国最高委員の一人、立法権を担当する天議院院長)
イジェソクを天一国のすべての公的職から免じる。(李載錫: 天聖経編纂副委員長。天一国最高委員の一人。天聖経編纂副委員長。み言改竄の言い出しっぺと言われている)

 あなた方は、その日その病室に一緒にいました
 名前がリストにある大部分の人々は、その日その病室で一緒にいました。
 そしてその日、私たちの主を守って差し上げることができる選択の機会が、あなた方にはありました。
「だめです」と言える機会があなた方にはありました。
 気遅れをしたあなた方は、一貫して沈黙しました。
 お父様の最後の時にお父様を守るために、立ち上がった人は私と国進ニムと、そしてパクポヒ(朴普煕)氏しかいませんでした。

 あなた方はあなたの地位と政治的利得を計算していました。
00:28:46.320 --> 00:28:52.440
 そんな受難と試験の場で、あなた方はただ一言も(お父様のために)言いませんでした。
 あなた方がどれほどの長い間、真のお父様に従ってきたかということは、重要ではありません。
「50年間、お父様に従って来ました」、こんな言葉も全く意味がありません。
 その最後の瞬間が重要です。あなた方は私が何を言っているのか、かわかっていますね。
 あなた方がこの映像を見ている、まさにこの瞬間に聖霊が霊的にあなた方に有罪判決を下されているのを感じていることでしょう。

 あなた方は私が誰のことを言っているのか、わかるでしょう。
 怖気ついて震えながら、ただ一言も言えなかった、あなた方!
 あなた方の万王の王のために、どんな抗弁もしなかったあなた方!!


資産を日本のシックに返還せよ!

ユギョンソクを天一国のすべての公的職から免じる。(柳慶錫; 韓国協会長。2世。天一国最高委員の一人、広報を担当する天公院院長)
 韓国の教会は、この異端教理から解放されました。

ソンヨンチョンを天一国のすべての公的職から免じる。(宋龍天 : 日本教会総会長。天一国最高委員の一人、全羅北道出身)
徳野英治を天一国のすべての公的職から免じる。(徳野英治:日本教会会長。韓国人幹部の言いなりになって、過度な献金をプッシュしている人物)
 日本の教会は、この異端教理から解放されました。日本は万王の王である真のお父様を神聖冒涜する、現異端集団に一銭も献金をしません。
 もしそれでも献金をするのなら、それは皆さん自身の先祖から、呪いを呼ぶことになるでしょう。

キムギフンを天一国のすべての公的職から免じる。 (金起勲:北米大陸会長。文仁進を敵対視する人物。天一国最高委員の一人、全羅南道出身。反亨進の公文を出した)
マイケル-バルコムを天一国のすべての公的職から免じる。 (アメリカ統一教会会長。反亨進の公文を出した)
マイケル-ジェンキンスを天一国のすべての公的職から免じる。 (前アメリカ統一教会会長。アメリカ統一教会理事)
アメリカの教会は、この異端教理から解放されました。

全ての大陸会長を天一国のすべての公的職から免じる。
 全ての国家の教会指導者を天一国のすべての公的職から免じ、天一国の国民たちにどのような権威もないこと命ずる。

 メシアであり、天地人真の御父母様の内でも、絶対的な主体者の位置にいらっしゃる真のお父様の後継者であり相続者の権限で、万王のみ旨にさからい、真のお母様を搾取して、神聖冒涜と破綻的な異端行為を行うリーダー層から、真のお母様を解放するために、天一国の市民は世界基督教統一神霊協会、世界平和家庭連合、世界宣教本部またそれに関わる摂理機関と財団のすべての理事会の、法的な辞任を命ずる。

 天一国の市民は理事会を法的に受理し、すべての資産を清算して、40余年間、世界教会宣教のために補助してくれた日本の教会の食口たちのために、主な資産を確保することを助ける。
 理事会に受理された場合、自分の利益のためにお金を盗み取ろうとするなら、また神様の呪いがあなたと共にあるでしょう。

 正しく公正な事をしてください。これ以上、しがみついて、食口たちの血を洗う指導者たちのグループが、教会の資産に欲心を起こさないようにしてください。
 そしてその資産は、我々と我々の国のために、苦労の道を歩んできた日本の食口に返します。そうしろと言うのです。

 真の御父母様の後継者が承認しない(真のお父様の聖和の後に作られた)新しい経典と、すべての異端的宣布文、伝統またそれ以外の宣布文はすべて無効とし、天一国の法的な価値を喪失したことを宣布する次第です。

 食口たちは自分の地方、国家レベルの代表者を選択することができるし、(選ばれた代表者は) 万王の王の権威と彼が認めた後継者である、文亨進、彼の伝統、彼の経典に忠誠を誓う。

 また、選出された代表者は天宙平和統一聖殿の本部に、直接出席して、文亨進世界会長に、直接報告することを命ずる。
 韓国のリーダーを通さずに、直接報告することを命ずる。
 代表者は必ず韓国人である必要はない。
 もしアフリカの大陸の代表者を選ぶのなら、アフリカの方で選んでください。ロシア大陸ならロシアの方でいいです。

献金の透明な管理

 新たに選出されたリーダーは、現在、世界平和統一聖殿で使っている献金と資産の透明な管理システムで、受容することを誓わなければならないし、一年に二回の周期で、食口たちに国家レベルと地域教会レベルで、献金内容を正確に報告することを命ずる。
 教会の中ですべての職分、牧師会、リーダー会、正職員、臨時職員の給与と教会の収入は公的に公開する。
 教会の支出と教会の資産、そして収入は公的に公開する。
以上の内容を一年に二度、食口たちに公的に報告する。

 みなさん、これはまだ始まりに過ぎません。
 私は今、教会内のリーダー層に言いたいです。一般の食口たちではなくて。
 特に、韓国の指導者の主要層に言います。はい、あなた方に向けて私が今言います。

 あなた方がしでかした事は、私にたくさんの怒りと苦痛をあたえてくれました。
 しかし、ここでは私のことは重要ではありません。
 本当に重要なことは、あなたの永生がここに懸かっているということです。
 わかりますか、あなたの永生についてです。
00:34:14.520 --> 00:34:20.400
 あなたは私に「主を見つけたから、この教会に入って来た」と言いました。
 あなたは私に「メシアに会ったから、50年余りの間、ついて来ることができた」と言ったんです。
 主のそばであなた方が受けることができる、すべての恵みと祝福をすべて受け取ったんです。
 あなたは教会の先輩として、教会で受けることができるすべての尊敬と栄光、食口たちの愛をすべて受けました。
 あなたは主にたいして、あがなうことができない途方もない罪を犯してしまいました。
 40年もついて来たなら何が有益なのでしょうか?
 最後の瞬間にサタンの誘惑とそそのかしに対して、自分の主のために戦わなければ、果して何が有益なのでしょうか?
 あなたはそれでも男ですか?
 私はあなたの魂を悲しくて惜しく思います。

 なぜだと思いますか?なぜなら、神様があなたを罰する必要もないからです。
 あなた方の先祖が下りてきて、あなたを罰するからです。
 あなたは地上で主とともに道を歩んだあなたの地位を羨む、その先祖の怒りが恐ろしくないですか?
 主を冒涜して不名誉を抱かせることに同参して家門の名前に泥を塗ったあなたに向けた、先祖の怒りが感じられないのかというのです。
 あなたの先祖は、あなたがした仕業をすべて見ていたんです。
 あなたの沈黙をです。
 その最後の瞬間に怖気ついて、固くつぐまれたその口です。

 ええ、そうでした。 あなたは私に尋ねて来て、泣いて懇願し、「もう私は癌で闘病までしているんだ」と言った時、私があなたに何と話したのかを憶えていますか?

<注>懇願した人物は、金孝律氏である。前々回の記事でも触れたが、彼はもう激務がこなせなくなっている。悪魔連盟の親分格が退場しつつあるとなれば、権力構造は変わっていく。
 亨進氏は、韓鶴子氏の時間を独占しているのは金孝南・金ソクビョ・金マンホの3人の金だとしていた。金孝南氏は事実上失脚したので、あとに残るのは金ソクビョ・金マンホだ。
 2人を比べれば、力関係は金マンホ氏が上。実際、世界本部長に就任している。彼の背後にいた金孝律氏が退場となれば、金マンホ氏は金孝律氏の顔色をうかがうことなく、韓鶴子氏を立てながら、組織を自由に采配することができる。もっとも、全羅南道出身の幹部たちの権益を奪わない範囲で、という条件はつくだろうが。



 私はあなたに「それはただあなたが経験する苦痛の始まりに過ぎない」と言ったことを憶えていますか?
 いくら私を尋ねて来て、「自分の子供が死にそうです」と泣きながら頼んでも、それは何らの意味がないのです。
 私があなたに言った言葉がわかるでしょう?憶えてますか?
 霊界に対して食口たちに教えながら、そんなことはできないのです。
 しかし今週、神様が私の心情をとても強く押しやりました。
 とても強くですね。
 ええ、そうです。あなたは本当に消すことができない罪を、あなたの主と天一国に、そして摂理歴史と先祖にしでかしてしまいました。

 ところが、今週にお父様が私に来られて、何とおっしゃったのかわかりますか?
「それでも私は彼らをまだ愛している!」
 そのようにおっしゃいました。
「彼らがいくら愚かでも、私が彼らをまだ愛している」と。


悔い改めない罪

 最後でも、もっとも邪悪な罪も、神様の恩恵であがなって下さるのです。
 それがまさに私たち皆が経験している、このことを通じて、真のお父様が教えて下さろうとする教訓です。
 主の恩恵はあなた方が主に対して、しでかしたその悽惨な行為も、あがなってくださるということですね。
 しかし、あなた自ら自身が犯した仕業を深く悔い改めなかったら、主は容赦をしてくださることができないのです。
 ただその罪だけは、主もあがなって下さらないのです。悔い改めない罪。 容赦を求めない罪。

 私はあなたがこの映像を見ているこの瞬間、聖霊があなたに有罪判決を下していることを感じるでしょう。
 私はあなたがこの映像を見ている今、自分の目から流れる涙を止めることできないことがわかっています。
 自分がどうして泣くのかを、誰よりもよくわかっているでしょう。自分がどんなに恥かしい事をしたのか、わかっているでしょう。
 なぜそうなのか、自分にはひしひしとわかるでしょう。
 今(泣きながらも)「ヒュ。私の指導者層の友達は、こんな私をどのように思うだろうか?」
「あらら。今やめたなら、私の年金と給金は果してどうのなるの」という心配をしているのでしょう。
 そんなバカらしい計算だけをしているのでしょう。もうどうか、そんな情けない計算はしないで下さい。

00:38:59.400 --> 00:39:05.720
 この映像を見ながら、もし聖霊が臨んであなたを目覚めさせようとするなら、受け入れてください! 今すぐひざまずいて悔い改めなさいというのです。
 真のお父様に差し上げる悔い改めの条件で、教会の地位を下りなさいというのです。
 真のお父様を冒涜する機関で、ずっと給料をもらいながら真のお父様に「悔い改めた」と言う、話にもならないことは放り出してください。
 そんなに愚かなんですか?
 あなたの奥さんが、子供が「あーだ、こーだ。」と言っても重要ではないです。
 あなたはあなたが言っていた男ではないのですか?決定は結局あなたがしなければならないのではないですか?

 私が今あなたに話していることがわかるでしょう!
 これら何人かの心はとてもかたくなで、この映像を見て私をあざ笑うかもしれません。 私もよくわかっています。
 なぜなら、あなたはもう心がかたくなになってしまっていて、もうあなたには信仰がなくなってしまっていて、目をこらしても探すことはできないでしょうから。
 (主を)神聖冒涜をしながらも、あざ笑ってしまうそんなあなたですから。
 しかし霊界でお父様に会えば、果してあなたが今のように笑うことができるでしょうか?

 憶えていますか?お父様の訓読会を?
 真のお父様がその霊的な力を解かれた時の、どれほど恐ろしかったのかを?
 忘れようと努力して、あなたはあなたがした仕業を正当化しようと思っているはずです。

 入教して初めてでも正しい選択をする、真正な信仰人になりなさいというのです。
 自分の罪を信仰をもって告白することができる者になりなさいと言うのです。
 金づるのためにこだわっている、あなたの無用な非正統の地位から、下りなさいということです。
 自身の罪を悔い改めなさい。
 ただ主だけが、あなたを引き上げることができます。

 今あなたが経験している苦痛。私を尋ねて来て癌があると訴えたあなた方。
 一体どうするつもりですか?


審判

 お父様がおっしゃったことを聞いていなかったのですか?主を裏切れば、霊界に直ちに連れて行くこともできるんですよ。
 主を裏切って不名誉を与えれば、あなたの後代までも呪いを受けるでしょう。あなたの子供達はまた何の罪ですか?
 彼らは何の罪もないのに。 あなたの孫たちもですね。
 本当にあなたの子孫が呪いを受けて、唾を吐かれるのを望むのですか?
 お父様を冒涜したユダの族属として、後ろ指を指されることを、自分の子孫に願うのですか?
 それがあなたが言っていた、名誉というものですか?
 そういう場合には、むしろ英雄になることを選択するのはどうですか?
 これ以上、自身が正当化の後に隠れていなで、これ以上卑怯にふるまわずに、正しい選択をしてください。
 もう一度、信仰者の姿に帰って来なさいというのです。
 自分の地位を捨てて、こちらに来てください。

<注>「こちらに来た」のは、亨進氏から韓国会長として任命された李相烈(リサンヨル)氏である。江利川女史もやってきたのだが、途中で日和った。



 私があなたと一緒に悔い改めて、すすり泣きながらお祈りします。
 私があなたと霊的な条件も立てます。
 だから投げてしまいなさいというのです。

「生きようとする者は死に、死のうとする者は生きる」と真のお父様が何回言われたでしょうか。
 あなた方、韓国指導者は、真のお父様と最側近であるという、他の誰よりもっと大きい特権を享受したにもかかわらず、最も大きな罪を犯してしまいました。
 お父様の愛を最も多く受けたのにもかかわらず。
 今どうしますか?

 終局には食口たちが皆さんをその地位からで引きずり下ろすでしょう。
 もうすぐあなたの不正腐敗は世の中に現われるでしょう。
 すぐ世の中に知れ渡ることでしょう。

 清平によって起こっている事を、今、目撃しているじゃないですか?韓国政府によって監査を受けている場面のことです。
 刑事(訴訟)が行われていることもご存じですか?
 わかってないんですか、これらのことはあなたにも起こってきます。

 霊的指導者の道を歩みながら、どんな理由で世の中の審判のみを、恐れるのですか?
 霊界と原理に関して教えるのが、あなたの仕事ではなかったのですか?
 神様が恐ろしくもないですか?

 今は決定の時であります。
 悔い改めて今この瞬間にもあなたを見守っている主に、帰って行くことを願います。
 主はあなたを救い出して下さるだろうし、あなたに新しい希望を下さるだろうし、新しい創造物として作ってくださるでしょう。
 主はあなたのかたくなになった心情を開いて、新しい熱い聖霊であふれた心をくださるでしょう。
 そうすればあなたの証しが、主の栄光を知らしめるのに使われるでしょう。
 そして(その証しは)世界を感動させるでしょう。あなたが正しい選択をしたなら。


ペテロ

 ペテロはイエス様に直接お仕えしたのに、最後の瞬間に主を否定してしまいました。
 しかし、ペテロは今あなたがしていない、驚くべきな選択をしました。
 イエス様が(霊的に)戻ってこられたときに、悔い改めたのです。
 彼は悔い改めました。
 自分が持っているすべてのものを捨てました。自分の収入もすべて捨てたんです
 それから、彼は世の中に出て福音を伝えました。
 そんなペテロの業績は、主に従うすべての信仰人の鑑(かがみ)となりました。

 あなたの恥部が満天下に現われたこの時点で、あなたの人生のはずれで、あなたは果して何を選択しますか?
 あなたはユダのように隠れますか?
 ユダは終局にどうなったんですか?彼は悪魔に魂を生け捕られて、首を吊って死んだんですね?

 それとも悔い改めたペテロのような選択をなさいますか?彼は完璧ではなかったのです。 私たちみんなが完璧ではないことのように。
 しかし、彼は悔い改めて、神様に自分の罪を許してくれと祈りました。そして自分の生涯を神様に完全に捧げました。

 もうあなたの周囲の友達たちの機嫌をうかがう事はやめて下さい。
 神様にあなたの生涯を捧げてください。
 あなたの生涯を主にまた捧げてください。 また主に従ってください。

 あなたはわかっているんじゃないですか?すべてのものが修正、編集された時、あなたの良心がずたずたにちぎられるように、苦痛だったことをすべて知っています。
 しかしあなたは首を下げて、一緒に付いて行ったんです!あなたのした仕業は、あなたが一番よくわかっているでしょう!
 あなたがその時、そのように感じたにもかかわらず。

 なぜなら、御自分のみ言葉は「一字(一句)も変えるな」と言われた真のお父様を、最側近としてお仕えしていたからです。
 しかし今あなたは、百万字も越すみ言葉を直してしまったから、これからはどうするのですか?
 それによって天一国が崩れて行っているのに。
 教会の資産を売り飛ばすつもりですか?(天一国の)崩壊を臨時的に延長して阻むためにですね。
 すべての人々があなたがどう動くのか、わかっています。

 あなたが享受しているすべてのものを、支援してくれた日本の食口たちに、その資産を返してあげてはどうですか?
 あなたによって、数百億の借金をしている日本の食口たちにですね。

 もうあなたが犯した罪を認めて、神様の前に出るのはどうですか?
 これからはあなたがしっかり握りしめている、情けない権力の綱を、離してしまいなさい。
 神様の国ではどうにも役に立たないそれをです。
 それは天国とは関係がないのです。

 主の前に帰って来てください。
 主はあなたの罪もきれいに洗って下さるのです。血にまみれたその手も、雪のように白く洗ってくださることができるというのです。

 しかし、先にあなたが主を受け入れなければなりません。
 これ以上あなたは(真のお父様に向けた)冒涜を正当化してはいけません。
 これ以上はあなたの心の中で、「私がしたことは正当な事であった」と、くどくどと繰り返してはならないのです。
 心を引き締めて真のお父様に、「わたしの万王の王になって下さい」と、「わたしの心の中に入って来て下さい」と、しがみつきなさい。
 あなたに懸かっています。 あなた自身以外に、誰が神様があなたの心情に入って来ることを阻みますか?
00:47:59.360 --> 00:48:02.000

 私はあなた方のために祈ります。
 そしてここにあなたが来て、私はあなたの手をとって一緒にお祈りします。

 しかし、俸禄をずっと受けながら来るつもりなら、ここには姿を見せないようにして下さい。

 この前あなたが尋ねて来た時、私が言った言葉を記憶してください。
 職責を捨てて来てください。そうすればあなたと一緒にお祈りします。
 神様はあなたをまだ愛しています。
 あなたのした事が、想像もできない苦痛を伴う事であったしても。
 あなたの地位にずっと捕らわれず、あなたの情けない給料にもこだわらないで下さい。

 今年は真のお父様の聖和3周年になる年です。
 あなた方に向かってくる先祖の怒りは、さらに高まることでしょう。
 経典で言う「呪いの警告」は、さらに速くあなたのそばで、あなたをついばむでしょう。

 主の権能を試さないでください。
 一生一代に一度、正しい選択をしてください。
 全ての教会があなたを見ています。
 正しい選択をしてください。
 これ以上卑怯に振る舞わずに、その地位から下りてきてください。
 そして万王の王に悔い改めてください。
 私たち皆は万王の王の国、経典、伝統、言約(口約束)を冒涜した異端的行為に対して、悔い改めの時間を持たなければなりません。
 まったく同じ瞬間に私たちは、喜ばなければなりません。
 なぜなら、神様はその懐で私たちを再び呼んでいらっしゃるからです。
 神様はすでにこのような事が起こることが、わかっておられました。
 神様が私たちをまた呼んで、真のお母様を解放させて上げることを、願っていらっしゃいます。
 神様は私たち皆が悔い改めて、主の名前をまた呼ぶのを願っていらっしゃいます。

 リーダーたち!その隊列に同参しませんか。

 これ以上自分の地位に縛られていずに、万王の王に侍ってください!
 ここにおられるすべての食口たちが、あなた方のために祈ります。
 私たちはあなたが破滅の道を、駆け上がることを願いません。
 私たちがあなた方をそうなることを願っていると、勘違いするかしれませんが。
 私たちはそれを見たくないのです。
 私たちは善良な人々です。私たちはあなた方が自滅するのを見たくありません。

 しかし同時に私たちは神様ではありません。
 あなた方は神様を無数に試しました。その度合いが、あまりにも度が外れてしまいした。
 あなたは神様の審判を受けるでしょう。
 いいえ。私が話したように、神様はあなたを審判なさる必要もないです。あなたの部族と先祖が、あなたを審判するでしょう。

 今、あなたは我に返って、あなたの家庭を守り、あなたの親族を守って、罪を告白して、万王の王の前に出る時です。

 メシアを私たちの興味なりに変形させてはいけません。メシアに私たちを変えてでも合わせなければならないのです。
 今、世界の教会の体だという信仰共同体は、自分自身を欺いています。
 昨今の社会ではやりの潮流に流されて、メシアを自分の形態に合わせようとするなら、教会内で霊性は起きないでしょう。
 私たちは主をありのまま、受け入れなければなりません。そして主をありのまま、愛さなければなりません。
00:52:36.040 --> 00:52:41.800 
 スクリーンに何と書いてありますか?オンマ(ヨナニム)。あなたがもう少し補って言いたいことがあればいいのですが。



(李妍雅の説教)

 もう一度、亨進ニムに拍手を送ってくださいませんか? 感謝いたします。

 実は、亨進ニムは今日の礼拝の主題を考えて先週の日曜日の礼拝が終わった後から、ほとんど寝ておられません。
 今日、実は私は話をしないことになっていました。
 ところが今朝になって、急に亨進ニムが私たちがこの間、日本の食口たちが、どうのように対して来たのかについて、少し(話を)わかち合うことができるのかと尋ねました。
 また、なぜ亨進ニムが日本の教会の解放を、今日、話さざるを得なかったのかについても。
 ええ、それで今日も前に出るようになりました。


日本の食口たちを助けよう

 私が真の家庭の一員になって、何年も経っていなかった頃でした。
 亨進ニムがアメリカ統一神学大学で、特別修練をされていた時のことだと記憶しています。
 かなり多くの人々が集まり、亨進ニムのマルスムの後に、食口たちが手をあげて質問をする時間がありました。
 一人の日本人の女性の食口が手をあげて質問をしました。

「あのですね。私たちはインターネットがあって、宇宙にロケットを飛ばす、そんな現代社会に暮しています。それにもかかわらず、どうして私たちの教会の運営方式は、こんなにも固陋しているのか」というのです。
「一体、摂理において日本の食口たちは、いつまで犠牲にならなければならないのでしょうか?」
 その方は加減なしに真実を吐露しておられました。

 私としてはその当時、そんな話を初めて聞きました。私は心でこの方は「何を言ってるの?」と思いました。
 私は二世として育ったし、幼くて限りなく無知でした。
 しかし、私たちが日本の教会の実情を知れば知るほど、受け入れることができない、悪の空回りが私たちの教会で存在しているということを、悟るようになりました。
 そしてその事実は、ここで一緒に映像を見ているすべての食口たちも、わかっていらっしゃると思います。

 私たちはその主題を忌避して、私たちはそんなことは存在しないと私たちを説得したし、日本の食口たちを一つのかたまりでくくって、「やりたくてやってるんだから、そのままにしておけばいい」と言ったりしました。
「いや、自分が選んで自発的な意志でやっていることなのに、そのまましておけ!」
「誰も腕を拗りながら(無理矢理)させているのではない」
 そして私たちはこの問題に対して口をつぐんでいました。

<注>「やりたくてやっている」。これに近い言葉は李海玉総会長夫人が述べている。世界基督教統一神霊協会(統一教会) 公式説教ブログの「私たちを通して成される「大きいわざ」(2015年2月28日)。引用はしないので、ぜひクリックして読んでもらいたい。
 私には李総会長の娘はきわめてまとも、海玉夫人は娘の涙が理解できない冷血な御仁のように思えた。
「李総会長は善人、ただし妻が強すぎる」と聞いていたが、その意味が彼女の説教文を読んで氷解した。



 亨進ニムが神学大学院を卒業以後、博士の学位を取るか、でなければ他の事を始めるかについて悩んでいる頃でした。
 その当時、国進ニムは韓国の統一財団に理事長でいらっしゃいました。
 たぶん韓国で大きい行事があったときのことです。韓国に帰っていた亨進ニムを国進ニムが呼んで言いました。
「私たちはいっしょに日本の食口たちを助けよう。私たちが日本の食口たちのためにできる一番目の段階は韓国の教会を日本の教会から、財政的に独立させることである」
「一度やってみよう。話するだけじゃなくて、実際にやってみよう」と国進ニムはおっしゃいました。

 国進ニムの要請は、まことに時に合っていました。
 なぜなら、私たち夫婦はその頃すでにもう日本の教会を40ヶ所余りを訪問していたし、それとともに私たちがひしひし悟ったことは、亨進ニムの希望に満ちた説教も、日本食口たちと撮った写真も、その何になったとしても、それは十分ではないということでした。
 私たちが本当に日本の食口たちを私たちと同じ兄弟姉妹だと思ったら、亨進ニムの希望に満ちた説教も、亨進ニムの揮毫も、(もちろんそれらが好きだったのですが)十分ではないことを悟るようになりました。
 私たちはそのように恐惶(恐れ畏まり)ながらも、真の御父母様の祝福を受けて牧会を始めるようになりました。
 私は真のお父様がどれほど喜ばれたのか、その瞬間をありありと憶えます。どれほど嬉しそうな龍眼をされたのかを。

 日本での国進ニムのリーダーシップで日本の教会が借金を返しているという事実を聞かれて。
00:57:49.240 --> 00:57:58.160 
 日本の教会の借金の状況を、少しでもご存じの方もおられると思いますが、日本には教会の借金があり、個人の借金も存在します
 国進ニムは、長期計画を立てて日本の教会の借金を清算することに力を注がれました。
 そして、2012年には日本の教会の借金の半分近くを返すことができる状況にまでで引き上げました。
 そしてその報告を聞かれた真のお父様はたいへんたいへん喜ばれました。
 またその当時の韓国の食口たちも誇らしいと言いたいです。
 なぜなら、日本から財政的に独立した誇らしい韓国の教会の食口たちの姿でした。
 韓国の食口たちも誇らしいと言いたいです。

<注1>国進氏は、韓国の教会と教会系企業の大胆なリストラを行い、日本から財政的に独立させた。現在は不明。

<注2>日本の教会は献金目標を達成するために、教会やアベルが一般シックから借金している。また、献金等返還請求の示談交渉成立で、元シックに献金を返還している。これらが「教会の借金」である。
 国進氏のこの借金構造にメスを入れ、中国5県では借金をすべて返済していた。国進氏が日本担当から外れなければ、膿を出し切り、借金はゼロとなり、「ふつうの宗教団体」になっていたと思う。



 そして今、現時点では昔のそのシステムは、そのまま変えられてしまったと、遠くから聞いただけでした。
 礼拝を準備しながら、実は私は泣くのを止めることができませんでした。
 まるで教会のために犠牲を甘受した、その日本の食口たちの魂が、私と一緒に泣いているようでした。
 私の上に降り注がれているかのようでした。それで流れる涙を堪えることができませんでした。
 そうです。 私たちは彼らの犠牲を正当化して来ました

「日本はお母さん国じゃないの。だから全世界の子女の国を支援するのが当たり前ではないの」と言って。
 いえ、どんな父の国が、どんな長子の国が、どんな娘の国が母親に40余年にわたって犠牲を強要しますか?
 これは一体どのような家族ですか?どのようなキリストの身体である教会ですか?
 私たちの信仰の兄弟が苦痛に遭えば、その苦痛はすなわち私たちの苦痛でもあるのではないですか?
 それがまさに主が私たちに教えたことではないですか?

 考えて見てください。 真の御父母様は解放釈放時代を宣布されました。
 それによって、さらに日本の食口たちは解放釈放されなければならないと思います。
 その方々も人々です。 私たちが家庭訪問した日本の食口たちを憶えています。
 もし日本の食口たちの中で、どんな家庭なのかを皆さんが知ったなら、私たちは先にその家庭の名前リストを作って、その方々の解放釈放のために祈祷を始めることもできます。
 主は私たちに大きい愛を教えてくださいました。そして日本の食口たちも、主の愛する息子娘たちであることを忘れてはいけません。


釈放!

 私の個人的な考えでは献金は重要な信仰の表現だと思います。
 私の子どもたちが大きくなっても、お前逹がいつどこでどんなの事があっても、教会に参席して、十分の一献金を必ずしなさいと教えます。
 しかし、献金が十分の一を越して、虐待を受けて搾取される水準で、駆け上がるのなら、それは正しくありません

 私達、キリストの身体として、献金は重要な信仰の表現です。
 日本の食口たちは教会の開拓時代に主を追って、その誰もできない英雄的な信仰の表現をされました。
 私はその方々の英雄的な犠牲を高めたいです。
 日本の食口ニムたちの犠牲は、値打ちのないものではありませんでした。それは本当に美しい信仰の心情でした。
 そして日本の食口たち、その一人一人に感謝の言葉を伝えたいです。
 私たちは日本の食口ニムたちの犠牲を忘れずに、彼らの業績を称えて感謝の気持ちを忘れてはなりません。
 では、本当に霊界から真のお父様が、私の日本の子女たちはその兄弟姉妹からちゃんと面倒をみてもらっているんだねと言って喜んで下さるでしょう。 ありがとうございます。

 日本の食口の皆さん! さあ! これからは解放釈放を迎えてください。
 これからは皆さんは解放されました。 解放釈放! 完全な解放!この日をお祝いしましょう。 釈放!
 今日名前が呼ばれたリーダーも、今日から自由になることができます。これ以上待つ必要はありません。
 今、主のそばにまた帰って来てください。あなたが正しい選択をしたなら、私もあなたと一緒にお祈りします。
 あなたの生涯が、神の国の鑑(かがみ)となるようにしてください。
 主はあなたの生涯を180度ひっくり返すことができます。今生きている生涯を、そのまま生きる必要がないのです。
 今の生涯をひっくり返して、主の懐に再び帰って来てください。そうしたら、あなたは生涯の中で奇蹟をまた見ることができるるでしょう。
 そうすれば、あなたはまた主に向かって信仰を見つけるでしょう。超自然的な主の権能が皆さんの生涯に、また存在するようになるでしょう。

 いま私はあなた方のために祈っています。
 真のお父様が霊的に、今、見守って下さっておられます。
 すべての人たち、すべての霊界の霊人たちも、今、名前が呼ばれたあなた方を見守っています。
 アボジ、彼らのかたくなになった心情を、貫いてください。
 諸刃(もろは)の剣で彼らの心情を、貫き通してください。彼らの骨の中の骨髄まで変えて下さい。
 神様が臨むことができないように阻んでいる、彼らの自らを合理化し、自らの欺瞞を彼らから分離させて下さいますことを、この瞬間に宣言します。

 今この瞬間、主があなたの心情を変化させ、新しい心情を注いでくださって:あなたを新しい創造物として、もたらしてくださることをお祈りします。
 あなたがすべきことは、ただ神様にすべてのものを差し出すことです。
 両手を上に上げて言ってください。主よ! 私はあなたを受け入れます。 私は主を切に望みます。


祈り

 アボジ! 私のすべてのものをあなたに頼ります。天のお父様、あなたは私が持つ全てであり、私が必要とする全てです。
 私はこれ以上収入にこだわることも、これ以上権力と地位にも心を置きません。
 私はただあなたを願います。あなたのいない生涯は、生きている生涯でさえないのです。
01:05:20.040 --> 01:05:24.960
 主がいらっしゃらない永生は価値がありません。
 主が今この瞬間、あなたに臨まれますように切にお祈りします。
 今この瞬間、あなたは自分の中で変化を感じるでしょう。
 もうあなたはサタンの影響圏の中から出て、天のお父様の主権下に出ることをお祈りします。
 あなたをとても愛して下さり、切なく呼ばれる主のそばにまた帰って来れますように。
 これは、あなたの最後の機会になるかも知れません。
 あなたが明日にでも、死んでしまうかもしれないことは、誰にもわかりません。
 これは、あなたの最後の機会になるかも知れないというのです。

 あなたがこの祈祷を受け入れてくれることを祈ります。
 あなたが正しい選択をしてくれることを私は祈ります。
 あなたがまた万王の王の懐に戻って来て、その方の国と私たちに下さった経典に光栄を捧げることを祈ります。

 あなたがそうだったように、ペテロも最後に主を否定してしまいました。
 しかし神様はその道の方向を変えることができます。
 あなたが悔い改めて、彼の胸に帰って来るのなら。
 もうあなたが何をしなければならないかわかるでしょう。神様、今この瞬間彼らにお臨みください。
 今聖霊が下って自分の罪を痛烈に悟る者がいるでしょう。
 あなたの超自然的な権能は、時間と空間を超えて存在され、あなたの超自然的な治癒の力が、彼の心情に今この瞬間入って行くようになさってください。

 彼をあざ笑い迫害を加える者たちが、迫害してきても、彼の奥さんと子どもたちが、彼を逼迫(ひっぱく)してきても、しかしどんな場合にでも、彼があなたの服の裾を離すことのないようにしてください。
 今日選択した義の位置に、自分の家庭の救援がぶら下がっていることを忘れないようにしてください。
 真のお父様、今あなたが見せてくれたこの奇蹟の前に、私たちは感謝いたします。
 今、新しいリーダーたちが主に向って同盟を結ぶでしょう。旧指導者たちはみな解任しました。彼らも解放されました。
 彼らはもう自由に主の前に出ることができます。
 今すべての世界の教会は韓国のリーダーたちが行っていた権力濫用から解放されました。
 解放釈放時代は真のお父様が宣布なさいました。蕩減の解放も真のお父様が宣布されました。
 もう世界のすべての教会に解放釈放時代の渡来したことを、今この瞬間宣布いたします。

 もう、教会は天の召命を受けて選んだリーダー層を通じて、万王の王を高く高く高めて、栄光を捧げなければなりません。
 私たち自身の栄光ではない、主の栄光を追い求める者たちとならなければなりません。
 天のお父様、感謝いたします。

 いっしょに天聖経を読みましょう。
 霊界はどうせ行かなければならない世界なのに、未知の世界だというのです。 無限拡大の世界です。
 そこへ行くようになれば、皆さんのすべての先祖たちと会うことができます。
 数千数万の先祖と、ついに会うことができる所です。
 彼らが皆さんを迎える時、評価するのです。
 皆さん壇上に来てくれますか?今日私は食口のみなさんと、今日の呼名されたそのリーダーたちのために、一緒に祈祷をしてくださるようお願いします。

 お祈りをささげましょう。 この時に私たちの祈りが必要なのです。
 皆カメラの方を見て下さい。
 はい、私たちは生涯を変えられる神様の権能を信じます。
 はい、私たちは神様の権能で最も邪悪な罪人も恩赦を受けることができると信じます。

01:09:57.480 --> 01:10:04.960
 そうです。神様の権能においては、すべてのものが可能です。世の中のどんなサタンのまやかしよりも高い、神様の権能を私たちは信じます。
 それだから、私たちは神様の権能の力で満たされております。なぜなら、私は信じてまた知っているからです。
 私たちの生涯が変わったことを、今感じることができます。
 私たちは天一国を守る勇士として、あなた方のために祈祷をします。

 現指導者層。特に主要な韓国のリーダーたちは自分自身を欺いています。
 皆を彼らのために手を伸ばして祈祷をしてください。
 彼らが彼ら自身のわなの中で、解放されることをお祈りします。彼らが彼らの家庭に戻るように手伝ってください。
 お祈りいたします。天のお父様!この映像を見ている指導者と、またスイスのあの谷間にいる一般食口の皆が、あなたの聖霊の臨まれるのを、受け入れることができるようにしてください。

 今ここで手をあげているこの群れは、主のために立ったという理由で、色んな所で逼迫(ひっぱく)を受けてきました。
 主に栄光を捧げるという理由だけで、真のお母様を愛していないという非難を、甘受しなければなりませんでした。
 今この時はあなたのために、立ち上がらなければならない時であります。
サタンは王国を破壊しようとしました。あなたの国と民にどれだけ多くの傷を負わせたでしょう。

 アボジ! 今上げられているこの手は、あなたの苦難によって救援を受けた血と涙で濡れた手です。
 彼らの心情を復活させてあなたの子女として、あなたの息子、娘としてかばってください。
 アボジ!今日ここに集まった人々が、あなたのためにさげすみを厭わないで、今この瞬間にも苦難の道を歩いている群れたちであります。
 この手を上げた者たちを通して、どこにいるかわからない誰かに、神様が今日この瞬間に臨まれるであろうことを信じます。
 こちらに集まった群れたちの祈祷が、そのだれかに解放と釈放を持って来る、媒介体になれるようにしてください。 誰かの心情を動かさせてください。
 あなたの超自然的な権能で、ゴリアテをあなたの前にひざまずかせてください。
 アボジ。あなたにはそういう権能がありますから、すべての教会が見ているこの瞬間! あなたの奇蹟を行使してください!
天のお父様!今日私どもは全ての心を集めて、あなたを高く高くお捧げ申し上げます。あなたの権能と臨まれることが共にありますように!
 あなたの聖霊は信頼がない者までも変化させることができますから、臨んでください!
 あなたはかたくなになった心臓も貫くことができることを知っております。彼らが行った道を振り返えるように悟らせてください。
 アボジ! 私どもは私どもの十字架を背負い、あなたの勝利のために争う信仰者の群れです。
 これらの群れはあなたの恩恵に厚く感謝することを知り、あなたの勝利の前に気概を持って、対峙する勇士たちです。
 これらはあなたを守るために立ち上がった戦士です。私たちはあなたの召命と恩賜の前に限りなく感謝いたします。
 私たちはあなたのそのような権能と貴い贈り物に感謝いたします。
 アボジ! どれくらい歴史的な瞬間に、私たちが立っているでしょうか?摂理史のそのどんな映画もこの時間をつかみ出すことはできないのです。
 今あなたの国が経験している状況は、どんな歴史ドラマとも比べることができないでしょう。
 しかしアボジ。私どもはこれらのすべてが、あなたの操作の手の中あることを知っております。
 この瞬間悔い改めをした者は、あなたが栄光の塗布をかけてくださるということです。
 彼らの生涯はまた万世代に渡り、鑑(かがみ)となるでしょう。あなたは罪人で死ぬしかない者をひっくり返して、勝利者として作って下さり、幾多の未来世代の生命を救って、希望とならせるでしょう。

 アボジ! 私たちは手をあげて彼らに向かって手を伸ばし、彼らが正しい決定ができるようにさせてください。
 今一度彼らがあなたの前に俯伏して、あなたを欽慕(きんぼ)するその日が来るのを切実にお祈り申しあげます。
 世の中で好きだったものは後にして、あなたにまた頼ることができるようにしてください。
 あなたに完全に頼って、あなたを切望して渇急して、また今一度あなたのために死ぬことができる、彼らにならしめてしてください。
 アボジ! あなたをして、彼らがまた帰って来て、自分の本心を取り戻すことを祈ります。なぜなら、彼らの内面にはまだ本心が存在するからです。
 彼らは一時であれ、あなたに彼らの生涯を捧げたことを知っているからです。

 今この天の宣布が彼らにとって、胸の中深く隠れていたその本心を刺激して、引き出すことができる、まさにその出発点になることを知っております。
 その本心に火が付いて、彼らの自己の正当化と自己の合理化と窮屈な言い訳を打ち砕いてください。
 そして自身の過ちに対して、悔い改めができる役事を広げてください。
 この瞬間が摂理史が変わるその一日であると言うのです。
 天一国のリーダーを選んで送って下さい。天一国を建設させてください。
 あなたに栄光を捧げて、あなたを切望してあなたを高く高く奉る子女とならしめてください。それが私たちが本当に望むことなのです。

 このすべての者たちを、あなたに許しを求める彼らを、愛する心情を持って強く胆大な天一国の勇士として、私たちの名前とあなたの貴い名前を奉じて、切にご報告申し上げてお捧げ申し上げます。

 神様に栄光を捧げましょう。

献金の軛から日本の食口を解放したい方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!


火の粉のスタンス

 文亨進氏の説教をそのまま紹介していることから、ブログ「火の粉を払え」の管理人は亨進氏を支持しているのではないか。そんな印象を持たれている方もいると思うが、それは大いなる誤解である。
 亨進氏の説教がこれまで誰も語らなかった、権力構造、権力者のベクトルに関する水面下の事実を明らかにしているから、取り上げているのである。名誉会長の神山威元会長も語っているが、時空の範囲が限定的である。ただし、文鮮明氏と韓鶴子氏の晩年の関係についての神山証言は一級資料であろう。
 日本の食口の献金問題にメスを入れている説教も、積極的に取り上げている。現・元を問わず、統一教会の大幹部で権力の源泉である「日本の高額エンドレス献金」を真っ向から公的に批判しているのは亨進氏だけである。
 <真のご子女様が日本の献金のあり方を批判していらっしゃる>
 考えられなかったことである。

 正直な気持ちを明かしておけば、高額エンドレス献金批判ならびに拉致監禁のことを問題にしているサンクチュアリー教会サイドに、私はシンパシィを感じている。
 支持者を含め文顯進氏サイド、神山威サイド、その他のサイドのいずれもこの重要な2つのことを取り上げていない。なぜなのか。注目していい「現象」だと考えている。

 なお、信仰に関することばかりの説教は取り上げないつもりである。知りたい読者は、サンクチュアリ教会と亨進氏のことを紹介しているブログにアクセスしていただきたい。


関連記事

コメント

まだまだ真相は見えてきません・・・

膨大な内容を整理し、注釈まで施していただきましたので、非常によく理解できました。ありがとうございました。
ご指摘のように、日本の献金問題を発言され、解消しようと動かれているのは7男さんですし、その宗教的姿勢も私は個人的には評価しております。
ただ、理解できないのはこのような宣言文(後継者は7男)を出されたにもかかわらず、7男さんは教会を去っています。(追い出されています)その本当のところが見えてきません。
3男さんが、教会を出て行った真の理由もはっきりしません。
3男も7男も結局、悪魔連合に都合よく利用され、駆逐されてしまったのかなと考えたりします。
真相はいつ明らかになるのでしょうか・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

安楽死に対するお父様のご意思

安楽死の是非について、お父様のご意思を知ることができるみ言が「平和の主人、血統の主人」にあります。
日本語訳は途中で削除されている箇所があるので、その部分を()で示します。

「西洋の人たちは乗って行った馬も、これ以上乗ることができなくなれば殺してしまいます。銃で撃ってしまいます。馬が蛇のようなものに噛まれるようになれば、撃ち殺して行くというのです。そのような思想があります。

自然の環境に任せて処理せず、人間の加重的な力を持って処理して(「私は勝った」と言うのですが、そのように闘って勝つ日にはどうなりますか?どうせ無くなるのです。)

しかし、東洋思想は昏睡状態で10年いたとしても、どうしますか?最後まで待ってあげます。最後まで最善を尽くしてあげるのです。」以上
「平和の主人、血統の主人」 日本語版 P31、韓国語カイン版 P29-30 より

たとえ、お父様が昏睡状態で10年おられたとしても、最後まで最善を尽くして待つべきだったと思います。

後出しジャンケン説法

2010年6月5日の宣布
亡き文氏自筆の公文書で、私の後継者である文享進以外の後継ぎ権を宣布する者は異端者であり、破綻者であるという内容について

当時は異端者、破綻者が兄の顕進氏と郭グループで、現在は鶴ママを操る悪魔連盟の幹部たちに当てはめる。

時空を超えた「宣布文」ということでしょうか。
でも、一般的には有り得ないから、「後出しジャンケン」の類と解釈されても仕方がありません。

これからも反逆者が現れれば、この「宣布文」を何度も使い回して、やっつけられるのでしょうか。(-_-;)

いいなー
私もそんなのがほしい。

ところで、本文中の「文7享進氏」の「享」は誤りで、正しくは「亨」です。
一画違いで似てもいますが、意味は全く違います。「亨」は「万事亨通」の如く「思い通りに事が進む」という意で、親の願望が絶大ですね。

cosmopolitantさん、感謝です。

>本文中の「文7享進氏」の「享」は誤りで、正しくは「亨」です。

 間違い指摘、とても感謝です。

 記事では「亨」と「享」が混在していました。あらかた直しましたが、まだ「享」があったりして・・・(泣

宣布文について

この宣布分を書かれた時点で、お父様は、悪党幹部らの思惑についても、彼らのいいようにお母様が利用されておられる事についても、全てごそんじであったと思います。
最後に、「広がれば天がほうっておかない。」とお父様が言われたのは、間違いなく悪党幹部らをさして言われた言葉です。
もうこの時点ですでに、お母様は、お父様のお心を知る事が出来なくされています。あうんの呼吸でされているかのように見える最後のご夫婦の会話ですが、お母様がお父様のお心を理解されていない事は、宣布文を書かれている間の、ご夫婦のご様子を見れば、疑う余地も有りません。
お母様の後ろに隠れている悪党幹部たちは、「ゆくゆくは、世界宣教本部である自分たちが、てっぺんをとる事のみを考え、顕進様対処という名目をだしにして、お母様や、亨進様まで利用して,このような文をお父様に書かせようとしたのです。
しかしながら、お父様ご自身は、他の者たちのさまざまな思惑などは全く関係の無い次元で、この表の文をかかれました.人類永遠に残す宣布文としてこれを書かれたのです。
お父様は、他の者たちの思惑を全てごそんじだったので、お母様に、何度も言われても、どうしても裏の文は書きたくは無かったのだと思われます。だからあんなに書き渋られたのだと思います。あれを書けば、、後に、必ずこの文を利用するものが現れる事を、お父様は心配されたからだと思います。しかし、このような重要な宣布を成されるにあたり、お母様と心をひとつにして成されなければなりませんでした。表の文を書かれた後、わざと日ずけを間違えたふりをされて、お母様がそれを直され、お二人で書かれた条件にされようとしたのではないかと思います。しかしながら、お母様は、どうしても「世界宣教本部の名前を立ててほしい」といわれるので、仕方なく書かれたのが裏側の文でした。よくご覧くださると解るように、裏側を書かれているときのお父様は、わざとに、まるで操られるままのように、お母様の言われるその通りに書かれています。日付けやサイン、書かれた場所に至るまで全て自分のご意思ではなく、いわれるままに書かれたのです。そして、書き終えられた後に、「表と裏はひとつだよ」とおっしゃったのも、(お父様とお母様が二人でこれを宣布するのだよ)というお気持ちでおっしゃられたのだと思います。残念な事に、おそらくこのときお母様には、お父様のお気持ちを知る事ができなかったのではないかと思います。
 今の現チャーチは、お父様のご意思ではない裏側のみを利用して亨進様まで、追い出しました。
本来のお父様のご意思である表側を無視するのなら、裏側の文の内容はすべて無効となります。

天の宣布-悪魔への解任令

>メシアであり、天地人真の御父母様の内でも、絶対的な主体者の位置にいらっしゃる真のお父様の後継者であり相続者の権限で、万王のみ旨にさからい、真のお母様を搾取して、神聖冒涜と破綻的な異端行為を行うリーダー層から、真のお母様を解放するために、天一国の市民は世界基督教統一心霊協会、世界平和家庭連合、世界宣教本部またそれに関わる摂理機関と財団の
すべての理事会の、法的な辞任を命ずる。

世界基督教統一神霊協会の間違いでは?


>お父様がおっしゃったことを聞いていなかったのですか?主を裏切れば、霊界に直ちに連れて行くこともできるんですですよ。

できるんですよの間違いでは?

真のお父様の聖和1000日を迎え、悔い改めと許しを請う心情でメッセージを送ります。
神様の御言葉には二つの予言があります。
聖書には神のみ意のままに行った場合は祝福を受けますが、できなかった場合は大きな災難と苦痛を受けると予言されています。
真のお父様は聖和される前に、神様の絶対的み意によって、万王の王解放圏戴冠式を通じ、亨進様を相続者に天命され、信俊様までの三大王権を立てられました。
これは神様が指示された御言葉通りに、神の実体であられる真の御父母様がなされたことです。
これからは絶対信仰、絶対愛、絶対服従をもって三大王権に侍る伝統的な信仰生活をしなければ、苦難と審判が伴うことでしょう。
よって、各自が正しい信仰者になることを切にお祈り致します。
アジュ!!!
  • [2015/05/30 19:36]
  • URL |
  • 世界平和統一聖殿ソウル本部
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

支部

亨進さんの正しい宗教組織を確立する方針について、心から応援します。当該文面も熟読させていただきました。掲載感謝いたします。

あとは顕進さんとの確執について、語ってほしいですね。顕進さんはいったい何をされたのか(と思っているのか)。ある意味、教会の資産で独自の活動(私は御父様の理念を相続する活動という認識はあります)を勝手にしているってことではここまで対立しないと思うのです。一般常識、社会通念上の概念として。

個人的には、日本にサンクチュアリー教会の支部みたいなものがあり礼拝が行われれば、コロコロ教義が変わる訳わからない現教会の低レベルな説教よりもそちらに行きそうです。だとしたら最初は東京新宿あたりでしょうかね。。。

お父様と宣布文

米本さん
 当時の状況に関する貴重な情報ありがとうございます。

お母様が「異端者」「爆破者」として3男さんを念頭にしていたことは、発言から感じられますね。

でも、お父様の「異端者」「爆破者」は、3男さんではないのでは、と感じました。

お父様がもし3男さんのことをそう思っていたら、はっきりと名前が出るのでは、と思うからです。

それにしても、教会の問題がエンドレス献金にあることは、明らかです。そのことをはっきり語られる7男さんに希望を感じております。

後出しジャンケン説法Ⅱ

>この宣布文を書かれた時点で、お父様は、悪党幹部らの思惑についても、彼らのいいようにお母様が利用されておられる事についても、全てごそんじであったと思います。

nobukoさんのように
今となっては、こうだったのだと解釈したり、本当はこうだったのだと一方的に訂正するのを、後出しジャンケン説法と言うのです。手前勝手な解釈の一つです。子どもの言い訳と同じ。
「事後恣意修正ごり押し説法」と言い換えることもできます。

私も幾度か、その映像は拝見しました。韓国内のサイトと、海外のサイトでは背景が違っていて、海外版では明らかに背景等が合成されていました。体裁を考えてのことでしょうか。やりとりの内容に大差はなかったように思いますが、原板は寝室のベット上でした。

親子だから許されるような寝室の密室で、そのような未来に重大な意味を持つ宣布文が綴られたということ。後世に様々な解釈を可能にしたり、それを持って逆手にとられてしまうような荷厄介なものが作られました。

さて、ここでクイズです。
映像に映っているのは、お父さまとお母さま、そして息子の亨進氏だけですが、その映像を撮ったのは誰でしょう。
後世を左右するような重要な意味を持つ場にいても違和感のない人です。

ビデオカメラを抱えた人も、その密室に臨場し、一部始終を見聞きしました。そして一緒に編集して都合のよくない部分は削除したかもしれません。海外版は背景や衣服を合成し、少なくとも数十人は見守っているような映像になっています。密室での密談であったことを誤魔化すかのように。幹部や関係者向けには密室であっても、父母自らの意志で綴られたことを示す証拠として撮影したということ。

そして、誰もが無理矢理サインをさせられているという印象はあったと思います。しかし、

>最後に、「広がれば天がほうっておかない。」とお父様が言われたのは、間違いなく悪党幹部らをさして言われた言葉です。

という解釈こそ、後出しジャンケンで、その当時においては推理すらできない解釈です。なぜなら、世界宣教本部の長はつい最近まで亨進氏だったからです。母として、その時は幾重にも息子を守りたかったと解釈するのが自然です。ですから、「天がほおっておかない」が示唆する対象は顕進氏、及び郭グループだと、皆が想起していました。また、そうなるよう誘導されてもいました。

ですから、今、この映像を用いて無理な解釈をごり押しするのは卑怯なのです。
後出しジャンケンは卑怯者のすることです。
人格を自ら貶めるようなものです。

安楽死の件も同様です。
私はあのとき反対したのにと、後になって弁明し責任転嫁するのは卑怯です。

生命維持装置をつけて長らえる道を選ぶなら、自分で責任を持たなければなりません。
「わたしが最後までお父さまを守り、看取ります」と言った上での弁明でしょうか。
それは心身共の負担に加え、経済的負担も伴います。
私共も義父母を看取りましたが、子育てをしつつ、それらの負担は半端ではありませんでした。よくやって当たり前で、都合のよいときしか来ない弟妹の陰湿な仕打ちにも耐えねばなりませんでした。入退院を繰り返す病人に介護人をつけ、その経済的負担も全て担いました。当然ですが、教会(献金)の世話にはなっていません。

後になっては幾らでも言えます。
言い分はあるのでしょうが、やることをやってから言うべきです。
またしても、卑怯な人格が晒されています。

ご無体な

>支持者を含め文顯進氏サイド、神山威サイド、その他のサイドのいずれもこの重要な2つ(高額エンドレス献金批判ならびに拉致監禁)のことを取り上げていない。なぜなのか。注目していい「現象」だと考えている。
--------------------------

「取り上げない」は当然。

組織の維持拡大に必要な事であり、邪魔な事である。

お金については有れば有るほどにそれぞれ性悪な者性善な者を問わず良い。


拉致監禁については、性善な者は問題にしても不都合は無い。

性悪な者には信者獲得に支障に成る要素が有ると理解している。
拉致監禁と同じ要素の元において信者獲得がなされていく。洗脳が完了するまで信者の側に拉致監禁が必要。拉致監禁が無ければ性善善良な信者獲得は現状では不可能なほどに邪教。性善善良な信者から金は上がる。性悪な信者の数は組織上層部に必要な数しか要らない。最上層は世襲。

Re: ご無体な

きちんと読解できていないかもしれませんが、この部分の指摘は間違っています。

>拉致監禁については、性善な者は問題にしても不都合は無い。
性悪な者には信者獲得に支障に成る要素が有ると理解している。
拉致監禁と同じ要素の元において信者獲得がなされていく。洗脳が完了するまで信者の側に拉致監禁が必要。拉致監禁が無ければ性善善良な信者獲得は現状では不可能なほどに邪教。

 
 ビデオセンターを受講した人たちのうちマッチング結婚に至った人(信者になった人)は、1%に過ぎません。
 99%は信者になっていません。
 これは裁判でも提出された資料にあります。

 数字は異なるけど、イギリスの宗教学者、アイリ-ン・バーカー氏も、勧誘されてから実際信者になるのはごく一部、と論文で発表しています。
 拙著『我らの不快な隣人』10章を読んでください。

「拉致監禁が無ければ性善善良な信者獲得は現状では不可能なほどに邪教」
 これは間違い。正しく表現するとすれば、
「正体を隠して勧誘しなければ、信者獲得は不可能なほどに邪教」
 でしょうね。

事実誤認かも

 安楽死のことを記事の<注>で書いていますが、事実誤認かもしれません。

 事実関係がはっきりすれば、記事を修正します。

 よって、安楽死に関するコメントは控えてください。

安楽死に関する<注>を削除

 安楽死に関する<注>を削除しました。

 解任を命じられたメンバー(韓国人幹部)が、文鮮明氏の生命維持装置を外すように発言したことは事実ですが、その後の展開は注で書いたものと違っているようです。

 いずれ、文亨進氏が一連の経緯について話すと思います。それまでこの問題は棚上げしてください。よろしくお願いいたします。

cocoaのブログ

●「“異端者、爆破者は、現在の非正統の教会を指さしている”」
http://ameblo.jp/tldo5223/entry-12033184088.html

「パシセラのブログ」のマーク佐野君や「真実の向こう側」のmebiusuさんから、批難的反応があるかと思っていましたが、cocoaさんが批判的記事を書いていました。

 大いなる疑問は次の断定的記述です。

「お父様が、誰を疑うこともせず、願うことは全部してあげたのです。書けと言われれば書いて、サインしろと言われればサインしたのです。それを上手く利用したのは誰でしたか? 優秀な兄にコンプレックスを感じていた弟、兄の忠告を受け入れられなかった弟、一緒に何をしたのでしょうか」

 根拠が一切示されていません。これではデマゴギーと批判されても仕方がないでしょう。

 文鮮明氏がサインする直前には、統一教会南米地域の総括役である申東謀氏とシモンフェラボリ統一教会ブラジル協会長を、文顯進氏が暴行しています。
 この流れから、文鮮明氏の言葉すなわち「広がれば天がほっておかない。アイゴ。連れてしまうのだと。全て」が発せられていると思います。

 cocoaさんには比較的思い込みの少ない沈着な人という印象を抱いていますが、文3対文4・7となると、たぶんに感情的になられるようです。

 <「火の粉を払え」さんの記事を、半分くらい読んで・・読む気がしなくなりました>
 修辞法かもしれないけど、批評記事を書く場合、すべてを読んでからにすべきでしょう。

 ただし、「これを撮したのは誰でしたか」という問いかけは、至極真っ当なものだと思います。

 この問いかけには、文亨進氏が応ええなければなりません。

侍墓生活同参路程

今日をもって、侍墓生活同参路程が終わりになります。
清平の先祖解怨献金が教会の実績に評価されるようになってから、全国の献金はものすごい勢いで伸びたようですが、その多くは清平への送金だとか。
日本本部への献金は、日本の経費分にもなっていという話も。

清平への先祖解怨献金が評価されるとなると、手のひらを返したように先祖解怨を勧め、その結果が日本教会の経費分も集まらない。

Vision2020 とか言うけれど、この程度のビジョンしかないとは情けない話です。
  • [2015/05/31 18:08]
  • URL |
  • 勝手に食口代表
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

「デマゴギー」なんて言葉、初めて聞きました

米本さんは、ブラジル教会事件の映像を全部見ましたか?
30分位になるはずです。6分ものは、教会で悪意的に編集したものです。
これこそデマゴギーです。気をつけてください。

100%完璧な根拠にはならなくても、私は嘘を言った覚えはありません。
それから、大きな苦痛を伴いつつも、記事は全文目を通しました。

このビデオを撮影した人が誰なのかは私を含めほとんどの亨進様支持の方も知っていると思います。
寝室でかかれた事もほかのビデオも見たので知っています。でもそれだからなんだというのでしょうか?
お父様がお父様のご意思でかかれた事に何の変わりもありません。
ブラジルの暴力事件についても、わざとに顯進さまを怒らせるような事をして、ビデオカメラを設置しておいて、故意に撮影されたものなのでしょう?それに、当時の亨進様が加担してしまった事は、うわさで聞きました。
ブラジルの事件をyoutubeで見て、私は、顯進様のことを暴力的な人だと誤解してしまいました。本当はお父様を思うあまりに、お父様のために様々な事を、されたのにもかかわらず、すべてが誤解され裏目に出て、それでも今なおお父様の願いを実現しようとされ、歩み続けていらっしゃる顯進様を,私も、尊敬しております。しかし、お父様はだまされた,だから亨進様を後継者とされた。本当なら顯進様がつくべき立場だったのに、というのは、そのように周りの人達が言うことによって、かえって顯進様を低めてしまう結果になります。それこそ、本との後だしじゃんけん、ではないですか?
神様と完全にひとつになっておられるお父様が、まちがって亨進様を後継者としたなどということはありえません。仮に、そうだとしたなら、そこにさえも、神様の意図が働かれているのだと思うべきです。
皆さんも、亨進様の礼拝を見たらいいです。そうすれば、なぜお父様が、亨進様に託されたのか、その事が理解できると思います。

映像の扱い方

>このビデオを撮影した人が誰なのかは私を含めほとんどの亨進様支持の方も知っていると思います。寝室でかかれた事もほかのビデオも見たので知っています。でもそれだからなんだというのでしょうか?

nobukoさんのように思考狭窄になって、一方的な映像の評価しかできなくなっている人が多いように思います。

実際、内々ではメシアのサイン入り宣布文だけで十分効力があるのに、こうした映像が様々に物議を醸し、混乱と分裂を助長しています。

私共が疑問に思っているのは、

1.サイン入りの宣布文だけで十分効力があるのに、なぜ隠し撮りまでして映像に残す必要があったのか。

2.現場にいた撮影者は自分も同席したと、なぜ堂々と名乗れないのか。

3.それから5年も経って、その映像による別解釈が、なぜ平気にできるのか。

など、呆れて、普通の知性の持ち主には理解できないことばかりではないですか。
それとも洗脳された盲目信者だけに通じればよいと思っているのでしょうか。

「百聞は一見にしかず」
の通り、様々な分野で映像の信憑性は高く評価されていますが、ある意味、それが落とし穴にもなります。

映像の信憑性はカメラアングルから推し量れる動機とオリジナルにあります。

悪意を持って隠し撮りしたものや編集を加えた映像に、もはや状況証拠の価値はありません。
これは一般常識です。
堕落世界の常識などと侮ってはいけません。

洗脳から覚めない人にどこまで通ずるかわかりませんが、この問題の多い現実世界で、社会秩序を保つために多くの良識ある人々が認識を共有する「コモンセンス」の一つです。

かつて私もそんな常識のないところに身を置いていたかと想うと、恥ずかしくなります。

どこかで聞いたような話

7男は祝福を奪ったヤコブのようですね。
さしずめ狩りが得意な3男はエサウか?
ハランでの苦役の後、7拝して和解ですかね。

cocoaさんへ

(1)デマゴギーとは「政治的煽動」のことで、デマ(根拠のない偽りのうわさ)とは違います。

(2)>米本さんは、ブラジル教会事件の映像を全部見ましたか?
 30分位になるはずです。6分ものは、教会で悪意的に編集したものです。

 私が観たのは、https://www.youtube.com/watch?v=QZOM95Qn_3Yです。「6分もの」でしょう。

 日本語の字幕がないので、どんなやりとりがなされているのかはわかりませんでしたが、正直驚いたのは、文顯進氏の言動です。

 足を組み、ポケットに手をつっこみ、2人の幹部信者を何度も蹴り、なぐる。ほんとうに驚きました。
 良ければ、30分動画のURLを貼り付けてください。すべて見てみたい。
「6分ものは、教会で悪意的に編集したもの」かもしれませんが、暴力的な言動を否定することはできないでしょう。

 言葉のやりとりがわからないだけに、映像シーンはまるでヤクザ映画の一コマでした。文顯進氏が若頭補佐役のように見えました。

 幹部信者に何らかの非があったためかもしれませんが、無抵抗の人を蹴り、殴り続けるのは、どんなことがあっても許されることではないでしょう。

(3)私がわからないのは、
(2010年5月30日に、顕進氏がブラジル教会を訪問、礼拝堂で説教をしようとする。それを南米大陸会長申ドンモが阻止しようと妨害する)
 なぜ、申ドンモが阻止しようとしたのか。

(翌5月31日、顕進のスピーチ会場に、申ドンモ、ブラジル教会長などが呼ばれ、顕進氏から怒られ、足蹴り、小突きなどを受ける)
 なぜ、顕進氏が狼藉を働いたのか。


 私は事実関係、事実の背景を知りたいと思っています。
 御存知であれば、ブログに記事を書いてください。cocoaさんはデマを書かれる人ではないと思っていますが、記事には出典を示していただけたらと願います。
 文3対文4・7の対立を知る上で、是非とも読みたいです。

米本さんへ

デマゴギーとは、
《現在では,権力機構が行う虚偽宣伝を本義とし,嘘(うそ),噂(うわさ),流言などを意味する場合もある。》そうですよ。

《30分動画のURLを貼り付けてください。》私も、また見たいのですが・・探してください。

《ヤクザ映画の一コマ》それはオーバーでしょう。もっとも、私はヤクザ映画は見たことがありません。

《なぜ、申ドンモが阻止しようとしたのか。》それは、他の悪徳幹部と同じ理由でしょう。

《翌5月31日、顕進のスピーチ会場に、申ドンモ、ブラジル教会長などが呼 ばれ》
呼ばれていません。訓読会に「入れてくれ」と懇願したんです。本人が。(入れなきゃ良かったのですが・・)  

再度、cocoa さんに。

 はじめに。
「勝気」と「負けず嫌い」の2つの言葉を思い出しましたとさ。

>《現在では,権力機構が行う虚偽宣伝を本義とし,嘘(うそ),噂(うわさ),流言などを意味する場合もある。》

 出典を示してくださいな。


>《30分動画のURLを貼り付けてください。》私も、また見たいのですが・・探してください。

 けっこうなイジワル女なのですか?
 あなたはこうおっしゃったのですよ。

>米本さんは、ブラジル教会事件の映像を全部見ましたか?
30分位になるはずです。6分ものは、教会で悪意的に編集したものです。
これこそデマゴギーです。気をつけてください。

 30分の動画を貼り付けてくださいな。まずいことでもあるのでしょうか。


>《ヤクザ映画の一コマ》それはオーバーでしょう。もっとも、私はヤクザ映画は見たことがありません。

 この一文にあなたの品性が透けて見えるのです。(残念!)
 ヤクザ映画を見たことがなければ、「それはオーバーでしょう」ということは書けないと思うのですが。負けず嫌いの典型!


>《翌5月31日、顕進のスピーチ会場に、申ドンモ、ブラジル教会長などが呼ばれ》
呼ばれていません。訓読会に「入れてくれ」と懇願したんです。本人が。(入れなきゃ良かったのですが・・)

 なるほど。でも、もう少し事情を説明してくださいな。
 

【総括】cocoaさんが自分のブログで、きちんと書いていただけることを切望しています。
 書けないのであれば、事実認識の上で、自信がないと断定してしまいます。

さすがプロー“事細かに詰める”

30分動画は、以前見ました。探してみたのですが、見つからないのです。(削除されていたり)
保管しておいたわけでもないし、探すしかないんです。意地悪じゃないですよ。

ヤクザ映画は見たことがなくても、ヤクザドラマは見たことがありますから、想像は出来ます。(笑) 

ブログに書けと仰るのですが、米本さんの納得がいくような記事は書けません。米本さんのような才能もないし、探偵になれる性格でもありませんからね。どんな風に書いても書かなくても、何かは言われそうです。

米本さんは、事細かに詰めるのが得意なようです。「デマゴギー」はヤフージャパンで検索しました。

30分ではありませんが、動画です。

お探しの30分の動画はわかりませんが、この動画はその一部(あまりにもひどい部分)をカットされた様です。

https://www.youtube.com/watch?v=xo8zenQuF1s

最初の1分間程で大体の事がわかると思います。

聞いた話では、この後、申東謀氏は床に寝っころがって子供のように暴れながら喚き散らしたそうです。

この動画だけ見ても、人として怒りを覚えますが、仮にも真の家庭の子女様に対して・・・よくこんなことができるものだとあきれ返ってしまいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感想を記事にしました。

おはようございます。

記事をじっくり読ませていただき、私個人の感想を記事にさせていただきました。

火の粉ブログ「天の宣布-悪魔への解任令(亨進様説教)」(異端者、爆破者部分)に関する感想
http://ameblo.jp/ishinnomeikun/entry-12033960704.html

この件は資料なども多く、整理するのに時間がかかると思いましたので、取り急ぎの感想です。続きも検討していますが、時間がかかるかもしれません。

よろしければご覧ください。

UCと顕進の戦い

自分の記憶だと、

①顕進と郭錠煥は共謀してUCIグループを乗っ取り、資産を売却した(朴普煕が明らかにしている)。これを顕進は公的資産なのだから、公的目的で使うのに問題はないと言った(理由はどうあれ窃盗に変わりはないと思うのだが)。

②UCは顕進サイドを爆破者と認定するため、TMと亨進は認知症の文鮮明に某文書へのサインを強要したが、のちに文鮮明はこれを認定せずと殴り書きで否定した。

③申東謀は事実無根の捏造情報を混ぜた公文を全米の公職者宛にメールで送信し、顕進が基盤としている南米に赴いていったが、排除された(その前のやり方が汚な過ぎ)。

ざっくりこんな感じですかね。文鮮明の息子としての差別にも瀕したが、ロイヤルファミリーの一員として育てられたのは事実でしょう。個人的主観ですが、真の子女は自意識過剰に映ります。この戦いは権力を背景とした恫喝組織と泥棒息子の戦いと言ってよいと思います(支持者の皆さんごめんなさい)。

Re:Re: ご無体な

> 数字は異なるけど、イギリスの宗教学者、アイリ-ン・バーカー氏も、勧誘されてから実際信者になるのはごく一部、と論文で発表しています。
 拙著『我らの不快な隣人』10章を読んでください。

「拉致監禁が無ければ性善善良な信者獲得は現状では不可能なほどに邪教」
 これは間違い。正しく表現するとすれば、
「正体を隠して勧誘しなければ、信者獲得は不可能なほどに邪教」

ーーーーーーーーーーーーー
アイリ-ン・バーカーさんのことは1984か5のころに統一教会の信者に成るのは原理講論、統一原理に近い考えを元々持っていた人で、洗脳によると言うよりも、より覚醒したと捉える感じだったように憶えている。
アメリカに行ったばかりのころの事かな。
ま、1970年代のイギリス信者を調査研究したものだったように憶えてる。

でも、日本でも同じようなもの、十字軍でウエスタン?なんて呼んでたかな。外国人は沢山人を呼んできた。
毎週3デイを山奥の廃校で催し、月一で7デイだったかな、相当な数の人に講義したけど、一年間で残ったのが1ダースも居なかった。

>「正体を隠して勧誘しなければ、信者獲得は不可能なほどに邪教」

は1970年代にはもう始まっている。
インチキ募金、薬事法違反、壺も3万円位からだった。もう40年以上は経っている。
ショウキョウで警察にはお目こぼしもあった。

そんな昔のことを思い出した。

今も同じ状況だとは思えない。
スマホで検索すればそこそこ怪しいと理解もできよう。
1970年代、韓国朝鮮人が教会の責任者として大手を振ってはいない。帰化、通名使用は有っただろうが。

>「正体を隠して勧誘しなければ、信者獲得は不可能なほどに邪教」

は遠い過去の事

韓国語、分かるのでつべこべ言わせてもらいます

「オモニムはアボニムに完全に服従しなければなりません。
 それが真のお母様の路程です。真のお父様に絶対服従です」

 違います。統一原理において男女は完全に平等です。お母様の絶対服従は蕩減期間のみです。メシアと言えど神の50%しか体現できません。男女一組で、50%+50%で神の似姿です。

 これだけでなく、亨進氏の公的言動、主張を読んでみましたが、彼の「亨進神学」は肝心な神観「神の本質と、そこから発生する人間の本質に関する理解とでも言うべきもの」が文鮮明氏の教理と、まったく違います。

 統一家では母が息子に敬礼したりはしません。(亨進氏が幼い息子への将来的な継承権授与を公開したとき、ヨナさんに息子に敬礼させています)

 「亨進神学」とでも言うべきものは、男性神を奉るキリスト教に近いものがあるようです。また、母、韓鶴子女史に対する態度、ヨナさんの「女性宣言」には儒教の悪しき古き男尊女卑の思想が明らかです。「女は、幼きときは父に従い、長じては夫に従い、老いては息子に従え」と言うやつです。

 統一原理はそうではありません。

 もし、亨進氏が、真の母、韓鶴子女史から教会の政権を奪うため、女の「権威の行使」を制限し、今後も組織のトップに立つことを禁止するような「神の教え」を広めるなら、彼は父、文鮮明師の教えを捨てるのです。

真のお母様はメシアではなくとも、その価値と(おそらくは)権限も、メシアと同等と理解できます。

 教理の宣伝はダメなので、み言葉の引用、儀式の説明等は、ここではしません。

 妻は夫の内助以外の人生を選択すべきではない、と言う教えは、神の名を騙って女性信者の人生選択の自由を抑圧し、同じ人間である男に、同じ人間のはずの妻を、隷属させることになってしまいます。

 私たちは、子を生むための道具ではありません。女にも、男とおなじ、プライドと、独立心があり、自分自身の夢を持っています。

 男性諸君は自分は女性を差別した事ない、と思うかもしれませんが、結婚を考えるとき、当然女が仕事やめて、自分が住んでる処に引越しして、自分の苗字を名乗るだろうと、当たり前のように思っているなら、あなたはすでに女性を自分に属するものと考えているのです。無意識のうちに。これらの些細なものは、私たちの今までの人生の一部であり、これらを、あなたの恋人は捨てなければならなかったのです。あなたと共に生きるために。

 亨進さんの、日本シックに対する真心は、今も本物のはず。

 だからこそ、残念と言うより無念です。

(統一教会の信者、と言う立場から、亨進さんの正当性の主張を徹底的に検討してみると、彼は母親に対して勝ち目がないんじゃないかと思えるのです。いい年をして、ここまで罵り合ったら、もうどっちかがゴメンナサイして和解するのは無理ではないかと思えます。
 組織のトップとしては亨進氏が優れていると思えるので残念なのですが。
 私がなんともいえない気分になるのは、「お母様より亨進さんが組織のトップとしてふさわしい」のではなく、「亨進さんが文鮮明氏よりも組織のトップとして優れている」と思えるところなのです。

 そして極めつけは、亨進氏の説教が「宗教家特有の狂気と、お父様の人間的な悪い部分を受け継いでいる」のではないか、と恐怖を感じるところです。

 愚痴のようになってしまって、申し訳ありませんでした。

亨進様、ありがとうございます

亨進様が男尊女卑に近い考えを持っているとは到底思えませんが・・・。
亨進様はヨナさんを愛し、慈しんでいらっしゃることは、説教動画をみれば一目瞭然です。
また、亨進様は真の母は自分を産んで下さった方であり、誰よりも愛していると告白されています。ただ、亨進様は真の母がその位置を離れ、真のお父様と神様を冒涜していることを、公的な立場から審判されておられます。
そこには、亨進様のとても強い憤りが感じられます。
個人的には、亨進様の一連の行動を、私はとてもありがたく感謝しています。
というのも現在の統一教会は、滅びるしかない立場です。その兆候はいたるところに出てきており、希望がありませんでした。
しかし、亨進様が真の父の心情と信仰を相続し、真の家庭を築かれ、統一食口の希望の灯火になってくれると感じるからです。
亨進様の説教には生命力があり、恵みと喜びを感じます。今後の活躍に期待しております。

本気で戦う者

天の摂理を懸けて戦う者と金銭欲や名誉欲で手段を選ばず戦う者、それらに自分の保身の為に追従するする者では戦う覚悟が違います
一方は一命を捧げても天命を全うせんとするものであり、他方は自分の身の危険は避け他者にやらせる卑怯が内に隠れています
サタンに牛耳られている者たちに追従する者は
ブザマな死に方をしないよう、後代の恥にならぬように今からでも遅くはない
決別を決断すべきです

藤原貴子さんにお願いごと

 はじめまして。投稿ありがとうございました。

 お願いごとです。
 韓国語の翻訳をお願いしたいのですが、いかがでしょうか。しょっちゅうというわけではありません。

 OKなら、非開示あるいは個人メールに連絡していただけたら、うれしいです。
 無償で??
 いや、あのそのぉ、山陰の20世紀梨を送るということで。みずみずしくて美味しいですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「真のお父様御聖和の真実」

 タイトル「安楽死に関する<注>を削除」で、次のように書きました。

>いずれ、文亨進氏が一連の経緯について話すと思います。それまでこの問題は棚上げしてください。

 安楽死疑惑問題について、サンクチュアリ教会が公式見解を発表しました。

●サンクチュアリ教会 Facebook(公式ページ)日本語訳サイト
●「真のお父様御聖和の真実」
https://nqj17437.wordpress.com/2015/06/04/%e7%9c%9f%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%88%b6%e6%a7%98%e5%be%a1%e8%81%96%e5%92%8c%e3%81%ae%e7%9c%9f%e5%ae%9f/

 ご一読ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まとまりました

日本の食口の献金が、統一教会の屋台骨を支えたし、世界貢献したことを、日本の食口は誇りにすべき!私の意見は、間違っていなかったことを確信いたしました。日本の食口のこれまでの苦労をどうか慰労してあげてください。私自身は、金集め にたいして、嫌気がさしてやめました。僅か、1年とうい短い期間でありましたが、それ をとうして気持ちを共有できたことは、貴重な体験でした。だから、日本の食口に、開放釈放 と、宣言された時、私も正直嬉しかったです。

「享進神学」

米本さん、藤原さん、こんにちは。

享進様の一連の思想のことをこのように名づけたのですね。
私も享進様を心配している一人です。
何が違うのか、真のお母様の「観」が違うとお答えします。
お母様はお父様の後ろを、妹、娘として追ついて行かれながら真の父母として勝利し、2006年6月13日の戴冠式においては、実体の神様になられ、それ以降神様に敬礼されなくなりました。

3年前のお母様と享進様との会話です。
『お母様:私は何者だと思いますか?
亨進様:あなたはキリストの花嫁。勝利した真の母です。この地球上で最も価値あるお方。勝利された真の母です。
お母様:違います。わたしはハナニム(神様)です。
亨進様:(唖然として)あなたは神様ではありません。自分を高めるものはいつか低くされます。罰を受けます。お母様、あなたの破滅を手助けすることなどできません。』

----------------引用終わり------------------

享進様ご夫妻は真の父母様の代身として祝福を執り行う、とあります。
お母様の位相を「真の父母様」と認識しているようです。
イスの座る位置、立ち位置が違う、と言われる方がいらっしゃるのもこの観・思想から来るのでしょう。

側近の天使長がおだてて、それにのって神様だとお母様が思い込んでいると理解されているようですが、お母様は勝利されたのでその位置(実体の神様)にいらっしゃるのです。

お母様は勝利されて、2010年4月29日の金婚式には実体の神様の位相で結婚式を行われたのです。
これは神様が認め、お父様が認めた行事です。

享進様は聡明な方です。いつかこのことに気づいてお母様の元に帰って来られる日が来ることを切にお祈りします。

亨進様とのこと

 自分は亨進様のことを考えると、私たちの教区に巡回された時のことが想い出されます。

 ご夫妻は、寝袋で教会にお泊まりになられました。教会にはお風呂はないです。シャワー室はありましたが、物置と化していて、使える状態ではありませんでした。そこをどうなさったか確認はいたしませんでしたが、時間はタイトだったと思いますのでおそらく入浴はされなかったと思います。(朝も早くに起きておられたと聞いています。) 次の日、講話をなされ、その後、家庭ごとに一緒に写真をとって下さったごとが印象に残っています。その写真は大切にとってあります。私が写真をとって下さったことのお礼を申し上げたらものすごく嬉しそうな表情をされ、もっと話をしたいという仕草をされましたが、残念ながら時間の都合上それはかないませんでした。ちなみに写真を撮っていただいたお礼をしたのは自分だけだったと思います。

 私は亨進様はえらく謙虚な方だと思いましたし、亨進様が教会の指導者として立って下さるなら、うちの教会も安泰だと感じたものです。

 今後の活動に期待しています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/583-450a4d75