幹部の49%を韓国人が占めるキモイ宗教団体 

韓国統一の植民地化路線(5)

(前回の記事「4人の韓国人幹部が牛耳る歪んだ構造 」 では、最近の人事で復興局が開設され、その局長に安ヨンソプ氏が就任したことを書いた)

回は、もう一つ注目される人事の話である。

<教区数が68になり、地区長は教区長も兼任>
 65あった教区が68になったからといって、さほど意味あることではないと思うが、「ちゃぬの裏韓国日記」の「統一教会が3つの教区を新設し、68教区体制 」によれば、新しくできた教区は、①第1地区:中央北海道教区(札幌創成、函館、帯広、釧路の各教会)、②第11地区:北広島教区(北、東、呉の各教会)、③第12地区:南福岡教区(久留米、大牟田の各教会) である。

<江口敬一に指導1>「公文」はブログ「裏韓国日記」にも流れているぞ。心を鬼にして言うのだが、もっとモグラ叩きに精を出せよな 哀れな人生だとは思うのだが・・・。

 私のもっぱらの関心は、新しく地区長になったメンバーである。

 さて、いよいよ豪華絢爛たる最高級アベル、地区長メンバーを発表しま~す!
 さあさあ、鬼が出るか蛇が出るか。
 そこのパシセラ坊や、木戸銭の10銭払っておくれだよ。興行主は貧乏なんだからぁ。

<注>韓国人は赤字

第1地区長 矢吹恭一 (留任)
第2地区長 田中敏明 (前任者は韓国人の柳根汀)
第3地区長 五十嵐政彦 (留任)
第4地区長 上條啓介 (韓国人の南炅卓) 
第5地区長 金滿辰 (留任)
第6地区長 刑部徹 (韓国人の全柱奉)
第7地区長 徐永運 (留任)
第8地区長 小藤田喜文 (安井邦彦)
第9地区長 朱鎭台 (留任)
第10地区長 李倉培 (上條啓介)
第11地区長 佐野清志 (韓国人の黄鼎禹)
第12地区長 朴鍾泌 (留任)
第13地区長 金成南 (留任)
第14地区長 南炅卓 (青木大)
第15地区長 熊谷栄佐雄 (留任)
第16地区長 陸泰昊 (留任)



【特筆事項】

(1)中抜きの名手・全柱奉氏が第6地区の地区長から外れた。慶賀だと思ったのだが、愛媛教区長になっただけのこと。
 愛媛教区の松山教会・新居浜教会・今治教会・宇和島教会に所属するシックたちにアドバイスしておきます。
 イベントとかツアーとか、ともかくお金が必要というお誘いがあったのなら、迷わず、本部に電話してくださいな。
 <この企画は本部が関係しているのか。値段は適正なのか>

6JKE585A8E69FB1E5A589E59CB0E58CBAE995B7.jpg
【全柱奉関連記事】「日本統一教会には「悪魔」が宿っている」


(2)静岡教区長の人間とはとても思えない李倉培氏がなんと第10地区長に栄転した。地区長に返り咲きだぁ(泣)
 四国の各教会のみなさん、パワハラがあれば、すぐに本部に通報を。
5b492a51dce1a9e9c28b78db9ce0c0f4-300x212.jpg
【李倉培関連記事】「静岡教区長のイー○○も腐っている」
 ニュースがわからん。人事がわからん。


(3)地区長ではないが、原理を語るごろつき元大分教区長の金ヨンイルがとうとう姿を消した。教区長にも教会長にもなっていない。
kim.jpg
【金ヨンイル関連記事】「韓国人幹部は半島に帰れ!(1)ワルの巻 」
 事情通が語る。
「昨年4月に企画本部所管の人事部長になった勅使河原氏が韓国人幹部の不正を精査しているそうです。こんな噂も流れています。現佐賀教区長の南崎氏(金ヨンイルの子分)にも本部の追及が激しくなっていて、今回の人事を機に辞めたいと言っているとか・・」

 これが事実なら、テッシーもいいことやってるじゃないか。
 実際、南崎氏は教区長から佐賀教会の副教会長に、希望通り(?)、降格された。

 では、どうして中抜きの名手がクビにならないのか、李倉培氏が地区長に返り咲いた理由は何なのか。きちんと“身体検査”をしたのか。人事部長としてシックに説明責任があるのではないか。
 ひょっとして、勅使河原氏は2人をクビにしようと考えたが、上司の企画本部長の李基萬氏が首を縦に振らなかったのかもしれない。韓国人幹部特有のネットワークがあることを考えれば、あり得る話だろう。


別のことから、人事全体を俯瞰する。

 今回の人事で、16人の地区長のうち韓国人が2人減った。さしたる変化ではない。
 日本人と韓国人の割合を概括しよう。。
 
 地区長16人のうち韓国人が8人(50%)
 教区長68人のうち韓国人が37人(54%)
 教会長286人のうち韓国人が135人(47%)

 
教会長以上の役職者370人のうち韓国人が180人(49%)

 なお、すべての教会に副教会長が存在するのかわからないが、「副」を合計すれば日韓の割合はどれくらいになるのか・・・。
 宗教法人に認可されてからすでに半世紀が経つというのに、幹部の半分が韓国人。キモ~イ

 アメリカ統一教会の幹部(7人の理事)に韓国人は2人(29%)。イギリス統一教会、ブラジル統一教会、フィリピン統一教会は・・・。
 前回のコメント欄での「神々の黄昏」さんの投稿に則していえば、世界のための統一教会なのに、なぜ日本だけ韓国人幹部が突出して多いのか
  

 冷静になって考えてみるべきだ。
 私が教会員だとして、知人友人を勧誘する。
 彼らは私にこう質問する。
「統一教会の運営は主に誰がやっているの」
 正直に答えて曰く。「日本人と韓国人。割合は半々」
「げっ!韓国人!」

 韓国人を差別するために書いているわけでは決してない。(私には在日韓国人の知人がいる)
 モルモン教の布教活動を考えてみればいい。聖書あるいはモルモン書を片手にしたアメリカ人に、勧誘された人は少なからずいるだろう。私はこれまで5回あった。
 ちなみに、統一さんとの接触は3回。1回目は珍味売り、2回目は福祉募金訪問、3回目は手相訪問。誰も『原理講論』など片手にしていなかったぞ。

 モルモン信徒は熱心に布教活動をしているのだが、おそらくみんなが違和感を覚えるのは、勧誘する人が日本人ではないということだろう。
 それゆえ、「アメリカではカトリック教会、バプティスト派、メソジスト派などキリスト教における六大宗派の一つ」とされているのに、日本ではモルモン教はいっこうに広がらないのだ。

 カトリックのことも考えてみるべきだろう。同組織は法王と法王庁を頂点とするピラミッド型の段階的組織構造となっているが、日本のカトリック(中央協議会)は日本人で運営されている。もし、欧米人が幹部にいたのなら、日本に定着することはなかったであろう。
 付言すれば、統一と同じように世界の人類の解放を目指すという、創価学会のアメリカ本部幹部に日本人はいないし、「エホバの証人」日本支部の幹部にもアメリカ人はいない。


点を変える。
 日本共産党が万国の労働者階級の解放を使命とする「世界共産党」(コミンテルン体制、コミンフォルム体制)日本支部から脱却して、いわゆる「自主独立路線」をとったのは、1970年代に入ってからのことだった。これによって同党は大きく伸長した。
 時は高度経済成長まっしぐら。国民の民度は高まりつつあった。そうしたとき、ソ連共産党の言いなりになっている日本共産党を支持する国民はいない。世界共産党と縁を切ったからこそ、比例票で600万票(最盛期には800万票あったはず)を獲得したのである。

 共産党が好きとか嫌いとかといった価値観から、この歴史的事実に盲になってはならない。客観的に冷静に、透徹した思考をもって考えれば、今の日本・統一教会の幹部構造は明らかに歪(いびつ)であることがわかるはず。
 
 <なぜ、教会の指導者層に韓国人が半分を占めるのか>

 繰り返しになるが、韓国統一が日本に上陸した西川時代のときのことならともかく、日本統一が誕生してからすでに半世紀以上が経っている。それなのに、いまだに韓国人が幹部の半分を占める。理由は2つのことしか考えられない。


 一つは、半世紀も立ったのだが、日本人シックは頭が悪く成長していない。だから、われわれ韓国人が指導的地位に立たなければならないのだぁ~。徳野、矢野、佐野、岡村、鴨野もいまいちだぁ~!

 もう一つは、韓国人幹部たちの利権・権益確保のためだ。数万円程度の公金を横領していない韓国人幹部は一人もいないだろうが、それよりも生活の糧を得ていること自体が権益として大きい。韓国に戻れば、働き口はない。だから、韓国人幹部社会は「韓国人枠」を死守する。
 このことは、宗教組織とは関係のない、「行政改革、公務員削減、天下り廃絶」といったテーマとかぶる話である。周知の通り、四半世紀にわたって公務員改革が叫ばれてきたが、微々たる改革しかなされていない、というか、全体から見れば変わっていない。
 なぜか、官僚の権益を守るため、改革を骨抜きにしてきたからである。
 それと同じ。「韓国人枠」は“規制改革を拒む厚い岩盤”なのだ。

 ところで、私は「日本統一が誕生してからすでに半世紀以上が経っている」を強調するのだが、それは韓国人幹部の多さをあえて印象づけるために書いているためであって、実は正確ではない。
 日本に統一教会を持ち込んだのは、周知の通り、崔奉春(西川勝)氏であった。1959年のことである。
 分厚い『日本統一運動史』をめくると、「草創期」の頃に韓国人名が登場するのは西川氏ぐらいで、姜淳愛を除けば、あとはすべて日本人である。増田勝・松本道子・小河原節子・別所美代子・小村宏之・岩井裕子・春日千鶴子・澤浦秀夫・阿部トミ子。
 こうした日本人が西川氏の指導のもと、日本に統一教会を普及させていったのである。私の主観ではなく、教団発行の本によればだよ。

 そして、複数の韓国人の名前が運動史に登場するのは、日本統一教会が宗教法人として認可されてから30年後の1993年のことである。全国祝福家庭総連合なる組織が生まれ、その初代会長に金元弼が就任。その後は金明大・黄煥寀・朴普煕・劉大行・任導淳・宋ヨンソプ・宋龍天と続く。金明大以降の御仁はすべて例外なく利権を享楽した韓国人である。
<注>任導淳氏は私腹を肥やさない人と言われてきたが、亡くなったときかなりの資産を蓄えていたと言われている。宋龍天氏の場合、私腹肥やしの証拠はないが、妻の李海玉氏が貪欲という。

 何が言いたいか。草創期、西川氏の手を借りながら日本人によって統一教会を普及させた。その後、「神様」を連発する韓国人がハイエナの如く、日本にやってきたということなのだ。

-朗報があった-


信徒にセクハラした江南教会の趙牧師が韓国統一教会の公職者から外されました。(あたりまえか)
【関連記事】「速報! 韓国統一教会幹部のワルの巻-セックス編 」

チョセクハラ教区長
 もうお母様のお誕生会には招待されないでしょうね(泣)



なるほどと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

選民

私は末端信者ですが、原理講論にも書いてあるように韓民族は天から再臨のメシヤを誕生させるべく選ばれた民族であり、いわゆる選民なのです。
対して日本人は日韓併合等、韓国人を痛めつけてきたという負い目があります。よって日本人シックからすれば、韓国人が恩讐をこえて牧会者として日本人を指導してくださるということは大変ありがたいという意識があります。
ですから韓国人大歓迎、となります。

統一教会の変質

米本さん
いつも興味深い記事をありがとうございます。

 言うまでないですが、韓国人牧会者が日本に来るようになったのは、韓日人教会(金明大氏)のときからです。日本統一教会とは摩擦があったわけですが、これに対して文先生は「韓日人教会と日本統一教会とは、アベルとカインの関係」と語られました。ここから私は、平たくいうと「韓日人教会が信仰指導を行い、日本統一教会は経済を担当する」のが文先生の意向と理解していました。
 それが韓国人牧会者が能力もない立場で日本の経済を握るようになったわけですから、無茶苦茶になるのは想像に難くないことなのでしょう。韓国人牧会者を日本に送った文先生の意図ではないと考えます。韓日人教会が始まった92年頃は、文先生が責任者に寄生虫と言って公金問題を叱責していたころでした。日本に来る前から目に余る状況があったのではないでしょうか。
 また日本のアベルカイン観も韓国人には都合が良かったと思います。何せ日本食口は能力など無くても上に立つアベル様と思ってくれるわけですから、経済の主導権を掌握するのも難しくなかったのではないでしょうか。

 ところで今日コメントを書こうと思ったのは、韓国人幹部ではなく日本人幹部についてです。末端にいると全国地区長一覧なんてものも、なかなか手に入らない有難い資料です。鬼が出るか蛇が出るか。これだけでもいろいろ考察できます。
 霊感商法時代に多くの責任者を育てたと言われる人が含まれているのには驚きましたね。これは何を意味するのか。統一教会は、霊感商法時代に移り、神山会長の頃とは完全に変質したと言われます。教会が今、神山会長を受け入れられないことからも、変質したことは裏付けられます。
 では韓国人牧会者が日本に来て、韓国人により日本の統一教会が変質したのかどうかです。今の統一教会は本部の意向に反する人は責任者に立てないのでしょう。地区長という位置に霊感商法時代の立役者がいるということは、裏返せば韓国人牧会者が来ても、日本の統一教会は霊感商法時代から何も変質しなかったということです。

 文先生が韓国人牧会者を日本に送った意図は何も果たされず、霊感商法時代のままの何の変質もない統一教会に、アベル(上司)として韓国人幹部がその位置に君臨しているというのが現状ではないでしょうか。

全国地区長一覧

プームチャイさんのいうとおりですね。全国地区長一覧なんて初めて見ました。

考えてみれば、普通の組織では、運営責任者の一覧は積極的に公開しますよね。会社法人だったら取締役とか、財団法人やNPO法人だったら理事とか。各部署の責任者を出している会社もあります。それが社会から信頼される透明な組織の第一歩だからです。

統一教会では、地区長や教区長や教会長、それに本部の局長や部長くらいまでの役職者は、きちんと公開するべきだと思いますね。公式サイトやトゥデイズワールドなどで一覧を出すべきです。

逆に、出せないということは、透明な組織にしたくない、国民から信頼を得ようと思わない、何かやましいことがある、ということになるでしょう。実際、そうだけど。

二人減った?

以前は↓とうことでしたね
第1地区長 矢吹恭一
第2地区長 柳根汀(韓国人)
第3地区長 五十嵐政彦
第4地区長 南炅卓(韓国人)
第5地区長 金滿辰(韓国人)
第6地区長 全柱奉(韓国人)
第7地区長 徐永運(韓国人)
第8地区長 安井邦彦
第9地区長 朱鎭台(韓国人)
第10地区長 上條啓介
第11地区長 黄鼎禹(韓国人)
第12地区長 朴鍾泌(韓国人)
第13地区長 金成南(韓国人)
第14地区長 青木 大
第15地区長 熊谷栄佐雄
第16地区長 陸泰昊(韓国人)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

就職難の韓国

大手企業(サムソン、ヒョンデなど)が終身雇用と年功序列制度を廃止して以来、中高年にも失業率が目立つ韓国では、公務員や教師など安定した職業に人気が集まっています。
ただ毎年、公務員、教職員の年金が財政を圧迫している現状が年金改革の議論を白熱させ、今年がヤマだと言われています。

そのような情勢から、韓国では日本で就職している中高年が羨望の的です。
教会公職者も同様かもしれません。
韓国に帰っても相応のポストがなければ、日本にしがみついていたほうが安定的なのです。
韓国人公職者を減らしたいけれど、減らせない人情があるのでしょう。

ところで、江南(カンナム)教区長の趙さんのような牧会者は外にもいます。
あの趙さんが江南に来てから、教会で酒が解禁されたこと、下ネタの多用に慣らされたことなど、聞いていると、呆れることばかりでした。

人事のことで持ちきりのようですが、誰が教区長をやっても、たいして変わらないと思います。誰も信じてやっていないから。信じたふりをして、生活のために牧会しているだけです。
そんな牧会者の話を信じる人は哀れです。
いきなり慣習を改めることが難しいなら、コミュニティとして程ほどに関わることをお奨めします。

もともと教養もないから話が軽すぎて、聞いているほうが恥ずかしくなることはありませんか。
説教の準備もできない? していないから、詰まったら「アボジ、アイゴー、アボジ…」で誤魔化す。

いい加減にしてね。結局あなたは何を言いたいの?
日曜の礼拝でまとまりのない話を聞いて、一週間悶々と過ごせと言うの?
それで感謝献金が集まると思うの?
と、頭は疑問だらけです。

自分の能力を知ってか知らずか、2時間中訓読をして終わらせる牧会者もいます。
30分くらい経つと、8割方寝ているのに、無視して訓読→朗読し続ける意図を斟酌するばかりです。
教会で開き直って、酒を解禁した教区長よりはマシですが。

Re: 統一教会の変質

>霊感商法時代に多くの責任者を育てたと言われる人が含まれているのには驚きましたね。

 五十嵐地区長は当確でしょうが、他には?
 具体的に教えていただけると勉強になります。

Re: 全国地区長一覧

 さいぞうさんの投稿文の引用はしないけど、ほんとにその通りです。

 教会長は世間では「聖職者」です。
 それなのに、なぜ公表しないのか。世間に対してはともかくとしても、自分たちの信者に対しても秘密扱いにするのは不思議でなりません。

「何かやましいことがある」からと見るのが正しいと思いますね。

江口さんちの敬一君へ

 コメント欄を読んでもらえばわかる通り、公文を流すことはこんなにも現役シックに喜ばれることなのだ。

 私のところに公文を送ってくる人たちに、感謝してもらいたいものだ。
 江口君たちがやっていることは世間からみればバカそのものなのだ。
 わからないだろうなぁ、この感覚。

何がそんなにやましいの?

自分たちの組織の長ですよ。末端の食口に知らせればいいじゃないですか。そんなにやましいのですか?統一教会に長年居ると、ほんと世間知らずになりますな。普通 会社なら役員の名前ちゃんと出しますよね。そんなことからも、世間様からの信用を得るものですよ。言っても頭悪くてそれこそバカで判らないのか?偏屈・意固地でそれこそ 頑な なのかしれませんが何なんでしょ?

ほうほう

統一教会の組織の問題点は山ほどあるが、
「祝福受けた自分たちが一番えらい」
ってなもので、他から学ぼうとしない。


献金から給料もらってる職員の数が多すぎて
毎年赤字。
こんな宗教団体もめずらしい。
リストラ出来ないなら、ふつうは減給するものだが、保身に走りそれもしない。
ふぅ、だめだこりゃ。

読んでもらいたいブログ

「ちゃぬの裏韓国日記」
「なぜ文教祖は日本統一教会に大量の韓国人責任者を送り込んだのか」
http://ameblo.jp/chanu1/entry-12009249699.html

 ただし、ちゃぬさんのように、1969年の文氏の発言と1994年のそれとを連続線上に捉えることには同意できない。

 この間に、霊感商法、マスコミからのバッシングがあり、1990年前後の日本統一は組織的にガタガタになっていたからだ。

 その組織的立て直しのために、韓国人牧会者が日本に派遣されたが、その後、彼らが堕落し、利権(既得権益)を保持するようになった-と、私は見ている。

 在韓の日本人シックの証言である。
「黄煥寀さんが日本から韓国に戻ったとき、別人のように悪相になっていた。廊下ですれ違ったとき、黄煥寀さんだとすぐには気がつかなかった。人の顔があれほど変わるものかと驚いた」

Re: 読んでもらいたいブログ

日本に韓国人責任者が増えた原因の一つに、文先生が金明大氏を送った理由があると思います。当時の日本食口にとっての悲願は文先生の日本入国でした。寝てもさめてもその事を祈っていた頃です。

これは金明大氏から聞いたことです。文先生は、1978年から14年以内に日本に入国できなければ、日本がエバ国家から外れると言われました。そこで、メシヤ誕生の条件となったという1919年の韓国の独立運動を1991年に日本でやれば、日本にメシヤが誕生(入国)すると言って金明大氏を送ったのです。文先生はそれを日本統一教会幹部には語りませんでした。金明大氏の口ぶりから、ビザ問題の配慮と思われます。
日本統一教会から、金明大氏は狂ったと非難され嫌がらせを受け、陽暦1月6日に入国しなかった時には偽り者と罵られたのですが、結果として文先生は入国されました。7.1節の時でしたか文先生は金明大氏にその時の事を幹部たちの前で証させたと聞きました。

以上の事を考慮すると、日本の幹部は、金明大氏に頭が上がらなかったのではないかと思われます。当時の韓日人教会では食口の心霊の復興は日本統一教会の比ではありませんでした。文先生は内的な復興を期待したのだと思います。金明大氏はその間20kgも痩せたといいます。私には韓国人による日本支配には思えませんでした。この証を語ってくれた時の金明大氏の顔は今でも記憶に残っています。
しかし韓国人責任者も日本でアベルとしてこんなに祭り上げられるとは思いもしなかったと思います。日本人が間違ったアベルカイン観で祭り上げて、喰い物にされる状況を作ったのではないでしょうか。あのとき文先生が何度もアベルカインが間違っていると指導されたのは偶然なのでしょうか。

ちゃぬさんの記事、読みました。み言葉の量では敵う相手ではありませんが、私とは原理の解釈が違うようです。恨みは恨み返すのが蕩減ではなく、愛するのが蕩減だと思っています。支配の蕩減は逆支配ではないはずです。現実が伴っていないこととみ言葉が偽りであることは違うと思います。言葉を読むときどのような思想を背景としているかを見極めないといけないと思うのですが、そういう私もまだ文先生の思想の全体像は見えてないので、私こそ都合よく解釈していないか、そういう意味で私も学ばせていただこうと思っています。

再起動するしかないかも

日本での韓国人の指導者は以前386世代と言われた、1980年代韓国学生運動の嵐が吹き荒れた時代に伝道された人が多いようです。そういった人たちの中で韓日祝福を受けた者たちが日本に渡ってきて牧会者になりました。もちろん文先生の指示です。彼らには彼らなりの自負や誇りもあることでしょう。しかし多くの若い青年や壮年壮婦が伝道されていた1980年代と衰退して滅びゆく現在の教会の姿と比較してみると、どうしても韓国人指導者に対して厳しい目を向けるのはやむ負かもしれませんね。中には日本は金だけ出してたら良いんだみたいなことを言う韓国人指導者もいるようですから、それでは益々風あたりが強くなりますね。
そのうえ、777双1800双といった日本人の大半は年金も無く極貧の者も多い中で、本来なら日本人の信者から尊敬を受けてしかるべきなのに韓国人指導者からは寄生虫扱いされたという話も耳にします。そうなるとどっちが寄生虫なのかという話にもなるのですが、大義は一応組織側にあることになってますから、公務についてない高齢先輩家庭は本当に惨めな気持ちにもなろうかと察します。貧乏には耐えられても侮蔑されては行き場所がありません。しかも自身が育まれ成長し、そして責任ある立場で育ててきた日本教会の今の姿にも義憤を感じているのです。

組織をめぐる権力闘争になっても多分解決しないだろうから、ここまで来たら一旦シャットダウンして再起動をかけるしかないかもな。

久々にドSコメント

>世間に対してはともかくとしても、自分たちの信者に対しても秘密扱いにするのは不思議でなりません。

さすが仏の米本さんですね。
私は公費を貰う身分には学校や近所に統一教会勤務という事を公表して看板を背負える覚悟の方になっていただきたいです。
そうすれば統一教会に問題が起こった時世間の反応がよくわかるでしょう。
そうしてないから、世間との温度差があるのではないかと思います。
お金を貰いながら勤め先を隠すってブラック宗教そのものです。

奥様も公務をされてる江口家庭は勿論証してるんでしょうね。
公費三昧で生活してるのだからPTA役員やら町内会長はしてるんでしょうか。勿論東日本震災地のボランティアくらいは行かれてるのでしょうね。結構公務は一般の仕事より時間の融通がきくように見えます。
自己満足のみ旨ごっこより具体的な一般社会に影響を与える活動をしていただきたいです。

そしてつまらない抗議だけでなく氏族メシアの証も含めホームチャーチ勝利の証を是非ネットに載せていただきたいものです。
私ならその位でなければ夫婦で公費なんて恐ろしくて貰えません。

でもヒモ公職者に対して役職名だけで侍るような奴隷根性丸出しの教会員が多いのも問題だと思います。統一教会王朝体質のままなら離教者はどんどん増えるでしょう。二世にはそのような性質はありませんから離れる原因にもなっているのでしょう。

馬鹿な議員や公務員の人件費に切り込めない日本の体質も反映してるかもしれませんし、敗戦後からのポチ体質も影響してか、日本の闇も深いと思います。

P.S なかなか米本さん、江口さんのコメントをブログにアップして下さらないから、かなり江口さんの事を書いてしまいました。

あとちゃぬさんのブログですが、文先生のみ言には日本を褒め韓国人を叱るみ言もあり、聞いた記憶があります。(ご存知の方、アップしていただけたら有難いです。)
ちゃぬさんの場合目的が統一教会崩壊なのでみ言のセレクトもかなり偏りがありますし、その文の前後や語った相手の層、文先生の動機も不明な点があります。例えば韓国人が多い場合選民のプライドが高いので少し持ち上げないと扱いづらいとか、、。

とにかくちゃぬさんは是々非々、中立の立場ではないから冷静に見ています。でもあの情熱はすごいと感心します。

文教祖の恨とは

 統一教会を語る上で「恨」という言葉を外せません。

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/36069/1/rel027004.pdf#search='%E6%81%A8%E3%81%AE%E7%B5%B1%E4%B8%80%E6%95%99%E4%BC%9A'

http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12008330717.html

 文教祖の「恨プリ」は日本の植民地化つまり韓国人が日本人を支配することです。それは派遣した韓国人総会長を「日本総督」と呼んでることから明らかでしょう。
冷戦構造がなくなるまで、統一教会では反共が優先され文教祖の「恨」(日本に対する劣等意識)は隠されたままでした。
清平摂理が拡大するとともに、統一教会は「先祖返り」してきたのです。
 80年代までは
1 西川宣教師という韓国人にしては親日的な方が影響を持っていた。
2 久保木会長が保守層を中心に基盤を作ってた。

 故に、文教祖の反日的部分は日本に隠さされただけと思います。
 従って、60年代に語られた
『堕落してサタン側に立つエバがアダムを主管することによって、どのようになったでしょうか? 天地が引っくり返ったのです。ですから一つの国家を中心に見る時にも、エバ国家である日本に韓国が支配されてばかりいたら滅んでしまいます。(韓国が日本に)主管を受けた後には、どうしなければなりませんか? 韓国が支配された立場とは逆に日本を支配するところまでいかなければなりません。でなければ、復帰が出来ません。』
(哀れな復帰の役軍たち 1969年6月8日 前本部教会)

と90年代の文教祖の韓国人大量派遣はリンクします。(90年代後半の韓国経済危機から本格化します)
 いつもの精神勝利で文教祖は「日本を支配したぞ」と自慰(恨プリ)したのでしょう。
これから統一教会で生き残れる人こんな感じの人だけでしょう。


 http://ameblo.jp/matrix2013/entry-12000040757.html

教会生き残りの品定め

goutさんの絶妙な言い回しに(^_^)v

>いつもの精神勝利で文教祖は「日本を支配したぞ」と自慰(恨プリ)したのでしょう。
これから統一教会で生き残れる人こんな感じの人だけでしょう。

適当に数合わせをして実のない現実でありながら、心持ちの強さ(精神的勝利)だけで「勝利した」と叫んできました。
そして、よくわかならいのに、わかった気になって従う、そんな人が「生き残れる人」になっています。

昔から同じです。
70年代、80年代の興隆期?でも同じでした。
特に経済部門(霊感商法含む)では「考えるな!バカになれ!」と、よく叱られたものです。

今だったら、「あなたと一緒にしないでね!」と言い返すところですが… 若かったなーと悔しくてなりません。

80年代までが安定していて、90年代からガタガタという教会史の見方は表面的すぎるように思います。
80年代までにやり過ぎたから、其のツケが90年代から出てきたのです。

文氏がなぜ日本に入国できなかったのか?
日本の信仰が足りないからではなく、大変な危険人物としてマークされていたからです。

教会史の表では廃品回収など、当時は在日の人々と同じような初期信者の苦労が語られますが、裏では霊感商法だけでなく銃の密輸販売、象牙等の密猟販売など、違法行為が横行していました。

しかし、表立っては日本を「エバ国家」と祭り上げ、母性本能をくすぐる話が如何に多いか、暇な人は分析してみてください。

うんざりするほど聞かされた「エバ国家」。
その崇高な母性本能は家族のために取っておこうと、やっと目覚めたのは、家庭を持ってからでした。

日本の信徒は家庭があり、子育てをしながらも、この「エバ国家」という言葉に支配されて、本来の家庭生活が貧弱になっているように思います。

20年以上も前のことです。
「この献金摂理を勝利しなければ、日本がエバ国家から外されてしまう」と、切羽詰まった声の国際電話がありました。親友(家庭のある霊の子)からのものでした。当時の責任者は金明大。何やってんだろうと、耳を疑いました。

さらに「もし日本が勝利できなければ、エバ国家がカナダに移るんだって…」とのこと。夫を寝取られるかの如く、なかなか巧妙に「エバ国家」という自尊心を植え付けたものです。

「カナダでやってもらえるのなら、やってもらったらいい…ありがたいことね」と、笑いをこらえて答えました。

その後も同様の話を聞かされ続けています。
未だに「エバ国家」が使えるのは、人が変わるからでしょうか。

こんな古い、理屈をこねるおばさんは相手にしないで、新しい人を連れてきてダマさなければ集金できないのです。(私は品定めから外されました。万歳!)

韓国では新規伝道が詰まり、古参も耳を貸さず、従って献金が集まらない。よって、日本からきた初々しい嫁がターゲットになります。
こちらの教会長も盆暗ですが、口先がうまく集金能力がありそうな人を配属しています。
先の話題の前江南教区長は教会で酒を解禁し自ら落とし穴に陥ってしまった。多くの幹部がそれを知りながらも追及しなかったのは、皆似たり寄ったりだからです。このようにセクハラ問題まで起こせば、やりすぎだという程度の認識です。

そして良心に反しながらも使命としているのは、人と金を集めること。
あそこの教会では酒が出るということで礼拝に行く信者もいます。(韓国では教会の女性も酒豪が多い)さらに江南のように富裕層が集まる地域では、信仰教育よりも集金目的になりがちです。

現教会のリセット、再起動というご意見は、やはり未練がましい。この体質はリセットしてもハードにしっかり残っていますから、ドリルで穴を空けて破壊しないと社会的、精神的浄化は難しいと思います。
江口さんを怖れてドリルで穴を空ける教会長さんたちには、その場所を熟慮してほしいものです。

公職者の職業欄

コメント中に、「私は公費を貰う身分には学校や近所に統一教会勤務という事を公表して看板を背負える覚悟の方になっていただきたいです。」とありましたが、えっ!と思いました。
もし、統一教会員であることを隠している公職者がいるならば、完全なクズ人間かつ詐欺師です。
私が知っている教会長(1800、6500)は、職業欄に世界基督教統一神霊協会牧師と書いていると言ってましたが、当然の事と思ってました。

私とて、教会を去るまで20年以上、祝福直後から一般の会社で公にして生きてきました。(嘘が言えなかった)オウムの事件の時は完全に同一視されたりました。それに、統一教会が社会に対して問題を起こすならば、一般信徒も責任を負うのが当然です。
ただ福を受けたいというだけで、社会に隠し、教会の問題に対し「見ざる、聞かざる、言わざる」なんて、メシアを信じる者ではなく、闇に潜む者でしかない。

日本共産党との違い

>日本共産党が「世界共産党日本支部」(コミンテルン体制、コミンフォルム体制)から脱却して、いわゆる「自主独立路線」をとったのは、1970年代に入ってからのことだった。これによって同党は大きく伸長した。
 時は高度経済成長まっしぐら。国民の民度は高まりつつあった。そうしたとき、ソ連共産党の言いなりになっている日本共産党を支持する国民はいない。世界共産党と縁を切ったからこそ、比例票で600万票(最盛期には800万票あったはず)を獲得したのである。


 米本さんは流石に客観的に冷静に社会現象を観察しておられ、透徹した思考をもって宗教団体、政治団体の成功、失敗の原因などを分析されています。
 そのような米本さんが統一教会について‘火の粉を払え’の中で指摘された内容は 教会幹部が傾聴すべき重要な参考意見になります。
 日本統一教会内で韓国人幹部達が権力を握っていることが問題であるとの米本さんのご指摘は見逃してはならないことで、統一教会を組織構造の上でも、宗教的、思想的信条においても基を大きく歪めてしまっていることは間違いないと思います。
 統一教会以外の世界に無知である教会員は 韓国人リーダーを受け入れることによって‘主の伝統を相続できる’などと文先生によって語られた妄想をそのまま信じておりますが、韓国人が李氏朝鮮時代から受け継いでいる伝統などというものは道徳的にも次元が低いものであって、統一原理の根本などとは無関係のものです。

 米本さんが日本共産党の「自主独立路線」を成功例として取り上げたことはまさに炯眼であり、深く頷くことができます。
 日本共産党は当然ながらマルクス・レーニン主義を基本思想としていますが、宗教思想ではない為、カール・マルクスやウラジミール・レーニンを絶対化するなどといったことは行ないません。
 あくまで、その思想の中核部分を‘真理’と認識しているのであり、その最終目的の実現を目指して政治活動しているのです。
 思想内容は別として、単純に統一教会と比較した場合、そこにある最大の違いとは、ある意味その内にあるマルクス・レーニン主義は応用、発展が自由な思想であることとも言えるのです。

 それと比べて、統一教会は文鮮明氏を神格化し、絶対化している宗教団体であるため、その‘御言葉’に束縛されており、思想的な発展を困難にしています。
 韓鶴子氏は‘独生女’言説を語り出すなど、‘御言葉’にそぐわない発言を繰り返しておりますが、それでも表上は‘御言葉’を絶対化する基本姿勢は持ち続けているのです。
 統一教会の中にある思想を共産主義思想と比較する場合、原理講論ではなく、‘統一思想要網’、‘共産主義の終焉’などを用いらなければなりませんが、統一思想要綱に書かれた哲学的な内容は その後、ほとんど研究が加えられておらず、組織の中では完全に無視されたような状態です。
 統一思想要網は統一教会内の主な書物の中では 数少ない、一般人の理性に訴えかける論理性を持った書ですが、文先生の‘御言葉’と知的レベルが違い過ぎる為か、あまりその内容が教会内で取り上げられることはありません。

 統一思想要網を詳しく読むと、部分的には問題があることも確かですが、私はこれこそが世界人類の融和と理想世界への道を開く‘新しい真理’と呼べるものだと思っています。
 その基本思想は未来の世界を切り開くことができる可能性を秘めているのです。
 統一思想要網は“統一思想”の体系的な骨格と概略を述べた内容であるため、さらに学術的な研究を進める必要があるのですが、別の観点から考えるならば、それは応用、発展が可能な思想であるということなのです。
 統一思想要網は原理講論の‘創造原理’をより詳しく学問的に発展させて、哲学的問題などを論じた思想書なのですが、原理講論との最大の違いは 聖書の創世記に書かれた人類始祖の物語をそのまま持ち込んで、‘堕落論’などというものをつくりだしたりしていないところです。
 その為、科学的真理と矛盾する‘血統的堕落’などといった概念を生み出しておらず、仮説どころか妄想でしかない理論まで展開するようなことを統一思想要網は行なっていないのであり、その論理的正確さに原理講論との大きな違いがあるのです。
 原理講論は総序の説明とは食い違い、科学と矛盾した内容を含んだ‘宗教書’であり、統一思想要網は宗教内でしか通用しない論理を使っておらず、宗教を超越した‘新しい真理’と呼べるものです。
 さらに付け加えるならば、‘文鮮明先生み言葉選集’は‘ちゃぬの裏韓国日記’ブログの記事から明らかなように、歴史的事実とも反することがふんだんに語られ、科学などまったく無視した血統転換理論を主張するような‘時代遅れの朝鮮シャーマニズムと朝鮮儒教の混合宗教説教集’でしかありません。

 統一教会が“統一思想”を基本思想とした組織となったならば、内部改革や組織の刷新も可能なのですが、‘文鮮明先生のみ言葉’を絶対化した組織である限り、発展的な内部改革、組織の刷新は不可能と言えるでしょう。
 統一教会が‘真の父母様’を神格化した人間中心の組織である限り、その幹部達の都合のよいような組織運営しか行われないのです。
 米本さんは日本共産党の成功例を取り上げられましたが、日本共産党が共産主義思想を基本思想とした団体であるように、統一教会が“統一思想”を基本思想とした組織であったならば、日本共産党の躍進に学ぶこともできるのですが、前近代的な朝鮮民族型宗教である限り、それは絶望的なのです。

>ただし、ちゃぬさんのように、1969年の文氏の発言と1994年のそれとを連続線上に捉えることには同意できない。

>この間に、霊感商法、マスコミからのバッシングがあり、1990年前後の日本統一は組織的にガタガタになっていたからだ。

>その組織的立て直しのために、韓国人牧会者が日本に派遣されたが、その後、彼らが堕落し、利権(既得権益)を保持するようになった-と、私は見ている。

 米本さんはコメントで上記のように書かれていましたが、統一教会の問題の元凶はやはり組織の中心であった文先生であると思います。
 韓国人牧会者が日本に派遣されて、韓日人教会が組織され、初期の段階では高額献金に追われる地区教会とは区別されていましたが、時が経つと 結局は同じように高額献金を要求されるようになったのです。
 韓国の教会員は日本の教会員のように重い経済的なノルマを課せられるわけではありませんから、韓国から日本にやってきた牧会者達も最初は宗教的な指導のみを行なうつもりで日本にやって来たに違いありません。
 しかし、日本国内にいる限りは特別扱いされたまま居続けることはできず、ついには経済的なノルマも負わせられるようになってしまったのです。

 文先生は日本人信者に対しては韓国に対する贖罪意識を植え付けたり、根拠が曖昧な‘天の摂理’を創出しながら経済的な実績を要求しますが、その日本統一教会に韓国人牧会者が混じっていたとしても、その実績追求を緩めるようなことはしませんから、韓国人牧会者も結局、その‘経済摂理’に追い立てられることになります。
 ただ、あくまで韓国人牧会者は末端教会員達に実績を要求する立場なので、そのような本部の命令に従いながらも、次第に自分の立場を利用しようと考えるようになります。
 その結果が「利権(既得権益)の保持」を目指す宗教官僚の誕生になったのだと思います。
 日本に派遣された韓国人牧会者達は一方的に犠牲を強いられるような状況は受け入れられない為、そのような代価を求めるように心が動いたのだと思います。

 確かに、文先生は「組織的立て直しのために」韓国人牧会者を日本に派遣されたのだと思いますが、結局その最終目的は組織活動を強化し、日本の経済的実績を多くすることなので、韓国人牧会者が堕落しようが、しまいが日本が韓国統一教王朝の植民地のような立場であることに変化はないと思います。
 日本統一教会が「自主独立路線」を切り開こうとするならば、「真の父母様」の神格化を否定するとこから始めなければならないのです。
 純粋に“統一思想”の世界観に立つならばそれが可能なのですが、‘天聖経’が天国の聖書などと本気で考えているようでは、そのような主体的な精神を得ることはできないのです。
 現役の統一教会信者が真に“統一思想”の価値を理解しているならば、清平解怨役事を信じるはずもないし、そもそも文先生の‘御言葉’を無批判に受け入れるはずがないのです。
 結局、現役の信者達は‘新しい真理’と称することも可能な“統一思想”などまったく理解できていないということなのです。

 統一思想要網には確かに問題ある表現も見られ、間違いと思われる部分も探し出すことができるのですが、基本的には優れた思想を説いており、キリスト教の世界観をさらに進歩させた内容が書かれています。
 それをさらに研究していくならば、人類の未来に大きく貢献できるのは間違いないと思います。
 ただ、皮肉にも その“統一思想”の提唱者とされた人物が過去に、その本質的内容とまったく異なる、矛盾した愚劣な‘御言葉’を語っているのです。
 「この血統と連結されれば、神様が理想とされた理想人間、すなわち人格完成も可能であり、理想家庭も生まれるのであり、さらには、神様の祖国、理想国家も出現するのです。」(平和神経 P.183)などと語っているようではだめなのです。
 そのような妄言を語る人物が“統一思想”の提唱者などとはとても考えられないのです。

 もしも、統一教会員が「真の父母様」を神格化するような旧宗教的思考を卒業できて、“統一思想”のレベルまで思考力を高めることができたならば、日本共産党に負けずに「自主独立路線」を歩むことも可能となるでしょう。
 しかし、朝鮮シャーマニズム、朝鮮儒教レベルの宗教的思考しかできなかったならば、それは時代の進歩と同時に統一教会が消え失せるしかないのです。

 余談ですが、日本共産党員の方は韓国人統一教会幹部のように「サタン的」な人ばかりではありません。
 私は学生時代、一ヶ月ぐらいワゴン車生活をしながら‘勝共カンパ’なるものを行い、田舎の家々を個別訪問したりしましたが、当時、日本共産党は統一教会、勝共連合攻撃を活発に行い、ビラなども街頭でたくさんまいていました。
 それで、勝共カンパで家々を回っていた学生教会員が、たまたま訪問した共産党員の家で捕獲され、それまで回って歩いてカンパしてもらった家々を訪問し直し、共産党員の言われるまま、謝罪しながらカンパ金を返して連れ回された事件もいくつか起こっていました。
 そのような情況の中、とある田園地帯の部落を勝共カンパで回っていた時、訪問した家で私がカンパお願いのトークをし終えると、その家のご主人は自分がこの地域の共産党の支部長であることを明かし、その日、赤旗の読者などから「左翼学生運動に反対する署名、カンパを集めるため、家々を回っている学生がいるが、問題はないのか?」との問い合わせを受けていて、自分もそれを確かめようと思っていたと言うのです。
 私はまた闘いが始まるのかと覚悟したのですが、(以前、カンパ集めをしていた私を拉致しようとする共産党員を振り切ったことがある。)その共産党支部長から出てきた言葉はまったく予想だにしないものでした。
 「あなたがしている署名、カンパ活動は強制的なものではないので、あなたの自由であり、私には止めることはできません。…
 ただ、あなたはまだ若いのだから、もっと歴史を学んでいってください。」
とだけ話したのです。
 その共産党支部長は さらに私の性格を見抜き、統一教会内では一度も褒められたことのない性格の部分を評価するような言葉をかけてさえくれたのです。
 私はその言葉に感動さえ覚えましたが、共産党員に対する愚かな偏見についても根本から考え直すことになりました。
 以前、暗在さんが私を「共産党員をざっくり見下している。」とコメントされましたが、それはまったくの誤解なのです。
 統一教会員は妄想とも言える朝鮮型宗教思想のレベルから脱しないと、多くの例として共産党員以下の人格にしか達しないのです。
 

本物なら公職者が狂人の様な伝道情熱を燃やすべき!

統一教会公職者の車の両サイドには世界基督教統一神霊教会と入れるべきだし、車のフロント両サイドに統一教会の旗を立てるべきだと思います。

それに統一教会公職者は伝道意識の見本を見せる為に、私服には世界基督教統一教会と貼り付けたり、真の父母の写真や絵や”天宙復帰”や”柳寛順万歳”や”民団総連統一”や”霊感商法のどこが悪い!”や”父母の心情と僕の体”や”完全投入”や”絶対信仰絶対従順絶対服従”や”蕩減復帰”や”神様と真の父母の祖国語ハングルを世界共通語に!”や”神様の怨讐国家日本人よ!先祖解怨先祖祝福の為に韓国清平にお参りに行こう!”や”人類の真の父母様は文鮮明先生と韓鶴子独生女様です!”や”再臨主現る!その方は文鮮明先生です!や”人類の真の母現る!その方は肉身を持った聖霊韓鶴子総裁です!”や兎に角、様々な言葉を私服に貼り付けて外出すべきです!

本物ならコソコソせんで、公金生活しているなら、それ位の事は当然の義務としてやって貰いたい!

統一思想は統一原理を大前提とした思想である

統一思想は、創造原理はもちろん堕落論と復帰原理を含めた統一原理全体を大前提とした思想体系です。言い換えれば、統一原理の体系を否定すれば、統一思想の体系も崩壊するということです。

例えば、堕落論では「人類の血統的堕落」について明確に記述されていますが、これを否定すれば当然、復帰原理以降も崩壊するだけでなく、統一思想の中の歴史論(統一史観)も崩壊することになる。なぜならば、「統一思想要綱」の歴史論の章において、「罪悪史」の観念が統一史観の基本的立場として挙げられ、次のように記述されているからです。

「まず統一史観が見る罪悪史について説明する。歴史は人間の堕落によって出発した罪悪史である。そのために人類歴史は原理的、正常的な歴史として出発することができず、対立と葛藤、戦争と苦痛、悲しみと惨状などでつづられる混乱の歴史になった。したがって歴史上に提起されるいろいろな問題の根本的な解決は、この堕落問題の解決なくしては不可能である。」

言うまでもなく、統一思想の全体系は、原相論をはじめとした11の各論から構成されていますが、もし、これらの各論のうちいずれか一つでも完全に否定された場合は、統一思想全体の論理的体系的一貫性は失われ、よって、このような思想はもはや”普遍的真理”などと呼ばれるに値しないということになります。

統一教会公職者よ!文鮮明氏を本当に再臨主と信じているのか?

私は告白します。学生の時、年末年始神社や寺や駅で偽り歳末助け合い募金をしていました。

恵まれない子供救済の訪問半強制的誘導偽り募金もしていました。

献身時代はマイクロで偽り難民半強制誘導募金をしていました。早朝から夜遅くまで。新聞の地方版にデカデカと警戒する様にと書かれても、警察が調べに来ても堂々としてミムネを遂行しました!ヤクザの館も共産党のビルも交番も偽り募金で回りました。

TV100の時は深夜3時4時までマンションの部屋を叩いていました。

海外では何度か危ない目にも遭いました。..............これらは私に限った事ではありません。多くの日本統一教会の兄弟姉妹がマインドコントロールで洗脳されて決意して信仰生活を送っていました。

私が言いたいのは、今でも、統一教会がやっている事が神様の最高最先端のミムネと思って公職生活を送っているのなら、もっと覚悟をして堂々とやりなさい!と言う事。

韓国人公職者の諸君!日本公職者もだが、あなた方が統一教会公職者として神様と再臨主の最高最善の救いミムネを歩んでいると言う誇りと自負があるなら、自分が統一教会公職者であると言うゼッケンナンバーを社会に明確に表しながら日本で活動しなさい!そして、全てを社会にオープンにして信仰生活をしなさい!それが出来ないなら、サッサと半島に帰りなさい!




貴重なご意見

文先生のみ言を少し他の方のブログから見つけたのでアップさせて頂きます。

「その『父母の日』の伝統とは何でしょうか? 私たちの文鶴子総裁から始めたということです。韓鶴子ではありません。文鶴子です。お嫁に来ると姓がなくなりますね? 韓国の名前だからそうだけど、文鶴子総裁になるのです。これは妹だという意味です。韓鶴子ではありません。ハン(恨)の多いハン(韓)という字です。大韓民国にはハンが多いです。先生を反対したハンがあります。先生を一番ひどい目に合わせた代表的な大韓民国です。
この国が怨讐の国で、呪詛できる国ですが、でも不憫で訪ねてきました。今度来る時も、大韓民国がかわいそうになったから、政府は分かってくれなくても、ワシントン・タイムズ紙や私たちの基盤を通して後援するように指示しました。
実際、先生は大韓民国と何ら関係がありません。先生は世界人であって、民族人ではありません。」 (ファミリー95/1 P28 第35回「真の子女の日」の御言 1994年 11月3日 水沢里)

文先生も完璧な人間ではないし、日本に対する恨が全くなかったとは思いませんが時代的背景もありますし、今後の中心者にそのような思いを一切消化して頂きたいです。
ご子女様がアメリカ育ちなのは神様の配慮だと思います。
あと「韓」姓に拘るならお母様は問題だと感じます。


それから公職者全員立場を証してるのかは疑問です。それこそ江口さんに徹底的に調べて頂きたいです。

大体公職者って女性の場合子供が小さい時はよく休むけど、一般だったらそんなに休むとクビになりますから、、、。
あと男性の場合だと一般なら煙草やお酒、エロ話に遭遇する職場もあります。
そんな中守られている特権階級の公職者の皆様は恵まれていると思います。

人の事を言える立場ではないけど、そんな自覚もなく献金から金を貰いながら偉ぶってる奴を見ると腹が立ちます。そしてそんな中に所属している自分が情けなくなるのです。

>統一教会が社会に対して問題を起こすならば、一般信徒も責任を負うのが当然です。

このコメントは仰る通りで胸に突き刺さりました。今は質問されても自分自身が組織の体質に疑問を持ち答えられない事があり一部の方にしか証してませんが、いつか自分なりに消化して道を見つけたらそうしないといけませんね。
堂々と統一教会員である事を誇り伝道出来たらどんなに素晴らしいでしょう。

難しいですが、統一教会に問題があってもあなたは信頼すると言われる自分にならないといけないとは思います。貴重なコメントありがとうございます。

ただね、お前は信仰しているんだろうと無礼な態度を取る方は、信仰に関係なく人間性の低さを感じます。
そんな人も愛し包みこむ真の愛の実践って難しいものですね。

公職者だからそれを高いレベルで求められるのは当然で、私なら絶対に辞めてます。だから辞めない方は聖人レベルか神経がかなり図太いかどちらかだと思います。


文先生のみ言

文先生のみ言です。

☆「米国五十州巡回講演」祝勝会における御言
皆さんは、明治天皇を慕い、追って自決した乃木大将の歴史を知っていますか? 日本の統一教会の母として、それ以上の聖人を養育する、そのような資格のある女性がいますか、いませんか?
☆女の道/マルスムポケット
乃木大将の奥さんに見るように、日本の女性は、夫を支え、たとえ死の道であっても、夫の行く道を共に行く伝統的精神を持っています。一身を犠牲にして、栄光の道に消えていく精神です。これは天に通じる精神です。

☆豊臣のころからのことであると思われますが、「歴史の中で日本人には武士道がある。礼儀を重んじているすばらしい教育である。
日本人は『カタキウチー~』という教育で育っているから、『男でしょ、けんかに負けたらやりかえしなさい。』と幼いころから教育を受けている。
忠臣蔵のお殿様のあだ討ちが長く息づいている国である。
この思想は『人間が比較対象であるから非常に宗教とかけ離れた思想である。真の宗教は他のために生きる、世界のために生きる、と言うものであるが武士道は世界とは関係がない。』とはっきりおっしゃいました。

そのあとで「日本人ていい人だね~」と3度おっしゃいました。みんなはその場でわーっと笑っていましたが、とても恥ずかしい気持ちになりました。
(これは出典が書いていませんでした。)


確かに文先生のみ言は多面性があり、二枚舌と批判する方もおられるでしょう。しかし人を見て法を説け という言葉もあります。

私は文先生のみ言に感動した自分の心を否定は出来ません。私の心は私のものですから、、。語った人に問題があろうと、私の心が感動した事を否定は出来ません。そしてそれを自分のものにすればそれは自分に損にはなりません。その人が尽くした精誠は神もサタンもとれなくその人のものだと文先生は語られました。

人間は
自分の願いで
生まれてきたのではありません。
天の願いによって
新しい生命体として生まれてきたのです。
天の身代わりとしての父母の愛によって生まれ
愛によって育てられ
愛によって生き
愛をのこしていく
それが人生の最高の目的です。

(こころの四季③ 真の愛の香り)

なかなか家庭でも怒る事の多い申し訳ない妻で母ですが、、。

Re:統一思想は統一原理を大前提とした思想である

 Watcher さんは「各論のうちいずれか一つでも完全に否定された場合は、統一思想全体の論理的体系的一貫性は失われ、よって、このような思想はもはや”普遍的真理”などと呼ばれるに値しないということになります。」と書かれましたが、思想、哲学問題を論ずる場合にはそのような価値判断は決して建設的ではないと思います。
 宇宙の存在構造から始まって人間の精神と肉体の関係性と構造、さらに歴史の発展と社会変革の問題に至るまで総合的に関連付けて論じた思想は決して多くはありません。
 代表的なのは共産主義思想であり、統一原理もそのような思想として考えることができます。
 論理的な一貫性を強調しないものであれば、キリスト教の各派や他の宗教もそこに属するものがいくつか数えられるかもしれません。
 しかし、そのように全ての題材を追究し、体系的に組み立てて総合的に論じた思想はまれであるのです。
 ほとんどの場合、思想、哲学は、論じる対象を絞っており、深みを持つことに価値を見出しているのです。
 “普遍的真理”か否かは形而上学の分野で問題にされるのであって、その普遍的な概念そのものを認めない唯名論も存在するわけですから、思想、哲学の肯定、否定を論ずるのは容易くはないのです。
 むしろ、その議論は果てしなく続くため、観念的思考で真偽を論ずるよりも、現実世界における有用性においてその思想、哲学の価値を論じた方が有意義と思われるのです。
 普遍論争は中世において熱心に行なわれましたが、現代においても形を変えてそれが問題となっているのです。

 そして、普遍概念そのものが認識可能かどうか決着がついていないならば、普遍的真理などと主張したところで、あまり意味がないことになるのです。
 むしろ、人間精神に与える現実的有効性こそ思想、哲学においては重要視されるべきなのです。

 そのように考えた場合、確かに統一思想要網には聖書の人類始祖の堕落を前提とした罪悪史という歴史観が述べられていて、評価が難しくなりますが、少なくともサタンの血統を受け継いだ血統的な堕落が原罪であるなどと、科学と真っ向から対立するような定義は行なってはいないわけで、歪曲した表現が一部にあるという理由で 他の哲学的理論も真理として評価できなくなるという考えには賛同しかねます。
 たとえ統一思想要網の歴史観に間違った表現があり、それが変更すべき内容だったとしても、存在論や本性論、認識論の真理性にそれほどの影響はないように思うのです。
 実際に統一思想要網は各部論のところどころに違和感を覚える表現が見られ、そのままでは完璧な真理であるとは言えないのですが、土台がしっかりしているので、内容的に進歩できる可能性は充分に備えているのです。

 原理講論も同様で、堕落論以降は理論的に変更したり、大幅に表現を変えたりしなければ、‘真理’としては通用しないと思いますが、基本的な部分においては真理の一部であると考えても間違いではないのです。
 統一原理や統一思想は神の存在についての論理的な解釈に思想的な価値があるのであって、近代歴史論や再臨論などはまったくの蛇足だと思っています。
 統一思想や統一原理も含めて、宗教や思想は即座に全肯定したり、全否定したりすべきではなく、進歩、発展の可能性を考えて価値を追究すべきで、黒か白か単純に判断しようとするところに大きな間違いがあると思っています。
 

Re: 公職者の職業欄

>もし、統一教会員であることを隠している公職者がいるならば、完全なクズ人間かつ詐欺師です。
私が知っている教会長(1800、6500)は、職業欄に世界基督教統一神霊協会牧師と書いていると言ってましたが、当然の事と思ってました。


 事実なら、教会長さんは希有な方だと思います。
 なぜ、教団職員であることを隠すのか。それは子どもがイジメ、差別に遭うからです。だから、みんな隠すのだと思います。

 むろん、学校や教育委員会には守秘義務が課せられています。
 しかし、人の口に戸をたてることはできず、噂になって流れる可能性は否定できません。PTAで噂になればOUTでしょう。

 ブログに書く予定でしたが、失念していたことがあります。

>教会長以上の役職者370人のうち韓国人が180人(49%)

 180人の韓国人公職者は、おそらく全員が職業を偽っているはずです。
 なぜなら、不動産屋が賃貸住宅を貸さないだろうからです。
 たぶん、統一教会系企業に就職していることにしている(職業証明書は公文書偽造)のではないかと推測されます。

 不動産屋の差別ですが、世帯主が韓国人で、職業が統一教会なら、時世柄しかたないことだと思います。

Re: 日本共産党との違い

>統一教会は文鮮明氏を神格化し、絶対化している宗教団体であるため、その‘御言葉’に束縛されており、思想的な発展を困難にしています。
 韓鶴子氏は‘独生女’言説を語り出すなど、‘御言葉’にそぐわない発言を繰り返しておりますが、それでも表上は‘御言葉’を絶対化する基本姿勢は持ち続けているのです。


 最近の動きをみると、文鮮明氏の言葉を絶対化しなくなっています。
 次回のブログを読んでもらえばわかる通り、韓鶴子氏の言葉こそが絶対になりつつあります。

 立場は180度違うけど、神山さんやちゃぬさんは文氏の言葉を絶対化し、紹介していますが、今の統一教会にとっては痛くもなんともないことで、雑音に過ぎないと思っているのではないでしょうか。

頑張って反論したんだね

>統一思想や統一原理も含めて、宗教や思想は即座に全肯定したり、全否定したりすべきではなく、進歩、発展の可能性を考えて価値を追究すべきで、黒か白か単純に判断しようとするところに大きな間違いがあると思っています。

黄昏れさんに同感です。

結論は統一原理(統一思想)は真理かもしれないし、真理ではないかもしれない。でも、探究する価値はある、ということでしょうか。

これは全ての思想(宗教)に共通することです。超教派の活動をしていたころが最も充実していたかもしれないと、懐かしくなりました。

しかし、多数決を前提とする民主国家では社会構成主義なるものが幅を利かし、社会科学の全分野に共通することですが、たとえ「真理」だとしても、社会の構成員の賛同を得なければ認められない仕組みになっています。

統一教に関しては、統一原理(統一思想)を真理として認知してもらうために急ぎすぎたのではないか。
取り急ぎ実体の伴わない数を集め、その虚像を経済基盤で補うために高額献金を課してきたと言えます。

よって、統一原理(統一思想)は時間をかけ歴史の篩いにかけられて、自然淘汰されてみなければわからない代物です。

Re: 公職者の職業欄

米本さん:
> たぶん、統一教会系企業に就職していることにしている(職業証明書は公文書偽造)のではないかと推測されます。

確か、教会本部職員の寮のような所は、教会本部で借りられないから、統一教会系企業の社員寮として偽って借りていると、誰かから聞いたことがあります。ハッピーワールドか世界日報か光言社か忘れましたが、とにかく家主には偽って借りていたはずです。これって犯罪ですよね。

局長連中とか井口氏とか、ああいう重鎮が住んでいる寮(家庭寮)です。調べればすぐ分かると思います。そもそも本部がこういう感じだから、韓国人はもちろんのこと、ほとんど公職者は正体を隠して家を借りているでしょう。

天の事情による公文書偽装は善(-_-;)

>ハッピーワールドか世界日報か光言社か忘れましたが、とにかく家主には偽って借りていたはずです。これって犯罪ですよね。

社会的には犯罪ですが、「天の事情によるものは善」と言い切って従わせます。
教会の借り物は全てと言っていいほど、公文書偽装です。私は幾度も口裏を合わせるよう強要されました。
韓国でも信者だと名乗って借りている人はいないでしょう。

ハッピーワールドなど企業体の確定申告も適当です。所属していない信徒の名義を借りたりして、実体を捏造するのも天の事情。

社会から非難され弾かれても仕方のないことばかりです。現社会を利用し教会で生きていくためには「踏み絵」を踏まざるを得ないということです。

人為的な思考の産物と捉えるならばごもっとも

神々の黄昏さん

>思想、哲学問題を論ずる場合にはそのような価値判断は決して建設的ではないと思います。
>ほとんどの場合、思想、哲学は、論じる対象を絞っており、深みを持つことに価値を見出しているのです。
>観念的思考で真偽を論ずるよりも、現実世界における有用性においてその思想、哲学の価値を論じた方が有意義と思われるのです。
>むしろ、人間精神に与える現実的有効性こそ思想、哲学においては重要視されるべきなのです。

あくまでも”人為的な思考の産物”(但し、神仏などの超越的存在からのインスピレーション的な要素を含むことを必ずしも否定するものではない)であるところの哲学・思想全般に関する見解としては、神々の黄昏さんの仰る通りだと思います。

しかし、統一信者達は、いまだに「統一原理は、再臨主と称する超越的人物たる文鮮明教祖が神の奥義を解き明かした絶対的真理である」などと信じており、かような「絶対的真理である以上は、理論的体系的一貫性が保たれていなければならない」という観点からみれば、(統一原理からの演繹的帰結としての思想体系であるところの)統一思想(同じく勝共理論も)についても当然、体系的一貫性が維持されなければならないと考えた次第なのです。

>原理講論も同様で、堕落論以降は理論的に変更したり、大幅に表現を変えたりしなければ、‘真理’としては通用しないと思いますが、基本的な部分においては真理の一部であると考えても間違いではないのです。
>統一原理や統一思想は神の存在についての論理的な解釈に思想的な価値があるのであって、近代歴史論や再臨論などはまったくの蛇足だと思っています。

当方は、文鮮明は再臨主でも何でもなく、よって統一原理が広い意味での”神のみ言葉”でも何でもなく、あくまでも古今東西の思想や西洋史の流れ等をブレンドさせて作り出された”人為的な思考の産物”としての有神論思想の一つに過ぎないと見なしています。したがって、統一原理は(統一思想や勝共理論も)、断じて絶対的真理ではあり得ず、せいぜい是々非々の立場で”部分的な観念的真理性”を有するに過ぎず、また、その限りにおいて、”部分的な現実的有効性”が認められるに留まるものと考えます。

>たとえ統一思想要網の歴史観に間違った表現があり、それが変更すべき内容だったとしても、存在論や本性論、認識論の真理性にそれほどの影響はないように思うのです。

上記の是々非々の観点から言えば、全くもって仰る通りです。

それぞれの道

やはり仏の米本さんですね~。
教会内で公職者の子供だからと特別に可愛がられる場合もあるので、学校ではいじめられないよう親の身分を隠して公金で生活、、親子でいい身分だと思っちゃう小さい私です。
真の愛に憧れながら、つくづく愛が乏しい人間です。

でもぶっちゃけ末端の一人としては証しながら親子で乗り越えるか、公職者を辞めるかどちらかにしてほしいです。自分の子供と共に試練を越える覚悟がないなら、せめて公金を貰わない末端の一人として生きてほしいです。末端でも堂々と証しされている方もいるのですから。
人件費が少しでも減る方がこちらは助かるし、少数精鋭で残られた方の手当てを厚くする方が納得できる。

子供が小さくても立派な子は立派だし、その本質を見抜いて付き合う一般の良心的な家庭もありますから。
桜田淳子さんなんて、あれだけ統一教会で有名になりながら証を読むとご立派だと思います。
うちもそうあらねばと思いますが、先ず私が問題です。
しかし正直公職者の子供が人格的に問題があると、説教聞いているのが馬鹿らしくなります。


あとこれからどんどん統一教会で派が別れる中、問題なのは夫婦で考えが違う時です。
その場合は教会は離婚を勧めるのでしょうか?夫婦であっても考えを押し付けるのは気がひけます。

この先我が家庭も教会もどうなるかわかりませんが、家族で話し合い道が捜せたらと思います。
ただ話し合いも平行線になる家庭もあるだろうし、複雑ですね。
桜子一家はどうなるのか、、米本さんは教会員でもないし当然高みの見物になりますよね。
木戸銭貰おうかな(~_~;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/572-a2bbd995