警告!UCIAが教団職員のPCを狙っている。 

統一教会のCIA(1)

末尾に追記情報-速報:2か月以上拘束下の青年教会員が解放される! (3月13日夕方)


食口を信用しない教会本部の人びと
寒々しくもあり恐ろしくもあり

末尾に追記情報UCIA長官に指示を出す人物が判明! (3月15日朝)


公職者のパソコンが押収されている!


 KCIAならぬ統一教会CIAの長官、IT部長の江口敬一氏の獅子奮迅の活躍が続いている。統一教会を告発するサイト「目安箱」が誕生すると、協力者(現役の教区長もいた)や投稿者を探索し、統一教会名誉会長の神山威氏が立ち上がると、神山氏に接触するメンバーを探り出す。
 やり方は少々、荒っぽい。友好団体・外郭団体を含む統一教会の公職者のパソコンを提出させ、ハードディスクを調べるというもの。尾行や盗聴などと違って手間隙がかからないやり方である。

 人と人とのつながりは、今はネットで結ばれる。パソコンに内蔵されている薄くて小さな弁当箱のようなボックス、ハードディスクの中に、その持ち主の人間関係が凝縮されている。それゆえ、それを調べれば人間関係がわかるし、情報のやりとりを把握することができるのだ。

 2年前、世界日報の優秀な記者が辞表を提出した。統一教会が分派だとする駒場グループに入ったからだと噂されているが、江口氏の調査が絡んだ結果の退職だったのではないのか。

<注>「統一教会が分派とみなすグループ一覧表」。タメ口:たくさんあるよねえ。本体が腐りはじめてきたから、逃げ出したとも言えるなぁ。

 最近、江口氏の関心は私にも向かっているようだ。
 公文がすぐに「火の粉ブログ」に流れるのはどういうわけか。火の粉ブログには秘密情報まで流れている。情報を流している奴は一体、誰なのか。

 江口氏はこのところ、いくつかの教会や友好団体の事務所に、何の前触れもなく、直接、乗り込んで、立て続けにパソコン、スマホ、タブレット端末などを押収している。

 <拒否すればいいではないか>と素朴な疑問を抱く人もいるかもしれないが、公職者のパソコンは教団から支給されたもので、教団の所有物である。
 したがって、「執行部の意向を受けてパソコンを調べている。渡してもらいたい」と言えば、拒絶することはできないのだ。スマホやタブレットは私物だが、差し出せと言われて、プライバシィの侵害をたてに拒否できる人がどれだけいるだろうか。


ハードディスクを買い換えよ

 今の状況を説明する前に、技術的なことを説明しておく。
 解説してくれるのは、ブログ村強制移動の犯人を探すときに世話になった、ITに詳しい高校時代のダチ公だ。事情を説明して、アドバイスしてもらった。
【当時の記事】「松橋(=うめサム)は、強制移動をやめろぉ!! 」2013年8月13日

「俺は、ITに全く無知だ。読まれてまずい情報を消去してゴミ箱に入れ、そのゴミ箱も空にすればそれでいいのか」
「あれから2年近く経っているのに、おまえ、ちっとも進歩しとらんなあ。
 ゴミ箱に入れて消去しても、データはすぐには消えない。パソコンのハードディスクにはデータが残っているんだ。仮に、この消したつもりで実際に残っているデータをAとするな。ユーザーが新しいデータをつくると、それがAに上書きされていくわけだ。上書きされたらAのデータは実際に消える。
 しかし、どのファイルを順番に上書きするか分からないので、Aがいつ消えるかも分からん。また上書きされたからといって、A全部が消えるとは限らず、一部が残る場合もあるんだ」

「でも、ゴミ箱を空にすると、空き容量が増えるじゃないか。完全に消えたから、空白部分が増えたってことじゃないのか?」
「違うんだな、これが。それはデータが消えてなくなったからではなく、上書きしてもいい量も含めた計算上の数値という意味なんだよ。素人はそこら辺が分かってないんだな。
 しかも、そもそも素人は自覚なくいろんなデータをパソコンのハードディスクに取り込んでいる。自覚のないデータなんて、ゴミ箱にすら入れないだろう」

「自覚なく取り込んでいるものってなんだ?」
「例えば、ネットでエッチなサイトでも見ていれば、そのサイトの画像とか文字とかも、パソコンに取り込んでいるのさ。キャッシュというんだがね。
 初めて訪問したサイトは表示が遅いが、次に訪問したときには早く表示されるのは、ハードディスクにあるキャッシュを利用してページを素早く構築するからだ」

「なるほど。では、教団のパソコンで火の粉ブログを閲覧していれば、火の粉ブログのデータがそのパソコンに保存されるわけか」
「そのとおり。エッチなサイトを見てもそうだ。その江口という奴だったか、そいつがプロだったら、消えきっていないデータは全部読んでいるはずだ。
 仮に教団の情報をおまえに流していなくても、『あなた、教団のパソコンでこんなサイトを見ていましたね』と詰問される。エッチなサイトなんかを見ていれば、純潔命の教団では破門じゃねえか。がはははあ」

「なるほど。では、どうすればいいんだ」
「素人ができる完全消去は、パソコンを廃棄する、つまりハードディスクを破壊することだな。パソコンの中からハードディスクを外して、ドリルで穴をあけるとか、金づちでたたき割るとか。時間が切迫しているなら、壊れたことにして早々に捨ててしまうことだな」
「江口が突然やってくる首都圏ならそれしかないが、1日か2日か余裕がある地方なら、ハードディスクを買い換えて、公的なデータだけを移しかえればいい」

「メールの場合はどんなんだい」
「ウェブメールなら問題ない。つまり、ヤフーとかグーグル、Gメールなどの無料のメールで、ウェブ上でやるやつだ。これはハードディスクに残らず、ウェブ上にあるので、パスワードさえ知られなければ、教えなければ大丈夫だ。メーラを使うと、ハードに残ってしまうから、やはりハードディスクを何とかしないとまずいな」

「スマホまで押収しているというが」
「スマホなら私物だろっ。拒否すればいいだけのことだ。プライバシィの侵害になるんだから。拒否しても無理やり押収すれば強盗じゃねえか。立派な犯罪だろう」

 誰かにデータを流している公務者・公職者のみなさん!至急に実行に移してください。江口氏はKCIA、秘密諜報部隊と同じように、ある日、突然やってきて、IT機器を押収していきますよ。私物は公務の場所から自宅に。急いでください!

【追記】江口氏のパソコン提出を拒否した公職者もいたそうです。江口氏は引き下がったそうです。その後の顛末は不明。確かに、強引に提出させようとすれば、本部は公職者シック(家族)を信用していないと宣言するようなもの。したがって、拒否する手もあります。

 あとの文章は、防衛措置を取ってから、ゆっくり読んでください。


江口の出番だぁ


 江口氏はいま大忙しである。
 文3顯進氏側と連絡を取っている奴はいないか。データを渡している奴はいないか。
 禹グループとはどうか。中山グループとはどうか。駒場グループとはどうか。高木グループとはどうか。
 もう、忙しいよ~ん、びぇ~ん

 そして今は、神山問題に頭を悩ませるようになっている。教区長、教会長クラスで連絡を取っている人は少なくないというのだから・・・。
 これに、直近では、文亨進氏の活動が加わった。
 亨進氏曰く。「現在の協会指導者らからは決別しなければいけない。新しい指導者らが世界いたるところで立ち上がっている」
 これは脅威だろう。

 こうしたわけで、UCIA長官はいま席を温めている暇がないのである。


悪の金ヨンイルが引き金に


 話を私のことに。
 私に関心が向かったのは、こういうことだろう。
 江口氏および執行部が仰天したのは、火の粉の次の記事であるのは間違いない。

「韓国人幹部は半島に帰れ!(1)ワルの巻 」(2015年1月24日)
 何人かのワルが登場しているが、本部中枢が驚いたのは、佐賀教会の元教会長、金ヨンイルの悪事が一部の九州のシックたちに知られたため、その後始末として、本部預かりの身とした、そのことが記事で暴露されていたからだ。
kim.jpg
 悪事はともかく、本部預かりのことは数人の中枢しか知らないこと。韓国人幹部は危機感を抱いたようだ。
 <いったい、どういうルートで火の粉に流れたのか>

 このとき、執行部がやるべきことは、本部預かりといった不適切な対応を反省し、金ヨンイルの悪事を精査し、彼を処分することだった。
 それをすることなく、ルート探しに狂奔する。腐りきった宗教団体というしかない。日本人のふつうの感覚からすると、そうした腐臭漂う汚泥の中に身を置き続ける気持ちは理解することができないのだが。


公文なのか私文なのか


 そしてこのあと、火の粉ブログで公文がいち早く紹介されることが気になりだした。火の粉に流れるルートを突き止め、それをつぶしたい。その結果、UCIA長官が突然、事務所の門を叩く。まるで旧東ドイツの秘密警察のように。
 ひぇ~、こわいよ~

 そもそも常識を疑う話である。教会内の教会員向けの文章であっても、公文はあくまで「公」文である。教会員以外に漏らしてはいけないというのなら、形容矛盾だが「マル秘公文」とか「世界マル秘公文」のクレジットを目立つように打つべきである。

 現実を考えてみればいい。教会によっては入り口に公文を張り出しているところもあるのだ。教会は広く門戸を解放しているはずだし、宅急便、取引業者だって出入りしているのだから、教会員以外も読んでいる。
 そのような「公」文を、教会長などが私に流していることのどこに問題があるというのか。
 
 そういえば、私に見られてまずい公文は一つだけあったな。
 「件名:米本和広氏のブログに対する教会の対応について」
 こりゃあ、まずいわなぁ~  ガッハッハハ。公文ではなく、韓国人幹部の「私怨文」じゃ。ハハハ。
 私の姿勢、スタンスを評価してくれている公職者は少なくない。この公文が複数から寄せられてきたのは当然のことだ。

 教団中枢が理解できていないのは、私のところに情報を密かに寄せてくる教会長たちの動機は、少しでも教会が良くなって欲しい、子どもたちに恥ずかしくないような教会になってもらいたい、それを願ってのことだ。
 自分や自分の一族の繁栄にしか関心のない韓国人には到底理解不能だろうが、日本人幹部にはこの心情は理解できるはずだ。
 江口さんはどうでしょうか。ニコッ


江口の権力の源泉


 ところで、IT部長の江口敬一とは何者なのか。教会員以外の人でも興味を抱くはず。そのニーズにお応えして、座談会形式で説明しておく。小生、取材で何度も松濤に行っているので、受付事務員シック(元シック)や、お茶運び女性シック(元シック)、原研のスタッフ(元シック)たちとも仲がいいんですぅ、江口さん。

-何双で、何歳ぐらいなの。
「3万双だと聞いたわ。年齢は50歳前後じゃないかしら」
「IT部ができたのは2000年頃。それからずっと部長をやっている」

-写真を手に入れようと、ネットで検索をかけたけど、1件だけしかヒットしなかった。それも、過去の火の粉の記事1本だけだった。顔つき、姿形、雰囲気はどうなんですか。
「今日、持ってこなかったけど、『Today's World』(2014年1月号)に載っていたはず。写真はあの一枚だけだと思う」
「見た目は優しそうな人ですよ。身長も高くない。米本さんくらいじゃないかな。でも米本さんよりも痩せてるわね」
「昼休みに、フルートだかリコーダーだかを吹いていたような気がするなあ」
「そうそう、フルートじゃなかった?」
「奥さんも同じ部署で働いていたわよね」
「子だくさんだったと思うよ。4人だか5人だか」
「家庭円満みたいで、教会内で貼る何かのポスターに、家族でモデルになって写ってたわね」

-それでIT技術も一流って、なんかすごく優秀でいい人って感じだな。本当にCIAもどきのことをやる人なのか。
「性格は、たぶん歪んでいるんじゃないかしら」
「そうそう。しゃべり方が下手で、結構どもるんだよね」
「何を言ってるのか分からないこともあったわよね」
「そういうコンプレックスをばねにしてITとか音楽とか家庭とか、必死に努力してきたんだろうね」
「頑張り過ぎて、心のどこかが歪んでしまったのかしら」
「でなきゃ、あんな仕事できないでしょう」

-IT部って、どの局に属してるの、それとも独立部隊・・・
「執行部が替わるたびに所属は変わるけど、独立部隊ではありませんね。例えば、国進・大嶋体制のときは企画本部直下(大嶋直属)でした。その前は総務局所属。今はどこなのかなあ」
「矢野総務局長のところでは?ひょっとしたら、韓国人幹部がヘッドの伝道教育局かもしれないな。いや、李基萬本部長の直属かもな」

-教会に突然やってきて、パソコンばかりか私物のスマホまでもっていく。今度の人事で特別日本巡回師となった佐野家庭教育局長だって、できないほどの権力です。それなのに、定着しているというか安定した縦のラインをもっていない(安定した後ろ楯がない)という。権力の源泉はどこにあると考えれば。
「彼の権力の源泉は、表向きは『時の政権の実力者』、今なら徳野会長とか、李基萬さんとか。しかし実態としては、彼が握っている情報そのものが権力の源泉だと思います」

-どういうこと。
「俺が説明するな。IT部を仕切っている江口さんは、全ての信徒情報を握っています。誰それが昔こんな悪さをした、という情報も全部彼の手中です。たとえていうなら、徳野さんが若気の至りでアダムエバ問題を起こしていれば、それもデータベースの中にあるわけです。当然、彼を人事にしたら大変ですから、会長や局長が変わろうと、必ず優遇されるわけです」

-なるほど。そう言えば、ある部長さんクラスと個人的にメールのやりとりしていたことがある。むろん、教会にとってのマイナス情報ではない。オープンしてもさほど問題になるようなやりとりではなかった。ところが、その人が途中から「このやりとりが本部の誰かに捕獲されているかもしれない」といって、個人アドレスのGメールに送ってくれと言うようになった。そのときは小心な奴、被害妄想と思ったけど。
「江口さんですよぉ」
「教会の職員が使う公的なアドレスは、全てIT部が管理していますから、江口さんには丸見えです」

-世界日報とか勝共とか、関連組織のメールアドレスはどうなの。
「女性連合以外は、全部江口さんが管理してるんじゃないの」
「そうそう。教会本部がお金を資金援助している団体のものは、全て本部が主管するでしょう」
「だから、江口さんに把握されることが嫌な情報のやりとりは個人アドレスでやるんですよぉ」

-それでわかった!最近も、後藤裁判で出会った天宙平和連合の職員とメールのやりとりをしていたことがあります。きな臭い話題になったとき、急に個人アドレスで、と言われるようになった。そうかぁ。みんなIT部を恐れていたからなのか。
「そうですそうです」「そうなんだよ」

-そこまでの人物だったら、江口氏は当然上のポストを要求すると思うけど、そのへんは・・・
「私、ある局長さんに聞いたことがあるんですよ。IT部って、あんなに力があるのに、なぜ局に昇格しないんですかって。そしたら、『江口君が拒むんだよ。局長になると現場の仕事ができなくなるのが嫌だそうだ』、と」
「局長って、総会長とか会長に振り回されたり、会議ばっかりだったり、地方に講話のために呼ばれたりで、確かに好きなITやってる暇はないわね」
「そうそう。局長には担当地区が割り当てられて、地区のいろんな問題の責任も負うもんね。現場の仕事好きなら拒むわね」
「現場の仕事が好きというよりも、いつもフレッシュなお宝情報をストックしたいということだ。人の弱みを知る、秘密を知る。サディスティックな喜びだよ」

-じゃあ、今やられている強制調査なんて、いろんな情報を仕入れることができるから、うきうきわくわくハイタッチだろうね(一同、笑)。
「IT部の予算もすごいってね」
「人員も結構いたわよね。十数人はいるでしょう。一つの部なのに、広報局より多いんだから」
「システムを全面的に新しくするとかで、2、3億円を要求して、満額回答だったというぞ。他の部局なら数百万円の予算でも本部長に削られていたというのに」


暗さの源泉


-ところで、江口氏のITレベルは、すごいの。
「江口部長は富士通だかNTTだか元技術者だって、聞いたわ」
「IT技術は超一流って噂だなぁ」
「ITに精通しているシックたちに聞くと、フリーで独立すれば年収2000万円くらいは固いということだった」
「だから、いつ教会からクビを切られても、世の中で食っていくには困らない。かつ、全ての信者のあらゆる情報を握っている。だから強気に出ることができる。これが彼の真の権力の源泉だろうな」

-アダムエバ関係は。
「う~ん、聞いたことがないわ」

-今日は、お忙しいところ、急きょ集まっていただき、ありがとうございました。これ、些少ですが、どうぞ。

 取材で訪れる松濤本部はいつも暗~い雰囲気が漂っている。エホバの証人の海老名本部、創価学会の信濃町本部と対照的である。
 なぜ、そうなのか。照明が暗いせいなのか。不思議でならなかったのだが、IT部の存在が原因の一つだということがわかった。
 教会員同士が本音で自由に物を言えない。信仰者同士なのに。閉塞感が漂えば、暗くてひんやりとした雰囲気になるのは当然のことだ。

<新情報>IT部長の江口氏に指示を出している人間が判明した。企画本部長の李基萬氏である(ある教会長からの情報)。彼以外の教団の執行部は関知していないという。つまり、江口氏は李基萬氏直属の特務工作員なのだ。江口氏と日常的に打ち合わせをしているのは李基萬氏の部下、企画本部の人事部長、勅使河原氏ではないかと思われる。同氏は神山潰しの急先鋒と噂されている。



-火の粉の主張-

 IT部の人事を活発に行なえ。江口を他の部署に異動せよ!

主張の説明:(1)執行部は江口の逆襲など怖がることはない。権力の源泉が秘密を握っていることだすれば、その権力を生かすことができるのは、秘密をいつまでも暴露しないことにある。暴露すれば、砂丘に放り出された魚となる。このことはよく考えれば、わかるはず。
(2)押収されたパソコンの前で、「君が神山と連絡を取っていたとは、どういうことだ」と、査問される。そのあと気の弱い教会長は自殺する。警察・検察の取り調べのあと自殺するのは日常的なことだ。馘首を宣告された場合、一家心中だってあり得る。そんな事件が起きれば、徳野以下執行部の責任は免れない。胆に命じよ!
(3)統一教会を良くしたいと思ってる真面目な公職者諸君!負けないで欲しい。不当な扱いを受けたら人権侵害の回復、地位保全を求めて、訴えればいい。依頼するなら労働問題をやっている弁護士だ。困ったことかあったら、いつでも相談してください。
【必読記事】「統一教会を不当解雇で訴えた元大分教会長が勝訴!」


-火の粉のアドバイス-

 データを誰かに送る場合は、必ずテキストに変換してからにしてもらいたい。

 理由:word及びexcelだと捕獲される可能性がある。それゆえテキストファイルにコピペしてから送ったほうがいい。執行部諸君に念のため釈明しておくが、私は分派の興隆を願うとか暴露を促しているわけではない。教会員にも守られるべき基本的な人権はある。そのことを主張しているのに過ぎないのだ。見誤るな!


 江口さんに。ウィルス入りのメール、送ってこないでね。また、火の粉のパソコンを押収すればすべてがわかるからといって、松江に来ないでね。防犯センサーも取り付けたからね。それより夕陽がきれいな宍道湖に連れてってあげる。大きく深呼吸してから、のんびり人生を語ろうねっ。
 さあ~、明日は必ず温泉に行こうっと

怖い話だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

2か月以上、拘束状態におかれた青年教会員が解放!

 昨年12月31日、実家に帰省したのを最後に連絡が途絶え、拉致監禁被害が疑われていた東京・杉並教会教会員のA.T.さん(男性・32歳)が、3月7日、拘束状態から解放されました。
 この間、A.T.さんは、二か月以上にわたって職場は無断欠勤、婚約者はおろか知人とは音信不通状態が続いていました。また、家族が暮らしているはずの実家は、無人状態が続いていました。

関連記事:正月に新たな事件発生か。 東京の成人男性が行方不明―

 A.T.さんによると、今年1月1日、神奈川県秦野市の実家にて両親と三人で夕食をとった後、突然、両親、二人の男兄弟、叔父、そして見知らぬ男2名の計7名に囲まれ、場所を移動して家族の話し合いを要求されたとのことです。

 A.T.さんが「家族の話し合いなら、ここ(実家)ですればいい」と反論するも、家族は「ここでは教会の人が来る。家族だけで話し合いをしたい」と答えました。また、実家から車に乗せられる際には、A.T.さんは見知らぬ二人の男に両脇から左右の腕を掴まれました。移動の際には、別室に置いてあったA.T.さんの携帯電話を取りに行く余裕すらなかったそうです。

 移動先は、埼玉県所沢市内のマンション7階。マンション滞在期間中は、二か月以上にわたって、原理講論と聖書を家族で読みながら、原理講論、その聖書解釈について、そして文総裁のスキャンダルにいたるまで、統一教会に対する批判が繰り返されました。母親の精神状況が心配だったA.T.さんは、家族の要求に従わざるをえませんでした。

 家族以外の人物がマンションに現れることはなかったものの、父親が誰かに電話で報告していた様子が見られたとのことです。

 A.T.さんは「批判を受けながらも、原理講論や聖書を読み込むことで、統一原理と文総裁夫妻の価値への理解が深められ、かつてないほど文総裁夫妻を慕えるようになりました。また婚約者や他の教会員が、自分の安全ため祈ってくれていることが感じられました」と教会責任者に語っています。

 二か月に及んだ原理講論と統一教会批判が終わった後、家族で会議を行った上でA.T.さんの解放が決定されたとのことです。

 同件については、所轄の高井戸署が行方不明届を受理していました。

【出典】「二か月以上、拘束状態におかれた青年教会員が解放!」

 家族が解放を決定せざるを得なくなったのは、高井戸署が行方不明届を受理した、すなわち、家族に電話をかけたからではないかと思われます。

関連記事

コメント

あっぱれ!

管理人さん、あっぱれ!お見事です。

 秘密警察到着前にマシンガンでパソコンをズダだだだーッは違法だから、ホームセンターで電気ドリルを所望する信者が増えそうですね。

 臭いにおいは元から絶たなきゃダメ。団体内の不正や腐敗に腹を立てた人が多いから内部告発が相次いでいると考えております。それをなおすどころか、秘密警察とやらのIT部門に億の予算を投じて告発者を引っ捕らえるのでは、本末転倒で悪の助長でしかない。だから、座談会の人たちみたいに正直者が馬鹿を見て「元」になったのだろうな。いや、これはいいことですよ。

 コメントも含めて楽しみだなこりゃ。

予算とは

本部には予算編成があるのですね(当たり前ですが)。末端信者には、所属教会の予算すらも知らされませんが。IT部門にお金をかけるのも、団体としては当然と思いますが内部の粛清や、言論統制をはかる?みたいな方向なら北朝鮮みたいで何だか、、もっと善なる方向に使えば良いものを!外部の方から見たら、統一教会は北朝鮮のような悪い意味での統制を目指している団体かと思われませんか。「善なる北朝鮮のような体制」(神様・文師夫妻を主体・父母として一家族)を目指しているはずでなかったでしょうか?反体制の人物を特定してどうしようと言うのか。でも、本当に悪なる人物は尻尾なんて掴ませないでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

背筋がぞっとしました

今までは何となく教会に不満をもってぶーぶーいっている私でしたが、この記事を読んでマジで背筋がぞっとしました。

「ここまでやるのか~」という恐怖と、驚きと落胆も大きかったです。これではもう、愛と説く宗教団体とは言えません。

分派一覧表(笑)

あのホームページ、神山先生の公開質問状のときからたまに見てますが、本当に滑稽ですよね。真の父母様を中心に「一つ」になろうだなんて、言ってるそばから分派情報のオンパレード。落語でも作れそうです。
そもそも、教会の職員同士が自由な視点から話し合いのできる環境があれば、分派も、内部告発も、秘密警察もないはずなんですが・・・。教会の方々は、一度、民主主義の歴史でもお勉強なさったほうがいいのかもしれませんね。
  • [2015/03/12 20:26]
  • URL |
  • 読心のオルラン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

常に良い情報、ありがとうございます。

統一教の内部分裂と不信はもう希望がないところです。

ハッキングに気をつけて!

 やっぱり「洗い出し」「踏み絵」始まりましたね。

 彼らは何でもやりますよ。「違法行為」「人権侵害」「脅迫」「いじめ」。何でもありです。​

 パソコン、スマホの提出要求に顔色が変わるかどうか?
 何のためらいもなく提出できるのか?
 謀反人を割り出す為に、踏み絵をさせているのです。


 96年当時、韓国で家庭出発して間もない頃、教会長夫人(韓韓6000双)から次のような指示がありました。

「日本人シックはパスポートと、旦那に内緒で献金用の個人通帳をつくり、教会に提出するように」と。
 その理由は、
1)信仰基準が落ちて、日本に帰りたくなった時に、教会に相談して、心霊を復興させる為。

​2)信仰のない夫に献金の意味を説明しても理解できないのだから、夫を救うために嘘をついてでも生活費を節約して秘密通帳にお金を貯め献金するように。

 そして「秘密通帳とカードは教会に預けること」と指示されました。​ 

 私は心の中で「ふざけんな!! 日本人が突然、日本に帰れないようにする為の口実だろ!!」と思いました。

 ​その当時、20人ぐらいの日本人がいたのですが、私を除く全員がパスポートと通帳を提出しました。

​ 人権侵害だと思って、最後まで提出を拒否した私は、教会長夫人から完全に無視され、みんなの前で「悔い改めよ!!」と言われました。

 それでも出さなかったら「あいつと付き合うな」という指示があったようです。

 提出したパスポートと通帳はその後、その教会長夫妻が人事異動になった際に返還されたようです。

 日本のシックは“献金の奴隷”かもしれませんが、韓国にいる日本人シックは“実体の奴隷”だと時々感じます。​


 米本さんも、ハッキングにご用心下さい。

 彼らはプロのハッキング業者を使ってでも謀反者を割り出そうと躍起になっているはずです。

まるで中国

とりあえず江口さん、宍道湖行ったら米本さんに撲殺されるかもよ笑
江口さんに提案だ。統一教会食口の為のプロバイダーを作ったらいいよ。
ぼくらはいいよね、標的の名前が分かってるんだから。
江口さんは何名の規模か分からないよね。
ぼくらはターゲット1人だけ。力で押したら力で押し返すよ。特に統一教会は技術者集団じゃないんだから。
光言社にある個人のデータベースもきっと使われるよね。
  • [2015/03/13 13:02]
  • URL |
  • ぐんまながさき
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

実体の奴隷

青い海さんの「実体の奴隷」とは、何て哀しい響きでしょうか。

四六時中、針のむしろに正座しているような日々の連続です。

パスポートを取り上げられた話を補足しますと、日本に逃げ帰らないための足枷であると同時に、そんな余裕(飛行機代)があれば献金せよというものです。

預金通帳は人を見て、慎重にやっているようです。隙がある人には「一時預かり」を強要し、事ある毎に出金させられます。

この他にも、ある地方の教会では血判状を強要されたことがあります。
現代韓国版の「踏み絵」です。
領土問題、歴史認識の問題について、「日本は間違っている。我々は在韓日本人として、韓国の主張を全面的に支持する」という内容のものでした。10数名の日本人妻全員が血判して、その中には得意がっている人もいました。

このように加重された重力の中で、「奴隷」「加害者」という観念を払拭できるだけの信念が必要になります。
それは「我々は教会に嫁いだわけではない」という認識から始まります。
家庭を何よりも大切にすれば、ほとんどの問題は解決できます。一家の中で財布を分けるような指導をするのは、サタンの仕業だと思ってください。
目的のためには手段を選ばない教会だという、最低限の認識が必要です。
教会長の話はほとんどが得手勝手なものです。
「自分の息子、娘に同じことをさせられるか」と、追及してみてください。
ぐうの音も出ないでしょう。
それぐらい無理難題を押しつけています。

家の中のことを逐一教会長に報告する義務もありません。
逆手に取られて、ひどい目に遭うかもしれません。
この方々も自分の家庭のことで精一杯なのです。
生きるために教会長をやっている哀れな人たちです。
ですから、日本で献身生活をしていたときのように、「ほう・れん・そう」を守る必要など全くないのです。

差別、村八分、結構じゃないですか。
そんな狭くて暗い世界で慰め合っても、何も解決できません。
依存することは後退することでもあります。

ところで、宍道湖のフォットはいいですね。
美しい自然の風景に癒やされました。
ありがとうございます。

東京-出雲間のサンライズ出雲という寝台特急が便利で人気のようですね。
一度行ってみたいと思います。  

速報を追記しました。

 拉致監禁されていた青年が解放されました。慶賀です。追記情報を読んでください。

紹介

日蓮正宗 http://www.nichirenshoshu.or.jp/

全生庵  http://www.theway.jp/zen/

言霊百神 http://futomani.jp/

日本は誰のモノ?文化、歴史、伝統は何処に帰結するのでしょうか?日本人は自分たちのことを知らなすぎる………本来の主の下に還りたまえ。蛮族が好き勝手できる国でも国民でもない。夷人共は消え失せろ。
しかし竹島紛争が待ちどおしいのぅwww

>家族が解放を決定せざるを得なくなったのは、高井戸署が行方不明届を受理した、すなわち、家族に電話をかけたからではないかと思われます。

この時期教会に戻ってくるのが良いのか悪いのか分かりませんが、とにかく解放されて良かったです。
後藤裁判を受けて、少しは自制しようという動きもあるかと期待したのですが、やはり外圧ないとなくならないですね。
そんなに脱会させたいなら、聖書じゃなくて火の粉を読ませれば良いだけじゃないかなんて思ったりもしますが、是々非々で動けないのは向こうも一緒か?

よかった、、、+雑感

教会に戻る、戻らないは別として、とにかく解放されてよかった。

>職場は無断欠勤、婚約者はおろか知人とは音信不通状態

>携帯電話を取りに行く余裕すらなかった

>二か月以上にわたって、原理講論と聖書を家族で読みながら、原理講論、その聖書解釈について、そして文総裁のスキャンダルにいたるまで、統一教会に対する批判が繰り返されました。

やってることは、情報の遮断と一方的な教え込み。
つまり、批判しているカルトとまったく同じ。
これでおなじみの施錠がされていればそのカルト以上。
反対派(拉致監禁擁護派)が言うところの”マインドコントール”をやっているわけだ。

>父親が誰かに電話で報告していた様子が見られた

後藤(民事)裁判で敗訴したから、首謀者(教唆している人物)はでてこないというところか。
罪が生じたら、親の責任てか?卑怯なやつ。
後藤裁判勝訴の後、後藤さんにこう話した。
「勝った。勝ったと浮かれられない。向こうはもっと巧妙にやってくるに違いないから。」
現実、そうなってきたということじゃないかな。

統一教会の報連相は徹底的に批判しながら、自分達は報連相を徹底させるというは爆笑もの。

行方不明届の受理は、後藤裁判勝訴や国境なき人権、国連自由権規約委員会からの勧告が効いているということじゃないかと思う。


それから本文について。
江口さん
どういうルートで火の粉に流れたのかなんて調べるのは意味がないですよ。
私が、監禁された時、彼ら(反対牧師)は
あらゆる公文を持っていました。
もちろん、最新のもの。
当時は、FAX。それでも早ければ2~4日。遅くても1~2週間で入手していた様子。
そうそう、隠語や暗号めいた文も意味はあまりない。
全部、脱会した元シックが解読するから。
で、今はネットの時代。瞬時に伝わるとみていい。
どんなに締め付けても食口全員をもれなくなど不可能。
たしかに、米本さんが入手するスピードは
あきれるほど早い。
米公文も私のメールにくるより早く「火の粉ブログ」に載ってしまうのだから。
上位公職者に協力者がいたり、協力者そのものが多いのが理由だろう。
まあ、頑張ったら伝わるのが2日くらい遅らせることができるだろう。
ねッ!あんまり意味ないでしょ。

いけない。 昼飯食べたし、そろそろ次の仕事に行かねば、、、。

でも、石橋さんまだ解放されてないんですよね~、、、う~(暗)

速報:2か月以上拘束下の青年教会員が解放される!

米本さん、

速報感謝です。「火の粉を払え」の速報で、で始めて知りました。さっそく、私のブログでも、紹介させて頂きました。

★東京の成人男性 - 2ヵ月の監禁から解放
http://humanrightslink.seesaa.net/article/415549179.html

いまだに、拉致監禁なんてやってんだ…

統一教会のお偉いさんも、脱会屋さんも同類の人達ですね…
人の心を強制的には変えられないってこと、まだ解ってない様ですね〜
時代遅れの旧約バカ野郎〜!ですね。

関係あるかな?

 
アメリカに関するウワサ

■動画 37分 JRPtelevision

【NET TV ニュース.報道】"国家非常事態対策委員会 2015 0312"

https://www.youtube.com/watch?v=gcwSeNtSqmU
 
 
■新刊 『Q&A 宗教トラブル110番〔第3版〕 』

http://www.minjiho.com/shopdetail/000000000772/

お知らせ

 江口の黒幕が判明しました。追記情報に載せました。再読を!

すっかり冷めてます

一連の記事を見てるとうちの教会
なにしてんのかなーと思いっいきりこころが冷めています。

御母様に聞いてみたい。本音を。
人類の真の母ですか?それとも?

そして日本にいる地方で長年、公職者をしている霊の親(御主人の方)どんなふうに考えて過ごしてているのか?
奥さんが私を伝道してくれたんだけど、彼女は、真剣なお花畑にいるんです。たまにメールが来ますが当初から変わりがないです。(^_^;

解放はよかった

 拉致監禁2カ月……もうやめてください!

 俺は、ここの教祖が息子らによって教団が分裂する前に拉致監禁しなかったことがある意味不思議です。隠したかったはずの娘らの恋愛や不倫にも。施設をたくさん持っているし、カネも手下(信者)も十分。

 もちろん拉致監禁は絶対にしちゃダメなんだけど、イスラム国とかの例のように、宗教を過激に信じると神の名で何とも恐ろしいことをするケースがある。……「追記」を読むと信徒の中の権力のある人たちが暴走に陥りやすいと思いました。

 

朝鮮天宙的詐欺反日謀略団体はやる事が汚いね。納得。

>江口氏は李基萬氏の特務工作員なのだ。江口氏と日常的に打ち合わせをしているのは李基萬氏の部下、企画本部の人事部長、勅使河原氏ではないかと思われる。同氏は神山潰しの急先鋒と噂されている<

桜田淳子さんや勅使河原氏が祝福を受けた92年の3万双祝福の時の会長が神山さん。

勅使河原さんも山崎浩子さんとの祝福の時、神山さんも骨を折って世話をしただろうに?、、、実際のところは分からないが、”天敵”第一優先の朝鮮真の分裂教会だから非人格製造ロボット工場で働いて洗脳されて生活していれば日本人がおかしくなる事は十分あり得るでしょう。、、、

センミン朝鮮人統一幹部達の命令に従順に従わせ自分の頭で考えられなくする生活が日本人公職者(献身者)生活ですから!

しかし、朝鮮人がやる事は汚いね!
早く朝鮮人統一幹部達を日本国から追い出しましょう!

日本統一教会有志の皆様!立ち上がりましょう!

李ぎまんについて

遂に暴露されましたか。

もう20年以上も前からやっていて、陰湿で欺瞞だらけの教会にした人。
その情報を使って同期、先輩を蹴落として、常に安全なポストを獲得。
韓国では性格の悪さが周知されていて、奥さんに先立たれてどうしているのだろう、ぐらいの話題性。
誰も相手にしないから、日本でしがみつくしかない。

でも、本体がこう分裂したのでは徐々に足下がおぼつかなくなる。その情報網で何とか教会を守りたいのだが、その手段は卑劣な根性丸出し、といったところ。

パソコンハード、スマホの押収。
その上、ハッキング。
堕ちるところまで堕ちたと評価します。

全てに耳を傾ける姿勢

アメリカの北部と南部を一体化するために、第16代大統領リンカーンは政敵をも閣僚に入れて、その声を聞きました。政敵を切ることなどしない大きな懐があったので、実に尊敬されるべき、歴史に残る大統領です。

世界の統一を目指す統一教会も、教会を批判するようなシックやシックでない人の意見を聞くような大きな懐を持ったら、尊敬されて発展していくと思います。反対意見をいう人達から何かを学べると思うのですが。

私はシックなので文鮮明師の統一原理の教えの中には、全てに耳を傾ける姿勢があると思っています。原理の本質は愛だからです。カイン・アベル分立の最終目的はカイン・アベルの双方が救われることだからです。今の教会本部のやっていることは間違っています。本部に行って、李基萬氏やその他の人々を諭してみたい思いです。

頑張れ!初老統一食口!

話は変わるけど、世界平和連合。太田のオッサンと共に江利川さんを共同代表にして本当に良いの?

安倍晋三総理と歩調を合わせておこぼれに預かろうとしている日本の世界平和連合。慰安婦お詫び行脚を南朝鮮でやって来た江利川さんを共同代表にして本当に良いの?

二枚舌朝鮮統一教会らしい発想だ!

末端世界平和連合の行動隊員もシッカリ考えてくれ!

純粋な馬鹿正直根性だけでは日本国の為にならない事を!

、、、、大変だろうが、これから自立の道を行きなさい!

テッシーは曲者だ

と言っていたのは、私を説得した方。
20年前、36万双祝福後に申していました。
テッシーの性質を知っていたのか?恐るべし。

テッシーの奥方になったお方は、統一信者と思えない程、飛んでる方だったが。
曲者テッシーに毒されてなければよいが、と心配してる。

4人のお子達は大丈夫なのか?

勅使河原先生といえば

山崎浩子の騒動の時、当時の神山会長の渋谷のマンションに住ませてもらい、あれこれ世話を焼いてもらい、相当世話になってました。
恩知らずですね~。

ちなみに当時の彼のアベルがある時、原理講義をしまして、言うには、「最もみことばに相対してないのが勅使河原兄!!」彼の性相を知るワタクシは激しく同意いたしました。

そもそも実践経験3日だけで基準が無く献身できなかった人(もちろん実話ですが本人のみ知らず)ですので、みことばが分からないのは当然ですが、そのレベルの人間に佐野講師以上の棒読み原理講義させたり、なんたら部長!?

いくら徳野さんとCARPで旧知といっても…笹田(敬称略、敬意略)といい井口さんかなりイカれてます。

真剣な話

もし教会本部が人道主義的な米本さんをアドバイザーとして迎えて、そのチクリと刺すような批判に耳を貸すようになれば、教会は良くなり発展すること確実です。これは決して笑い事ではなく、真剣な話です。

間違っている民族的組織構造

>このとき、執行部がやるべきことは、本部預かりといった不適切な対応を反省し、金ヨンイルの悪事を精査し、彼を処分することだった。
 それをすることなく、ルート探しに狂奔する。腐りきった宗教団体というしかない。日本人のふつうの感覚からすると、そうした腐臭漂う汚泥の中に身を置き続ける気持ちは理解することができないのだが。


 金ヨンイル元佐賀教会長の悪行はブログ「目安箱」にて暴露され、ネットを通して教会内外に知れ渡りましたが、一般社会に名を連ねるようなまともな組織ならば、当然暴露された悪事に対する事実解明がなされて、相応の処分が下されるはずです。
 しかし、閉鎖的体質の統一教会においては米本さんが記事に書かれたように「本部預かりの身」で終わってしまい、処分は有耶無耶にされてしまいました。
 ただ、その問題を扱った‘火の子を払え’の当時の記事においては、次のように書かれていたのです。
(以下引用)
 「彼は地区長も経験しており、秘密をばらせば本部が困るような事実を多く知っている人物です。開き直られたら本部が抱えている裁判がひっくり返ってしまう可能性もあり、完全に首を切れず本部待機になっていると思われます。本部も本人も腐りきってます」

 統一教会本部が金ヨンイル元教会長を処分できなかった理由は「秘密をばらせば本部が困るような事実を多く知っている」ということであり、奇しくも今回の記事で米本さんが取り上げた江口敬一氏の権力の源泉と内容として同様のものとなっております。
 末端信者は情報統制されている為に、教会幹部が公金を着服しようと そのような問題を知るのは難しいのですが、教会の上層部であれば組織内の実情を知ることができるので、そのような‘秘密’を知ってしまった人間を教会本部は無碍に扱うことはできないのです。
 結局矛盾や問題を多く抱えた統一教会本部は内部の‘秘密’を知ってしまった幹部を簡単には断罪することができないのであり、自浄作用などほとんど不可能な構造になっているのです。

 末端信者はうわさとして教会幹部に問題があることを聞いたとしても、それが真実であるかどうか確かめる術もなく、教会上層部は‘アベル批判’は不信仰であるなどと言えばそれで済んでしまうのです。
 末端信者は思考放棄状態にある為、教会本部にとっては扱い易いのですが、‘秘密’に直に接することができる幹部の人間には強気で出ることはできないのです。

 そのように自浄作用が不可能な構造になっている統一教会組織は、いわば犯罪組織と似たようなものであり、幹部にとっては組織の宗教的内容や社会的価値が問題なのではなく、組織を守ることが最優先なのです。
 その結果として、教会内の悪事を証拠立てるような情報が世の中に流れた場合、その秘密がばれてしまう‘ルート探し’こそ重要な問題となるのであり、悪事を生み出す問題の解決などには頭が向かわないのです。
 しかし、根本的には統一教会組織そのものが矛盾に満ちており、様々な教義と教義の矛盾、語っている言葉と実践活動の矛盾、そして過去の主張と時が経ってからの主張の矛盾、どのような角度から見ても矛盾が見つかり、それを探すのに苦労は要りません。
 ただ一貫しているのは一つだけで、‘真の父母様’信仰という人間信仰だけは一貫しているのです。
 そして、根本的な矛盾はその‘真の父母様’の言動の一貫性のなさと、信者の人間信仰の‘非原理性’に由来しているのです。

 その矛盾に満ちた組織は、外部の良識ある人々から見れば、「腐臭漂う汚泥の中」状態にしか見えないはずですが、内部にいる末端信者達は思考放棄し、夢想世界において自己満足してしまうので、理性も充分に働かなくなっており、その自分達の真実の姿を正しく判断することもできないのです。
 結局、それが指導能力に限界がある夢想家を絶対中心として中央集権型に造り上げた組織の結末なのだと思います。
 そして、それは朝鮮シャーマニズムに由来する血統転換思想の限界であり、李氏朝鮮時代から伝統として伝わる朝鮮儒教の限界でもあるのです。

 記事の新情報によりますと、教会本部IT部長の江口氏に指示を出しているのは企画本部長の李基萬氏とのことですが、上司が韓国人幹部だったことは さもありなんと言ったところです。
 また、神山潰しの急先鋒と噂されている勅使河原氏が江口氏と日常的に打ち合わせをしているとのことですが、決して無能とは思えない江口氏や勅使河原氏が記事のような‘非原理的’な活動に励んでいることを考えると、朝鮮儒教文化が身に付いた韓国人が幹部として上に立ち、和を尊ぶ文化をもった日本人がその下で従う構成はかなり危険な組み合わせに思われます。
 国家の統治と社会的規制に利用されて浸透した朝鮮儒教は儒教の教えの中でも忠・孝・烈といった下位の者が上位の者に奉仕する道徳を特に強調しており、儒教本来の徳治主義などは形骸化しています。
 もとより運用の恣意性に問題がある儒教の徳治主義は現実社会においては意味をなさないものとなっているのです。
 そのような欠陥を無視して、社会的上位者に対する‘絶対服従’をことさら強調するのが朝鮮儒教の特徴でもあり、韓国社会は近代化されつつあるとは言え その伝統は存続しており、統一教会の韓国人幹部を見ればそのことがよくわかります。
 そのような朝鮮儒教の影響は社会主義国家であるはずの北朝鮮の体制に表れるまでに根強いものなのです。

 そのような朝鮮儒教の欠陥を考えれば、韓国人が上層部にいて、日本人がその下にくる組み合わせでは決してまともな組織にはならないのです。
 伝統的な朝鮮儒教の文化をもった朝鮮半島の人間が支配者となった組織では進歩など期待できないのです。
 ましてや和を尊ぶ日本人が構造的に韓国人の下にくる組織などは組み合わせとして最悪であり、良い組織になろうはずがないのです。
 韓国人が上に立って、日本人が下にいなければならないような組織は構造的に欠陥品なのです。
 もちろん韓国人であっても国際的な平等意識のある立派な人達は数多くいると思いますが、統一教会のように韓国人であるが故に権威を持つような仕組みの組織ではいけないのです。
 それは統一教会においては韓国人が教祖であり、「真の父母」であるためそのようになるのですが、もし教祖が朝鮮儒教の限界を超越した人物であるならば立派な組織を作れる可能性はあるのです。
 しかし教祖は‘メシア’になる出発点が朝鮮シャーマニズムであり、宗教運動の社会的実践が朝鮮儒教もどきなのですから、優れた組織などできようはずがないのです。

 統一教会の変革、再生について論じたブログがにほんブログ村にもあるようですが、日本人が上に立ち、韓国人が下にくるような組織に変えるなら変革も可能かもしれません。
 その改革の為には韓国人が日本人と同等以下になることが最低条件と思われます。
 そのような意味では、以前の記事にあった“-火の粉の改革提言-韓国人牧会者は全員、半島に帰れ!”は完全に的を射ているのです。
 韓国人が日本人の下にくるのを受け入れることなどあろうはずがないでしょうから、それしか改革の道がないのです。

 江口敬一氏や勅使河原氏は批判されて然るべきですが、今の統一教会は上述したように自浄作用が機能しない組織になっているのですから、やはり組織のトップが脱朝鮮文化を果たし、民族意識を超越した指導者に変わるか、末端信者が主体性と理性を強めて無意味な高額献金を拒否することでもしない限り統一教会がまともな組織になれる可能性はないのです。

短絡的な話

>…そのチクリと刺すような批判に耳を貸すようになれば、教会は良くなり発展すること確実です。

地の塩さん、
本当に単純で短絡的な話です。

教会が発展すれば、社会問題が多く深刻になるというジレンマを、どう説明しますか。
ふるい落とされた者は自己責任で処理しますか。そこに人道主義を持ち出して、原理に絡めても実践できなければ、現状は変わりません。

草の根の実践を通して思うのは、根本が狂い、本部が腐っているので、どうしようもないということです。
腐って臭いものに蓋をしたまま発展を望んでも、限界があります。
根本部分の腐敗は人道主義では解決できません。
現状の深刻さがわからない幸せな人は、そこで一緒に腐ってください。
そんな所は天国から最も遠いところと解釈します。

あまりに蛮族のふるまいが酷いようでしたら、夷人殲滅手段『入管外国人通報制度』っちゅうのを利用するのはいかがでしょうか?日本の法律に違反してな~い?大丈夫?
日本人は変な罪の意識を持つ必要なんぞな~い。歴史を見直しなはれ。日本国内の蛮族、夷人は殲滅。

韓〇人

韓国人の特徴

私がこちらに住んで韓国人という人たちを学びました。

自己主張します。譲りません。自分たちが正しいんです。
自分や家族の為を理由に例えば人をだます、詐欺する、嘘をつく、当たり前です。
相手じゃなくていつも自分の懐を考えてます。
悪気まったくないんですよね。
何故なら、自分や家族の為なので、理由はそれだけです。

日本にももちろんあるでしょうけど、韓国とっても詐欺が多いです。
悪いと思ってないですね。
マルチ商法も多いですよ。
教会の古い先輩家庭も後輩家庭を勧誘して大損させてもへっちゃらです

平気で、借金踏み倒します。兄弟、知人でも。
返さない理由は、ないから仕方ないからです。

家族間では、とても曖昧です。日本人の私には理解できませんがそういう人たちなんです。
考えたら頭にくるじゃないですか?
でも頭にくるだけ損なんです。
みんながそうじゃないですが、そういう事実です。

知恵がないと、とても損をします。
確かに日本なんかより後進国ですし、基本的に日本人と韓国人は人が違いますから。
私達の考えと同じだと考えれるものじゃありませんよ。
韓国人は、というか外国人です。
姿形同じですけど、違うと考えたほうが良いです。

こう書くとなんて奴等と思うかもしれませんが
そうゆう人たちが多いと認識して関わるのが良いですよ。

み言葉を盾に日本人から献金を絞り取る
このような人たちの大義名文が通ってると思います

よく言えば、家族愛、自分愛が強いってことで。
だから、日本のシックの皆さん!よく考えて献金なさってください。

良心に訴え、耳を傾けてもらう?
そんなことが可能なひとたちじゃないですよ~~

清掃員さんに注意

 清掃員さん、投稿ありがとうございます。

 しかしながら、苦言を呈しておきます。

 まず、タイトルをつけてください。左サイトの「投稿にあたっての注意事項」を読んでください。

 また、投稿は吟味した上でお願いいたします。感情をぶつけるのであれば、2チャンネルとか、カルト新聞の投稿欄で。

>日本人は変な罪の意識を持つ必要なんぞな~い。歴史を見直しなはれ。日本国内の蛮族、夷人は殲滅。

 意味不明です。殲滅? ヘイトスピーチと変わりません。

Re: 勅使河原先生といえば

>山崎浩子の騒動の時、当時の神山会長の渋谷のマンションに住ませてもらい、あれこれ世話を焼いてもらい、相当世話になってました。
恩知らずですね~。

 そうでしょうか。
 神山さんのあのときの対応に問題はなかったのでしょうか。

 厳然とした事実は、山崎さんと勅使河原さんは深く傷ついた。神山さんは無傷だったということです。

人事異動...

今日、日本統一教会150人くらい人事異動の発表がありました。

日本と韓国の国民性のずれまくり(1)

 地の塩さん、神々の黄昏さん、cosmopolitanさん、はなまるさんの投稿を読んで感じたことです。

 最初に、地の塩さんの投稿です。

>もし教会本部が人道主義的な米本さんをアドバイザーとして迎えて、そのチクリと刺すような批判に耳を貸すようになれば、教会は良くなり発展すること確実です。

 反統一&拉致監禁諸派からレッテルを貼られることを覚悟して明かすのですが、私は2010年頃だったか、松濤本部に乗り込んだことがあります。改革案をもって。

 主だった人に集まってもらいました。
 本部の会議室に統一批判派の人物が乗り込んだのは初めてだったそうです。


 創価学会は言論出版妨害事件で消滅する危機を迎えたことがありました。
 彼らは、それを乗り越えるために改革を行いました。それによって危機を脱し、さらなる発展を遂げた。

 創価学会がどのように改革をしたのか、レジュメを配って、レクチャーしました。

 そこには名前は明かさないけど、現在局長を務める2人もいました。

 しかし、私の提言は実行に移されなかった。理由は日本統一は日本人幹部だけで運営されていないからなのです。

日本と韓国の国民性のずれまくり(2)

 今の日本統一教会は、日本人幹部だけで運営されていません。というより韓国人幹部の発言力のほうが大きいのです。

 私は韓国人幹部=悪(公金横領)といった論調の文章を書いていますが、それは表層的な分析にすぎません。

 そもそも国民性が違うのです。
 それは「はなまる」さんの投稿をじっくり読めばわかります。

 私が韓国に行って驚いたことはたくさんあります。

「正座してご飯を食べると、まるで罪人みたいでみっともない」
「ご飯茶碗をもって食べると、まるで乞食みたいだ」

 実際、ファミレスで食べ方を見ていると、韓国人は女性だろうが、みんな立て膝です。

 また、箸は金属箸です。襲われたとき瞬時に敵の目をつくため、と聞きました。
 
 最近、朝鮮の被侵略戦争の歴史を読みましたが、まさに「立て膝で金属箸」の意味がよくわかりました。

 こういうこともあります。韓国の喫茶店では男女が一つのアイスクリームを、みんながスプーンですくって食べています。日本なら唾液が嫌だから、そんなことはしません。
 でも、韓国人は人の唾液が口に入ろうが気にしません。でも、結果としてB型肝炎が蔓延します。

 それゆえ、在韓日本人婦人は子どもに予防接種を受けさせます。

 話せばまだまだまだまだあります。

 いいか悪いかを決める前に、理解しなければならないことは多いのです。

 途中でやめるのは佐々木さんの情報ゆえのことです。いずれ、日韓の国民性の違いについて書きたいと思っています。

 この問題で書ける第一人者は、韓国国際部、『本郷人』編集長の武藤さんです。彼は学的にとても優秀です。小生は、彼の本を読んで今でも勉強している書生であります。

Re: 人事異動...

佐々木さん、送って!

うちの教会は人事がなかったよ。

だいたい日本も韓国も、Kで食ってる公務の連中が多すぎるんだよ。

余談ですが...

3万双の武藤さんというと記憶にあるのですが、人違いだったらすみません。
彼は、3万双でまとめた日韓文化の比較本の執筆者でなかったでしょうか。その本はうちの押入れに今も眠っていると思います。
体験者が読むと「あるある」という感じでとても共感する本です。ニュアンスは体験しないとわからないですが、体験できなかったことを補完する意味で本から知ることは多いです。
彼は3万双の任地が終わる時、3万双には6500双の蕩減があると、韓国に残る男性をまとめていたのではなかったでしょうか? 私も顔を出しましたがすぐにドロップアウトしてしまいました。摂理観には良く切れ、私など足元にも及ばないくらい頭の良い人だったと思います。その彼がポチとなっているとしたら、それだけ韓国での生活が大変だったということでしょう。彼には、志を思い出し、原理観に立ち返って欲しいと思います。

Re: 李欺瞞について-名誉毀損です。

cosmopolitanさん

>李欺瞞と漢字を改めたほうが、その人格にふさわしいでしょう。

 これは名誉毀損です。

 コメント欄の管理人である私が名誉毀損で訴えられたら、間違いなく、損害賠償金を請求されます。

 よって、上記の部分を削除してください。


Re: 日本と韓国の国民性のずれまくり(1)

>しかし、私の提言は実行に移されなかった。理由は日本統一は日本人幹部だけで運営されていないからなのです。

米本さん、そうですか。松濤本部に乗り込まれたことがあったのですか。韓国人が我々日本人の尺度では考えられない民族だということは私も心得ています。何か良いことを聞かされて、それを賛成して受け入れるまでは、日本人の場合は三日しかからなくも、韓国人の場合は三年かかるかも知れないし、あるいは全然受け入れてくれないかも知れません。難しいですね。はなまるさんのコメントは当たっていると思います。

しかし不思議にも文鮮明師はそうではなかったようだというのが私の体験です。こちらが全体のことを心配して、涙ながらに祈ったり考えたりすると、瞬間にそれが師に伝わって承認・決断してくれることが多々あったのです。「心情のあるところには先生は心が引かれて行き、それを無視できない」というような師の言葉もあります。師は韓国人の域を超えていたのではないかと思われます。

鶴子総裁の場合、たとえ文鮮明師と同じような感性を持っていなかったとしても、彼女に100%正しい報告をしてくれる側近がいれば、正しい承認や決断ができて、教会も発展すると思うのですが、そのような側近がいないようだというのが頭痛の種です。

変な教団になりましたね

犯人探しする暇があったら、もっと伝道したらいかがですか。不正を行う韓国人幹部がいるから、あまりにも、目に余ることするから、金に汚い!日本の食口が苦労して捧げた献金を我が物顔で浪費するからだよ。ケツの穴の小さい奴ら。と言いたい。

管理人様

>清掃員さんに注意

失礼致しました。少しばかり言葉が過ぎました。ただ、統一教会だけではなく、日本と日本人の現状があまりにも不利な状況下にあることに、もどかしさを感じており、つい……。失礼致しました。別の場所で発狂しております。
日本を憂いている日本人は増えております。そのうちカルト宗教は踏み潰されるでしょう。今後、こちらでのコメントはできるだけ控えます。失礼致しました。

江口です^^

米本様 このブログをご覧の皆様、はじめまして

私、統一教会本部でIT部長を担当しています。江口と申します。
本人ですよ。本当に ^^

ずいぶんと大きく取り上げていただき、ありがとうございます。
少々戸惑っていますが・・・

おそらく普段目立たない業務を行っている私をこのように大きく取り上げていただいたのは、3月4日の公文が米本様のブログに掲載された件である特定の県のPC(もちろん法人所有のPCです)を現場の総務部長に送ってもらって調査したためでしょうね。
さすがにこのような全国組織を少数の人員で管理するため、内部文書がシステムのログやクライアント情報などからどこの県から掲載されたかぐらいは分かる仕組みは備えています。
通常、私の部署の本業は内部向けのシステム開発(ホームページなどの外部向けのシステムは担当外になります)やインフラ維持管理ですが、立場的に情報管理規約にて情報管理の実務責任者として定められるため、規則違反が疑われる場合、実情を調査します。

今回の場合は、各教会に送付後3時間程度の時間で掲載されたため、直接当法人の職員から米本様のところに送信したのではと考えたためそのような手続きを踏みました。
私どもも多量の個人データを扱う組織なのでかかるデータ漏えいの事案がありますと会員の皆様からの信頼を失うことになってしまいます。
教会の情報管理は大丈夫かとスタッフだけでなく、一般の会員の方から心配されることも多いのです。
一般的にも、昼間から外部のブログに内部文書を投稿する職員を放置するような法人は少ないのではないでしょうか。

私個人としてはこのような業務を好むわけではありません。スタッフに対して疑って接することは大変不本意で、通常業務の遅延も招くためできれば避けたいと思っています。
できれば現場のスタッフとの関係も声で相手の様子まで理解できるようになるように心がけているため、余計にそう感じますが、こればかりは仕方ありません。

私どもが考える成熟した組織の在り方とは、決められた法令や規則を順守するということがベースになければないと考えます。
そのためにまだまだ道半ばではありますが、社会制度に則った法人運営をなすべく努力いたしています。

その調査のあり方が信者の皆様や関係各位に不安を与えたとすれば大変申し訳なく存じます。
ただ、実際に皆様にお伝えされた内容に誇張があるように思いますので、その部分はご理解いただければと思い、文章で書くと堅いイメージになり実情をお伝えしにくいことは承知の上で、今回は投稿させていただきました。

まず江口は、今年になって出張したのは中高生と小学生の合唱大会の中継で君津に行ったこと、会議の受付の為に出たことの3回だけです。
(出張といえるかどうかはわかりませんが)そのような中、今回の調査でいきなり教会に登場ということはないでしょう。
ちなみに基元節の際も機器の管理や渡韓される方々の渡韓や宿泊・フライトなどの管理のため、渋谷に残っていました。

次にIT部の職員は話の半分ほどもいません。組織の透明化もあり、私どもIT部の職員は全国のスタッフに連絡先も公開されています。
少ないスタッフで様々な機器の管理やシステム開発、ネット中継、行事のスタッフなどこなしています。このため影のスタッフなどとても置く余裕はありません。
本文に獅子奮迅とありましたが、別の方面では当たるかもしれません。
またIT部で扱うデータは数万件から数十万件になり、統計的な手法で抽象化したデータを扱うことはあっても、個別のデータを取り扱うことはほとんどありません。
個別のデータは各現場の教会で扱うべきものでしょう。
先ほどの接続時のログなども本来は現場の機器の状況に合わせてシステムを開発するためのものです。ボトムに合わせてプログラムを組んだり、ボリュームゾーンの把握などのためです。

さらに各友好団体の方々とは会議で見かける場合はあっても、各機関の組織については知りません。私が知っているとすれば光言社内の組織ぐらいです。
業務的にも知る必要がないので、他団体のスタッフのメールアドレスもほとんど存じませんし、ましてや各団体のメールサーバの管理などはあり得る話ではありません。
(世界日報の記者の話も初耳です)

また、教会のスタッフならば既知のことかと思いますが、決裁権限についても明文化されています。
ちなみに私が上司の決裁なく使用できる上限は5万円です。もちろんそれも1円単位で会計に清算することが義務付けられています。
当然ながら信者の皆様からの献金で運用されていますので、効果があげられる範囲で必要最小限の設備投資で運用できるよう日頃から心がけています。
ですから2~3億のお金云々の話は、どこから出たのか私が知りたいぐらいです。

このようなことは米本様の情報網で調べていただけるとすぐわかると思いますよ。私ども教会職員の活動を皆様にもご理解いただければありがたいです。
ただ、事実は面白くなく、CIA長官像とはかけ離れているため、記事にしにくいとは思いますが。

またIT部は2009年以前の名称は電算部でして、当時まで電算局という局もありそちらの中にありました。
名前が古めかしいということでIT部というハイカラな名前に変名してそれ以降企画本部の直属の部署となっています。
このため一度も総務局の中に入ったことはありません。また局長の打診をいただいたということも私の記憶の中にはないですね。

あ、それと私が愛用している楽器はバイオリンです。フルートではありませんよ

これだけ話が違っていると、他の話題の信ぴょう性もどれぐらいかなと考えてしまいますが、いかがですか?

個人的には日常生活では音楽情報やニュース、ショッピングなどでしかPCは使用していません。歳も50を超えるとだんだん細かいことは面倒になるものですね。「パパもだいぶ頭の上が寂しくなったねえ」と妻から言われ、気づかないうちに齢を重ねたことを感じます。家庭をもって20年。去年までは一緒の職場でしたが4月からは妻は同じフロアの別部署に異動になりました。四六時中一緒にいて飽きないのと言われますが、妻を見ていると飽きることはないのでまあ家庭も円満なのでしょうね。理想の夫婦・家庭に成るように頑張っています。米本様の奥様はいかがですか。奥様が語る米本様像とかでこちらのブログに登場いただくとか・・・ せっかく私どもとお関わりになったので是非とも祝福をおすすめしたいと思います。それについてはここの皆様も賛同していただけるのではないでしょうか。

私は業務以外では聖歌隊やセチョンジ合唱団(韓国婦人たちが中心的な合唱団。夫婦で参加中。韓国の婦人たちは本当にいい人が多いですよ)、NewHopeChoirなどどちらかというと音楽活動をメインにしています。もともと歌は苦手だったのですが教会に来て聖歌を歌うようになり、声が出るようになりました。せっかく来てくださった新しい会員の方にどうやって喜んでいただくかを考え、努力していますが、まだまだ
バイオリンも含め、日々研鑽の毎日です。

またITにおいては大変足りないことは申し訳ないのですが、1000人が使うシステムで6分短縮化を図ることができれば、全国で100時間の短縮になることを思い、最新技術を取り入れスタッフが会員の皆様や家族も含め周囲の人に奉仕できる時間を作ることを目標にやっています。日本統一教会を誰に対しても誇ることができるように具体的に改善するという志をともにできる方が増えることを望んでいます。

それでは、私のコメントが火の粉に油を注ぐようにならないことを願いつつ、最後にこのサイトをご覧の皆様のご多幸をお祈りしてコメントを閉じたいと思います。

江口 拝

Re: 江口です^^

 江口さん、投稿ありがとうございました。

 このコメントは、後日、ブログにアップさせていただきます。

 読者のみなさん、それまではレス投稿はしないでください。聞きたいことは山ほどあるでしょうが。
 よろしくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/566-442fc27e