お騒がせ女にオボコ少年 

文亨進牧師のラジカル説教(7)

江利川は統一を選んだ

 今日(3月8日)の礼拝で、統一教会の外郭団体・「世界平和連合の共同会長に江利川安栄女史が就任した」という発表がなされた。
 3月2日に、彼女は文亨進世界会長(当時)から「日本の総会長」に任命されたばかり。一体、どういうことなのか、戸惑いの声があがったのは当然のことだ。

 今現在、江利川女史は「世界連合の共同会長」(統一教会任命)と「日本の総会長」(文亨進氏任命)という2つの肩書を持っていることになる。
 しかし、2つの職務を同時にこなすことはできない。
 なぜなら、文亨進氏は「日本のシックを献金の軛(くびき)から解放する」ことを一つの使命としており、軛の元凶の一人である徳野英治を解任請求しているからだし、一方の統一教会は文亨進氏の世界会長を解任し、統一とは関係のない他人と宣言しているからだ。

 結局のところ、江利川女史は板挟みになりながらも(?)、世界平和連合(政治活動)の会長を選んだということだろう。

 後出しジャンケンの誹り(そしり)を受けるだろうが、「日本総会長の受諾」にはそもそも無理があった。
 それは、受託したときの挨拶に見ることができる。
 「仰天情報-江利川安栄氏が文7男のところに!!」 の挨拶部分をじっくり読んでもらいたい。一部を色字で抜粋し、注釈を( )内で記す。


江利川の挨拶文を検討しよう

 そして、この1月の18日に世界会長がこちらで沈黙を破って毎週毎週、私は何でもありませんけれども多くのシックはショックを覚えるほどのみ言葉を発信されるようになりました。

(どうして何でもなかったのか。韓国人幹部の裏側の実態を知っていたとしても、暴露されたことは幹部にとってショックな出来事だったはず。脳にビニールか)

 それで私は、この世界会長が発信されている内容を、もしお母様が反対されると、なさろうとする事がとても難しくなると思いました。この1年半私は教会の大きな行事とかお母様の前にも行きませんでした。むしろ行きたくもありませんでした。しかし、何とかしてお母様が、亨進世界会長が発するみ言葉を反対しないように、これを私がお母様にお願いに行かなければいけないという使命感を持ちました。

 今から11日前ですけれども、天暦の1月1日、午餐がありましたが、その時に出かけて行きました。
「お母様どうぞ、この今世界会長が発しておられるみ言葉に対して反対しないでください。最低無視してください。そして世界会長、国進ニムも本当にお母様を愛しておられます。ですから、どうぞお母様、お母様と亨進世界会長、国進ニムがひとつに成ってください」
 そのように何回も命がけで訴えました。


(鞍馬天狗さんはこの部分を評価する。「江利川安栄女史のすごいところ」を一部端折って引用する。
「江利川安栄女史のすごいところは、お母様と亨進様、国進様を1つにしようとしている点だ。統一原理的に言えば、母の使命は、アベルとカインを1つにして、父の元に行くことである。これがなされないと、母は勝利したとは言えない。江利川女史は、極めて原理的な観点に立っているのである」)

 3月4日から韓国で世界指導者会議が行われますけれども、そこにこいと指示を受けました。
 お母様は、特別巡回師として日本のシックを教育するようにとのご指示を私は秘書室長から間接的に受けました。そしてお母様ご自身が本当に世界会長とひとつに成りたいというお気持ちを私は感じました。


(この部分が問題だ。秘書室長とは、文亨進氏を世界会長の座から事実上引きずりおろした金マンホのことだ。江利川女史は金マンホの言葉を韓鶴子氏のものだと、疑うことなく、そのまま受け取っている。文亨進氏の説教を聞いたというのに!だ。ナイーブ(幼稚)な人である。
 それはともかく、「特別巡回師として日本のシックを教育するようにとのご指示」。これをそのまま受け入れていることが決定的にオカシイのだ。
 文亨進氏は「日本のシックの献金の軛から解放したい」と説教で述べている。「日本のシックを教育したい」などとは一切発言していない。脳が雲丹(ウニ)状態になっている)

 私は、何とか、今行われようとする基元節、そして祝福式に世界会長を韓国にお迎えしたいという、だれもできにくい事だと思いますから、私が使命感を持って来たわけです。27日に到着して、その時に決意していただいて、チケットを準備していただければ、間に合うと思ってきました。

(文亨進氏は統一教会から悪魔連盟を一掃し、韓鶴子氏を救済したいと説教で述べていた。それなのに、どうして祝福式に参加してもらいたいと考えるのか。参加してくれれば、文家は一つになるとでも考えていたのか。だとすれば、典型的なお花畑である)


思いが噛み合っていない

 しかし世界会長は一方的に、熱心に、私が何か申し上げる隙もないほど熱心に、今立たなければいけない。日本の侍が立ち上がれと言いました。私が何か申し上げる余裕がないほどでした。

(亨進氏は、日本シックの有力者-元第7代会長・在韓日本人シックの総まとめ役-が蜘蛛の網に飛び込んできた、といった感じではなかったか。「ミイラ取りをミイラにしてやるぞ」)

 私の思う基準と世界会長、国進理事長が仰る次元の違いを感じました。 

 そして、たしか国進理事長からだと思いますが、江利川会長を今回総会長なり、協会長に任命したらどうかと仰いました。「決心してください」と、こう言われるのですね。
 私はでも、まだ方法があると、ひとつに成って統一する。だから必死にいろいろ申し上げました。
 次元が違うのは分かっているのですけれども、私の心を整理しないと「はい」とは言えませんと。


(江利川氏と文4・7との意識のズレである)

 しかし、世界会長は盛んに、「熱いか冷たいか、はっきりしろ」と言われました。
 で、私が「いや、基盤がないから、基盤を作った方が良いのじゃないか、この方法だと基盤ができるじゃないですかと訴えますと、
「何が基盤だ。何が問題だ。神様とお父様の問題じゃないか」と仰いました。そして「ギデオンの勇士のことを知ってるだろう」
 ギデオンの勇士は300人でしたが、私たちの勇士は、私が思うに、2~30人いるかどうかと思っています。


(文亨進氏の前のめりの姿勢は、「熱いか冷たいか、はっきりしろ」に見て取ることができる)

 そういう状況です。しかし、さきほど申し上げましたように、私のベースは、「お父様のみ言葉を死守しよう」、そして「お父様の願われることで、難しいことを私が率先しよう。今の時も、今の実情も、あまりにも難しい。ほかの人がやるのは難しいだろう。じゃ、私がしよう」と、決心しました。

(まあ、勢いで受諾したのだ。これについて、私は【若干の感想】でこう書いた。
「亨進氏が執拗に総会長就任を説得し、それに感動し、意気に感じて、受任した。今現在分かっていることは、これだけである。
 まあ、酒席でよくあるパターンだ。
 ひどい言い方をすれば、「あなたはお父さん役ね。私はお母さん。今から料理つくるね」といったおままごとに過ぎないかもしれない」)


なぜ江利川は心変わりしたのか

 彼女に直接聞くしかないが、動きを時系列で整理しておく。

3月2日=サンクチュアリ教会の日曜礼拝の動画が流れ、江利川女史が「日本の総会長」を受任したことが流れる。
3月3日=亨進氏の世界会長としての執行を停止する旨の世界公文が発せられる。
3月3~5日=徳野が日本に急遽戻り、本部で江利川と会い、一緒に韓鶴子と会うために清平に向かう。(日にちは推測)
3月5~6日=清平で世界指導者会議が開かれる。
3月6日=韓鶴子と江利川が会う(直接会ったかどうかは不明)。その日に、文亨進氏を世界会長から解任したという公文が流れる。
3月7日=江利川が世界平和連合の共同会長に就任したことが発表される。


 3月6日には、日本統一教会の共同会長に就任した噂が流れていた。
 これらのことから類推するに、江利川女史に統一教会から何らかの積極的な提案があったはずだ。


江利川の心境はいかに

 身も蓋もない言い方をすれば、脳はヘチマ状態(スカスカ)でさして深く考えることはなかったはず。
 徳野ら旧知のメンバーがいろいろ働きかけたのは間違いなく、必死だったと思う。
 何せ、向こうに行かれると、悪事がさらにさらにバレルので。

(面倒くさくなったので、敬称を略す)

 江利川にとって魅力的だったのは、世界平和連合の会長への誘いだったと推測する。
 日本の会長への誘い水など、彼女にとっては屁である。なぜなら、共同会長の相手は徳野である。徳野は、自分が第7代会長をやっていたときの原研の会長(小僧っ子)に過ぎない。
 それより、一般教会員にとっては「格下」と見られているが、世界平和連合の会長への誘いは魅力的に映ったはずだ。

「韓国でやっていた従軍慰安婦問題を思い切ってやることができる」。そう夢想したはず。

「やっていいの」(江利川)
「どうぞどうぞ、思いっきり」(徳野ら)


 こういうこともあるかもしれない。非開示コメント欄に寄せられた投稿文である。

「江利川さんの件ですが、お父さんは介護中です。旦那はガンです、本人もガンです。お金が必要なのです。あっちにつき、こっちにつきという動きは、お金がほしいからです。高尚な理念の上の動きではありません。彼女は政治音痴、御言葉音痴、の人間です」

 これは検討に値すると思った。
「本人もガン」というのは初耳だが、俺と同じで、ガンもどき(死なない癌)だろう。
 この投稿で重要なのは、江利川の収入のことだ。
 彼女に入っているのは、元会長職としての20万円に過ぎない。
 韓国では「愛協」(物売り協同組合みたいな)をやっていたから、かなり懐は豊かだったかもしれない。しかし、それも今ではない。

  悪魔のささやきである。

<江利川先生、こっちにくれば甘い水も飲めますぜ。それよりなにより先生の政治活動も思いっきりできますよ。資金は潤沢に出しますぜ>

 いいなぁ
 今度、安ちゃんと会いたいなぁ。
 どこで?
 そりゃあ、新宿大久保ですぜ。
「韓国人は朝鮮に帰れ」なんて、ヘイトをやっているところにナイフをもって殴り込みをかける。血ドバドバで、けっこうスゲーかも。またまた武勇伝が増えますぜ。

興味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

関連記事

コメント

日本の食口を献金の軛から解放するきあるの?

やる気 すなわち、統一教会を改革するきあるの?よくわかりません。はっきりいいます。                                                                   統一教会なんか潰れてしまえ!                      ぶっ潰れろこんなとこ! 

週刊誌に統一教会の恥部が掲載される様に醜態の打ち上げ花火も華々しく上げてくれ!

江利川さんまで信仰がそこまで堕ちたとは、まだ考えられませんが、兎に角、亨進氏の所へ行ってあれだけの事を語った訳で其れがインターネット動画として全世界に配信された訳だから、事の次第を近々動画で語るべきです!

統一の烈女が歳と病気の為に信仰まで劣化した姿は見たくないもの!

統一幹部達の愚かな情けない情報ばかりがインターネットで配信される中、江利川さんに”お前もか!”という事がない事を信じたいものです。

事の真相を待ちましょう。

これは本当なら、霊性が音痴なのでしょう

江利川さんは女史からお婆へと転落?
この共同会長就任が本当なら、心霊に問題ありと云わねばなりません
そもそも、有もしなかった朝鮮人の強制連行、従軍慰安婦を信じて疑わなかった時点で霊的感性がどうかしていた事は疑いようのない事です
江利川さん! 神様が御分かりですか?その御年になるまで人の為に生きて来なかったんですか?と言われますよ

フラフラするなよ

映像を見ながら、江利川さん大丈夫かな?と感じてました。文先生聖和後は亨進さんにフラフラ、旧正月に韓総裁に認められると今度はそっちにフラフラ。その立場で亨進さんに説得行ったらミイラ捕りがミイラになってしまった姿が映像でありありでした。
それでもあえて火中の栗を拾おうとしたことは評価できるが、もしこのブログで書いてある通りならがっかりする話ですね。
しかし、インターネットで流れた江利川さんの挨拶は本部では相当な衝撃だったでしょうね。目に浮かびます。
利権は目に見えるけどその根拠となる祝祷権は目には見えないし、どこにあるのかわからんからね。ややこしいね。
ところでやっぱり亨進さんの背後には国進さんがいるようですね。もともと負ける裁判(ヨイド)を引き起こしたにもかかわらず、その反省もなく弟を使って負ける勝負をかけさせたのかな? とも勘ぐってみたくなる。まあ勝負は始まったばかりだから、じっくり観戦とするか。

まあね

鶴様のポチの徳さんより
江利さんのほうがまだ
サムライ魂を感じるけどね。

潰れます。

小川さん、統一はもう確実に潰れます。

潰れたら、是非祝杯をあげましょう。

脱会した20年前、統一が潰れることを切に切に願いました。
こうして今、潰れて行く統一を見て、「ついにこの日が来たか」と複雑な思いです。

公職者は、早く職を見つけることをお勧めします。
特に、子だくさんの公職者は、急いだ方がよいです。

介護の仕事なら、人手不足だから、社会経験ゼロでもすぐ就職できるけど、•••長年上から目線の公職者には、無理でしょうね。
(特に原研出身者•••ホントに原研出身者って、社会じゃ、つかいもんにならんからね。)

残念ながら

残念ながら「統一」は潰れることはないでしょう。「統一教会」をどう認識しているかにもよりますが、たとえ天正宮がなくなろうが、宗教団体を剥奪されようが、「統一」は無くならないのです。
2000年前にイエスを信奉した人たちの中で、誰が彼の十字架と復活を予想したでしょう?従っていた多くの弟子たちは「こんなことになるとは夢にも思わなかった」と思い、またイエスに恨みを持った人は「潰れればいい」と思ったことでしょう。
「潰れればいい」と思った人の期待通りイエスは処刑されましたが、復活したイエスに従う教団は燎原の火のごとく広がりました。一方「こんなことになるとは夢にも思わなかった」というのは今も現役を続ける信者の偽らざる本音でしょう。もちろん何も知らない信徒が多いのは事実ですが。
それにしてもこのブログ村の思想・哲学分野でこれほど賑やかなところは他にないことでしょう。圧倒的に統一教会関係のブログが上位を占めています。これほど人の心を惹きつけるところは他にないのでしょう。やがて私たちは米本さんを含めて歴史の証人になることでしょうね。米本さんに言わせれば「信徒数20万人にも満たないこんなマイナーな教団」に関わったおかげで人生振り回されているってことでしょうか?
さあドラマの続きをみましょう。

The darkest hour is always just before the dawn

私は組織に居ながらの草の根改革は可能だと自分なりに信じて行動してきました。解任宣言は分水嶺だと思いました。
そして今、トップはそもそも改革しようとする意思すらないことが良く分かりました。
日本食口、清平が安定した収益源でさえあればそれで良いのです。愛のあるところに万物も集まるという当たり前の原理もここにはありません。
私は徳野英治という人間が、つまらない金銭的誘惑なんかに惹かれて行動を決めたりはしないと信じていました。
腐敗を庇うには彼なりの事情と理由があるはずだと。
彼は公言します。「平信徒の代わりなんてどこにでもいるが、真の父母の代わりは絶対にきかない(原文はもう少し抑えた表現)」と。
一連の彼の行動が、真の父母に対する度を越した忠誠心から来るのだとしても、まともな人間の感覚からすれば到底理解できないものでしょう。
しかし真の母を護るという大義のために、真の子女を修復不可能なくらいバラバラにしてしまった責任は誰が取るのか?
「お母様は深く心を痛めておられます」と悲しむ振りをするだけの偽善者がどれだけ多いことか。
江利川さんの行動が本当に寝返りかどうか、注意深く見ています。もしそうであるとしても、現体制の崩壊は近いと確信します。
三男のときは、「公金を奪って出て行った」という罪状と表向きの行動が一致していたので攻撃がしやすかった。良くも悪くも教会を見捨ててくれたおかげで、反撃される危険もなかった。
しかし今はどうでしょうか?七男の罪状を正しく発表できるでしょうか?
「日本人を献金の軛から解放しようとした」罪だと正直に発表したら、暴動でも起きることでしょう。

無理が通って道理が引っ込む

抱腹絶倒
本当に面白い文化でしょう。
日本の常識やモラルで受け止めようとすると、解せないことが多すぎて…
~脳が雲丹(ウニ)状態になっている~
としか、表現できない哀しさ。
ご苦労さまです。

教会のみならず、韓国ではよくあるパターンです。
今はネットで瞬時に情報が流れるものだから、その面白さが部外者にもわかりますが、昔は騒動が落ち着いたころ、結果だけが伝わるので、動揺がなかったのです。

これまでの人事でも擦った揉んだしながら、結局くじ引きにしたり、ユンノリ(すごろくのような韓国伝統のゲーム)で決着をつけたり、それでも諦められない者がいて…
またかーって、感じでした。

・2人の末娘の恋愛祝福
・世界会長の突然のすり替え

など、教義や宣布に反して平気でできるのは、
「無理が通って道理が引っ込む」素地が韓国にあるからです。

「道理」も大切。
でも、「自分の都合」には適わない。
まじめに「道理」を遵守する者が振り回される社会とも言えます。

天一国憲法の改竄など、これからも頻繁に行われることでしょう。
何たって、自分の無理(自我)を通さずしてどうする、というのが習性なのですから。

ですから、日本の信徒はもっと楽~に、らく~に考えて暮らしてください。
真面目で立派な信仰者ほど恵まれない、そんな組織なのです。

ドテッっっ\ずっこけたぁ〜

なんだ〜〜ぁ
柳寛順だジャンヌダルクだと褒めちぎった自分が恥ずかし〜ぃ
まぁでも、米本さんの読みは鋭いですね!けど言うほど、金の為とか家庭連合会長職欲しさとか、そこまで悪くわ思えないけどね…本人もガンだったんですか、家族の事や、活動資金、年齢を考えたら躊躇するのも責められない…江利川さん、なりの戦略も有ったみたいですね…勝ち目の無い闘いに感じたのかもですね。私としては、亨進様の言うように熱く冷たく、先駆者となって欲しかったなぁ〜もう…付いて行こうと思ってたのに…

人生お笑いゲーム

cosmoporitanさんの仰る通りです。無形なる神様に繋がって今後は日本食口は家庭礼拝中心に信仰生活をした方が良いと思います。

日本人真面目統一食口が韓国人式に何時までも従い合わせ続けたら、神経症になって頭が爆発して頭が変になる可能性が大です。

今後は教会とも少しづつ距離を置いて生活する練習も大切かと思います。

まこと、真と真の如くマコト、マコトのたまう韓国人に真がないのを見て来た私です。

まこと、真とマコトちゃん遊びに付き合うのも、程々にしないと、日本人統一食口の皆様、後悔しない様に!

江利川氏の本質

>私のベースは、「お父様のみ言葉を死守しよう」、そして「お父様の願われることで、難しいことを私が率先しよう。今の時も、今の実情も、あまりにも難しい。ほかの人がやるのは難しいだろう。じゃ、私がしよう」と、決心しました。

ここに江利川氏の考え方の本質があると思います。自分はどうなってもいいから、教会内の不統一という難問の十字架を自ら背負って解決するために行こうというのは、韓国にも日本にも彼女以外にはいないかも知れません。もし神がいるのなら、神はこのような人に加勢するしかないでしょう。

彼女が日本統一教会の会長の時は、献金する兄弟姉妹の苦労を知って、自分の給料は受け取らなかったと聞いています。勿論、交通費などは公費ですから受け取っていましたが。そのような人がお金欲しさに世界平和連合の共同会長の就任を受け入れた、とは考えにくいです。

ただ、今回は教会の共同会長になれなかったことは、私個人としては残念に思うところもありますが、世界平和連合の共同会長になった方が教会組織体制からの抵抗をもろに食らわなくても済むので、より安全かも知れません。しかも、そのような位置があれば、いつでも鶴子総裁に諸事にわたって報告もできるので、そこには江利川氏の読みがあったのかも知れません。(彼女には鋭い政治感覚もありますよ。) そして、寝返って亨進氏と離れてしまうのではなく、これからも亨進氏を鶴子総裁につなげる役割を果たすように努力すると思います。

江利川氏を個人的に良く知る者の一人として、以上が私の読みですが、ごく最近は余り彼女と連絡を取っていなかったので、連絡をとって確認してみようかと思います。(でも、私の見方が完全に間違っていたりして。その時はどうしよう。>_<;)

地の塩さんに同意します

今回の江利川婦人の世界平和連合の共同会長就任を知りびっくりしましたが、江利川さんには天と約束した誓いが有るのだろうと思います。その誓いを果たそうとしておられるのでしょう。
地の塩さんが仰るように、お金や地位で動く方では無いと感じています。又、韓国での従軍慰安婦に対する謝罪運動も、日韓の溝を埋めるために〇進様から願われた事だと聞きました。江利川さんの夫が在日だからと言う理由では無いと思います。

私としましては

真相がわからない中安易に批判すると自分も後で傷つくと悟ったので、もう少し江利川さんの動向を見ようと思います。

いずれはっきりするでしょう。

江利川さんの言葉を聞くまでは彼女が亨進様を裏切ったとはまだ思えません。
江利川さんが今後どのようなことを言われるか、
どのような行動をとるか見守りたいと思います。

江利川さんは徳野会長と共に急いで韓国に行き、お母様と何を話されたのか、
お母様は江利川さんの話をどこまで理解したのか、どこまで妥協されたのか。

江利川さんが亨進様側についていることを承知で、世界平和連合の共同代表に任命し、お母様が亨進様との繋がりを作っておきたいと考えられている可能性もあります。

兎も角、亨進様から与えられた立場と、お母様から与えられた立場と、二つの立場をもっている(であろう)ことですから、これからどちらのスタンスで行動されるのか興味を持っています。

裏切った訳じゃーないない無いです。

あくまで憶測の域を超えませんが…
話し合われた結果、お母様を立てられ、調和を図り、世界平和連合会長の立場で、江利川さん基盤を持って進めた方がいいと判断されたのかな⁉︎って想像します。が…やっぱり愚鈍でも愚直で、熱く、冷たく、亨進様の元に真っ直ぐ走ってもらいたかったなぁ…

Re: 裏切った訳じゃーないない無いです。

>話し合われた結果、お母様を立てられ、調和を図り、世界平和連合会長の立場で、江利川さん基盤を持って進めた方がいいと判断されたのかな⁉︎って想像します。


 想像するのは自由です。
 どうか、ごゆっくりとお花畑を散策してくださいね。

今、お花畑お散歩してます〜

亨進様が日本で講演会されるなら、教会員でも無いのに、ちょっと…毒舌、米本さんも一肌も二肌も脱ぐと言って下さっていて、この場を借りて、本当にありがとうございます〜感謝してます。
英語もパソコンも出来ないけど…私も何か出来る事があったら頑張ります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/565-c8c2dbff