仰天情報-江利川安栄氏が文7男のところに!! 

文亨進世界会長のラジカル説教(5)

文亨進世界会長が3月1日(アメリカ東部時間)、日本総会長兼協会長に江利川安栄氏を任命した。
(この原稿は未完成です。新たな情報が入るごとに加筆及び修正していきます。読みにくい記事になることのご寛恕を)



<注>動画の36分まで江利川氏のスピーチ、36分から10分ほど文亨進氏のスピーチ。そのあとは祈祷。

 江利川氏の肩書は「総会長兼協会長」だが、文亨進世界会長の側近によれば、
「これは現存の組織を引き受けようとすることを意味するのではありません。お父様から離れた現存組織が崩壊していく一方で、残った信仰者をまとめて、お父様にもどる信仰運動を起こして行くことを意味します。その意味で世界会長の代身として、日本の全ての天一国市民に対する霊的権限を持ちます」

 江利川女史の経歴は次の通りである。

1946.5.24 誕生
1965.4~1969.3 中央大学法学部法律学科 入学・卒業
1965.12 統一教会入教・献身( 全国大学原理研究会、中央大学副委員長・学舎長)
1968.8 朝鮮大学校認可取り消し運動(3年間、毎日毎日迫害を受けながら勝共を叫ぶ。これが彼女の武勇伝となる)

1970.10 777双祝福結婚式で祝福を受ける

1993.7~1999.1 全国祝福家庭総連合会総会長就任 世界平和女性連合副会長・共同会長・会長
1998.3~1999.1 日本世界基督教統一神霊協会第7代会長

1999.1~2008.5 世界平和統一家庭連合 世界巡回師(アメリカ担当)
2008.5~2013.3 世界平和統一家庭連合 世界巡回師(韓国担当) 「在韓宣教師会」を組織化し、同会の会長に就任。

<注>ウィキペディアでは次のように紹介されている。
<江利川 安栄(えりかわ やすえ、1946年5月24日 - )は、統一教会の日本支部に当たる日本統一教会の第7代会長。中央大学法学部卒。1970年の合同結婚式に参加。国際勝共連合に参加し、朝鮮大学校前で統一原理の講義をするなどの活動を行った。1970年代は北朝鮮の「日本人妻里帰り運動」を積極的に推進し、1998年に日本統一教会の会長に就任した。>




 奇しくも、任命式が行なわれたのは、「天一国基元節2週年大祝祭及び清平役事20周年記念特別大役事」の真っ最中。清平の会場では、幹部たちがパソコンのある部屋に入れ代わり立ち代わり入って、読者と同じように動画に見入っていることだろう。その光景を想像すると、つい笑えてしまう。
 でも、今日(3月2日)も温泉に行けなくなったことを想うと、泣けてくる。いつも雲が低く立ち込めるどんよりとした山陰なのに、今日は珍しく花曇りだから、よけいに。


【総会長を承諾した江利川女史の挨拶】(未完成)

20150301_122038_convert_20150302152447.jpg


 親愛なる兄弟姉妹の皆様。いま亨進様がいわれたように、私はとても危険人物です。いかに自分が危険人物かということを説明したいと思いますが、自分の英語が不十分なために通訳を使いたいと思います。どうも、もうしわけありません。

 いま亨進世界会長から紹介を受けましたけれども、私の就任の挨拶をさせて頂きます。

 私がどんなに危険人物であるかを私の経歴の中で、お父様との因縁、お母様との因縁を通して話をしてみたいと思います。

 私は小さいときから両親に世の為、人の為につくすような人間になりなさいといわれて大きくなってきました。
 それで、自分の人生の行く道を弁護士になろうと思いましてお金の無い人、そして、ほんとうに権力の無い困っている人に尽くす正義の弁護士になりたいと思って大学の法学部にいきました。
 良い弁護士になる為にたくさんの経験と知識を得ようと思い知識欲で原理を聴きました。
 そして、体験したいために、全国原理研究会の修練会にでました。
 その当時は「原理解説」でした。
 

 原理解説は論理的に飛躍しているところがたくさんありました。
 しかし、私はその修練会で「私は第三イスラエルである」と-私が第三イスラエルとして神様から召命を受けてその通りに歩まなかったら、人類があのイスラエルのようになってしまう。滅びたユダヤのようになってしまう、そういう使命感で立ち上がりました。

 私たち、私も皆さんも、再臨のメシアを中心とする第三イスラエルです。神の国を創る第三イスラエルとして召命された者であるというのが、私の基本です。
 そして、67年にお父様が『原理講論』を携えて、原理講論を伝えるために日本にこられました。
 そして、全国の教会長達を集めて、120名でしたが、二週間の間ユ・ヒョウウォン韓国協会長から原理講論を聞きました。
 先ほど話しましたが、原理解説にはたくさんの飛躍があったので、原理講論の御言葉を聞いたときに一字一句に私は感動しました。
 私は、その修練会の中で二つの決意をしました。
 一つは、お父様の御言葉は守死しなければならない。もう一つは、お父様がほんとうに人類の真の父母であられ、メシアであられるので、お父様の願われることで、誰もできない・難しいことを、私が率先してしようと決心しました。
 それで、先ほど話されましたが、いろいろな使命やそういった責任分担を担わせていただきました。その中の一つとして、申し上げたいのは、日本の教会長、あるいは会長として仕事をしていた時のことを証ししたいと思います。

 92年の9月の3万双の後に、日本の統一教会はマスコミにそれから6ヶ月の間毎日、毎日たたかれました。政府も、共産党も、右翼も、国民も統一教会を無くそうとしました。多くの食口が離れました。残った人も力を失いました。
 そのときに、私がお父様の指示を受けて、日本の総会長になりました。その時のお父様の御言葉です。

「先生の涙とあんたの涙が一つになれば、できないことは無い・不可能は無い」

 通訳が泣いてしまいました。私も涙しました。
 今もそういう状況ではないでしょうか?そして、もう一つおっしゃったのは、

「先生が貴方に指示をする、御言葉を与える、そうしたらその御言葉を瞬時に末端まで伝える組織を作れ」

 ですから、ほんとうに死にかけていた日本統一教会を、お父様の涙の心情と御言葉で生かそうとしました。
 そして、日本を生かす為に日本の女性を16万韓国に送り、韓日姉妹血縁、それから2万名の日本女性はアメリカに送り、日米姉妹血縁をされました。
 そして、生き返った日本の女性達を193カ国に宣教師として送られました。それが、お父様の涙と御言葉でそのようになりました。それから、もう一つ難しいときに私が担当させて頂いたのが韓国でした。

 2008年でした。
 孝進様が聖和され、3月17日ですか?そして、その時は韓国で全選挙区に食口達が選挙にでました。惨敗で一人も当選することができませんでした。その直後に私はアメリカにいましたけれども、韓国に来いということで、韓国に行きました。韓国の状況がぺっちゃんこの状況でした。その時に、亨世界会長、国進財団理事長もほんとうにご苦労されていました。

 私はお父様から、
「日本から韓国にお嫁に送った者たちは、ただ嫁に来たのではない。その者たちを宣教師として立ち上がらせなさい。今は7千名か? 祖国光復の先頭にたたなければならない。そして次には南北統一の先頭に立つのだ」
 そういう使命をいただきました。それで、無我夢中で全国を駆け回っていました。1年ぐらいそうしていたときに、亨進世界会長、そして国進財団理事長にお目にかかるようになりました。

 その時、亨進世界会長はほんとうに精誠、精誠、精誠を尽くしておられました。『御旨の道』の中の御言葉ですが、「精誠を尽くす指導者がいる国は滅びない」とあります。

 私もお父様から与えられた使命を果たす為に、簡単ではありませんでしたけれども、亨進世界会長がそのように精誠を尽くしておられたので、この国は滅びない、そう思ってその時それを肝に銘じて歩ませて頂ました。

 国進財団理事長は、難しい事業団、難しい教会、それを再編成して、ほんとうに、お父様の願われる教会、お父様の願われる事業体にする為に、まず内部の人から「アメリカに帰れ、アメリカに帰れ」といわれる迫害を受けながら、ほんとうに見事に行政をされてました。
 そのように、神様と父母様の願われる教会、そして神の祖国を創られる為にお二人が先頭に立っておられました。
 

 私もほんとうにうれしく思いながら、一緒に革命に参加させて頂いておりました。そのときに、どれほどお父様をお二人は愛されたことか、またお母様を愛されたことか、私は目撃させていただきました。
 どれほど、お父様のメシア性に対して絶対性を持って、仕ええられたか、お二人の姿からほんとうに私達は多くの感動を受けながら、学ばせていただき、お父様に侍ってまいりました。

 今日の韓国の基礎、お父様の聖和以降だいぶ変わりましたけれども、その基礎を作られた亨進世界会長、国進財団理事長であられます。
 私は二人は功労者であられるとつくつく思ってまいりました。その当時、お母様の理想を高く高く上げられたのもお二人でした。
 そして、何事も率先してなされ、御言葉の通り、真の愛を実践されました。
 亨進世界会長、そして妍雅様と一緒に路傍伝道に出たのが楽しかったです。
 いい思い出です。
 その伝道活動すら統一教会を誇ることができない食口たちと伝道活動を先頭に立ってやられて、今皆が伝道をしているのもそういう基礎があってです。

 そういう状況の中でお父様の聖和があり、統一教会に激震が走り、多くの悲しい変化を見てきました。私もその津波にあって、日本で過ごしておりました。

 そして、この1月の18日に世界会長がこちらで沈黙を破って毎週毎週、私は何でもありませんけれども多くのシックはショックを覚えるほどのみ言葉を発信されるようになりました。

  それで私は、この世界会長が発信されている内容を、もしお母様が反対されると、なさろうとする事がとても難しくなると思いました。この1年半私は教会の大きな行事とかお母様の前にも行きませんでした。むしろ行きたくもありませんでした。しかし、何とかしてお母様が、亨進世界会長が発するみ言葉を反対しないように、これを私がお母様にお願いに行かなければいけないという使命感を持ちました。

 今から11日前ですけれども、天暦の1月1日、午餐がありましたが、その時に出かけて行きました。
「お母様どうぞ、この今世界会長が発しておられるみ言葉に対して反対しないでください。最低無視してください。そして世界会長、国進ニムも本当にお母様を愛しておられます。ですから、どうぞお母様、お母様と亨進世界会長、国進ニムがひとつに成ってください」
 そのように何回も命がけで訴えました。

 お母様は、とても静かに聞かれて。私はお母様から、本当にたくさんの愛をいただいています。その時と同じような雰囲気でした。たくさんの会話をさせていただいて、そしてお母様は「お前はまだみ旨の先頭に立たなければいけないではないか」と仰いました。
 ですから、3月4日から韓国で世界指導者会議が行われますけれども、そこにこいと指示を受けました。
 お母様は、特別巡回師として日本のシックを教育するようにとのご指示を私は秘書室長から間接的に受けました。そしてお母様ご自身が本当に世界会長とひとつに成りたいというお気持ちを私は感じました。

 それで日本に帰ってまた決意をした訳です。
 アメリカに行ってこの基元節、3日ですよね、基元節で祝福式があります。
 先ほども亨進世界会長は、亨進世界会長とお母様がひとつになって、もちろんお父様ですけれども、ひとつになって祝福をしなければならないと仰いました。

 ですから私は、何とか、今行われようとする基元節、そして祝福式に世界会長を韓国にお迎えしたいという、だれもできにくい事だと思いますから、私が使命感を持って来たわけです。27日に到着して、その時に決意していただいて、チケットを準備していただければ、間に合うと思ってきました。

 しかし世界会長は一方的に、熱心に、私が何か申し上げる隙もないほど熱心に、今立たなければいけない。日本の侍が立ち上がれと言いました。私が何か申し上げる余裕がないほどでした。

 ところが、私は日本から来るときに、世界会長は今まででしたら、世界会長はそんなに難しくないと、よく人の話を聞いてくださるだろうと思ってきました。
 ところが世界会長はそういう状況で、そして国進理事長はちょっと難関じゃないかと思ってきました。でも、国進理事長はよく聞いてくださるわけです。結論は同じですけれども。

 私の思う基準と世界会長、国進理事長が仰る次元の違いを感じました。
 そして、たしか国進理事長からだと思いますが、江利川会長を今回総会長なり、協会長に任命したらどうかと仰いました。「決心してください」と、こう言われるのですね。

 私はでも、まだ方法があると、ひとつに成って統一する。だから必死にいろいろ申し上げました。
 次元が違うのは分かっているのですけれども、私の心を整理しないと「はい」とは言えませんと。それは、何か事情がどうのこうのではなくて、方法論が、多くの犠牲、そして時間、私が考えているほうの道で行けるんじゃないかとの思いが強かったのです。

 しかし、世界会長は盛んに、「熱いか冷たいか、はっきりしろ」と言われました。
 て私が「いや、基盤がないから、基盤を作った方が良いのじゃないか、この方法だと基盤ができるじゃないですかと訴えますと、
「何が基盤だ。何が問題だ。神様とお父様の問題じゃないか」と仰いました。そして「ギデオンの勇士のことを知ってるだろう」
 ギデオンの勇士は300百人でしたが、私たちの勇士は、私が思うに、2~30人いるかどうかと思っています。

 そういう状況です。しかし、さきほど申し上げましたように、私のベースは、「お父様のみ言葉を死守しよう」、そして「お父様の願われることで、難しいことを私が率先しよう。今の時も、今の実情も、あまりにも難しい。ほかの人がやるのは難しいだろう。じゃ、私がしよう」と、決心しました。

 今まで難しい時代を父母様の愛とご指導を受けてやってきましたけれども、その特にお父様の大きな愛と導きの中で難しくても、できないことをさせる神ではないと、信じております。

 多くの迫害は、もうお父様の訓練済みです。ですから、お父様の後継者、父母様の後継者であられる亨進世界会長、そのお父様、そして亨進世界会長の涙がどれほどでしょうか。
 その涙とひとつに成り、そしてお父様のみ言葉を中心に伝統を立てて、そして世界会長、国進理事長が行かれる真の父母様の勝利の道を、私も歩まさせていただきたいと決心しました。
 ピストルの弾や刀がたくさん刺さってくると思います。槍もくるでしょう。それは私の力の源泉になります。

 ただ恐れるのは、神様と真の父母様、お父様の願いに本当に叶えるかどうか、期待に沿えるかどうかだけが恐れることです。すべての栄光を天に帰して歩まさせていただきます。有難うございます。(完)


【世界会長の任命の挨拶】(未入手)



【若干のアットランダムな解説・感想・分析】

(1)続情報で明らかにされると思うが、今回の江利川女史が総会長を受任したのは、「瓢箪から駒」 「ミイラ取りがミイラになる」的な、たぶんにハプニング的な要素があった。

(2)彼女は齢(よわい)68である。俺もそうだけど、そろそろ老境の世界に入るお年頃だ。神山氏によれば、日本の教会長を経験した人には毎月20万円が支給されることになっているという。実際に支給されているのか、還流されて献金されてしまっているのかわからねども、江利川女史は「もう危ない橋を渡る」年頃ではないはず。
 それなのに、亨進氏の旗のもとに参加した。この心意気や、よしである。
 仄聞情報だが、彼女の夫は癌を患い、日本の病院で治療を受けていると聞いている。子ども3人は韓国在住で、彼女は日本と韓国とをの往復しているとも。

(3)私を含め読者が驚いたのは、文亨進氏と江利川女史とのサプライズ的な結びつきであろう。
 しかし、冷静に振り返れば、サプライズでもなんでもない。
 江利川氏は2008年5月から韓国で文亨進氏に「侍っていた」し、また「文国進氏のイエスマン」と陰口を叩かれるほど、国進氏にべったりだった。文4男、文7男とは親密な関係だった。


(4)ところで、「緊急ニュース-文国進理事長の解任が決定!! 」(2013年3月25日)の末尾のところで、「江利川安栄・多文化宣教師会長解任!」の記事を書いている。解任日は2013年2月28日ないしは3月6日である。
 また、国進氏が統一財団理事長を解任されたのは、同年の3月23日(米国時間)であった。
 この記事を書いているときは、それぞれの解任の関連性について考えが及ばず、韓鶴子氏と江利川氏との関係が江利川解任につながったという見方を示した。
 しかし、今になって考えると、待てよ、である。

 一連の人事を時系列で整理する。
2012年9月・文鮮明氏が亡くなる。 
2012年9月末・文亨進氏が悪魔連盟によって世界会長の座を事実上、追われる。(世界公文なし)
2012年12月・文国進氏が日本担当から外される。
2012年2月・文亨進氏がアメリカ会長から外される。
2013年3月・文国進氏が財団理事長を解任される。
2013年2~3月・江利川氏が宣教師会長を解任される。

 国進氏と亨進氏は、献金問題にメスを入れようとしたから、悪魔連盟によってはじかれた。
【参照記事】「昔の文亨進にあらず!なめたらあかんぜよ。」
 これに対して、江利川氏は献金問題に表立って異を唱えていない。だが、2人の指示によって、日本の献金に頼ることをやめようと提唱し、魚の行商など物売りを始めた。
 このように考えると、悪魔の連盟が韓鶴子氏に何らかのことを吹き込んで、解任された可能性が高いのではないか。それに、江利川氏は韓国人幹部たちから嫌われていた。彼女も韓国人を嫌っていた。


(5)江利川氏の評価だが、私はきわめて厳しい見方をしている。
「江利川論」がテーマではないので、簡単に書いておく。
「為に生きる」組織なのに、どうして「愛なき統一教会」になったのか。数年前に、このことを複数の比較的良識ある公職者に取材したことがある。
 そのときの答えは、ノルマ主義を持ち込んだ江利川氏に起因する-というものだった。「お父様にいい報告して褒められたかったからだろう」
 何年のことか調べないとわからないが、ともかく江利川氏のノルマ主義は今日まで続いている。

 mamaさんの投稿「江利川さんは嫌い」は、私の感じ方と同じである。

(抜粋引用はじめ)
 あの人が韓国の日本婦人会を宣教師会と命名して 毎月、献金、物品販売、伝道などと韓国で生活も大変で 酒飲みの夫や姑に厳しくされている日本人婦人たちのほんわかした心のよりどころであった日本人婦人会の組織が完全に日本のようなノルマ追求体制になりました。

 はっきりいって日々の生活もままならない、 夫や姑を伝道もできない(教会につれていけない)韓国に来て、大変な生活をしている日本婦人がほんとに多かったです。

 でも、日韓の架け橋になろうと日々の生活の場で汗水流してがんばってきたその人たちに伝道しろとか 40日間のヨスでの修練会に行かないものは、日本に帰れとかさんざん脅迫した張本人です。
 全てを捨てて国境も越えて韓国に渡った日本人の婦人をヨスに行かないからというだけで 今度は日本に帰れ! 用済みだとでもいうのでしょうか? 子供や夫を捨てろ。家庭破壊しろといってるのと同じです。
 摂理、摂理と、精神的にも経済的にも韓国にいる大変な日本人を追い詰めた結果、離れた人も多いわけです。

(引用終わり)

 私の取材体験である。
 私が韓国を取材したのは、2007年の夏だった。
 韓国本部の国際部のメンバーをはじめ20人近くの日本人シックに話を聞いたが、あまりにも日本・統一と違うので、別の宗教団体の人たちと話しているのかと思ったほどだ。
「アベル・カイン」の組織論のことを話題ににしても、彼らはピンと来ないようだった。
「信仰基準」という言葉を持ち出すと、「懐かしい言葉ね」とみんなからからかわれる始末だった。
 国際部の武藤氏(『本郷人』編集長)が韓日の違いを一言で表現してくれた。
「日本の統一教会は裁く宗教、韓国は許す宗教なんですよ」

 mamaさんの投稿にあるように、韓国・統一教会には「ほんわかした」ものを感じた。

 それから1年、『我らの不快な隣人』の初稿のゲラチェック段階になっているときに、江利川氏が韓国にやってきた。
 取材した在韓のシックから電話がかかってきた。
「江利川さんがやってきて、もう大変、毎日摂理の嵐(指示命令、ノルマ主義)だよ」
 わずか1年経たずして、韓国・統一教会は日本と同じ裁きの宗教に変質してしまったのだ。

 その結果、少なからずのシックが退会状態になったり、中山グループに流れたり。以前の記事で、江利川は統一を潰すグループが韓国に送った「トロイの木馬」と揶揄したほどだ。
(江利川評価については、コメント欄も読んでください)


(6)下の写真は2、3年前の江利川氏である。

無題

 冒頭の動画と比べれば、悪相が消え、穏やかな顔つきになっている。人は歳月とともに変わる。しかし、だからといって過去の行為が放免されるわけではない。日本の総会長を受任したのだから、過去をきちんと総括しなければならない。それができる器かどうか・・・。


(7)江利川氏が文亨進氏のもとに走った。これが今の統一教会にどんな影響を及ぼすのだろうか。
 投稿者「4life」さんが指摘した通り、江利川氏そのものの影響力はほんとんどないと思う。
 ただ、彼女はアメリカで9年間、韓国で5年間、宣教師をしていた。その過程で多くのシックと接触してきた。
 嫌う人は少なくないようだが、「話を丁寧に聞いてくれた」などといったファンもいた。
 ネット世界でのファンは、「ちゃちゃのつぶやき日記」のちゃちゃ氏がそうである。
 前述した「江利川 解任」の記事に、猛烈な勢いで私に反論したことがあった。
「解任なんかされていない。優秀なお方だから、違う任務につかれているはずだ」(だったか)

 影響という点では、江利川氏をかつて慕っていたシック(在韓シックによれば「脳天気シック」。今の統一教会の岩盤)が、「文7男のもとに走ったという事実を知ったときにどんな化学反応を示すか」にある。
 むろん、脳天気シックはサイトなど見ない。が、いずれ口コミで知ることになる。そのときに心中に何が浮かぶかだ。厚い岩盤が少しばかり崩れるかどうか

(8)(2)で江利川氏の「心意気」を評価した。亨進氏が執拗に総会長就任を説得し、それに感動し、意気に感じて、受任した。今現在分かっていることは、これだけである。
 まあ、酒席でよくあるパターンだ。
 ひどい言い方をすれば、「あなたはお父さん役ね。私はお母さん。今から料理つくるね」といったおままごとに過ぎないかもしれない。
 したがって、ベクトルがストレートに働くような影響力はゼロであろう。

 重要なのは、おままごとゴッコで与えられた「日本の総会長さん」が今後、行動を起こすかどうかにある。
 私が江利川女史に期待するのは、「亨進説教」を日本で開催してくれることだ。

 実は、私は亨進氏を日本に招待し、講演してもらうことを夢想していた。
 神山氏の日本講演にはアバウト300人が参加した。
 亨進氏は文鮮明氏の臣下ではなく子どもである。東京・大阪の2会場で500人ぐらいは集まるだろう。なにせ、世界公文で地位が取り消されていないから、今でも世界会長なのだ。
 ちなみに、日本統一教会の矢野局長は2月の会議で「亨進ニム」ではなく、「亨進世界会長」と表現していた。

 ひょっとしたら、1000人は集まるかも。
 私の算盤である。
 神山氏の講演は参加料1人1000円だった。亨進講演は格上ゆえ3000円とする。
 3000円×500人=150万円
 150万円あれば、渡航費(格安エコノミー)+会場費(公民館)+宿泊費(格安エコノミー)は十分に賄える。
 この皮算用を何人かに酔っぱらってしゃべった。(いつも、ごめんねジローだ)

 しかし、状況は一転した。江利川氏が日本の総会長になったのだ。「亨進日本講演」は、彼女がやるべきだ。
 それができるタマかどうか。やれば、悪魔連盟が巣くう世界統一教会は大きく変わる。江利川の顔が悪相に変わることを期待す、だ。

(9)最後に、誤解なきように、あえて書いておく。
 文亨進さんへの一連の言及で、私が文4・7男派になったと思われる方は少なくないと思う。
 しかし、それは違う。
 彼の説教に興味があるのは、統一教会の権力構造を知ることができるからだ。
 無宗教ゆえ、亨進氏の信仰的な話にはほとんど興味がない。彼が独自の祝福式をやろうが、さほど関心はない。
 ただ一点拍手を送るのは、高額エンドレス献金に苦しむ日本のシックを「解放したい」と、彼が考えていることだ。
 それが実現されれば、「拉致監禁」はなくなる。
 ちなみに、文3男さん及び自意識過剰坊やのパシセラちゃんは、高額エンドレス献金および拉致監禁問題への言及はない。

(10)もう一つ、最後があった。
 今日の祝福式はテロなどに遭うことなく、退屈なイベントだったようだ。見なかったのだが、「4life」さんの投稿を読んで--。
 注目は明日(3月4日)からの会議である。
 大きな人事が発表されると聞いている。
 日本では地区長体制から代表教区長制に組織改編が計画されているようで、大幅な人事があるとのこと。

「離反する牧会者が出るかもしれないということで、総務部長・会計を独自に本部に集めて監視体制を強化しているという情報もあります」

-怯えまくりの統一教会-(3月5日午前追記)


 すでにブログのコメントに投稿された話題だが、改めて追記として掲載しておく。
「文亨進世界会長の職務権限停止処分に関する件」と題された公文である。

公文番号:世家世本 2015-23
発信:世界平和統一家庭連合 世界本部
発信日: 天一国 3年 天暦1月 13日 (2015年 3月 3日)
題目:文亨進世界会長の職務権限停止処分に関する件

各大陸、国家,摂理機関に天の父母様と真の父母様の祝福と愛がともにありますことを祈願申し上げます.

2015年2月26日、真の父母様の命によって下記のように文亨進世界会長の職務権限を暫定的に停止する。


1. 姓名:文亨進
2. 職責:世界平和統一家庭連合世界会長
3. 事由:世界会長の職権乱用および教理違反
4. 世界会長の法的権限および教会内で付与された職務権限を真の父母様の命があるまで暫定的に停止する
5. 2015年2月26日付で命じ、処分の施行は2015年1月15日にさかのぼって適用する。
以上
世界平和統一家庭連合 世界本部 (印)

【若干の解説】

 唐突な公文ゆえ、最初は解釈に戸惑ったが、こういうことだろう。
 江利川安栄氏がサンクチュアリ教会の日曜礼拝で日本の総会長の任命を受けたのは、アメリカ東部時間の3月1日。私が礼拝の動画をアップしたのは日本時間の3月2日午前11時だった。
 記事冒頭にこう書いた。
「奇しくも、任命式が行なわれたのは、天一国基元節2週年大祝祭及び清平役事20周年記念特別大役事の真っ最中。清平の会場では、幹部たちがパソコンのある部屋に入れ代わり立ち代わり入って、読者と同じように動画に見入っていることだろう。その光景を想像すると、つい笑えてしまう」

 この想像通りのことが現出したのだ。彼らは、私以上に仰天した。急遽、一部の大幹部が会議を持ち、公文を流すことにした。日付は3月3日である。
 なぜ公文なのか。それは、第2、第3の離反者を出さないようにするためだ。
 すなわち、「職権乱用および教理違反」した「文亨進世界会長の職務権限を暫定的に停止」したがゆえに、亨進氏のところに馳せ参じる幹部シック(公職者)がいれば、除名処分にする-というわけだ。

 亨進氏がこんな公文を読んでも歯牙にもかけない、説教をやめることなどしない-ことは、彼らにとっても自明の理である。
 それゆえ、この公文の狙いは公職者への締めつけ以外の何物でもない。
 推測が正しければ、公文は一般シックには流さないはず。動揺を防ぐためだ。
 公文に、発信した責任者の署名は記されておらず、たんに世界本部とされているだけ。公文発信前後には徳野が急遽日本に戻った。いかに慌ただしい動きだったかが手に取るようにわかる。

 おそらく、韓鶴子総裁の許可は得ていない。だから、あとで釈明できるように暫定的に停止」の語句を入れたのだ。 亨進氏が悔い改め、説教をやめる可能性があるならともかく、そんなことはあり得ないと判断しているのだから、「暫定的」はお母様への言い訳言葉なのだ。

 タイトル通り、「怯えまくりの統一教会(悪魔連盟教会)」なのである。

 なお、1月15日は亨進氏が悪魔幹部の解任を要求した日だが、2月26日は何の日かわからない。推測なのだが、江利川氏が韓鶴子氏に直訴した日ではないのか。
「お母様、私が文亨進様を天一国基元節2週年にお呼びします。賛成されなくても、黙って見守っていただけないでしょうか」




 あとは文7男さんのスピーチが送られてくれば、この記事は完成版となります。

事を読んで仰天した方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

嗚呼 今日も・・・

 温泉に行けなかった(泣)
 珍しくいい天気なのに(泣き)

どういうこと?

江利川会長 ヒョンジンニムにつかれるって事ですね。
ますます分裂ですね。
私達は、どうしたらいいの?というのが正直な気持ちです。(泣)

ここまでくると..

インターネットの発達により、今まで末端食口が知り得なかった情報を知ることができるようになりました。自らが調べる気になれば、いろんな事がわかります。

教会では、教会長の口からは、神山元会長や7男のヒョンジン様の件は全く話をされません。「後天時代だ~、伝道だ~、祝福だ~」って感じです。ですから、スタッフを除く末端の食口は、このようなゴタゴタを全く知らないと思います。


しかし、最近はごく一部ですがインターネットで情報を得て疑問に思っている食口も教会内でも出てきました。
ここまでくると、さすがに真実を知る食口がじわじわと増えてくるのではないかと思います。


基元節で忙しいのかどうかしりませんが、ヒョンジン様が暴露説教をしてからは、神山元会長に対しても本部はだんまりですね。このままじゃ本当に組織は分裂してしまいます。「お父様とお母様は一体です」と推し進めても、現実を見たら疑問がわくことだらけです。

統一教会が終わるようです

もう日本統一教会が終わるようです、
いつ統一教が統一はどこ?分裂が...

神山、江利川元会長の関係

「イヌサル」の仲として有名と、複数の777双の方から聞いたことがあるので、単純に顕進様が神山さんなら、私は亨進様で。と江利川さんが考えたということだけではないでしょうが、いくつかの要因の一つではあるかも知れません。

ちなみに「反神山連合」(仮称)にも名前が入っておられましたが、そのあとで、考えが変わったか本部が勝手に名前使ったのでしょうか?

ただ、個人的には、お二方とも、ご本人が思っておられるほど(苦笑)今の教会には影響力はほぼ無いと思います。
江利川さんという郷里の大先輩に、失礼を承知で言いますが。

いよいよ分裂か

神山名誉会長の最近の言葉

>お父様は最後の最後まで、「顕進が帰って来なければ、基元節はあり得ない」といっておられた方です。

>御父母様が、霊界の長子である興進君を呼んで、このように祝福された家庭を立て、一緒に統一的宣言をすることによって、先生が祝福をしてあげるのではなく、今後は興進君が祝福をするのですが、興進君がいなければ、顕進君がお父様の代わりに祝福することのできる時代になるのです。」(天聖経、祝福家庭)

>2000年9月24日、お父様は、天宙清平修練苑で「三時代転換一体圏祝福式」の儀式をされ、「(男性である)興進様と顕進様がお父様の代身として霊界と肉界を祝福してあげることができる時」だと宣言され、「祝福の権限」をお二人に移譲されたのです。(氏族教会Fax-News、2000年10月25日号)

神山名誉会長が三男の顕進様を推される理由は、お父様が顕進様に「祝福の権限」を御与えになり、七男の亨進様を世界会長にされた時もこの「祝福の権限」を変更されないで、そのままの状態で聖和されたからと受け取りました。
この一点のみで神山名誉会長が顕進様を推されているのだと理解したのですが、違っていれば教えてください。


しかし、私はやはり七男の亨進様に付いて行きたいのが正直な心情です。
一時期、顕進様はいかにもモーセからバトンを渡されたヨシュアのようでした。
二世たちは顕進様に繋がっていました。この頃から私のように古い人間は複雑な心境でした。
両手をズボンのポケットに突っ込み激しい言葉で説教されている顕進様はお父様の威を借りているように見えたからでした。謙遜さがあまり見受けられませんでした。

お父様が七男の亨進様を世界会長に任命され後継者とされた時は「この方だ!」と納得したのでした。
「やはりお父様は親だからよく知っていらっしゃる」「お父様の目に狂いはない」と思ったのでした。
お父様が高齢になられて、お父様の説教を「祝福家庭」や「ファミリー」で読んでも意味不明なことが多かったのですが、この亨進様を選ばれた時はお父様はまだボケてはいないんだと思ったのでした。
亨進様の説教はいつも謙遜でした。そして亨進様が寝袋を持って日本を訪問してくださったことには感動しました。

その亨進様もいなくなり、教会を立て直そうとされていた國進様もいなくなり、今は女性ばかり。
なんなんだこれは!
こんな異常な状態であるにもかかわらず、何事もないように平静を装っていること自体が異常です。

組織作りが始まってる

まだまだ序章でしょう。
私も行動起こしていきます。
  • [2015/03/02 15:25]
  • URL |
  • ぐんまながさき
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

神は何処に働かれるか?

ついに、日本のシックが動き始めました。22日の亨進様の説教に
呼応するかのようです。
お父様や原理から考えても、統一教会が神の摂理の目的ではありません。其処に神が働く器が無ければ、神は其処から離れ、働く事の出来る器を探される事でしょう。
亨進様が、大きな基盤を持っておられないから影響力がないと考えるシックは信仰の世界に生きているとはいえないでしょう。
何時も神様が働かれるのは謙虚な己の無い聖い魂と団体であると思います。たとえそれがどんなに小さな団体であっても、神様の心を動かし、今は眠っているようなシックの本心、本物の信仰心を眠りから目覚めさせる事が出来ると信じます。
神様が働かれるところ、其処に、天運が有ると信じます。サタンが進入した団体は一旦、善悪に分裂しなくては復帰は出来ないと原理では言っています。分裂して復帰していくしかないでしょう。冷静に、原理的に状況を把握しましょう。
江利川会長是非、頑張って欲しいです。

分裂する??

 今後、組織は分裂する-と心配されているシックは多いようですが、たんに顕在化しただけのことです。

 悪魔連盟は、文3男を排除し、文4男そして文7男を排除してきました。
 それ以前にも「人のために生きる」という教会文化(お題目であっても)を壊滅させてきました。

 内在化していたバラバラ統一を、今回の江利川女史の英断によって、顕在化してきただけのことだと思うのですが。違うのでしょうか。

琴姫七変化様へ、{相続者」

顕進様は祝福権をお父様から譲渡されているのは2000年です。その後に亨進様が冠を受け、「相続者」に任命されました。それの意味するものは、亨進様は、祝福権も相続されていると私は考えます。
お父様の特権は血統転換であり、祝福だからです。お父様、御父母様の「相続者」の一番相続する核心は祝福だと思いませんか?教会運営や、組織の長になることでしょうか?いいえ、お父様が「相続者」と言われたその一番の核心は祝福だと私ははっきり確信します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Eグループ

前のブログ情報では江利川さんは本部から年金をもらっていたのでは?なのに謀反ですか。個人的にはもっと若い二世の方が、と思います。そのうちEグループとか言って亨進様をたぶらかせたとなるような気がしますが、今後の展開を期待します。

江利川さんは嫌い

個人的な恨みはありません。

あの人が韓国の日本婦人会を
宣教師会と命名して

毎月、献金、物品販売、伝道
などと韓国で生活も大変で
酒飲みの夫や姑に厳しくされている
日本人婦人たちの
ほんわかした
心のよりどころであった
日本人婦人会の組織が
完全に日本のようなノルマ追求体制に
なりました。

私はなんのために江利川さんが来たのか
理解ができませんでした。

もちろん、イエスマンのシックは
オトーサマの命令だからといって
従いましたが、

はっきりいって
日々の生活もままならない、
夫や姑を伝道もできない(教会につれていけない)
韓国に来て、大変な生活をしている
日本婦人がほんとに多かったです。

でも、日韓の架け橋になろうと日々の生活の場で
汗水流してがんばってきた
その人たちに伝道しろとか
40日間のヨスでの修練会に
行かないものは、日本に帰れとか
さんざん脅迫した張本人です。
(全てを捨てて国境も越えて韓国に渡った
日本人の婦人を
ヨスに行かないからというだけで
今度は日本に帰れ!
用済みだとでもいうのでしょうか?
子供や夫を捨てろ。家庭破壊しろといってるの
と同じです。
祝福の家庭ってそんなもんなんですよ)

摂理、摂理と、精神的にも経済的にも
韓国にいる大変な日本人を
追い詰めた結果、
離れた人も多いわけです。

信者を増やそうとするのはうそっぱちで、
言うこと聞かないやつは
さっさと分別して

残ったものには優越感に浸らせたい
そんな魂胆だったと私は思います。

そして天福宮?でしたっけ
それを立てるのに
1200万ウオンでしたか、
献金させるために
日本の家族に対して嘘をつかせて
金を集めさせた方ですから。

子供が事故にあったとか、
夫や自分が入院したとか
そんなこといって1200万勝利しましたって
日本婦人会のメールに堂々と
まわしまくってましたね。

たしか文さんの「今後は嘘をついてはいけない」
という「正午定着」のミコトバがでたばかりのときですよ・


証拠においといたらよかったなあと
後悔してます。
そのときは非常に気分がわるくて
全部消去したんですよ。

江利川さんのおかげで
わたしはやめることができたのだと
思ってます。

それまで韓国にとついで来られた
先輩方の暖かい励ましの言葉で
ささえられたきたのに

江利川さんのときから
先輩たちの言葉は
ノルマ達成のコトバにかわりましたから。

だから彼女が会長になったら
もっとノルマ追求で
おもしろい?ことになりそうですね。

がんばってほしいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:分裂する??

私も、ここまでぐちゃぐちゃになってしっまったからには、最終的には分裂するしかないと思います。

現状維持は、腐敗した幹部を守る事しか意味を持たないということを理解してほしい。
でも、幹部の面々に少しでも良心のかけらが残っているのなら、今まで教会を信じて犠牲の道を歩んできた食口や二世にとって、どうすることが一番の道なのかよく考えてほしい。

分裂してバラバラになってしまったら、どれほど犠牲者がでることか。
統一教会に係わって地獄を見る人は、これ以上出てほしくない。

亨進様を中心にやり直す道を選択すれば、無辜の犠牲者は最小限で済むと思いませんか?

日本では、今のところ亨進様を非難する声明や公文は出ていないようですが、江利川さんまで出てきて、それに続く人もまだまだ出ますよ!
いつまで、臭いものに蓋をして済まそうとするのですか?

のるま湯につかって

のるま湯につかっている場合ではない!かな。
熱いか冷たいかはっきりしなさい!とのことですから。
江利川さんなら熱い!。熱いキムチが
わいてくる。
サンクチュアリ教会を巨大化すればよろしいだけ。
新宗教法人サンクチュアリ教会。
日本教会。
  • [2015/03/02 20:04]
  • URL |
  • 大岡越前のファン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

mamaさんに同意します

在韓の日本人として、江利川さんがなんで今頃出てこられるのか…と思います。
確かにお父様のおっしゃられる通りに実行しようとされる方です。

でもそれが故に地の事情は全く御構いなしでした。
ついてこれない者は切り捨てる。

数人の友達が気分転換に集まるだけでも「リーダーに報告しているのか」と言われた人も当時はいました。いくら分派が活発だったからだとはいっても、やりすぎの感がありました。
この方のために教会に完全に通わなくなった人もいます。

亨進ニムにはついていきたいんですが、江利川さんは嫌だなあ。
亨進ニムにはついて行きたいんだけどなあ…



期待しないけど

江利川さんですか〜。
まあ、滅びゆく教会を少しでも良い方向にもっていってくれるなら、反対する理由はないし、ぜひ頑張ってもらいたいね。でも期待はしないなぁ。江利川さんの挨拶を読んだけど、正直言ってヘドが出た。申し訳ないが、個人的な恨みはないけど本音なんでね。学生の時からの志は私とは比べ物にならないくらい高い人ですね。でもね。
今回、亨進様と組むのも似たもの同士なのかな。何が似ているのか、それは過去に過ちを犯したことに対して、何が間違っていたのかを振り返らない点だよ。だからここで総会長をやっても、また同じ間違いを繰り返すだけだ。だから期待しない。
92年に文先生の指示を末端に伝える組織を作れと指示を受けたんだね。知らなかったよ。でも、そうならちゃんと続きを話さないと。私は、95年の水沢里での恩赦式?で文先生から直接聞いたよ。言ってやろうか。「会議するな。先生から聞いたことを、そのまま伝えろ」ってね。それで帰ってから青年部にそのまま伝えたよ。プームチャイ対策会議を開かれちゃったけどね。言いたいことわかる? 3年間、会議もしただろう。お父様の気持ちがわかるか? あなたのした会議じゃないのか?
92年に氏族メシヤ修練会に行った、当時所属していた教会の女性責任者は、末端の私たちに、「間違っていた、すまなかった」と泣いて謝ったよ。アベルカインが間違っていることを教えられて。でもまだ分からない人が多かったんだね。お父様が95年にも語られたみたいだから。で、それを聞いて本部の女性幹部たちは何て言った? 「やっぱり間違っていた」と言って、当時のアベルを裁いたんだろ。青年部の兄弟と話したよ。「何がやっぱりだ。お父様にすみませんという立場だろう」ってね。何も分かってないんだよ。分かったら泣き崩れるしかないくらいの過ちを犯したんだよ。結局、分かってないから、韓国にも持ち込んだんだろう。まあ、お父様が言っても聞かない人、言うだけ無駄だね。本部の誰が「やっぱり間違ってた」なんて基準だったかは知らないが、私は違うというなら、まず慰安婦運動と神山会長への反論に名前を連ねたことをキチンと説明してからにしなよ。間違いを明確に出来なければ、正すことが出来ないのは、アベルカインも同じだろう。

こんな時は

米本さん、お疲れ様です。
こんな時は、この際、本部の悪魔連盟の方々や亨進さんや江利川さんや、ついでに国進さんや顕進さん、神山さんや笹田さんらを松江にお呼びして、一緒に夕日の沈む宍道湖を眺めながら、松江温泉にでも浸かって、何も考えずにボケッーとしたいもんですね。そうすれば、米本さんもゆっくり温泉を満喫できるのにねー。
黄昏れ気分にもなるでしょうにねー。
沈むのが夕日ばかりであれば良いんですがねー。

sasa様、レスありがとうございます。

sasa様へ
レスありがとうございます。
>亨進様は、祝福権も相続されていると私は考えます。
お父様の特権は血統転換であり、祝福だからです。

やはり私もそう思います。
お父様が亨進様を相続者として冠を授けられたということは「祝福の権限」「血統転換の権限」を授けられたということだと。

なぜ神山名誉会長が顕進様を推されるのか理由がわかりませんでした。
ダンベリーにも一緒に入り、長い間お父様と行動を共にしてきた神山名誉会長がお父様の心情を最もよく知っていらっしゃるはずです。
お父様が7男の亨進様を後継者として認めた理由、心情も誰よりも神山名誉会長が知っているはずなのに。

だから顕進様を推している理由だけが腑に落ちなかったのです。
sasa様のレス以後、もう一度神山名誉会長の本部に対する反論文や公開質問状、福岡で語られた内容などを読み直したところ別のところに理由があることが今やっとわかりました。

1、お父様の代でも真の家庭を作ることができなかった。
2.アブラハム、イサク、ヤコブの時のように三代に渡って真の家庭を作ること  になるだろう。
3、それにはお父様のみ言葉を相続し、心情を相続し、伝統を相続する男のご子  女様でなければならない。
4、そのご子女さまは誰なのか、直接会ってお話した。
5.顕進様のご家庭しかないという結論に至った。

どうも消去法のような気もしますが、なぜ顕進様なのかさらに詳しい説明はわかりませんでした。

福岡での講演の内容も、本部に対する反論も、公開質問状の内容も、共感し、理解できることがほとんどなのですが、この顕進様しかいないという結論にはやはり共感できませんでした。
顕進様の「ブラジルの一件」もありますので余計に???なのです。

江利川氏に対する評価

ここでの様々なコメントを読むと、江利川氏に対する評価は分かれているようですね。三男派的観点か七男派的観点かでも分かれますね。

でも江利川氏の偉いところは、今の教会の最大危機に責任を持って飛び込んでいくところだと感じます。今の日本人先輩指導者の中でこんな人は皆無でしょう。皆、臆病風に吹かれて何もせず保身にまわっているのが現実でしょう。

願わくば、江利川さんが亨進様べったりではなく、独立心を持って行動して欲しいです。(誰かにべったりすると、神が働きませんから。)そして、亨進様とお母様の間を取り持ってあげて善の体制を作り上げ、悪なる指導者達を排除して欲しいです。

江利川氏は、数年前も顕進様の危機に対して彼女なりに立ち向かいました。顕進様に対して直接面会はしなかったものの、長文の手紙を顕進様に送ったのです。その内容の一部をシェアして頂いたことがありますが、顕進様に対する尊敬と愛の思いに満ちていました。

彼女の一直線的なやり方を批判する人もいるかも知れませんが、私はただ一点彼女の長所は「勇気」だと思います。それが今の教会の危機を救えるかも知れません。

米本さんのおっしゃるとおりです

確かに分裂が顕在化しているのが出ているだけです。
私は今も教会に通ってますが一般の教会員は基元節を前に心を整えているようで、あまりここでの様な話はまったく出てきません。
分派には行くな、そんな感じです。
中山グループ、顕進ニムのとことか。

教会の間違った事は、たくさんありますしとっても失望することが韓国に来てたくさんあります。
しかし、外にも完全に出でれません。
夫婦間にもさまざまな問題がありますが子供を含めて理想家庭を築くのが
目標です^^;ここまで来ましたから。
ただ、おかしいと思うことには、従いません。

mamaさんのおっしゃるようにえりかわさんが来てからですね、宣教師会になり
私たちは日本の献金に頼ってはいけないから
自分たちのことは自分たちでしようと物品販売始まりましたね。
あれもあまり意味がないのですが、今もやってますよね~。
日本式を韓国に持ってこられましたよね。
1200万の献金なんてしませんよ。
した人すごいですよね。


ミイラ取りがミイラになる?

>今回の江利川女史が総会長を受任したのは、「瓢箪から駒」 「ミイラ取りがミイラになる」的な、たぶんにハプニング的な要素があった。

私も彼女の話をきいてそのように感じました。ミイラ取りがミイラになったのではないか、と実際私も心の中で叫びました。なので、なおさら彼女が世界会長にべったりではなく独立心を持って行動して欲しいと願います。正しい独立心は、いずれ全ての人を感動させると思います。

今後も起こる天変地異!?

昔、江利川さんとはちょっとだけ接触したことがあります。賛否両方あるかと思いますが、この方が神様とお父様のために純粋に生きたいと思われ、神様が用いようとされているのなら、歓迎すべきことだと思います。これからも、驚くようなことが起こるかもしれません。しかし、韓日さんのブログは、すごいですね。3男であろうが7男であろうが、自分の意見に合わない人は、直系の子女であろうと簡単に分派扱いですからね。恐れ入りました。

必死でしがみつく心理

真の子女が何を言おうと、メシヤの伴侶である真の母こそが摂理の中心なんだという説明。
真の子女が背反する今こそ、自分が代わりに摂理を担う孝行息子・娘になるのだという説明。
顯進、國進、亨進、という天才的な真の子女を見てきながら、自分ごときに変わりができるという思い上がりと幻想。
真の子女の代わりに、真の母存命中に天国を創ると豪語しながら、心の底では誰も信じていない欺瞞。
真の母の今際の際まで水増し報告で騙し続け、霊界に行ってから深く失望させる偽善。
同じことを真の父にもしてきたことを、自分の胸に手を当ててみては如何でしょうか?

ヤッター!待っていました。

米本さん、いつも大切なニースを運んでくれて本当に、ありがとうございます。貴方様はきっと、もう神様に祝福されています。

亨進様のYouTubeを見て統一教会脱退します。私の良心本心が一緒に行くと決めた!なんて大っきな事を教会に宣言して来たものの…どうやって⁉︎…亨進様との繋がりを持てばいいんだろうか⁉︎お母様のお考えはどうなんたろう⁉︎… お母様の公式発言を3月3日迄待ち脱退届け出します。と教会に伝えていたので…期日もせまり実は悩んでたところでした。
江利川さんの好き嫌いなんて言ってる場合じゃない!そんなのこの際どうでもいい〜!江利川さんでも誰でも、今、日本シックが亨進様の元に繋がる。すべが無く、取りまとめる実力と率先力!何よりも、お母様のご意志を確認できる方法も無く、私も、その事が一番の気掛かりでしたので、その事を聞いて安心ホッ~としました。先手打って来られた事が決め手です。そのお母様にちゃんと許可もらい…亨進様と国進様のなさる事を反対しないで下さい!せめて無視していて下さい。と!事を荒立たせずに、後継者を守り、成功に導く為の準備までして、サンクチュアリーに飛んで来られた。江利川さん、筋金入り!勇者!ありがとう〜先駆者です。本当に感謝、感謝、カムサハムニダです。明日、お母様が善いみ言葉をくださいますように…

私は元気なくした覚えないですが!?

ビデオをよくよく見てみると、確かに米本さん言われる通り分裂ではないし、謀反でもないようですね。
名指しされていなかったので動きやすかったこともあるでしょうが、全く知らんぷりしていた、ほとんどのエライ人に比べたら、真の家庭の一体化のため、今後の結果はどうあれ行動を起こされた点は素晴らしいと、現役教会員としては思います。

ただ自画自賛と、明らかな誤認、話し盛りすぎの大盤振る舞いの印象は否めないですね。

とりあえず明日教会で中継見ますが、色々な意味でも注目です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひとまず感謝

日本の生んだ統一戦士の中の烈女
江利川女史
朝鮮総連に一人立ち向かった武勇伝には
復帰された当時、この方の勇気に俺は負けているなと感じました
それから幾十年
大東亜の理想を顕現する為に一命を捧げた兵士等に汚名を着せる片棒を担いだこの方の行動を聞きおよび
無性に腹立たしくなりました
今回、立つというのであれば感謝し、戦列に加わることもやぶさかではありませんが、胸襟を開き信用するわけには行きません

何かが違う。

亨進氏の説教の趣旨からすると、江利川女史が日本統一教会会長時代に献金を煽ったことも責められてしかるべきではないのか? そのことを知りながらのこのこ亨進氏のもとに行くのはどうかしているのではないか? 亨進氏の「持ち駒」がないのはわかるが、うまくいくはずがなかろう。教会上層部は「同じ穴のムジナ」にすぎぬ。日本人妻に慰安婦問題で土下座させるパフォーマンスを撤回しない限り、「日本人自身のための活動」などできやしない

やはり何も無しですか

教会でネット中継見てますが、何も無し。
祝福式だから、当然といえば当然ですが、数%サプライズを期待してたのですが、何も変わり無しで。
(密かに参加…されてないですわね)

それにしてもミュージカル長過ぎ…。
流れた瞬間、その雰囲気から北朝鮮かと思いました。
クオリティ、演技力のリアルさは悲しくも天地の差がありますが。

やった~www

これで公然であの糞婆って罵っても叱られなくなった。www 

二世圏では‘怪物ばかりの教会婦人たちの中で最強、ザ・ゴジラ並みの破壊力のある糞婆‘で通ってるんだけど、離反に七男派支持とはこりゃぁおったまげたね。www

ま、戦中朝鮮娼婦問題の事で勝手に着物とかきて集団謝罪とかワケワカメな事やってる反日キチガイ糞婆とは思ってたけど、婆さんこれで終わったね。www

なんやら当て付けにか、今日の式の締めのオンマンセーは‘七男さまから解任された日本統一教会会長トクピー‘とは中々洒落が効いてるし。wwwwww
  • [2015/03/03 12:54]
  • URL |
  • 二世ですが何か?
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

従軍慰安婦問題が鍵

嘘の従軍慰安婦問題でソウルで謝罪デモをした江利川氏ですが、清平でさんざんぼったくった脅しまがいの金一族と同罪ではないか。長年アメリカで活動しているにもかかわらず、英語もできないんじゃ話にならない。亨進氏のもとでまたしばらく飯にありつけるてわけだ。
  • [2015/03/03 13:44]
  • URL |
  • 全ての始まりは清平
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

江利川さんについて

そろそろ出番かなと思っていました。

しかし、この小母さんのことを「糞婆」と呼ぶのは如何なものでしょうね。
少なくとも、あなた方の親よりは優れていますし、子どもたちは人格も能力も、あなた方の比ではありません。

子ども3人は皆ソウル大学卒で、わが家の子どもたちの先輩。祝福も受け、颯爽とした社会の一員です。3人とも日本にいて、税金、年金をきちんと納める常識をもっているということ。

ご主人は民団本部の役員を定年まで務め上げ、今は闘病中と聞いていますが、大丈夫でしょうか。

このように書くと、Eグループと思われそうですが、私は脱派閥、無党派をポリシーにしています。「群れないと不安」という心理が理解できません。

「統一教」という名称は体を表していないので、「分裂教」と呼ぶべきではないかと思います。
江利川さんには失礼ですが、
お話の中に「精誠をこめて…」という下りが複数回出てくるところの具体性が足りない。追い詰められると、この「精誠」が多用されます。具体的に列挙してほしいものです。それ以上の真剣さで生きる者に恥じない「精誠」なのかどうか。比較検討しなければ、評価できません。ここまで分裂したのですから、どの派閥も絶対評価はできません。 

根本的なミコトバと現実の矛盾を解明すべき!

江利川元会長は文鮮明教祖からとても愛され信頼されていた人だと思います。しかし、韓鶴子総裁からは、最近は遠ざけられていた。という印象ですが、、、。

しかし、江利川元会長は文鮮明教祖に絶対信仰故に実績を上げる為に非情になれる方で、教会員で嫌う方も結構いらっしゃるというイメージです。

しかし、文鮮明教祖から愛された江利川元会長らしい立ち振る舞いで亨進様の所へ行かれたと思います。行かれるべくして行かれたのではないでしょうか?

しかし、日本教会員のエンドレス高額献金に対して現在否定的な亨進様と昔、真の父母の命令に強い使命感で実績追求されて来た江利川元会長。、、、、昔は昔、今は今なのでしょうか?

ただ、真の父母に対して絶対信仰されるその信仰は素晴らしいと私も思いますが、その信仰はどこから来るのか?

江利川元会長初め、元日本統一教会幹部の方々には霊感商法の是非やミコトバと現実の様々な実態の相違に対してのお考えを是非聞きたいものです。

精誠とは

mamaさんのコメントから

>毎月、献金、物品販売、伝道
などと韓国で生活も大変で
酒飲みの夫や姑に厳しくされている
日本人婦人たちの
ほんわかした
心のよりどころであった
日本人婦人会の組織が
完全に日本のようなノルマ追求体制に
なりました。

今も同様なのでしょうか。
ノルマはみんなで無視すればよろしいのです。
江利川さんに限らず、元女性連合のバリバリ婦人たちは狂っています。
それで世の中を変えられると本気で思っているから、哀れでもあります。

それから、夫にお酒を飲ませてはいけません。欲しがっても与えない。これが原則です。お酒によってDVを起こす率が2倍以上になるというデータもあります。酒飲みの夫から逃げるのではなく、救ってあげなくては…
酒を手土産に持ってくる訪問客は、門前払いにします。タバコなど論外。
初めは顰蹙をかうかもしれませんが、そのうちお酒ではなく、人参茶を持ってくるようになります。
これらこそ、信仰生活の基本と心得ます。
献金する、しない以前の問題で、目先の惰性から逃げずに闘いましょう。

「精誠」とは、目先の惰性と闘い、現実を変えていく倫理的努力のことだと解釈します。従って、現実が変わらなければ、「精誠」を語る資格はありません。

酒飲みの夫にはお酒を与えておけばマルく収まるという惰性と闘い、つい献金してしまうという惰性と闘って、今まさに認識を変え、現実を変えるときです。

それいい‼︎亨進の講演あったら絶対行く!

米本さん…明日こそ素敵な露天風呂で、桜子ちゃんとイチャイチャ(笑)楽しんで来て下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

市場原理は統一原理に勝る

バリバリの勝共派だった江利川さんが統一教会の売名行為「慰安婦謝罪活動」をなぜしたのか疑問だったのですが、
ご主人さんが民団関係者だったことで少し疑問が溶けました。
それは置いといて。
「お家騒動」はシックにとって朗報ではないでしょうか?
何故なら、献金に市場原理が働くからです。
================
一年後のある日曜日

A「あら、最近Cさん礼拝に来ないわね。」
B「そうなのよ、噂によるとCさん隣町の文七さんところの教会に行ってるらしいの。」
A「えー教会長から裏切り者の江利川派と呼ばれてるところ?」
B「シー、そうなのよ、この前見かけて少し話したんだけど、Cさん最近顔色がよくてねウキウキしてるみたいだったわ。」
A「どうして?」
B「何でも、あそこはほとんど献金ノルマがなくて、月会費一万円だけであとは個人の感謝献金だけなんですって。
礼拝の後も、ヨガとか瞑想してのんびりしてるみたい。」
A「いいなあ、私もそっちがいい。でも子供の祝福が心配だわ。」
B「あそこも祝福やってるわよ。祝福献金も格段に安いんだって。」
A「Bさん一緒にあっちに行かない?」
=====================
という具合に信者がどんどん文七さんのところに流れてしまったら、当然鶴子派だって、高額献金を要求できない。
同じサービスなら当然価格の安い(献金の少ない)ところに行く。
 そして互いに市場原理に基づく競争がはじまる。
ダンピング合戦に互いが疲弊したら、談合するかもしれません。
最終的には経営的に勝る方が一方を吸収合併するかもしれません。
なんと、文教祖と統一原理でさえも統一できなかった統一教会を統一できるかもしれないのです。
福沢諭吉と市場原理が。

感情的にならずに冷静に

たとえコメントの中で、ハンドルネームで有っても、一人の人間を中傷するような言葉使いはやめませんか?それほどに皆様の心は傷ついているのでしょうが。。。
しかし、ここで紹介したい事が有ります。江利川婦人とはどういう訳か日本でも、韓国でもお会いする機会を与えられました。日本では会長職についておられる時でした。献金について面接をされていました。私もある教会の教会長夫人と一緒に、ゲストを連れて面談しました。摂理も事を話されて、頭を下げて、「献金をお願いします」とお願いされていました。面談が終わり、ゲストが帰宅した後、内輪で一緒に話す機会がありました。江利川婦人は、「貴方達はすでに達成したのか?私はすでに達成しましたよ。責任者として、勝利してから他の教会員にも達成するように促すべきだ」といわれました。江利川婦人は人に厳しく接せられる事があるでしょう。余り、笑顔を見せられる事も有りませんから・しかし、私には、己にも厳しく生きておられるかただと言う印象でした。まだ、韓国での話も若干有りますがここまでにします。

江利川会長、早く日本に亨進様を中心とした教会を立ち上げて下さい。お父様の御言葉を中心とした神霊あふれる教会を立ち上げて下さい。私も共に参加します。

「シ- イズ リアル サムライ」

■「シ- イズ リアル サムライ」(3分半)
http://youtu.be/7ug0jmakCeU
時:2015年3月1日
所:世界平和統一聖殿(サンクチュアリ チャーチ)

江利川会長:
「世界会長、國進理事長が行かれる真の父母様の勝利の道を私も歩まさせていただきたいと決心しました。ピストルの弾や、刀がたくさん刺さって来ると思います。槍も来るでしょう。それは私の力の源泉になります。」

文亨進世界会長:
「たいした人です。シー イズ リアル サムライ。」

なんだかなぁ(−_−;)

あじゅーさんのコメントは何故露天風呂で私とイチャイチャなのか、、米本さんにも失礼です!

愛情といい、品性といい教会員である事とは全く関係ないと感じる日々です。

あじゅーさんが亨進様により人格が引き上がられますように。そういう証が亨進様派への力になると思うので期待し応援しております。(嫌味でなく本気です)
統一教会員は私も含めどれほど世の証になってるやら、、。

横レスっぽく、ごめんなさい。

続、なんだかなぁ

記事加筆されてたんですね(°_°)

そこにあのあじゅーさんが応えられたんだ。ちょっとごめんなさいm(__)m
米本さん自身が言ってたんだ〜。

でもね、教会員でない人が言うのは世間との今までの経験から許せるんですが、、
教会員がそう言うのを怒る私はまだまだ幼いんだろうね。そんな事言えば私のSM発言を不快に感じた人もいるだろうし、、
(この場を借りてごめんなさい)

器を広げ人格を向上させるって難しいね〜。皆様頑張りましょう!

結論:露天風呂は旦那様とだけよん(≧∇≦)

文亨進世界会長職務権限停止処分公文書発送

文亨進世界会長職務権限停止処分公文書発送

FFWPU世界は3月2日付けで文亨進家庭連合世界会長の職務権限を暫定的に停止するという公文書を全世界に出荷した。
これは、真の父母様の名とした。
その理由は、職権乱用と教義違反であり、2015年1月15日から遡及適用するとされている。
詳細公文書の内容は以下の通りである。
http://damalhae3.blogspot.jp/2015/03/201532.html

泥試合ですね。

ますます混乱
泥試合ですね。

<文亨進世界会長職務権限停止処分公文書発送

桜子さんって…かわゆい

ジョークですよー(笑)
マジメなんだから〜ん。ちょっとブラック過ぎましたか⁉︎
私なんか、統一教会に来るまで…
堕落世界にどっぷり浸かっちゃてたもんで…ついつい『じ』が出ちゃって失礼な事を言ってたら、m(__)m
ごめんね!ジローは、米本さんの十八番でしたね!

世界公文に対するサンクチュアリ-教会の対応

サンクチュアリー教会総務・ティム・エルダーさんから公文に対する反応が出ていました。(英文から訳)

「韓国で発行された文書に対応するように指示を受けました。

正当性の無い権力の発令に対して別段あわてて対応する必要を感じませんが、とりあえず以下の内容をお知らせしておきます。

日本総会長兼協会長となった江利川安栄氏は現存の組織の指導者に任命された訳ではありません。

真のお父様から離れた結果、今の組織が崩壊していく中、江利川氏は残った信仰者を再度集め、真のお父様に戻る運動を指導するために任命されたのです。

江利川氏は世界会長の代身者として日本の天一国市民全体に対して霊的権威をもつということです。

ティム・エルダー」


  • [2015/03/04 13:25]
  • URL |
  • ミュータント・タートルズ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

泥試合?

はなまるさん
>ますます混乱 泥試合ですね。

 泥試合とは、双方が「醜い争い」をしているときに使う言葉です。

 事実はどうでしょうか。
 これまで水面下で起きていたことを、文亨進氏が「沈黙を破って」、水面上に出しただけのことです。

 それに対して、指摘された事実には口を拭い、アメ統いやアメ統の3人が抽象的な反論文を書いたり、文亨進世界会長職務権限停止処分の公文書を発送したりしているだけのことです。

<悪魔たちの連盟にたぶらかされている「お母様」>を再読してください。http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-546.html

「醜い争い」をしているのではなく、教団が「醜い対応」をしているだけのことです。

 余談になるけど、水面下で行なわれてきた拉致監禁のことをぼくは水面上に出した。
 そうしたら、有田とか山口広&貴らが「米本は統一教会の御用ライターだ」と反応した。

 それと全く同じような対応をしているのですよ。

Re: 文亨進世界会長職務権限停止処分公文書発送

>その理由は、職権乱用と教義違反であり、2015年1月15日から遡及適用するとされている。

 爆笑もんですよね。

 下に書いたのが公文原文だけど、職権乱用の具体が書かれていない。同じように、教義違反の具体が書かれていない。

 これまで水面下で起きていたことを、亨進世界会長が明らかにしたことが、どうして「職権乱用と教義違反」となるのか。その根拠となる規約も明示していない。

 正直、バカみたいだ。

 爆笑したのは、職務権限停止は「2015年1月15日から遡及適用する」としたことだ。
 ホント、社会で働いたことのない、鞍馬天狗さんがよく象徴的に使う「コンビニで働いたことのない」、結句、社会を経験したことがないから、こんな語句が平気で書けるのだ。

 後藤徹さんの代理人に聞いてから、公文を流したらどうか。福本さんだったら、きっとこういうよ。鼻くそをほじりながら。

「わが教団の幹部さんたち、だいじょうぶですか」と。

Family Federation for World Peace and Unification
324-275 Misari-ro, Seorak-myeon, Gapyeong-gun, Gyeonggi-do, Republic of Korea 477-855
Tel: +82-31-589-2320 Fax: +82-31-589-2368 E-mail: ffwpuihq@gmail.com Homepage: www.familyfedihq.org
Ref. No. FFWPUI 2015-23
To : International President, Special Emissaries, Regional Presidents,
Cheon Il Guk Special Envoys, National Leaders
Cc : National Messiahs
From : FFWPU International Headquarters
Date : 1.12 by the heavenly calendar in the 3rd year of Cheon Il Guk (March 2, 2015)
Re. : Suspension of the official authority and duties of the International President
Hyung Jin Moon
May our Heavenly Parent and the True Parents’ blessings and love be with all regions,
mission nations and providential organizations.
This is to announce that on February 26, 2015, the True Parents temporarily suspended Rev.
Hyung Jin Moon’s official authority and duties as international president.
1. Name: Hyung Jin Moon
2. Position: FFWPU International President
3. Cause of Action: Abuse of authority and violation of church tenets
4. Details: All legal and executive authorites vested in the international president’s within all church
organizations are temporarily suspended until further orders from True Parents.
5. This order was issued on February 26, 2015 and is effective retroactively as of January 15, 2015.

日本にも公文が!

 今日の昼過ぎ、亨進氏に関する公文が日本教会からも出された。

 教区長曰く。
「相変わらずの意味不明の公文だな。理由も明記されず、韓国公文を訳しただけの内容だ。清平にいる上層部の間で、相当な混乱があるようじゃな」
「なぜ暫定なのか?いろいろと深読みしたくはなるわなぁ。この公文とお母様との関係はどうなっとるんじゃい。地区長の報告を聞いたら、また知らせるよ。温泉に行けなくて気の毒じゃな。カカカ」


ーーーーーーーーーーーーーーーー
御聖恩感謝申し上げます。

世界本部より、文亨進世界会長の職務権限停止処分に関する件の世界公文が届きましたので、その韓国語と日本語訳をお伝えします。

-------------
公文番号:世家世本 2015-23
発信:世界平和統一家庭連合 世界本部
発信日: 天一国 3年 天暦1月 13日 (2015年 3月 3日)
題目:文亨進世界会長の職務権限停止処分に関する件

各大陸、国家,摂理機関に天の父母様と真の父母様の祝福と愛がともにありますことを祈願申し上げます.

2015年2月26日、真の父母様の命によって下記のように文亨進世界会長の職務権限を暫定的に停止する。


1. 姓名:文亨進
2. 職責:世界平和統一家庭連合世界会長
3. 事由:世界会長の職権乱用および教理違反
4. 世界会長の法的権限および教会内で付与された職務権限を真の父母様の命があるまで暫定的に停止する
5. 2015年2月26日付で命じ、処分の施行は2015年1月15日にさかのぼって適用する。

以上
世界平和統一家庭連合 世界本部 (印)

  /////////

 実に幼稚な公文である。私には断末魔的な幼稚な混乱と呻きが聞こえてくる。
 しっかりしなさんせ。50年以上の歴史ある宗教さんなんだから!

公文雑感-バカ多し

 公文のことに言及しているブログがいくつか。その論評--。

 自意識過剰のパシセラ坊や。
http://ameblo.jp/pacificera/entry-11997134264.html
「私は、こういうゲームに関心がないのですが」
 だったら、書くな!

 ひましてたら、「元統一教会信者の現利口論」の「顕進派(郭一族)の公罪」に反論しなよ。
http://ameblo.jp/genrikouron/entry-11997259974.html

 パシセラ坊やのブログに反応したのが2人。
 まず、「現利口論」だ。
http://ameblo.jp/genrikouron/entry-11997246985.html

「世界本部長であられる善進さまの名による命令であるが、その裏にはお母様がひかえていることは誰の目にも明らかである」

 そうは思えない。まず根拠が示されていない。
 韓鶴子氏がよく理解できないまま首を縦に振った。「暫定的に」という言葉を入れることを条件として。

 了解してもらったから、急いで、日本本部にも公文を流すように、誰かが指示を流した。

「現利口論」さんの間違いは、この舌足らずで幼稚な数行公文を「ついに亨進さまへの攻撃が開始されました」と理解したことにある。

 今の状況は「複雑怪奇」ではなく「単純怪奇」なのである。


 もう1人は「ちゃぬの裏韓国日記」である。
 比較的冷静な御仁だと思っていたけど、み言解説以外になると、感情抜き出しになって、事態の認識ができなくなってしまうようだ。
http://ameblo.jp/chanu1/entry-11997218531.html

 分析は矛盾だらけ。泣けるなぁ。

 文7男側の受け止め方は、ミュータント・タートルズさんが「世界公文に対するサンクチュアリ-教会の対応」で書いたように、歯牙にもかけていなのである。
 文7男の説教をきちんと読めよなぁ。

署名は?

署名は誰のものになっていますか。
責任をとりたくない連中ばかりだから、団体名だけでしょう。
「真の父母」もお仕着せ名称で、公文頒布の責任の所在が明らかではないようです。

連名でも何でも、責任を持って流してほしいものです。でなければ、擬似偽装文書扱いされても文句は言えません。

Re: 署名は?

 世界本部となっています。
 世界本部の最高責任者は、文亨進世界会長です。

 世界公文で彼の世界会長職が解かれていないので-日本統一本部の公式見解は今でも「文亨進世界会長」のままなのです。

 つ~ことは、文亨進世界会長が自分で自分の職務権限を停止処分にしたということです。

 ゲタゲタ、ケケケ、バカみたい。

 この点に「単純怪奇」が露呈しているのです。

 つまり、韓鶴子さんが署名捺印を拒否したということです。
 そして、どういう経緯があったのかは知らないけれど、「暫定的」という言葉が入れざるを得なかった。

 どうして、みんな公文を丁寧に読まないのか、不思議でなりません。

またまた爆笑・大爆笑

 徳野英治会長さんが、今日開かれている清平での重大会議を途中退席して、日本に戻られたようです。

 江利川対策のためとか。

 日本の第9代目、第11代目会長の徳野さんが、第7代目会長である江利川さん対策のために走る。ごくろさまであります。

米本さんの意見に合意します。

冷静に、客観的に見ると、泥仕合になっているのではないようです。
ただ、亨進様の毎週の説教、そして江利川会長の日本教会総会長、会長の任命に、家庭連合本部が焦っているというのが実情でしょう。「これ以上シックを混乱させて欲しくない」「ここの枠の中に入っていなさい。あっちへ行っては行けません」と、言ってるように感じます。
しかし、①事実はいずれすべての事があからさまになるでしょう。神様が居られるなら・・・隠しても無駄な事です。正午定着のみ言葉は何処へ言ったのですか?②世界会長を一体誰が止める権限があるのでしょうか?名前からして、世界本部長は世界会長の部下になるのではありませんか?世界会長は御父母様が任命されました。
こういう状況を客観的に見ている世界のシックたちは益々心が冷え行くでしょう。人の心は力では止められないことは歴史を見ても分かる事です。摂理的に見て、神様の願いに叶わない統一教会を存続させる意味は全くありません。統一教会はキリスト教の代わりに新婦。メシアの新婦の立場で作られているはずです。私達は一宗教を存続させるためにこの運動を出発したのではないのですから。分裂せざるを得ないのならするしかないし、統一教会と言う組織が神の願いに叶わないなら、何をしても自ら滅びていくでしょう。哀しいですが・・・。その責任は私を含め私達自身にもあると感じています。

せめて害の無い宗教団体になる為に

 統一教会組織は文先生の聖和式の前後から中枢部に大きな変動があり、米本さんがその変化を綿密に追ってくださっておりますが、‘火の粉を払え’には神山名誉会長の教会批判の内容を含んだ講話文を掲載されたり、今 にほんブログ村・統一教会で最大の話題となっている文亨進氏の動画と講話文を掲載されたりと、米本さんが生々しい統一教会の分裂現象を‘火の粉を払え’によって読者に伝えてくださいました。
 統一教会内部にいる情報統制された信者達はこのような情報はとても得ることはできませんし、現在では一般社会の人々も統一教会などに関心を持っていない為、日本でもマスコミからそのような情報が報道されることはありません。
 その統一教会関係者にとってはホットな情報を伝えてくださる米本さんのブログは貴重であるし、その仕事は大変意義深いと感じています。
 もし‘火の粉を払え’がなかったならば、統一教会の現実ついては今見えるものも見えなかったに違いありません。
 もし米本さんがそのような取材活動を自由に行う為に必要とあらば、読者からカンパを集うのも悪くないと思っています。
 読者も いつまで米本さんはボランティアでこのような記事を書き続けることができるのだろうかと心配し、そのような取材活動ができなくなってしまうことを不安に思ったりする必要もなくなるかもしれませんので、是非ご検討いただきたいと思います。

 米本さんもその記事のレベルの低さをよくご存知の‘やや日刊カルト新聞’ブログでさえカンパを集っているのですから、遠慮なさることは全く無用と思われます。
 また、米本さんの‘火の粉を払え’における今までの6年余りの仕事は‘知ったかコメンテーター’こと有田氏の数十年分の統一教会報道記事を遥かに凌駕するものであるし、その内容の正確さと論評の質のレベルを比べた場合においては天地の開きがあります。
 ですので、読者が記事が途切れることを不安に思うことなく‘火の粉を払え’から統一教会情報を得られる為にもカンパを設定していただきたいと思います。

 その米本さんが‘火の子を払え’に今回は江利川安栄氏のスピーチ文を掲載され、まさに統一教会の分裂が加速しているのが実感できますが、まともな理性をもった人々ならばそのスピーチ文を読めば不思議な違和感を持つはずです。
 つまり、今まで‘火の子を払え’にその講演文が掲載された神山氏や亨進氏、そして江利川氏、さらには公文を出した本部関係者などについては‘三男派’‘四男+七男派’‘本流王妃派’という様な分け方も可能でありますが、それぞれが互いに批判し合っており、時にはサタン呼ばわりして罵ったりしております。
 しかし、一様に自分達は‘真のお父様’をメシアとして認めて絶対服従していると強調しており、その‘御言葉’に忠実であると主張しているのです。
 それは江利川氏も例外ではなく、「一つは、お父様の御言葉は守死しなければならない。もう一つは、お父様がほんとうに人類の真の父母であられ、メシアであられるので、お父様の願われることで、誰もできない・難しいことを、私が率先してしようと決心しました。」と今回掲載されたスピーチにおいても語っているのです。

 もし、同じ人物を絶対化し、崇拝する人々であったとするならば、その人々が分裂することなどあり得ないのです。
 キリスト教徒が多数の派に分裂していったのは千五百年以上も経ってからのことであり、イエス・キリストはそれ程多くの言葉を後世に残しておらなかった為、むしろ伝統的なキリスト教会のほうが統一した状態を続けるのが難しかったはずなのです。
 しかし、文先生が教祖として60年近く教会活動を指導して、形式上は独裁と言ってもいいような体制を作り、膨大な数の講話集も残してきたのですから、今のような統一教会の状況は普通であれば起こり得ないのです。

 もし、その本体組織から分裂していった人々が文先生の宗教思想や活動内容に異議を唱えて分裂していったのならば、それは充分起こり得ることですが、一様に文先生を再臨のメシアとして認め、崇拝していながら分裂していっているのは通常ではあり得ない原因があるということなのです。
 亨進氏のスピーチを引用して統一教会の組織的問題を分析された米本さんが記事に書かれた如く、主に3つからなる韓国人側近グループがその組織の変動に大きく関わっていたことが解明されましたが、その韓国人側近グループも元々文先生の指導下にあった信者だったのであり、側近グループの存在を全ての問題の根本原因と言うこともできないのです。
 結局は文先生の宗教思想と人間性にそのような組織の分裂を引き起こす根本原因があったと見なさざるを得ないのです。

 私は少し前のコメントにおいて文先生は一言で表現すれば夢想家であると書きましたが、その理由としてその語る理想に対して具体的な実践方法論を持たなかったり、その理想を語る言葉自体が時と場合によって全く違うものになったりすることを指摘しましたが、結局文先生には一貫した確固たる理念がなかったと言えるのです。
 文先生の究極的な宗教的救済論は血統転換理論ですが、サタンの血統と神の血統が存在することを前提としたその理論はすでに出発点から科学的真理と相容れないものとなっており、真理と呼ぶ事などできない夢想でしかない宗教理論なのです。
 また「為に生きる」とは文先生の高い道徳性を表す代表的な言葉とされておりますが、それも統一教会信者の捉え方を分析しますと、一般人が考えるような意味では捉えておりませんし、その言葉の意味を特定の人間にとって都合のよいような意味でしか捉えていないのです。

 「為に生きる」は統一原理の理論と結び付けて考えるならば、原理講論 第一章、創造原理、第三節 創造目的(一)の中に書かれている「すべての存在は二重目的を持つ連体である。」という世界観と、「性相的な目的は全体のためにあり、」という説明からより正確に理解できます。
 その創造原理の論理に従えば、「為に生きる」とは性相的な目的、即ち精神的な目的性について分かりやすく表現しているのであり、個人は家庭全体の調和の為に、そして家庭は氏族、氏族は民族、民族は国家、国家は世界の調和を目指すような合目的的関係を持ちながら存在するようになっていることを言い表していると理解できるのです。
 さらに世界は神を喜ばせることを目的として存在すると書かれていますが、神の喜びとは善なる世界を完成することであり、世界の人々が一人も漏れることなく、愛と創造的な喜びを感じ続けられる世界を築くことですから、結局、世界人類の目的とは真の人類愛による調和と自由と平等を実現することになるのです。

 ところが統一教会内で語られる場合の「為に生きる」とは二重目的の概念が欠けており、ただ全体のために犠牲になることを強調しているのです。
 さらに、神の目的とは原理講論では上述のような内容であるにも関わらず、統一教会の指導者は‘真の父母’の為に尽くすことが究極的な目的であると語り、‘原理的’な神の目的と摩り替えてしまうので、全く創造原理とは異なる教会組織が作り上げられることになってしまうのです。
 創造原理にある世界観は伝統的なキリスト教思想と矛盾しないものですが、統一教会の「為に生きる」思想は最終的なところでドンデン返しがあり、創造原理とは似ても似つかないのです。
 統一教会の「為に生きる」思想とは朝鮮儒教と近しい関係にあり、結局は身分的に最上位にいる人間の為に全ての人々が貢献せねばならない独裁思想となってしまうのです。

 統一教会員がたとえ神の為に生きていると主張したとしても、結局は一韓国人夫妻の為に活動しているに過ぎないのであり、その韓国人夫妻は小中華思想を持った過去の李氏朝鮮国の王達と何ら変わりが無い上、世界の人々を指導できるような実力も博愛精神も持ち合わせておりませんから、かえって時代の進歩に逆行するような組織しか作れないことになってしまうのです。
 つまり、統一教会は神を中心とした組織などではなく能力に限界がある韓国人を絶対中心とした組織であり、その王様である夢想家の弱点に付け込んで利権をものにしようとする韓国人側近グループが現れるのも偶然ではないのです。

 そのような矛盾したことも平気で述べていた夢想家を王様とした組織であったのですから、自分達は‘真の父母様’の‘御言葉’に従順に従っているなどと主張したところで何の意味も持たないのです。
 ‘御言葉’自体が変幻自在である為、‘御言葉’に絶対服従していると主張する人達がグループとなって派閥を作り、その各派閥が互いに非難しあったとしても全く不思議ではないのです。
 つまり、血統転換思想、‘真の父母様’絶対主義では人類が調和した理想世界などできようはずがないのです。

 今回記事に掲載された江利川安栄氏のスピーチは統一原理を長年学んだものからすればつまらぬ陳腐なものに過ぎませんが、私が亨進氏に関心を持たざるを得ないのは米本さんと同じ理由です。
 即ち<彼の説教に興味があるのは、統一教会の権力構造を知ることができるからだ。
 無宗教ゆえ、亨進氏の信仰的な話にはほとんど興味がない。彼が独自の祝福式をやろうが、さほど関心はない。
 ただ一点拍手を送るのは、高額エンドレス献金に苦しむ日本のシックを「解放したい」と、彼が考えていることだ。>ということなのです。

 もし、江利川氏が亨進氏と協力して日本統一教会員からの金銭の搾取を画策する韓国人側近グループの悪巧みを阻止するのに貢献してくれたならば、それは画期的なことだと思うのです。
 依存的性格に陥ってしまった信者がそこから脱却するのは簡単なことではないのですが、そのようなロボットのような人々を騙して搾取し続ける悪人達は許すべきではないと思います。
 mamaさんのコメントや米本さんのそれについての感想を読んでも、江利川氏がなしてきた活動は非難されるべきであって、とても信仰者として評価できるようなものではありません。
 ただ、江利川氏が亨進氏の精神に触れて、ちょうどパウロが改心してキリスト教徒となったように、今までの信仰をきちんと総括して変わっていける可能性もあるのであり、そのように変われるかどうかを注目すべきだと思います。

>国際部の武藤氏(『本郷人』編集長)が韓日の違いを一言で表現してくれた。
「日本の統一教会は裁く宗教、韓国は許す宗教なんですよ」

 mamaさんの投稿にあるように、韓国・統一教会には「ほんわかした」ものを感じた。


 上にある韓日の教会の性格的違いについての指摘は決して正確ではありません。
 私の経験を振り返っても、経済活動と無縁だった学生時代は「ほんわかした」ものを感じましたし、そこで兄弟姉妹のような関係を築いたメンバー達との心情的因縁は深く、決して忘れることはありません。
 そこでは創造原理に説かれたような人間関係がそれなりに形成されていたのを実感しているのです。
 しかし、経済活動が中心の部署ではまさしく「裁く宗教」の指摘が当てはまることも否定できません。
 結局、そのような「裁く宗教」に日本統一教会がなってしまったのは日本にだけ巨額の送金命令が出される為で、妥協は絶対に許さず本部から経済実績が要求される為、メンバーを労わり合う余裕すらなくなってしまうのです。
 その妥協なき送金要求が文先生から来ていたものであったとするならば、日本統一教会をそのようにしてしまったのは他でもない文先生の責任なのです。
 また、夢想家の文先生はそのような強制的な命令は出しておらず、韓国人幹部達が主導してそのような送金命令を出していたとするならば、その韓国人幹部達こそが小中華思想によって日本統一教会をそのように変えてしまったのです。
 もし、日本統一教会員に対するのと同じような強制的な方法で韓国人統一教会員や他の国々の統一教会員に送金の命令が出されたとするならば、結局は「裁く宗教」に様変わりせざるを得ないのです。

 そのような日本にだけ強制的な送金命令が出されるようになった原因はいくつか挙げられるでしょうが、従軍慰安婦問題を始め、そのほとんどが屁理屈のようなものです。
 その辺が曖昧にされながら高額エンドレス献金が要求し続けられてきたのは統一教会の最大とも言える問題であり、統一教会の不幸な問題を考えた場合、まずその問題を解決することこそが重要であるのです。
 そのような意味においても亨進氏の活動は注目すべきですし、統一教会を完全に変革できないまでも、人々を不幸にする宗教組織から少しでも害のない組織に変えることは可能なのです。

訳のわからぬ公文

米本さん、ご無沙汰です。

>韓鶴子さんが署名捺印を拒否したということです。
そして、どういう経緯があったのかは知らないけれど、「暫定的」という言葉が入れざるを得なかった。

なるほどです。解説までいただきありがとうございます。
「父母様の命があるまで暫定的に停止する」つまり、お母様は命令(承認)していないのに享進様の法的権限および教会内の職務権限を停止する公文を勝手に作成した人物がいるということですね。

も一つ事由というのが理解できません。「世界会長の職権乱用および教理違反」とあります。世界会長として公金横領の幹部を解任すると命令しただけであって、享進様の信仰生活、信徒への指導、お金の使い方まで何の落ち度もありません。
むしろ指示通り信徒の公金を横領している幹部を調査し処分するのが先ではないでしょうか。

彼ら幹部(患部)はお父様から直接、愛を受けながらご子女様さえも霊的に除こうとするのでしょうか。実に呆れます。

最後のあがき

見苦しい最後のあがきにみえるこの公文。いつまで王様の忠臣きどりなんだ。笑える。全く相手にしない亨進氏、さすがだ。まあ、何も言わなくても勝負は決まってるけどな。まあ、Dr.ヤンとマイケルジェンキンズとピーター金が徒党を組んでいるのがよくわかるわ。
  • [2015/03/04 21:03]
  • URL |
  • 全ての始まりは清平
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

これって・・・

亨進さんがなんかしたんですか?

わびしい基元節2周年

日と月が逆になり、あまりにわびしく、寂しい基元節2周年でありました。お父様を無碍に扱って、どうして喜びの世界があるでしょうか。お母様はなんとかわいそうな方でしょうか。再臨主の妻という、この上ない栄光の立場にありながら、お父様の立場を奪った瞬間から、悲惨な道へと歩まれています。777さんのブログにコメント欄がないのは残念ですが、教会本部のあまりに幼稚な主張、アンポンタンな公職者ブログに比べて、極めて聡明な分析をしておられます。お父様の事情、心情をよく理解しておられると思います。

なるほど

前文の「真の父母様の命によって下記のように文亨進世界会長の職務権限を暫定的に停止する。」と、本文の「4. 世界会長の法的権限および教会内で付与された職務権限を真の父母様の命があるまで暫定的に停止する 」は微妙に違いますね。
私は仁進チャーチを公然と推した時点で、暴露礼拝の件は一切報告が上がってないと思ってましたよ。知ってたらあのタイミングで仁進さんを応援できる訳がない(あからさまな心情蹂躙でしょう)。
江利川先生は直接お会いして亨進氏を応援してもらえるよう直訴したそうですが、時期的には何時なんでしょうか?
「それは初耳だ、いったい何のことだ説明しろ?」と大騒ぎになって、慌てて火消しに回ったのが2/26くらいと考えたら辻妻が合うのかな?
「1/15まで遡及して」とは、「Breaking the Silence (1/18)」以降の礼拝は全て無効だって言いたいんでしょうね。
これで全てなかったことになるなんてご自分でも信じてはいないんでしょうが、もはや同情します・・・

お知らせ

 急遽公文とその解釈について、本文末尾に追記しました。再読していただければ幸いです。

シックの皆さん目を覚まして下さい

1985年からの私の人生は戻りません
、、、、

江利川スピーチ文全文を追加しました。

 再読してみてください。

 改めて、スピーチ全文を読んでみると、微妙だと感じた。
 文4・7男さんの「統一教会の現在」に対する認識と、江利川氏のそれとの間に、差異があるのだ。

 もっとも大きな差異は、韓鶴子氏が置かれている状況認識である。

 文7男さんは「お母様は悪魔連盟の虜になっている」と危機感をもって認識しているのに対して、江利川氏にはそれがまるでない。


 とりわけ驚いたのは、次の部分である。

「お母様は、特別巡回師として日本のシックを教育するようにとのご指示を私は秘書室長から間接的に受けました」

 秘書室長とは金萬皓(キンマンホ)のことだろう。
 文亨進氏が説教で触れた「お母様を虜にしている」3人のKの一人である。

 それなのに、江利川氏は韓鶴子氏の指示を直接ではなく金萬皓を通して受けたと、そのことに何の疑問も抱いていないのだ。

 文亨進氏は説教の中で、自分は政治学を学ばなかった、つまり政治的人間ではなかったと反省の言葉を述べている。
 江利川氏はこの意味がまるで分かっていないのだ。

葛藤の日々

あじゅーさんは堕落世界にどっぷり浸ってたと言われても亨進様のYouTubeを見て私の良心本心が一緒に行くと決めたから統一教会を脱退すると教会に宣言して来られるなんて根は真面目で純粋なんですよ。

あじゅーさんは家庭を持っておられるのかしら?おられたら相手の方のお考えは?
うちの旦那様の事は彼のプライバシーもあるし詳しく言えないけど、家族で違う派を信じた場合これからどうなるんでしょうか?あぁ、複雑。

一般社会でも宗派の違う者同士が夫婦で仲良くやってるのに、同じ宗教の派閥が違うだけで問題になるならセコすぎて悲しすぎるわ。私が信じた超宗教、超国家、超人種の平和世界を目指す統一運動は何処に行ったのやら?

問題多き国際情勢の中、コップの中の嵐状態の統一教会。その中に生きている私。惨めだ。考えれば考えるほど落ち込みどん底。
しかし悩みすぎて寝込んだら子供を食べさせ育てられない。もがきながら精一杯今やれる事をするしかない。

こんな心情を一部の公職者も感じているのかとふと思った。開き直れる奴等はいいだろうが、葛藤している公職者は辛いだろう。公職者を辞めて探せば他の仕事もあると思うんだけど、夫婦間で意見が一致しないと辛いよなぁ。

統一は宗教でないから法人免許はく奪せよ

えらいこっちゃw
  • [2015/10/14 15:08]
  • URL |
  • ヒロ クワムラ 
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

教会の分裂は歴史的必然性なんでしょうね・・・

初期の頃・・・
ムン氏は、金百聞氏(洗礼ヨハネの使命)が
失敗する可能性が大きかったので必死で食い止めようと
努力しメシアとしての責任分担は果たされたけど・・・
金百聞氏の責任分担が果たされないと・・・どうにも
ならない・・・結局・・・失敗・・・苦難の道へ

今回も生前から、ありとあらゆる布石を打ち御言葉でも
この教派分裂については語られてきたけど・・・
メシアが責任分担を果たしても信徒が信仰を立てなければ・・・
歴史の同時性(キリスト教)で再度・・・ってことになる。
イスラム教の問題も結局、生前に解決できなかったし・・・
教派分裂の問題も生前から燻ってたし・・・
最終的には解決されていくだろうけど・・・多くの犠牲を
払わないといけないだろう・・・これから、たいへんだろうね・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/561-54fda0f0