大山鳴動して鼠一匹-韓鶴子スピーチ全文 

統一教会考(73)

[10月27日、天正宮の礼拝堂であった世界指導者特別会議での真のお母様のみ言を現場で整理した内容である]
 という書き出しの文章が送られてきた。
 韓鶴子氏の世界指導者会議での発言は、すでにブログ「どの道この道」で、シャボン玉さんが韓国語版http://www.chunilgo.org/bbs/board.php?bo_table=ciminran01_01&wr_id=765を翻訳し、「TMみ言葉全文翻訳公開 -世界指導者会議および午餐 14.10.27- 」でアップしている。
 重複するのだが、教団が翻訳した正式な文章なので、資料的価値があると判断し、全文引用しておく。(原文ママ)
 ちなみに、11月2日の礼拝で、韓鶴子氏のスピーチの映像が一斉に放映された。
 
SnapCrab_NoName_2014-7-1_21-30-48_No-00.png

10月25日:金孝南氏が「2014秋季清平特大役事」でスピーチ
10月26日「世界連合礼拝」
10月27日:世界指導者会議で、金孝南氏が情心苑院長に。
11月2日:韓鶴子が指導者会議で演説している録画が各教会で一斉に流された。

 注釈は最小限にとどめ、私が注目したところは下線あるいはゴチックにしました。

 なお、前回記事のコメント欄で、紅葉さんから私がカクグループ(正確に言えば文3男グループでしょうか)に入ったという指摘をいただきました。考えられるのは、神山氏の韓国講演録を紹介したからだと思います。
 この論法でいけば、韓鶴子氏の講演録を今回アップするのだから、私は「真のお母様グループ」(統一教会主流派)に入ったということになります。紅葉さんの仲間になったわけです。仲良くしましょうね


(韓スピーチはじめ)

真のお母様のみ言


 お疲れ様でした。ところで皆さんを招集することとなった動機は、来年の3周年には平和賞受賞もあり、私達はもう少し力を入れて結果を出さなければならない為、これまで、どのようにすれば、どのような方法でも、どのような動機でも、大きな結果を生み出すことができればと、あらゆることを考えてきました。

 ところが結果は何度も述べたとおり、私達は真の父母様に侍ることだけです。一心一体一念一話の基準でしなければならないのです。そのため私が新たに収拾し、動機を正し、皆さんが最高の実績を得ることのできる3周忌、2020となることを望み決心しました。

 私がこのような決定をすることになったのは皆さんを愛しているからです。これまで私達は、近くで真の父母様の生活を見てきました。教えを受けました。しかしそれを体が百パーセント感動し、体恤し、兄弟たちを、隣人をすこしおろそかにしました。このような過去の生活は、今、少し変わらなければなりません。このようにはっきりと私達に示してくださり、生涯をそのような生を生きてこられた父母様を皆さんは近くで接しながらも、なぜ、似ていないのか、反省しなければなりません。わかりますか。

 私が皆さんに一度尋ねますね。大母様のことを知っていますか。大母様はどのような方ですか。大母様の一生はキリスト教の歴史を中心として3代の再臨メシヤを実体的に探し、侍って、生活しながらその環境を開かれた唯一の女性であり、母親であり、皆さんを再び復活させる、そのような摂理歴史をされた方です。歴史的に独り娘の家門を守り、独り娘を出産させた唯一の方。過去2000年前、聖母マリアは一人子イエス•キリストを出産しましたが、誕生させたものの、その環境を立てることができませんでした。できたにもかかわらずできませんでした。結果的に一人子は独り娘にも会えず、どのようになりましたか。十字架によって亡くなりました。再び来るといった歴史がキリスト教の2000年の歴史です。

 それを考えた時、皆さんが真の父母、大母様のみ言を聞いて、大母様の役事に参加することができた今日の皆さんは祝福された人々です。それを認めますか。皆さんは真の父母様によって祝福を受けました。子女です。ところが昨日、私がこのように語りました。皆さんが祝福されたことは、堕落世界とは異なり、泥水ではなく、生命の水です、澄んだ水であると言いました。この澄んだ水も、責任を果たさなければならない。留まって、自己中心に、自分だけ楽に祝福を受けようと思えば、腐った水にならないわけがない。流れなければならない。伝播しなければなりません。もっと大きな川に連結されなければんりません。そして大河に合流し。大河は70億の人類をいいます。彼らが真の父母に侍ることのできる環境を皆さんが作りながら、助けなければなりません、今、皆さん自身も支えられない立場にいるので、大母様の役事は必要だったのです。それを認めますか。(はい)

 ところが、大母様の役事は誰にでもできるものではありません。天が育ててきた家庭です。特別な氏族です。独り娘を誕生させた家門です。そして誰よりも、天の蕩減復帰摂理歴史を知り、再臨メシヤのために準備された、実体的に準備された家門です。それは認めますか。そのため、誰も大母様を比較する者がいないのです。さっき小山田さんが報告しましたが、短い韓国語でしたが、何パーセント理解できましたか。小山田さんは本当に賢い人です。外国語を本当に沢山知っていますが、その中でも韓国語が一番下手なようです。しかし私は理解できましたが、皆さんは何パーセント理解できたのか分かりません。言葉というものは、表現することがこんなにも大変で、霊人体が地上で働くことが簡単でしょうか。簡単でしょうか難しいでしょうか。(難しいです) 霊人体自身が難しければ難しいのです。自分の体一つ、整えることが難しい状態で肉身を持った人間を持ち上げる。これって可能?ここに想像できない努力が必要であり、天が共になければダメな役事です。私が大母様をよく知っています。皆さんに聞きましょう。乳母と実母とはどのように違いますか。(血統が違います)(心情が違います)、それは、誰にでも言うことができます。私はこう言いたい。乳母は公的な人です。自分が引き受けた仕事に私心がない。ところが、成長しきれていない実母、実の母は、事情で、人情で子供をダメにしてしまう恐れがあるということです。分かりますか。では、大母様も私を出産した時、天が「お前は乳母だ」と命じました。絶対信仰を見せてくださった方です。そのため、私は肉親の父母は考えなかった。恋しいとも考えなかった。私のオリジナル、本当の父母は神様だと、お祖母さんが教育しました。幼いから。私のお父さんは神様です。その一言しか聞いたことはありませんでした。

父親は、韓鶴子氏が生まれる前に(?)離婚。アメリカで再婚し、男児をもうける。韓鶴子氏の異母弟である。


 あ〜私も年をとったようです。(笑) ですから私がこの位置に来るまでは、天の保護圏にありました。私を教育した人は誰もいない。一人子、独り娘は、同等です。一人子が独り娘を教育したとは言えません。何の話か分かりますか。ですから私が決めました。私が決心したのです。そのようになるように環境が私を助けたなら、大母様は乳母です。わかりますか。ですから大母様は一生の間、私心がない。しかし、誰よりも摂理歴史、再臨メシヤ、真の父母の位相を知っている方です。しかしその祝福を受けた祝福家庭が、皆、能力を持ち、すべての面で安心できればいいのに、すべての面で一つも自慢できることもなく、皆、足りません。6000年ぶりに天が楽しみにして、人類が望んだ、ひとつの中心、真の父母が顕現しましたが、その父母様に侍るカイン圏の子女という人々が、皆、合格者ではありません。祝福は受けても、合格者ではありません。どれほど可愛いそうなのか。真の父母様の姿がどれほど悲惨なのか。これは簡単な表現ですが、深刻です。

 皆さん考えて見てください。お父様は摂理歴史を出発しながら、地獄の下から出発しました。肉身がとても大変な道を歩まれました。日帝治下の拷問が、皆さんが今日想像するようそんなもんじゃない。皆さん、み言の中で聞いたでしょう。死の峠を何度も行き来する現実でした。一生には限界があるじゃないですか。たとえ永遠にただ一人の真の父母ですが、肉身を去る日は来ます。そうして永遠の世界に行くのです。私達の人生は三段階で表現されるというみ言を聞いたでしょう?そのため、肉身をもった体を離れる日が来るのです。地上世界は霊界の生を栄養があって幸せに不自由なく、すべてのことを享受しながら生きるそんな世界です。真の愛で呼吸する世界。嫉妬なんてなく、自分がより多くのものを得るために奪い奪われるような世界ではありません。お互いに施して共有する、そのような世界です。そうしてこそ幸せになれます。

 どんなに小さくても、自分自身が小さなミスで危機意識を感じると不快なものです。良心作用がそうです。このようなすべての問題を地上で全てはたいて、霊界の生に合った体に戻りましょう。そして、永遠なる天の父母様にお会いして、その愛の中で生きましょう。それが今日の私達の願いでしょう。うん?ところがそこにどのくらい近く生きてきましたか。もし大母様のこの清平においてこの摂理歴史が実体的になかったなら、私達はみすぼらしい姿で天の父母様に侍るしかないのですが、そのはどれほど大きかったでしょうか。さらにお父様を最後にお送りする、お送りするしかなかったその環境を私達が備えることができなかったならば、どれほど申し訳なく、惨めで、この瞬間がなかったならばと思う心だったことでしょう。ところがこのような日となるしかなかったのに、そのことを爪の先ほども夢にも考え、私に話した人がいますか。このように準備しなければなりませんと私に話した人がいますか。いません。それを皆さんは悔い改めなければいけません。違いますか。恥ずかしく思わなければなりません。

 皆さんが悔い改める気持ちで私が今言ったみ言を整理しながら進まなければ、新しい時代、天一国の民としての地位を確立することは難しいです。大母様が霊人であるので、この肉身世界を治めるには代身者が必要です。その体を利用することはそう簡単なことではありません。肉身のある人は考えが常に一定ではありません。私達の言葉でも朝夕に変わるというじゃないですか。トイレに入る時と出てくる時は違います。同じことです。堕落圏内の人間は皆同じ、祝福を受けたという皆さんもそのように戦っているじゃないですか。そのような一人の人間を見つけて霊的な役事をすることは簡単なことではありません。簡単なものじゃありません。結果的に言えば訓母も苦労しました。皆さんはその成果を賞賛してあげなければなりません。

 大母様と共にしたことです。そして私が望むことは、訓母も私がさっき言ったように乳母の位置で自分の家族を考えなければなりません。天は公平です。皆さんが私を見ればわかりませんか?ですから私がより飛躍的な2020を迎えるためには、この瞬間、この位置で決断しなければならない時であることを...ずっと6ヶ月間にわたって苦労しました。全体のためなのか。一人のためなのか。私は真の父母です。私が、私の家庭の真の子女たちに問題が多い。しかし私は、真の父母の道を歩むのです。70億人類が真の父母を知らないのに、彼らをすべて救って、天一国の民として作るならば、自動的に真の家庭の問題はすべて解決されるのです。わかりますか。(はい)

 今回だけは、皆さんはどのようなことがあっても、オモニと一つになって、ひとつの体制、ひとつの心、ひとつの体で実践躬行しなければならない時であることを私は宣言します。わかりますか。(はい) そして5院を発表したでしょう。5院を発表して天政院を天正宮に置いて、私がひとつひとつ報告を受けて摂理をするのでいいでしょう?私が隅々まで知らなかったことを総使たちを通してすべて報告を受け、直ちに対処することができて、さっきヤン・ヨンテク中東会長も「ありがとうございます」という話をしたでしょう。(はい)

5院とは、修練院(イ・ギソン副協会長)、天政院(金孝律天一国天財院委員長)、祈祷院(金持ちイタコ)。天議院(キム・ヨンフィ会長)、天法院(?)-で合っていますか?


 私が知らなければならない、私がすれば直ちにできるのに、私が知らないうちにしてはダメです。一から十まで、すべて明らかにしなけれななりません。そうすれば私が是正してあげます。上手だから、私が努力して、私が努力して成功してお見せします。これが顯進がいう言葉です。それを私は聞きません。率直にしろというのです。分かりました?(はい)

 どんなことをしてでも韓国から出発した摂理歴史が、これが本流です。大きな流れとなって五大六大州を覆って通過する所々に生命体が復活すると言ったでしょう?それを私達は積極的に現実化しなければなりません。そのためには皆さんが大陸で報告した良い点をすべて見習ってそのように努力しなければなりません。

 朝、家庭で、教会で訓読しながら精誠を捧げなければなりません。そうしてこそ霊界が動員される、違いますか。今、皆さんには怖いものはありません。自分だけでありません。立体的に皆さんを通して役事されているじゃないですか。実感して生きる生を、この忙しくも嬉しい時に感謝の気持ちで皆さんが実践しなければなりません。そうでなければ皆さんだけでなく、皆さんの子孫に恨が残ります。

 皆さんは皆、名門家になりなさいといいました。孝子、忠臣、聖者に皆がなりなさいといいました。皆さん次第です。私はね。父母の心はそうです。生涯を許して消しながら生きてきました。二度と考えまいと、そのような先入観で見ないように努力しました。今現在、上手くやっている姿で最後まで上手くやっていくことを期待しています。ですから今、私の心が伝わっているのか、そのように感動を受けました。それだけ皆さんの成長期間が長かったのです。今、いつまで、そのように保護を受けなければならないのですか。今、皆さん自らが責任を果たす時です。分かりますか。(はい)

 ここには世界指導級の指導者たちだけが集まったようですが、皆さんが私と同じ気持ちで、今、決断しなければなりません。ですから、まずは韓国から私が調整します。

 大きな流れとなって大海に早く走って行くには、すべての支流はすべて合わせられるようになっています。それで私達の機関もできる限り沢山広げるよりも縮小するつもりです。二つではなく一つに。ところで、またそれがあまりにも韓国協会が大きくなったので、それもまた力不足なので、今は縮小できる限り機関を縮小し、協会とひとつとなっていく方向に。伝道と指導者養成は二世の青年カープが中心にやらなければなりません。ですから私は当事者に聞かずに任命するつもりです。

「韓国協会が大きくなった」は誤解を招く表現だろう。韓国の統一教会の教勢が拡大しているように聞こえるからだ。韓国協会の信者数はわずか7000人。韓国の中でもマイナー教団である。
 弱小団体にもかかわらず、組織が肥大化したため、合理化をはかる-ということである。


 協会に副協会長を二人置くことにしました。UPFの事務総長だったイ・ヒョンヨン、来ました?ユ・ギョンドゥク?この二人は協会の副協会長です。これまでUPFや国民連合が懸命に働き、多くの成績も上げ、必要でした。お疲れ様でした。しかし今後、さらに成功するために、また、氏族的メシヤの実質的な皆さんの責任を全て完成させ、私が皆連れて行きたいです。私がお父様に自慢したいです。ですからUPFと国民連合をひとつにしようと思います。ひとつにすると、誰を置いて誰を抜くということができないので、会長は皆免職し、ソン・ビョンホ!(はい) 彼を立てて、新たに若く、真の父母教育をするUPFとして、国民連合として育てるつもりです。挨拶しなさい。これは私が皆さんを置いて、会議をして決定しなければならことは知っています。しかし私が6ヶ月悩んで、このように皆さんのための道だと思って私が決定しました。

 そしてUPF事務総長はソン・グァンソク事務総長を任命しました。祝賀してください。(昼食会での追加のみ言)

 異議ありませんね。ユン・ジョンノ会長ソル・ヨンス会長は、こらから氏族的メシヤの旗を掲げなければなりません。これまで築いた基台が大きいので、今は、実質的に穀物を消化しなければなりません。できますね。

 ですから私が5院をこれから積極的に稼動させます。天議院はキム・ヨンフィ会長であり、そこに世界摂理に関してはキム会長が選んだ人がしますが、韓国の天議院のメンバーは、このような重鎮、元老、元牧会者や幹部らが長老となります。彼らは実質的に韓国協会と共に、氏族的メシヤの責任を果たすにおいて、先頭に立っていくことでしょう。

 例えば、モルモン教会は教義も何ない。しかし組織の管理が上手く、かなり世界的に大きくなっていますが、彼らは70人の長老から始まりました。ですから今、世界的に広がっているので、200余りの長老がいるようです。ところが彼らは、生活の中で、社会において認められ、成功した人々です。無報酬で働いています。私がユタ州に行った時、長老の一人に会いましたが、その人は韓国人でした。それで実質的な天一国の主人の位置に皆さんを立ててあげるのです。分かりましたか。
 
以前、どこかのブログでモルモン教のことが話題になっていたが、モルモン教の指導者に会ったのは韓鶴子氏だったことがはっきりした。集団指導体制で有名なのはエホバの証人。官僚組織が肥大化し、韓鶴子氏が絶対の統一教会が集団指導体制に移行するのは無理だろう。


 澄んだ水は溜まっていてはダメで、流れなければなりません。皆さんも年をとったといって休んでいてはいけないというのです。あの世に行くまでは継続して、皆さんゆえに死ぬしかない命を生かさなければなりません。これ以上に皆さんが地上での生活を通した収穫果実を得ることができる方法がありますか。この道しかないでしょう?ならば、よりよく生きて、よく死ぬことにおいて。皆さんが重責を任されることも重要ですが、軽く未来を次世代に装飾することができる中心者、名門家門の伝統を立てていくにおいて機会を与えているのです。有難いと思いませんか。(はい)(拍手)

 宣教本部は世界宣教を助けなければならないので、たくさん助けることはできませんが、機動力を助けるつもりです。ですから協会と一心一体となって氏族復帰の使命を皆さんのゆえに韓国の体面が立ったと言えるようにしてください。

 ですからイ・ギソン副協会長は修練院長に任命します。イ・ミョングァンを副院長に任命します。以前の修練院は本来の初心で大母様が始められた食口を生かすための食口が天一国の民としての資格を持つことができるように成長させるその仕事を訓母を通してされました。ですから訓母は清心苑の長として最後の美しい実を結ぶことを望みます。私の気持ちです。公的な心を捨てずに、自分がどこに属しているのかを知らなければなりません。それが自分の周りを生かす道です。わかりますか。(はい)

 そして、すべての清心団地の機関は、天財院が管理、維持、発展、これからすることが沢山あります。天財院長!分かりましたか。お願いします。

 そして、この天正宮を中心とした天政院を通して、宣教本部を通して全世界的に「私達は一つだ」分かりましたか。大陸会長、特命総使、はっきりしましたか。その方向に進まなければなりません。事務総長、私は言うべきことを全て話しましたか?(拍手)

 原稿なしで記憶だけでしようとすると大変ですが、それでもオモニはオモニでしょう?そして、この天法院をより強く永久発展させるために、天一国の完全なその憲法となるように、さらに研究し勉強しなければならないのでキム・ジンチュン天法院長をそこだけに専念するようにします。そして清心神学大学院を、私が名前を変えましたが、ジョ・グァンミョン出てきなさい。グァンボンよりグァンミョンがのほうが良いと思います。挨拶。今、責任が重くなりました。じっと座って学生を待っていてはいけません。隅から隅まで探して、学生を捕まえてこなければなりません

 こらからはすべての機関は自立しなければなりません。公文を出して来なさい、これは昔の方法です。私が後世のためになるように若い人たちを登用しています。そうするしかありません。私達の未来のため。UPF世界会長も来ましたが、後継者を育てなければなりません。非常に重要です。ですから、私はお父様の聖和後、まず最初に着手したのが二世の教育です。私達には永遠の未来がありますが私達しだい。

 キリスト教が...真の父母在世時に私達はしなければならない。そのため全ての機関が一つとなって、一心一体となって、どうすればいいの?実績を出さなければなりません。分かりましたか。そうしますね?はい

そうされることを、皆さんは私の前で非常に熱く力強い拍手をしてください。(拍手)
(韓スピーチ終わり)

【総括的論評】

 「2014秋季清平特大役事」での、金孝南氏のスピーチを「お母様を牽制する訓母様」と論評したが、これは間違いであった。25日の金スピーチと27日の韓スピーチは“出来レース”だったと解釈すべきだろう。
 結局のところ、金持ちイタコ一族に焦点を合わせると、「大山鳴動して鼠一匹」といったところ。ゴルフ場が統一教会に移管され、組織の中で位置が曖昧だった金孝南氏が祈祷院の院長となっただけのこと。役事も先祖解怨も従来通り続く。何も変わらないだろう。
 
 出発点となったのは金孝南一族の横領疑惑であり、今後も国税、検察の動きが焦点になることは変わりがない。清平修錬苑の苑長であり清心教会の教会長だった河ヨンホ氏をクビにし、金孝律氏を取り込み、金持ちイタコを表舞台から退く形を取ったとしても、それで税務調査、検察の捜査がなくなるわけではない。そんなことは、よほどの世間知らずでもない限り、自明のことだ。
 それにもかかわらず、2人のスピーチを読んでも、危機感がまるで感じられない。
 穿ちすぎるかもしれないが、国税にはある程度の税金を納めることで示談が成立し、雇い入れた元検事総長を通して検察とは裏取引が成立した・・・。
 あとは、清平公的資産正常化統一教信徒対策協議会の動きを注目するだけだ。 つまんないの~ぉ

 もう一つ付け加えておくと、韓鶴子氏は、5院体制を敷くことによって集団指導体制を確立したと思い込んでいるようだが、時代錯誤もはなはだしい。数百年前、李氏朝鮮王朝時代の王様が有力でときに利害が対立する重臣を重用し、危機の打開を図ろうとしたのと同じである。

 とまれ、はっきりしているのは、高額エンドレス献金、韓鶴子絶対化路線によって、退会者が増え、教勢は低下の一途を辿っているということだ。
【関連重要記事】シロクマのブログ「教会員意識調査」

【全教会員が読むべき記事】gildongのブログ<それは「言い訳」に過ぎない>


追加情報-もはや、教団がすがるのは韓スピーチだけだ-(11月4日)

 韓鶴子さんのスピーチそのものは、非教会員にとって無内容としか言えないものだが、教勢の低下に歯止めがかからず、かつ献金が集まらない統一教会にとっては金貨のように思えるらしい。
 スピーチの録画をいくつかのサイトで流し始めている。
http://vimeo.com/110552473
http://www.familyforum.jp/2014110133819
 同じものかまではチェックはしていないが、いくつかカットされているそうだ。
 後者のビデオについて言えば、「~上手だから、私が努力して、私が努力して成功してお見せします。これが顯進がいう言葉です。それを私は聞きません~」がカットされているという。
 情報提供者の分析は、「これ以上、波風を立たせたくないせいでしょうか」



興味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

韓国の協会員数って・・・

韓国協会の信者数はわずか7000人・・・

こんなに少ないんですか?
ホントにホント?
びっくりです。
もう2014年なのに・・・

天宙復帰って、厳しいなあ。
って正直、思ってしまいました。

意識調査

教会員への意識調査って ???

教会長は何をなさる人?

意識調査をしないと、教会員の内心、内情もわからないとは、情けない。教会として恥ずかしくないのでしょうか。

しかも、北朝鮮と酷似している日本の教会組織。そんな意識調査で本当に本音が聞けるとでも思っているのでしょうか。幸福度も本心をねじ曲げて、満点の10点をつける信徒さんがしゃしゃり出て、迷っている信徒さんに煽るでしょう。「本部に上げるものよ。お母さまもご覧になるかもしれない」とか何とか・・・
この場面でも恐喝まがいの空気で、展開するに違いありません。

どんな環境、事情でも感謝、感謝の絶対服従。
これが優秀で模範的信仰者の条件ですから。

手に取るようにわかってしまうとは、私も過去は消せないということでしょうか。切ないですね。

ともかく、教会長は集金の仕事で頭が痛く忙しい。それで教会長の本来の仕事がデータ処理に委ねられる教会になってしまった、ということ。

心霊や霊界のことを専門とする宗教団体が、教会員に意識調査をしなければ心の内奥を把握できないとは、矛盾していませんか。
救いとは無縁の詐欺集団だということを、証明しているようなものです。

これはコメディです。

私の家庭の真の子女たちに問題が多い。しかし私は、真の父母の道を歩むのです。70億人類が真の父母を知らないのに、彼らをすべて救って、天一国の民として作るならば、自動的に真の家庭の問題はすべて解決されるのです。自分の家が不安定なのに、人類を復帰すべきだと...これはコメディです。

日本からの献金が途絶える日

>大母様の役事は誰にでもできるものではありません。天が育ててきた家庭です。特別な氏族です。独り娘を誕生させた家門です。

「特別な氏族で天が育てた家庭の独り娘」とは、自己尊厳の極み。「私はあなたたちとは格が違うのよ。次元が違うのよ」と自己主張するいつものパターン。
「女メシアだよ」と、のたまわりたいのでしょうが、説明不足で、これほど説得力に欠ける下りはありません。

韓国のある2世教会長のボヤキですが、
「清平に行ってきても、信徒たちは何にも変わらない…自分の話を聞いてくれない。信仰心が高まらない」と。

一般信徒たちも同様で、清平の役事、解怨の役事を受けても、変化を感じない人がほとんどです。ですから、「大母さまの役事が誰にもできるものではない」と言われると、むしろ「誰にもできない、大母でも無理でしょ。自分でやるしかない」と、私はそう結論を出しました。

>6000年ぶりに天が楽しみにして、人類が望んだ、ひとつの中心、真の父母が顕現しましたが、その父母様に侍るカイン圏の子女という人々が、皆、合格者ではありません。祝福は受けても、合格者ではありません。どれほど可愛いそうなのか。真の父母様の姿がどれほど悲惨なのか。これは簡単な表現ですが、深刻です。

これも、昔からお馴染みのフレーズ。巧妙な間接的責任転嫁のくだり。鈴木さまのご感想のように、ご自分の家庭を治め模範を示してから言ってほしいものです。
これを幹部夫人たちはソックリそのまま模倣して、「自分はアベルよ。カインの信徒の信仰が足りないから、自分の子どもが悲惨になった」という気持ちを込めて、「み旨のために家庭を、子どもを犠牲にしてきた」と、含みを持たせて周囲に責任転嫁する。そのような家庭で育った2世子女は同じように、周囲の何にも関係ない信徒に当たり散らす。ちょうど、「子女さま」と呼ばれる人たちが、「おまえたち信徒のせいで、自分たちは親から愛を受けられなかった」と、攻撃するように。まさに醜い責任転嫁が連鎖していき、この場面でも純粋な信徒に負債という形で押しつけられるわけです。『カルトの子』のような実態をつくってしまったのは、教会員である自分のせいでもあると、お節介な悔い改めをする信徒が現れるのも、歪んだ独特の現象ですし、その謂われのない負債をもって、献金ノルマを課す理由付けにされます。

この度も、この手垢にまみれ、耳にたこができるほど聞かされた文句を、日本の責任者は各任地に持ち帰り、「悔い改めて再出発」に使う。「カインの子女が合格者になるために、女メシアの望まれる高額献金目標を達成するのだ」と鼓舞する。

いつまで、こんな手が通用するのかと思うのですが、古い信徒には効き目がなくても、純粋な新しい信徒には使えるということで、新規伝道に励めとなるのです。

韓国では新規に伝道される人を見かけなくなりましたから、信者数7000は確かでしょう。しかも実際に礼拝を含めた教会の活動に参加する人は、その半数にも満たないと思われます。韓国での献金目標はお飾りで、日本のように責めれば、みんな逃げますから、ますます日本への要求が増えるのです。

「日本からの献金が途絶える日」というテーマでシュミレーションしてみると、韓国では恐ろしい現実が待っているのです。

動画がUPされてました

在韓日本祝福家庭婦人会ブログで「2014.10.27 世界指導者会議 動画」がUPされてました。
http://vimeo.com/110552473

>*父親は、韓鶴子氏が生まれる前に(?)離婚。アメリカで再婚し、男児をもうける。韓鶴子氏の異母弟である。

そうなんですか。初めて知りました。

>再臨メシヤのために準備された、実体的に準備された家門です。

そうならば、自らの家門(父親)のことを明らかにすべきでしょう。

>澄んだ水は溜まっていてはダメで、流れなければなりません。
>留まって、自己中心に、自分だけ楽に祝福を受けようと思えば、腐った水にならないわけがない。

今まで「水清ければ魚棲まず」を通り越して、汚物にまみれた水の中で、食口たちは水面に口をパクパクしていた状態がずっと続いていたのに、救うどころか、逆に泥を投げ込むようなことをしてきたことを知らないのか?

>これからはすべての機関は自立しなければなりません。公文を出して来なさい、これは昔の方法です。私が後世のためになるように若い人たちを登用しています。そうするしかありません。

日本への献金要求を廃止せよとかの具体的な言葉が全くないですが、現役の皆さんは50kなんかする必要ないです!
それにしても、今までの指導者の責任にはふれず、若い者たちに何とかせよとはこんな無責任集団はない。言い訳と放棄!やっぱり、セウォル号だ!どうしても逃げ出した船長の姿が浮かんできます。何だったのか、虚しいばかり。

お知らせ

 韓鶴子さんのスピーチの録画が流されています。
 末尾に、そのことを追加情報として加えました。
 toramaruさんが紹介してくれた録画もその一つです。

 5院の記述には間違いがあるようです。
 いずれ訂正します。しばらくお待ちください。

Re: 韓国の協会員数って・・・

田舎マンさん
>韓国協会の信者数はわずか7000人・・・
こんなに少ないんですか?
ホントにホント?
びっくりです。

 
 私が韓国で取材したとき、韓国本部が「コアな信者は1万人」と話していました。

 内訳は、6500人が日本の女性シック。3500人が韓国人男性シック。

 その後、日本シックは中山グループに一本釣りされ(1000人単位)、また統一教会の現状に失望し、教会に足を向けなくなっている人は相当数にのぼると思われます。

 離婚して日本に帰った人、子どもがいるため離婚はできないけど、かといって教会に足を運びたくない人(悲惨!アイデンティティの確立に苦悩している)は相当数います。

 この人数は特定できないけど、韓国統一の現有勢力は7000人程度でしょうね。

 ただし、韓国人男性と結婚したタイ、フィリピン女性の数はわかっていません。

お姉さん愛しています!有難う!

ワシはな〜!日本統一教会に育てられた人間だ!

日本統一教会のおねえさんから真の愛を受けた者だ!

朝鮮人から愛を受けた者ではない!

ハッキリ言っていい加減にせんかい!朝鮮人韓鶴子に金玉孝南!

御前達!日本人を何時まで、舐めているのか!

俺は、文鮮明の言葉で今尚、力付けられる言葉がある!

地獄の底を貫け!である!感謝してる!文鮮明のキチガイには!

兎に角、私は日本人のお姉さんの愛に応えたい!

古田元男よ!日本の兄弟姉妹、日本人祝福家庭をすくいなさい!

最後のお前の使命だ!

古田も男よ!頼むぞ!お前しか出来ない事を成し遂げろ!

お前に期待している!



統一教会脱会者生活支援センター

ようさんが設立したようです。

http://ameblo.jp/yoji1970/entry-11942024668.html

韓国に行って、日本に帰りたくても帰れない人を支援するために設立した施設だそうです。

韓スピーチの感想

 いつものことですが、韓鶴子氏の講話の大筋は決まりきっており、今回の講話においても、まず第一に「独り娘」の話を持ち出して自己の神格化を図り、最後には信者達に「実績を出さなければなりません。分かりましたか。」と言って献金実績や信者獲得の実績を要求するパターンなのです。
 その決まりきったスピーチのパターンは7/1韓講話より前とそれ以後では、以前は「真の父母」という立場を強調して自己を神格化していたのに対し、7/1韓講話以後では「神の独り娘」を強調して自己を神格化するようになったという違いだけです。

 そのパターンが変わらないため、そこで語られる主な内容は信者達が韓鶴子氏を崇拝し、その与えた命令を果たすことを一方的に要求するだけなのです。
 そして、それまでにその要求に信者達が充分に応えていないことを断罪する言葉を浴びせたりするのです。
「それを皆さんは悔い改めなければいけません。違いますか。恥ずかしく思わなければなりません。」
「実感して生きる生を、この忙しくも嬉しい時に感謝の気持ちで皆さんが実践しなければなりません。そうでなければ皆さんだけでなく、皆さんの子孫に恨が残ります。」
「今、皆さん自らが責任を果たす時です。分かりますか。」

 それらの口調はワンパターンであり、信者の人達の情感を高揚させたりできるようなカリスマ的能力が欠如しているのは如何ともならず、理論的なお話も得意ではなさそうなので、自己の権威を最大限に主張して、絶対服従を要求するのが精一杯といったところのようです。

 7/1韓講話においては国家の法律を軽視する発言をして米本さんなどを驚かせましたが、今回の講話においても次の言葉には驚かずにはおれませんでした。
「私は真の父母です。私が、私の家庭の真の子女たちに問題が多い。しかし私は、真の父母の道を歩むのです。70億人類が真の父母を知らないのに、彼らをすべて救って、天一国の民として作るならば、自動的に真の家庭の問題はすべて解決されるのです。」
 この発言にはコメントにおいて鈴木さんも呆れていましたが、もし、上の言葉を真面目に話されたのだとしたら、統一教会組織にとっては笑い事では済まず、やはり韓総裁がスピーチされる時には側近なりが常識的な助言をしないと、とても世の中に通用するようなスピーチはできないように思われます。

 韓総裁がそのような家庭問題についての認識しか持ち合わせていないで、「真の家庭運動の推進」などと語っているとしたら 一般社会の人々は糖尿病が脳にまで影響しているのか、あるいは知能が元々足りないのかと疑い、考え込むのではないでしょうか。
 7/1韓講話においても、マンガ昔ばなしのような話を根拠に「神の独り娘」発言をされていましたが、もし社会的な常識がある側近がついていたら、そのような発言をすることはなかったと思います。
 韓鶴子氏の‘子女様’達は何人もが最高レベルの大学教育を受けておられますが、文先生は まずそのご夫人にこそ学問的な教育を施すべきだったのではないかと思えるほどの愚劣な発言です。

 機能不全家族の問題やネグレクトの問題についても深い認識をもっておられる米本さんのような正常な人間観と社会的常識を持たれた側近が韓氏についていたならば、こんな馬鹿げた発言をしないよう、側近が防げたはずです。
 やはり、韓国人の側近達は保身の為、主君のご機嫌をとることはできても、教団の正常化の為に主君の間違いを正すというようなことはできないようです。
 しかし、それは徳野会長も全く同じであり、朝鮮儒教の‘絶対服従’の伝統は「真の父母様」周辺にはしっかり浸透しているようです。

 今回の記事に書かれた韓鶴子氏のスピーチについては、米本さんが指摘された通り、「25日の金スピーチと27日の韓スピーチは“出来レース”だったと解釈すべきだろう。」と思うしかありません。
 スピーチ前半の大部分は韓氏の母親である「大母様」の神格化の為の‘み言葉’であり、「大母様」を聖母マリア以上の存在に高めております。
 そしてその「大母様」の代身者となることができた「訓母」として金孝南氏の無二の価値を認め、苦労したとして賞賛しているのです。
 結局その「大母様」の‘証し’は金孝南氏の統一教内での地位を不動のものとする為のものだったのです。
 その韓氏の意図は火を見るより明らかであり、米本さんの解釈は疑う余地がありません。
 結局、韓鶴子氏が総裁である限り金孝南氏が失脚したり、統一教から排除されたりすることはないということなのです。

>穿ちすぎるかもしれないが、国税にはある程度の税金を納めることで示談が成立し、雇い入れた元検事総長を通して検察とは裏取引が成立した・・・。
 あとは、清平公的資産正常化統一教信徒対策協議会の動きを注目するだけだ。

 今回の金孝南一族の横領疑惑の結末はどうやら、上記の米本さんの見解のように考えるしかなさそうで、それが韓国社会の現実なのだと思います。
 清平関連では、京畿道加平郡が郡道4号線の道路拡張工事をした際に不自然な加平郡の公的資金の投入があったことが7月3日付の日刊紙「ハンギョレ」で報道され、それを米本さんが‘火の粉を払え’において取り上げ、汚職の疑いについて書かれましたが、そのように‘裏金’によって物事が進められたり、問題の解決が図られたりするのが韓国社会の実態のようです。
 

拍手の要請はやめて

<韓鶴子氏の講話の大筋は決まりきっており…>(神々の黄昏さんのコメント)

私は、神々の黄昏さんにはいまいち同感できないでいる人間ですが、この度のコメントは「そう、そう、そうなんだよ~」って感じで、いちいち納得しながら読ませていただきました~。

本当、韓鶴子氏(お母様)の講話はつまらないですね。
ワンパターン、中身無し、実績追及…。
再臨のメシアの妻として、卓越した何かをお持ちであることは認めるとしても、お話はつまらないです。

連合礼拝として世界中に配信するなら、少なくとも聞く者を感動させる模範的な礼拝を用意すべきでしょう。
スピーチ(講話)のうまい人にやらせるべきです。

あほくさいのは、司会者が何度も拍手を要請すること。
拍手したくなったら、勝手に拍手するから、いちいち要請するな、っつーの。

はだかの王様ならぬ、はだかの女王様…。
拍手されて、みんなから慕われている、聴衆は感動している、などと勘違いされても困ります。
自身が食口からどう評価されているか、世間からどう見られているか、正しい認識を持ってもらうよう、つまらぬ拍手、讃美、花束は避けたほうがいいです。

もうひとつ

スピーチでもうひとつ気になるのは、いつも「人類が今まで受けることができなかった尊い『祝福』をあなた方は受けた」、だから「その恩を返さねばならない」、と言っておられることです。

祝福を受けるための献金はしたし(日本のは目が飛び出るくらい高いようですね)、祝福のための条件というのもいろいろやってやっと受けさせてもらいました。ただで、何の条件もなく受けたのはおそらく文家のお子さんたちだけではないでしょうか?

祝福って、本当に価値があったの?と疑問に思うこのごろですが、本当に価値があったとしても、我々はただでいただいたのではないのです。恩を着せていつまでもそれに対する支払いを要求するのが、ヤクザの手口のようだと思ってしまうのは私だけでしょうか?

教義の破綻は明白、もはや信者に留まる理由なし

皆さん仰るように、相も変わらず、聞くに堪えないほど下らない内容のスピーチを”み言葉”として信者達に語る韓夫人!およそ宗教団体の教祖としてのカリスマ性が微塵も感じられないのはもちろんだが、「独生女理論」などという取って付けたような屁理屈を持ち出して教義の破綻を白日の下にさらしてしまった以上、もはや彼女には神学的・宗教的(原理的)権威など微塵もない。

もっとも、血統転換理論を中核とする、亡き文教祖の思想も”真の家庭”や多くの祝福家庭の実態を見れば、嘘八百のでっち上げ理論であったことは明々白々。要するに、文教祖夫妻は自称メシア夫婦以外の何者でもなかった。だとすれば、「文教祖をメシアと証しするための理論」である統一原理の全体系は崩壊する(せいぜい有神論思想としての創造原理が残るのみ)。

だから、肝心要の教義が破綻した以上、その教義が正しいと信じて入教した現役信者達は、もはやこれ以上信者に留まる理由は全くないのではないか?教義の破綻をいまだに受け入れようとしない盲目的末端信者達と(教義の矛盾を認識していながら)生活のために組織にしがみ付いているあさましい公職者どもを除いては。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 拍手の要請はやめて

みんなさん
>あほくさいのは、司会者が何度も拍手を要請すること。
拍手したくなったら、勝手に拍手するから、いちいち要請するな、っつーの。


 この感受性は、ぼくも共有します。
 感動すれば自然に拍手がわく。ものすごく感動すれば、司会者が制止するまで拍手は鳴りやまない。


 知的インテリゲンチャーの職にあるシックは今の状況を混乱のきわみだという。ある有力なシックは「呆れ果てている」という。
(名前を知れば驚くはず)

 3万双以前の古参シック、つまり統一の強固な岩盤にヒビが入り始めているのだ。


 韓鶴子さんは岩盤のひび割れには気づいているはず。ところが、それを補修しようとはせず、さらに割目を大きくしようとしている。


 世界指導者会議の韓スピーチを受けて、日本統一教会の韓ポチ集団、宗教サラリーマン諸君は何をしようとしているのか。

 11月7日の全国責任者会議である。
 参加対象者は教区長と教区婦人代表。場所は浦安の一心特別教育院だ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:もうひとつ

>スピーチでもうひとつ気になるのは、いつも「人類が今まで受けることができなかった尊い『祝福』をあなた方は受けた」、だから「その恩を返さねばならない」、と言っておられることです。

これは、いわゆるギブ・アンド・テイクというやつですよね。
会社の社長だって、社員に会社の命令に従えって要求しますけど、お母様総裁とは何か違っている。

そうなんです。
会社の社長は社員に給料をくれる!
この世じゃ、人に命令して、自分に従わせるからには給料を払うのが当たり前です。

いくら韓お母様が教会員に献金しろと命令しても、ただ強制的に言うだけじゃ絶対ダメなんです。
教会員が献金しなきゃならないなと思わせる何かを、韓お母様だって教会員にギブしなきゃならないんです。

しかーし、韓お母様はそんなものは何も持っていない、どこにも見当たらない。
だけど、たくさん献金して欲しい。自分もブランド品を買ったり、豪華な生活をしたい!

そうすると、『祝福』しかないんですよ。
それが価値があるかどうかなど関係ない。
とにかくこれ以上ないほど価値があると思わせれば成功なんです。
これ以上ない価値があるんだから、今までそのために払った代価なんて不充分だってなるんですよ。
つまり、これは献金を引き出す打出の小槌なんです。

韓お母様だってギブ・アンド・テイクっていう授受作用の原理には逆らえないから、献金を果てしなく集めるためには その『祝福』に頼るしかないんですよ。
だから、祝福でサタンの血統→神の血統にホントにならなかったら詐欺になっちゃうんだけどね。

でも、イエス様はただで信者に洗礼をしてあげていたようにも思うし‥
やっぱり『独り娘』韓お母様はイエス様のようには気前がよくないんだろうね!

VISION 2020

今から6年後。

「真の家庭が今も問題があるのは祝福家庭がVISION 2020を勝利できなったからだ。」

真のお母様も中々の策士ですな。

錯脂のお話

>真のお母様も中々の策士ですな。
もしや、「策士」として本気で担いでいるのでしょうか。

でなければ、小文字ビーさんの頭は10%以下の回転ですね。お城の中で都合のいい話だけ聞いて、御輿に乗っているだけのメタボ婆さまは、模倣するだけで精一杯。

>「真の家庭が今も問題があるのは祝福家庭がVISION 2020を勝利できなったからだ」---も何度も聞かされた台詞。

「真の家庭が今も問題があるのは祝福家庭が(  )を勝利できなったからだ」の(  )に入る言葉を変えるだけ。いいかげん学習しましょう。全くインパクトなしの代物です。

ですから、「策士」じゃなくて、「錯脂」
「能力もないのに担がれて、女メシアだと錯覚している脂肪ババ」という漢字がぴったり。日本語は漢字のバリエーションが豊かで、すばらしいですね。

先日の世界・・会議の舞台裏は相当苦労したとのことです。スピーチの原稿を準備していたのに、途中からアドリブになったものだから、ヒヤヒヤものだったとか。録音を起こして翻訳しようとしても、意味不明の部分があちこちにあるのは、そのせい。特定の人物に対するもので、事情がわからない人には何のことかわからない。聞き起こしの韓国語自体がおかしいので、割愛するしかなかったのでしょう。割愛していない翻訳はかなりの意訳で、その真偽はわかりません。

無意味

統一教会って「これが決まりました」みたいな体制を発表したりして関係者が並んで記念写真パシャって撮って、数ヶ月後にはあれは何だったのってことがほぼ100%ですね。

12人の最高委員とやらも天法が決まったとかでみんなで裁判官みたいな格好して記念写真撮って。これは金孝南支配の体制だったから没になるのでしょうか。

結局無職献身者が摂理だと言って天一国実現するためと言って仕事作って希望的な発表してお金集めて、単なるその循環ですね。要するに集めたお金をいくらか使って残りを生活費に回すだけ。やっていることは世のため人のためでなく無意味なことが多すぎますね。

無意味どころか有害無益な吸血鬼だ!

>やっていることは世のため人のためでなく無意味なことが多すぎますね。

無意味どころか自分たちの延命のために、”摂理”と称する嘘八百の茶番劇を演じてあくどい金集めをしてきたわけであって、全くもって有害無益なしろものである。

さしずめ一族側近幹部達こそ信者達の献金を生き血のように吸い取ってきた”吸血鬼”なのです。もちろん、日本民族と社会にとっても今まで多大な害悪をもたらしてきた反日敵対分子である。

ただ、こうした”吸血鬼ども”を生き長らえてこさせたのは、ほかならぬ高額エンドレス献金を続けてきた超ウルトラ○○な日本人信者達であり、彼らの多くが”回心”(つまりとっとと信仰を棄てること)すれば、”吸血鬼”は死ぬ。だから、一人でも多く一日でも早く回心して吸血鬼どもの息の根を止めろ!と言いたい。

韓ポチ、宗教サラリーマンの代表

>世界指導者会議の韓スピーチを受けて、日本統一教会の韓ポチ集団、宗教サラリーマン諸君は何をしようとしているのか。

上の米本さんの「韓ポチ集団」「宗教サラリーマン諸君」がぼくの頭の中にあって、教育部長さんのブログ読んだら、こいつのことだーって思っちゃいました。

11/6の記事読んでたら、ポチ、ポチ、これぞ韓ポチ!サラリーマン、サラリーマン、これぞホントの宗教サラリーマン!
ひたすらに韓鶴子さまを賛美しまくってブログ書いてる。
お母様絶対が大前提のこれぞ韓ポチ、宗教サラリーマンの代表!
でも、お前すこしは頭つかえよ!って感じだよね。

そこに書いてあったけど、
『文先生という偉大な指導者に率いられる「カリスマの時代」は過ぎました。
これからは、大きな組織の中に少しでも「私心」のある指導者がいれば、組織全体がどこへ外れていくか分かりません。』
という文を見て、目んたまが飛び出しちゃいました。(◎~0~◎)

米本さんの事実の記事を読んだら、どんなアホウでもわかるけど、金持ちイタコは私欲のかたまり!そのおばちゃんに「私心」がないとでもおっしゃりたいんだろうか?
あんた、いくらなんでも食口の皆さんをばかにし過ぎじゃない~~

あわれ教育部長さん。そうやってポチ、サラリーマンに徹しないと生活費もらえないんだよね。
お金のため魂を売ったのは金持ちイタコとそっくり!

だけど、米本さんの記事を恐れて、いっしょうけんめい打ち消そうとしているように思えてくるし、無性に腹立つよなー
ついでに言えば、「独り娘」を言いだす事って、文お父様からみたら「私心」以外のなにものでもないだろうがね。
自己矛盾に気付けっちゅーの!

http://kitasendo.blog12.fc2.com/のブログにコメントすると、うんこのにおいがつきそうだし、バカのお仲間入りしそうなので止めたんです。
米本さんと同郷らしいけど、つめの垢でものませてやりたいよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

神と人間の間に立ちたい欲望の塊?

鶴子さんのスピーチで「神様」ってことばが
1回?だけ出てきたんですか?

それもわたしの父は「神」です。って?
あとは、このひと人間信仰を強制してるんだ。。。

まだそれでも文さんのほうがおもしろい話もしてたよ。。。

この人、神が何なのか知らないんだ。。。。
神の霊と対話する能力もなく、自分の子供ともまともに対話できないおばさん。。。

そういう点ではイタコのほうがちょい上か?

この人、神と人間の間にあの力士まがいの図体でたちふさがって
神と人間が意思疎通して祈りで通じることのできる道を妨害してるのに過ぎないのに。

それをすばらしいとか、よいショする宗教サラリーマンは、どうぞ永遠に僕の僕で甘んじてください。

そのほうが考えんでもええから楽やもんね~

従わない人には水戸黄門のように
子孫が審判される~とか印籠を見せるようにてきとーに脅かせば
いいんだから~

神は自らを助ける者を助けるし、
自然の中にも空気の中にも存在するのに。

そうした個々人の神との出会いによる
成長の道は示さずに(あ、示せないか。。。)

この人自分のために信者にはべれ~って言うしか能がないんだ。。。

これじゃ、一般の聖職者や信仰者からも笑われちゃうわ!!!

鶴子さんのような人間だけが神の子だというなら
私はそんな神の子にならんでもええわ。。
気色悪いわ。。。

少なくとも神の娘っていうくらいなら
健康管理、表情管理くらいはしてよね.

元信者でも、いちおうはそこにいた人間だから、ちょっとはまともな団体であってほしかった。。。

でももう無理みたい。。。

読解力

>今から6年後。

>「真の家庭が今も問題があるのは祝福家庭がVISION 2020を勝利できなったからだ。」

>真のお母様も中々の策士ですな。

これを鶴子さんへの応援メッセージと受け止めるとは。トホホです。

cosmopolitanはもう少し読解力を高めてほしいですな。

真の子女に問題が多いのは

~私の家庭の真の子女の問題が多い。~ と認識しつつも、その原因がどこにあるのかと自ら省みることもせず、 ~70億人類をすべて救い、天一国の民にすれば、自然に真の家庭問題はすべて解決される。~と責任者幹部を前に発言する韓夫人。

このような仰天発言は、彼女の幼少期に原因があるように思われます。
韓夫人の母は、天のお告げ?による盲信的信仰、育児は、単なる乳母だけの役目であって、布教活動に勤しむあまり、祖母が母親代わりに養育をしたのではないかと思われます。
その祖母も「あなたの本当の父母は神である。」と言い聞かせながら~その結果、わたしは神から6000年ぶりに選ばれた「ひとり娘」であると言う思い込みによる発言なのでしょう。

神の摂理故にと14人の子女を産んでも、彼女自身も育児は側近任せで、母親としての使命は放棄しているのです。子女家庭に問題が多いのも、一言でいえば、親からの愛情欠如の故なのです。

~上手だから、私が努力して、私が努力して成功してお見せします。これが顯進がいう言葉です。それを私は聞きません。~

この発言にも、親子の情愛の希薄さを感じます。親が子に対する思いは、親よりももっと立派になって欲しいと願うのが、子を持つ親の共通の思いではないでしょうか。

理想家庭は、まず子育てから始まるのです。子育てを疎かにして地上天国が定着するわけがありません。

RE:読解力

小文字ビーさんの3行コメントは、メタボ婆ちゃまへの応援メッセージというか、御輿担ぎのお一人のように思われました。

「真のお母様も中々の策士ですな」は、含みを持たせた「称賛」と解釈されてもしかたがないと思いますが…「策士」は「軍師」と同義で、基本的に褒め言葉ですから。

相手の読解力を問う前に、小文字ビーさんは語彙の使い方と表現力に問題はなかったかどうか、確認してください。応援する気持ちではなく、皮肉る気持ちだったのなら、それなりの語彙を用いて表現してみましょう。


PS.コトさんへ

~上手だから、私が努力して、私が努力して成功してお見せします。これが顯進がいう言葉です。それを私は聞きません。~

は、かなり聞き取りにくい部分でした。状況から、近くにいたヤン氏に語りかけたもののようで、かなりの意訳です。ですから、これをもって論じるのは危険かと思います。実は私は少し違う解釈をしましたが、それも推量の一つで確信は持てません。

朝鮮儒教

コトさんへ

>この発言にも、親子の情愛の希薄さを感じます。親が子に対する思いは、親よりももっと立派になって欲しいと願うのが、子を持つ親の共通の思いではないでしょうか

それが一般の日本人の感覚です。しかしどうも韓国人は違うようです。(特に古い年代の方は)
これは常々、神々の黄昏さんが言われるように朝鮮儒教が影響しているからだと思います。
朝鮮儒教というのは「沈清伝」を代表するように子度が命を掛けて親を助けるのが美徳とされます。
それはそれでいい事ですが、親から見れば子供は親に孝行するものあり、親に絶対従うものという考えになりがちです。

これまでの言動を見ていると韓婦人はかなり朝鮮儒教の影響を受けているようです。自分から不仲の子供との距離を縮めるとか、和解を図るという考えは毛頭ないと思います。(形だけはやるかもしれませんが)

一方、アメリカの教育を受けてきたお子さん達は、朝鮮儒教の影響を受けた母親の精神構造は到底理解できないでしょう。

朝鮮儒教を念頭に入れて考えると、これまで不可解だった点と点が線で結ばれてきます。

cosmopolitan さんへ

御指摘ありがとうございました。

いずれにしても、韓夫人も側近の報告を1から10まで聴く姿勢があるなら、
そのままうのみにせず、子女たちの思いも1から10まで聴く耳を持つべき
だと思います。当然、日本信者の現場の悲痛なるなる声もです。

ナイシトールさんへ

そうですね。異文化の違いを認識しないと理解できなのかもしれませんね。

いずれにしても親子間の意思の疎通が乏しいようにに思われます。

子女たちの母国語は英語です。
親子間での会話は、何語でなされているのか知りたいですね。

韓国語結構できますよ

>親子間での会話は、何語でなされているのか知りたいですね。

文家のお子さんたち、程度の差がかなりあると思いますが、日常会話的韓国語はできる方が多いようなので、親子間はまず韓国語でしょう。親の英語が不十分なので、英語で会話ということはありえません。

7男さんは難しい韓国語もマスターしましたよね。語学が不得意そうな4男は、以前韓国テレビのインタビューに一部は韓国語で答えていましたから、会話はできるでしょう。3男は私には不明。5男もわかりません。

善進さんはかなり英語の単語まじりの、でもとりあえずは通じる韓国語で会話していました。韓国語でのスピーチは絶対しないでしょうが。仁進さんは、意外と韓国語上手ですね。韓国人スタッフと韓国語で話すのを聞いたことがあります。

最近結婚された末の二人の娘さんにかんしては、接したことも情報もありません。

もちろんお子さんたちは学校教育と日常が英語なので、英語圏の文化と発想であることはまちがいありません。

親子会話さえ難しかった「真の家庭」

母親と子供達が同じ言葉でふつーに会話できないって?
子供はおッパイのみながら、母親の愛情感じて、初めて言葉おぼえて親子の絆つくっていけるんじゃなかったっけ?
母親は子供におっパイあげながら、スキンシップで愛して子供に初めての言葉と人との交わりを教えてあげれるから偉大なんだよね。

そういえば韓鶴子さまは「乳母は公的な人です。自分が引き受けた仕事に私心がない。ところが、成長しきれていない実母、実の母は、事情で、人情で子供をダメにしてしまう恐れがあるということです。」ってスピーチしてたんだよね。

韓お母さまが言ってた「成長しきれていない実母、実の母は、事情で、人情で子供をダメにしてしまう恐れがある」って、ドンピシャ韓お母さま自身のことじゃないのか?

つまりそういうことだよね。
それって言ってることとやってることが矛盾してるんじゃないのか?
それを壇上で堂々と語るって?
おれもう死にそう、この独生女さま、完全に頭がおかしくなってる。
おれまで頭がおかしくなりそー

おまけに前のコメントで書いた腹立つ教育部長は『お母様は徹頭徹尾「乳母」の立場で考え、行動すると決意しておられるように見えます。』ってバカこいてたし。

「成長しきれていない実母」の代表がなんで「乳母」の立場で考え、行動できるんだ?
宗教サラリーマンのこいつは本当に頭と心が腐ってる。
平気で矛盾したことをブログに書いてる。
韓ポチ教育部長さん、せいぜい、「成長しきれていない実母」に霊界で頭ナデナデしてもらうんだな!
「ポチ、ポチ、よーし、よし」ってな。

その韓お母さまって、「私の家庭の真の子女たちに問題が多い。」って認めてるし、自分が子女さま達をダメにした「成長しきれていない実母」だってことを本当はわかってるんじゃねーのか?

ふつーに考えたって、母親の責任ってことだしな。
韓スピーチに説得力がないのはカリスマ性うんぬんの問題じゃない!
韓鶴子お母さまは完全にあたまのネジが外れてる!

しかしだ、人生で「乳母」の経験をしたことがほとんどない代表のような実母さまが「実母」を悪く言って「乳母」をほめているのに、それに矛盾を感じない統一教会の信者や教育部長って、‥
まったく理解不能だ(-o-)
こっちの方も完全にあたまのネジが外れてる!

言語教育

皆さまがお気づきのように、言語の壁は大変大きく想像以上のものです。今はネットの翻訳機にかければ、ある程度の意味は解せますが、細かい心の機微を伝えるところまでの性能には至っていません。まして、親子、家族間で言語故の意思疎通が困難となれば、互いに疎遠になるのは必然の理。そんな憂き目に遭っている家庭はロイヤルFの方々に限らず、国際家庭の中にも多く見られます。

まず、ロイヤルFの末娘の2人は英語しかできません。韓国語に関しては簡単な言葉が聞ける程度で、親と話すのに通訳を呼んだことがあり、韓国語不可のレッテルが貼られています。結婚相手が言葉の通じる欧米人になっても、親としてはやむを得ないとなるでしょう。
文氏が初めてアメリカに渡米したのが顕進氏懐妊の時期で、顕進氏の兄姉は韓国で出生、幼少期は韓国で育ちましたから、自然な韓国語が使えます。メタボ婆ちゃまが言葉の通じる仁進氏を何かと頼りにするのも頷けます。「独り娘血統」で改革しようとしている意図は、娘を重用する理由づけにもなっています。女系での繁栄に限界があることは、歴史を鑑みても明らかなのに、無能で異常な心理を疑わざるを得ません。

千尋さん、Cosmopolitanさんへ

情報ありがとうございました。

子女たちは特にいちばん大切な乳幼児期に、親からのスキンシップ、話しかけが、不足しているように思われます。

以前と言っても、ずっと過去の話ですが、ある外国人向けショッピングセンターでバイトしていた時のことですが、お父さんは日本人、お母さんはフランス人の4歳位の女の子が、両親と会話をしているのですが、なんと、お父さんとは日本語、お母さんとは仏語をうまく使い分け、流暢な両言語で会話をしているのです。本当に驚きましたね。親子間には言葉の壁がないのです。
誕生した時から、きっと両親から両言語の言葉のシャワーをたっぷり受けて育っているのでしょう。

子どもたちが巣立っても、意思の疎通は、親としても大切にしたいものです。

狂い始めましたねえ。

 自由人さんの怒りの源、ブログ「教育部長の講義日記」の<澄んだ水は流れるべきだ>を読んでみました。http://kitasendo.blog12.fc2.com/blog-entry-1679.html

>大母様(洪順愛ハルモニ)はお母様をお産みになりましたが、自分の娘だと思って接したことが一度もない方です。

 久しぶりに、ヒェ~、バタン、ピクピクです。

 娘を生んだのに、その娘が自分の娘だと思って接しことがない!

 斎藤学さん(精神科医)とか小沢一郎さん(臨床科医)のチャイルドアビューズに関する論文を読めば、これは、ネグレクトという児童虐待です。
 こんなこと、わざわざ指摘することもないほど、一般紙に載っていることです。つまり、世間の常識です。

 教育部長さん、益田教会所属の中岡宏さんですが、中岡さんとて、亡くなられた奥方が自分の子を自分の子として接したことはないというようなことはなかったでしょう。
 もしそうでなければ、怒鳴りつけたはず!(=反韓鶴子)

 それにもかかわらず、「大母様(洪順愛ハルモニ)はお母様をお産みになりましたが、自分の娘だと思って接したことが一度もない方です」と肯定する。

 自分モードから統一教会モードないし公職者モードにスィッチが切り替わると、解離するのだと推測します。

 これは比喩的とかからかいではなく、真面目にそう思っています。

 ヤマギシ会のメンバーでもこうした不思議な現象がたびたび生じていましたから。『洗脳の楽園』で書いたので、具体例は割愛しますが、深刻な状態だと思います。


 狂い始めたのは中岡宏さんだけではありません。

 トリトンさんもそうです。
<食口はみんな独生子であり独生女である>を読んでください。
http://ameblo.jp/rxqs07/entry-11949706891.html

 こんなことを書いていると、独生女に怒られる。そのことが理解できていないのです。
 ただし、この人の場合、脳のキャパが狭いだけで、解離はしていません。

 間違っているのだけど、リリアンさんのように解釈する以外、韓鶴子発言を受容できないのだと思います。

大母教に成り下がった統一教会

 信仰暦43年。勝共、世界日報記者を経験し、従軍慰安婦問題は左翼共産主義グループの日韓米離反工作の策略であると認識していたが、韓国教会本部では全く
異なった認識であることに唖然としている。先日の連合礼拝で鮮文大学の日本人
留学生が柳寛順のミュージカルを演じ、反日が愛国(韓国)の象徴とされ、何か
狂っていると思われる。韓鶴子氏の講和も真のお父様の証しよりも、大母様の
証しばかりであり、まるで大母教に成り下がったようである。日韓の歴史を公平
な視線で調べ直すと、韓国の教えている歴史観は、ほとんど嘘であることが
わかってきた。
 韓民族が選民だって?。賎民の間違いでしょう。あんな腐った韓民族中心の天国なんて行きたいとも思わない。日本の純粋に信仰を守り続けた統一教会も韓国人に乗っ取られた。礼拝の説教でも反日を語る韓国人牧会者は、祖国に戻って欲しい。日本で活動するなら、日本を愛し、正しい歴史を見つめ直せ。このままでは真のお父様が、神様が願う理想世界が今の統一教会で実現できるとは思えなくなった。金孝南が反日の元凶か?。献金摂理もむなしく思えてならない。
 これは多くの日本人男性食口の本音の叫びだ!。

Re: 大母教に成り下がった統一教会

ローシャさん
>日本の純粋に信仰を守り続けた統一教会も韓国人に乗っ取られた。

 しばし考え込んでしまいました。

 日本統一の執行部の顔ぶれをみると-

総会長     宋龍天(韓国人)
会長      徳野英治
企画本部長   李基萬(韓国人)
総務局長    矢野治佳
法務局長    岡村信男
広報局長    鴨野守
伝道教育局長  方相逸(韓国人)
家庭教育局長  佐野邦雄
南北統一局   金元彬 (韓国人)
青年学生局   田中富広

 10人中4人が韓国人。

 16の地区長、65の教区長、289の教会長のうち韓国人はやはり4割前後を占めている。

 これらを教会の幹部とすると、日本人が6割を占めているので、組織が韓国人に支配されているということにはならない。

 しかし、こと統一教会の場合、アダム国は韓国という教義がしみ込んでおり、エバ国の日本人幹部とアダム国の韓国人の意見が対立した場合、日本の教会幹部は屈伏ないし妥協するだろう。

 もう一つ考慮に入れる必要があるのは民族性である。コリアンパワーと表現されるほどに韓国人の結束力は固い。世界の主要都市には必ずといっていいほどコリアンタウンがある。仄聞情報だが、韓国人幹部だけで集まりを持ち、そこで方針を決めているという。可能性は十分にある。

 最近、統一ブログ村で、「rodorigesusuのブログ」が注目されている。記事はまだ3本しかアップされていないにもかかわらず、現在、人気ランキング8位である。
http://www.blogmura.com/profile/01294401.html

 内容は、韓国人の静岡教区長&静岡教会長の李倉培氏を罵倒するもの。李倉培氏によほどひどい目にあったのであろう。
 こうしたブログが登場し注目されるというのは、韓国人幹部の横暴がひどくなっているということだ。
 韓国人教会長と日本の婦人部長がアダム・エバ関係になった事例が4件あるという情報も寄せられている。


 このような事態になったのは、文国進氏が日本担当から外れたことが大きいと考えている。
 彼は、公金横領する奴はサタンだと考えており、一時期は韓国人幹部を半島に戻すことまで考えていた。

 韓国人幹部に睨みをきかせる文国進氏がいなくなり、今や韓国人幹部の天下になっている。彼らを指導する幹部は誰もいない。


 もう少し研究してみます。情報があれば、よろしくお願いいたします。個人メールか、非開示コメント欄(アドレスは書いてくださいね)に。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/521-da7013dc