後藤徹の陳述書? 

後藤陳述書(6)

陳述書の構成 (08年4月2日作成)
1・略歴/2・統一教会への入会/3・第1回目の監禁/4・第1回目の監禁から脱出後の経緯
5・第2回目の監禁
(1) 新潟のマンションでの監禁/(2) 東京のマンション(1カ所目)での監禁
(3) 東京のマンション(2カ所目)での監禁
(4) 宮村等による脱会説得/(5) ハンガーストライキの決行(第1回目21日間)/(6) ハンガーストライキの決行(第2回目21日間)/(7) ハンガーストライキの決行(第3回目30日間)/(8) 監禁からの解放
6.入院後の経緯/7.最後に
  青印が今回アップした部分です。



(3) 東京のマンション(2カ所目)での監禁

 1997年12月末頃、母、兄夫婦、妹及び多くの見知らぬ男性らによって再度ワゴン車に監禁され、荻窪フラワーホームという名称のマンション(杉並区荻窪3?47?15)に連行され、同マンションの804号室に監禁されました。

 (注)写真はフラワーホーム(筆者撮影)。『我らの不快な隣人』では「フラワーホール」と記載しましたが、正しくは「フラワーホーム」です。訂正しておきます。クリックすればおおきくなります。
12年間監禁場所となった「フラワーホーム」

(注)ここまでの経過をまとめておく。
87年10月京王プラザに呼び出されたのをきっかけに第1回目の監禁。(23歳)
    11月 偽装脱会によって脱出
95年 9月 東京の実家で拉致、新潟に移送され監禁。(31歳)
97年 6月 父死去が原因で、新潟から東京に移送され監禁。(33歳)
そして12月に東京の荻窪フラワーホームに監禁。 (34歳。) 



同室で私は一番奥のベランダに面した部屋に連れて行かれ、普段はそこに居るように言われました。

私は同室到着後間もなく、玄関から出ることが可能かどうか確認しようとして、玄関が見える位置まで行ってみました。すると、玄関は内側からクサリと南京錠で開かないようにされているのがはっきりと見えました。
  この様子を見た兄は、
「シッ、シッ」
  と言って手の甲を私の方に向けて振り、私を奥の部屋に追いやりました。

  私は人間扱いされていないことを感じ、
「これじゃまるで犬扱いじゃないか。俺は人間だぞ!」
 と言って抗議しました。

また、窓は全て施錠できるタイプのクレセント錠が取り付けられており、専用の鍵によって施錠されていました。同室にて、母、兄、妹、兄嫁が、私が逃げないように監視しました。

私は普段はベランダに面した一番奥の部屋にいるように言われ、しかもその部屋の襖を開放したままにするよう言われました。


(注) 後藤さんが監禁されていたのは最上階の8階。写真は正面からのもの。
建築年は登記簿謄本によれば71年だから、古びたマンションと言える。
JR荻窪駅から新宿方面に歩いて5分の天沼陸橋のたもとにある。



新潟のマンションに監禁されて以来、監禁期間は2年3ヶ月間に及び、脱会の意思表明をしてからも2年を超えたにもかかわらず、私は一向に監禁から解放されませんでした。

俺は信仰を失っていないぞ!


膠着状態が続く中、私はいつまでも信仰を失った振りをし続けることに我慢ができなくなり、804号室に監禁されてより間もなく、信仰を失っていないことを家族等に対して表明しました。

 このため家族等は、偽装脱会するなど不当だと言って激しく私を非難しましたが、これに対して私は、家族等が行っていた監禁を手段とした棄教強要こそが不当であり、人権侵害であると強く抗議しました。

 私が偽装脱会していた事実を表明した結果、私は同室にて、家族や後日同室に来訪した宮村等からあらゆる非難、中傷、罵倒を受けることとなり、徹底的な棄教強要を受けるようになりました。

 804号室にて信仰を維持していることを表明して間もない頃、
私は脱出を試み玄関に向かって行きました。
ところが、兄から足技を掛けられて倒され、取り押さえられました。
玄関ドアに南京錠及びチェーンによる施錠があるだけでなく、力づくで脱出を拒まれたことから、私は同室からの脱出を断念させられました。
関連記事

コメント

これが「保護」という家族愛なのか?

 後藤陳述書まだまだ続くようですが、途中までの感想です。管理人さんの「~不快な隣人~」では最後に紹介された仕入れたばかりのホヤホヤ情報でしたが、やはり、同著に示された多くのケースと同じく、これは一体どういう「家族愛」なのか?という疑問です。家族を思うあまりに恐ろしいカルトの妨害を防ぐために、あるいは脱走を防ぐためにやむを得ず行っているのです、と説明をしたとしても余りにも破壊的で理解できないのです。破壊的カルトと批判する方が破壊的な行動に出ている。職場にも連絡できないままに姿を消すということは失業でしょ。12年後の中年になっての再就職なんて、いまのご時世ではなおのこと難しいし、結婚も2度お流れとは。監禁中に家族から人間扱いされない屈辱的な感覚がにじみ出ていますが、この状況では「家族愛」から行ったともしも説明がなされたら世間を欺くための詭弁に思える。だけど、家族がそういう行動を起こすきっかけは身内を思う心があったわけで、それがどうしてこんなに奇形的に異常変形していくのか??やっぱり、相談した相手が悪かったのでしょうか?脱会を指導する人々の事前学習とか、「救出」とか、脱会後の「救出」を手伝う見極めとか、リハビリとか、弁護士が訴訟を手伝っての資金回収とか、一つのシステムが完全にできあがってるわけですよね。そのベルトコンベアに乗せられたら延々といっちょ上がりまで逃げ出せない、逃がさない、それが「愛」だといわれても、脱会しても家族が嫌いになるという理由はよく分かります。この脱会システムには犯罪的な人権無視の過程があり、告発がある以上、自主的におやめになった方がよろしいと思います。

パパイヤさん

 投稿ありがとうございました。
 陳述書はまだまだ続きます。途中での投稿も、大いに歓迎します。なんなりと感想をお寄せください。

 陳述書をそのまま読んでもらいたいために、私の感想は控えていますが、パパイヤさんの感想と同じで、どうして「家族愛が奇形的に異常変形していくのか」、陳述書をアップしながら、暗澹たる気持ちで自問自答しています。

“保護説得”を容認する反統一教会の人たちの投稿も期待しています。疑問点があれば、なんなりと質問してください。わかる範囲で、このコメント欄か、ブログ内で(注)の形でお答えします。

ヤフー掲示板で「異常な拉致監禁事件」というテーマでトピックを立ち上げている者です。本日、初めて後藤さんの陳述書の一部を読ませていただきました。そのリアルさに衝撃を受けました。これは作り話ではありえないという迫真力がありますね。同時にここまで明らかにさせる検察という機関のすごみをも感じます。ここまでくるともはや不起訴相当なんてことは、まさかありえないでしょうね;^^。もしこれが起訴となったとき、マスコミも報道せざるをえないでしょう。そのとき彼らはいままでこのような類似の事件を無視してきた責任を問われることになるでしょう。果たして彼らにはその責任を認める勇気があるのでしょうか?

できればヤフーのトピックに書き込みをしてください。反対派でも歓迎です。但し、削除依頼だけはご免ですけど;^^。実は有田さんと宮村のただならぬ関係を掲示板に書き込んだところ、突然すべての書き込みが削除されていました。そのときみえない恐ろしい敵が無数にいることを実感しました。

質問です。

「はやし」さん。投稿&情報ありがとうございました。
 ヤフーの掲示板を覗いたのですが、確かに、有田&宮村氏に関する投稿文ありませんでした。
 そこで、ヤフーの掲示板に関する質問です。
①削除されたのは有田&宮村氏に関する投稿文だけだったのでしょうか。
②掲示板の管理者はヤフーのスタッフなのでしょうか。
③掲示板の規則に、削除に関するものはあるのでしょうか。あるとすれば、「一方的に削除する場合がある」といった文言は入っているのでしょうか。
④投稿文といえども、苦心して書かれた著作物です。著作物を著作者に断りもなく一方的に削除するのは著作権法に抵触するはずです。そこらあたりの整合性に関する記述はないでしょうか。
 ご存知でしたら、教えてください。

「はやし」さんの情報で、面白いことがわかりました。
 それは、あたりまえのことですが、有田&宮村氏の関係に言及することを嫌がる人たちがいるということです。

 貴重な情報ありがとうございました。

 

久々に来ました。ご質問にお答えします。

>①削除されたのは有田&宮村氏に関する投稿文だけだったのでしょうか。

その投稿が原因だったのかもしれませんが、削除されたのは同じHNで投稿したすべての私の書き込み(後藤さんの事件の紹介を含む)が突然に消されました。

>②掲示板の管理者はヤフーのスタッフなのでしょうか。

そうだと思います。

>③掲示板の規則に、削除に関するものはあるのでしょうか。あるとすれば、「一方的に削除する場合がある」といった文言は入っているのでしょうか。

そういう規定は確かにあります。わたしの場合は著しい名誉毀損にあたると判断されたのかもしれません。

>④投稿文といえども、苦心して書かれた著作物です。著作物を著作者に断りもなく一方的に削除するのは著作権法に抵触するはずです。そこらあたりの整合性に関する記述はないでしょうか。

そこまでの規定はガイドラインを詳しく読んでいないので分かりません。

以下は私の憶測です。

通常はヤフーの掲示板においても特定の人物に対する名誉毀損と思われる書き込みは普通に行われています。しかし普通はよほどのことがなければ削除されることはないと思います。ヤフーの掲示板は基本的に誰でも自由に書き込めますので、根底には言論の自由という大原則があるのだと思います。しかし、にもかかわらず削除されたということは余程のことだと思います。ヤフースタッフの個人的な判断では通常そこまでの判定はできないと思います。しかも仮にもし有田氏の名誉を傷つけたというのであれば、その記事だけを削除すればよいのに、削除されたのは後藤さんの事件に関心を持ってくださいと呼びかけたトピックの書き込みを含むすべての書き込みが消されてしまったのです。だから有田氏の名誉毀損だけの問題ではないかもしれません。有田氏の他にも拉致監禁をしている牧師達の名前をあげたり、弁護士の名前をあげたりしたこともありましたので、反対グループが集団でヤフーに圧力をかけたのかもしれません。いずれにしても実に不可解で不気味なことこのうえありません。私の書き込みに対して反論があれば反論すればよいのに、そうしないで裏でそのような策動を働いているらしいのです。彼らが反論しないのはおそらく事実に基づいているということと、もうひとつは反論して掲示板が盛り上がると余計に目立つので(事実を知られたくない)彼らにとっては避けざるをえないという事情があるように思います。

消されたときは非常にショックでしたが、気を取り直して内容を思い出しながら、再度掲示板にアップしました。今度は削除されてもよいように念のためにコピーをとっています。ただ、一人で書き込みを続けることも時には非常につらくなさけない思いがします。誰かよければ書き込みに来てください!尚、何日間(10日ぐらい?)か書き込みがなくなると自動的にトピックが削除されるという規定がありますので、トピックを維持し続けるためには少なくとも何かを書き続ける必要があります。そんなときは「アゲ」という一言だけでもよいですので、加勢していただければ幸いです。





はやしさんへ

 丁寧に回答していただきありがとうございました。とてもよくかわりした。

「拉致監禁をなくす会」「統一教会信者への脱会方法について」のブログも一方的に閉鎖されたことがあったそうです。
 せっかく書いてきた文章が削除されたり、ブログが閉鎖されたりすれば、精神的打撃は計り知れません。「非常にショック」はリアルに想像できます。

 はやしさんの9日付のコメントを読んで、友人の指導を受けて、あわててブログのバックアップを取りました。コメントに感謝です。

 このブログはFC2ですが、規約を読むと、やはり「一方的に削除する場合がある」と書かれていました。
 公序良俗に反したり、他者を侮辱したり名誉を傷つけたりしている記述があれば、削除するのは当然だとしても、「一方的削除」はやりすぎです。
「これこれの記事は名誉棄損にあたるので削除するように」という事前の通告があって然るべきだと思います。
 ブログ各社の改善・改革を求めたいですね。

 ところで、「ヤフー掲示板」のURLを貼り付けてもらえませんか。そのほうがはやしさんの呼びかけに応えやすいと思います。

ヤフー掲示板のサイトはこちらです。
ヤフーの掲示板から「拉致監禁」という言葉で検索するとすぐにでてきます。米本さんのブログについても何度かリンクさせていただきました。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1143583&tid=0dbbeoa4jygcw4f6xbbv7oa4ka4da4a4a4f&sid=1143583&mid=1

後藤陳述書(6)


陳述書の構成 (08年4月2日作成)
1・略歴/2・統一教会への入会/3・第1回目の監禁/4・第1回目の監禁から脱出後の経緯
5・第2回目の監禁
(1) 新潟のマンションでの監禁/(2) 東京のマンション(1カ所目)での監禁
(3) 東京のマンション(2カ所目)での監禁
(4) 宮村等による脱会説得/(5) ハンガーストライキの決行(第1回目21日間)/(6) ハンガーストライキの決行(第2回目21日間)/(7) ハンガーストライキの決行(第3回目30日間)/(8) 監禁からの解放
6.入院後の経緯/7.最後に
  青印が今回アップした部分です。



(3) 東京のマンション(2カ所目)での監禁

 1997年12月末頃、母、兄夫婦、妹及び多くの見知らぬ男性らによって再度ワゴン車に監禁され、荻窪フラワーホームという名称のマンション(杉並区荻窪3?47?15)に連行され、同マンションの804号室に監禁されました。

 (注)写真はフラワーホーム(筆者撮影)。『我らの不快な隣人』では「フラワーホール」と記載しましたが、正しくは「フラワーホーム」です。訂正しておきます。クリックすればおおきくなります。
12年間監禁場所となった「フラワーホーム」
(注)ここまでの経過をまとめておく。
87年10月京王プラザに呼び出されたのをきっかけに第1回目の監禁。(23歳)
    11月 偽装脱会によって脱出
95年 9月 東京の実家で拉致、新潟に移送され監禁。(31歳)
97年 6月 父死去が原因で、新潟から東京に移送され監禁。(33歳)
そして12月に東京の荻窪フラワーホームに監禁。 (34歳。) 



同室で私は一番奥のベランダに面した部屋に連れて行かれ、普段はそこに居るように言われました。

私は同室到着後間もなく、玄関から出ることが可能かどうか確認しようとして、玄関が見える位置まで行ってみました。すると、玄関は内側からクサリと南京錠で開かないようにされているのがはっきりと見えました。
この様子を見た兄は、
「シッ、シッ」
と言って手の甲を私の方に向けて振り、私を奥の部屋に追いやりました。

私は人間扱いされていないことを感じ、
「これじゃまるで犬扱いじゃないか。俺は人間だぞ!」
と言って抗議しました。

また、窓は全て施錠できるタイプのクレセント錠が取り付けられており、専用の鍵によって施錠されていました。同室にて、母、兄、妹、兄嫁が、私が逃げないように監視しました。

私は普段はベランダに面した一番奥の部屋にいるように言われ、しかもその部屋の襖を開放したままにするよう言われました。


(注) 後藤さんが監禁されていたのは最上階の8階。写真は正面からのもの。
建築年は登記簿謄本によれば71年だから、古びたマンションと言える。
JR荻窪駅から新宿方面に歩いて5分の天沼陸橋のたもとにある。



新潟のマンションに監禁されて以来、監禁期間は2年3ヶ月間に及び、脱会の意思表明をしてからも2年を超えたにもかかわらず、私は一向に監禁から解放されませんでした。

俺は信仰を失っていないぞ!


膠着状態が続く中、私はいつまでも信仰を失った振りをし続けることに我慢ができなくなり、804号室に監禁されてより間もなく、信仰を失っていないことを家族等に対して表明しました。

このため家族等は、偽装脱会するなど不当だと言って激しく私を非難しましたが、これに対して私は、家族等が行っていた監禁を手段とした棄教強要こそが不当であり、人権侵害であると強く抗議しました。

 私が偽装脱会していた事実を表明した結果、私は同室にて、家族や後日同室に来訪した宮村等からあらゆる非難、中傷、罵倒を受けることとなり、徹底的な棄教強要を受けるようになりました。

 804号室にて信仰を維持していることを表明して間もない頃、
私は脱出を試み玄関に向かって行きました。
ところが、兄から足技を掛けられて倒され、取り押さえられました。
玄関ドアに南京錠及びチェーンによる施錠があるだけでなく、力づくで脱出を拒まれたことから、私は同室からの脱出を断念させられました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/51-64b3bc4b