清平横領疑惑に沈黙する徳野とパシセラ 

統一教会考(63)

 最近、統一教会内部で立て続けに不可解な出来事が起きた。

 日本統一教会員の260億円もの献金が行方不明になった。
【参照サイト】「仰天速報!韓国の食口たちが金持ちイタコらに公開質疑書を送付す」 「韓国のネット新聞が横領疑惑を報じた!」

 過度の献金要請は慎むべきと通達した当の本人が、教会員1世帯あたり60万円もの献金を要請した。
【参照サイト】「王様の“屍を喰らう”王妃様 」

 教祖・韓鶴子氏が“カルト”丸出しの発言を行なった。
【参照サイト】「新しい時代の始まりか、それとも破滅への序曲か-韓講話 」「王になった王妃の指令:法の指図は受けない!」

 金持ちイタコの夫が妻に暴力を振るい、中国人女と逃亡した。
【参照サイト】「清平に異変が起きている!」

 韓鶴子氏が文亨進氏の面会を拒絶した。
【参照サイト】「わが子・亨進と会うのを拒否した母親 」

 おかけで、今回の原稿は約3週間遅れとなってしまった。
 以前に予告していた統一教会会長徳野英治氏への質問書である。


沈黙の徳野 

 
 手紙の全文を公開する。


DSCF0531_convert_20140724180536.jpg
*****************

 
徳野英治日本統一教会会長様
ルポライター米本和広

 前口上抜きで、単刀直入に質問させていただくご無礼をお許しください。
 質問は以下の通りです。

(1)韓国・統一教会の信徒会から天宙清平修練苑の金孝南氏などに公開質問状が送付されました。(同封しました)
 内容は、260億円もの巨額の献金を金孝南氏一族が横領したのではないかという由々しき疑惑です。
 260億円の大半は日本の教会員からの献金だと思われます。血と汗と涙の浄財です。
「260億円がどこに消えたのか」。徳野会長は教団の最高責任者として調査する責任と義務があります。調査されるつもりはおありなのでしょうか。

(2)「真のお父様聖和二周年93日伝道路程」を名目にした献金集めを、日本統一教会は現在行なっています。実際、徳野会長はビデオ礼拝で、「聖和2周年までに60数を勝利しましょう」と呼びかけていらっしゃいました。60数=60万円は大金です。
 ところで、徳野会長はいわゆる「新世事件」を受けて、2009年3月に「教会員の献金奨励・勧誘活動及びビデオ受講施設等における教育活動等に対する指導について」というタイトルの通達文(徳野通達)を出されました。
 そこには「教会員の経済状態に比して過度な献金とならないよう配慮する」と明記されています。
 未婚の教会員を含め教会員の全世帯に一律に60万円もの献金を呼びかけるのは、徳野会長自身が徳野通達に反していると思われますが、いかがでしょうか。

(3)そもそも徳野通達は今でも生きている通達なのでしょうか。

(4)「過度な献金」は、徳野会長自ら全国紙の記者の前で断固闘うとおっしゃった「教会員の拉致監禁」を誘因するものにほかなりません。一方で拉致監禁と闘うと言いながら、もう一方で拉致監禁を誘因するようなことを行なうのは、全くの矛盾です。
 釈明をお伺いしたいです。

(5)世界統一教会の事実上の教祖である韓鶴子氏は、韓国で行なわれた7月1日の集会で、幹部教会員たちにこう話されました。
「世の中の法律が私たちをうるさく指図することはできません」
 これを看過することは決してできません。
 なぜなら、
イ)統一教会が宗教法人として認可され、税の優遇措置を受けているのは法律のおかげです。法律の指図を受けないというのなら、法人格を返上すべきでしょう。

ロ)統一教会は拉致監禁に反対してきました。法律のバックボーンである憲法の信教の自由、また刑法の逮捕監禁罪に抵触するからです。法の指図を受けないというのであれば、拉致監禁に反対する根拠を失ってしまいます。

ハ)12年間監禁された教会員である後藤徹氏は、法律に基づいて、拉致監禁を行なった者たちを訴えました。法律の指図を受けないというのであれば、現在行なわれている東京高裁での控訴審を中止しなければならなくなります。

ニ)法律の指図を受けないと教祖が公言するような団体は、一般に反社会的な団体とみなされます。信者家族は教会員になっている子どもが反社会的な行為=犯罪を行なうのではないかと心配になり、強制的に子どもを隔離し、脱会説得を行なう可能性が生じます。


 大変お忙しいと思いますが、今月末までの回答をお待ちしています。
        草々

 
2014年7月12日


******************

<注>聖和二周年式典(8月12日)の直前になって、日本から50億円 (一人90万円ずつ、6000名)を清平に持ってくるようにという指示があったと聞いた。
 この話が事実かどうか、 事実であれば徳野通達に違反すると考えているのかどうか、質問することができなかった。



 期日までに回答はなかった。気の小さい、臆病な会長である。情けない! (以下、徳野氏の敬称を略す。敬意を払うことができないから)

f518966f931b8fc3b6734cb63b6c8e99-300x231.jpg

 徳野の部下ではなく徳野自らが「徳野通達」を破るのだから、この通達は事実上廃棄されたと判断するしかない。念のため、教会員の方々は教会長など上部に確かめてください。
 徳野よ!警視庁公安がこのブログを読んでいることを忘れる勿れ。
 この記事はこれで終わりなのだが、不可解に思っていることを書いておく。


シカトのパシセラ


 メロンで有名な夕張市の約2年7か月分の予算に相当する260億円もの大金を、“大母様”こと金孝南女史の一族が横領した疑惑が持ち上がっている。
 天正宮周辺では示威行動も行なわれた。
 また、一連の出来事は韓国のネット新聞で報じられた。
 
20140731_120334_20140801144712f25.jpg  20140731_112340.jpg 

 それなのに、献金を出せという側の公職者「いつも私のとなりに神様さま」「教育部長の講義日記」、「今日もいいことがある!統一教会員のブログ」らは何らコメントしない。教団に飼い馴らされてしまい、感受性鈍感疾患に陥っているから仕方がないか。
 彼ら公職者は自分の教会の食口より上が大事のヒラメちゃん。 少しでも清平に触れると、たとえばいつも隣の松戸の総務部長兼教育部長は4人の子を養うことができなくなってしまう。だから、沈黙。御身大切のサラリーマン宗教人なのである。

 不可解でならないのは、現体制を批判し、文三男顯進氏の代理人のような役割を果たしている「パシセラのブログ」までもが、口を閉じていることだ。 
 顯進支持派の日本の弱小団体「真の家庭を愛する会」も同じである。
 
 政治的センスがある読者なら疑問を抱くはず。パシセラ氏は少し前までは金持ちイタコを批判していた。それが、260億円もの献金横領の可能性が出てきたにもかかわらず、一切、触れようとしない。

 これには何か深い訳がある。 そう感じませんか?

 パシセラ氏はこう抗弁するかもしれない。
<信徒対策委員会の公開質疑書は、様々な思惑があって出されたものだ。つまり、権力闘争の材料として使われている。そのことを抜きに横領疑惑のことを取り上げるのは、どろどろとした権力闘争に巻き込まれることになるだけだ>
 なるほど。
 だがしかし、問題の核心は日本の食口からの浄財が清平で私的流用されたかどうかにある。誰が暴露したかではなく、横領疑惑が事実か否かにあるのだ。

 文顯進氏が日本担当だったとき、ことのほか献金の中抜き・流用・横領に目を光らせていた。パシセラ氏も顯進氏の側近として尽力したと聞いている。
 これに関することは拙著『我らの不快な隣人』(2008年刊)で触れている。 (385頁)

「世界宣教本部への献金を中抜きした事件もあった。一〇年ほど前の話である。日本・統一教会担当となった文鮮明の三男、顯進が調査したところ、在日韓国人の複数の地区長が献金の一部を横領していたことがわかった。顯進が文鮮明に諫言し、その結果、地区長を更迭し、韓国への帰国命令を出した」
原文では「顯進」ではなく「興進」と書いてます。関係者にこの場を借りてお詫びいたします。

 おそらく、このときパシセラ氏は顯進氏の調査の片腕を担っていたはずだ。
 顯進氏もパシセラ氏も、公金横領にはことのほか敏感だった。それなのに今回は沈黙を守っている。

 仄聞情報だが、顯進氏が「いま、お母様と問題を起こすようなことはやめろ」と指示を出しているという。信じられない話だろうが、これはパシセラ氏及び「真の家庭を愛する会」の沈黙と符号する。
 清平の横領疑惑は韓鶴子氏と直接関係ないことだと思われていたが、7・1講話で韓鶴子氏が「清平のことに対してあれこれ言ってはなりません」と指示したことで、清平批判をすることは韓鶴子批判する(=お母様と問題を起こす)のと同じ-という関係になってしまった。
 そのため、沈黙しているのだろうか。

 では、問題の「7・1韓講話」をパシセラ氏はどのように扱ったのか。
 彼は「7月1日の文夫人のお話」で、いち早く、講話を日本語訳にして紹介しているのだが、韓講話の教義上の問題(「新しい時代の始まりか、それとも破滅への序曲か-韓講話」 で3人の現役食口が指摘した問題)に言及することは一切なく、

「どのように判断するかは、皆様次第ですが、文先生のお話と比較すれば、沢山の問題があるのが見えるでしょう。でも、文先生の御家族を批判する資格は、私たちにはありません。問題は、統一教会のリーダー達にありました」

 と、上手に「お母様への批判」を避けるとともに、問題の責任を重臣たちにかぶせている。
 文中の「私たち」とは、まさか読者を含む私たちではあるまい。「文顯進様を支持する私たち」ということだろう。なぜ、私たちは批判する資格がないというのか。説明がない。  

 話を少し戻す。センスのいい食口読者は、先の顯進氏が「いま、お母様と問題を起こすようなことはやめろ」と指示を出しているという-の一文に瞠目したと思われる。
 これは、在米食口が顯進支持派から直接聞いた話である。
 支持派が嘘をついていないとすれば、顯進氏は徳野よろしく「清平のことにあれこれ言ってはいけません」という韓鶴子氏の指示に従おうとしている。なぜ?なんのために?

 ちなみに、清平が横領したとされる260億円は、ヨイド裁判の損害賠償金に匹敵する金額である。
 顯進氏が果たして損害賠償金を法的に請求するのか否か。それとも水面下で解決するのか。いまだ何の動きもないのが気にかかる。この問題に関心を抱いている「yosia621のブログ」と「gildongのブログ」の記事に注目したい。

(ここまでの原稿は三週間前に書いていたもの)


姑息な態度のパシセラ


 パシセラ氏が8月15日付のブログで「清平での役事でのメッセージを読んで」をアップしていた。是非、目を通してください。

 冒頭の一行は「最近の清平での役事でのメッセージを読みました」
 出典が示されていないから、どんなメッセージなのか読むことができない。彼も、統一村の住民ゆえ民度がとても低い。何かの文を批判したり肯定的に援用したりする場合は、出典(URL、文献名)を示すのが一般社会の常識なのに

<注>彼は、選民意識の強い統一教会員さんと同じで上から目線の御仁。ブログのコメント欄を開放していない。それゆえ、「一つの文にでもが2回続くのは変ですよ」と教えてあげたり、「清平のメッセージって、何ですか」と質問することもできない。
 子は親に似るという。パシセラ氏の親分顯進氏も、同じ上から目線の人だと思われてしまいますぞ。老婆心ながら注意しておきます。


 まぁ常識がないのは仕方ないとして、その次の一文には心底、驚いた。 

私は清平を一生懸命に攻撃している、反清平派の統一教会の人たちに協力したくないので、あまり清平に関しては書かないのですが、少しだけ書きます。 (下手くそな文だ)

 この一文には、看過できない重大な問題を孕んでいる。

 パシセラ氏がいう「反清平派の統一教会の人たち」とは、金孝律グループのことを指していると思う。このグループは親分・顯進氏の敵である。
 そうであっても、彼らが糾弾しているのは清平の横領疑惑事件である。
 巨額の献金が金孝南一族の手に渡り、行方不明になっている。
 そのことを指摘することが、どうして「清平を一生懸命攻撃している」ということになるのか。
 ある政治的意図(権力の奪取)があれ、問題は彼らが糾弾していることが事実かどうかということではないのか!

 パシセラ氏もかつては日本の食口。高額エンドレス献金による日本の食口の辛酸ぶりは十分に認識しているはず。
 その献金の使い途に疑義があるのであれば、独自に調査し、糾弾すべきであろう。
 それなのに、協力したくないとおっしゃる。敵に塩を送りたくないということだろう。きわめて政治的、姑息な態度である。

 ところで、私は統一教会員の拉致監禁の実態を暴いた。そうしたところ、救出カウンセラーと称する牧師や全国弁連の弁護士や有田国会議員らから「統一教会に利用されている」「バランスを欠いたルポライター」「統一教会のシンパ的ライター」「統一教会の御用ライター」などなど様々な罵詈雑言を浴びせられた。
 一言でいえば、彼らは私が彼らの敵に塩を送ったから、けしからんと怒っているのだ。

 結局のところ、パシセラ氏と反統一陣営の思考は瓜二つである。
 パシセラ氏らが拉致監禁問題に言及しないのも、やはり敵に塩を送りたくないということなのか。


文顯進マンセー

 話を進める。
「少しだけ書きます」というから、横領疑惑に触れるのかと思ったら、さにあらず。それには一切触れることなく、“原理”を餡ころ餅をこね繰り回したような、私からすれば屁理屈が延々と続く。

「創造原理的に、権威ある位置は、王、父、長男であるという事は、どんな霊能者が現れても、否定できません。否定しようとすれば、論理的な矛盾が待っています」

 おいおい、清平疑惑が韓国のネット新聞に報じられた現在、問題の核心は霊能者の存在とその位置ではなく、霊能者一族の献金横領のことではないのかい。
 それなのに、いつものごとく、長男(?)文顯進万歳だ。
 結果として、パシセラ氏の言説は横領疑惑を黙認しているに等しいのである。
 
 徳野とパシセラ氏は、場所は異なるが同じ穴に棲息しているようだ。   

 人は年月とともに変わっていく。価値観も変わっていく。だから人間は面白い。しかし、変節だけは御免蒙りたい。
 徳野はその昔、当時日本担当だった文顯進氏に韓国人幹部の横領疑惑を直訴したことがあったという。

 ああ、後味、悪ぅ~ッ
 そう思われる方は一緒に「学生街の喫茶店」を聴きましょう。(広告をスキップして)
♪人の姿も変わったよ♪


-パインリーズリゾート疑惑の提起に関する清心教会の声明-

 清平すなわち金孝南一族が自分たちにかけられている横領疑惑は全くのデタラメだというのなら、天宙清平修練苑のサイトで堂々とそのことを明らかにすればいいだけのことである。
 かつて、「清平が裸にされた・・・横領は270億円!」 で紹介した清平レポートが日韓のサイトで流れたとき、天宙清平修練苑は自身のサイトで「我々は陰湿な攻撃を受けている!」と声明文を発表したのだから(全文は「清平の監査を要求した国進氏を断固、支持する!」 に掲載している) 。

 そう思っていたら、どういうわけか横領疑惑の一方の当事者、金孝南氏の夫・金在奉氏に金を貸したとされる清心教会が声明文を発表した。

 これについて検討した記事を近く掲載する。請うご期待。その前に、声明文を読んでおいてください。(翻訳ボタンを押せば、機械訳になる)

 次回は、また清平の腐敗糾弾シリーズ!(苦笑)、「清平に通じる道は汚職の臭いが漂ってくる」をアップする。
 
 なお、この囲みへのコメントはご遠慮ください。今回のブログのテーマは冒頭のタイトルですから。




興味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

追加情報-パシセラ氏はまるで有田芳生さんみた~い♪- (8月23日朝)

 徳野と違って、パシセラ氏は身体反応を起こしたかのように、速攻で反応した。
 「徳野会長と並んで名前が出て」 がそれである。

将来、ブログを見ていなかった人たちが、こうしたブログ村の内容を見つけて、「パシセラとは」といろいろと間違った事を考える人たちもいるかもしれないと思い、その人たちのために一言だけ書いておきますが、その記事の中で言っている事は全然当たっていません。すいませんが、今はこれしか書きません

 相変わらず、下手くそな文章である。
 一言だけ書いておくと宣言したのだから、さぞや本質を衝いた一言がと思いきや、「その記事の中で言っている事は全然当たっていません」でオシマイ。あとはまた原理坊やよろしく能書きだ。

 私が火の粉ブログで書いた要点は3点である。
(1)パシセラ氏は清平横領疑惑のことを書いていない。
(2)パシセラ氏は拉致監禁問題のことを書いていない。
(3)かつて文顕進氏は、日本本部の韓国人幹部の横領疑惑を追求したことがあった。そのとき日本の食口だったパシセラ氏は顕進氏に協力したことがあった。
 少なくとも(1)と(2)は「パシセラのブログ」一覧を見れば、厳然とした事実である。それなのに、全然当たっていないとは!へっへ~、恐れ入谷の鬼子母神様だ。

<注>私は記事で、「彼も、統一村の住民ゆえ民度がとても低い。何かの文を批判したり肯定的に援用したりする場合は、出典(URL、文献名)を示すのが一般社会の常識なのに 」と注意してあげた。それなのに、今回も火の粉のURLを貼り付けていない。
 彼のブログの読者が必ずしも火の粉ブログを読んでいるわけではないはず。読んでいなければ、「その記事の中で言っている事」とは何のことかわからない。そのことを忖度することができない。バカは死ななきゃあ、治らない。これからは、バカセラの称号を進ぜようか。

 日本・統一の大将徳野も、パシセラ氏のような厚顔無恥な態度を身につけたらどうか。
「火の粉ブログを読んで私のことを誤解した教会員もいると思います。そこで、一言だけ書いておきますが、記事で言っている事は全然当たっていません。すいませんが、今はこれしか書きません」
 腐っても会長だから、こんなおバカなことは書かない。

 最後はオチ。
「今はこれしか書けません」のフレーズから、元知ったかライターの有田国会議員の口癖を思い出した。「私は知っているのだが、今はこれしか書けない」
 それゆえ、パシセラ氏はまるで有田芳生さんみた~いという表題を付けたのだが、パシセラ氏、にっこりしてこう思うかも。
<わざわざ私のハンドルネームをタイトルにして、また記事が出ました。なおかつ有田国会議員と並んで名前が出て、パシセラもずいぶん「有名」になったものです>


<補足>誤解されるとまずいので補足しておくが、あたりまえの話だが文顕進氏はパシセラ氏とは似ても似つかない、次元を異にする人である。
 顕進氏は下記のサイトにあるように、世界的に問題となっている「女性や子供の人身売買問題」に、セーフ・ヘブン・キャンペーン(Safe Haven Campaign)として取り組んでいるそうである。
http://www.globalpeace.org/USA/interfaith-alliance-to-abolish-human-trafficking
 また、北朝鮮では「北朝鮮の子供たちを愛そう(Love North Korean Children: LINK)」という運動に取り組んでおり、 小麦などを北朝鮮に送れば、そのまま特権階層や軍のものになってしまうので、サリウォンというところにパン工場を作って、毎日5000人の子供たちに与えるという運動をしている。これはKorea Heraldという新聞にも掲載されているようである。このパン工場を、ピョンヤン、ラジン、ヒャンサンにも拡大するとのこと。
 また、韓国にいる脱北者達に奨学金をあげたり、卓球チームを作ったりと、彼らが定着できるように援助しているようです。
http://www.hyunjinmoon.com/women-korean-unification-personal/?ud=20110817000547

bread-factory-1024x768.jpg
North Korean children before lunch.

 パシセラちゃんも、駄文の日々ではなく、汗をかいたらいかが。

関連記事

コメント

後藤裁判-東京高裁が結審

 8月21日、後藤控訴審が結審しました。

 傍聴記はhttp://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-279.html

 ちょっと笑えますよ。

 東京高裁の判決は、11月13日(木曜日)の14時30分から824号法廷で下ります。

 後藤さん、長い間、ごくろうさまでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

徳野会長に失望!

部外者であり、ルポライターである米本氏が、私たち教会員、元教会員が疑問に思っていることを自らが、代弁者となり、質問状として徳野会長宛てに送付してくださったことに感謝いたします。
それにもかかわらず、この真摯な質問状に対して、今だ3週間経っても何の回答がないとは、米本氏に対してたいへん無礼で、日本の会長であることに失望さえ感じます。
日本の代表責任者として回答ができなければ、うやむやにせずこの疑念に対して、徳野会長自らが、韓総裁に直接尋ねるべきです。侍るばかりが能ではありません。日本の教会員の血と汗と涙の結晶である献金の流れを明確にするようにと。そして、日本の教会員に対していつまでも続く高額献金での悲惨な惨状を韓総裁に直接訴えてください! 見せかけの証しばかりだけを報告しないでください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

何故に黙秘するのか?

手紙にある内容は、教会員も疑問に思う事が大半だと率直に感じます。
教会の恥部に関する問題も絡むでしょうが、誰が見ても当然おかしいと思うでしょう。

拉致監禁撲滅に対して功績のある著名ルポライターが公に質問状を送り尋ねているのに、黙秘し続ける徳野さんの意図が理解できません。
たとえ概要の見解なり表面的であっても、何かリアクションの回答があって然るべきでしょう。
徳野会長は、非常識で無責任な人物ではないかと疑いたくなります。
こうした疑問に対して公言と向き合い対処できる能力が無くても、教会責任者として無視するに等しい態度なら見苦しいだけです。

こういう性質の人材が挙って運営する教会体制だとすれば、組織の体も成さない既に終わった存在だと認識せざるを得ません。

投資と献金

そのお金が投資なら使い方にゴチャゴチャ言えるだろうけど、それが献金なら普通はいろいろ言わないんじゃない?
統一教会も宗教団体辞めて、天国実現の事業計画でも公開して、投資を集めたらどうかしら?
お金を集めた以上責任あるから、真剣に事業を推進するように頑張るんじゃないかな? でも多分そんな事はしないでしょうけど。事業計画も立てられないよね。やっぱり宗教で集めるしかないか?
坊主丸儲けとはよく言ったものですね。
投資するのも献金するのもそれぞれの自由意志ですから、よく考えて自己責任でやりましょうね。
あとで文句タラタラ言うなら、はじめからやらなきゃいい事で見苦しいな。
それも部外者に期待するなんてどうかしてますね。
でもはじめから騙すつもりなら話は違います。世の中にはごまんと詐欺事件はあるようですが、逮捕されても「騙すつもりはなかった」と言うんでしょうね。
騙されたと思う人は返してもらうようにお願いしたら如何でしょう?
それもしない?
信じたいけど信じられない?
信じられないけど信じたい?
自分ならあとで後悔するくらいなら、投資も献金もしないな。
熱心党の方々は後悔したくないから一生懸命献金するんでしょうね。
人それぞれです。
さあ、皆さんはどうなんでしょうね。

パシセラ氏の反応ブログ

 パシセラ氏がおバカなことをブログで書きました。

 それについて、末尾に「パシセラ氏は有田さんみたい」の表題でコメントしておきました。

 松江は秋の気配を感じる爽やかな朝です。それなのに、おバカに時間を割かれるとは。やや泣きたい気分です。

なんだか感動のないドン引き教会

『わざわざ私のハンドルネームをタイトルにして、また記事が出ました。なおかつ有田国会議員と並んで名前が出て、パシセラもずいぶん「有名」になったものです』
⇒笑けましたw、ヨシフパシセラになってしまいそうですね・・
三男顕進さんは、一番まともそうですが私の大嫌いなマイク・ホンダと肩を組んで笑う写真などを見ると日本のことなど眼中にないようにも思います。それとも、マイク・ホンダに対する態度はイエス様がザアカイを受け入れたような行いなのでしょうか?なわけないか・・・
それにしても、さすが経営学を学んだだけあって、顕進氏は大衆受けするフレーズをよく知っているますね。正直なことをいうと、ハーバード大学などに行けるのは、日本人食口の血の結晶である献金でぬくぬくとぼっちゃん生活をできたからではないかと、心の狭いRyoは思ってしまうのです・・・
ロスチャイルドの世界革命行動計画アジェンダ17
「代理人は大衆受けのするスローガンを生み出せるよう訓練されなければならない。大衆には惜しみなく約束しなければならないからである。約束された事と反対の事は、後になれば常におこなえる。」
これじゃないっすか???w

徳野パイロットだから不時着前に空中分解

徳野通達といったって、現実的には徳野(記事にならい敬称略)が書いたわけでもなければ、誰かに「書け」と指示したわけでもないと思います。当時の日本の責任者だった国進が、当時の本部長の大島に命じて、大島が書いたものでしょう。徳野に、あんな発想はないです。ビジネスマンの大島だからできたこと。

それと、前回の会長の時に辞任したのだって、国進から「記者会見して辞任しろ」と命じられたのに決まっています。徳野に、あんな発想はないです。どう考えても、ビジネスライクな国進の発想です。

つまり、徳野はいまだに「日本の教会の使命はカネを集めて韓国に送ること」だと信じて疑わないということだし、カネを集めるためには手段を選ばないと思っているはずです。でなきゃ、ビデオ礼拝で60数のことを堂々と言えるはずがありません。

もちろん徳野は、拉致監禁問題を解決しようなんて思っていません。国進に言われたからやってただけです。

要は、上から言われた通りにするだけのイエスマンもしくはポチ的存在でしょう。本当は前会長の時に辞任したくなかったに決まっています。そうじゃなきゃ、警察沙汰で引責辞任したトップがヒョコヒョコと再登板なんかしませんって。だから、徳野通達なんか意識の彼方に飛んで消えてるでしょう。

そういう人間だと思います。そうじゃなければ、ちゃんと米本さんの質問に回答するはずでしょう。

光太郎さんのコメントが的を射ていると思います。

>組織の体も成さない既に終わった存在だと認識せざるを得ません。

私も終わっていると思います。飛行機だったら、エンジンが全部壊れた状態。グライダー飛行で自由落下に任せるだけの状態。そう長くは持たないでしょう。

パイロットの腕が良ければ、最小限の被害で不時着できるかもしれませんが、徳野パイロットだから不時着前に空中分解でしょうね、きっと。

連絡請う!

「管理者にだけ表示」をクリックして、「公職者ブログ」のタイトルで投稿されたAさんに。お伺いしたいことがありますので、メールアドレスを教えてもらえませんでしょうか。

 メルアドを知られるのは何だか怖いと思われるかもしれませんが、実際に住んでいらっしゃる住所ではなく、バーチャルなネット上の住所です。
 私の↓のメルアドに送信していただければ、他の人が知ることはできません。
 せっかくいただいた投稿を生かしたいと希望しています。
 どうか、よろしくお願いいたします。

60数?90数に変更したようです。

いつの間にか、清平から一人90数にとの指示がいっているようです。
いよいよ、トンズラの準備かとの指摘もあります。イタコ夫の横領、使い込みで計画が狂っていますから、ヨイド裁判の敗訴による裁判費用の負担、傘下団体のマンネリ化した赤字など、首が回らない状態。
その悔い改めを日本の信者に押しつけるのが、常套手段だということに気付かないといけません。

清平施設の利権争いは日本から上がる献金額で決まるでしょう。清平派は命がけで献金、顕進派は絶対にするなの指示と返還運動を展開、その他の派閥は傍観、といったところでしょうか。

この勝負、顕進派の優勢が伝わっています。もし、そのままの結果が出れば、清平イタコはトンズラします。その片棒を担ぐ日本の婦人たちは、どっちに転んでも教会の体が守れるように二股をかけておくのでしょうか。
純粋な信者は、また借金してでも出します。(知り合いから借用依頼がありました)日本で集金しても韓国には送らないでください。今は利権がらみの闘争で聞くに堪えません。完全に腐っています。

韓鶴は清平イタコに完全にマインドコントロールされ、自分の意志を持っていません。だから、自分の子どもに非道ができるのです。韓鶴では協会を牽引できないとの冷ややかな酷評が蔓延しています。

60も、90も、トンズラ資金になるんですね。

宗教マフィア

 そもそも統一教会にあっては教祖夫人が黙認すれば、「公金横領」ではない。「王権神授説」と「絶対王政」に基づく統一教会にあっては、
神の意思   = 文教祖の意思  A
故文教祖の意思= 鶴子夫人の意思 B

 である。
 因みにAを否定するものは非信者であり、Bを否定するものは分派である。

 一応、日本統一教会というのは法人の姿をしているが文教祖や鶴子夫人の感覚では「私有物」に過ぎない。
 従って、信者の献金は鶴子夫人の恣意に任される。
 非信者にとっては、鶴子夫人の恣意は「私」に過ぎないが、信者にとっては「公=神意」と思いこまないと信仰が保てない。
鶴子曰く、「清平のことはとやかく言うな」と金イタコの行動を黙認しているのだから、決して金イタコの「公金横領」ではない。
 足を洗った私から見れば、
鶴子「私」から金イタコ「私」に献金が流れただけなのだ。
 鶴子にしては上納金(上がり)がどう使われようとおまえ達(信者)は文句は言うなということです。
 ましてや、舎弟スネーク徳野が「上納金が消えたと言うて組員が騒いでます。」と鶴子に質問したところで、

 「アホかワレ?あれはなあ、わてが信頼しとる占い師に任せてるんじゃ、ぐちゃぐちゃ言うな、もっと上がりを持ってこんかい。」

と返されるのがオチです。
 
 もしかして、米本さんは徳野さんの「コンプライアンス宣言」(建前)を信じていたんですか?
 そんな、カタギに戻ったらシノゲないのが統一教会ですよ。
 鶴子夫人の「アウトロー宣言」(本音)は正直だ。徳野さんは梯子を外された。
 4男さんはハジキ製造に忙しいから、米本さんの期待通りにいかないと思う。

トンズラ?

末端信者の私には60から90への変更はまだ届いておりませんが、トンズラは現実的にまだ先の話ではないかと感じております。

狂信的献金信者はたくさんおり、他ブログのコメントで借金して献金してきたから家族に誇れないような内容を拝見しましたが、私が知っているそういう方々は教会内部では誇らしげでとても満足そうです。

ヨイドの損害賠償等も一気に耳を揃えては無理でも分割など猶予があれば何とかなるのではないでしょうか、でしたらトンズラするほど危機的状況ではないと思います。それに元霊感商法幹部はそういう状況を幾度となく超えてきたので、あの手この手で集金し目標を達成するのではないかと思います。

韓国教会幹部の会話

002周年のイベントに韓国中の信者を動員。足りないときは日本から呼べばいいだろう・・・という会話の下りで、

「몇 개 필요 해?」「どれぐらい必要?」

「ㅎㅎㅎ2,3백 마리? 몇 마리도 돼...」
「ふふふ2.3百匹? 何匹でもいいか・・・」

日本の信者は人間扱いされていません。
みんな「忠犬ハチ公」だと思われています。

疑問に思ってること

清平では、かいおん、祝福をして
5月のつつじ祭に行ったら
生きてきた罪が全部消えると
言っていたのですが
恩赦のときもそうですし、
全部罪が消えることも
すごく不思議です。

あとは文先生に妾がいたこと
朴先生の子供として育てられた人が
実は文先生の妾の子だったって
カルト新聞に書いてあったのですが
本当かな?

最近意味がわからないことが
多いです

Re: 宗教マフィア

 goutさん、蒙が啓かれるようなすっきり投稿、ありがとうございました。

(引用はじめ)
神の意思   = 文教祖の意思  A
故文教祖の意思= 鶴子夫人の意思 B

 である。
 因みにAを否定するものは非信者であり、Bを否定するものは分派である。

(引用終わり)

 その後に続く文章の引用は省略しますが、考え込んでしまったのは「私」と「公」のことです。

 李氏朝鮮王朝のことをそれほど勉強したわけではないけど、王に公意識がまるでなかったとは思えません。

 また、goutさんには否定されそうだが、文鮮明王朝にも公意識がまるでなかったとは思えません。

 公意識は、自分と対等だと思われる人と対話することから生じるのではないかと愚考します。
 文鮮明氏は心の内では上から目線だったかも知れませんが、非統一教会のVIPと対話しています。

 では、なぜ韓鶴子氏には公意識がないのか。

 こうした問題意識からすると、前述の、故文教祖の意思と鶴子夫人の意思とは等式では結ばれないと思うのですが、いかがでしょうか。

 このコメント欄ではなくとも、goutさんのブログ「いつも私の隣に献金FAX and メール」でも。(もう、そんな問題意識は卒業した、なんて言わないで)


 話変わって、
>もしかして、米本さんは徳野さんの「コンプライアンス宣言」(建前)を信じていたんですか?

 いや、そこまでナィーブではありませんよっ。

 徳野通達が出されたのは、新潟・北玄事件、渋谷・新世事件を受けてのものです。
 教団本部はとても緊迫していました。

 さいぞうさんは大島氏が書いたものと推測されていますが、大島氏も絡んでいたかもしれませんが顧問弁護士があの通達文の起草に深く関わっていました。
 教団中枢に捜査の手が入らないことを目的としたものでした。
 つまり、警視庁公安に“恭順”の意を表したものです。お上に尻尾を振った。

 goutさんの投稿に即して換言すれば、「公」を意識したものだったと解釈しています。

 この公意識をたてに、私はあえて徳野通達をこれまで強調してきました。

「秀のブログ」の右サイトに徳野通達文を書いているのも、違法行為を抑止させるため、と解釈しています。

 しかし、今となっては昔。

徳野よ!警視庁公安がこのブログを読んでいることを忘れる勿れ
です。

 なお、誤解されたままになるのが嫌だから、あえて書いておきます。

>4男さんはハジキ製造に忙しいから、米本さんの期待通りにいかないと思う。

 私が国進氏に教会の改革を期待していると思われているようです。確かに、彼には近世の統一を近代の統一に変える力があった。
 しかしながら、統一の現代化までは無理だと思っていました。

 彼がハハ様の琴線に触れて追放され、統一教会は公意識のない時代に戻ったと思っています。

(追記1)神山さんの演説文を掲載したことで、本部周辺筋は私のことを「文3派になびいている」と陰でささやているとか。レッテル思考、白黒脳はしぶといです。
(追記2)goutさん、一度、個人メールを送ってもらい、内緒話をしませんか。テーマは公文さんのことです。

教会の秘話

匿名希望さんへ

そんなことは教会秘話の一つとして、古参の信者はみんな知っています。原理の内容とは矛盾していても、生活のためにしがみついてきたのです。米では朴氏の養子として育てられた腹違いの子(金永雲氏との子)に加え、もう一人腹違いの子がいます。孝進氏の元妻である洪蘭淑氏や恩進氏も証明しています。

生前は文氏の子だと名乗り出る者が後を絶たなかったと言ってもいいほど、一般的な評価は好色家になっています。
なぜなら、72家庭ぐらいまでの婦人にはみんな文氏が手をつけたからです。厳密には1800家庭までいます。教会でのステータスを保証され、生涯独身を貫いている女性幹部が該当します。00転換という大義名分を掲げて・・・それが6マリア、60マリアという秘話なのです。

ははは…
ばらしたら、秘話でも何でもありませんが・・・
そのような人たちを一生養わなければならないので、お金はいくらあっても足りません。

Re: 韓国教会幹部の会話

 チューリップさん、韓国教会幹部の会話をどうしてご存知なのでしょうか。

(引用はじめ)
「몇 개 필요 해?」「どれぐらい必要?」

「ㅎㅎㅎ2,3백 마리? 몇 마리도 돼...」
「ふふふ2.3百匹? 何匹でもいいか・・・」

(引用終わり)

 ここまで明らかにされるのですから、出典を示してください。

 チューリップさんからの情報をいちいち裏付けを取ったのですが、ほとんどが眉唾ものでした。

 韓国の情報筋に確認して笑われたのが、この一文でした。


>清平イタコがソウルのヨイドの土地をとにかく買い占めようとしていますが、かなりつながりを感じます。ヨイドは韓国経済の中枢をなすビジネス街。そこにゴルフ場、またはゴルフの練習場をつくるという発想は、商店街の親爺のようで、まさにイタコ夫が考えそうなことです。

 ヨイドは日本では六本木ヒルズ界隈のようです。
 あそこにゴルフ場、ゴルフ練習場?確かに!

 こう綴っていたら、またチューリップさんの投稿がv-12

 題して<教会の秘話>

> 生前は文氏の子だと名乗り出る者が後を絶たなかったと言ってもいいほど、一般的な評価は好色家になっています。
> なぜなら、72家庭ぐらいまでの婦人にはみんな文氏が手をつけたからです。厳密には1800家庭までいます。


 これまで根拠は?と質問してきましたが、一切返答なく。
 よって、チューリップの投稿は流言蜚語の類だと判断せざるを得ません。

 情報の根拠を示されない限り、レッドカードです。 

出典は「因果応報」

情報の根拠ですか。秘話は秘話のまま、知る人ぞ知るということにしておきましょう。
根拠も何も「因果の法則」のとおり、結果を見れば一目瞭然でしょう。韓鶴が自分の子を信用できないのも、健全な夫婦関係ではなかったということに尽きます。何人も妾がいたのですから、夫を信用などしていませんでした。文氏の晩年、特に身体がままならなくなると、韓鶴は文氏を無視し無碍に扱いました。「おんまー」と叫んで呼んでいるのに無視です。(直接見ました)人間的な幸せが得られなかった分、権力で補っているのでしょう。

当方は日本の知り合いに搾られるだけ搾られて苦しんでいる人がいますので、同じ教会でも韓国と日本では情報の落差が甚だしいことに気付いてほしいと思っています。日本の幹部さんには迷惑なことでしょう。
主さんのブログだけでなく、様々なところでアプローチしていますので、ここで叩かれておしまいにはなりません。レッドカード、上等です。

幹部の会話に関しても臨場して直接聞いた話です。韓国語であることと、公の会議の場ではないことを加えておきます。そしてそれ以上の貶めがあったことは、自身が日本人として韓国で生きる中で体験しています。こんなのは氷山の一角に過ぎません。日本のネトウヨのような輩が韓国統一教会の信者です。「日本人は歴史的に罪深いから苦労するのは当たり前」というは、韓国信者の共通認識です。ネトウヨが「朝鮮野郎」と卑下するように、日本の信者を「日本の犬野郎」と貶める。教養も品格もない、ちょこちょこ献金をくすねるような「げす野郎たち」に、そのように思われていることを知っておいてください。

主さまには情報の根拠を示せなどのデモンストレーションがあったということで、ならば、別のところで徹底的に叩き返すことにしましょう。

Re: 出典は「因果応報」

>情報の根拠ですか。秘話は秘話のまま、知る人ぞ知るということにしておきましょう。

>主さんのブログだけでなく、様々なところでアプローチしていますので、ここで叩かれておしまいにはなりません。レッドカード、上等です。

 人間到る処青山あり

 期待しております。

変なのぉ・・・と、思っちゃったぁ

 いつも米さんの記事を興味深く読ませていただいていますぅ。

 今回の記事の中に、「いつも私の隣に」「今日もいいことがある」「教育部長の講義日記」さんの内容があったけど~

 あたしも、以前からこれらのブログはなぜ、様々な教会についての疑惑に何もかかないのか不思議だったんだ。

 自ら所属する組織だから、触れづらい事もあるんだろうけど、誠意ある団体ならば
「様々な疑惑、噂がありますので、調査が終わり次第、食口の皆様に報告します
 等とブログで述べたら良いのにと思いましたとさ。

 教会組織の疑惑がこれだけたくさん噴出しているのにも関わらず、何事もないようにこれらのブログは書かれていて、現役食口の私の頭は非常に混乱しちやったぁ。


 そういった事に頭を悩ませているときにね。
 所属する教会の礼拝堂で、ある書類を見かけたのよね。
 他に人がいる中でこっそり見たので、間違って記憶している部分もあるかもしれないけど、明かすのはもうドキドキ。ほんとよ。心臓がはちきれそうっ。

 全部で4枚。
 1枚目はプロフィールで、顔写真、名前、生年月日、家族構成、学歴、役職等を記入する欄があり、我が教会の総務さんの提出する書類のようでした。
 2枚目は「誓約書」。
 詳しくはわかりませんが「組織の秘密情報、個人の情報を漏洩し、当組織に損害を与えた場合は・・・(続きの文章は忘れてしまいました)」と書かれていました。
 3枚目も2枚目と似たような内容で秘密保持に関するものでした。
「退職した後も当法人で得た秘密や個人情報を漏らし、損害を与えるようなことをしてはならない」
 
 4枚目はアンケートのようなもので「原理講義はどれくらいできますか?」「パソコンはどの程度使えますか?」などの質問が何項目かありました。2枚目か3枚目のどちらか忘れましたが、用紙の右上には「2013年1月1日徳野英治」とありました。

 ですから、公職者はこれらの書類を徳野会長(本部)に提出し、秘密保持を誓っているから、教会に対して損害を与えてしまうような悪い内容をブログで発することができない。だから公職者ブログは、いつも平和な内容なんだと、自分自身納得しましたとさ。

 米本さんも、教会内部にお知り合いがいらっしゃると思うので、誓約書の内容はご存知だったかもしれませんが一応コメしました。
ニカッ
 あたいは、ロックじゃなかった、メシアを信じていますからねッ。よろしくネ。

 米本さんも、ふらふらしないほうがいいと思うよっ。

秘密保持

「組織の秘密情報、個人の情報を漏洩し、当組織に損害を与えた場合は・・・」、「退職した後も当法人で得た秘密や個人情報を漏らし、損害を与えるようなことをしてはならない」などの秘密保持に関する誓約は「組織の不正や悪事」を暴露する内部告発を制限するものではありません。

秘密保持は不正行為を隠蔽するためのものではないことを是非ご理解し、関係者の方にもお伝え下さい。

大変申し訳ないのですが、どんなに内部から変えようとしてもできなかったUCの正常化にこのスレッドは貢献していると思います。

公安の皆様に期待

「組織の秘密情報」を漏らしちゃいけいないといったって、例えばその組織が犯罪をしていたら警察に告発しなければならないのは当たり前じゃないですか。

例えばその組織が人殺しをしていたとする。その秘密を漏らしちゃいけないなんてあり得ない。そんなことまで強制する組織は、社会にとって害悪以外の何ものでもありません。

今回の聖和2周年では、1人90万ずつ韓国にもってこいという指示がでました。かつても名節のときには「持参K]といって、ハンドキャリーで現金を韓国へ信者が運んだものです。

100万円を超える現金を外国へ持ち出したら外為法違反だということを本部はよく知っているので、1人90万円にしているんです。でも、これって組織的にやっているわけだから、1人でカウントするんじゃなくて統一教会ひとくくりでカウントすべきでしょう。そうしたら、立派な組織的な外為法違反です。本来、会長は即お縄です。

「私は教会の指示を受けて90万円を韓国に持ち込みました」と情報を公開したら教会への誓約違反だというなら、教会はどんどん腐っていくだけです。犯罪や、それに類することは、公職者は逆にどんどん内部告発するべきです。

徳野が内部の礼拝などで、少しでも献金プッシュの話をしたら、そく公開するべきです。例の60Kプッシュビデオ礼拝なんかは、すぐに公安に届けるべきだったのです。徳野通達で前回は警察に約束したんだから、その法人としての通達を会長自身が破るのだから、警察に即逮捕してもらうべきです。

米本さんによれば、このブログは公安の人も読んでいるそうだから、ぜひ言いたい。

統一教会は国のためになってる宗教団体ですか? そう思うなら、このまま放っておいてください。

逆に、統一教会は国のためになっていない。信者やその家族や周囲の人、つまり国民を不幸にする団体だと思うなら、あらゆる法を適用してどんどん摘発していくべきです。

いつまでも信徒の高額エンドレス献金で、宗教サラリーマン連中の生活を維持するだけの組織をのさばらさないでください。

国民の安全に責任を持つ公安の皆様の矜持と良識に期待します。

やるせない組織

徳野会長はあんな宣言をしながら献金に責任を持つ日本会長職に着けば自己矛盾になる事はわかっていたはずなのに、誤魔化し切れるとネット時代の怖さがわからなかったのか、自分の子供の祝福を考え人事を断れなかったのか、、?
本当に残念な組織です。

補足情報を見て、顕進様の悪口を教会が言うのは絶対に止めてほしいと思いました。平和活動はお父様の願いですから、評価出来る事はすべきです。

あと証拠が無いから米本さんのブログではダメでしょうが、チューリップさんの日本人侮辱の会話の内容は否定できません。
前から日本人を馬鹿にしている傾向はあったし、日本人の従順さは韓国人から見たら言いなりロボットで見下しきっているのでしょう。日本人の献金がなければ何も出来ないくせに、、。あの比較的良心的な亨進様さえ日本人の苦労を来日して直接見るまで、日本人食口は献金に狂っていると軽くみていた話を聞きましたから。

残念な事にこのような韓国人トップに利用されている多くの献金源の日本人信者はネットも見ない情報弱者です。
米本さんの統一教会暴露話が書籍化されたらなぁ。
誰でもそれを見れるのが統一教会幹部には恐怖だと思います。婦人たちはサタンの本だと見ないでしょうが、周囲の一般人から耳に入ると気になるとは思います。
もうね、食口より一般の方の良識の方がよほどまともだと感じます。今までお人好しと馬鹿にされてたのが教会ではアベル的と褒められ舞い上がるんですかね?盲信一直線ですよ。
それを統一教会内部では絶対信仰、絶対服従の模範的信徒で素晴らしいと評価されます。使えなくなればポイ捨てなのに。
統一教会宗教会社は本社が韓国で日本支社は本社の言いなりでどうしようもないから、公安や日本政府にもっと頑張って取りしまってほしい。
この組織は余程の外圧が無いと変わらないでしょう。

匿名希望さんへ(回答と注意)

>あとは文先生に妾がいたこと
朴先生の子供として育てられた人が
実は文先生の妾の子だったって
カルト新聞に書いてあったのですが
本当かな?


 以下のサイトを読んでください。

http://www.motherjones.com/politics/2013/12/reverend-moon-unification-church-washington-times-secret-son?page=2

http://www.geocities.jp/yyjapanjp/pa.html

https://www.youtube.com/watch?v=6Qh326puMhA


(注意1)匿名での投稿、またタイトルなしの投稿はご遠慮願っています。
 ブログの左サイトの上の「注意事項」を読んでください。

(注意2)「カルト新聞に書いてあったのですが」と書かれても、カルト新聞をあまり読んでいないので、どの記事かわかりません。URLを貼り付けてください。パシセラさんに注意したのと同じです。

悪気はないと思いますが

>今回の記事の中に、「いつも私の隣に」「今日もいいことがある」「教育部長の講義日記」さんの内容があったけど

私が思うに、このお三方が多数の不可解な出来事に対してコメントしないは、意図的策略的ではなく、本当にそれらに対して関心がないからだと思います。

今は韓鶴子氏が教祖、彼女が語ることが全て、教祖も徳野さんもこれらの不可解な問題に対して言及していない。また最近恩進様が戻ってきた、子女様は最終的にお母様のところに戻ってくるようになる。歴史ではサタンが攻撃を先行するが、最終的に神側が逆転勝利するようになっている。全く問題ない。ただ与えられた責任分担(講師、説教等)を行うだけで良いって感じで。

また、彼らはおそらく社会経験がないかないに等しいので、社会の常識や社会通念が乏しいので、仮に米本様とこれらの問題に対して協議する場を与えられたとしても会話が成立しないと思います。例えば米本様の質問に対して即答できず(自分の意見がない)、地区長や教区長に聞いてからとか(レベル低!)。本当に統一教会内の極々狭く小さい世界しか知らない方々です。

要するに申し上げたいことは、このお三方は悪気があってコメントしないわけではないと思いますよ。

Re: やるせない組織

>この組織は余程の外圧が無いと変わらないでしょう。

 そう思います。警察権力の手を借りるしか、組織を変えることができないとは、何とも情けない限りです。

 でも、統一教会の改革だけでなく、拉致監禁をなくすのも外圧を頼らざるを得ないのが現実です。
 国境なき人権の調査報告書にこんなくだりがあります。

<2010年の来日中に面会した国会議員の一人は、拉致・監禁問題を打開するには「黒船が必要だ!」と発言した。>
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-317.html#more

 もっと視野を広げていえば、日本の蛸壺的で均一を好む文化風土もそうではないかと思います。

 ところで、
>チューリップさんの日本人侮辱の会話の内容は否定できません。

 日本の食口を豚に例えて表現したのかは疑問ですが、日本の食口を蔑視しているのはその通りだと思います。

 その直接的な原因は、韓国・アダム国家、日本・エバ国家と規定した文鮮明氏にあります。
 日韓の一般論ではなく、こと統一教会の内部に限っていえば、文鮮明氏に原因があります。
 このことに言及しない限り、チョッパリ、チョンコロレベルの不毛な議論になってしまいます。

 なぜ、日本がエバ国なのか。
 教学担当に説明を求めましたが、はっきりした回答は得られませんでした。
 私は、文鮮明氏が高度経済成長の金持ちになっていく日本に目をつけたからだと邪推しています。さようなら英国、こんにちは日本。

 なお、チューリップさんに退場を願ったのは豚発言ではありません。
 彼の情報の多くが根拠のない流言蜚語の類だと判断したからです。
 管理者にだけ表示のコメントでは、パシセラ氏は在日の韓国人幹部で、裏の会長(表は徳野氏)だとか、神山元会長(K牧師)、江利川女史(E婦人)が清平に献金の返還請求をしているとか(泣)ね。情報の根拠を求めるのは当然でしょっ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

後藤控訴審のすべてがわかる!

「拉致監禁by宮村の裁判記録」に東京高裁に提出された書面・証拠の一覧表がアップされました。

http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-281.html

 これを読めば、高裁判事が判決を書くにあたって、どんな書面・証拠を吟味検討するかが一目瞭然でわかります。

 今回の記事は、後藤裁判に関心がない人でも読まれるべきものだと思っています。

 離婚裁判を考えている人にとっても、裁判はこんな感じかがわかります。

 小生が読みたい書面・証拠は、裁判ブログのコメント欄にも書きましたが、

甲182:陳述書(伊藤芳朗弁護士・新たな資料添付・宮村の主張の虚偽性について立証)

甲187:懲戒請求書(後藤■<後藤徹氏の兄>・一審被告■<後藤徹氏の兄>が,伊藤芳朗弁護士を懲戒するため提出した懲戒請求書)

乙ハ101の1:照会状(被告宮村代理人木村壮弁護士・伊藤芳朗弁護士の陳述書(甲182)の添付資料にある紀藤正樹弁護士の手紙について紀藤弁護士に回答を求めたもの)

乙ハ101の2:紀藤正樹弁護士の回答

危機意識のない徳野会長と公職者

 徳野日本統一教会会長に対して配達証明書付きで送られた米本さんの質問書は教会内外の良識ある人々が持つ疑問を率直に書き綴ったものであり、常識的な倫理に適ったものです。
 その質問の中にありますように、献金の横領事件さえ曖昧にする組織体制、コンプライアンスに反する信者に対する高額献金の要求等は統一教会員に対する「拉致監禁、棄教強要」事件の発生原因ともなりかねないものであり、宗教法人である統一教会の責任者としては その組織が反社会的団体であるように疑惑を持たれている問題として深刻に受け止め、その質問に真摯に答える義務があるのは当然なのです。

 しかし、半月以上間があった回答期限を守らず、40日以上経った今に至っても質問に回答せず、統一教会内外の多くの人々が懐く深刻な疑念を完全に無視するその態度は 宗教法人の代表者として失格であり、一社会人としても一人前とは言えず、最悪の組織代表者であると非難されて然るべきものです。
 このように統一教会が社会的信頼を喪失する危機に瀕していながら、無言でいることしかできない代表者は責任を放棄した組織の背任者であり、最終的にはその任命者が責任を問われねばならないことになるのです。

 つまり、米本さんからの社会的に順当な質問に答えられぬ徳野英治日本統一教会会長は自らの経歴に汚点を残すと同時に、その職に任命した韓総裁の‘顔’にも泥をぬることになるのです。
 徳野英治会長が質問に答えぬということは、統一教会は「世の中の法律」が自分達の組織を「指図することは」できないとの考えであることが事実であると認めたことになり、反社会的団体であることを事実上認めることになるのです。
 そのことの重大な意味にも気付けないのでしたら、善良な教会員が世の非難の的となるのを防ぐ為、即刻会長職を辞して、役員報酬も全額返納すべきではないでしょうか。
 その報酬は正当な集金方法によって得られたものとは言い難いお金から支給されたものであり、高額献金を搾取され、いつまでも貧しい信者達の事情を知りながら良心の呵責を感じずに報酬を受け取れる方が異常なのです。

 そのような徳野英治会長の『都合の悪いことは一切口をつぐむ』保身的堕落性は既に、公職者ブロガーによるブログ活動を通して表されており、米本さんが指摘した「いつも私のとなりに神様さま」や「教育部長の講義日記」、「今日もいいことがある!統一教会員のブログ」の公職者ブロガーは、統一教会員がその信仰生活において最も苦悩し、葛藤が大きく家族の崩壊さえ招く恐れさえある『高額献金問題』については、全く、一切、一言も書くことは無く、白々しく 漠然としたどうにでも解釈できる信仰用語をこねくり回して中身の無い言葉をただ並べているだけです。
 その公職者達は前に米本さんが指摘したとおり、信者からの『高額献金』によってサラリーマンの如く悠々と生活を送っているようですから、米本さんの分析どおり「感受性鈍感疾患に陥っている」のは確かなことで、良心が麻痺しているように思えてなりません。

 徳野英治会長を筆頭に、社会に対して『都合の悪いことは一切口をつぐむ』公職者の保身的堕落性は、多分信者による『高額献金』によって生活できている間は是正されることはないと思います。
 彼らが矯正されるには、その信者から搾取した献金に依存する生活から‘足を洗わせる’以外にないと思います。
 統一教会の公職者を典型的な‘偽善者’のままでいさせない為にも、‘エンドレス高額献金’はストップする必要があります。 

未来の統一運動像が、まだ見えません。

米本さんが仰るように文先生も日本に対して厳しいみ言が多いですからね。
ただ在韓メンバーに聞いた話では韓国食口に対して日本食口を褒め韓国に厳しいみ言を語ってたりされているので、文先生と直接接した機会があまりない私には謎の方です。

ただかなりあの世代的に亭主関白傾向は強そうですね。だからアメリカ育ちのご子女様やお孫様世代に期待するところですが、、それが叶わぬ願いなら考えなくてはいけません。

あとね私は日本がエバ国に選ばれたのは高度成長故だけでなく、文先生が日本に留学している時に日本人女性の旦那様や家族に献身的に尽くす性質を見てエバ国に選ばれたと考えています。教会用語を含めて言うとアベル的優等生的に考えるなら見本となれる母の性質があったから。カイン的斜めに考えるとその性質を利用でき韓国や世界に奉仕させれると考えたから。です。

チューリップさんのレッドカードに関しては異議はありませんが、引用ブログのURLで民度を計られるのは機会オンチの私には辛いところです。
興味があれば引用ブログ名をググり検索すれば良いと思いますが、、、。
やはり米本さんは物書きの方ゆえにそちらの物差しは厳しいと感じます。こちらの件で責めらると項垂れるしかありません。

それからオマケですが、
聖和二周年の徳野会長のお言葉が「神霊と真理に満ちた個人・家庭・教会に」ですよ。
ちょっと戸惑いましたが、続いて「2番目のポイントは、私たちがいかにして真の意味における天のみ旨のオーナーになるかであります。私たち統一教会ならびに統一運動全般の組織が、まだまだ未熟で不足な点があることも事実であります。故に反対派や、時には中間派のグループからも厳しい評価を受けたり、批判を受けることも時々ございます。攻撃する側を一方的に非難したり、自らの非を認めず弁明に終始したりすべきではないことは確かです。今こそ教会の不足な部分や未熟な部分、あるいは弱点を謙虚に受け止めることが必要です。教会全体の、もしさまざまな課題や問題点が発見されたとしても、それを自らの課題や問題点として受け止めることができるかどうかにかかっているということであります。そのような意味で私たちが真なるみ旨のオーナー(主人公)になるためには、教会のさまざまな良い点のみならず、不足な部分をも自らの責任と捉える心の姿勢が必要だということであります。」と話されてます。
(全文必要なら世界日報にお問い合わせを。8/24のSUNDAY世界日報号外のものです。)

確かにみ旨の主人意識は必要ですが、何の権限も発言力もない末端に全責任を押し付けられてもなぁとも思います。
末端にばかり悔い改めさせて、その上に図々しい幹部が牛耳っていたら何の改革も起こせません。

日本統一の無責任ボケ!責任者どもよ!表に出て来い!ボケ!

本当に、ア・ワ・レ日本統一教会員!
オ~イ!徳のない、徳野のボケ!表に出テコンカイ!・・・神山のオッサンも出て来たぞ!・・・ついでに、日本統一教会の一番の罪作り犯罪人の在日朝鮮人の古田元男よ!いつまで、お前!逃げまどっているのだ!アホ!堂々と出て来い!

日本で生活させてあげているのだから、少しは日本の武士道精神を学べよ!・・・ボケ!

Re 桜子さん

>だからアメリカ育ちのご子女様やお孫様世代に期待するところですが、それが叶わぬ願いなら考えなくてはいけません<
 
私が2013年3月までおよそ3年半は国進様のもとで、そして今年7月からは亨進様のもとで活動して来た経験からすれば、これは「叶う願い」だと思います。
 
1ヶ月ほど前だったでしょうか。日本とか韓国ではおよそ想像もできない光景がここサンクチュアリ教会で見られました。
 
毎週木曜日の夕方7時からはバイブル・スタディ(聖書研究)の時間なのですが、ちょうどこの日は一人のアメリカ人食口が演壇に立ってその時間を担当していました。
 
すると彼が語る内容を聞いていた、やはりアメリカ人の女性食口が手を上げて発言しました。
 
『あなたは演壇に立って発言しながら、ヒョンジンニム(亨進様)の名前にニムをつけなかった。こうした呼び捨てはあってはならない』と。
 
ところが壇上の食口は譲らずに、『ニムを付けないのが私の呼び方だ。あなたが何と言おうと、これからもつけない』と答えたのです。
 
最前列の席でこれを聞いていた亨進様は『ニムを付けても付けなくても、私は全く構わない。各個人が自由に決めるべきだ』と言われました。そして更に『私の兄や姉の何人かは、この「ニム」と言う言葉のために間違った貴族意識のようなものを持つようになり、その結果誤った方向に行ってしまう様子を、私は見てきた』と言われました。
 
そして韓国におられる頃は、「ニム」ばかりでなく、『毎日何十回と「セゲフェジャンニム(世界会長様)」と呼ばれていた』ことに当惑された経験を話して下さいました。
 
『まるでそう呼んでくれなければ、私がその役職に就いていることをうっかり忘れるかのように、執拗にそう呼び続けた』と言われました。
 
一度は『何とかできないものだろうか』と国進様の助言を求めることまでしたそうです。すると国進様は『それは、その人たちの精誠の表しだから、そのままにするのが良い』と言われたそうです。
 
私が後で、『私はアジア育ちですので「ニム」を付けますし、時には「セゲフェジャンニム」とお呼びするかも知れません』と申し上げたら大きく笑っておられました。
 
一つの例に過ぎませんが、私の印象では真のお父様の伝統を受け継ぎつつ、全く新しい組織文化がこの教会で芽生えているように思われます。

Tim Elder さんへ

情報ありがとうございました。希望が見えました。
実際来日された時の亨進様もとてもフランクで何より飛行機は安いエコノミーを使い、高いホテルに泊まるのを拒否され教会に泊まられた話を聞き、また亨進様の本を読んでも好感が持てる方です。

だから良識的なご子女様達が一つになられ統一運動を引っ張って行くのが一番ベストだと思われます。
お母様はご自分の子供達をもっと信頼して、カイン子女の韓国幹部の文句に開き直り彼らを捨ててでもご子女様達をもっと用いるべきです。

文先生も韓国食口に配慮しての発言もかなりあると思うので、韓国の日本への恨みつらみの文化で育っている韓国人幹部が統一運動の癌だと思います。お母様の中にもその思いがあるなら早く真の母として消化して頂きたいです。

宣教に行って感じましたが国により同じ食口でもかなり感覚が違いますね。日本の若い世代は今の朝鮮的統一教会には魅力を感じないでしょう。

P.S
一応文ではニムをつけてますが、私もニム呼びはどちらでも良いと感じています。

祈り

無駄な教会職員を切り捨てるだけで、どれだけ財政的にも組織的にもスッキリするでしょうか。

しかし彼らにすれば死活問題。顕進様が戻れば居場所は無くなる故に必死の抵抗をするでしょう。

お母様、早く目覚めて下さい。二世達の為に、、、。

貴族は要らない

<徳野はその昔、当時日本担当だった文顯進氏に韓国人幹部の横領疑惑を直訴したことがあったという>

もはや、文家の誰それに頼んで、組織を良くしてもらおう、って考えるのはやめたほうがいいかもしれませんね。
とにかく、「文家の皆さん、仲良くしてください」と祈るしかありませんね。


<『私の兄や姉の何人かは、この「ニム」と言う言葉のために間違った貴族意識のようなものを持つようになり、その結果誤った方向に行ってしまう様子を、私は見てきた』と言われました>(Tim Elderさんのコメント)

亨進氏が貴族意識の弊害を認識しておられることを知り、ちょっと感激しました。
天一国(天国)でも貴族と平民とに分かれるのかな~?、って、ちょっと悶々とした気持ちを持っていましたので、なんかホッとしました。

Elderさんが亨進氏の元におられる、という話も、へぇ~、って感じ。
貴族にひれ伏さなくていい、ニム(敬語)無しで交流できる心情的な教会がうらやましいですね。

徳野ニム

話がブログのテーマからだんだんとズレていってるようですが、「ニム」について。

エルダーさん
>最前列の席でこれを聞いていた亨進様は『ニムを付けても付けなくても、私は全く構わない。各個人が自由に決めるべきだ』と言われました。そして更に『私の兄や姉の何人かは、この「ニム」と言う言葉のために間違った貴族意識のようなものを持つようになり、その結果誤った方向に行ってしまう様子を、私は見てきた』と言われました。

 ほっとするような話ですね。

 統一教会の人たちに取材するようになって戸惑ったのは「用語」「用法」です。

【関連記事】「ジョージ・オーウエルの世界 『1984年』 」http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-32.html

 戸惑い用語はたくさんありますが、「ニム」もその一つでした。クッチンニム、ヒョンジンニム。なぜ、いちいち「様」を付けるのか。かの国の「将軍様」を思い出しました。

 ご父母様・ご子女様。言葉を発するとき、発した人はその言葉に思考・考え方が呪縛されます。文亨進さんが喝破した通りです。

 氏・さんと言えばいいじゃないか。あるいは敬う気持ちがあれば「師」「先生」でいいのではないか。用語法:老師。

 文鮮明さんも文顯進さんも文国進さんも文亨進さんも、みんな独立した一個の人格の持ち主です。

「真のお父様」と逆の表現は「文ちゃん」です。熱心な信者時代は「真のお父様」と語っていた人が脱会すると、「文ちゃん」と表現するようになる。精神の貧困さを感じてしまいます。

 ところで、熱心な信者であるにもかかわらず、彼彼女たちは日本の会長である徳野氏のことを「徳野様」とは決して言わない。これも、おかしいですよね。そう思いませんか。

 話転じて。
 徳野氏はいったいどういう役割の人なんでしょうかねえ。
 統一教会は世界各国にある。その中でも、信者全体(10万人)の6割を誇るのが日本・統一教会です。金融業や小売業などの本部・本店・支店でいえば、徳野氏は本店の店長です。三越本店の店長ならば社長に次いで地位が高い。本部は常務クラス。きわめて地位が高い人です。それなのに、徳野氏は本部の役員でもないし、また社員から「徳野ニム」と敬われることはない。

 ここらあたりに世界・統一教会の構造を解明する手がかりがあるのではないかと思っています。

 最後はオチ。

桜子さん
>お母様、早く目覚めて下さい。二世達の為に、、、。

 失礼な!
 韓鶴子氏は目覚められたから、7/1講和で、独り娘宣言、小生の表現では女メシア宣言をされたのですよ!
 桜子様、早く用語・用語法に目覚めて下さい。

鶴子は目覚めたのです。やっと人間の煩悩を思う存分放っているのです!やっと自分の夫である自称再臨主があの世に旅立って!自由になって、鶴が翼を広げて飛びたったのです!・・・黒い羽根を広げて!

米本様へ

ニムに関する見解はaさんに同意します。
徳野さんは役職から「徳野会長」と呼ばれています。一般の会社でも大概役職名で様づけしたらちょっと怖いし、二重敬語でおかしいですし。
でも韓国語で「会長様」と呼ぶのはよくあるし、その流れで「徳野会長様」と呼ばれるのも聞いた事があります。韓国はかなりの社会的地位重視社会ですからね。整形にしろ、学歴を得る為の異常な程の受験にしろすごく外的なものに拘ります。

個人的には私は呼称は外的なものであり、その人に対する思いにより注目します。
例えば口が悪く「ババァ」と自分の母を呼びながらも親孝行する人もいるでしょうし、「お母様」と呼びながらも心の中で蔑んでいる人もいるでしょう。デーモン閣下を心から閣下と呼ぶ人もいないでしょうしね。

確かに用語はその世界を閉鎖的にしやすいかもしれませんが、意外にどこでも業界用語は溢れているものです。米本さんが統一教会を研究されているだろうという前提で用語を出す事もありますが、以後気をつけますね。

お母様に対しては独り娘宣言されたわりにその偉大なご自分の実の子供の価値に気づかれておられないような印象を受ける行動は残念だという事です。

若狭さんの事に関しては、特に最後の表現が残念で上からの指導が必要ですね。
出会った相手から内省するのは宗教家だけでなく高等な人間ならしている事なので、自分も他人のふり見て我がふり直そうと感じましたが、醜さは根深く染み付いています。

Re 徳野ニム

>「真のお父様」と逆の表現は「文ちゃん」です。熱心な信者時代は「真のお父様」と語っていた人が脱会すると、「文ちゃん」と表現するようになる。精神の貧困さを感じてしまいます。

 僕もまったく同感です!! これが創価学会になると「大ちゃん」「大作」、親鸞会ですと「犬鉄(=顕徹)」「犬鉄君」でしょうか。

内部告発について(周知徹底を望む)

UCは膿を出し切る必要があります。

UCを内部告発した大分の教会長は勝訴しました。
http://ameblo.jp/w-kazoku/entry-11924560834.html

良識のある方々にはぜひ続いて欲しいと思います。

勧誘者を募る前に必要な情報は全て公開する。
それが拉致監禁問題を解決する一番の早道です。

UC職員は内部告発ができないように誓約書を書かされていることが高知女さんの書き込みにありました。国や世界のためという理想を守るためならいざ知らず、不正をしている場合は、この限りでないことを周知徹底させるべきです。

[2014/08/24 19:38]の高知女さんの書き込みの一部抜粋
-------------------
 所属する教会の礼拝堂で、ある書類を見かけたのよね。
 他に人がいる中でこっそり見たので、間違って記憶している部分もあるかもしれないけど、明かすのはもうドキドキ。ほんとよ。心臓がはちきれそうっ。

 全部で4枚。
 1枚目はプロフィールで、顔写真、名前、生年月日、家族構成、学歴、役職等を記入する欄があり、我が教会の総務さんの提出する書類のようでした。
 2枚目は「誓約書」。
 詳しくはわかりませんが「組織の秘密情報、個人の情報を漏洩し、当組織に損害を与えた場合は・・・(続きの文章は忘れてしまいました)」と書かれていました。
 3枚目も2枚目と似たような内容で秘密保持に関するものでした。
「退職した後も当法人で得た秘密や個人情報を漏らし、損害を与えるようなことをしてはならない」

(途中省略)

 ですから、公職者はこれらの書類を徳野会長(本部)に提出し、秘密保持を誓っているから、教会に対して損害を与えてしまうような悪い内容をブログで発することができない。だから公職者ブログは、いつも平和な内容なんだと、自分自身納得しましたとさ。

④複数のハンドルネームの使い分け

 コメント投稿にあたっての注意事項を読んでください。

http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-221.html#more

(引用はじめ)
次のような投稿はやめてください!
<省略>
④複数のハンドルネームの使い分け
<省略>
(引用終わり)

 私がなるほどと思うような投稿であっても、同じです。是は是は、非は非はですので。
 ご協力、よろしくお願いいたします。

抱腹絶倒。一方で怒髪天をつく

 ブログのテーマから外れるけど、拉致監禁問題ゆえお許しを。

 久々に心の底から笑えました。
 このブログを読んでください。
<被告へのカウンターパンチ!! 原告後藤徹氏が刑事告訴の際に荻窪警察署に提出したノートとカレンダー紙片メモに関する陳述書>
http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-283.html#more

 全国弁連の山口広さんたちは、ほんとにバカだ~ん(恥ッ)
 
 前掲陳述書の意味を理解するには、
<超重要証拠、現る!! 原告後藤徹氏が荻窪フラワーホームで書いたノート&カレンダー紙片メモ>
http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-282.html#more
 も、読んでみてください。

 何で抱腹絶倒?
 後藤さんが2008年6月に、荻窪警察署に提出した陳述書で、ノート(日記)の存在を明示した。6年も前のこと!

 被告は、東京地裁でノートは捨てたと話していた。
 
 ところが、控訴審になって、捨てたはずのノート(70冊の1冊のごく一部)が後藤さんの実家の天袋から見つかったとして、東京高裁に提出した。
 
 被告らが青くなったのは、前掲のカウンターパンチなのである。今回の書面で、公証役場まで登場した!
 彼らは青くなり、小生は赤く(抱腹絶倒)なった。!

 消化不良を起こしそうな投稿でごめんなさい。

 怒濤天をつくは、2つのブログ。読んでいただければ、説明などいらないでしょう。

<驚愕! 手足を縛られ、寝袋に詰められ拉致監禁!>
http://hydenoshikou.kakuren-bo.com/Entry/62/
<夫婦 同時拉致事件 続報: 手足を紐で縛られ、寝袋に詰め込まれ、移送される>
http://humanrightslink.seesaa.net/article/405268400.html#more 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/495-18659391