つけびして 煙り喜ぶ ヘドロかな 

下劣な食口たち(14)
 

再開したヘドロシリーズのこれまでの記事は以下の通り。初めてこのブログにアクセスされた方は、どうか一読を。
「徳野会長への手紙に本部はどう対応したのか」
「素晴らしき文鮮明師に乾杯!-社会が宗教団体を評価する方法」
「教団本部の指針に背く信者たち」
「謝罪を嫌がる哀れな宗教小官僚」
「松橋(=うめサム)は強制移動をやめろ!!」


 下劣な食口たちのことで、書き残したことを最後に二、三書いておく。
 まずは、ブログ「奇知外記」のtomy4509氏ブログ「韓流サッカーをエンジョイ」のpeace氏のことである。(tomy4509とpeaceは同一人物。ここではpeaceの名で統一する) 

ラクダ2
「また下劣の食口のことォ~。もう、放っといたら。少しはあたいのことも・・・」(愛ちゃん)。「でもなあ、書き切らないと、腹が膨れるでのぉ~。よしよし」と小生。

 誤解しないでもらいたいのだが、peace氏は謝罪し、その意を示すために1カ月間の謹慎を行った。これ以上、彼を批判するつもりはない。ただ、これまでのことはきちんと振り返っておくべきだと考える。
 そうでなければ、私が謝罪を求め彼は謝罪した-というだけにとどまり、何の教訓も得ることができないからだ。peace氏をはじめとするヘドロ諸君、さらには統一村のブロガーの参考になれば幸いである。


一介の食口が歴史の審判官に

 事の発端はヘドロ諸君による強制移動だが、peace氏と私のことに限って言えば、彼が私のことを「ぐるっぽ」(非開示の掲示板)で、次のように書いたことに端を発する。(日付は2012年12月28日:以下、日付に注目してもらいたい)

 

 私はこの投稿文について、次のように論評した。
(引用はじめ)
 peaceは自分のブログ「韓流サッカーをエンジョイ」及び「奇知外記」(こちらのハンドルネームはtomy4509)で、拉致監禁事件のことを取り上げたことがあるのか。
 読者のみなさん、クリックして確認してみてください。毎日、いや1日に3回のときも!、駄文を更新していながら、拉致監禁のことには一切触れていないのだ。それでいて、統一教会員でない私が囲み記事で事件のことを報じているにもかかわらず、難詰する。頭がどうかなりそッ。
 peaceは比喩的にではなく、真実、小学生以下である。たとえば、教室の掃除。自分(掃除当番)は何もしていないのにもかかわらず、掃除当番ではないのに掃除をしているクラスメートにもっとしっかりやれと叱咤する。それと全く同じなのだ。だから、「真実、小学生以下」である。
(引用終わり)

【当該記事】「蘇生期を 行きつ戻りつ ヘドロかな」 の中見出し「お花畑脳のpeace君」 (日付は2013年1月20日

 彼の投稿文を再読すれば、上から目線、正確に言えば非教会員より真理を知っている教会員の方が格上(滑稽なのだが)という強烈な自意識が見て取れる。
 <これまでの火の粉ブログは評価してやっていたのが、最近のはいかん。強制移動の対象として検討しようではないか>
 
まるで歴史の審判官である。 

 統一村の強制移動に則して言えば、彼がこの投稿文を書いた頃の状況は、通報されればブログ村の管理者はろくに検討することなく、カテゴリー移動を行っていた。つまり、実質的に「ぐるっぽ」、新芽会のメンバーが統一村の管理者になっていたということだ。会の名前も「ブログ対策会議」。だから、管理者のような投稿文が平気で書けるのだ。
 
 
妄想は凶器と化す

 審判の対象者が審判官に対して、「お花畑脳」だの「小学生以下」だのと揶揄され、瞬間湯沸かし器のように頭に来たのであう。一呼吸置いて、批判の意味を思考すれば良かったのだが・・・。(元統一信者にして元監禁・牧師の清水与志雄氏とよく似ている
 
 頭に来たのなら、反論すればいい(まっとうな営為)。だが、私が指摘したように、教会員でありながら拉致監禁のことをろくに書いていなかったのだから、それができない。しかも、自称ルポライターは劣性の非教会員。クソッ~。
 このとき、 peace氏が私に怨嗟(えんさ)の感情を抱いたのは間違いないだろう。

 彼の負のエネルギーは直接、私に向かうのではなく、別の方向に向かった。
 非開示の「ぐるっぽ」をなぜ米本は入手できたのか。そこだけに思考が集中し、「きっと不正をやったに違いない!」
 
理性なき思い込みとは怖いもの。思い込みは思い込みを呼び、妄想に近いものになっていく。そして妄想はときに凶器と化す。
 peace氏の思い込みが妄想領域に入ったのは、ブログ「韓流サッカーをエンジョイ」に「Yahoo! JAPAN から不法侵入を知らせるメールが届いた」ことがきっかけとなった。
 「つけびして 煙喜ぶ 田舎者」の作者が放火し、5人の住民を殺害したように、妄想が何かのきっかけで殺傷事件に発展するのはそれほど珍しいことではない。peace氏の精神はいっとき、間違いなく、その臨界点にまで達していたと思われるが、まだ少しばかりの理性は残っていたようだ。 放火されずに済んだ


良き父親が突然ビョウキに
 
 以下に、peace氏が私のことに言及したすべての記事をアップした。
 見落としがあるかもしれないが、なんとつけびは合計20本。どう表現していいのやら、ビョウキとしか言いようがない。
 ふだんは熱心で真面目な教会員、良き夫、良き父なのだろうが、批判されたとたんビョウキになってしまう。私も含め心しなければならないことである。
 20本もの記事を読む時間はないだろうが、眺めるだけでも勉強になると思う。それぞれのコメント欄も。peace氏は熟読精読すべし!
 これまで何の反論もしなかったので、記事に一言コメントを載せるぐらいのことは許されたし。(なぜ反論しなかったのか?それは記事を眺めればわかるはず 苦笑)
 私は、peace氏のことをビョウキと表現しているが、揶揄でもからかいでもない。比喩的に言っているわけでもない。この頃、peace氏が心療内科を受診していれば、間違いなく「被害妄想」と診断されたはずだ。 それは、読者とて以下の彼の記事を読めば納得されるだろう。
<注>記事タイトルの下の青文字は私の一言コメント。peace氏からの引用文は黒字にした。 

ブログ「韓流サッカーをエンジョイ」

「ブログに不法侵入者在り!!」 (2013年1月24日)
「Yahoo! JAPAN から不法侵入を知らせるメールがあった」。この事実が瞬時に「郭ファミリー(郭グループ)、そして、そこから情報(と報酬?)を得ているジャーナリスト」に結びつく。「?」付きであっても、私が郭グループから報酬を得ていると妄想する。拉致監禁を批判する私が統一教会から金をもらっていると妄想する国会議員の有田氏と同じである。  
 
「ブログに不法侵入者在り!! -- 第2弾 --」 (1月26日) 
唐突に「不法侵入行為自体が犯罪」「今回はその不法侵入者を明らかにしようというものではない」と書きながらも、「このIPアドレスから地域を特定することができた。島根県(つまり私)である」。妄想の典型である。
 
ブログ「奇知外記」

【奇知外記】「 拉致事件発生!! 米本氏は何処へ? (6) 」(1月28日)
「凡人の調べでは、拉致事件が発生したのは昨年12月中旬、場所はネット内である。しかも、今回の拉致被害者は一挙に十数名と大掛かりだ」「ある情報筋からは、今回の拉致事件には自称ルポライターY氏が関与しているものとみられる。Y氏もまた、ネットで強制改宗を強要しているようである」
 小生が拉致監禁に関与したぁ? 妄想は臨界点に達し、錯乱状態に。

【奇知外記】「自称ルポライターY氏の知名(致命)度 (1)」 (2月5日)
ときたまあるパソコンのトラブルで、ここまで書けるとは。ハイッテル・ハイッテル。
 
【奇知外記】「 記事も書かずば、撃たれまいに (6)」 (2月8日)
コメント欄で「通りすがり さん」が冷静にたしなめているのだから、少しは考えれば良かったのに、ビョウキだから、♪ああ、どうにもとまらない♪ 
 
【奇知外記】「 キジも鳴かずば、撃たれまいに--No.1 (4)」 (2月10日)
サムライソウル(=松橋教会長)の記事も登場!SATOさんのコメントの意味を考える力を完全に喪失している。

【奇知外記】「 キジも鳴かずば、撃たれまいに--No.2 (3)」 (2日11日)
文章が支離滅裂。彼の妻もお子も間違いなく解読できないはず。 

「PC音痴からの謝罪文!!」 (3) (2月15日)
何を言っているのか、さっぱりわからん。SATOさんのコメントの意味だけはわかる。 

「PC音痴から--IPアドレス、公開プロキシに関しての質問です」 (3月2日)  
 「田舎は、都会と違い公開プロキシであったとしてもIPアドレスの変化は緩慢だということですか?」。狂い始めている。読者も呆れ果てたのか、コメントをしなくなった。

「島根? への疑問は深まるばかりだ!! 」(3月4日)
ニュースがわからん。peaceがわからん(泣。 

「自称ルポライターY氏の墓穴の数は?」(3月6日)
墓穴を具体的に述べればいいのに。一言コメントするのが、だんだん疲れてきた。フーッ 

「Y氏の『ヘドロシリーズ』は不法アクセス証拠の陳列棚!!」 (3月10日)
支離滅裂。いやpeaceさんのこのときの精神は間違いなく分裂している(冷や汗

「シリーズ「ヘドロ」が『ミイラ取り』に」 (3月14日)
ネット拉致事件って?

「自称ルポY氏が柏教会を撃つ理由」 (3月15日)
松橋教会長のまっちゃんが登場してきたよ。
自称ルポライターY氏、最近になって頻繁に「柏教会」を取り上げている。
シリーズ『ミイラ取り』、そして、その後の記述から察するに、どうもY氏のM柏教会長に対する個人的な恨みによるものらしい。
そのM教会長も、全国140人の教会責任者の移動の一人として人事となられたということだ。
 能登からヘドロ指導者がいる水戸に移籍したら、いかが? 徳野さんに提案しておくよ。ついでにヘドロ教区を作ったら、とも。そしたら、松橋さんは教区長に昇格し、peaceさんは教会長だ。アージュ


自称ルポY氏が柏教会を撃つ理由 (No.2) (3月17日)  
 「自称ルポY氏が勝共運動に否定的」。妄想が横に広がっていく事例の典型だろう。精神医学の素養があれば、ケーススタディとして学会に報告するのだが。それにしても勝共の横田氏や渡辺氏がこれを読んだら、叱責を受けるのではないか・・。

「peace氏への不法侵入発覚から2ヶ月。。。」 (3月19日)
人は疲れてくると、揚げ足を取りたくなるものだ。「関心のある方は、是非、除かれて(!!)ください」。「除かれて」ではなく「覗かれて」だろうが。このタコが!コメントはあと3つ

「"peace氏の敗北宣言?" & "もしかして?" (1) 」(3月23日) 
 完全なるイカレポンチ。

『まぬけぴーす2』は恥の上塗り!?――まつたろう氏 (1) (3月26日)
この記事をたまたま読んで、コメントしたバカな私でしたとさ。

「[再] Y氏の『ヘドロシリーズ』は不法アクセス証拠の陳列棚!! (3)」 (3月29日)
つ、ついに真打ち狂演!黒田かんごがコメント欄に登場!
かんご曰く
「ついでに私の名前を取得した手段も教えてもらえるかもね」
答えて曰く。「石原姓がいやだったら、法務局と交渉して改名してもらったら、いかが」


「”石をパンに変えてみろ” ?! 」(4月7日)
 この一文だけは眺めるだけではなく、きちんと読んでもらいたい。peace氏の記事のトーンが一転して変わるからだ。
 読めばわかる通り、本部の介在がきっかけになっている。最初は強気、末尾は乞食精神。末尾の部分を引用、コメントしておく。

「Y氏はメディアでも全国的に名前も顔も知れたお方です」
 もしもし亀さんよ! 君はこれまでの記事すべてで「自称ルポライター」と連発してませんでしたっけ。

「教会公職者とY氏とでは、どちらが世間に影響力があるかは、考えるまでもありません。まして、一信徒のpeaceに至っては言わずと知れたことです。以上のように、潔白であるY氏であれば、不法アクセスの被害者であるpeaceに対しても寛大の目で見ていただけるものと確信します」
 変わり身が早い奴!
 謝罪せずに許しだけを乞う。職業柄、実に多くの人に会ってきたが、この手の人物は初めて。病んでいるのか、元々病的な性格の人なのか。

「peaceもY氏の潔白の言葉を信じたいと思います」
 おまえさんごときに信じてもらいたくない!

「最後に、特別の変化がない限りは不正アクセスに関しての記事は控えることをお約束いたします」
 よくあるイタチの最後っ屁っ  記事を控えなくてもいいぞ。どんどん書けよ。そして、狂いなよ。


【総括】よくも書いたり20本!通読していただけたら、「peaceさんはビョウキ、被害妄想者、精神が分裂している」と私が感じたのも、当然と思われるはず。


教訓:感情を棚上げすること

 それにしても、である。
 peace氏は、愛あふれる社会の実現を目指すという統一教会の教会員である。それも教団の教義や理念に精通している古参教会員である。そのpeace氏が非教会員を異常なまでに攻撃する。
 私は「素晴らしき文鮮明師に乾杯!-社会が宗教団体を評価する方法」で、人はメンバーを見て、その宗教団体を評価すると指摘した。まあ、常識に類する話だ。
 メシアと組織内で崇められる文鮮明氏も、教義もほとんど知らないが、peace氏を見て、統一教会のことがよ~くわかった。素晴らしい宗教団体だ。これは決して厭味ではない。
 これに反発し、「いや、peaceが異常なのであって、文鮮明師はすばらしく、統一原理は真理なのだ」などと、実証抜きの無責任な発言は謹んでもらいたい。
 

 教訓を書いておく。
<人から批判されれば、頭にくるもの。しかし、怒り狂ったままだと、妄想に走りやすい。気を静め、冷静にならなければならない>
具体例:peace氏は「小学生以下」と書かれて頭にきた。冷静になるどころか日ごとに怒りは増幅した。そんなときに「Yahoo! JAPAN から不法侵入を知らせるメールがあった」。それがきっかけとなって、ルポライターが不法侵入したに違いないという被害妄想が始まった。

 20本もの記事を通読して少々疲れた。それに社会的に見ればどうでもいいことを書いているわけで、頭も劣化していきそうで、正直怖い。今回はここまで。続きは♪ま~た、あ~した♪ 

 と思ったが、peace氏の妄想癖は一カ月間の謹慎期間にもかかわらず改善されていないことがわかった。「続き」の前に、やはり書いておかなければならない。


止まらない妄想癖

 peace氏の復帰1号の記事「Ameba不正アクセス報告、ご多分に洩れずブログ村でも」 を熟読していただきたい。反省の結果、心機一転、みんなから瞠目される記事が上梓されると期待したが、またもや“不正アクセス話”である。

➀Amebaスタッフブログから、「Amebaへの不正ログインに関するご報告」 が出ている。「Amebaブログの皆さん、アメーバID状況の確認は忘れずに」

 peace氏は事実をもとに注意を促している。何の問題もない。
 リンクしてあった
「スタッフのブログ」を読むと、直近の4カ月間で24万件以上の不正ログインがあったという。

ところが、アメーバーブログから、特殊統一村ブログへと、peace氏は飛躍する。
「ご多分に洩れず、ブログ村・カテゴリー統一教会においても不正アクセスの噂に事欠きません」
 ここまでだったら飛躍のしすぎだと笑えるし、「事欠かない不正アクセスの噂」の具体例を述べよとからかえる。
 しかし、彼は飛躍からまたもや妄想領域に近づいてしまう。

➂「そういえば、ブログ『献金推進運動』のIPアドレスの真偽については分かりませんが、これも不正アクセスの臭いがしますね」

 謎探偵まつたろう氏のことを指しているのは明らかである。
【当該記事】「謎探偵まつたろう、勝利宣言!」
記事の要旨:以前わしのブログを荒らした「龍馬が汚れる」殿のIPと、献金推進婦人のIPは同一じゃった! 下記じゃ。114.184.230.95 NTT Plalaで、千葉在住じゃ!

 まり、まつたろう氏がIPを調べることができたのは、不正アクセスした可能性があると言っているわけである。
 私に対する場合:「Yahoo! JAPAN から不法侵入を知らせるメールがあった」。それで、ルポライターが不法侵入したに違いないという被害妄想が始まった。
 パターンはまるで変わっていないのだ。

【必読記事】「神様と良心が私の主人のブログ」に掲載された「不正アクセスについて」 。コメント欄のMuse さんの投稿文も。これを読めば、peace氏がいまだに被害妄想から抜け出ていないことが理解できる。被害妄想が続くと精神統合失調症に移行する。peace氏は注意されたほうがいい。(この6行、8月20日に追記)



 まつたろう氏は「ヘドロ住人peace殿に謝罪と謹慎延長1週間を要求する! 」で、こう書いている。
「peace殿に、わしへの謝罪と謹慎延長1週間を要求する! さもなくば、米本殿にお願いしてpeace殿の正体を教えてもらい、然るべき手続きを踏むことにする」

 この一文にビビッた小心者のpeace氏。私にあわててメールしてきた。
「私の個人情報のお約束は、守っていただけるのでしょうか?」

 そこで一句。
つけびして  恐れおののく  能登の人 

  まつたろう氏は、「peace殿は反省したとは思えない」と書いていた。
 ここここに至って、私も同感する。
 peace氏は反省し、その意を示すために謹慎したのではない。ただただ、自分の実名が晒されることを避けたかっただけのことだ。反省がなければまた同じこと(他者を傷つける、統一用語でいえば「心情蹂躙」)をやらかす。彼の実名をいずれ書かざるを得ない日もそう遠くない、そんな予感がする。

 まつたろう氏は、能登半島にpeace氏の内偵調査に出かけるという。
 まつたろう氏に頼みがある。
 peace氏の居場所を見つけたら、心療内科に連れて行ってもらえないだろうか。


献金推進婦人がpeace氏の加勢に

 ここで終わろうとしたけど、「献金推進運動」のブロガー・献金推進婦人がpeace氏を応援する記事をアップしていた。
 「peaceさんがバカ探偵あほたろうを完全シカトしている件ww」 がそれである。
 恥ずかしくてとても引用できない。是非、クリックして読んでいただきたい。
 文鮮明氏は素晴らしい弟子をもったもんだと感心する。

 なぜ、変態、精神病質者はpeace氏を側面援助するのか。
 それは、献金推進婦人の正体は松橋水戸教会長(=うめたろう=サムライソウル)。同じヘドログループだからだ。

ヘドログループの親分は黒田かんご、右腕がうめたろう、左腕がサムライソウル(元ヘドロの証言) 。松よ!よくもこんな変態文が書けるなあ。

 また一句、浮かんだ。 
 つけびあり 水戸の御仁は 火を扇ぐ 
 

 
「人間界には、こんな諺があったわね。浜の真砂は尽きるとも・・・。下の句はなんだったっけ。あまりの暑さで忘れちゃった」 (愛ちゃん)
「世に下劣食口の種は尽きまじ、だよ」 (小生)
 「そんな奴が近寄ってきたから、あたい、唾吐いちゃう」 (愛ちゃん)
「で、でも、なかなか見分けがつきにくいんだよ。だから、ごめんだけど、マスクをさせて。何しろ、愛ちゃんの唾を浴びれば、強烈な悪臭で、ピクピク、バタンって、なっちゃうから」(小生)


-松橋&強制移動に関するブログ-

ブログ「維新の翔ぶがごとくに」の《今こそ強制移動の廃止を!!》「日本ブログ村からのアンケート」に関して (8月18日)
一言コメント:この建設的な提案に、どれだけの教会員が賛同し、実行するか。

yosia621のブログの「悲!これが公職者?一部信徒の実態か!?」 (8月19日)
一言コメント:「心情蹂躙」に敏感で良心的な食口がいることに安堵した。


-続く-

面白かったと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

食口は・・・・・

悲しいかな、Peace氏のようなほとんどビョウキの食口は決して珍しくありません。

なぜそうなのか?

社会学的考察を試みてみたこともありますが、いかんせん私の頭脳では明確な結論は出せません。

高額エンドレスの献金要請がそうさせるのか?
あるいは、まともな人はとっくに教会を去り、そうでない人ばかり残ってしまったのか?

さらに
天国があるとしたら(できたとしたら)、そこに入る人たちは一体どんな人?

自分もビョウキになっていないか、よくよく内省してみます。


経験あります!

> まるで歴史の審判官である。

!! ”あの国”を思い浮かべるのは自分だけだろうか?

>止まらない妄想癖

自分もかかりましたよ!!妄想癖に。
周囲に味方がいなくなって。「盗聴されている」「陰口を言われている」…陰口は本当でした。脱出するのに5年かかった。思いつめるのは健康に良くないですね。リラックス、リラックス

記事の紹介ありがとうございます。

最後に記事が紹介してありビックリしました。
記事の紹介ありがとうございます。

私個人としてはpeace氏はきらいではないのですが、妄想癖、思い込みには困ったものです。ご存じかもしれませんが、親しみと冗談で「質問」の意味で「我peace氏に尋問の筋、是あり」と書いたら彼は、「維新が牢屋に入れと言っている・・・」の一点張りです。
40日くらい連続であのフクロウのマークでペタ(アメブロの機能で見ているよ、のあいさつマーク)されていたこともありました。(ネットストーカー癖)

1か月の謹慎期間が明け、私も彼がどのような記事をUPするかと思っていましたが、相変わらずの思い込みでの不正アクセスの記事には「変わっていない」というのが実感でした。
米本氏がこの記事で書かれている通りです。

人間なかなか変われないものかと思います。
同じ教会員として返す言葉もありません。

ラクダが・・・

http://www.youtube.com/watch?v=fkOrnWV7BrE

しみじみ

愛ちゃんに乾杯!e-65

不正アクセスについて

 本文に次の数行を加えておきました。

(引用はじめ)
【必読記事】「神様と良心が私の主人のブログ」に掲載された「不正アクセスについて」 。コメント欄のMuse さんの投稿文も。これを読めば、peace氏がいまだに被害妄想から抜け出ていないことが理解できる。被害妄想が続くと精神統合失調症に移行する。peace氏は注意されたほうがいい。(この6行、8月20日に追記)

(引用終わり)

記事はhttp://ameblo.jp/ryoushinnisitagau/entry-11595823741.html


●悩める信者さん

 内省するまでのことはないですよ。peace氏はビョウキではなく、精神統合失調症に移行しかねないほどの、重度の被害妄想に陥っている食口なのですから。
「変な教会員は多いよ」。しばしば聞かれる言葉ですが、peace氏は「変」を突き抜けています。


●戦ってるねさん

>「盗聴されている」「陰口を言われている」…陰口は本当でした。脱出するのに5年かかった。

 よく克服されましたね。心から祝福いたします。

>思いつめるのは健康に良くないですね。リラックス、リラックス

 いたく同感!


●維新の名君さん

「peace被害者」でしたか。

>親しみと冗談で「質問」の意味で「我peace氏に尋問の筋、是あり」と書いたら彼は、「維新が牢屋に入れと言っている・・・」の一点張りです。

 完全な被害妄想症状ですね。デフォルメとか言葉遊びではなく、本気で「維新が牢屋に入れと言っている」と思い込んでいますね。

 peaceさんは、被害妄想的にこのコメント欄を、ひんぱんにチェックしているはずです。目のつり上がった恐ろしい形相で。


●元信者の春さん

 月の砂漠の動画ありがとうございました。朝一番で聴いたので、気分が浄化されました。ほんとに!
 何しろ、また水戸の人のことで寝る前に思案していて、精神が泥化していましたので。
「思いつめるのは健康に良くないですね。リラックス、リラックス」。ホントホント

(つぶやき)ヘドロ・ブログから早く開放されたいなぁ。

一介の食口が歴史の審判官に

そんなもんだよ。

思い上がり甚だしい人間たくさんいるよw

何様だ?っていう人間がw

盲従か活動的じゃない層が多くて、中間があまりいないのよw

今や文師は反対派??

またまた強制移動を食らいました。
拉致監禁もそうですが、法治国家の日本でこういう理不尽な行為が
公然と行われていることが信じられません。

新芽会へのpeace氏の投稿を改めて見ると、
「通報を実施すれば強制移動がなされる」という前提のもと、
火の粉ブログをターゲットにすることを呼びかけています。
単に「皆さんどう思いますか」という次元ではなく、
通報→強制移動という手順が確立しているようですね。
haruo氏の証言と一致しています。

事実を整理すると、
①約2年前は「統一教会批判・告発」は無かった。
②従って、それ以前は強制移動は存在し得なかった。
(宗教批判・告発への移動があったらしい)
③「統一教会批判・告発」に自主的に登録したブログは無い。

つまり「統一教会批判・告発」は事実上、強制移動のための収容所であり、
その存在以前から登録しているものにとっては後出しジャンケンです。

既にバナーで広告収入に貢献しているのに、バナーが行き先違いになり、
ある面、詐欺行為、ブログの一部が改竄されたのと同じです。

④しかも、カテの中身が必ずしも「統一教会批判・告発」ではないうえ、
⑤批判や告発を「蚊帳の外」でやっても意味はない。
つまり「蚊帳の外」に出す行為は、批判を受ける側への利益供与になります。

マンション開発会社が改宗屋のためにマンションを建てたのではなく、
改宗屋が拉致監禁にマンションを利用しているに過ぎないのでしょうが、

ブログ村が「統一教会批判・告発」を「作ってあげた」のなら、
公共団体が改宗屋のために拉致監禁施設を作ってあげたようなものです。

教会の事情を扱ったブログ記事は、蚊帳の外で完全に浮いており、
移動先で強制移動の記事を上げるのも気が引けましたので、
コメントさせて頂きました。

「だって、妄想しちゃう。食口だもん。」

よね様、御機嫌よう。

「もしかして、黒羊さんの旦那さんも、浮気してるの?」
私、昨日、近所のママ友から、こう聞かれましたの。

実は私、不倫歴、いやいや、不倫研究歴、約三年、ですの。
不倫にやたら詳しい為、夫チャーリーが・・・と思われたらしいですわ。

このママ友。旦那は子供会の会長。で、最近怪しげな行動が多発しているため、相談、と相成ったのですが、私の判定では、多分「クロ」。相手は、会長の教え子(会長の職業は教師ではありませんが)のお母さん。W不倫、ってやつです。

これまで、あまり周りにこんなドロドロは無かった、と思ってましたが、不倫に関心を持つと、これまで見えていなかったものが見え始めるんでございます。ちなみに、これまで私があげつらってきた、「菊子」や「エロ部長」等の食口は、実は非常にレアなケースでして、大半の食口は至極真面目な家庭を築いております。

でも、ですね。この不倫、のような問題が多発している一帯が、教会内にございますね。
ええ、それは、真のご家庭でございます。

私が不倫研究を始めるきっかけになったのが、何を隠そう国進様の、スピード離婚、駿足再婚、なのです。

まあね、夫婦の問題は所詮夫婦にしか分からない、とは言いますが、色々な方の情報を分析いたしますとね。このような場面が私の脳裏をよぎるんですの。

「別れてくれ。」
「えっ?」(妻、驚愕する。)
「本当に愛する人が出来た。お前とはもうやっていけない。」
「でも、私たちはご父母様の祝福で結ばれたのよ。それに、子供はどうするの?」
「子供は俺と彼女が引き取って育てる。親に勝手に決められた結婚だったんだ。元々、本当の愛情なんてなかったし。」
「私は、いやです。別れたくありません。」
「彼女はお前より若い。お前の方が身を引いてくれ。それなりの慰謝料は払うよ。」
「その人も2世なんでしょう。なんで、妻のいるあなたと付き合うことができるの?おかしいわ。もしかして、身体の関係もあるの?」
「そんな風にごちゃごちゃ詮索されるところが、ずっと嫌だったんだ。そうだよ、彼女が妊娠したんだ。おれには、彼女と結婚する責任がある。それとも、お前は彼女に中絶しろって言うのか。おれは、やっと本当の親になれるんだ。お前はそれを妨害するのか!」

はい。不倫してる男性は、妻に対し限りなく自己中、そして、残酷になりますね。

そして、一方の彼女。こっちサイドにも、物語があります。

一体どっちが先に誘ったのか。初めに関係を持ったのは、やはり高級ホテルのスイートだろうか。男はリッチだから、デートも豪勢だったんだろうな。初めの誘い文句は、「妻とは上手くいってない。ずっと別れたいと思っていた。君は素晴らしい。」とかって感じ?

彼女も2世なんだから、非原理の女性より貞操観念はあったと思われるけど、どうして離婚が成立するまで、二人とも待てなかったんだろうか。やはり、愛の力は原理の力より強いから?男性の方がうんと年上だと、どうしても男性の方を加害者っぽい目で見てしまうけど、妻帯者であることを承知で関係を持つ、女も女である。二人とも、似たようなものなのだ。

「奥様と離婚してないあなたとは、まだお付き合いできないわ。」
「大丈夫だよ。もう離婚は決まったも同然なんだ。僕はこれからの人生を君と歩んでいきたい。」
な~んてね。

二人の結婚(祝福式)写真。二人から、きれいなお洋服を引っ剥がしたら、どんな中身が出てくるんでせうか。

息つく暇もなく、出産されている現国進婦人。こんな間隔での出産、普通の女性では考えられません。まるで、憑かれたよう、必死で何かを証明しようとしているようでもあります。そう、私たちが結婚したのは、子供を産むためで、欲望の為ではないのよ、とかってね。

国進元婦人もねぇ。ちゃんと慰謝料もらったかな~。お父さんが幹部なだけに、お父さんも完全に味方にはなってくれないような気がするんですの。
「国進様は、真のご子女様。お前は子供が産めなかったんだし、身を引きなさい。」
とか?ついでに、「慰謝料は、お父さんが管理するよ。」とか。うわ~、最悪。

あ~、私、もうこの問題を考え出すと、妄想が炸裂するんですの。

お前こそ、変じゃ。って言われるかもしれませんけどね。元々、我が統一教会の教義がどんなふうだったか(過去形)、考えてみてくださいませよ。離婚していいの?再婚していいの?結婚前に、性交渉してもいいの?
こんなこと、子供たちにどう説明したらいいの?

説明が出来ないですからね。臭いものにはフタ、ってなるんですの。何にも言わない、見なかったことにする。

私の所属教会ではね。国進様元ご夫婦は、実子がお出来にならなかったから、離婚された、とみんな言って、それで終わりにしております。笑えるのは、信仰歴約20年の姉妹が、
「え?国進様の元婦人って、今の婦人は2回目の人なの??うそっ」と言ったんです。ご子女様の奥さまの首が、すげ変わったことに気づかない人もいたんですの。

どんなけ、無関心?

って言うか、ご子女様って、芸能人より早いスパンで、ブレイク、そして凋落なさるから、そして、教会が何の説明もしないから、ってことも原因の一つでしょうね。

教会が終わるかもしれない、と怯えるのは笑止千万だったかもしれませんわ。だって、教義から考えれば、今の教会の現状は、もう内的には「終わってる」状態だから。これは、外部から強制終了されるより、恐ろしいことです。ほんとうは。

統一教会、こんな体たらくですからね。教会の底辺にヘドロが発生したんじゃないと思います。教会の土壌が、ヘドロを生み、育て、大きくしてきたんですの。教会の中心、そこにこそヘドロの温床がある!!

まともな食口から見ればね。ご子女様たちは、原理を知らない、としか思えません。そしてね、良識、というものもあるかなきか。この人、ちょっとまともかも、って子女様は、「お前は異端じゃ。」と、追放されてるし。私、最近はもう、ご子女様は、ただの「セレブ」だと思うことにしているんですの。仁進様は、さしずめアメリカで言う「ソーシャライト」ですね。(例、パリス・ヒルトンとか)

え?お前の妄想も相当なもんだぞって?そのとーり!!

「だって、妄想しちゃう。食口だもん。」

よね様。統一教会はお笑いには向かないように、私思います。お笑いというより、ドタバタ喜劇?

そして食口の皆様、どうやって自分の子供に教育されますか。原理を徹底的に学ばせますか。

私、原理を学んでも難しいんじゃないかと思うんですの。(さっき言ったことと、違いますが)もう、誰かの不幸の上に自分の幸せを築く、そんな状態になることが、生理的に嫌、気持ち悪い、そんなことするくらいなら、一生自分の欲望を我慢した方がよい、くらいの肌感覚、みたいなものを身につけさせるしかない、なんてね。

そして、まあ自分にも言えることなんですが、もし他人を傷つけちゃったら、そのことはずっと忘れてはいけませんね。その人に許してもらえなくても、許してもらえても、ずっとね。その気持ちの悪さを、背負って生きて行かなくてはね。

注:文中の男女の会話は、フィクションであり、実在の団体、人物とは関係ございません。

やや自虐

申し訳ないですが正直ヘドログループの事や強制移動の事はピンと来ない世界もありますが、それは拉致監禁されてないから拉致監禁問題にピンと来ないと言っているのと同じ罪なんでしょうね。された方にすればたまったもんじゃありませんよね。

言論の自由を考える上で重要な問題ですが、いくら言論が自由とはいえ根拠のない感情だけのヘイトスピーチや垂れ流しのマスゴミによるゴシップみたいなのには辟易するものの真剣に教会の問題を指摘する記事には教会の公職者も真摯に受けとめ反論があるなら正々堂々と戦い書いた方が好感が持てます。

そもそもサタン的なネットは見ないようにと餌付けされた食口に指導するのは効果があるかもしれませんが、今の時代の一般的な感覚を持つ伝道対象者や氏族に「ネットの悪い噂はサタン」の一点張りで接したらやっぱり狂ってると思われるだけですよ。
 その対策を本部が立ててないように見えるのが本当に 情けないです。

統一教会の伝統である思考停止と心情停止が根付いているのは「時の人」「アベル的な人」以外を切り捨ててきた成果でしょうか。(そもそもそれって「お金を出して買ってくれる人が神様」の営業と同じではないのでしょうか。)
 
統一教会が切り捨てた「使えない」方達を更正させ面倒を見てきた他宗教や良心的な方々には心から感謝して尊敬します。我々には自殺を考えたり非行に走ったり生活に苦しむ方を思う時間が摂理が忙しくなかったんですから(苦笑)
 中にはケアされた素晴らしい食口もおられたんでしょうが、私にはケアする余裕もなかった。拉致監禁されたり辛い理由で教会を離れた方々に対しての気持ちの余裕もなかった。毎日迫られる献金や返済と子供への食事に振り回される日々も多かった。まるで死にゆく人に無関心の北朝鮮の民のようです。今は環境が少し変わったのでそんな日々を情けなく思い出します。

神様の摂理って何なんでしょう。
 お母様が日本人全て、世界万民を救うと仰るならもう少し具体的な方針を立てて頂きたいです。ただ祈るだけの無力な自分です。何とか原理を信じたいという思いだけが捨てれません。そして東日本の被災地支援や大変な宣教地でコツコツ頑張る兄弟姉妹に小さな希望を見いだして朝を迎えるのです。

アージュ…チーン(/ー ̄;)

評価をどう下すか

信仰に関することは特に、人にもよるでしょうが、長い人は特に、何か困難にぶつかったり立ち止まって考え直すことで、自ら捨てるということはあまりないと思います。あきらめざるを得なくなった時はじめて考えることもあり、改めて確認することもあると思います(辞めることも)。ブログの趣旨にかかわることがあるので、ここで具体的な事柄やその是非には触れません(自分は是としている)。立場はどうあれタブーがなくなるという意味で、関心を持ってくださる第三者がいるのはありがたいことです。(もちろんその延長線上には、日弁連も反牧もいます)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

組織より構成員

<メシアと組織内で崇められる文鮮明氏も、教義もほとんど知らないが、peace氏を見て、統一教会のことがよ~くわかった。素晴らしい宗教団体だ>(米本さん)

宗教団体としては、ちょっとみすぼらしい、みっともないことは否めませんね。
ですが、宗教の本質はそこではないと思います。

<教会の底辺にヘドロが発生したんじゃないと思います。教会の土壌が、ヘドロを生み、育て、大きくしてきたんですの。教会の中心、そこにこそヘドロの温床がある!!>(黒い羊さんのコメント)

そこまで言う!?
仮に「真の家庭」に問題があろうと、あれもこれも「真の家庭」におんぶにだっこというのでは、何も良くならないと思うけど…。
福沢諭吉が「学問のすすめ」で説いたように、国民一人一人が勉強して立派にならなきゃ(民度を高めなきゃ)、政治家に何かを求めても国は良くならない。
統一教会が良くなってほしいと願う前に、構成員の一人一人がもっと立派にならなきゃ、って思いますがね。

昨日、テレビで集団お見合いみたいな番組をやっていたけど、エントリーしている男女の多くが、なんと、シングルマザーにシングルファーザー。
そこまで家庭(夫婦)を維持することが困難な時代になった、ってことですね。
その意味で言えば、統一教会はマシだと思いますよ。
自分の好みからではなく、相手のために結婚し、お互いに「絶対に離婚はしないぞ」って思いながら、愛する努力の生活をしているわけだから。

<お母様が日本人全て、世界万民を救うと仰るならもう少し具体的な方針を立てて頂きたいです>(桜子さんのコメント)

確かに。
でも、多くは期待できません。っていうか、期待しないほうが良さそう。
文鮮明師に求めたカリスマ性を韓鶴子女史に求めても仕方ない。ましてや、バリバリの女社長のようなリーダーシップや的確なアドバイスなどを求めるのも、無理があるでしょう。
「お母様」と一緒に、伝道なり、奉仕活動なり、頑張りましょ。

Re:組織より構成員

>統一教会が良くなってほしいと願う前に、構成員の一人一人がもっと立派にならなきゃ、って思いますがね。

確かにその通りですが、問題のヘドログループの皆様はそんなこと考えていないといことがそもそもの問題。
たちの悪いことに、ヘドログループには教会長まで含まれているわけで、そんな人が指導者になってる組織になんの希望がありますか?

そんな組織にめげることなく、個人として信仰を貫くことはとても重要なことですが、それでは原理でいうところの個体目的しか全うできません。地上天国実現という全体目的を完成するには、教会組織自体がそれにふさわしい組織に変われなければ無理だと思います。

琴線に触れるみ言葉

黒い羊さんのみ言葉

教会が終わるかもしれない、と怯えるのは笑止千万だったかもしれませんわ。だって、教義から考えれば、今の教会の現状は、もう内的には「終わってる」状態だから。これは、外部から強制終了されるより、恐ろしいことです。ほんとうは。

 とても、鋭い。ドイツ、ソ連のことを想起させる。
 これとの関連では桜子さんのみ言葉が面白い。

何とか原理を信じたいという思いだけが捨てれません。

 原理に欠陥があったからこそ、今の状況を招いたのでは。
 理論と実践との連関性を想起すべきだと思います。


再び、黒い羊さんのみ言葉

統一教会、こんな体たらくですからね。教会の底辺にヘドロが発生したんじゃないと思います。教会の土壌が、ヘドロを生み、育て、大きくしてきたんですの。教会の中心、そこにこそヘドロの温床がある!!

 相変わらず、鋭いですね。
 個人メールでもらったある教会さんからの文章にも全く同じことが書かれていました。
 そこにはもう少し具体的に、
「矢野伝道局長が地区長になられたときには、ヘドロの温床を一掃されるのではないかと期待しました。確かにそうした雰囲気がありました。しかし、すぐに人事となって、五十嵐さんが復帰・・・」
 とありました。

みんなさんのみ言葉。

統一教会はマシだと思いますよ。
自分の好みからではなく、相手のために結婚し、お互いに「絶対に離婚はしないぞ」って思いながら、愛する努力の生活をしているわけだから。


 ひぇ~、まるで江戸時代。ピクピク、死んだ。

 みんなさんの言葉を奥方が知ったら、どうおもいでか。

<私は好みではなかったのね。好みではない私のために結婚してくれたのね。閨のひとときは義務だったの?
 まるで滅私の如く、離婚しないだなんね。愛する努力をしているだなんて。ビェ~ン。私のことはもういいから、早くお行き。黒い羊さんのところに>

 統一2世がみんな父さんの言葉を静かに聞く。

自分の好みから結婚するんじゃないぞ。相手のために結婚するのじゃ。「絶対に離婚はしないぞ」って思いながら、つまりサラ金の契約は絶対に一方的に破棄をしてはならないというような精神で、我慢してでも、マッチング(組合せ)愛を続ける努力を続けなければならないのだ。

 2世一同、腰を抜かし、静かに会場を去る。

スレからずれてすみません。

米本さんの指摘はわかりますが、反面原理があった故に韓国で自虐史の負い目だけからでなく怨讐を愛し人類一家族を目指して韓国で立派に証を立てた日本人妻の方々や日本人を愛してくれる韓国人もいる事も事実です。また世界で頑張っておられる祝福家庭もおられます。(ちなみに明日朝日系列で8時から「こんなところに日本人」で1275双のアフリカのブルキナファソに嫁がれた鈴木紀子さんの映像が流れるようです。鈴木さんは95年に嫁がれ5年前にご主人を亡くされながらも4人の二世を育てて頑張っておられるようで、見るのが楽しみです。)

原理は完璧ではないですが、そもそも完璧な宗教や思想は存在するのでしょうか。
 ただ指導者の原理の取り扱い方により悲劇を生んでいるのも事実だから葛藤はあります。それで、結論として信じたいともがく現実になっています。例えが適切かわかりませんが、愛した人に他人から見たら愚かに見えても立派になる可能性を見いだしていて信じようとしている感じかな。私の考えに矛盾も多々あるとは思いますが人間の心は複雑なものです。

あと大事な事を書き落としましたが、やはり二世の純粋さやキラリと光るものにすごい可能性や希望を見いだしています。残念ながら問題を抱えている子達もいますが、原理故にあそこまで頑張れるのかと努力している子達がたくさんいます。
 それでお母様を批判ばかりしてしまいましたが、二世の教育に力を入れようとなさっている点は非常に感謝しています。ただみんなさんが仰るようにそんな高次元なものは求めなくても、最低限日本人の祝福と解怨献金のハードルを下げて頂きたい。
 あと真の家庭の矛盾になるから、一刻も早く三男さんと和解して頂きたいです。他のご子女様の問題もありますが、真の家庭は一代では完成しないと考えています。
 それと真の母の称号があるのですから、渉外上豪華な衣装を着ても心はマザーテレサのように道で死にゆく貧しい方を思いやる心は常に持って頂きたいと考えています。

最後に祝福は今は一世も二世もかなり自分の意志が尊重されて祝福が決まる時代になっていますよ。
 

追加

ちょっと米本さん、Sの血が騒いでませんか?
(^ー^)ウフッ

RE:琴線に触れるみ言葉

<奥方が知ったら、どうおもいでか。
私は好みではなかったのね。好みではない私のために結婚してくれたのね。閨のひとときは義務だったの?
 まるで滅私の如く、離婚しないだなんね。愛する努力をしているだなんて。ビェ~ン>

やはり、そう見えてしまうのですね。
これは仕方のないことでしょうが、ここは統一教会の核心中の核心とも言える部分です。
「好きだから結婚する」で万事うまくいけば、これに超したことはありません。
でも、どうでしょうか。世の中、好きだからと永遠の愛を誓って結婚しておきながら、3組に1組は10年ともたずに離婚してしまいます。
親の身勝手で、どれほどの子供が不幸な人生を強いられていることでしょうか。
この「好き」の中にいろいろと問題があるので、「自分の好みではないけど、相手のために結婚する」という話が出てくるのです。

幸い、統一教会の祝福家庭では、夫婦がお互いに「好みではないけど結婚する」という理屈、そしてそのことがもたらす福を知っている(想像できている)ので、それはそれで丸く収まるのです。

<二世がみんな父さんの言葉を静かに聞く。
自分の好みから結婚するんじゃないぞ。相手のために結婚するのじゃ。「絶対に離婚はしないぞ」って思いながら、つまりサラ金の契約は絶対に一方的に破棄をしてはならないというような精神で、我慢してでも、マッチング(組合せ)愛を続ける努力を続けなければならないのだ>

二世については、理解に苦しんでいる二世も少なからずいますが、理屈と理想を理解できれば、その祝福とやらを自ら希望するようになるのです。まだまだ、少ないですが…。

<米本さんの指摘はわかりますが、反面原理があった故に韓国で自虐史の負い目だけからでなく怨讐を愛し人類一家族を目指して韓国で立派に証を立てた日本人妻の方々や日本人を愛してくれる韓国人もいる事も事実です>(桜子さんのコメント)

桜子さんの話の通り、怨讐を愛し人類一家族になろう、という思想が統一教会の結婚観の根底にあります。

もちろん、統一教会の結婚でうまくいっていない家庭も少なくありません。
従来(既存)の結婚と、統一教会の結婚、どっちがいいと簡単には結論づけられないと思いますが、一つの人類の試みとして統一教会式結婚は大いに評価されるべきものだと思っています。

ちなみに、おかげさまで、私は好みでない妻と、仲良くやっています。自分で言うのもなんですが…。

統一教会式結婚(観)。これ、ってダメですか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

統一教会式結婚&アダムエバ問題

 ブログのテーマから外れていくので、統一教会の結婚についてはこれで最後にしたいと思います。

 どんな結婚形態であろうが、結婚してその人が幸せに感じていれば、基本的に問題はないでしょう。

 ところが、統一教会式形態で結婚した人たちは幸せに感じているでしょうか。

 統計はありませんが、<あなたの(祝福)家庭は幸せなのか>とアンケートを実施しようとした人がいます。
 それは元日本担当の文家4男の国進氏でした。
「祝福(マッチング)結婚=幸福」が前提というか当たり前とされていた中で、国進氏のアンケート実施には正直、驚きました。
 開明的だと思いましたが、同時に、実態として幸せそうではない祝福家庭がいることが前提となったアンケートです。宗教団体多しといえども、信者世帯に幸福度調査を行った団体は寡聞にして知りません。

 私が拉致監禁のことで取材するようになってから、かなりの人数の食口たちに会いました。その中の1人にこう質問されたことがあります。
「恥ずかしながら、うちの家庭では不仲の夫婦が実に多いのです。どうしてでしょうか」
 こうしたことがあったから、国進氏のアンケートには納得いくものがありました。

 アンケートが完全に実施されたのか分かりませんし、実施されたとしても集計結果が内部で公表されたのかもわかりません。しかし、各教会の公職者が「マッチング結婚=幸福」を実態的に確信しているのなら、アンケートの実施を嬉々としてやったでしょうし、また幸福度数値が高ければ内部的に公表されたであろう、と推測しています。

 統一式結婚で、不幸の象徴は衝撃的だった韓国・春川教会の夫殺し事件でした。教会員にとっては忘れてはならない事件です。
 彼女は「相手のために結婚しました」。相手はアル中、暴力的、無職でした。夫に尽くすこと10数年。その結果が殺害でした。
 これは偶発的事件ではありません。構造的なものです。韓国に嫁に行った日本人女性食口は「相手のために結婚した」結果、夫のアル中・暴力・無職に喘いでいます。
(統計はないが、数百世帯にのぼるのは間違いない)
 彼女たちが殺害に走らないのは、子どもがいるからです。
 子はカスガイならぬ、子は殺人の抑止力。


 統一式結婚で、桜子さんが指摘されているように幸せな家庭を築き、社会で活躍されている人がいるのは事実です。
 だからといって、統一式結婚を全面的に肯定するのは正しくはありません。

“霊感商法”をいまだ肯定している食口もいます。それは霊石を買った人たちの中に幸せになった人がいるという事実からです。その事実は否定しないけど、一方で自殺した人もいるなど不幸になった人も少なくない。だから、社会的に糾弾を受けたわけです。

 結婚は相手のためにするものではありません。自分のために相手のためにするのが結婚。というより「結婚」には「ため」という言葉がそぐわない。
 お互いがお互いを信頼できる関係になったことを確信し、2人で家庭を築くことを誓い合って、結婚する。少なくとも、結婚は自分のため、相手のためにするものではないでしょう。
 繰り返しになるけど、「相手のために結婚」したのが日本人女性、「自分のために結婚」したのが韓国人男性です。

 国進氏のアンケート項目にはなかったけど、私だったら、次の1項目を付け加えますね。
「仮定の話ですが、統一教会とは関係なく、もう1回結婚することが可能だった場合、マッチング結婚を受けますか」

 統一式結婚後のもう一つの実態は、黒い羊さんが書かれている通りです。
 決して、誇張ではないと思います。

 その昔、ブラックフンジンが各教会を回って、アダムエバ問題がある食口を壇上に登らせ、棒で叩いた出来事がありました。
 教会員は全員下を向くように言われていたため、誰が壇上にあがったかはわかりません。

 初代原理研究会の会長だった大田洪量氏(パラグアイ誘拐事件の被害者)が部下食口に語った言葉。
「下を向いていたけど、壇上に上がっていく人たちの足音が聞こえるんだよ。すごい量の足音だった。それでぼくは耐えきれなくなって、両手で耳を塞いだよ」

 下を向きながらも、チラチラと盗み見をしていた食口(777双と1800双)もいた。
 彼女たちが私の前で話していた。
「驚いたわよねえ。あの堅物そうな人があの人の奥さんと!」
「あの人とあの人が出来ていたなんて、し、信じられなかったわ」
(具体的な名前をあげていたけど、メモできず)


(追記)桜子さんがMだったら、アダムエバごっこでもしませうか。ローソクがいい?それともロープ?
 その前に、松ちゃんを縛らなければ。ニッコリ

Re:統一教会式結婚&アダムエバ問題

過去のコメントで、神々の黄昏さんが血統転換理論は間違いであるとはっきり指摘されえていました。
統一教会信者なら、真っ青になるような指摘でしたが、私を含め現役信者からの真っ向からの反論はありませんでした。
私自身はどうだったかと言えば、神々の黄昏さんのコメントをどう整理したらよいか、頭の中がグジャグジャで言葉が思い浮かばなかったと言うのが率直なところです。

改めての米本さんのコメント。
現実に起こっている出来事は、全くその通り。祝福結婚で不幸になる家庭のあまりの多さに本部も方針を改めて、当事者同士が一定期間交流してからお互いの意思を確認して祝福に臨むようになりましたが、はたしてこれで良しとなるのかはまだ分かりません。
それにしても、祝福結婚を否定したら、神学的解釈はともかく統一教会は崩壊するか、全く別物の教団になってしまうでしょう。
なにより、食口にとっては自分の人生を否定することにもつながります。それゆえにスルーした食口もいたと思います。
かといって、この問題を避けて通ることはできなさそうで、どう結論つけるべきか、今は考えがまとまりそうもありません。

最後に、
〉結婚は相手のためにするものではありません。自分のために相手のためにするのが結婚。というより「結婚」には「ため」という言葉がそぐわない。
 お互いがお互いを信頼できる関係になったことを確信し、2人で家庭を築くことを誓い合って、結婚する。少なくとも、結婚は自分のため、相手のためにするものではないでしょう。

プロポーズの決まり文句に「あなたを幸せにします。」というのがありますが、これも相手のために生きるということだと思います。
お互いが、相手を幸せにしたいと心から思って結婚できたら素晴らしいと思いますが、どう思われますか?

すみません。

こんな時になんですが、情報が間違っていたのでお詫びします。アフリカの姉妹の出演はテレビ大阪 の「世界なぜそ こに?日本人」で来週かもしれません。情報が混乱していてすみません。
 米本さんからムチを受けなくてはいけませんがアダムエバはご冗談でしょうが愛する家族がいますのでご勘弁を。

昨日の式典の二世のエンターテイメントも素晴らしかった。

…しかしそれを吹き飛ばすほど衝撃的な事件。春川の事件同様教会で知る方は少ないです。一般のニュースでもあまり目にしません。

あそこまで公文さんを追い詰めた闇。お母様はご存じなのか、いろいろ考えますが今は公文さんのご冥福と小野教区長の回復をただお祈りします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/417-fc6c9f34