仰天情報!「柏教会から火の粉にアクセスするな!」  

下劣な食口たち(12)

本部もお花畑、蝶が舞う

 さて、ルーク樋口氏の後は、柏教会長(現水戸教会長)松橋正巳氏のことである。
 彼は、樋口氏と違い、なかなかめんようなところがあり、そのため記事は長文、2回にわたる。のんびり読んでくだされ。

 
「水戸の松橋です。ようやく私の番です。米本さんお手柔らかにお願いいたします」  

 本部のA氏から、松橋氏については少しばかり詳しい報告があった。
(引用はじめ)
 米本さんが、「松橋が言論封殺に荷担している」「うめたろう、サムライソウルと緊密に関わっている」「うめたろう=サムライソウルは松橋ではないのか」と指摘されている点につき、事実関係を確認したところ、松橋教会長は「うめたろう」及び「サムライソウル」と交流があったことを認めました。

 また、松橋教会長は米本さんに対する回答文の中で「サムライソウルとはメールのやりとりをしたことがない」と虚偽の回答をしたことも認めました。
 これについては、過去に本部が松橋教会長に行った指導に反する点も含め、内部規定に従って指導し、処分を行うこととなりました。

 ただし、松橋教会長が米本さんを中傷するような記事を書いたり、「言論封殺に荷担」したりしたという点については、当人がこれを否定し、それを裏付ける確たる証拠もなく、そのような事実はないと考えます。また、松橋教会長が「うめたろう=サムライソウル」であるという点については、それぞれと連絡を取り合っていたことから考えても事実ではありません。

 この度、松橋教会長が米本さんに誠実に事実のまま回答しなかったことをお詫びします。
(引用終わり)


 実にたるい回答である。
 まるで、地方の役人が沢庵を口にほうばり、番茶を飲みながら、ときどき鼻くそをほじりながら、足の指でキーボードを叩いているような回答だ。

 事実関係を調べたといっても、柏教会のパソコン、松橋氏のパソコンを押収し、教団のIT専門家が分析したわけではないし、松橋氏とうめたろう、サムライソウルとのメールのやりとりを確認して、3人が別人格と客観的に判断したわけではない。

 要するに、彼の説明をそのまま受け入れただけのこと。まさに「お花畑脳」である。
「そう、そうだったの。じゃあ、君はそんなに悪いことしたわけではないんだね。よしよし」  
 
 一般社会では決して通用しないお話。警察官なら即刻クビだ。
 あえて厭味を言っておけば、こんな体たらくだから、分派中山ヒルグループが登場したり、第4イスラエル乗っ取りの主役・大西氏にいいように手玉に取られるのだ。【カテゴリー「統一教会の周辺びと」を参照】 

 どうして、教団本部は毅然とした調査ができなかったのか。
 それは、前回指摘したように、事なかれ主義の官僚体質にどっぷり染まっているからだ。イジメ問題でのどこかの教育委員会の対応と全く同じ。そのことに気がついていないから、始末が悪い。
 教団本部諸君には失礼なのだが、影の声を紹介しておく。
「献金をあげている現場に、献金ノルマが課せられていない本部は弱いのだ」
 もしそれが事実なら、”数字でモノを言え“のかつての住友銀行グループ(逮捕者多数)と同じ。統一教会は信仰組織ではなく、サタンが主管している団体ということになる。 

 とまれ、有無を言わせずパソコンを押収し、それを分析していれば、松橋・うめたろう・サムライソウルの関係が解明されたばかりか、意外な「お宝」(柏教会の店舗が絡む不明朗な会計)が見つかったかもしれないのだ。


興味深い松橋謝罪

 本部から報告が届いた後、松橋氏から謝罪のメールがきた。

ルポライター 米本和広様

水戸教会の松橋正巳です。
このたび御指摘の一連の件に関しまして、本部より指導を受けることとなりました。
2月に米本さんへ送りました回答文の中に一部事実と反する内容がありました。
心から反省しております。
改めまして、お詫び謝罪申し上げます。
松橋正巳

 これまた、たるい鼻くそ謝罪文である。 
 そんで、質問した。
 一部事実に反する内容とは、なんぞな、もし。  

水戸の松橋です。
2月の回答文にて「サムライソウル氏とはメールのやり取りをしたことはありません。」とお伝えしましたが、実際にはやりとりをしたことがありました。
ただし、米本さんを中傷するようなやりとりではありません。
回答書に事実に反する内容を記載しましたことをお詫び申し上げます。
 

 「松橋教会長の墓穴を掘った回答書 で、嘘をついたというわけである。 
 やれやれ、またあとで「でした」かぁ。納得がいかず、また質問した。
(1)なぜ、嘘をつかれたのですか。
(2)サムライソウル氏の所属教会はどこですか。彼は私のブログの強制移動に関わった可能性が高いのですから、ぜひ教えてください。

サムライソウル氏とのやり取りは、記憶にも残らない程度のやり取りだったので、そのように書いてしまったのだと思います。
また、サムライソウル氏の所属教会は分かりません。


<留意すべきこと>松橋氏は最初の回答で、うめとのやりとりを認め、サムとのやりとりは否定した。その後、サムとのやりとりをしていたと修正した。
 このどこに違いがあるのか。
 前者なら、(松≠)うめ=サムの可能性が生じる。後者なら松≠うめ≠サムとなる。つまり、松橋氏は松≠うめ≠サムとするために、サムとのやりとりがあったとあえて修正したとしか思われない。だとすれば、小狡いネッ。


実に不透明にして奇怪!


 留意のことを抜きにして、水面上の事実を整理していえば、くどくなってしまうが、こういうことだ。

(1)松橋氏は私の最初の質問に、うめたろうとは3回ほどあったが、サムライソウルとメールのやりとりをしたことはなかった-と回答をした。
(2)本部の調査で、松橋氏はサムライソウルとやりとりをしたことを思い出し、私への回答で間違ったことを書いてしまった、と話した。
(3)本部は、「これについては、過去に本部が松橋教会長に行った指導に反する点も含め、内部規定に従って指導し、処分を行うこととなりました」「この度、松橋教会長が米本さんに誠実に事実のまま回答しなかったことをお詫びします」

 ちなみに、「過去に本部が松橋教会長に行った指導に反する点」とは、彼が正体を隠した「M&mのブログ」で、社会規範から大きく逸脱するルール違反を行っていたことを意味する。
【当該記事】「お知らせとお詫び-2012年6月16日」(教団公式サイト) 教団から処分された最初の日曜礼拝で、松橋氏は柏教会員に「自分は悪くない」と豪語したそうだ。
【関連記事】「匿名ブログの在り方・考/統一柏教会長松橋正巳を糾弾す!」(火の粉ブログ)

 何だか変だと思われませんか???
 松橋氏は、私の最初の質問には、記憶にも残らない程度のやりとりだったので、サムライソウルとメールのやりとりをしたことはなかった-と回答をした。これが事実だとすれば、記憶違いはよくあることで、別に謝罪するほどのことではない。
 変なのは、前述の(3)である。記憶違いのため、私に間違った回答をしてしまった松橋氏に、本部は「内部規定に従って指導し、処分を行うことにした」というのである。

 処分内容を糺したが、「公表できません」(A氏)。おそらく、口頭での注意処分という軽微なものだったと思われる。それにしても、である。
 部外者の非教会員が教会長に質問し、間違った回答をすれば、その教会長は処分される。
 ヒェ~、な、なんと、民主的な!バタン、死んだ。

 不透明なものを感じざるを得ない。本部が松橋氏を指導、処分したのは、松橋氏が私に間違った回答をしたというだけではなさそうである・・・。

 実際、松橋氏は周囲に「本部から、柏教会のPCを使って米本氏のブログにアクセスしないよう指導された」と語っている。
 私はブログで、柏のPCから火の粉にアクセスがあったことを指摘しただけのこと。勤務時間内ならともかく時間外なら何の問題もない。なぜ、本部は禁止の指導をしたのか。
 それに、昼間だろうが、各教会のIT担当や拉致監禁担当が教会のパソコンから火の粉ブログにアクセスするのは、通常の業務内のことである。書き手としては、昼間だろうが深夜だろうがブログにアクセスされるのはうれしいもの。アクセスして荒らしコメントを書いたというのならともかく!実に奇怪、不透明な話である。
        

うめ・サムそして松橋

 問題の核心は、次のことにある。

 徳野会長に宛てた手紙で、私は松橋氏についてこう説明している。
(引用はじめ)
 とくに留意してもらいたいのは、柏教会長の松橋氏です。
 彼は昨年、本部から注意処分を受け、本部は公式サイトで謝罪しています。
 松橋氏は柏教会のサイトに謝罪文を掲載しましたが、その後、削除しています。
 いっときの謝罪もものかは、また言論封殺行為に加担しています。
 ブログ記事でも書きましたが、松橋氏はうめたろう、サムライソウルと緊密に関わっている、ないしはうめたろう=サムライソウルは松橋氏ではないのかという可能性が浮上しています。
(引用終わり)

 これに対する回答は、何ら具体的根拠、証拠を示すことなく、松橋氏の言い分だけをもとに、松橋、うめたろう、サムライソウルは別人物だ、とした。

 強制移動をかって実行していたのは、黒田かんご「統一教会の真実」、うめたろう「龍馬の如くby2012」、サムライソウル「神様ありがとう」、hruo「午後のカフェ・オレ」、ガリクソン「飛んで火にいる何とやら」、フミコタクヤ「夜を照らす月明かり」、トマス「蒼天」、peace「韓流サッカーをエンジョイ」「奇知外記」、なおひろ「なおひろのブログ」の9人である(不作為犯を除く)。
【当該記事】「蘇生期を 行きつ戻りつ ヘドロかな」

 中心は、黒田かんご、うめたろう、サムライソウルの3人。黒田かんごは松橋氏と近しい関係にあり、うめたろうとサムライソウルと松橋氏は同一人物ではないかと疑われているほどに、超緊密な関係にある。
 本部が最終的に「うめたろう≠サムライソウル≠松橋氏」であり、松橋氏は強制移動に絡んでいないと結論づけるのなら、繰り返しになるが、松橋氏と柏教会のパソコンを調べてからにすべきだった。

 次回は、京都・大阪そして神戸じゃなかった、うめ・サムそして松のことを書く。関係者はブログ村に通報しないでくれよな) 
 
(蛇足)うめ・サム・松にふさわしい曲がないか調べていたら、前川清の「そして神戸」が目にとまった。不快な記事の気分転換のために、それをお送りしたい。あっ、ダサ、古というなかれ、中島みゆきさんだって前川に曲をプレゼントしているのだから。
 ともあれ、聴きながら、ゆっくりグッドナイトベービー

そして神戸
 
 歌詞がいいですよね。
♪そして 一つが 終わり そして 一つが 生まれ 誰かうまい 嘘のつける 相手 捜すのよ♪ 

-続く-

次回が楽しみだ思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

-すべての教会員&統一に反対する家族はぜひ読んでください-



 12年間監禁されていた後藤裁判の尋問がブログ「拉致監禁by宮村の裁判記録」にアップされるようになった。すべての教会員は読むべし!(前回の記事以降に、アップされたもの)

「被告側証人OB氏の主尋問-抗議行動は相手をびびらせるため?監禁を全面否定するOB氏」

一口コメント
:OBとは元「統一教会講師」だった、ほんの少しお偉いさんの大倉文明氏のこと。ペンネームは多田文明。
 この尋問録は、火の粉ブログよりも100倍は超長文である(ゾッ
 主尋問ゆえタラタラしているし、ビジュアル的にもメリハリがない。
 でも、コメント欄のkoyomiさんとみんなさんの一文に先に目を通してから読めば、楽しく読める。飽きたら、コメント欄にURLを張り付けた「多田文明氏のテレビ映像 」を眺めるのも一興である。

関連記事

コメント

情報&報告です。

 秘かな楽しみブログ「龍馬にかぶれて by2014年」が久しぶりに更新。謎探偵まつたろう殿が「うめ・サム・松、とうとうチェックメイトか!」を書いています。一読を!
http://ameblo.jp/tourisugarijouhoutsu/entry-11589181895.html

 次のことに関連することを報告しておきます。

(引用はじめ)
わしのブログと同様に強制移動の暴挙にみまわれた米本殿のブログ。
めげずに統一村に復帰し、ご活躍されておる。
gildong殿も同様に強制移動されたたが復帰を果たしておる。
わしはそういう神経戦は得意でないもんで、しばらく休んでおったが、お二人の手法をまねてみようと思おう。
お二人とも統一村と統一批判村の両方に籍を置く戦略をとっているのだ。
なるほど。これならもともと批判村にもいるわけじゃから、強制移動する大義名分はなかなか見当たらなくなるぞな。
さすがじゃの。
てなわけで、わしも真似をすることにした。
(引用終わり)

 私の復帰のことです。
 ブログ村の村長となんどかやりとりをした結果、カテゴリーの複数登録の措置を取ると申し渡されました。その結果、復帰となったわけです。だから、とくに作戦などありませんでした。

 gildongさんが「両方に籍を置く戦略」を作戦としてとられたのかどうかわかりませんが、私が注目しているのは、いくつかのブログがこのところ相次いで復帰していることです。
 火の粉、gildong、竜馬以外では、

「目安箱」「献金ボイコット運動」「真のお父様制定天聖経 守護運動」「マルコの手紙」「献金事情実態調査 ブログ」

 このことをどう解釈すればいいのか。
(1)強制移動の下手人が方針として通報することをやめたのか。
(2)強制移動の下手人が何らかの個人的事情によって通報することができない状態にあるのか。

 もう少し、経過観察が必要に思われます。

 メルクマールは、「竜馬にかぶれて」が再通報になるかどうかです。このブログをカテ違いとして通報するのは、まつたろう殿がおちょ食っている「竜馬の如く」のうめたろう(=松橋氏)しかいません。もし再度、強制移動となったら、松橋氏が依然暗躍しているという結論になります。

 このまま再移動がない状態が続くことを願望しています。
 社会的にはほとんど意味のないことに時間を費やすのは、没社会的営為であり、無意味なストレスが続くことになりますから。

本部もお花畑、蝶が舞う

献金のノルマを達成するかどうかが評価の基準だからね。

教会長の責任問題から本部の責任問題になると困るんだよ。

ただ文氏のみが「神の心情」を知っているらしい

統一教会では「神の摂理」を物差しにして罪を規定する。ここで欠かせないのは文氏の血統転換と蕩減条件なる物だが、(罪の本質を血統としている為)文氏の見解に全て根拠を置いている。一般常識や社会の道徳と共存できないとまで断言し、文氏の見解がすべてのものの最上位である。これで、一般人とバランスせよというのは無理である。

血統転換も蕩減条件のための霊感商法も永続献金もどう見ても罪の許しを受ける方法論として既に破たんしていると思うのだが。神が関与しているというなら、今のこの有様は、有り得ないと思うからだ。

原理的思考から見れば、問題とされているこれら人々は問題を鎮静化させたい意図を持っているというだけで充分に良心的な人々である。彼らの正義は、神の国建設や伝道の条件になる献金や苦労だけである。

Re: ただ文氏のみが「神の心情」を知っているらしい

>原理的思考から見れば、問題とされているこれら人々は問題を鎮静化させたい意図を持っているというだけで充分に良心的な人々である。彼らの正義は、神の国建設や伝道の条件になる献金や苦労だけである。

 なるほど、納得。
 社会的価値観(社会の多くの人が共有する価値観)と、宗教的価値観は異なり、ときには衝突、対立する。このことは肯定的に認めているのだけど、「問題を鎮静化させたい意図」といっても、自分らの気に食わない意見を吐くブログを他の村に強制移動させるなんて、なんともチンピラヤクザ風、チンケですよねえ。

 やるんだったら、問題ブログを殲滅させるために、統一村をまるごと破壊する(焼き尽くす)ぐらいのことをやればいいのに。
 そしたら、なかなかやるなあ、宗教的価値観とはこれほどのものかという感想を抱くだろうに。で、結論。チンケな奴というのが私の印象なのです。

 奥ゆかしくも最大の揶揄ではないかと思われる件名の「ただ文氏のみが「神の心情」を知っているらしい」

 文鮮明先生をことさら批判したくはないけど、再臨主待望の雰囲気が強い韓国キリスト教会にあっては、「神の心情を知っている」と豪語する人たちは100人は下らないとか。

 朝生(?)だっけ、是非、「俺こそが神の心情を知っている」という正統派争いをやってもらいたいですね。
 

日本統一教会に必要な主体性

>事実関係を調べたといっても、柏教会のパソコン、松橋氏のパソコンを押収し、教団のIT専門家が分析したわけではないし、松橋氏とうめたろう、サムライソウルとのメールのやりとりを確認して、3人が別人格と客観的に判断したわけではない。

>要するに、彼の説明をそのまま受け入れただけのこと。まさに「お花畑脳」である。

>どうして、教団本部は毅然とした調査ができなかったのか。
 それは、前回指摘したように、事なかれ主義の官僚体質にどっぷり染まっているからだ。


 米本さんがにほんブログ村における強制移動等の問題を解決しようと徳野英治会長に送られた手紙は一般常識に適った正当なものでしたが、 この問題の担当者となった本部のA氏から米本さんに連絡された本部の対応を知ると確かに不充分です。
それは米本さんを納得させられるような内容ではなく、米本さんの不信感が増幅されるような中途半端なものでした。
 その問題点はまさしく上記の通りで、一般社会では決して通用しない‘不誠実’な対応しかなされていません。

 米本さんはそれを「事なかれ主義の官僚体質」と批判されましたが、その日本統一教会の不充分な問題対応の原因を突き詰めれば、やはり韓国統一教会本部との関係でみた日本統一教会の組織的位置という問題が関係してくると思われます。
 以前のコメント欄で米本さんがその日本統一教会の立場を日本共産党の歴史的問題に準え、コミンテルンとその支部の関係に例えましたが、その日本統一教会の立場はここでの対応にも影響しているように感じられます。

 その宗教団体としての性格から考えても、日本統一教会が韓国統一教会本部の意向を無視することはあり得ず、たとえ日本社会においては常識的に必要なルールの遵守でさえ 韓国教会本部の意向を実践することの妨げになれば 結局は行われず、それを放棄してしまうことになります。
 その典型が強制的な高額献金や詐欺的商法の行為などでありますが、それらの‘資金調達’は日本統一教会として必要なのではなく、韓国統一教会本部の‘強い願い’によって教会員が実践しているのであり、日本統一教会の立場は宗教法人としての問題もあり決して楽な立場ではなく複雑な問題を抱えることになります。

 にほんブログ村でなされた強制移動などの言論封殺行為も その目的は韓国統一教会本部の主張を擁護し、顕進氏支持者の影響力を弱めることであり、韓国教会本部からみれば‘意に適った行動’として評価できるものです。
 日本統一教会もそのような事情は判断することができ、その言論封殺行為が日本の社会常識を逸脱した行為だと米本さんから指摘されたとしても、その日本社会の倫理的なルールにしたがって その韓国教会本部支持者を徹底的に追及するのは難しくなってしまいます。
 特に、文先生が聖和される前であれば、教義から考えても韓国教会本部の意に反することを日本統一教会が行うことなど考えられません。

 しかし、文先生が聖和され、世界の統一教会内において様々な問題や矛盾が噴出し続ける今 日本統一教会はその日本人がもつ英知と良職を発揮しても良いのではないでしょうか。
 統一原理は‘人間の責任分担’の重要性を説いており、‘良心に従うことの重要性’は顕進氏支持者によって初めて語られたのではなく 文先生自らが強調されたことなのです。
 日本統一教会の立場と日本共産党の立場の違いは資金的な流れです。
もし、日本統一教会が韓国統一教会の資金的な援助なしには組織を維持できないというのであれば 思い切った自主的な行動をとることが不可能なのはどうしようもありません。
 しかし、その資金提供者が何も主体的な意志を持たず、良心さえ封じられているのが統一教会の現状なのですから、一般人から「信者はマインド・コントロールされている」と呆れられても仕方がないのです。

 米本さんは以前のコメントで「日本・統一教会(教団本部)を観る場合、1、2年のスパンが必要だと思っています。」と書かれていましたが、少なくても良心が覚醒されるべき転換期に達しているのは間違いないと思われます。
 尤も、‘資金提供者’は正確には日本統一教会ではなく(高額献金を強要される)日本人教会員ですから、経済力のある一般教会員の“良心と意志”こそ重要だということになります。
 現在に至るまで既に巨額の資金が韓国統一教会本部関係財団や文先生のもとに送られていますが、果たして‘人類の救済’の為にどれだけ貢献したのか判断もできないとしたら、良心以前の知能の問題なのですが‥‥。

 《弁明》別にそのような(考えない)統一教会員を「ザックリ下に見ている」わけではありません。必ずあるきっかけで本性(知・情・意)が覚醒されるようになると信じています。
‘シュールな世界’とはアンバランスという意味です。(ペコリ)
 

「まあ、あなたたちマッチング家庭は、よく考えたらかわいそうよね。だって、燃えるような恋愛感情ってものを、経験しないで結婚するわけだから。」

よね様、御機嫌よう。

昨日、宅の娘レイチェル、無事帰国いたしました。入れ替わりで、今日から息子、マークが国内のキャンプに参加するため、一週間ほど、うちを留守にいたします。

(注:教会の修練会とかではありません。)

さて、冒頭の言葉、実は私が祝福後、宣教師として活動していた時に、さる3万双の既成家庭の婦人に言われた言葉なんです。なんでこんな話になったんだっけ?今となっては、思い出せませんが。

マッチングを受け、チャーリーという相対者と出会い、宣教がひと段落ついたら、家庭を出発しようと思っていた当時の私。

ま、今ではすっかりふてぶてしいおばはんになってしまいましたけどね。何を隠そう、復帰された時は、ティーンエイジャーだった私。だから、「燃えるような恋愛感情」・・・確かに知りませんな。

よね様の様な方から見れば、このマッチングなるもの、奇々怪々に思われるかもしれません。でも、意外と普通っぽいんですの。実際に会う前に写真と釣書みたいなものをもらい、まず、電話して会話して、近くに住んでる同士だったら会ってみたり・・・。

ふふ、お見合いみたいでしょ。

普通のお見合いと違うところは、滅多に断れないってとこだけですの。
(え?そこがえらい違い!?)

ちなみに私とチャーリーは、この時ものすごく近くに住んでいたため、チャーリーから初めて電話をもらった時、「祝福式に行く前に会いましょう!!」って、私言ったんですが、信仰心の分厚いチャーリーに即却下されてしまいました。

で、冒頭のセリフの婦人のことですけれどね。面倒なので、この婦人を菊子、と呼ぶことに致します。

当時、我が宣教国では、日本での拠点として、この菊子のマンションを借りて生活しておりました。そこには菊子の旦那さん(リッチ)と、菊子の連れ子がいたんですけどね。最初の説明では、二人は共にバツイチで、旦那さんの方にも子供がいるってことでした、ええ、別れた奥さまと暮らす、ね。

傍目から見ても、この二人、熟年ながらかなりのラブラブ振り。そこで、冒頭のセリフの登場、と相成ったみたいなんですが。

がっ!?私が宣教国の、この「ホーム」を出て、家庭を出発してからしばらくして、とんでもない事実が判明したんですの。それは、実は菊子夫妻は、バツイチ、子供×1同士の再婚家庭ではなく、菊子旦那の方はまだ離婚が成立していない、いわば同棲状態だった、ってことなんですの。つまりは、略奪婚!!いやいや「婚」に至ってないから、そうも言えないな。

菊子!!私には、二人が出会った時、旦那家庭は離婚寸前、とか何とか言っておったな。食口だったシングルマザーの菊子(これは本当)が、当時夫婦仲の悪さを苦にする旦那を教会に誘って、そして恋に落ちて・・・って、うそやったんやん。そう、菊子が奥さんから旦那を奪ったのであります!?二人を別居に追い込み、子供をテテ無し子にした張本人だったのであります!!

しか~も、その事実を上の人、言わずと知れたアベル連中はみんな知っておったのであります。知っていながら、宣教国において、純潔キャンペーン、なるものを展開していたのでありますっ!!熱心に宣教に行っていた菊子。そして、自宅を宣教師に提供するなど、(偽)旦那共々協力していた菊子。

実際は「純潔」という言葉に嘲り笑われるかのような、生活を送っていた菊子(偽)夫妻。そりゃ、そんな二律背反的な人生を親が送っていると、子供もおかしくなるわな、と納得のグレ具合の菊子息子。私がまだ「ホーム」にいた間に、そういえばマリファナ所持(ほんとは売買)で、逮捕されておりました。女を部屋に連れ込むな、と(偽)父から注意されたという彼。なんぼか「お前こそ、母ちゃんを連れ込むな。」と言いたかったでありませう。

この菊子(偽)夫妻。この状態で何故3万双かと申しますとね。自分の所属教会とは別ルートで、強引に祝福に参加した、とのことですの。

さあ、ここまで読んだ、火の粉ブログの良心的な読者の皆々様は、はて?どっかで、聞いたような話だな、と思われたのではないでしょうか。
インジンとベン。そう、あの「昼下がりのジョージ」ならぬ「昼下がりのベン」よ。

上記の話が先にあったため、「昼下がりのベン」の話を聞いた時、私、すぐにこう思いましたわ。周りに二人の関係を知っている幹部食口が、かなりいたはずだ、と。協力さえしていたかも、と。

例えば、何故宣教国のアベル達が、菊子(偽)夫妻のことを知っていて、我々下層食口には内緒にし、あまつさえ二人の仲を容認していたかと申しますとね。それは、菊子(偽)旦那がリッチだったからなんですの。何かというと、お金を出してくれる。そして、それが宣教の役に立つ、だから二人の関係には目をつむろう、ってことですの。そういえばこの醜悪な事実を、私同様知らなかった姉妹は、まだ「ホーム」で同居していた時、菊子が旦那と再婚(と、当時は思ってた)したことを「お金目当てに決まってるじゃん。」と言ってたっけ。

私にしゃあしゃあと嘘をつき、あなたはマッチングだから本当の恋愛感情が分からない、と侮蔑した菊子。この女にも腹が立ちましたが、その事実を隠していたアベル達にはもっと腹が立ちましたことよ。

崇高な理想論を唱える一方、醜悪極まりない事実を容認する。こういう体質が、もう昔から統一教会にはあったんですの。

この菊子、栄進様がホテルから転落死された時、私の家に電話してきて「栄進様が無くなったのはね、本来米国にいるべき宣教師が(当時宣教の主体が米国にシフトしていた)、日本に留まっているからなんですって、聞いた?」と、図々しくも聞いてきやがっ、いえ、聞いて来られたんですの。私、逮捕されたんで、一応米国には入国できないようになってましたんですけどね。

罪びと、そう、罪びとってね、罪の重さが分からない人のことなんです。罪の重さが分からないから、どんどんと罪の深みにはまってゆく・・・。

私、今回のよね様のブログのテーマについて(やっとたどり着きましたわ)、前にコメントさせて頂きました。その時、教会本部の返答に対する感想として「米本のやつ、ほっとくとうるさいから、とりあえず何か言っとくか」的な、テキトーな返答に思える、と書いたんですけど、実はこう書くのは時期尚早かとも思ってたんです。もしかすると、もう少し、まともな感じじゃないんか、と。

どこかで、まともな思考の食口(アベル)が現れて、このままでは統一教会はダメになってしまう。崩壊を食い止める為、まともな努力をしなければならない、そのためには・・・と。

やっぱり、甘かったです。やっぱり、そうはならなかった。もうがっかり、この一言しかありません。

誰もまともなことを言わない。言おうとすらしない。当然の努力さえ放棄している。もう、本当に、この教会は終わるんじゃないか。

統一教会に出会う前。毎年毎年、「今年こそ死のう!」そう思いながら、実行できずに大晦日、一人号泣していた私(本当は死にたくなかったから)。そんな私が家庭を持ち、仕事を持ち、子供を授かり、色々ありながらも、人並みに生きている。これを奇跡と言わず何と言いましょうか。誰にも存在を知られていないけれど、でも統一教会の起こした奇跡が私という存在に現れている。それは、多額の献金を復帰したり、国家を復帰したりすることと同様、すごいことだと思うんですの。

その統一教会に、いつの頃からか、幻滅し始め、周辺からガツンと一撃を喰らう度、これがきっかけで変わるんでないか、と期待しては裏切られた日々。私を救ってくれた教会だから、どんな形ででもよい、とにかく存続してほしい、と願ってきた日々。これらが、崩れ去ったような気が致します。

よね様、あなたのように、個人情報全開でブログをやってるような方と、匿名で言いたいことを言い、やりたい放題やっているヘドロたちは、存在している次元がまるで違うんですの。匿名と言えば、私も同様ですが、私ははっきりと申します。私には、実名、住所丸出しで、このようなことを言う勇気はありません。私のコメントを読んで、「もしかすると、黒羊って・・・」と知り合いを思い浮かべる食口はいるかもしれませんが、それだけのこと。

実名が出ている方ですら(スネーク徳野、とか)、まともなことを言わない。1,000兆円にも上る借金を、他人事のように語る日本の政治家ですら、ツイッターとかをやってるのに。いっそ個人名で直接苦情受付したらええんとちゃう?そや、その方が早いわ。

最後に菊子に一言。もう、法的に本当の夫婦になりましたか?燃えるような恋愛感情は、よそ様の旦那にではなく、ご自分の旦那様に向けて下さいましね。

そして、燃えるような恋愛感情が無く、マッチングで結婚しちゃって、後悔している家庭の皆様。もし、燃えるような恋愛感情を抱ける別の相手が見つかった場合は、速やかに全財産(借金しかないかもしれへんけどな)及び、子供を相対者に譲り、婚姻関係を法的にきれいに解消してから、新生活に入られることをお勧めいたします。

追記:さっきレイチェルが、「ねぇねぇ、この人イモト?」と聞いてきたので、PCをのぞいたら、恩進様(の静止画像、昔の)でしたの。珍獣ハンターのイモトね!?確かに似てる。眉の形が・・・イモトと恩進様の画像を並べて見てみた私。これから、閲覧履歴は速やかに消去しよう、と思いました。

Re: 「まあ、あなたたちマッチング家庭は、~~

 黒い羊さんの知的センスには、いつも感心させられます。

 菊子関連の話題(もっと前の投稿も!)は、漫才の脚本にしたら、どうでしょうか。これはマジな提案ですよ。実は、何を隠そう、私も「お笑い統一教会」というテーマで、抱腹絶倒話を文章にしたいと考えていたことがありました。黒い羊さんの笑いを取る文章にしても、表層的な笑いだけでなく、笑いの中に本質がある。そこがいいですよね。

 ただ「お笑い統一教会」というタイトルが問題なのです。テリー伊藤さんたちが「お笑い北朝鮮」「お笑い日本共産党」を書いて、そこそこヒットしましたが、「統一教会」という存在がマイナーゆえに、吉本興行は採用しないでしょうね。そこがネックですよね。うーん、どうすれば・・・。

 黒い羊さんの中段以降の話題は、次の投稿で。

Re: 日本統一教会に必要な主体性

 黒い羊さんのコメント。
どこかで、まともな思考の食口(アベル)が現れて、このままでは統一教会はダメになってしまう。崩壊を食い止める為、まともな努力をしなければならない、そのためには・・・と。
やっぱり、甘かったです。やっぱり、そうはならなかった。もうがっかり、この一言しかありません。

その統一教会に、いつの頃からか、幻滅し始め、周辺からガツンと一撃を喰らう度、これがきっかけで変わるんでないか、と期待しては裏切られた日々。私を救ってくれた教会だから、どんな形ででもよい、とにかく存続してほしい、と願ってきた日々。これらが、崩れ去ったような気が致します。


 内部改革に期待し、統一にとどまっていた教会員は少なからずいたと思いますが、徐々に退会しつつあります。

 日本・統一教会は内部改革によって蘇生するだろうかというテーマは、神々の黄昏さんの「日本統一教会に必要な主体性」とも通じる話です。

 その宗教団体としての性格から考えても、日本統一教会が韓国統一教会本部の意向を無視することはあり得ず、たとえ日本社会においては常識的に必要なルールの遵守でさえ 韓国教会本部の意向を実践することの妨げになれば 結局は行われず、それを放棄してしまうことになります。

 こういう状況が常態化している中で、日本・統一教会が主体性を発揮することは可能でしょうか。
 教団の権力構造がまだ十分に認識できていない頃は、内部改革が可能だと思っていました。しかし、日本・統一の組織に韓国人幹部が深く入りこんでいることを知ってからは、日本・統一が主体性を発揮し、内部改革を行い、結果として世界・統一の矛盾を止揚するなんてことは、100パーセント無理だと思っています。

 ものすごく具体的なことになりますが、主体性を発揮するには主体性のある人たちが集まって、物事を決めなければなりません。
 こうした過程で、韓国人幹部(日本担当、本部長、地区長、教区長、教会長)を排して、日本人幹部だけで(小山田氏などの元会長たち、周藤副会長、局長、地区長、教区長など)、打ち合わせをするなんて、120%不可能です。

 世界・統一の中核をなす日本・統一の場合、日本共産党以上に上意下達が組織の本質的な特徴になっています。統一の体質になっているといってもいい。そうした中で「上意=韓国人幹部」を棚にあげて、日本人幹部だけで、物事を決めるなんて、想像だにできません。

 すでに韓鶴子氏がPOST文鮮明氏となり、韓鶴子後継体制が着々と進められつつあります。こうした動きに反対している食口ブロガーはいるけど、王妃様が王になることに異を唱えている人は、文顯進氏を支持する人を含めて、誰一人いません。
「お母様は金孝律に騙されているのだ」とか「お母様には重要なことが知らされていないのだ」とか、まるで根拠なく、王妃をかばうものばかり。

 韓鶴子氏は、文鮮明氏に重臣たちが「嘘の報告」をしていたことを、皮膚感覚として、認識しています。だから、ネット情報にも目を通している。
 王妃様はすべてを知っている。
 すべてを知った上で、発言している、重臣たちの提言を聞いている。また、すべてを知った上で、保留にしている事柄がある。

 何が言いたいのか。
 今の状況は、王様-重臣-属国の家来たち-知性が喪失してしまった民百姓。この構造が「王妃様-重臣~~」に変わりつつあるだけの話。この組織体制に誰一人として異を唱えていない。

 だから、日本・統一に「主体性の発揮」を求めるのは、もはや無い物ねだりをするのと何ら変わりません。

 唯一、針の穴程度に可能性があるのは、衰退のどん底に達したとき、何かが起きるのではないかというものですが、しかしながら、そのときには「知性が喪失していた民百姓」とて逃散しているか、頻発する経済犯罪事件で全国一斉に各地の教会、幹部宅が家宅捜索を受けているかのどちらかでしょうね。
 そして、そうなったときには、すでに在日の韓国人幹部たちは財物を手に本国に一斉に戻っている。

 今日からお盆です。まさに南無阿弥陀仏。

日本の闇に存在するもの

米本さんが仰るように日本統一教会の自主的な改革は不可能だと思います。

しかしこれは韓国人幹部だけのせいではなく、悪どいやり方に警察や政治家が踏み込めきれていない事も原因だと思います。
 昔動員されて選挙前にある政治家を応援する集まりに出たんですが、政治家にしたら評判が良くない組織でも票が集まるなら寄ってくるんだと失望したものです。
そんな政治家が国の不正や改革に挑むったって信じられませんよね。そこを押さえてる統一教会は賢いとも感じました。

統一教会だけでなくても怪しいシステム販売や貸金会社、自分の利益だけを主張する団体に金と票欲しさにすり寄っている政治家もいるんだろうし、一番は政治家が問題だと思います。
宗教法人への特別待遇にももっとメスを入れられる所はあるだろうに学会に気を使ったりうまく押さえられているんでしょうね。

統一教会に近い議員がどんな目的で付き合っているか知りたいし公にしてほしいものです。堂々と主張出来る信念を持っていてほしい。
 宗教法人の取り消しは教会が最も恐れるものだから本気で指導すればもっと改革は進むと思うし、さすがの韓国人幹部も日本政府に真っ向から立ち向かえるのかは疑問です。
 日本政府から締められて献金と人材が出なくなったら一番困るのは韓国統一教会なんですから。

統一教会員の覚醒

 日本統一教会が統一原理と組織の自己矛盾を解決しようと自浄作用を発揮したり、韓総裁や韓国統一教会本部から下される指令に対し、独自的な判断を示し意思表示するような‘主体性’を発揮するのは100%不可能である。‥‥‥それは‘現実’を熟知している米本さんの判断であり、否定できない私の本音です。
 米本さんのリアルな説明に異論を唱えられる隙はありません。

 結局、統一教会が内部改革されるとしたら それは教会幹部の‘良心’によるのではなく、教会が「衰退のどん底に達したとき」の止むに止まれぬ事情によってしかなされない、というのが冷静に考えた場合の判断です。
 しかし、「知性が喪失してしまった民百姓」なのでありますが、日本の統一教会員の本心が覚醒されるということは起こり得ないのでしょうか。

 統一原理をきちんと学んで、神の存在、人間の本性そして理想世界について原理的に理解し、主体的な良心が芽生えたならば 民百姓とて矛盾を解決して行こうという意志がうまれるのではないでしょうか。
 その為には当然‘真実’を知り、理解する必要がありますが、現代には過去の‘民百姓’にはなかったインターネットという情報収集の手段が準備されているのです。
 少なくとも、人並みの知性と判断力があれば、‘真実’を見いだすのは難しいことではないのです。

 韓国人統一教会幹部のように、‘真実’を知られたくない人達は別として、インターネットは貴重な‘発達した時代の贈り物’なのです。
 それによって過去の時代には不可能であった‘情報収集’が可能になり、‘真実’の追究が難しいことではなくなったのです。
 しかし、そうであるからこそ統一教会の指導者は「インターネットを見ないように」と指導しているのでしょう。
 そして、にほんブログ村・統一教会での強制移動は まさしくそれに対する妨害活動なのです。

 しかしながら、米本さんが描いた「王妃様-重臣-属国の家来たち-知性が喪失してしまった民百姓」という統一教会の組織構造は的確で、もはや‘比喩’などではなく、冗談では済まされない実態となってしまいました。
 特に、その高い身分にいる人々は李氏朝鮮時代からの歴史的な文化を受け継いでおり、文字通りそのつもりでいることは間違いありません。
 それは、今までの現実的な行動をみればよくわかることです。
その組織構造を可能にしているのは血統転換の教義なのですが、その血統転換教義の理論的な矛盾に気付けないところが‘知性が喪失してしまった民百姓’の悲しい限界でもあります。

 実は私も この‘知性が喪失してしまった民百姓’という見方が王様が日本人教会員をみる観点だというのは以前から実感していました。
 それは‘経済摂理’の日本人教会員に対する要求の仕方やエンドレス高額献金の要求を目の当たりにした時、必然的に「百姓は生かさぬよう殺さぬよう」「百姓と胡麻の油は絞れるだけ絞れ」という封建時代の殿様の言葉を連想してしまったからです。
 そして、その王様のもとに送られた資金が‘人類の救済’の為に使われず、何度も失敗し続ける‘事業活動’に投資されているという現実を知った時、その殿様が百姓をみるのと全く同じように、統一教会の王様も日本人教会員をみているのではないかという疑問を否定できなくなったのです。

 従って統一教会の組織構造を「王様-重臣-属国の家来たち-知性が喪失してしまった民百姓」と準えた米本さんの指摘はドンピシャなのです。
 その「知性が喪失してしまった民百姓」がそうではなくなり、「神の息子、娘」に生まれ変わるには、まずはその謂れのない「民百姓」であることに気付かねばならず、知性と主体性の覚醒が必要なのです。
 しかし、インターネットを通して‘真実’を追究する以前の問題として 統一教会員のパソコン普及率の低さを何とかしなければならないのですが‥‥。

Re: 日本の闇に存在するもの

桜子さん
>宗教法人の取り消しは教会が最も恐れるものだから本気で指導すればもっと改革は進むと思うし、さすがの韓国人幹部も日本政府に真っ向から立ち向かえるのかは疑問です。

 なるほど、外圧という手がありましたね。
 統一本部相談室に訴えても改善が見られないようなら、宗教法人を所管する文化庁に、統一教会の問題点を訴える手紙を送る。それによって、改善指導をしてもらう。5、6通でも手紙がくれば、文化庁は無視することはできないのでは。

 それにしても、統一教会は拉致監禁をなくすために外圧を利用せざるを得ない。自分らの手だけではどうしようもないから。
 そのことを考えると、自分らの組織の腐敗を自分らで解決することができない。文化庁の指導にお願いするしかない。
 何とも情けない話、ため息が出てしまいます。

Re: 統一教会員の覚醒

「知性と主体性の覚醒」のためにネットが有効であるという指摘は、的を射ていると思います。ただ難点は、おっしゃる通り、統一教会員のパソコン普及率の低さです。

 しかし・・・。

 矛盾したことを書きます。
 ある覚醒した婦人食口からごく最近、電話をもらいました。
 仲間に「読んで」と、火の粉ブログのURLをメールに貼り付けたそうです。しかし、誰一人として読まなかった。
「献金の結果、生活保護を受けている食口も読もうとしなかった。ショックでした」

 その一方、ネットの影響は少しずつですが、出始めています。
 海外のやや覚醒した教会員がネットを読み、それを日本の仲間(霊の親・子、ホームで仲間だった人)に、個人メールや電話で伝える。二世同士も。

 文仁進さんの不倫について、どの程度知られているのかはわかりませんが、ネット→メール&電話のルートで事実が広がったのは間違いないところです。
 教会長がネットを読むなといっても、仲間からの横情報を無視する人は少ない。

 で、結論めいたことになりますが、献金の被害者ともいっていい生活保護食口は、せっかく送られてきたURLを開こうとしなかった。これをどう解釈すればいいのか。
 生活保護食口は現状に不満を抱いていないことはないはず。それなのに不満の原因を調べようとしない。

 先の覚醒した婦人食口は、ネットを読んで、「私は長年、統一教会に騙されていた。そのことに気づいてからの精神的混乱はひどい状況でした。おそらく生活保護を受けている人も、そうなるのが本能的に怖く、ネットを読まないのだと思います」

 ド・貧乏でも、いつかは天国がやってくると夢見ていたほうが精神的には快だと、防御本能的に察知しているということだと思います。

 このことからすると、「ネット(情報)⇒知性と主体性の覚醒」という図式を考えるのは、必ずしも、現実的ではないかもしれませんね。
 連絡をくれた覚醒したご婦人のように、「ネット⇒長年、騙されていた。統一を潰したい」となるパターンのほうが多いかもしれません。暗い話でメンゴですが。

 ただ、また矛盾したことを書きますが、統一教会の最大の問題点は「高額エンドレス献金」だと、拙著に書いたのは2008年夏のことでした。
 それから5年、ブログ村の食口ブロガーは公然と「献金問題」を記事にしています。統一教会員が徐々に覚醒しているのも間違いない事実でしょう。 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

日本と統一教会の闇は続く

仰るように自主的に内部改革の出来ない統一教会は情けないしそこに属していると葛藤も多いです。

しかし他と比べても仕方ないですが相撲協会といい教育委員会といい他にももろもろ日本に闇は多いとも感じるんです。
 私が最も恐れるのは外圧にまでいたれるのかということです。相撲協会の問題も内部告発がマスコミに取り上げられやっと動き出したし、いじめにおいてはいじめ防止法案が可決するまで何人の若い命が犠牲になったんでしょうか。
 大体この国は対応が遅すぎるんです。
高額献金も銀行の貸付金額の上限が返済するにあたり常識を超えない年収の3分1に早くからなっていたらもっと被害者も少なかったはずです。
 おまけに元信者の裁判によって統一教会の高額献金の実態はわかってるはずだろうに、また元信者側によって事態を放置してきた国の責任も追求されているのにあまり改善が見られません。
 有田君だけでなくもっと良識的な政治家が国会で取り上げてほしい問題です。

このような国の怠慢を統一教会幹部は「天運に守られている」と認識しているのでしょうか。まぁ、徳野さんも韓国語が出来るし子供に韓日祝福を受けさせて最終的には日本脱出を目指していて、日々お母様や韓国人幹部への点数を上げるために目標達成しか頭にないのかもしれません。

日本人幹部も末端信者を守るために韓国人に抗議するような根性のある方はいないのでしょう。自分の位置を守るのに必死。日帝時代に日本人に媚びて同胞を売った韓国人を真似ているんでしょうか。

 話は変わりますが在韓日本人妻の悲劇も日本の自虐史教育がここまで強くなければ起こる悲劇も少しは減ったかもと自虐史から目覚めて訴えられているちゃぬさんのブログを読んで、また韓国への罪滅ぼして高額献金した自分の愚かさから感じます。
 間違いは認めて反省しますが、いきすぎている面や外国の言いなりになりすぎた点も感じます。
そこをつかれたり、自分の家系の因縁解消の為に思考停止で献金する百姓食口もたくさんいます。
 
お母様は日本人全てに祝福を受けさせて救いたいようですが、日本人の祝福献金や解怨献金は韓国人の十倍、プラス摂理的高額献金があるのに可能なんでしょうか。

南無阿弥陀仏…チーン(/ー ̄;)

バランス

自虐史に関する問題点は30年ほども前に、興進様が再臨されたときに日本で語られました。確か「日本人が韓国に対して申し訳ないと思う気持ちは尊いが、一方的に日本だけが悪かったと考えて自虐的になるのはいけない。戦争というのはどこにおいても、多かれ少なかれ似たようなことが起こっているものだ。日本だけが特別に悪いことをしたと考える必要はない。」というような内容でした。
このことは、当時の祝福家庭に語られたので、私は責任者を通して聞きました。
しかし、その後、どこにいっても、日本国内でも海外でもこの話を知らない食口が多いです。

自虐史も問題ですが、反動で極端な国粋主義になることも、韓国に対する盲目的信仰から嫌韓になることも同じように問題だと思います。
自分でちゃんと調べて自分の頭で判断し、自分の判断には自分で責任を持つという当たり前のことが必要だと感じます。

情報には提供する人の思惑が必ずあることをいつも考えて判断しなければ、私達もいつでもエジプトのようになる可能性があります。

  • [2013/08/17 01:00]
  • URL |
  • ホーリーナッツ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

日本と韓国の闇

『韓国従軍慰安婦問題 ―日本の誠実な謝罪と膨大な賠償金支払いの事実を日韓両国民に知らせよ』のサイトから抜粋させて頂きますと

日韓基本条約と同時に締結された日韓請求権・経済協力協定の交渉の過程で、 日本政府は、 元従軍慰安婦、元徴用工に対する 個人補償は日本政府が行う と提案した。 しかし、この提案を韓国政府は拒絶した。 韓国政府は、 国全体及び個人に対する日本の賠償金は、韓国政府が一括して 受け取り、韓国政府が、元従軍慰安婦、元徴用工に対する 個人補償を行うと主張した。

注:韓国政府の主張を受け入れ、2013年6月22日現在、日本政府は、法的制約もあって、 元従軍慰安婦個人に対する直接補償は行っていない。また、村山政権当時の日本の 民間団体による元従軍慰安婦個人に対する直接補償は、韓国政府が強力に支援している 韓国の反日団体が元従軍慰安婦個人に受取を拒否させている。

日本政府は、韓国政府の主張を受け入れ、日韓請求権・ 経済協力協定の第2条1に、 「両締約国は、両締約国、及び、その国民(法人を含む)の財産、 権利、及び、利益、並びに、両締約国、及び、その国民の間の 請求権に関する問題が、1951年9月8日に、サン・フランシスコ市で署名 された日本国との平和条約第4条(a)に規定されたものを含めて、 完全、かつ、最終的に解決されたこととなる ことを確認する」と明記した上で 無償資金3億ドル、有償資金2億ドル、 及び民間借款3億ドル、計8億ドルの賠償金を支払った。

日本が支払った合計8億ドルのものぼる膨大な賠償金は、 金日成の戦争犯罪で徹底的に破壊された韓国国土のインフラ整 備と 韓国を農業国から工業国に転換 させるための製造業の立ち上げ に 使われた。


上記の事実を韓国側は隠したくても、日本政府はもっと日本国民や世界にアピールすべきなのに何故土下座外交ばかり行ってきたのでしょうか。

主張すべきは主張しないと日韓の本当の相互理解は起こらないし、統一教会の悲劇の源も解決出来ないと感じます。
 統一教会のバ幹部だけでなく自国民を裏切る日本政府にも腹が立ちます。

歴史は基本的に常に力のある者が下の者を虐げてきた歴史だと感じます。(中には正道をいく素晴らしい指導者もおられる事は承知してますが)

統一教会にも日本にも真の指導者が必要です!! 

昔の記事にすみません

日本が対外的に賠償をアピールしない(できない)のは、経済協力という名目をとっていたためではないでしょうか。

賠償=不法な植民地支配を認めることになりますから、韓国への経済協力という形をとったようです。

しかし、賠償(という形)がされていないにしろ、韓国は賠償請求権は放棄しているので、請求するのはおかしいのですが。

なので、対外的に補償済アピールをすることは、賠償責任があったと海外にアピールすることにも繋がりかねないので、日本政府としては微妙なところなのではないでしょうか。

ちなみに私は渡韓組ですが、法務局で外国人在留者支援に行われている、社会統合プログラムの教材に、漢江の奇跡の話が何度か出てきますが、日本の経済援助の話は一切出てきません。
授業では、漢江の奇跡は以下の要因と説明されました。

①優秀な人的資源
②経済的困難を克服しようという国民の強い意志
③高い教育熱と技術

自分達で成した事になっているようです。
国で作られた教材ですので、恐らく小中高でも似たような教育が成されているのでしょう。

日本は経済協力の他、技術支援も行い、戦前韓国に残した資産(軍事用資産を除いて53億ドル程)も放棄していますね。

ある意味、賠償という形をとっていたら終わっていた話かもしれません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/414-b856720e