総連ビルを落札するのは誰なのか!? 

統一教会考(35)ニュース

重要情報! 

◆末尾に、パシセラさんのコメントを紹介しました。
◆アエラの記事、また私の推測記事が間違っていたことを追記情報として加えました(3月27日)。





 11月19日号のアエラに、「総連を統一教会が救済説」の記事が掲載された。この記事に信憑性ありやなしや。

 朝鮮総連のビルをめぐる事件の経緯は、ウィキペディア「朝鮮総連本部ビル売却問題」を読んでもらうとして、全国紙(産経ニュース)に載った直近のニュース(今年の6月28日)を引用しておく。

朝鮮総連本部、競売へ RCC側の勝訴確定 所有権確認訴訟 最高裁

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に約627億円の債権を持つ整理回収機構(RCC)が、朝鮮総連中央本部(東京都千代田区)の土地・建物を強制執行(競売)できるよう、本部の所有者が総連であることの確認などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は、総連側の上告を棄却する決定をした。27日付。総連が実質的な所有者だと認めた2審東京高裁判決が確定した。

 朝鮮総連は、法人格のない「権利能力なき社団」であるため土地・建物の登記ができず、中央本部は「合資会社朝鮮中央会館管理会」名義で登記されている。判決の確定を受け、RCCは今後、強制競売を申し立てることができる。中央本部が競売にかけられ、総連が立ち退きを求められる可能性が出てきた。

 東京地裁は平成19年6月、RCCが経営破綻した在日朝鮮人系信用組合から引き継いだ不良債権のうち、約627億円が実質的に総連への融資だったと認め、総連に全額の支払いを命じ、確定した。

これを受け、RCCは中央本部の土地・建物を差し押さえようとしたが、登記上の所有者が管理会となっているため、管理会相手に強制執行を可能とする「執行文」の付与を求める訴訟を起こした。この訴訟でRCCは敗訴したものの、最高裁は22年6月、所有権が総連にあることを示す確定判決があれば、強制執行は可能との判断を示した。

 RCCが総連に所有権があることの確認を求めたのが今回の訴訟で、21年3月の1審東京地裁判決は、「総連は当初から本部の使用を継続し、管理会に使用料を支払った形跡がなく、総連の代表者が本部の処分権限を持っていた」と指摘。22年12月の2審判決も1審判決を支持して総連側の控訴を棄却した。

 中央本部は、土地が約2390平方メートル、建物が鉄骨鉄筋コンクリート造りの地上10階地下2階建て。

 RCCの話 「適切な判断が示された。今後も債権回収に最善を尽くす」

 朝鮮総連の話 「非常に遺憾。話し合いで解決されることを強く望む」

(引用終わり)

総連の最高幹部の表情はなぜか明るい

 この記事のあとの動きは、最高裁の判決を受け、7月に東京地裁が競売手続きを開始し、8月には地裁執行官が建物の構造などを調査した。
 あとは地裁による競売の公示を待つだけになっている。

 在日朝鮮総連は、議長を含め数名の幹部が北朝鮮の代議員(国会議員)になっていることからもわかる通り、朝鮮労働党と密接な関係がある。朝鮮総連のビルは、日本における北朝鮮の本山的性格をもち、もし競売となれば、城を明け渡すことになる。落城である。

 当然、総連の幹部たちは暗いはずなのに、アエラの記事によれば、
「だがこのところ、総連最高幹部の表情は明るいという。『もう大丈夫だ』と周囲に漏らしたとも伝えられる」

 どういうことか。
「もし競売になっても入札で大金を投じ、落札すれば総連中央が引き続きあのビルにとどまれるよう保証してくれる有力な資金スポンサーが浮上したのです」 

 そのスポンサーが統一教会というわけなのである。
 はたして信憑性やいかに?と、読者は首をひねっただろうが、話は具体的だ。
 
「本部ビルの救済に統一教会が関与する協議は、韓国の統一教会本部大幹部と北朝鮮指導部の間で今年前半に行われたとされる。北の指導部を代表して出てきたのは金養建・党統一戦線部長だという」

 競売で本部ビルを落札するには45億~50億円は必要とみられるが、
「もし総連本部の大家になれば、統一教会には大きなメリットなるでしょう。東京の一等地を手に入れるのはもちろん、北朝鮮に恩を売ることで、平壌がらみの様々な利権を得られる見込みが出てくる。競売には、統一教会関係とすぐわかる名前でなく、香港の投資会社や海外のファンドなど、いろんなダミーを使って加わるとみられます


 なお、末尾には日本・統一教会のコメントを載せている。
「韓国側に確認したが、事実はないとのことだ」


記事の疑問点


 この記事を子細に検討すると、情報源は「事情に詳しい関係者」「さる在日関係者」「情報関係者」となっている。情報の出所は、統一教会関係者か在日総連関係者しかしない。ひょっとすれば、日本・統一教会の広報局が嘘の回答をした可能性もなきにしもあらずだが、記事後、教団公式サイトで「AERA」編集長らに抗議文を送付を掲載し、全面否定をしている。 となると、消去法でいけば、総連関係者ということになる。

 では、総連関係者がアエラに流した情報はデタラメだったのか。それにしては、「北の指導部を代表して出てきたのは金養建・党統一戦線部長」と、きわめて具体的すぎる。
 また、アエラ(発行元は朝日新聞)がガサネタをそのまま書くとは思えない。ただし、取材は十全なものではなく、致命的なのは北朝鮮と交渉したというもう一方の当事者、韓国の統一教会に取材していないことだ。

 私がこの記事を読んで、首を傾げたのは次の点だ。

その1
・韓国・統一教会が日本に「一等地ビル」を手に入れなければならない必然性はない。テナント業によって、新たな収益源を得たいと目論んでいるのならともかく・・・。でも、テナント業を始めたいのであれば、土地勘がある韓国に売り物件はいくらでもあり、なにもわざわざマスコミから注目されているビルを落札しなければならない理由は一つもないはず。

その2・日本・統一教会本部は、新しいビルを求めている。松濤にある本部ビルが老朽化しているからだ。実際、3年前の一時期、献金を集めたことがある。しかし、4、50億円の資金を集めることはできず、この計画は頓挫した。
中途半端でも某かの金は集めたわけだが、それはどこに消えたのかいな、こらッ。)
「韓国・統一」が総連ビルを落札し、それを「日本・統一」に格安で提供する。そんなことは、これまでの関係からいって、考えられないことだ。

その3・総連本部ビルを落札するメリットは、アエラによれば「北朝鮮に恩を売ることができる」
 だが、統一教会はすでに北朝鮮に恩を売っている。
 その象徴は、平和自動車だ。
 今さら、数十億円でビルを落札して恩を売る必要性はない。
 恩を売り続けたいのであれば、平和自動車から韓国・統一教会が手を引くのは矛盾している。
 そもそも、北朝鮮と統一教会とのパイプはすでに形成されている。文鮮明氏が亡くなったとき、北朝鮮は金正恩書記の名前で、文氏に「祖国統一賞」を授与するとともに、弔電を送っているのだ。今さら、パイプを作る必要はない。


真相はどこに?


 このように分析していくと、次のことが浮かびあがってくる。

(1)アエラの記事の趣旨は誤報ではないはず。
(2)総連ビルを買いたいと思っているのは、北朝鮮に恩を売り、北朝鮮とのパイプを作りたいと思っている統一教会グループである。

 論理的に考えていけば、統一教会グループの誰が総連ビルを落札し、北朝鮮とのパイプを作りたいと考えているのか、透けてくるだろう。

 そこで、韓国在住のディープ・スロートに問い合わせてみた。
「探ってみたわ。文顯進ニムのグループみたいね。私は文3派とも情報交換しているけど、その彼にストレートとにぶつけてみたの。そしたら、顔が歪み、話をそらしたわ」

 在日総連ビルを落札するために水面下で交渉を行っているのは、文顯進グループなのではないのか。
 そうだとすれば、すべて合理的に説明することができる。

 まず、北朝鮮とのパイプをつくることができる。これは南北統一を使命とする文顯進氏にとってはきわめて大きい意義をもつ。
 さらに、渋谷松濤よりもはるかに格上の千代田区の一等地に居を構えることができる。
(弟、クッチンよ、おまえは渋谷駅から汗かきかきの松濤かよ~ぉ。俺たちの日本での拠点はJR飯田橋だって、地下鉄九段だって、数分のところだぜ。神楽坂でチントンシャンもできるぞな。おまえは東電OL事件の今や品のない円山だろッ)
 
 ではなぜ、総連を救済しようとしたのが「文顯進氏」でなく「韓国・統一教会」と記事は取り違えたのか。これについて言えば、アエラの情報源、在日総連関係者にとって、文家一族の対立のことが頭にあったとしても、両者が決定的に対立し、修復不可能なレベル(敵対関係)に達していることまで認識できていなかったのではないかと思われる。 

 これまで述べた推測が正しければ、金養建・党統一戦線部長と協議した韓国の統一教会本部大幹部とは誰かということになるが、文鮮明氏が91年に訪朝したときに同行した側近が浮かんでくる。その側近はその後、文顯進氏側についた人物。側近ナンバー2だった郭ジョンファン氏の名が浮かんでくるが、彼は訪朝のときに同行していない。文鮮明氏夫妻に同行したのは、朴普煕夫妻、金孝律氏、尹氏、黄燁周氏、鄭元周氏(あと1名は不明)。訪朝前に北朝鮮に出向き、下準備をした人物なのか。さて、誰なのか。

【関連記事】
「第三章 文鮮明師の北朝鮮訪問に関するマスコミ報道」
「同続き」
「日本の新聞記事のコピー」


文顯進&そのグループは発言すべきだ


 推測が正しいのか間違っているのかどうか。文顯進氏と彼を支持する人たちは釈明すべきだろう。
 とりわけ、文顯進氏と交流のあるパシセラさんである。
 まずもって、文顯進氏に質問すべきであろう。
 もし違うというのなら、私は謝罪する。
 無回答なら、総連ビルを落札しようとしているのは文顯進氏ということになる。
(強引なという勿れ。ネットでいろんな情報を、お互い流している身ですから)

 その場合、文顯進氏は40億円から50億円もの金の出所を、私は知りたい。
 みんな日本食口の献金ではないか、と。
 
 誠実な回答があることを期待したい。

追記情報(12月11日朝)-

「パシセラのブログ」で、パシセラさんが朝鮮総連ビルの落札問題で、コメントを発表しました。以下に全文を掲載いたします。下線とゴチックは私

朝鮮総連のビル落札 ? 2012-12-10 22:46:29NEW !
テーマ:ブログ

朝鮮総連のビル落札の交渉を行っているのが「文顕進グループなのではないか」という件に関して、ブログを読んで心配した方から返答の可能性を求められました。

私は、このような噂のような事に関しても、攻撃的な批判に対しても、応える事をほとんどしません。正しい事を言うのは、言葉を選ばなければならず、事実を知らなければならず、難しいのですが、間違った事を言う事、噂話をする事は簡単で、数に限りがありません。噂や攻撃にいちいち応える事は、私はしません。

また、私は、多少 Old Fashioned(古い)かもしれませんけれど、ブログというメディアが、一対一的応答をする手段として適当であるとも思えません。

でも、「心配してくださる方もおられる事だし . . . 」と思って、この件に関してだけ書きますが、ビル落札の交渉になど関わっていません

こういう噂を、発信する方たちが多くいるのですが、思い違いか、意図的な攻撃です。真剣に受け取られないほうが良いです。

文顕進理事長がアトランタでしたスピーチの中で、「私は朝鮮総連のビルを落札しています」と言ったしたら、それはどれほど違和感を持ったものとして響くでしょうか?

朝鮮総連のビル落札をしたら、それは、文顕進理事長が世界に呼びかけている内容に合致する行為でしょうか?

一つのビルの行方より、はるかに大きな事が進行している事を語り、歴史と世界を貫く普遍的原理と価値に関して語っているのに。

私達は、本気なのです。

http://control.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=375

-パシセラさんの記事へのコメント-

 パシセラさんは文顕進氏をたんに支持している方ではなく、コメントを読んでもわかる通り、文顕進氏のもとで活動している方である。したがって、総連ビルの落札に文顕進氏が関わっていない-という見解は正式なものとして受け止める。

 ここで潔く記事を削除し謝罪すればいいのだが、どうにも符に落ちない。真相が不明だからだ。
 芥川龍之介の「藪の中」ほど重層性はないのだが、それでも、朝鮮総連ビル売却問題の真相が藪の中に入ったのは間違いない。

◆アエラは、総連ビルを落札するのは、韓国・統一教会であること書いた。

◆日本・統一教会は、韓国・統一教会に問い合わせ、その事実を否定した。
 そして、公式サイトで、「AERA」編集長らに抗議文を送付2012年11月19日を発表した。

 抗議文には「貴誌に対し、強く抗議するとともに、謝罪と訂正を求めるものです。この文書到着後、3日以内に、文書にて回答するよう求めます」と書かれている。その回答文を掲載していないのは、鼻であしらうような「事実に相違ない。記事を訂正する必要はない」といった回答だったからだと思われる。

◆どちらも正しいとすれば?
 消去法(今回の場合、間違った方法ではない)で、落札を計画しているのは文顕進氏グループではないかとの推測記事を書いた。

◆しかし、同グループの活動家であるパシセラさんは否定した。

 結局、落札問題は藪の中に入ったわけである。考えられるのは韓国・統一教会か文顕進氏のどちらかが嘘をついているか、あるいはアエラの全くの誤報だったのか。この3つしかありえない。

 近く競売の公示が行われ、誰かが落札する。しかしながら、アエラによれば「競売には、統一教会関係とすぐわかる名前でなく、香港の投資会社や海外のファンドなど、いろんなダミーを使って加わるとみられます」というから、落札者の正体はすぐにはわからない。雑誌、新聞記者の後追い取材を待つしかない。
 正体がわかった段階で、再び記事にする予定である。嘘があれば、100倍返しだ。

 パシセラさんのコメントを周知させるために、記事はもうしばらくこのままに

 なお、老婆心ながら、パシセラさんに提言しておきます。批判ではありません。誤解なきように。

(1)この記事は、「噂のような事」「攻撃的な批判」の類ではありません。

(2)また「思い違い」「意図的な攻撃」とも一切無縁です。記事を読めばわかる通り、消去法による推測記事。それゆえ、統一教会の一部の人たちと同じようなヒステリック用語を多用せず(印象が悪くなる)、火の粉ブログの推測記事は間違っている。落札の計画は一切ない-とだけ書けばいいだけのこと。

総連ビルを購入することは、何ら悪いことでも、社会的に批判を浴びることでもない。統一教会も文顕進グループも勘違いしている。苦笑

(3)パシセラさんたちは、現統一教会を批判している。批判する相手と同じようなスタイルでやっていれば、信用をなくしてしまう。疑問が提示されれば、それに誠実に答えるようにしたほうがいい。 面倒であってもそうしたほうがいい印象を抱かれる。
「ブログというメディアが、一対一的応答をする手段として適当であるとも思えません」 
 そうかもしれないが、文顕進グループに、質疑応答のアクセスツールがあればいいのだけど、そうでないから、ブログでやるしかない。文顕進たちも統一教会と同じで、上から下への一方通行だけ。

(4)「朝鮮総連のビル落札をしたら、それは、文顕進理事長が世界に呼びかけている内容に合致する行為でしょうか?一つのビルの行方より、はるかに大きな事が進行している事を語り、歴史と世界を貫く普遍的原理と価値に関して語っているのに」
 おそらく、落札の計画はないことを強調されたいために、付け加えられたのでしょうが、蛇足です。グローバルピースの日本拠点を確保するために、総連ビルを買うのは、内容に合致しています。
 拠点があれば、ホテル探しに苦労することはないはず。



興味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

追記情報(3月27日):総連ビルを最福寺が落札!

 朝日新聞(3月7日付、朝刊)が次のように報じました。

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地と建物(東京都千代田区)は26日の開札の結果、宗教法人「最福寺」が落札する見通しになった。その額、45億1900万円。

 産経新聞のネットニュースで詳細を読むことできます。
「工作拠点」死守 僧侶動く 総連・北政府幹部から依頼

 結果として、「統一教会が落札」するとしたアエラの記事は大誤報。その記事をもとに「落札するのは文顯進氏グループではないのか」とした私の推測記事も間違いでした。

 文顯進氏ならびにパシセラさんに謝罪いたします。申し訳ありませんでした。

  誤報記事を書いたアエラ(朝日新聞社)が次号で統一教会に謝罪するかどうか注目したいです。
  なぜ、統一教会が落札すると書いたのか、誤報の真相を明かしてもらいたいものです。

関連記事

コメント

ボケ

>「拝啓統一教会様」のブロガー、髭を生やしたミセスキム君にご用心。

ヒェ~ やっぱりミセスキムはミスターチンだったのですか。(ミスター珍:プロレスラー)
下駄を振りまわして、敵を威嚇するんですよね。純粋そうで好きだったなあ。
一定のキャラ作りに成功した人でした。

ミスター珍

 さすが翔子お姉様。気分転換は素早く、感動感動の嵐でございますことよ。

 すでに翔子お姉様が鋭く見抜いていらっしゃる通り、ミスター珍の動きは、香港映画の比ではありません。

 なにしろ、ミスター珍の周辺には・・・・。

 お~しまい。

 総連ビルのことを知りたく、情報を取っているところでございます。

「パシセラのブログ」で否定記事!

「パシセラのブログ」で、パシセラさんが総連ビルの落札については、文顕進氏は一切絡んでいないという記事を掲載しました。

 末尾に全文を引用しました。是非、読んでください。

文顯進氏に謝罪いたします。

 本日(2013年3月27日)、朝日新聞等が「総連ビルを落札したのは鹿児島の宗教法人・最福寺」と報じました。

 私がアエラの記事をもとに、「落札するのは統一教会ではなく、文顯進グループではないのか」と書いた推測記事は間違いでした。

 最末尾に追加情報を載せました。一読していただけたら。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/375-21f7a409