跡目争いは四分五裂-美酒は誰の手に。 

統一教会考(29)

消滅と再生・発展の分岐点

 前回のブログで、「勝利した」はずの統一教会が崩壊過程に入ったことを詳述した。
 そして、この崩壊を食い止めるために、パラダイムをシフトし、下からの大胆な改革運動が必要だとして、食口読者に改革案を求めた。

「崩壊を防ぐには、教会員一人一人が改革案を示さなければならない。私は、次のブログで、一つの改革案を示すつもりだ」

 今回は、私の改革案を提示する。といっても、すでに以前から言われていることで、さして新鮮味はないかもしれないが。

 その前に、いくつかのことを材料として提供しておきたい。

 日本には18万2396の宗教法人がある(23年度)。毎年、新しい宗教団体が宗教法人として認可され、その一方で自主的に解散する法人もある。
 解散する理由の多くは、教祖が亡くなったのを契機に、教勢力が衰微するためである。逆に、教祖が亡くなったのを機に、より発展する団体もある。その典型は真如苑(公称信者数80万人)だろう。

 文化庁によれば、消滅と発展の分岐点は、①しっかりした後継者が育っているかどうか、②その後継者が組織と教義を時代に合わせて整備していくかどうか-にあるという。

 つまり、「一つの時代が終った」(宗教学者、アイリン・バーカー)あと、新しい時代を主体的に迎えることができるかどうか、ということだろう。

 統一教会の場合はどうか。
 まず①について。

 韓国のネットニュース・「ブレイクニュース」を紹介する。機械訳のため、わかりにくいところもあるが、在韓食口によれば、「情報源は文3男の周辺のようだが、とてもよくまとまっている」とのこと。
 引用はパシセラさんのブログから。一部、文意を損なわない程度に修正した。は管理人の注釈

(引用はじめ)

統一教会教権血族継承"母と息子の戦い"

 統一教会の後継者に内定したことで知られる統一教会世界会長文亨進(7男)、統一グループ財団理事長文国進(4男)と故文鮮明総裁夫人・韓鶴子総裁との間に教権をめぐる葛藤と暗闘が尋常でない雰囲気だ。

 文鮮明総裁は、享年92歳、9月3日に聖和(他界)した。13日間葬儀期間を過ごし、去る9月15日の聖和式が清平にある清心平和ワールドセンターで行われた。葬儀期間中、統一教会教団側では宗教の後継者としての末の息子(7男)である33歳の文亨進統一教会世界会長が指名され、経済の方が責任を負う後継者には、4男文国進統一グループ理事長が内定された。
 そして、統一教会総裁は韓鶴子総裁が務めると明らかにし、後継問題については、安定的に行われるという自信を対外に標榜してきた。
 葬儀期間中文亨進世界会長は、北の弔問を受けるために北朝鮮を訪問するサプライズ(驚き)を披露した。対外マスコミは文亨進会長の北朝鮮訪問が統一教会の後継者としての公式歩みを始められた。

 しかし、このように不動のものとしか見え後継構図は、文総裁の聖和式が終わるやいなや根本的に変わった。その変化の中心には、文総裁の夫人の韓総裁にあった。総裁は後継者に指名された二人の息子に席を退くことを要求したと伝えられている。


衝撃、文仁進(次女)米国総会長の私生児出産事件

 その最初の変化は、これまで後継者として宣伝された文亨進世界会長を統一教会米国総会長に発令出したことだ。
 世界会長が地域の責任者に任命された前例のない人事措置の背景には、文仁進前統一教会米国総会長の不倫と隠し子出産という衝撃的な事件があった。文総裁の葬儀期間に米国で衝撃的なスキャンダルが発生したのだ。
 米国統一教会全体の責任者となり、文亨進、文国進と教権を分けて持っていた文仁進総会長が信徒の夫と不適切な関係を通じ、5月初め不倫出産をしたという事実と、その証拠として男の子の出生証明書が暴露された。
 文総裁の子供であり、現職の最高の教会指導者が統一教会が最も罪悪視する不倫とさらに婚外出産まで秘密裏に行っていた。容認できない事件だった。
 文総裁の葬儀期間に起こったこのニュースは、信徒たちを大きな混乱と衝撃に陥れた。

 この事件を解決するという名分で現統一教会世界会長を米国総会長に発令した。異例の措置に違いない。職位にみると、米国総会長は、世界会長の下である。統一教会側は兼職であるため、降格ではないが、しかし、実質的には左遷に違いない。
 実際の文亨進会長は、もはや世界会長としての職務は実行されない。その役割は韓総裁が直接取りまとめることとなっている。総裁がすぐに踏み切った統一教会の人事公文書を見れば、その意図が容易に分かる。 (2012.10.13統一教会人事公文書参照 これが読みたいのだが入手できず) 

 韓総裁は9月17日、清平であった統一教会の主要指導者会議の時に、二人の兄弟の間違った教会政策について公に糾弾をした。韓総裁が、自分が子を間違って育てたと公然と嘆いたという話が参加者によって流れ出た。 

 韓総裁は文亨進会長が主力だった天福宮教会(統一教会世界本部教会)の礼拝儀式が統一教会の伝統と反するという指摘をし、これを中断するよう指示した。
 文亨進会長は、これまで聖霊治癒礼拝のような神秘主義的礼拝方式を進めてきた。
 聖霊治癒礼拝は別名振動送信礼拝と呼ばれた。振動を送って、文総裁の健康を守って申し上げるには意識的に礼拝の時間に数十分ずつ音楽と振動の送信の意識を進めてきた。文会長は、Twitterの自分を統一教会牧師であり、振動師と紹介するほど、その意識にどっぷり浸かっていた。これは、既存の伝統的な統一教会の礼拝儀式とは距離が遠かった。

 天福宮教会は初期に近くの教会を統廃合して信徒を人為的に増やしたが、礼拝者は間もなく、急激に減少した。韓総裁はこのような点を指摘し、文亨進会長を天福宮教会の堂会長から解任させ、米国に送っただけでなく、彼を助けていた天福宮教会の牧会者たちと事務管理スタッフたちが大挙縮小して他機関に発令した。これにより文亨進会長の国内基盤は脆弱になったわけだ。それだけでなく、彼がして出てきた一連の宗教意識と政策は右往左往している。

 一方、これまでハーバード大哲学の学士号を受けた紹介してきた文亨進会長の学歴が虚偽の疑いが続いた。文亨進会長はハーバードエクステンションスクール(Extension School)を卒業したことが明らかになった。
 これは、韓国の生涯教育のように100%入学が可能なところで、これまでの広報してきたハーバード大哲学とは全く別の学校である。エクステンションスクール出身でハーバード大哲学出身で学歴を膨らませたという疑惑を避けるのができなくなった。
 自分の姉である文仁進氏の不倫と隠し子出産波紋を収束するために、米国に派遣された文会長は、偶然にも学歴偽造疑惑に包まれて、本人自ら道徳性の叱咤を受けている。
 文亨進会長は、 "学歴偽造はなかった"という立場を固守、近いうちに真偽が明らかになる見通しだ。

韓総裁は、文国進理事長退陣要求?

 文国進理事長の韓総裁の不信と対立は、文総裁の聖和式の直後同時に表出した。韓総裁を中心に清平から集まった首脳会議で、総裁は文国進理事長の退陣を要求したと伝えられている。その理由は、文国進理事長が聖和式の期間に見せてた独断的な行動からだといわれている。

 文国進理事長は、現在の教会と対立している自分の実兄である文顕進UCI会長(3男)家族を遺族の名簿から除外させ、そして文顕進会長が、文鮮明総裁の参拝のために訪れることを物理的に防いだ。そのため、非難世論が急増した。精魂を込めて準備した聖和式の形が悪くなってしまった。韓総裁のリーダーシップが挑戦される状況になったのだ。

この記事によれば、文顕進氏の動きを妨害したのは、文国進氏だけのように書かれているが、韓鶴子氏も絡んでいたのではないかと思われる。


 しかし、より根本的な原因は、文国進理事長の教会と財団、企業の専横からだということが知られている。文国進理事長は、米国で銃器事業を行う者として、マイアミ大MBAを卒業するとすぐ、2005年1月1日から韓国の統一財団社内を統括し始めた。私生活においても多くの問題があって、統一教会で徹底的に禁止している離婚をしてミス・コリア出身の女性と再婚した経歴を持っている。

 本人が理事長を務める統一教会維持財団は、もともと非営利財団法人としての関連法令上の宗教団体の財産の管理、維持が主目的なのに、まるで財閥企業のようにグループ会社を管掌しながら、資金の執行をして、献金など教会の財産までも深く関与、結局、営利会社を所管する方式で、非営利法人は、財団を運営し、さらに教会の活動まで管掌することで、営利、非営利、経済、宗教を行き来する超法規的な越権行為をたくさんして、教会で信者たちと事あるごとにぶつかった。

 統一教会は本来、文鮮明総裁が打ち出した摂理的ビジョンをもとに、飛躍的な成長をしてきたが、文国進理事長は文総裁の子供という特権を利用して、宗教的摂理とは全く別の経済的な観点だけで統一教会団体、機関の両方を運営することで、結果的に、教会の評判を失墜して元老、信徒たちからそっぽを向かれることになった。

 これと共に彼が経営成果を膨らませたという疑惑も提起された。
 彼は財団理事長就任初期の慢性赤字で運営された統一グループを1年ぶりに黒字に転換させる経営手腕を発揮したと宣伝してきた。
 しかし、その後明らかになった事実は、前任者が推進してきた龍平リゾートのコンドミニアム分譲代金が理事長就任と当期純利益に実現されて作られた成果だった。文国進理事長の優れた経営実績は、膨らませてたり、財産を売却したり、構造調整を通じて起きた一時的錯視現象に見なければならないということだ。
 また、文国進理事長が無理に推進した汝矣島パークワン訴訟は高裁の控訴審まで敗れ、数千億の損害賠償をしなければなら ない境遇に置かれるようになった。
 教団内での文国進理事長に対する非難や不満は、その水位を越え、ついに信徒たちによって文国進理事長退陣デモまで起きるようになった。

 しかし一方では、教会内の各機関の構造調整をよくやったという評価を受けていたりする。 
 
日本・統一の幹部の間でも、組織を近代化しようとしてきた国進氏への評価はきわめて高い。私も、国進氏が長年の日本・統一の膿を取り除き、(上からの)改革の旗手になるのではないかと期待したことがある。今でも、放置されてきた拉致監禁問題に光をあてたという点で、とても高く評価している。


 文国進理事長はしばらくの間、米国に渡り、最近帰国し文国進理事長の解任措置はなされなかった。代わりに韓総裁は文国進理事長の中核手足を整理して、自分の直接の影響力の下に置かれた。特に、文国進理事長の広報を担当していた統一教会維持財団所属の対外協力室とその従業員全員を自分が直接主管することになる統一教会協会本部に移動させた。そして文国進理事長の直接的な指示制御を受けた統一教会協会本部の企画調整も廃止し統合した。そして文国進理事長が牧師業績評価制度として導入したKPI(Key Performance Indicator)は、誤った政策だという指摘を受け、これを廃止するよう指示が出された。

KPI評価システムには副作用があるが、上からの改革運動に欠かせないものだと思っている。少なくとも、国進氏が日本担当になるまでの、情緒的恣意的、かつアバウト評価(人事の評価、組織の評価)より100倍はマシである。


浮かぶ権力、清心財団金孝南は誰?

 これまで後継者として権力基盤を築いてきた二人の兄弟に圧力が押し寄せる背景には、故文総裁の聖和式(葬儀)があった。文総裁の遺体が安置された加平郡に所在天正宮とその周辺の大きな宗教施設を管掌している清心財団(代表金孝南)があるという観測がある。清心は金孝南という霊媒が中心的な人物。金孝南は他界した総裁の母と精神的にコミュニケーションができると主張する人物だ。
 金孝南は文鮮明総裁の全面的な支持と後援を受けて1995年から清平で先祖元と同じ、いわゆる霊的な歴史の中で、天文学的な献金をかき集めた。その資金で天正宮、清心国際中高等学校、清心神学大学院大学校、清心国際病院、清心青少年修練院、清心シルバータウン、泉州清平修練院などを建設するのに、巨大な清平統一教会王国を建設するのに大きな役割した。今年3月に4万余坪の敷地に約3千億ウォンを投じて開館した清心スポーツワールドセンターは、文総裁の聖和式の場所として使用された。

 金孝南と文総裁の二人の息子の間の葛藤は、文総裁死後、本格的に明らかになった。韓総裁は金孝南の手をあげたものとみられる。韓総裁は "統一教協会と清平は一つだ"と宣言した。

韓鶴子氏が2人の息子より霊媒師?の金孝南氏(1800双)を指示したのは、教理上、どういうことなのか、知りたいものである。


 文国進理事長は、清平の清心財団が統一グループ財団の監査を受けなければならないと主張したが、総裁の反対で行われなかったという。ところが昨年10月初め文亨進会長も、米国オハイオ州での統一教会信徒たちとの懇談会で、清平が監査を受けなければならないという意味のことを、母に伝えたが母が重ね拒絶したという内容を公開した。これらのニュースは、米国統一教会信者のTwitterを使って分かった。文国進、文亨進二人の兄弟は、清平の金孝南を信頼せず、確実な対立していることが明らかになった。

 現在、統一教会関連のインターネットサイトでは、金孝南家族の財産形成過程に対する疑惑を言及して、これを批判する書き込みがたまに上がってきている。清平に関する仕事を開始する前、金孝南家族は財産がほぼ皆無だったと言われていた。
 ところが、現在までに明らかになった内容によると、清心財団をはじめとする企業のほとんどは、金孝南家族と特殊関係にある者たちが掌握している。金孝南の子供たちは皆離婚歴があり、豪華な生活をしているという主張が説得力のある根拠とともに提示されている。また、その中にタブー視されてきた先祖解怨のような霊的役事のインチキ性についての問題提起もなされている。

 金孝南グループに対する批判世論が急浮上しているのは統一教会の後継構図をめぐるもう一つの暗闘とする見方が少なくない。


ピースカップ - 城南一和、平和自動車事業放棄か?

 文鮮明総裁の死後40日も経たないうち統一教会の核心事業とプロジェクトが持続するかどうかが注目される。縮小または中止するという説がある。これは、文鮮明総裁が生前に力点を置いて進めてきた事業であるという点で統一教会信徒たちを沸かせている。

 生前の文総裁のサッカーに対する愛は格別だった。彼は1989年にプロサッカーチーム城南一和を創立して、プロサッカー最多優勝のKリーグ通算7回優勝の金字塔を積んだ。代表的な名門球団で発展させてきた。それだけでなく、国際クラブサッカー大会ピースカップまで創設した。ところが、文総裁死後40日も経たないうちに二つの事業の縮小ないし中断説が流れた。

 文総裁の業績の中で最も代表的なのは、対北事業だ。
 彼は1991年に訪朝し、金日成主席に会った以後、南北経済協力事業で最も成功したと評価される平和自動車事業を開始した。盧武鉉大統領が南北首脳会談を目的と平壌訪問時に会社を直接訪問するほどだった。ところが、この対北朝鮮事業の中断を考慮するというニュースが流れている。まだ未知数である。

 韓総裁は清平の金孝南と手を結び、子である文亨進、文国進との葛藤関係を生じさせていて、お互いの傷を交わしたわけだ。

 現在までの総裁が優勢な立場だが、わずか半世紀ぶりに世界的な統一教王国を立てた巨人、文鮮明総裁の空白を埋める力が脆弱に見える。したがって、今後、統一教会の後継をめぐる泥沼の戦いを見守らなければならないようだ。

 世界宣教本部を引っ張ってきた郭ジョンファン氏のような場合は、文総裁の葬儀にも出席なかった。

 統一教会の現在の状態の文鮮明総裁の夫人、複数の子供の間で得られる教会内葛藤の主な理由は、弟子承継ではなく、血族承継に伴う副作用とみられる。一部のプロテスタント団では、すでに血族継承をブロックしている法令を通過させた。
 ところが、統一教会の成長に多大な功績を残した郭ジョンファン、朴ポーヒなど高弟たちが、教権を承継せず、教権を婦人の子供たち、つまり血族に継承したのが問題の核であるわけだ。
 
最後のところは前の記述と矛盾し、意味不明。

(引用終わり)


崩壊を防ぐには下からの改革運動しかない

 これまで火の粉ブログで紹介した内容と重なるところが多いが、この記事から言えることは「しっかりした後継者」が育っているどころか、後継者争い(巨大な利権をめぐる争い)が混沌としているということだ。
 母と子の対立だけならまだしも、清平の金孝南女史一族が絡んでいるから、始末に終えない。

 金一族も絡む文家一族の争いは当分続くと見られ、「②その後継者が組織と教義を時代に合わせて整備していくかどうか」といったレベルには到底なっていない。はるかそれ以前のレベルである。
 また、現在行われつつある組織と人事のいじくりは、新しい時代に向けたものではなく、利権を目的としたものになっている。

 このようなわけで、敗北的な統一教会の現状を打開し、大胆な改革を上層部に期待することはできない。

 文国進氏は、統一財団の理事長職を解かれることに抵抗している。
 やや長いが、国進氏周辺筋の話である。

「クッチンニムは、最近、統一財団が所有する不動産(土地、建物)の価額を変更、操作する作業を行った。
 たとえば、30年ぐらい前に100万ウォンだった土地の価格が、現在の査定価格だと1億ウォンぐらいに跳ね上がっているということがあるわけだが、すべてその方式で書き換えた。そうすると、数字上、不動産での収益がおそらく数千億ウォンにはなる見込みである。これは、自分の立場を有利にし、財団理事長職にとどまるための工作である。
 つまり、自身が財団CEOになってからの実績がこれだけ上がったということを示して、解任を避けるということだ。
 また、自分の実績を上乗せして、合法的に自分が得られる報酬を確保できるようにしようとしているのだろうとも、推測できる。

 理事陣の中で、この工作を見抜けるのは、財団所属のアン・ジンソン氏のみで、他のメンバーは絶対に見抜くことも、その意味を理解することもできないだろう。つまり、完全に理事陣も、さらには、一般食口(一般人も)騙すことが可能ということだ。

 お金に関しては、宣教会財団にあった現金、5,000億を海外に移したという話があったが、その現金をクッチンニムがどのように
確保しようとするか、ということもわれわれの関心事だ。

 現状のまま財団から辞任してしまうと、裁判の失敗、その他の責任をすべてクッチンニムに被せてしまう状況になりかねず、おそらく、クッチンニムの周囲の弁護士や会計士が辞任しない方向で、いろいろ画策しているはずだ」

 事の詳細を理解することはできないが、周辺筋の話から浮かび上がってくることは、韓鶴子氏やその側近の追放圧力に国進氏が最大限の抵抗を行っているということだ。
 また、金孝南氏を信用していない世界会長・アメリカ会長の文亨進氏をはじめとする文家の子どもたちが、すんなりと、韓鶴子&金孝南グループの軍門に下るのかどうか。事態はいまだ流動的である。

 奪権闘争に決着がつくのは、まだ当分先のことになりそうだ。新たな権力構造が誕生する頃の統一教会は骨川筋衛門になっているだろう。

 その意味で、崩壊を防ぐには、下からの改革運動が是が非でも必要になっているのだ。

 教理的には、「真の父母が神の代身であって、真の父母以外は神の子。親は一組だけです。ですから、父母(霊界にいる父と、地上の母)を中心にするのが教理としては正しいし、今地上には母しかいないのだから、地上では母を中心にしようというのも正しい」そうだが、その母者は毎日、何をしていらっしゃるのか。

 霊界からご飯を食べに降りてくるという文鮮明さんのために、3度の食事づくりをしていらっしゃるそうだ。
(毎日がお盆じゃお盆じゃ。おいらも高野豆腐と椎茸の煮つけを作って、先祖の位牌の前にささげたぞ)
 金孝南女史の示唆によるものだろうが、一般人がこの話を聞けば(いや他の宗教団体の信者でも)、「あ、あっ、頭、大丈夫かいな」と、ドン引けするのは間違いないだろう。


-続く-


 興味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

十分の一献金以外の高額献金はしない。

下からの改革運動の提案ですが、十分の一献金以外の高額献金は拒否するというのはどうでしょうか?

確か清平で大母様が金孝南女史の口を通して『いくら高額の献金をしても、十分の一献金をしていなければ意味が無い』という旨のことを語っており、私も聞きました。

最低限十分の一献金をしていれば、それ以外の献金をしなくても教会から責められる筋合いはないはずですし、食口も良心の呵責を感じる必要はありません。

こちらのブログを拝見してから高額献金に対する不信感が拭えません。

こちら韓国のカトリックでは十分の一献金もありません。それでも成り立っているのはある人があるなりに献金するからだと信徒代表の方から聞きました。

まず腐敗した幹部に十分の一献金以外の高額献金を渡さないことから始めてみてはと思います。
  • [2012/10/25 20:19]
  • URL |
  • 在韓不真面目日本食口
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

下からの改革って?

 門外漢だけど(門外漢だから言えるのかも?)、下からの改革ってフツーにとらえれば「革命」か「民主化」しか浮かばんな。

 でも死んだ旦那さん教祖に飯の支度をするって、それまさしく宗教。仏さんに団子お供えするのも、お地蔵さんに小銭積むのも、一体誰が食うのか、カネ使うんか知らないけどよく世間ではやってるよね。ご先祖さんが仏壇や墓におりてきて飯を食べるわけでもないのに、だから最近墓参りすると住職が、鳥(おもにカラス)が散らかすから果物や食べ物はお墓に置いたままにしないでくださいと、注意されますよ。で、そんな宗教まるだしの団体に下からの改革って??できますかね。あ、そう、お寺や坊さんに対する創価学会みたいの作れと管理人さんは挑発してるのかもしれないね。そういう動きが出たらこのブログまた盛り上がるだろうね。

 うえのコメントで、10分の1の収入を捧げ続けると言っている超真面目信者が発言しておられるけど、結局はカネの問題が改革の鍵なんですか?確かに、大金流用、横領という崇拝の対象となる「聖域」人々は、今までの記事を読むと彼らこそ超不真面目信者ですね。だから、上の発言者はハンドル名を替えてもいいんじゃないかと思います。

 そこで「改革」の提案は「民主化」なら、日本の歴史でも封建体制から明治維新後に選挙が導入されました。だから、団体のリーダーは全国レベル、県レベル、市レベルとか各層あるのかもしれないけど、とにかく信者による選挙で選ぶことになるとおもいます。

 それでパパイヤの提案のミソは献金額によって持ちようが増えるというもの。ただ、今は基本的人権尊重の時代だから、当然、信者は無条件に1票、そして献金1万円ごとに1票増える。だから、この選挙の投票数はもの凄く大きな数になる。でもコンピューターの時代、集計はきちんと出せるでしょう。そうして大金を献金をした人ほど、リーダーを落選させる参政権力を与えるというカラクリです。1億円献金(あくまでも例えですよ)された人は1万票でリーダーの首をすげ替えるぐらいの力を持たせた方が面白い。強制的だったのか、それとも宗教的感化でしたのか、1万票の行方は分かれますね。自分の首を掛けた真剣勝負になるから、リーダーはたとえ政治的であっても愛のある宗教団体指導者を演出するのに必死になるでしょう。

 読んでてKPIがどうだか知らないけど、なにが100倍ましかわかりませんが、「下からの改革」を管理人さんが御主張されるなら上に座っている人の「改革」なんて余り評価しても仕方ないんじゃないですか。下からの改革なら、下の人が上の人をリコールする権利をまず訴えなくっちゃ。それを上の人が認めたなら、初めて評価に値すると私は思います。




 

「革命」はすでに起きている

 「民主化」編を考えたのだが、「革命」編が思い浮かばない。「民主化」編は明治の頃選挙権は納税によって与えられていたのをヒントに考えました。

 で、「革命」編だけど、革命は起こす必要がないのではないか。革命するぐらいなら、とっくに抜けてるよ、こんな団体、とフツーに考えたらそう思ったので、考えが進まなくなった。すると、一筋の閃きが。そうだ、管理人さんは、このブログの中でも御著書の中でも実に離教数が多い宗教団体だとおっしゃっていた。

 つまり「革命」は起きていたのだ。離教こそ信者が取り得る最大の団体に対するクレームでありプロテストであり、自身の歩みを否定する「革命」であったろう。もちろん拉致監禁による強制離教は別です。そんなことをしなくても自然にやめる人がとても多いと何度も繰り返し御主張されているので、パパイヤも覚えてしまいました。それはさておいて、その自然脱会こそ信者最大の革命行為と言うことができると思う。

 下からの改革は「革命」「民主化」と言っておいきながら、「革命」編はこの程度かと思われた方、スマン。でもみんなでやめれば「革命」ではないか。それとも組織を乗っ取ってでも改革するというタフな信者はいるのか?その具体像は思い描けない。

信者の訴訟の自由

 ついでにブログ村に行って記事を幾つか見てみましたが、教祖様のご家族が模範を示されておりますとおり、訴訟の自由を実践すること、これもしたからの改革だと思いました。

 教祖様のご家族は訴訟をしながらも誰も「文鮮明は悪魔」だとか「私は文鮮明にだまされていた」とかおっしゃっていないようです。実にご立派です。

 つまり、脱会しないでも信仰を保って訴訟は実践できると言うことをお示しになられているようです。ならば、信者さんは強制脱会されて、全国ナントカ弁連でしたっけ?そこの弁護士さんに脱会してもなお蔑視されているかのような眼差しで見られながら訴訟を準備しなくてもいい。信者でありながらにして訴訟をすればよい。

 そのためには当該宗教団体の規約・会則をきちんと整備し、パワハラ、セクハラが起きたら訴訟ができるようにしておくのが宜しいでしょう。

 教祖様ご家族の訴訟徒やらはどでかすぎて頭の悪いパパイヤにはよく飲み込めなかったのですが、このブログを読めば一般信者さんのお悩みは、自己破産とか金銭にまつわるもののようです。管理人さんがこのブログを始められた頃、信者逮捕の事件が起きて会長辞任の記者会見とかがあって、なにかそういう強制的なことはしてはいけないとかいう声明みたいなのが載っていましたが、そのような内容が規約・会則にきちんと書かれる必要がありますね。

 あと、どこかの記事で、教会建設で信者の会社と契約を交わしたのを韓国人のお偉い方が割って入って別の会社にさせて報酬を得たとか載ってましたが、そういうことも信者として契約違反を裁判にできるようにしたらいいと思います。つまり、規約にこういう訴訟ケースで破門してはならないと明文化することです。

 教祖ご家族が脱会することなく自ら模範を示して実践しておられることですし、是非とも信者の皆さまにおかれましては「逮捕」される前に、自らの訴訟権を実践させてみてはいかがでしょうか。これも「下からの改革」だと思いますよ。あ~今夜はブログ村の記事読み過ぎちゃったよ。お休み。

「下から」の改革

米本さんから、私の案は「上から」の改革案だと、先回言われてしまいました。私の願いは末端の信徒が力を持つような、立憲王政的、民主主義体制をつくることですが、それを実現する過程が、「上から」的だということでしょうか?

下の意見を反映する、下の力を結集させる、というのは、難しいことです。裁判もいいですが、弁護士代など、お金がかかるのではありませんか?そして、かなり勝つ見込みがないと、弁護士が相手にしてくれないでしょう。もし訴訟を始めることができれば、統一教会内部の訴訟としてマスコミが取り上げて有名にはなりますが、そのメンバーは完全に村八分にされますね。

下の力を結集するために一つ必要なのは、情報とコミュ二ケーションの力です。このブログ、またはその他のブログを見ているメンバーって、すごく限られるのではないですか?知らない人、知っていても無視、関心がない、または教会長から見るなと言われてそれに従っている人、などなど、さまざまだと思いますが、とにかく同じ日本語を読むメンバーたちで、しかも同じことを考えていたとしても、情報共有をあまりしていないでしょう。言語が違ったら、もちろんもっともっと難しいです。

皆に同じ情報を無理にでもあげてしまう、たとえば、全メンバーの携帯にメッセージを入れて、今の実情を教えて、「さあ、連帯してOXしましょう!」というに誘えたらすごいのでは?最近の中東の革命的改革は、インターネットによって情報が広まった故に起こったというではありませんか。現実にそれをするのは、簡単ではないですが。

あるいは韓国の1960年の革命のように、主な組織のオフィスをある日突然、同時占拠、無血でのっとる、、、。あ、これは武力が背後にあったからできた、クーデターでした。

Re: 十分の一献金以外の高額献金はしない。

在韓不真面目日本食口さんの意見に賛成です。

 高額エンドレス献金をすればするほど、最後には自然退会となって、結局のところ、食口が去っていくことになります。また、献金が集まれば集まるほど、幹部はますます腐敗していきます。

 下からの改革運動と言えば、何だか大変そうだけど、10分の1献金に改めることは一人でもできることです。

 最近、地区長まで務めたこともあるという教会員の方(年齢は50代)と電話で話しました。
 彼曰く、火の粉を読んで、頭の中が整理された。これからは10分の1献金にする。

 一口に10分の1といっても、年収200万円なら20万円。500万円なら50万円。負担感は年収によってずいぶん異なります。だから、できる範囲で協力すればいいと思います。
 拉致監禁をやっていた牧師の教会では、10分の1献金をかかげながら、だいたいが月5000円だそうです。

 アメリカ統一でも韓国統一でも、日本・統一以外は10分の1献金が目標とされています。日本・統一の教会員も10分の1にすれば、統一教会はかなり浄化されます。
 圧力をかけるような悪辣アベルがいれば、聖書を示して、なぜ10分の1ではいけないのか、質問すればいいと思います。

 世界救世教とか天理教とか、「新興宗教」と呼ばれる団体も、初期の頃には強引な金集めをして、世間から批判を浴びました。しかし、今はそうした活動を改めたため、社会から受け入れられるようになっています。

 草創期から今日まで、一貫して金金金の団体は統一教会だけです。

KPIについて

 文国進氏が日本担当になるまでは、献金額と伝道者数のみがその教会の評価対象になっていました。また、人事異動は縁故・情実がまかり通っていました。

 それを国進氏は改め、献金、伝道数のみならず、日曜礼拝者数など(詳細は忘れたけど)実に細かいところまで、教会長が音をあげるほどに数値を求めるようになりました。

 ある教会は100人伝道した。しかし、教会の日曜礼拝に参加する人が80人減った。
 別の教会は10人伝道した。教会への参加者数はプラス10人になった。

 これまでの評価では「ある教会」のほうが「別の教会」より高く評価されていましたが、国進氏のKPI評価によって逆転しました。

 拉致監禁者を出した教会はマイナス査定をされるようになりました。

 こうした改革だけでなく、献身者の給与システムも抜本的に変えつつあります。

 その意味で、上からの改革の旗手だと、期待する向きがありました。私もその一人。

 しかしながら、「日本・統一も10分の1献金にしたい」「(利権の噂が消えない)韓国人牧会者は全員、半島に戻したい」と言っていたのに、いつしか口にしなくなりました。

 このようなわけで、上からの改革は限界があると思うようになった次第です。
 

なるほど

>しかしながら、「日本・統一も10分の1献金にしたい」「(利権の噂が消えない)韓国人牧会者は全員、半島に戻したい」と言っていたのに、いつしか口にしなくなりました。

その通りですね、私もこの件は聞いていましたが、いつからか聞かなくなり、その理由が知りたいと思っていました。

歴代の日本総会長の公私混同ぶりは色々と伝え聞いたり、間近な例を見てきました。
総会長の親戚を、日本の教会の会社に無理やり就職させることまでありましたから。

>このようなわけで、上からの改革は限界があると思うようになった次第です。

考えてみれば、下からの改革は個人レベルでもできることはあるわけですね。

しかし、日本の教会で10分の1以上の献金を拒否する、これを本当に実行するには、それこそ、下だけではなくて、それ相応の数の幹部を巻き込んで行動を起こさなければ無理な感じも受けますが。どうでしょう。

1部だけが率先しても、つぶされるか、村八分にされて終わりのような。
まあ、その過程のアイデアを搾り出せ、という話なのかな。
  • [2012/10/26 10:34]
  • URL |
  • マンゴープリン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 「下から」の改革

千尋さん
> 米本さんから、私の案は「上から」の改革案だと、先回言われてしまいました。私の願いは末端の信徒が力を持つような、立憲王政的、民主主義体制をつくることですが、それを実現する過程が、「上から」的だということでしょうか?

 私の理解力のなさかもしれませんが、千尋さんの改革案では、下の人(末端教会員)が何を手始めに具体的にどのように行動すればいいのかわかりませんでした。執行部を選挙で選ぶようにすればといっても、そうした制度が導入されない限り、投票できません。個々の教会員は選挙制度を導入させるために、何をすればいいのか。実現する過程、つまり、「私」(個々の教会員のこと)が何をやればいいのかわからないのです。
 

Re: なるほど

マンゴープリンさん
>しかし、日本の教会で10分の1以上の献金を拒否する、これを本当に実行するには、それこそ、下だけではなくて、それ相応の数の幹部を巻き込んで行動を起こさなければ無理な感じも受けますが。どうでしょう。
 1部だけが率先しても、つぶされるか、村八分にされて終わりのような。

 私もそう思います。
 日本以外の食口の方には理解されにくいと思いますが、高額エンドレス献金に協力しない食口は、躓いた人とかサタンに主管された人とか、陰口を叩かれますからねえ。その結果、教会から離れていくことになります。日本・統一は想像以上に厳しい環境にあります。
 地区によって温度差はありますが、いま一番ひどいのは千葉・埼玉・茨城の地区です。

 改革案は、マンゴープリンさんの疑問を解消するものでなければなりませんね。

 

選挙制?

質問なんですが、日本の統一教会では、選挙って一度でも実行されたことがあるんですか?

今回、亨進さんが、アメリカ12教区での選挙を推進されました。「十分の一献金をある程度ちゃんとしているメンバーたちに、各教区の評議会の議員を選ばせる」、ということで、先週土曜までに投票しました。時間が本当にあたえられず、説明不足で、選挙権があっても投票しなかった人たちが多かったようですが(投票率ざっと50%)、とにかく今日、その結果の発表があって、各教区で8名の議員による評議会が結成されました。次のステップとして、各評議会が
2人の人を選びます。1人は教区牧師(以前は「教区長」とよばれていた)、もう1人は、中央の評議会に出す代表者です。

この教区評議会には、(たとえ小額だったとしても)給料をもらっている牧師は入れません。

ところで、亨進さんが、最初にこのシステムを公にした時、「すでに韓国・日本で実施されているように。。。」と言っていましたが、日本では選挙なんかしたことないんですか?韓国は、KPIが始まってからだと思いますが、選挙で、公職者を決めた、と聞いたことがあるような気がしますが。。。アメリカ全国では初めてですね。。教区や州によっては、自主的に一部選挙制をつかっていたかもしれませんが。日本でまったくしたことがないなら、誇大、うそ広告ですね。

私たちのゴールは、ほぼ全面的選挙制だと思っています、とくに財団理事などは、任命制では困ります。それに持っていく過程として、下の力を結集するため、いろんなことをしなければならないと思います。献金を十分の一だけ出す運動をするのは、もちろん賛成です。どのようにそれを繰り広げるかがということですが、連帯して、圧倒的多数が同じことをするしかないでしょう。1-2人がそれをしたら、追い出されるだけですから。どうやって、圧倒的多数のメンバーに同じことをさせるかが問題です。

Re: 選挙制?

千尋さん
>質問なんですが、日本の統一教会では、選挙って一度でも実行されたことがあるんですか?

 ええ、あります。
 文国進氏が日本担当になってから、選挙制度が導入されました。
 対象は地区長選挙です。
 教区長が地区長を選挙によって選出されるようになりました。組織の整理整頓が行われたため、人数ははっきりしませんが、50人の教区長が12人(?)の地区長を選ぶのです。

 これによって、面白い現象が生まれています。
 ある韓国人教区長の成績(献金、伝道)は抜群でした。当然、その韓国人は自分が地区長に選ばれるものと思っていたわけですが、2回続けて落選しました。
 実績の出し方があまりにも悪辣であったため、評判が悪かったせいです。

 徳野氏が経済犯罪の責任を取って辞任し、急遽、梶栗氏が日本会長になったわけですが、そうしたハプニングがなければ、会長は地区長の投票によって決めたはずです。国進氏は会長も投票によって決めるという方針を出していたと記憶しますから。

 千尋さんのアメリカでの選挙の報告を読むと、アメリカ統一は世界・統一教会の縛りから抜けて、文亨進氏を中心とした独立王国的な組織になるような印象を受けました。

>献金を十分の一だけ出す運動をするのは、もちろん賛成です。どのようにそれを繰り広げるかがということですが、連帯して、圧倒的多数が同じことをするしかないでしょう。1-2人がそれをしたら、追い出されるだけですから。どうやって、圧倒的多数のメンバーに同じことをさせるかが問題です。

 マンゴープリンさんの問題意識とも共有するものですが、アメリカ統一や韓国統一と違って、日本統一はネット(横組織)が欠落していることに大きな特徴があります。

 日本・統一に知り合いがいれば、このブログやコメント欄を紹介してください。

筋違い

<統一教会の成長に多大な功績を残した郭ジョンファン、朴ポーヒなど高弟たちが、教権を承継せず、教権を婦人の子供たち、つまり血族に継承したのが問題の核であるわけだ>

う~ん。
筆者は郭ジョンファン崇拝者のようですね。こうした記事を読む場合は、眉にツバをつけなければいけません。

同氏が現職(財団理事長)のころから、「あの人は公金問題にひっかかっている」という噂がささやかれていました。

何を根拠に郭氏を持ち上げるのか…。
外的には色々なことをやったことは認めますが、内的(宗教的、人格的)な面で尊敬できる点があったのかどうか…。

いずれにしても、最後の最後に反逆した人。イエスを裏切った、イエスを見捨てた洗礼ヨハネと同じで、評価するのは筋違いですよ。

選挙

なるほど、日本の教会選挙は、教区長が地区長を選ぶことができるだけで、一般メンバーは何の投票権もないわけですね。韓国ももしかして同じだったんじゃないですか?韓総裁の下では、もうそういう選挙もないかもしれないけど。こんな限られた投票権では、「選挙」と呼ぶのもおこがましい。やはり、亨進さんの誇大広告でしたね。

さっき言ったように、アメリカは一般メンバーが自分の教区(アメリカに12だから、普通4つくらいの州ですね)の評議会を選ぶ、その評議会が教区長(牧師)と中央評議会への代表者をこれからえらぶんですよ。その中央評議会にどれだけの力が与えられるかは、まだこれからの見ものですが。

とにかく韓国・日本でも、一般メンバーが投票権を獲得するための運動を起こさないといけないんじゃないですか?上から要求されるだけ、指示されるだけで、下からの声を上げる方法がひとつもない組織なんて、時代錯誤もいいところ、それでは滅びてもあたりまえですね。(アメリカは選挙はいままでなかったけれど、直接Eメールなどでトップリーダーに談判したりは前から可能でした)

『「世界会長」が言われた選挙を日本でもやるのは当然だ』と書いた、ポスターを全国の教会にバンバン貼るとかどうでしょう。無記名で、人がいないとき、いっぱいはるんですよ。それでもし、上の人が「亨進さんは、もう世界会長ではない」と言ったら、「どひゃ~!」とみんなでショックを受けた顔をして、「どうしてですか?何があったんですか?説明してください?人事があったなんて聞いてない、公文を見せてください!お父様が彼を相続者に指名しましたよ!」などなど、みーんなで純粋な顔をして騒いで、上の人を困らせたらどうですか?

すいません、半分は冗談ですが、半分は本気です。日本人はまじめすぎ、おとなしすぎ、少し裏をかくことを考えましょう。あ、そうそう、昔からCARP出身のメンバーたちはちょっと飛んでる人が多いから、彼らを組織したらいいかも。。。

「みんな」さんへ

『統一教会の成長に多大な功績を残した郭ジョンファン、朴ポーヒなど高弟たちが、教権を承継せず、教権を婦人の子供たち、つまり血族に継承したのが問題の核であるわけだ』 に関することですが、、、

これを書いた韓国人記者は、必ずしも郭派や朴派ではないと思います。どちらかを支持しているなら、両方を持ち上げるということはないでしょう。

この記者がその前に言っているように、韓国の大きな一般キリスト教会でも、後継あらそいで最近もめた歴史があって、それらの教会は血統による相続をみずから禁止したんだと思います。特に宗教欄を担当する記者だから、その記憶が新しくて、「血統相続禁止」の考えに軍配を上げたんでしょう。

ちなみに、郭ジョンファン先生は3-4年前、「世界平和家庭党」の党首をしたし、いろんな組織の長をしたから実力者と思われているだろうし、朴ポーヒ先生は昔から文先生の英語通訳などなどしてアメリカで目立って活躍、ハンサムだし、日本語もできるエリート的秀才なので、文先生じゃなく朴先生が実際に教会を動かしているのでは?、と思った一般韓国人たちもいたそうです。その流れをこの記事に見ます。

究極の霊感商法

日本統一教会は統一教会という素性を隠して信者を獲得し、
さらに、獲得した信者にさえ、日本統一教会が韓国やアメリカなど海外の統一教会とは異なる組織(献金至上主義の教会)であることをかくして、信仰生活をさせている。
やがて彼らは韓国に嫁いで行ったりして事実を知った時はもう遅い。
日本統一教会は現状を十分に信者に周知させ、きちんと選択させるべきだ。

今のままでは日本統一教会は身分を偽って信者を酷使させるという点において、究極の(より悪質な)霊感商法を続けていると言われても仕方がないのではないか?

究極の霊感商法

日本統一教会はこれまで統一教会という素性を隠して信者を獲得し、
さらに、十分な情報を与えずに純粋で素直な信者を培養し、酷使してきた。

日本統一教会は韓国やアメリカなど海外の統一教会とは異なる組織であり、献金至上主義である。
世界に出てみると、日本の教会だけが特殊で固有な組織であることがよくわかるそうである。

許せ愛せといいながら韓国人の日本人に対する差別は根強い。
韓国人の日本人に対する差別は彼らにとって都合の良い一方的な歴史認識に基づくものであり、竹島問題のように、よく検証してみると根拠のないものが多い。

してみると、統一教会の中で許される韓国人の日本に対する一方的な歴史認識と今日の日本に対する異常な高額献金は、日本統一教会がなんら韓国の理不尽な歴史観に対して反論することなく、言われるままに応じたことによりエスカレートしてきた結果だとも言える。

これは奇しくも日本という国が韓国という国に膨大な支援をしてきても、全く感謝もされず、李大統領の天皇陛下発言からみてとれるように感謝もされないのみならず、常に蔑まれてきたことと、韓国の理不尽な歴史観に対してきっちりとした反論をせず、いわれるままにただお金だけ出してきたという事実と重なる。

むしろ、現在の日本統一教会がそうであるように、歴史的にみても韓国という国はどの国よりも日本の恩恵を受けてきたことがわかる。

韓国人は恩を受けると、「もっと寄こせ」「もっと寄こせ」と、増長するようで、日本人のように自己犠牲的で人の良すぎる民族に対しては、甘くみてつけ込んでくる。
一方で、中国人のように自国の利益をはっきりと主張する民族に対しては争うことは双方の「国益にならない」と言って争いが大きくなることを避ける。

ここが日本人のメンタリティと大きく異なる点である。

「許せ愛せ」を標榜する統一教会では、この韓国人の日本人に対する差別をなくす努力をしていくのかと期待したときがあった。しかし、日本人は言われれば言われるほど献金をするということで、この日本人に対する一方的な歴史解釈に基づく差別は高まるばかりである。

何も知らない日本人教会員が韓国に嫁いで行ったりして事実を知った時はもう遅い。

韓国人は自分たちに都合の良いことは例え間違っていてでも決して正そうとしない民族のようである。

日本統一教会は何の反論もしてこなかったため、韓国人が彼らの都合のよい歴史解釈に基づいて日本人を奴隷化することを認めてきた。

日本統一教会は現状を十分に信者に周知させ、信者たちに自らのゆくべき道を選択させる自由を与えるべきではないだろうか?

仮にそれができないのであれば、日本統一教会は独立した教会であると宣言をして、信者たちに説教している通りの教会になるべく努力すべきである。

日本統一教会は身分を偽って信者を獲得し、さらに獲得した信者に対して、財産のみならず日本人としての誇りも奪って酷使させてきた。このままでは究極の(より悪質な)霊感商法を続けているとの謗りを受けても仕方がないのではないか?

亨進さんと日本

亨進さんが最近アメリカ12都市をまわってメンバーたちと質疑応答したとき、アメリカ人女性がこう質問したそうです。「なぜ日本食口だけ(たとえば天聖経を買う時)たくさん献金を課されるの?」亨進さんはそれに対して、「自分はそれは知らなかった、奥さんに答えてもらいます」と言ったそうです。で、奥さんのヨナさんは、それに対して涙声で、「韓国人の先祖たちが早く日本人を許してくれることを願っています」、だったそうです。それを聞いたその場メンバーたちは、日本人も含め、それ以上追及しなかったとか。

これをあるブログで読んでから、亨進さんをあまり信用できなくなりました。要するに、まだ日本の過去の歴史的罪を理由に、日本の高額献金を正当化しているんですね。しかもそれを自分で言わないで、奥さんに言わせるなんて。奥さんは純粋にそれを信じているようすです。彼は数年前、日本を巡回した時、一旦は、もう過去のような献金を課さない、と言ったと聞きました。がその後まもなく、OOの理由で、またお願いします、と言ったと、どこかで読みました。それが本当なら、現実的理由があるから日本人は献金を余儀なくされている、と知っているはずです。それを認めず、過去の歴史と霊界を理由にするなんて。がっかりです。これだけ何十年も日本が献金してきて、それでもまだ歴史を持ち出し、その献金が実際どこに使われているのかも、教えもしない人たちの言うことを聞く必要はありません。

素晴らしき妻の愛・・真の妻

霊界からご飯を食べに降りてくるという文鮮明さんのために、3度の食事づくりをしていらっしゃるそうだ。
(毎日がお盆じゃお盆じゃ。おいらも高野豆腐と椎茸の煮つけを作って、先祖の位牌の前にささげたぞ)
 金孝南女史の示唆によるものだろうが、一般人がこの話を聞けば(いや他の宗教団体の信者でも)、「あ、あっ、頭、大丈夫かいな」と、ドン引けするのは間違いないだろう。



ドン引けどころか、亡き夫を愛する妻の姿として、涙涙感動の物語ですわ。

亡き夫を偲んで3度のごはんを作る未亡人の姿を映画に盛り込んだら、多くの妻の立場にある人が我が身を振り返り、涙を流して反省するでしょう。

「ああ・・・私なんて夫が死んだら、3度のごはん作りから解放されたとしか思わないのに。霊界から降りてくる夫のためにごはんを作る続けるなんて。私はなんて浅はかな愛しかなかったのだろう。」と。

韓鶴子さんは、愛情ある母にはなれなかったけど、愛情ある妻にはなれた。
真の母でなく、真の妻だったのだ。

真の妻だから、13人も子を産めた。
妻として夫にせっせと尽くし続けた。・・・この先はとても書けないわ。

削除のお知らせとお願い

「通行人」さんと「通りすがりの者」さんから、ダブった投稿がなされました。

 よって、4つのうち2つを削除しました。

「通行人」さん、「通りすがりの者」さん、バンドルネームを一つにしてください。できれば、2チャンネル的なハンドルネームではなく、もう少しキャラがはっきりするようなハンドルネームに改めてくださいませんか。

操作方法がわからず失礼しました。
削除していただいてかまいません。

私はこの運動にかかわり、多くのものを失った者です。
とても苦しい時期がありましたが、今は何とか客観視しようとつとめています。
そのような理由から「通行人」というハンドルネームを考えました。
「通行人」がよろしくないのならば、「傍観者」もオプションで考えています。
少し時間をください。

このスレッドを見ているとこの運動で失望をしたかたと、美辞麗句を連ねている方とさまざまであることに気がつきます。

現在も希望をもとうとしている方々にお願いです。

「地上天国」という理想を実現して、真の意味でのグローバルで理想的な世界を目指しているのならば情報をUC内に積極的に流すことをお薦めします。
特に韓国人が何を言い、日本人に対して何をしてきたか?
そして、日本人に対する「差別」に対して是正を求めてください。
いつも恩着せがましく針小棒大に物事を言う人たちですが、自分たちに不利なことは一切認めてきませんでした。
すべてが始まるのはここからです。

これが難しいと判断した場合は独立してください。

お願いです

初めて来ました。よろしくお願いいたします。
お願いがあります。
何時もながら素晴らしい記事を書かれているのですが、もう少し短くならないのでしょうか。なら、読まなくても・・・と言われそうですが、読みたいのですが正直なところ、長すぎます。コメント欄まで読むとなると、これはもう大変です。
以前に、「我らの不愉快・・・」を読んでおりまして、違うところも多々ありましたが、外の人の割にはなかなかと尊敬の念を持っておりました。
お願いします。短くなりませんか?

Re: お願いです

cosmosさん、はじめての投稿ありがとうございました。

>お願いがあります。(略)もう少し短くならないのでしょうか。

 けっこう痛いところを突かれました。

 以下はいい訳です。

 09年1月末からこのブログを開設しました。そのときに決意というか自分で決めたのは、どんなことがあっても5日ないし7日のタームで記事の更新を続けようということでした。

 もっと短期間に短文で更新を続ければいいとも思うのですが、やはり癖なのです。
 一つの記事で“全面展開”しなければならないという癖。

 また5日~7日の間をおいて記事をアップするのだから、まとまったものを書かなければ、読者に失礼だというプレッシャーもあります。

 でもいい訳ばかり言っててもしようがないので、短文&更新頻度のアップを指向するように頑張ってみます。
 
 ただし、あと4本、そのあと宇佐美さんの上告趣意書を予定しています。いずれも長文です。ごめんなさい。ペコリペコリ。

>以前に、「我らの不愉快・・・」を読んでおりまして、違うところも多々ありました

 読んでいただきありがとうございました。
 おっしゃる通り、間違い多々あります。一度、我燐の間違いもまとめて書かなければと思っています。ぜひご協力を。
 個人メールにでも書いていただければ、とてもとてもうれしいです。局長の岡村は岡本ではないぞといった細かいことでも、ぜひぜひ。

cosmosさんへ 追記

 cosmosさんのブログは時折、読んでいます。

 ときたま意見を異にする記述にぶつかることがありますが、きわめて良心的な記事だと思っています。無理なく更新を。

通行人さんへ

 通行人さんの体験、またスタンス、とてもよくわかりました。

 少々釈明しておきますと、これまで「通行人」とか「通りすがりの者」といったハンドルネームで、荒らし投稿がありました。
 それで、ハンドルネームを見ただけで、過去の荒らしに時間を取られたときのことが蘇りました。

 今度の投稿を読めば、いろいろ苦労され、苦痛を感じられたことがわかりました。

 ぜひ、ハンドルネームを変えられ、今後も投稿のほどよろしくお願いいたします。

Re: 亨進さんと日本

 千尋さん、ビビッドな情報、とても勉強になりました。感謝です。

>亨進さんが最近アメリカ12都市をまわってメンバーたちと質疑応答したとき、アメリカ人女性がこう質問したそうです。「なぜ日本食口だけ(たとえば天聖経を買う時)たくさん献金を課されるの?」亨進さんはそれに対して、「自分はそれは知らなかった、奥さんに答えてもらいます」と言ったそうです。

 なんだか鼻白みました。亨進も大したことない奴、人としての器が小さいと感じましたね。

 強面の借金取りがくると、自分は奥に逃げて、女房子どもを玄関に行かせるような輩のように思えました。

 ところで、日本帝国主義、軍国主義が韓国を蹂躙したことは間違いのない事実です。

 だからといって、その罪を償うために、戦後責任のある戦後生まれの私たちがどうして、あまたある宗教法人の中の統一教会に献金しなければならないのか。
 
 430万円の天福函献金をして、それが日帝によって虐げられた韓国の民に渡されるのならともかく。びた一文、渡っていないはず。

 これは、もう大がかりな詐欺と言ってもいいでしょう。
 ダンナがダンナなら、女房もこのことに気がついていない!アホ夫婦としか言いようがない。

 腹立たしいこと、この上もなし。

 もし戦後責任として、罪を償うのだとしたら、平和を希求すること、そのために平和活動をすることでしょう。

 日帝のシンボルでもある日本の着物を来て、謝罪デモをすることは、平和活動ではありません。

 それだったら、韓国の一人暮しの老人のところに出向き、一回の食事でも作ってあげるべきでしょう。 

 泣けてきますね、あまりのレベルの低さに。

初代教会に戻るか?

>帝のシンボルでもある日本の着物を来て、謝罪デモをすることは、平和活動ではありません。

> それだったら、韓国の一人暮しの老人のところに出向き、一回の食事でも作ってあげるべきでしょう。

おっしゃるとおりですね。
為に生きる統一教会は韓国文化のように「一緒に食事をしよう」というのが基本中の基本。「かっちシクサハジャ」が初代教会の雰囲気でした。
それがなくなって、あなたはあなた、わたしはわたしという雰囲気がいまの主流ですね。

Re: 素晴らしき妻の愛・・真の妻

koyomiさん

>ドン引けどころか、亡き夫を愛する妻の姿として、涙涙感動の物語ですわ。
>亡き夫を偲んで3度のごはんを作る未亡人の姿を映画に盛り込んだら、多くの妻の立場にある人が我が身を振り返り、涙を流して反省するでしょう。

 素直に笑えました。

 実は、まとまらないのでやめましたが、小生、もう少し考えていたのでございました。

 おいらは記事に書いた通り、お盆のときには高野豆腐と椎茸の煮物を位牌さんの前にささげます。また、お盆の初日にはナスビとキュウリとオガラを使って、馬(早く先祖さんがおうちに帰ってこられますように)と牛(おうちから去って行かれるときはどうぞゆっくりと)を作ります。

 別に信心深いわけではありません。真夏の風物詩、歳時記としてやっているだけのことです。まあ、元旦に雑煮を食べないと、何となく、物足りないなといったような感じ。

 で、話を戻して、真の母様=真の妻様のこと。

 おいらはお盆の3日間、父上をはじめとするご先祖さまに、同じ煮物を捧げるのだけど、韓鶴子様は3度の食事を毎回、用意するとのこと。(教育部長さんのブログによれば)

 毎回、高野豆腐ではありませんぜ。

 毎回、お父様が好きだった料理を、わが子の養育を任せた世話人食口なんかを頼りにせずに、自分で料理をこしらえているでしょう。

 で、おいらは不遜にもそのレシピが知りたいと強く思うようになりました。

 朝は、まあうちと同じでトーストに牛乳それにヨーグルトでもいいのでしょうが、昼は?夜は?
 肉にする?魚にする?
 魚にしても、ヒラメ、サケ、マス、タイ、マグロ。

 それはそれは、大変でしょうね。

 もっと大変なのは(心的負担がかかるのは)、その食事の後片付け。ゴミ箱にひょいと捨てるのか、土に戻すのか。

 ぜひ教えてもらいたいものです。

ロンギヌスさんへ

 ぜひ、オルタナティブ(改革案)を!

妄想話・・世にも奇妙な物語

もっと大変なのは(心的負担がかかるのは)、その食事の後片付け。ゴミ箱にひょいと捨てるのか、土に戻すのか。

いやいやいやいや、後片付けなんて必要ございません。
ちゃーんと文鮮明おとっちゃんが召しあがってますでございますよ。

何をたわけたことを申すって・・ノンノン
原理講論をお読みになってみればわかりますことよ。
霊人と地上人の結婚生活がありうると書いてますことよ。夢物語寝物語ではありませんことよ。17歳で霊界に旅立った興進さんは地上人の誰か(忘れたが)と祝福を受けて夫婦生活を送り、ちゃーーんとお子まで授かったのでございますよ。あら、不思議。

だからね、文鮮明おとっちゃんと韓鶴子おかっちゃんは今もちゃーーんと夫婦生活を送っているわけ。
いくら性力的・・あっ違った精力的な文鮮明おとっちゃんでも、92歳になればそりゃ、満足に・・あら、はしたないわ。でも、肉身のない今なら鶴子さんを大満足させたあの頃に戻っているわけ。

今頃、鶴子さんは・・・

横道に逸れたけど、ごはんのことね。
鶴子さんは、霊界から降りてくる夫文鮮明さんのために3度の食事を作る。
そんな健気なかつての幼な妻の思いに、文鮮明さんは応えたい、andあの好物の食事を食べたいと思うとさ。
ほんで、文豪邸のドーベルマンか鯉にひょいっと憑依して、鶴子さんの食事をむしゃむyさ召し上がるとさ。

ああ、美しき麗しき夫婦の物語。

だからね、文鮮明さんと韓鶴子さんは真の父母ではなく、真の夫婦なのよ。

これぞ夫婦のあるべき姿。
霊界に旅立っても、夫婦生活は続けるべき。
妻は夫のために食事を作り続け、夫は食べ続けるべき。

わかりましたか~?

はーい!

(ドン引き・・そして幕を閉じる)

原理がわからん?

koyomi
>ちゃーんと文鮮明おとっちゃんが召しあがってますでございますよ。何をたわけたことを申すって・・ノンノン 原理講論をお読みになってみればわかりますことよ

 グヘッ~
 だったら、排泄もされるの。それはどこで処理されるの。あっそうか。霊界トイレか。シャワーレットが付いているのかなあ・・・。
 グヘッ~
 霊人がほんとうに食事を召し上がるのだとすれば・・・。
 210代までの霊人は何百億人。(億じゃきかんかも)
 ヒェ~、地球は食糧危機になってしまう!
 統一に反対しなければならん。

 霊人と結婚できる?じゃあ、おいらは美空ひばりと結婚しようかなぁ。統一が好きになりそッ。ニッコリ。

拉致監禁問題が、国連人権理事会の国別審査(UPR)の場に。

 タイトルのことがyoshiさんのブログでアップされました。
 拉致監禁問題がいよいよ国連で取り上げられます。
 http://humanrightslink.seesaa.net/article/299467667.html#more

 日本から後藤徹さん、アメリカからアントール美津子さん(強制説得者は行田教会の清水与志雄牧師)が出席します。

 これに関することが今日の朝刊に載っています。http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012102801001308.html

(引用はじめ)
【ジュネーブ共同】国連人権理事会は31日、全ての国連加盟国を対象に人権に関する政策や状況を審査する「普遍的審査」制度に基づく対日作業部会を開く。各国は日本に対し、死刑制度に対する見解を求めているほか、旧日本軍の従軍慰安婦問題についても、韓国などから提起されるとみられる。
 韓国の李明博大統領が島根県・竹島に上陸し日韓対立が深まった背景には慰安婦問題もある。人権理では韓国、北朝鮮が繰り返し問題視しているが、対立解消の糸口を探る中で日本側の回答が注目される。
 人権理の普遍的審査は既に全加盟国を対象にした1巡目が終わり、日本を対象にした作業部会は2008年に続き2回目となる。
(引用終わり)

 文中にある、「普遍的審査」制度に基づく対日作業部会で「日本の宗教差別」問題が取り上げられる予定です。

お食事

あのー、お食事の件ですが、韓総裁が自ら準備されるってことはないと思いますよ。もちろんキッチンの担当女性たちがいて、毎食ばっちり準備して上げ膳下げ膳しているはずですが。そんなの、今までのことを知っている私たちからしたら、当然そうだとおもいませんか、、、?!

Re: お食事

 最初に。
 才媛才女のkoyomiさんと、超お馬鹿なわたくしめとのやりとりに、千尋さんが登場してくれたことに、超驚き。

 千尋さん、ごめんね。これまでの千尋さんのイメージ。
 フォックスメガネをかけた色白美人。でも、どことなく冷たい感じ。右手にもっているのは原理講論、左にはみ言葉集。

 でも、ひょっとして妖艶な人かもしれませんねえ。

 あっ、すっぴんの自己紹介はやめてくだされ。楽しみが減るから。

 で、投稿文に戻ると。
>韓総裁が自ら準備されるってことはないと思いますよ。もちろんキッチンの担当女性たちがいて、毎食ばっちり準備して上げ膳下げ膳しているはずですが。

 なんだかさあ。
 もじゃもじゃ考えて。

 じゃあ、俺のほうが韓鶴子さんより信仰が篤いねッ。スーパーのイオンで高野豆腐と椎茸と買って、煮つけしたもんね。 
 

戦後責任

その通り!

>もし戦後責任として、罪を償うのだとしたら、平和を希求すること、そのために平和活動をすることでしょう。
  • [2012/10/30 11:57]
  • URL |
  • マンゴープリン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/364-3e4a032e