夢想と現実の乖離 

統一教会考(23)

 文鮮明氏の葬儀の同時中継を見ての感想と、今後の統一教会のことを書こうと思っていたが、予定を変更して、急遽、交わることのない3つ出来事を紹介しておく。

「ストーカー事件の真相」に書かなければならない宇佐美さんの上告趣意書のことや「夫殺しの背景」のことがどんどん遠のいていく。とても不愉快だが・・・。

現実-アメリカ統一教会幹部の信仰的犯罪-



「パシセラのブログ」(9月17日付)を全文引用する。

「仁進ニムの件を話したら、お前の秘密を暴露する」  

 韓国では台風が迫る中で様々が事が起きているでしょう。

 統一教会の皆様は、文仁進(元)米国会長の件が、単純に私生児や不倫といった問題と思うかもしれません。私にはそうは思えないことを再度、書きます。

 トマス・クロムムエルという教会員が、米国で文仁進(元)米国会長に対して公開書信を出しました。米国教会の職員であった息子のトサ・クロムムエルが、解雇された件に関する抗議文ですが、そこには単純にプライバシーとか蕩減で片付けられない内容があります。
 
 トサという人は、文先生の通訳をしていた人で、とても信仰的な人であった、と見受けられます。
 トマス・クロムムエル氏の手紙を一部翻訳します。 ややこなれない訳だが、原文のママである。

「2012年9月13日

親愛なる文仁進さん

 9月11日、米国が11年前の襲撃のショックを回想する日に、私の息子のトサは、統一教会から解雇されました。数日前まで、あなたが統一教会を指導していて、そこのスタッフはまだあなたに忠誠を持つ人達です。トサの解雇には、あなたやあなたのスタッフに関する情報を漏らせば法的行為を起こすとの脅しがくっついて来ました。そして、脅しのメールもやってきました。統一教会のスタッフ達は、教会を幹部の間違いに関して彼が知っている事を語らずに去らなければ、秘密に打ち明けた「個人的なこと」をばらすと脅し、それが表ざたになれば恥ずかしい事になる、と脅しました。

 トサは数ヶ月にわたって、あなたの状況に関して悩み葛藤してきました。彼は中心者に信仰を抱くように訓練され、腐敗した統一教会の背後に神の御旨を見出すように訓練されてきました。私はあなたがトサを献身的スタッフだと賞賛しているテープを聴きました。しかし、それはあなたの行動がトサにとって、あまりにも異常であり、あなたに直接、あなたの不道徳の行為に同意できない、との意見を言う前でした。彼は解雇される前、一ヶ月家に帰されました。それはあなたのスタッフが、トサと共にあなたに立ち向かうより、結束して真実を語る事を妨害したからです。」

信仰的告白を脅しに使う事など、まともな信仰者なら誰が出来るでしょうか?私にはとても、プライバシーとか蕩減という事で終わらせる事ができません。私生児や不倫といった内容は氷山の一角だ、と思います。



 パシセラさん、事後報告となりますが、全文引用させていただきました。深く感謝しております。

 トサさんのことは、前回の記事で紹介した、韓国掲示板の投稿文とリンクするものである。(原文ママ)

Whole Foods Marketで、仁進様とベン氏が仲むつまじくショッピングされている姿をある2世が偶然見つけ、そしてとてもショックを受けました。なぜなら仁進様が握ったベン氏の手をご自身の股間の辺 りに持って行き、自ら堂々と触らせていたからです。
 それが2世同士の間でTwitter等で話題になり、Lovin’Lifeで通訳をしている一人の2世の耳に入りました。何も知らないう彼は、そんな噂は仁進様の名誉に関わる問題であり、下手に広まる前に一 刻も早く知らせて対処しなくてはと、全て聞いたありのままを上司に報告しました。

 すると、上司はその噂を流した張本人は、報告し た彼自身だろう、と逆に彼に罪を着せ始めました。そして彼に、ありもしない噂を流したという罪を認めてMinistryに対して贖罪するように激しくなじり、追及し始めました。
 彼は困惑して驚き、自分は何もし ていない、言いがかりです、と主張すると、今度は上司たちは彼に、君は精神的に問題がある、病院から診断書をもらってくるよう に、と病院に無理やり行くように求めました。
 精神に問題がある人間がありもしない幻覚を見たのだという作り話を正当化するため です。そしてその狂った上司の背後には、いつも珍成氏がいて、指示を含めてこと細かくコントロールしているという事実を忘れてはなりません。

 その2世の彼は、ほんとに運が悪かったのか偶然とは言え、まったく別の容疑で警察に忠告を受ける 身となりました。そしてすぐさま、やはり彼は精神的におかしかったのだ、というレッテルを貼られて広められ、事実は闇に葬られて しまいました。


 この投稿文にある「2世の彼」とはトサ・クロムムエルさんのことだと思うが、もし別の人も幹部から脅迫をうけていた2世がいたとしたら、事態はよりいっそう深刻である。

 ところで、パシセラさんは「信仰的告白を脅しに使う事など、まともな信仰者なら誰が出来るでしょうか?」といった感想を述べているが、とても甘いと思う。

 カトリックの神父が信徒の懺悔を脅しに使っていた事実が発覚すれば、欧米の新聞は間違いなく社会面で大きく取り上げるだろう。それほど酷い事件なのである。
 統一教会員は内部のゴシップと受け流さず、信仰告白の重大性を自覚すべきである。
 もしそれができないようであれば、信仰者でなく、たんなる宗教組織に盲目的に依存する依存症を患った人たちということになる。非教会員に言われて、恥ずかしくないのか。

 トマスさんの手紙と韓国掲示板の投稿文によって、仁進氏の不倫と不倫出産の事実を知っていたアメリカの幹部(中堅でなく、最高幹部)がいることがはっきりした。
 前回の記事のコメント欄で書いたが、裏切り者は仁進氏だけでなかったのだ。

 この幹部は誰なのか、どうして隠蔽したのか。
 在米の日本人食口は追及すべきだろう。
 もし、物言えば唇寒し、教会で居場所がなくなってしまうと考え、「ご家庭に関することは触れないで置こう」というさもしく、情けない教会員がいたら、ジ・エンドだ。
 
 拉致監禁諸派が、拉致監禁の事実に口をぬぐって、統一教会はけしからん、米本はひどい奴だと言っているのと変わらない。その構図と同じであることに気づくべきなのだ。

【参考:火の粉記事】統一教会“放置”の国を訴えた元信者、弁連全国集会で教団の組織的違法行為と“デタラメ”ルポライターを糾弾!>。記事中、女性が問題にしている火の粉ブログは→脱会屋・宮村の、元信をコマンドにした反転攻勢 。田中清史(エイト)君、ますます“カルト”化していくようで、少々不気味ですね。後日、この火の粉も払うつもりだが、書かなければならないこと多しで、すぐには相手にできない。でも、清史君、楽しみに待っててね。クスッ

夢想-完成した!だとぉ?


 今回の葬儀(聖和式)で、世界会長の文亨進氏が聖和辞を述べたという。
 その中に、
「私たちに『全てを成した、完成した!』という意味の摂理的な数、”2012.9.3.01:54"を残され・・・」
 との一節があったそうだ。
 その数の意味について、当日会場で配布された冊子、『真のお父様の聖和日時に関する神学的意味』の中で詳細に論じられているそうである。

① 陽暦の年月日(2012年9月3日)

月と日を足すと、9+3=12。
12数は四位基台の各位置が3段階の成長期間を完成した数です。

さらに、年の12とかけると、12×12=144。
これは最初の信徒を探し立てなければならない再臨主の責任完成数です。

② 天暦の年月日(3年7月17日)

月と日を足すと、7+17=24となり、12の2倍となります。
年と月をかけると、3×7=21となります。

7数は創造の全過程を意味するので、21数は3段階の成長過程を経て四位基台を完成する時に必要な数です。

③ 聖和の時間と分(午前1時54分)

3つの数を足すと、1+5+4=10となります。
10数は9段階の成長期間を経て間接主管圏を越え、10番目の段階である直接主管圏に入り神様と一つになる数です。

このような3つの観点を総合すると、聖和の数字は真のお父様が神様と一つになられて四位基台をなされ、完成圏である直接主管圏に入るのに必要な数を満たされたことを宣布されたという事実を知ることができます。

④ 基元節まで残った日数(172日)

172=160+12と考えると、12数は上で見た通り、お父様が神様と一つになったことを象徴します。

160数は、四位基台が10段階を経る40数を四位基台の各位が復帰する蕩減期間として、堕落人間が成すべき復帰路程を意味します。
したがって、真の父母様は蕩減路程を通じて基元節の約束を果たすために、その子女たちを導いてくださるでしょう。



 統一教会諸君には悪いのだけど、頭がクラクラしてしまった。
 統一教会が重視する基数についてはバカにしない。
 でも、上から順にやっていくが、
①9+3=12。9-3=6ではどうしていけないのか、その神学的理由を述べよ。
②7+17=24。7×17=119ではどうしていけないのか、その神学的理由を述べよ。

 これ以上やっても、バカバカしいので、オーしまい。
 神学的理由を述べることができるという人が現れたら、続きをやる。

 とにもかくにも、失礼ながら、文亨進氏と近所のガキとが二重写しになって見えたことだけは確かである。
 その子は灘、開成、麻布といった超難関校を受験しようとしていた。
 数字が目の前にあるたびに、四則計算をしていた。
 たとえば、電車の切符に「9:3、21:34 65287」(9月3日の21時34分に発行された65287番)という数字があれば、何とかして末尾がゼロになるように、四則計算をしようとする。
 一度、勝負したのだが、そのガキのスピードには到底追いつけなかった。
 ちょっと心配になって、「数字もいいけど、深呼吸でもして、周りの景色でも眺めたら」とたしなめたのだが、すぐにブツブツつぶやきながら、四則の世界(まあ、信仰の世界)に入っていく。
 こいつ、ちょっと大丈夫なのかと心配したが、その後、東大に合格し、彼女もでき、四則の世界をまるで忘れたか如く、楽しくやっている。

 文亨進氏への揶揄はここらへんで終って、真面目な批判。

 いまにも噴火しそうなぐらいにマグマの圧力が高まっているかのように、教会の内部は矛盾だらけになっているというのに、「完成した」とは?
 2万1000回だったかの敬拝をやって(オウムの「5体投地」を思い出しましたとさ)、解離状態に入っているのではないかと正直疑っている。(解離については拙著『洗脳の楽園』を参照のこと)

もう一つの現実-ネット中継中止の怪-



 昨夕(7月16日の夕方)、日本の教会員に次のようなメールが教会から送信された。

(引用はじめ)
「全世界食口新しい出発大会 (仮称)」

日時:陽暦9/17(月)
午前9時20分までに集合

インターネット中継は9時30分からはじまります。

服装:男性は、黒か紺の正装&白ネクタイ
   女性は、白かベージュの正装

お父様と一体となられた真のお母様を中心として新しい出発です。
真の御母様の心情をしっかり相続し完全に一つとなってのぞみましょう。
全食口・歴史的な出発の場ですので、全食口もれなく参加お待ちしています。



 さあ、心を奮い立たせて、ナフタリンの臭い漂う礼服を叩きながら、と思っていたところに、またメールだ。

御聖恩感謝申し上げます。

本日朝、本部より「昨日案内いたしました「全世界食口新しい出発大会」のインターネット中継が韓国側で中継しないことに決定しました」との連絡がありました。

急なお知らせで申し訳ありませんがよろしくお願い申し上げます。


 世界の食口がフェイントをかけられたように、畳の上にゴテンとなったのは容易に想像がつく-というもんだ。

 一体、何があったのか。

 文3男氏を排除した葬儀(聖和式)はうまくいった。
 これからは、「真のお母様」(韓鶴子氏)を中心にやっていくというムードも醸し出されていた。
 すべてはうまく行っていたはずだ。

 ここで、ややおチャラケのアジュマさんの投稿文「過激ッ(赤面)」がにわかに信憑性を帯びてくる。
 昨日の最高指導部による夜の会合のことである。

 ここで一体、何が話されたのか。
 当然のことながら、明日の出発式に向けての最終打ち合わせ、最終的な最高幹部たちの意志統一であったであろう。
 この会合はシャンシャンでは終らなかった。それゆえ、同時ネット中継ができなかったのだ。

 この間の事情を見ていると、理由はただ一つ。
 やはり、仁進氏の不倫のこと、そしてアメリカ統一教会のことだろう。
 以下、当たるも八卦で、推測しておく。

その1・原理的に説明することは可能だった。たとえば、文3男のヒョンジンの裏切りによってとか・・。しかし、どうしても世俗的な(事実的な)説明が必要である。

 ここで注目すべきは、韓国ネットに投稿された、夫の珍成氏のことである。
 彼はドラッグ中毒で、リハビリ療養中である。
 夫婦関係は事実上、破綻していた。

 サタンが入ったという幼稚なレベルでは説明できないから、仁進氏の不倫を夫の珍成氏にかなりの部分、責任を負わせようとしたのではないか。
 しかし、珍成氏の父親は36家庭の朴ポヒ氏、韓国文化財団の会長である。実際、文鮮明氏の右腕だった実力者。仁進氏の不倫を息子だけの責任にするような説明が公表されるのは、たまったもんではない。

 こうしたことが背景にあって、仁進氏の5人の子どもの遺伝子検査をしようという動きがあったのではないか。

その2・仁進氏の後任会長のことが話題になったはずだ。
 仄聞情報では、文クッチン氏が名前にあがっていた。
 文氏の4男。申し分ないのだが、彼には少々難がある。

 これまた最高幹部の娘と離婚した前科がある。娘の父親たちは彼に不満がある。
 また「デキ婚」の噂がある。約婚式で出来た子どもだと言っても、完全に不信感をぬぐうことができていない。
 さらに、ロシア人の女性食口との噂話も浮上してきている。

 仁進氏のあとに、またクッチン氏のスキャンダルとなれば、統一教会は壊滅的な打撃を受ける。
 このようなわけで、16日の夜の会合の意見対立は、17日の出発式にも影響を及ぼしかねなかった。

 そこで、ネットでの中継を中止をせざるを得なかった。
 あたるも八卦。こんなことを思いましたとさ。

 日米の教会員は戸惑っている。
「中止の理由は、韓国から指導者が戻って、説明をしてもらわなければわかりません」

 私の読み。中止の理由はおそらく指導者から説明がないだろう。
 口が裂けても、ドロドロを説明することはできまい。
 おそらく、中止の理由は「ネットシステムに不具合があった」というもので、「大会は盛大に、滞りなく、行われた」と説明するはず。そして、出発大会の模様は、編集したビデオ録画で流されるはずだ。

 と思っていたら、さっそく、日本・統一公式サイトに「出発大会」の模様が流されていた。ネット中継中止の説明もなく。「基元節勝利」のための特別集会を開催だ。

 歴史の偽造である。

 

何百枚も撮ったであうう写真の中で、これを選んだことの意味を考えて見るべきだ。誰が映っているのか、どういう構図なのか。

 最後に述べておきたい。
 夢想と現実との乖離のことである。
 現実と夢想が乖離していけば、いつしか夢想集団は狂気と化していく。
 まさか私たちみたいに平和を愛する団体が?
 と疑問に思う教会員が圧倒的だと思うが、オウムの真面目な青年も心底、そう思っていた。
 どうして?なんで?
 
と、法廷の前でうづくまっていた青年信者の姿を想起せよ
 聖戦を唱えるイスラム原理主義、イスラムを攻撃するヒンズー教・・・。

ふーっ、疲れた。途中で、すべての原稿が消え、もうやめようかと思ったけど、是非伝えなければという思いで、老母の介護をしながら、書きましたとさ。
 この記事に賛同しようがしまいが、熱心に書いたなと思ったら、ブログ村の「統一教会」をクリックしてくださいな。ただし、1日に1回だけ。それ以上やっても意味がないようです。
 古いなあと思われるかもしれないけど、水前寺清子の歌詞の題名をもじれば、「1日1歩(ワンクリック)で」。
 老母の介護はそれほどいやじゃあないけど、ブログに関しては密かな隠微な楽しみがあるのです。
 それは「パシセラのブログ」(現在一位、現体制批判派)、「教育部長の講義日記」(2位、体制派)を追い抜くことです。
 遊びなのだけど、是非、ご協力を。
 妙齢のご婦人とのお付き合いも我慢して、せっせとブログ更新。賛同してね。



追記情報(9月18日夜)-アメリカ公文

 アメリカ統一教会員に17日、公文が送信されました。その重要な部分を知人に訳してもらいました。訳文は、あとでバージョンアップするかもしれません。



Having trouble viewing this email? Click here
September 17, 2012

Dear Blessed Families,
Thank you for your love, prayers and devotion for True Parents, especially over these last several weeks leading up to the victorious Seonghwa of True Father.

We have all been completely focused on attending True Parents at this unprecedented time. The events centering on True Father's Seonghwa, culminating with True Mother's historic speech on Monday, September 17, have been respectfully and successfully completed. Now, together with True Mother and World Chairman, Rev. Hyung Jin Moon, our worldwide church community has moved into a new era and we are preparing in earnest for Foundation Day.

The HSA-UWC Board of Directors for the American church met in Cheongpyeong on Sunday, September 16, centered on board chairman, Rev. Hyung Jin Moon. The Board has accepted the resignation of Rev. In Jin Moon (President and CEO), who resigned because of her personal situation. In Jin Nim has done exceptional work through her ministry over the past several years in America, revitalizing our families, empowering and inspiring our young people and attracting new people to join our church. In addition, she made great impact in the area of human rights through her outreach to the U.S. Congress. That good work should continue.

While True Mother has been entirely focused on attending True Father during this time, she has also given much thought and prayer toward resolving the difficult situation in America, so that America as the elder son nation can go forward and fulfill its critical mission. Mother's first decision following True Father's Seonghwa was to call Rev. Hyung Jin Moon to take direct leadership in America, while still fulfilling his position as World Chairman. He accepted True Mother's call and the HSA Board unanimously approved his appointment as President and CEO of the American Church.

In accordance with True Mother's direction, Rev. Hyung Jin Moon will come immediately to America and begin a 12-District tour to meet with all of our families, accompanied by Dr. Yang and Rev. Cotter. His leadership will be a great blessing to America.

Brothers and Sisters, let us go forward and continue to work together, honoring and building upon what True Parents have established in America to bring total victory on Foundation Day.

Sincerely,
Dr. Chang Shik Yang
Continental Director, North America 1

Rev. Joshua Cotter

Executive Vice President, Unification Church USA

重要なポイントのところの訳文は以下。

9/16、世界会長の文7を中心にして、チョンピョンで統一教会役員会議をしました。
取締役会はインジンの米国協会長とCEOの辞任を承認しました。インジンは個人的事情によって辞任しました。
インジンは数年間アメリカでミニストリーを通して優れた働きをしました。信者家庭を元気づけ、若者達に霊的力を与え、新しい人たちを教会に導きました。
 彼女は、人権の分野でも米国議会に働きかけ、インパクトのある働きをしました。この良い働きは続けられるべきです。

 聖和式後お母様が最初に決定したことは、文7男をアメリカの直接の責任者にするということです。
(同時に世界会長も続けます)彼はお母様の決定を受け入れ、取締役会も承認しました。
 文7は、すぐアメリカに行き、12地区を回るツアーを始めます。ツアーにはDr. Yang and Rev. Cotter
も同行します。

若干の解説-(アットランダムな個条書き)


①やはり、私の読み通り、「全世界食口新しい出発大会」の前日、会合が開かれていた。(あたりまえかあ)
 相当、突っ込んだ話し合いが行われたであろう。

②文7男をアメリカの責任者とすることを決定したのが「お母様」(韓鶴子氏)というのは、嘘っぽい。今後の統一教会の中心は「お母様」、「お母様」を組織の求心力に据えるという作戦の一環だろう。今後、韓鶴子氏はますます神格化されていくと予測する。

③ポスト仁進に文7男ヒョンジン氏がなったことは、当然であった。後出しジャンケンのようで言い訳めくが、アメリカ統一教会は混乱の極みにある。混乱の中心には「信仰の揺れ」がある。混乱を収めるには、信仰者でなければならない。文4男クッチン氏は財務には強いが、信仰の素養はあまりない人だという。
 したがって、文7男しかいなかった。そう予測すべきだった(恥ッ

 一つだけ、見通せないことがある。文7男が全米を回ったとしても、彼独特の信仰観がアメリカ統一教会員に受け入れられるだろうかということである。

 彼は、2万1000回だったかの敬拝をやって、神がかるようになったという。変性意識体験後の彼の行動、教義に関することは省略するが、韓国人牧会者から「軽い存在」と見られている。
「血わけのどこが悪いのか」とか「ハーバードの神学科に入れたのは父親のおかげ(つまり裏口入学)」としゃべったりするから。

④公文を読んだある男性シックは「反発する人は多いのじゃないかなあ。だって、釈明がないし、大陸会長と副会長の留任だから」
 いまや、焦点はアメリカ統一最高幹部の誰が不倫の事実を知っていたか、である。

⑤アメリカの公文のことではないが、「全世界食口新しい出発大会」は滞りなく成功裏のもとに終ったという。では、なぜ正装させてまでネット中継を見るように指示していながら、突如中止にしたのか。アメリカ統一教会でも、正装指示があったかどうかわからないが、ネット中継の中止の知らせが食口たちに届いている。

 大会の模様は様々な人たちが、好意的に流している。
 ポイントは、大会の参加者がそれらを読んで、誰だったが代読した韓鶴子氏の演説から消えているある部分を見つけてもらうしかない。それは、献金摂理を暗示させるものだったはずだ。ぜひ、教えてもらいたい。



-追記情報:9月19日朝)--夫珍成氏の罪とは 

 アメリカの教区レベルで、こんな説明があったそうです。ブログ「俺はネタ帳」のコメント欄 からの引用。(Anonymousさん、コメントで紹介していただき、とても感謝しています)

仁進様の電撃辞任に関していかに一般食口に伝達すべきか?と言う指示事項(9月10日付けで出ています)の中に以下の3点は事実であるとはっきり書かれています。

1)仁進様は過去バンドのボーカルと3年間不倫関係があったこと。
2)5月1日に男子を出産したこと。
3)最近仁進様と珍成様がお母様にそれぞれ罪を報告して、仁進様はしかられて辞任するようにと強い指示をされた。
 
 アメリカのメンバーの方は州や、市のリーダーに問い合わせたらはっきりわかります。アメリカUCが事実を認めています。


この日曜に教区長レベルでは以下のことが確認されたようです。教区長によってはState Leaderに伝えて、さらにメンバーに伝わったところもあるようです。私の州ではまったく伝わっていませんが。しっかりした1世には、はっきりした情報があったほうが助かると思い、ここにお伝えします。

1. In Jin Nim has been having an affair with Ben Lorentzen, the lead singer of Sonic Cult, for the past 3 years.

2. In Jin Nim gave birth to a baby boy on May 1, 2012 in Lexington, MA. The parents names on the birth certificate were Ben Lorentzen and Tia Lorentzen, living at (In Jin Nim and Jin Sung Nim’s address in MA).

3. In Jin Nim and Jin Sung Nim recently visited True Mother and both confessed indiscretions on both sides. True Mother asked In Jin Nim step down and take a leave of absence.

Dr. Yang, who is our continental director, will assume responsibility as the leader here in America until further notice.

 

これらを読んで、Anonymousさんがコメント欄で指摘されていたように、珍成氏の罪とは何なのか。改めて疑問に思いますね。



クリックをお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

信頼の回復

もうかなり難しいかもしれませんが、教会は何か問題があったら、速やかに事実を公開して、納得の行く説明をするべきだと思います。外部から指摘されて隠し切れなくなってから仕方なく認めるようでは益々信頼をなくしてしまいます。純粋に信じて頑張っている信者の心の傷を考えることは出来ないものかと思います。もし他にもいろいろとも問題があるなら、外部から暴露される前に、本部のほうからきちんと説明がなされれば信頼を回復できる道があるのではないでしょうか。

残念な輩の一人として

本当に誇りに思える集まりの一員でありたかったが、「現実」を知れば知るほどに
打ち砕かれ続け、今回の一連のIJN(インジン様)事件発覚によって昔抱いていた統一教会員としての誇りは粉粉に砕け散ってしまった・・・

なぜ不倫関係を持ち続けながら、何年間にもわたって何食わぬ顔をして兄弟姉妹の面前で毎週”み言葉”を語り続けられたのか?
二重人格者なのか?良心の痛みというのはないのか?それが発覚しなかったら、しらばっくれて壇上に上がり続けるつもりだったのだろうか・・・

純粋で良心的な教会員を自分にさんざ拍手させておいて、どんな気分だったんだろうか?しかしそれにしてもよくもここまでコケにしてくれたものだ。

なにより自分の子供や親、親戚一同に対する
ピカドン級の精神的ダメージはまったくシャレにならない。もっと早い時期に静かに幕引きもできただろうに・・なぜこんな大事なときによりによって・・・
いまさら何をって顔している教会員の方々も多いかと思うが、ここまで腐りきっていたとは信じがたい。知らないことは幸いなり、というわけか・・・

確かにIJNに限らず誰もが偽善者の毒を持ち歩いて生きている。私だって偉そうに言えた義理でもない。
イエスが言われた。
「一度でも罪を犯していない者がいるなら姦淫を犯したマグダラのマリアに石を投げよ」と。
実際誰にもIJNに石を投げられない。
その資格があるのは、せめて彼女の娘、息子たちぐらいだろう。あるいは不倫相手の無理やり別かれさせられた気の毒な家族たちか・・・(彼らには心から同情する)

だから私は本気で投げるつもりはない。
だけど投げる素振りぐらいはさせてほしいと思う。本気で怒っちゃいないど、怒って見せるくらいはすべきなんじゃないか?(あるいは、この期におよんでも模範的お仕着せの言葉で自分を飾って、誰にも攻められないように従順な羊を演じ続けるか・・・)
どうせ謝罪もなにもないまま、今までのように、あったこともなかったことにしてしまうんだろうから・・・

万が一、そうじゃなくて、”本気だして”きたら、そのときはこっちも溜飲を下げて、しかるべき態度で臨もうと思う。
願わくばそうあってほしいが・・

我々がアボジから今まで教わってきた統一の精神文化とは、本当はそういう偽善を自分から分離させるためにこそ存在してきたんじゃなかったのか?
というか、頭でっかちの原理教義云々する前にまず”人としての恥”というものをまず我々は知るべきだと思う。

なんちゃってね。知ったような振りしてしまいました。スイマセン・・・これが私の本音です。

数遊び

とても良かったです。今、全教会員が読んで、自分の頭で考えるべきです。

私も、あの聖和日時の数字の説明には、辟易していました。火の粉ブログで書いていただき、すかっとしました。

基本的には、宮石氏のコメントと同意見です。国進氏が「組織の透明性」を強調しているわりには、肝心のことは隠しているようでは、「言ってることとやってることが違うじゃん」と食口の信頼をなくすでしょう。

否、もうなくしていますね。

なにがどうなっているのか?

文先生の聖和から、あまりにショックなことばかりで、色々な思いが頭をめぐるばかりでコメントの言葉も見つからずにいました。

三男の顕進様のことも、文先生の聖和をきっかけに良い方向へ向かってくれることを期待しましたが、それもかなわず。
どうして父親が亡くなった時くらいは、表向きだけでも和合できないのか。そんなプライドは捨ててほしいし、それができる人についていきたいと思うのは私だけでしょうか?

仁進様の事も、全うな信者なら想像もできないような出来事で、私たちは何を信じれば良いのか混沌とするばかりです。
できればご本人の口から、説明の言葉を聞きたいとは思いますが、どこまで期待できるか?

とにかく本部は、一連の出来事について、きちんとした総括をしてほしい。
それができないのであれば、今回の聖和式が統一教の終わりの始まりになってしまいますよ!

9/17の大会のこと

9/17の大会がインターネット中継されると告知していたのは日本統一教会だけで、韓国統一教やPeaceTVなどでは告知がありませんでした。
このことから、現場では本当に中継があるの?という疑念もありましたが、その疑念通りになったようです。

米本さんの推理も当たっていあるかもしれませんが、意外と韓国統一教と日本本部の乖離が一番の原因かもしれません。・・・・お笑い統一教会。

息子の名誉回復のために声を上げたトーマス・クロムウェル氏

私の立場は、日本の統一教会員に対する拉致監禁問題の人権問題を扱うことですが、もし、人権問題が、統一教会内部にあれば、当然ながら、扱います。

今回は、米本さんの上記記事、最初の部分の、トーマス・クロムウェル氏の公開書簡と、組織内での人権侵害について書きたいと思います。ちょっと、長くなるかもしれません。

私も、米本さんの記事中の、インジン氏とベン氏の異常な行動を目撃した二世の記事をどこかのブログで読んでいました。その二世の言論の自由、表現の自由を、力で束縛する人権問題だと感じていました。ただ、その情報を確認する手段がなかったため、その時は、それで終わってしまいました。しかし、トーマス氏の書簡が公開され、より信憑性が高いと判断し、書くことにしました。

トーマス氏の公開書簡の原文は、以下で読むことができます。パシセラ氏のブログでは、紹介されていませんが、その書簡に興味深い部分があります。

http://www.unification.net/misc/openletter_20120913.html

We are told of the evil Kwak group, as if Hyun Jin was a victim of the diabolical machinations of that once central disciple. But, no, Kwak is not the central problem. Hyun Jin is. Kwak was my central figure for some 20 years. It is clear to me that in the end he was seduced by the lure of wealth and financial security to go against TP. He had bet on Hyun Jin when that son was anointed the fourth Adam. He could not accept the change of providence. He is like your staff members, who now depend on salaries from HSA-UWC.

(上記訳) 私たちは、邪悪な郭グループについて聞いていますが、Hyun Jin氏 は、かつての中心的弟子の悪魔的たくらみの犠牲者かのように言われています。しかし、違います。郭氏は、問題の中心ではありません。(問題の中心は)Hyun Jin 氏です。郭氏は、20年間、私の中心者(上司)でした。最終的に、郭氏は富と、経済的安定という誘惑に目がくらみ、真の父母に背いた (go against) のは明らかです。郭氏は、Hyun Jin 氏が第四アダム(文教祖の後継者: 註 by Yoshi) に選ばれた時、Hyun Jin氏 に賭けました。郭氏は、摂理の転換を受け入れることができませんでした。郭氏は、教会からの給料に頼っている、あなた(インジン氏)のスタッフのようです。 (上記訳終わり)


(解説)トーマス氏は、郭 - Hyun Jinグループの問題の中心は、Hyun Jin氏であるように、今回の彼の息子の問題の中心はIn Jin氏でると主張している。(解説終わり)


なぜ、この部分を紹介したかというと、トーマス氏は、冷静に状況を見つめて、誰かに与(くみ)することなく、息子のトサ氏の弁護をしているということです。息子の名誉の回復のために、父親として行動していることがわかります。パシセラ氏のブログでは、この部分が抜けていたので、紹介させて頂きました。

いずれ、パシセラ氏が、トーマス氏の公開書簡の全文を日本語で紹介して下さることを望みます。(まさか、パシセラ氏が、都合のいいところだけを、つまみ食いしたわけではないでしょうが・・・ しばらく様子をみて、誰も、紹介しないようなら、私のブログで全文を日本語で紹介したいと思います。)

トーマス氏が、インジン氏と統一教会宛に公開書簡を出したのは、彼の息子が教会幹部から人権侵害を受け、息子に替わって、その問題に対して叫んでいます。人権侵害を受けたなら、もし、受けた本人が言い出せないようなら、誰かが替わって、言わなければなりません。トーマスさんは、いいお父さんだと思います。

日本のCARPのメンバーが大学からパワハラを受けています。統一教会内部にも、それに匹敵したハラスメントがあれば、私の立場として、当然のこと、人権問題として扱います。自分たちの被害には声をあげ、しかし、内部では、同じようなハラスメントを行っている・・・ちょっと、先が長くなりそうで、憂鬱です。


あと、蛇足ですが、すぐ上の悩める信者さんが、「私たちは何を信じれば良いのか混沌とするばかりです。」と、言っています。

教会員でもない、私のコメントなんか、教会の人たちは聞きたくもないでしょうが、ちょっと、書かせて下さい。

統一教会は、キリスト教とかと同じ、一神教の神を信じる教会ではないのですか? 神は目に見える存在ではないはずです。これからも、まだまだ、驚くほどの、幹部やリーダー、「真の家庭」のスキャンダルが出てくることだって可能性があります。

もし、統一教会の信仰を持ち続けたいなら、そんな「人の事」は、何が起ころうと、一切気にせず、自分と神との約束だけを守っていけばいいのではないでしょうか?(ここで、言った「人の事」には、真の家庭に属する人たちも含みます。)これからも、いろいろと起きると思いますよ。準備はできていますか?


最後に、私は、この前「インジン氏の拉致監禁問題解決に対する業績は評価されるべき」と書きました。その私の気持ちには、一切、変わっていません。

Re:息子の名誉回復のために声を上げたトーマス・クロムウェル氏

悩める信者です。

Yoshi Fujiwara さん、コメントありがとうございます。

私自身、キリスト教の土台もなく統一教会に導かれたものですから、神と自分との関係に立ち返るという原点を忘れていました。
いかんせん、その神と出会わせてくれたのが文先生だったものですから、そう簡単ではないことも事実ですが。

また、真の家庭の醜聞も今回が初めてではないし、今回のことだけを取り上げて騒ぐのもどうかという思いもあったりします。とにかく、自分なりにどう整理し、折り合いをつけるのかつけないかよく考えたいと思います。

思考するか停止するか。

さいぞうさんの「数合わせ」

>とても良かったです。今、全教会員が読んで、自分の頭で考えるべきです。

 評価していただき、ありがとうございます。
 事実を知る。事実を知った上で、立ち止まって考えてみる。これは信仰者にとっても大切なことだと思っています。神(仏)と自分の世界に閉じこもってばかりの人は、信仰が進化・発展しない幼稚な人です。

 親鸞にしても日蓮にしても、現実を直視することから、その時代にあった宗教を生み出しました。
 文鮮明氏が思考の基軸に「統一」を据えたのは、南北分断という厳しい現実を直視したからでしょう。

 ところが、日本の教会員の中には、事実を知らないほうがいい、事実を知っても黙っていたほうがいいという人もいるようです。

「個人的な見解で、下手に真の御家庭を分析し、評価するのは本当に恐ろしいことのように思います」
「真の御父母様をメシヤと信じている、祝福家庭は、是非、滅多なことを言わないほうが宜しいかと思います」
(ジョリュジュのブログ:http://ameblo.jp/zyoryuzu/entry-11357010485.html )

 一方で、アメリカ教会員の中には、事実を知って、信仰組織を改革しようとする人もいます。

「彼らは今燃えてきています。少なくとも私の知っている人だけで5人・・・・
 みな若く、過去に先頭にたって歩んできた経験のある人たちです。
 この偽りの文化を作ったの誰だ、誰がサポートしているのだ、そしてこんな矛盾した教会の組織の奴隷になるのはもう真っ平だ!と。」
http://ameblo.jp/smokinsixx/entry-11357642924.html

-ポスト仁進は文7男ヒョンジンに。

 追記情報として、アメリカ統一教会の17日の公文を載せました。ご一読を!

 読んで興味深いと思われたら、ブログ村「統一教会」をクリックしてください。

 これまでの最高位、9位になりました。感謝感謝です。

 でも、「パシセラのブログ」&「教育部長の講義日記」は、はるか雲の上。トホホ。

9/17の大会のこと

アメリカの私の教区では、インターネットを通して大会に参加するということで、礼拝の時間も変更になっていました。
礼拝に準ずる服装での参加という連絡がきていました。

注目! 松永牧師監禁指南ビデオの抜粋報告書

「拉致監禁by宮村裁判記録」で、松永氏が監禁を指南しているビデオに続いて、その映像報告書がアップされています。

http://antihogosettoku.blog111.fc2.com/blog-entry-119.html

 教会員にとっては必読の報告書です。
 いろいろな出来事が続いていますが、こういうときだからこそ、教会員が拉致監禁され続けている事実についてもしっかり把握しておくべきです。

 次回の法廷は10月9日午前11時です。

 ここ2、3か月、原告・後藤徹さん側は被告側が真っ青になるような証拠を提出してきました。これに対して、被告側がドバッと反論書を提出してくることが予想されます。

(1)青春を返せ裁判の訴訟代理人が正義感と勇気をもって、宮村氏が拉致監禁したことを暴露する陳述書を提出。
(2)松永氏が拉致監禁を指導するビデオ映像(松永氏は存在そのものを否定していた)を提出。

 否定しようがないと思いますが、どう反論してくるか、楽しみです。

 どんなことであれ、事実を隠蔽することがもっとも良くないと思います。

隠蔽首謀者
もう、ほとほとあきれました。なぜ、隠蔽首謀者のジョシュア・コッターがまだ、バイスプレジデントなんですか?

珍成ニムの罪とは何か。

 面白いブログのコメント欄を見つけた。

http://omoroiyan2.blogspot.jp/2012/09/blog-post_11.html

 アメリカの日本人統一教会員のホンネが伝わる56のコメント。日本や韓国とは大違いだ。
 日本の教会員は全文、目を通したほうがいい。

二世に与えた影響はかなりのものではないでしょうか?仁進ニムの裏切り行為とHQに対する失望、、、Face Bookの子供たちのやり取りを見ていたら痛いほど感じます。

 この悲痛な叫びには、正直、胸が痛んだ。

 ブログのコメント欄で、アメリカの統一教会が3つの事実を明らかにしていることを知った。


1. In Jin Nim has been having an affair with Ben Lorentzen, the lead singer of Sonic Cult, for the past 3 years.

2. In Jin Nim gave birth to a baby boy on May 1, 2012 in Lexington, MA. The parents names on the birth certificate were Ben Lorentzen and Tia Lorentzen, living at (In Jin Nim and Jin Sung Nim’s address in MA).

3. In Jin Nim and Jin Sung Nim recently visited True Mother and both confessed indiscretions on both sides. True Mother asked In Jin Nim step down and take a leave of absence.

Dr. Yang, who is our continental director, will assume responsibility as the leader here in America until further notice.
Reply

 訳文もコメント欄に載っていた。

1)仁進様は過去バンドのボーカルと3年間不倫関係があったこと。
2)5月1日に男子を出産したこと。
3)最近仁進様と珍成様がお母様にそれぞれ罪を報告して、仁進様はしかられて辞任するようにと強い指示をされた。
アメリカのメンバーの方は州や、市のリーダーに問い合わせたらはっきりわかります。アメリカUCが事実を認めています。


 俺が知らない事実も書かれていた。3番目の事実である。仁進ニムが報告して叱られ、辞任するように指示されたことは、聞いていた。

 しかし、そこに珍成ニムも同席していたとは!? 初めて知った。

 俺がわからないのは、珍成ニムがどんな罪を報告したのか、ということだ。

 珍成ニムは、妻の不倫と不倫出産の手助けをしたと、韓国の掲示板の投書に書いてあったという。

 それが珍成ニムの罪ということなのか。

 夫が妻の不倫と不倫出産の手助けをする。どうして?なぜ?。母親なら詰問するはずだ。
 俺には、どう考えても、妻の不倫の手助けするような夫がいるとは思えない。

 珍成ニムの罪とは、仁進ニムの娘の不倫・不倫出産と同レベルの何か別の罪があったのではないか。 

 事件の闇は深そうだ。

公人とプライバシィー

 前出のブログには、こんな記述があった。
http://omoroiyan2.blogspot.jp/2012/09/blog-post_11.html

私のブログ『俺のネタ帳』の性質上ゴシップ的な記事は書きません。辞任された方のプライベートについて書くつもりもありません。

 正直、目を疑った。

 コメント欄を読むと、ブログの管理人のLukeさんは、アメリカ統一教会の公職者だという。 その公職者が同時にブログ「俺のネタ帳」の管理人ということだろう。

 このブログの管理人のプロフィールは、
「オレは大阪人!アメリカに住み韓国人の妻と2人の娘とは韓国語で生活。もちろん職場は英語や~。 そんなオレのストレス解消の為に関西弁でブログを書くねん。食口が笑えばそれを観た神様もわらうやろ~。 ほんなら神様も喜ばは~るやん」となっている。

 公職とは関係のないごく私的なブログのようだが、公職者として一般教会員を指導するようなことも書いている。
<文鮮明天地人真の父母天地聖和式に参加される方へのお願い>

 だから、公職とはまるで関係ない純粋に個人の日記ということには決してならない。

 つまり、「俺のネタ帳」は公的な性格を持つブログということになる。

 それなのに、いかにも、オレのブログは個人的なものとばかりに、<私のブログ『俺のネタ帳』の性質上ゴシップ的な記事は書きません>という。

 どうも、この公職者には公私の境界線がないようである。

 日本がアメリカの民主主義から教わったことだと思うが、公人と私人は厳然とした区別がある。

 私人が不適切な男女関係になったとしても、誰かにそのことが問われても、答える必要がないし、社会に暴露されるようなことがあれば、プライバシーの侵害となって、暴露したほうが人権の侵害者ということになる。

 アメリカ民主主義のおかげで、日本でも私人のプライバシー権はかなりの程度、確立されている。

 これに対して、公人のプライバシー権は制限される。

 たとえば、原子力安全保安院(経済産業省所管)の課長(課長レベル!)の不倫が発覚したときには、組織として説明責任が求められる。その結果、その課長は降格処分となった。
 日本ではさんざんに話題を呼んだ事件だった。

 もし、説明を求められた経産省の広報部長が単なるゴシップだとして、「プライバシーを理由に」説明を拒んだら、騒ぎはいっそう大きくなって、この部長も降格処分となっていただろう。

 どうも、Lukeさんには公職者の「公」性の自覚が乏しいようだ。

 次の一文を見て、俺は唖然とした。

統一家をかき乱して、皆を困惑させるのがサタンの狙いです。

 これだったら、なんだって言える。
 また統一家に不祥事があったら、サタンのせいにできる。

 もし、これ以上、不倫事件のことを話題にしたら、サタンの思うつぼという教会員への脅しも見え隠れする。唖然とするばかりだ。

追記情報-珍成氏の罪

 記事の最末尾にまた追記情報を加えておきました。記事はAnonymousさんがコメント欄で紹介してくれたものです。Anonymousさんありがとうございました。

 ブログ「俺のネタ帳」のくだんの記事のコメント数は、74になっていました。Anonymousさんの昨夕投稿時点では56。
 記事はすでに更新されているのに、新しい記事へのコメントはゼロだけど、前記事へのコメントは続いています。けっこうな情報も入っていて、面白いです。

Re.珍成氏の罪

珍成氏の罪って、奥さんの面倒を夫としてよくみてあげなかったことと、知っていてご父母様に報告しなかったことかなと、一般食口としては思いました。

姫に遠慮され、夫らしくできなかった可能性も理解できるし、姫がそういう主体性の不足に不満を感じて、遠慮や分別を重んじる韓国の男性より、ウエスタンの感覚に魅かれたのかなと、お二人に同情する気持ちも少しあります。

サタンの讒訴です

御父様が成和されたことは明らかにサタンの讒訴です。

まだ地上天国が完成してないのに、聖和されることは考えられません。

最近サタンの勢力が強くなってきたと思っていましたが、ついにメシヤを討つくらい強力になったのです。

思えば、興進様が討たれてから、榮進様、孝進様が討たれました。そして、ついにお父様が討たれました。
これは僕たち食口がしっかりしないからです。サタンはついにお父様を討つくらい強力になったのです。

僕たち食口はお父様の無念を果たすために、サタンに負けるわけにはいきません。

お父様、どうか天国で僕たちが敵を討つところを見ていてください。

統一教会員よ。

次の一文を見て、俺は唖然とした。

統一家をかき乱して、皆を困惑させるのがサタンの狙いです。



自分も唖然とした。

更に次のコメントにも。

御父様が成和されたことは明らかにサタンの讒訴です。

おいおい、文のおとっちゃんは、「勝利した」んじゃなかったっけ。
確か、葬式(失礼・・聖和式だった)でそう公言してたよな。

うろ覚えの原理を思い出すと
たしか、「直接主管圏に入ったら、サタンは手を出せない」んじゃなかったっけ?

文のおとっちゃんは、勝利した、ということは、直接主管圏に入った、ということ。となると、サタンは手ぇだせねえ、サタンは讒訴できねぇ、ってことにならねぇか。

アメリカ公職者のおやっさんが言った、勝利した文一家をサタンがかき回す、なんてこともありえねぇ。

違うか?

まだ地上天国が完成してないのに、聖和されることは考えられません。

そうそう、第3のアダムとして生まれた文のおとっちゃんは、生きて地上天国をなさなければならなかった。
しかし、完成せずに聖和された。
これって・・・どう考えるよ。

原理では、3回目で成就しなければならない、と言われていたと記憶しとる。
文のおとっちゃんが地上天国実現せずに聖和したということは、どういうことなのか?

統一教会員は考えたくないだろう。



春さんの言う通り!

 最近の統一教会諸派の論調を見ていると、何だか自分勝手な原理解釈(講釈)が多すぎです。

 浅学だし、原理という“深い真理”など到底理解することができませんが、元信者の春さんが指摘されている通り、御父様が成和されたことは明らかにサタンの讒訴です と書く北上哲さんは、原理浅学の私でも、明らかに変だと思いました。

 反論あれば是非お願いしたいのですが、北上さんは元九州地区の勝共、元統一の韓定食グループの一員だと推察しています。首謀者の名前は大西、真渕。このグループは「1・13プロジェクト」(ブログ村にまだ存在している)を拠点に、どくろを巻いている輩です。

 ミセス・キムもこの一員であると推測しています。(有田先生とも意を通じている)

 今後も北上先生が登場されるようなことがあれば(ウエルカム)、誤解を解きたいために、徹底的にやるつもりです。(きっと、キムなどは反応しないはず)

「元信者の春」さんの投稿に心から感謝しています。

北上さんは、日本の正当派食口からみたら恐らく、相手にしてはいけない(「相対基準」を結んではいけない)人だと思います。
ただの個人的に文のお父ちゃんが大好きな人なのでは?
議論する必要はなく、原理とか関係なく「僕が文のお父ちゃんを守るんだ!」って純粋にがんばる人だと思います。
  • [2012/09/23 19:40]
  • URL |
  • 最近、UC やめました。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

いくら読んでも変な英語

1. In Jin Nim has been having an affair with Ben Lorentzen, the lead singer of Sonic Cult, for the past 3 years.

2. In Jin Nim gave birth to a baby boy on May 1, 2012 in Lexington, MA. The parents names on the birth certificate were Ben Lorentzen and Tia Lorentzen, living at (In Jin Nim and Jin Sung Nim’s address in MA).

3. In Jin Nim and Jin Sung Nim recently visited True Mother and both confessed indiscretions on both sides. True Mother asked In Jin Nim step down and take a leave of absence.

Dr. Yang, who is our continental director, will assume responsibility as the leader here in America until further notice.
Reply

突然のコメントお許しください。初めてのコメントです。一度だけにさせていただきます。

この文章ですが日本人が書いたのですか?何か、日本人の匂いがしてたまりません。

Re: いくら読んでも変な英語

>この文章ですが日本人が書いたのですか?何か、日本人の匂いがしてたまりません。

 たぶんそうだと思いますよ。

 この英語文を知ったのは、Anonymousさんと同じ、アメリカの公職者ルーク樋口さんのブログ「俺のネタ帳」のコメント欄によってでありました。http://omoroiyan2.blogspot.jp/2012/09/blog-post_11.html

 在米日本人食口が書いたものにせよ、アメリカ人食口が書いたものにせよ、問題は記事が事実かどうかにあります。

 ブログの管理人が否定していないのだから(ただし、その後のコメントはチェックしていません)、事実だと思いますよ。それに、いまアメリカ巡回中の文7男ヒョンジン氏の言葉を聞いても、確定した事実だと思います。

>突然のコメントお許しください。初めてのコメントです。一度だけにさせていただきます。

 一度と言わずにこれからも投稿してくださいね。

ブロークンイングリシュ

私はロスにいます。日本人のディレクトリーダーは2人です。その2人は英語で柳著に説教しました。そしてその上の人はアメリカ人です。

この英語の文章はかなりブロークンイングリシュです。こんな英語で書く人いません。

一番初めにこれを見ましたとき、食べ物が喉に引っかかってしまったままのような感じを受けています。

これからも、なにかありましたら書かせていただきます。

アメリカ人の英語です

誤解を訂正させていただきます。上の英文の3項目は私が樋口さんのブログに入れた文章の一部を取ったもののようですね。これは私の英文でも、日本人の英文でもなく、あるアメリカ人による要約文です。私的メールの一部なので(もちろん公文なんかじゃないです)、文法には気を使っていない文です。でも、この文章が日本人によって簡単に書けると思うなら、英語がわかっていなんじゃないですか?

アメリカ生活22年

千尋さん、私はアメリカ生活22年です。英語がわかっていないとアメリカ人から言われますと言葉でないでが、22年住んでビジネスもやってきた人間です。それでも千尋さんが私に英語がわかっていないと言われましたら、返す言葉がありません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/358-a052ffa8