アメリカ会長の仁進氏が突然辞任! 

統一教会考(22)

仁進会長の辞任は不倫出産の発覚が原因か!?


 米国・統一教会の仁進女史(文鮮明氏の第3子、次女)が突然、会長を辞任した。今日発表された教会内の公文では「健康上の理由」が記されていただけ。<ついこの前まで元気だったのに、全米各地の教会を回っていらっしゃったのに~>。アメリカの教会員が戸惑ったのは、当然のことである。
公文は以下の通り。

세계통일교 선교본부
Unification Church World Mission Headquarters
13F Dowon Bldg., Dohwa 2 dong Mapo-gu, Seoul, Republic of Korea 121-728
Tel: (82-2) 3275-4200 Fax: (82-2) 3275-4220 E-mail: mission@tongil.or.kr
Ref. No. WMH 2012-105

To : Regional Presidents, National Messiahs, National Leaders
From : Unification Church World Mission Headquarters

Date : 7.23 by the Heavenly Calendar (September 9, 2012)
Re. : Regarding President and CEO of HSA-UWC USA

May God and True Parents’ blessings and love be with all regions, mission nations and providential organizations.
 
This is to announce that Rev. In Jin Moon, who has served as President and CEO of HSA-UWC USA has tendered her resignation due to health reasons. This will be formally processed later through a U.S. church board meeting, and a memo regarding the official personnel change will be issued after the conclusion of True Father’s Seonghwa Ceremony and related events.

Please offer even greater jeongseong and prayer for True Father during this time so that his Seonghwa Ceremony can be held with great dignity and glory.

Unification Church
World Mission Headquarters


 いったい何があったのか。
 それを解くヒントが韓国の掲示板「タマレ」に投稿された、9月6日の記事にある。全文を引用する。改行・行空などを加え読みやすいようにしたが、文意が通りにくい記述、誤字を含め原文ママである。(注)は管理人。 
 
◆◆◆◆◆◆
OOさん,在米のOOと申します。

 垂れ流しのようで本心はとても苦しいのですが、今の御家庭の腐敗はあまりに見るに耐えないものです。このような ことが真の愛を名乗る組織の下で行われていいのでしょうか。もう我慢ができません。
私はことの流れを冷静に論理的にふまえて文章を書くことは苦手ですが、今の米国教会本部の 状況を少しでもお伝えしたくて、信頼できるOOさんにこうしてメッセをさせて頂いてる次第です。

 日本ではどこまで仁進様御家庭のご事情、影響が伝わってるのか分かりませんが、アメリカで は孝進様が亡くなられた後、2009年からLovin' Life Ministryが発足し、全米各地の日曜の礼拝はNYのマンハッタンセンターで行われているLovon' Lifeの「礼拝」をビデオで見ています。

 古い教会体制を見直し、若者主体、2世主体の「粋でかっこいい教会」を謳っています。最初の30分はLovin' LifeのSonic Cultというバンドの演奏を「無理やり」聞かなければなりません。聖歌など一切歌いません。そして、その後は仁進 様の説教・・・・女性メンバーの賛同を煽ろうとしているのか分かりませんが、私にはまったく理解できない偏った内容です。それ以 前に、あのわざとらしい英国風のアクセントが耳障りで、聞く気にもなれませんでしたが・・・・(すみません、これらの箇所は私の 個人的な見解です)。

 しかし、毎週必ず説教されていた仁進様が、去年の秋ごろから今年の上旬まで公の場からばったり姿を消されたので す。(注1)
 そして、ほんの少し前に、またいきなり姿を現され、今は全米各地の教会を御父母様の愛を代身となって証する真の孝行娘という名目 で、回られたようです。まさに、顕進様がお父様と涙の再開をされたすぐ後からです。(注2)
 半年間雲隠れしていた仁進様がなぜいきなり?疑問に 思っていましたが、その事実がこのたび明らかになりました。

 仁進様のLovin’Lifeに直接お仕えしていたとある兄弟から数日前電話がありました。自分は間違っていた、このあ まりに醜い事実をどのように皆に伝えたらいいのかと、まるで懺悔するかのように持ちかけてきたのです。

 まず、率直に事実から述べますと、仁進様は今年の5月1日に東海岸のとある病院で男児を極秘に出産されました。(注3) しかし、それは夫の珍成様のお子様ではありません。
 Lovin’Lifeのバンド、Sonic Cultのヴォーカリスト、ベン・ロレンツェ ン氏との不倫の下に授かったお子様です。ある者がマサチューセッツ州ボストンの出生証明届け 所に匿名で直接連絡を入れ、お子様の出生を確認しました。出生証明書によると、出生名はエリック・ロレンツェン、母親はティア(仁進 様のアメリカンネームはタティアナ)、父親はベン氏となっているようです。(注4)

 ベン氏はノルウェー人、奥さんはフランス出身で、お子さんも何人かいると聞いています。彼 が人事でバンドのヴォーカリストとしてマンハッタンセンターに来たときに仁進様から執拗にお誘いを受けて、そのうち肉体関係まで 発展し、どんどん深い不倫関係になっていったようです。

 そしてベン氏はある日、奥さんに仁進様と自分は一緒になる運命だったのだ と不倫の事実を伝え、離婚しくてれるように願い出ましたが、奥さんは断固としてそれを拒否されました。
 うんと言わないベン氏の奥 さんに仁進様は、半強制的にお子さんともどもニューヨーカーホテルから追い出し、そして挙句にはNYからも追い出し、離婚費用まで渡したそうです。その離婚費用はどこから出ているのかと言うと、全てLovin’LifeMinistryからです。(注5)
 そして、妊娠が発覚して出産までの約半年間、誰にも気づかれない様に密かに時が満ちるまで身を潜めて過ごされました。隠れ場所の提供者は仁進様の夫、珍成様です。(注7)

 離婚成立は今年の5月31日ベン氏の出生国のノルウェーでのみ、奥さんはフランス国籍で、フランスでの離婚はまだ成立できてないそ うです。正義感の強い奥さんはこの事実をいずれ表に出す覚悟であると聞いてます。

 仁進様とベン氏のお子様エリックは、現在フィリピン 人の姉妹が何人かで見ているそうです。高齢出産のためか分かりませんが、肺の発達機能が未熟で、発育過程はあまり順調ではないようで ある、と今のところは聞いています。

 Whole Foods Marketで、仁進様とベン氏が仲むつまじくショッピングされている姿をある2世が偶然見つけ、そしてとてもショックを受けました。なぜなら仁進様が握ったベン氏の手をご自身の股間の辺 りに持って行き、自ら堂々と触らせていたからです。
 それが2世同士の間でTwitter等で話題になり、Lovin’Lifeで通訳をしている一人の2世の耳に入りました。何も知らないう彼は、そんな噂は仁進様の名誉に関わる問題であり、下手に広まる前に一 刻も早く知らせて対処しなくてはと、全て聞いたありのままを上司に報告しました。(注6)

 すると、上司はその噂を流した張本人は、報告し た彼自身だろう、と逆に彼に罪を着せ始めました。そして彼に、ありもしない噂を流したという罪を認めてMinistryに対して贖罪するように激しくなじり、追及し始めました。
 彼は困惑して驚き、自分は何もし ていない、言いがかりです、と主張すると、今度は上司たちは彼に、君は精神的に問題がある、病院から診断書をもらってくるよう に、と病院に無理やり行くように求めました。
 精神に問題がある人間がありもしない幻覚を見たのだという作り話を正当化するため です。そしてその狂った上司の背後には、いつも珍成氏がいて、指示を含めてこと細かくコントロールしているという事実を忘れてはなりません(注7)

 その2世の彼は、ほんとに運が悪かったのか偶然とは言え、まったく別の容疑で警察に忠告を受ける 身となりました。そしてすぐさま、やはり彼は精神的におかしかったのだ、というレッテルを貼られて広められ、事実は闇に葬られて しまいました。

 仁進様をめぐって祝福家庭が崩壊したケースは実はこれが初めてではありません。私も離婚してしまった先輩米韓 カップルを知っています。仁進様はなぜか妻子ある「白人男性」にとても安らぎと魅力を感じるようであり、そして仁進様ご自身も男性の 心を惑わす官能的な性的魅力を持ち合わせているようです。
 親の愛情に満たされなかった不幸な娘の慣れの果てと でも言うのでしょうか。(注8)

 仁進様はご長男、信明様の相対者、クリスタにはっきりこう伝えたそうです、もし、私の息子 が万が一、あなた以外の相手と浮気したなら、何も言わずに即立ち去りなさい、と。離婚しなさい、と言っているのです。2世の話によると、今、仁進様は離婚は大いに結構である、と公の場で堂々と奨励しているとのことでした。

 聞く話によりますと、お母様はこの実の娘である仁進様の不倫、出産のことも全て把握されており、お父様が昇華された後にはめでたく珍成氏と離婚、ベン氏と共に祝福を授けるということです。そのうち、皆が「ベン様」「エリック様」と呼ぶことにな るのでしょうか。
 馬鹿馬鹿しくて笑えてきます。
 その喜びの日は目の前なので、今、一生懸命に孝行娘を演じ、クリスマス前のサンタク ロースのごとく全米を回っては「何も知らない無知で無能なメンバー」の握手とサイン会に精を出しているのでしょう。

 あとひとつ、国進様にも不倫の際に授かったお子様がNYにいらっしゃるそうです。ただ、これは証拠が不十分でまだ実証されていません。

 一体何がどうなっているのでしょう。真の愛、真の家庭とは一体なんだったのでしょう?
 普通の尋常の神経を持った人間なら、これがいかに 狂った愛憎劇、身内争いなのか明らかに分かるはずなのですが。

 そして可哀想なお父様はこのおかしな 狂った家族の茶番劇に利用されているとしか言えません。(注9)

 以上が私が現在把握している内情です。敢えて実名は控えさせていただきました。もっと深 い、具体的な内容も提示することができますが、後は私よりもずっと聡明で知恵ある他の方たちの手に委ねようと思います。そして、この事実をUCの前につきつけたとしても、彼らは正当化して捻 じ曲げてくるに違いない でしょうが。

 後はもう皆の良心が決めることです。私は教会とは完全に決別しました。まとまりのない結末になりましたが、最後まで読んで くださって有難うございました。 
 
◆◆◆◆◆◆


(注1)この記述は誤りで、仁進氏が礼拝に姿を見せなくなったのは、2012年2月5日から5月12日まで。5月13日には説教登壇を行っている。

(注2)「顕進様がお父様と涙の再開をされたすぐ後」とは、文鮮明氏が危篤になったとき、顕進氏が病室で父親を見舞ったときのことだろう。
 
(注3)東海岸の病院とはマサチューセッツの病院のこと。

(注4)「出生証明書」によれば、
http://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/

子供の名前 ERIK LORENTZEN, AUSTON SHIN-JIN
AUSTON SHIN-JINがミドル・ネーム
誕生日 05/01/2012 PM 12:45
出生地 BARNSTABLE, MA

父親 BEN LORENTZEN, HUGO
誕生日10/25/1969
祝福2世

母親 TIA LORENTZEN
旧姓 HAN
誕生日 08/14/1965
偽名を使ったと思われる。誕生日が仁進氏と一致。


出生証明書のコピー写真

(注5)Lovin’LifeMinistryの大元は日本の信者から献金だろう。

(注6)この頃から、アメリカの元信者のネットで、「仁進氏とベン氏との不倫」が噂されるようになった。

(注7)「妊娠が発覚してから半年間」というのは辻褄が合わないが、それはともかく常識な感覚からすれば、夫が妻の不倫を知れば激怒するもの。韓国人の男性ならその怒りはさぞかしすさまじいものと想像されるが、韓国人の珍成氏は怒るどころか、妻の仁進氏の不倫の隠蔽に積極的に協力している。
 後の記述を読めば、仁進氏の母親・韓鶴子氏は仁進氏とベン氏との再婚(恋愛結婚)を認めているという。ならば、珍成氏にとっては踏んだり蹴ったりの話だが、流れからすると、珍成氏には何らかの補償(金?再婚?)が約束されているということだろう。

 仁進夫婦のことについて、ある事情通の教会員はこう話す。
「インジンニムは、祝福を受けた直後から、夫に対して『自分たちの結婚生活は、互いに干渉しないフリースタイルでいこう』と宣言されて、そのごとく生活なさってきたという話が伝わっている。
 もう、基本的にホーカイしているなッ。
 インジンニムは、統一運動を正常化しようと人並み以上に努力してる方、という話を俺たちは聞いていたけど。
 やはり、子女様方という人たちは、はじめから『真の子女としての役割』を果たすことを意図的に、割り切ってやってたんだろうなあ。
 とりあえず、経済基盤があってカリスマ性さえ保っていれば、裏では自分の好きなことができるわけだからね。
 表での多少の面倒なことはガマンできたということか。
 お父様が生きている間は、完全に自分たちの思うようにするのは難しいのは分かっているので、お父様が亡くなるまでは仕方がないとわりきっていたんだろうなあ。何だかイヤになってきたよ」

(注8)拙著『カルトの子』(文庫版176~177頁)でも触れたことだが、文鮮明氏の子どもたちは、幼少期の頃、両親が世界中を飛び回っていたため、両親と接触する時間が極端に少なかった。機能不全家庭で育った、いわゆるアダルトチルドレンの子どもたちと言っていいだろう。機能不全家庭で育った子どもたちは、愛着障害を起こしやすく、大人になってから依存症をはじめとする様々な症状が表れる。
 記事にあるように、「仁進様はなぜか妻子ある『白人男性』にとても安らぎと魅力を感じるよう」だというのが正しければ、依存症状の一種だろう。
 推薦図書は『愛着障害』(光文社新書)。乳幼児の子どもがいる家庭、不登校など子どものことで悩んでいる家庭、人間関係などで生きづらさを感じている方に、お勧めしたい。クリックすれば、全文読めるようだ。

(注9)記事に強い違和感を覚えたのは、「可哀想なお父様はこのおかしな 狂った家族の茶番劇に利用されているとしか言えません」という感想である。
 教会員たちが統一教会批判をする場合、常に「文鮮明無罪」である。「今の統一教会はお父様の意向を反映していない」とか「お父様は利用されて可哀そう」とか「今の堕落した幹部と違って、私たちはお父様のみ旨のもとに生きる」といったものばかり。文氏が亡くなってからはこうしたワンパターン的思考がますます強まるだろう。
 しかし、文氏に責任がないとは決して言えない。なぜなら、彼は13人の子どもの父親なのだから。


 
説教している仁進さん

 この投稿文を読んだとき、何らかの意図をもった偽りの情報ではないかと、アップするのを逡巡していた。ところが、仁進氏の突然の辞任を知って、投稿文のすべてが事実ではないにしても、核心部分、不倫出産は間違いないと判断し、こうして記事にすることにした。

 不倫の噂話程度なら辞任することはなかっただろうが、「「出生証明書(記事の末尾にある)まで出回るようになり、辞任せざるを得なくなったのだろう。

 仁進氏は今は韓国で弔問客を出迎え、父の死を嘆き悲しむ”孝行娘”の演技をしているだろう(他の子どもも同じではないか)。父親を失った彼女の悲しみまで否定するつもりはないが、心の片隅には「お父さんが亡くなって、ようやくベンと一緒になれる。聖和式を終え、一段落したら・・・」という喜びがあるだろう。

 教会員の多くは、事実に目を背け、文ファミリーは「真の家庭」だと夢見る夢子ちゃんのように、思い続けるだろう。
 しかし・・・、
第1子のイェジン(女)は離婚経験あり。
第2子の故ヒョウジン(男)は一時期、薬物依存、アルコール依存症。離婚したあと再婚。45歳で死亡。
第4子の故フンジン(男)は17歳のとき交通事故死。
第5子のウンジン(女)は離婚と同時に組織を脱会し、一般人と再婚。
第7子のクッチン(男)は離婚、再婚。
第9子のソンジン(女)(は、「合同結婚式を忌避した後、精神疾患に陥った」(ウィキペディア)
第10子のヨンジン(男)は自殺(教会員の間での噂。公式発表は事故死)。自殺の原因は「結婚相手(2世)に、祝福前からつきあっていた男性がおり、結婚後もその男性と関係を切っていないことがわかったため」と言われている。
第13子のチョンジン(女)は自殺未遂。(教会員の間での噂)

 ここで取り上げた以外の子どもは離婚していない。

 13人の子どものうち、仁進氏を含めると、実に5人までが離婚しているのである。率にして38%だ。
 

 一般家庭からすれば、「文さんの家は離婚が多いわねえ。それに死臭も漂ってくるわ。不幸続きね。何かに取り憑かれているのかしら」といった感想を抱く。それに対して、「いや、真の家庭だ」と反論すれば、「あなた、頭がオカシイんじゃないの」と小馬鹿にされるだろう。

 文ファミリーは「真の家庭」と対極にあるような家庭だと思うが、馬鹿にされようが、「真の家庭」だと信じるのは自由だし、社会に害を与えることはない。
 しかし、混乱と動揺が収まったら、次のことだけは自覚してもらいたい。
 自分たちの献金の一部は、不倫代を含め「真の家庭」の豊かな生活費に消えていく、ということを。

-記事を書き終えてからの感想-(9月12日)


 々な投稿に刺激され、今回のことを別の角度(世俗の立場)から考えてみた。
 文鮮明氏の訃報に続く今回のスキャンダルで、混乱している教会員の心には届かないだろうが、こうしたときだからこそ、四位基台とか授受作用といった教義上のことは棚上げして、一人の人間に立ち返って、考えるべきだと思う。

(感想はじめ)
 仁進さんとベンさんの不倫は、決して不真面目なものではなかった。
 不倫を隠し、会長の座を守ろうとするなら、妊娠が分かったときに中絶をすれば良かった。しかし、2人は生むことを決意した。そして、それぞれが離婚し、新たな家庭を築く。
 これは世俗から考えれば、実に人間的である。不倫が発覚しそうになって自殺した、どこぞの金融大臣(日本の松下氏)とは大違い。

 仁進さんは、拉致監禁問題に多大なる関心をもち、問題の解決に取り組んできた。その意味でも、優しくて人間的な人だ。

 シックは堕落と受け止めるだろうが、決して堕落ではない。純粋な恋愛感情を貫き通したのである。感動のラブストーリーではないか。

 仁進さんは過去に辛い体験をしている。
「悲劇だったのは次女、仁進のケースである。彼女は合同結婚式の前に、ある信者と付き合っていた。その男性は文鮮明の隠し子だった。異母兄弟と恋仲になっていたのだ。そのことがわかったとき、仁進は激しいショックを受けている」(『カルトの子』176頁、男性の名前はサミー)

 地位を捨て、教会員から白い目で見られることを覚悟し、赤ちゃんを生むことを決意した。
 献金を中抜きしていると噂されるされるような、どこぞの堕落した韓国人幹部とは雲泥の差がある。

 仁進さん、ベンさん、エリック君の新たな門出を祝したい。
(感想終わり)


 の感想を、恋愛を堕落と捉える教会員は受け入れることができないだろう。
 しかし、仲間の新しい門出を祝い、幸せになって欲しいという気持ちが湧かなければ、それはもはや人間性を失っている(統一教会用語を使えば「本然の人間」の喪失)というしかない。
 教会員は、統一教会とオウムに共通点があることを知っているだろうか。それは「恋愛」を認めないことである。
 そもそも「本然の人間」(人間性)には「人(異性)を好きになる」ということがあげられる。逆のことを考えれば、わかるはず。「人を好きにはならない人間」 とは、どういう人間なのか。
 2世たちは、「異性を好きになってはいけない」と育てられた。
 その結果はどうなったのか。
 理想とされる、祝福2世同士の結婚は、全体のわずか1割程度。しかも、そのうちのかなりの程度が破局ししている、と言われている。

 現実を直視せよ! 

 ところで、日本にはたくさんの宗教法人がある。文化庁の担当者によれば、「生まれては消えていく」
 宗教法人の解散を届け出る団体の大半は、「霊能力のある教祖が亡くなった」ときだともいう。
 教祖が亡くなっても存続し発展するのは、改革運動が起こり、教義、組織を改革した団体である。
 統一教会は今、破局を迎えている。
 
 教祖が亡くなる以前から、統一教会には矛盾が山積していた。
 こうしたときだからこそ、「今後の統一教会」を幹部任せにするのではなく、教会員一人一人が「本然の人間」に立ち返り、提言していく必要がある。統一教会を存続させたかったらの話だが。

 ちなみに、後継者となった7男・ヒョンジン氏に期待しているだろうが、ハーバード哲学科卒、神学科卒の彼は、韓国の幹部たちの前で、
「自分の力で大学に入ったのではなく、お父様の力で入ったんだ」
 という話をしている。要は軽いのだ。
「これからの統一教会をどうすべきか」といったことを考える力はない。
 3男・ヒョンジン氏は統一教会と決別宣言したから、もはや関係のない存在になってしまった。
 4男・クッチン氏の関心は財務であり、宗教的知識はほとんどない。ただ、個人的な感想を言えば、「日本・統一の拉致監禁問題」をクローズアップさせてくれた点で評価しています。
 妻の韓鶴子氏はどうか。
 彼女は、文3男の妻を嫌うという俗物。文3男氏との対立の根っこにあるのは、嫁姑問題と見ている。 

 を元に戻す。
 提言に対して、アベル諸君から「おまえは文3派か、郭グループか」といったレッテルを貼られ、それでシュクンとなってしまうようであれば、ザ・エンド。
 レッテルを貼りは「思考停止」と同義語だという。(元外交官の佐藤優さんの言葉)
 幹部のレッテル貼りに異議を唱えないのであれば、結局は、思考を停止させてしまうということだ。
  幹部と一緒に思考停止。楽しきかな。
 
 破局を前に、世界統一教会の中枢部は-私の読みでは-、霊界にいるお父様からのメッセージ(霊界からのみ言葉)を発することによって、難局を乗り切り、組織の存続を考えているのではないか。

 しかし、盲目的な教会員には効果があっても、すぐに破綻するのは目に見えている。
 なぜなら、統一教会の教義(あるいはみ言葉)には「霊界にいる文鮮明氏が誰に降臨するか」ということが書かれていないからだ。
「俺のところに降りた」「私のところに降りた」
 実に賑々しくなって、どの「霊言」が本物かといった「霊言論争」が起きるだろう。ひょっとしたら、「幸福の科学」の大川隆法さんも参加してくるのではないか。そうなってくれば、盲目的なシックと言えども、「もう、付き合っていられない」と、組織からあっという間に、離れていくだろう。

 こんなわけで、「これからの統一教会をどうするか」は、教会員一人一人にかかっているのである。 

 
クリックをお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

草場のかげから泣いている

タイトルのごとく、文鮮明さんは草場のかげから泣いてます。アーメン

記事の初稿以後のことについて

●小川さん、投稿ありがとうございました。まさに、その通りだと思います。
 ただし、草場にいる文鮮明さんも、泣いた後、過去の子育てのことについて思いを馳せていると思います。

●写真を追加するとともに、ごく一部ですが、記事を修正しました。

●仁進氏の「不倫出産」「会長辞任」のことを報じるサイトが少しずつ出るようになっていますが、秀逸記事は、統一2世のこの記事でした。
http://hjnsupporter.blog.fc2.com/blog-entry-51.html
 この記事には哀しみがある。

●文3男ヒョンジンさんが統一教会と決別宣言をしたそうです。
 つまり、「内紛」状態を終え、文3男グループと、文4男&韓鶴子グループとは、別々の団体になったということです。
 今さらの感がしますが、末端教会員に与える影響は深刻です。
 文4男を支持する教会員は文3男グループから追放される。(具体的に言えば、文3男がトップを勤める企業から解雇を言い渡される)。
 一方、文3男を支持するメンバーは、教会から排除される。企業からも排除される。

 闘争はいよいよ苛烈さを増してくるでしょう。アーメン、アージュ、南無阿弥陀。

>具体的に言えば、文3男がトップを勤める企業から解雇を言い渡される

それはあり得ません。
宗教を理由として解雇することはできません。
それに多くの企業が末端メンバーを雇っています。
解雇したら潰れます。

バカバカしい噂

 以前は、クリス、アレンと駆け落ち、今回はジョーですか!!

うまく噂を、事実のように流したいのなら、噂流しの主は、噂の筋を一貫させるべき!!!


 *”アメリカの教会員が戸惑ったのは、当然のことである。”


 アメリカの教会員??誰のことですか?米本さんのところに、”戸惑いました”と数百、数千メールでも殺投したのですか?

 公文は私のところにも、昨日届きましたが、私の周りの人はと惑うどころか、お体の調子のよくないIN JIN NIM の事を聞いていましたので、よかった、安心したを言っています。先回、お会いしたときも、体格のいい、IN JIN NIMが大変、やつれておられました。

 IN JIN NIM は、過去3年にわたり、教会をすばらしく変革されました。カリスマ的な1人のリーダーが率いる荒野時代は終わったと言うことで、これからの時代は一人ひとりが主人となり、本来、天から賦与された創造性を発揮して、天の文化を創っていく、カナン定着の時代だと言うことで、過去3年間、2世の教育に力を入れてきました。(荒野、カナン定着という用語は聖書より)

 また、多くの2世のリーダーをすばらしく育てました。先回の4月末のNYでのLovin'Life リーダー全米会議は、2世のリーダーが全てを企画、運営し、私達1世は、彼らの独創性、配慮の細かい指導力に驚かされたものです。自分達の子供の姿、または将来の姿をそこに見たわけですから、すごくわれわれ1世は感動させられたわけです。
 
 ゆえにIN JIN NIM は、一人の、カリスマ的な存在で多くのリーダーを育てたので、アメリカの教会員は、寂しく思う事はあっても、惑うはずはありません


 *”聖歌は歌わない”


 米本さん、確認されましたか?聖歌も時々、歌います。テンポを変えて歌うので、新鮮で、むかしの聖歌のようには聞こえません。

 

 *”アメリカで は孝進様が亡くなられた後、2009年からLovin' Life Ministryが発足し、全米各地の日曜の礼拝はNYのマンハッタンセンターで行われているLovon' Lifeの「礼拝」をビデオで見ています”

 

 これも嘘ですね。

 2009年から始まりましたが、初期の数ヶ月は、ビデオ礼拝(衛星中継が整うまで)、その後は全米、約、百の教会で同時衛星中継をしてきました。ビデオ礼拝は過去、3年弱、おこなっていません。

 

 この噂の主は、お休み教会員、または、さくら教会員とお見受けします。もしくはXX派といわれているところの方かもしれませんね。


 また、出生証明書というものは、当人、または未成年の親以外は手に入るものではありません。そういうものに関しては911以降は全てが嘘のように厳しいです。それ以前でも出生証明書を他人が手に入れるは、盗みでもしないかぎり不可能です。

 

 韓国に行く準備に為、投稿は時間がとられるので、暫らくできません。(読むことはできますが)

   

*”今は全米各地の教会を御父母様の愛を代身となって証する真の孝行娘という名目 で、回られたようです。”

 また、これも嘘、IN JIN NIM の米国公演の内容も間違いです。

 

 米本さんの記事にしては、この記事は根拠ゼロ、ちょっと、ばかばかしすぎてて残念です。

 ゆえにIN JIN NIM は、一人の、カリスマ的な存在で多くのリーダーを育てたので、アメリカの教会員は、寂しく思う事はあっても、惑うはずはありません
  
 訂正ー

 ゆえにIN JIN NIM は、一人のカリスマ的な存在ではなくて、ご自分がいなくなられても、存続できる教会作り、ということで、多くのリーダーを育てたので、アメリカの教会員は、寂しく思う事はあっても、惑うはずはありません。

情けない

許せん情けない!
理想家庭を標榜して4人の子女を立派に育てたすばらしい母親の仁進様だと思っていたのに、裏切られた感じです。不倫相手を含むバンドメンバーを連れて日本にきて理想家庭を説教していたなんて、二枚舌です。
あきれてものもいえない。生殖器が大事といいながら、不倫の男根を受け入れて子供を産んだとは再堕落であり罪の中の罪、大淫婦ではないでしょうか。
幻滅しちゃいます。

ゴシップもいいですが

これがマサチューセッツ州の出生証明書のサンプルです↓
http://vaughnmartel.wordpress.com/2011/09/20/the-new-massachusetts-standard-birth-certificate/

市によってフォーマットは違うのですが、証拠(出生証明書のコピーとされるもの)がちょっとお粗末かなと思いました。

追記:自分でアップしておいて後から気付いたのですが、私が引っ張ってきたリンクの証明書の画像とビニールの光り具合が酷似しているのは気のせいでしょうか?さらに拡大してみると、左下のSEAL(凹凸のあるスタンプ)はビニールの下にあるのに(白い部分が上)、その他の印刷部分は反射した光の上、特に手書きのAugust, 2012の「,2」の部分も反射した光の上にあるので、これは明らかに、画像データを引っ張ってきて、画像処理を施して、その上に嘘の情報を印刷して、本物であるかのように手書きの日付を入れたとしか思えません。

公文書偽造は罪ですし、出生証明を偽造してまで人を貶めようとするのは、いったいどんな悪意のある人なんだろうと思いました(有田氏でもここまではしないかと)。米本さんにはこの火の粉も払って頂きたいものです。
  • [2012/09/11 02:14]
  • URL |
  • アメリカ在住の一般食口
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

reゴシップもいいですが

アメリカ在住の一般食口さん
マサチューセツ州の出生証明サンプルありがとうございます。

偽造を疑いながら、、、

他州ですがわが子の出生証明を眺めつつ考え込んでました。

疑問点は以下の点でした。

公開中の出生証明にはズレがあること。
(アメリカだから雑なものが偶発的にできたものなのか?)

右上に不自然な黒塗り部分があること。
(個人情報をこれだけ公開してここだけ非公開
なのは何故か?)

問題の出生証明は居住地発行になっていること。
わが子の出生証明は出生地での発行。
(MA州ではこれが標準なのか?)

偽造なのかは

BARNSTABLEのタウン・ホール(役場、市役所)にこの町(市)の病院で出生した子供の出生証明はこの町(出生地)から出るのか、居住地から出してもらうものか聞いて前者なら偽造ってことになると思います。

または同じ(町の)病院で出産したした方の出生証明と比べて違いがあるかどうか。
を比べれはわかります。

お願い!!

マサチューセツで出産経験のある方お子さんの出生証明どうなっていますか?

是非、教えて下さい。


役所には、秀も頑張って電話してみようと思う。
でも、仕事の合間を使ってになるので、もし先に電話して確認取れた人がいたらコメントを入れてほしい。











早速、電話しました。

連続投稿ご容赦下さい。

早速、BURNSTABLEのタウン・ホールに問い合わせの電話をしました。

その結果ですが

「この町(BURNTABLE)の病院で出生した子供の出生証明は、この町(BURNTABLE)から出されます。」
との回答を得ました。


証拠として出されている出生証明は偽物、偽造です。


米本さん

以上です。

仁進師がアメリカ会長を辞するのは、公文が出ており事実ですが、不倫の子がいるという証拠の出生証明は上記の通り、偽造されたものです。

仁進師の名誉の為にも
記事内容等変更もしくは削除願います。

今回は問題の出生証明の公開と辞任があまりにもタイミングがあっていたゆえと理解しております。

どうぞよろしくお願いいたします。

今は、喪にふくするとき

 統一教会の皆様、今は喪に服するときです。噂が、一人歩きして雪だるまのようになったとしても、今は口をつぐむのが、お父様や、ご子女様に対する愛と礼儀です。
 心ある統一教会に皆様、今は、誤解されても、口をつぐみましょう。
 出生証明書もMAでは誰でも購入することができるようですが、それ以降は全ては、悪意ある。作り上げた噂です。MAの市役所と話しました。
 みなさん、喪に服しましょう!!!
市役所へのTELもやめたほうがいいとおもいます。
 質問があれば、個人メールをください、
quigley1275@yahoo.com
19日以降、おこたえできます。

読み返してみましたが

今回の、米本さんの記事のほとんどが、いまの統一教会の体制に反対している方たちの情報なのかなと思いました。
米本さんが、調査もされずに不公平な記事を書かれるとは思いません。
しかしアメリカで、仁進女史と身近に会えるスタッフが、ほとんど韓国に行っていて、アメリカから来るメンバーをむかえるために、忙しくて何もできない時を狙ったかの如く、このような情報が公開されていることが残念です。

速やかに、事実の確認がなされることを願っています。

9月9日の
http://andocu.tistory.com/5385
がきっかけとなってか、
韓国でもその後、この出生届が出回り始めてます。
ざっと見た感じでは、5箇所くらいで9日~今日にかけてざわざわしていますね。

何かの意図をもった悪質なガセ情報なのかどうかは、これだけでは判断できませんが、今後の様子を見守りたいと思います。

-事実なのか偽情報なのか。

 たくさんの投稿、ありがとうございました。

 最初に。
「(韓国の)投稿文のすべてが事実ではないにしても、核心部分、不倫出産は間違いないと判断し」と、書いたように、投稿文のすべてが事実かどうかわからないというのが私の立場です。とりわけ、卑猥な部分は脚色しているのではないかと推測しています。

で、本題に。

 みなさんの投稿を読んでいると、ある意図をもったグループのデマをもとに、誤報記事を書いてしまったのかとも思えてきます。

 しかしながら、記者としての感覚なのですが、情報の拡散が組織的にやられていることを前提にしても、もし「不倫出産」が虚偽であったのなら、仁進氏、珍成氏夫妻が名誉毀損で刑事告訴すれば、首謀者は刑務所行きとなります。公文書偽造罪もくっつくから、罪はより重くなります。

 日本の場合、「公務所又は公務員が押印し又は署名した文書又は図画を変造した者も、同様である(刑法155条2項)。
公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造し、又は公務所若しくは公務員が作成した文書若しくは図画を変造した者は、3年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処される(刑法155条3項)」となっています。

 また、民事提訴すれば、巨額の損害賠償金が命じられるでしょう。

 刑務所に収監され、賠償金を払う。
 そんなリスクを犯してまで、虚偽情報を流す人(グループ)がいるのだろうか、これが私の直感です。むろん、統一教会に大打撃を与えるという目的は達せられました。しかし、告訴、提訴によって、虚偽情報だったことが明らかになった場合、統一教会は立ち直り、逆にグループは失墜します。

 記事に書いた通り、仁進氏が突然の辞任をしたから、韓国投稿文を紹介することにしました。
 
 これに対して、たまたまタイミングが合いすぎたとする投稿がありました。
 確かに、一理あります。

 しかし、辞任しなければならない何らかの理由があったとしても、父上の葬儀が終ってからにするのが自然です。
 何も、この慌ただしいときに、というのが率直な感想です。
 仁進氏の役割は弔問客を迎えること。それ以外に会長としてのアメリカでの仕事はないはずです。だから、葬儀が終ってからにすればいいのに、と思います。

 また、辞任の理由が「健康上の理由」とされたことも、首を傾げざるを得ません。アメリカの教会員の方が最後に仁進氏の姿をごらんになったとき、健康を害しているように見えましたか?

 韓国投稿文は、仁進氏が礼拝に姿を見せていないことを強調していました。実際、時期は違っていたけど、その通りでした。

 一地域の教会長ならいざ知らず、仁進氏はアメリカの会長です。数か月間も、全く姿を現さない。しかも、その説明が当人はもとより、アメリカの幹部教会員からもなされない。
 このことは、ネット上で前から「オカシイ」と指摘されていたことでした。にもかかわらず、説明がなかった。きわめて不自然なことです。


 火の粉の記事が載る前から、不倫の噂はネット上で流れていたと聞いています。


 仁進氏、珍成氏はもとより、不倫相手とされたベン氏はなぜ削除・謝罪要求をしなかったのか、提訴しなかったのか。ベン氏が独身ならともかく、妻子ある人がだから、不倫の噂がデタラメなら家族の名誉のためにも、抗議するはず。


 私が、たとえば「梶栗日本会長がA子さんと不倫しているという噂がある」とブログで書けば、当然、日本の本部から削除・謝罪要求が来るのは当然だし、あるいはいきなり提訴してくるかもしれません。

 人権に敏感なアメリカで、当事者たちが沈黙を守ってきたというのも、実に不自然です。

 いずれにしても、虚偽情報なら、仁進氏、珍成氏、ベン氏が帰国してから、法的手続きを取るでしょう。
 すでに仁進氏は韓国からアメリカの弁護士に調査を指示しているかもしれません。

 手続きを取られた段階で、裁判の結果を待つことなく、記事を削除するとともに、謝罪します。仁進氏、珍成氏、ベン氏にも、直接、謝罪の手紙を書きます。


 しかし、どう考えても不自然な流れです。
 公文が発表されたのが9月9日、この記事(韓国投稿と違ってきわめて詳細である)も9月9日。http://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/

 この記事が出ることは避けられない。そう考えて辞任することにしたのではないか。
 こう解釈したほうが自然な感じがします。

 公文が流れた9月9日に、仁進氏は韓国で弔問客に応対されていなかったでしょうか。
 もしそうなら、なぜ、超多忙のときに公文を発表したのでしょうか。
 あまりにも唐突すぎて、変なのです。

 穿ちすぎるかもしれないけど、仁進氏は公文以降、アメリカの会長ではなくなりました。帰国したときには一教会員。みんなと同じ一教会員なら、公の席に姿を現す必要はありません。弁明する必要もない。
 そう考えて、9月9日に公文を発表したのではないでしょうか。

 知り合いの教会員の混乱・気落ちぶりを知るにつけ、だんだん鬱鬱としてきます。

 個人的な希望は、仁進氏たちが法的措置を取ること、火の粉を削除し謝罪することすが・・・。

推測

韓国の掲示板「タマレ」に投稿された記事には「ある者がマサチューセッツ州ボストンの出生証明届け所に匿名で直接連絡を入れ、お子様の出生を確認しました。」と書いてありますので悪意ではなく、このことを判りやすくするためにわざわざ出生届書のサンプルを利用し作成したことも考えられます。

FFWPU-USA側が認めたみたいですが・・・・

はじめまして、TamaTamaです。

アメリカでの反対派のサイトには、すでにFFWPUのHeather Thalheimer(アメリカでそれなりの立場の人です)が認めた旨が記載されています。

・数年前から仁進氏と珍成氏は数年前から、別れていた。
・珍成氏はドラックのリハビリに通っていた。
・仁進氏とBenは、文・韓夫妻に告げずにサテライトで祝福式に参加。紀元節(2013/1/13)あたりに告げようとしていた。
・LLMのすべての人に妊娠を隠していた。

などをUTS(統一神学校)で、統一教会の2世に説明したようです。

さんざん真の愛とか夫婦とか、説教台で語っておいて数年前から別れたとか、すごいですね。

How Well Do You Know Your Moon
http://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/

Re: FFWPU-USA側が認めたみたいですが・・・・

TamaTamaさん、投稿ありがとうございました。

 添付された記事は読んでいましたが、Heather Thalheimerという方がどういう人かわからないので、首をひねっていたところでした。

 誰かわかる人はいるでしょうか。どういう経歴の人か、FFWPUでどういう役職についているのか。
(アメリカは今、深夜かあ)

Heather Thalheimer

経歴はわかりませんが、Heather Thalheimerは、Director of Education at Lovin' Life Ministriesのようです。
http://lovinlifeministries.org内で、この肩書きでした。

Heather Thalheimer2

Washington Postなどでは、Church spokeswomanとなっています。

日付に関して

How Well Do You Know Your Moon
http://howwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com/
このサイトには9月9日以前、5日頃から同様の内容が掲載されています。
従って、辞任以前から話題になっていたと言えます。

偽造の根拠は未だ不十分ですね。

出生証明の偽造とお決め付けの方々に一言申し上げます。 小生20年来北米にて3子女をもうけ、出生証明書も御座いますが、皆、基本的には、出生証明の申請はほとんどの場合病院にてその担当者が手配をしてくれます。その場合、出生地のケープコッドでしか、出生証明が降りないと言う事は完全に嘘です。基本的に両親の登録時住所とそれを管轄する、Middlesex郡(行政区分)内にて発行証明されます。
未だ、完全に偽造と断定されるには無理が有りませんか?
ちと、電話を御掛けになった方の英語力も???ですね・・汗・・・

TamaTamaさんの返信投稿に苦笑。そして警告

 TamaTamaさんの返信投稿にやや苦笑です。

 私と同じで、英語が苦手のようですね。

 私の質問は、「どういう経歴の人か」「FFWPUでどういう役職についているのか」というものでした。

 質問の底意は、当然のことながら、文3男派の息がかかったものかということにあります。
 これまでの流れを読めば、当然わかることでしょう。

(重要な追記)
 匿名希望さんへ。
 ブログ左サイトの上にある「コメント投稿にあたっての注意事項 」を読んでくださいな。
 今後ははどんな内容のものであれ、即刻削除か、荒らしの博物館行きにします。

元教会員です。

そのためどちら派でもありません。

自分がいた頃は、HSA-UWC(統一教会)とFFWPU(統一家庭連合)がアメリカでは、同じ組織として登録されたいたと記憶しています。

七男が後継者になってから、いろいろと組織が変わったようなので、そのあとは詳しくはありません。

Heather Thalheimerの名前は、昔、公的な文書などで目にした記憶がありましたが、最近の役職等を知りませんでした。

お役に立てればと思い、ネット上にある情報を拾って、情報提供したつもりでしたが、そうではなかったようで残念です。

たくさんの情報が、いろいろな方面から、いろいろな思惑で流れてくる中での、情報の取捨選択にご苦労されていることかと思います。

米本さんの今後のご活躍を、心より願っております。

TamaTamaさんへ

 揶揄的返信投稿してごめんなさいね。

 ところで、全体を通して見ると、インジンさんの不倫出産情報を暴露したのは文3男派の諸君だと思っています。

 ただし、誰が流そうが、事実かどうかがすべてです。

 たくさんの投稿がありますが、拉致監禁された人に、これだけの思いを込めたことがあったのでしょうか。(想像力の問題です)

 これまで誰も、拉致監禁体験者のことを捨て置いたのではないのでしょうか。

 インジンさんと同じ。たぶん誰も可哀そうというだけのこと。

 
 心から思うのだけど、統一教会諸君には愛がない!


 

元教会員ですが・・・。

元教会員という立場から言わせてください。

「愛がない」と言われるのも仕方がないのかもしれませんが、大部分の教会員が情報操作と心理操作を受けています。

自分もそうでした。

それに気づいたのは、仕事をしているときにマーケティングを学び、その中で、売上を出すために心理操作的な方法があるのを知りました。

それで、実は教会の普段の会話やメールで流れてくる内容が、情報操作的であり、心理操作的なものだと気が付きました。

マインドコントロールという言葉は嫌いですが、心理操作が行われているのを感じざるを得ませんでした。

意識的か無意識的かはわかりませんが。

教会に今も残っている自分の友人たちはひとりひとりは本当に人柄も穏やかで優しい人が多いです。

実際に、愛がないのかもしれませんが、そのような環境下による影響が大部分ではないかと個人的には思っています。

本当に、一部の権力にある立場以外の人には、よい人たちが多いんです。統一教会には。

今も残っている友人がいるので、これだけ伝えさせてください。

失礼します。

まあ、堕落かなあ。

 あたし、思ったのよねえ~。シミジミッ。

 あらいやねえ~、ほんとよン。

 あたいが統一教会に入るまでは、あたしの霊人体は/...なんてお馬鹿なことは辞めるけど、もっと前に戻って、統一教会に入信する前の話ネッ。

 サタン主管下にいるあたし。まあ、堕落人間ね時代ネッ。

 その頃に戻って、インジンニムのことを思ってみましたとさ。


「ある教団教祖の教え」「その教祖の教えに背く娘」

 さて、どちらが好きか嫌いか(正しいどうかなんて、野暮ね。まあバカ!)

 あたいがまっとうだと思っているのは、第一に米オッパーね。

 あとは丸めてバカ

 反論あるなら、受けて立つわよッ!


TamaTamaさんへ

 どこの元信者さん?

 

顰蹙なコメント

皆さんがショックを受けている事実に

私が感じたこと。

仁進様って46歳か47歳ですよね。
それで自然妊娠できて、出産できたんだ。


何て、羨ましい。

女として、生物として、嫉妬を感じましたとさ。

「馬鹿」という声があちこちから聞こえそう。

元統一教会員です。

統一教会です。

原理研究会を経由して、統一教会です。

また何か疑わしいコメントでしたか?

正直な自分の脱会にいたる経緯を、一部ではありますが、きっかけの一つを例に書きました。

変な疑いを招いたようなら、すみません。

変に疑いを招くのも、米本さんの負担が増えるだけかと思いますので、これでコメントは最後にします。

米本さんの活動を陰ながら応援しています。

失礼します。

t確定!

 不倫出産が事実だったことは確定しました。
 近く、アメリカ統一教会から発表があるはず。
 幼稚な教会員さんに。「仁進会長は不倫のために辞任しました」なんて、発表しませんからね。

 まさに乾杯

 世俗の言葉ですが、霊界よりも現世の「真面目な愛」のほうがはるかに大切です。

 仁進氏のベン氏への「まごうことなき愛が真実である」ことを信じる。

re:アメリカ在住の一般食口さん

出生証明書の画像を見ていて、ひとつ気付いた点があります。

証明書の画像の白い部分は、「ビニールの光の反射」ではなく、「マーブル模様の用紙」なのではないでしょうか?

仁進様のと推測される出生証明書の画像と、アメリカ在住の一般食口さんが上げて下さった「マサチューセッツ州の出生証明書のサンプル」の画像の白い模様が、あまりにも酷似しているので、一般食口さんが仰る通り、サンプル画像を処理し偽造された証明書なのかと私も一瞬疑いましたが、拡大してよくよく見てみると、証明書の用紙自体が「マーブル模様の用紙」のように見えますが・・・

もしそうなら、2つの画像の白い部分が酷似していても問題ないと思います。

このような用紙を取り扱った方なら分かると思いますが、初めからシワや柄が入った用紙は、100枚なら100枚すべて同じ位置にシワや柄が入っていますから。

それから、国進様とロシア人女性?との事も、教会の外部から暴露されてから対処するのではなく、きちんと内部調査をしてほしいと思います。韓国の2世達が国進様のことをよく思ってないので、調査をしてハッキリさせるべきです。

現在の統一教は、献金の用途や幹部の不正に対し、あまりにも隠蔽体質が過ぎて、不透明な所が多すぎます。
でも、日本人食口はいつも「絶対信仰」で乗り越えるのですね。
アベルを疑うこと・不信すること=悪・罪 っていう洗脳、早くどうにかならないですかね~
私には、上の者を全く疑わない(=絶対信仰する)日本人食口を見ると、オウムや北朝鮮と同じように見えて、つくづく「宗教って怖いわ~~」って思います。
ま、私も日本にいた頃はそうだったわな(笑)
韓国では、教会長などのアベルに絶対信仰する韓国人食口なんていませんわ。
だって変な教会長いっぱいいるんだもん。

不思議なんですぅ。

茉莉ちゃん、不思議なんですぅ。

仁進様が赤ちゃんを出産されたのに、誰も「おめでとう」とコメントしてないことに。

生まれることもできなかった茉莉ちゃんからしたら、この世に「オギャー」と生を受けることは奇跡に近いこと。

いきさつは色々あるみたいだけどぉ・・
茉莉ちゃん、6歳だから大人の事情はわからないけどぉ、
この世に一人の尊い命が誕生したのだから、「おめでとう」と言ってあげようよ。

駄目?

  • [2012/09/12 00:45]
  • URL |
  • ジャスミンの茉莉ちゃん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

衝撃の9.11

仁進様のことは、かつてのツインタワー以上の衝撃です。

蘭淑さん、恩進様の時以上のショックです。
たって、仁進様は、アメリカの会長だったのですから。

感動的なラブストーリーではないのか。

● koyomiさん

 ひんしゅくを買うようなコメントではありませんよ。 koyomiさんの見方は「なるほどそういう感じ方もあるのか」と関心させられることが多く、新鮮で好きですよ。

●TamaTamaさん

 経歴を教えていただき、ありがとうございました。
 TamaTamaさんのことを疑ったわけではありません。元信者さんの投稿が珍しかったからです。かなり以前には、元信者さんからの投稿も少なくありませんでしたが、そのほとんどが拉致監禁に反対する私への攻撃めいたもの(まともな批判なら歓迎だけど、いわゆる荒らし)でした。
 それだけに、TamaTamaさんの投稿が真面目なものだったので、どういう経歴の方かと好奇心を抱いたわけです。

>米本さんの活動を陰ながら応援しています。
 うれしいお言葉、感謝であります。これからも投稿してくださいね。

●在韓シックさん

 韓国の掲示板投稿に、国進氏の不倫の噂ありと書かれていましたが、お相手はロシア人だったのですかあ!。
 淡白な私からすると、「まあお盛んな」って感じ。いやそんなことを言っては失礼か。きっと、世界の統一のことを考えて、交際されているのでしょう。アージュ

>私には、上の者を全く疑わない(=絶対信仰する)日本人食口を見ると、オウムや北朝鮮と同じように見えて、つくづく「宗教って怖いわ~~~」って思います。

 日本・統一は確かに異質というか軍隊的体質がありますね。
 ある教会員がこんな指摘をされたことがある。

「教会の責任者になるのは簡単。上から言われた通りにしていればいい。
 あとは、下の人の苦しみ悲しむを理解しないようにすればいい。
 献金を出させるために、プッシュプッシュすればいいだけ。
 まあ、ヤクザと同じだよ。
 喜んで献金してもらうためには、説教を工夫したり、教会で楽しいイベントをしたりと、教会生活に喜びを与えないといけないが、我が教団は献金摂理観をぶち上げて、偉そうに語って、プッシュプッシュしてればいいだけ。
 世の中の商売だって、いろんな工夫をしてお客に喜んでもらい、お金をもらうが、我が教団はそういうことはしない。ただ脅してプッシュするだけ。
 ヤクザと一緒でしょ」

 プッシュプッシュに従順に応じるのが日本のシック。
 ところで、世界のアムウエイの売り上げの半分が日本とか、血液製剤の消費量の20%が日本とか、CT検査量は日本がトップ(言い換えれば、患者の被爆量は世界1)とか、どうも日本の国民性と関係があるような印象を受けていますが、それでも、60万人近くの人が入信したのに、54万人近くの人がやめているわけですから、一般シックは案外まともな感じも。
 まともじゃないのは、「日本の宗教法人で退会率ナンバーワンは統一教会」ということに何とも思わない宗教官僚です。

●ジャスミンの茉莉ちゃん

>この世に一人の尊い命が誕生したのだから、「おめでとう」と言ってあげようよ。

 虚を突かれたような衝撃を受けました。いろんな人の立場になって考えるように心がけてきましたが、赤ちゃん(エリック君)のことは全く頭に入っていませんでした。

 これに関連して、ある教会員からこんな感動的な個人メールをいただきました。了解なく紹介すること。どうかご寛恕を。

<産まれた子供にもちろん罪はありませんし、ネット情報ではあまり丈夫な感じではない様子。
 行く末を考えたり、みんなから祝福されず産まれた境遇を考えると可哀相に思いますが、「おめでとう」とは言うことができません、、、。

でも
頑張れエリック。
君の将来はけして平坦ではないかもしれない。
将来、その出生ゆえ苦しむかもしれない。
傷つくことを言う奴もいるだろう。
それでもまっすぐ生きろ。
しっかり生きろ。
頑張れ。負けるな。
すべてのBabyと同様君には無限の可能性がある。
せめて、この言葉を君に送ろう。
あなたもこの世に望まれて生まれてきた大切な人なのですよ。”マザー・テレサ


●秋桜さん

>仁進様のことは、かつてのツインタワー以上の衝撃です。

 ブログのアクセス件数からみても、そのことがわかります。徳野会長の引責辞任のことを書いたときの反響と同じ。コメント欄を見る人も多い。前回と違うのは、海外からのアクセスが多いことです。
 韓国・アメリカ以外では、ドイツ・ オーストリア・オーストラリア・ブラジル・タイ・英国・シンガポール・オランダ・ウルグアイ・スウェーデン(ただし数件)。


●いろんな角度から投稿に刺激され、別の角度から今回のことを考えるようになりました。むろん、世俗の立場。

 仁進さんとベンさんの不倫は、決して不真面目なものではなかった。
 不倫を隠し、会長の座を守ろうとするなら、妊娠が分かったときに中絶をすれば良かった。しかし、2人は生むことを決意した。そして、それぞれが離婚し、新たな家庭を築く。
 これは世俗から考えれば、実に人間的である。不倫が発覚しそうになって自殺したどこぞの金融大臣(日本の松下氏)とは大違い。

 仁進さんは、拉致監禁問題に多大なる関心をもち、問題の解決に取り組んできた。その意味でも、優しく、人間的な人だ。

 シックは堕落と受け止めるだろうが、決して堕落ではない。純粋な恋愛感情を貫き通したのである。感動のラブストーリーではないか。

 仁進さんは過去に辛い体験をしている。
「悲劇だったのは次女、仁進のケースである。彼女は合同結婚式の前に、ある信者と付き合っていた。その男性は文鮮明の隠し子だった。異母兄弟と恋仲になっていたのだ。そのことがわかったとき、仁進は激しいショックを受けている」(『カルトの子』176頁、男性の名前はサミー)

 地位を捨て、教会員から白い目で見られることを覚悟し、赤ちゃんを生むことを決意した。
 献金を中抜きするようなどこぞの堕落した韓国人幹部とは雲泥の差がある。

 仁進さん、ベンさん、エリック君の新たな門出を祝したい。

記事に追記を加えました。

 今回の騒動についての感想を、記事に加えました。末尾。

「今後の統一教会」のことを書きました。統一教会員の方には是非読んでもらいたいです。
 読者のみなさんの感想をお聞かせください。

国進様の不倫疑惑も周りが隠蔽せずに調査すべき

国進様とロシア人との不倫疑惑は、韓国の鮮文大関係の2世の間では知られているらしいですよ。

鮮文大を卒業し韓国カープの学舎長だった韓国の友人に、私が「国進様が~」と話を振ったところ、その友人が「国進“様”だと~!?私はあの人に“様”を付けて呼ぶことはできない」と、裏で色々ある事や、国進様が2世の間ではよく思われていない事を言ってました。その友人は結局、内部を色々と見すぎて、公職者を辞めてしまいました。

ただ国進様の件は、仁進様の出生証明書の様な決定的な証拠がまだ出て来ていないので、単なるウワサの範囲に過ぎませんが、そのウワサが教会員の信仰の混乱を招くなら、身の潔白を示すためにも、内部調査、身辺調査をすべきでしょう。
仁進様の辞任を契機として、公職者の第2の事件が起こる前に、その人が本当に公職者として相応しいのかどうか、教会の役職についているご子女様や幹部達の調査をし、不倫や不正に対する危機管理対策を立てるべきです。

対社会的なコンプライアンスを強化すると共に、対教会員に対する公職者の内部のコンプライアンスも、もっと厳正に見直し、強化されるべきです。教会内で公職者達の不祥事が続けて起きているんですから。教会員の外部での対社会的なコンプライアンス違反には、この世の法が適用されるのに、公職者達の内部での不正・コンプライアンス違反には、内部に厳しい罰則がなくナァナァなので、幹部達の不正が減らないのです。

でもこんなの、統一教に求めても無駄かな・・・?
おかしなアベルに何も言えない団体なんだから。言ったら「不信仰者、カイン的」って冷たい目で見られたり、「郭グループ」ってレッテル貼られて、個人の発言する権利さえ殺されちゃってるからね~
現統一教内部には「言論の自由、人権」さえないからね~

国進様の不倫疑惑も、誰かが調査に乗り出したら、その人、国進様にお首ちょん切られちゃうもんね~ 教権ってすごいんだね~ 何でもできちゃうね~ 


そもそも、「メシアを迎えた後も、アベルに従順屈服する」っていう原理はないんだけどな・・・

あっ、その事が理解できない?
もしかして、講義中に寝てたとか?

じゃあ、もうしょうがないわ~
メシアを迎えた後もアベルに従順屈服するっていう非原理で生きて行って下さいませ・・

あっでも、ひとつだけ忠告してあげるわ。
非原理のままだと発展しないの。
それが、2~30年信徒数が増えない今の統一教。

原理講論に、「メシアを迎えた後もアベルに従順屈服する」って書いてあるかどうか調べてみてねッ
私のコウロンには「メシアを迎えるまで」って書いてあるけど。

大事件連発ですね

このところの大事件、連発状態には少々驚いています。

伊藤弁護士の暴露証言や松永牧師の拉致監禁指南ビデオの発覚などの拉致監禁派の隠してきた大嘘が暴かれたかと思うと、統一教会側での殺人事件、文師の逝去、文仁進氏のスキャンダル。

目まぐるしく、かつ、目が離せない状況で、私としては、どちらの陣営も隠してきたこと、嘘がばれて、これで少しはどちらも風通しが良くなってくれればいいけど、と思う次第です。


今回の事件に関してですが、今一つ釈然としないのは、「不倫」という言葉です。

記事を読むと、文仁進氏は確かに夫が居ての事件なんですが、夫の珍成氏は積極的に援助しているわけですよね。

つまり、実質上夫婦関係は解消していたという事ではないでしょうか?

そして普通、不倫とは、夫ないし妻が、夫婦関係を存続したまま、相手に隠してそういう関係を持つという事を言うんではないでしょうか?

それと、宗教的には(統一教会の教義上許されるかどうかは別として)、文仁進氏とベン氏は結婚式を受けているみたいですね。尤も、ベン氏は法律上は完全に離婚は成立していないみたいですので、道徳上でも結婚が成立しているかどうかは微妙な問題なんですが・・・。

http://www.microsofttranslator.com/BV.aspx?ref=IE8Activity&a=http%3A%2F%2Fhowwelldoyouknowyourmoon.tumblr.com%2F

しかしながら、統一教会的発想を抜きにして、一般的に考えて、まぁ、誉められた状態ではないですが、「これって不倫?」という「?」が飛び交っています。

どうもそこらあたりが、引っかかっています。

確かに妻子ある男性を取った、という事自体は一般の社会でもスキャンダルと言えばスキャンダルなんですが、でも、その程度のスキャンダルだったら、ごく普通にそこらで起こっているような・・・。

一般的に考えて、仁進氏が罪を犯しているのならば、それは不倫ではなく、ベン氏の元(?)妻、とその子供、そして、御自身の他の子供に対してではないかと?首をひとかしげです。

尤も、普通の会社でも責任ある立場の人物だったら、ニュースバリューがあるスキャンダルでもあり、ましてや統一教会みたいな宗教団体だったら、大きなスキャンダルかもしれませんが・・・。

それにしても、統一教会の方々が悲憤慷慨して、9.11に擬える程のものか、これまた少々首をひとかしげです。

教義が教義だけに、統一教会の方々の反応も判らなくもないのですが、いくら統一教会に詳しいと言っても、ここらの感覚だけは、私の想像の範囲を超えるものです・・・・。

この一大スキャンダルは、統一教会だからこその一大スキャンダルなんでしょうと納得するしかなんですが。

あと、米本さんの感想ですが、

教祖が亡くなっても存続し発展するのは、改革運動が起こり、教義、組織を改革した団体である。

統一教会の場合、その特殊事情により教義の変更はあり得ないと思いますよ。

統一教会の信仰は、文師と教義の2本柱なんです。というか、文師と教会員を繋ぐ接着剤が教義であり、教義の変更は、即、統一教会の自滅を意味しています。
そして、教義自体は緻密な精密機械状態になっていますので、統一教会にとって教義変更=即死です。

統一教会の信仰を潰す最短ルートは、教義を潰す事。

これが拉致監禁派もよく判っているので、拉致監禁中に教義批判に最も力を入れるわけです。

だから、統一教会が重要教義の変更を行ったら、多分、統一教会は半年しないで瓦解、今の実教会員の90%以上が脱会し、そのうち何割かの現教会員たちがばらばらに集まり、真正後継団体を名乗って複数の団体が立ちあがる、という状態になると思います。

ようは、分派がいっぱいの訳の判らない状態が出現するという事になると思います(今でもよくわけが判らないのに、それが更にパワーアップするという状態になるかと)。

従って、統一教会のとれる手段は限られていて、組織改革と、

教義変更ではなく、現教義で、古くは文孝進氏、現在では文顕進氏、文仁進氏のような事が、その行動自体は容認できないとしても、なぜそういう事が起きるかを、教会員が納得できるように説明し、この状態の解消と収拾方策を見いだせるかにかかっているかと思います。

仁進さん、ベンさん、エリック君の新たな門出を祝したい。

私は、文仁進氏のお子さんや、ベン氏の元(?)妻やその間のお子さんの事を考えると、幸福になってほしいとは思いますが、門出を祝する気分にはなれないですね。
とは言っても、逆に非難しようという気もないのですが。

お二人には、きちんと、周囲(統一教会に対してではなく、御自分達の他の家族に対してです)に対する責任を果たして、幸福になってほしいと思います。

米本さんに一言申し上げたくコメントいたします。
アメリカの教会は今や二世教会と言っても過言ではありません。
十代は生意気なことを言っていても、心の奥では純粋さに反応し、またそれを求めています。
仁進さんのリーダーシップに希望を感じ、多くの二世が集うようになり、自分の教会に誇りを持ってきている二世を見てきました。
彼女の礼拝は二世に語る事が多かったですし、
純潔についても語っておられました。

それがこういう結果です。

裏切られた、、と感じた二世の言葉を耳にしました。
本部ももう信じられない、、と言ってました。

彼女は、明らかに若い子供たちの心を傷つけ、不信を味あわせたのです。

公の立場に立つ者には”責任”があるのです。
単なる会員ではないのです。

私も、もし彼女が一会員の立場でしたら、反応が違ってました。

米本さんの
仁進さん、ベンさん、エリック君の新たな門出を祝したい。
この言葉には、あまりにも一面的に見ている気がして、正直憤りを覚えました。

在韓シック様にご質問。

皆様。はじめまして。
田舎マンです。
初めて投稿します。

在韓シック様。
よかったらご教示ください。

>原理講論に、「メシアを迎えた後もアベルに従順屈服する」って書いてあるかどうか調べてみてねッ
私のコウロンには「メシアを迎えるまで」って書いてあるけど。


よかったらページ数を教えてください。
日本語しか持ってないので、
日本の講論で教えていただけたら助かります。


また、原理には、
世界的カナン復帰路程が書かれています。
メシアがいる時代(イエス様)に、
信仰基台、実体基台(アベルカイン)が
書かれています。

よかったらどういうことか、
ご教示ください。

感動のラブストーリー?どこが?

 野次馬パパイヤも最近のニュースとかでやってるのを見てました。でも、何を言ったらいいのか分からないものが多くてね。
 でも分かりやすい話がこのテーマ。熟年離婚ですね。それだけなら別に書き込むつもりはないけど、管理人さんが「感動のラブストーリー」なんていってるのに強く違和感を持ったので、言わせもらうよ。ど・こ・が?
 セレブの離婚不倫に「感動」なんて提灯記事を書くのは芸能プロダクションの御用達って疑われちゃうでしょ。今の大河ドラマで活躍してるセイコちゃんの結婚(何度目だったか)に感動するやつなんている???普通そんなもんだよ。
 10歩譲ってセレブの立場になれば感動ものカナーとも思うんだけど、そこまでファンじゃないと三行半下されたセレブ嬢の元夫や子ども、あとセレブ嬢の新しい恋人の元妻や子ども、不可抗力でおかわいそうにって思っちゃうんだけど。モテないやつのひがみかもしれないけど、恋愛弱者の方に同情しちゃうんだよね。この恋愛弱者の元家族からすればとんだ迷惑で被害者じゃないのか。それを“感動”ですか?もうちょっと言い直してくれませんか?
 このセレブ嬢が拉致監禁問題にご熱心だったのは道理が行くと思う。自由の国アメリカの女性なんだ。自分の自由も大事にした者の自由も大事にする。でもアメリカって国は自由のため戦争するでしょ。その弊害も起き伊予ね。彼女の自由のために弊害(自分が言うのは教団と言うより元家族達ね)となる事実にも目を向けよ、と言いたい。
 

最近ご無沙汰で、書き込みしてないから、誤字とかいっぱいだった。最後の部分書き直します。

このセレブ嬢が拉致監禁問題にご熱心だったのは道理が行くと思う。自由の国アメリカの女性なんだ。自分の自由も大事にし他者の自由も大事にする。でもアメリカって国は自由のため戦争するでしょ。その弊害も大きいよね。彼女の自由のために弊害(自分が言うのは教団と言うより元家族達ね)となる事実にも目を向けよ、と言いたい。

人間性かしらッ

(投稿場所を間違えたので、ここに移動します)

 米本和広様、始めまして。

 火の粉を払えblogの読者で、X子と申します。統一教会の元信者です(念のため)。
 直近の米本様のコメント「感動的なラブストーリーではないのか。」の最終部分の
「仁進さんとベンさんの不倫は、決して不真面目なものではなかった。~」


 よくぞ書いてくれました。仁進さんとベンさんは覚悟と責任をもって純粋な恋愛感情を貫いた、と認めればいいですね。

 ここ数日ネットで仁進氏のことを知ってから、気持ちが振り回され、なんとも落ち着きませんでした。
 一言でいえば「羨ましい」「悔しい」「自分はできなかった」「自分は人間的にカタワ」(差別用語ならすみません)という気がしていたのです。

 仁進さんの出来事に対して、肯定と否定が不透明に激しくどぐろをまいた、自己を見失ったような状態でした。

 米本様のコメントを読んで、また自分自身に立ち返り、自分の道を地道に生きてゆこうというすっきりした気分になりました。

 私は合同結婚してそのままで、二人の子供はすでに成人した(ばかり)という状況ですが、夫はとてもいい人ですが、恋愛感情は持てず、いろいろなこと一切秘密の恋愛(不倫)もありました。

 しかし仁進さんのようにはできなかった、しなかった。

 仁進さんは見たからに情感的(まるで演歌歌手のよう)。私とは明らかに違うタイプなのは客観的には分かるのですが。

 個人的なことはこれくらいにして、つまり、他者(仁進氏)の覚悟や責任感や決意を受け入れ認めれば、それが自分に返ってきて自分の人生、やりたいことなどに対して責任を持っていることを自覚できるのだと思います。

 米本様のように、真っ直ぐで大きい立場でズバリと肯定してくれる意見をネットで探してさまよっていました。

 今、火の粉ブログを見ましたら、感想を聴かせて下さいと補足が書いてありましたので、うまく表現できず、迷惑かもしれませんが、ひとまず送信させていただきます。

 やめた私と現役信者さんとの間には相当な距離があるような気がします。
 でも、いつか分かり合える日がくることを信じています。 

 それでは失礼いたします。

Re.感動のラブストーリー?どこが?

パパイヤさん、鋭いご指摘ですね。

結局、人権問題を突き詰めていくと、ホモやレズの人たちの人権までも認めていかざるを得ない、今のオバマ大統領と同じです。

罪を憎んで人を憎まずというように、仁進様個人を責め立てるつもりはなく、一人の女性として乗り越えられないことがあったと考えるしかありません。
しかし、公人として自分を信じる人たちに純潔を守りましょうと話しておられた、宗教指導者としての責任においては、許せない思いがあります。
これは、世の中のあらゆる指導者にも同じように問われることではないですか。
政治家が公約を破っても、最初から期待していないような異常な社会情勢もありますが・・・。

仁進様が会長職になかったとしても、同じ教義を信じる団体に所属されている以上、また、その信者の献金で生活されていたとしたら、責任が問われます。会長を辞めた後や、会長になられる前であったとしたら、それでも信者に与える影響が大きいのに、在職期間中に二枚舌を使い、親である真のご父母様や私たちを欺いておられたという事実が私の心を苦しめます。
これは、珍成さんはじめアメリカの責任者で、この事実を知っていた方にも同じように問われるとです。

せめて、お父様ががお元気なうちに、このような問題を報告してくださったなら・・という思いです。

お父様がいなくなられて、それがあまりにも突然のことで、霊的な感性の乏しい私には、やはり悲しい心があり、それを整理していくだけでも大変なのに、その悲しみに追い打ちをかけ、傷口に塩を塗るようなことをされたことに耐えるだけで精一杯です。
信頼していた人が、恩讐となり、その恩讐をも聖書のみ言葉に従って愛していかなければならない地獄の道です。

エリックくんもいつかは、自分が生まれることにより、傷ついた仁進様と珍進さんの子供さんやベンさんの子供さんの存在を知る時が来るでしょう。その時の彼の気持ちを考えると、いかに、両親が偽らざる愛のもとに、あなたは生まれたと言ってあげても、彼の心は安らかであろうかと思います。

いまは、自分の目から見れば災難にしか見えないこの問題が、神様がおられるとしたら、どのような意味があるのかと静かに考えるしかありません。

風と共に去りぬ

 自分の感想書いたからもういいやと思ったんだけど、何か秋桜さんのコメント読んだら放っておけなくなっちゃったよ。かといって、何言ったらいいかわかんないだよね。“専門的”な領域のことは。

 で、訳分からない者が何言っていいか分からないと考えて考えついたのが映画でも見てみたら、ってことでタイトルの映画です。いやぁ、災難災難って言うから何がそこまで災難かと想像してみたけど、確かに教祖御臨終のうえアメリカ(に住んでるんですよね。秋桜さん)会長の教祖の娘さんがスキャンダル失脚と、あなたの支柱は二重に失われたんだね。

 「風と共に去りぬ」(古くてごめん)はストーリーが暗転に次ぐ暗転、で、これが大ヒットしたのが恐慌という最悪の時代でしょ。災難、災難という今のあなたにきっとぴったりだよ。主人公スカーレットも強烈だよね。ちょっと示唆するものある女性像では。

 タラという大地がどこにあるか、アメリカを知らないので見当もつかない。でもラストは何かアメリカに移住した人々の不屈の精神を象徴しているように思えるんだよ。その精神がどんなだか、アメリカに住んでる人の方がよく知ってると思うんだけど。

 でっかいアメリカの大地の土を握りしめて叫んでごらんよ。「負けるものか!」って。
 

ありがとうございます

パパイヤさんの投稿を見て、拉致監禁問題に関心を寄せてくださる方って、思いやりがあるんだなぁと思いました。
いつも、米本さんから統一食口は愛がない!とお叱りを受けるわけですが、ほんとうにそうだなといつも反省しています。

幼いころの私の中に、アメリカの強烈な印象として残っているのが、パパイヤさんおすすめの"風と共に去りぬ"と"大草原の小さな家"です。
各々が自分の意思を貫く不屈のアメリカと、キリスト教の信仰に根差した家族を大切にする古き良きアメリカのイメージです。

母が一生懸命見ていたインパクトの強い"風と共に去りぬ"を一緒にみながら、子供ながらに自分を理解し愛してくれる人がいるのに、スカーレットはどうして、人の旦那さんになった、あの末生り瓢箪みたいな男性を追っかけまわすんだろうと思いました。
そして、最後に誰が一番自分を理解し、愛してくれているかに気付いた時に、すべてを失ってしまう結末が衝撃的でした。それでも頑張るというよりは、どうして、あんなに意地を張ってしまうんだろう、素直になれない女性、何でも自分でできる女性は幸せになれるのだろうか?と思いつつ、最後のスカーレットの「明日は明日の風が吹くわ」という言葉は、子供にとっては理解不能でした。"アメリカの女の人って、一人でも生きていけるのかな?どうしてハッピーエンドじゃないの?"と思いました。
大人になった今、パパイヤさんがおっしゃる観点から見てみると、子供の頃には見えなかったものが見えるかもしれないなと思いました。


今回の仁進様は御本人が意識的ではなかったとしても、自分の自由を束縛するお父さんと、自分から父親を奪った信徒に対して、一番効果的な時に効果的なやり方で、復讐を果たされたように感じました。

こちらでは、聖和式までは騒ぐな静かにするべきだと言っている人たちがいましたが、故人の遺志を欺く行為にしか感じられませんでした。
それを聞いて、最も、純潔を願い続けた故人の前にそのままで立つことを許せというのかと思いました。しかし、お母様が仁進様と珍成さんを呼んで、仁進様を叱り、会長を辞任するようにおっしゃったと伝え聞き、都合の悪いことを隠蔽せず、どんなに私たたちが衝撃を受けたとしても、毅然と対処されたことが救いでした。

恋愛感情だけが評価されて、地道に周りの人を大切にしながら、時には自分を犠牲にして時間をかけて育んでいく愛情に対する評価が低いのは、愛情における差別なのではないでしょうか、と思います。

昨日、アメリカの敬虔なカソリックの家庭の女性と祝福を受けた方とお話ししていたら、「仁進様のことを聞いて妻がとても怒って"あなたが、そんなことをしたら絶対に許さないから"と私に怒って大変だったよ。韓国の聖和式に行く飛行機に乗らなきゃならないのに、そんな状態だったから"わかった、わかった"って言って、やっと乗せたんですよ。」とおっしゃっていました。
このお話を聞いてアメリカの中に、私の大好きだった「大草原の小さな家」のような古き良きアメリカの伝統精神が生きているんだなぁと思いました。そして、そういうアメリカが、私は大好きです。

世の中に、教義の内容に関わらず、私たちの心を理解しようとしてくださる米本さんやパパイヤさんのような方たちがおられることに感謝するとともに、拉致監禁問題にたいしても、同じように理解者の増えていくことを願っています。

裏切り者は仁進氏だけなのか。(上)

 在米Aさんへ

 最初に強く申しておきますが、私は教会員ではなく、一般社会人です。
 統一教会の違法行為(特定商取引法違反)にノー、反統一教会の違法行為(拉致監禁)にノーの立場からブログを運営していますが、あなたの仲間ではなく、一般社会人です。
 すべてとは言いませんが、多くの一般社会人の感覚は「真面目な不倫だったら、いいじゃないの」というものです。

 学校を卒業して何年か経つと、同窓会が開かれます。同窓会不倫というか同窓会ラブカップルが生まれます。それに目くじらを立てる人はあまりいません。

 お固いNHKが、同窓会不倫ラブをテーマにした連続ドラマを放映していましたが、中年女性に人気の番組でした。「不潔」と感じ人はあまりいなかったようです。

 数年前に、映画『失楽園』(原作:渡辺淳一の同名小説)がブームとなりましたが、視聴者の大半は女性たちでした。統一教会からすれば「サタン主管の影響下にある人たち」ということになるでしょうが、「真面目な不倫なら」という条件付きで、不倫を是認している一般人は少なくありません。

 私もその一人です。
 このことが前提です。さて、

在米Aさん
>裏切られた、、と感じた二世の言葉を耳にしました。
 本部ももう信じられない、、と言ってました。
彼女は、明らかに若い子供たちの心を傷つけ、不信を味あわせたのです。

 取材を通して多くの教会員と知り合いになったので、心情的には理解できます。日本の教会員も、混乱・困惑し、体調を崩した人もいますから。

 しかしながら、今回の問題は仁進氏だけが問題なのでしょうか。

 アメリカ・統一では、仁進氏のアイデアなのか、社交ダンスが奨励されているそうです。飲酒もと聞きましたが、事実ですか。

 アメリカで生まれ育った2世にはわからないかもしれませんが、日本・統一は厳しい純潔教育を行っています。「結婚するまでは性的関係をもってはならない」が大方針で、そのために「合同結婚式をあげた相手とでも、家庭出発するまでは手を握ってもならない」と指導しています。

 もし、日本のどこかの仁進版・教会長が「教会員に2世が多くなってきたから」と、教会内でロック演奏したり、ダンスをやったりしたら、その教会長は間違いなく左遷されるでしょうし、2世に「たまにはビールでも」とやったら、即刻排斥です。日本・統一は堕落につながるような要素は一切排除しようとしていますから。

 ちなみに、「エホバの証人」は『カルトの子』を書いた2000年の時点では、ロックはサタンの音楽という理由で、自宅で聞くことも禁止されていました。おそらく、退嬰的で、性関係につながりやすいからというのが理由ではないかと思っています。私が好きなマドンナのロックはもろですから。

 話を元に。
 今回の出来事は、日本・統一的な見方からすれば、2世のニーズに合わせた、堕落につながる環境・雰囲気が背景にあったと思います。

 実際、仁進氏の不倫相手は、彼女が呼び寄せたと言われているロックのボーカルでした。
 一般社会からの感覚とすれば「社内不倫」です。

 当然のことながら、1世の指導者たちは仁進氏に諫言すべきでした。しかし、周囲はイエスマン、ヨイショマンばかりだったと聞いています。
「公の立場に立つ者には”責任”があるのです。単なる会員ではないのです」(在米Aさんの言葉)。その通りです。アメリカの指導部は、仁進氏のことで、責任を取らなければならない。
 アメリカの礼拝(ビデオ礼拝)がどのようなものかわかりませんが、不倫を生むような雰囲気のものだったとすれば、そしてそれを二世たちが甘受していたとすれば、二世にも責任があるのではないでしょうか。

 仁進氏だけを裏切り者とするのは、いかがなものかと思います。

(追記1)
>>.米本さんの仁進さん、ベンさん、エリック君の新たな門出を祝したい。
>この言葉には、あまりにも一面的に見ている気がして、正直憤りを覚えました。

 あなたは教会員、私は一般人。境界をわきまえてください。

(追記2)
 日本・統一では、アルコールは夫婦とも御法度なのに、韓国・統一では夫のアルコールは認められている。アメリカはどうなっている知りませんが、実にアバウトなカントリー・スタンダードです。文鮮明氏が『ファミリー』だったかで、その違いを説明をしていたけど、実にいい加減ないい訳でした。
 また、韓国では恋愛感情を抱いた韓・韓カップルの合同結婚は認められているけど、日・日は認められていない。これも、実にいい加減です。 知り合いの若い教会員がこのことがもとで、退会しました。退会後は周囲の白い目をよそに、実に生き生きと、幸せそうな家庭を築いています。

(お願い)タイトルをつけて、投稿してください。

            -続-

裏切り者は仁進氏だけなのか。(下)

 狭義の意味での裏切り者の話に移りましょう。

 この記事の末尾に書きましたが、「真の家庭」の13人の子どもたちのうち、仁進氏を含めると、実に5人もが離婚しています。率にして38%!

 救世主がマッチングした相手なのに。これは救世主への裏切りではありませんか。

 また、「真の家庭」の子ども(二世)は、一般二世の模範とならなければならないはずです。5人は、信仰二世を裏切ったのではないのですか。


 話は横に広がっていきますが、「真の家庭」の子どもたちに離婚が多いということは、教義が破綻しているということの証左です。これについては、いずれ記事にするつもりです。

 統一教会員から見ての「裏切り者」はまだいます。
 前回の記事(「統一教会は誰の者か」)の末尾で言及した、清平の“霊的”指導者、大母様(訓母様)こと、金孝南氏のことです。

http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-356.html#more

 彼女は放蕩娘を祝福結婚ではなく、一般結婚させています。これは「裏切り」ではないでしょうか。
(これも、教義が破綻していることの証左!)

 ロッテホテルで盛大な豪華結婚式には、アメリカの韓国人幹部を含め、指導者たちが参列し、一般結婚を祝福しています。それなのに、その事実を現場の教会員に知らせようとしない。
 これは、裏切りではないでしょうか。
(教義が破綻していることを、指導部が認めていることの証左!)

 金孝南氏が一般教会員を裏切っていることは、まだあります。

 前回のブログの末尾で書いたことですが、彼女はソウルの一等地で、高級ブティックと高級レストラン、次男は芸能プロダクションを経営しています。

 経営の元手となったのは、清平の先祖解怨代でしょう。金孝南氏の実家が大金持ちだったという話は、寡聞に知りませんから。金一族は先祖解怨代を「流用」(中抜き)しているのです。

 これは、必死にお金を集め、献金をしてきた一般教会員にとっての裏切りです。

 どうしてこれらの裏切りに言及しないのか、一般人としては不思議でなりません。

 今は仁進氏のことしか考えられないといった心情は理解できます。落ち着かれたら、言及してください。
 もし、「仁進騒動」が落ち着いてからもコメントがないようであれば、統一教会の反対派が言うように「信者は思考停止状態という見解」は正しいということになります。

(補足)清平の会計処理は一体、どうなっているのだろうか。先祖解怨基金といったものが積み立てられているのか。清平のあの広いホールにある会計コーナーで、「私が払うこの解怨代は何に使われるのでか」と質問してもらいたい。

          -完-

Re: 感動のラブストーリー?どこが?

パパイヤさん
>管理人さんが「感動のラブストーリー」なんていってるのに強く違和感を持ったので、言わせもらうよ。ど・こ・が?


 失礼ながら、今回の投稿だけは、いつも明晰な投稿されるパパイヤさんらしくありませんでした。
 恋愛を題材にした古典小説に対しても、読者によっては「感動のラブストリー」と思う人もいるし、「駄作」と感じる人もいます。

 人の感受性は異なります。これが前提です。

 今回の出来事は「セレブの不倫」には違いありませんが、例としてあげている「今の大河ドラマで活躍してるセイコちゃんの結婚(何度目だったか)」とは、2つの点で大きく異なります。


 松田聖子の前・前前結婚は、自らの恋愛感情に基づいたものでした。
 ところが、仁進氏の場合、恋愛感情なしのマッチング結婚でした。これが大きく異なります。

「合同結婚式」そのものを否定する立場に立ってはいませんが、誤解を恐れずに言えば-教会員は怒るだろうが-、マッチング結婚は俗にいう「政略結婚」と似ているところがあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E7%95%A5%E7%B5%90%E5%A9%9A

 類似点は、結婚する前に「恋愛感情、好きという気持ちは一切なかった」ことです。

 政略結婚にしろ合同結婚にしろ、私が否定しないのは、性的関係をもってから、恋愛感情が生まれることがあるからです。先の『失楽園』を書いた渡辺淳一さんの言葉を借りれば、「性愛からだって、愛情は生まれる」

 しかし、仁進氏は、マッチングされた珍成氏との間に5人もの子どもを授かった段階に至っても、どうしても「好き」という感情が湧かなかった、ということでしょう。最初から「仮面夫婦」だったという人もいます。離婚した他の4人の“ご子女様”も最初の結婚ではそうだったと思います。

「元信者のX子」さんの投稿にあるように、恋愛感情が生まれず、さりとて子どもがいるから、離婚できない。こうした一般教会員家庭は相当数にのぼると思います。現実からして、教義はもう破綻しているのです。


 もう1つの違いは、仁進氏は自分の地位を捨てることを覚悟したことです。

 松田聖子が「妻子ある人と結婚するために、芸能界から足を洗う」と宣言し、実際に表舞台に立たなくなったら、一般社会は「感動のラブストーリー」と思うでしょうし、文学作品の題材になる。

 繰り返しになるけど、仁進氏の場合は、自分の地位を捨て、裏切り者視されることを覚悟をし、赤ちゃんを生んだのです。中絶し、不倫を糊塗しようとしたわけではないのです。

 今後、どういう処分がなされかわかりませんが、場合によっては単なる「ロック・ボーカルの妻」ということになってしまうかもしれない。そうなれば、セレブとは無縁の生活が始まります。

 ただし、言い訳になりますが、「感動のラブストーリー」と感じたのは、まだ情報の少ない2日前の9月12日段階のことです。

 新たな動きが始まりつつあるようです。仁進氏の5人の子の父親は、はたして珍成氏の子どもだったのかという疑惑です。もし、そうでなかったら、「感動のラブストーリー」は色あせ、仁進氏は「男にだらしない女」ということになってしまう。そして、不倫出産どころの比でない激震が世界の統一教会を襲うでしょう。
(この情報は、単なる噂です。仁進氏は白人男性が好みのようだったから、白人顔の子どもがいなければ、為にする悪質な噂です)

Re: 人間性かしらッ

 元信者のX子さん、いくら匿名投稿といっても書きたくないだろうことまで綴っていただき、ありがとうございました。

 統一教会の教義の骨格「マッチング結婚」が破綻していることがよく分かりました。
 
 ずいぶん前になりますが、ある元教会員婦人からこんな悩みを打ち明けられたことがあります。
「統一教会の間違いに気がつきました。しかし、主人はいまだ熱心な教会員。葛藤しているけど、それだけじゃありません。統一教会の教えが正しいと信じたからこそ、マッチング結婚を希望し、子どもを授かった。教会でいうところの神の子です。しかし、統一教会から醒めてしまった私にとって、この子は一体何なのか。そう考えると、精神が不安定になってしまいます」

 マッチング結婚によって幸せな家庭を築いている教会員からすれば、実感をもって、「統一教会の教義は間違っていない」と強く反発されるでしょう。

 破綻したマッチング家庭、「仮面夫婦」家庭がどのくらいかわかりませんが、商品の3%に不良品が見つかれば、その商品全体が「欠陥商品」となって、それ以前の設計、製造過程が見直されます。そのことを考えるべきだと思います。 

あくまで自分の感覚です

 管理人さん、ご丁寧なご説明をいただき恐れ入ります。しっかりとご専門的な取材をされておられるところ、「愛なき結婚からの自己解放」に着眼されたのですね。つい、口挟んじゃったのは、自分の感覚から違和感を感じたのであり、自分の感覚からであることは認めます。その感覚とは、子どもの目線にあります。大人の元夫、元妻はともかく子ども達には何の罪もないじゃないですか。それが可哀想で、「感動」は表現の暴走ではないかと勝手に思っちゃったもんで。

 専門的なことは言えるほどではないですが、愛なき結婚は日本にもかつては普通にありましたよね。「野菊の墓」を思い出しますよ。でも「感動」が色褪せるかもしれないって、連続ドラマの予告編みたいでまた目が離せなくなっちゃった。 

 

こっちは大変だわよッ!

 聖和式を明日に迎えて、もう大変ッ!

 昨日までは、文3男の弔問を阻止せよって、命令か来るでしよッ!

 うちのご主人様はいい人なんだけどぉ~、やっばしィ~、韓国の「血と骨」で鉄砲玉よッ。連日、「文3の奴~ゥ」と、額の血管をピックン・ドックンさせながら(いつも心配、現場につく前に脳溢血?)、出かけて行くのよねぇ~。

 あたいが良妻なら、
「あんた、今日も出入りなのかい、鉢巻きと日本刀忘れるじゃないよ。クッチンは鉄砲を持っているんだから」
 と、ご主人様に清めの塩でも撒きゃあいいんだけどォ・・・。

 もう、勝手にして!って、感じなのよぉ~。

 米オッパ、もう統一は終わり??

裏切り者

金孝南執事が献金を流用しているという根拠は何でしょうか。
いつも真実を口癖にしている方がそのようなことをするとは信じられません。
それからこのブログにはふさわしくないかもしれませんが、聖句です。出エ20章3節「あなたは私のほかに何者も神としてはならない」 同16章「あなたは隣人について偽証してはならない」17章「あなたは隣人の家をむさぼってはならない、隣人の妻、しもべ、はしため、牛、ろば、また全ての隣人のものをむさぼってはならない」

裏切り者は仁進氏だけなのかを読んで

米本さんは、日本統一教会の厳しい基準をどのように考えておられるのかわかりませんが、家庭出発というのは、一世に向かって言われた言葉です。二世に対しては、当初、お父様は祝福式後すぐに、一般の結婚式をした人たちと同じように家庭出発だとおっしゃいました。父母マッチングが、お父様の語られた基準でなされず再び、お父様が二世のマッチングをされるようになってからも、二世は祝福式後40日間の精誠を捧げれば同じく家庭は出発しています。
そのような、事情を理解できない一世や日本の雰囲気が、たくさんの二世の家庭を破たんさせてきていると思います。

また、お酒について、かつて私が日本の責任者から聞いたことがあります。それは、お父様が朝鮮人參の入った化粧品とお酒を造りなさいとおっしゃったことがあったけれど、お酒はやめてほしいと指示を受けた方がお願いしたということでした。
それで、その時期一瞬でしたが、朝鮮人参とお酒を混ぜたものなら飲んでいいと言われました。(お父様でなく、責任者に)

国によるとらえ方の違いは、責任者のとらえ方の違いだと思います。

いまは、知るすべもありませんが、お父様がなしたいことを弟子が妨げてきたことが多くあることと思います。

Re:田舎マンさん

カインがアベルに従順屈服するのはいつまでか、という問いに対する答えは、原理講義論の後編・緒論から各家庭の復帰摂理を読んで頂ければ判るかと思います。ページ数で言うと272ページ以降になります。

カインがアベルに従順屈服しなければならないのは、カインがアベルに屈服してメシアの為の基台を造成し、その基台に上にメシアを迎えるためですよね?そして、そのメシアから祝福を受けてアベルもカインも原罪を清算すれば、サタンとの血統的な因縁が切れます。

人類始祖が堕落した長成期完成級で私達はメシアを迎え、その方を救い主だと受け入れ、祝福を受ければ、それから上の路程、つまり完成期はメシアの為の基台を造成するする必要はありません。ですのでアベルカインを善悪に分立し、カインがアベルに従順屈服する必要もありません。メシアを迎える前のカインは、その血統的因縁から悪の表示体に立てられていましたが、カインも祝福を受けた後は血統転換されて神の血統、神側に立つようになるからです。

アベルカインを分立し、カインがアベルに従順屈服してメシアの為の基台を造成する復帰摂理は長成期完成級まで、メシアを迎えて祝福を受けるまでです。
メシアが再臨されるまでの人類、すなわちアダム・エバも、イエス様でさえも誰も長成期完成級を超えられなかった。でも私たち祝福家庭は祝福で長成期完成級を超え、「復帰」ではない、人類史上誰も行った事のない完成期の期間を歩んでいるのです。完成期の歩みは「蕩減復帰路程」ではありません。

私がこのような理解に至ったのにgildonさんのブログが大いに役立ちました。gildonの原理解釈を読んで、まさに目からウロコが落ちるようでした。私達は今まで間違った原理観を教えられ、祝福を受けた後もアベルの前に従順屈服しなければと、自分の意見、感情を殺し、アベルの言う事に従って来ました。自分の考えや意見、創造性を発揮できない所に、喜びがあるでしょうか?

日本人食口達が霊的に疲れきっているのは、米本さんがこのブログで指摘されているように、生活が破綻する程の、そして韓国人幹部達が韓国でマンションを買える程のおかしな高額献金と、アベルの前に奴隷のようにいつまでも屈服しなければならないという間違った原理観のせいだと私は思います。韓国には、そこまでアベルに屈服しなければならないという指導も、実体もありません。唯一、江利川会長と、それに従う日本人食口達だけが、韓国にはない日本の間違ったアベルカインをもう一度始めています。それで在韓の日本人達がまた数字を追う日本式の信仰を始め、それに付いて行けない人は疲弊し、うつ病の人は行く場を失い症状が悪化し、韓国の心情を中心とした主体的な信仰ではなく、目標の数字を追う、アベルから「やらされている信仰」日本の信仰に逆戻りしてしまいました。

日本の間違ったアベルカイン観が、アベルの立場にいる人たち(ご子女様達や韓国人幹部達や教会長達)を、「何を言ってもカイン達は自分の言う事に従って来る、自分に反抗する者はいない」と傲慢にさせ、アベルの思いのままに、好き勝手にできる組織・環境を作り、間違った方向に導いているのです。
このコメント欄でも、仁進様がご子女様でありアベルの立場だと言うだけで、盲目的に無条件擁護する教会員の姿に、日本の間違ったアベルカイン観の弊害を感じずにはいられません。

田舎マンさんも疑問があるならgildonさんのブログを見てみて下さい。

米本さん、長々とコメントしてしまい、失礼しました。

何が愛?

5月の終わりに私は20数年ぶりに元婚約者に会いました。偶然にもFacebookで彼を見つけ連絡を取ると会ってくれるという返事。
付け加えておきますが、私はれっきとした統一教会員で祝福も受け、子供も夫もおります。

20年ぶりに会い、お互いの思い、そのときに愛した純粋な気持ちをお互いが忘れていないことを確認しました。相手にも家庭があり、子供があります。

この一連の仁進さま騒動で、私の心は深く深く傷ついています。私が20数年前に教会へ入ったが為に別れた婚約者。そして20年経た今も、お互いのことが心のどこかで忘れられず、会ったときは、涙で顔がぐしゃぐしゃ。「君を一度も忘れたことは無い。」と言われたときのあの震えるような感情。私が信じた信仰ゆえに深く傷つきながら、それでも私を許してくれた人。

お互いの止められないほどの思いをお互いがぐっと堪えられたのは、私は、今の子供たち、今の夫、彼の家庭、彼の子供・・に対する責任からです。一介の末端の教会員である私でさへできたその自制心を、どうして、私より更に大きな「責任」のある立場にいる人が持てなかったのか?

一体、私が20数年前に犠牲にした最も大きな愛のことを仁進さまはどうやって私に牧会されるのでしょうか?

私は、今の子供と夫を捨て、彼の元にもう一度走っていいのでしょうか?それが、許されるのでしょうか?

仁進さまは、「いいじゃない。好きだったらその人と幸せになりなさいよ!」とおっしゃられるのでしょうか?

仁進さまはそのように耐えてきた多くの教会員の気持ちを踏みにじったのです。

一体、何を持って「真の愛」というのでしょうか? 

もう心はずたずたです。

メシアのための基台

確かに、原理講論には匿名希望さんのおっしゃるように書いてあったと思います。
しかし、アベルがカインに強制してもよいということはどこにもなく、ただヤコブ路程のメシアのための基台のところに"(ヤコブが)サタンを屈服させる典型路程において成功したのである"とあるのみです。

ヤコブの成功について、お父様は、エソウを真の愛で愛して自然屈服させたとおっしゃっています。ですから、日本の主従関係のような、カイン・アベルの関係は間違っていると生前に何回も語られたと、責任者からの報告で聞きました。アベルとカインは兄弟であり、主従ではないということは、カインのほうがお兄さんで、経験も分別もあるのだからアベルの足りないところは、サポートしてあげて、アベルが間違ったら意見も言い、兄弟で神様の御旨の為に発展していかなくてはいけないということだと思います。最終的な決定権はアベルにあるけれど、だからといってカインが心情的に反発するような愛情の不足した状態ではメシアを迎えることはできないということです。

長成期完成級でメシアを迎えて、祝福により原罪が取り除かれるという考え方には同意いたします。
しかし、それ以降はメシアを迎えるための基台は必要ないというのは間違っていると思います。
完成期は、確かに人類未踏の道ですが、直接主管圏ではないため、祝福を受けた人が完成しているわけではありません。
匿名希望さんは、すべての堕落性を脱いで完成するために、完成期をメシアとともに生きるということを忘れておられるのではありませんか?
メシアと共に生きるということは、メシアのための基台をたて続けるということですから、当然、心と体という自分自身のアベル・カインを中心に、常にメシアのための基台を立てつつ、メシアを迎えて神様の愛によって堕落性を克服していかなくてはならないということです。

祝福を受けたら終わりというのは、あまりにも単純な考え方です。
それですむのであれば、ヤコブが勝利した時に神様はヤコブの家庭にメシアを送ればよかっただけです。
しかし、それができなかった事情が原理講論に書いてありますから、よく読みなおしてください。

二世の教育の責任を果たせずに、顕進様に任せっきりで、顕進様と子供たちが命がけで訓練をしながら、自己鍛錬している間に自分の子女を任せた一世が、子女に対する教育の責任を果たせなかったことを反省することもなく過ごしていた結果、顕進様の教育を受け希望に燃えて帰ってきた二世が、相変わらずの自分の親を見て幻滅を感じてやる気を失ったということをたくさん聞きました。
仁進様の二世教育は違うと言いながら、やはり同じように、自分たちのやるべき責任を仁住む様におしつけたことは、同じです。
顕進様がされようとした信仰の基本教育も、仁進様がされようとした、文化や心情の教育も本来は親が子供にしなくてはいけないことです。お金がなくてもできることを精一杯すれば、子供に与えてあげることはたくさんあるにも拘らず、努力が不足していたとしかいいようがありません。

仕事の代わりをしてくれる人はいますが、親(特に母親)の代わりをしてくれる人はいません。仕事を間違ったら、たくさんの方たちに迷惑をかけてしまったとしても、やり直しができます。しかし、子育てを間違ったら、子供の時間を取り戻すことはできません。
祝福家庭は、それを、もっと真剣に考えなくてはいけないと思います。
御旨を一生懸命やれば、神様が自分の家庭に責任を持ってくださると、お父様がおっしゃったとしても、だからといって親としてやるべき責任を果たさなくてもよいとは一言もおっしゃっていません。

御子女様と私たちのかかわりの中でおこってしまったことは、私たちにも責任があるのですから、私たち食口も悔い改めなくてはいけないです。


米本さん、教義的なことをたくさん書いてしまって、申し訳ありません。
文先生の聖和式という、一般の方も注目されているときであり、こういう時に、匿名希望さんのような発言を見過ごすことができずに書かせていただきました。




霊的指導者であったインジンさん

米本さん、お返事ありがとうございます。
タイトル、付けました。すみませんでした。
インジンさんの不倫は3年前からという情報です。その間、礼拝を聞いていた者として、
思い返す数々の事が、「あの時は、もう不倫してたんだ。あの説教とは全く違う私生活をしてたんだ、、、あれは二枚舌だったのか」とただただ、虚しくなるばかりです。

いろんな公的立場の方がおられますが、インジンさんは霊的指導者という立場におられました。
会社の社長、議員さんの不倫とはちょっと質が違います。
不倫をするなら、霊的指導者の立場にたつべきではないし、事が起きてしまったのなら、もっと早い時点で辞任するべきだったと思います。
責任というものを感じるならば。

それと、米本さんが指摘しておられるように
今回の件はインジンさんだけの罪ではありません。周りのスタッフの責任もかなりのものだと思います。
このダメージの方が、案外大きいかもしれません。

真の家庭も韓国ドラマを地で言ってるような感じですし、統一教会のいたるところが腐ちてきているように思います。

ご指摘のとおり、教理が破綻してるんだと思います。

アメリカの二世の社交ダンスとロックミュージックについては、私個人としましては、それほど問題視しておりません。
日本式にやったら、たぶん二世は殆ど教会に来なくなると思います。
私の地区は地方ですからニューヨークとは事情が異なるかと思いますが、
正直、インジンさんのミニストリーになって
二世が急激に増えましたし、その連帯感も強くなって来ました。
インジンさんはご自分で作られた基台を、ご自分の手で壊された、、、そんな感じがします。

Re: 裏切り者(清平の大母のこと)

宮石さん
> 金孝南執事が献金を流用しているという根拠は何でしょうか。

 すでに説明したつもりですが、再度、書いておきます。

 清平の収支は透明になって(公開されて)いません。だから、「流用している」という決定的な根拠を示すことはできません。

 このような場合には不正が漂うような支出先に焦点を合わせるしかありません。

<脱会家の宮村氏が手に入れた謝礼金の総額は、いかほどになるのか>

 12年間監禁された後藤徹さんの告訴を受けて、熱心な刑事が調べました。しかし、信者家族に宮村氏が謝礼金の領収書を出しているわけではないから、結局のところ、決定的な証拠がなく、わからなかった。
 刑事は「1件当たり平均で訳400万円」と推測しましたが・・・(私に語ってくれた言葉)

 それで、刑事は支出先を調べることにしました。

 清平の収入が公開されていない以上、私も刑事と同じように、支出先に注目するしかありません。

 大母(訓母)氏は高級ブティック&高級レストラン(サムスンの役員も利用するようなレベルのレストラン)を経営している。
 しかも、一般教会員にこれらの店のことは一切、知らされていません。つまり、教会員には「秘密のお店」。一般社会人からすれば、当然、腐臭が漂ってくる。

 また、次男が設立した芸能プロダクションの元手と運用資金は、どこから捻出したのか。これも大いに疑問。ベンチャービジネスで「ひと山、当てた」のでしょうか。そんな話、聞いていますか?

 大母氏の夫は、ゴルフ場を経営しています。これについても同じことが言えます。

 私には物理的に無理だし、日本の雑誌社のニーズもありませんから実現不可能ですが、韓国の気骨あるジャーナリストが清平グループの土地と会社謄本、メインバンクなどなどを取材し、暴露してくれることを期待しています。

 宮石さんが韓国に行かれることがあるなら、食事でもされて、探ってみられたらどうでしょうか。記事には店の名前、ホームページも紹介しておきました!

 ちなみに、先祖解怨料は夫婦それぞれの両親,4系統で、約500万円(1系統127万円)。これは『我らの不快な隣人』を書いた08年時点の相場。これまで1万人の教会員が先祖解怨料を払っているとしたら500億円
 経費は、清平の食堂で提供する飯代程度だから、粗利率は限りなく100%に近い。


 宗教をビジネスと考えれば、実にボロイ商売なのです。旧名・コスモメイトの旧名・深見青山氏が「これから儲かるビジネスは宗教・教育・性産業」と語ったことがありますが、なかなか鋭い。


> いつも真実を口癖にしている方がそのようなことをするとは信じられません。

 ナィーブ(幼稚)としか表現しようがありません。けっこう鋭いことを投稿されている宮石さんとは思えない。

教義のお話は現実を直視した上で。

 在韓シックさんの「国進様の不倫疑惑も周りが隠蔽せずに調査すべき」、それを批判した田舎マンさんの「在韓シック様にご質問」。それに反論した匿名希望さんの「Re: 田舎マンさん」、さらにはそれを批判した秋桜さんの「メシアのための基台」を、読ませていただきました。

 頭の体操になって、とても感謝しております。

 最初に「在韓シック」さんに注意です。ハンドルネームは必ず書くようにしてください。
ブログ左サイトにある「投稿にあたっての注意事項」を読んでください。
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-221.html#more


 4つの投稿を読んで、浮かんだ言葉は「教義のお話は現実を直視して上で」というものでした。

 浅学だけど、宗教は「救いを求めている民衆の姿」、つまり現状の苦しんでいる民百姓の姿を直視してから生まれると思います。

 親鸞然り。ルター然り。創価学会の誕生も然り。

 こういう視点に立って、4つの投稿文を読むと、「在韓シック」(匿名希望)さんのが一番説得力がありました。
「匿名希望」さんは、こう書かれています。

日本人食口達が霊的に疲れきっているのは、米本さんがこのブログで指摘されているように、生活が破綻する程の、そして韓国人幹部達が韓国でマンションを買える程のおかしな高額献金と、アベルの前に奴隷のようにいつまでも屈服しなければならないという間違った原理観のせいだと私は思います。韓国には、そこまでアベルに屈服しなければならないという指導も、実体もありません。唯一、江利川会長と、それに従う日本人食口達だけが、韓国にはない日本の間違ったアベルカインをもう一度始めています。それで在韓の日本人達がまた数字を追う日本式の信仰を始め、それに付いて行けない人は疲弊し、うつ病の人は行く場を失い症状が悪化し、韓国の心情を中心とした主体的な信仰ではなく、目標の数字を追う、アベルから「やらされている信仰」日本の信仰に逆戻りしてしまいました。

日本の間違ったアベルカイン観が、アベルの立場にいる人たち(ご子女様達や韓国人幹部達や教会長達)を、「何を言ってもカイン達は自分の言う事に従って来る、自分に反抗する者はいない」と傲慢にさせ、アベルの思いのままに、好き勝手にできる組織・環境を作り、間違った方向に導いているのです。
このコメント欄でも、仁進様がご子女様でありアベルの立場だと言うだけで、盲目的に無条件擁護する教会員の姿に、日本の間違ったアベルカイン観の弊害を感じずにはいられません。



 その通りです。
 弊害によって、民百姓は疲れ切っているのです。そして、少々、狂わされている。

 江利川氏が韓国にやってきてから、韓国・統一教会のいい伝統はズタズタに壊されました。ここ数年、あっという間に。かなりの教会員が中山グループに逃げました。

 私は、江利川氏は中山グループが密かに送り込んだ「トロイの木馬か」と疑ったこともある。

 彼女が韓国に来る前はアメリカだったから、アメリカでも同じように良き体質が変質してしまったのでしょう。
(それを仁進氏が改革しようとした、と推測しています)

 ところで、アベル的(神的)、カイン的(サタン的)という言葉があります。私の実体験からの印象なのだけど、アベルはバカ、カインは利口-ですね。
 カインのほうがはるかに優秀!かなりの利口カインはやめちゃった。

 アベルの立場にある教会員たちと会うことがあるけど、いつも心密かに、「こいつ、一般社会で通用するのかなあ」と値踏みしているのです。

 まあ、江利川氏は一般社会のどこで通用するのだろうか、とときに考える。
 まあ、生保のおばさんか。しかしか無理無理ベービー。
 じゃあ、どこ?

 一般社会からすれば、お笑い統一教会なのですよ。

 そのことがわからないから、まさにお笑いなのです。

離婚が子供に与える影響に関するサイト紹介

文仁進氏の離婚についての動揺が収まらないようですが、

ここで皆さんに考えていただくためのデータを少しご紹介いたします。

離婚における子供に対する影響に関して、検索で上位にヒットしたサイトです。

http://www1.odn.ne.jp/fpic/enquete/report.html
「離婚した親と子供の声を聞く」

http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/bulletin/6/tanase.pdf
「離婚の子どもに与える影響―事例分析を通して」

http://homepage2.nifty.com/ootahiromi/rikon12.html
「離婚の子供に対する影響(アメリカの調査結果をみて)」

あえて評価などは書きませんが、文仁進氏の元(?)夫の珍成氏は麻薬中毒で加療中であったこともなど考慮して、物事は判断されるべきではないかと感じます。

Re.Re:動のラブストーリー?どこが?

米本さんに反論です。

政略結婚にしろ合同結婚にしろ、私が否定しないのは、性的関係をもってから、恋愛感情が生まれることがあるからです。

祝福結婚式でも、愛情の始まりは性愛からとは限らない事例もこのブログでも取り上げられています。例えば、菅野江里子さんの例、

http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-201.html

他にも、宇佐美さんの例でも、私は性愛から愛情を発しているようには感じられなかったのですが・・・。

合同結婚式で結婚したカップルが必ずしも、愛情なくして結ばれ、性愛から出発しているようには思えないのですが・・・?

ようは愛情のきっかけなんて、恋愛だろうが、見合いだろうが、計り知れないところがあると思いますよ。

愛情を持てなかった事例がある、というのは、確かに合同結婚式の失敗例かもしれませんが、

だからと言って、合同結婚式が欠陥商品というのは飛躍のような気がします。

例えば、これは合同結婚式ではなく、見合い結婚ですが、

http://www.bonbonmariage.biz/omiaikekkon_rikonritsu.html

恋愛結婚よりも、見合い結婚の方がはるかに離婚率(失敗率)が低いわけです(統一教会の方もよくこういうデータを出されますね)。

そうなると、見合い結婚より、恋愛結婚の方がはるかに欠陥商品とならないですか?

まぁ、恋愛結婚だったら、破たんしたとしても、短期間の幸福感を味わえるということはありますが。

どっちにしろ、本人が決める事のような気がします。

それと、ちょっと調べていた面白いデータを発見しました。

http://allabout.co.jp/gm/gc/221618/
「一目惚れ結婚が離婚しない理由とは?」

アメリカで「一目惚れして結婚したカップル」1500人を対象に調べた結果、実際に一目惚れを経験した約半数の55%がそのまま結婚したそうです。

ビックリするのは、そのリサーチでの離婚率です。男性の場合でもわずか20%、女性に至っては10%以下という驚くべき数字が出ています


サイトでは続きの頁で分析も続くのですが、まぁ、何となくですが、見合い結婚の離婚率の低さとも絡んでいるんじゃないかと、思いました。

ようは見合いだと、一目ぼれ、もしくは、この人ならやっていけるんじゃないか、という直感の部分が作用し、結婚するという事になるでしょうから。

尤も、統一教会の初期の頃の合同結婚式は、断れないみたいでしたので、そういった意味では、失敗率(内在的なものも含めた離婚率)は高いのかもしれませんが。

でも、確か、何かの折に読んだ文師の説教では、今後は、本人の一目ぼれ的選定になって行くというはずだったですが。

鸞鳳さんにお願い

もう少し、短文で。

起承転結になっていません。

結論は
「何かの折に読んだ文師の説教では、今後は、本人の一目ぼれ的選定になって行くというはずだったですが」
で、いいのですか?


であれば、文氏の説教文をここにはりつけるべきです。
  

不謹慎?

とても不謹慎な考えかもしれないけど...

毒親のもと、
アダルトチルドレンとして育って、
教会に依存して生きてきた私。

最近ようやく親からも、教会からも、自由になろうとしてる。
そんな立場からしてみると

インジン二ム、よくやった!
.......って思う。

インジン二ム、あなたはよくあの囲いから逃げ出した!えらいぞ!!って。
もうすっかり世間ずれしてる。

私自身が母が作った価値観、囲いから逃げ出して
ようやく自分を再構成しはじめたとこだから。
よけいにそう感じるのかもしれない。

御子女様っていったって人間。
それも愛情を十分受けられなかった被害者。
それなのに御子女様というだけで
教会の価値観の中で人から勝手に判断され
責任をもたされ、要求され...
どれだけ大変だっただろうかっておもう。
あの中から脱出するって並大抵のことじゃない。
すごいすごい。

もちろんインジン二ムのお子様に
傷は残るとおもう。

でも母親がなにかに囚われていたら結局、
子供たちにも
多かれ少なかれ影響がある。

一人の人間として、一人の女性として、
まずインジン二ムが解放されることも必要じゃないかなあ。
(ただし、この騒動がただの依存現象、代償現象のつづきなら
褒められたもんじゃないけど)



理論的裏づけなしの感情論。
米本さん、変な投稿してすみません。

ブログの投稿は本当に久々で、以前のネームをわすれてしまいました。ので
改めさせていただきます。
コンピューターなおりました~と書いたら誰だかわかってくださいますか?

  • [2012/09/15 20:13]
  • URL |
  • たがみ きょう
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

葬式(聖和式)の同時中継を見た!

 まあ、泣けましたね。

 どこまで、教祖をバカにすれば気が済むというのか。

 バカばっかし。お笑い統一教会に幸あれ!だ。

 今や、統一にはバカしか残っていないのか!

 アージュ、アージュ、アージュ
 アーメン、アーメン、アーメン
 阿弥陀仏 阿弥陀仏、阿弥陀仏

Re鸞鳳さんにお願い

もう少し、短文で。
起承転結になっていません。


すみません。ちょっと、だらだらでしたか。

端的に書きなおすと

合同結婚式で結ばれたカップルの愛情の出発点は、必ずしも性愛から始めるものとは限らない(菅野江里子さんの例)。

また、愛情が芽生えなかった例は、失敗例と言えるかもしれないが、それでもって、合同結婚式が欠陥品であるというのは、飛躍ではないか?

例えば、見合いでの結婚と恋愛での結婚では離婚率では、見合い結婚の方が離婚率が低く、失敗例があるという事で欠陥品となれば、恋愛結婚の法が欠陥品という結論になるのではないか?

いずれにしても、私は、本人が決めるものであると判断する。


以上が、論旨です。
あとのは、つけたし情報です。

しつこいけど、かなりひどい!

鸞鳳さん

「離婚が子供に与える影響に関するサイト紹介」

 だいじょうぶですか?

 離婚は子どもに何の影響も与えないと思っている人がいるとでも思っているのですか。

 それより、夫婦喧嘩が絶えず、仮面夫婦をやっている子どもたちのことのことに、言及してもらいたい!

 鸞鳳さんはもう少しまともな人かと思っていました。激しく絶望!

政略結婚にしろ合同結婚にしろ、私が否定しないのは、性的関係をもってから、恋愛感情が生まれることがあるからです。 (私)

祝福結婚式でも、愛情の始まりは性愛からとは限らない事例もこのブログでも取り上げられています。(鸞鳳さん)

 菅野江里子さんの事例をもって、それを演繹するのか。おめでたい。

 だったら、菅野さんのことを例にするのではなく、君たち夫婦のことを語ればいいのだ。
 
>だからと言って、合同結婚式が欠陥商品というのは飛躍のような気がします。

 その昔、霊感商法というのがあましたとさ。

 多くの人は高額の霊石を買って幸せになりましたとさ。でも、9%の人は自殺者を含めて、不幸せになりましたとさ。
 
 ぼくが何をいいたいのかわかると思うけど。

(上記のことをバカ本部はしゃべっていた)


 鸞鳳さんは論理的バカというしかない。

<見合い結婚より、恋愛結婚の方がはるかに欠陥商品とならないですか?>

 このような論理的帰結になるようなことを、小生が書いた?
 だいじょうぶかいな。

 このあともグチグチ書いているけど、
「あんたの結論はなんなのさぁ」

 ちなみに、朝は秋桜さんのレベルの低い投稿を読み、夜は何を言いたいのかわからない鸞鳳さんの投稿を読んで、最低の一日。

 でも、けっこういい投稿が入っていた!

とても本質!

「たがみ きょう」さん、投稿とても感謝です。


>ブログの投稿は本当に久々で、以前のネームをわすれてしまいました。ので改めさせていただきます。
>コンピューターなおりました~と書いたら誰だかわかってくださいますか?

 メンゴ。その昔、統一2世さんたちとメールでやりとりしていた。でも、誰だったか忘れた。メンゴメンゴ。

毒親のもと、アダルトチルドレンとして育って教会に依存して生きてきた私

「たがみ きょう」君、とても鋭い指摘だと思っています。
 これについて言及したいのだけど・・・。
 たぶん近いうちに言及します。文一家の13人の子どものことを例にあげ。
 これからも投稿して欲しいです。

 よろしくよろしくです。

コメントありがとうございました

匿名希望様、
秋桜様、米本様。

ご質問に答えてくださったり、
また、コメントいただきありがとうございます。

私は、実体基台については、
メシアを迎えていたイエス様の時も必要であったように、
現代、メシアを迎えていても、
必要なのが原理だと思っています。

①復帰原理としては堕落性を脱ぐために、
②創造原理としては神と一体になるために。

講義案では、
成長期間の3段階のうち
下から2/3までが①で
残り1/3が②のように図解がありますが、
実際は同時進行だと思います。

直接主管圏まで必要なのではないでしょうか。

教義のお話で現実を直視することも、
もちろん重要なことと思います。

私は実体基台があること自体が問題ではないと思います。
「ひとつになろう」っていうのは、
どこの組織でも大切なこと。

問題があること自体が、
アベル・カインの双方が、
心から喜びと感動でひとつになっていないからですから。

ただ私は田舎者ですから、
どこに問題があるか、
はっきりは、わかりません。

米本さんが言われるように、
幹部の方が偏った価値観で、
抑えつけられているのかもしれません。

ただ、原理は好きなので、
実体基台について問わせていただきました。

ありがとうございました。

アジュマちゃん、茉莉ちゃん

はぁ~い!
アジュマちゃ~ん 
茉莉ちゃ~ん

お元気~!
と言ってもはじめてなんだけど。

ねぇねぇ。

インジンちゃんのことなんだけどぉ~。

アタイは、単にインジンちゃんが'女'で、ベン君が'男'だったってことだと思うの。あたりまえなんだけど。

でね。

アボジから結婚を言渡されたチンソン君との生活は、義務と演技。
だから、燃えなかったのよ。 ’女’になれないのよぉ。

「ねぇ、アジュマちゃん、だんなとは燃えてるの?」
「どうなのよッ。」


アツーイ、燃えるような情熱的な関係はなかったんだわ。
そう思わない? 茉莉ちゃん

でもね。インジンちゃん並の演技ではないわ。
まんまと周りは騙されているし、表向きはほぼ完璧だったんだもの。
きっと5人の母としてもね。

でも、チンソン君はスキじゃないの。燃えないのよぉ~。
せつないわ~。

そんなだったら、近くに好みのオトコがいたらイチコロよねぇ。そうでしょ。

「ネッ、アジュマちゃんはだいじょうぶなの。」

そうそう、お酒って中々キクらしいの。
'のうカガクてき'にもはんめいしているんですって。

飲むと円ドルじゃなかった。
エンドルなんたらがでるの。

すっごいのは好みじゃないタイプでもエンドル何とかがでてると脳みその中はスキ、スキってなるらしいわよ。 
モノシリでしょ。 エッヘン!

ベン君とインジンちゃんも信者の血と汗と涙の結晶の献金で泊まったスイートルームでバスローブまとって”カクテル”なんか飲みながら(ドライマティーニなんかがいいわ)、エンドルなんとかをゼンカイ。
しかも相手は好みのタイプ、、、。
もり上がってきたあと、、、、一糸纏わぬ二人は、、、。

赤面? だめよアジュマちゃん、茉莉ちゃん。
それはそれは官能の世界なの。 ’完納’じゃないわよ。
わ か る。


アジュマちゃん。
いいこと。
「”お情け”なんて言って待つだけだったら、”夫婦の危機よ”。」

マッコリにアレとコレとついでにソレに秘密のアレも入れて、、、
カクテル:アジュマ・スペシャルをだんなに飲ませるよ。

エンドルなんとかがゼンカイ、絶〇旦那の脳みその中じゃアジュマちゃん絶〇の〇女。
きっと、アツーイ、情熱的で官能的な夜になるわ。



でもさ~、思わない~。
これでお二人ケッコンしたら、ようはデキ婚よね。デキ婚。

浮気(不倫)は癖になるって、お隣の奥さんの知り合いが言っていたわ~。
コワーイ。
それにアメリカってバツ1、バツ2くらいフツー。
”まだ”2回目のケッコンなのっていうくらいよ。
バツ4とかツワモノもいるわよ。

それに2度目、3度目のケッコンのリコンリツってショコンよりとてもタカイのよぉ。

デキ婚+不倫+肉食系女子インジンちゃん+アメリカの離婚率

産まれてきたエリックちゃんには気の毒だけど。
離婚のカクリツ=役満状態ね。

でも、きっとだいじょうぶよ。シンパイいらないと思うわ。
だって、フツーのことなんだから。

ハンドルネーム?
やーね。
オマージュよ おまぁーじゅッ。



この部分

米本 様

この部分↓

>妻の韓鶴子氏はどうか。
>彼女は、文3男の妻を嫌うという俗物。文3男氏との対立の根っこにあるのは、嫁姑問題と見ている。

何か噂、証拠あるのでしょうか?ちょっと見過ごせないのですが。
何も知らない私に教えてください。

過激だわッ(赤面)

 黒アジュマ姉様ったら、も~、赤面するじゃないのッ。

>「”お情け”なんて言って待つだけだったら、”夫婦の危機よ”。」

 そっ、そうかぁ、危機か~ッ。お情けを待つ姿勢が良くないのネッ!

 あッ、思い出したわッ。今はもうなくなったと思うけど、その昔の中ピ連のスローガンよぉ。

「抱かれる女から抱く女になるぞ~」
 あたいがまだ乙女時代のことネッ。御堂筋で、彼女たちがデモ行進しながら、このスローガンをシュプレヒコールしてたの。これを聞いたときのあたいの顔は、真っ赤っか。

 抱く女に!?
 ヒェ~ヒェ~。死んだ、バタンキュー。

 卒倒しているあたしを抱き起こしてくれたのが、ハンサムな若者だった。「きゃ~、不潔、何すんのよ」って、張り倒してしまったわッ。

 失敗したわッ。あれがご縁でお付き合いが始まっていたら・・・、いつもニンニク臭いうちのご主人様なんかとォ~。

 何言わせんよのよぉ~。

 でも、お情けを待つ私から、お情けを奪う私に、かあ。

 いいかもネッ。
 それに、3日儀式だってぇ、上・上・下だったわ。ひょっとしたら、「抱く女になれ」はお父様の暗示的摂理だったかもしれないワッ。
 ゾクゾクしてきたわ。

 今夜こそは、お情けを待つんじゃなくて、奪うことにしよ~ォっと。

 黒アジュマのお姉様のアドバイスに従って、お酒に秘密のアレを入れなければッ。

 でも、グシュン。
 今日も、帰ってこないと思うのよッ。
 聖和式のあと、数人のトップ幹部による秘密の会合が断続的に持たれているらしく、下っ端のご主人様は会議室の警備よッ。
 テーマは、むろん仁進様のことを食口にどう説明したらいいかよッ。

 そこで、三択ねッ。

その1・知らん顔をする。何の説明もしない。

その2・原理的な説明をする。

「真の御家庭は、人類を代表して完全蕩減の道を歩んで下さいましたし、今後も歩み続けて下さいます。それ故に、全人類は象徴的蕩減条件で、罪を許され、救いの恩恵にあずかることが出来た立場です。
人類の罪、悲しみ、苦しみの標本ともいうべき姿が、真の御家庭なのです。
真のお父様は、男性としての苦しみの全てを通過される立場、お母様は女性としての苦しみを通過される立場です。
それ故に、人類は悲しみを越え、罪が許される道が拓かれているのです。
お父様が聖和される直前ともいうべき、顕進様と仁進様の件も偶然ではありません。人類歴史全ての罪を清算するための重要な摂理であったのです」
(これはお馬鹿なジョリュジュからのパクリ http://ameblo.jp/zyoryuzu/entry-11355387605.html

その3・世俗的な説明をするとすれば、夫の珍成様のせいにする。ドラッグ中毒であり、すでに家庭は壊れていた。

 見事、正解された方にはアジュマ特製の蛸キムチをプレゼントしますぅ~。

Re: この部分

「まつ」さんへの回答です。

 韓鶴子氏に近くにいる人からの情報(噂)です。
 姑が嫁をいびっていたことを証拠で示すには、録音テープでも出ない限り、無理でしょう。

 なぜ、文3男問題に嫁姑問題が遠因としてあると、私が思ったのか。
 それは、情報源が鶴子氏に近い人だったから。また嫁姑問題が今回の一連の騒動の根っこにあったとしたら、騒動の構造が透けて見えてくると思ったからです。

 一般に、嫁姑問題が発生すれば、嫁の夫はオロオロします。
 嫁から、母から、「あんたはどっちの見方か」と突きつけられるから。

 たいがいは、どっちつかずのようです。そのため、嫁・嫁の夫・夫の母親のストレスは増すばかり。

 こうしたことを、幼い頃から見ていた子どもがが「嗚呼、この世に真の家庭があったら」と思って、回避として、統一教会に入信する。このパターンはレアケースではないはずです。

 まつさんにお願いなのは、イメージとか期待感として、また「そうあって欲しい」と文一家を「真の家庭」と見るのではなく、私たちと同じような一般家庭だと思って、冷静に考えればいいのです。

 文家庭は一般家庭。そのように見れば、離婚や薬物中毒の多い、悲惨な家庭だと見えてくるのです。トーゲンとかといったことと関係なく。

 これまで、私は「問題ある宗教」を取材してきましたが、「信者は言葉に呪縛されている」と痛感しました。

「真の家庭」という言葉を、一度、取りさらって、フラットに考えてみられたら、どうでしょうか。

【参考記事】http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-32.html#more

(追記)事実を確かめたかったら、文3男さんを支持しているブロガーに直接、問い合わせてください。

やはり嫁姑問題

インジンさんの件に意識が集中していたため
米本さんの
>彼女は、文3男の妻を嫌うという俗物。文3男氏との対立の根っこにあるのは、嫁姑問題と見ている。
を見落としていました。

そして、以前見たビデオを思い出しました。
もう10年以上前になるでしょうか?

文夫人が、講演の世界ツアーをされた事があります。そして、それぞれの場所に必ず
お子さんの誰か、または、お子さんの家族が同伴していました。
講演前後の文夫人と同伴された方々との親しく時を過ごしてる様子がビデオで回ってきました。

当時の私は、文夫人がお嫁さんにどう接するのか興味があって、そのへんに焦点を合わせながら見ていたのですが、3男さんのお嫁さんと、文夫人との距離に違和感を覚えたのを記憶してます。
他のお嫁さんたちとは、もう少し自然な空気を感じましたが、3男さんのお嫁さんは、文夫人に非常に気を使っている、恐れている?感じが見ていて伝わって来ました。

その記憶が松さんの質問で蘇ってきました。

『嫁姑問題』として捉えると、かなり見えてくるものがありますね。

文夫人を”人類の真の母”みたいに特別のメガネで見ていましたので、実態が見えてこなかったんだと思います。

米本さん

ご丁寧なお返事有難うございました。
お母様に侍っていた方からの噂ですか。信憑性ありですね。

「一般家庭として見る」というアドバイスですが、そう見れないこともないのですが、返って「悲惨すぎ」だと感じてしまいます。

「顕進様を支持されている方に尋ねてみる」という点は、実行してみます。
ありがとうございました。

在米Aさん

貴重な体験を有難うございました。
私はまさしくお母様を「人類の真の父母」だと思っているので、万民を愛する方が嫁姑問題…となると、仁進ニムの件以上にショックなのですが。
何かあったのでしょうか。

どなたか他にご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

でさぁ、

結局不倫と出産の話は確定してんの?
出生証明書だって100%本物とは言えないみたいだし、偽とも言えないんでしょ?
結局何が事実かは不明のままなんですか?

確定です。

出生証明書のことまでは分かりませんが、核心的なことは確定です、情報源は察して下さい。

私の周りでもかなり動揺している人が多いですが、真摯に教会員と向き会っておられる牧会者や公職者ほど、どのように教会員に説明すべきか悩んでおられます。

多くの方が、全てを隠さずに明かした上で、信仰というものの原点に返ろうと説明したい、とは考えておられますが、教会本部の指示が出た場合、それに従うか、従わずに全てを説明するかは、それぞれの判断でしょう(日本では難しいでしょうが)。

ただし、今回の件に限らず、教会内の矛盾等は、全てのことがネットなどを通じて暴露されたり、明らかにされていますので、個人的にはあまり教会員をバカにした対応はとっていただきたくないと思います。
このままでは、組織がもたずに崩壊すると考えているのは、決してひと握りの教会員ではないと考えています。

PS:仁進氏の件に関しては、個人的には「ふざけんな、コラ!」と言いたいところですが、拉致監禁問題での功績は誰もが否定できないと思われます。
拉致監禁問題では、本当に、真摯かつ誠実に対応していただいたのではないでしょうか。

ついでに言えば、もしも、将来、仁進氏が教会員の前に帰ってこられる場合には、とてつもないペナルティが待っているはずです。
教会員が不倫等の罪を犯した場合、よほどのことがない限り、事実は担当する家庭局の責任者の胸の内に収まって終わりです。
  • [2012/09/19 04:15]
  • URL |
  • マンゴープリン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

本来の御旨に立ち返るべき

立場がどうであれ、事の真相は、いちばん本人と神のみぞ知るところではないだろうか。良心に基づき、身の処し方を自身で判断すればそれでよいのではないでしょうか。誰も完璧ではないではないか。自分の中にある神様への不義をさておき、他の人を内外において批判できる立場の人がいますでしょうか。人は誰しも過ちを犯してしまう可能性のある弱い存在なのです。例え罪を犯したとして、自分にぺナルティを課して、蕩減を払い、それでも、悔いの心を秘めつつも生きていかねばならない立場があるのであれば、生きる道をけっして遮ってはならないのが愛ある人間の観点であると思います。とやかく様々いうよりも、各人が心を正して本来の御旨に立ち返るべきだと思います。神様が正しく処理されるはずだから。そうでなければ、本物の人ではありません。

花は咲く

なかなか去らない悲しみがどこから来るのかと考えてみました。

一つは、いつでもお会いできると考え、お父様を不死身のように思って親孝行できなかったこと。
もう一つは、たとえお父様が霊界へ出発されたとしても、皆が一丸となって、お父様の残された御言葉に従っていくことができればよかったのに、そうなっていないこと。

衝撃を受けた先週の火曜日には、なにをする気力もなかったものの、主人の勧めもあり予定していたコーラスの練習に行ってみました。
そこで「花は咲く」という、がんばれニッポンのプロジェクトの歌の一つを初めて聞いて、涙が滲みました。
昨日また、練習に行ってみて大震災による内外の激震を受けた方たちに向けて作られたこの歌が、違った意味で激震を受けた私の心に響くのだなぁと思いました。

どんなことがあっても、変わらずに花が咲き続けるように、仁進様が不倫をされたからと言って、お父様の語られた純潔の大切さが揺らぐこともなく、私の家庭の純潔の精神は何も変わらないことを知りました。

昨日、小学生の息子が、「アボジが死んでしまって、地上に悪いことがたくさん起こらないように、僕が120拝の敬礼を捧げるというのはどうかな」と私にこっそりと話してくれました。

毎日、教会で起こっていることや、ブログに書かれていることを子供たちにも話していますが、どんなに難しいことが起こっても、子供たちの純粋な心は、ただ、親と親の信じる神様に向かっていることを感じながら、いまさらながらに親というものは、責任の大きいものであると感じています。

私が知る事実は

第一にも二にも三にも、文鮮明・韓鶴子総裁御夫妻はとても貴い存在であられるということ。

そして、その生涯の生き方・教えは絶対的に貴いものであるということ。

また、統一教信者に対する拉致監禁・強制棄教は犯罪であり、絶対に許されない行為であるということ。

罪は罪であり、どこで誰が何をしようと是は是・非は非である、ということ。

然るべき罰は必要であり、償いは必要。また、然るべき赦しも必要であるということ。

統一教の教理において、不倫は、人種・宗教・国籍・地位・名誉を問わず、大罪に相当する行為であり、立場が立場ならば、罰や償いもより大きいものとなるかもしれないが、上記に変わりはなし。


太平聖代 참父母님億萬歳 forever

意味不明

二代目信者さんへ

私の読解力がないせいかもしれませんが、意味不明です。

また、下記のようにも読み取れますので、違っていたら訂正してください。

文夫妻は尊いお方であり、教え生き方も絶対である。
対する統一教会員に対する拉致監禁は犯罪であり、絶対悪である。

これはゆるぎない事実で、文夫妻がたとえサリンを撒けと命令しても善であり、その命令に従い、サリンを撒こうとしている息子、娘を止めるため、拉致監禁するのは悪である。

不倫は大罪である。
しかし、文夫妻の子女が犯したとしても、文夫妻の絶対的尊さには変わりない。
また、子女様が犯した大罪には、赦しが必要である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


罪のない者は石を投げつければいい。

「祝福家庭が再堕落すると救う道がありません」ですから、霊界の地獄が無くなり、地上界で堕落の影がなくなってから、それから、祝福家庭の再堕落した人達をどのように救うことができるのかを神様と父母様で議論する議題となると聞いています。

ご子女様が様々な失態は、堕落の血統として生きてきた祝福家庭にとっては、救いの道となる大役を果たしているのかもしれません、恩赦せざるをえない事例となるのではないでしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/357-a73d842c

【哲学】人間の「魂」は存在するのか 肉体が滅びても消えないのか

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/09/29(土) 05:38:15.25 ID:I7r0MyhK0 ?2BP(2424)氷上高魂 夢へアタックhttp://mytown.asahi.com/hyogo/news.php?k_id=29000001209280008
  • [2012/09/29 12:00]
  • URL |
  • 【2ch】ニュース速報嫌儲版 |
  • TOP ▲