弁護士山口氏のコラムを評す(1) 

山口コラム(1)
牽強付会1

 牽強付会
 自分の都合のよいように無理に理屈をこじつけること

 2004年、月刊「現代」11月号にルポ「書かれざる「宗教監禁」の恐怖と悲劇」を掲載したところ、すぐさま全国霊感商法対策弁護士会(以下全国弁連)の機関誌「弁連通信」に、会代表の山口広弁護士の「お粗末な内容の米本論文」というコラム書評が載った(以下、山口コラム)。短文なので、ぜひ目を通してください。

 山口広弁護士が「ルポ」(記事)をあえて「論文」と言い換える底意には言及しないが、「すでに最高裁決定で確定した判決で、拉致監禁ではないことが認定されているアントール美津子、先般の高裁判決で同様の認定がなされた今利理絵について、拉致監禁された事例と決めつけ、(「お粗末な米本論文は)判決無視の統一協会と軸を一にしてしまった」という見解には首を、大きく、傾けざるを得ない

 これから13回にわたって山口コラムの問題点を指摘していくが、最初に「牽強付会」では、引用した青色の4行について取り上げることにする。
 その前に、事実経過について補足説明をしておきたい。

 アントール美津子氏今利理絵氏が99年にそれぞれ訴えた裁判とは、「拉致監禁され脱会を強要された」として家族と牧師を訴えたもの。被告の牧師は、清水与志雄氏(現、埼玉県行田市の行田教会)と黒鳥栄氏(横浜市の戸塚教会)だった。アントール氏は清水氏のみ。

 一方、「現代」のルポは、3人の女性が拉致監禁され、強制説得を受けた結果、脱会したものの、その後心的外傷後ストレス障害(PTSD)にかかり、苦しんでいることを骨子とした内容である。3人の女性を強制説得したのは、偶然にもアントール氏と今利氏が訴えた2人の牧師だった。(「現代」誌のルポ内にある表「統一教会信者が拉致監禁された事例」を参照


 確かに、山口広弁護士が指摘する通り、裁判の判決は原告の敗訴だった。このことを無視した覚えはないし、実際、ルポの表では敗訴したことを明記している。

 ところで、裁判所の決定は尊重されなければならないものの、それは法的決着に過ぎず、判決文に真実のすべてが語られているとは決して言えない。もしそうでないなら、記者は取材する必要はなく、真実のすべてが載っている判決文を報道すればいいだけのことだ。おそらく裁判を経験した人なら、そんな「バカな」と思うだろう。

 医療過誤訴訟は原告の敗訴率が高い裁判として有名だが、判決文が真実というのなら、原告が訴える医療過誤は被害妄想だったということになってしまう。これまた、そんな「バカな」である。冤罪事件を持ち出すまでもなく、判決文に必ず真実があるとは言えないのである。


 今利裁判の場合、一審、二審ともに「拉致監禁」の事実は一部にあったものの、違法性はなかったとする判決内容だった。どういうことか。

 監禁されていたとするマンションで、今利氏はお風呂に2時間もつかり、妹にマッサージしてもらったことがある。こうした事実からすれば、監禁という違法性は阻却される、というわけである。

 平たく言えば、広辞苑的な意味では「拉致監禁」の事実はあったが、違法と言えるほどのものではなかったという判断である。裁判官の判断には疑問がある。
 想像をめぐらせてみればいい
 数日間ならいざ知らず、家族による監禁は数ヶ月にも及ぶものだから、唯一ひとりっきりになれるお風呂でゆっくりしたいのは当然だろうし、肩が凝れば妹のマッサージぐらいは受ける。

 監禁現場では、家族は本人の緊張をほぐし場の雰囲気を和らげようと、トランプなどゲームを持ちかけたりする。(監禁下での「緊張と弛緩」については「我らの不快な隣人」4章で詳しく述べた)

 このようなわけで、裁判所の判決を印籠の如く振りかざし「拉致監禁はなかった」とするのは、企業経営者が勝訴判決文を手に「住民の健康被害は当社工場の排出物との因果関係はなかった。それを認めようとしないメディアは公害反対を叫ぶ左翼活動家と軸を一にしている」と話すのと同じで、牽強付会と言わざるを得ない。


 ちなみに、横浜地裁で今利敗訴判決が出てからの話である。

 ある女性信者が監禁場所のマンションに連れ込まれたとき、事前にトランプが用意されていたという。提訴されたときのことを考え、違法性阻却の主張するための事前工作だったのではないか。女性はそう推理する。

 この話を聞いたとき、思わず鳥肌が立ってしまった。

 興味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!



≫ 弁護士山口氏のコラムを評す(2) 「 牽強付会2」へ続く

関連記事

コメント

山口くん家の広くん

山口くんさぁ、統一教会が憎いのはわかるんだけどさ、なんで監禁するかな?末端信者をさ。戦う相手が違うんじゃないの?君がさホントに被告人にすべきは、宗教法人世界基督教統一神霊協会でしょ。ったく、人の女房拉致監禁するなよ!どアホ。裁判所で怒鳴る前に、鏡見ろよ~、全然怖くないから(^_-)

監禁の定義

いつもお噂(良)は伺っています。
日本の裁判は面白いですね。監禁の定義まで話し合わなければならないようだったら、北朝鮮の拉致事件は絶対に「罪だ」と認定するまでに100年ぐらいかかるんじゃないでしょうか?北が解決しないのは、そんなことにも一因であるのですね。まさに犯罪幇助の法律に思えます。

暴力・監視下でのこと。

だまされて、暴力的に誘拐され、脱出不可能、外界との連絡不可能なマンションに隔離される。人格は否定され、厳しい監視の中で、ミエミエの飴とムチで、信仰剥奪の為の人格破壊を受ける。
ハイジャック・バスジャック・銀行強盗などなどで、犯人の要求通りに行動しても、被害者と認められるのがうらやましい。拉致監禁においても、加害者から強制された通りに被害者が行動している様子から、その強制の強さを知ることが出来るにも関わらず、言いなりになったことにより、監禁の事実はなかとたかのように解釈される。
被害者は、社会生活を奪われ、自由を奪われた中で、信仰を破壊しようとしている人たちと同じ空間にいたくていたのか。加害者の作る食事を食べたくて食べたのか。加害者と一緒にゲームしたくてしたのか。加害者からマッサージを受けたくて受けたのか。
脱出不能のマンションで、強制的にいさせられて、食べたくもないものを食べさせられ、やりたくもないゲームをさせられ、着たくもない服を着させられ、さわられたくもないのにマッサージを受けねばならず、強いられた家族ごっこに屈しながら、更なる暴力を懸命に防いでいたのではないのか。
健康ランドや露天風呂つき温泉ではある

本人の意思?

外に出たいと思っている人を無視し、身内で見張りを?まるで北朝鮮のスパイみたいですね。そのように親を教育し洗脳し操ったのが反牧と弁護士、脱会屋?目的は、高額謝礼金と和解金によるぼったくりな荒稼ぎ、よくもテレビで偉そうに「霊感商法」などと騒ぎ立てたものだ。それ以上に家族を崩壊させ、PTSDという心の傷をを負わせ後は、知らんふり?ぼったくり詐欺師軍団!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/3-dbb6568d