平気で人を傷つける罪深き牧師 

清水牧師の正体(16)

死者ばかりか生者までをも平気で傷つける日本基督教団の牧師

前回の「平気で嘘をつく罪深き牧師」では、タイトルの通り、清水氏の数々の嘘を指摘しました。「勝ち犬の遠吠え」をご覧になっている方は、「みんな」さんが<反省ゼロ>(投稿のタイトル)の感想を抱かれたように、相も変わらず、清水牧師は嘘ばかり。辟易されたと思います。

 でも、今度の嘘はこれまでのものとは違います。なにしろ、清水氏の説得によって脱会した女性、今も精神薬を服用しながらPTSDと格闘している女性を傷つける嘘なのですから。

今回は、【韓国SBSテレビ側とのインタビューで多くの部分が編集されたと聞きました。編集された内容はどんな内容ですか?】の質問に対する清水氏の回答を取り上げます。
【資料1-『現代宗教』の訳文】は、前回のブログに全文載せてあります。今回の末尾の資料は、上記の質問への回答のみをアップしています。引用したところ(緑字)には下線をひきました。
 毎回、長文でごめんなさい。辟易するような長文に愛想を尽かし、離れた読者もいるであろうことは承知しながらも、どうしても正確を期したいと長文になってしまいます。どうか広い御心でご寛恕を。

逃げたのか説明をしたのか

私がお手洗いに行って本を取ってきて、インタビューの席に戻ったことがあったのですが、放送ではお手洗い行く(ママ、お手洗いに行く)私の後ろ姿を逃げているような映像として編集していました。通訳者がお手洗いに行っていた間にSBSの側から、私がかつて話をした女性の写真を見せました。

 韓国SBS番組「キヨミの13ぶりの涙の帰郷」の興味深いシーンに対する釈明である。

 左サイト上の録画をクリックして再度、番組をご覧になればわかることだが(番組の最後のほう)、少々説明をしておく。
 韓国SBS局の記者のインタビューを受けたとき、私は宿谷麻子さんのアトピーの写真を渡した。
   

 話は先に進んでしまうが、清水氏は次のように話している。

SBSでは私が彼女の写真を見て慌てているかのように編集しました。実際に慌てたのは、私が写真の入手経路に対して質問した時、答えない訳には行かなかったSBS側のキム記者でした。

 記者が慌てたというのは信じがたい。
 私は隠れて記者に会ったり写真を渡したわけではない。SBSのインタビューに応じたあとの雑談で、記者がこれから清水氏のところに取材に行くというので、麻子さんの写真を渡したのである。

 入手経路といっても、複雑なことはまるでない。写真の所有者は麻子さんであり(撮影したのは母親だから、所有権は母親か)、その麻子さんからもらった写真(今でも机の横に置いている)を記者に貸しただけのことである。当然のことながら「私から借りたということは内緒にしてくれ」と頼んだこともない。すべてはきわめて単純な話。記者が慌てるような要素は何一つない。

 
 麻子さんは周知の通り、拙著『我らの不快な隣人』Ⅰ部/「麻子の物語」の主人公。戸塚教会の黒鳥栄牧師と清水氏の強制説得によって脱会したものの、その後にTSD(心的外傷ストレス障害)を発症した。アトピー湿疹もその症状の一つである。

 番組を観ればわかるが、SBSの記者が彼女の写真を見せると、清水氏は驚いた風に、「それはいいですか・・、これは放送しないでください」と言ったあと、席を立った。
 
       

 番組を見た視聴者なら、10人が10人とも「逃げ出した」と思ったはずだ。
 ところが、清水氏は「お手洗い行く私の後ろ姿を逃げているような映像として編集」したと釈明する。

 このときの場面の真実を知っているのは清水氏と記者(プラス通訳、カメラマン)だけだから、私たちには判断することができない。
 清水氏の釈明が正しいとすれば、通訳がトイレに行っている間に、写真を見せられ、「それはいいですか・・、これは放送しないでください」と語った(左の写真)。そのあとの映像(右の写真)は、このときとは別に清水氏がトイレに立ったときに録画されたものだった-ということになる。

 では、「これは放送しないでください」と言ったあと、清水氏は写真についてどう説明したか。番組ではそれが放映されていない。

「逃げ出した」という清水氏が名誉を挽回するのは、実に簡単なことである。
 番組を見れば、清水氏が録音テープを操作している場面が映っている。録音したであろうそのテープを公開すればいいだけのことである。

 これについて、「北風と太陽」の管理人・kokoroさんは 『現代宗教』前編で、次のように書いている。

 録音テープ内容は、将来裁判の可能性を踏まえ、明らかにできないと思われるが、私を含め多くの方が聞いている。
北風と太陽」が反牧清水の取り巻きだと決めつけておられる方は、テープが公表されないかぎりそんな話は「でっち上げ」だとか「信用できない」とかという勝手な理由で思考回路を閉ざされておられるので、読まれても時間の無駄だと私は思う。
 このテープは、SBSの記者が取材を始めた時から、終わるまで途切れることなく録音されている。SBSが番組で使用したワンカットがどういう場面であったかこのテープは明らかにしている。

 実に不可解な説明であろう。
 繰り返すが、番組で清水氏にとって不名誉な部分は、写真を見せられ、逃げ出したように見えた映像だけである。
 逃げ出したのではないと言うのであれば、「その場面のことを明らかにしているというテープ」を、別に公表しなくてもかまわないから、テープ起こしをして文字で明らかにすればいいだけのことである。

 それなのに、<「でっち上げ」だとか「信用できない」とかという勝手な理由で思考回路を閉ざされておられるので、読まれても時間の無駄だと私は思う>といって、端から明かそうとしない。こういう姿勢が私にはカルト的(この場合は隠蔽的)と思えてならない。事実に対して謙虚でないのだ。 
   

<録音テープ内容は、将来裁判の可能性を踏まえ、明らかにできないと思われるが、私を含め多くの方が聞いている>

 kokoroさんはもう少し頭がいい人だと思っていたが、買いかぶりだったようだ。
 裁判の証拠として、提訴するまで秘密にしておかなければならない弾劾証拠ならともかく、訴訟を起こすための直接的な証拠物である。しかも、秘密の録音テープではなく、訴える相手(SBS)も録音しているわけで、「録音」(=インタビューそのもの)は「争いのない事実」である。

 清水氏が「明らかにできない」旨の意向を示したのは、素直に考えれば、公開したくないような何らかのやりとりがなされていたということだろう。
 清水先生にあっては、ぜひ、ソウル地裁に提訴をしてもらいたいと願っている。 kokoroさんをはじめ録音テープを聴いた「多くの方」ばかりか、『現代宗教』も社をあげて支援するだろうから、裁判費用のことなど気にする必要は一切ない。 「お金がないから泣き寝入り」とぼやく必要もない。

この項の【関連記事】は
「待望のSBS番組の日本語版」
「SBS・報道番組放映後の動き」


アトピーの説明はデタラメ

 事実は明かされないのだから、推測するしかない。
 写真を見せられ、ギョッとし慌てたように「それはいいですか・・、これは放送しないでください」と言ったあと、いったん逃げ出したのかどうかわらないが、ともかく何らかの説明をしたのだと思う。

 なぜなら、逃げ出したとしても、記者が引き上げるまで自分の部屋に閉じこもり続けるわけにはいかない。そんなことをすれば、番組のナレーションで「清水牧師は写真を見せられたあと、逃げ出し、再び私たちの前に姿を現すことはありませんでした」と流される。それぐらいのことは清水氏だって理解できたはず。

 では、事実はどうだったのか。
「放送しないでくれ」というのは、オフレコの約束を求めるものである。記者はその約束に応じたのだと思う。これは記者として当然だろう。
「いや、放送する」と言えば、「では、口を閉じる」となり、取材にならないからだ。
 では、清水氏はどんな説明をしたのか。
(後述するが、説明をしていないかもしれない。 ややこしいのだが・・・)

 説明したとすればその説明は『現代宗教』のインタビュー記事にあると推測できよう。
 清水氏は、麻子さんのアトピーについて、こう語っている。

その人のアトピー症状は、家族による統一教会脱退説得が原因だという話にならない説明に対して怒りを禁じ得ませんでした。その人は統一教会に入る前からアトピーのアレルギーに病んでいた人で、家族が統一教会の脱退を説得した時にも、そして脱退後にも私が知る限りではアトピー症状は完全には良くなりませんでした。民間療法を受けていて統一教会を脱退した後、相当期間が過ぎて症状が悪化して入院したのです。アトピー症状はおかしな民間療法に依存した後のことであり、家族による統一教会脱退説得が原因だという主張は科学的な根拠が全くありません

 麻子さんが子どもの頃からアトピー体質だったのは事実だが、皮膚科に通うほどのことではなかった。したがって、「病んでいた」というのは明らかな誇張であり、自分の罪深さを糊塗するものである。

 それ以外はすべてといっていいほどデタラメである。


 
 事実を見ない・事実を記憶から消す情けない牧師

 事実はこうである。
 麻子は戸塚のアパートに移り住んでからすぐに、群馬時代から出始めたアトピー湿疹に悩まされるようになった。
 あれほど長く待ち望んでいた“安全な場所”を手に入れたというのに、自由を謳歌する余裕すらないほど、痒くてたまらなかった。
『我らの不快な隣人』103頁、これ以降、アトピーが悪化していく経緯の詳細を書いている)

 群馬時代とは、清水氏に監禁されていた時代という意味である。
 麻子さんは清水氏に脱会の意向を示したあと、3人の共同部屋(清水氏のカバン持ちとなって監禁されている教会員のマンションを訪問する、いわゆるリハビリ生活)を経て、比較的行動が自由になる1人部屋に移された。そのとき(心に傷を受けた)から、アトピーが出始めたのである。
 ちなみに、ストレス障害(SD)はトラウマ(T)を受けている最中にではなく、トラウマ後(P)に生じる。

 清水氏は、麻子さんの様子を間近で見ていたから群馬時代のアトピーのことは知っていたと思うが、戸塚(横浜)に戻ってからの麻子さんの心身の状態はまるで知らないはず。
 群馬後、ごくときたまだが、2人はメールでやりとりをしていた。そのときのメールを麻子さんから見せてもらったが、彼女は自分の健康状態のことは書き送っていない。   

 つまり、清水氏は麻子さんの「その後のアトピー」のことを知る由もないのだ。
 それにもかかわらず、アトピーは「おかしな民間療法のせい」と断じる。どういうことなのか。

 2人のメールのやりとりが終焉したのは、麻子さんがホームページ「夜桜餡」を2002年8月に開設してからである。
 このサイトは、麻子さんを強制説得した黒鳥、清水の両牧師に衝撃を与えた。なぜなら、強制説得の実態、脱会後のPTSDの苦しみが赤裸々に綴られているからだ。
 このサイトを閉鎖するための画策さえ行なわれようとしたことがあった。

 サイト内の「夜桜の苦悩4」 (2004年10月6日記)には、アトピーのことが正直に綴られている。

心の状態も、鬱である事が判っていたが、体も異常信号を発していた。
なんと背中がアトピー性皮膚炎になっていた。1996年5月に統一協会を脱会後、7月で神奈川で一人暮らしをはじめたが、その時から既に皮膚科に通わなくてはならなかった。皮膚科では、ステロイド剤を処方されて、背中に塗り捲った。しかしそれでもアトピーは治らず、悪化の一歩(ママ)をたどった。

ステロイド剤を塗っても、最初は一日効いたものが、半日しか効かず、徐々に効果は減り、薬の強さと量だけが増えていった。アトピーは背中から腹部、顔にも広がり、部屋を一歩外に出るだけでも、ホラー映画のモンスターのように、ぐしゃぐしゃのじくじく状態になった。
まるで、頭から熱湯を浴びた重症やけどの状態であった。そのため、97年4月と7月に入院を余儀なくされた。


 清水氏はこの文章を読んで、麻子さんの悪化したアトピーのことを知った。そして「ステロイド剤治療」を「おかしな民間療法」だとしたのだ。「ステロイド剤の投与」は医療保険が適用になっている標準治療であり、決して「おかしな民間療法」(保険はきかない)ではない。
 ひょっとしたら、ステロイド処方を「おかしな民間療法」と真に受け取ったのかもしれない。だとしたら、無知というしかない。
 
 事実はきわめて明瞭である。
 麻子さんは、黒鳥・清水の両牧師の拉致監禁説得が原因で、皮膚科に通わざるを得ないほどのアトピーに苦しむようになった。症状がより悪化したのは、大量のステロイド剤投与のリバウンドのせいである。

 アトピーが発症する以前の麻子さんの体験は以下のところに書かれている。
「夜桜の苦悩2
「夜桜の苦悩2」
 また、アトピーを含むPTSDの原因を、黒鳥牧師に指導されて行なった拉致監禁であると認識されたからこそ、「申し訳ないことをした」と、麻子さんの両親、兄弟、親戚は彼女に謝罪したのである。それを契機に麻子さんのPTSDは軽減の方向に。謝罪していないのは黒鳥、清水のお二人さんだけである。
 「監禁した側(親)と監禁された側(子)の対話」シリーズを、清水氏は無視してはならない!
 なにが「怒りを禁じ得ませんでした」だ。ふざけるな。嗤わせるな。
上記で紹介したブログのシステム障害は完全に復旧していない。「?」表記は、障害前は「丸付き数字」「-」「~」のいずれか。

 
イエスさえ裏切りかねない度し難い牧師

 清水氏が狡賢いのは、自分の罪が問われそうになると、原因を平気で無視するともに、標準治療をおかしな民間療法だとして、したり顔でアトピーの原因を民間療法のせいにしてしまうことにある。

 繰り返しになるが、アトピーが悪化したのは大量のステロイド剤の投与が原因だが、アトピーが発症したのは「拉致監禁」が原因である。
 清水氏はアトピーの引き金になった原因を無視し、悪化した原因だけを強調する。

 この度し難いほどの罪深き牧師は、自分を守るためには、罪をイエス・キリストになすりつけることだって、厭わないだろう。その結果、イエスが十字架にかけられようとも。

 同じように度し難いのは「北風と太陽」の管理人・kokoroさんだ。彼は、翻訳文を紹介する前に、『現代宗教』前編で、次のように書いている。

彼による説得によってPTSDによるアレルギー性皮膚炎を発症して苦しんでいるとされているSさんのことについても、統一協会の言い分の不当性を明らかにされた。


 イエスさえ裏切りかねない牧師の「アトピーはおかしな民間療法に依存した結果である」という説明を鵜呑みにし、「統一協会の言い分の不当性を明らかにされた」とまでいうのである。

 「夜桜の苦悩」を読めばすぐにわかる通り、統一教会の言い分ではないのだ。教団が麻子さんのPTSDに触れる(2009年7月以降)よりはるか以前(2004年10月6日)に、彼女は自分のサイトで自らのアトピーを自ら説明しているのだ。
 
 私はこれをもとに月刊『現代』で、「書かれざる宗教監禁の恐怖と悲劇」と題したルポを書いている。記事には麻子さんのアトピーの写真を使わせてもらった。
 このルポが載ったのは、やはり今から7年前の2004年11月号だった。
 清水氏が講談社や私に抗議してくることはなかったし、事実誤認の指摘もなかった。

 それにもかかわらず、こうしたことの一切を無視し、韓国の『現代宗教』に「アトピーはおかしな民間療法のせい」と、平気の平左で、デタラメを述べ立てる。そして、それを信じて、「統一協会の言い分の不当性が明らかにされた」と書く。
 正直、 頭がくらくらしてしまう。

 kokoroさんはこのご時世に労働運動(労働者の権利を守る運動)をしているというから少しはまともな人かと思っていたが、教会員だった自分の娘が清水氏の世話(?)で脱会できたからなのか、清水氏のトンデモ話を盲目的に鵜呑みにする度し難き人のようである。
 清水牧師の「取り巻き」と言われるのが気に食わないようだが、取り巻き以外の何者でもないではないか。

 どうして、アトピーに苦しんできた、そして今でもPTSDの治療を受けている元信者を、清水氏と二人三脚で足蹴にできるのか。 

 麻子さんはkokoroさんの娘さんと同じように、統一教会を脱会した人である。そうした人を平気で傷つけるのは、「清水氏のイエスマンだから」という以外の理由は見つからない。 一度、娘さんに自分の立ち位置を説明して、意見を聞いてみたらどうか。

(本題からずれる長い注)
 
正直に言えば、私は「北風と太陽」ブログには期待したことがあった。
 kokoroさんがブログを開設したのは、火の粉の3カ月前であった。私はブログを開設するにあたって、少しばかり他のブログを覗いたことがある。そんなときに目に飛び込んできたのが「北風と太陽」だった。
 「家族が求めるものは、何か」(2008年10月7日)、その次が「北風と太陽のテーマについて」(10月8日)。これを読んで、正直、しびれた。
 「新婦の涙」(10月24日)も、とても良かった。

 なぜ、感銘を受けたのか。
 まず、kokoroさんは父親としての自分の欠点を見つめ、それを正直にブログでさらけ出し、父と娘との関係を素直に綴っていこうとした、その心意気にであった。

 もう1つは、浅見定雄さんとの会話が影響している。
 いわゆるカルト批判の記事を書いてきた私は,統一教会問題に首をつっこむようになって、はじめて「脱会」なる言葉を聞いた。今から10数年前の話である。
 正直、面食らった。それまでは「辞めた」とか「足を洗った」とか「抜け出た」とか、つまり一般用語しか聞いたことがなかったからだ。
 それで、浅見さんに電話で教えを請うたのである。
<「脱会」とはなんぞや>(この頃は強制説得のことはまだ知らず)
 少々長話になったと思うが、結論はこういうことだった。

 脱会とは、組織に入るそれまでの当人の人間関係(親子・知人・社会関係)や人間性を、より豊潤化させる契機となる行為である。

 今でも、この定義は心に残っている。北大の櫻井教授のマインド・コントロール批判の論文も、こうした問題意識が背景になっていると思っている。

 その後、いくつかの体験手記を読んだが、「豊潤化」を予感させるようなものに出会ったことがなかった。
 そんなときに「北風と太陽」に出会ったのである。だから、しびれた。
 しかしながら、娘さんが嫌がったからだと思うけど、その後は父と娘の内面の動きの記述はすっかりなくなってしまった。
 その一方で、他の娘さんを傷つけることを平気で書くようになった。
 

 平気で虚言を弄す牧師


 話を戻す。
 先に引用した清水氏のインタビュー記事は、意図的なのか、あえて触れていない重大な問題がある。それについては、次回詳述するが、次の発言もまた問題である。

放送では私があたかも「キヨミ」さんを監禁したとか、精神病院に入れたとか、高額の報酬を受けたかのように編集されていましたが、私は彼女を監禁したことも、精神病院に入院させたこともありません。また報酬を受けたこともありません
 
 番組ではキヨミさんを説得した人の名前は伏せられていた。だから、「清水氏がキヨミさんを監禁した」と受け取った視聴者はいない。清水氏は「改宗誘導行為に関与する」牧師として紹介されているだけで、キヨミさんの拉致監禁に関与したとは語られていない。
 私も最初に番組を観たとき、キヨミさんの強制説得に関わったのは誰なのか。注意深く観たつもりだが、わからなかった。

 ところが、あとで調べてみると、キヨミさんを強制説得したのは、最初に日本基督教団の岩崎隆牧師、次いで同清水牧師だった。

 自分で関与したことを自覚しているがゆえに、清水氏は「私があたかもキヨミさんを監禁したかのように編集されている」と受け取ってしまったのだろう。語るに落ちるとはこのことである。

 同じように、番組は「(清水氏が)高額の報酬を受けたかのような編集」はされていない。
 SBSはキヨミさんの父親にストレートに報酬のことを質問し、父親は「ずいぶんかかりましたよ」と答えている。記者が畳みかけるように100万円くらいかと聞くと、父親は頷いている。そのシーンが放映されただけである。 映像を見て、「清水氏と謝礼金」のことが浮かんだ人は誰もいないだろう。また語るに落ちた。

 また、番組を何度も見たが、精神病院のことは説明には出てきたものの、清水氏が「精神病院に入れた」とは思った人は皆無だろう。実際、これまでの調べでは清水氏が信者を精神病院送りにしたことはない。被害者意識が強すぎる。 というより、精神病院のことを否定することによって、キヨミさんへの強制説得も、高額報酬のことまでも否定する「狡賢い作戦」なのかもしれない。


狡賢くて卑劣な牧師


 次の発言は、「平気で嘘をつく」といういつものパターンではない。

「現在、この事件は日本で法的訴訟が進行中です。」などといった解説がありましたが、これは完全な嘘です。「法的訴訟を起こすぞ」と今でも脅されていて法廷で話さなければならない内容であるから放送しないように取材をお断りしたのです。
  
 この一文を読んで、すべてを理解できた読者は少ないだろう。
 なぜなら、この一文には事実も含まれているからだ。

 番組では確かに、麻子さんの写真を見せるシーンで、「現在、この事件は日本で法的訴訟が進行中です」というナレーションが流されている。
 これは清水氏が指摘する通り、間違いである。

 麻子さんは一時期、両牧師を相手取って損害賠償請求の裁判を起こそうと考えたことがあるが、まだ提訴はしていない。ただし、現在もPTSDの治療を続けているから「除訴期間」は終わっていない。
 小さな子どものようにギャースカ・ピースカ喚き続けていると、ある日突然、行田教会の牧師館に東京地裁から出頭通知が届くかもしれないが、それはともあれ、法的訴訟が進行中というのは間違いである。

 また、私から「法的訴訟を起こすぞ」と今でも脅かされているというのも、全くの嘘ではない。
 清水氏が自身のブログ「カルトからの自由」で、私のことを「カルトごろつき」などと表現したので、「謝罪しなければ刑事告訴、民事提訴も辞さない」という通知文を清水氏に送った。
(おそらく、SBSはこの通知文のことを「法的訴訟が進行中」と勘違いしたのではないかと思われる)
【関連記事】は、「勝ち犬の遠吠え②-通知文」

 私も「謝罪しないと、法的措置も辞さない」といった通知文を何度か受け取ったことがある。そのような通知文を書くのは、記事で批判された側の当然の権利である。それを「脅かされている」と受け取ったことは一度もない。

 それなのに、清水氏は通知文を脅かされていると受け取り、『現代宗教』の記者にアピールする。さすが自己愛者とからかいたくなるが、清水氏が狡賢いのは、私の通知文のことをここであえて文脈とは関係なく取り上げたうえで「今でも脅されていて法廷で話さなければならない内容であるから放送しないように取材をお断りしたのです」と結んでいることにある。

 実に、小賢しいというか悪賢い牧師だと思う。
 なぜなら、私の通知文と、麻子さんのアトピーとはまるで何の関係もないからだ。
 
A・清水氏(黒鳥も!)が麻子さんを強制説得した。その結果、麻子さんは脱会後にアトピーを発症した。
B・清水氏が私のことを「カルトごろつき」などと書くので、通知文を送った。
(仮に私が提訴しても、書面でのやりとりになるのは「カルトごろつき」表記であり、のことは全く関係ない)

 AとBとの間に連関性はまるでない。

 ところが、狡賢い清水牧師はあえて連関させ、SBS記者の質問にAのことに回答できないのは、Bのことが原因しているからだと述べる。

 このようにわかりやすく説明すればなるほどと思うだろうが、『現代宗教』の記事を読めば、誰だって「清水牧師が正しいかも」と戸惑うはず。

 自己愛の崩壊を防ぐためには常人にはうかがえないような能力を発揮するのが、この牧師の特徴と言えよう。


 なお、私は米本和弘(ママ、和広 )という事実上統一教会のキャンペーンを担当している人物も、ためにする発言である。
 
 そもそもの話。
 統一教会が拉致監禁反対のキャンペーンを開始したのは2年前の09年7月からである。
 一方、私が拉致監禁に異を唱え始めたのは、『救いの正体』で「ルポ/ドキュメント・救出」を書いてからである。今から12年も前のことだ。
 そう言えば、清水氏と最初に会ったのは、このルポも収録した『教祖逮捕』が出版された直後の、全国弁連主催の秘密めいた会合の場であった。そのときには、清水氏を含め誰からも「統一教会のキャンペーンを担当している」などと難詰されたことはなかった。

 つまり、時間軸を取ってみただけでも、統一教会のキャンペーンと私の執筆活動との間に連関性はまるでない。それなのに、清水氏は先のAとBの話ではないが意図的に関係させようとしている。

【関連記事】は
「統一教会・徳野英治-記者会見の問題点-
「日本統一教会創立50周年記念式典に異議あり!」

(注)監禁擁護諸派は「統一協会のキャンペーン」とか「統一協会の拉致監禁キャンペーン」といった表現をするが、「統一協会の拉致監禁反対キャンペーン」と正しく書くべきだろう。そのように書かれていれば、読み手は<宗教団体が拉致監禁に反対するのは当然のことではないか>と思うはず。それゆえ「拉致監禁反対」を省略した表現には、作為性を感じる。


 最後に笑える話を一つ。
 清水氏はこの質問への回答の末尾で、こう書いている。
話の断片を切って編集したというのは、私に対して考えることができないほどの失礼を犯したのです

 失礼を犯したという表現は、「AはBさんに失礼を犯した」といった使い方が一般的で、自分で言うべき言葉ではない。清水さんは自己がすべてであるため、いつもこうした使い方をしてしまう。「俺は恩人」とか「実に無礼」とか。
 いい大人なのだから、「~編集したのは、私の名誉を明らかに毀損するものです」 と書くべきだろう。 まさにクスッである。

 取るに足る話ではないが、清水氏やkokoroさんが憤っていることについて、説明しておく。 彼らの怒りは2つのことに向けられている。
 1つは「話の断片を切って意図的な編集をしたこと」
 もう1つは、SBS放送局は「韓国内で増加し続けている統一教会の日本人妻の人生を取材している」といって「日本国内でこのような結婚に反対する方々が多いと聞いたので、その意見を反映させたいので、インタビューをお願いします」という取材の申し入れだったのに、実際の番組は全く違っていた。

 怒りはわからなくもないが、報道する側に立てば、前者は文句を言われる筋合いのことではない。
 テレビに限らず、記者は取材対象者から話を聞く。しかし、聞いた話をすべて(清水氏へのインタビューは3時間)紹介すれば、それだけで番組、原稿枚数は終わってしまう。そのため、記者は重要あるいは面白いと思った話の断片を主題に合わせて抽出する。
 番組が「日本の著名牧師・清水与志雄に聞く」というものだったらともかく、今回のSBSの編集作業に問題があるとは思えない。

 また、取材の申し入れ書と実際の報道が違っていたことも、問題がないとまでは言えないが、よくある話である。
 たとえば、ある事件に関して疑惑を持たれている人物がいるとする。記者はなんとしてでも面談をとりつけ、疑惑を問い質したいと考える。当然のことである。問題は取材申込書に「あなたの疑惑について問い質したい」と素直に書くかどうかである。それで応じてくれるのなら世話はないが、逆に警戒心を相手に与え、取材が全くできなくなる場合がある。
 そのために、記者はホンネを隠した申し入れ書を書く。こうした姿勢を是とするか非とするかは、人それぞれの価値観によるだろう。

 私は拉致監禁問題を監禁諸派に、ホンネを隠さず、取材の申し入れを行なった。
 結果は、清水氏が雑談に応じてくれた以外は、いずれも取材拒否だった。

 もし、SBSの記者が清水氏に「今利理絵さんやアントール美津子さん、宿谷麻子さんなどの説得について聞きたい」と申し入れた場合、彼が取材を快諾したとは100%思えない!いかが?

 私が清水氏を評価するとすれば、取材に応じたことである。
 脱会屋の宮村峻氏は取材を断った(番組で、電話口でSBSの取材申し入れにイチャモンをつけている声の主が宮村氏)。
 また、紀藤弁護士はテレビカメラに登場することなく、電話で霊感商法の問題点を語るだけだった。
 2人は、危険を察知したのだろう。
 これに対し、わが清水牧師は、韓国の国民に統一教会の問題点をアピールできると、SBSの取材申し込み書を半信半疑ながら信じ、取材に応じてしまった。素直に評価したい。



【資料】

【韓国SBSテレビ側とのインタビューで多くの部分が編集されたと聞きました。編集された内容はどんな内容ですか?】

SBS放送局は、「韓国内で増加し続けている統一教会の日本人妻の人生を取材している」といって「日本国内でこのような結婚に反対する方々が多いと聞いたので、その意見を反映させたいので、インタビューをお願いします。」ということで取材の申し込みをしてきました。私は当然私の意見を反映することだと判断してあらかじめ提示されたすべての質問に対する原稿を準備していました。ところが実際のインタビューは統一教会が組織的に行っているキャンペーンについての内容でした。それでも私は誠実に事実だけを話しましたが、その部分は大部分削除されました。また、私がお手洗いに行って本を取ってきて、インタビューの席に戻ったことがあったのですが、放送ではお手洗い行く私の後ろ姿を逃げているような映像として編集していました。通訳者がお手洗いに行っていた間にSBSの側から、私がかつて話をした女性の写真を見せました。私が知っている方の容貌とは違う印象だったので、初めは誰だか分かりませんでした。その人のアトピー症状は、家族による統一教会脱退説得が原因だという話にならない説明に対して怒りを禁じ得ませんでした。その人は統一教会に入る前からアトピーのアレルギーに病んでいた人で、家族が統一教会の脱退を説得した時にも、そして脱退後にも私が知る限りではアトピー症状は完全には良くなりませんでした。民間療法を受けていて統一教会を脱退した後、相当期間が過ぎて症状が悪化して入院したのです。アトピー症状はおかしな民間療法に依存した後のことであり、家族による統一教会脱退説得が原因だという主張は科学的な根拠が全くありません。またSBSでは私が彼女の写真を見て慌てているかのように編集しました実際に慌てたのは、私が写真の入手経路に対して質問した時、答えない訳には行かなかったSBS側のキム記者でした。
放送では私があたかも「キヨミ」さんを監禁したとか、精神病院に入れたとか、高額の報酬を受けたかのように編集されていましたが、私は彼女を監禁したことも、精神病院に入院させたこともありません。また報酬を受けたこともありません。SBSは私の名誉を傷つけました。証拠もなしで虚偽事実を放送したSBS放送に対して怒りを感じます。  そして「現在、この事件は日本で法的訴訟が進行中です。」などといった解説がありましたが、これは完全な嘘です。私は米本和弘(ママ、和広 )という事実上統一教会のキャンペーンを担当している人物から「法的訴訟を起こすぞ」と今でも脅されていて法廷で話さなければならない内容であるから放送しないように取材をお断りしたのです。断ったのに、話の断片を切って編集したというのは、私に対して考えることができないほどの失礼を犯したのです
関連記事

コメント

アトピーの件

私もアトピーでした。
だから、麻子さんの辛さはよくわかります。その辛さに対してあーだこーだ言う輩が大っ嫌いです。
kokoroさん、清水牧師、あなた方の娘さんが同じように苦しんでも、同じようなことを言えますか?

「麻子さんが子どもの頃からアトピー体質でだったのは事実だが、皮膚科に通うほどのことではなかった」
アトピーでありながら、皮膚科に行く程でもなかったということは、殆ど湿疹は出てなかったのだろう。

それが何故、急に発症したのか?そこから考えましょう。

アトピーの湿疹はとても痒いです。よく「かいちゃ駄目」と言いますが、とても我慢できるものではありません。我慢するということは拷問なのです。
私も一番酷い時期は血が出て皮がむけるまで掻いてました。お陰で肌に触れるものは血で汚染されていましたし、自分の周りには落屑だらけでした。
始終皮むけの状態ですので、空気に触れると痛かったので、首はタオルを巻いていました。
手は全部が皸状態で、水に触れたり、曲げたりすると悲鳴をあげるほど痛かったです。でも、痒くて痒くてたまらない時は後で痛いとわかっていても、掻かずにはいられないほど痒いのです。

そんな痒みが襲ったら、皮膚科に行くでしょう。そして、処方されるのはステロイド軟膏。
確かに最初の効きはいいです。
一時的な湿疹だったら、それで効いてその後は出てこないからいいでしょう。
でも、アトピーの場合は、また出てくるのです。そして、また薬をつけます。
それを繰り返していくうちに、だんだんステロイドの耐性ができて、効かなくなります。
そして、どんどん強いステロイド軟膏が処方されます。
そして、効かなくなります。

強いステロイド軟膏が効かなくなる、効いても一時的、始終塗らなきゃいけない地獄を想像したことありますか?

清水牧師とkokoroさんにあじあわせてあげたいです。あの痒みと痛みと出血と人前に出られない苦痛を。

そして、ステロイドを塗り続けると、皮膚は弱くなってきます。
皮膚は黒ずんでくるし、薄くなってきます。そうなると、掻くとすぐ皮向けて血が出てきます。

今は、「脱ステロイド療法」はよくないといわれているのでしょう。
確かにステロイドを急にやめるとリバンドで一気に酷くなります。

だけど、私がアトピーが酷かった時期は、けっこう「脱ステロイド療法」はあちこちで言われてました。
それを民間療法と言われればそれまでだけど、ステロイドでどんどん酷くなるアトピーを何とかしようと思ったら、意を決してそうするしかないのです。

それを民間療法をしたから、酷くなったとあたかも本人のせいにする発言をするのはどうなのですか?

そこまで酷いアトピーが出たのは何が原因ですか?

私は幼少時よりアトピーがあったし、皮膚科にもずっと通院していたし、ステロイドもずっと塗ってました。だから、私の場合はストレスとは関係ないです。

でも、麻子さんの場合は、ずっと出てなかったのに、いきなり酷くなったのですよ。しかも、かなりステロイドが効かなくなる速度が早いですよ。
それは、ストレスのせいではないのですか?そして、そのストレスは拉致監禁だ、と本人が言っているのです。

ストレスの原因は本人が一番よく知ってますので。

アトピーに関して、もう外野が馬鹿なこと言うのはやめてください。
私も、もう言いません。

私のこのコメントで、麻子さんを傷つけたかもしれません。
すみませんでした。

すばらしいわッ

 koyomi姉様って、すばらしいわッ。やっぱし、あたしが思った通りの元食口だったァわァッ。
 うれしいワッ。

 そうよねえ~。清水のぼくちゃんだって、ココロの父っぁんだって、娘がいるのよえね~。
 なに考えてるんだかッ。
 きっと、ノルウェー乱射事件で、人を殺しても、自分が何をしているのかわかっていない犯人みたいだワァ~。
 

 あたしの姪御だって、アトピーに苦しんでいたわ。口を挟めないぐらいに。

 清水+ココロ=÷2

 だいたい、惑わずをはるかに通り超して、干支をふたまわりして、人生のすべてがわかってるはずの米オッパと同じ、初老よですよォ~!

 それなのに、あなた方たちプラスアルファは、人の心の痛みがわからないのよねェ~。

 イムジン河に飛び込んだらッ。溺れて、苦しくなって、助けを求めたらッ?
 麻子さんと同じように・・・。

 アワワッ、与っちゃんと心ちゃんだけよォ。娘さんは別よォッ。おとっつあん方の人生と娘とは関係なし!

逃げ口上

<監禁擁護諸派は「統一協会のキャンペーン」とか「統一協会の拉致監禁キャンペーン」といった表現をする(中略)。「拉致監禁反対」を省略した表現には、作為性を感じる>

清水牧師とkokoroさんは、「すべて統一協会のキャンペーンだ」「統一協会の宣伝に騙されないでください」という煙幕を張ることで、一般大衆の問題意識を撹乱しているように見えます。

SBS報道番組=偏向番組、米本さん=偏向ライター、とレッテル貼りすることで、一般大衆がこの「拉致監禁」問題に関心を持つのを牽制しようというハラなんでしょう。

清水牧師もkokoroさんも、監禁に手を染めた過去を正当化して、少しでも良心の呵責を薄めたいのでしょうが、果たして、そんなことで「拉致監禁」の罪(意識)は消えるのでしょうか。

「拉致監禁」は許さない、という主張こそ正義です。牧師のくせに、堂々とそんなことも言えず、「自分はやっていない」と逃げ口上ばかりなんですから、説得力に欠けます。ウソが透けて見えます。

自己保身のために吐くウソの一字一句を検証される米本さんの姿勢に、心から敬意を表します。

kokoroさん、人間としての心を取り戻してください。






ご報告

【投稿にあたっての注意事項】に反するような投稿は、管理人のレス投稿を含め、一括して「博物館」に移動しました。

 ブログのテーマに即して、「清水牧師は嘘をついていない」とか「人を傷つけるようなことはしない」といったものであれば大歓迎ですが、「荒らし」もしくは「荒らしを誘発するようなコメント」はやめてください。


教団と桜美林と清水さん

日本基督教団は、清水さんが社会でやんちゃをしても、親切にしなければいけない理由があると思います。教団と清水家の長い信頼関係を持っているからです。
 清水さんのおじさん(父の弟)の半生がホームページに載ってました。
 http://rihe.hiroshima-u.ac.jp/html/-rireki-shimizu.html
 終戦には北京や瀋陽にてご苦労を知りました。桜美林学園の理事長を歴任されたとあります。
 記事から、清水家と桜美林学園は密接な関係を今も持っていると感じました。そしてその学園は、キリスト教主義の理念の学校です。その学園は近隣にある日本基督教団桜美林教会の教会牧師が学校牧師を兼任している。(Wikipedia)
 親の七光りと云うか、親族の七光り。

悪あがきが過ぎるのでは?

近頃の動きとして、清水牧師とその支援者たちは、宿谷麻子さんの体験談の信憑性をなくそうと躍起になっているように感じます。

本当に人の心を失くされたような発言が多いのですが、アトピーの悪化を「民間治療」を受けていたことにして、そのせいにしているのはその極みではないかと思います。

一番の問題は、やはり、医者でもないのに、原因を「民間治療」のせいだとしていることではないかと思います。

清水牧師は巧妙に「民間治療を受けた後に悪化した」とぼかしていますが、あくどい狡知が目立つだけで言っている意味は同じでしょう。
しかもこの話の辻褄を合せるために、


1996年5月に統一協会を脱会後、7月で神奈川で一人暮らしをはじめたが、その時から既に皮膚科に通わなくてはならなかった
    ↓
皮膚科では、ステロイド剤を処方されて、背中に塗り捲った。しかしそれでもアトピーは治らず、悪化の一歩(ママ)をたどった。
    ↓
97年4月と7月に入院を余儀なくされた

という話を、

その人は統一教会に入る前からアトピーのアレルギーに病んでいた人
    ↓
家族が統一教会の脱退を説得した時にも、そして脱退後にも私が知る限りではアトピー症状は完全には良くなりませんでした。
    ↓
民間療法を受けていて統一教会を脱退した後、相当期間が過ぎて症状が悪化して入院したのです。
    ↓
アトピー症状はおかしな民間療法に依存した後のことであり、家族による統一教会脱退説得が原因だという主張は科学的な根拠が全くありません。

という話に作り替えています。ただのちょっと皮膚が弱い状態だったのを、アトピーのアレルギー疾患を昔から患っていたという話に捏造し、それが持続していて、民間治療を受けた後に悪化・入院という話にすり替えているわけです。

こうして並べると経緯順列から、清水牧師が「ステロイド剤治療」のことを「民間治療」とし、それが原因であるとしていること明確にわかります。

なによりも、問題なのは、医者でもないのに病状の悪化を「ステロイド治療」でも「民間治療」でもよいのですが、そのせいにしているということでしょう。

病気というのは、医者が診断を行ったうえで判断を下すものです。
病状からこれこれこういう病気じゃないか?ぐらいは、その病気をよく知っていれば素人でも何となくわかりますが、原因は素人では判断の下しようがありません。

そうして、家族による統一教会脱退説得が原因だという主張は科学的な根拠が全くないと表現することによって、医者でもない人物(清水牧師自身?)が診断を行わずに行った判断が科学的な根拠を持つ判断であるかのように言ってわけですが、どこが科学的な根拠を持つ判断なのでしょうか?
判断する資格もない人間が、妄想と捏造を根拠して判断を行ったものではないかと?と私は思います。

自分の罪を逃れるために、軽々しく別原因を作りだす。そして、その話を何の検証もなく、手放しで、それが真実だと吹聴する取り巻きの人達。

清水牧師は、自分を守るために何でもあり、取り巻きはの人たちも「拉致監禁擁護」のためには何でもありのようです。

Re: 教団と桜美林と清水さん

 林さん、サイトの紹介ありがとうございました。

 清水氏の叔父さんの半生記、興味深く読ませていただきました。

 興味深かったのは次のことです。

その1・清水氏は行田教会のサイトで、「清水牧師の信仰の系譜」を載せています。
http://gyoda-church.jp/index5.html

 ここに載っているのは、祖父・祖母ばかりです。
 清水氏の叔父、清水畏三さんは半生記によれば、32年間にわたって清水氏の母校・桜美林大学(日本基督教団系)の発展に尽くしてきた人のようです。
 その叔父さんが「信仰の系譜」で紹介されないのはなぜなのか。これが興味をそそられたことのひとつです。

その2・清水畏三さんが桜美林大学に関わるようになったのは、1968年1月からとなっています。

 一方、清水氏が同大学に入学したのは1973年のこと。そして翌1974年に統一教会に入信しています。http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-207.html#moreを参照のこと。
 叔父さんにとっては「甥がやっかいな宗教に入った」と、頭が痛かったのではないでしょうか。

 このことに関連することですが、『現代宗教』の記事にはこういう記述があります。

「彼は一時統一教会に陥って20年余りを家族と断絶したまま生きてきた、またひとりの統一教会の被害者であった」
 これはチャジヒョン記者の言葉です。

 清水牧師は1974年に入信し、おそらく同志社大学神学部の大学院を卒業した1980年過ぎにはすでに辞めて数年が経っているはずです。

(※いま検索して気がついたのだが、前には掲載されていた清水氏の簡単な経歴が行田教会のサイトから消えている。私がブログで「桜美林大学入学のことが書かれていない」と書いたからなのか。だとすれば、わかりやすい人である)

 清水氏が統一教会に入信していたのは約8年間余りです。それなのに、どうして「20年余りを家族と断絶したまま生きてきた」のでしょうか。

 清水氏は遅くとも1980年代の後半(つまり入信後から10年余りして)、反統一教会の活動-強制説得の活動を始めるようになっています。それなのに、なぜ統一教会をやめてからその後10年近くも家族と断絶となってしまったのか。

 この部分は清水氏が語ってくれない限り、わからない闇の部分です。

 私は、清水氏が統一教会をやめ、そして反統一教会牧師になったにもかかわらず、「清水大ファミリー」の玄関を入ることが許されなかったのは、清水青年が桜美林大学で暴れた(激しく統一原理活動をした)ことが、叔父である畏三さんの容易に解くことのできない逆鱗に触れたからではないかと推測します。
 その逆鱗の激しさが、清水氏には不快きわまりなく、そのため清水氏は「信仰の系譜」に叔父の名前を載せていないのではないかと思います。

 あえて付け加えておきますが、チャジヒョン記者の解説はナンセンスそのものです。

 統一教会に入信し、そのことで家族と断絶になることを、彼は「(統一教会の)被害」とみなす。冗談ではない。統一教会に入信するのは、自己責任です。(このことは、清水氏が私に語った言葉でもある)

その3・清水畏三さんは、不破哲三氏と同窓の東大生だったことにも興味深さを覚えました。

 私は清水氏をコンプレックスの塊のような人だと思っていますが、父が医学部卒、叔父が東大卒ならば、「やはり」と確信しました。

その4・半生記にはこういう記述があります。

 いささか体験談を述べるなら…、東京は新宿で開かれた進学相談会で、朝から夕方まで坐っていても、受験生がだれひとり来てくれない。東海大学の担当者が慰めてくれた。創立当初、やはり同じような体験をしたという。やはり高校をひとつひとつ行商PRしなければならない。会津地方の田舎町では、腰までの積雪、タクシーなんか利用できない。長野地方の田舎高校では、寒い廊下で随分待たされた。哀れな屈辱体験である。

 こういう状態のときに、清水青年は祖父が設立した桜美林大学に進学した。だから、それがなぜなのか、不思議でならないとブログで書いたわけです。

※誤解されそうなので、言わずもがなのことを言っておきますが、桜美林大であろうと東大であろうと、中卒、高卒、大学院卒であろうと、私はまるで興味ありません。
 決定的に嫌なのは、東大だから俺は偉いんだとか、桜美林だから俺は偉くないんだとか、優劣意識を持っていることにあります。優越意識の人が何かがあるとすぐにコケてしまうし、劣等意識の人は何かがあるとすぐに優越意識になってしまう。

長文熟読感謝。林さん、サイトの紹介、再び感謝です。勉強になりました。

Re: 悪あがきが過ぎるのでは?

 鸞鳳、拙文をわかりやすく整理整頓していただき、ありがとうございました。

 鸞鳳さんの文章を読んで、改めて確信したことがあります。

 それは、清水さんの人としての本質です。

 「勝ち犬の遠吠え」 の最初のほうで、彼の特質を幼児性、残酷性と書きました。

 書いているうちに、彼の自己愛性が見えてきました。

 そろそろこの連載は終わりつつありますが、清水さんが清水さんであるのは、幼児性・残酷性・自己愛性によるのだと確信するようになってきました。

 これらがなくなれば、清水さんはもはや清水さんでなくなる。もし万が一、仏門にでも入って心を入れ替えることができるのならば、新しい「他者の痛みがわかる利他愛の清水さん」が誕生するのですが。

 連載の当初は、微かながら、そのような希いをもって書いてきた部分があります。しかし、もはや新しい清水さんになられることはないでしょう。

 前投稿は、林さんの投稿に触発されて書きましたが、いまの清水氏の人格形成にとって根が深いものがあるのでしょう。

 これから鬼籍の人になるまで、自分が問われるようなことがあれば、「ボクのせいじゃないよ」(自己愛性)と言い訳し、嘘をつき(幼児性)、他の責任にしてしまう(残虐性)。ラーメン・ソーメン・アーメンというしかありません。

幻影の虜囚

米本さん

鸞鳳、拙文をわかりやすく整理整頓していただき、ありがとうございました。

米本さんの視点は、納得がいくし、その鋭さはいつも感心させられています。
それで、米本さんの鋭い指摘に便乗して書かせてもらいました(笑)。

ところで、先の投稿では書かなかったし、米本さんも指摘されていないのですが、清水牧師の発言のうちかなり引っ掛かった個所があります。

「科学的な根拠」という語句です。これはかなり異様な感じがします。確かに医学的内容も科学のうちなんでしょうが、こういう場合あまり「科学的な根拠」という表現はしないように思います。

統一教会の教理では宗教と科学の統一が謳われています。それで、現教会員、元教会員を問わず、「科学的」という言葉にこだわる人が多くいます。そのことと考え合わせると、この清水牧師の表現はそれに影響されているように思えます。

ここらあたりを掘り下げて考えていくと、結局、清水牧師は、反統一教会牧師とか、拉致監禁を主導するとかしていても、統一教会の幻影に彼自身も囚われ続けているのではないかと感じてしまいます(つまり彼らが言っているリハビリが未完了)。

科学的根拠

鸞鳳さん
>統一教会の教理では宗教と科学の統一が謳われています。それで、現教会員、元教会員を問わず、「科学的」という言葉にこだわる人が多くいます。そのことと考え合わせると、この清水牧師の表現はそれに影響されているように思えます。

 なるほどです。
 清水さんが「科学的根拠」と書いたことにはさして気にも止めず、たんなるオタメゴカシかと読み流していました。

 麻子さんの湿疹を含めた様々な症状は、「拉致監禁を原因とするPTSDである」という彼女の主治医から手紙をもらっていたので、清水さんが「科学的根拠」といっても、<あんた、ドクターでもないのに、だいじょうぶかいな>という程度でした。

 なるほど、「幻影の慮因」ですかあ。ご教示、感謝です。

清水牧師に対する分析

先の投稿から、清水牧師の言動の整合的理解を行うために考えていました。

何故、統一教会の幻影に囚われ続けるのか?
何故、拉致監禁をおこなうのか?何故、自分は頭がいいと発言するのか?
何故、拉致監禁を行うことを、厳しく禁じるなどと表現するのか?

エトセトラエトセトラ

それで、最終的に行き着いたキーワードは、何気なく揶揄的に書いた「僕仕」と「認知的不協和」、そして「優秀」という単語でした。

清水牧師は自分自身に対して、自分は「優秀」でなければならないという義務を負っていると考えると、すべでが氷解してきました。

そう、清水牧師は優秀でなければならないのです。

清水牧師は、統一教会をやめました。やめた以上は、統一教会は、間違っていないる存在でなければなりません。
優秀な人間が、正しいところをやめるわけがありませんから。
しかし、統一教会が間違っているならば、その教理を一時的でも信じた自分は、その間違いを見抜けなかった自分は非優秀な人間になってしまう。
それはあり得ない。だから、自分は騙されなれてなければならない。でも、ただ騙されるのも、愚かな人間である。自分は優秀な人間なんだから、ただ騙されたわけではないはず。
洗脳された、マインドコントロールされてなければならない。

と清水牧師の深層心理は進んだのではないかと思います。

そして、「正しい」と思って統一教会に入ったということと「辞めた」という事実の認知的不協和と

「優秀な人間でなければならない」と「過去に間違った団体に所属した」ととの認知的不協和の

2重の認知的不協和に襲われているのではないかと思われます。

それで、清水牧師は、統一教会が間違っており、マインドコントロールしていることを自分自身に証明しなければなりません。優秀非優秀に関係なく、不可抗力であったことを証明しなければなりません。

そのため、信者をとっ捕まえて、洗脳・マインドコントロールを解いてやれば、統一教会が間違った団体であり、自分自身が洗脳・マインドコントロールされていた証明になります。
清水牧師にとり、拉致監禁は自分自身の正しさと、統一教会に所属したことが不可抗力であったことの証明行動であったのではないかと思われます。

加えて、清水牧師は自力で間違いに気がついた、他の人物は清水牧師に教えられなければ間違いに気付かない、ということは、清水牧師自身の優秀さを証明することができるのです。

だからこそ、「信者本人と会うことは厳しく自らに禁じてきました。」という発言が出てくるのでしょう。そう、清水牧師にとり、この拉致監禁は、第1に自らの正しさと不可抗力だったことの証明行動であり、自分自身が優秀であることの証明行動であり、清水牧師が渇望するすべてを与えてくれる行動であったからこそ、こういう発言が出てくるのでしょう。

清水牧師にとり、過去に統一教会に所属したいたことは事実であり、拭い難い汚点であり、自分が非優秀な存在である証拠であり、その清水牧師にとって事実は認知的不協和を醸し出します。いくら、統一教会が間違ったところであると証明しても、不可抗力であったことを証明しても、自分が優秀であることを証明しても、すぐにけし飛び、認知的不協和を醸し出します。

何度も何度も確認作業をやる必要があったのでしょう。

自分は優秀でなければならない、この一点のためだけに、彼は幻影の虜囚となり、自分自身の優秀さを証明するためだけに、非優秀でないことを証明するためだけに、拉致監禁にのめりこんでいった、と理解すれば、

マインドコントロール理論にすがりつく理由、自分自身が優秀であるかのような発言、拉致監禁をやめなければならなかったことを断腸の念で表現する理由が見えて来るように思います。

すべては自分自身の「優秀さ」のために。「僕仕」この肩書きこそが、清水牧師に似つかわしいと感じます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/274-6d9884c4