弁護士山口氏のコラムを評す(9) 

山口コラム(9)
小細工3

コラムが『弁連通信』に載った後の話である。

我らの不快な隣人』を書くにあたって、あらためて山口広弁護士に犯罪の教えを請うた。

彼がコラムで書いた犯罪は、「恐喝事件、薬事法違反事件、マイクロ過労運転の死亡事故、古参の信者大貫の殺人事件、韓国人夫が日本人妻を殺した事件など」であった。

山口氏は、恐喝事件(83年)マイクロ過労運転の死亡事故(88年)の判決文をファックスで送ってくれた。

 しかし、山口コラムによれば、2件以外にも統一教会員は数々の犯罪をおかしている。
山口氏に再度、丁寧に、お願いした。

「事件は2つだけではないでしょ。忙しいかもしれないけど、すべて送って欲しい。無知ゆえに知りたいんだから」

山口氏曰く。「もう勘弁してよ

しばし、開いた口は塞がらなかった。
あれほど私の無知を指摘し、統一教会身びいきライターという印象を与えたコラムを書きながら・・。

こう解釈するしかなかった。
2つ以外の事件は、教団とは関係なく信者個人の刑事事件。個人の前科を公開することは違法とされている。それゆえ、「勘弁して」ではないか。
ちなみに、判例に従うと、「古参信者大貫の殺人事件」と個人名をあげて書くこと自体、問題となる。



キリスト教会において牧師の犯罪事件(とりわけ性犯罪)は少なくない。
だからといって、親はキリスト教信者になった子どもを脱会させようとはしない。
数々の犯罪は、キリスト教組織とは関係なく個人の犯罪と認識しているからだ。
 最近、脱会説得牧師と同じ“正統派”プロテスタントに所属する「国際福音キリスト教会」(宗教法人・小牧者訓練会)の牧師が猥褻行為を行なっていたことが暴露されつつある。

ともあれ、わが脱会説得に携わるキリスト教の牧師は、統一教会員個人の犯罪と組織的犯罪とをゴッチャにして、信者家族に説明する。
「統一教会は犯罪者集団だ。いずれ犯罪の加害者になる。子どもを脱会させるには保護説得しかない」
タチの悪いプロパガンダである。

いや、そんな生やさしい評価ではすまない。拉致監禁によって、心的外傷に苦しみ、社会復帰ができなくなった元信者がいるのだから、犯罪的トークとさえ言ってもいい。

今から30年近く前の恐喝事件(青森事件)は個人の犯罪だが、統一教会の悪質商法に絡む事件ゆえに教団の責任が問われてもいい事件だと思う。
山口コラムが問題なのは、この事件と教団とはまるで関係のない個人の事件とを、意図的にゴッチャにして、統一教会は数々の犯罪をおかしているような印象を与えていることだ。

古参の信者大貫の殺人事件。韓国人夫が日本人妻を殺した事件。どんな事件かわからなくても、信者家族が読めば、わが子を拉致監禁してでも脱会させようと考えてしまうのではないか。
わが“人権派弁護士”の文章もタチが悪いプロパガンダだ。

いや、文章上レベルの話ではない。

山口弁護士たちは今利裁判で、清水与志雄牧師と黒鳥栄牧師と委任契約を交わし代理人となった。
その2人の牧師が宿谷麻子氏たちに重篤な心的外傷を与えた。そのことをルポで読んで知ったのにもかかわらず、コラムでは一語足りとも言及しない。これも「小細工」の一つである。


弁護士バッジを返上して、反統一教会組織の献身者になったらどうかと、皮肉の一つでも言いたくなる。


<追記>
 このところ(08年年秋以降)、統一教会員が経営する販売会社が相次いで摘発されている。大阪では薬事法違反、新潟や東京などでは特定商取引法違反(畏怖・困惑、不備書面の交付)の容疑である。いずれの事件も有罪となり罰金刑が下されている。
 
 しかしながら、ルポが載った『現代』は04年11月号、『我らの不快な隣人』が発売になったのは08年7月。前者を執筆した段階で刑事事件になったのは83年の恐喝事件と88年のマイクロバス過労運転事件の2つだけ。後者の08年夏までの段階ではこの2つの事件に加え、「SHINZEN」の会員の男性を住居不法侵入の疑いで逮捕、書類送検するという事件があっただけである(その後、不起訴)。

実際、『治安フォーラム』(08年8月号)では、警察官が「反社会的活動を続ける統一教会の実像」と題して、次のように明記している。
霊感商法や献金を巡る事案では、統一教会に対し損害賠償を求める民事訴訟が多数あったようだが、刑事事件として話題に上ることは少なかった
このあと住居不法侵入事件に言及しているが、霊感商法があれほど騒がれていたにもかかわらず、刑事事件として話題に上ることは少なく、小細工1で述べたように、検挙されたのは一件もなかった。

<この項は『我らの不快な隣人』232~233、381頁の注1を詳述しました>

弁護士山口氏のコラムを評す(10)「倫理を疑う(上)」へ

 興味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

関連記事

コメント

ご苦労様です

山口弁護士、『勘弁してよ』ですか?あはは。ネタが無いってことの証明だね。統一教会は犯罪者集団ではありません。みなさんわかりましたか?ま、特別商取引法違反とかね、素人集団が、いきなり会社作って商売やるからご迷惑おかけするんです。こういうのは、信者さんによく勉強して、商売してほしいですね。薬事法違反も、どうせ人参茶を売る際に、効果効能をしゃべっちゃったんでしょう。ダメだねぇ、人参茶は医薬品じゃあないからね。ご迷惑おかけした方々には申し訳ないです。各人が法律に従い処罰されますので、ご勘弁ください。 ま、犯罪者集団には程遠い事件ですね。 もっとさ、統一教会員が武装して、警視庁を襲撃するとかさ、そういうの無いの?それでこそ犯罪者集団・テロリスト組織だよね。ま、あり得ないけど。その程度の宗教法人ってことだな。これから、保護説得しようと思い詰めてる方々、やるだけバカみたいですよ!やめましょう。

マスコミについて

日本において新聞は必ずしも叡知や良心を代表しない。むしろ、流行を代表する。松下幸之助。まさに、反統一教会グループの言いなりになっている、信徒家族にぴったりの名言です。

私が監禁されていたとき、ある娘を説得したお父さんが「統一教会をやめたら娘は帰ってくると思ったのに今度は
教会から帰ってこなくなった(娘が反対活動を牧師と一緒にするようになった)」と寂しそうに言っていたのが印象に残っています。

何のための保護説得か。
親は子を自分の下に取り戻したい。
しかし牧師は統一教会をこの世から抹消したい。

私が監禁から逃げた後牧師は親のところに訪ね「娘さんは間違いはわかっているから大丈夫だ」と言った。
どこまでも自分を正当化する牧師。

みんなだまされないでほしい!


YURIさんへ

 体験に基づいた貴重な体験、ありがとうございました。
 統一教会をやめたのに家に戻らず牧師と一緒になって反対活動をしている人たちがどの程度いるかわかりませんが、全国に100人程度はいるでしょうね。
 ある父親が脱会説得者に、こう怒鳴ったことがあったそうです。
「俺は、娘の脱会は頼んだけど、あんたの情婦にしてくれと頼んだ覚えはない!」
 この情報は、ある反統一教会の立場に立つ人から教えてもらったものですから、信憑性は高いと思っています。裏付け取材の結果、この娘さんの所有マンションと脱会説得者の自宅とは歩いて行き来できる距離にあることがわかりました。しかし、静岡県に住む父親に質問する勇気はなく、やめました。
 この娘さんは12年間監禁された後藤徹さんや、荻窪のマンションに監禁されていた小出浩久さん(「拉致監禁をなくす会」代表)の説得にも出向いています。また、娘さんの前の賃貸マンションは後藤さんが監禁された荻窪のマンションから歩いて1、2分のところにあったこともわかりました。
年齢はそろそろ50歳。父親のため息が想像できます。

 以前、「YURI」さんは一筆一論を楽しみにしていると書いていただいたと記憶しています。次回は一筆一論です。また感想をお寄せください。

大和櫻さんへ

タイトル「マスコミについて」の投稿ですが、読むのに少々時間がかかりました。カギ括弧が抜けているからだとわかりました。

「日本において新聞は必ずしも叡知や良心を代表しない。むしろ、流行を代表する」(松下幸之助)

これだったら、意味がわかります。松下さんの意見に同感します。新聞記者ではありませんが、私も自省自戒いたします。

あっ、それと「YURI」さん。次回からタイトルに何か入れてもらうと、画面がアップしたときに読みやすいです。ご検討を。

了解ですo(^-^)o

米本さん、さすがにライターですね。私もどうしようかと思いましたが、なにしろパソコンがないので、携帯電話からの入力なので、面倒に思いそのまま、投稿してしまいました。以後努力しますね!それにしても、松下幸之助はやはりただ者ではありません。

監禁はすべてを破壊する

米本さんのYURIさんへのコメントを読んで、改めて監禁はすべてを破壊すると思いました。監禁した姉妹を自分の情婦にしたのは脱会屋Mr.Mですね。お父さんの気持ち、察するに余りあります。後藤さんも、12年5ヶ月の監禁で奪われた人生は取り戻せませんね。我が家はようやく監禁義父母と関係を回復しつつありますが、監禁がなければ十年以上前に始まっていた関係であると思うと、黒鳥・清水牧師、それを弁護した山口・紀藤弁護士に騙されなければ、初孫を抱っこさせて上げられたのにと思うに至り、本当に監禁は家族や本人のすべてを破壊すると改めて思います。コメントへのコメント失礼いたしました。

聖人からの警鐘

『この国(日本)にあるのは貧困ではなく、孤独と怠惰だ』(マザー・テレサ)虚構の家族。一人一人は孤独だ。そして安易に他人に依存する。監禁は象徴的事象。小細工弁護士、反牧、ひいては日本国民に聖人からの警鐘のその鐘の音は聞こえているだろうか。監禁被害者を一人ぼっちにしてはいけない。そして怠惰であってはいけない。力を合わせて、監禁撲滅に邁進すべきだ。なくす会に期待する。

大切なこと

『世界平和のために何が必要かですって?早く家に帰って、家族を大切にしなさい』(マザー・テレサ)統一教会は、本来このようなクリスチャンが文師を受け入れていれば、存在しなかった。しかし、選ばれた人たちが来なかったので、聖書にあるごとく、仕方なく我々路傍の乞食達を寄せ集めて統一教会は作られた。文師も『まさか君達と摂理をするとは思わなかった』と公言している。我々乞食にいきなり聖人の仕事を求めること自体が無謀だ、と私は常々思う。山口達が小細工をするように、統一教会もツギハキだらけの教会と言えるだろう。『家族を大切に』する信仰の器がない乞食集団なので、教会の事を隠す。それでいて献金として家の金(家族名義の金まで)を持ち出すから、反対派の恰好の餌食になる。聖人の言葉を実践できないで、どうしてメシヤの言葉を実践できようか!統一教会責任者には自戒していただきたい。組織問題については、米本さん容赦なく切り込んでください。我が友に、真に無礼な献金を求めた責任者を殴り飛ばして気絶させたツワモノがいます。このような自浄作用を働くメンバーが増える事を期待します。

『たしかなこと』by小田和正

『人生の最大の幸福は一家の和楽である。円満なる親子、兄弟、師弟、友人の愛情に生きるより切なるものはない』(野口英世)きっとそうなんだと思う。監禁なんかなければ、個人の信仰に少しだけ寛容さがあれば、山口達は小細工をしなくていいし、何より家族は平安でいられる。野口博士の言う通りだなぁ。いつの時代も、家族が一番大事。それをいま文師の息子さんが、世界中で大規模な大会を開いてひたすら人類に呼びかけている。『我々は神のもとに、ひとつの家族だ』と。きっとそれが、たしかなこと。ただ、その前にまず早く家に帰って自分の家族を大切にしよう。それが、まず一番『たしかなこと』私の好きな一曲。失礼致しました。

山口コラム(9)
小細工?

コラムが『弁連通信』に載った後の話である。

『我らの不快な隣人』を書くにあたって、あらためて山口広弁護士に犯罪の教えを請うた。

彼がコラムで書いた犯罪は、「恐喝事件、薬事法違反事件、マイクロ過労運転の死亡事故、古参の信者大貫の殺人事件、韓国人夫が日本人妻を殺した事件など」であった。

山口氏は、恐喝事件(83年)とマイクロ過労運転の死亡事故(88年)の判決文をファックスで送ってくれた。

 しかし、山口コラムによれば、2件以外にも統一教会員は数々の犯罪をおかしている。
山口氏に再度、丁寧に、お願いした。

「事件は2つだけではないでしょ。忙しいかもしれないけど、すべて送って欲しい。無知ゆえに知りたいんだから」

山口氏曰く。「もう勘弁してよ」

しばし、開いた口は塞がらなかった。
あれほど私の無知を指摘し、統一教会身びいきライターという印象を与えたコラムを書きながら・・。

こう解釈するしかなかった。
2つ以外の事件は、教団とは関係なく信者個人の刑事事件。個人の前科を公開することは違法とされている。それゆえ、「勘弁して」ではないか。
ちなみに、判例に従うと、「古参信者大貫の殺人事件」と個人名をあげて書くこと自体、問題となる。



キリスト教会において牧師の犯罪事件(とりわけ性犯罪)は少なくない。
だからといって、親はキリスト教信者になった子どもを脱会させようとはしない。
数々の犯罪は、キリスト教組織とは関係なく個人の犯罪と認識しているからだ。
注  最近、脱会説得牧師と同じ“正統派”プロテスタントに所属する「国際福音キリスト教会」(宗教法人・小牧者訓練会)の牧師が猥褻行為を行なっていたことが暴露されつつある。

ともあれ、わが脱会説得に携わるキリスト教の牧師は、統一教会員個人の犯罪と組織的犯罪とをゴッチャにして、信者家族に説明する。
「統一教会は犯罪者集団だ。いずれ犯罪の加害者になる。子どもを脱会させるには保護説得しかない」
タチの悪いプロパガンダである。

いや、そんな生やさしい評価ではすまない。拉致監禁によって、心的外傷に苦しみ、社会復帰ができなくなった元信者がいるのだから、犯罪的トークとさえ言ってもいい。

今から30年近く前の恐喝事件(青森事件)は個人の犯罪だが、統一教会の悪質商法に絡む事件ゆえに教団の責任が問われてもいい事件だと思う。
山口コラムが問題なのは、この事件と教団とはまるで関係のない個人の事件とを、意図的にゴッチャにして、統一教会は数々の犯罪をおかしているような印象を与えていることだ。

古参の信者大貫の殺人事件。韓国人夫が日本人妻を殺した事件。どんな事件かわからなくても、信者家族が読めば、わが子を拉致監禁してでも脱会させようと考えてしまうのではないか。
わが“人権派弁護士”の文章もタチが悪いプロパガンダだ。

いや、文章上レベルの話ではない。

山口弁護士たちは今利裁判で、清水与志雄牧師と黒鳥栄牧師と委任契約を交わし代理人となった。
その2人の牧師が宿谷麻子氏たちに重篤な心的外傷を与えた。そのことをルポで読んで知ったのにもかかわらず、コラムでは一語足りとも言及しない。これも「小細工」の一つである。

弁護士バッジを返上して、反統一教会組織の献身者になったらどうかと、皮肉の一つでも言いたくなる。


<追記>
 このところ(08年年秋以降)、統一教会員が経営する販売会社が相次いで摘発されている。大阪では薬事法違反、新潟や東京などでは特定商取引法違反(畏怖・困惑、不備書面の交付)の容疑である。いずれの事件も有罪となり罰金刑が下されている。
 
 しかしながら、ルポが載った『現代』は04年11月号、『我らの不快な隣人』が発売になったのは08年7月。前者を執筆した段階で刑事事件になったのは83年の恐喝事件と88年のマイクロバス過労運転事件の2つだけ。後者の08年夏までの段階ではこの2つの事件に加え、「SHINZEN」の会員の男性を住居不法侵入の疑いで逮捕、書類送検するという事件があっただけである(その後、不起訴)。

実際、『治安フォーラム』(08年8月号)では、警察官が「反社会的活動を続ける統一教会の実像」と題して、次のように明記している。
「霊感商法や献金を巡る事案では、統一教会に対し損害賠償を求める民事訴訟が多数あったようだが、刑事事件として話題に上ることは少なかった」
このあと住居不法侵入事件に言及しているが、霊感商法があれほど騒がれていたにもかかわらず、刑事事件として話題に上ることは少なく、小細工1で述べたように、検挙されたのは一件もなかった。

<この項は『我らの不快な隣人』232?233、381頁の注1を詳述しました>

弁護士山口氏のコラムを評す(10)「倫理を疑う(上)」へ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/22-d90309b8