“救出カウンセラー”の性犯罪&性の逸脱(上) 

“救出カウンセラー”の素顔(15)

 プロテスタント牧師の性犯罪

「お知らせ(23)」の記事、またそのコメント欄で、「随想 吉祥寺の森から」「産経新聞の記事」、さらに「日本聖公会・京都教区の事件対応を糺す会」をリンク(引用)して、プロテスタントの男性牧師による女性信徒への性の暴力のことを紹介しました。

「随想 吉祥寺の森から」(5月10日付)も合わせて読めば、加害者の名前は、以下の通りです。

・ 韓国人牧師卞在昌(ビュン・ジェーチャン)
・ ホーリネス平塚教会牧師の小松栄治郎(この教会は閉鎖。小松は『星の子どもたち』などの著者。現在、小松は平塚市で保育園「こひつじナースリー」を経営)
・ 日本基督教団・熊本白川教会の牧師粟津安和

・ 仙台ラブリ聖書教会の牧師藤本光悦
・ 埼玉県所沢市、クリスチャンフェローシップの神谷光匡
・ 浜松のハレルヤコミュニティーチャーチの榊山清志
・ 聖神中央教会の牧師永田保(韓国名は金保。事件の詳細は「聖神中央教会」。懲役20年の刑を受け、現在服役中)
 プロテスタントに分類できるかどうかはわかりませんが、
・ 「摂理」教団創設者の鄭明析(韓国で懲役6年の刑を受け、現在服役中。詳細は「摂理」

「お知らせ(23)」では、次のように書きました。
プロテスタントの牧師による統一教会信者への拉致監禁も許せませんが、それよりももっとひどいのは自分の教会の、自分を信頼しきっている信者に性暴力を振るうこと、そしてその牧師が所属する教団教派の本部組織が知らん顔をしている現実です。拉致監禁問題と通底するものがあります。

 この記事に対してYAMAさんから以下の投稿がありました。
正直驚きました。正統派のキリスト教と言われる教団でもこんなに性犯罪で、有罪判決を受けた人がいるとは・・。しかも謝罪もなく、現役牧師もいるとは驚きです。どの性犯罪牧師にも共通していることはカリスマ性。
拉致監禁の現場でも、絶対的な位置に君臨している牧師の犠牲になっている人がいるかも知れないと思うのは私だけでしょうか?


 この投稿を受けて、コメント欄でアナウンスした通り、予定を変更して、脱会説得者(男性)による女性統一教会員に対する性の暴力のことを取り上げます。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 “救出カウンセラー”の性犯罪


 この問題は、すでに拙著『我らの不快な隣人』の197?202頁(小見出しは「無法地帯」)で、取り上げている。2つの事例を紹介しているが、そのうちの1つの事例を拙著より詳細に書いているのは『収容所列島』(善本社)である。

 引用するのもおぞましい出来事が綴られている。

<改宗ホームとは、統一教会員を棄教させる目的で設けられた改宗専用のヤミの収容施設のことである>
<改宗ホームの正式名称は「新生会ホーム」といい、その経営主体は「原理被害者更生会」(会長・後藤富五郎)であった>(注1)
<後藤富五郎と共に新生会ホームを造ったもう一人の人物は丸山隆(統一教会の元信者)である。彼はホームの顧問をつとめた>
<丸山は、L子さんの両親から、L子さんが統一教会員となっていることを聞き、両親に統一教会を故意に悪く吹聴し、L子さんを新生会ホームに監禁することを承諾させた。それは、昭和51年10月3日のことである。>
<新生会ホームに収容されたL子さんは36日目に統一教会に対し脱会届を出した>

 ここから、丸山の性の暴力の描写が始まる。
<丸山は、彼女が脱会届を出した後の同年10月21日午後5時頃、L子さんを自分が住んでいた東京都練馬区のマンションに移した。そして同日午後10時半頃、L子さんがカギをかけて入浴していたところ、全裸の丸山隆は合カギでドアを開いて浴室に入り、L子さんに襲いかかった。
 L子さんは抵抗し、一度は丸山をドアの外に突き出した。しかし丸山はなおもドアを開いて浴室に入り、L子さんに襲いかった。
 L子さんは恐怖のあまり心神喪失の状態に陥ったところ、丸山はL子さんの局部を洗うなどの猥せつ行為をした。
 丸山はL子さんを寝室に連れ込み、そのあとあらかじめ強姦の目的で敷いておいた布団の上でL子さんを犯した。丸山は、L子さんが逃げたら、テレビで放映すると脅迫した。
 L子さんは逃げられず、同年11月5日から翌52年1月24日までの65日間、このマンションに監禁されていた。その間丸山はL子さんを何回となく犯した。>

<また丸山は同年12月9日と翌52年1月14日の2回、自身の寝室でL子さんを押さえつけて彼女の陰毛を電気カミソリで剃り落とした。これは刑法の傷害の罪に該当する。L子さんはたまりかねて52年1月24日、丸山のマンションから脱出した。>

<L子さんの手紙で事実を知らされた両親は、最初は「まさか丸山先生がそんなことをするはずがない」と言って、娘の言うことを信じなかった。しかし丸山の犯罪が明らかになるにつれて、L子さんの両親はもちろん、新生会ホームにわが子を入れた親たちは大きなショックを受けた。
この事件について後藤富五郎は「丸山が自宅でやったことだから、自分に責任はない」と責任逃れをした。>

<恥辱を受けたL子さんは同年4月5日、丸山隆と後藤富五郎らを逮捕監禁、営利誘拐、強姦、傷害などの罪で練馬警察署へ告訴した。そしてこの事件は、警察と検察庁で捜査が遂げられた。
 しかし、L子さんは、裁判になると、事件が公にされるのをおそれ、涙を呑んで告訴を取り下げた。もしL子さんが告訴を取り下げないで、断固処罰を求めていたら、その後の後藤らの違法、かつ非人道的な活動のブレーキになったと思われる。その点まことに残念というほかはない>


「まことに残念」という表現に、書き手の万感の思いが込められているように思える。

 確かに、L子さんが告訴を取り下げなければ、この猟奇的とも言える事件は、週刊誌やワイドショーなどマスコミで連日取り上げられていただろう。そうなっていれば、脱会説得者の性犯罪にとどまらず、「拉致監禁を手段とした脱会方法」も問題視され、80年以降の拉致監禁事件は発生しなかったのかもしれない。

 しかし、そうなっていれば、L子さんや家族たちは社会から好奇の目で見られ、立ち直ることができないほどの精神的打撃を受けたであろうことは間違いない。(注2)

 なお、拙著の前掲頁で書いたことだが、私はL子さんとは韓国で会って、インタビューしている。ここではそのことを繰り返さない。前掲頁を読んで欲しい。ひとつだけ言っておけば、L子さんの父親は事件から13年後の90年に、首吊り自殺をしている。

(注1) 後藤富五郎は「信仰切れず、鎖が切れた」の首謀者。後藤は「原理被害者更生会」の代表とともに、「原理運動被害者家族の会」の代表を務めていたこともあった。この会は、現在の「全国統一協会被害者家族の会」に引き継がれている。
 2つの「被害者の会」の歴史的関係は不明だが、前者の代表を長く務めていた本間てる子氏は、保護説得の創始者ともいっていい荻窪栄光教会の故森山諭牧師と近しい関係にあり、連携して脱会活動を推進してきた。また、後者の会の代表役・神保タミ子氏は同教会の信徒であり、彼女の『脱会』を読めば、荻窪栄光教会の牧師とチームを組んで、脱会活動をしていることがわかる。

(注2) 丸山のレイプ事件は反統一教会陣営においても有名になった話である。しかし、「原理運動被害者の会」や「原理運動を憂慮する会」などいくつもの反統一団体、それを支援する知識人は沈黙を貫いた。プロテスタントの牧師たちが数々の性犯罪事件を起こしても、キリスト教界が知らん顔をしているのと、体質的には同じなのだ。
 反統一教会の立場にありさえすれば、レイプ魔も黙認されるということなのか。怖い話である。

拉致監禁を容認あるいは黙認する元統一教会の女性信者のみなさんは、同性として、この事件にどんな感想を抱かれたのでしょうか。



このブログを書いていて、胸くそが悪くなったので、与野公園の薔薇(47種類2700株)を見に行きました。画像をクリックして拡大して、眺めてください。

2003_0223画像0001_convert_20100608161410 2003_0223画像0002_convert_20100608161713 2003_0223画像0004_convert_20100608162114 2003_0223画像0005_convert_20100608162519
関連記事

コメント

確かに胸くそが悪くなります。

私の問いかけに答えてくださり、ありがとうございました。この事件は、知ってはいましたが、私の説得者は、見事に否定していました。
 とても心が痛くなるような事件ではありますが、この手の事件は、表面化しない場合も多いと思います。もしかして、悩みを誰にも打ち明けられず、苦しんでいる人がいるかもしれない・・・。なんて思ってしまいます。
 実は偶然ですが、今日ある韓国映画を見ました。ネタバレになるので、映画のタイトルと、ストーリーは省きますが、この映画のヒロインは、15歳の時、いとこに強姦され、母親にそのことを泣きながら打ち明けるも、母親から「おまえが、だらしないから・・・」としかられ、家族にも黙っているようにと口止めされてしまいます。ちなみにこのヒロインの家は、敬虔なカトリックのお金持ちの家です。
こんな事が実際に脱会者の身に起きているかもしれません。(私の単なる憶測ですが・・・・)
 このような被害にあった場合、信仰を保ってたとしても、教会には戻って来づらいでしょう・・・。統一教会は、貞操が大事ですから・・・・。

涙が出てきました。

読んで、呆然としました。許せない!という怒りより先にショックでした。
拉致監禁を容認している弁護士も、推奨している父母の会もこの事実を知っているのですよね。それなのに、と思うと人間不信になりそうです。
拉致監禁によって、統一教会を脱会してよかったと言う人は多くいます。でも、拉致監禁はやるべきことではありません。拉致監禁説得推奨派は、特殊な事件と思っているでしょう。でも、どの男性説得者が起こしてもおかしくないことだと思うのです。それだけ権力を与えられているというのは、怖いのです。
うまくまとまらなくて、すみません。

続き

前の投稿に付け足します。映画のヒロインはそのあと、自分を強姦したいとこより母親をにくむようになります。そして自殺マニアになってしまうのです。脱会した人たちはみな幸せになっていると推進派の人たちは、自分たちの行動を正統化します。でもそうでしょうか?誰にも相談できない心の痛みかかえながら苦しんでいる人いないでしょうか?私の考え過ぎでしょうか?
つい先日もツイッターで脱会して何年かしてから幼い子供を残して自殺した人の情報を知りました。

丸山隆が元信者?

丸山隆が元信者?
よほど良心基準が低く最後の最後にくるべき者が間違って先にきたのか?
今、50代?後、20年生きてるか?どうか・・ 
あの世で被害者以上の苦しみを永遠に背負うことになりますね。
自業自得というものです。
裁きの神様が待っているので死ぬ間際がきたら本心が恐怖を感じるのでは?
「摂理」の偽再臨「鄭明析」も堕落天使同様です。
良心基準の低い「聖職者」は、傲慢で
謙虚さがないので魔に支配されやすいのかもしれませんね。紙一重?
所詮、堕落人間なので無私なる心で信仰するには、問題が多々あることを肝に命じること、どの宗教にも言えることで「自分の良心に従いなさい」
引っかかりのある人には、近づかない
ことも時には、善い選択だと思います。

ショックで言葉がありません。こんな人達が野放しになっているなんて、、ひどすぎる。こういう性犯罪にしても、監禁部屋で自殺者が出たことも、反対派たちは知らん顔して、、本当に頭にくる。いったい何のためにここまでして、、、拉致監禁に狂っているとしか言いようがない。自分たちのイエス様への信仰?お金?統一教会から救わなければという正義感???統一教会をやめさせたいんだったら、一生懸命信者を訪問して自分の話を聞いてくれと、訴えて尽くして、、その牧師さんの姿に統一教会以上の愛と感動と真実を感じたとしたら拉致監禁なんかしなくても自ら喜んでその牧師さんの教会に行くようになるんです。”そんな方法じゃマインドコントロールが解けない”とでも言ってくるんでしょうが、そんな言葉、もううんざりです。牧師が言ってる事のほうがつじつまの合わないこじつけみたいなことばかりでそれをどう信じろというの。訳の分からん人達です。「脱会するまで監禁」なんて方法をとるから、脱会したとしても心理的な傷、家族との信頼関係破壊、などと、いろんな後遺症が残る、、、。これに対してどう責任取るのか。ちゃんと考えて欲しいです。

不快な人達

ひどい!

犯罪集団

絶句した。しばらく言葉が浮かばなかった。感覚として浮かぶならこれは大犯罪だ。犯罪集団から脱会をさせましょうと決意させられて犯罪集団の手を借りる親ほど悲しいものはない。性犯罪によって一宗教に戻れなくするという事件を知ってしまった親には生きる選択はなかった。痛恨の極みである。あまりに痛ましい出来事である。
 閉じ込めた密室の女性に「俺はゴウカン牧師だ!」と言った人、罪の告白は主なるイエス・キリストの御前で行いたまえ。その状況からすれば、その発言だけでセクシャルハラスメントで有罪だ!

キリスト教の性犯罪

「不快な隣人」で読みましたが、あらためて酷い話だと再確認。

ところで「キリスト教 性犯罪」で検索したところ192000件ヒットしました。
一部転載。
http://blog.chiisana.org/?eid=711892
http://ameblo.jp/seiginokane/entry-10400053280.html
http://logsoku.com/thread/tsushima.2ch.net/news/1272559862/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E7%A5%9E%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%95%99%E4%BC%9A%E4%BA%8B%E4%BB%B6
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/mgfchurch/view/20090312/1236863115http://board.christiantoday.co.jp/read.php?id=599
  • [2010/06/14 17:02]
  • URL |
  • ユートピアコレクション
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

不作為の罪

 koyomiさんの「拉致監禁を容認している弁護士も、推奨している父母の会もこの事実を知っているのですよね」について。

 ブログで典拠した『収容所列島』は、善本社から出版された昭和59年(1984年)の本です。今でもアマゾンに注文すれば購入することができます。
 446頁の分厚くて、重い本(価格は3800円)ですが、少なくとも、反統一教会陣営のコアな人たち-弁護士・脱会説得者・各種被害者の会の役員-は当然読んでいると思いますよ。(そうでなければ、善管注意義務違反の民法の条項に精神的に違反します)
 そして、そのコアの人たちからその周辺の反統一教会びとに伝わっているはずです。決して入手しにくい本ではないのですから。

 ただし、95年以降(95年に根拠なし。アバウト)に元信者になり、いま反統一教会びとになった人は知らないかもしれません。
 それゆえ、「拉致監禁を容認あるいは黙認する元統一教会の女性信者のみなさんは、同性として、この事件にどんな感想を抱かれたのでしょうか」と質問した次第です。今のところ無反応なのはきわめて残念なのですが。
 おそらく、一件も投稿がないと思っています。彼らも統一教会と体質的にまったく同じだと思っていますから。違えばうれしいのだが・・・。

 私が執拗に拉致監禁のことを問題にしていることを、統一教会びとを含め、奇異に思っている人は少なくないと思っています。執拗なのは、ブログに書いたような情報を知ってしまったからです。まだいくつかあります。今後、明らかにしていくつもりです。

 『我らの不快な隣人』でこの事件をなぞるように書きましたが、詳述しませんでした。
 それは、あまりにもひどい描写を書かざるを得なくなるからです。
 今回、典拠した本を引用したのは、反統一教会びとが拉致監禁の深刻な問題をいまだまったくといっていいほど認識していないからです。相変わらず、統一教会対反統一教会といった白黒次元でしか、物事を捉えていない。私が統一教会に利用されているとか、統一教会に発破をかけているとか。ともかく次元が低すぎる。

(追記)ユートピアコレクションさんへ。リンクしていただいた最後のが検索できませんでした。再度、貼り付けていただければ、勉強になります。

(追記2)私がいま一番嫌なのは不作為の罪であります。知っていながら、知らない振りをして、何もしない罪です。
 私が拉致監禁のことを書かなかったからといって、パクられることはありませんが、100年のタームで見たら、どうなんでしょうかねえ。
フランスの内務大臣は逮捕されました。薬害エイズのことを知りながら、非加熱製剤を許可したままにしていた罪です。

あっ、そうそう

統一教会びとに忠告しておきます。

このブログを紹介してもらうのはいいのですが、自分たちが『収容所列島』という本を読まなかったのは、なぜなのか、そのことを釈明してからにしてくださいな。

これもすごいことになっているようです。

すみません。最後のURLはHPに飛びませんでした。元の検索結果です。Googleで「キリスト教 性犯罪」で検索した方が早いかもしれません。とにかく具体例が多い。聖職者の性犯罪はもはや蔓延といってもいい状態なんだそうです。
ためしに「仏教 性犯罪」「イスラム教 性犯罪」でも検索してみましたが、教義解釈などが主で具体例はほとんどなかった。性犯罪そのものが少ないのか単に事件になっていないのかは分かりません。


http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4DAJP_jaJP274JP274&q=%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e6%95%99%e3%80%80%e6%80%a7%e7%8a%af%e7%bd%aa
  • [2010/06/15 04:10]
  • URL |
  • ユートピアコレクション
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

そういえば

「我らの」でも拝見しましたが、あらためて記事でみて、
あまりにもひどい話に怒り、涙が出ました。
こんなことが許されてはいけません!!

しかし、統一教会サイドもこれを利用するなら同罪です。
最近、デモだの何だのいいますけど、
家に帰りたいのなら第三者と一緒に帰ればいいじゃないですか。
あんなに家族仲が良くなくて、PTSDの影響があった私でさえ
そうやって実家にかえっったことがあります。
心の問題も
もっとお互いを気にかけていれば、癒されるんではないでしょうか?

説教のときに強姦されたお姉さんがいたとか....
そんなことだけ強調しても
デモをして「私たちが安心して実家に帰れるように」って言っても
なんか、監禁に対する反対活動もポーズとしてしか思えない。
もっとやることはほかにあるんじゃないでしょうか。



そうそうユートピアコレクションさんのコメントで
ある韓国人のクリスチャンの話を思い出しました。

「私はイエスを信じてゆるされた。
私は未来の罪まですべて許された」

?????????????
なんかすごい言葉だと思ったのは私だけでしょうか?
どうかすると、イエスを信じれば罪を犯しても許されるので
何をしても良い、ということになりそうですよね。

もしかしてこんな考えがあるから
反牧たちも犯罪とわかることを平気でするのでしょうか?

それとも、考えたくはありませんが
統一教会員は人間ではないから何をしても良い
と考えているのでしょうか?

ともかく、どんな位置にあろうと、どんな思想をもっていようと
犯した罪の償いは
はっきりしてほしいものです。

イエス様の真意

マタイによる福音書7/15~23を読めばイエス様は「主よ、主よ」と言う者が天国に入るのではなく、ただ、天にいます父の御旨を行う者だけがはいるのである。不法を行う者どもよ。行ってしまえ。」と、はっきりおっしゃっていますよね。

信じるから救われるなんてイエス様の真意を全く理解していないんじゃないでしょうか?

日本の全てとはいいませんが、日本の教会は偽物(笑) 韓国人=強姦が文化 なんだから牧師する時点で性犯罪したいからだよ! 聖書の内容もわかってないないなんて信じれんわ(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/179-a2c78404