韓国での拉致監禁事件の報道 

ニュース(20)

「ニュース(27)」のコメント欄に、「なかよし」さんの以下の投稿が載りました。

<私も日本大使館、そして先日の記者会見に参加しました。大使館前でのデモの時、記者が「韓国でも全く同じ方法で、キリスト教牧師が親を扇動して拉致して、アパートに監禁して脱会を強要する事件が起こった。
 でも韓国では警察が介入して牧師は逮捕された」と言っていました。
 監禁された人の宗教は、異端と言われている「ハナニム教会」と「新天地」という教会だそうです。インターネットで調べたら今年の4月4日付けで新天地の信者に起きた事件についてでていました>

 なかよしさんに、ネットでの記事を、翻訳つきで、送っていただけないかとお願いしたところ、快諾していただき、先ほど届きました。それを紹介します。



 なかよしさんから送られたきたメールには、写真と記事がバランスよく配置されていたが、コピーすると、写真の部分が空白になってしまう。そのため、下記の「天地日報」をクリックして、写真を確認して欲しい。






[특별기획취재] ‘강제개종교육’ 눈감은 개신교… 호소할 곳 없는 피해자

[特別企画取材]
「強制改宗教育」 見てみぬ振りをするプロテスタント… 訴える所のない被害者

2010년 04월 04일 (일) 14:36:17 송태복 기자 xoqhr71@newscj.com
2010年 04月 04日 (日) 14:36:17 ソン テボック記者 xoqhr71@newscj.com


수면제 먹이고 수갑 채우고… 인권유린·종교자유 침해 심각
‘가족 등에 업은’ 개종목사 법망회피로 피해자는 갈 곳 없어

睡眠薬を飲ませ、手錠をかけて… 人権侵害、·宗教の自由侵害深刻
「家族の背にのった」 改宗牧師、法律の網を回避し、被害者は行く所なくて



大きな看板の横で、訴状の受け付けをしたことを示す紙を両手にもった女性の写真

▲ 안산상록교회 강제개종교육 팀을 대상으로 고소장을 접수한 개종교육피해자 ⓒ천지일보(뉴스천지)
▲アンサン、サンロク教会、強制改宗教育チームを対象に訴状の受け付けをした改宗教育被害者 ⓒ天地日報(ニュース天地)



[뉴스천지=특별기획취재팀] 본지 기획취재팀은 지난달 22일 개종교육 피해자들의 제보전화를 잇달아 받고, 개종교육이 가장 활발하게 이뤄지고 있는 경기도 안산에서 피해자를 직접 만났다. 현장에서 만난 피해자들은 당시 상황을 설명하며 공포와 두려움, 분노에 치를 떨었다. 그들은 그곳에서 ‘이단에 빠진 사람을 개종한다’는 미명 아래 경호원에 둘러싸여 강제로 끌려가거나 수갑에 채워진 채 이동하기도 했다고 말했다. 또 수면제를 탄 커피를 마시게 하고 거짓말로 유인, 폭력, 협박 등 가히 상상하기 힘든 방법으로 교육을 진행했다고 한다. 아래는 안산상록교회 진용식 목사와 소속 개종교육팀으로부터 개종교육을 받았다고 증언한 이들의 사례다.

[ニュース天地=特別企画取材チーム] 本紙企画取材チームは、先月22日、改宗教育被害者たちの情報提供に関する電話を相次いで受け、改宗教育が一番活発に行われている京畿道アンサンで被害者に直接会った。

 現場で会った被害者たちは、当時の状況を説明して恐怖と恐れ、怒りに非常にくやしがり、歯をくいしばった。
 彼らはその場所で「異端にはまった人を改宗する」という口実で、警護員に取り囲まれて強制に連れていかれるとか、手錠をかけられたまま移動したりしたと言った。
 また、睡眠薬を溶かしたコーヒーを飲ませて嘘をつき誘引し、暴力、脅迫など、とても想像しがたい方法で教育を進行したと言う。下はアンサン、サンロク教会、ジン ヨンシク牧師と、所属改宗教育チームから改宗教育を受けたと証言した人々の事例だ。


사례1. 맹장수술 후 실밥도 풀기 전 납치 감금

“맹장수술한 지 4일째, 집에서 휴식을 취하고 있는데 갑자기 엄마와 외가 친척들이 납치하다시피 질질 끌고가 차를 타게 했다. 안산상록교회 근처 원룸에서 6일 동안 감금된 채 정신병자 취급을 받으며 일방적인 설교를 들었다. 몸도 마음도 지쳐갔다. 하지만 여기서 나가야 한다는 생각이 번쩍 들었다.

실밥을 풀러 병원에 갔을 때, 동행한 사람의 눈을 피해 간호사의 핸드폰을 빌렸다. 언니에게 구해달라고 전화를 했고 언니가 경찰과 함께 찾아왔다. 그래서 간신히 그곳을 빠져나올 수 있었다.” 지난해 9월 전라남도 완주 소양면에 사는 A(26, 여) 씨가 6일 동안 겪은 일이다.

A씨는 “감금 당시 일주일 만에 몸무게가 5kg나 빠졌다. 집에선 1년 전부터 개종목사에게 교육비를 지불하며 개종교육을 받게 할 기회를 엿보고 있었고 납치할 때 소란피울 것을 대비해 몽둥이, 철사, 노끈까지 준비했다는 사실을 알고 충격을 받았다”며 “또 언제 끌려갈지 모르는 상황이다. 지금도 집에 들어갈 때면 항상 주변을 살피게 된다. 혼자서는 다니지 못하고 세 자매가 항상 같이 다닌다”고 말했다.

事例1. 盲腸手術後、抜糸前に拉致監禁

「盲腸手術してから4日目、家で休息を取っているのに、急に母と母方親戚らがまるで拉致するように私をずるずる連れて行って車に乗せた。アンサン、サンロク教会近くのワンルームで、6日間監禁されたまま精神病者扱いを受けて、一方的な説教を聞いた。身も心も疲れ果てていった。しかし、ここから出なければならないという考えがぱっとうかんだ。

 抜糸をするために病院へ行った時、同行した人の目を避けて看護婦の携帯電話を借りた。姉に助けてくれと言って電話をし、姉が警察といっしょに尋ねて来た。それでかろうじてその場所を抜け出て来ることができた」
 昨年9月、全羅南道、ワンジュ ソヤンミョンに住むA(26歳、女性) さんが 6日間苦難を味わった内容だ。

Aさんは次のように語った。
「監禁当時、1週間で体重が5kg減った。
 家では1年前から改宗牧師に教育費を支払って改宗教育を受けるようにする機会をうかがっていたし、拉致する時騒ぎ立てるのに備えて、棒、針金、腰ひもまで準備したという事実が分かって衝撃を受けた」
「またいつ連れていかれるかわからない状況だ。今でも家に入る時、いつも周辺を探るようになってしまう。ひとりでは出歩くことができず、三人の姉妹がいつも一緒に出歩く」



사례2. 눈떠 보니 개종교육 현장

지난달 3일 경기도 수지에서 B(29, 여) 씨는 은퇴한 아버지를 위로하러 회를 먹으러 가자는 부모 말에 별 의심 없이 길을 나섰다. 가족과 함께 회를 먹고 돌아가는 길에 차에서 졸다 일어나 보니 경기도 안산상록교회 근처 원룸이었다. 부모의 강권으로 7일 동안 감금된 채 상록교회와 원룸에서 개종교육을 받았다. B씨의 부모는 B씨가 자는 중에 핸드폰을 강물에 던져 외부와 연락을 차단시켰고, 개종교육자와 수시로 통화하며 지시를 받았다.

事例2. 目覚めて見たら改宗教育現場

 先月3日(3月3日)、京畿道スジで、B(29歳、女性) さんは退職したお父さんをはげましに刺身を食べに行こうという両親の言葉に、特別疑いもなく家を出た。
 家族と一緒に刺身を食べて家に帰る途中に車の中で眠って起きて見たら、京畿道 アンサン サンロク教会近くのワンルームだった。
 両親の強権で、7日間監禁されたまま、サンロク教会とワンルームで改宗教育を受けた。Bさんの親は、Bさんが寝ている間に携帯電話を川に投げ捨てて、外部と連絡を遮断させ、改宗教育者と随時に通話して指示を受けた。



사례3. 개신교계 대학교에서 강제 휴학 당해

지난달 30일 포털사이트 다음 아고라에 ‘종교 때문에 학교에서 쫓겨났습니다’는 글이 올라왔다. 경북 포항에 거주하는 대학생 C군의 글이었다. C군은 기성교회에서 이단시하는 신천지예수교회를 다닌다는 게 알려지면서 학교로부터 강제 휴학을 당했고 개종교육까지 받았다고 말했다. 그는 글에서 “충남 서산의 한 모텔에서 개종교육 목사의 사주 하에 부모님으로부터 각목으로 맞기도 하고 칼로 협박을 당하기도 했다”고 말했다.



事例3. プロテスタント系大学で強制休学させられる

 先月30日、ポータルサイト、ダウムのアゴラに 「宗教のため学校から追い出されました」という文が挙げられていた。
 慶北、ポハンに居住する大学生、C君の文だった。
 C君は既成キリスト教会で異端視する新天地イエス教会に通っているというのが知られてから、学校から強制休学させられ、改宗教育まで受けたと言った。
 彼は文の中で 「忠南、ソサンのあるモーテルで、改宗教育牧師のけしかけの下に、両親から角材で殴られたり包丁で脅迫されたりした」と書いている。


契約書の写真

▲ 개종교육에 끌려간 피해자 가족에게서 발견된 원룸계약서. 강제개종교육은 2009년 9월 맹장수술 직후에 이뤄졌으나 원룸계약은 10개월 전인 2008년 11월에 이미 이뤄졌다.ⓒ천지일보(뉴스천지)

▲改宗教育に連れていかれた被害者家族側から発見されたワンルーム契約書。強制改宗教育は2009年9月の盲腸手術直後に行われたがワンルーム契約は、10ヶ月前の2008年11月に前もって作成されていた。ⓒ天地日報(ニュース天地)


제보자의 증언에 따르면 자신의 가족들이 강제개종교육 댓가로 교육비(하루 약 15만원)와 근처 원룸비(보증금 500만 원/월세 35만 원) 등 만만찮은 비용을 지불했다고 한다. 피해자들은 “개종교육을 받도록 요청한 사람은 가족이지만, 결국 개종교육자들이 교사(唆)한 것이다”며 개탄했다.

결국 가족이 요청했으니 경찰의 보호도 제대로 받지 못한다는 것이다. A씨를 구출했던 언니는 “동생의 연락을 받고 경찰에 도움을 요청했지만 ‘부모와 같이 있는데 무엇이 문제냐’며 처음엔 동행하지 않으려했고 미온적으로 대처했다. 그래서 ‘검찰’에 말해서 해결하겠다고 하자 그제야 동행했다”며 “부모가 개종목사의 꾐에 빠져 자식을 감금하게 된 상황을 잘 이해하지 못하는 것 같았다”고 말했다.


 情報提供者の証言によれば、自分の家族たちが強制改宗教育代価で教育費(一日約15万ウォン)と近く、ワンルーム費(保証金 500万ウォン/家賃 35万ウォン) などばかにならない費用を支払ったと言う。
 被害者たちは「改宗教育を受けるように要請した人は家族だが、結局改宗教育者たちが企んだ事だ」と憤慨した。


 警察は、結局家族が(強制改宗教育を要請したから、警察の保護もまともに受けることができないというのだ。
 Aさんを救出したお姉さんは 「妹の連絡を受けて警察に助けを要請したが 『親と一緒にいるのに何が問題か』と初めは同行しようとしなかったし、中途半端に対処した。そのため、検察に言って解決すると言うとやっと同行した」とし、
「親が改宗牧師の誘いに唆されて、子供を監禁するようになった状況をよく理解することができないようだった」と言った。


通帳写本の写真

▲ 개종교육을 위해 피해자 남편이 한국기독교이단상담소에 상담비 50만 원을 입금한 통장 사본. ⓒ천지일보(뉴스천지)

▲改宗教育のために、被害者のご主人が韓国キリスト教異端相談所に相談費50万ウォンを振り込んだ通帳写本。ⓒ天地日報(ニュース天地)


부모들이 이처럼 자녀의 인권침해나 후유증을 무릅쓰고서라도 개종교육을 받게 하는 이유는 무엇일까. 피해자들은 지난 2007년 신천지교회에 대해 방영했던 MBC PD수첩의 왜곡보도와 개종목사의 거짓증언 때문이라고 입을 모았다.

그들은 PD수첩이 2회에 걸쳐 신천지교회가 사이비집단이며 감금, 폭행을 일삼는 단체라고 방송하고 2009년 10월 결국 정정·반론하는 사과방송을 냈음에도 최초 방송분의 여파가 시청자들에게 깊이 남아있다고 했다. 더불어 개종목사가 전국 기성교회를 돌며 이단세미나를 통해 신천지교회를 악의적으로 비방하기 때문이라고 주장했다.


특히 지난해 8월초 경호원 3명에게 납치돼 약 34일 동안 개종교육을 받았던 경기도 안양의 D(26, 여) 씨는 “개종목사가 신천지교회에 대한 허황된 말을 부모에게 집중적으로 가르친다”며 “부모들은 그런 거짓 정보를 듣고 자식을 구해야 한다는 생각에 이성을 잃게 된다. 개종 목사가 이런 면을 악용해서 반인륜적인 행위를 하고 있다”고 말했다.


 親たちがこのように子供の人権侵害や後遺症を承知しながらも、改宗教育を受けるようにする理由は何だろうか。
 被害者たちは、去る2007年、新天地教会について放送したMBC「PD手帳」(※番組名?)の歪曲報道と、改宗牧師の偽った証言のためだと口をそろえて言った。

 彼らは「PD手帳」が2回にわたって、新天地教会がサイビ集団で(*たぶんカルと集団と同じことだと思います)、監禁、暴行にあけくれる団体だと放送し、 2009年10月月に、結局、(MBCテレビは)訂正·反論する謝罪放送をしたけれども、最初の放送分の余波が視聴者たちに深く残っていると言った。

 また、改宗牧師が全国既成キリスト教会を回って異端セミナーを通じて、新天地教会を悪意的に批判するからだと主張した。

 とくに、去年8月初旬、警護員3人に拉致されて約34日間、改宗教育を受けた京畿道 アニャンのD(26歳、女性) さんは
「改宗牧師が新天地教会に対するありもしない事を親に集中的に教える」
とし、
「親たちはそういう偽った情報を聞いて、子供を救わなければならないという考えに理性を失うようになる。改宗牧師がこういう面を悪用して、反人道的な行為をしている」
と言った。


“이단은 구원 없어서 그냥 두면 안돼” 인권침해 ‘나몰라라’ 하는 이유

한국기독교총연합회(이하 한기총)에 등록된 국내 개신교 교단은 총 66곳이며 이 중 80%에 달하는 52곳이 장로교단으로 등록돼 있다. 장로교 창시자인 칼빈은 프랑스 출신으로 마르틴 루터의 종교개혁에 영향을 받아 천주교에서 개신교로 개종했다.

그는 개신교 전파에 큰 공을 세웠지만, 혹독한 정치와 이단 정죄로 국민들의 자유를 억압하고 20여 년 동안 독재 권력을 휘둘렀던 것으로 악명이 높다. 종교를 자신의 정치권력 유지 수단으로 악용했다는 것이 일부 역사학자의 평가다.

국내 개신교 대부분이 칼빈이 창시한 장로교에 소속돼 있다 보니, 자연히 칼빈의 열심을 옹호하는 차원에서 이단 정죄로 인한 인권침해를 문제 삼지 않는 분위기다. 짧은 기간에 폭발적으로 장로교 신도가 증가하면서 칼빈의 열심과 배타적 종교관도 보편화된 것으로 보인다.

개신교에서 이단 규정은 신학자와 목회자를 중심으로 이뤄진다. 이단 규정으로 인한 피해를 호소하는 교단이 늘면서 개신교 내에서 ‘이단’이라는 낙인은 하나님보다 무섭다는 농담 아닌 농담이 나돈다.

대한예수교장로회 합동정통교단 총회장을 지낸 조모(73) 목사는 “개천에 자식이 빠지면 가만두겠느냐, 이단은 구원이 없어서 그곳에 가게 두면 안 된다”며 일명 이단 신도에 대한 개종 강요에 동조했다.
또한, 대부분의 목회자가 자신과 같은 생각을 하고 있다고 했다. 목회자가 이렇다 보니 850만에 이르는 개신교인 대부분은 종교 강요를 당하는 피해자의 인권침해를 당연시하거나 오히려 피해자들이 거짓말을 한다고 일축하는 것이 현실이다.

개신교인이 믿는 신의 아들 예수는 유대교 입장에서는 이단의 괴수였으며, 개신교는 천주교의 이단이었다. 지금의 개신교 지도자 대부분은 천주교를 이단이라고 치부한다. 이러한 이단 논쟁은 기독교 내의 정통과 이단 기준이 시대나 사람에 따라 변한 증거이기도 하다.

교단 내 이단 시비로 얼룩지고 타인에 대한 인권침해 논란이 끊이지 않는 곳이 오늘날 한국 개신교다. 개신교가 전파하는 예수는 ‘사랑’이지만, 타인의 인권침해마저 당연시하는 개신교 지도자에게서 ‘예수의 사랑’을 발견하기란 어려워 보인다.




“異端は救いがないのでそのままにしていてはいけない” 人権侵害 知らん顔をする理由



 韓国キリスト教総連合会(以下韓キ総)に登録された国内プロテスタント教団は総66ヶ所で、この内80%に達する52ヶ所が長老教団に登録されている。長老教創始者であるカルビンはフランス出身で、マルチンルターの宗教改革に影響を受けて、カトリックからプロテスタントに改宗した。


 彼はプロテスタントの伝播に大きい功を立てたが、残酷な政治と異端を罪と定めることで、国民の自由を抑圧して、20年余りの間、独裁権力を振り回したことで悪名が高い。宗教を自分の政治権力維持手段に悪用したということが一部歴史学者の評価だ。


 国内のプロテスタントの大部分が、カルビンが創始した長老教に属しているので、自然とカルビンの思想を擁護する次元から異端を罪と定めることによる人権侵害を問題視しない雰囲気だ。
 短い期間に爆発的に長老教信徒が増加しながら、カルビンの思想と排他的宗教観も普遍化されたように見える。


 プロテスタントで異端規定は神学者と牧師を中心に成り立つ。異端規定による被害を訴える教団が増えながら、プロテスタント内で 「異端」という烙印は神様より恐ろしいという冗談にならない冗談が出回る。


 大韓イエス教長老会、合同正統教団総会長を勤めたチョ(73)某牧師は
「小川で子どもがおぼれたら放っておくのか。異端は救いがないのでそこへ行くように放って置いてはいけない」
 と、異端と言われる信徒に対する改宗強要に同調した。


 また、大部分の牧師が自分のような考えをしていると言った。牧師がこんなことだから、850万人にのぼるプロテスタントの大部分は宗教強要される被害者の人権侵害を当然視するとか、むしろ被害者たちが嘘をついていると問題視しないのが現実だ。


 プロテスタント信者が信じる神の息子イエスはユダヤ教の立場では異端の頭だったし、プロテスタントはカトリックの異端だった。今のプロテスタント指導者の大部分はカトリックを異端だと心に刻んでいる。このような異端論争はキリスト教内の正統と異端基準が時代や人によって変化した証拠でもある。


 教団内で異端是非でこんがらがって、他人に対する人権侵害の非難が絶えない所が今日韓国プロテスタントだ。プロテスタントの伝えるキリストは ‘愛’だが、他人の人権侵害さえも当然視するプロテスタント指導者から ‘キリストの愛’を見つけるのは難しく見える。




전문가들이 본 개종교육 실태

- 종자연 “이단규정은 일방적 주장”
종교자유정책연구원(종자연)의 한기남 사무처장은 “개신교에서 이단 규정은 개신교 내부의 일방적 주장일 뿐 그것을 빌미로 개종을 강요하는 것은 심각한 인권침해”라고 지적했다.

한 사무처장은 “개신교 계열의 대학에서 채플을 한다는 명목으로 안에서 문을 잠그는 것도 인권침해”라며 “개신교 지도자나 신도들이 전도를 명목으로 타인에게 자신들의 종교를 강요하는 행위는 오래된 사회 문제”라고 주장했다.

그는 “흔히 듣는 ‘불신 지옥 예수 천당’이라는 개신교 전도 용어도 다종교 사회에서는 지양해야 할 표현”이라고 했다. 타 종교인 입장에서는 ‘그럼 나는 지옥에 가란 말이냐’라는 생각이 들 수 있다는 것이다.

한 사무처장은 “최근 안양의 모 고등학교가 개신교 교리 수업을 강요해 사회적 논란이 되었지만, 막상 사실을 규명하려 하자 피해를 주장했던 학생들이 내신에서 불리한 점수를 받을까 봐 피해 사실을 부인했다”면서 “종교관련 인권침해 피해자 대부분은 상대가 가족이거나 자신과 밀접한 관계에 있어 적극적인 처벌을 호소하지 못하고, 이로 인해 가해자 처벌에 어려움이 있다”고 했다.


専門家が見た改宗教育の実態

-宗自研 “異端規定は一方的主張”

 宗教自由政策研究員(宗自研)のハン ギナム事務処長(所長)は次のように指摘した。
「プロテスタントで異端規定はプロテスタント内部の一方的主張であるだけで、それにかこつけて改宗を強要することは深刻な人権侵害だ」

 ハン事務処長はまた、次のように主張した。
「プロテスタント系列の大学でチャペルをするという名目で、中からドアの鍵をかけることも人権侵害である。プロテスタント指導者や信徒たちが伝道を名目で、他人に自分たちの宗教を強要する行為は昔からの社会問題だ」


 彼は「よく耳にする『不信は地獄、イエスは天国』というプロテスタントの伝道用語も、多宗教社会では改めなければならない表現」と言った。他宗教である立場では「それじゃ私は地獄へ行けというのか」という気がするというのだ。

 ハン事務処長は「最近アニャンの某高校がプロテスタント教理の授業を強要して社会的に非難されたが、実際に事実を糾明しようとしたところ、被害を主張した学生たちが内申書で不利な点数をつけられるかも知れないと被害事実を否認した」とし、
「宗教関連の人権侵害被害者の大部分は、相手が家族だったり自分ととても親しい関係であったりで積極的に処罰を訴えることができず、これにより加害者処罰に困難がある」と言った。





- 인권연대 “일관된 피해 입증 중요”
인권연대 김희수 변호사는 “종교를 강요당하는 피해자들은 외부와 연락이 두절된 상태에서 끌려가기 때문에 피해 사실 입증이 어렵다”며 “피해를 호소해도 증거불충분으로 가해자 형사처벌에 어려움이 있다”고 했다. 또한 “이러한 피해 입증에 가장 중요한 것은 담당 검사나 판사에게 강력히 처벌을 호소하는 피해자의 일관된 자세”라고 강조했다.

그는 강제개종교육 피해자들이 일부 경찰의 미온적 태도에 불만을 표시한 것과 관련해 “경찰 입장에서 피고소인이 죄가 없다 판단될 때 고소를 취하하도록 하거나, 상호 조정을 하는 것은 흔히 있는 일이지만, 피해자가 가해자에 대한 엄중한 처벌을 원했음에도 고소 취하를 언급했다면 직권남용”이라고 말했다. 또 “감금이나 납치 사실을 신고 받고도 경찰이 즉시 출두하지 않았다면 이는 엄연한 직무유기”라며 “이를 증명하기 위해서는 가능한 서류로 신고 접수하고 도착시각 등에 대한 물증을 남기도록 해야 한다”고 조언했다.

특별기획취재팀
송태복 기자 xoqhr71@newscj.com
손성환 기자 cjssh@newscj.com
박미혜 기자 mee@newscj.com


-人権連帯 “一貫された被害立証が重要”

 人権連帯の金ヒス弁護士は 「宗教を強要される被害者たちは外部との連絡が絶たれた状態で連れていかれるから、被害事実の立証が難しい」とし、「被害を訴えても証拠不十分で、加害者の刑事処罰に困難がある」と言った。
 また「このような被害立証に一番重要なことは、担当の検事や判事に強力に処罰を訴える被害者の一貫した姿勢」と強調した。


 彼は、強制改宗教育の被害者たちが一部警察の中途半端な態度に不満を表したことに関して
「警察の立場で被告訴人が罪がないと判断される時、告訴を取下げするようにするとか、相互の調整をすることはよくあることだが、被害者が加害者に対する厳重な処罰を望んでいたにも関わらず、告訴取下げを言及したら職権乱用だ」
と言った。また、次のように助言した。


「監禁や拉致の事実の申告を受けても、警察が直ちに出動しなかったら、これは厳然な職務遺棄であり、これを証明するためには可能な限り書類で申告の受付をして、到着時間などに対する物証を残すようにしなければならない」


特別企画取材チーム
ソン テボク記者
ソン ソンファン記者
バク ミヘ記者


-若干の感想と推測-

 この記事に関連する参考記事は「クリスチャン新聞」 。この新聞の発行は「いのちのことば社」で、保護説得を推奨するような本を出版している。
 クリスチャン新聞の記事に名前が出ている在日韓国基督教総協議会」に所属する一部の在日韓国人牧師は、統一教会員の拉致監禁に積極的に関わってきた。
 また、正統派クリスチャンを自称する在日韓国キリスト教会、日本の福音系の牧師、日本基督教団の牧師たちは、「天地日報」の記事にあるメガチャーチ「大韓イエス教長老会」と、統一教会問題に関して積極的に交流を行ってきた。

 これらのことからすると、韓国人牧師が、

1)新興キリスト教団の問題点を信者家族に、ことさら誇張して伝え(クリスチャン新聞には「猛威をふるう異端」と書かれていても、社会的問題点の記述はない)
2)拉致監禁そのものには外形的に関わることなく、
3)信者の親をして拉致監禁に走らせ(記事の表現では「家族の背に乗った改宗牧師」)、
4)警察が介入することを困難にさせ、そして
5)「被害を訴えても証拠不十分で、加害者の刑事処罰」を困難にさせる。

--という日本そっくりのやり方を採用しているのは、日本の強制説得を得意とする牧師たちから秘密の脱会方法を伝授されたからだと推測しても、そう間違いではないだろう。

 大学が改宗牧師と連携するというやり方もよく似ている。もっとも、韓国はミッション系の大学のようだが、日本では国の税金が投入されている国立大学(その筆頭は大阪大学!)という違いはあるのだが。

 記事からすると、相当数の拉致監禁事件が進行しているような印象を受ける。

 不気味なこと、このうえもなしだ。

 宗教自由政策研究員(宗自研)のハン ギナム事務処長(所長)や人権連帯の金ヒス弁護士の指摘は正鵠を射たものだと思う。

「小川で子どもがおぼれたら放っておくのか。異端は救いがないのでそこへ行くように放って置いてはいけない」

 自分らが絶対であり、自分らの考え方に反するものを放っておくことはできいない。この考え方は、まさに“カルト”(違法性と絶対性)そのものではないか。

「プロテスタントで異端規定はプロテスタント内部の一方的主張であるだけで、それにかこつけて改宗を強要することは深刻な人権侵害だ」
 まさに、その通りである。

 韓国での拉致監禁事件が数千人規模とならないためには世論を喚起するしかない。在韓の日本人を含め、韓国の人たちにこのネット記事を広く読まれることを期待したい。


 なかよしさん、情報提供と翻訳、ありがとうございました。
関連記事

コメント

人権侵害輸出国?

 久しぶりに書き込みますが、この事件記事で、確かに日本で開発された拉致監禁(保護説得)手法が韓国に上陸したのか、と思えました。このブログの何処かで、韓国在住の方から、韓国ではこんな拉致監禁のようなことはない、と書き込まれたのを読んだ記憶があったのですが、もし本当に日本仕込みの巧妙な拉致監禁事件が隣国で起きたのなら、日本は人権侵害輸出国になってしまいます。日本の多くの「成功」を受けて模倣したのかもしれませんが、韓国の警察は早めに対処したと思います。日本では通報しても警察が「親権」や「民事不介入」を理由に動かない、ということでしたが、韓国の家族関係も結構強いらしいですので、両国の警察の何が違うのかなーと思います。
 私は個人的には日本には隠然たる差別社会の体質が根付いているためと思います(とりわけ管理人さんの本に登場する被害者の拉致監禁を実行した親世代には韓国・朝鮮に嫌悪感情が強いと思われます。あとキリスト教に対してもそうですよね。そういう宗教差別の強い日本にキリスト教が広まるのは必ず武器が背景にあります。戦国時代の火縄銃でカトリックが、幕末の黒船の大砲の威力でプロテスタントが、原子爆弾での終戦でアメリカによる日本基督教団が編成されたのです。でも布教はいずれも行き詰まった。隠然たる日本社会の威力です)。
 これに対し、韓国は被支配の体験から、虐げられた人に同情する素地があるのではないかと、まったくの当てずっぽうの考えですが、そう推測します。そして、人権という考えは虐げられた人達から起きてくる思想だと思うのです。オバマ大統領が登場するようになったアメリカだってそうでしょ。本当はキリスト教は奴隷を自由にする宗教の歴史があったはずなのですが、どこで間違ったのでしょうか?人を自由にすると説くキリスト教の牧師が人を不自由の極地にして強制改宗をする、アメリカのジャーナリストが管理人さんを取材された時に顔をしかめたというのも、分かる気が致します。

教えてください

 パパイヤさん、投稿ありがとうございました。
 とても興味深い指摘がなされていて、考えさせられました。時間があれば、日本や韓国のキリスト教史を勉強してみたいです。


 ところで、韓国に詳しい方に教えてもらたいことがあります。

その1・「MBCのPD手帳」って、番組名ですよね。どんな番組なのですか。視聴率の高い人気番組ですか。ニュース、それともワイドーショー的な番組てすか。

その2・「アンサン、サンロク教会」って、どんな教会なのですか。メガチャーチである「大韓イエス教長老会」に所属している教会ですか。

その2・「1日約15万ウォン」という値段の感覚が知りたいです。
 たとえば、主婦がパートでスーパーなどのレジで8時間働けば、どれだけのウォンをもらえるのでしょうか。

 どなたか教えていただけたら、幸いです。

韓国で活動していた牧師

以前、私が監禁中に、船田牧師が韓国のプロテスタント教会へ、保護説得をして脱会させた人達を連れて行って、教会や集会で証しさせているビデオを見せられました。当時は船田牧師は韓国に事務所も持っていると言っていた様に思います。

Re.教えてください

>その1・「MBCのPD手帳」って、番組名ですよね。どんな番組なのですか。視聴率の高い人気番組ですか。ニュース、それともワイドーショー的な番組てすか。

「PD手帳」というのはMBC放送局で毎週火曜日の夜11:15~0:00に放送されている(現在一時中断)時事ドキュメンタリー番組です。隠しカメラ取材や匿名インタビューなど独自の取材によって事件、事故の真相を明らかにするという内容です。決してワイドショー的なものではありません。
視聴率までは分かりませんが、20年続いている長寿番組という点から見ればそれなりに安定した視聴率があるのではないかと思います。といっても人気ドラマのような視聴率は無理でしょう。
韓国語ですが次の番組紹介の映像を見ればなんとなく雰囲気が判ると思います。
http://www.imbc.com/broad/tv/culture/pd/pdsong/history.html


>その2・「アンサン、サンロク教会」って、どんな教会なのですか。メガチャーチである「大韓イエス教長老会」に所属している教会ですか。

独自で運営するホームページのようなものは見つけられませんでした。
監禁の被害にあった信者が所属する新天地の、ある信者が運営するSNSサイトによれば、おっしゃるとおり大韓イエス長老会に間違いないようです。参考サイト(韓国語)
http://cafe.daum.net/busanjames/JvZV/9?docid=zsMP


>その3・「1日約15万ウォン」という値段の感覚が知りたいです。
 たとえば、主婦がパートでスーパーなどのレジで8時間働けば、どれだけのウォンをもらえるのでしょうか。

一般の誰でもできるような仕事のアルバイト、パートの時給はだいたい5000ウォン前後です。8時間働くとすれば4万ウォンくらいと言うことになります。
また、土方などの肉体労働の場合、日給7~8万ウォンです。
お米の値段は20kgで4万ウォンくらいです。
これらはソウルを基準にした金額なので、地方の場合もっと安いかも知れません。
参考までに保健福祉部で定めた2010年度の最低生計費は4人家族を基準月132万ウォンと定めています。つまり4人家族で月132万ウォンを下回る収入しかない場合、状況に応じて何らかの補助を受ける対象になりうると言う意味です。

蛇足ながら....

猫さんさすがです!!

蛇足ながら
>その3・「1日約15万ウォン」という値段の感覚が知りたいです
についてもうすこし...

うちの一日の食費を含めた生活費は1万から1万5千ウオン。1ヶ月の電気代は4万ウオン。
ピアノ塾の月謝(毎日)は10万、美術(週3)は12万ウオン、英語(毎日)は15万ウオン。給食費は1ヶ月4から5万ウオン....幼稚園は1ヶ月26万ウオンです。
 
なんとなく勘はつかめるでしょうか?

改宗ビジネス

 猫さん、かなさん、質問に答えていただきありがとうごさいました。

 強制改宗の1日の報酬が、主婦のパート労働4日間の賃金に匹敵するとは、高額で驚きました。

 1週間、改宗教育すれば、1カ月分ですかぁ。なんと言えばいいのやら。


“異端”から“正統派”に改宗するのであれば、無料でやればいいはず。なにしろ、改宗して自分の教会の信者にすれば、月例献金のみならず様々な献金で懐が潤うのですから。

 改宗教育でお金を受け取り、改宗すれば、定期的な収入を得ることができる。 日本の福音派のプロテスタントの牧師もそう。

 改宗ビジネスと表現しても、決して間違いではないでしょう。

カルトをなくすのは簡単

カルトを無くすなんて簡単なんです。法律一本通して「寄付行為を禁止する」、これで決まり。大抵の宗教団体も無くなるでしょう。人は勤労の対価を得、対価を支払って生計を立てる。人は交換すべきなのであって盗んではならない。この当たり前、住みやすい世の中が来るんじゃないですか。

だのにこれだもんなぁ
http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/
  • [2010/05/05 07:39]
  • URL |
  • ユートピアコレクション
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ユートピアコレクションさんへ

 一週間前に、「ごぶさたしています」のメールをもらって、ひょっとしたら、10年前頃に、よく電話でおしゃべりをしたあの人かなあと思っていたのですが、
「だのに、これだもんなぁ」
 という痛烈な皮肉文を読んで、ヴェブレンを思い出し、ユートピアコレクションさんが誰か、はっきり確信をもつことができました。

 こちらこそ、ごぶさたしておりました。
「だのに、これだもんなぁ」には、笑えました。投稿、ありがとうございました。

魔女狩り

>はっきり確信をもつことができました。

その人で相違ありません(笑)
読者の皆様、ごあいさつ遅れました。元ヤマギシです。本家ヤマギシと同じく当方も本業回帰でセコセコと生活闘争に励むしかない昨今。
それにしてもなんか統一協会、スゴイことになってるんですねぇ。私が知ってる(といってもネットで、偶然迷い込んだ掲示板)協会員は専業主婦(複数)子供はまだ小さい。賃貸しマンションでダンナはサラリーマン。無論、末端会員です。
楽な生活ではないでしょうが、やっていけないわけじゃない、まあ、普通でしょう。こういう人もいる。統一協会も決して小さな組織ではないでしょうから破滅的な行動を取る人の比率は案外小さいんじゃないかという印象でした。
ところで、手元に「魔女狩り」(岩波新書:森嶋恒雄著がありますが、魔女を火あぶりにする場合、その薪代とか拷問に使う道具代は親族に請求したんですね。
恐ろしすぎる過去だと思いましたよ。
  • [2010/05/06 14:38]
  • URL |
  • ユートピアコレクション
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/173-99f1f8a1