12年監禁の後藤さん、韓国メディアにデビュー 

ニュース(19)

※韓国から寄せられた手記の前に、ニュースを一本だけ流します。


 韓国の日本の花嫁たちが、日本の拉致監禁事件に対する抗議行動(キモノデモ)を行ったことは、「ニュース(25)」「ニュース(26)」で流しました。

 その記者会見で、何人かの記者から、12年間監禁された後藤徹さんにインタビューしたいという申し出があり、後藤さんが直接、韓国に行くことになったそうです。
 後藤さんからその情報が送られてきたので、メールを貼り付けておきます。

4月20、21日と韓国に行ってきました。雑誌のインタビュー(韓国大手週刊誌と新興宗教機関誌)が2社と月に300万のアクセスがあるインターネット・ニュースペーパー(The Break News)のインタビュー、そして、プレスセンターでの記者会見がありました。記者会見での質疑応答の際、質問は一切ありませんでした。若手の記者が多かったようです>

 記者会見をニュースとして流した記事を、3本ほどアップしておきます。提供(翻訳も!)していただいた方は、前回紹介した韓国在住のHSさんです。(HSさん、ありがとうございました)
 なお、記者会見全体の模様は、統一教会の公式サイトに掲載されています。写真をご覧になれば、だいたいの雰囲気はわかると思います。


“일본 통일교인 납치·감금 대책 마련하라”
일본 통일교인 납치·감금 피해자 대책위는 오늘 기자회견을 열고 통일교로 개종했다는 이유로 일본에서 통일교인을 납치·감금하는 사례가 빈발하고 있다고 주장하고, 한국과 일본 정부에 사태 해결을 촉구했습니다.


대책위는 1966년 통일교인 납치가 처음 발생한 뒤로 현재까지 4천여 명의 일본 통일교인들이 납치나 감금을 당했다고 밝혔습니다.


기자회견에는 한국인과 혼인한 통일교인 일본여성 3백여 명과 12년 동안 감금됐다가 탈출한 일본인 고토 토오루씨가 참석해 피해 사례를 폭로했습니다.


日本統一教人 拉致監禁 対策を立てろ

「日本統一教会信者 拉致監禁被害者対策委員会」は今日記者会見を開き、統一教に改宗したという理由によって日本で統一教会信者を拉致監禁する事例が頻発していると主張し、韓国と日本の政府に解決を促求しました。

 対策委は、1966年に統一教会員の拉致が初めて発生した後、現在まで4000余名の日本統一教会員たちが拉致や監禁された、と明らかにしました。

 記者会見では、韓国人と婚姻した統一教会員日本女性300余名と、12年間監禁された後脱出した日本人後藤氏が参席し、被害事例を暴露しました。



일본 '통일교인 납치감금으로 인한 한국 인권피해자 대책위'는 한국 남성과 결혼해 가정을이룬 일본부인들이 납치·감금이 두려워 고향방문조차 하지 못하고 있다며 한국과 일본 정부에 사태 해결을 촉구했습니다.

대책위는 기자회견을 갖고 1966년 통일교인 납치가 처음 발생한 뒤로 현재까지 4천여 명의 일본인들이 납치나 감금을 당했다고 주장했습니다.

「日本統一教会員拉致監禁による韓国人権被害者対策委員会」は、韓国男性と結婚し家庭を築いた日本婦人たちが、拉致監禁を恐れ故郷を訪問することすら出来ずにいると、韓国と日本政府に事態の解決を促求(要求)しました。

対策委は、記者会見で「1966年に統一教会員拉致が初めて発生したあと現在まで4000余名の日本人たちが監禁された」と主張しました。(注1)


天地日報(注2)

[뉴스천지=이길상 기자] ‘일본 통일교인 납치감금으로 인한 한국인권피해자 대책위원회(이하 대책위)’는 21일 기자회견을 열고 개종을 목적으로 자행되는 납치감금 사건에 대해 더 이상 인내할 수 없다며, 이를 한·일 양국 정부차원에서 적극 해결해 줄 것을 요구했다.

이명박 대통령 면담 요청 및 탄원서에서 대책위는 서신을 보내게 된 연유에 대해 “저희들이 감당할 수 없는 어려운 사정이 생겼다”며 “저희의 인권이 보호받을 수 있도록 대한민국 정부가 적극적으로 도와주시길 바라는 마음으로 준비했다”고 밝혔다.

이날 기자회견장에는 12년 5개월이나 납치감금을 당했던 고토 토로우 씨와 한국인과 결혼한 후 납치감금의 공포로 일본으로 돌아가지 못하는 일본인 여성 대표들이 참석했다.

12년이 넘는 감금 세월 동안 고토 토로우 씨의 체중은 급격히 줄었다. 그가 2년 전 탈출했을 당시 몸무게는 39kg에 불과했다. 고토 씨는 “감옥 같은 방안에서 날마다 매를 맞고 욕을 들었다. 아무 것도 할 수 없는 생지옥이었다”며 “죽고 싶을 때가 한 두 번이 아니었다”고 밝혔다.

이어 고토 씨는 “납치감금을 주도한 좌익계 변호사와 일부 개신교 목사 그리고 납치를 방조 묵인한 일본 정부를 인권적인 측면에서 강력히 규탄한다”고 말했다.

또 다른 납치감금 피해자인 도미자와 히로꼬 씨는 1997년 20명의 남자가 교회를 습격해 자신을 납치했다며 “그들은 쇠사슬·고압전류총·장도리 등을 가지고 와 자신의 손목에 수갑을 채우고 납치감금을 했다”고 전했다.

덧붙여 “납치감금의 죄질이 너무 안 좋아 도저히 용서할 수 없다”며 “개종 목사들은 오직 돈이 목적이다. 일본 정부가 본격적으로 수사해주길 바란다”고 눈물로 호소했다.

고향의 산천초목이 그리워도 갈 수가 없다는 가와시마 하루미 씨는 “부모를 존경하고 가족을 신뢰했었는데 통일교 반대 목사의 헌법을 파괴하는 조직적이고 계획적인 범죄로 가정의 평화가 무너졌다”며 “헌법에 보장된 기본권 침해와 신앙의 자유를 말살한 범죄자들을 세상에 알리고 그들이 저지른 죄에 대해 벌을 받고 회개케 해 더 이상의 피해자가 나오지 않기를 진심으로 기원한다”고 말했다.

납치감금 사건은 종교적 자유가 헌법에 보장된 일본에서 신앙이 다르다는 이유로 일본의 개신교 목사와 사업적 성향의 변호사, 좌익 강제 개종업자들이 주도해 통일교 신자를 대상으로 자행되고 있다. 이로 인한 피해자는 1966년 첫 납치사건이 발생한 이래 4300여 명에 이르는 것으로 잠정 집계됐다고 대책위는 전하고 있다.

한편 납치감금 피해자들은 지난 3월 23일 일본대사관 앞에 모여 일본 정부가 적극적으로 나서 납치감금 문제를 근본적으로 해결해 줄 것을 요구한 뒤 1만 1857명이 서명한 탄원지지서를 탄원서와 함께 일본대사관에 제출한 바 있다.

납치감금 사건은 일본뿐만 아니라 한국에서도 일부 개종목사에 의해 자행되고 있어 충격을 주고 있다. 대책위는 한국 내 종교로 인한 인권피해자들과 연대해 이 땅에서 강제개종 목사와 개종 사업자가 없어질 때까지 투쟁할 것을 적극 검토하겠다고 전했다.




ニュース天地 李 吉相記者

「日本統一教会員 拉致監禁による韓国人権被害者対策委員会」(以下対策委)は21日、記者会見を開き、改宗を目的として実行されている拉致監禁事件に対これ以上忍耐できないと、韓日両国の政府次元で積極的に解決してくれることを要求した。

 イ・ミョンバク大統領との面談及び嘆願書において、対策委は書信を送ることにした理由について、「私たちの手に負えない難しい事情が出来た。私たちの人権が保護されるように大韓民国の政府が積極的に助けてくださることを願う気持ちで準備した」と明らかにした。

 この日記者会見場には12年5ヶ月も拉致監禁された後藤徹氏と、韓国人と結婚した後 拉致監禁の恐怖から日本に帰ることの出来ない日本人女性の代表たちが参席した。

 12年を超える監禁で、後藤徹氏の体重は急激に減った。彼が2年前脱出した当時の体重は38kgに過ぎなかった。後藤氏は「監獄のような部屋の中で日ごと鞭打たれ罵倒された。何もすることの出来ない生き地獄だった。死にたいと思ったのは1度や2度ではなかった」と明らかにした。

 次いで、後藤氏は 「拉致監禁を主導した左翼系の弁護士と一部改新教(プロテスタント)の牧師、そして拉致監禁を助け黙認した日本政府を人権的な側面から強力に糾弾する」と語った。(注3)

 また、別の拉致監禁被害者である富澤裕子さんは、次のように語った。
「1997年 20名の男性が教会を襲撃し自分を拉致した」
「彼らはチェーン、高圧電流銃、ハンマーなどを持ち込み自分の手首に手錠をかけ拉致監禁をした」(注4)

 これに付け加えて、「拉致監禁の罪質が余りにも酷く到底赦すことが出来ない。改宗牧師たちはただ金が目的だ。日本政府が本格的に捜査してくれることを願う」と涙で訴えた。


 故郷の山川草木が懐かしくても帰ることが出来ないというKHさんは、次のように話した。(注5)
「父母を尊敬し家族を信じていたのに、統一教会反対牧師の憲法を破壊する組織的で計画的な犯罪により、家庭の平和が崩れた」
「憲法に保障されている基本的人権の侵害と信教の自由を抹殺する犯罪者たちを世に知らせ、彼らの犯した罪に対する罰を受け悔い改めさせ、これ以上被害者が出ないことを心から願う」

 拉致監禁事件は宗教的自由が 保障されている日本において信仰が異なるという理由で、日本の改新教「プロテスタント」牧師と事業的性向の弁護士、左翼強制改宗業者たちが主導し統一教会信者を対象に実行されている。これによる被害者は1966年初の拉致監禁事件が発生してから 4300余名に上るものと暫定集計されたと対策委は伝えている。(注6)

 拉致監禁被害者たちは去る3月23日、日本大使館前に集まり、日本政府が積極的に出て拉致監禁問題を根本的に解決してくれることを要求した後、1万1857名が署名した嘆願指示書を嘆願書とともに日本大使館に提出したことがある。

 拉致監禁事件は日本だけではなく韓国でも一部改宗牧師により実行されており衝撃を与えている。対策委は韓国内の宗教による人権被害者たちと連帯し、この地から強制改宗牧師と改宗事業者がなくなる時まで闘うことを積極的に検討するつもりだと伝えた。(注7)


2003_0116画像0005_convert_20100426183357
 うちから自転車で20分のところにある田島ヶ原に咲いたサクラソウ。田島ヶ原はサクラソウの自生地としては国からの特別天然記念物として唯一指定されているそうです。田島ヶ原を散策していると、関東一円がかつては湿地帯であったことが実感できます。写真をクリックすれば、拡大して、楽しめます。


(注1)KBS、SBSは韓国のメジャーメディア。韓国の人権意識は日本と比べて遅れているというのが日本人の一般的感覚だろうが、そうではないようだ。
 なぜ、日本人である統一教会信者の拉致監禁事件に日本のメディアが沈黙を守り、韓国のメディアがベタ記事であっても、報道するのだろうか。
 考えられるいくつかの要素をあげてみた。
?韓国では、カトリック、プロテスタント、ブッディズムを信仰している人が多く、宗教への関心が高い。
?韓国・統一教会は、キリスト教の異端と見られていても、日本のように社会的問題を引き起こしていない。むしろ、正統派と言われている一部の過激な韓国プロテスタントのほうが白い目で見られている傾向がある。
?韓国在住の、統一教会員である日本の花嫁は数々の孝婦賞(親孝行賞)を毎年、受賞しており、それが全国紙でも報道されている。韓国は儒教の国。そのため、日本の花嫁の評価はきわめて高い。
?数々の社会的問題を引き起こしている日本・統一教会は、日本の社会では鼻つまみ的存在であり、そこに属する信者が拉致監禁されていたとしても、日本のメディアは取り上げにくい。

 それにしても、である。
 後藤さんの場合は12年間も監禁されていたのである。ジャーナリスティックな感覚とすれば取り上げるのがふつうの感覚だと思う。
 語弊があるけど、簡単に言えば面白い。私は咄嗟に韓国映画の「オールドボーイ」を思い出した。
 後藤さんを二度目に見舞ったとき、今の総理大臣は誰?スーツの値段はいくら?とからかい気味に質問した。
 社会学者や心理学者なら、格好の研究材料になるはずであったが。(後藤さん、ごめんね)
 
 話を戻せば、拙著の『我らの不快な隣人』で、後藤さんのことを書いた。
 2社のマスメディアから電話があった。1社は写真週刊誌、もう1社はNHKからであった。
 しかし、報道はなされなかった。私は異様なことだと感じている。

 もっとも、この話にはオチがつく。
 日本・統一教会系の「世界日報」が、後藤さんの事件を取り上げたのは監禁解放から1年以上も経ってからのことである。詳細に報じたのは、なんと2年後のこの2?3月のこと。「世界日報」が報じないのだから、日本のマスコミが取り上げないのも、むべなるかなだ。

(注2) 『天地日報』は、昨年3月に創刊された日刊紙で、主に社会・宗教に関する記事を載せている、統一教会とは関係のないメディアのようです。
 日本でいえば、さしづめ、『中外日報』のような業界紙ではないかと推測しています。
 なお、創刊の目的は「特定の宗団に偏らず、中道を守りながら、すべての人に利益となる道を模索し改革する」となっています。
 後藤さんが私にくれた「新興宗教系機関誌」という表現は間違っています。

★ さらに訂正があります。

「天地日報」は、統一教会調べによると、以下の通りです。

<「天地日報」は、正確には「新天地イエス教証拠幕屋聖殿」というキリスト教系の新興宗教団体が立ち上げている機関紙とのことです。
 新天地イエス教証拠幕屋聖殿のサイトに「天地日報」が掲載されているとのことで、明確になりました>

 後藤さんが書いてくれた「新興宗教系機関誌」という表現は正しかった。後藤さん及び中外新聞社に謝罪しておきます。


(注3) ここで後藤さんが「左翼系の弁護士」という言葉を使ったのは、意味がはかりかねる。左翼にはいろいろな意味があるが、そのひとつに「急進的・革命的な思想傾向」というのがある。同じ文脈で、右翼は「保守的・国粋的な思想傾向」と意味づけされている。
 客観的に見れば、どんなに首をひねっても、拉致監禁を肯定・容認するような弁護士を「左翼系弁護士」と表現することはできない。
 後藤さんに、思考の整理を求めたい。

(注4) 『我らの不快な隣人』の179?181頁を参照。事件の概要はリンクを貼っている「室生忠の宗教ジャーナリズム」に詳しい。

(注5) KHさんはこのブログに監禁体験記を寄せられた方である。次回のブログを、どうぞ、お楽しみに。

(注6) またここでも「左翼強制改宗業者」という言葉を使っている。「ニュース(25)」(注)でも書いたから繰り返したくないが、福音系牧師は統一教会と同じく右翼である。もっとも、統一教会員の中には少なからず、戦争に嫌悪し、今の世の中を変革しなければならないと考えている人たちもいる。
 それにしても、繰り返し「左翼強制改宗業者」の言葉を使う統一教会員(反共の闘士、江利川女史がその筆頭か)の脳味噌は腐っているのではないかとすら、思えてくる。
「左翼系弁護士」にしろ「左翼強制改宗業者」にしろ、安易にこんな言葉を使えば、社会からさらに相手にされなくなる。それが理解できていないから、統一教会は「社会からズレまくっている」というしかないのである。
 
(注7) 「拉致監禁事件は日本だけではなく韓国でも一部改宗牧師により実行」されているというのは、初耳である。
もし、韓国在住の方で、この事実を知っている方がいたら、教えてください。


 HSさん、情報提供ならびに翻訳、ありがとうございました。
関連記事

コメント

韓国の拉致監禁事件

確か1ヶ月程前のことです。私の友達が路上で配られたチラシをもってきました。そこに拉致監禁して改宗するという話がありました。被害者の中には死亡した方もいるそうです。
それから統一教会で言う左翼という表現にはおそらく共産主義=宗教を否定する、無神論者という意味で言っているのではないかと思います。
翻訳に誤打がありましたね。すみません。

韓国の拉致監禁事件

私も日本大使館、そして先日の記者会見に参加しました。大使館前でのデモの時、記者が「韓国でも全く同じ方法で、キリスト教牧師が親を扇動して拉致して、アパートに監禁して脱会を強要する事件が起こった。でも韓国では警察が介入して牧師は逮捕された。」と言っていました。監禁された人の宗教は、異端と言われている「ハナニム教会」と「新天地」という教会だそうです。インターネットで調べたら今年の4月4日付けで新天地の信者に起きた事件についてでていました。
私が監禁されていた時高澤守が「韓国にお嫁に行ったらおしまいだ。どうにもできない。」と拉致監禁できないことを残念がるようなことを言って、その話の流れから、「自分は韓国の水原のキリスト教教会でたくさんの信者の前で日本統一教会について講演してきた。韓国の牧師とも交流がある」というようなことを言っていてそれを聞いた時(高澤は韓国ででも拉致監禁できるようにはたらきかけているんじゃないか)とぞっとした事がありました。これは全く私の憶測ですが、韓国で拉致監禁を主導した牧師は日本の反対牧師から拉致監禁強制棄教のやり方をそのまま教わったのではないかと思いました。警察が取り締まったからよかったものの、もし日本のように警察が取り締まってくれなかったら、いずれ韓国に住んでいながらも拉致監禁に怯えて暮らすことになっていたかも、、とまたぞっとしました。

なかよしさんにお願い

 初めての投稿、そして貴重な情報を教えていただき、ありがとうございました。

 ところで、お願いがあります。韓国での監禁事件についてです。
「インターネットで調べたら今年の4月4日付けで新天地の信者に起きた事件についてでていました」ということですが、そのインターネットの文章を読みたいのです。記事全文を私のメールアドレスに送ってもらえないでしょうか。韓国語ができないので、翻訳付きでm(__)m

 また、読まれたネット記事以外にもまだあれば、それも送信してもらえば、うれしいです。

 間に合えば、次回のブログで、紹介したいと思います。
※日本の牧師グループとの関連も調べたいと思います。

 なかよしさんは、高澤牧師にやられたのですか!
富澤裕子さん、寺田こずえさんと同じですねえ。もし手記を書いていらっしゃるのであれば、それも読みたいです。

 どうかよろしくお願いいたします。

韓国のキリスト教に思う

ところで韓国でキリスト教が人気がないのは理由があると思います。私も韓国のキリスト教の熱心な伝道と考えがきらいです。

何故か?

傲慢なんです。

「イエスを信じれば天国に行く」「イエスを信じなければ、あなたは地獄にいく」「天国に行くため私は伝道をたくさんしなければいけない」...
道端で出会っても、「イエスを信じる」という一言を聞くまで喰らいついて離れてくれない人も多いです。

「信じてるので私は天国、信じないならあなたは地獄...」という考えが露骨に感じられるんです。

学校の前でも下校中の子供をつかまえて、こどもにもおんなじことをしてます。
知り合いの長女は「神様は愛で親なのにどうして、信じない人を地獄に送るの?」とやったら、伝道しに来た人たちはそれからはその子に声をかけてこなくなったとか。

4番目出産後、私の産後処理(おさんどん?)にきてくれたアルバイトのおばさんもすごい信者で、休むどころかずーと説教され伝道されました。うちの次女が「水を飲みたい」というと「じゃあ、この本(伝道ブック)を読んでからね」、「~をしたい」「じゃあ、イエス様の話をきいてからね」、「おばちゃんがお風呂に入れてあげようか。じゃあ、おふろのなかで地獄の話をしてあげるね」...とまあ大顰蹙でした。以来、わたしも次女もキリスト教嫌いです。

あと一般的な問題として、先祖供養をしないので、先祖供養が負担のご婦人たちの間では、それゆえに人気があり、ご老人たちにはそれゆえに嫌ってる場合もあります。


ちなみに投稿の「ハナニム教会」は家庭訪問伝道が盛んで、毎日とはいかずも2日に一度はやってきて「アンケートにこたえてください」「この町の子供のお母さんですが(あるときは具体的に子供の名前まで言う。日本風に言うなら花ちゃんのママですけどってかんじ)...」「水を一杯ください」「コンサートをするんですがその招待に来ました」など等バリエーションは豊富です。ただ共通して言えるのは一度ドアを開けたら最後。すっぽんのように離れてくれません。これは本当に困ります。


伝道も否定されて迫害されて自分の人間性を磨くため...となればわかりませんが、結果(伝道勝利)のために相手がどう思うと自分の意見を押し付けるというのは、本当にいただけないです。

あ、蛇足ながらお断りしておきますが、すべてのキリスト教信徒が上記のようなわけではありませんよ。中には人格者も多いです。

ただ、あんな調子で韓国でも拉致監禁が始まったらそれこそ殺人だわーと、怖くなったしだいです。韓国人の押しはなかなかですから、ね。

統一教会、そして私

先ほど韓国のキリスト教に天国に行くための信仰みたいなものを感じると投稿しました。

でもふと思うんですよねー、統一教会も万民救済とか天国に入る者ではなく天国を造るものになれなんて言うけど、多くののシックの中には「これを信仰してれば私は天国に行く」という思いがあるんじゃないかなあと...。だから天国に行くために(アボジの為にといいながら)、献金をしないといけない、活動しないといけない、2世は祝福を受けなければならない...という不自由な信仰観がうまれる。

理想は理想としてこうあるけど、それぞれの運命、それぞれの人生があるよねー、と思う今日この頃。
どんなことがあってもより良い方向にとらえて、いきたいなあーなんて思います。

最近、幸せってのは、いま幸せであると感じられることではないかと思うようになってきました。


あとうちの主人をみて思うのは、自分の過去を許して、自分を愛せた分だけ、ひとにもやさしくなれるのだなあということ。主人も外見的には平和で幸せな人生とはいえない大変な幼少時代を過ごした人ですが、だからこそ、人間ができてるのかなーと思います。ただ困るのは帰ると連絡があってもなかなか帰ってこないことがあるんです。どうしてだと思いますか?たいていが道端でけんかしてる人たちのけんか仲介してたとか、仕事場に生活が大変だと訴えてくる人たちの話し相手につかまってたとか...。ある意味やっぱり「変わった人」なんですよね。
まあ、主人ほどヘンな人にはなれませんが、そろそろ自分の過去を受け止めて、自分を許して、前進しなきゃな、と思います。(あー、すごく個人的なことですみません)

それにシビアな見方かもしれませんが、どうかするとウツだのPTSDだの平和だから問題視できるんですよね。これが戦争中だったら、個人のそんな問題をあえてとりあげるほど暇はない。だから、今まで数ヶ月、私も個人的には大変な時期ではあったけど、それも平和な、幸せな環境の中にいられたから異常を感じられたのであったのだな、と。さらに大変だったけど、何とか乗り越えることもできたんだよね、と、思うしだいです。

だからといって今、まさに苦労してる大変な人たちを否定する気はさらさらありませんよ。私も本当に苦しかったけど、大変なのは大変なんです。



昨年11月からこのブログを知り、米本さんの記事や様々な投稿文をとおして、多くのことを学び、自分の過去を整理し、考えさせていただきました。私個人としても、監禁問題解決にも多くの力になっていると感じます。米本さんをはじめ、投稿されてる皆さんに感謝します。これからもよろしくお願いします。

メールアドレスは?

米本さんこんにちは。メールを送りますのでメールアドレスを教えてください。

なかよしさんへ

 なかよしさんの上記に貼り付けられているアドレスに、個人メールを送りましたが、届いていませんでしょうか?

タルさんへ

「韓国のキリスト教に思う」「統一教会、そして私」の投稿、ありがとうございました。
とても興味深く読むことができました。

韓国で取材していたときの一コマが蘇りました。
地下鉄の車内で、韓国プロテスタントの信者と思しき人が録音テープを回しながら、勧誘のチラシを配っていた一コマです。
知り合いに聞くと、「聖書を信じない者は地獄に落ちるぞ」と言いながら、チラシを配ることもあるとのこと。傲慢そのものです。

思わず、 「日蓮聖人に帰依しなければ日本は必ず滅ぶ」という顕正会を思い出しました。

日本の感覚からすれば、一部の正統派・韓国プロテスタント諸派は間違いなく、カルトというレッテルを張られるでしょうね。


5月2日付の日本の『クリスチャン新聞』によれば、韓国では異端派がキリスト教の25%の信者(200万人~300万人)を改宗したとのことです。

タルさんの、「ハナニム教会」は家庭訪問伝道が盛んで、毎日とはいかずも2日に一度はやってくるという話。同新聞の「猛威をふるう韓国発異端」「大教会で被害深刻」といった見出しがリアルに理解できました。

正統派、異端派と誰が判断するのか-考えさせられます。客観的に言えば、正統派で救われなかった200万人以上の人が異端派に信仰を切り替えたわけですから・・・。正統派が「異端派」とレッテルを貼っても、既成教会は浸食されるだけでしょう。
200万人を監禁して収容所に送り込めば、一夜にして解決するでしょうが。


 あっ、そうそう。ご主人のような人になりたいけど、なかなかそうはなれないですよねえ。線路に落ちた日本人を、自分の命を犠牲にして救った韓国人青年のことが浮かびました。

アメリカのメディアでも

 アメリカ在住の「秀」さんから、韓国での拉致監禁の嘆願書提出のこと、また後藤さんのことがアメリカの新聞でも取り上げられていると、記事のURLを送信していただきました。

http://www.nypost.com/t/Unification_Church

ニューヨークポスト(タブロイド版の一般紙)
この新聞社のウィキペディアのアドレスはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88

http://www.examiner.com/x-25295-Fort-Worth-Ecumenical-Examiner~y2010m4d21-Street-demonstrations-in-Japan-protest-kidnappings

http://www.examiner.com/x-25295-Fort-Worth-Ecumenical-Examiner~y2010m3d4-ACLC-issues-urgent-call-to-Japan-to-investigate-religious-kidnappings

この2つの記事はサンフランシスコのExaminerというローカル紙。この新聞社のウィキペディアのアドレスは、
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://en.wikipedia.org/wiki/The_San_Francisco_Examiner&ei=k9HYS-zKJYvg7APa2ejlAw&sa=X&oi=translate&ct=result&resnum=5&ved=0CCIQ7gEwBA&prev=/search%3Fq%3DExaminer%26hl%3Dja%26lr%3D

ネットの広がりはすごいですねえ。正直、驚いています。

追加

Examinerは連載で取り上げていました。

続きは以下に。

http://www.examiner.com/x-25295-Fort-Worth-Ecumenical-Examiner~y2010m3d9-Why-should-Christians-care-about-the-Goto-case

http://www.examiner.com/x-25295-Fort-Worth-Ecumenical-Examiner~y2010m4d21-Kidnapping-victim-tells-story-of-captivity

別にキリスト教を信じなくてもいいんですよ
社会ルールを守り、他者や自分自信に思いやりの心があれば。
リチャードドーキンズの神は妄想であるという本を読んでみると面白いですよ。

ちゃびさんへ

>社会ルールを守り、他者や自分自信に思いやりの心があれば


本当にそうですよね。
他人に対する思いやりの心さえあれば、拉致監禁なんてもんだいもおこりませんよね。

どんな信仰を持っていようと、無神論者であろうと、お互いに対する礼儀と思いやりの心は忘れないでいきたいものです。

文鮮明氏が日本の食口達に思いやりの心があればなあとは思うよ。
世界平和の為に犯罪行為をさせるなんておかしいとは思わないか?
思いやりがあったら借金をさせてまで献金はさせないのが普通だよね。
借金してまで購入するのは買い物依存症だよ。
気付いて。
後藤さんや他の方々も数十万以上の開運商品を買ったり家系図供養をしても家庭円満になるどころか揉めているということですよね。
効き目はないということですね。認めるのはつらいよね。乗り越えた方々もいっぱいいるよ。

私には違法行為がされてるとわかっていても、クレッシェンドやファインといったビデオセンター等に注意をしに行くのが本当の思いやりかもしれませんが、怖いです。出来なくて申し訳なく思っております。

イエローカード

 ちゃびさんに警告いたします。

「後藤さんや他の方々も数十万以上の開運商品を買ったり家系図供養をしても家庭円満になるどころか揉めているということですよね」

 後藤さんの家庭が揉めているという話は、初めて聞きました。

 その根拠を示してください。

 それができない場合はそくイエローカードを出します。
 人の名誉を棄損する言説ですから。

 ところで、ちゃびさんの文章を読んでいると、病んでいるような印象を受けます。そのようになったのは、統一教会のせいなのでしょうが、それにしても、統一教会の問題を、真面目に投稿しているタルさん、その後にちゃびさんに真面目に答えたタルさんにつっかかるのは、変ですよ。

 そればかりか、韓定食さんに回答したように、このブログに投稿されるような内容ではありません。

 どうかエイトさんとか韓定食とかのブログに投稿され、統一教会員の目を覚ます役割を果たしてください。

 ビデオセンター等に文句を言うのが怖いのであれば、韓定食さんが協力してくれなければ、私に個人メールを送ってください。
 あとで報告しますが、統一教会に乗り込んで、1000万円を返金させました。
 ちゃびさんにひどい目に合わせた奴に、一緒に乗り込んで、文句を言い、落とし前をつけさせてもいいですよ。

 どうかご一考を。そしてイエローカードの意味を内省的に考えてください。
 後藤さんの家庭が不和になっているという根拠を数日以内に示されなければ、レッドカードを出しますので、あしからず、です。

私が開運コンサルタントを名乗る信者から高額な開運商品を購入し、統一教会とは知らずに信者誘導されたのは事実です。
お金は戻っています。
だから、後藤さんも開運商品や統一教会関連商品を購入しているのではないかと推測しました。
私の家族とは揉めましたよ。
騙されたとはいえ信者達に怪我をさせたり、破壊行動はしなくてよかったとは思っています。
少し病んでいるとは自分でも思いますけどね・・・

ちゃびさんへ

 テーマとは関係のない投稿は、やめてください。くりかえし、お願いいたします。

 

リチャード・ドーキンス

ちゃびさん

リチャード・ドーキンスは、【悪魔に仕える牧師・なぜ科学は「神」を必要としないのか】も名著ですね。
特に巻末、娘に宛てた手紙の形をとった第7章『娘のための祈り』は秀逸です。
直截カルトに言及した内容ではありませんが、生きにくさを感じているカルト団体の二世に是非読んでほしいと思います。

警告

 エイトさんへ
 ちゃびさんに「テーマとは関係のない投稿はやめてください」と忠告いたしました。

 そのちゃびさんの投稿にレス投稿するのは信義則違反です。

 ちゃびさんが、エイトさんのレス投稿に、さらなるレス投稿をしてくれば、イエローカードを出すことになってしまいます。

 少しは冷静になってくださいな。

 ちゃびさんと「リチャード・ドーキンス」について語り合うべく往復書簡したいのであれば、どうぞ自分のブログに誘ってください。

家族ともめているから拉致監禁なのでは?

「家族と宗教や価値観の違いで揉めている。」という話題がちゃぴさんの投稿ですが、テーマと充分関係することだと思いますが、あえて関係のないことと言われるのなら、わが教会の内容も知らずにこのようなブログを延々と続けられ、家族の揉め事の話題を避けてテーマを語られることこそレッドカード出したいくらいです。

ちゃぴさん、Aさんへ

ちゃぴさんの投稿の「後藤さんや他の方々も数十万以上の開運商品を買ったり家系図供養をしても家庭円満になるどころか揉めているということですよね。」という事に関して、自分がそうだったから、後藤さんもそうであるはずというのは、如何なものでしょうか??? エイトさんにも共通する事ですが、私の見た統一教会はこうであった=みんなそうであろうというのはちょっと短絡的な気がします。
ちなみに、統一教会員Aさんの投稿ですが、「家族と宗教や価値観の違いで揉めている」という話題に対してのイエローカードではなくて、他人に対して憶測で話しているからイエローカードなんだと思いますよ。

統一教会員Aさんに警告

 どらちゃん、代わって返答していただき、ありがとうございました。

 それにしても、私のちゃびさんへのコメントのどこをどう読めば、統一教会員Aさんのような投稿になるのか。不思議でなりません。

「家族ともめているから拉致監禁なのでは?」
「わが教会の内容も知らずにこのようなブログを延々と続けられ、家族の揉め事の話題を避けてテーマを語られることこそレッドカード出したいくらいです」

 思わず、笑ってしまいました。
 Aさん、あなたは本当に統一教会員なのですか。元教会員あるいは反統一教会の誤りなのでは・・。
 前の投稿でも、この種のことを書いたような覚えがあります。

統一教会に限らず、エホバの証人、親鸞会、顕正会など、子どもがある団体に入って、親と揉めることはよくあることです。
それだからといって、拉致監禁が生じるようなことはありません。

拉致監禁が発生しているのは、統一教会だけです。


 管理人として警告を発します。
 今後、投稿されるときは「統一教会員A」のハンドルネームはやめ、別のハンドルネームに変えてください。
 統一教会員をハンドルネームに使うことによって、攪乱したいのかもしれませんが(哀しいことにまるで攪乱になっていなのだが)、そういう姑息なマネはやめてください。

「元統一教会員」や「反統一教」の品位を汚すだけです。

もっと人を思いやる文章を

米本様、
かき回す?という結論ですか?
今回あなたは書かれましたね、はっきりと。「他人に対して憶測で話しているからイエローカードなんだと思いますよ.」と。
 わが統一教会の内容や私たちの課題など十分踏まえたうえで論理付けられているとはとても思えない、憶測で書いていらっしゃるのでは?と思われる部分もたくさんあるように見受けられます。
 ちゃぴさんの文章を見て「病んでいる。」と短絡的に結論付けられることも人間としてかなり失礼なことではありませんか?正義感に溢れて、返って人を傷つける表現を謹んでいただきたい。と思うだけです。
 また、拉致監禁に対しては貴殿の功労もたいへん感謝しますが、教会独自(教会の教義や進展状況を理解するものが)で活動するように指令が出ているところです。これ以上必要以上の議論をなされますと世界基準の評価にブレーキがかかりますのでそろそろおやめください。
  • [2010/05/04 21:27]
  • URL |
  • 統一教会員A=人間1
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

統一教会員Aさんへ

。私も最初、このブログを読みながら、米本さんの教会批判に対して、統一教会Aさんと同じ感情を抱きました。でも、このブログのすばらしい点は、教会員ではない米本さんだからこそ、ここにいろいろな立場の人たち、価値観の違う人たちが投稿されていますよね。これはすばらしいことだと思うし、そして、その全てに返答されています。それが揚げ足取りの投稿であったとしても、、、。私はこのブログを通じて、本当にたくさんの事を知りました。拉致監禁問題も勿論そうですが、私達のように教会につながっていなくても、信仰を持ち続ける方々の投稿を通じて感動するとともに、わが教会のさまざまな問題が浮き上がってきます。 文鮮明先生は、今は(全ての壁を取り崩しなさい)と言われていますよね。それを教会員でもないのに卒先して行っているのが、このブログです。本来、このようなブログの継続はありえないと思います。だから私は、米本さんの、少しのおちゃめな自己主張は全然OKです。まずは全てを受け入入れる勇気を持つことです。そうしないと、わが教会は変わらなと思います。

主旨に沿ってないコメントが溢れているブログになってしまいましたね。

takako.ree さん
同じ教会員ということですが、このブログの主旨には私たちが変わるとか変わらないとかあまり関係ないので、「勇気を持つ」とか「すべてを受け入れる」とかの話はあなたの個人的なエリアで書くべきではないでしょうか?「上から目線の統一教会員」と短絡的に評価されますし、米本氏の力作に対して「ちょっとお茶目な自己主張」と評されるあなた自身は何様?と教会員の私でも失礼な育ち方をした方だと思いますよ。
このブログは「拉致監禁を無くすためのブログ」だと思いますが、存続されることでずれにずれまくってほかの観点の議論が展開されて、収集がつかない状態ですから早く閉鎖されることを望みます。もちろん、方向性や整理されている論理が展開されるようであれば存続は大賛成です。

Re: 主旨に沿ってないコメントが溢れているブログになってしまいましたね。

人間1さん、「主旨に沿ってないコメントが溢れているブログ」(化)を促進している一端はあなたにもあります。

今回のブログのテーマは、「12年監禁の後藤さん、韓国メディアにデビュー」です。このテーマに合っていない投稿をこれ以上、続けるのはやめてください。

 ちゃびさんが「別にキリスト教を信じなくてもいいんですよ」という投稿をされてから、テーマの趣旨から逸れていきました。私がそれに注意を促したところ、エイトさん、そしてあなたが横レスし、云々云々、その結果、趣旨に沿っていないコメントが溢れるようになりました。少しは自覚してくださいな。

 繰り返しますが、「趣旨に沿っていないコメント」を投稿するのは、もうやめてください。管理人として再度、警告を発しておきます。

憶測が飛び交った結末

 米本さんは品位がない。笑ってしまいました。統一教会員ではないでしょう?病んでいらっしゃる。憶測で書いている、等、テーマとまったく結び付けられないコメントを書かれています。このような付属語や接続語を多数乱用なされるようであれば、一貫したテーマに沿って会話するのは困難なことです。
 ご自分は話をそらすのに、人は許さないっていうのは、人間的に見てもおかしな言動でございましょう?そしてこのような発言をされていても、他人の責任にされるワンパターンの繰り返しのブログに見受けられますので、ほんとに閉鎖されたほうがいいと思います。
 長い間ご苦労様でした。

ふう・・・

わたしはこちらのブログの、
熱さ、
あたたかさ、
正義感あふれるこころ、
が、大好きで、
いつも愛読しています。

そして、
わたしは統一教人です。

ふう、・・・。
  • [2010/05/05 23:54]
  • URL |
  • へのへのもへじ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

人間1さんの投稿

人間1さんの投稿は、どう考えても変なところが多いようです。
まずちゃびさんの投稿に関して、注意した米本氏にこう書かれて噛み付いておられる。

>「家族と宗教や価値観の違いで揉め
>ている。」という話題がちゃぴさん
>の投稿ですが、テーマと充分関係す
>ることだと思いますが、あえて関係
>のないことと言われるのなら、わが
>教会の内容も知らずにこのようなブ
>ログを延々と続けられ、家族の揉め
>事の話題を避けてテーマを語られる
>ことこそレッドカード出したいくら
>いです。

どのような立場の方かは知りませんが、少なくとも、相手の話を正確に理解しようという意識は無い方のようです。人間1さんは、ちゃびさんの投稿のテーマを

「家族と宗教や価値観の違いで揉めている。」

とされているのですが、ちゃびさんの投稿のテーマは、

>別にキリスト教を信じなくてもいい
>んですよ
>社会ルールを守り、他者や自分自信
>に思いやりの心があれば。

>世界平和の為に犯罪行為をさせるな
>んておかしいとは思わないか?
>思いやりがあったら借金をさせてま
>で献金はさせないのが普通だよね。
>後藤さんや他の方々も数十万以上の
>開運商品を買ったり家系図供養をし
>ても家庭円満になるどころか揉めて
>いるということですよね。

とある通り、「宗教や価値観の違い」で家族と揉めてるとされていません。
違法活動の問題、献金の問題、霊感商法の問題で家族と揉めているとされているわけです。
そして、今まさしく拉致監禁擁護派の面々が、これらの問題により拉致監禁問題を、うやむやにし、拉致監禁の事実を封印しようと画策しているわけですので、拉致監禁問題と関連性付けられているわけでもないのにこのようなことを書かれているのは、現在のこのブログの状態としては、非常に迷惑と判断されるのは、当然ではないかと思います。
しかも、それが事実関係を確認しないまま、根拠薄弱な類推で他人の名誉を棄損する言説が含まれれば、イエローカードは当然でしょう。

しかし、人間1さんの投稿は、あからさまにちゃびさんの投稿意図を改竄し、


>「家族と宗教や価値観の違いで揉め
>ている。」

という一見、統一教会員の主張風に書き換え、その主張の根拠とされています。

ちゃびさんは、統一教会の献金やいわゆる霊感商法などの問題により、統一教会の宗教法人を剥奪されることを望まれ、統一教会がこの世から根絶されることを望まれている方です。

まぁ、私はこの意見に対して、当然Noという立場ではありますが、だからと言って、このご意見まで圧殺しようとは思っていません。私達を正す為に必要なご意見だと思っています。

それをさらっと、

>「家族と宗教や価値観の違いで揉め
>ている。」

という風に書き換え、ちゃびさんのご意見を書き換えて、味方する風な振りをし、その実、ちゃびさんのご意見を抹殺し、更に、米本氏批判の道具に使う。

二重三重の不誠実さです。

更に、

>わが統一教会の内容や私たちの課題
>など十分踏まえたうえで論理付けら
>れているとはとても思えない、憶測
>で書いていらっしゃるのでは?と思
>われる部分もたくさんあるように見
>受けられます。


私は近頃、エイトさんに対して、批判するならば、具体事例、根拠、論拠を明確にするように注意していますが、それを注意している直後に、この表現。

二度も三度も同じ注意をされ、それが他人に対してでもあっても、理解しない人は、単なる馬鹿です。

具体事例、根拠、論拠がなければ、ただの悪口と同じで、後味が悪いだけ。説得力もない。また、批判された方が悪い所を修正しようと思っても、どこを修正して良いのかも判らないという状態になります。

あからさまに非常識な事柄でもない限りは、きちんと具体事例、根拠、論拠は明示するようにするのが当たり前です。最悪、それを示さない理由を明らかにするべきでしょう。

まったく、なんだってこんなに非常識な人が多いのか・・・。


>わが教会の内容も知らずにこのよう
>なブログを延々と続けられ、家族の
>揉め事の話題を避けてテーマを語ら
>れることこそレッドカード出したい
>くらいです。

さて、ここで人間1さんは


>家族の揉め事の話題


と書かれているのですが、この人間1さんが言われる「家族の揉め事」とは、何か?

これは、先に書いてきたことを図式化すれば、


「家族の揉め事」=人間1さんの「家族と宗教や価値観の違いでの揉め事。」=ちゃびさんの「違法活動・献金・霊感商法の問題」


となってしまい、表面は統一教会の主張に添った内容を主張されているように見えるのですが、実は拉致監禁擁護派の方々と同じく、「違法活動・献金・霊感商法」を取り上げるように主張されているわけです。

米本氏が、人間1さんを統一教会の人間ではないと判断されるのもむべなるかなです。

米本氏は、当然ながら、違法活動・献金問題・霊感商法問題などに否定的見解をもたれています。

しかし、それ以上に、これらの問題により拉致監禁の犯罪性が曖昧にさせられることを警戒されています。


そうであるのに、拉致監禁擁護派の面々と同じ歩調を取られる・・・

もの凄く不自然な主張です。


>ちゃぴさんの文章を見て「病んでい
>る。」と短絡的に結論付けられるこ
>とも人間としてかなり失礼なことで
>はありませんか?


私なんかは、逆に、人間1さんが非常に短絡的判断をやっているように判定します。何故なら、ちゃびさんの投稿はこれだけではなく、伏線があり、それらを総合して、米本氏は判断されている事を知っているからです。ちゃびさんは、ブログ記事と全く関係なく、コメント欄の流れとも関係なく、全く脈略なく、「統一教会の宗教法人を剥奪して欲しい。」などと書き付けられており、このような状態であれば、精神のバランスを崩されているような感じを受けます。

その自覚を促す為に、タルさんへのちゃびさんの対応を根拠として、「病んでいるような印象を受けます。」に表現されたのでしょう。本当に精神のバランスを崩されているのならば、カウンセリングを受けたほうが良いし、カウンセリングを受けるためには、本人の自覚が必要です。何も言わず放置することが正しいことでしょうか?

それをただ単に言葉尻を捉えて、短絡的表現とされる・・・・。私としてはかなり不可解なご発言です。

ちゃびさんのご意見を取り入れない米本氏を非難する為だけにそうされている印象を受けます。


他にもいっぱいあるのですが、とりあえず、時間が来ましたm(__)m

人間1さんの投稿2

さて、朝の続きですが、得てしてこういう方たちの投稿は支離滅裂です。
特に、人間1さんの投稿は支離滅裂状態です。

例えば、


>このブログは「拉致監禁を無くすた
>めのブログ」だと思いますが、存続
>されることでずれにずれまくってほ
>かの観点の議論が展開されて、収集
>がつかない状態ですから早く閉鎖さ
>れることを望みます。

と書かれているのですが、人間1さんは先に

>「家族と宗教や価値観の違いで揉め
>ている。」という話題がちゃぴさん
>の投稿ですが、テーマと充分関係す
>ることだと思いますが

と書かれ、ちゃびさんの書かれる内容が、充分テーマに沿っていると認識されているわけであり、であれば、ちゃびさんが問題とされている、”不法行為”や”霊感商法”の問題はこのブログのテーマに沿っていると考えられており、であれば、「ほかの観点の議論」は展開されていない事になります。

であれば、それを理由に「収集がつかない状態ですから早く閉鎖されることを望みます。」を御主張されるのは支離滅裂でありましょう。


>ずれにずれまくってほかの観点の議
>論が展開されて、収集がつかない状
>態


になれと主張されながら、そういう状態だからこそ、


>早く閉鎖されることを望みます。


は、どう考えても????の状態であり、何を仰りたいのか全く判らない、とにかく言われていることが変です。

しかも、米本氏が注意されているように、ご自身で

>ずれにずれまくってほかの観点の議
>論が展開


して居られるにも関わらず、


>そしてこのような発言をされていて
>も、他人の責任にされるワンパター
>ンの繰り返しのブログに見受けられ
>ますので、



と、米本氏の責任にしておられる。例えどんな誘い水があるとしても、行動を起こした人間に、その行動の主責任があるのは常識ではないでしょうか?

例えば、道端で裸で寝ている女性が居ても、強姦すれば、強姦した人物に主責任があるのは当たり前。

勿論、裸で寝ている女性に責任がないとは言いませんが、強姦した方が「あいつが裸で寝ているのが悪いのだ」というのは責任転嫁に過ぎません。

ようは、米本氏のブログを閉鎖に追い込みたい・・・という動機で、とにかく言ったもん勝ち的に言われているのではないかと判断します。


更に、次の表現も極めて阿呆な事柄です。

>わが統一教会の内容や私たちの課題
>など十分踏まえたうえで論理付けら
>れているとはとても思えない、

「拉致監禁」という犯罪行為を糾弾し、それを無くす為の活動を行なうために、統一教会の内容や課題を充分踏まえなければならないのでしょうか?

現在、統一教会の食口が被害を受けていますが、他団体の方がその被害を受けていたら、どうでしょうか?

統一教会の内容や課題・・・とは関係なく、この問題は問題なのです。

更に、

>教会独自(教会の教義や進展状況を
>理解するものが)で活動するように
>指令が出ているところです。

統一教会の食口が主に被害を受けているのですから、統一教会が重点的に取り組まないといけないでしょう。しかし、それでなんで、統一教会の外部の方が、その活動を止めなければいけないのでしょうか?

大体において、拉致監禁の被害を受けて、離教され、統一教会に批判的になっている方たちの心を誰が拾うのでしょうか?

統一教会が拾えますか?戻ってきたメンバーでさえもほったらかしにし、ケアをやらなかった統一教会が?

誰からも見捨てられ、ずっと苦しんでいた方の心を拾ったのは米本氏です。

そして、拉致監禁の被害者の多くは離教されているのです。この問題を収拾するためには、統一教会の殻は反って邪魔です。

そうであるのに、統一教会が本腰を入れるから、「お前は邪魔だ的」な発言。

状況が判っていらっしゃらない。

というより、何でもいいから米本氏のブログを潰したいのかとも読めます。


まぁ、SAKAさんの例もありますので、人間1さんが本当に統一教会の食口の方である可能性もあるのでしょうが、とにかく、人間1さんの発言はとても変です。

幽霊さんご苦労さま

あなたも主旨に沿った投稿をしていないですね。最後の何でもいいから米本氏のブログを潰したいのか?っていう結論は違います。

このブログは何度も書きますが「拉致監禁を無くすためのブログ」でありますから、統一教会員であろうとなかろうと、笑おうが笑うまいが、病んでいようとなかろうと憶測で書いていようといまいと必ず主旨は「拉致監禁を無くすこと」であるはずですが、かならずそれらの言葉を発されたとたんに幽霊さんのように「ずれまくる。」ということです。

あえて聞きますが、私の文章の評価をして拉致監禁がなくなりますか?

 あなたが監禁された身ならそんな会話して欲しいですか?早く解決するために評論はあまり役に立ちません。茶化して笑ってこんな問題に取り組まないでいただきたい。
確かに今までのすごい取材とかご苦労には感謝しますが、元の方たちもほんとに苦しんでこられたのですから、もうちょっと思いやりのあるやり取りをしていただきたい。そうすることで拉致監禁はすこしでもなくなる可能性が高くなるんじゃないでしょうかね?

そんなことさえも考えずにこれから延々と続けられるのなら一人の人間としても早く閉鎖していただきたいです。


ちょーうざい

幽霊食口、ちょーうざい。

関係のない話で、えらそうな説教を延々と聞かされ気分が悪い。あなたは何様?

しばらくこのブログは見ないことにします。気分が悪いので。

人間1さんへ

人間1さん

>最後の何でもいいから米本氏のブロ
>グを潰したいのか?っていう結論は
>違います。

書かれている事が矛盾の塊です。

このブログの趣旨と関係ない部分での


>家族の揉め事の話題を避けて



>レッドカード

であり、

>ほかの観点の議論が展開されて



>早く閉鎖されることを望

まれる。

これではどう転んでもこのブログを閉めろと人間1さんは主張されているわけです。

いい加減、御自分がむちゃくちゃな事を主張している事を自覚してください。


>あなたも主旨に沿った投稿をしてい
>ないですね。

どうも、人間1さんは「火の粉ブログ」の趣旨を誤解されているようです。「ブログ解説の目的」をきちんと読まれるように。

端的に言えば、米本氏は「拉致監禁問題の是非」について問うことにより、水面下の「火の粉」を払うことを目的とする・・・と書かれてあります。勿論その趣旨には、「拉致監禁」が非である事を明らかにする事によって、水面下の批判に応酬し、拉致監禁をなくすことが含まれているでしょうが、「火の粉を払う」ことも趣旨に入ります。

公開のブログ下では、拉致監禁の問題とは別次元の問題が派生することがあり、それが「ブログ炎上」などの言葉が流行するぐらいに、ブログ運営にあたって気をつけなければならないことです。そして、このブログは、渦中の拉致監禁問題を取り扱う為、大元からブログが炎上する要因を内包している状態であり、米本氏には「拉致監禁問題」に関する火の粉を払うことに集中してもらいたいと、ネット特有の火の粉に関して、しゃしゃり出ているわけです。

広義の意味では、けして私はこのブログ趣旨に沿わない発言はしてないと、そう私は自分自身に対しては判断しています。


>統一教会員であろうとなかろうと、
>笑おうが笑うまいが、病んでいよう
>となかろうと憶測で書いていようと
>いまいと必ず主旨は「拉致監禁を無
>くすこと」であるはずですが

そうなっていない発言が多いですね。人間1さんの発言はその極致かと思います。なんせ、発言趣旨は読み取れる限り、とにかく何でもよいから、「ブログを締めろ」という趣旨ですから。


>あえて聞きますが、私の文章の評価
>をして拉致監禁がなくなりますか?

拉致監禁を無くす、その一助になると判断しているからこそ発言しています。

米本氏は、良くも悪くもこの問題に関して台風の目です。その著作、このブログ記事は、拉致間問題に対する世間の耳目を集め、世論形成に多大な貢献がなされると判断しています。拉致監禁の実態を世間に示し、その異常さ、非道さ、違法性を暴き立てているブログです。

世論形成も拉致監禁を無くす為の大きな力であり、それに貢献するブログの存続は、拉致監禁問題の解決に大きな影響を与えます。

従って、それを不当な理由で閉鎖を主張される意見の非合理性を曝け出し、その根拠がでたらめである事を論理的に指摘することは、このブログ存続の為の一助となり、即ち、拉致監禁を無くす事に対する一助になる。そう考えています。


>あなたが監禁された身ならそんな会
>話して欲しいですか?

望まないでしょう。しかし、拉致監禁を無くす為に闘っておられる米本氏のブログの閉鎖を主張する人間1さんのコメントは、更にもっと望まないでしょう。


>早く解決するために評論はあまり役
>に立ちません。

解決されない事を防ぐ意味では意味がありましょう。


>茶化して笑ってこんな問題に取り組
>まないでいただきたい。

私は茶化して、笑って問題に取り組んで覚えはありません。揶揄・皮肉は書く場合はありますが、そちらが効果的であろうと採用しているだけです。


>元の方たちもほんとに苦しんでこら
>れたのですから、もうちょっと思い
>やりのあるやり取りをしていただき
>たい。

これは文意より、米本氏の事を仰っているのだろうと思いますが、米本氏は充分思いやりのあるやり取りをやられて居ます。

揶揄したりしているのは、非常識な方達のみです。もしかして、米本氏のちゃびさんに対する発言を言っておられるのかもしれませんが、思いやりとは、相手を正確に理解しようとするところから始まり、相手に必要と思われるものを提供することです。

はっきり言えば、ちゃびさんの発言意図を捻じ曲げている、人間1さんの方が余程思いやりがない。単に言葉の表面上の表現のみ拘泥して、印象で判断しているからそうなられるのではないでしょうか?


>そうすることで拉致監禁はすこしで
>もなくなる可能性が高くなるんじゃ
>ないでしょうかね?

????。家族の方は米本氏から子供を救い出したいと考えておられるのではなく、統一教会から救い出したいと考えておられるんですよ。

論理性もなく、自分達の仲間の拉致監禁問題に取り組む米本氏に感謝の念もなく、感情的に、一方的に

>長い間ご苦労様でした。

こう書き付ける人間1さんの姿が、拉致監禁問題解決の妨げとなるとはお考えになりませんでしょうか?

あなたの評論はすごいですね。

おそらく、そんな感想を求めていらっしゃるのでしょう。私のしゃべってる言葉なんてどう評価されようと何とも思いませんが、そんなにスペースをとって書き込まれるのは、拉致監禁を真剣に無くすためにどうしたらいいのか?と胸が張り裂けんばかりに考えていらっしゃる被害者の方に失礼なことではありませんか?
 いろいろな経験や取材をしてこられた米本氏から「笑ってしまいました、病んでいらっしゃるんじゃ?憶測じゃないの?」という言葉は発していただきたくないしいつでも、「どうしたら、拉致監禁がなくなるのか?」研ぎ澄まされた言葉が発されるときこそが一番拉致監禁被害者の方たちを助けることになるんじゃないでしょうかね?さらにそんな姿勢がこのブログの意味も重くなってくるんじゃないかと考えます。
 一人の人間としてそう考えます。
幽霊さんあまりスペースとらないでください。

そろそろ終わりに

 議論(?)はそろそろ終わりにしてくださいな。
 ブログは掲示板と違います。
 ブログにコメント欄があるのは、ブログの記事に関する意見を載せるためにあります。

 今日中にブログを更新いたします。韓国の地から寄せられた監禁体験記をじっくり読んでいただけることを願っております。

了解いたしました

米本様

了解いたしましたm(__)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/168-afe26b71