倉敷めぐみキリスト教会・高山正治牧師がリハビリ施設を建築中 

ニュース(14)

あの高山牧師がリハビリ施設を建築中!


 倉敷めぐみキリスト教会の高山正治牧師が、教会敷地内に、リハビリ施設「カナン」の建設を進めている。

 高山氏といえば、昨年、大阪の女性信者Kさんを監禁下で説得していた牧師で、そのことについて私が公開質問状を送ったあの牧師である。
 回答はいまだないが、Kさんがマンションから解放された昨年の10月頃から、リハビリ施設「カナン」の建設に着手していた。

高山牧師は「たかたか庵日記」というブログで、日々の身辺雑記を綴っている。
 その2月1日付の日記に、興味深いことが書かれていた。


削除 「カナン」の使用用途が一部で誤解されていることがあるようなので、すべて削除します>(=この記事も削除されるかも)


 削除された記事は残念ながら読んでいなかったが、これまで日記は「リハビリ施設・カナン」建設の進捗状況を写真入りで紹介していた。まるで、好好爺(←をクリックすれば高山さんを拝顔することができます)が長年の夢だったマイホームの完成ぶりを、目を細めるようにして喜んでいる風だった。
 それなのに、この日記にある通り、「すべて削除」されてしまった。

 実に不思議な話である。

カナンの使用用途が一部で誤解されている
 それなら、誤解をとけばいいだけの話ではないか。
 高山牧師は信者向けの内輪の機関誌だけでなく、ブログも、教会のホームページも持っている。そこで、誤解がとけるような説明文を書けばいいはずだ。

「リハビリ施設・カナンが誤解されているが、本来の目的はこれこれこうで、こうした目的に沿った用途以外には使用しない云々」

 不思議な話はまだある。
 倉敷めぐみキリスト教会にとってリハビリ施設の建設は一大事業のはずだ。
 ところが、ホームページにはこの事業のことが全く触れられていない。
 これはどういうことなのか。

 私も誤解するうちのひとりかもしれない。
 監禁下での脱会説得に成功した人を、高山牧師の信者にするための施設ではないのか。お友だちである高澤守牧師が神戸真教会の2階を宿泊施設にして、改宗説得を行っているように。

 
 いや、そうではない。心を病んだ人たちをケアし、社会復帰させるためのリハビリ施設なのだ

 そういうのであれば、そのことをサイトできちんと説明すればいいではないか。
 もしリハビリ施設なら、心を病んだ人たちやその家族にPRする必要がある。それなのに、ホームページには載せず、個人ブログに載っていた記事まで削除してしまう。
 どうやって、新しく誕生するリハビリ施設の存在を、倉敷市民に知らしめるのか。
 倉敷市役所への届け出はどうなっているのか。
 リハビリならふつう1、2時間程度ですむ。心理的なリハビリだとしてもカウンセリング時間はどんなに長くても2、3時間程度。通いで十分であり、わざわざ宿泊施設など作らなくてもいいはずだ。なぜ、宿泊施設が必要なのか。
 疑問は次から次へとわいてくる。

 そもそも、高山牧師は臨床心理士の資格をもっているのか。

 高山牧師は監禁中のKさんにこう語ったという。
俺は元ヤクザだ。3年間ヤクザをやっていた。ここから(強引に)出て行くのなら、足の一本でも置いていけ
 質問への回答がないから、高山氏がほんとうにヤクザだったのかは不明だが、事実とすれば、とても臨床心理士の勉強などできなかったと思う。

 疑問は尽きないが、「カナン」はリハビリ施設などではなく、強制説得に成功した統一教会員を、倉敷めぐみキリスト教会の信者にするための改宗施設だと“誤解”すれば、すべての疑問は氷解する。


 では、なぜ改宗施設をつくる必要があるのか。

 信者の家族が牧師など脱会説得者に頼むのは「子どもの脱会」であり、「改宗してキリスト教の信者にして欲しい」ということでは決してない。そのため、脱会の意向を示しているにもかかわらず、脱会後もマンションにとめおき、家族の前で堂々と子どもを福音派のキリスト教の信者にすることは、憚(はばか)れる。

 金銭面で、信者家族とトラブルとなる可能性だってある。
 なぜならは、脱会までの費用(マンション代、生活費用)は家族が負担するのは当然としても、改宗のためにかかる費用(脱会後のマンション代、生活費用)まで払う必要はないからだ。

 こうしたことから、高沢牧師が教会の2階を宿泊施設にしているように、また川崎経子牧師が「いのちの家」をもっているように、「リハビリを名目にした自前の施設」が必要になった。
 そこで「カナン」の建設に着手したのであろう。
 
 これが誤解なら、ぜひ、「たかたか庵日記」で、私の疑問に答えてもらいたいものだ。

(注) 上記「いのちの家」のサイトには<NPO法人小諸いずみ会「いのちの家」は、カルトやDV等で精神的に疲れてしまった方の「心」を癒し、社会復帰を助けることを目的とした滞在型リハビリテーション施設>と紹介されている。
 しかし、私の知人が<「いのちの家」はDV被害者の心のケアになるような施設か>と訪問したことがある。あとで、「川崎牧師はDVに関しては全くのど素人で話にならなかった。被害者を紹介しなくて良かった」と教えてくれた。

 日本基督教団に所属する川崎牧師(80)は、長年にわたって谷村教会(山梨県都留市)の牧師として、強制説得に携わってきた人である。彼女が培ってきたノウハウは、統一教会信者を脱会させる説得方法だけである。
 その昔、法の華三方行の教祖・福永法源の「被害者家族の会」の集いに、一緒に参加し、家族の相談にのったことがあるが、彼女は統一教会のことしか知らないので、各論になると何一つ答えることができなかったことを思い出す。

 <DV等で精神的に疲れてしまった方の「心」を癒す施設>といううたい文句は、誇大広告というよりも、施設の目的をカムフラージュするものと言っていいだろう。

 どういうことか。
 99年に今利理絵さんが日本基督教団の黒鳥栄牧師と清水与志雄牧師を訴えた。日本基督教団に衝撃を与えた裁判事件である。

これまでと同じように、親をして信者を保護(拉致監禁)するようなやり方をこのままやっていると、いつか訴えられる

 そこで、川崎牧師が編み出した対応策は、強制力のともなわない形で、信者を「いのちの家」に連れてこさせる方法である。
 どうやって?
 婦人信者の場合は「宗教に詳しい人に会ってくれ。さもないと離婚するぞ」と夫に脅されて。
 青年信者の場合はマンションなどに閉じ込められ(拉致監禁)、家族によって「統一教会に詳しい人に会ってくれ」と説得されて。
 会わなければ離婚となる、あるいはいつまでも監禁部屋に留め置かれることになるので、信者たちはしぶしぶであっても同意せざるを得ない。

 信者たちが「いのちの家」に足を踏み入れるときは、外形的には自分の意思であり、物理的な強制力をともなわない。このため、あとで警察や裁判などに訴えられることはない。
 うまいやり方である。私が知っている限り、ここ数年間で、5人の婦人や青年がこの方法で脱会説得を受けている。
 
 話を高山牧師に戻せば、リハビリ施設「カノン」も、「いのちの家」と同じような施設を考えているのかもしれない。




 ところで、ブログから削除されてしまったので、「カナン」がどんな建物か、読者にはわからない。
 そこで、写真を撮ってきたので、以下に、紹介する。(奥の建築中の建物が「カナン」。2階建てのようだ。クリックすれば写真は拡大します)

 




 統一教会の諸兄諸姉は、カナンの民にならないように、ご注意を!

 ところで、職業柄気になってしまうのは、民主党の小沢幹事長の政治資金の収支報告問題ではないが、建設にともなう資金の出所である。教会の資産から支出するとすれば、ホームページに報告がないのはおかしい。これまでの脱会の謝礼金を積み立てた個人預金なのか。もしそのときどきの謝礼金を税務申告していないことがわかれば、脱税とみなされる。
『我らの不快な隣人』の151頁に注目を)

 税務署に調査されても、収支だけは公明正大にしておいてもらいたいものである。

なお、「拉致監禁をなくす会」のブログに、高山牧師に監禁下で脱会説得を受けた松本拓也さんの証言が載っている。ぜひ、目を通してみてください。


 
?お知らせ?

(1)このブログを開設したのは、09年の2月1日でした。まさか1年でアクセスが23万件になろうとは、夢にも思いませんでした。読者の方々にお礼を申し上げます。また、投稿していただいたすべての方に感謝いたします。今後もよろしくお願いいたします。

(2)ブログ「三日坊主日記」に拙著の書評が載っていますので、紹介しておきます。
「カルトの親とカルトの子 1」
「カルトの親とカルトの子 2」
「カルトの親とカルトの子 3」
 ブログのプロフィールは非公開となっているため、書き手のことは紹介できませんが、ブログのタイトルにあるように、あるお寺の僧侶です。3つの書評のあと、自分のこととして「もし子どもがカルトに入ったなら」と自問自答されています。

関連記事

コメント

高山牧師の”カナン”について

>削除された記事は残念ながら読んで
>いなかったが、これまで日記は「リ
>ハビリ施設・カナン」建設の進捗状
>況を写真入りで紹介していた。


これまた記憶で申し訳ありません。高山牧師は、


”自主脱会者のリハビリに使用したい”


と書いておられました。私としては、その言葉を信じたいのですが、近頃、反統一教会兼拉致監禁擁護派と見られる方々がしきりに”自主脱会者”の言葉を使用されているのが気になります。

彼等の言う保護説得、つまり拉致監禁下での脱会者の事も“自主脱会者”と呼びならわそうという布石でなければ良いのですが。

高山牧師も牧師ですので、そこまで破廉恥な事をやらないと信じたいのですが・・・・・。


PS しかし、自主脱会者のリハビリに建物が何で必要なのか・・・・不思議ですね。確かに、高山牧師は、逆にそこらを説明する必要がありますよね。やってきたことがやってきたことだけに・・・。

反牧牧師対統一教会牧師の討論を見たい!

松本拓也さんが拉致監禁下で仰っている「反対牧師と統一教会牧師の討論」を私も是非見てみたいです。反牧は、真理に勝てないから陰でこそこそ親を唆し味方につけ北朝鮮並みの手法を用いているのだと確信がありますから!!自信があれば正々堂々できますからね。しかし、高山牧師もお気の毒にもうすぐ、その建物が再臨主の弟子を迫害し、手にした魔の住家と汚名と汚点が永遠に?自業自得ですね。

高山牧師

2度目の投稿になります。

米本さんの記述に韓国にお嫁に行った
方へのインタビューで

たまたま同郷であった、、、
お父さんは容認しているようである、
人よりも猿の方が多いような田舎
でなんと拉致監禁が行われている

・・・・

というような記事を読ませて頂き
思い当たる節がありました。

間違っていたらすいません、

その町には昔、統一教会反対の
看板がたっていました。

その町でも高山牧師の指導の下、
拉致監禁にあった人がいます。

ビルの3階から飛び降り脱出を試み
ましたが負傷して身動きがとれなく
なり、再び部屋に連れ戻され監禁さ
れました。恐るべしと思いました。


その後のことは省略しますが、

今では、家庭の事情で実家に戻られる
こととなりました。

拉致監禁されなくとも、両親と一緒に
暮らそうと思っている人は多いと思います。


その田舎では、
拉致監禁に成功した人は
ニコニコ顔で暮らし、

拉致監禁に失敗した親御さんは
世間体もあり、あまり良い顔は
出来ない様子です

親子としては回復しても、
世間とのつきあいでは
統一教会にはいったのか?
と思われるといけないので
こそこそと親子が会うような感じです。

田舎にはそういうところがあります。

伝道の書第12章1節

あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。

原理を学んだ若き兄弟姉妹へ。

もしも、君達が、統一教会員であることを、親にも言えないレベルでしかないのなら、強制棄教に遭う前に原理講論を一たび閉じよう。

無為に尊い霊の生命を危険にさらしてはいけない。

悪魔の一番欲しいものは、肉体の生命ではない。
君達の霊的生命なのだ。

その君達の尊い霊的生命がむざむざと殺されてゆくことを、見なければならない神はどれほどまでに悲しいであろう。

2000年前も、イエスを信じたものたちは、次々に殺戮されていった。

若き日に再臨主に出会えたことを、胸に秘め、自分の道をしっかりと歩んでいくならば、何時の日にか祝福への扉も開かれよう。

君達の知らないことは、あまりにも多すぎる。

私も20歳で原理と出会い、教会へは通わなかった。
親には、すぐに統一教会を証したにもかかわらず、私の性分が教会組織と合わなかったからだ。

それでも、祝福を受け、もうすぐ4人目の子女が生まれる。

いまもなお、教会へは行かない。

それでも、神は私を用いて様々な仕事をさせる。

中心性、「位置のアベル」からの、伝達事項は重要だが、君達はどうか、自分の中にある良心の声に耳を傾けて欲しい。

そうすれば、君たちの神様が行くべき道を教えてくれる。

その若いエネルギーを、まずはしっかりとこの大地に根を張ることに注ぎ、この俗世に堂々とした影響力をもつ者になって欲しいと願う。

米本氏の言うように、カナンの民にだけはなってはいけない。

親愛なる若き兄弟姉妹たちよ。

迫害の道を、行くにはまだ若すぎる。

どうか、「脱会」などという、馬鹿げたやめ方をする前に、この船から降りなさい。

さよならは言わずに。

大和櫻さんに同感です。

大和櫻さんに同感です。文師も大学を辞めることなど勧めていなかったにも拘らず「大学か?神か?」と幹部がせまり無理にやめさせた失敗もあると聞きました。しばらくは、大地で根を張り、説得力のある立場を確保するヤコブ路程のように神と御父母様も意識すればいつでも何処でも訪ねてこられますから心配せずに!!

Re: 高山牧師の”カナン”について

> 高山牧師は ”自主脱会者のリハビリに使用したい”と書いておられました。

幽霊食口さん、情報提供ありがとうございました。

 自主脱会者、一般用語でいえば、自分の考えで統一教会をやめた人ということになるわけですが、組織をやめたあと、どうもモヤモヤしたものが心に残り、なかなか一般の生活に戻れないといった悩みを抱く人は少なくないと思います。

 そのような受け皿として「自主脱会者のリハビリ施設を作る」というのであれば、共鳴する人は少なくないでしょう。
 ならば、ブログの記事を削除する必要はなく、もっと積極的にPRすればいいはずです。
 私のように誤解する人がいれば、積極的に誤解をといていけばいい。

 「自主脱会者のリハビリに使用したい」という文言すら、削除してしまうところに、ますます疑念が募ってきます。

kunibikiさんへ

 投稿ありがとうございました。

 投稿にあった「世間」「世間体」という言葉に、あらためて注目しました。

 なぜなら、数人の拉致監禁体験者が「うちの親が信仰しているのは世間教、御本尊は『世間様』なんですよ」と語っていたからです。

 また、長年、統一教会を批判し続けてこられた浅見定雄さんも「世間体が悪いから脱会させたいなんて考える親もいるんですよ」とため息をついていた。

 なぜ、異様とも思える拉致監禁が続出するのか。その遠因に「世間体」があるのではないかと思っています。

 それで、いま社会心理学者の井上忠司さんの『「世間体」の構造』(講談社学術文庫)を読んでいるところです。

 「世間体と拉致監禁」のことがもう少し考察できたら、ブログに書こうと考えています。

希望

ブログの「お知らせ」で紹介した「三日坊主日記」を読んでみてください。

“カルト”に批判的で、読書好きのお坊さんが、『カルトの子』と『我らの不快な隣人』とをどのように関係づけて読まれたのか。

一読に値する書評です。

ただし、書評に異論があれば、このブログではなく、「三日坊主日記」のコメント欄に投稿してください。

誤解を誘い、誤解に基づき話が進んでいく事について

高山牧師が実際にヤクザであったかどうかに関わりなく、「俺は元ヤクザだ。3年間ヤクザをやっていた。ここから(強引に)出て行くのなら、足の一本でも置いていけ」という発言は、事実であれば、脅迫に当たると思います。この発言がKさんの嘘ではないという事はどの様に確認されたのでしょうか? 本人に質問状を出し、確認しようとした努力までは認めますが、その確認もできないうちに、事実であるかのような誤解を誘い、その誤解に基づいて話を進めていく様子は、ジャーナリズムであるとは思えません。誤解と知りながら、敢えて誤解を誘うその姿勢は、むしろ「嘘でも良いから信じたい」と信者に思わせるカルト教団のマインドコントロールに通じるものがあると思います。

誤解に基づいて議論をしたところで、それは豆腐の上にお城を建てるようなものです。

現にこのブログでも、「悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんが、罪無き人への暴行や殺人を容認する人間である」という誤解をMさんが誘い、米本さんが誤解し、それに影響を受けた人々も誤解し、誤解した人々によって、誤解したまま、悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんに対する書き込みが悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんの書き込みの何倍もの文字数を使って行われました。
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-143.html#comment1431
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-143.html#comment1432
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-143.html#comment1434
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-143.html#comment1435

つづく

誤解を誘い、誤解に基づき話が進んでいく事について2

つづき

http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-143.html#comment1436
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-143.html#comment1437
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-143.html#comment1438

しかしもっと深刻なのは、それが誤解であるとわかった後も、誰も悪びれる様子が無いという事です。

人に濡れ衣を着せても平気でいられる人々。

ここでは普通の事なのかもしれませんが、私達から見たら、異様な光景に映ります。

初めまして

米本さん初めまして。
この記事を読んでいて思いました。どうして高山牧師と川崎牧師に批判的なのかなって(泣)
2人に助けられた元信者だっていっぱいいるんですよ。米本さんのところには報告が来てないんですか!?
米本さんが中立的な立場の人なら、2人と良いところも取り上げて欲しいです!お願いします!
  • [2010/02/08 20:20]
  • URL |
  • ネザーランドドワーフ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

拉致監禁

岡山の牧師さんに指導されて今では熱心
な信者さんになっているもと信者さんも
おられるようですね、

統一教会も悪い部分は社会的にも制裁を
受け改善する方向に進んでいるようですが

拉致監禁に対してもやはり行き過ぎのと
ころがあると感じます。

今のままでは拉致監禁にたいして歯止め
がきかず、やりたい放題ではないでしょ
うか、

拉致監禁する側も改めるべき点は改める
べきだと思います。


親は退職届を準備して拉致監禁し
拉致監禁に成功したらそれを会社に
出させますが、
(待機している親族が提出する)

会社のほうでは急なことでいったい何が
おこっているのか?
困惑されていたようです。

再就職は厳しい時代ですのでのちのち困ります。

そこまでやってでも改宗させる決意があるのか?
と、牧師先生に言われたんだと思いますが・・・・

ビルから飛び降りて負傷で身動きとれなく
なった状態でも、病院へ行かせずに、
再度部屋に閉じ込めるように指導されるの
はいかがなものかと思います。

牧師先生はおまえの親が頼むから
アドバイスしただけだ、
俺には責任はない!
責めるなら親を責めろ!
とでも言われるのでしょう、

親もそういわれたら何も言い返せないですね

祝アクセス24万件!

火の粉ブログに大勢の読者が関心をもってアクセスしていることは喜ばしいことですね。

一般読者にとって、しつこいコメントは流れを堰き止めるかのような後味の悪さが残ります。

テーマに沿った前向きな議論を期待しています!

Re: 誤解を誘い、誤解に基づき話が進んでいく事について

投稿ありがとうございました。

> 高山牧師が実際にヤクザであったかどうかに関わりなく、「俺は元ヤクザだ。3年間ヤクザをやっていた。ここから(強引に)出て行くのなら、足の一本でも置いていけ」という発言は、事実であれば、脅迫に当たると思います。

 まったくその通りです。


> この発言がKさんの嘘ではないという事はどの様に確認されたのでしょうか? 

 どのように確認したかなんて、どうして関係のない人に教えなければならないのでしょうか。少しは常識でもって、考えてください。
 新聞の記事をもとに、新聞社に連絡して、この記事にある匿名者の発言に嘘がないかどのように確認されたのてしょうか?と聞けば、
「なんで、関係のないあなたに教える必要があるのですか」
 と笑われますよ。

 統一教会という狭い視野の中で、物事を考えるのではなく、「こういう場合はどうか」と視野を広げて考える習慣を身につけてください。

 ついでに言えば、民主党の小沢幹事長をめぐる新聞で「関係者によれば」という書き方で様々な報道がなされています。これに対して、民主党は「関係者とは誰なのか?」「関係者のクレジットで、検察の虚偽をまじえたリークを流しているのではないか」といった批判をしました。
「週刊朝日」(2月12日号)の<暴走検察>を読めば、その批判はわからないでもありませんが、新聞は一切、受け付けていません。ジャーリズムの姿勢(情報源の秘匿)からすれば、当然のことです。
 ただし、たんに「関係者」という表現はよろしくなく、やはり「検察関係者によれば」とか「民主党の関係者によれば」とか、もう少し具体的に書くべきでしょうね。


>質問状を出し、確認しようとした努力までは認めますが、その確認もできないうちに、事実であるかのような誤解を誘い、その誤解に基づいて話を進めていく様子は、ジャーナリズムであるとは思えません。


 確かに、質問状への回答があってから、ヤクザ発言のこと(監禁下で説得したことも)は記事にすべきでしょうね。

 しかしながら、こと高山牧師については、回答があってから記事にすべきだという一般論は通用しないところがあります。

❶『我らの不快な隣人』182頁の「ためらう大学生」の記事を読んでください。ここに高山牧師のことが出ています。事実を確かめるために、高山さんに電話をしました。しかし、一方的に電話を切られてしまいました。

❷高山さんには拙著の出版のことを連絡しました。(他の牧師や弁護士にも!)
「間違いがあったら訂正しますので、遠慮なく、連絡してください」

 その後、高山さんは自分のブログで、次のように書かれました。

<あるジャーナリストから、新刊の紹介と手紙が届きました。「あなたのことも書きました。反論・訂正があればお知らせください。再版のときに直します」

 衝撃的な本です。
 彼はこの本を書き上げるのに6年掛ったと言います。
 あなたは味方なのか敵なのか?味方か敵かではなく、是か非か。
 是は是、非は非として書いたと彼は言います」
(「ニュース18)」http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-119.html#more

「衝撃的な本」というだけで、事実の有無について言及していない。ふつうならば、虚偽の事実が書かれているのであれば、「私について書かれているところは、間違っている」と書くでしょう。それは経験則というものです。

 事実、本を読まれた2年前の7月10日から今日に至るまで連絡はありませんし、また彼のブログでも拙著の記述を否定した原稿は一切載っていません。
 
❸こうした経緯から、Kさんに対する監禁下での説得、また、ヤクザ発言のことを、記事にする以前に高山さんに問い質したとても、ノーアンサーだと判断しました。
 高山さんの返事を待ってから記事にすべきだという一般論を適用すれば、永遠に記事にすることはできません。

 そこで、記事(前出の「ニュース(18)」にすると同時に、公開質問状(「ニュース19」http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-124.html#moreを出したのです。

※一般読者には流れがわからないと思います。ブログの骨格http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-2.htmlを読んでください。
 
 もし、間違いがあれば、記事の訂正要求と謝罪要求がくるでしょう。
 活字媒体と違って、ブログやホームページでは、そうした要求があれば、事実を再度確かめたうえで、要求内容が正しければ、簡単に記事を訂正することができます。

 しかし、公開質問状を送ってから3カ月が経とうとしているのに、今日にまて訂正要求はきていません。

❹ふつうなら、事実に相違なかったということになりますが、それでも、このブログの記事では、「高山氏がほんとうにヤクザだったのかは不明だが、事実とすれば」とエクスキューズの文言を入れています。返事がないからといって、事実だと決めつけてはいません。

❺それにもかかわらず、SDGさんはこう書く。再度、引用しておきます。

「本人に質問状を出し、確認しようとした努力までは認めますが、その確認もできないうちに、事実であるかのような誤解を誘い、その誤解に基づいて話を進めていく様子は、ジャーナリズムであるとは思えません」

 どうして誤解なのでしょうか。高山さんがSDGさんに「あれは誤解だ」とでも言ったというのでしょうか。そもそも、当人なら「誤解だ」なんて言いません。「ヤクザ発言はしていない」と断言します。
 
 高山さんに事実を確かめることなく、高山さんともKさんとも関係のない人が横ヤリ的な投稿をするのはやめてもらえませんか。私の時間はどんどん削られていきます。

(追記1)「悪質~管理人」さんとMさんの件は、Mさんの「「間違えて当然」の投稿、また私の「ポン太郎さんへ」の投稿で、終わっています。
 正直言って、しつこいです。
 2チャンネルでは「関係のない人」がどんどん横やり投稿をしているようですが、ここのコメント欄は2チャンネルとは違います(何度も言わせないでください)。これ以上、横やり的な投稿をしてこられるのであれば、ハンドルネームを「横やり」さんとでも変えてくださいな。

(追記2)SDGさんだけでなく、私への批判的投稿、問いかけ的な投稿をしてくる方に注意しておきます。投稿は大いに歓迎なのですが、拙著とブログの記事をきちんと読み、私がわざわざわ❶~❹まで書いて説明することがないように、全体の流れをつかんでから投稿してください。推敲に推敲を重ねて。よろしくお願いいたします。

Re: 初めまして

 ネザーランドドワーフさん、投稿ありがとうございました。

> 米本さん初めまして。

 どうも初めての方ではないような気がします・・・。前に投稿された方のような。(ニッコリ

> 2人に助けられた元信者だっていっぱいいるんですよ。米本さんのところには報告が来てないんですか!?

 拙著を読んでください。
 もし、2人に助けられた元信者がいっぱいいるのであれば、私のメールで、その方たちを紹介してください。

> 米本さんが中立的な立場の人なら、2人と良いところも取り上げて欲しいです!お願いします!

 2人に、私の取材申し入れを断らないように頼んでみてください。こちらこそ、お願いします!です。

(追記)ネザーランドドワーフさんにお願いがあります。このブログの記事を読まれる場合は、携帯からではなく、パソコンからにしてください。「花屋の小林」さんと話した結果、携帯とパソコンとでは、ブログの見え方が違うようです。
 ブログに書き綴った記事はすでに140本。一般のブログ日記と異なり、それぞれの記事には連関性があります。携帯からだと、その連関性はなかなか読めないと思います。
 ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

基本がなってないね

SDG氏の「ジャーナリズムであるとは思えません」発言には、思いっきり呆れてしまった。ジャーナリストでもない2チャンネラーもしくはブロガーが、ジャーナリズムを云々していると赤っ恥をかく。ジャーナリズムとは何たるかの基本がなっていないからな。

まあ、偉そうに言う私もジャーナリストで食っていけなかった一人だから説得力もないが、このブログを楽しみにしている米本ファンとして、反統一協会2チャンネラーもしくはブロガーたちに少しだけ言わせたもらいたい。

ジャーナリズムは司法ではない。司法では、小沢幹事長のように客観的証拠がなければ裁かれない。主観的証拠(心証)も司法に影響を与えるが、そのウエイトは小さい。あくまでも客観的証拠が物を言う。

ジャーナリズムにも客観的証拠は必要であるが、主観的証拠も大きなウエイトを占めるのだ。むろん、客観0、主観100では、単なる空論だ。では、客観:主観の割合がいくつならジャーナリズムが成立するのか? それは決まっておらん。そんなことよりも、客観主観を問わず証拠群のトレンドを分析することがジャーナリズムの本質だ。

ここに登場する反統一協会2チャンネラーもしくはブロガーたちは、「統一協会は悪い団体なのに味方をしているように感じる米本氏にいちゃもんをつけよう」という主観的バイアスで記事を読むから、証拠群のトレンドが見えない。そういう者たちがジャーナリズムを云々することは、ジャーナリストに失礼極まりない。

ちなみに、ここに登場する統一教団員の一部も、「統一協会は良い団体で、味方をしてくれているように感じる米本氏に賛辞を贈る」という主観的バイアスで記事を読むから、証拠群のトレンドが見えない。同じ穴のムジナ。

だからたまに、「統一協会の味方をしてくれているように感じていた米本氏が、統一教団に不利な発言をするので叩く」というSAKAのような信者も現れる。そこまでいかなくとも、この場を「統一協会信徒の広場」みたいに勘違いして、教団内部用語丸出しで内輪話に花を咲かせたりする。

どちらもいい加減にしてほしい。

Re:米本さんへ

お返事ありがとうございました。

>どうして関係のない人に教えなければならないのでしょうか。

高山牧師が米本さんに対してノーアンサーであったのと同様に、米本さんも私に対してノーアンサーだということですね。それで私に「勝手に批判するな」と、おっしゃるのであれば、米本さんも高山牧師を批判する立場には無いのではないでしょうか?

私は「Kさんの実名を公表しろ」などと言っているわけではありません。
「(彼らの信じる)神様の為であれば、嘘をつくのもやむなし」と教えられている統一教会の信者さんの証言について、いよいよ慎重となるべきその裏付けを、米本さんがどのように取っているのかという事です。

わかったのは、「米本さんの経験則から判断している」という事だけです。あとは「脱会支援は悪だ」という話の“トレンド”を発信しているだけのように思います。

「虚偽をまじえたリークを流した可能性があっても、その説明責任は無い」「大手メディアがそうしているのだから、自分もそうする」との事ですが、もし虚偽をまじえた情報を流せば、それはジャーナリズムではなく、単なるプロパガンダであると思います。大手メディアであるか個人ブロガーであるかは関係ありません。

大手メディアであれば、情報源は明かさずとも、きちんと裏付けを取り、それでも誤報があれば、訂正と謝罪が要求されます。

一方で、米本さんが「悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんが罪無き人への暴行や殺害を容認する人間である」との“誤報”を実名でネット上に公開した件については、きちんと裏付けを取られたのでしょうか? 悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんのブログを読めば、彼がそのような考えを持つ人間ではないという事は容易に確認できたはずです。 そしてそれが誤報であるとわかった後の対応も、“訂正と謝罪”と言うよりは、“いいわけ”に近いものだったと私は思います。

私は、脱会支援時に、「カルトからの救出」を錦の御旗にして監禁や暴行・虐待などの犯罪が行われないようチェックする仕組みが必要であると思います。しかしカルト教団からの不確かな情報に踊らされていては、その役割を果たす事は出来ないのではないでしょうか? いざ実際に脱会支援を騙って監禁や暴行・虐待などが行われた時に、「また統一教会の狂言だろう」と世間の人々に思われてしまう可能性があります。それは結局、末端の信者さんを危険にさらす事になるのではないかと心配しています。

SDGさんへ

相も変わらず論理のすり替えがうまいですね。


>高山牧師が米本さんに対してノーア
>ンサーであったのと同様に、米本さ
>んも私に対してノーアンサーだとい
>うことですね。

論理の混同も甚だしい。

SDGさんの今回の質問は、

>この発言がKさんの嘘ではないとい
>う事はどの様に確認されたのでしょ
>うか?

このKさんに対する質問は、SDGさんも認められるとおり、脅迫であり、犯罪的発言であり、

米本氏の高山牧師への質問は、これに対する質問であり、これに対するノーアンサーです。


米本氏へのSDGさんの質問は、取材法・情報源・取材ノウハウに対する質問です。

なんで米本氏がこれをSDGさんに答える必要があるのでしょうか?


もう話にならない程の認識力です。

これを根拠に、論理展開・・・砂上の楼閣です。

甚だしくは、「悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人」さんの話まで飛ぶ。

もう少し話を整理されますように。

SDG氏。鬼の首を取ったように、米本氏が「悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏=M氏」と勘違いしたことをデフォルメしておるが、そんなことは事の本質ではない。

なぜなら、悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏は「統一協会員に原因があるから拉致監禁が起きる、拉致監禁は選択肢として容認される」という立場を表明しているからだ。

彼の日記より抜粋
「手錠をして檻に入れて…といった方法が…確かにこの方法は異常ですし、普通に考えて許される事ではないでしょう。でも僕は4年間、統一協会被害のとても悲惨な状況を目の当たりにしてきて"手錠をして檻に入れて"という方法は仕方のない事だったのかなと思います。(中略)僕の家族や彼女がもし統一協会信者になって、家族を裏切り、彼氏を裏切り、家のお金を盗んで献金し、借金をしてまで献金し、自己破産し、多くの人を騙し、多くの人の人生を破壊し、まともに話し合いが出来ないのであれば、僕は”拉致監禁”を最後の手段として選択するでしょう。
http://ip.tosp.co.jp/Niki/TosNk100.asp?I=tesou&Dt=20090527&SPA=20&Pw=

「手錠をして檻に入れ」るという行為は、れっきとした犯罪行為。彼は、そのような犯罪行為を、公然と容認する発言をしておる。M氏がたとえたように、「拉致監禁されるのは拉致監禁される側の責任だ。暴行殺害されるのは暴行殺害される側の責任だ」というフレーズと、意味としてはまったく同じである。

彼は、犯罪行為を容認し、自らも選択すると公言しているのである。

良識ある市民は、どんな場合であっても犯罪行為を容認しない。緊急避難、正当防衛など、法律で許された行為でないかぎり、犯罪行為は犯罪行為だ。己の良心に従い、犯罪行為をしないように憤りを律する。

悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏は、「場合によっては、手錠をして檻(オリだぞ、オリ! 動物扱いだぞ!)に入れる」という、おぞましい犯罪行為を容認するという! 自らも選択するという!

こんな人間に、拉致監禁被害者の心のケアまでしてきた米本氏がブログのコメント欄を開放するいわれなど、さらさらない。書き込み禁止、当然。M氏と勘違いしたことがジャーナリズム云々かんぬんモゴモゴと、ちゃんちゃらおかしいバカっぱなしは、もうやめてくれ。2チャネルで仲間とおこちゃまジャーナリストごっこでもしとれ!

本質は「悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏の犯罪的思想=M氏がたとえた思想」なのだから、名誉棄損にならん。所詮、犯罪を容認する奴なのだから。


ちなみに、私早川の「家族や彼女がもし統一協会信者になって、家族を裏切り、彼氏を裏切り、家のお金を盗んで献金し、借金をしてまで献金し、自己破産し、多くの人を騙し、多くの人の人生を破壊し、まともに話し合いが出来ないのであれば……」、どうするか書いておこう、

家族であれば、「私の教育が悪かったから、そんな宗教にかぶれちまったんだ」とあきらめる。まともに話し合いが出来ないのであれば、あきらめるしかないだろうが。

彼女であれば、別れる。そんな女と付き合わなきゃいいだけ。

なーんで、そんな宗教にかぶれちまった奴らのために、自分が犯罪者になる必要があるか。あほくさい。そんな選択をする奴は阿呆だよ。

二十歳過ぎたら、自分の不始末は自分で責任をとればいい。たとえ、そんな宗教にかぶれちまって霊感商売で逮捕されても、家族に責任はない。本人がムショに行けばいい話。

早川さんwrote
>ちなみに、ここに登場する統一教団員の一部も、
>「統一協会は良い団体で、>味方をしてくれて
>いるように感じる米本氏に賛辞を贈る」という
>主観的バイアスで記事を読むから、証拠群の
>トレンドが見えない。同じ穴のムジナ。

>だからたまに、「統一協会の味方をしてくれている
>ように感じていた米本氏が、統一教団に不利な発言
>をするので叩く」というSAKAのような信者も現
>れる。そこまでいかなくとも、この場を「統一協会
>信徒の広場」みたいに勘違いして、教団内部用語
>丸出しで内輪話に花を咲かせたりする。

>どちらもいい加減にしてほしい。

そうですね…。お恥ずかしい限りです。

慎みと常識をもって、臨みたいと思います。

早川さんのコメントに賛同します。

一般社会の常識的判断が書かれ、ほっとします。

米本さん目を覚まして!

高山牧師や川崎牧師に助けられた元信者の情報は米本さんのところに入って来てないんですか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!驚きです!
拉致監禁被害者が4000人もいるのなら、もうちょっと米本さんのところに情報提供があっても良いはずですけどねぇ(-_-)おかしいなぁ ブツクサブツクサ

というか…高山牧師や川崎牧師だけでなく、他の牧師の説得で脱会して、良い方向に向かっている元信者は米本さんのところになんて報告するわけない事にいい加減気付いて下さいよ…
  • [2010/02/09 21:03]
  • URL |
  • ネザーランドドワーフ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

脱会支援をどう知り、どう解釈するか

「犯罪的閉じ込め」という意味での監禁や虐待・暴行・強姦が行われたという統一教会側の一方的な主張はありますが、それらが事実であると認められているわけではありません。

手錠については、統一教会で「統一教会への信仰を捨てるくらいなら、その前に死んだほうがマシだ」と暗示をかけられている信者さんの自殺や自傷を防ぐ為、安全を確保して一時的に使用されたケースが一部あるようですが、そういった行為も含め、統一教会からの保護説得活動は警察や司法が捜査や検証をした上で犯罪性無しと判断した活動です。

それを現世において罪無き人を無差別に殺害したオウム地下鉄サリン事件という凶悪犯罪と同一視させる事が本当に正しいのでしょうか?司法とジャーナリズムは違うので、司法判断を無視しても良いというお考えでしょうか?

米本さんや早川さんは、「親は見栄と自分のエゴの為に脱会支援をしている」とお考えのようですが、私はそうは思いません。むしろ「自分の子供が自己満足していれば、たとえ社会に迷惑をかけてもそれで良い」と判断する事こそ、自分の子供を甘やかせたい親のエゴだと思います。

「子供には正しく生きてほしい」「独り善がりでない、みんなと共有できる普遍的な幸せを得てほしい」そう思うのが本当の親心だと思います。


言っていない事を「言った」と書かれ、言ってない事があきらかになった後もまったく悪びれず、挙句の果てには「言ったも同然だ」などというような事を言われるのであれば、そのようなルポライターからの取材要請には、応じられないでしょう。米本さんがそういった姿勢を改めれてくだされば、統一教会以外からも多くの情報を得ることが出来るのではないかと思います。

感謝と呆れ

 ハナさん、早川さん、投稿ありがとうございました。

 お二人の投稿をまるで理解していないような投稿が続いていて、管理人としては少々赤面です。

「推敲に推敲を重ねて」とか「携帯からブログを読まないで」とかお願いしたのですが、いっこうにダメですね。まるで、ごく一部の狂信的な統一教会員諸兄・諸姉と同じです。

 とりわけいやというか、バカそのものは、「ネザーランドドワーフ さんの投稿です。

 彼は真面目にこう書く。

高山牧師や川崎牧師に助けられた元信者の情報は米本さんのところに入って来てないんですか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!驚きです!

 こいつ、まったくバカみたい。大王イカだよ。反統一教会もいい、反米本もいい、反早川もいい。
 反でいいのだけど、もう少しまともな文章を。お願いします。

SDG氏。
>手錠については、統一教会で「統一教会への信仰を捨てるくらいなら、その前に死んだほうがマシだ」と暗示をかけられている信者さんの自殺や自傷を防ぐ為、安全を確保して一時的に使用されたケースが一部あるようですが、そういった行為も含め、統一教会からの保護説得活動は警察や司法が捜査や検証をした上で犯罪性無しと判断した活動です。

キミ、また論点がずれているよ。司法判断がどうとか関係ないんだよ。私が言ったのは、「悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏は、手錠をして檻(オリだぞ、オリ! 動物扱いだぞ!)に入れるという、おぞましい犯罪行為を容認し、自らも選択する」ということだ。実際に彼が書いておる。

彼は、統一協会員相手ならば犯罪行為を行なうということを公然と言っている。統一協会が主張する拉致監禁の司法判断は関係ない。「彼が」犯罪行為を容認する、おぞましい野郎だと言っている。そんな彼が、犯罪行為を憎む米本氏から書き込み禁止を告げられることは当然と言っておる。

分かったか? もう一度言うぞ。「悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏が」犯罪行為を容認する、おぞましい野郎だと言っている。彼がそれを認めている。私はそれを指摘している。

SDG氏が悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏をかばうほど、悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏の犯罪的思想がクローズアップされるだけだ。もう書き込みをやめたほうがいいぞ。SDG氏が悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏をかばうほど、悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏の犯罪的思想がクローズアップされるだけだ。

(追記)
犯罪行為を容認する男だからこそ、米本氏との電話で、呼吸をするように自然に平然と嘘をつけるのだ。それがバレたら「雑魚が釣れたでしょ」とうそぶく。すべてが「犯罪行為容認」という悪しき思想からでた結果である。

早川さんへ

「犯罪行為」は法律用語ですので、法律の話をするなとおっしゃるのであれば、統一教会も「犯罪」という言葉を使うべきではありませんね。「統一教会の天法に反する罪」とでも表現すべきでしょう。

「オリ」というのは、統一教会がそう主張(表現)している為、信者のみなさんにわかり易い様、悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんもその様な表現をされたのだと思いますが、窓枠にはめる鉄格子のことでしょう。これも、前述した手錠と同様、信者さんが飛び降り自殺をしないようにという、保護的観点から措置されたものだと思います(統一教会による自殺教唆が行なわれていなければ必要とされないでしょう)。その行為も含め、脱会支援は警察・司法から犯罪ではないと判断されています。もし動物用のオリに入れたという例(真実性が担保されたもの)があれば教えてください。

統一教会が「何も悪くない家族に対する、手錠をかけてオリに入れる拉致監禁(=犯罪行為である)」と一方的に主張している脱会支援が、実際には、「組織的な違法行為(および犯罪行為)に加担する家族に対する、自傷行為や自殺から対象者を保護する目的の為に手錠や鉄格子を使用した保護説得(=犯罪行為とは認められていない)」という事を知っている悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんが、犯罪行為にならないよう注意と心配りをしながら行われる保護説得(それを統一教会では拉致監禁と呼んではいますが)を、容認しているのではないでしょうか?自分の家族が、家のお金を盗み、人様を騙し、人様の人生をめちゃくちゃにしている場合、それも最後の手段でということです。

それを、「犯罪を容認している」→「オウム地下鉄サリン事件のような何も悪くない人に対する無差別殺人を容認している」と解釈してしまうのは、ちょっとおかしいと思いますよ。

注意します。

 SDGさんへ。推測や憶測あるいは伝聞情報ではなく、事実に基づいて、述べるようにしてください。
 また、投稿されるときは推敲に推敲を重ねてからにしてください。

<手錠については、統一教会で「統一教会への信仰を捨てるくらいなら、その前に死んだほうがマシだ」と暗示をかけられている信者さんの自殺や自傷を防ぐ為、安全を確保して一時的に使用されたケースが一部あるようです>

 上記の下線部分は、どんな根拠から書かれたのでしょうか。事実を提示してください。

 あなたも、「花屋の小林」こと、悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんと同じで、拙著を読んでいないようですね。

 『我らの不快な隣人』の167頁を引用しておきます(一部、省略)。

 現在、徳島市で市議をしている美馬秀夫も、強制入院体験者の一人である。
「もう20数年前のことになります。近所にいる母の知人から食事に誘われて行ったところ、両親、叔父、弟が待っていました。それからですよ、当然、みんなに襲われ、手錠をかけられ、腕に麻酔薬の注射を打たれたのは」

 自殺や自傷の防止から「手錠」をかけられたという事実はないはずです。伝聞情報は嘘です。もし、そうでないというのなら、具体的な根拠を示してください。
 ちなみに、手錠とか麻酔の注射が主に利用されたのは、信者を精神病院に強制入院(まさに鉄格子の中での監禁説得)させるときだった。

<統一教会が「何も悪くない家族に対する、手錠をかけてオリに入れる拉致監禁(=犯罪行為である)」と一方的に主張している脱会支援が、実際には、「組織的な違法行為(および犯罪行為)に加担する家族に対する自傷行為や自殺から対象者を保護する目的の為に手錠や鉄格子を使用した保護説得(=犯罪行為とは認められていない)」という事を知っている悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんが、犯罪行為にならないよう注意と心配りをしながら行われる保護説得(それを統一教会では拉致監禁と呼んではいますが)を、容認しているのではないでしょうか?>

 何度も読み直しましたが、まるで文章になっていません。やさしく解説すると、
「何も悪くない家族に対する、手錠をかけてオリに入れる拉致監禁(=犯罪行為である)」
 「対する」の使い方が間違っているため文章になっていないのです。
 やたらカッコを多用し、またセンテンスが長すぎるから、結局、何が言いたいのかわからない。

 素直に読めば、こういうことになります。
①手錠や鉄格子を使用するのは、統一教会員が自殺や自傷行為を防ぐためである。
②それは、保護説得が犯罪行為とならないようにするためだ。
③こうしたことを知っている悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんは、保護説得を容認しているのである。
(まるで出来の悪い生徒の作文を添削しているような気分になってくる)

 ところで、私的逮捕や監禁の違法性が阻却されるのは、「緊急避難」のときだけです。カテゴリー「統一教会考」の最初の頃に書いています。よく読んでください。
 仮に自殺や自傷行為という緊急事態を回避させるためであったとしても、手錠をかけたり、オリにいれたりするのは、限度を超えすぎた措置であり、間違いなく犯罪行為です。
 
 SDGさんに思考が足りないのは、自殺が起きるとすれば、それはなぜなのかに思いを巡らせないことにあります。
 そもそも、統一教会では教義として自殺を諫めており、「統一教会による自殺教唆」など100%ありません。97年、監禁中、風呂場で信者が首吊り自殺をした。私が知っているのはこれ一件だけです。(拙著204頁)、 

 私が資料をあたった限りで、内側から開かないように窓に鍵をする理由について「自殺を防止するためだ」と週刊誌記者に答えたのは、川崎経子牧師だけです。

 この記事を読んだとき、<統一教会に詳しい川崎氏が、教団が自殺を諫めていることを知らないわけがない。返答に困って、自殺防止と答えたのだろう>と思いました。拙著を読めば、内側から窓に鍵をかけるのは大声をあげられたり、窓の樋を伝わったり、隣のベランダに逃げられないようにするためということがわかるはずです。

また、「拉致監禁をなくす会」のサイトに、数多くの体験手記が載っていますので、よく読んでください。



 もうこれ以上、論評することは時間の浪費となるのでやめます。

 管理人として警告します。
 あなたと早川さんの議論の出発点は、私がMさんと悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんを間違って同一人物であると書いたことに端を発します。
 これに端を発したやりとりはこれ以上、やめてください。公平を期するために、SDGさんが最後に「早川さんへ」という投稿がなされているため、これに早川さんが答えるのであれば、OKです。
 SDGさんが投稿された場合には、削除いたします。

 SDGさんが別のテーマで投稿されるのなら、管理人として2点ほど、注意しておきます。

 繰り返しになりますが、文章は推敲してからにしてください。
 朝起きたら、早川さんの投稿が入っていたので、あわてて、投稿をされたようです。だから、文章が悪文というよりメチャクチャです。

 もうひとつの注意は、投稿される場合は相手の文章をきちんと読んでからにしてください。

 早川さんは、悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんのブログ記事を
「場合によっては、手錠をして檻(オリだぞ、オリ! 動物扱いだぞ!)に入れる」
 という一文を引用し、「おぞましい犯罪行為を容認するという! 自らも選択するという! 」と書きました。

 これに対して、あなたの返答はこうです。
「もし動物用のオリに入れたという例(真実性が担保されたもの)があれば教えてください」

 早川さんや幽霊食口さんから、SDGさんの投稿は論点のすり替えという批判がなされていますが、上記を読めば、論点のすりかえというよりも、稚拙というか、もうメチャクチャです。
 察するに、まるで幼児の如く、とにもかくにも相手をやっつようとされんがために、相手の文章を丁寧に読まれないのではないかと思います。

 ひとの文章はきちんと読んでから、慌てずに、推敲を重ねてから、反論してくださいね。

 では、ブログ本文「あの高山牧師がリハビリ施設?を建築中!」についての投稿を期待しています。

自殺教唆

統一教会で自殺教唆は聞いたことがありません。自殺は罪とされていることは元食口のSDGさんならご存知かと思います。

自殺防止のために鉄格子の部屋に監禁し手錠をかけるのだという理屈は詭弁にも程があります。

常識

SDGさん
>「犯罪行為」は法律用語ですので、


http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%8A%AF%E7%BD%AA&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=17600315193800

犯罪

1 罪をおかすこと。また、おかした罪。「―を防ぐ」「完全―」
2 刑法その他の刑罰法規に規定する犯罪構成要件に該当する有責かつ違法な行為。


法律で使われる用語は、特殊な事例を除いて通常一般でも使われます。このような語句については、通常使われる場、文意などによって、一般常識によって判断されます。

SDGさんの場合は、法律で使用される語句は全て法律用語なんでしょうね、きっと。



SDGさん

>統一教会の天法に反する罪」とでも
>表現すべきでしょう。


手錠をかけ檻に入れると、書かれてあります。
これを一般常識では、拉致監禁と言い、一般常識では犯罪と見なされます。特殊な解釈する余地は文章を読む限りないのですが、

>窓枠にはめる鉄格子のことでしょ
>う。

きっとSDGさんは行間に書かれてある見えない文字を読める超能力者なんですね。



SDGさん
>統一教会による自殺教唆が行なわれ
>ていなければ必要とされないでしょ
>う

本当であれば、特定商法違反や正体隠しの勧誘より重犯罪です。

ここで喚いていないで、重点的に証拠を集めて刑事告発し、撲滅運動繰り広げるのが市民の義務でしょう。

ほとんどの人が気付かずに居るのですから、拉致監禁反対運動の反対活動やっている場合じゃないのが常識でしょう。



エイトさん
>『拉致監禁だ!』と事件性もないの
>に扇動する、迷惑な話です。
>検察も事件性なしと判断し、立件し
>ませんでした。

SDGさん
>脱会支援は警察・司法から犯罪では
>ないと判断されています。


近頃の事例は後藤さんの不起訴ですので、後藤さんの不起訴の事を念頭に書かれてあると推測しますが、

何故

 不起訴=犯罪性なし

になるのか、意味不明。

不起訴=無犯罪であるならば、強盗殺人で逮捕された人が不起訴の場合、その強盗殺人は犯罪ではないとなります。

不起訴=無犯罪

でないのは常識でしょう。

不起訴とは、その行為の犯罪性が阻却された可能性もありますが、犯罪性が明瞭であっても証拠不十分、嫌疑不十分等などがあるのが常識。

きっと、SDGさんやエイトさんは、人から何か犯罪を受けても、逮捕された人が不起訴になった途端、その受けた犯罪を全て水に流す人なんでしょう。

異常で許されざる行為

米本さんから、SDG氏記「早川さんへ」への反論権をいただいたので、最後に思う存分、権利を行使させていただく。

>「犯罪行為」は法律用語ですので、法律の話をするなとおっしゃるのであれば、統一教会も「犯罪」という言葉を使うべきではありませんね。「統一教会の天法に反する罪」とでも表現すべきでしょう。

まったく意味が分からない文章である。しいて解釈すれば、こういうことか?

「『犯罪行為』という言葉は法律用語だ。早川は『法律の話をするな』と言う。そう主張するのであれば、統一教会も『犯罪』という法律用語を使うべきではない。統一教会は、『犯罪』という言葉を『統一教会の天法に反する罪』と置き換えて言うべきだ。」

稚拙な文章を好意的にこのように解釈しても、まだ意味は不明な点が多い。

まず、私早川は「法律の話をするな」などと言っていない。キミが「統一教会からの保護説得活動は警察や司法が捜査や検証をした上で犯罪性無しと判断した活動です」と主張したことに対して、

「悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏が、手錠をして檻に入れるという、おぞましい犯罪行為を容認し、自らも選択する」ということと、統一協会が主張する拉致監禁に対する「司法判断は関係がない」と申したのだ。よく読め。

次に、「そう主張するのであれば、統一教会も『犯罪』という言葉を使うべきではない」といっても、私早川は「統一教会」ではない。早川だ。早川が「犯罪」という言葉を使ったのに、なぜ統一教会の話にすり替わるのだ? 意味が不明である。以下の「統一教会の天法に反する罪」のくだりなどは、まったくもって意味不明。開いた口がふさがらない。


>「オリ」というのは、統一教会がそう主張(表現)している為、信者のみなさんにわかり易い様、悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人さんもその様な表現をされたのだと思いますが、

いやいや、全然違う。引用した原文をよく読んでくれ。再掲すると、「手錠をして檻に入れて…といった方法が…確かにこの方法は異常ですし、普通に考えて許される事ではないでしょう」と、彼自身がはじめに書いておる。

異常であり、普通に考えて許されない行為だと書いているんだよ。信者のみなさんにわかり易いように書いたのではなく、そう彼をも認める「異常で許されざる行為」を、

「"手錠をして檻に入れて"という方法は仕方のない事だったのかなと思います」と容認し、

「僕の家族や彼女がもし統一協会信者になって、(中略)まともに話し合いが出来ないのであれば、僕は”拉致監禁”を最後の手段として選択するでしょう」と自らも選択・実行することを公言しているのだよ。


>窓枠にはめる鉄格子のことでしょう。

仮に百歩譲って、悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏が書いた「檻に入れる」という行為が「窓枠にはめる鉄格子」であったとしても、彼自身はその行為を「異常ですし、普通に考えて許される事ではない」と断言しておる。犯罪行為であることを認識しておるということだ。犯罪行為を認識しながらも、それを容認し、自らも選択・実行することを公言していることに、なんら変わりがない。

実際に、リンクを貼った彼の日記の全文を読めば、介護に疲れ果てて殺人をしてしまう行為と比較し、「僕の拉致監禁に対しての考え方はこれとよく似ています」と書いてある。

いかなる事情があろうとも、殺人はれっきとした犯罪行為だ。いかなる事情があろうとも、刑罰に処せられる。そんな犯罪行為に至る動機と似たような感覚を、彼は統一教会員の拉致監禁に対して抱くというのである。そして実際に、その犯罪行為である拉致監禁を選択・実行すると公言しているのだ。

SDG氏がいくら悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏を擁護しようとも、彼自身の文章と、呼吸をするように自然に平然と嘘をつく行為とで、彼の犯罪者的思考は揺るぎないものである。SDG氏が彼をかばえばかばうほど、彼の犯罪者的思考が浮き彫りになるだけであるから、「もう書くなよ」と忠告してあげたのに、なーにやっているんだか。

もしかして、SDG氏は悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人氏を貶めたいのか?


以下、中段の論は米本さんが論駁したとおりなので、私はあえて書かない。

後段について。

>「犯罪を容認している」→「オウム地下鉄サリン事件のような何も悪くない人に対する無差別殺人を容認している」と解釈してしまうのは、ちょっとおかしいと思いますよ。

単なる犯罪を容認しているのとは、わけが違う。彼自身が「許される事ではない」と言っている犯罪行為だ。「許される事ではない」という犯罪行為は、並大抵の犯罪行為ではないぞ。ちょっとした悪戯とはわけが違う。

SDG氏自身で、「自分が許すことができない犯罪行為」を想像してみたらよい。まあ、私早川が許せる犯罪行為と言えば、ひと気のない空き地での立ち小便くらいだろう。いわんや、手錠をはめられて檻の中に押し込められるなどという犯罪行為をされたら、とてもじゃねえが許すことはできない。

「許すことはできない」という基準においては、「手錠をはめられて檻の中に押し込められる犯罪行為」と、「オウム地下鉄サリン事件のような何も悪くない人に対する無差別殺人」は、「等価」だよ。「許すことはできない」という基準に優劣は存在しない。どちらにしたって、「許すことはできない」のだからな。

キミがもし、キミの思想信条とまったく異なる集団によって拉致され監禁され、手錠をはめられて檻の中に押し込められたと想像してごらん。そしてキミの思想信条を変えるまで、何日もその状態を続けられたと想像してごらん。

「それでも私は、オウム地下鉄サリン事件のような何も悪くない人に対する無差別殺人の被害者に比べたら幸せものだから、私にこのような仕打ちをする集団を許します」

こう胸を張って言えるか? 言えないんだよ。「許すことはできない」という基準に優劣は存在しないからだ。拉致監禁も、無差別サリン殺人も、許すことはできないことだからな。


以上で、許諾された反論権を行使した。この件については、これ以上述べない。SDG氏も述べないように。

リハビリ施設

近所の牧師さんは経済的にも恵まれ
ているとは言えないため、新聞配達を
されながら活動されています。

それはさておき、

全く新しい人を導いていくよりも
統一教会にいた人を離教させ
自分の教会に入信させる方が
伝道にも経済的にも恵まれるのでは
ないでしょうか、、、、

統一教会は反対牧師からも
いくつかの統一教会の分派からも
信者が狙われていますね

統一教会ほど辞めるのが簡単な
教会はないよね、と思う人は
結構います、

“欠席裁判”は良くないと思いませんか?

米本さんをはじめ、皆さんは小林さんを誤解していますが、早川さんが省略した部分に、小林さんの本音が書かれていました。

>この老老介護の現場では、介護に疲れ果てて殺害、または心中してしまうという痛ましい事件が数多く起きています。
>この事件についてどう思うか?老老介護をしている方々にアンケートを取ったところ【気持ちはよく分かる】【実際に殺意を抱いた事がある】と答えた人が過半数であったという結果をテレビの介護特集で見た事があります。
>僕の拉致監禁に対しての考え方はこれとよく似ています。
>僕の家族や彼女がもし統一協会信者になって、家族を裏切り、彼氏を裏切り、家のお金を盗んで献金し、借金をしてまで献金し、自己破産し、多くの人を騙し、多くの人の人生を破壊し、まともに話し合いが出来ないのであれば、僕は〝拉致監禁〟を最後の手段として選択するでしょう。
>『拉致監禁は悪い事だ!』というのは反対派も賛成派も同じだと思います。

小林さんも、『拉致監禁は悪い事だ!』と書いています。
小林さんは、街頭で実際に信者と接する中で、信者の大半が好青年であることを知ったはずです。
しかし、その彼らが、違法行為や犯罪行為を「天のみ旨」と信じている、異常な状態に心を痛めてきました。
老老介護に疲れたとしても、殺人は言語道断です。
しかし、老老介護の当事者ならば、その殺意の理由を理解できます。

異常な状態の信者と接した当事者である小林さんは、異常な状態の我が子を救うための方策として、一時的に隔離し(手錠をして檻に入れ)説得した人の気持ちを理解できます。
もし自分の大切な人が、違法行為や犯罪行為を「天のみ旨」と信じて行ない、『まともに話し合いが出来ない異常な状態であれば、僕は〝拉致監禁〟を最後の手段として選択するでしょう。』と書いているのです。
「どんどん檻に入れちまえ!」と主張しているわけではありません。

>まともに話し合いが出来ないのであれば、あきらめるしかないだろうが。
>彼女であれば、別れる。そんな女と付き合わなきゃいいだけ。

早川さんは“第三者”としては当然の意見を書いていますが、現実を見れば、あきらめきれなかった家族が4000家庭も(統一協会発表)いるのです。
もし、皆さんが小林さんを批判したいのなら、欠席裁判でレッテルを貼るのではなく、彼のコメントも認めて堂々とお願いします。

あのう…

韓定食氏。
>もし、皆さんが小林さんを批判したいのなら、

批判したくないよ。だからSDG氏に、もうこの件について述べるな、と言っているのだよ。なのに関係ないあんたが、またぞろ小林氏(私は気を使って小林氏と書いていないのに)のことを書くと、またこっちも書かざるを得なくなるんだよ。分かっていないね。

>欠席裁判でレッテルを貼るのではなく、

ったく…。小林氏を欠席させているから、もう小林氏のことについて書くなと、米本氏も私もSDG氏に言っているのだよ。

分かっていないね。


(追記)
>現実を見れば、あきらめきれなかった家族が4000家庭も(統一協会発表)いるのです。

反統一派は、どうしてこうも論点すり替えをするんだろうね。故意にすり替えているのではなく、マジで読解力がなく主観的バイアスばりばりで読んでいるのか…。

「ちなみに、私早川の家族や彼女がもし統一協会信者になって」という前提で、「あきらめる」と書いたんだよ。私早川の場合を書いたのであって、一般論を書いたわけではない。その論を、「実際に拉致監禁してしまった親」に適用するあんたの脳内神経配線を疑うよ。

「実際に拉致監禁してしまった親」は、私早川のような親ではないのだよ。親としての資質に疑問符がつく、というか親子関係に疑問符がつく、そういう特殊事例の家庭だよ。だから米本氏も、その親子関係の解明に尽力しているのではないか。

反統一派の面々、脳は大丈夫かのう…。

米本さん頑張って!

米本さん、24万ヒットおめでとうございますm(_ _)m

今日は米本ブログ発展の為にちょっとアドバイスしますねo(^-^)o『記事と関係ないコメントはするな』と言わないで下さい。あらゆる事に繋がるアドバイスですから。

米本さんの伝家の宝刀〝書き込み禁止〟
これをやっていたらいつまで経っても拉致監禁肯定派、米本反対派は倒せないでしょう。
米本ブログには期待してるんです。小林さんを論破出来ずに書き込み禁止にして締め出し、発言権を奪った後に大バッシングを浴びせた卑劣な団体〝拉致監禁をなくす会〟の二の舞にはなって欲しくありませんもの(-人-)
あぁ…でももう二の舞になってるなぁ(-.-;)ここでも小林さんの発言権を奪った後に大バッシングを浴びせてますからね。しかも、大きな人違いをしといて反省すらせず…今の時代、サルでも反省が出来ると言うのに(´~`;)

まぁとにかく、本気で拉致監禁をなくす気があるのなら、拉致監禁肯定派や米本反対派を論破してなんぼのもんじゃないんですかねf^_^;

米本さん、頑張って!


ついでに記事に関するコメントをしておきますm(_ _)m
高山牧師と川崎牧師はとっても良い人です。脱会したい現役さんは、是非ともお二人に相談してみて下さい。必ずあなたの力になってくれますから!
  • [2010/02/10 22:57]
  • URL |
  • ネザーランドドワーフ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: あのう…

> ったく…。小林氏を欠席させているから、もう小林氏のことについて書くなと、米本氏も私もSDG氏に言っているのだよ。

 早川さんが言う通りです。
 これ以上、韓定食さんが書き込めば、また欠席裁判で、小林さんのことが話題になります。このテーマではもう書き込まないでください。

 ブログのコメント欄をどうするかは、ブログの管理者の自由です。

 新党日本副代表・有田芳生さんのブログのコメント欄は、管理者である有田さんが選択したものしかアップされません。いろんな人のことを批判しておきながら、批判された当人が反論しようとしても、それはコメント欄に載りません。私はアンフェアだと思うけど、「雑誌は編集長のものである」のと同じように、「有田さんのブログは彼のもの」です。他者が文句を言う筋合いではありません。彼の方針が嫌なら、読まなければいいだけです。

 また、有名SAKAさんは、自分のことが批判されるのが嫌で、ブログのコメント欄を閉鎖しました。卑怯、卑劣といった批判が方々でなされたようですが、「SAKAさんのブログは彼のもの」です。やはり、他者が文句を言う筋合いではありません。
(ただし、その結果、早川さんが名ブログ「人をののしる統一教会員」を開設することになり、SAKAさんはブログの更新をストップすることになってしまいましたが)

 私は、ブログの書き込みは自由という方針を取っています。よほどのことがない限り、投稿を削除しないし、削除する場合はきちんと理由をつけて、削除しています。これまで数件のコメントだけです。
 前に書いてあった「(米本は)自分の都合の悪い記事は削除する」なんて2チャネラーが言うようなことはしていません。きわめて、フェアにやっているつもりです。
 そうはいっても、イエローカードを出したり、レッドカードを出したりするのは、ブログ開設者である管理人の自由です。明日、ボタンひとつで、ブログを閉じてしまうのも私の自由裁量です。

 早川さんが書いている通り、「関係のないあなた」から、つまり、他者からとやかく言われる筋合いはありません。私の方針が嫌なら、このブログを見なければいいだけのことです。

 ところで、悪質統一教会勧誘撲滅委員会管理人、花屋の小林にはレッドカードを出します。その理由については、あとのコメント欄に書きます。欠席裁判で、彼のことが書かれても、もうしかたがないと、みなさん、思われるでしょう。ただし、論評に足る人物ではありませんが・・。

Re: 自殺教唆

> 統一教会で自殺教唆は聞いたことがありません。自殺は罪とされていることは元食口のSDGさんならご存知かと思います。
>
> 自殺防止のために鉄格子の部屋に監禁し手錠をかけるのだという理屈は詭弁にも程があります。

 Mさん、貴重な情報、ありがとうございました。
 元信者さんなら、SDGさんの投稿に見られる「性格的な傾向」が理解できます。欠席裁判になるゆえ、彼が投稿し、投稿内容にその傾向が見て取れたら、書くことにします。とまれ、感謝です。

ションボリ

私には再反論権は無いそうで。。。米本様には敵いませんね。反論はこちらでさせていただきます。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1257174409/
では失礼いたします。このコメントは削除しないでくださいね(ニッコリ)。

米本さん

自分の意に反した書き込みを排除していったら、気持ちはいいでしょうけど、お気に入りと一緒に巣に閉じ篭もって幻想の世界に生きている感じがします。
自分の巣の中ではSDGさんに反論させないとしても、きちんと下記の内容には眼を通しておいた方がいいでしょう。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1257174409/784-786n

阿呆の集団、もはやレッドカードやむなし

屁理屈こねる餓鬼のよう。

このブログは、米本氏のブログだ。

彼の拉致監禁=人権侵害という信念を貫くための道具だ。

それでも、同氏は丁寧に阿呆どもに対し、コメント対応してきた。

にもかかわらず、それが理解できない思考回路しか持ち合わせない、阿呆にあきれる。

手相勧誘するやつ等は、監禁されて当然だ!という、馬鹿な理論を展開する、亡国の阿呆どもには、ご退場願うのが最善だろう。

あとは、自己満悦の己のブログなり、HPなりで、わめいているがいい。

監禁容認派の記事が楽しみだ。

http://rachi.up.seesaa.net/file/BFB7BFB7A5D3A5E9B0C6100205C4B4C0B0-BFB7QR.pdf
この写真が世界に配信される日、監禁容認派はナチと同じ目で世界中の注目を浴びるだろう。











閑話休題さんに忠告

 他のブログの投稿欄や掲示板に、私のことが書かれているから「目を通せ」といった趣旨の投稿はもう、やめてください。

 何度も繰り返したように、匿名ブログや2チャンネルは読みません。

 それなのに、執拗に貼り付けてくるのは、“米本批判文?”を火の粉の読者に読んでもらいたいという底意があるからなのでしょう。ならば、動機不純です。

自分でここに意見を述べず、他のサイトを示して読め-というのは、感心した態度ではありません。自分の客観的な姿が見えていないようですね。

 子どもたちのこんな会話を想像しました。
 子どもAが子どもBに「Bちゃんの悪口が掲示板に載っているよ。読んでみたほうがいいよ」。(子どもAは子どもBに悪意をもっている)

 これに対する子どもBの対応は2つ。
ケース1:子どもBは、自分の悪口が書かれている掲示板を読んで、落ち込む。(これは全国、日常的に起きているイジメ)
ケース2:子どもBは、Aの悪意を感じ取り、「ぼくに言いたいことがあるなら、直接、言いなよ」。

 閑話休題さんの姿は、子どもAと同じなのです。

 今後、同じような投稿があれば、問答無用で削除します。閑話休題さん以外でも。ご注意ください。

監禁容認派なんて本当にいるんですかね?

拉致監禁は誰が見ても許しがたい犯罪です。
それが立証されれば確実に有罪になります。
ところが違法行為を行う狂信的なカルト宗教から保護することに対して有罪判決が下ったことはあるのでしょうか?
不勉強なのか私は事例を知りません。

一方、狂信的なカルト宗教の関連組織が刑事事件を起こし、有罪となっている事例は沢山あるようです。それどころか、このところ狂信的なカルト宗教の「教会」そのものが刑事事件にからんで家宅捜索されるケースが出てきています(新潟、渋谷、和歌山でしたっけ?間違っていたら済みません)。

いずれにせよ、このように閉ざされた世界で騒ぐのも良いですが、狂信的なカルト宗教から保護しようとした/しようとしている人の行為を拉致監禁罪にあたると正式に告訴した方が効果的なのではないでしょうか。

何せ米本さんの書籍にも「拉致監禁」の事例が沢山載っています。
いざ取調べや裁判となった場合、これほど心強い証拠はありません。

翻弄される人で家を建てる人

 教会を運営する人が施設を建設するのは特段不思議なことではありませんが、新興宗教の信者と家族らは強制的な脱会によって人生を翻弄されるわけです。なのに関与がてら利益を得て「リハビリ施設」なる家を建てる。話がうますぎるよ。キリスト者なら、その富を脱会で生活費も疲弊した元信者と家族に施しなさい。そう言いたい。結局、他者のための行為ではなく自分の利益のために改宗に手を染めたと判断する。本当にキリストの愛があるなら強制監禁などしなくても、人は寄ってくるはずだ。

閑話休題さんにため息

人間には礼節が大切です。

閑話休題さんには、注意を与えました。ふつうの人なら、新しい投稿をするときにはその注意を受けた文(以後、気をつけるとか)を書くものです。ところが、あなたは私の注意(投稿送信10時16分)をまったく無視して、新しいテーマの投稿を22分後(投稿送信10時38分)に送ってくる。

 これを、先ほどの子どもの例のケース2にあてはめると---。

ケース2:子どもBは、Aの悪意を感じ取り、「ぼくに言いたいことがあるなら、直接、言いなよ」。
 これに対し、子どもAは「(Bの言葉がまるで聞こえなかったように)ところでさあ」と話題を変える。

 閑話休題さんは、ほんとうに子どもAそっくりだ。

 もう一つ忠告を。
 SDGさんにも注意したことだけど、他者を批判するときには、人の文章はきちんと読み、推敲に推敲を重ねて、熟慮に熟慮を重ねて、書いてください。ここは落書き帳の場ではありませんから。

 ひとつだけ、回答しておきます。
「監禁容認派なんて本当にいるんですかね?」
 花屋の小林がそうでしょう。ほかにも、このブログの投稿欄には容認する人たちはけっこういました。投稿欄をくまなく読んでください。
 あなたが大好きな2チャンネルにはそんな投稿が載っていませんか。

 別の「?」については、すでにブログで書いていることです。ブログをよく読み、それでも疑問が残るのなら、そのブログのコメント欄に書き込んでください。

 子どもAが先生に「これはどう意味ですか」と質問する。
 先生、ムッとして、「回答は、教科書に書いてあるじゃないか。教科書はよく読め」

※私が「先生」、このブログが「教科書」と言っているわけではありません。誤読されないため、あたりまえのことですが、念のため。

 火の粉ブログのコメント欄は、書き込み自由で、あなたが言うような「閉ざされた世界」では決してありません。
 現役信者の子どもを抱え、悩んでいる家族の方も読んでいます。熟慮して投稿されたほうがいいですよ。反統一教会びとのレベルの低さに呆れられます。

 管理人として忠告しておきます。このブログの記事のテーマは「あの高山牧師がリハビリ施設?を建築中!」です。

 この記事に直接関係した投稿以外の書き込みを禁止します。みなさんご協力のほどを。今日は休日です。くだらない投稿の返事を書くのは、能力の無駄遣い、時間の浪費というものです。

 ただ、ひとつだけ、しょんぼりしているというSDGさんに回答を書いておきます。

すごい

改めて、コメントを読んでいくと凄まじいデッドヒートが繰り広げられていると思いました。
私自身、食口時代に何にも努力していなかったので氏族へ教会を証すこともなく終わり今に至る状態でいます。
ま、親が元・日教組なので言えなかったというのもありますが。

拉致・監禁については嫌というほど話は聞いています。

祝福が決まった後に捕まったとか、教会長が反対派に怒鳴られたとか、支部長と引っくり返った兄弟の親が言い争いしたとか。

時には罵倒されても笑顔で別れたというエピソードもあったらしいですが。

現役でやっていた時はアベルや周りの兄弟に「祝福受けろ」と詰められて酷い目に会いました。
ま、理由は「受けたくないから受けない」ってことですが。

削除説明

閑話休題さんの「無題」の投稿から、「閑話休題さんにため息」をアップするまでの間に、「米本さんへの回答」(閑話休題さん)、「レッドカード」(hironosuke12さん)、「火の粉ブログを読まないものは、立ち去れ!」(大和櫻さん)の投稿が入りました。

すべて削除いたしました。

再度、警告しておきます。

このブログの記事のテーマは「あの高山牧師がリハビリ施設?を建築中!」です。この記事に直接関係した投稿以外の書き込みを禁止します。みなさんご協力のほどを。

了解しました

ますます、巧妙化する拉致監禁の手法には、ため息がでます。

反面、いまだに精神病院が使われるなど、恐ろしい社会だと思います。

たった3年ヤクザやってた?
やめるときには、ちゃんと指の一本でも置いてきたのでしょうかね。

hironosuke12にイエローカード

 hironosuke12さんの「レッドカード」の投稿は削除しました。それにもかかわらず、同じものを送信してくる。2度にわたって。

 hironosuke12さんにイエローカードを出します。今度、管理人の忠告を無視すれば、退場処分の「レッドカード」を出すことになります。警告しておきます。

 しつこくて、粘着質的な人が少なくないことに驚いています。あんまりのぼせあがらないで、散歩でもしてきたら、どうでしょうか。 
 

hhironosuke12に再度のイエローカード

 管理人は2度にわたって、以下の警告を発しました。

このブログの記事のテーマは「あの高山牧師がリハビリ施設?を建築中!」です。この記事に直接関係した投稿以外の書き込みを禁止します。みなさんご協力のほどを。

 またその前には「今後、同じような投稿があれば、問答無用で削除します。閑話休題さん以外でも。ご注意ください」という警告も発しています。

 この警告を無視し、削除した投稿を再送信してきたために、イエローカードを出しました。

 それにもかかわらず、上記の警告を無視し、hironosuke12さんはまた、「じゃあ」「しつこい・・」という題名の投稿を送ってきました。
 よって、2枚目のイエローカードを出し、2月いっぱいという期限付きの書き込み禁止措置を取ります。
「Re: あのう…」をしっかり読み、管理人の指示を甘受してください。

 なお、「じゃあ」の投稿で、こんな投稿をされていましたので、回答しておきます。

「ひとつだけ教えて下さい。
ルポライター活動を続けていらっしゃる中で、このような苦情は今までに何度もあったと思います。
でしたら、このような苦情は何処で受け付けて下さるのでしょうか?」

 このような苦情とは「花屋の小林」さんにレッドカードを出したことだと思いますが、そもそもこんな苦情がルポライターとしての私のところにくるわけがありません。常識をもって考えてくださいな。
 仮に似たような苦情(どういう苦情か想像もつかないが)が来た場合、編集者段階で無視し、私のところに連絡されることはありません。

 それで、ブログの管理人としての私の回答を述べておきます。

 レッドカードを出された「花屋の小林」さんが苦情を言っているくるのなら、少しは理解できます。しかし、あなたは「花屋の小林」さんではありません。小林さんとは関係のない人です。だから、レッドカードについて、あなたに説明する必要はありません。
 少しは頭を冷やして考えてください。

 もし「花屋の小林」さんが私の個人メールに、「ある実験をした」ことを心から悔い、反省した、ついてはレッドカードを解除してくれと頼んできたら、反省していることがほんとうかどうか確かめ、考えます。(もっとも、彼は自分のブログをもっているのだから、そこで書き込めばいいはずのことだと思うけど)

 では、2月末まで、投稿するのはやめてください。良き休日を。
 もし、警告を無視したら、即刻、レッドカードです

疑問点

初投稿です。
記事のテーマに関する議論が深まらず残念です。
さて、この記事を読んで2つ疑問点があります。

一つは、宿泊が必要なほどに、重度の精神的ダメージを受けたカルト救出者を、治療するだけの医療資格を、高山牧師は有しているのか?、という点。

もうひとつは、無資格となれば、医療機関との業務提携や行政の許認可などは、どうなっているのか?という点です。

脱会カウンセリングと、心理カウンセリングとは対象範囲が違うのではないかと思い、投稿しました。

確かにそれも疑問ですね

ハナノオキさんの

>一つは、宿泊が必要なほどに、重度
>の精神的ダメージを受けたカルト救
>出者を、治療するだけの医療資格
>を、高山牧師は有しているのか?、
>という点。

それすごく疑問ですよね。

米本氏も疑問点として書かれているのですが、

>そもそも、高山牧師は臨床心理士の
>資格をもっているのか。

>とても臨床心理士の勉強などできな
>かったと思う。

と言われるように、臨床心理士の資格を持っていないとすれば、どの資格を持っているのか?という疑問ですね。

精神・心理を扱う専門分野は、精神学と心理学ですけど、一体どちらを受ければ良いのかも疑問ですが、

資格も、精神科医・心理士・心理療法士(セラピスト)・カウンセラーという風に分かれていると記憶しているのですが(すみません。違いが良く判らないので、記憶違いがあるかもしれませんが、詳しくは、下のアドレスを)、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E8%B3%87%E6%A0%BC%E4%B8%80%E8%A6%A7


治療の為に入所するような、社会活動に難をきたしかねない状態の人を治療するとなると、それ相応の専門の治療が必要となると思うんですが・・・・。

これだけ精神・心理に関する資格があるとなると、マッチする専門家にたどり着くだけでも大変だな・・・と感じるぐらいいっぱいあって高山牧師がどの程度の資格を持っておられるのか・・・その資格は適切なのか・・・。

また、高山牧師自体が臨床心理士の資格を持っていなければ、どう考えても、どんな資格を持っていても精神科医や臨床心理士などの正式なバックアップがなければ運営は難しいんじゃないではないでしょうか?

そうなれば、そこらあたりのバックアップ体制はどうなっているのか・・・。

本当に疑問が次々に出てきますね。

それにしても、本当に高山牧師はどの資格を持っているのでしょうか?

もしかして、何も持っていなくて、リハビリをやる・・・・というような非常識は、いくらなんでもやらないと信じたいのですが・・・

PS 悪文で意味が通っていないところ修正しましたm(__)m

リハビリ

我が子を脱会させたいと願うのは
信仰云々ということよりも、
組織を抜けて欲しいという
思いも強いのではないでしょうか

「ちゃんと食べているか?」
「寒くないか、温かくしているか?」

そんな心配でいっぱいです。

組織にいると連絡がとりにくいし
帰省もままならない

普通に元気な顔を見せて欲しい
そんな親の気持ちもあると思います。


脱会して
偽装脱会かチェックするために
一緒に離郷を勧めさせたり
ひどい場合は男女関係を
強要するなど
そんな踏み絵は親は望んでいないと思います。

クリスチャンにして欲しいとも
思っていないでしょう、

リハビリ

写真のあの木造二階建ての建物は保護説得して脱会した人を自身の教会の信者にするための施設でしょう。

無理な保護説得によって脱会しても心の拠り所を奪われて不安定になり自分を信じられずいつまでも自立は難しいのではないでしょうか。

ある反対牧師のホームに行ったことがありますが元統一教会員が反対牧師を中心に共同生活をしていました。脱会したのに自由になっていないなと思いましたね。

保護説得は自立に効果がありませんし拉致監禁は家族親戚の関係を決定的に壊しますから弊害こそあれ無意味です。

脱会するしないに関わらず信頼に結ばれた家族の心の交流が大切だと思います。

統一教会に来て残る人は2%程度です。ほとんどが自然に辞めますし残る人は確信とプライドを持っていますから犯罪を犯しません。五十年の統一教会の歴史で犯罪はほとんどありません。

拉致監禁を考えていらっしゃる親御さん。はやまらないで下さいませ。

脱会屋を利用してはいけない

「心理士、カウンセラー(相談員)、セラピスト(療法士)など呼称は様々であるが、いずれも、民間認定団体や学術研究団体が認定する民間資格であるため、求められる専門性や取得までの難易度は千差万別である。臨床心理士、医療心理師(仮称)を中心に、医療・保健分野における心理職の国家資格を創設しようとする動きがあるが、2009年現在、実現に至っていない

「なお、「一定の期間で取得でき就職活動に有利な心理系資格がある」「国内で有効な海外資格がある」と吹聴する団体による、偽資格の発行や高額自己啓発セミナー、およびそれによる消費者被害が問題となっている[1][2]。所有していることで就職・採用につながる資格は、教育や任用に当たり大学・大学院機関や中央省庁が関わるなどして公益性を担保していたり、一定水準の認定試験の実施、養成カリキュラムの整備、履修や実習・研修をこなした者に限る認定試験受験許可、などの体制で専門性を保証していたりする一部の国内資格のみであるため、利用や志望の際には注意を要する[3]。

また、一部のNPO法人は、発行する資格の説明において「内閣府認証」をうたい、その資格に権威や公益性があるようにも取れる記述をしているが、この「認証」自体は、NPO法人の設立時の事務作業が内閣府の指針に基づいているという、一般的な事務手続きを指しているに過ぎない[4]。例えば、株式会社の設立時には法務局への登記が必要であるが[5]、この手続きを経た株式会社が、「法務局認証」や「法務省認証」をうたい商品販売を行っているのと同義であり、資格の水準や公益性の担保とはいえない」出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


つまり、例え臨床心理士であったとしても、心理職においては国家資格は存在しない。

ようは、だれがカウンセリングを行っても、違法性はない。

高山牧師が自称カウンセラーを名乗ってもよいことになる。

心理学、カウンセラー畑を歩んできた黒鳥栄牧師すら、リストカット、アームカットすら知らないレベルであり、3年間やくざであったのが売りの高山牧師がカウンセリングが出来るとは思わない。

私は病院勤務の臨床心理士のカウンセリングを受けているが、20代前半の女の子の力量はたかが知れている、と感じている。

狂信的カルトからの脱会を目的にした、素人の働きかけは極めて危険である。
また、脱会後のPTSD
の治療にも、薬の処方が出来る精神科医のサポートなしには、危険極まりない行為と言える。

そのため、臨床心理士は団体で保険に加入している。

それだけ、生半可な仕事ことではないということだ。

臨床心理士の資格を持っていることに越したことはないが、あくまで任意資格に過ぎない。

安易に、「専門家」と称する脱会屋に脱会を依頼すると、その後の親子関係に深い溝を作ることは、このブログを読めばわかるはずだ。

統一教会に入信してしまったお子さんと、納得行くまで自由な環境下話し合うことが一番良い。

それが親子という絆の証だろう。

韓定食さんに注意します。

 再三再四、記事とは関係のない投稿はしないで欲しいと注意してきたにもかかわらず、「一晩でコメントが凄く多いですね」という題名の投稿をしてこられました。
 よって、削除させていただきます。

<私に対してのみ、『もう書き込むな』『関係ないあなた』と注意されるのは、バランス感覚を欠く裁量です>

 韓定食さんだけに注意したわけではありません。投稿が多く(もう55本!)、投稿の流れがつかめなくなりつつありますが、主に「管理人」名の投稿を読んでください。
 大和櫻さんの投稿も、削除しています。決して、バランス感覚を欠くような運営はしていないつもりです。


>関係ないあんたが
>あんたの脳内神経配線を疑うよ。

早川さんに喧嘩を売られましたが、こちらで反論すればご迷惑でしょう。
正体を隠して画策する早川さんについては、私のブログで反論します。
売られた喧嘩は高く買いますのでお楽しみに。


 早川さんに告知されたいのであれば、早川さんのブログのコメント欄に書けばいいだけのことです。ここで告知される内容ではありません。少しは常識で物事を考えてください。

(追記)「閑話休題さんにため息」の末尾で、「ただ、ひとつだけ、しょんぼりしているというSDGさんに回答を書いておきます」と予告していたのですが、投稿欄がまた乱れるのは嫌なので、やめることにします。

 でも、ひとつだけ。
 SDGさんは冒頭、2チャンネルで、こう書いています。
<悪質~撲滅委員会の管理人さんの実験は計画通り進んでるようですね。
 米本さんのブログで反論を禁止されたので、こちらに書かせてください>

 SDGの正体見たり、悪意花。

統一教会でののケアー

話題と合致しないかもしれませんが、、、

統一教会の様子は
戦争中に屍を越えて行くような
状態とも言える・・・・

よって何らかのトラブルがあっても
そこに手間暇かけていることはできない
前に進まないといけないのだ、
そんなイメージですので

拉致監禁された人のケアーをするというような
発想は教会にはないように感じます。

拉致監禁でどのようなことが行われているか
結果どういう状態になったか
そういうことはあまり知らないことが
多いと思います。

知っていることはあの人はひっくり返った
とか反牧にやられた
返金問題か、、、
そういう部分に関心が行くのみと言う感じです

拉致されたら、その人を心配するよりも
ひっくり返っていろいろ資料をもって
行かれないように、整理しておくように

というような指示のほうが重要という
感じです。

米本さんの本がなければ
教会員もその実態を知らない
ということになっていたと思います。

Re: 統一教会でののケアー

 統一教会の組織体質の一面が語られているようで、面白かったです。
 興味深い深く、臨場感ある投稿でした。感謝です。


> 米本さんの本がなければ
> 教会員もその実態を知らない
> ということになっていたと思います。

 ところが、「前に進まなければならない」(目先の摂理の実現)体質になっているため、拙著を読んでいる青年信者はきわめて少ないと思います。
 読んでくれているとすれば、拉致監禁の心配のない壮年・壮婦教会員でしょうか。

(テーマから外れたことを、管理人でもある私が書きつらねるのは躊躇するのですが、昨日頭にきたことがあったもので・・・)

 なにより問題なのは、拉致監禁予備軍である青年信者がこのブログを読んでいないこと(これに限らず、いろんなサイトを検索することもしていないこと)です。

 1年間で23万件のアクセスがあったといえば、すごいということになるけど、読者のうち青年・学生信者(1万人)は100人もいないでしょう。名城大学の女子大生が監禁されたことすら知らないのですから。

 もう涙が出そうです。

 教団本部はこのところ拉致監禁問題への取り組みを強化していますが、現場はそんなことにはあまり興味なく、青年指導者の頭にあるのは「前に進む」ことだけです。

「戦争中に屍を越えて行くような状態」とは言い得て妙です。

 だから、また新たな屍が発生してしまうのです。詳細がわかればニュースとして流しますが、統一教会そのものの組織体質を変えないとどうにもなりません。

 統一教会に批判的な私が、「統一教会寄り」に転向したなんて罵詈雑言を浴びせられながら、是は是、非は非だとパソコンに向かっているというのに。頭にきたあと、悲しくなりました。

同情申し上げます

どうぞ、悲しくならないでください。

青年にはぜひ、一端、この船を下りてもらいたいですね。

「戦争中に屍を越えて行くような状態」というのは、本当にあったことです。

まだソ連が元気だったころには、次々と新兵として、最前線に送り込まれたのが、若者達でした。

とても、教育など出来る暇もなく、最前線で戦いながらの実践教育しか出来なかった。

だから、青春を返せ!という若者達が現れるのです。

ソ連崩壊から、20年。
高額エンドレス献金はまだまだ続いています。

若者は拉致の対象になって、壮年は自己破産の予備軍です。

この体質は、一朝一夕には変わりません。

少なくとも、米本さんが本を出したことで、統一教会、反統一教会双方に一石を投じたと私は思っています。

統一教会がどうなろうが、知ったことではありません。


米本さんのやろうとしていることは、日本国に基本的人権の侵害がある!ということを世界に訴えること以外の何物でもありません。


ただ、ある信仰を持った、というだけで、逮捕監禁されてしまうことがまかり通る社会です。


米本さんのお仕事は、この真髄をついたものです。

教会内部にも、是々非々の改革派は多数います。

どうか、憂うことなく教団を糾弾し、「真実」を伝えてください。

記事とは関係ないので、消去されても構いません。

米本さんの苦痛は、良心的な多くの教会員が抱いた苦痛です。

彼等は、ひそかに教会から去って生きました。

それほど、深刻な教団ですから、外部の人が、改革などできようはずもありません。

しかし、米本さんの本とブログは確実に、世論を動かしているし、教会内部でも少なからず影響を与えているのは事実です。

どうか、記事も先に進みましょう。

実績

教会責任者に追求される実績は献金と伝道で、責任者はこのことで手一杯です。
拉致監禁なんて二の次です。意識が行きません。集会を開いてお茶を濁しておしまいです。
拉致監禁について真剣に考えてきた人ほど教会組織に期待していないと思います。教会は組織防衛のためになら拉致監禁を利用することはあっても、一人一人の人権までは考えていないでしょう。余裕がないのです。

反牧の拉致監禁は、異常!!

くにびきさんが仰るように親は、脱会を願っているだけで神の最も嫌う男女関係を?まるでアダム、エバの堕落を奨励しているので反牧こそカルト集団以外の何者でも無い・・人を指導する?ナチスのような反牧になど指導される人は、気の毒と正常な人なら同情するだけで関わりなどもちたくないし、もつ必要無し!!時間の無駄と同時に大金を溝に捨てると同じでキリストの意に反している神もイエスも嘆いていることでしょう!!反牧は、たんなる自己満足の信仰者なのでは?

感謝の強要

米本さんの本にもありますが、高山牧師にもあてはまりますね

「感謝の強要」

ブログで高山牧師は脱会は折り返し点
まだ半分だと記していますので

脱会のみが目的でないことは明白ですね

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2006-11-04 18:30:16

今日、11月の「出エジプト会」をしました。参加者は
40名を超えていました。
メンバーが少しずつ入れ替わります。問題が解決した人
の足は遠のきます。
これは当然のことですから、それで良いのでしょうが、
あまりにも変わり身の早さに少し寂しさを感じます。

いつも言っていることなのに、脱会が終わりと考えてい
る人がいるようです。
本人の脱会宣言は折り返し点で、問題は半分しか終わっ
ていないのです。
それなのに、「ハイさようなら」はないでしょう。
感謝がたらない。問題意識が稀薄だよ。
いやいや、善行をしたのであれば忘れなさい。
そうですね。不平を言わないでおきましょう。
それにしても、また新しい相談が何件もありますがどう
します。
頼まれれば、やはり変わらずに続けますよ。
それが私の使命ですから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

削除の説明です。

大和櫻さんが投稿された内容に、「素朴な疑問です」さんが「大和櫻さんへ」と題して、返信投稿されました。

ところが、大和櫻さんが当の投稿記事を一方的に削除されてしまいました。そのため、「素朴な疑問です」さんの投稿が意味をなさくなってしまいました。

よって、「素朴な疑問です」さんの投稿も削除することにしました。

「素朴な疑問です」さんに謝罪いたします。

管理人から大和櫻さんに注意します。
削除される場合には、その旨、明記し、謝罪してからにしてください。そうでないとコメント欄が混乱してしまいます。せっかく書かれた「素朴な疑問さん」もいい迷惑です。

投稿される場合、「ある信仰を持った、というだけで、逮捕監禁されてしまうことがまかり通る社会です」といった感情を露にしたものではなく、よく吟味してからにしてください。
これは他の投稿者にも注意を呼びかけておきます。

大和櫻さんへ 【再掲】

管理人の方へ

削除を行った理由に関して丁寧なご説明ありがとうございます。
おっしゃる通りだと思います。
感情に流されるまま書き込むと、とかく表現が大げさになりがちです。
そして何事かに賛成するにせよ反対するにせよ、事実に即して、正確に書かなければなりません。
不正確な書き込みは、自分の主張の信憑性を貶めるばかりか、当ブログにおける議論のレベルの低下につながりかねないと危惧します。

ところで、「大和櫻さんが当の投稿記事を一方的に削除されてしまいました」と書かれていますが、実際には現時点(17:10現在)で未だ掲載されています。
このページを上の方にスクロールしていただくと容易に見つかると思いますが、「ただ、ある信仰を持った、というだけで、逮捕監禁されてしまうことがまかり通る社会です」の一文は、大和櫻さんが2010/02/12 22:51に書かれた「同情申し上げます」と題する書き込みからの引用です。

よって、私の投稿内容は未だ意味を失っていないと考えられますので、この場をお借りして、同じ質問を投げかけさせてください。
また、本件はとても大事なことですので、私の質問に対する他の方からのご意見も歓迎いたします。

【以下、再掲内容です】

> ただ、ある信仰を持った、というだけで、逮捕監禁されてしまうことがまかり通る社会です。

「ある信仰を持ったというだけで逮捕監禁されてしまった」とは聞き捨てならない話ですね。
それが本当に起きた事件であるならば、明らかに法に反しています。
まかり通るどころか1件でも有ってはならないことです。

ですから、今すぐにでも警察に告発しなければなりません。
つきましては、そのような事件を いつ・どこで・誰が起こしたか具体的に教えてもらえませんか?

それとも警察へはすでに告発済でしょうか。
だとしたら、その後の経緯を教えてください。

よろしくお願いします。
  • [2010/02/14 17:14]
  • URL |
  • 素朴な疑問です
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

素朴な疑問です  さんへ

素朴な疑問です さん

>私の質問に対する他の方からのご意
>見も歓迎いたします。

とのことですので、書かせていただきます。



>「ある信仰を持ったというだけで逮
>捕監禁されてしまった」とは聞き捨
>てならない話ですね。


監禁した側(親)と監禁された側(子)の対話


をお読み下さい。

まさしく、信仰を持っていると理由で監禁と拉致監禁を受けたのではないでしょうか?

もちろん経緯はあります。

教会側の指導で、教会を辞めたという嘘をついた事は、麻子さんの責に帰することは出来ないとはいえ、麻子さんにとっては失点ではありましょう。

しかもそれは、叔父さんに何が何でもやめさせるという意思を顕にされて、

時間稼ぎのため、時間稼ぎをしながら親との関係を回復を図るためという目的であり、

親を傷つける気は毛頭なかったのは、「我らの不快な隣人」でお読みになれたのではと思います。

また、監禁・拉致監禁を行った理由を宿谷麻子さんのお母さんが証言されていますが、それは麻子さんの嘘が直接的動機になっているのではなく、世間の風評が悪く、親戚や牧師達の強い言葉によって、監禁と拉致監禁を受けたわけです。

ある信仰を持ったから、逮捕監禁を受けてしまったわけです。

麻子さんは、教会を辞めたという嘘以外に、麻子さんは世間で非難されることは何もやっていません。

しかし、やっていようがいまいが、拉致監禁を受けてしまったのです。

警察がある犯罪組織を取り締まるとき、その組織の構成員だから逮捕するということが許されるでしょうか?

法で保障された逮捕権を持つ警察でもそんなことは許されません。

個々別々に、捜査し、証拠を固め、裁判所の許可を貰って逮捕します。

さて、ここでは宿谷麻子さんを例に挙げましたが、では、多くの拉致監禁を受けた人達は、何か犯罪を犯したから、拉致監禁を受けたのでしょうか?

言い逃れが出来ない、犯罪を犯した証拠を親が探偵か何かに頼んで、集め、確証の元に、拉致監禁に踏み切ったのでしょうか?

申し訳ないのですが、そんな話は今まで聞いたことがありません。

統一教会の信仰を持っていることを問題として、世評と類推から拉致監禁に踏み切られた・・・・としか判断しようがない話ばかり聞きます。

大体において、何か犯罪的なことをやっているにしても、現行犯でもなければ、逮捕(取り押さえ)、監禁など日本では許されるものではありません。

自身の子が犯罪的なことをやっているのならば、自主を説得する、もしくは涙を飲んで警察に連絡するのが正しいのではないでしょうか?

それをやらずして、拉致監禁する、それは信仰を捨てさせたいからであり、

それは信仰ゆえの拉致監禁とは言えないでしょうか?

邪教だから、とんでもない教義だから・・・これこそ、信仰ゆえである証左ではないでしょうか?

邪教であり、とんでもない教義であるならば、開かれ、自由に出来る場所で論破すればよいだけの話と私は思います。

説得者の都合のよい場所から逃げ出さないようにしてやる必要なんかないと思います。


>それとも警察へはすでに告発済でし
>ょうか。
>だとしたら、その後の経緯を教えて
>ください。


この問題はかなり特殊な問題を孕んでいます。

実行しているのは、家族であり、多くの人が、告発までは躊躇う傾向があります。

離教された方は、とにもかくにも、悪い団体から救出されたというように考えられているかと思います。

また、離教されず、統一教会に戻った方は、茫然自失で、怯えて、そこまで気が回らない・・・更に、統一教会の目標として、家族を伝道するという目標があるため、告訴なんか考えられない状態・・・ということ状態ではないかと思います。

それでも、後藤さんの12年5ヶ月の拉致監禁は告訴をやられて、証拠不十分という理由でとりあえず不起訴となったと聞いております。

失礼いたしました。

「素朴な疑問です」さんへ。失礼いたしました。
 あまりにも投稿数が多いので、見落としてしまいました。

「素朴な疑問です」さんと「大和櫻」さんに、謝罪いたします。

管理人の方へ

ご返答ありがとうございます。

見落としは無理もないと思います。
書かれている通り、投稿の数が余りにも多いですから。
方向性は違うでしょうが、それぞれの書き手が強い確信をお持ちなので、ついつい熱くなってしまい長文を沢山投稿することになるのでしょう。

発言の場を提供していただいている身ゆえ、謝罪などと言われては恐縮ですが、2度手間になったのは確かになので、快くお言葉を受け取っておきます。

これからもよろしくお願いいたします。
  • [2010/02/15 00:44]
  • URL |
  • 素朴な疑問です
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

幽霊食口さんへ

ご意見ありがとうございます。

麻子さんやご親族の間の葛藤は読んでゆくにつれ、本当に悲しくなってしまいます。
互いに悪意がないのは勿論のこと、良かれと思ってやっている訳です。
ご親族だけではなく、統一教会の賛成派も反対派も同様だと思います。
だからこその悲劇が繰り広げられ、今に至るも続いているのでしょう。

ところで、幽霊食口さんが書かれている内容を読ませていただきましたが、論点が私の質問から少しずれているようです。
私は「ある信仰を持ったというだけで逮捕監禁されてしまった」事例があれば具体的に示して欲しいと書いたのです。
親族が食口を「保護説得」したのか、それとも「拉致監禁」したのか等の解釈を問うたのではありません。

ご存知の通り、逮捕とは、捜査機関または私人が被疑者の逃亡及び罪証隠滅を防止するため強制的に身柄を拘束する行為です。
ここで、被疑者とは、捜査機関によって犯罪を犯したとの嫌疑を受けて捜査の対象となっているが、まだ公訴を提起されていない者のことをいいいます。

現に罪を行い、又は現に罪を行い終わった者を現行犯人といい、現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができますから、統一教会の関連組織であるSHINZENの事件のように食口が家宅侵入を行ったのを、たまたまご親族が発見して現行犯逮捕することは理論的には有り得ます。しかし、私が書いたのは、そのようなケースではなく、捜査機関による一般逮捕の方であることは、冷静に読めば誰しも理解できると思います。
そして、「ある信仰を持った容疑」で捜査対象となるのは、戦前の日本や現在の中国、北朝鮮ならいざ知らず、信教の自由を基本的人権として認めている現代の日本では考えられない由々しき事態ですので、大和櫻さんに具体例を示して欲しいとお頼みしたのです。

なお、捜査機関が被疑者を逮捕した後にその身柄を拘束するのは「勾留」ですので、上記文章上では「逮捕」を接頭語にするならば「逮捕勾留」と表現するべきでしたね。
  • [2010/02/15 00:48]
  • URL |
  • 素朴な疑問です
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

山崎浩子さんの場合

ある信仰を持ったが故に逮捕監禁された例ではないでしょうか?

日本の統一教会が消えても大丈夫です!!

日本の統一教会は、85年で失敗していますから、潰れたも同然で何も心配ありません。元食口は、反牧などに興味も関心もありません。反牧は、自分の教会の信者を増やし、十分に一献金がほしいだけ!!豊になりたいだけで神の願いから、ほど遠い、無神論者に近いナチス?説教など迷惑なだけだと思っています。一般の人から見ても魅力を感じないのでは?統一教会が脅威に増えたのは、神からの真理でイエスの再臨の奇跡が多くあったからです。既成教会など何の魅力は、ありません!!やがて全てが明らかになると反牧の立場は、愚かな偽善者となるだけです。世界が文師を支援してるのだから、日本も国が動くようになるべきです。イエスの再臨なのですからね!!

素朴な疑問です さんへ

素朴な疑問です さんへ

>捜査機関による一般逮捕の方である
>ことは、冷静に読めば誰しも理解で
>きると思います。

申し訳ありません。
私も読み違えていました。

捜査権をもった捜査機関による「逮捕」「拘留」という意味では、私も類例を知りません。

おそらく誰も知らないのではないかと思います。


大和櫻さんの書かれている「逮捕」という意味は、「逮捕=私的逮捕=拉致」の意で使われていると解釈しており、その解釈に引き摺られて、素朴な疑問です さんが書かれた内容を読み間違えましたm(__)m。

大和櫻さんは、この拉致監禁に強い憤りを感じておられますので、おそらく、何とか強い表現でこれを非難したいと、「逮捕」という言葉を使用されたのではないかと感じております。

しかし、無用な誤解を招く表現は慎むべきですね。混乱するような事を発言されたことを、同じ信仰を持つ者として謝罪いたします。

申し訳ありませんでしたm(__)m。

幽霊食口さんへ

私は大和櫻さんの「逮捕監禁」という言葉を逮捕監禁罪でいうところの逮捕監禁と受け取りましたので、勝手に同じ信仰を持つ者としてであっても他人に替わって謝罪をしないでください。

常識的には逮捕は警察などによるものですが、法律用語としては私人によるものを犯罪としているのですから、法律をかじった人ならば正しい表現と考えると思います。

参考までにWikipediaより、
逮捕・監禁罪(たいほ・かんきんざい)は刑法220条に規定されている罪。 不法に人を逮捕し、または監禁する行為が犯罪となる。法定刑は3月以上7年以下の懲役。 逮捕・監禁の結果として傷害または死亡の結果が生じた場合には、逮捕・監禁致死傷罪(同法221条)に該当する。

自由に対する罪の一種であり、「人が一定の場所から移動する自由(場所的移動の自由)」を保護法益とする。

裁判、検察若しくは警察の職務を行う公務員が、職権を濫用して人を逮捕・監禁した場合には特別公務員職権濫用罪(刑法194条)となる。また特別法として、逮捕・監禁した人を人質として第三者に行為を要求した場合に重く処罰する人質による強要行為等の処罰に関する法律がある。

Mさんへ

揚げ足を取るつもりはないんですが

>法律をかじった人ならば正しい表現と
>考えると思います。


裏を返せば、”法律をかじっていない人ならば正しくない表現と考える”と、いうことではないでしょうか?


そして、素朴な疑問です さんは、わざわざ、

>捜査機関による一般逮捕の方である
>ことは、冷静に読めば誰しも理解で
>きると思います。

と解説されています。

それで、私は素直に


無用な誤解を招く表現は慎むべきで
>すね。混乱するような事を発言され
>たこと



謝罪したわけです。

法律に詳しい人ばかりがこのブログの読者ではないでしょう。

”法律をかじっていない人”に対する配慮もお願い致したいと思います(ちなみに私も法律はかじっていません)。

幽霊食口さんへ

私の主旨は他人に替わって謝罪してくれるなということです。

私も大和櫻さんと同じ考えでしたので自分の替わりに謝罪されたようで不快です。

幽霊食口さんは大和櫻さんの意見も聞かずに謝罪なんて出来る立場なんでしょうか。

Mさんへ

私は大真面目に同信の者を”兄弟姉妹”と考えています。

他人ではありません。

だから、この拉致監禁問題に関しては、甚だしい怒りを持っています。

また、兄弟姉妹であるからこそ、何かあれば共に責を持ちたいと思っています。

今回の場合、素朴な疑問です さんは底意に、”逮捕監禁”という言葉を使うと無用な混乱を招く事を指摘されたかったのではないか思います。

>不正確な書き込みは、自分の主張の
>信憑性を貶めるばかりか、当ブログ
>における議論のレベルの低下につな
>がりかねないと危惧します。


それに対して、Mさんが指摘されたように主張も出来るでしょう。

でも、それでは平行線になるだけではないでしょうか?

それで大和櫻さんからすれば認めにくい面があるやも知れませんので、私が兄弟として、認め謝罪したわけです。


>私も大和櫻さんと同じ考えでしたの
>で自分の替わりに謝罪されたようで
>不快です。

不快さを与えました事には謝罪いたしますが、上記に書きましたことも考慮して下さいます様にお願い致します。

申し訳ありませんでしたm(__)m

考えが甘いですよ

考え違いしてませんか。
あなたが兄弟姉妹と思っても良いですが、保護者でもないのですから勝手なことは止めてください。別人格ですよ。
昔、桜田淳子さんが教会の行事で歌ったビデオを本部総務がマスコミに流したことに強烈に抗議をしたことを思い出しました。

前の発言は

Mでした。
訂正いたします。

Mさんへ

>考えが甘いですよ

>あなたが兄弟姉妹と思っても良いで
>すが、保護者でもないのですから勝
>手なことは止めてください。別人格
>ですよ。

何か考え違いされているような気がしますが・・・。

とは言え、ここではもう迷惑でしょう。

http://ppp.atbbs.jp/yuureisikku/

これ以上の苦情申し立ては、上記掲示板でお願い致します。

久しぶりに投稿いたします。
私もここに投稿されている方からすれば、サタンであり強制改宗の首謀者です。

ですが、現在は妻も脱会し、家族6人で幸せに暮らしています。今現在の暮らしは間違いなく、脱会カウンセラーがいなくてはないものだと思います。妻も私も牧師さんには感謝しています。


私は私の経験上、脱会後のリハビリは必要だと考えております。統一教会含め破壊的カルトと呼ばれる宗教は、恐怖信仰であり、脱会するといろいろな不安や迷いに襲われます。またマインドコントロールの後遺症により自分で考えることが困難となります。そんなとき、その気持ちを共感してくれる人がいたなら、どんなに心強いか。そのために安価に宿泊できる施設があれば、家族としても大変助かります。

また、脱会届を出しても霊の親が無理やり訪問してくることもあります。先日、妻だけで自宅にいるところに霊の親が訪問し、呼び鈴は押さず、いきなり玄関は開けるは、「話すことはないから帰ってくれ」とリビングから応対すると勝手に家に上がってくるはとしつこい。そんなときに宿泊施設があれば、本人をかくまってあげれる。

倉敷のリハビリ研修棟は家族や脱会した人には非常に大変助かると思います。

ところで、以前も書き込みましたが、まだ一方的な情報しか載せないんですね。何のためにこのブログを使って情報を発信しているのですか?正義のためなら、情報を精査し、載せるべきでしょう。それとも、統一教会の皆さんが神のために捧げた財産の一部を貰って、こんなブログをしているのですか?

初めて投稿します。
文章力のない者ですから、皆様が読みやすくなるならば、ご面倒ですが添削よろしくお願いします。


保護をうけました。はじめはショックで、神様にどう受け止めどう対処すればよいか聞きたく、断食をしました。
「何を話しても家族は理解できない」「正しいことをしている自分のままに生きたい」「ジャンヌダルクのように正義のままに死にたい」と思い。「自殺は罪」とまなんでいても水も一滴も飲まない抵抗をしました。
しかし、死を選ぶことは友人や親類、金融機関に多額のお金を借りているので(先祖や子孫のために。神様の願いがあると信じて)、かなりの迷惑をかけること、私の安否を心配している仲間がいること、この二点が一番の心残りで、それにいたることはありませんでした。

中略しますが、牧師さんの情報提供を聞いて、じっくり時間をかけて自分なりに判断してきました。

退会を決めたのち。一番今の私を理解したり、私がホットできるのは、食口だったひととの茶話会でした。

信じてきたことをいったんのけてしまうことは、誰に会うのも出来ないぐらいに、不安定な精神でした。しかし、もどろうとは思えない自分でもあり、次になにかを信じるのも恐怖で、できません。

上記の過程を通じて、脱会後は、誰にも会いたくありませんでした。この精神状態の原因もすべて理解してくれる人がいる宿泊施設に行きたかったです。ので、リハビリ棟は、私のような人には必要です。

また、アベルに必ず相談して答えをもらっていたので、まったく連絡を取らずに自分で考えるためにも、必要だと、かんがえます。

今は、信仰する前の私の生活にほぼ戻りました。
聖書にも「よく吟味するように」このような内容があるとおり、教会の信徒でもなく、教会でリハビリもうけている現状です。牧師さんより信徒になるようにや、献金の強要もありません。

この内容を信じてもらえなかったり、中傷されたくない私だから、今まで投稿したことがありませんでしたが。
とにかく、真実を伝えたかったので、勇気だしての投稿です。

さいごに、保護・監禁内容は、カギかけたり、刃物は置いてない状況。けど、目的はアベルとの連絡遮断ということですから、手錠なんてはありませんでした。食事も普通だし。テレビみたり、音楽聴いたり。動かない分、太りそうで心配でした。太りましたけど。
  • [2010/02/16 00:36]
  • URL |
  • 脱会者家族の妻
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

脱会者家族の妻さまへ

>今は、信仰する前の私の生活にほぼ戻りました。


ということで、ほんとうに良かったですね!
良い方向に進まれるようお祈りいたします。


>さいごに、保護・監禁内容は、カギかけたり、刃物は置い
>てない状況。けど、目的はアベルとの連絡遮断ということ
>ですから、手錠なんてはありませんでした。


そういう保護監禁もあるんですね。


何人もの男性に手足をとり押さえられ体を運ばれ、米本さん
の本にもありますが、車に閉じ込められてからはトイレにも
行けず車の中で処理したり、部屋は飛び降りることも出来な
い高い高い場所で、もちろんドアにはチェーンがぐるぐる巻
かれてカ鍵もかけられていました。

家族は辞表を出すように指示されていました。

こういう拉致監禁もあるんですよね(涙)

ありえないです

脱会者家族さんの <統一教会の皆さんが神のために捧げた財産の一部を貰って、こんなブログをしているのですか?>の投稿に反論します。 私は教会員ですが、このブログは偶然見つけて読み始めました。本来ならば、拉致監禁を経験したがゆえに精神疾患を持ってしまった人々に対して、教会側がケアーをしなければいけないにもかかわらず、何もされてこなかった事に怒りさえ感じています。このブログがもし教会側と連結されているのであれば、すべての教会系のブログにリンクされているはずです。何よりも、米本さんが<教会員がこのブログを読んでいない!> と、嘆かれているように、まだまだ教会に対してマイナスのものは見ないようにする習慣があるようです。(反対派の投稿も多いので) そして、脱会者家族さんの奥様を脱会させるまでのご苦労はお察しします。投稿を拝見させていただく限りでは、奥様は無事に脱会され、今は幸せに暮らしておられるご様子でほんとうになによりです。このブログを熟読されている方であれば、皆さんがそう思っていると思います。今まで拉致監禁経験者のすべての人が奥様のように、無事に脱会されていたら、米本さんもこんな苦労をすることなく、このブログも立ち上げる必要もなかったはずです。 しかし、拉致監禁経験者の後の精神疾患によって招く数々の不幸の現状を知り、自力で立ち上がっているのが米本さんであって、逆に改宗させるために大金を貰っているのは反牧ではないでしょうか?

拉致監禁方法を変えた?

脱会家族の妻さんは、最近、脱会されたのですか?1970年代の頃は、檻に手錠、精神科に強制入院、注射と比人道的なことを平気でやっていたようですよ。和らいだとすれば、このブログにも感謝ですね。これからは、非難されない手段でやってくれそうですから、米本氏の活動は、決して無駄では、無かったと寧ろ、両者の意見が反映され、反省すべき点が反牧と統一教会にもあることがよく理解できます。教会が第三者に十分の一を支払う?はずは、全く有り得ません。寧ろ、脱会者との和解に支払いが回され、反牧と悪徳弁護士が潤っているということです。それがなければ80年代で日韓トンネルも完成したかも?ですね。連日「霊感商法」と騒がれて実現できずに失敗したのですから。信仰が試されている時だと感じます。

脱会者家族(夫)に謝罪を要求する!

 脱会者家族(夫)さんの投稿は、「ところで、以前も書きましたが」から前の文章ほとんど問題はありません。これは1つの意見であり、尊重します。

 ただ、1点ばかり。「私もここに投稿されている方からすれば、サタンであり強制改宗の首謀者です」
 これは、失当です。

 これまで1561件の投稿が寄せられていますが、統一教会員投稿者を含め、誰一人として、直接監禁した親、夫のことを「サタンであり強制改宗の首謀者」と表現された方はいません。

 他者を批判的に論評する場合は、事実を確かめてから表現するようにしてください。 他者を批判する人は自分をも厳しく律すべきです。

 次に、問題の投稿を引用しておきます。

ところで、以前も書き込みましたが、まだ一方的な情報しか載せないんですね。何のためにこのブログを使って情報を発信しているのですか?正義のためなら、情報を精査し、載せるべきでしょう。それとも、統一教会の皆さんが神のために捧げた財産の一部を貰って、こんなブログをしているのですか?


まだ一方的な情報しか載せていないのですね

・『我らの不快な隣人』235頁~236頁を読んでください。

・投稿欄では様々な情報が寄せられています。とりわけカテゴリー「保護説得と親子関係(15)」のコメント欄を読んでください。

 私は、実際に保護(拉致監禁)説得された拉致監禁体験者の情報が喉から手が出るほど欲しかった。それがついに現れた。コメント欄に登場したkoyomiさん(脱会者)です。
彼女のいくつかの投稿文を読むと、統一教会にも保護説得にも批判的で、価値中立的な方だと思いました。
こうした立場に立つのは、宿谷さん、高須さん、中島さんに次いで4人目です。(拙著やルポを読んでいないから、前の3人の方の名前は知らないでしょうが)

koyomiさんに、さっそく連絡し、先日、お会いしてきました。後日、彼女のインタビュー記事を載せるつもりです。

奥様がインタビューに応じてくれれば、すぐにでもこのブログに載せます。ぜひ、御夫婦で検討してください。私は、統一教会や牧師など脱会説得者と違って、あなたが勘繰るような「一方的な情報しか載せていない」という立場に立ってはいません。

何のためにこのブログを使って情報を発信しているのですか?

 このブログの右側に<初めての方は「ブログの道しるべ」からどうぞ>と目立つように書いています。「ブログの道しるべ」は、「ブログ開設の目的」と「ブログの骨格」の2つの記事から成り立っています。

 何のために?「ブログ開設の目的」に明記しております。
 投稿される前に、少しは冷静になってください。注意しておきます。

統一教会の皆さんが神のために捧げた財産の一部を貰って、こんなブログをしているのですか?

 takako.reeさんも言及されている一文ですが、これは事実に反する明らかな名誉毀損罪にあたる記述です。
 謝罪がなければ、名誉毀損で訴えることも検討します。匿名であれ、サイト媒体であれ、名誉毀損は成立します。
 以前にも、コメント欄で書いたことですが、2チャンネルでコスモメイト(旧名)の元信者が匿名で、同団体の教祖をバカと書き、教祖は名誉毀損(民事)で訴えました。元信者の代理人は紀藤正樹弁護士。
 法廷で争われた結果、元信者が「教祖はバカである」ことの立証が出来なかったため、結局、和解によって、多額の損害賠償金を払う羽目になりました。名誉毀損の立証責任は被告側(訴えられた側)にあります。

 私が統一教会からお金をもらって、このブログを開設し維持していることを立証できなければ、あなたは損害賠償金を払うことになります。

 私は提訴することなど望んでいません。だから、謝罪し、名誉毀損に該当する記述を削除してください。強く要求します。なお、民事上での時効は3年です。
 争われたいのなら、いい弁護士をつけたほうがいいですよ。念のため。

(追記)このブログの成り立ち、維持管理については、「ブログ開設の目的」と「お知らせ」をていねいに読んでください。とりわけ、「お知らせ」の最初の頃には、パソコン音痴の私が苦労していることが行間から読み取れるはずです。裁判になれば、ブログの立ち上げ、その後の操作方法を指導してくれた人にも証言台に立ってもらうつもりです。

>まだ一方的な情報しか載せないんですね。

>まだ一方的な情報しか載せないんですね。

という書き込みに対して感じることですが、
脱会された方が、拉致監禁されたとしゃべってしまうことは
牧師・弁護士にとっては不都合な事実として残ってしまうの
ではないでしょうか?

保護されましたというような表現をされますが、拉致監禁は
かなりの労力をつかいます。

その当時のことを証言することは墓穴を掘ってしまうことに
他ならないでしょう。

よって保護脱会した方の情報はでてきにくいのでは、
と思っています。

re:脱会者家族(夫)に謝罪を要求する!

失言でした。深くお詫び申し上げます。

雑感

 雑感その1・くにびきさんの「>まだ一方的な情報しか載せないんですね」の投稿内容に同感。同感というかまさにその通りです。

「統一教会の問題点を教えて欲しい」と、旧知の、全国弁連代表の山口広弁護士、また渡辺博弁護士、紀藤正樹弁護士に取材の申し入れをしましたが、返事は「NO」でした。拙著に書いてある通りです。
 くにびきさんの表現を借りれば、「不都合の事実(真実)」が暴露されるのが怖かったからです。手元にはその証拠もあります。


雑感その2・脱会者家族(妻)さんは次のように書いています。

<保護・監禁内容は、カギかけたり、刃物は置いてない状況。けど、目的はアベルとの連絡遮断ということですから、手錠なんてはありませんでした。食事も普通だし。テレビみたり、音楽聴いたり。動かない分、太りそうで心配でした。太りましたけど>

 これまでの監禁体験者の証言と比較すれば、“とてもいい環境下”での脱会説得だったと思います。

 玄関ドアにカギをかけないやり方をしていたのは、取材した限りですが、日本基督教団の杉本誠牧師川崎経子牧師、そしてルーテル教会の故平岡正幸牧師の3人だけです。
 ただし、いずれも年代によってやり方が異なります。杉本さんも「昔は乱暴なことをしたよ」と話していました。

 でも、少なくとも90年以降、「手錠」とか「刃物」などを使った例はない。例外は、神戸真教会の高澤守牧師だけでしょう。(彼も最近ではさすがに包丁を突きつけることはやめています)

 面白いと思ったのは、この記述部分です。
「テレビみたり、音楽聴いたり。動かない分、太りそうで心配でした。太りましたけど」

 川崎経子氏の場合、保護説得は主にホテルでやっていましたからね。
 谷村教会時代のまともだったときの彼女の姿勢とは今の彼女とは違う。今は怯えと傲慢とがないまぜになっているような印象を受けています。川崎さんは太る一方です。

雑感その3・脱会者家族の夫だけは徹底的にやるつもりです。

「悪質花屋」とか「劣等感エイト」とかのレベルではありませんからね。

Re: re:脱会者家族(夫)に謝罪を要求する!

> 失言でした。深くお詫び申し上げます。

すべて、水に流します。

投稿文は残りますが、すべてを水に流すということで、これ以上の言及はやめます。

どうか、また投稿をお願いいたします。

脱会者家族さんに謝罪

 投稿のタイムラグで、謝罪投稿のあとに、「雑感」で、「雑感その3」を書いてしまいました。ごめんなさい。
 悪気があったわけではなく、投稿のタイムラグによるものです。どうかお許しを。

脱会者家族さん と 脱会者家族の妻さんへ

脱会者家族さん と 脱会者家族の妻さんへ


お二人が経験された事実、感じられた事について、私はとやかく言う立場にありません。

私がどんなことを言おうと、お二人の道筋は二人のもの、お二人の事実は事実のままに残りましょう。

しかし、一方で私にとってはの事実は、


牧師の名前を聞いただけで、顔面蒼白になり、唇を震えさせながら押し黙って俯いた兄弟の姿、

正月も盆も実家に帰れず、他のメンバーが帰郷するのに、一人ぽつねんと残る姉妹の姿

名前を換え複数の教会施設を何ヶ月毎に転々と居場所を変えて追っ手を恐れる姿、

これが私にとっての事実です。


確かに、これは統一教会側に立つ私の一方的なものの見方といわれればそうかもしれません。

しかし現実に、私の前には牧師から傷つけられて苦しんでいたメンバーが居た。

その事実は、誰からなんと言われようと私の前から消えはしない。


お二人が、牧師の方に感謝されることはそれはそれで一向に構わないと思います。

しかし一方で、拉致監禁によって傷つけられ、拉致監禁牧師の名前を聞いただけで、抑えきれない恐怖と怒りに身を震わせる者達もいます。


その事実に対して、


>正義のためなら、情報を精査し、載せるべきでしょう。


と、脱会者家族さんは書かれます。
お二人が感謝するその人達から、傷つけられ、人たちの存在を前にしてそう仰る。

お二人の周りには、牧師の方に感謝され、家族愛にあふれ、幸福でいっぱいの家族で占められているのかもしれません。

それは非常に善い事だと思います。是非ご紹介され、どんどん宣伝なされるべきです。

しかし、牧師の方に感謝され、家族愛にあふれ、幸福でいっぱいの家族となった二人の事実の故をもって、

それを理由に、あたかも傷つき苦しむ人達の事実が嘘であるような言葉に、

傷に塩をすり込むような発言に私は怒りを感じます。


>統一教会含め破壊的カルトと呼ばれる宗教は、
>恐怖信仰であり、脱会するといろいろな不安
>や迷いに襲われます。またマインドコントロ
>ールの後遺症により自分で考えることが困難
>となります。


この問題に対して、拉致監禁を擁護される方達は必ずそれを言う。
これに対して、私は私の二つの記事を紹介させてください。


一つは、米本氏の「我らの不快な隣人」を読んだ読後感想です。

これは一旦、私の立場として統一教会の諸問題の解決を先に処理しなければとして、削除しましたが、先年の拉致監禁多発に抗議して復活させたものです。


我らの不快な隣人-統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇を-”を読んで
ttp://yuureisikku.blog.shinobi.jp/Entry/35/(リンク切れですm(__)m)


そして、もう一つの記事が、この火の粉ブログでもリンク紹介されている、

哀しみの神 ~実体験回顧録(こちらから是非読んでくださいm(__)m)
http://godssorrow.blog85.fc2.com/


の読後感想に変えて、私の中学~高校~大学~原理研究会入会(入教)~自主脱会までの赤裸々な内面史を綴った

君居らば寂しかるらじ-哀しみの神 ~はぐれ統一教会員の実体験回顧録~ の感想にかえて-
ttp://yuureisikku.blog.shinobi.jp/Entry/53/(リンク切れですm(__)m)



私はマインドコントールされているのでしょうか?恐怖信仰に脅かされているでしょうか?私は私の存在自身が、このマインドコントロールと恐怖信仰神話が偽りのものである何よりの証拠であると考えています。

>またマインドコントロールの後遺症により自分
>で考えることが困難となります。そんなとき、
>その気持ちを共感してくれる人がいたなら、ど
>んなに心強いか。そのために安価に宿泊できる
>施設があれば、家族としても大変助かります。

私としても、それが本当に拉致監禁に寄らない、自由な環境下の自主脱会者のための施設ならば、何の問題もないと思います。

しかし、ここで暗示されているような施設ならば、強く非難します。

勿論、ケアが必要ないということではありません。ケアは必要でしょう。

しかし、それはあくまで拉致監禁を前提としたものであるからです。


この悲劇はもう終わらせるべきです。



脱会者家族の妻さんへ

脱会者家族の妻さんの行く末が幸福になるように願っております。
所詮宗教というものは、人を幸せにするための道具です。幸せになるのならば、宗教なんて何でもよいし、無くてもよいものです。
幸せになるために・・・それを念じ、歩んでください。

PS 文中呼捨てになっているところを修正しました。脱会者家族の妻さん 大変申し訳ありませんでしたm(__)m。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/145-46101b15