FC2ブログ

洞窟に潜む「マインドコントロール・ウィルス」 

拉致監禁リアル情報(58)

前回の記事へのコメント欄で、koyomiさんが次のように書いていた。
「(略)(旧)統一教会信者に対する拉致監禁説得は事実上なくなったとみてよいと思いますが・・・(もしかしてどこかで行われているかもしれませんが)この問題自体がなくなったわけではありません。
人が人に対して、レッテル貼りをしている以上、自分の正しさを相手の気持ちを考えることなく述べている以上、形違えど、対象違えど起こります。
人間の性質上、永遠の課題でしょうね。」

これに触発されて、書いておく。

ブログ「北風と太陽」の管理人kokoro氏が依拠しているサイトである。http://freedom-cult.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-69a072.html(実にレベルが低い記事だが)

異端・カルト110番
初めて知ったサイト。教えてくれてありがとう。
誰がやっているのか。

共同代表 プロフィール
張清益(チャン・チョンイク)
1990年、韓国から来日 1999年、関西学院大学(西宮市)文学部卒業 聖契神学校(東京都目黒区)卒業後、世界的な異端カルト問題の権威である陳用植牧師に師事 2010年、日本キリスト教異端相談所設立(韓国キリスト教異端相談所協会・東京支部『日本キリスト教異端相談所』所長) 2011年、とねりキリスト教会(東京都足立区)創立、同教会の主任牧師として現在に至る。大韓イエス教長老会合同派所属(GMS《Global Mission Society》派遣宣教師)、様々な韓国異端・カルト問題に精通 本紙創設者

小岩 裕一(こいわ ゆういち)
関西聖書神学校卒業後、1987年から異端・カルト問題のカウンセリングを行う 現在、日本イエス・キリスト教団横浜栄光教会牧師、同教団総務局相談室長「異端・カルト問題、ハラスメント問題」を担当  関西聖書学校講師(比較宗教) 日本伝道会議分会「異端・カルトの対策と予防」を担当 牧師研修会、地域牧師会で異端・カルト対策セミナーを行う

齋藤 篤 (さいとう あつし)
日本基督教団正教師 日本基督教団カルト問題連絡会世話人 10~20代でエホバの証人としての信者を経験 その後、自主脱会しクリスチャンとなる 2006年より牧師として活動するなかで、カルト問題をライフワークとして今日に至る 現在、日本基督教団深沢教会(東京都世田谷区)牧師

編集部
編集長 中橋 祐貴  所属教団:キリスト聖協団 日本脱カルト協会会員

翻訳担当・記者 (取材に支障をきたすため氏名は非公開) 所属教団:日本福音キリスト教会連合

編集顧問 根田祥一 所属教団:日本ホーリネス教団 クリスチャン新聞顧問


特別顧問
高山正治牧師
陳用植(チン・ヨンシク)牧師
崔三卿(チェ・サムギョン)牧師

アドバイザー(順不同・敬称略)
飯田勝利(日本福音キリスト教会連合 結城福音キリスト教会牧師・日本異端・カルト対策キリスト者協議会(JECAC)代表)
小池宏明(日本同盟基督教団 古河教会牧師・同教団社会局人格尊厳委員会カルト問題担当)
韓在國(日本同盟基督教団 清水聖書教会牧師・同教団社会局人格尊厳委員会カルト問題担当)
河成海(狭山のぞみ教会牧師 GMS(Global Mission Society)派遣宣教師)
小泉創(日本イエス・キリスト教団 仙台国見教会牧師 同教団総務局相談室 異端・カルト窓口担当)
吉岡創(日本聖約キリスト教団 南輝・広江聖約キリスト教会牧師 同教団教務局異端カルト担当)
安黒務(日本福音教会 一宮チャペル牧師・一宮基督教研究所所長(主宰) 日本福音主義神学会西部部会理事 福音主義神学編集委員)
清水与志雄(日本基督教団 川谷教会牧師)
豊田通信(日本基督教団 小田原教会牧師・日本基督教団カルト問題連絡会世話人)

坂本兵部(日本基督教団 葦のかご教会牧師・モルデカイの会役員)

パスカル・ズィヴィー(マインド・コントロール研究所所長)
ウィリアム・ウッド(真理のみことば伝道協会代表 カルト研究リハビリ・センター いたんだ葦の会代表)

ジャン・ドウゲン(ジャパンベサニー・ミッション代表牧師・KBI関西聖書学院理事)
藤枝宗浩(基督教大韓メソジスト会宣教師 韓国異端・カルト対策セミナー&啓蒙活動企画)
村上密(日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド京都教会牧師・宗教トラブル相談センター)
櫻井寿子(社団法人CVSA  落ち穂の会代表)
黛藤夫(日本イエス・キリスト教団 荻窪栄光教会主事)

以上17名  2020年10月3日現在

顧問弁護士 渡辺博 田村町総合法律事務所所長 霊感商法被害救済担当弁護士連絡会事務局長(東京弁護士グループ団体)
(コピペ終わり)

ずれも、「マインドコントロール→保護説得」を実行、推奨してきたグループである。
哀れである。
西田公昭氏が説く「マインドコントロール論」を肯定している宗教学、宗教社会学、心理学の研究者は1人もいない。
<注>拙著『我らの不快な隣人』10章を参照。

西田氏の専門は社会心理学の中でも実験心理学。ある空間で「そのように思わせるような」実験を行ったら、被験者は「そのように思った」ことを実証している“学問”である。
学問というより騙しのテクニックの紹介である。例えば彼のだましの手口:知らないと損する心の法則」(PHP新書)

なお、注釈を2つ。
(1)kokoro氏は娘の強制脱会説得を清水与志雄に依頼している。「清水牧師の正体」http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-category-9.htmlを参照のこと。
(2)渡辺博氏については、カテゴリー「渡辺博弁護士の秘密めいた手紙」http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-category-9.htmlを読んでもらいたい。

マインドコントロール論なんて社会的には認められないから、山深い森の奥に潜むコウモリコロナウィルスと仲良く生息するしかないのだろう。チ~ン

味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

関連記事

コメント

お知らせ

ごく一部記事に追加を加えました。

浦島太郎かぁ~?

惚けブログ(涙)
●北風と太陽 
●「基督教からの原理講論批判・・統一教会は汎神論(故・森山論) 統一教会は論証の無い神(浅見定雄)」
http://freedom-cult.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-b3d7fc.html

(追記)kokoroは頭が硬直化する傾向にある。だから、娘が統一教会に入信した。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/1208-db4ac440