FC2ブログ

地獄百景ー情報操作 

「鶴の絶対化路線」(43)

長野市在住の婦人シックだったと記憶するが、統一教会に反対する夫が妻を川崎経子牧師(故人)の施設(いのちの家だったか)に送ろうとした。話し合いが成立して、期限を区切って、妻は施設で生活することになった。いわゆる軟禁である。(敬称略)
この期間に妻が脱会したら、統一教会はアウト。確か、妻は実家から遺産金をもらって、400万円を献金していた。脱会となったら400万円返せということになる。

統一は、当然、「対策」に入る。
対策担当は、澤田拓也だった。(当時の肩書は失念した)
当然のことながら、脱会説得は「資料説得」となる。
話はそれる。
一度、杉本誠牧師(山崎浩子を脱会説得した人)の自宅で、「資料」の束を見せてもらったことがある。ボストンバックに詰め込んであった。

澤田は事前に、婦人シックに川崎が目の前に出すであろう資料を渡した。
いわゆる免疫力をつけさせるというやり方だ。

その中の1つに、文鮮明の長男の妻・洪蘭淑の 『わが父文鮮明の正体』(文藝春秋)があった。
これを真面目なシックがきちんと読めば、退会する。愛ゼロの文家庭、腐臭漂う文家庭がリアルに描かれているからだ。実際、アメリカやイギリスでは発売直後に大量に退会者が出た。(朝日新聞)

ところが、日本人シックは密かに読むなと言われていたから、読まないでいた。

澤田は婦人シックに読ませた。質疑応答を知りたかったが、小生はシックではない。残念!
飛躍するのだが、ヒットラー、スターリン、秦の始皇帝の焚書に通じる話である。

ところで、文3派(支持者を含む)、文7派は元統一教会員。統一教会の指導を受けていた。したがって、彼らもいまだ洪蘭淑の 『わが父文鮮明の正体』を読んでいないはず。もし読んでいたとしたら、離教していたはず。

洪 蘭淑 (著)『わが父 文鮮明の正体』P142 より
「文夫人の産科医は、十人目の子供の出産のあと、さらに妊娠すれば夫人の健康はもちろん命にもかかわりかねないと警告した。文氏は単純に医者を替えさせた。」
>関連記事〓「サ教さんの 六マリアの真実 はおかしい」http://anzais.blog.fc2.com/blog-entry-111.html

妻の命よりもセックスが第一。こんな低能な夫が存在していたことを初めて知った。驚いた。

むろん読んでいるメンバーもいる。
澤田拓也もその1人である。
彼は、文鮮明の長男の嫁の体験をどのように受け取ったのか。サタンがついていた、で終わりか

味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

関連記事

コメント

14人の子供を孕ませた犯罪者

7男が、公言した文鮮明と韓鶴子は父娘、DNAで解ったそうだ。
文鮮明は、娘に14人の子供を産ませた犯罪者、自分の利益の為に、女は子供を産む道具くらいにしか考えてない。
文鮮明の愛って、多くの女に種付けする事だったってことなんでしょ。
それが、ケダモノの愛です。

~~~~~~~~~

https://ameblo.jp/mikan-ha417/entry-12437565480.html
”DNA鑑定の結果、文教祖と鶴子夫人は親子であることが判明?”

息子(七男)は、信仰・原理ゆえか?オゾマシイ鮮明と鶴子は父と娘説を嘘で語るだろうか?
オゾマシスギルけど、語っておかなくてはならないという苦渋の発言だったのではないでしょうかね。もし、作り話ならそれも・・・
おぞましい~ щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

そんな父娘の関係で14人も生み増えたなんて、犯罪でしょう。嘘で語れるとしても、、、、
щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

~~~~~~~~~
訳では

「DNAテストをして韓マザーが真のお父様の娘であることが判明した」というのです。それなら私の姉になるので、更にもっと非難すべきだということになります。それで王妃は言いました。全部本当だとしても、もちろん何の証拠もありませんが、まず彼らは離婚したということを認めました。二番目にそのようなことがあったとしても、み言を変え、お父様を消し去ったことを正当化できないと言ったのです。一つも正当化できないのです。
それから王妃は、あなたのことは愛していますが、あなたたちは天使長に洗脳されているのだと話しました。彼らは、急いでトップが一体化しないといけない。どうすべきか言ってくれと言いました。まるで自由意思を持っていないかのようです。それで王妃は、そんなことは許されないと答えました。』
(文亨進説教 2017年10月1日(日曜礼拝)  米国・サンクチュアリ教会)
https://nqj17437.wordpress.com/2017/10/04/

https://www.youtube.com/watch?v=unkOCmzWtlA&list=PL4iwSYx-2nWdf9CaK2PM8s3KLYUC4ZUIZ&index=15&t=0s
33:00あたりからDNAの話が出てきます。<調べて持ってきました(^^)

七男の説教はサイトにあったはずなのに出てこな~い。どうしてかなぁ~

七男の説教から思うのは、姉なので、康六マリアの古参信者を母の立場として立てたってことじゃないの?姉を母としたくないということでの原理の正当化で、鶴子実母はチャラにしたってことなんじゃない?
でしょか~( ´艸`)

それにしても統一教会の「対策」って
おもしろすぎる~ (≡^∇^≡)ニャハハ
「対策」ってさぁ~。
こういうこと(真実)言われるから注意してね!♪って、ことでしょ。
( ̄▽ ̄)うへへへぇ~、アホカぁ。

Re: 14人の子供を孕ませた犯罪者

>7男が、公言した文鮮明と韓鶴子は父娘、DNAで解ったそうだ。

この部分は失当です。根拠が明らかにされていません。文家の人たちはいい加減ですから。

私は文章力が無いが

ナツミカンさんは読解力が無い!!
どう 亨進様のスピーチを読んでも
韓鶴子がアボジの子供DNA云々とは読み取れない。
ちゃんと英語と照らし合わせてみれば
こんなチョンボはしない!!!
洪先生はウヲンピル先生の後にヨーロッパの中心者になった方でメッコール工場をアボジに言われて作るから 採算が合わなくなり大コケ 人事でヨーロッパに来られ そこで心臓発作で性格が歪んだ
洪先生はナンスク様のパパね!!!
12人産むと決意したんだから産む
 産まないんなら最初から断るべきだ!

コメント削除

申し訳ありません。コメントしましたが、考え直し、削除させていただきました。

家庭詐欺連合

見つけた七男の説教映像の中で、鶴子率いる家庭連合のことを「家庭詐欺連合」なんて総称していたのよ~~
もう~エッエッ???爆笑したわ。

恩進は、文鮮明のことを詐欺師って言ってたし~( ´艸`)

長男の元嫁は、まだまだ言えないようなことがある・・・。第二弾本で母子協助の現実を暴露していただきたい。そしたら絶対買います。

ほんと!すんばらしい真の誤家庭だわさぁ~。

妻は死んでも構わんで14人帝王切開四度もさせたケダモノ文鮮明、この一族って異常すぎるけど、信者は「真の家庭はサタンが狙うのよぉ~」って脳内思考停止状態。
信者は、異常な家庭に翻弄されて異常なのに異常が気づけない・・・なんてね(哀)


ナツミカンさんへ

僕は「家庭崩壊連合」と呼称していますwww

文鮮明が選んだ幹部

三男の嫁の父親だったかな?

天地正教から20億ポッケナイナイした話も有名。日本人某幹部もちゃっかりナイナイしたみたいよぉ~。
その後、知られちゃまずいのか天地正教は消滅方向へ・・・。
組織は、小金集めの方法の祈願紙お焚あげだけは継承中。
3000円、5000円、1万円とございます。今もあるんじゃないかしら~。

「家庭詐欺連合」
「家庭崩壊連合」もすんばらしい名称ですが、
「家庭中抜き連合」
「家庭ポッケナイナイ連合」
「家庭金吸い上げ連合」
「家庭なりすまし連合」
・・・「家庭悲惨連合」
なんてのもよいかもね。

どんだけ文鮮明の周りには「詐欺師」がいるんだよ~?!

いや、この組織に関わるとすべて詐欺師になるんだなぁ~。(・・・反省)

組織丸ごと、袋に包んでポイッと地球外へ捨てられたらいいのにね。
ゴミ組織は捨ててしまいましょう。

~~~~~~~
この組織の信仰持つってことは、どんな悲惨な状況でもハッピーにおバカにならないといけないのです。現実はどうでもマイナス的思考はすべてサタン悪不信仰なので、現実見てどんなに事実を訴えても組織の上層部には届きません。
真実を伝える書籍や雑誌ブログがあったとしても否定するのがこの組織で、真実を伝えているのにパフォーマンスで謝罪文を要求したり、あろうことか世話になった方にまで、表向きのために牙をむく。
この組織には、正義はなく腐臭が漂っているのです。
義理も人情もなく、あるのは「天情」なんて都合のいい組織の常套句で人間を惑わし続ける。騙しと嘘のオンパレードで命と資産を喰い尽くす組織なのです。
あっっ~!上層部は奪い豊かになるのでございます。

腐臭組織家庭連合。

馬鹿な宗教信者とそうではない求道者

>彼は、文鮮明の長男の嫁の体験をどのように受け取ったのか。サタンがついていた、で終わりか


 米本さんにとっては信じ難いことに違いありませんが、狂信的な統一信者は自分達に都合の悪いことは決して認めません。
 統一教会にとって致命傷を与える情報であるなら、彼らはその情報自体の信ぴょう性を一から否定するようになります。
 それは澤田地平氏の言論攻撃に反撃した断食芸人井口の反論を見ても良く分かります。
 彼は地平氏が指摘する家庭連合に都合が悪い情報に対して「お前はそれを見たのか?実際に見てもいないことを話すな。」というような事を言いながら、激しく反撃していました。
 そのような情報源を否定するやり方は井口氏に限ったことではなく、反論が難しい情報に出くわした場合はほとんどの統一信者が使う手口です。
 今回米本さんが取り上げた洪蘭淑氏の暴露本 『わが父文鮮明の正体』についても、澤田拓也氏がその手法を使って信者を説得した可能性は極めて高いと思われます。
 その拓也氏が反対派と話し合う信者に『わが父文鮮明の正体』を聞かされても影響を受けないようにさせる説得内容はおそらく次のようなものに違いないと思います。

 https://heiwanosyujin.muragon.com/entry/381.htmlより引用
<…だからもし麻薬をやって妻を殴りつけた孝進様だと見ては絶対いけないというのです。多少夫婦の間に口論はあったとしても、暴行をしたということは絶対に嘘だということをここでまず明らかにしておきます。

そして洪蘭淑様が書かれたその本に出てくる話はほとんど蘭淑様が書かれたのではなく、アンチ・ムーンという団体と統一教会に反対する派が組んで80%は嘘を書いて全く孝進様を暴行者であり麻薬患者として罵倒したのがまさにその本です。
孝進様は麻薬を単純な幻覚剤として使用せず、体があまりにもきついのでその痛みを治療できるのが麻薬なので、単純に治療目的のためにお母様の承諾を得て使用したことを知らなければなりません。>

 上の事を書いたのは典型的な狂信的統一信者ですが、私も長年教会の信者として生きてきましたから、統一信者の考えることなど簡単に予想できます。
 ところが米本さんは信者としての経験は皆無でありますから、なかなかその発想が理解できないのだと思います。
 たとえ一時期拓也氏が米本さんには良心的な人のように思えたとしても、統一信者の場合本心は別のところにあり、米本さんが統一教団を批判するようになればガラリと態度は変わるのです。
 それがカルト宗教信者というものなのです。

 米本さんは以前、コメント欄の中で、「多くの宗教人と会って共通に感じた印象は上から目線の人たちばかりであった」というようなことを書かれていたと思いますが、無知で傲慢なのは宗教信者の特徴でもあるのです。
 伝統的な生活習慣の一部として宗教を信じている人は多いと思いますが、そのような人達は教義などに拘りなく宗教の良い面だけを信じているのであり、宗教の教義に拘ったりするような宗教信者は間違いなく知恵遅れの人たちなのです。
 知性が乏しいのは統一信者に限ったことではなく、他の宗教信者も同じあり、人類始祖として神がアダムとエバを創造したという天地創造の話を真面目に信じたり、処女マリアからイエス・キリストが生まれたと本当に信じているようなクリスチャンは統一信者に劣らず知性が劣化した人間なのです。
 現代の科学が発達した世の中において、聖書に書いてあるような非科学的なことを信じられるのは馬鹿だからであり、科学的な思考ができないということなのです。

 現代において昔あったような教義論争を続けるのは完全に時代遅れの人たちであり、宗教依存症の人たちはそのような時代遅れの頭をもった人たちなのです。
 ただし私がそのように宗教依存症の人たちを非難したとしても、イエス・キリストなど聖人とされる人たちを見る観点は全く別のものになります。
 キリスト教に関して言えば、イエス自身は極めて人格高潔な人であり、それが故に弟子が何人もついてくるようになったのです。
 イエスはかなり高い次元の‘善’を実践するよう弟子たちに要求しており、有名なのではマタイによる福音書にあるイエスの言葉があります。
 そこには「あなたがたも聞いているとおり、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。あなたを訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも取らせなさい。だれかが、一ミリオン行くように強いるなら、一緒に二ミリオン行きなさい。求める者には与えなさい。あなたから借りようとする者に、背を向けてはならない。」
(マタイによる福音書・5.38~42)

 そのイエスの教えを実践できているような人なら他者に対して上から目線で見るようなことはあり得ないし、宗教戦争のような事も起こり得ないのです。
 つまり対立を生むような教義論争に走るのはイエスとは似ても似つかない人達ということになるのです。
 キリスト教会に関して言えば、それを宗教として成り立たせたのはいわゆるイエスの弟子たちであって、イエス自身ではありません。
 宗教教義に拘って人々に‘信仰’を要求するようなことをするのはイエスの死後に生まれた教会組織の人間であり、その教義も後から人間の頭によって考え出したものなのです。
 実際にイエス・キリストと同レベルの‘善’を実践するなど、余程の精神力が無ければできないことであり、宗教依存症に陥っているような心の弱い人達が実践できるようなレベルのものではないのです。
 イエスが教えた‘善’のレベルに達しえない精神が弱い人達は、結局イエス・キリストを神格化するようになり、宗教を信じる世界に逃げ込むようになるのです。
 イエスの教えを実践することは極めて難しいことですが、一方でイエスを神格化して‘信仰’するのは簡単なことであり、精神力など必要ありません。
 米本さんはおそらくイエスの教えを実践しようとする「宗教人」と知性を失い、精神力も乏しいが故に宗教依存症に陥った「宗教信者」を区別できないために、宗教に対しては否定的になるのだと思いますが、歴史上の偉人の中にはイエスの言わんとしていることを悟って、レベルの高い‘善’を実践している人達も中には存在するのです。
 ただ、そういう人達は宗教依存症の人たちから好意的に思われず、宗教裁判にかけられたりする場合もあるのです。

 米本さんは宗教を信じる人達の中にあるそのような違いを区別できないので戸惑うこともあるのだと思いますが、教会組織に依存して生きてるような人は知性を向上させようにもそれができず、精神力も強くない人並み以下の人間ということですから、それを理解した上で統一教団幹部達を見る必要があります。

親愛なる米本様

親愛なる米本様
本日6月4日 米本さんが訴えられた件で宇都宮地裁に行きました。
6月2日に米本さんから宇都宮地裁にブログ削除のFAXが届き、裁判が中止になっていたんだね。 残念
前回は3月12日裁判日でドタキャンしたと、自身がブログに書いていたけど…
今回の仮処分申請は米本ブログ閲覧件数500万回超える人達には一言も伝えなかったね。 どうしてなのかな?
もっとgoutさんと仲良くして指南してもらえばよかったのにね。
本当は移送申し立てをして松江の裁判所にギャラリーとして行きたかったな。

神々の黄昏さんへ

馬鹿から神々の黄昏さんに質問させていただくことをお許しください(笑)

>私も長年教会の信者として生きてきましたから
なぜ、長年にわたり統一教会の教えを信じてしまったのかご自身でその原因はどこにあるとお考えでしょうか。
出来ましたら、具体的な記述でお願いいたします。


>人類始祖として神がアダムとエバを創造したという天地創造の話を真面目に信じたり、
貴方も現役の信者であったときにはこの話を信じていたと思われますが、その後考えを変えた理由をお教えください。


>キリスト教に関して言えば、イエス自身は極めて人格高潔な人であり、それが故に弟子が何人もついてくるようになったのです。
イエス様が十字架に架かられるときに弟子たちはその場から逃げ去っていますが使徒の働きなどを読むとその後の弟子の働きは素晴らしく伝承ではヨハネを除き皆殉教したと言われています。
弟子がついていった理由が「イエスの人格が高潔がゆえ」だけではこの変容は説明がつかないと思いますがこの点どうお考えでしょうか?

Re: 親愛なる米本様

鬼滅の侍さん、ごくろうさまでした。

>今回の仮処分申請は米本ブログ閲覧件数500万回超える人達には一言も伝えなかったね。 どうしてなのかな?


このことから言えるのは、6月4日に宇都宮地裁で「審尋(しんじん)」が開かれることを知っていたのは、ブログ読者には1人もいなかった!

知っていたのは裁判所深谷篤子(家庭連合宇都宮教会、日光市在住)と小生の三者だけです。

むろん、深谷さんには井口だとか、近藤とかがついている。というよりも、井口らのコマンドとして深谷さんは動かされていただけ(書面にサインと捺印を押す)

さらに言えば、
「6月2日に米本さんから宇都宮地裁にブログ削除のFAXが届き、裁判が中止になっていたんだね。 残念」
当事者でなければ絶対にわかる訳がない!

さて、どういうことか。

この投稿者は暴力断食男の意を受けて、小生の意向(意図、今後の作戦)を探ろうとしているのだ。この統一バカが!

Re:神々の黄昏さんへ

>なぜ、長年にわたり統一教会の教えを信じてしまったのかご自身でその原因はどこにあるとお考えでしょうか。
出来ましたら、具体的な記述でお願いいたします。


 人間には生まれた時から不可避の運命のようなものがり、自分にはどうしようもない宿命のようなものを背負っています。ただその宿命的なものであったとしても人生の中でいろいろと学習し、哲学的な知性を高めていけば、運命に流されない生き方もできるようになるのです。
 統一教会との出会いは私にとってその宿命的なものでしたが、私が長年にわたり統一教会の教えを信じてしまったのは、キリスト教の聖書を誤解し、そこに書かれた物語を真面目に信じてしまったからです。
 ところが聖書は神の啓示によって書かれたものなどでは決してなく、ユダヤ教やキリスト教に都合のよいように書かれた民話のようなものであることを悟るようになったのです。
 私が統一教会からなかなか離れることができなかったのは、特に堕落論の間違いを見抜けなかったためですが、聖書自体が単なる架空の物語であることを知るようになると、そこに根拠においた統一原理の堕落論が完全な間違いであることを悟るようになったのです。
 聖書はキリスト教では聖典とされており、それを信じている人も多いわけですが、それがデタラメの多い昔話に過ぎないことを理解することができなかったため、統一原理の決定的な間違いについても悟ることができなかったのでした。


>貴方も現役の信者であったときにはこの話を信じていたと思われますが、その後考えを変えた理由をお教えください。

 その理由は上に書いた通りです。
 旧約聖書は神の啓示によって書かれたものなどでは決してなく、ユダヤ教に都合の良いように書かれた嘘の民話に過ぎないことを悟ったからです。


>イエス様が十字架に架かられるときに弟子たちはその場から逃げ去っていますが使徒の働きなどを読むとその後の弟子の働きは素晴らしく伝承ではヨハネを除き皆殉教したと言われています。
弟子がついていった理由が「イエスの人格が高潔がゆえ」だけではこの変容は説明がつかないと思いますがこの点どうお考えでしょうか?

 イエスは確かに啓示を受けるレベルに達した人物と思われますが、その教えを信じた弟子たちが同じレベルに達しているとは思われません。
 ただ‘信仰’は逆境に強いと言われていますので、迫害されれば、かえって信仰は強まることになります。
 その弟子たちはイエスの教えを信じて弟子となった訳ですが、イエスの高潔な人格を肌で感じなければそのようなそのようなことは起こり得ません。
 

神々の黄昏さんへ

>キリスト教の聖書を誤解し、そこに書かれた物語を真面目に信じてしまったからです。
なぜ、誤解されたのですか?
なぜ、まじめに信じてしまったのですか?

>ユダヤ教やキリスト教に都合のよいように書かれた民話のようなものであることを悟るようになったのです。
なぜ、悟るようになられたのでしょうか?

>聖書自体が単なる架空の物語であることを知るようになると
どのようにして架空の物語であることを知るようになったのですか?

>旧約聖書は神の啓示によって書かれたものなどでは決してなく、
どうしてそのようなことが言いきれるのですか?

>ユダヤ教に都合の良いように書かれた嘘の民話に過ぎないことを悟ったからです。
都合の良いように書かれた部分とはどの聖書箇所ですか?
そしてどの部分が嘘なのでしょうか?

つまりは聖書を真実の話だと思ってしまったことが統一原理を信じてしまうことになったということでしょうか?
聖書の内容は統一原理の内容と全く相いれないからこそ既存のキリスト教会からは異端とされていることはご存知でしょう。
貴方のロジックは全然答えになっていません。
そこら辺を知恵遅れの私にもわかるよういつものとおり上から目線で結構ですからお教えください。

>ただ‘信仰’は逆境に強いと言われていますので、迫害されれば、かえって信仰は強まることになります。
私は何故、弟子たちが迫害を恐れないようになったのかその変容の理由を聞いているのです。
貴方の答えは答えになっていません。

神々の黄昏さんへ(追記)

>ユダヤ教に都合の良いように
普通の言語読解力がある人が旧約聖書を読めばこの逆の印象を受けると思いますよ。

神々の黄昏さんへ

そうそう、もう一つ聞き忘れていました。

>宗教教義に拘って人々に‘信仰’を要求するようなことをするのはイエスの死後に生まれた教会組織の人間であり、
この文面から察するに要はイエス様の真意を弟子が理解できずに誤った教えを広めたと受け取れますが、イエス様ご自身が次のようにおっしゃっていますよ。

「しかし、その方、すなわち真理の御霊が来ると、あなたがたをすべての真理に導き入れます。・・・」(ヨハネ16-13)

「しかし、助け主、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、また、わたしがあなたがたに話したすべてのことを思い起こさせてくださいます。」(ヨハネ14-26)

「しかし、その方、すなわち真理の御霊が来ると、あなたがたをすべての真理に導き入れます。御霊は自分から語るのではなく、聞くままを話し、また、やがて起ころうとしていることをあなたがたに示すからです。」(ヨハネ16-13)

つまり、聖霊が宿った弟子たちが全てイエス様の真意を理解できなかったというのは無理がありませんか?
この記述分と貴方の意見は矛盾しないでしょうか?



訂正

(ヨハネ16-13)がダブっていました。

パウロ神学

横槍を入れる様で申し訳ないのですが、一つの回答として、キリスト教は、パウロの説いたパウロ神学だったということが言えるのではないでしょうか。
神々の黄昏さんはグノーシス主義に近いように思えます。

思い出。

今回記事のテーマは、「文鮮明氏に対しての人物評価を正確に行おう」 だと思うのですが、上記の気まぐれさんによる、「冷静を装った風な、作為質問」 によるトラップ問答を ここでする事をブログ主さんが許しておられるのであれば、私もそれらを客観的に眺めさせていただいて、自己の2004~5年だったか?の思い出を語らせていただこうと思いました。

「日韓学生シンポジウム」という学生同士のフォーラムが日本共産党本館の斜め前の会場で開催されており、日本からは早稲田の学生10名程、韓国からは高麗・延世・ソウル大から10名程+日本への圧力団体風な斡旋職員?らが来日していたと思います。

予想通りの展開で 会の流れはお手盛り。それでも会の終盤に差し掛かり、「一般オブザーバーの方、どなたかご意見はございませんか?」 と司会が言ったので、私は手を挙げて発言しました。

「2002年日韓W杯で、FIFAとしては日本単独開催で決定していました。しかし、とある教団幹部が韓国サッカー協会の副理事となっており、日本人信者の献金100%で票集め工作し、強引に共催にねじ込みました事を、この会を主催された外務省さんはご存知ですよね?。分かりやすい処で例えましたが、日本は相当韓国に貢献していますよ!?。そろそろ韓国人は日本を許す思考は出来ませんかね?。」

(参考に:日本政府は韓国が競技場を整備出来ない事へ支援金として、1600億円を貸すも、最終的には8000億円にも膨らんだとする説もNETで出ていましたが、金額はどうであれ、それらが今もって1円も返して貰えてないそうです。)

とぶちまけたら、そこにいた他のオブザーバーの日本人クリスチャン達が終了後に私に詰め寄って質問してきて、「その教団はどこ?凄いですね。」と言って来ましたが、統一教会だと話すとどうせ別の訝りが始まるだけだから、何も教えませんでしたが。しかしながら、私の発言から会場の雰囲気が一変し、通訳で多少タイムラグがありましたが、目的通り 明らかに勝ち誇って溜飲を下げていた韓国代表団全体が顔を伏せ、何らかのインパクトがあった様でした。

それを何年か後に、所属していた渋谷松濤本部の渋谷担当マザーに報告しました。当時その女性は かつては渋谷から西東京全体のマザーだったのですが、その位置から降りたての時期で、私生活でも伊勢神宮に参拝にに旅行を重ねるような、尾道出身:代々木上原の愛国大家さんマザーでしたが、私に「よくぞ言ってくれた!。」と通常の信仰観からしたら 意外な激賞をしてくれました。

話を戻しまして、そのシンポジウムの問題点とは、日本側の学生達はGHQの思惑やら日教組に因る意図で 贖罪意識に落とされている割には、近代史をそもそも学ばせて貰えていない構造になっていましたから、早稲田の学生からすると 余程個人的にアジア戦史に関心が無い限りは、「学生同士、人間なんだから仲良くし合いましょう」 の話なら出来ても、韓国側から具体的なワードで過去の訴追を受けると、言い返すべき事実のキラーワードが 習っていないから出てこず、韓国側からのいつもの 「被害者に寄り添う誠意が感じられない。加害の歴史に関心が無く、不勉強ですね。or 韓国側が事実だから、謝罪の態度以外は日本側はとれないでしょう?。」 と言う態度がありありでしたね。こういう会合は、都合よく韓国学生だけに優越感を感じさせるだけの「お手盛り会」になるんですが、それを承知で外務省はそれ以前も毎回繰り返させて来ていただけなシンポジウムなのです。

(おそらくは、財務省に予算を請求する上での、外務省が「何かやってる感」の演出の為に、学生を利用しているのでしょう。)

少し、話の趣旨が分かりずらくなったかもしれませんが・・・

韓国の為に150年間以上、苦労し、支援して来た、問題の無い日本が わざわざ韓国への贖罪やら 過去史を学ぶ必要が無いのと同じで、必要を感じなかった事を学ばないのは普通なのであって。

↑ このように、人間の普遍的なコンテキストに於いて、神々さんは 「聖書はNO」 と経験上感じたからこそ聖書学習から遠ざかっており、「聖書からは学ぶ物は無い」と感じたからこそ 急に聞かれても聖句は出てこない、即答出来ずに疎いと、← その発言の具体性の無さをクリスチャン達は 「不勉強では?」 「真理への感度が悪いのでは?」 と、なんやかんやで人格問題に引き落とすのが、私がボランティアとして21歳まで所属し 横から見ていたカソリック教会修道士達のやり方だったし、例えプロテスタントでも、キリスト教信者が1%と言われる日本社会で活動しようとすると、多かれ少なかれこの論法を執っている可能性と、度々 キリスト教系のいろんな宗派から勧誘を受けていた母親も苦言しておりました。

(もちろん、気まぐれブログさんのブログでも巻末に 「バイブルスタディをお勧めします」 にいつも、集約されています。聖書は預言書で、「良く当たってる」とも。)

そこでまあ、私からの提案ですが、、、おそらくプロテスタントの方は以下のURLの写真を視られても動じないでしょうが、一応 フランシスコ法王の逮捕写真を添えます。

https://twitter.com/puku2940/status/1268854454461231104

「時」が到来していることを悟れていないのは、どちらでしょうか?。

私の立場での発言が許されるならば、
『悪魔や支配層がシナリオを組んで実行しているならば、その指南書たる聖書は「よく当たる!」と言っていいのでしょうか?。聖書は預言書ではなく、計画予定書ではないですか?』
となります。

神々の黄昏さん、ご自身の正邪の感性を信じられ、そして ご自身が今までに掴み取って来られた「文化的コンテクスト」を信じて、今後も生きてください。どっちが本当かは、まだ結論が出てないのですから。

加工写真でドヤ顔はやめよう

>>そこでまあ、私からの提案ですが、、、おそらくプロテスタントの方は以下のURLの写真を視られても動じないでしょうが、一応 フランシスコ法王の逮捕写真を添えます。

https://twitter.com/puku2940/status/1268854454461231104

「時」が到来していることを悟れていないのは、どちらでしょうか?。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私も福音派キマグレさんの「聖書ガー」には辟易してる方だけど、これはひどい。
https://t.co/6SJ7Lkbnb8?amp=1
 ポーランドの事件を元にした加工写真じゃないか。陰謀論にはまって病んできてるよ、
統三さんパソコン閉じてお外に出よう。
法王が逮捕されたならいつどこでを明示してください。


Re:神々の黄昏さんへ(

>なぜ、誤解されたのですか?
なぜ、まじめに信じてしまったのですか?


聖書は科学が発達した現代社会の人間がまともに信じれるような代物ではありません。
しかし統一教会においては聖書は当時の人々の知性に合わせて書かれたものであり、多くのことが比喩と象徴で表現されていると、柔軟な解釈をしていました。
つまり処女降誕のようなバカな事に関しては否定する統一教会のような解釈なら聖書は信じ得るものと判断したのです。

>なぜ、悟るようになられたのでしょうか?
>どのようにして架空の物語であることを知るようになったのですか?
>どうしてそのようなことが言いきれるのですか?
>都合の良いように書かれた部分とはどの聖書箇所ですか?
そしてどの部分が嘘なのでしょうか?


旧約聖書はモーセ以後に編纂されたものですが、モーセが行った当時のエジプト社会をひっくり返す奇跡的なことに関する記録は何一つエジプトに残っていません。
それは極めて不自然なことで、私が現役信者当時も不可解なままでした。
ところがエジプト時代に誕生した神秘学派の資料には、そこに入門した研究者の集団にモーセが属していたとされる記録が存在するそうなのです。
 またエジプトの研究者によれば、ラムセス2世がヘブライの民を追うように軍隊に命じたり、彼らを虐殺するよう命じたことは一度もないらしく、神秘学派の団体に伝わるところでは、モーセはこの神秘学派のファラオからヘブライ人をイスラエルの地に導くという重要な任務を命じられたとのことです。
 その任務を与えられた中で、モーセはイスラエル人たちに唯一の神を信じるよう熱心に説き聞かせたのです。
現代まで続く神秘学の研究者は嘘を言う動機などありませんから、以上は史実と考えられるのです。
作り話ではない実際にモーセが残したものは有名な十戒ですが、旧約聖書には実際に起こり得ない奇跡などが多く書かれており、それらが嘘の作り話であるのはあきらかなのです。


つまりは聖書を真実の話だと思ってしまったことが統一原理を信じてしまうことになったということでしょうか?
聖書の内容は統一原理の内容と全く相いれないからこそ既存のキリスト教会からは異端とされていることはご存知でしょう。
貴方のロジックは全然答えになっていません。
そこら辺を知恵遅れの私にもわかるよういつものとおり上から目線で結構ですからお教えくだ
さい。

あなたは知恵遅れではなく、完全に精神異常者です。
あの聖書に書かれた非科学的な内容を読んで、そのまま信じれるなど精神異常者以外の何ものでもありません。
統一原理の場合は聖書を比喩と象徴と考えているので、それであれば聖書も信じられると思ったのです。


>私は何故、弟子たちが迫害を恐れないようになったのかその変容の理由を聞いているのです。
貴方の答えは答えになっていません。


弟子たちは真の意味での変容などしていません。
彼らはイエスのような高潔な人間などになっていません。
何度も言うように「信仰」とその人の「人格」は全くの別ものなのです。
つまり、弟子たちは「人格」が変容したわけではなく、ますます狂信的になったというだけなのです。
 
>普通の言語読解力がある人が旧約聖書を読めばこの逆の印象を受けると思いますよ。

 あなた本当に読解力ゼロですね。
 神が地上に初めての人間としてアダムとエバを創り、その中で神が選んだ血統を引き継ぐのがユダヤ人であり、ユダヤ人は選民であるというのが旧約聖書のポイントなのですが、あなたにはそれが読み取れないのでしょうか(泣)

>つまり、聖霊が宿った弟子たちが全てイエス様の真意を理解できなかったというのは無理がありませんか?
この記述分と貴方の意見は矛盾しないでしょうか?


 キリスト教徒の中には当然イエスと同じような求道者となってその心霊のレベルを高めた人たちがいることも事実だと思います。
 しかし宗教戦争を行うようなキリスト教徒はイエスと似ても似つかわしくなく、ただの狂信者に過ぎません。

 しかし聖書を読んで、そこに書かれた事柄をそのまま信じられるとは驚異的な頭の持ち主ですね。言葉がありません。

 

聖書話は終わりにしてください。

実につまらない。

もし反論したいのなら、神が人間をつくった、神が自分に似せて人間をつくったという阿呆話をきちんと証拠に基づいて、書いてくださいな。

むろん、自分のブログで。

Qanon の、勇み足らしいです。

とりあえず 謝罪。

どうやら、前回コメントで貼り付けたフランシスコ法王の逮捕写真はコラージュのようです。訂正して、謝罪いたします。

トランプ大統領がバチカン始め、エリザベス女王や世界の支配層にメスを入れているのは事実のようですが、逮捕写真に関してはデマのようです。

申し訳ありませんでした。

ただ、バチカンとしては年間200億円の赤字だったらしく、来日してTシャツを販売する程の窮状だったようです。

いつもどおり 信頼ガタ落ちな私ですが、一応、時代が変わりつつある象徴として、12月のエリザベス女王がマントの着衣も王冠も無かった入室の動画ツイートを貼り付けておきます。

https://twitter.com/kurarie720/status/1268223354437169153

https://twitter.com/JOSTAR_PRODUCER/status/1268489875604385792
様子が暗い、エリザベス女王夫妻 写真。

https://twitter.com/kurarie720/status/1268390454837473281
エリザベス女王が3月7日ウインザー城から締め出された様子のツイート。

お騒がせして、申し訳ありません。

自戒も込めて、時代の変化を映す写真や映像が他にもありましたら、今回の書き込みに付け足していきます。

↓ ここへ

http://kaikaku33.blog.jp/archives/22714720.html
トランプがマークしている 悪魔儀式してた支配層のリストらしい。
(6月8日am2:45)

今後も他にもあれば、追記します。

よくないよ 外野からブーイング 神々の黄昏さん kimagureさん

〉神々の黄昏さん
〉kimagureさん

知恵遅れ 精神異常者
精神疾患

こうゆう言葉は、お医者様でも、現在は御法度です。言ってはいけないんですね、現在は。

もはや医学用語ではなくなり、差別用語になっています。

統合失調症とか適応障害とかならセーフでしょうが、医学的な根拠がないなら使うべきではないとされています。

気を付けて。言葉を選ぶべきです。


火の粉ブログにも品位があると思われ、時折出てくるピー発言に、もう火の粉ブログはみないと言った、姉妹さんはいますよ。信用が落ちているのも事実ある。

気を付けて



では、外野からですが、 yellowcard
イカせていただきます。


kimagureさん (知恵遅れ)はダメ ピー(笛の音)


神々の黄昏さん (精神異常者) ダメ ピー (笛の音)


そして私、ichan

切腹!!


[追記]
私の妻は、すこしばかり、癇癪を起こしやすい。そこを指摘しますと、かなり落ち込み、塞ぎこんでしまいます。ガンバレと言われると自殺したくなると。不安定。

障害の子供をもつ親もいます、家族をもつ人もいます。
宗教、カルト、統一教会に限ったことではないんですね。
そこからでも、人は幸せを見つけられる。
そういうところに食口たる存在の、なにか出来る価値があると思いますけどね。

このブログ好きなんで、言わせて頂きました。

米本さんへ

誤解があるようです。

私は聖書に書かれていることが正しいと主張するためにこれまでのコメントを書いてきたわけではありません。

神々の黄昏さんは恐らく聖書をきちんと読んでいないのにステレオタイプ的な聖書の悪口を言っているのではないかと確認したかったのです。

しかしながら長々と記事に関係ないコメントを書きましたことはお詫びいたします。

申し訳ありませんでした。

>むろん、自分のブログで。
はい、そうさせていただきました。
https://ameblo.jp/kimagure-or/entry-12602178442.html

Re:よくないよ 外野からブーイング 神々の黄昏さん kimagureさん

「精神疾患」は差別語ではないと思います。もちろん、使い方によっては差別語になってしまいますが。


拉致監禁によって、宿谷麻子さんはptsdになりました。別に表現する場合、宿谷麻子さんは精神疾患を抱えているーと表現したこともあります。

(追記)タイトルと関係のない話ですが、それぞれがそれぞれを誤解しているような印象を受けています。おそらくぼくもそうかもしれません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/1140-03eb6dc6