FC2ブログ

地獄百景ー鶴は鮮が嫌い嫌い大嫌い 

「鶴の絶対化路線」(41)

「真のお母様の狼煙」
「妻は悪魔だ」と罵る夫(;゜0゜)
メシアは獣でもあった((((;゚Д゚)))))))  


読んでいただければ、澤田地平氏などサ教連中が間違っていることがわかるだろう。文3派の連中も!

統一っつあんは父母一体を強調している。
しかしながら、このリアル動画をどう解釈すればいいのか、徳野さんらは説明すべきである。10分過ぎからを注視を!



味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!を!

介護日記ー「残酷な老老介護」  


関連記事

コメント

神様の啓示なしにはあり得ないこと

■文先生はイエス様の出生の秘密に関して、以下のように語られました。

□文鮮明:イエス様の家庭において、イエス様の父は誰でしょうか。ザカリヤです。ではザカリヤの本来の妻は誰でしょうか。エリザベツです。聖霊によって懐妊したというのですが、洗礼ヨハネも聖霊によって懐妊したといいました。それではマリアは、どのようにしてザカリアの懐に入ることになったのでしょうか。誰かの啓示によってでしょうか。マリアが入るのを見れば、啓示を受けなかったエリザベツは雷を落とすでしょうか、落とさないでしょうか。

エリザベツに分からないように入ったでしょうか、分かるように入ったでしょうか。一日目の夜に赤ん坊を身ごもったでしょうか。何回会ったでしょうか。いろいろと問題になるのです。話せばそうなるのです。それならばマリアには、誰かの後ろ盾もなく一人でできる、そのような度胸があったでしょうか。それはお姉さん(エリザベツ)が紹介してあげなければならないのです。(中略)

イエス様の父は誰でしょうか。ザカリアです、その妻はエリザベツです。エリザベツが生んだ子は誰ですか。洗礼ヨハネです。イエス様の母は誰ですか。マリアです。マリアは誰と関係してイエス様を生みましたか。ザカリアです。誰が紹介したのでしょうか。マリアが夜、こっそりと駆け込んで関係したのでしょうか。誰かが紹介したのでしょうか。エリザベツが聖霊や天の指示によって、自分の夫と自分の妹を関係をもたせるようにしたのです。それは普通、イスラエルの法ではできないことです。

なぜイエス様は死んだのでしょうか。ザカリアは、イエス様が誰の子か知っています。マリアもイエス様が誰の子か知っています。洗礼ヨハネはどうだったでしょうか。三十歳以上になって、そのような家庭の秘密のことを人知れず聞いたことがあったかどうか考えてみてください。あったのです。洗礼ヨハネまでもが知っている事実なのです。しかし、このような不法的な関係で自分の一家に問題を起こすようなことをして、背後が入り乱れた中で生まれたイエス様が正にメシヤになるとは、夢にも思わなかったことでしょう。

皆さんならば、そのようなイエス様をメシヤとして迎えることができますか。妾の子なのに、妾の子をどうして王に迎えられるのかというのです。自分が絶対服従しなければならない王、祭司長の立場に立てることができますか。できなかったでしょう。百人いれば百人がみな、そのように考えるのが常識なのです。(1993.10.14「イエス様の生涯と愛」P.69〜72)

■マリヤはエリザベツの手引きにより、ザカリアと関係を持ち、イエス様を身ごもったというのです。今日においてそのような関係は非常識であるし、当時のイスラエルにおいても非常識であることは文先生も語っておられます。しかし、そのような関係からイエス様は誕生されました。ザカリヤとエリザベツそしてマリアの三者間でなぜそのような非常識なことが行われたのかと言えば、「聖霊や天の指示」すなわち啓示があったからです。それがなければ絶対にあり得ないことでした。

■そして本人達は当座は啓示に従っていましたが、時間が経つにつれ、その行為を非常識と感じるレベルまで現実に引き戻され、ついに「不法的な関係で自分の一家に問題を起こすようなことをして、背後が入り乱れた中で生まれたイエス様」と洗礼ヨハネに思わせる状態にまでなっていったというのです。文先生の六マリア問題を批判する人達は、ザカリヤのこの不倫問題を合わせて批判すべきでしょう。このコメント欄で文先生に批判的な人達は2000年前においてもまっとうな常識の持ち主だとして、洗礼ヨハネに大いに歓迎されることでしょう。

■そこで私の考えですが、文先生の六マリア問題は、ザカリヤとエリザベツそしてマリアの三者間で生じたことと同じ次元の話だと思います。文先生を中心としてそのような現象が1回ならず、6回ならず、何回も起きたと考えられます。それらのすべてに神様の啓示が伴っていたはずです。それは神様の啓示なしにはあり得ないことだったと思います。これが私の信仰ですのであしからず…

澤田様へ

聖書ではイエス様はユダ族、且つダビデの子孫から生まれると記述が複数ありますがアロンの末裔から生まれるとは一言も書かれていません。

また、同時にイエス様は乙女(処女)から生まれるとの記述もありますがこのことをどうのようにお考えなのでしょうか?

それから、マリアの聖霊による妊娠を否定するのであれば文鮮明は何故、無原罪と言えるのでしょうか?

わかり易くご教示いただければ幸いです。

私の質問は貴方の意見を論駁しようと言うものではなく、純粋に信者の方がどのように認識しているのか知りたいだけです。

澤田様へ 追記

実は私、個人的に澤田様のことを理知的かつ理性的にお話しできる方だと評価しております。

私などに評価されても嬉しくとも何ともないでしょうが是非ともご回答のほどよろしくお願いいたします。

Re:澤田様へ

>聖書ではイエス様はユダ族、且つダビデの子孫から生まれると記述が複数ありますがアロンの末裔から生まれるとは一言も書かれていません。

■質問の趣旨を明確にして下さい。

>また、同時にイエス様は乙女(処女)から生まれるとの記述もありますがこのことをどうのようにお考えなのでしょうか?

■「イエス様は乙女(処女)から生まれるとの記述もあります」とは、マタイ1:23に引用されたイザヤ7:14のことですね。 kimagure-orさんは「乙女(処女)」とされていますが、マタイとイザヤの記述は処女懐胎を意味しているのですか?まずこの点につき教えて下さい。

>それから、マリアの聖霊による妊娠を否定するのであれば文鮮明は何故、無原罪と言えるのでしょうか?

■質問の趣旨がよく分かりません。分かるように書いて下さい。

2種類のアプローチ。

私も気まぐれさん同様に、誰かを論破して悦に入ろうとする愉快犯では無い立場を表明させていただきます。

しかし話せば、結果的に澤田さんに叡智を齎すであろう ❶「本当のイエス父話」と、❷「聖書のおおらかさについて」の2種類のアプローチが必要と思います。

❶ 私も知的に疎いので、カソリック児童館で活動しながらも、牧師さん達にイエスの背景を確認する事無く、教会へ入信してしまいました。

今 個人的にいろんなサイトを読ませていただいた結果 掴んだのは、イエスの父は普通に大工の父ヨセフだと言う事です。

聖書ルールで考えても、非道で 女性に酷な「タマルの信仰」を美化して載せている以上、ヤコブの四男ユダの血統だけが聖別されているはずなのです。(遊女のフリして義理の父ユダと交わり、嫁いだ先の男系の血を残そうとした美談)

あそこまで屈辱的な事を女性にやらせたのだから、むしろそこから救世主が出てこないと、「あれは何だった?」感が出てしまいます。そう考えると、大工の父ヨセフの種による生殖の可能性が聖書ルールに於いて唯一の公認シナリオとなるはずなのです。

実際の父ヨセフ・母マリアカップルの実態とは、大工の父ヨセフはヤコブ同様に「高齢結婚であった」とどこかのサイトにありました。そこへ若いマリアと御縁が出来て、さぞや喜んだ事でしょう。ところが、当時のユダヤの慣習として、結婚前だけの聖別ではなく、結婚後にも1年間の聖別が必要だったらしいのです。中年になっていたヨセフからすると、待ちに待った妻が若い女性で、さぞや興奮したのでしょう。なんと、結婚後の1年以内に妊娠が分かり、逃げて馬小屋で出産させないといけない苦境にあったようなのです。

私にはアロンの末裔がどうのと言うのは分かりませんが、一般的には 統一教会でイエスの父と主張しているザカリヤとは、ヤコブ三男レビの末裔だと思うのです。ですから、タマルの胎中聖別が関係無くなる種に該当します。ですから、むしろザカリヤがイエスの父だと、聖書ルール違反となります。情報弱者だった80年前の朝鮮社会で、周囲に不貞が多いからそう言いたい理由は分かるし、アダムが寝取られたので、逆の経路で不倫で寝取られると言いたいのも気持ちは理解しますが、聖書的には暴論ですね。

イエスの父親が大工のヨセフならば、ヤコブの四男ユダの末裔だし、ダビデ・ソロモンの末裔なので、聖書ルール的に無理がありません。

もしもこの「普通にヨセフが父親説」ならば、イエスの出産後にも一時的に良心的な村の顔役だった祭司長家系のザカリヤに泣きついて、一時的に保護された意味も分かりますし、出産後に家族でエジプトまで流浪した意味も分かります。

↑ この話こそが もしも本当に真相ならば、マリアがイエスだけ冷遇した感情も理解出来るようになります。しょっぱなから間違って、長年の夫の独身生活での欲求不満から、掟破りの性急な性欲で「出来ちゃったイエス」にだけは、「イエスよ、あんたのせいで苦労させられたんだよ」「イエスの結婚?責任持ちたくないね」「この子がいるせいで・・・」とマリアはなった事でしょう。

で、

次に必要な「補足逸話」とは、「ザカリヤは、レビの末裔ではないのでは?説」についてです。

そもそもヤコブの祖父である「アブラハムを試練したのは誰か?」「本当に神か?」と言う話なのですが、その時にアブラハムが失敗したからこそ、孫のヤコブの代までいろんな複雑な摂理が必要となったのは皆さん納得できると思うのですが、そもそもアブラハムに三種の供え物をさせた その命令の主?伝達役? あるいは本人?とは、ノアの弟の子「メルキゼデク」だと、「善きサマリア」ブログさんは人から聞いたそうです。

http://homechurch.blog.fc2.com/blog-entry-831.html#comment1358

ノアの洪水前の地球の気圧は倍違っていたらしく、ノアも4m?長身で、600歳まで生きたそうですが、そう考えるとノアの弟の子がアブラハムの時代まで生きていてもおかしくないし、そのメルキゼデクが誰かと結婚して家系を残し、それが聖書中では不明瞭な神の種として、レビとは違う系統の祭司の家系となっているのかもしれません。私には分りません。

こういう「抜け道」の様なシナリオが存在してしまうので、統一教会員は未だに「イエスの父はザカリヤ」と言えてしまうのだと思います。「ザカリヤは 神の代身たるメルキゼデクからちゃんと祝されているよ」と。しかし、この説には根本的な「そもそも論」で打ち消されるはずです。聖書ルールでは・・・

「その事を示さないで、求めるものではない」

という姿勢があるはずだからです。もしも人類救済の根幹を秘儀中の秘儀にして於いて、人類に「勝利だけはしろ!」とは言えないはずなので、大切な話なら省かずに記載されているはずなのです。ですから、統一教会員が信憑性の柱にしている「ザカリヤ父説」の根拠は、聖書中には存在しないと考えるべきだと思います。

❷ さらに、「そもそも話」になりますが、聖書内でサウル王に関しても記載があり、サウルが救世主を産める家系として祝された男だとするならば、サウルの家系はヤコブの10男ベニヤミンの末裔だと思うので、これまた3男レビも 4男ユダも、ユダへのタマルの信仰も関係ない系譜なのに、サウルが神殿建設を勝利していれば その家系から救世主が出てきたかのようになっているのは、聖書ルールから逸脱するというか、「ヤコブの末裔なら、レア:ラケル2人の妻・2人の使え女(つかえめ) 合計4名のどの女性の末裔でも救済摂理はOK」という話になり、「随分と聖書はゆるい?おおらかだなあ」と言う感じになります。

私は個人的には、モーゼはレビの末裔だからこそ、救世主の模擬路程を歩んだと聖書にも記載されたと思っていますが、しかしそれとて真相は天のみぞ知るで、仮にレビによる祭司長の優秀な末裔だったとしても、モーゼが倒れた後にアロンとホルが継げる根拠が、タマルの胎中聖別を受けていないので薄くなります。これは、タマルの逸話がわざわざ聖書にブッ込まれいる事に私が着眼し過ぎているからでしょうか?。

今の私の立場としては、

1⃣ 死海文書が解読されたここ10年の認識が、バチカンにとって都合が悪いので流布されていませんが、イエスの実像が180度違うので、聖書からも 統一原理からも正しい救済観は出てこない。

2⃣ こうなると、既存の聖書1326ページと409ページ分が信頼出来ないので、他のギリシャ神話や エジプト神話、世界の古文書をあさる必要性があり、そうなると世界最古のペトログラフ(岩への文字)は日本の25000年前の神代文字やカタカムナになるし、妥協して6000年前後前の世界最古の文明と誤解されているシュメールの文献も参考にしないといけなくなります。

今、世界の研究家がその検証作業中なので、天から直接に啓示された人物以外には真相を誰も知る由もないですが、されとて 地上の私達が謙虚でありさえすれば「盗人の様に現れる人物」を受け入れる事が可能なように 審美眼となる最低限の概念だけは、既に既存の文献で提示されているはずなのです。聖書の編纂期に、誰かがローマで邪魔しただけです。

これらの膨大な作業を、統一ブログ村内では、東京大塚一心病院の「サルビア会ブログ」さんが必死で三話ずつ佐竹理論の ギリシャ神話 グノーシス ミトラ 日本の神話との妥協点を考察した講義内容を公開してくださっています。

医者で頭がいいはずなのに、サルビア会さんは統一原理との符合点を一切言及出来ていらっしゃらないので、忙しいのか? 矛盾が多く とてつもなく膨大な資料をまとめきれないのか? 意図は分かりませんが、統一原理との整合性が何も無く、自家撞着に陥っておられるように見えます。

このように、人類はまだまだ考察中で、結論めいた事は云えないはずなのに、献金だけは要求する団体があるとするならば、それは詐欺です。

あくまで個人的に、私の場合は 救世主が聖書中でも「複数登場する」と記載された理由としては、天孫降臨の古神道の復活と、聖書ルール体現者 及び宇宙の三元構造故に、終末の現代に バトル? or 和合・調和?の試練期だと見ているので、その妥協点を考察中です。それが、トランプと青森男と皇統なのかどうかは、人によって異論があろうかと思います。私が勝手に、アブラハムから14代×3の同時性で、イエスは救世主では無く、42代目はイエスの息子のヤマトタケルと言う武力王、東北までの日本「初」統一の覇者が聖書的にも使命者だと思っていますが。まあ、私はキチ外なのでお許しを。

ただ、声を大にして言える事は、仮にイエスがイスラエルの幕屋を伊勢神宮の地下に埋葬していたとしても、日本人の遺伝子にユダヤのD系遺伝子が含まれていたり、言語でヘブライ語と日本語が似ていたり、トルコ語と文法が似ていたりしていても、それらヒッタイト文明や 仏教 景教などは、神国日本を外圧から守護する目的で、鉄の武器など国防上の理由で流入させただけで、物部神道も神武天皇も あくまで「帰還組み、日本へ先祖帰り」と言うか、日本列島に土着で在住していた原日本人とは違う、ユーラシア大陸で好戦的になってしまった成れの果て、セム系イスラエル12支派の内の10が攻め込んで来た、「日本への侵略者」の側面があり、これらは平和的な最終使命者には成り得ないと思っています。

侵略者たる末裔の126代皇統をいつまでも拝していても仕方なく、日本に土着していた、天孫降臨のオリジナル古神道の系譜が世界王に返り咲く方が、世界が安定すると思います。

ですから、聖書もダメ、バチカンが資金を投入して造らせた団体「イスラム教」もダメ、ユダヤなる選民?も、シュメールの文献と比較すると とんでもなく同じ現象でも善悪の立場が逆転しており、視点が事実と聖書が違うので、聖書の根幹が揺れていて「イスラエル:勝利者」が捏造されている可能性があり、人類歴史をトータルで俯瞰すると「一神教」が総崩れになるのです。そうなると、聖書以外の歴史の肉付けが欠かせません。

我々がせっかくこの時代、この日本に産まれ、人生を無駄にしない為には、ハザールマフィアの息がかかったCNN NYタイムズ ロイター・・・ からの情報で世相を観るのではなく、FOXニュースから あるいはKGB諜報機関から情報を取らないとバランスされた真相が見えて来ません。

(いつものように、キチ外の私が長文にて、失礼しております。お許しくださいませ。)

Re:神様の啓示なしにはあり得ないこと

>■文先生はイエス様の出生の秘密に関して、以下のように語られました。

爆笑です。
「文先生」は性異常です。現代の言葉でいえば、性犯罪者です。
そんな一般人以下の人物が語ったことに何か意味があるのでしょうか。

暗在さんの文鮮明論評はもう54回にもなっています。誰も反論していません。白装束さんが訳の分からないことを書いて、追い払われたことがありますが。

どうして、あなたは反論しないのですか。

>■そこで私の考えですが、文先生の六マリア問題は、ザカリヤとエリザベツそしてマリアの三者間で生じたことと同じ次元の話だと思います。文先生を中心としてそのような現象が1回ならず、6回ならず、何回も起きたと考えられます。それらのすべてに神様の啓示が伴っていたはずです。それは神様の啓示なしにはあり得ないことだったと思います。これが私の信仰ですのであしからず…

爆笑

「これが私の信仰ですのであしからず」
まるで『木枯し紋次郎』(こがらしもんじろう)みたい。

蜘蛛をいじめ殺したりした場面を思い起こせば、そんなに知性的な人物とは思われません。

彼のことはまた調べて書きましょう。

澤田様へ

>>聖書ではイエス様はユダ族、且つダビデの子孫から生まれると記述が複数ありますがアロンの末裔から生まれるとは一言も書かれていません。
■質問の趣旨を明確にして下さい。

イエス様の父親がザカリヤであればレビ族(アロンの子孫)からメシアは現れるということになりますがそのような記述が聖書に全く書かれていないことを不自然に思われませんかと問うています。
また、ユダ族からメシアは生まれるというしるしにも反することになるのではと言っているのです。



>マタイとイザヤの記述は処女懐胎を意味しているのですか?

はい、処女懐妊を意味していると考えております。



>それから、マリアの聖霊による妊娠を否定するのであれば文鮮明は何故、無原罪と言えるのでしょうか?
■質問の趣旨がよく分かりません。分かるように書いて下さい。

わかりました。
では質問を少し変えます。
「なぜ、文鮮明が無原罪である」と言えるのかお教えください。

ティータイムのボケです

澤田地平さんとはすれ違いのようです。
原研の学舎に私が入った時は、澤田さんはもういませんでした。

一度だけ名前を聞いたことがあります。
入ったばかりの頃、先輩T姉が、
「オシホちゃん、澤田地平さんって知ってる?」
「知らない」と答えると、
「あら知らないの? とってもユニークな兄弟だったのよ。知らないの? 残念ねえ、ほんとに面白い兄弟だったのよー」
と言われたのを覚えています。

入った時にはいなかったのだから知らないのは当然なのに、なぜそんなことを言うかと当時は思いましたが、今思えば、澤田地平さんはそのT姉にモテていたのではなかろうかと、まあ思うわけであります。

当時は学舎が2つあって、地平さんは二階建ての早成寮の方ではなかったろうかとなんとなくイメージで。
そうだとしたら学舎も私とは別だったということで、何にしてもすれ違いでしょう。

米本さんへ

■暗在さんの文鮮明論評にどうして反論しないのかとのことですが、私の答えは以下です
①小説であるとのことわりがあること。
②取り上げられている内容に関し、私が詳しくないこと。
③論争しても最終的に信仰の問題となることが分かっていること。

■③に関して補足すれば、このコメント欄で私の主張を述べても、米本さんは「爆笑です」との反応です。要するに、文先生を信仰する私の立場は「文先生は絶対善」であり、そこを基準として私のすべての判断があるので、そうでない人とは初めから論理がかみ合わないことは分かっているということです。

■米本さんの直近3記事から拾いました。米本さんは知性的な人物ですか?
□読んでいただければ、澤田地平氏などサ教連中が間違っていることがわかるだろう。
□よほどメシアは相当にいびられたのであろう。
□しかし、メシアの性欲の強さは統一原理とは何も関係なく、たんに病的といっていいだろう。
□日本の最高幹部クラスは知っているはずだ。

Re:澤田様へ

>イエス様の父親がザカリヤであればレビ族(アロンの子孫)からメシアは現れるということになりますがそのような記述が聖書に全く書かれていないことを不自然に思われませんかと問うています。また、ユダ族からメシアは生まれるというしるしにも反することになるのではと言っているのです。

■文先生のお話からすればイエス様の父親はザカリヤですから、ザカリヤはユダの子ペレヅの子孫でなければなりません。だからザカリヤはユダの血統だということが文先生によって分かったということになります。

>また、同時にイエス様は乙女(処女)から生まれるとの記述もありますが、このことをどうのようにお考えなのでしょうか?

■文先生は「聖霊によって懐妊したというのですが、洗礼ヨハネも聖霊によって懐妊したといいました」と語られました。これはマタイ1:20「その体内に宿っているものは聖霊によるのである」を、処女懐胎を意味して言った言葉ではないと指摘されたということです。すなわちマタイ1:23「見よ、おとめが身ごもって男の子を生むであろう」の言葉は処女懐胎の意味ではないということになります。

>「なぜ、文鮮明が無原罪である」と言えるのかお教えください。

■文先生の教え(復帰原理)がそのように(再臨主=無原罪=文先生)なっているからです。私は文先生の教えを信じています。

Re:ティータイムのボケです

暗在オシホさんとはすれ違いだったんですね。暗在さんと私をかすかに結んでくれたT姉…、T姉…、T…おっと、暗在さんを忘れるところだった。いつも読ませてもらってますよ。危ない表現は目をそらして見ないようにしています。これからもよろしく…

澤田さんへ

>ザカリヤはユダの子ペレヅの子孫でなければなりません。

なぜ、このようなことが言えるのかその根拠をお教えください。
文鮮明がそういったからというのは答えになりません。


>これはマタイ1:20「その体内に宿っているものは聖霊によるのである」を、処女懐胎を意味して言った言葉ではないと指摘されたということです。

この記述は全然答えになっていません。
これでは、先の回答同様に文鮮明がそう言ったからというのが理由になってしまいます。
それに、エリザベツの事例を持って反論されていますが、確かにエリザベツは聖霊の働きによって解任しましたが彼女は乙女ではありません。

当該箇所は口語訳聖書でこそ「乙女」と訳されていますが他の聖書では「処女」と訳されているものもあります。

それからイザヤ7章14節「それゆえ、主はみずから一つのしるしをあなたがたに与えられる。見よ、おとめがみごもって男の子を産む。その名はインマヌエルととなえられる。」の乙女と訳されている箇所のヘブライ語はもともとは「アルマー」というものですが、この言葉は旧約聖書において7回使用されています。
そして全て未婚の女性を指して使っています。。当時のヘブライ社会では結婚していない女性=処女という図式が成り立ちますから乙女は処女と同義語であることがお分かりいただけると思います。

また、同節に「主はみずから一つのしるしをあなたがたに与えられる。」と書かれていることから処女から生まれるということはしるしの役割も果たすのです。
もし、ザカリヤとマリヤから生まれるのであればそれはもはやしるしとはなりません。

加えてガブリエルによる受胎告知の聖書箇所素直に読めばマリヤは処女で生まれたとしか読み取れません。

このように文氏の解釈は明らかにおかしいものであるのに澤田さんはなぜおかしいと思われないのでしょうか?

この件について統一教会の信者と論議すると最終的には「処女懐妊などありえない、聖書の話の方が作り話なのだ」という結論になることが多いのですが澤田さんも同様のお考えでしょうか?

澤田さんへ(ご参考までに)

問題のヘブライ語“アルマー(עלמה – almah)”とは、“アラーム(עלם – alam)”というヘブライ語の動詞に由来する女性名詞とされる。
そして、この動詞“アラーム”の意味は、「見られないようにする(隠れる、隠す)」あるいは「知られないようにする(秘密にする)」である。
聖ヒエロニムスはこの“アルマー”の意味を、語根の動詞“アラーム”にさかのぼって「隠された女」「知られていない女」という二通りの意味に解釈し、ヘブライ語の「知る(‎ידע – yadah)」という動詞が含む特殊な意味(創世記4章1節:「アダムは妻エバを知った」 → 男が女を望んで関係を持つ)を踏まえて、「知られていない女」を「処女」と理解し、「隠された処女」という訳語に到達している。
レビ記18章では、上記の「知る」と同様に男女が関係を持つことを意味する婉曲表現として、「隠し所を露わにする(לגלות ערוה)」というヘブライ語の言い回しが繰り返される(フランシスコ会聖書研究所訳注『聖書』参照)点をも考慮すると、
「隠された女(知られていない女)」=「男女関係を持ったことのない女」=「処女」
という婉曲表現としてやはり同様に捉えるのは、むしろ極めて自然である。

澤田さんへ(補足です)

>洗礼ヨハネも聖霊によって懐妊したといいました」と語られました。これはマタイ1:20「その体内に宿っているものは聖霊によるのである」を、処女懐胎を意味して言った言葉ではないと指摘されたということです。

洗礼ヨハネが聖霊によって懐妊したからと言ってなぜ、マリアの場合も同様に処女が懐妊したわけではないと言えるのかその理由をご説明ください。

私には結局文鮮明がそういうへ理屈を言ったので澤田さんはそう信じるということでしょか?

訂正です

私には結局文鮮明がそういうへ理屈を言ったので澤田さんはそう信じるということでしょか?

結局文鮮明がそういうへ理屈を言ったので澤田さんはそう信じているということでしょか?

地獄八景亡者戯

献金地獄、借金地獄、裁判地獄、分派分裂抗争地獄、銃と王冠で逝ってQ地獄、
三男持ち逃げトンズラ地獄、老後生活困窮地獄、家庭夫婦不和地獄、エトセトラエトセトラ。
 統一地獄めぐりは堪能できましたでしょうか?


 松濤前の地平、井口氏等の小競り合いなんて地獄の亡者の戯れにしか過ぎない。(以前からカラスさんとか私は犬猫のケンカと評していた)

 それなのに米本さんや神々さんは日大アメフト部の宮川選手に比して澤田地平氏を称賛していた。
 今さらになって澤田地平の欺瞞性、偽善性に気が付き掌をかえしている。

 まあ、クモを殺したり、鶴子マット踏み付け悪魔儀式(笑)など最近になってちょっとヤバいなという行動はあったが、この三年間で特別鶴子と地平氏において知力や知性が逆転したりしたわけでもないし、地平氏の本性が様変わりしたわけでない。

 以前から言っているように、地平氏は鮮明命で矛盾があっても文七や文四に忖度して生きていく是々非々とは無縁の人物である。
 そしてなにより、地平氏は狡知である。

★火の粉を払え
★澤田地平の訴えの意義と教育部長のトンチンカンさ
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-952.html

 澤田地平氏は 現在は家庭連合を脱会し、別団体となったサンクチュアリー教会に所属していますが、どちらの教団も経典とされるものは同じであり、一般信者に教えていることは基本的にいっしょです。
 なおかつその教えは宗教であるのでとても厳格であるはずであり、余程のことがない限り変更されることはないはずです。 by 神々さん
 ↑
 文七も同じく言説がコロコロ変わってるんだけど。だけどそれには突っ込まない地平とサ教信者。

記者会見で真実を述べ、監督やコーチの罪を明らかにした宮川選手と共通性がある行為であり、依存心に負けてしまいやすい日本社会においては画期的な意味があるのです。  by神々さん

 ↑
 単に敵対組織をディスってるだけの地平氏がそんなに画期的か?
 昔、創価学会員が日蓮正宗本山の前で拡声器で怒鳴り上げてたのとどこが違うの?

 詳しいツッコミは拙コメ参照

★火の粉を払え
★食口に求められるのは「自分の頭で考える」という単純なこと!
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-818.html
 
 拙コメント「僕が世界会長時代高額献金させたこと?あーあれは悪魔連合にマインドコントロー されていたんでちゅ、僕の責任じゃないんでしゅ。」
 より引用
=========================
澤田地平氏やサ教のメンバーが「自分の頭で考えてる」なんて全然思わない。全然評価しない。

 彼らはただ二代目クズヒモ男に依存しているだけ。
何故って彼らはもう家庭連合から離脱してアベルはそこにいないではないか?
サ教の指針に従うだけだろう。
 サ教がやろうとしているのは、60年-70年代の新左翼の内ゲバ革命ゴッコと同じ。
「どちらが革命的か」「どちらがお父様の意に沿ってるか」
世間とは何の関係ない「コップの中の嵐」にすぎない。
家庭連合の現役メンバーとりわけ若い二世が松濤本部前で抗議デモをしていたら「自分の頭で考えてる」と評価してもいい。
 翻って家庭連合離脱した70近い加齢臭漂うオッサンオバハンが今頃何しとんねんという感じですね。
そもそも、教祖が予言した「地所天国」なんて跡形もなく。
高齢信者が老体に鞭うち「お父様をに原罪がない事を認めろ」
と(鮮明曰く神の花嫁)鶴子に抗議しないといけないこと自体が文教祖がメシアでないという証明になる。

 自分の配偶者選びにも失敗し三男と四男を和解させれなかった教祖がどうして人類のメシアなのか?という矛盾に気づかないの?
 (信仰人生が無駄だったということを認めたくない感情バイアスによって気づきたくないというのが真相)
自分の頭で考えたら「認知バイアス」や「自己矛盾」に気づくはずだ。それができていない。


 つまりサ教メンバーは七男と共依存してるだけ。
 引用終わり
==================

に対する米本さんの回答

めんごだけど、ズレています。 
[2017/02/24 14:36] URL | 米本 [ 編集 ]


 どっちがどうズレてるのかちゃんと今なら書けますよね。

(地所天国⇒地上天国)


★火の粉を払え
★無原罪か原罪か。韓鶴子さんは不倫という罪を犯していないのか。

http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-812.html

 でも私が、地平氏をゲッペルスに例え、澤田氏がミスリードをさそって鶴郭不倫を印象づけ、サ教リクルートの為家庭連合と三男派を同時に貶めていると指摘しましたが米本さんは澤田氏の方を信じていた。
 本当なら神山さんに対する澤田さんのインタビュー音声をノーカットで手に入れ検証すべきだったのでは?
 「すべてを疑え」に従いましたか?


 まあ色々言いたいことはあるけど、もし澤田さんに対する記事を書くなら、米本さんが澤田さんをなぜ見誤ったのか自己分析を書くべきだとおもう。
(自省とか総括)

 表題の「百景」の前に地獄をつけなかったのは米本さんの配慮ですか?

kimagure-orさんへ

>文鮮明がそういったからというのは答えになりません。

■私は文先生を信仰していますから、文先生がそのように言われたら、そういう答えになるのであり、お宅様にはその信仰がないのですから、そういう答えにならないというだけの話です。

>このように文氏の解釈は明らかにおかしいものであるのに、澤田さんはなぜおかしいと思われないのでしょうか?

■文先生の解釈がおかしいと思うのはお宅様なのであり、私はおかしいとは思いません。

澤田さんへ

理屈で説明できないのなら今後はコメントを書くのを辞められたらいかがですか?

澤田さんだって、結局のところ文鮮明のメシアとしての正当性を訴えたいから今回のようなコメントを書いたのではないですか?

それなのに行きつくところが
「私は文先生を信仰していますから、文先生がそのように言われたら、そういう答えになるのであり、お宅様にはその信仰がないのですから、そういう答えにならないというだけの話です。」
このような答えではだれとも分かり合えませんし、逃げているとしか思えません。

そんな逃げをうつぐらいであれば最初っからコメントを書かない方がまだ印象は悪くならないものと考えます。

それから今回のような回答をするようでは「お母さまは原罪なしお父様は原罪ありこれは本当ですか?はっきり答えよ!!」なんていう資格無いと思いますよ。
貴方自身がはっきり答えていないのですからね。

kimagure-orさんへ

あなたの考えにしても大方は誰かの考えを取捨選択して出来上がっているということができます。私も同じです。私の場合は多くの部分を文先生の思想に依存しているということができます。イエス様を信仰する人はイエス様の思想に依存する部分が多いでしょう。お釈迦様を信仰する人はお釈迦様の思想に依存する部分が多いでしょう。名のある牧師もイエス様の教えを語って人々を感動させ、名のある僧侶も一生お釈迦様の教えを追求しているのではないですか。あなたにはイエス様以上の思想があるのですか。あなたにはお釈迦様以上の思想があるのですか。あなたには文先生以上の思想があるのですか。もしもあるというのなら、あなたはそれを語るだけであなたの元に多くの帰依者が集まるでしょう。「kimagure-or」という名前には、気まぐれで生きているという意味があるんですか?気まぐれで生きる人にはどのような人生哲学があるんですか?

Re:地獄八景亡者戯

>めんごだけど、ズレています。 
[2017/02/24 14:36] URL | 米本 [ 編集 ]
> どっちがどうズレてるのかちゃんと今なら書けますよね。

当時の投稿欄に目を通したけど、どの記述に「ズレています」と書いたか、忘れました。メンゴです。

一連の投稿があった記事<「食口に求められるのは「自分の頭で考える」という単純なこと!>から3年以上が経ちました。

この間、いろんなことがありました。
衝撃的だったのは毒蜘蛛事件。暴力事件もありました。いくつかの裁判もあったし、進行中のもあります。

2017年2月段階の地平評価と今とでは違います。地平さんの投稿を読むと、盲目的に文鮮明尊師を信じ信じきっていることがはっきりしました。(遅いかぁ)

★洪 蘭淑 (著)『わが父 文鮮明の正体』P142 より
「文夫人の産科医は、十人目の子供の出産のあと、さらに妊娠すれば夫人の健康はもちろん命にもかかわりかねないと警告した。文氏は単純に医者を替えさせた。」


今なら刑事事件になるようなことを文鮮明はやっていた。妻の健康よりも己の性欲(偏執狂)ファーストだったのである。

こうした事実を知っても、地平さんはまるで動じない。エホバでも幸福の科学でもある種の精神疾患を患っている人は少なくない。

なお、ガセネタかもしれないけど、白装束さんが地平から離れたというウワサが流れている。

話を戻します。「昔、お前はこう書いていたじゃないか」と変節を批判する。このやり方が正しいときもあります。

日本共産党の諸君が原発反対の演説をしているときに、私は抗議します。
「君たちは『原子力の平和利用』を唱えていたじゃないか。いついかなるときから政策を変えたのか!」


(追記)「表題の「百景」の前に地獄をつけなかったのは米本さんの配慮ですか)」
いろいろなことを浮かべたのです。金沢百景とか、富獄百景とか。
地獄百景。使わせていただきます。感謝です。

澤田さんへ(煙に巻きなさんな)

>あなたの考えにしても大方は誰かの考えを取捨選択して出来上がっているということができます。

たとえそうであったとしても、私と貴方とでは決定的に違うところがあります。

理屈で説明できないのに、文鮮明の言うことを信じているということは貴方は思考停止状態と言ってよいでしょう。

そして私は次のように生きてきたのです。
I want even try thinking with my own brain.

I just choose a way of living that won't shame my soul.

英語で書いたのはその方がかっこいいからです。
間違っていたらごめんね(*´σー`)エヘヘ


ああ、それから
>「kimagure-or」という名前には、気まぐれで生きているという意味があるんですか?
意味は無いですよ。
僕が子供の頃読んでいた少年ジャンプに連載されていた人気漫画(アニメ)からとった名前です。
私が所属していた原研の学舎長が好きな漫画だったのを思い出したので使わせてもらいました。

ご参考までに
https://www.youtube.com/watch?v=xmTx8Xbwsg8

https://www.youtube.com/watch?v=FJ9ULvlt0O0&t=15s

https://www.youtube.com/watch?v=wId7utadqgk



信者の動画を見ての感想

 日本ブログ村にある統一教会=家庭連合関連のブログの中で、文鮮明氏が生前、韓鶴子氏と不仲であったということをテーマとして取り上げ、記事にしたのは米本さんが最初であったと思いますし、‘火の粉’に「鶴は鮮が嫌い」などとその夫婦関係の実態を暴露したのは記憶に新しく、かなりインパクトがありました。
 「真の父母様は一体化した存在」が教義の上でも信者が情緒を保つ上でも大きな柱となっているのが統一教会という宗教ですが、もしその「父母一体」が虚偽のものだと明らかになってしまえば、統一教会は崩壊せざるを得ず、統一原理も理論として根本から成り立たなくなるのです。
 よって、「鶴は鮮が嫌い」という米本さんの指摘に対しては、現役信者は否定できなくとも無視するしかなく、注目したのは元信者ばかりでした。
 その後、文亨進氏による暴露などもありましたので、文鮮明氏と韓鶴子氏が「一体化」していなかったのは否定のしようがない既成事実となったのです。

 今回、米本さんが紹介された動画では、韓鶴子氏が文鮮明氏に不従順だったことを証明する文鮮明氏の「み言葉」がいくつも引用されていますが、それらは文氏自身の発言でもあるので、たとえ熱心な信者であってもその内容については認めざるを得ません。
 結局、客観的総合的にみて「真の父母様は一体化した存在」は虚偽の内容であったことが証明されたのであり、「真の父母様」を信じる統一信者の信仰は間違いであったことが明らかとなったのです。

 ただし、動画に紹介された韓氏を批判する文氏の「み言葉」などは文氏が信者の目の前で実際に語ったものでもあり、文氏周辺にいる信者や側近幹部などは「父母一体」でないのはその当時から良く分かっていたことになります。
 にも関わらず、それらを知っていた信者たちが今までそのことを特に問題と思わなかったのは、彼らの信仰が純粋な意味での統一原理の信仰とは違っていたということであり、側近幹部たちも統一原理を信じていたが故に教団内にいたのではないということなのです。
 動画の中には教団の古参幹部、金榮輝元会長の「お母様は真の父母の一人なので私たちはどうのこうのと言うべきではありません」などという理屈にもなっていない言葉が出てきますが、そもそも言葉からして統一原理とは矛盾したものなのです。
 一般信者が「真の父母様は一体化した存在」でないことを知ってもなお統一信者でいられる理由については説明に多くの言葉を要しますが、36家庭の金榮輝元会長がそれでも教団内に居続けられる理由は簡単に説明できます。
 暗在さんのブログを見ればわかりますが、36家庭の金榮輝氏は文鮮明氏の「血分け」教団以来からの弟子なのであり、弟子の一人が後から寄せ集めで作った統一原理などさして重要なものではなかったのです。
 もし韓鶴子氏を批判したことで教団から離れるようなことがあれば、彼は収入源を失うことになり、働かずしてお金をたくさんもらってきた韓国人幹部にそんなことなどできる訳がありません。
 統一原理を真理であるなどと思っているのは、末端の教会員ぐらいであり、彼らは、歴史的な高等宗教、世界の思想、哲学などについて勉強不足であるため、そんな間違った思い込みをしているのです。

 因みに、私自身はやはり勉強不足だったため、統一原理を基本的に真理であると思い込んでいたわけですが、もし動画に引用された文教祖の「み言葉」を知ったならば、統一原理が真理でないことをすぐに悟ったと思います。
 動画をわざわざ紹介された米本さんには申し訳ないですが、動画の中でナレーションしている如何にも頭の回転が悪そうな女性信者は韓鶴子氏を厳しく批判し、文氏については何の矛盾も感じていないようですが、統一原理を真面目に信じている者からすれば、引用されている「み言葉」から文氏こそが統一原理を無視した出鱈目を言う嘘つき人間であるという結論になってしまうのです。
 統一原理によれば、無原罪のメシアは原罪をもった堕落人間の女性を血統転換して妻とするのであり、原罪がない「真の父」「真の母」となった彼らには神が直接臨在されることになるので、その家庭の血統には二度と堕落ということが起こらなくなる―ということのはずなのです。
 それが故に彼らは「真の父母」と呼ばれるのであり、もし、文氏が韓氏は自分と一体となっていないと認めるならば、それは文氏と韓氏が共に「真の父母」ではなかったということを認めることになるのです。
 さらにそれを発展させて考えれば、文氏は無原罪のメシアなどではなかったということになり、統一原理は真理ではなかったということになるのです。
 文氏は過去の「み言葉」の中では自分達が「真の父母」であることを強調し、イエス様が成し遂げられなかった「真の父母」になるという使命を自分は果たし、「摂理」を勝利したのだと誇らしげに語っていたのです。
 にも関わらず動画で引用された「み言葉」では―
「お母様がどうして神様の夫人になれますか。堕落した女として、どうして真の父母の夫人になれますか。真の僕の夫人にもなれず追い出されます。そのような人を神様の夫人の位置に立てるのですか。そんな馬鹿なことがありますか。」
<み言葉選集 614巻 28ページ 2009.7.21>
などと以前の発言とは完全に矛盾した内容の「み言葉」を語っているのです。
 何故今まで自分が主張してきたことと食い違うことを文氏が平気で話せるのかはその話の内容から読み取れます。

 結局、彼は原理講論に書かれたような統一原理などよく理解できてもいなかったのであり、ただ、劉孝元氏が書いたその内容が自分を特別な人間=再臨のメシアと人々に思わせるためには都合がよいものだったので利用し、統一教会の教義のように思わせていただけなのです。
 彼の頭の中にあるのは心象的偶像神崇拝の信仰と権力欲だけであり、統一原理の理屈など基本的にどうでもよかったのです。
 動画の中で引用された「み言葉」の中には、その彼本来の心象的偶像神崇拝の信仰と権力欲を物語ったものがあります。
「オモニ、よく知っておかなければなりません。神様は、オモニを中心に先生と一つになれとは言いません。そのような法はありません。夫を中心に一つになった後、その夫と一つになって神を中心に絶対信仰・絶対愛・絶対服従しなければなりません。」
<み言葉選集488巻 222ページ 2005.3.2>

 長い信仰歴をもつ信者の中にも文教祖が強調する‘絶対服従’の「み言葉」に違和感を持つ人がいます。統一原理などは文氏の思想ではないのですから当然のことです。
 そのような信仰歴が長い人でも文教祖の本性を見抜けなかったのは、統一原理とは矛盾する文教祖の「み言葉」を読む機会が少なかったのと、そのようなおかしな「み言葉」を読んでもそれについて真剣に考えることをしなかった思考力不足のためと思われます。
 したがって、多少なりとも思考力がある統一信者であるなら、上のような「み言葉」を読めば、文氏がデタラメの「真の父母」であったことを悟ることができるはずなのです。

 記事にある動画の制作者は原理講論さえ理解できていないただのお馬鹿信者なので、上に書いたことは理解でるはずがないのですが、そのお馬鹿ぶりには閉口します。
 動画における彼女の最初の妄言「食口と祝福家庭には、真の父母様を絶対に愛し、真の父母様に服従するすばらしい信仰があります。」を見た時、正直頭がクラクラしました。
 このお馬鹿信者はおそらく教団に入ってから霊感商法にかかりっきりで、考えるということができなくなってしまったのだと思います。
 

馬鹿丸出しの地平

Re:ティータイムのボケです
「いつも読ませてもらってますよ。危ない表現は目をそらして見ないようにしています。これからもよろしく…」

これが地平の本質なのです。

従って、彼は批判文をさして読まずに、タラタラ書いているだけなのです。

上の神々さんの投稿もきちんと読んでいないでしょう。
つまり、地平には知性がないのです。

(goutさん、このようにして、認識は変わるのです。レスは無用です)

Re:□△○出しの地平

>Re:ティータイムのボケです
>「いつも読ませてもらってますよ。危ない表現は目をそらして見ないようにしています。これからもよろしく…」

タラタラタラ、タタラタラタラ、タタタタラタラララタラ、タタラタラタラリラリ。

>これが地平の本質なのです。

タタタタ!アタタタタッタ!!アータアタタッ!ラララリリ、タラタラタタタタ!!

>従って、彼は批判文をさして読まずに、タラタラ書いているだけなのです。

タラタラタラ?タッタタラリー!レロレロルー?タラタリタレタロー!

>上の神々さんの投稿もきちんと読んでいないでしょう。
>つまり、地平には知性がないのです。

タラタラ、ターラララタタテ!ロロリテタト、タロタテトテチ、トー!
フン!

ガンバだよ地平さーん

澤田さんガンバレ~(≧◇≦)

もひとつ地平さんがんばれ~(。-`ω-)

正気をとりもどせ~~

アルツハイマーに負けず、文字を思い出せ~~~

霊界の文センセーが悲しむぞー(´・・`)
  • [2020/05/27 00:16]
  • URL |
  • いつも米本ファン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

地平さんにエール

 地平さんのコメントに対して誤解があると思います。
 具体的に申しましょう。

>Re:ティータイムのボケです
>「いつも読ませてもらってますよ。危ない表現は目をそらして見ないようにしています。これからもよろしく…」

 に書かれてる地平さんにとって「危ない表現」とは

★初めての復帰 R16 見るなよ/龍明小説3-5http://anzais.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
より引用

 丁寧な言葉とは裏腹に、龍明はぐんぐん迫ってきていた。

「あ、先生、なにを‥‥ 私には夫がいます、いいのですかあ」

「それがいいのだ。サタンの主管圏にいるエバこそ復帰する。
 きみをサタンから奪い取りたい」

 強い力で衣服がどんどん捲られ、剥ぎとられ、揉みくちゃになってゆく。
・・・・・・・・・ R16 ♂ ♀
 に続く濡れ場部分の描写である。


一方米本さんが想像する地平氏にとって「危ない表現」は

★ショックです 閲覧注意 神の日の制定
http://anzais.blog.fc2.com/blog-entry-113.html
より引用
儀式の中身は、文師が彼女らの1人1人に順番に乗ることで、マライア・ブレイクの記事*に書いてあるとおりだった。

The ceremony consisted of Rev Moon mounting each of them in turn, exactly as described in Mariah Blake's article.(*Mount :乗る、馬乗りになる、はめ込む、など)

彼はそれを3回(3周)行なった。

He went round three times.

6数を完成すべきサムエルの母がそこにいなかったので、彼は自分の種を女性用下着で拭い、それを崔淳華に送るよう韓鶴子に指示した。崔淳華が陰部をそれで拭い、それによって天の前に条件を完璧にするためだ。
  引用おわり
=================
 に書かれている文教祖の性癖や鮮明の鶴子に対する酷い扱い(人権侵害)だと思います。
  隠し子やナンスクさんの証言又は六マリアの儀式は「文教祖ーメシア」という結論ありきの盲信者である地平氏にとって別に「危ない表現」でも
 目をそらす内容でもない。 
 結構平気で読んでると思う。
 文教祖が変態的な性儀式を行った証拠や文家の中のドロドロ劇も認知を変えて「やっぱりだからこそメシアだ」と彼は脳内変換できるのである。
「認知的不協和理論」
 
 しかし、上記の「○○妻昼下がりの情事」は男性現役信者がエロ描写読んで興奮しましたと公言できないので、建前上「目をそらして見ないようにしています」と言ってるのだ。
 といっても地平さんはシッカリ何度も読んでると思います読まないと「危ない表現」と書けませんから。(笑)

 どうでしょうか地平さん当たってますよね。真面目に反論する代わりにおふざけで返す地平さんもシャイですね。

 鮮明を無条件に信じるのも、聖書を無条件に信じるのも、鶴子を無条件に信ずるのも日本国憲法はその権利を保証しています。
 それぞれが迷惑をかけなければ互いに許容しあえばいいじゃないですか。教義論争しても不毛な水かけ論ですから。

  早稲田原研同窓会で地平さんと井口さんが「紺碧の空」を一緒に歌える日が来るといいですね。
暗在さんも飛び入り参加してくれるとなお楽しい。

https://www.youtube.com/watch?v=M-AlZLeVxgg

覇者ー覇者ー早稲田

真の父母夫婦と天皇陛下夫婦の違い

米本さん。記事を書き続けて下さりありがとうございます。一部の現役信者は、事実を認めようとせず、頑なに固執する傍らで、真実に気づきやめていった婦人もかなりいると米本さんがコメントしてます。素晴らしいですね。
コメント引用
>[毒食わば皿まで]のごとく、自己欺瞞と開き直って負け惜しみで余生をすごすしか精神の均衡が保たれないと思います。

鋭い指摘だと思います。
「今さら」元に戻ることはできない。
文3派に行った777双が話していました。
「今さらやめるわけにはいかない」と。

やめていく可能性があるのは末端シックです。このブログを開設してから10年、かなりの婦人シックがやめていきました。
[2020/05/23 09:25] URL | 米本

家庭連合の徳野が、信者に疑問を抱かせないように、韓鶴子を絶対化するため、都合の悪いことは言わないで、都合のいいように編集して話すということは、人々を騙しているのです。また、サ教会は、文鮮明を絶対化するため、同じように、文鮮明が妻や女性にした性的蹂躙を、全世界の女性救済とか摂理などと言いますが、結果が証明してます。文鮮明と関係した女性は救われていません。
★6マリアの悲劇(日本語 英語)
https://youtu.be/6n6Mnts_tkY
妻の鶴子とは、夫婦不和、不一致という結末です。

それぞれの教祖を絶賛するのは、個々人の自由ですが、文鮮明と韓鶴子は、人類の真の父母=救世主という位相で、日本の天皇陛下の上に君臨するという教えですね。朝鮮半島から来たそういう教えの教団は、日本に必要ありません。原理講論は、自虐史観。
文鮮明韓鶴子息子らの話も、反日的なものが多い。天皇に対する数々の侮辱発言、日韓歴史の間違った認識、日本の古来からの神道や仏教、伝統文化に対して、侮辱する言葉。統一3派の共通点は、反日であり、日本人を利用していること。サ教会の江利川は、反日の文鮮明を絶対崇拝しながら、過去に慰安婦謝罪運動したり、現在は救国活動している。統一教会の活動は、矛盾している。

妻の鶴子 リベンジのはじまり
11:09~
>1969年、私はまだ若かったのですが、私がそうしました。トウ減復帰摂理歴史は、私が集結させました<

1969年は、朴サムエルが生まれて3年後。

文鮮明の哀れなほざき
5:32~
>神様は、今だに女性を創造することが、できません。文総裁が、このオモニを創造するのです。このオモニが自分勝手にああしろこうしろとは、言えません。聖進のオモニと同じです。聖進のオモニも、このオモニも同じです(2012/1/19)

2012年、文鮮明92歳。鶴子と結婚して52年になっているにもかかわらず、公的な場・人々の前で、このように話しているのです。哀れなメシアですね。浮気や不倫されたら、韓国の女性の仕返しは、ドラマで見るようにハンパないですから。文鮮明の自業自得です。

口を開けば、[真の愛、真の父母一体]という文鮮明夫婦と天皇陛下夫婦を比べてみると、どっちが夫婦仲睦まじいのか。
韓鶴子の話のほとんどは、指示命令。言い方は、命令形!
★2012/01/24 文鮮明 激怒トーク
https://youtu.be/nh-gwvR-U28
★天皇皇后両陛下ご結婚50周年に際しての記者会見(動画)
天皇陛下 おっとりトーク
https://youtu.be/x44PlFZ2sYI
★天皇皇后両陛下ご結婚満50周年に際して(文章)
https://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h21-gokekkon50.html
★上皇陛下 86歳お誕生日
https://youtu.be/-1md5-ztuBE
★即位礼正殿の義
https://youtu.be/qKSRDzPjFCw
徳仁天皇陛下、プロポーズ時の言葉
"皇室に入られるということには、色々な不安や心配がおありでしょうけれど、雅子さんのことは、僕が、一生全力でお守りしますから"
かっこよすぎ!! 実際、男らしい。
妻一人を、愛し守りきることができない人間が、全世界・全人類救済できますかって話。

Re:地平さんにエール

goutさんには少々ガッカリした。

思い込みが激しすぎる。小生は具体的なことは何も書いていない。
元シックの特性だなあ。ナツミカンさんのことを悪くいう資格はない。

近藤さんのことはもうオシマイか。
買いかぶりだったのか。ショボン。しょせん広大原研。

大学ブランド差別主義

>>思い込みが激しすぎる。小生は具体的なことは何も書いていない。
元シックの特性だなあ。ナツミカンさんのことを悪くいう資格はない。

 元民青の貴殿は思入れが激しすぎて、徳野、近藤局長、地平にことごとく期待を裏切られていますね。
 それって元民青の特性ですか?

 コメントに推測があってもいい。今まで多くの記事で貴殿も推測をいれていた。そしてかなり外している。

  この場合、
  地平氏が示す「危ない表現」            ーA
  米本さんの思う地平氏にとっての「危ない表現」   -B
  goutが推測する地平氏にとっての「危ない表現」   _ C
  goutが推測する B                 _ D
 
 に対して
 まず、米本さんがBを具体的に示し、Dが外れであることを示してください。
 Bを具体的に書けない理由がおありでしょうか?
 Aを地平さんがBを米本さんが示してくれたら答え合わせができます。
 そもそも、Bが小説部分(想像)だったら地平氏が暗在ブログに反論しなければならない理由なんてない。

>>近藤さんのことはもうオシマイか。

 がん放置理論については拙ブログに2回書いた。

二回目の★近藤理論は後出しジャンケン疑似科学
https://ameblo.jp/5200043/entry-12513652623.html

 米本さんからの反応は一切無し、あれだけがん放置理論の近藤さんを賛辞しながら、私のブログのコメント欄に来なかった。
 反応してきたら書こうと思っていました。反応がなかったのでブログ放置療法をしてました。
 そうこうするうち、米本さん自身が舌がんを切除することになったので、惻隠の情で続編は書かなかった。
 しかし、お望みであれば続編「なぜ米本氏が近藤氏に惹かれたのか?米本氏の”思考のくせ”(認知バイアス)を分析する」 を書こうと思 う。
 
 閲覧数が少ない拙ブログでは再度無視されるかもしれないので、
火の粉コメント欄でお手合わせしましょうか?観客が多いリングでやり直したほうが米本さんもうれしいでしょう。
 宣戦布告と受け取っていいですね。
 
 ところで、以前、私とKansei君との議論を引き継ぎ、2019年前半以内に反論記事を書くといったが、いつ書かれました?
又副島手記に対する反証は書かれましたか?結局スルーでしょう。

 ★新・神指令:「江利川、負けるな、独裁体制を確立せよ!」http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-983.html
のコメント欄参照  
 まだ全然イッテないんですけど。3Pしてくれる約束だったでしょう。文鮮明に対する認識が変わったなら変わったと素直に認めればいいのでは。


 他人を批判する前に自分の行いで示してください。
 他人に厳しく自分に甘い。まあ私も含め誰もそうでしょう。
 以前、ココアやコスモスがスルーしたり反論しなかったら糞みそに書いていたけどココアやコスモスを悪く言えない。
 失望しました。

>>買いかぶりだったのか。ショボン。しょせん広大原研。
 
  誰かさんみたいに承認欲求を満たす為、忖度(ヨイシ ョ)したコメントを私は書かない。
 今回の件も米本さんが推測する地平氏にとっての「危ない表現」を具体的に書いて答え合わせをすればいいではないか?
 
  論と論敵の属性(好き嫌い)は分けましょうね。
  因みに、私の出身大学情報は米本さんとの共通の知人及び私と米本さんが相談してきた個人的なメールでのやりとりで出てきたものです。
 
 個人の特定につながる情報と知っていながら「晒す」というやつですか?
 きゃーコワいなー、サ教メンバーに銃で襲われるかも ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。
 さすが一流ジャーナリストの米本さん!職業倫理に則して個人情報の扱いがうまい。(皮肉)
 きっと過去の取材源が米本さんの意思に反するようになってきたら、
住所とか知られたくない情報を露出するぞという匂いをだすのかな。
(あくまでも推測)

 確かに米本さんからみて広大は低偏差値で三流バカ大学なのでとるに足らないかもしれません。
(米本さん得意の大学ブランド差別,偏差値学歴差別でマウンティング)

 しかし、 「しょせんレベルの大学」しかでてないgoutに対して論には論で対抗してください。
 高偏差値を誇る米本さんの反論が「しょせんそんなものか」の可能性もあります。


(´・ω・`)ショボーン

性格に難ありかもしれませんが米本ブログでコメントを書き込む人たちの中でgoutさんは一番頭脳明晰な方だと個人的には思っています。

米本さんも本当はgoutさんのこと認めていらっしゃるでしょう。

広島大学で、それも歯学部でしょせんっていわれたら
ワイの立場は・・・
(´・ω・`)ショボーン

Re: 大学ブランド差別主義

ごめん。いろんなことがてんこ盛りで書かれているので、読解不能でした。

ひとつだけ、誤読があるのは、
「米本さんの思う地平氏にとっての「危ない表現」   -B

地平氏は暗在さんにこうレスしています。
「いつも読ませてもらってますよ。危ない表現は目をそらして見ないようにしています。これからもよろしく…」
地平氏は危ない表現の具体を何一つ書いていません。
だから、「地平氏にとっても危ない表現」などわかる訳がありません。
論理ではなく、想像的推理にすぎません。

Re: (´・ω・`)ショボーン

>米本さんも本当はgoutさんのこと認めていらっしゃるでしょう。

認めていました。だから、記事の転載もしています。
しかし、ものすごく感情的な人、というより感情を引きずる人だということもわかりました。いささか辟易します。

>広島大学で、それも歯学部でしょせんっていわれたら
ワイの立場は・・・
(´・ω・`)ショボーン

誤読です。

小生はこう書いています。
>>買いかぶりだったのか。ショボン。しょせん広大原研。
「広島大学」ではなく「広大原研」と書いています。
あたりまえですが、広島大学=広大原研ではまったくありません。

「しょせん広大原研」とは、東大原研、早稲田原研と違って、有名な原研ではない意味です。

goutさんも勘違いしていますが、広大原研には偏差値はありません。
広島大学には偏差値があります。小生の出身大学・横浜市立大学より上でしたがねえ。

くだらないことを書いて、やや自己嫌悪です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/1137-a7723eaa