FC2ブログ

『統一原理』は無であり、収奪のための道具 

一筆一論(60)

超長文の私論です。いろんな投稿を期待しています。しばらく更新しません。

前回の 記事で、統一原理のことが話題になった。その続きである。いただいたたくさんの投稿、勉強になりました。とても感謝です。

『統一原理』(以下原理)とはいったい何なのか。その前に。

(1)かなり前に統一教会用語、原理用語が話題になったとき、現役シックの原田正彦さんがこんな趣旨のことを投稿したことがある。
「これまでの概念にはない用語を使わざるを得ない場合がある。哲学用語を思えばいい」
なるほどと思った。だが、少し考えて<待てよ>と思った。
哲学用語は一般の国語辞典を引いてもわからない。そのために『哲学用語辞典』が生まれた。原田さんが指摘する通りである。
統一教会が日本に登場し、宗教法人として認可されてから半世紀以上が経つ。それなのに、内部向けであっても「原理用語辞典」といったものが出版されていない。これはどういう訳だろうか。

故川崎経子氏は著書『統一協会の素顔―その洗脳の実態と対策 』の巻末に、いくつかの用語の意味を説明している。おそらく、脱会説得するとき意味がよく理解できないような用語をシックが使うので、自分なりに理解しようとメモをしそれをまとめたものと思われる。<愛の減少感>などもあって、なるほど(笑)
統一教会と敵対する人(牧師)が用語辞典をつくっているのに、どうして統一教会本体はなにもしないのか。

(2)統一にはバカしかいないからか。いや、信者、幹部信者、原理講師と呼ばれる信者には高偏差値大学出身者も少なからずいる。(もっとも高偏差値バカも少なくないが)
そればかりではない。統一教会には「世界平和教授アカデミー」という学際的学術団体(この表現はウィキ)もある。原理用語辞典をつくるには十分なほどの知力があるのだ。シンパではなく信者である研究者も少なからずいた。

(3)(2)と関連するが、「統一思想研究院」という任意団体もある(あったというべきか)。“知の集団“である。それなのに・・・嗚呼、荒城の月なのである。
第17回統一思想シンポジウム-1

小総括である。原理用語辞典を作ろうとしなかった訳ではなく、作ろうとしたが作れなかったのではないか。
どうして?
統一原理が虚、フィクション、創作論だからである。
ならば、定義のしようなどない!のである。

前記事の投稿欄で触れたが、サンクチュアリ教会が話題になったとき、「原理的」「非原理的」とバトルになったことがある。フツウ常識的に考えてありえない言葉のやりとりだった。「これこれこうだから」といった論理がまるでなく、「お前のかあちゃん、デベソ」というのと同じ次元!(涙

原理は虚構、創作語。だから、100人のシックがいれば100の原理定義が披瀝されることになる。
 文鮮明イノチといってもいいサ教の澤田地平さんは原理講論の総序(https://ffwpu.family/library/divineprinciple/introduction)をもとに定義しようとした。しかし、滑稽である。次は小生の反論ではなく、たしなめである。

原理講論の「総序」と統一教会とはどのような関係にあるのか。考えてみたことがありますか。
それがまったく、全くもって関係ないのです。
もう少し言えば、統一教会とは全く関係のない作文(お花畑、小生の言葉で言えば夢見る夢子ちゃんの世界)が書かれているにすぎません。
統一教会は金金金の世界です。団体の創始者は物欲のみならず肉欲も大好きです。
澤田地平さんもけっこう大きなお金の中で生活をしていたことがありますよねッ。「総序」とは無縁の生活だったはず(爆笑
今は? 総序的生活? 
(「大きなお金の中」。単位は確か数億円だったはず。小生は国民年金生活だから、想像を絶する金額である。江利川氏もリッチみたい。どうして?)


原理は虚構、創作話。だから、100人のシックがいれば100の原理定義が披瀝されることになる。
この定義問題をみんなで追求していくと、結局何もないのか(泣)、となって組織は無となってしまうのかもしれない。
前記事での「Yammy@過負荷」さんの投稿が浮かぶ。
「米本さんの質問を所属教会の職員に尋ねましたが、感覚的に把握しておくもので明文化は偶像崇拝と同じく神様の嫌うものだそうです」

いったい、原理とは何か?

前回記事の投稿で、カラスさんが「統一原理(『原理講論』)の間違い」 」という記事を紹介してくれました。【2019年12月28日更新】
教義が絡むので、素人の小生には意味不明なところが多々ありましたが、
「『原理講論』の内容は矛盾に満ち満ちており,あまり他の資料を用いることなく,原理は原理によって否定されるのです。 ゆえに,統一原理は破棄されるべきものであり,統一教会での信仰生活も,罪を清算するとか,地上天国を実現するという彼らの目的を達成するためには,全く無意味なものとなってしまうのです。 また,文鮮明氏が真のメシア(救世主)であることは『原理講論』によって正当化されていますが,このことも原理によって完全に否定できます。 つまり,『原理講論』とは,文鮮明氏が偽(にせ)メシアであることを証しする書物にほかならないのです。」
(なるほど)

ただ、この一文には表現上、問題がある。それはタイトルの「統一原理(『原理講論』)の間違い」にある。

『原理講論』とはウィキペディアによれば、
「原理講論(朝: 원리강론)は世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の教理である統一原理の解説書1966年発刊執筆者は劉孝元氏であるが、その内容は文鮮明師が教示した「新しい真理」の一部であるとの記載がある。」
実にあいまいな説明である。もっとも、ウィキは冒頭で「この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です」とエクスキューズしている。

原理講論は統一原理の解説書。なるほど。しかし、ならば、「統一原理とは何か」という問題が生じる。
わかりにくい表現なのだが、こういう例を考えれば理解できるのではないか。
『資本論注解書』は資本論の解説書である。ならば、「資本論とは何か」。

『資本論注解書』と『資本論』とは明らかに違うように、『原理講論』と『原理』とは違う。
このことを前記事投稿で、澤田地平さんにこう問いかけた。
「ところで、『原理講論』と「原理」とはどういう関係にあるのか。考えたことがありますか。」

これに対して地平さん。
「>ところで、『原理講論』と「原理」とはどういう関係にあるのか。考えたことがありますか。
の答えも、「それがまったく、全く関係ないのです」みたいな、きっと意表を突くお考えが米本さんにはおありだと思いますから、先ずそれを聞かせて下さい。」

やはりきわめて単純なことが理解できていなかったのである。もっとも偉そうに書いているけど、この問題はごくごく最近になって考えるようになりましたとさ。

話を戻す。
原理講論は統一原理の解説書。ならば、「統一原理とは何か」
いくつかの資料・書籍を読んだが、用語解説に「原理」の項目があったのは、イギリスの宗教社会学者のクリサイディスだけであった。本のタイトルは『統一教会の現象学的考察』(このブログの右側に推薦図書として掲げている)
語義は、
「ムン・ソンミョンに与えられたと信じられていた啓示」

ならば、文鮮明氏が受け取ったという神の啓示とは何か。
それは統一教会本部から発せられた無数の無限ともいえる通達文である。
いついつまでに●▲×万円を納めよ!
サンクチュアリ教会の面々も、「納めよ」とやったでしょッ。違うのなら、違うと言ってくだされ。

秀逸なブログがあった。
hitosatoさんの「統一教会とは何であったか」
記事は4つである。(ちょっと饒舌すぎというところもあるのだが、全文を引用をする)

統一教会とは何であったかhttps://ameblo.jp/hitosatookina/entry-12569396566.html
久々に日本ブログ村に投稿してみようかと思い立った。
過去現在の統一教会信者の多くは、教会を誤認して信仰してきたと言えるだろう。
一つは、教会は人格完成して理想世界を造ろうとする所だという誤認。
二つ目、教会の説く理想世界とは個々人の幸福を保障してくれる所だという誤認。
統一教会は、人格完成を全く目指していないし、教会の説く理想世界は上意下達の独裁国家にある。
このことは口を酸っぱくして日本ブログ村に投稿して来た。ただ、かつては創造原理を正しいものとして論理を展開してきたこともあったが、その創造原理は間違っていたことに途中気づいたので、統一原理は間違っているという観点から、あらためて、統一教会とは何であったかを話してみたい。

独裁が何故いけないかhttps://ameblo.jp/hitosatookina/entry-12569560578.html
統一原理が目指す理想世界はメシアを頂点にいだく独裁世界であった。原理講論には次のように書いてある。
『天国においては、神の命令が人類の真の父母を通して、すべての子女たちに伝達されることにより、みな一つの目的に向かって動じ静ずるようになるのである。』
(二) 神の喜びのための善の対象
一般には独裁には悪というイメージがついてまわる。しかし、信者の立場からすると神様の独裁、メシアによる独裁なら人々は幸福なのではないかと言う思いが沸くかも知れない。神やメシアが悪い事をされるはずがない、人々を不幸にする統治をなされるはずがないという先入観が働くからだ。しかしこれは信仰を持った者の悲しいサガだと言うしかない。この先入観を捨てることは信仰を捨てることに匹敵する。だが、統一教会が辿ってきた現実の歴史は、メシアは自分の家庭も一つにまとめることができない普通の人間であったことを証明した。まして世界を一つにまとめ人々を幸福に導くなぞできると思えるだろうか。

独裁が何故いけないか、昨今マスコミで騒がれてきたコンビニを例にとってみよう。最大手のコンビニではフランチャイズオーナーによる造反という問題が起きている。それは営業権を実質奪われた状態からの悲痛な叫びだと思える。かつてそのコンビニでバイトしていた人の話では、時折本部からやってくる社員が、店で注文した商品の数を勝手に変更するのは日常茶飯事であったと言う。最近、店の前をよく通っていた一つのコンビニが閉店した。近くに同じチェーンのコンビニができてしばらくしての事だった。近くに同じ系列のコンビニができれば店の客が奪われるのは目に見えている。本部の都合で近接して系列のコンビニを造るわけだが、近所に造られたコンビニオーナーの方はたまったものではない。
北海道を中心に営業しているコンビニチェーンの社長さんの記事がある。
「本来のフランチャイズ制度とは本部と加盟店は同心円状の関係なんですね。ところが、従属関係になっているように見える。ロイヤルティーの問題もあるし、加盟店にどれだけの裁量権があるのだろうか。24時間契約であれば営業時間の裁量権はないし、値引き販売を許さないのであれば価格決定権もないことになる。その地域に集中出店するドミナント戦略をやれば、道を隔てて同じチェーンの店が出てくる。加盟店にはテリトリー権もないわけです。」   https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/267668/3

ビジネスモデルの限界、それは本部独裁で展開してきたコンビニチェーンのオーナーにはただ本部の言うことを聞くだけしか許されないというシステムに、さすがにオーナーの人も我慢ができなくなったと言うことだろうと思う。

独裁は個々人の人権を制限して成り立つ。信仰はそれでも良しという姿勢を持つことで成り立つ。しかし、そのことが間違っていることは祝福という指名結婚の破綻という現実が証明した。祝福の破綻はメシア家庭が雄弁に証明している。

独裁世界の樹立、それは決して万民が願う理想世界ではない。

参考
『創造原理で明らかにしたように、被造世界は完成した人間一人の構造を基本として創造された。そればかりでなく、完成した人間によって実現される理想社会も、やはり完成した人間一人の構造と機能に似ているようになっているのである。人体のすべての器官が頭脳の命令によって起動するように、理想社会のすべての機関も神からの命令によってのみ営為されなければならない。また、頭脳からくるすべての命令が、脊髄を中心として末梢神経を通じて四肢五体に伝達されるように、神からの命令は、脊髄に該当するキリストと、キリストを中心とする末梢神経に該当する聖徒たちを通じて、社会全体に漏れなく及ばなければならない。』

(二)三権分立の原理的意義
神様がそういう風に天地をお造りになったのであれば、それに従うしかないのではないかと反論したくなる向きもあろう。しかし、その考えは統一原理が真理だという前提に立っている。でも、統一原理は真理ではない。人間の頭で考え、かつ寄せ集めた屁理屈にすぎない。

真理ではない例を一つあげよう。引用した記事の、『人体のすべての器官が頭脳の命令によって起動するように』という記述は全くの間違いである。人体の器官の中には脳の命令によらず動いているものが多くある。この事実は、理想世界は、人間の脳に相当する神の命令によって動くべきだという論拠を失う。
詳しくは書かないが、次のNHKの番組の紹介の一文からも脳が全ての器官を動かしているのではないことが明確に分かる。

シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク 第二集「驚きのパワー!“脂肪と筋肉”が命を守る

脂肪が脳をコントロールしたり、筋肉が心筋梗塞や糖尿病を防いだり。驚きの真実が! なぜダイエットに失敗するのか? メタボの何が怖いのか。最新科学によって浮かび上がってきたのは、脂肪が全身に向けて発する「メッセージ物質」が異常を起こし、全身を傷つけているという可能性。一方、なんと、筋肉がメタボを改善する物質を出しているという驚きのパワーも。
語り(語り手) 吹越満 、池松壮亮 、上田早苗
2018年放送   https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2018092944SA000/index.html?capid=nol_4_P4619

理想世界建設において、統一原理の致命的欠陥 前段
人格完成は統一原理の目指すところではないことは繰り返しこれまでに述べてきたところだが、人格完成を目指さない統一原理が理想世界建設において大きな妨げになることを述べておきたい。

原理(以後、統一原理は原理と略す)の目指す理想世界は一般人の描く理想世界とは異なる。
原理の目指す理想世界は神様の代理たるメシア独裁の国家樹立である。

さて、統一原理の解説書たる書籍、原理講論からの引用は『』で表し、原理講論はこれより後、単に講論と表す。

『このように、長い歴史の期間を通じて政治体制が変遷してきたのは、堕落した人間社会が、復帰摂理によって、完成した人間一人の構造と機能に似た理想社会へと復帰されていくからである。』
(二)三権分立の原理的意義

『被造世界は完成した人間一人の構造を基本として創造された。そればかりでなく、完成した人間によって実現される理想社会も、やはり完成した人間一人の構造と機能に似ているようになっているのである。人体のすべての器官が頭脳の命令によって起動するように、理想社会のすべての機関も神からの命令によってのみ営為されなければならない。また、頭脳からくるすべての命令が、脊髄を中心として末梢神経を通じて四肢五体に伝達されるように、神からの命令は、脊髄に該当するキリストと、キリストを中心とする末梢神経に該当する聖徒たちを通じて、社会全体に漏れなく及ばなければならない。そして人体における、脊髄を中心とする末梢神経は、一つの国家の政党に該当するので、理想社会における、政党に該当する役割は、キリストを中心とする聖徒たちが果たすようになっているのである。』
(二)三権分立の原理的意義

この、原理の目的とする社会を建設する為に必要とされるのが、神の命令に従順な人間をつくる手立てである。それを説いているのが、創造原理である。何故なら復帰摂理は再創造摂理であるから、どこまでも創造原理で摂理されるということになっているからだ。前述の原理引用文
は講論の復帰原理からであるが、その思想は創造原理そのものである。

『このように復帰摂理は、創造目的を再び成就するための再創造の摂理であるから、どこまでも原理によって摂理されなければならない。それゆえに、これを復帰原理というのである。』
緒    論
                注:引用文中『原理』は文脈から創造原理と解される。

では、創造原理は人間が原理の説く理想世界に住むにふさわしい人間となるための要件をどのように言い表しているか。それは個性完成者となることだと説いている。

『神の第一祝福は個性を完成することにある。人間が個性を完成しようとすれば、神の二性性相の対象として分立された心と体とが、授受作用によって、合性一体化して、それ自体において、神を中心として個体的な四位基台をつくらなければならない。神を中心として心と体とが創造本然の四位基台を完成した人間は、神の宮となって(コリント・三・16)、神と一体となるので(ヨハネ一四・20)、神性をもつようになり、神の心情を体恤することによって神のみ旨を知り、そのみ旨に従って生活をするようになる』
(二) 神の喜びのための善の対象

言い回しがわかりにくいが要するに神の命令に従順な人間になることだと言っているのである。同じ項目の他の表現にはそれがよくわかる言い方がされている。


『天国は神の本性相と本形状のとおりに、個性を完成した人間一人の容貌に似た世界であるということを、我々は知ることができる。人間において、その心の命令が中枢神経を通じて、その四肢五体に伝達されることにより、その人体が一つの目的を指向して動じ静ずるように、天国においては、神の命令が人類の真の父母を通して、すべての子女たちに伝達されることにより、みな一つの目的に向かって動じ静ずるようになるのである。』
(二) 神の喜びのための善の対象

原理は、科学的真理だとうたっているから、全ての主張に科学的裏付けをとろうとする姿勢があるが、ここでは、人間が造る理想世界は、人間の構造と機能に似た世界であるべきだとして、人間の心と体が心の命令に体が従順に従うように理想世界は人間の心に相当する神の命令を人間社会は従順に守るべきだと論理を展開している。
この理想世界は人間の心と体の機能の相似形であるべきと言う論理が破綻していることは既に前回の当ブログ記事で述べたところだが、(独裁が何故いけないか)

神の命令が社会の隅々まで行き渡るようにするには、個々人が神の命令に従順な人間となっていなければならないわけで、そういう神の命令に従順な人間になることを個性完成者と原理は定義している。

そして、神の命令に従順な人間を育てる為に必要な方策が、創造原理、第五節 被造世界の創造過程とその成長期間 (二) 被造物の成長期間 (2) 間接主管圏 という項目に書かれている。

『人間は原理自体の主管性や自律性だけでなく、それ自身の責任分担を全うしながら、この期間を経過して完成するように創造された。すなわち、「それを取って食べると、きっと死ぬであろう」(創二・17)と言われた神のみ言を見れば、人間始祖が神のこのみ言を信じて、取って食べずに完成するか、あるいはそのみ言を信ぜずに、取って食べて堕落するかは、神の側に責任があるのではなく、人間自身の責任にかかっていたのである。』

要するに人間の成長過程を通じて一貫して神の戒めを従順に守るということは、いかなる神の命令にも従順に従う姿勢を持つようになるということだ。例え恋愛の誘惑があったとしても、神の命令を守りきることで、神への従順が堅くなるという意味だ。
そこで、この取って食べてはならないという、いわゆる「み言」を現実に即して訳してみると次のようになるだろう。

「人間はその成長過程において、いかなる場合も神の命令には背いてはならない、例え恋愛に陥るとも神の命令は命をかけても守り通さねばならない」とまあ、こんな感じだろうか。

自分は恋愛は多分したことはないと思うが、恋愛中の人は身近にかなり見てきた。恋愛すると人が変わる。全く変わってしまう。そういう現実の恋愛の実態を知った上で、恋愛よりも神の命令を優先する作業は並大抵の克己努力ではない。そういう試練を経て神の命令に従順となった人は、まさに個性完成者と言えるだろう。つまり、いかなる神の命令にも背かない人間になるだろう。

ここで、本論に戻る。これまでは、前段である。

個性完成が神の命令に従順な人間となることとなれば、現実の日常生活の訓練は、神の命令を代行する親の言うことにまずは従順な人間になるように育児がなされる。親に従順な体質となれば、神の命令にも従順な姿勢が養われる。ひいては教会の指示命令にも従順な人間となる。となると、躾は親の言うことを聞きなさいという教育が主となる。

しかし、幼少期の教育はその人の人生を決定するといって過言でない。はっきり言おう。親に従順であれという教育はその人の人生を台無しにするだろう。

今日はここまで。

理想世界の建設は子育ての充実から<理想世界建設において、統一原理の致命的欠陥>

人は愛された記憶を糧に人生を生きる。命令されて生きることに喜びがないとは言わないが、それとても、命令されていることに愛を感じなければ苦痛でしかない。義務と使命感で命令を受ける人生は一つの生きがいかも知れない、が、理性的満足感はあっても幸せだったと実感を持てるだろうか。

私は、統一原理による心情の世界実現というスローガンに惹かれて教会に足を踏み入れた。人生で求めていたものと合致したからだ。人が求めている幸福とは心情を大切にする世界だと確信している。原理ではその心情の世界は絶対にやってこない。理由は、原理がその世界を目指していないからだ。

幼子は心情を注いでやらなければ心情豊かな人間には育たない。子供の事は神が責任を持つという言葉を真に受けてみ旨にいそしみ子育てを疎かにしたら取り返しのつかないことになる。
幼子はオンブしたりだっこしたりして、オトナに愛されている実感を与えて育てることが最低限必要だ。

オンブにだっこの効用はオキシトシンという信頼のホルモンがオンブしているオトナにもオンブされている幼子にも作用するところにある。NHKスペシャル ママたちが非常事態!?という番組を見て、オキシトシンこそ心情教育のキーワードだと確信した。
NHKスペシャル ママたちが非常事態!? ~最新科学で迫るニッポンの子育て~
https://www.nhk.or.jp/special/mama/qa.html

かつて他のブログで書いた別の番組の感想記事を再掲する。

*************************************
先日放送された、NHK番組の話。

オキシトシンを鼻からスプレーで投与した自閉症の男性が、投与しだして3,4日経つと、自分の言いたいことを積極的に話すようになり、さらにはやがて、自分で就職先を見つけようと努力するようになり、本人が言うには、これまで考えなかった未来のことを考えるようになったとインタビューに応えていた。

これらのことは、明らかにオキシトシンの効果が現れていることを示している。これは、私の判断では、幼少期に親との接触が少なかったことが原因であることを証明していると思うのである。

さらに番組では、母親の乳児への授乳において、オキシトシンの効果を明かしていた。乳腺細胞にオキシトシンをかけると、乳腺から乳があふれ出す映像があった。また、授乳する母親の感想に、限りなく子供をいとおしむ心が溢れてくると言うのもあった。

これらのことが意味するのは、乳児は授乳の度にオキシトシンが分泌され、母親にもオキシトシンが分泌され、子供の心に安心感と充足感が溢れ、母親の心に子供をいとおしいと思う心が増幅されるということに他ならないということだ。
オキシトシンは、信頼関係のある人間関係において、肌を接することで脳から分泌されることを考えると、乳幼児が、おんぶして育てられれば、オキシトシンに満たされて、心は豊かにすくすくと育つ。

乳幼児が親との接触時間乏しく育てられることは、子供が心豊かに育つことが阻害されると考えるべきだ。
人間がエゴの人間になってしまうのは、実に乳幼児の育ち方に起因すると言うべきなのである。オキシトシンが乏しい寂しい環境に育った人がエゴの人に育ってしまうと考えられる。エゴとは、他人の心がわからない、思いやりの心がわかない、人の言葉を心情で理解できない、従って冗談は通用しない、つまり人と人との心の交流ができないコミュニケーションが上手くできないという現象をさす。さらに、寂しく育つと、動物的生き方しかできなくなると考える。動物的生き方とは、子孫を残すことを専らとするとか、生きるためには他人を犠牲にして仮借を覚えないという生き方だ。そこに恋は三年で覚めるという動物としての宿命から、離婚、不倫という人生になる可能性が大となる。そして基本的に人を信頼した生き方が難しいから、人との軋轢の多い孤独な人生となる。
これらは、映像を見て、来し方の人生経験をふまえてまとめた私見である。


これは以下の番組の感想である。
NHKスペシャル 
人体 ミクロの大冒険2 あなたを変身させる細胞が出す魔法薬
****************************************
最近読んだ本から抜粋
「こう考えるようになった。贅沢の記憶なのではない。愛されたという自信の記憶なのではないか。と。そんなにまでしてくれたというオトナたちの愛を、人間は大きくなっても心の支えにしているのではなかろうか」

「子供は口ではいろんなことをいうし、可愛げのない反応もみせる。しかし、人の愛情はそっくり心の乾板にうつしとっていて、何十年も忘れないものなのである。」
出典 世界文化社 田辺聖子 「一葉の恋」 みんなが愛してくれていた

そういえば、12双の先輩の一人が言っていた。子供には愛された記憶を残してやるべき、だと。この先輩死ぬまで、西川先生が誤解して思い込んだ、統一教会は人格完成して理想世界を造るところ、だと信じ切っていたようだった。

<重要参考文>「個人神と組織神とその葛藤」(うずらの卵の秀逸な投稿 ) http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-896.html#more

興味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!n style="font-size: large">↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

原理非原理

本当に訳の分からない使い方するよね
原理的世界は神の願う世界
非原理的世界は悪魔の願う世界

我々は悪魔の世界から神の願う世界に努力していこうとしてる途中です

お久しぶり

しばらくぶりに火の粉を払えブログを開いてみて、とても懐かしい議論が再掲されていたので、顔を出してみました。

私も現役信者ですが、現役の方々は絶対的真理があると思っていて、自分の信じているものが絶対的真理だと、信じておられます。それが信仰というものなのでしょう。

しかし、原理講論には、これまでの宗教経典は皆教科書だと書いてあります。聖書も、仏典も。その考えを敷衍するならば、原理講論も、いやそれだけでなく統一思想要項も、いやいや八大経典全てが、結局のところ、教科書だということになります。

教科書とは真理を教えるための教材であって、真理そのものではないのです。

私は現在のところ、仏典はブッダの悟り、聖書はイエスの悟り、コーランはマホメッドの悟り…ということで、全てその人の「悟り」だと解釈しております。つまり、すべての人に共通に通用する絶対的真理はなく、他の人の教説は参考にすべき教科書という程度の扱いでいいのです。

ああそうそう、「独生女」論で教団が揺れたこともありました。あれも、韓鶴子女史の「悟り」。参考にはするが、結局私自身の悟りではありません。

原理講論には

神と悪魔について書いてある 神はルーシェル天使長をつくった 人は悪魔サタンに変えた 
 失敗の逆をやれば元に戻る
   
  6マリアとか
  三日儀式とか

Re:お久しぶり

投稿感謝です。

全文、なるほどです。

小生が長くかかって得た結論を一言で表現されたことに、ぺこりぺこりです。

教科書とは真理を教えるための教材であって、真理そのものではないのです。

サンクチュアリ教会の澤田地平さん、わかりましたか。

サンクチュアリ教会さん、大丈夫ですか。

まず位置づけを。
白装束さん、本名?秋月俊三さん、ちょっと文章がひどすぎるというか、なっていません。
お子さんの小学校の教科書を読んで、勉強し直してください。

文鮮明さんのお弟子さんがこんなに???
やはりというべきか。

秋月俊三さん、あなたは自覚がないと思いますが、サ教の主要なメンバーなのですよ。

ああ、それなのに。主語・述語・目的語といった日本語の基本ができていない。・

やはり、
「原理的世界は神の願う世界 非原理的世界は悪魔の願う世界」
すばらしい。億万歳であります。

貧困で進学できなかった統一の2世、いまだ借金返済をしているシックのことを、思ってしまう。
秋月さん、幸せで良かったね。

原理講論の焦点は再臨論

原理講論を何度も読んでいる人はなんとなく感じるかもしれませんが、焦点は再臨論です。

創造原理は神が創造した世界、それができなかったのが堕落論、もう一度創造原理の世界に戻そうというのが復帰原理、そのほかいろいろありますが、復帰するには原罪を取り去ってくれる人が必要で、それが真の父母。イエス様とその奥様が本来の真の父母だったのですが、イエス様は殺害されたので、もう一度イエス様と奥様の使命を持った人が生まれなければならなかった。その人たちがいつ、どこに生まれるかというのが再臨論ですね。

こういう論理構成ですので、一番持っていきたいのは再臨論です。最後の結論は、韓国に生まれる。しかも1917年から1920年までの間にということです。そして1920年に文鮮明師が生まれた。ジャジャジャジャーンということです。

統一原理は至る所に論理破綻が見られますのでいちいち述べませんが、ここでも日韓史をちょっとでもかじったことのある人は、アレっと思うことでしょう。1920年に韓国ってあったっけ?そう、無かったのです朝鮮半島には、日本しかなかったのです。1919年3月1日(旧暦)にパゴダ公園で独立宣言文が読み上げられたので、その日1日だけは韓国が存在した、その日に身籠っていれば韓国に生まれたことになるのだと、苦しい説明がされていますが、常識的に見れば文鮮明師は朝鮮半島に日本人として生まれたのです。

その点はまだ大目に見るとして、再臨論では全ての人類は真の父母の言葉を話すようになる、真の父母の文化を継承するようになってその文化で世界は統一されると書いてあります。

ここまできて、あれあれあれ、と思いませんか?私が統一原理を聞いたときは、まだ不思議に思いませんでした。日本語の原理講論には韓国とは書いてありませんでした。7日間の修練会で文鮮明師を明かされたときには、真理を聞いたと思って興奮していましたから、アレっと思わなかったんですね。これがカルトの手法ですね。

まあともかく、韓国に再臨主がきて、朝鮮語、朝鮮文化によって世界が統一される。これが原理講論の最終結論です。私も甘かった。祝福を受けて結婚する以前にここまで冷静に判断できていれば、退会していたでしょう。

Re:Re:お久しぶり

>教科書とは真理を教えるための教材であって、真理そのものではないのです。
という言い方はおかしいのであり、正しくは「聖書は真理を教えるための教科書であり、真理そのものではない」というように言わなければなりません。教科書が真理そのものでないことは当たり前のことです。

原理講論もこれと同じで「原理講論は統一原理を教えるための教科書であり、統一原理そのものではない」と言うことができます。統一原理とは先に述べたように「文鮮明師によって解明された人生と宇宙の根本問題を解決する新しい真理(33文字)」 であり、原理講論は統一原理を分かりやすく説明している解説書です。

統一原理あるいは真理とは形なき概念です。そして、その概念は言葉により表現することができます。言葉で表現することができるので人に伝えることができます。人に伝えることを目的として形になったものが原理講論や聖書と言うことができます。

澤田さん、相手に伝わるように文章を書いてください

澤田さん
>正しくは「聖書は真理を教えるための教科書であり、真理そのものではない」というように言わなければなりません。教科書が真理そのものでないことは当たり前のことです。

だからそう書いていますよ。私が言ったそのことをオーム返しで言い返してきても「???」ですね。

>統一原理とは先に述べたように「文鮮明師によって解明された人生と宇宙の根本問題を解決する新しい真理(33文字)」 であり、原理講論は統一原理を分かりやすく説明している解説書です。

そうですかね。原理講論は極めて分かりにくい書物だと思っています。間違っている箇所もありますし。

>統一原理あるいは真理とは形なき概念です。そして、その概念は言葉により表現することができます。言葉で表現することができるので人に伝えることができます。

ここは極めて明白な論理矛盾です。「形なき概念」←→「言葉により表現することができます」

「形なき概念」を「言葉により表現することができます」訳がない。

そう言えば澤田さん、かなり昔、学生時代に飯山善弘さんを講師として7日修のスタッフをしたことがありますね。修練会後の雑談でアダムとイブがどこで生まれたか議論したことを覚えていますか。あのとき他の皆は、中東の何処かで生まれたんじゃないですかと言っていたのに対し、澤田さんは空中のどこかに羊水みたいなものが浮かんでいて、そこから生まれたんだと主張していました。他のみんなはポカンとしていました。いまだに澤田さんが言おうとしていたことの状態がわかりません。

澤田さん、形のないものを言葉にして表せるという、意味がよく飲み込めません。不立文字ということを言いたいのでしたら、論理性を重視しようとして原理講論を作る必要もない。

原理講論には

神と人と天使長について書いてある
 神は人を成長させるためルーシェル天使長をつくった
 ルーシェルはさびしくてエバを誘惑した
 エバは拒否しなかった それで堕落した
 エバはアダムを誘惑し また堕落した

神は怒った
 アダムはエバは自分は悪くないと言った
 つまり責任を取らなかった
それでルーシェルは悪魔になった
 悪魔をつくったのは人間である

人間は悪魔を天使に戻さなければいけない
 キリストが悪魔を天使に戻す
 我々はキリストメシアと一つにならなければいけない

Re:澤田さん、相手に伝わるように文章を書いてください

■澤田:米本さんのコメント欄で横レスの応酬は禁じられていますが、ブログテーマに沿ってますので、大目に見て下さい。

□原田さん:澤田さん
>正しくは「聖書は真理を教えるための教科書であり、真理そのものではない」というように言わなければなりません。教科書が真理そのものでないことは当たり前のことです。

だからそう書いていますよ。私が言ったそのことをオーム返しで言い返してきても「???」ですね。

■澤田:原田さんは「教科書とは真理を教えるための教材であって、真理そのものではないのです」と書いており、米本さんはそれをそのまま引用し「教科書とは真理を教えるための教材であって、真理そのものではないのです。サンクチュアリ教会の澤田地平さん、わかりましたか」と書いています。だから私は「>教科書とは真理を教えるための教材であって、真理そのものではないのです。という言い方はおかしいのであり…」と、米本さんへの反論として述べました。

□原田さん:>統一原理とは先に述べたように「文鮮明師によって解明された人生と宇宙の根本問題を解決する新しい真理(33文字)」 であり、原理講論は統一原理を分かりやすく説明している解説書です。

そうですかね。原理講論は極めて分かりにくい書物だと思っています。間違っている箇所もありますし。

■澤田:原理講論は分かりにくい書物だと思う人もいるでしょう。分かりやすいと思う人もいるでしょう。私は後者です。

□原田さん:>統一原理あるいは真理とは形なき概念です。そして、その概念は言葉により表現することができます。言葉で表現することができるので人に伝えることができます。

ここは極めて明白な論理矛盾です。「形なき概念」←→「言葉により表現することができます」
「形なき概念」を「言葉により表現することができます」訳がない。

■澤田:「形而上」とは「形をもっていないもの」という意味です。そこで「形而上学は、感覚ないし経験を超え出た世界を真実在とし、その世界の普遍的な原理について理性(延いてはロゴス)的な思惟によって認識しようとする学問ないし哲学の一分野である。世界の根本的な成り立ちの理由(世界の根因)や、物や人間の存在の理由や意味など、感覚を超絶したものについて考える。対立する用語は唯物論である」(Wiki)

□原田さん:そう言えば澤田さん、かなり昔、学生時代に飯山善弘さんを講師として7日修のスタッフをしたことがありますね。修練会後の雑談でアダムとイブがどこで生まれたか議論したことを覚えていますか。あのとき他の皆は、中東の何処かで生まれたんじゃないですかと言っていたのに対し、澤田さんは空中のどこかに羊水みたいなものが浮かんでいて、そこから生まれたんだと主張していました。他のみんなはポカンとしていました。いまだに澤田さんが言おうとしていたことの状態がわかりません。

■澤田:聖書には「光あれ」、こうして光があったとか、この世界を6日間で造られたとあります。また、土の塵で人を造られたとか、鼻に命の息を吹き入れられたので生きる者となったとあります。これにはポカンとしないのですか?
アダムとイブが中東の何処かで生まれたという考えはいいとして、では誰からどのようにして生まれたんですか?原田さんの考えを聞かせて下さい。

□原田さん:澤田さん、形のないものを言葉にして表せるという、意味がよく飲み込めません。不立文字ということを言いたいのでしたら、論理性を重視しようとして原理講論を作る必要もない。

■澤田:これ↓、どうでしょうか。愛という形のないものを言葉で表していますけど。

□コリント人への第1の手紙13:4〜8:愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、 不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。愛はいつまでも絶えることがない。

また別の機会に

澤田さん

私はこういう議論は本来好きなのですが、あまり微に入り細を穿つ議論は、米本さんの本文の趣旨から離れてしまうかもしれませんので、回答は一旦留保させていただきます。

澤田さん、米本さんがお知りになりたいのは「統一原理とはなんぞや」ということだと思います。澤田さんから見ると、「文鮮明師が解明された絶対的真理」だということだと思います。私から見ると「文鮮明師が到達された悟りの世界」ということになります。

絶対的真理と悟りというのは、似ているようで違います。絶対的真理というのは、他者を寄せ付けません。そこはちょっと違うんじゃないのと思い始めたら、その者は排除されます。だから韓鶴子女史が、私の解釈が「絶対正しいのよ」と思えば、それと違う解釈をする文亨進氏は排除されます。また文亨進氏も、韓鶴子女史を口汚く罵る。同じ統一原理を学んでいるのにね。

だから米本さんの文章にあるように、読んだ人の分だけ統一原理解釈があって、それぞれが自分の解釈が絶対正しいと言って百家争鳴の状態に陥る。

しかし私は統一原理は文鮮明師の悟りだと思っています。それでいいんじゃない?文亨進氏は文亨進氏なりの悟りの境地に至った。文顕進氏は文顕進氏なりの、韓鶴子女史は韓鶴子女史なりの悟りの境地に至った。みんなそれぞれの生い立ち、生育環境の違いで悟りの内容が若干違うけど、同じ統一原理から出た諸派。韓鶴子女史の悟りに共鳴する者は韓鶴子女子のところに行けばいい。文亨進氏の悟りに共鳴する者は文亨進氏のところに、文顕進氏の悟りに共鳴する者は文顕進氏のところに行けばいい。あ、ちょっと脱線しました。

元に戻して、統一原理は文鮮明師の悟り。だから文鮮明師個人の出生、生育的環境が強く影響しています。イエス教がユダヤ人の救済の色彩が強かったように(サマリアの女性にはちょっと冷たいことを言いましたね)、文鮮明師は朝鮮人はどうしてこんな運命を辿らなければならないのかというところから始まっています。

そして朝鮮民族が悲しい歴史を辿らなければならなかったのは、実は朝鮮民族は選民だったからだとなる訳です。わたしは自分で日韓古代史、近現代史を学んだところでは、ちょっと違うんじゃないのと思うところがある訳ですが、文鮮明師が大戦前後に勉強したところでは、朝鮮民族は選民となるべき民族で、そこに生まれた自分が再臨主となるべきだということだったのです。で、自分を中心に世界が回ると。

このように統一原理を文鮮明師の悟りと捉えるとピタッとくる訳です。今回はここまでにしておきましょう。

Re:また別の機会に

また別の機会にといっても、いつになるか見当もつかないから、これだけ簡単に答えて下さい。でないと私が一方的にポカンとされたままではないですか。↓

アダムとイブが中東の何処かで生まれたという考えはいいとして、では誰からどのようにして生まれたんですか?原田さんの考えを聞かせて下さい。

ミトコンドリア・イブ

澤田さん、私はあの当時は中東のどこかにいたと思っていましたが、最新の遺伝子学の知見では「すべての現存する人類は母方の家系をたどると、約12-20万年前に生きていたあるミトコンドリアの型をもつ女性にたどりつく」と言われるグループに属する女性たちがアフリカにいたそうです。だからアダムとエバがいたのは実際にはアフリカだったかもしれません。
実際に誰から生まれたか?考古学や遺伝学の研究の進展を待ちましょう。12万年から20万年前の人の親を特定することは不可能に思えます。が、そこに集団で暮らしていたのでしょうから、同じ人種を両親として生まれたのでしょう?

Re:ミトコンドリア・イブ

>同じ人種を両親として生まれたのでしょう?

……ポ……………

横から失礼いたします。

何だか小難しいおじさん方の議論にちょっと引き気味で見ています。議論の途中で入るのは申し訳ないですが、ちょっと原理講論で検索してみました。内容が多いしそこまで興味がないから殆ど読んでませんが気になった箇所は

原理の裏側には心情があるのです。心情が伝統の基盤です。
~御言訓読と霊界動員p90~

https://genrikyousitu.jimdofree.com/%E5%8E%9F%E7%90%86%E8%AC%9B%E8%AB%96%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

ここにおける心情とは真の愛とやらなんでしょうか?それなら真の愛とは何ですか?澤田さんが引用された聖書のコリント人への第1の手紙13:4〜8で説かれている愛の定義にさえUCの実体がついていってないように思います。

ところで、家庭連合や三男派の世界平和に対する具体的な活動は聞いた事があるのですが、サンクチュアリ教会はどんな具体的な平和活動をされてるのでしょうか?銃で世界を守るというのでしょうか?
言葉で何を語ろうが結局は実体だと感じます。

それと話は少し外れますが、白装束さんが言葉の文法がおかしくてもちゃんと収入を得て生活してたら良いですが何だか心配になるキャラです(..)

宗教は科学的真実を基礎とすべき

澤田さんの「ポ」という言葉の意味がわかりませんが、それはさておき、原理講論には「科学を探し求めてきた宗教と、宗教を探し求めてきた科学とを、統一された一つの課題として解決することのできる、新しい真理が現れなければならないのである」となっていますので、科学的真実をもとにした議論を展開しないと意味がありません。
人間を含めた哺乳類は、オスとメスが交配して、子供を産むわけです。卵を産む哺乳類もいるようですが、大体は卵ではなく、子供として生まれてくるわけです。

そして近くでお知り合いになった男女が共同作業で子供を産み、子育てをする。もちろん違う種族の人たちが恋に陥る場合もあるでしょう。が、大体が同じ種族、同じ部落で知り合って結婚する。そういうパターンじゃないですか?

そういう中で、人間が神の求める人間となったのは、【新共同訳聖書】「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。」時点ですね。だから形だけの人間は他にもいっぱいいたと解釈するのが自然ですね。アダムとイブも肉体は親から生まれたのですから。これを否定すると、科学を無視した宗教となり、「「科学を探し求めてきた宗教と、宗教を探し求めてきた科学とを、統一された一つの課題として解決する」という統一原理の目標が達成できなくなります。

じゃあその鼻から息を吹き入れるとはどういうこと?これを私は、霊人体が吹き込まれたと解釈します。アダムとエバの両親を含め、形だけの人間はいっぱいいた。その中で神はアダムとエバを選ばれ、霊人体を吹き込んだ。どうでしょうか?私は空中浮揚は信じないので、空中に羊水が浮いていて、その中でアダムとエバが育ったという説は、理解できないのです。

余りにも未熟な統一原理

>原理は虚構、創作話。だから、100人のシックがいれば100の原理定義が披瀝されることになる。


 米本さんは神の存在を信じておらず、また宗教全般に対して批判的な考えを持っておられますが、その中で統一教会系信者と関りを多く持ち、統一教会員からは「原理」という言葉を機会があるごとに聞かされるので、その「原理」の使い方に違和感を持つようになられたのだと思います。

 しかし、「原理」は文鮮明氏や劉孝元氏の造語ではなく、数学者、物理学者、哲学者を始め多くの学者が頻繁に使用する言葉でもあるのです。
 「原理」の定義はネットのウィキペディアにも明確に書かれており、その定義には統一教会系信者とて異存はないはずです。
(ウィキペディアより引用)
原理(げんり、羅: principium、仏: principe、英: principle、独: Prinzip)とは、哲学や数学において、学問的議論を展開する時に予め置かれるべき言明。 そこから他のものが導き出され規定される始原。他を必要とせず、なおかつ他が必要とする第一のものである。

 原理講論の総序においても劉孝元氏はウィキペディアにあるような概念で「原理」を論じており、統一原理を信じている教会員は「原理」という言葉を使う場合には「そこから他のものが導き出され規定される始原。他を必要とせず、なおかつ他が必要とする第一のもの」という概念に当てはまるものとして「原理」と言っているのは間違いないのです。
 「統一原理」とは統一教会系信者が考えている「原理」が宗教と科学、さらに全ての宗教、哲学、思想を統一できると考えているので「統一」をあえて付け加えているのであり、統一教会系信者は自分達が信じている「原理」こそがまさにウィキペディアで定義されているような「原理」と確信しているのです。

 ただ、問題は原理講論で解説されたり、文鮮明氏が「み言葉」で語っているような「原理」が果たして本来の「原理」の条件を満たしているかどうか‥ということなのです。
 米本さんは当然、統一教会系信者が述べている「統一原理」は本来の「原理」の条件を満たしていないので‘別もの’と考えるであろうし、勉強が足りない統一教会系信者は「統一原理」が「原理」の条件を満たしていると考えるので「統一」をあえて付け加えずに「原理」とだけ言うこともあるのです。
 米本さんが指摘されるように「100人のシックがいれば100の原理定義が披瀝される」のは事実ですが、それには特別な理由があり、その原因は「統一原理」から派生する‘二次的法則’とも呼ぶべき「堕落論」が存在するからなのです。
 「堕落論」を除外した「創造原理」はウィキペディアに定義されている「原理」の解明を目指して追究されたものであり、ある程度は説得力があります。
 しかし「堕落論」が加わることにより、「創造原理」は現実化されていない未完成の「原理」となり、現実においては「堕落論」こそが人間社会を真に理解できる「原理」=法則というようになってしまうのです。
 勿論、達成されていない未完成の「原理」などと言うものは存在するはずもなく、考え方自体が根本的に矛盾しており、その発想は反知性以外の何ものでもありません。
 しかし、自分の頭で真剣に考えることを止め、妥協して考えを宗教に依存する宗教信者の場合は非科学的な「堕落論」を信じるようにもなり、‘未完成なる原理’なども発想として生まれてくるようになるのです。

 統一原理に関しては「創造原理」のみが本来の「原理」に近い内容となっていますが、残念ながら、その「創造原理」でさえ多くの矛盾があり、非科学的な部分が多く見つかります。
 私も創造原理の明らかな矛盾は最近になって悟ることができたのですが、それはエジプト時代から続くとされる神秘学を学ぶことによって、その間違いを悟ることができたのでした。
 即ち自分自身が勉強不足だったため、「創造原理」を「原理」であるように勘違いしてしまったのでした。
 統一教会系信者、ならびに元信者には是非もっと真理探究を続けて欲しいと思います。
 既存の宗教に妥協して知性を歪められることなく、自分の頭でしっかり「真理」を追究して欲しいと思います。
 キリスト教徒が神格化する真の神秘家―イエス・キリストも言っています。
 「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。」(マタイによる福音書/7/7)

素朴な疑問

原田さんのコメントで

>そして近くでお知り合いになった男女が共同作業で子供を産み、子育てをする。

前から疑問だったのですが、統一教会関連の方は愛情なしに神様の名の下の繁殖として性行為をなさるのでしょうか?
 繁殖時期が終われば夫婦関係はどうなるのか疑問ですが、最近は一般社会でも大恋愛から離婚や不倫が多いから統一教会式を否定はしません。ただ最初の性行為が儀式的ってちょっと寂しく違和感を感じます。(原罪清算の為の三日儀式って未だにあるんですか?)

とにかく心より頭が先走るみたいで、ますます真の愛とやらがわからなくなります。

文脈が全然違うのです。

sunさんは全然違う文脈を読み込まれているようです。私の書き方が問題だったのかもしれませんね。自己引用です。

「人間を含めた哺乳類は、オスとメスが交配して、子供を産むわけです。卵を産む哺乳類もいるようですが、大体は卵ではなく、子供として生まれてくるわけです。

そして近くでお知り合いになった男女が共同作業で子供を産み、子育てをする。もちろん違う種族の人たちが恋に陥る場合もあるでしょう。が、大体が同じ種族、同じ部落で知り合って結婚する。そういうパターンじゃないですか?」

これは祝福結婚に関して書いたわけではありません。ごく一般的な出会いと子作りについて書いたつもりです。ですから「恋に陥る」という言葉を使っている訳です。

結婚するにせよ、子作りするにせよ、何にせよ科学的真実というものを度外視したものはないわけで、空中に浮かんだ羊水の中で子供が育つというような意見への反論として書いたつもりです。今度からもう少しわかりやすく書くようにします。

返信ありがとうございます。

ただ一番私が知りたい事は文脈やら何やら関係なく、統一教会で深く愛情を感じずに夫婦になった場合繁殖時期が終われば夫婦関係はどうなるのか知りたいのですよ。
それと最初の性行為が儀式的ってちょっと寂しく違和感を感じませんでしたか?原罪清算の為の三日儀式って未だにあるんですか?
 そして何より真の愛とは何ですか?以上です。

統一教会関連の方は性が聖なるものとして学ばれてるから恥ずかしがらずオープンに語れると思うので原田さんだけでなく是非現役で信仰をお持ちの方々にお尋ねしたいです。勿論原田さんにも期待してます。話がずれて米本さんのストップが入ったら終わりで結構ですよ。

追伸

何故私が興味があるかという理由の一つに、心から愛し合ってない夫婦関係故に子供に自分の願いを託してしまい子供に信仰を押し付けてしまう事になるのではないかと想像するからです。

Re:宗教は科学的真実を基礎とすべき

オスとメスが交配して子供を産むという科学的真実に基づけば、アダムとエバも同様の経緯で誕生したと考えざるを得ないので、肉体的な両親がいたはずであるという考えですね。私もそう思います。ただし、その肉体的な親(疑似人間と呼ぶ)を「同じ人種」とは言わないのではないですか。肉身は人間と完全に同じであるけれども霊人体がない存在は動物ということができます。ですから私は原田さんの「同じ人種を両親として生まれたのでしょう?」との言葉にポ(カン)となった訳です。
そこで、この説について考察するに、アダムとエバの肉身の土台となった疑似人間の一番初めの個体(雄雌の2体)はどのようにして生まれたのでしょうか。オスとメスが交配して子供を産むという科学的真実に基づけば、一番初めの疑似人間にも両親がいることになります。この両親は何者ですか?まさか、猿ではないですよね。進化論はダメですから、同じ疑似人間でなければなりません。
これを敷衍させれば全ての哺乳類の一番初めの個体(雄雌の2体)には両親がいなければならないことになります。そしてその両親の同種族の一番初めの個体(雄雌の2体)にもまた両親がいなければならないことになり、切がありません。
ですから、哺乳類に限らず、あらゆる種の一番初めの個体はある日忽然と誕生したと考えるのが合理的ではないですか。その誕生の様子が空中浮揚か海中浮揚か土中埋設か、そこはその種の生活形態により千差万別でしょう。人間始祖アダムとエバが疑似人間から誕生したと考えるのは、むしろ例外だと思います。

統一原理に絞りたい

sun様、真摯な返信ありがとうございます。ただ、このスレッドは統一原理について述べることが求められているように思えます。sunさんのご質問には、また別に機会があれば投稿するかもしれません。このスレッドの流れに従いたいと思いますので、今はこれにて失礼いたします。

原理講論によると

我々は悪魔の子なんです ルーシェル天使長を悪魔にしたのは人間なんです 本来は天使は人間の家来なんです でも責任を取らなかったので逆転したんです エバはパンドラの箱を開けたのです 
 
 皆さんは神側に行きたいとおもいませんか

最初の生物は?

澤田さん、素朴な質問。
地球上に最初から人間がいたと思いますか?私は最初はアメーバのような単細胞生物だと思います。形の上では進化論は間違っていないと思いますよ。ただ進化の過程で神の意思が働いているかどうかだと思います。

Re:統一原理に絞りたい

了解です!

原田さんも澤田さんも基本的に神様から見たら兄弟関係なのでしょうし、あまり攻撃的に熱くなりすぎず議論して下さいね
。キリスト教とイスラム教のような対立はごめんだし、そんな宗教戦争を無くそうと文さんは活動されてたはずなのに、、。
 その辺も私には理解不能です。

新創造論

あらゆる種の一番初めの個体はある日忽然と誕生するのではなく、新しい遺伝子が誕生しているので、進化したように見えるだけです。澤田さん李相憲先生の新創造論を勉強してください。今のままでは恥ずかしいです。

猿から進化したのではなく、共通の祖先からの分岐

澤田さん、人間の祖先は猿だったというと、誤解を生じます。今の進化論は、人間は猿から進化したのではなく、共通の祖先から分岐したと言っているようです。

いつ分岐したのか?700万年前だそうです。そこから別の道を歩み始めた。人間はスッキリ立つことができるようになり、長い年月をかけて脳を発達させました。今ではチンパンジーの三倍くらいの大きさになりました。形も10万年くらい前から変わり始め、35000年くらい前に今の形になったと言われています。

そうすると、700万年くらいの歴史を持ちながら、人間らしくなったのはつい10万年くらい前からということになります。先に紹介した、アフリカで発見されたミトコンドリアイブもそのくらい前に生きていたことを考えると、ひょっとしたらこの頃神様が霊人体を吹き込んだのかもしれません。

Re:最初の生物は?

私が進化論がダメだと言ったは進化の動機を偶然としているからであり、宇宙や生命の発生は低次元から高次元に向かっているのは明らかなことです。外的に見ればこの世界は進化していると言えるし、その進化の原動力は神様の創造にあることは論を待ちません。統一思想研究院でも新創造論という本を出しています。神様を信じる者にとり「進化の過程で神の意思が働いている」という考えは当たり前のことではないですか。

問題なのは、どのような過程で新しい種が無数に出て来たのかということの具体的な描写です。例えば象という新しい種がどのようにして地上に現れたんですか。キリンでもいいですよ。象になる前の何かが鼻を使っていたので鼻が伸びたとか、キリンになる前の何かが高いところの葉っぱを食べようとして首が伸びたという説明はアウトでしょ。ある器官を一生懸命に使っているうちにその器官が発達して、別の種になったという説明は通じません。神様が初めからそのような種を創造されたというのが私達の立場です。だったら、象とかキリンの雌雄は一番初めに、どこからどのようにして出て来たんですか、ということを私は問題にしています。象とかキリンの雌雄一対がどこかから生まれて来たことは確かなことであり、生まれた時は既に象であり、キリンなんです。

「その誕生の様子が空中浮揚か海中浮揚か土中埋設か、そこはその種の生活形態により千差万別でしょう」と私は書きましたが、私はこの考えを発展させます。「空中浮揚か海中浮揚か土中埋設」という表現は、そのような不思議な状態で新種の生命体が生まれるのではないかという私の想像でしたが、それは空中でも海中でも土中でもなく、旧種の生物の子宮がその舞台であるという着想に辿り着きました。すなわち象は象でない違う種の子宮の中で象になり、生まれてくるということであり、キリンはキリンでない違う種の子宮の中でキリンになり、生まれてくるということです。もし、私達がこの出産の現場に立ち会っているならば、親と違った生命体が生まれてくるのですから、さぞかし驚くことでしょう。

アダムとエバが疑似人間から生まれたというのもこれと同じです。疑似人間とアダムとエバは全くの別種です。人間でない疑似人間から人間が生まれるということはたいへんな驚きです。では疑似人間は誰から生まれたのかと言えば、分かりやすく言えば、それは猿です。私は「この両親は何者ですか?まさか、猿ではないですよね」と書きましたが、私は考えを変えました。疑似人間はその前段階の生命(それを猿と表現します)から生まれたと考えます。

では次に、その猿は誰から生まれたのかと言えば、例えばそれはキツネだということになります。「キツネ→猿→疑似人間→人間」と発展(あえて進化という言葉は使いません)しています。これは分かりやすくするために、ものすごく大雑把に表現しています。本当は詳しい系統樹に表記されているように、極めて緻密な発展過程を経ているでしょう。

以上を分かりやすく言えば、神様はキツネの子宮を作業場とし、キツネの胎児を材料として猿に加工したということです。で、猿が生まれたなら、次は猿の子宮を作業場とし、猿の胎児を材料として疑似人間に加工したということになり、疑似人間が生まれたなら、次は疑似人間の子宮を作業場とし、疑似人間の胎児を材料として人間に加工したというように、段階的に発展させ、新生命を生み出したと私は考えます。植物の場合で考えるなら、ある植物が実を結ぶ時に神様が働いて違う種の種に作り替えたということになります。

神様はこのように、初めに低次元の生命体を生み出し、その次には低次元の生命体を用いながら、高次元の生命体を生み出し、多様で複雑な生命に溢れるこの世界、そして最高位の人間を創造していかれたのだと思います。このような発想は、誰かがしているでしょうし、私が知らなかっただけかも知れません。また、変な考えだと思う人もいるでしょう。原田さんのお陰で、考えを深化させる機会が与えられましたので感謝です。ありがとうございます!原理(はらり)講師。

矛盾した存在は生成することすら不可能?

原理講論の総序に、矛盾性を持ったものは生成することすら不可能であると書いてある部分があります。私は今現在、この部分は間違いであろうと思います。少し長くなりますが、引用します。

「ところで、このような人間の矛盾性は、人間が地上に初めて生を享けたときからあったものとは、到底考えられない。なぜかといえば、いかなる存在でも、矛盾性を内包したままでは、生成することさえも不可能だからである。もし人間が、地上に生を享ける以前から、既にこのような矛盾性を内包せざるを得ないような、運命的な存在であったとすれば、生まれるというそのこと自体不可能であったといえよう。したがって、人間がもっているこのような矛盾性は、後天的に生じたものだと見なければなるまい。人間のこのような破滅状態のことを、キリスト教では、堕落と呼ぶのである。」

人間の心に本心と邪心の2つの相反する指向性があり、この矛盾性は後天的に生じたものだと主張している訳です。私はそれに対して、矛盾性を持つものは発生しうる、いやむしろ宇宙の生成自体が、矛盾性を内包しつつ生まれたものだと考えている訳です。

この部分を批判するには、ある面勇気が必要です。なぜかというと、この部分は人間は堕落したのだ、堕落は後天的なものだという結論を導き出しているからです。この部分を批判することは、堕落を否定することにつながります。原罪の否定に結びつくのです。

原罪を否定すれば、メシアなんか不要ということになってしまいますが、今回はそこまで論を進めず、宇宙は矛盾性を内包しながら生成したということを述べたいと思います。

さて、宇宙は矛盾性を内包しているということを述べたいのですが、ビッグバン説というものがあります。このビッグバン説によれば、宇宙は「無」と「有」を内包しています。

ビッグバン説では宇宙は最初、点でした。点というのは、面積、体積が無いだけでなく、時間の概念までも無い「無」の状態です。しかしこの「無」は同時にのちに生成する宇宙の全てを有している「有」でもあるのです。

つまり最初の点である宇宙は点であるため「無」でありながら「有」でもあるという矛盾性を持ったまま生まれたということがわかります。このように矛盾性を持ったままでも生成しうる。いやむしろ矛盾性のないものなど存在しないと断定してもいいのではないでしょうか?

もう一つ例を挙げると、ブラックホールが「蒸発」するということが挙げられます。これは長い間物理学者たちを悩ませました。なぜなら「蒸発」するには熱が必要だからです。しかし、ブラックホールは究極的に物質が押し詰められ、もはや分子レベル、原子レベルでの振動が不可能となっています。つまり、熱なんか発生するはずがないのです。この矛盾性は結局のところ超弦理論が解消しましたが。

このように私は矛盾性のあるものも生成しうると思っています。原理講論の総序で、矛盾性を持つものは壊れたもの、生成することすらできないという主張しているのは誤っていると思っています。

じゃあこの本心と邪心の指向性って何?もっと言えば善と悪って何?私はものの見方の相違ではないかと思います。人を殺すことは悪。でも戦争で兵士が敵兵を殺すことは善。ものの見方の相違ですね。

邪心とまで行かなくても、邪心に繋がりそうなものは誰でも持っていそうですね。天使長ルーシェルにも愛の減少感があったように。

そういったことからも、本心と邪心の指向性の矛盾は堕落しなくてもあったんじゃないかと思っています。ここが原理講論の最初の誤りではないかと思います。

原理講論によると

我々は終わりの時 悪魔につくか 神につくか 決めなければいけない 
よろしですか
地獄に行くか 天国に行くか
決めなければいけない
神は救世主メシアキリストミロクを地上に送った
  メシアに従って一生懸命頑張りましょうよ地上天国建設のために
  神とメシアとメシアの代身者2代王とともに

徳野会長に提案する。

徳野さんがご存じの通り、この火の粉ブログの管理人は、統一教会(家庭連合)にきわめて批判的な立場に立っている。神の存在には批判的を通り越し否定的ですらある。

おそらく読者も十二分に認識しているはず。それなのに、管理人の立場をそっちのけで、投稿欄は原理講義(『原理講論』談義、市井の言葉では床屋談義)花盛り。

徳野さん、みんな欲求不満なのですよ。
「家庭連合」のサイトに、「統一原理とは何か」といったタイトルの自由闊達な議論ができる場をつくっていただきたいです。

わかりましたか!(韓鶴子調)

記事のタイトルは。

『統一原理』は無であり、収奪のための道具

澤田さん、壮年部長としていくら献金をせしめたのですか。
その方は自死していませんか。介添え人は白装束だったりして。

「堕落論」の完全否定

 以前にも‘火の粉’にコメント投稿した内容ですが、原理講論の「堕落論」が間違いであることは科学的な証拠から明らかです。
 「堕落論」は旧約聖書の創世記にある失楽園の物語を根拠に人類始祖の堕落について述べていますが、「堕落論」を成立させる最も重要なポイントは人類始祖とされるアダムとエバが原理講論で述べるところの霊人体を持って生まれた最初の人類であるとしているところです。
 その「霊人体」を持って生まれた人類始祖が霊的、肉体的に堕落してしまったために、子孫である全人類も堕落人間になってしまったというのが「堕落論」の骨格ですが、もし、現代人が霊人体を持って生まれた最初の人類ではなことが証明されてしまえば、「堕落論」は論理の前提から崩れてしまうのです。

 原理講論が述べるところの「霊人体」はその存在を誰もが確かめられるわけではありませんが、表現は違えど、多くの人々が人間に肉体以外の別の存在を認めています。
 ここでは詳しく書きませんが神秘学派の研究者は人間の‘幽体離脱’も実証しているとのことです。
 現代の宗教史の研究によれば、人類が初めて宗教行事を行ったのは約30万年前のことで、「死者の意図的な埋葬の最初の証拠」があるとのことです。
 さらに約13万年前には「死者の意図的な埋葬の議論のない証拠」があり、現代人ではないネアンデルタール人が既に宗教行事として埋葬を行っていたのです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E6%95%99%E3%81%AE%E5%B9%B4%E8%A1%A8
 つまり、現代人が誕生する以前から人類は宗教行事を行っており、「霊人体」は現代人が初めて持つようになったという聖書のような考えは史実に反するのです。
 それが科学的な研究によって明らかになった歴然とした‘事実’であり、現代人と同じ血統にあることになるアダムとエバが最初に「霊人体」を持って生まれたとしなければ成り立たない「堕落論」は根本から間違っていることになるのです。

 さらに人類の進歩は勉強不足の統一信者が考えているように単純ではなく、現代人が誕生した時代にはまだ旧人も滅びずに存在しており、現代人と旧人の交流も存在したのです。
 https://www.nhk.or.jp/special/jinrui/archive.html

 統一教会系信者がもし『真理』を探究しようと思うならば、まず最初に堕落論を完全否定するところから始めなければなりません。
 堕落論を否定してこそ、人間の本質、第一原因=創造主/神についても真の探究ができるようになるのです。
 

Re: 「堕落論」の完全否定

神々の黄昏さん、ブログ及び小生の投稿を読めばわかる通り、堕落論の正否などまるでテーマとしてはいません。

ヤマギシ会のトッコウに参加すれば、幽体離脱、オンパレードです。見に行きますか。

サタンこと文鮮明さんが神から受けた啓示=「統一原理」(高額エンドレス献金)を実行して、貧困で苦しんでいる信者少なからず。こんなことがどうして理解できなくなったのでしょうか。

神秘学派によって里帰りされたのですか。嘆かわしいことです。

(蛇足)ますます鬱になっていく。

原理講論によると

この内容で書きたいですが、聖書や原理講論に反対の人は反対ですと書けばいいですよ
どうぞ
 原理講論よるとセックスで神を怒らす事をやり、責任を取らなかった、

それで責任をもつメシアが神側のセックスで頑張らなきゃいけないんです

頭がおかしくなられました。


黒装束さんのキモイ投稿は、削除します。

(だんだんオカシクなってきている)

神学論争

神々の黄昏さんの投稿に関していえば、堕落論が精神的な収奪の起源と言えなくもないということで、エンドレス献金との繋がりで納得できるところがあります(献金は蕩減復帰の論理でなされた:今風には積弊清算のような感じかな)。

白装束さんの不気味と捉えられるメッセージは何も突拍子もない異端的な主張ではありません。文鮮明の生前の言葉を読めば分かります。変えねばならないのは文鮮明のイメージだと思います。(でも、言葉のキャッチボールにはなってないみたいですね)

人類の起源に対する神学論争はリベラル派自由主義神学と福音派逐語霊感説の争いに起因する論争。『原理講論の補足説明』(『統一教会の正統性』だったか)は、この両派の神学的課題を原理で克服できると主張しています。背景としては、リベラル派の台頭によって信仰が揺るがされる事態をキリスト教は迎えていたことがあります。実際は神学論争の一部分でしかありませんが。

何故、重要視するのか?それは、信仰者にとって信仰が命そのものだからです。

矛盾について

認識においての矛盾とは認知不協和と言い換えられるのではないか。

いまさら


黒装束さん?
白装束さん

神々の黄昏さんのコメですが、
神秘の経緯は、
昔の暗在さんのコメント⇒バラ十字会⇒神秘学⇒原理?部分の神々さん独自の把握・理解だと思うので、
幽体離脱(常識レベル)とかそういう単純なことじゃないと思いますよ。

白装束さん・・・原理用語を使わない砕けた堕落、復帰までのイメージ

結局、全部デタラメ(原理)です。
垢まみれの風呂に入るようなもんです。
霊的ウイルスに感染します。
他人の垢には触れたら病気になります。

キリスト教でいうなら、
いくつもの派閥がありますが、
韓国産認知症派ですね。信徒は患者です。

化石物語に固執するのは人生の無駄です。もう終わってることだと思ってました。宇宙人の存在も証明済なのに。

論理論理で細かくいくとカルトの餌食でっせ

カルト教団現役信者のお前がいうことじゃないだろう?と鋭いご指摘を受けそうです…
論理論理で細かく議論しすぎると、逆にカルトの餌食になりまっせ。細かいところの議論はカルトの得意技ですから。それでわけがわからんようにしてしまって、トータルに絡め取ると。

それより、堕落論がおかしいというなら、原罪って、何?それ、本当にあるの?科学的に証明できますか?科学的真理の裏付けがないといけないのが、統一原理なんですからね,というのが一番素朴な攻め方になると思います。

それをいうと、じゃあお前はなんで祝福なんか受けたの?と鋭い追及がありそう。はあ、若気の至りですみません。若い頃は、論理論理で生きていたものですから、細かい隘路に迷い込んだことにも気が付かないで、当たり前のように祝福を受け、奥様もいただき、子供にもにも恵まれ、今後はこの幸せを基盤に、より不幸な状態に陥らないように生きていきたいと思っております。

さて原理講論を概観しますと、人間幸せに生きたいと願っているのに、本心と邪心の矛盾性を抱え込みながら、不幸になっているというところから始まり、世界は朝鮮文化に統一され、真の父母を中心とした一大家族となって幸せに生きるということで終わるわけです。

ここで、本心と邪心の戦いって、後天的に生じたの?それが原罪ってことになるんだけど、それがどこでどうやって生じたのか?科学的真実の裏付けをしろと言っても、無理ですね。考古学で発掘調査された骨で、この骨の遺伝子がその原罪の痕跡じゃないかって、わかるわけじゃない。まあ今後のヒトゲノム調査研究の進展で、そこまで解明される可能性はあるかもしれませんが、現状では分からないわけです。

カルトに限らず宗教全般に言えると思いますが、罪だ罪だ、原罪だ、お前は罪深いって、ついやっちゃいますよね。そこで本当にそうなの?って一度引いて考えるってことが大事ですね。これをやらないとカルトの餌食になってしまいます。ここが原理講論の入り小口。

さて最終的な出口の朝鮮文化による世界統一。真の父母が朝鮮民族なんだから、その信者はみんな朝鮮語を習得し、朝鮮文化を愛し一番トップの真の家庭の両班貴族の元で平和に暮らすんだよと。

幹部の人たちは皆さんこぞって、チュソクだなんだかんだと真の父母の元に行って、朝鮮民族衣装を着て敬礼式に参加したとか、昔はユンノレなんて両班貴族の双六をして遊んだとか、なんか話を聞きますが、まあ勝手にやってくれの世界ですね。

原理講論の最初の入り小口の矛盾性の部分がちょっと疑問符ですが、出口の方はもっとおかしい。世界を救うべき世界宗教となるべき統一原理が、なんで朝鮮文化にこだわるんです?

そう言えば私も祝福式に参加したときの民族衣装を持っているはずなのですが、もう何十年も着ていないなあ。虫が食っていないといいけど。管理はうちの奥さんに任せています。

原理講論よると

堕落したからメシアが必要なのです

堕落しなかったらメシアは必要ないです 我々の悪なる心もないと思う

しかし堕落してしまったので
悪魔の世界にいながらメシアに助けを求めています
神側の地上天国にいきたいと

堕落したとは?

米本さん、ついついカルトとの議論に乗ってしまうところでした。この投稿の元々の私の投稿をすでにお読みになった方は、無視してもらって結構です。
因みに、元々の原文は以下のとおり。
ーーーー
堕落した→その根拠は?

追伸:原理講論に書かれている説明でなく、最新の考古学や、分子生物学などの科学的知見に基づく説明をお願いします。

根拠は

男性の多くが結婚してるのにカワイ子ちゃん手を出したいと思ってる 結婚をしてない男女がセックスしたいと思ってる
 堕落したからこそ、そういう思いが出てくるのです

もともと矛盾しているのがこの世界

またまた矛盾性批判です。
原理講論が総序で、矛盾を持つものは生成すらできないと断定していることへの反論です。神が創造したこの世界はもともと矛盾だらけ。本心と邪心の矛盾性なんていうけれども、同じ心の作用と反作用。両方あって初めて人間なんですよ。その本心の方をいかに磨き上げていくかが、生きている人間の課題です。

被造世界の矛盾性の例として先にビッグバン説、運動エネルギーのないはずのブラックホールが熱で消失するというパラドックスの例をあげましたが、他にも光量子のスリッド通過実験、電子の位置と質量のパラドックスもあります。

光は波動であるが粒子としての性質も持つ。こんなパラドックスはいまではパラドックと言えないほど当たり前のことになっています。がしかし、光量子1個を3つのスリッドを通過させると3つとも通過することを発見した人は驚いたでしょう。1個なのに3個。これってなんなの?

電子は粒子なので質量を持ちます。しかし原子の電子軌道で位置を定めると質量が定まらなくなる。質量を定めると位置が定まらなくなる。このパラドックスって一体なんなの?

こういうパラドックスって、今では常識中の常識なんです。それを心に当てはめると、本心の方向性を定めると、当たり前に邪心の方向性も出てきてしまうということになりそうです。

これが神の造った被造世界なんですよ矛盾性はあって当たり前。ということで、心の矛盾性なんてものに悩む必要もない。そんなものに悩む暇があったら、自分の本心を啓発することに精を出しなさい。

原罪の「罪」とは

ついでにもう少し突っ込むと、原罪でいう「罪」って何?罪って、価値観の問題ですよね。人間がものを考えるようになってから、常にこの価値観が人を悩ますようになりました。

で、一夫多妻制の時代には、強い男は何人の妻を持ってもよかったんです。徳川家康は25人でしたか?ソロモン王だって400人でしたっけ。ダビデは部下のウリヤの妻バテシバを奪ったのですが、統一原理ではこれはエバ復帰として「是」としていますね。これはあり得んと思うのですが、価値観の相違と言われれば、仕方ありません。

こういうことは神の創造された被造世界でもありますぞ。鳥や魚がメスを巡って奪い合う。そのメスが囲われていようがいまいがお構いなし。人妻でも奪うさろうと狙ってくる他のオスからメスを守るのにオスは必死です。アダムにはこの必死さが足りなかったんですね。ボケーっとしていたからエバをルーシェルに取られた。アダムとエバの話はそう考えると、被造世界にはいっぱいある話なんですよ。だから神様は人間だけにはそういうことをせんようにと戒めを与えた。これが神様の価値観。

だから欲情なんて自然界に一杯あるものですから、人間にもあります。欲情があるとか、欲深いなんてことに悩む必要なし。神様が与えたんだし、あるものはあると割り切ったらよろしい。問題はそれを制御できない人がいるということなんですね。

でもそれがアダムとエバが制御できなかったからいかんかったのか、元々制御できないものなのかというのはわかりませんね。それが原罪って言うなら、原罪を受け継いだ全人類は制御できずに、世の中は乱れに乱れているはずです。が、大半の人は浮気もしないで貞淑を守っているわけでしょう?原罪だったら全ての人が淫乱状態に陥っているはずなのにね。やっぱり原罪の規定自体がおかしいんとちゃいますか?

文鮮明の女性観

この投稿欄、管理人がいい人だから、いちいち間違い指摘はしないけど、ひどいのもあるよなあ。
統一っつあんの悪いところは、選民思想というか「オレ、偉い」みたいな意識が強すぎるところにある。
しかし、そのことがまるで自覚できていないから、始末に終えない。実際は社会的に隣近所的にみれば、駄目なおじさん、おばさんなんだけど。


1つだけ。原田さん
>だから欲情なんて自然界に一杯あるものですから、人間にもあります。

失当です。自然界にあるのは生殖欲(種の保存)であってー入れる出すだけー、性欲はありません。浮世絵にみられる性文化はない。

文鮮明さんも生殖本能と性欲とが峻別できていないところがあります。

いずれ書こうと思っていたテーマですが、ここでは暗在オシホさんの「大先生の御言葉とクリスチャン青年の躓き/龍明小説2ー4」をコピペしておきます。
白装束さん、勉強するように。

 「君たち、先生(=自分のこと)はね、若い頃はいろいろ研究したや。
 それで、最高の美女がベッドの中で誘惑して来ても、自分をコントロールする訓練を受けたんだね。

 まさにセックスしようとしているその時ですら、ふいと横を向いてやめることができる。
 先生は誘惑を取り扱う世界チャンピオンだと言うんだね。

 あー、ある晩寝ていると一人の女が裸で入ってきた。
 先生の布団を捲って、『私を救ってください』と言う。
 先生は不能者だからと言って断った。

 すると女は、『あなたは男じゃないの?』と言って先生を立たせようといろいろやったが、先生は自分を立たせなかった。

 そんなことをしたら神様の生殖器をゴミ箱の中に投げ捨てることになると知っていたので、できなかったのです。

 どや、先生はアホな者ではありまっせん。」

              *
 これは90年代に、500人を超える西洋人信者たちを前にして語られた説教の中の一部だが、当時それを聞いていた代々カトリックの家系の真面目なクリスチャン青年はこんな感想を抱いた。

 「女は先生を立たせようといろいろやったが、先生は自分を立たせなかった」って……
 なぜ文ノ先生はその女にそんなことをするチャンスを与えたのか。

 これが自らの信仰生命をかけて罪を回避しようとする神の人の証なのか? なんて危険なことをしたんだ。
 創世記には「園の中央にある木の実は取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないから」と、神の言葉が書いてあるじゃないか。

「最高の美女がベッドの中で誘惑して来ても、自分をコントロールする訓練を受けた」だって?
 何のための訓練なんだ? 誘惑を克服するために誘惑でもって訓練されただと? なぜ、ただ単に誘惑を回避しないんだ。

 で、誰によって訓練されたんだよ?

 ヤコブ書にはこう書いてあるぞ。
 「だれでも誘惑に会う場合、『この誘惑は、神からきたものだ』と言ってはならない。神は悪の誘惑に陥るようなかたではなく、また自ら進んで人を誘惑することもなさらない。 人が誘惑に陥るのは、それぞれ、欲に引かれ、さそわれるからである。 欲がはらんで罪を生み、罪が熟して死を生み出す。 愛する兄弟たちよ。思い違いをしてはいけない。」

 この証は、罪を克服して勝利した真の人のものではないだろ。これじゃ堕落を克服する方法について混乱状態に陥っている曇った判断の人だよ。 (つづく)

陰陽

ちょっと前コメ見ましたが、
原田さんの
>原理講論が総序で、矛盾を持つものは生成すらできないと断定している

これは私も偽だと思います。嘘・妄想の始まりと思います。
元々善悪、陰陽が心に有り、(陰=悪、陽=善という意味ではないですが)
統一が固執してるルシファー=悪とか、日本が悪国家とか、そういうデタラメな思いは全くないですね。でも、悪魔、魔物、悪霊は決定的に存在する。(意味不明と思いますが)

皆が信じてるあの教祖は、背後に何が憑いてたか、あの長時間わけわからんことベラベラ話すて自己満足してるあれはどこから来てるのか?
キリスト教は、元々はパウロ教ですが、ご存知の通り、原罪はパウロが言い出しっぺです。

統一は朝鮮人霊能者が言い出しっぺ?か?、その背後(創造神ではない)に言わせられたのか?
知りませんが・・・・・
あの教祖の妄想ねつ造か、パウロ教の真似か?
今の朝鮮霊能者はあの教祖を全否定してるらしいし、確実なのは、原罪の言い出しっぺはパウロです。イエスキリスト(黒い目黒い髪の方)は何も言ってません。
(原理は妄想ねつ造、虚でできてる)
ついでですが、旧約聖書に準じてるのはトランプ大統領です。(関係ないけど)
そういえば、
水洗でない、紙のみのトイレの清平にまだ行ってる依存者いるのか知りませんが、日本には戻らないでください。コロナウイルス感染者なのは確実なので。

ここまでにします。

toramaruさんへ

初めまして。

パウロが原罪の言い出しっぺという話を元信者の方々からよく聞きますが旧約聖書にも原罪について記述している箇所ありますよ。

例えば、

「見よ、わたしは不義のなかに生れました。わたしの母は罪のうちにわたしをみごもりました。」(口語訳)
「わたしは咎のうちに産み落とされ/母がわたしを身ごもったときも/わたしは罪のうちにあったのです。」(新共同訳)
(詩篇51篇5節~7節)

他にもイザヤ等にも原罪に関する記述があります。


管理人さんへ
ブログテーマから外れているとご判断されましたら遠慮なく削除してください。




勉強はしてます

メシアが直接話されたことにかんしては冗談以外はほんとうでしょう
 どこからの情報というのが重要

 あと神とメシアは神の精子で穢れた子宮を生みかえる事ができる

悟りの境涯

米本さん

ご教示ありがとうございます😊

toramaruさん
神の啓示という言葉をよく教団で使います。しかし、啓示を与えたのが本当に神だったのかどうか、どのレベルの霊人が降臨したのか、誰も確認できていません。

私は空海弘法大師が好きになったせいか、仏教用語でよく聞く悟りの境涯という言葉が、適切ではないかと思うのです。その人が、その人の生育環境の中で、ピンときた世界。仏教はバラモン教の厳しい修行を捨てて、木の下で女性が持ってきた粥を啜ってホッとしたとき、瞑想をしたら宇宙の法が自分の心にスーッと入って来た。そして悟りを得ました。イエスは、これは聖書には書いていないのでどういう状況かはわかりませんが、ユダヤ人の歴史を学んだり旧約聖書を読んでいるうちに、やはりビビーンと何か感じるものがあったのでしょう🤭。
文少年は文少年なりに、日本に併合され支配される祖国の歴史を学んだり、混淫派牧師の話を聞くうちに、おお、自分が祖国を解放しなくっちゃ、朝鮮民族を歴史の中心に立ててやろう、そのために聖書の真理を悟らなくっちゃ、と思いたち、そして何らかのピンとくるものを感じたということでしょう。

私はそれを真理だと呼ばなければ、ブッダの悟りを否定するわけではないし、イエスの悟りも、ああそうですか?文少年の悟りも、「あっそう」でいいと思います。私の悟りではありませんから。

でも文少年の悟りは、基本的に歴史認識が間違っているのでちょっと困っています。従軍慰安婦問題も日本人教会員には間違って教え込まれますし、日韓併合だって、国を失った民族の怒りはわかるにせよ、今の韓国人が言っているほどひどいものじゃありません。それに日本がサタン側だったと原理講論にははっきり書かれていますが、あんた達は何国人だったの?そう。日本人だったんですよね。原理講論には、メシアは韓国に来ると書いてある。文師は何国人として生まれたの?日本人ですよね。歴史認識が独りよがりなんですよ。

ま、しかしこれも文師のレベルの悟りと考えれば、ああそうですかと答えておけばいい。私は私の悟りを開きます。

意見を言う場を与えて下さりありがとうございます。

コメント欄を開放し是々非々主義を目指されている事や、管理して下さるご苦労を考えると感謝の気持ちでいっぱいです。米本さんもお疲れだろうし徳野さんや小山田さん達に届くような影響力のある現役さんや元信者の意見や苦しみをぶつけられるブログが他でも見つかれば良いのですが、、。
 ただ確かに私は馬鹿ですが、他の方をあまり悪く仰ると見ていて心苦しいです。(正直上げたり下げたりでついていけません)

それとスレッドの統一原理の堕落論に関連してるからコメントさせてもらいます。堕落論は統一原理の胆の部分ですから。

原田さんの
>大半の人は浮気もしないで貞淑を守っているわけでしょう?原罪だったら全ての人が淫乱状態に陥っているはずなのにね。

いや、最近は芸能人だけでなく一般人も不倫が増えてます。別に家庭の問題だから否定しないけど、性の乱れから若い人達が望まぬ妊娠をして子供の虐待につながるからここにはUCの出番があると思います。
 それが堕落論が語る人類始祖から来たものか判断するのは難しいですが、原因があっての結果としての今の状態と説明されたら頷けるほど乱れた世の中なので若者に純潔を訴える事は意義があると思います。

しかしそこから使途不明で韓国人幹部に中抜きされてる噂もある高額献金に繋げるのは信者の負担も大きいので止めて頂きたいです。するんだったら徳野さんや小山田さん達教会で食べてる方々に自分達夫婦の聖なる夫婦生活の内容をも堂々と信者や伝道対象者にも語れる位の、、そんな度胸を持ってほしいもんです!
 語らないから日本での教育と韓国での家庭教育の違いに戸惑いさ迷う女性信者さん達がいるのではないですか。
 (冷静に考えたら一信徒で実名を出してる原田さんがそこまでする必要もないから前の失言を撤回するのでお許し下さい。)

あと考えたんだけど、サンクチュアリの存在意義も各個人の意思を尊重するため隠さず鶴子さんの主張をそのまま明らかにして伝える使命があるかもしれないと思いますが、何度も言うようにやるんだったらもう少し印象が良くなるようスマートにしてほしいです(^-^;

高額献金をするのも鶴子さんを信じるのも本人が全て知り納得した上でするなら問題はないですが、トップが操作するのは納得いきません(正直個人が深い祈りを捧げた上で信仰してるのか、上からの指示や周囲の人間関係を重視する習慣から従ってるのかは疑問です。とにかく二世さん達を強引に巻き込むのは止めてあげて下さい。)

昔は派手に意見を言っていたのだけど…

sunさん
> (冷静に考えたら一信徒で実名を出してる原田さんがそこまでする必要もないから前の失言を撤回するのでお許し下さい。)

いやいや、失言ではありません。どうぞ自由に語ってください。

私も昔は本部に知り合いもいたので、本部に澤田さん(地平さんではありません)を訪ねて、「こんなことだから拉致監禁被害がなくならないんだ」と苦情申し立てしたり、教団のホームページの会員用相談窓口に実名で「独生女論」はおかしいと書き込みをして教団本部より回答をいただいたりしていたものです。いつの頃からかそんな元気がなくなりました。

その頃は教団もまだ元気があったのでこちらも力瘤を入れていたんだと思います。しかし今はもう、そんなことをしなくてもどうせ勢力は伸びないだろうと、たかを括っていることもあって、そういう議論よりは日々の仕事が優先、なんて気持ちになってしまっています。

文鮮明師の悟り、韓鶴子女史の悟り、文亨進氏の悟り、文顕進氏の悟り、それぞれが狭いコップの中でさざめきあって🤭、勝手にやってくれればいい。私は私の悟りを追求すればいい。そんな気分です。

旧約聖書

kimagure-or さん
旧約聖書が出てくるとは思ってもいませんでしだが、そういう記述は知りません。でした。

原理は確か、聖書(新旧)を元にして書かれていないが、前提だったんでは?
結局、新約の記述をネタに、あれこれ書かれてましたが・・・。

どうでもいいんですが、
あの組織は、私が昔からよく書いてましたが、
「隠す」「騙す」「蹂躙する」
を、宗教、神の名の元に行うという
決定的なルール違反(神界のルール)を
金目的でやり続けてきました。
この時点で完全にアウトです。幹部、信徒ともに狂ってます。
自分もそういう組織の中の一人でした。伝道とか意識的にせず、0人。
悪を正当化して。
組織維持の為、あらゆる事やり、金目的の宗教組織ごろごろありますが、
・・・その中のキチガイ組織の1コです。

宗教ヒットラーをメシア?
私の記憶に残ってるのは、
韓国人教会長が礼拝時に、
摂理のためなら、「殺人も許される」「私はやる」です。
信徒に手を挙げさせたりして、あの異常認知症教祖に感染してます。

(東京の教会)
原田さんが言ってた 従軍慰安婦の件も
完全なねつ造です。既に故人ですが、従軍慰安婦はねつ造という
証拠証言集めをコツコツ行い、本も出されている方がいます。日本人です。

統一の連中は、国賊です。魔族です。

これ、オウムと同じですよ。
オウムの残党は未だにロシアあたりで
ゴキブリ活動やってる?みたいですが、
・・・

関係ないですが、
ワシントンタイムズ=統一教会と、
メディア(虎ノ門ニュース)の人は言ってましたよ。
コロナウイルスは細菌兵器という説を吹聴してる元として、何千万人を虐殺した中国共産党とか、それを潰す米か、知りませんが。

余計なこと書きすぎました。

私が記憶してるのは、「原理は講論(本)ではなく、あの教祖の言葉自体が原理」と言ってたことですね。(確か、講論は間違いが多いとか言われてた時)
献金で言えば、新宿だったか、パネル展で終日教祖ビデオを流してて、
じぎ献金が無くなった。と金持ってこいと泣き喚いてた、回りの人間が使いまくってたとわかると思うんですが、たぶん、それを承知のうえで、机をドンドン叩きながら喚いてました。「金もってこい」と何度も何度も。
総会長も泣くほど、毎日疲弊して疲れ切ってましたね。
で、教区長が依存者中間責任者に大きいノルマ与えて、達しなかったら、1週間断食やらされたりしてました。

そういう喚きビデオはすぐに消えましたが。

記事にあった愛された記憶は、
本当は私もそれしかないと思います。この点では後悔しかないです。人生大失敗です。人によって違うでしょうが、私は大の100乗ぐらいいやもっと失敗です。

まだ死んでないですが、死ぬまで生きるしかないです。


あの組織はすべてが、金、人実績、地位に紐付いてたし、それが愛に紐付いてた。紐付け順序がすべて逆なんです。完全な魔への誘導組織。

実質、本とか理論とか関係なかった気がします。

原理講論に

書いてある堕落
つまりセックスによる堕落
それにより現代 十代の不純異性交遊 援助交際 少女の複数回の堕胎つまり赤ちゃん殺し
悪魔の世界が広がっている

それをなんとかしようとたちあがっているのが  
   神とメシアであり メシアの代身者二代王ヒョンジン様

現実を無視しすぎても

白装束さんの
>十代の不純異性交遊 援助交際 少女の複数回の堕胎つまり赤ちゃん殺し

若い子のそのような問題は親から正しく愛されてないか、親の影響による若年層の貧困化が問題の場合が多く現実的な問題が絡んでもいます。学費を稼ぐ為に援助交際や売春する場合もあるんですよ。あとネットで乱れた情報が飛び交いすぎですね。

一方神様からの愛を人類が最初から受けれなかった、または快楽の為のフリーセックスが増えてるのは堕落論的な要素はあるとは考えていますが詳しくは分からず只今探求中です。

鶴子さんが韓国で世界平和統一家庭連合の創始者文鮮明総裁生誕100周年と韓鶴子総裁生誕77周年と文鮮明・韓鶴子総裁成婚60周年を記念する行事を行われ世界のトップが集ってるようでそういう機会に環境問題、貧困格差問題など、是非若者にプラスになる話し合いを行ってほしいです。独生女宣言なんて正直どっちゃでもいいです。

原理講論によると

十代のアダムとエバが神の言うことを聞かずに結婚前にセックスをして罪を犯した
責任をとらなかったので親が神から悪魔になった
 いま悪魔の支配され十代の男女の悪魔のセックスがひどい特に少女の悪魔のセックスがひどい
 
 歴史はくりかえしてる

    歴史はくりかえしている

誰に 助けて もらうの

  神とメシアと代身者 でしょう

Re: 意見を言う場を与えて下さりありがとうございます。

>他の方をあまり悪く仰ると見ていて心苦しいです。(正直上げたり下げたりでついていけません)

ご叱責、感謝です。
小生の性格ですので、ご寛恕を。

(追記) sunさんが小生に好ましい感覚をもたれるとき、逆にそうでない場合、研究検討してくださいな。見えてくるものがあるはず。
(追記2)馬鹿には馬鹿という。馬鹿だけどいいことも言う。この場合は褒める。これが世間ってもんではありませんか。統一世間は知らないけど。

白装束さんに忠告

松濤前で叫んでくださいな。
動画にもなり、ここで叫ぶより、はるかに影響力がありますよ。

どうして松濤での抗議活動を中断しているのか。理由を教えてください。

「お父様が右を向けば右を向く・・・」。まるでナチス時代、近くでは文化大革命ー紅衛兵時代を彷彿とさせます。

(追記)
>メシアが直接話されたことにかんしては冗談以外はほんとうでしょう
 どこからの情報というのが重要

暗在さんは出典を明記していますよ。カッカせずに調べたらどうでしょうか。

統一原理は朝鮮民族主義詐欺謀略文鮮明血分けカルト帝国を建設する為に作られた教義だと思います!

>『統一原理』は無であり、収奪のための道具<

仰る通りです!『統一原理』は【盗偽原理】でした!【統一された(金太郎飴)収奪奴隷】を作る教義です。

唯、『無』では有りません!人間の自由意志や自由思考を束縛し、自立性や社会性や性欲や闘争心等を抑制し『文韓朝鮮カルト帝国建設に仕えるだけの奴隷で、片端の天地不自由人』を作り上げる教義だと思います。

統一原理に従い信仰生活を深めれば深める程、限界を感じ、教祖の奴隷調教洗脳ミコトバ集に更に依存する様に成り、実は寛容性や思いやりや人情味が失われ、人間性が偏り狭く成り、劣化する様に感じます。

統一原理は朝鮮民族主義文韓カルト帝国に仕える『奴隷』を作る為の教義で、人生賭けて信仰生活を実践し、成長、極め様としても、個性完成も神の血統の子女を産む事も万物主管を完成する事(三大祝福完成)も先ず無いと思います!……原罪の無い神の血統に繋がっている筈の真の家庭を見れば分かる通り!
(全ての失敗を信者が責任分担を果たさなかった事が原因と責任転換するのが常でしたが、責任転嫁は韓国人の常です!)

私の朝鮮人相対者の霊の親の様に『重生完成した!』と私に言う様な人間は詐欺師か誇大妄想の基地外以外無いと今は思っています。

実際、統一教会信者は、もし、統一教会から離れたら、これ迄、殆どの人間関係を切って来ている(切らされて来ている)ので、支えに成る人間も教会以外殆ど、又は全く居ない状態に成り、生き難く成ります!結局、日本統一教会の信仰を続けた結果は、李氏朝鮮文化(事大主義&差別主義)を受け継いだ奴隷思考(妄想民族的蕩減復帰=思い込み贖罪生活)依存人間でしか生きられない人間に作り上げられて来たのです!


>統一原理が虚、フィクション、創作論だからである<

仰る通りだと思います!統一原理も文鮮明教祖の様々な言葉も虚で有り、文鮮明教祖の誇大妄想の野望を果たす為の材料でしか無かった!と今は思っています。

文鮮明教祖は『原罪の無い神の血統の真の子女祝福家庭が一般祝福家庭を天国に導く為に模範家庭(モデル家庭)に成る』と断言しています!

しかし、現実、真の家庭(文鮮明と韓鶴子の家庭)の子女達と、その祝福家庭の実態は、多くが、原理の信仰生活から逸脱。不従順、贅沢、飲酒、麻薬、堕落、暴力、自殺、不倫、離婚、再婚等のどれかに当て嵌まるケースが殆どで、現在、母親韓鶴子と3男顕進派と7.4男派は分裂、対立、怨讐関係に有ります!😵

更に文鮮明教祖は『真の子女や祝福二世は無形の神様や霊界が見え、神様や霊人と一問一答出来る』と断言しているのです❗️…此の言葉が『地上天国は近い将来統一教会によって成し遂げられる!』と多くの日本人1世信者を確信に変えたのでは?…私は83or84年にこの言葉を聞き、文鮮明教祖がメシアで有る事への確信と祝福結婚(血統転換)の価値を思い知らされました❗️😲

おそらく当時の多くの統一教会信者達は、文鮮明教祖の其れ等の言葉を信じ、学校や会社を辞めて迄アメリカ摂理の為にアメリカに渡ったと思います。

責任者達が言っていたのは【地上天国は直ぐ来る!世界各国の主権復帰が近い将来為され、文鮮明教祖を中心に世界は統一される!だから貴方達は世界のVIPに原理講義しなければならなく成るから、恥ずかしく無い様に頑張りなさい!と🤣】
(20世紀末には統一教会による地上天国の姿形はある程度見える形に成っているだろうと私は本当に信じていました!(馬鹿))

【日韓祝福は最高の祝福で神の血統に1番近い子供を授かる事が出来る!や、アフリカの黒人とのマッチング結婚は彼等はいづれ国の大統領等(VIP)に成る人ばかり!だから、黒人とマッチング受けた女性は大統領等VIP婦人に成るのよ!】と責任者達は言っていました。そして、私も信じていました!(笑)(馬鹿)…私もアフリカで日アフリカカップルを見て来ましたが、違ってました!😭

自分の人生も将来も捨て、【時の摂理】に邁進し責任分担を果たしてこそ、【祝福結婚】を受ける条件に成るし【文鮮明教祖のマッチング祝福】を受ける事無しには【個性完成→神の血統の子女を産み→万物主管=三大祝福完成(笑)】は有り得ない!……よって統一原理による修行生活を積み、道を極めれば、小山田秀生氏や周藤健氏や徳野英治氏や古田元男氏や井口康雄氏やハゲの宋榮渉元日本総会長や趙誠一氏や多くの韓国人国家メシアや幹部達の様に、神性に満ち満ちた立派な完成人間に成ると言う事です!🙌(笑)

『マッチング祝福結婚させる事が、メシアが再臨した一丁目一番地の目的』だし、私も『相手がどんな人種であれ、どんな人間で、誰であれ、メシアが決めた相対だから全て受け入れると、当時は決意してマッチング祝福を受けました!自分と先祖と子孫と氏族と日本を救う何よりも勝る最高の価値有るイベントと信じていましたから(馬鹿)

その様に信じていたが故に、文鮮明教祖によるマッチング祝福結婚を受ける為には【時の摂理】に従い自己の責任分担(個人の実績と組織に従順に従う事=内外の蕩減復帰)を果たす事が最も大切だと思っていました!非常に難しい環境の時に私が頼ったのは、文鮮明教祖の単純な檄文でした!

私は厳しい環境に遭遇すると、いつも『マルスン』(文庫本)を持ち歩いたり『み旨と世界』から自分が奮い立つ言葉を書き出して持ち歩いていました!…それだけ文鮮明教祖をメシアと信じ依存していたと言う事です!(実際文鮮明教祖の檄文《ミコトバ》は私を天的モット馬鹿にさせてくれて確かに力に成りました!)(笑)

日本統一教会は徹底的実績(集金)中心主義の詐欺ボッタクリ集金狂会でした!

正に天的&実質バカ感謝人間に成らなければ、朝鮮カルト統一教会の『時の時の天の摂理(1年中)(笑)』の責任分担を果たす事が出来ず、時の摂理に専念し自己の責任分担(実績)を果たす事(自転車操業)が最高の価値ある人生と信じていた訳です!(笑)

…しかし、日韓祝福後はモット朝鮮人達に騙され、洗脳され、利用され、詐欺され、振り回され、侮辱軽蔑無視疎外され、遅かりしながら朝鮮人達に捨てられていた事に気付きました!(自嘲)…後の祭りとはこの事です!🙌

*統一原理に有る『人間の責任分担』それから派生する『個人の責任分担』『エバ国日本の責任分担』『韓国36家庭の責任分担』『子女の責任分担』『etc…』……責任分担を果たせなかったから、結果、失敗に終わった!このendless責任分担が何時迄続くのか?endless高額献金と同じで朝鮮文化の統一教会らしいです!

文鮮明韓鶴子神の真の家庭(笑)の実態と分裂を見た上に、統一原理で完成されたか、又は完成間近な先輩幹部食口の方々の素晴らしい神性に満ち満ちた御姿を澤田地平さんの『真理を問う行動』動画を見て、ソロソロ統一教会全グループは『最後の打ち上げ花火🎇』を打ち上げて解散して欲しい!少なくとも韓国人公職者は早く日本から出て行って欲しい!……何故なら、心配なのは、今後、別の目的で朝鮮人や在日ヤクザ等が統一教会に入り込み、日本侵略工作活動に利用する可能性が有るからです❗️

https://www.youtube.com/embed/psXd-yEMOxs

サ教のみなさんの信仰強化教材

米本さん、コメント欄にて拙ブログ記事の転載をありがとうございます。

白装束さんの
>どこからの情報というのが重要
とは「神から来たか、サタンから来たか、どこから来た情報かというのが重要です」みたいな抽象的な意味ナシ説教言葉ではなく、やはり具体的に出典について言っているのでしょうか。

>暗在さんは出典を明記していますよ。

そうなのですが、あまり読まれている実感はなく、今回の出典について新記事をアップしましたので紹介させてください。

「サ教のみなさん 信仰強化教材 御言葉出典です」
http://anzais.blog.fc2.com/blog-entry-68.html

記事より;
しかしこの出典は、文氏の6マリアの摂理というのを教義で認めている白装束さん含めサンクチュアリのみなさんにとっては、なんの抵抗もなく、暖簾に腕押し、ス~ルスルで、却って信仰強化教材になってしまうのではないかと思う次第であります。
(わたしとしては、このスピーチで文氏が言っていることは矛盾していると思いますけど)

また少なくても古参信者さん(70年代ぐらいからか?)だったら、英語スピーチを読むまでもなく、同じような内容の御言葉を、日本語でちゃんとたくさん読んでいるはずです。
私も「あるとき女が裸で先生の布団に入ってきた~」のような御言葉はむかしむかし現役時代にいろいろ読んだのを覚えているので、これはまさしく文氏が語った言葉だという実感・体感があります。

暗在さんへ

わざわざありがとうございます。
サタンとの対決でイエスがが腹ペコなのに石をパンに変えろと言われますが無視せずに言い返しますよね
  無視せずに対決したんじゃないの
        裸の女と

世間

いろいろ教えて頂きありがとうございます。今後の人生に生かしてより知識的にも人間的にも少しでも賢い人間になれるよう努力したいです。

ただ

(追記2)馬鹿には馬鹿という。馬鹿だけどいいことも言う。この場合は褒める。これが世間ってもんではありませんか。統一世間は知らないけど。

いや、一般の世間でもいいことを言っても馬鹿だと決めつけて褒める事が出来ない精神的下層級がいるんですよ。なのでいじめによる自殺が後を絶たない。教育現場や政治の問題もあると思いますが。

自分が住んでる世界だけが世間ではないし、そもそも「世間」という言葉を調べてみると1.世の中。社会2.自分の活動・交際の範囲。
(3.仏教用語として人や動物が生活する境界。)とあり、範囲が曖昧です。また世代的イメージで違うのかもしれないと感じました。

とにかくUCで犠牲になった人達の苦労が報われる平和な世の中に、また個人の恨みも解けるよう祈っています。米本さんもお体に気をつけてお過ごしくださいね。

すでに利用されてます

お笑い海鳥氏が指摘されていた下記の内容

今後、別の目的で朝鮮人や在日ヤクザ等が統一教会に入り込み、日本侵略工作活動に利用する可能性が有るからです❗️

https://www.youtube.com/embed/psXd-yEMOxs

既に利用され日本侵略の中心的役割を
果たしています
この小賢しい現実の背後には日本統一教会創立以前からの周到な計画のもとに作られた内容があるということです
善を装った組織です

まだやってるのか、集金結婚式

たまたまネットでニュース見てたら、
2月7日に韓国での合同結婚式、いや集金結婚式がニュースで出てました。
しかも、マスク姿で!

参加者コメントで、”ウイルスから守られてる気がする”がありました。
アホか!結局こうなる。

こんなのまだやってんのか!
6000組と書かれてた。
マスク不足の今、30000コのマスクを配布とも書かれてたけど、着用したのは一部だけらしい。

完全バカの集団結婚だ!幹部連中はウハウハ!
今回の費用はいくらなんだ?

そこまでして金がほしいのか?
スイス銀行にいくら貯まってんだ?ネコババ幹部はいくら貯まった?
韓国に広めればいい!どうなるか?

統一がウイルス発生源として、出るだろうが、いやもう、脳がウイルスに犯されてる。

日本には帰国するな!ウイルス集団!全員もれなく感染するだろう。
写真10枚:マスク着用のまま、ほおにチューしてる?。

https://www.afpbb.com/articles/-/3267259?utm_source=yahoo&utm_medium=news&cx_from=yahoo&cx_position=r3&cx_rss=afp&cx_id=3267311

※この件、とりあえず、安倍さんにメールしときます。
もちろん、全員帰国拒否です。

〇記事に関係なく申し訳ないんですが、
慰安婦ねつ造組織でもあるので、宗教法人取り消し、国賊宗教いろいろ書きました。いつもの如く秘書は見るでしょう。文化庁にはとっくに書いてる。

ゲーデル考

「科学を探し求めてきた宗教と、宗教を探し求めてきた科学とを、統一された一つの課題として解決することのできる、新しい真理」というのが原理講論の総序に於いて示された統一原理の定義ですが、そんな真理は存在しないことが科学の側から証明されています。

あくまで数理の世界という限定的な設定ですが、ゲーデルの不完全性定理とチャイティンのオメガ数というのが、数理世界の不完全性を示しています。

日経サイエンスによると「ゲーデルは,数学が不完全であり,きちんと証明できないにもかかわらず正しい記述を含んでいることを示した。ところが「オメガ」という特別な数は,数学にさらに大きな不完全性が存在することを明らかにした。有限個の公理をいかに組み合わせても証明できない定理が,無数にあるのだ。したがって数学の「万物理論」はありえない。」ということ。

数理の世界と宗教の世界は違うじゃないか、だからこれは神の完全否定じゃないよというのが世の論者たちの意見。でも統一原理の神は数理性の神でもあり、統一原理は数理性も含んでいるよという原理。だからそんな神はいないし、そんな原理も存在しません。

ただ、神の次元を低めて、自分の理想とした世界が造れずに悲しんでいる神、理想とは程遠い世界くらいの創造論なら、そこまで否定できるものではありません。

だから皆さん、永遠不変、完全無欠な数理性の神がいなくても、絶対的な数理性の真理がなくても、自分自身の本心を船頭として、悟りを求めていくことは無意味じゃないのです。

以上が科学的真理をもとにした統一原理否定です。あーあ、ここまで書いちゃったねえ。

霊界は?

原田和彦さんに素朴な質問です。霊界は存在すると思いますか?

Re:霊界は?

aquaさん
>原田和彦さんに素朴な質問です。霊界は存在すると思いますか?

私も素朴に答えます。あると思っています。朝起きて神様と死んだ祖父母と親父と弟に、昨日助けてくれたお礼と、今日も明るく元気に仕事して来ますと挨拶すると、気持ちが明るくなります。

統一原理は無であり、収奪のための道具~経験者納得

>統一原理は無であり、収奪のための道具
>統一教会は金金金の世界です。団体の創始者は物欲のみならず肉欲も大好きです。
>澤田地平さんもけっこう大きなお金の中で生活をしていたことがありますよね。

団体の創始者文鮮明は、聖書の原罪論や千年王国思想を、都合の言いように歪曲し、創作し、日本人から巨額を収奪したのです。

くつざわ亮治
https://youtu.be/oYwxNnExigE
16:52~
一部引用
千年王国思想を参照
▲この世は悪に染まっていて状況は悪く
▲大きな変化が必要で、それを成し遂げるのは、超人的リーダーで
▲大変化は、近いうちに必ずやって来る
▲自分たちの仲間以外は、大変化後に生き残れない。
▲なので、一生懸命、仲間を増やすことが、人助け。

統一教会は、修練会に出させて、統一教会だけに通じる原理を叩き込むのです。洗脳信者仕上り。
原罪論はもってこいの内容であり、自犯罪~遺伝罪~連帯罪などの造語で、遺伝罪は、信者一人あたり先祖8家系の430代まで解怨せよという先祖解怨修練会に役立つ。連帯罪は、慰安婦や徴用工問題の作り話でボロ儲けした。1995年~2012年、金孝南が話した慰安婦や徴用工のオドロシイ内容は動かぬ証拠ですが、金孝南と共に隠蔽されたでしょうね。
4つの罪を背負って生きてるのだ~と脅かします。罪罪罪が金金金に変わるので、やめられない先祖解怨ビジネスと、結婚ビジネス。
お人好しの日本人はどうしたら罪の償いができるでしょうか、と思い煩います。待ってましたとばかりに、贖罪論、救世主真の父母様の出番です。

それでは、創始者文鮮明の[金金金]の御言葉を、ちゃぬのブログよりタップリご覧下さい。
全部で615巻もあるという"文鮮明先生御言葉選集"からです。サ教会の方々は、是非、原文で真剣に読んで下さい。
ちゃぬさんの2015年頃の記事に[金]の話が、たくさん出てます。

↓金と性の珠玉のみ言葉
https://ameblo.jp/chanu1/entry-12032818314.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12101186245.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12100143566.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12099150406.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12098313825.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12092162428.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12087445438.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12087031643.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12083755875.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12068909404.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12067030930.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12061991423.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12057035652.html


https://ameblo.jp/chanu1/entry-11967534905.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12053364091.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12048817919.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-11745697795.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12043701916.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12022411397.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12019576031.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12015301422.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12015476452.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12012154933.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12140506557.html

https://ameblo.jp/chanu1/entry-12007898051.html

火の粉の過去記事にありました。
澤田地平さんとお姉さん、億兆円を稼ぐビジネス。お姉さんすごくね!
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-858.html

虚話に紐付く霊的体験と血分け

この団体、いや宗教団体全般がそうだと思うけど、教義よりも責任者らの霊的体験話です。

筆頭は初代会長久保木氏の霊的体験話、その話術にひかれたとよく聞きました。
教義よりもその方が大きかったのかも知れません。
そして、久保木氏が所属してた立正佼成会指導者、その会を抜ける許諾。

これは霊的なことなので、個人個人様々です。神との一問一答話、私も原研に関わってた時、聞かされました。これが迷いの始まりかも知れません。
霊的に敏感な人、私もそうですが、います。
これに固執、引きずってる人が多いです。これが一番やっかいです。
あと、堕落に紐付く血分け問題です。
これには随分、悩まされました。原研内で、堂々と説明されたので。
あのセックスリレーの件です。(後に原研の全国責任者に真っ向否定されましたが、原研ではそういう説明はしてないと。)・・・ヘビの”ささやき”が蔓延してます。

戻りますが、霊的体験は「師観のブログ」の古い元教会長の方もものすごく固執してます。
あのヒットラーにも関わることです。
やっかいです。

確実なのは、創造神(≒内在神)は存在し、魔物、悪魔、悪霊も存在することです。ちなみに宇宙人も。(これは米ロ証明済)

もちろん、霊体験話しは証拠も証明もできませんが。

一つ、神界のルールは、神、宗教の名により金を得てはいけないという大原則があります。説明も証明もできませんが。与えられたことです。

ナチスは狂ってました、ヒットラーに忠誠を誓い、手を挙げてました。統一の祝福儀式の誓い(金の牛)と同じです。

血分け・・・ちゃぬさん記事を参照。
あの教祖は信じきってます。
堕落を信じきり、堕落と逆経路を復帰と信じ切り、ほんとはこんな魔物話を書きたくないんだけど。未だに黒ヘビ話に固執してる人がいるので。

そういえば、神秘学はアドルフ・シュタイナーの本は見てますね。
二人のイエスのこと書かれてたか、どうだったか忘れた・・・

追記)
どうせなら、日月神示でも見た方が・・・今回のウイルスを感じさせる記述もあるので、簡単な話ではないことも等。

カラスさんに感謝。

>火の粉の過去記事にありました。
澤田地平さんとお姉さん、億兆円を稼ぐビジネス。お姉さんすごくね!
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-858.html

探したけど、見つからなかった記事です。
感謝です。
姉さん、ヒボタンお龍のような人みたいです。買いかぶりかぁ。

Re: 虚話に紐付く霊的体験と血分け

>あの教祖は信じきってます。
堕落を信じきり、堕落と逆経路を復帰と信じ切り、ほんとはこんな魔物話を書きたくないんだけど。未だに黒ヘビ話に固執してる人がいるので。

別にいいじゃないのかと思ってしまいます。
「いいじゃないの、幸せならば」
他者に被害を与えている場合は別です。

となりの神さんもキチガイキさんも、おうちは大変なようだけど。まあ・・・

また某教団が勢いを盛り返して来たら力瘤作るかも

タイトル通りの心境です。

人に迷惑かけ始めたら、拳をまた振り上げるかもしれません。しかし、「森の小さな教会」で夫婦揃って仲良く、韓鶴子女史の上から目線ビデオには心の中で「馬鹿野郎」と叫びながら。

でもまあ、祝福を受けるくらいなら、信教の自由の範囲内でいいでしょう。その世帯で幸せ感に浸っているのだから、水を差すこともなく、にこやかに挨拶を交わします。

教団はもう盛り返せないでしょう。盛り返して来たら、拳を握りますが。韓鶴子女史も人に迷惑をかけなければ、やりたいようにやればいい。

この間、韓国製の政治団体が永田町で日韓融和で動き回っているという記事が出ていたので、これにはFacebookでしっかり批判しておきました。学生団体が従軍慰安婦問題で謝罪せよとデモしたなんてニュースが出ていたので、これもFacebookで「バカ、バカ、バーカ」と拡散しておきました。これくらいの抗議行動はこれからも続けます。実名で続けます。が、下北沢の小さな教会では、夫婦仲良く、知り合いとニコニコです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/1105-a47877eb