FC2ブログ

地平は毒蜘蛛で鶴子を殺す?! 

変貌するサンクチュアリ教会(19)

これまで、このシリーズでは次の記事をアップした。

「明らかになったサ教・澤田地平らの正体」
「サ教王」の激しい妄想
「サ教王」臣下の激しい思い込み(泣)
衝撃発言!「あたい高卒のバカ女なのです」
「サ教諸君、じっくり読んで検討していただきたい」
「澤田地平の韓鶴子殺し」
「なぜ、今頃になって「夫殺し」キャンペーン??? 」

これほど多く、サ教批判に時間と能力を割いてきた。批判されることは進歩の第一歩のはず。
しかるに、サ教信者から、またサ教ブロガ-からの反応はゼロである。以前は投稿してきていたのに!

例外はあった。白装束こと秋月氏の投稿であった。意味不明なのだが(泣)
「ハン白蛇のせいで皆さんが地獄に行く、世界が地獄となる。あなたもバビロンの大インプについて行きたいですか、、、それとも拒否しますか」

サ教ブロガーは、小生の記事を読んでいる。管理画面を見ればすぐに分かる。
サ教に肯定的な記事を書いたときには何人かから投稿があった。澤田地平さん、そうだよなあ。元自衛隊員さんからも。小生のブログを引用して記事にしていたブロガーもいたなぁ。

ところが、批判するようになると、攻撃されたと小児病的に思うのか、空き貝にクビを突っ込んでしまう。
(読んだけど)見たことない、見たことな~い。

母胎の家庭連合と同じ。 このことに気がついていないから、おめでたい。
拉致監禁批判しているときは、献金寿司を馳走してくれながら、自分らが批判されるととたんに知らん顔をする。情けない。
結句、オール統一はインポ・不感症集団なのである。

ー重大な警告ー

毒蜘蛛使いの澤田地平らに家庭連合は最大の注意を払わなければならない。
【重要サイト】 「火曜サンクチュアリィ劇場 6 澤田地平さん。あっぱれか??ハイイロゴケクモに注意!」
ほぼ間違いなく、地平らは毒蜘蛛飼育している。
日本では亨進バカ大王が推奨している銃器所持が禁じられている。
20170717013726ab1s.jpg
で、彼らは銃器を毒蜘蛛に変えた。名古屋会場の天井に工作するのか。警察に情報提供しておいたほうがいい。


味深い記事だと思われた方は
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村 をクリック!

関連記事

コメント

解せない点がいくつか。真面目に

拙ブログを紹介していただき、ありがとうございます。

解せない点をいくつか上げてみます。

●動画の人物は蜘蛛を殺してはいない。
靴の中敷きで叩いたらぺっちゃんこになるのです。爪先あたりを地面に叩き、衝撃を与えています。蜘蛛は生きています。枯葉で突っつくと丸くなりました。この蜘蛛は死んだふりをしたではないか。毒蜘蛛であるなら蘇生しないようにペッタンコにするなり、止めをさすものではないか?
生きている可能性があるのに、あんなに浅く埋めても蜘蛛はかなり器用ですし、知能は高いので脱出は出来ると考えられます。この人物の意図がよくわかりません。
蜘蛛に詳しいのか、ビビっているのか?


●紙の棺桶。
棺桶はかなり精巧に作られたものです。爪楊枝で押すとパチッとばかりにフタがしまる。
0,1ミリの寸法を狂いなく作られていると考えられます。手作りだとしたら超人的に器用なのでは?既製品であんな箱があるのか調べてみましたが、見当たりませんでした。
一匹の蜘蛛の為にあれほど手間をかける意図がわかりません。


●くもの墓(つるこ)
字が(へるこ)と読めます。器用なのか不器用なのか?
敢えて(へるこ)と書いたならば、hell→殺す、殺し屋という意味となり、辻褄が合わないこともないかと。蜘蛛に(へるこ)と名付けたのでしょうか?

以上、三点でしょうか。解せません。


私が考えましたのは、澤田氏は毒蜘蛛を退治し、自衛のためには殺傷もやむ無しというメッセージではないか、というものでした。

解せません。飼育していたなら、あの紙棺桶に毒蜘蛛をいれて運搬するつもりだったのか?という疑問符が浮かびましたが、それはあまりに危険です。


米本さんがいう 澤田氏らの 毒蜘蛛飼育疑惑ですが、その根拠をあげてださいませんか。

動画の人物が、澤田氏ならば弁明などしてほしいものです。外来生物の散布は、自然環境を破壊しかねないものですし。

蜘蛛の種類について

件の蜘蛛ですが家によくいるオニグモかと思います

参考
https://namamono-moratorium.com/onigumo-toxin-1862

Re: 解せない点がいくつか。真面目に

>米本さんがいう 澤田氏らの 毒蜘蛛飼育疑惑ですが、その根拠をあげてださいませんか。

さしたる根拠があるわけではないのですが、やや羅列的に。

(1)ichanさんに指摘されるまで、あの蜘蛛が毒蜘蛛だとは知りませんでした。
たんに蜘蛛を韓鶴子と見立て、蜘蛛を殺し、弔う。しかし、これだとさして意味があるセレモニーとはならない。
「お父様を殺した韓鶴子は毒蜘蛛」であると勝手に規定し、実際に毒蜘蛛を処刑した。ある意味、説得力がある。

(2)地平氏らはあの毒蜘蛛をどこかから手に入れた。たまたま一匹だけ手に入れたと推測するのは不自然で、今後も処刑セレモニーに使うのではないか。

(3)地平氏らの戦術は、ビデオ撮影(地平姉が担当)、動画アップがすべてといっていい。
あの毒蜘蛛殺しは、かなり入念に準備された動画だと思う。
地平氏は毎週、松濤本部前動画を流しているが、ビデオ編集は地平氏、地平姉、秋月夫妻の4人で入念にやっている。これはいれる、これはいれない。(秋月妻は最近躊躇しているという噂も。慶賀である)

(4)元気一杯の毒蜘蛛を床に放していびる。危険すぎるので、それは考えられない。かなり弱わらせてから床に放した。かなり計画的である。ichanさんが指摘する芸術的な「紙の棺桶」づくり。病理的なものを感じさせる。
サ教にいっても、日本サ教はやることが全くないのだ。

(5)白装束さんがもらした「ハン白蛇」。一般的感覚なら,韓鶴子〓毒蛇で、儀式としてやるなら、毒蛇でしょう。しかし、地平さんらは「毒蛇」(市場価格は高い)を飼うことができなかった。柴犬とは訳が違う。

(6)「私が考えましたのは、澤田氏は毒蜘蛛を退治し、自衛のためには殺傷もやむ無しというメッセージではないか、というものでした」。小生もそう思います。

(7)地平氏の短所は先走るとうことです。自分で才気あふるると肯定的に認識している。やや人間失格という印象が。だから、ちょっとズレル。

Re: 蛛の種類について

エッグさん、ご教示、感謝です。

澤田地平氏らがしゃべらない限り、真実はわかりません。でも、彼らはしゃべらないでしょう。

蜘蛛の特徴

蜘蛛の特徴からハイイロゴケグモではなくオニグモと思われます。ハイイロゴケグモは胴体がもっと丸いです。
https://www.bing.com/videos/search?q=%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%82%b1%e3%82%b0%e3%83%a2&&view=detail&mid=700D2119C054ABD69ABE700D2119C054ABD69ABE&&FORM=VRDGAR

お礼

ここまで話題にして頂きましたので、お礼を申し上げに出てきました。あまり複雑に考えないで下さい。私は元々蜘蛛の子を殺すような人間ではないのですが、最近転機が訪れまして、生き物(あくまでも万物)の命を奪うことについて割り切ることにしました。そのような時に蜘蛛が部屋の中に入って来ましたので、動画のようなことになった次第です。名前を付けて埋葬したのは、私なりの蜘蛛への哀悼の思いを形にしたものです。「つるこ」という名前にしたのは話題性を狙ったからです。ありがとうございました。

上記の地平さんの投稿へのレスはやめてください。

新たに原稿を起こしますので。無意味になりますゆえ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yonemoto.blog63.fc2.com/tb.php/1070-a02dde74